« また一週間の始まり | トップページ | 雨、風… »

2006/10/23

F1

F1

Brazil1_1

今季最終戦のF1ブラジルGP決勝♪ 
日本時間では25時スタートだから、さすがにパス…。

晴天のアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ(1周4.309km)。
なんといっても、フェルナンド・アロンソ(ルノー)の2年連続制覇か、
それとも引退決定のM.シューマッハ(フェラーリ)か…。  
なかなかのみどころ♪
 
ポールポジションスタートのフェリペ・マッサ(フェラーリ)を先頭にスタート♪
2周後の1コーナーで、M.シューマッハの左リアタイヤがバースト。緊急ピットイン…。
順位は最後尾へ。  

トヨタの2台も相次いでガレージ入り、レース序盤で戦列から消える。
 
中盤、トップのF.マッサは周回ごとに、その差を拡げていく、そして、M.シューマッハ
は激しく追い上げて、7番手までポジションを取り戻す。
 
F.アロンソとJ.バトンの2番手争い。 
残り3周で、M.シューマッハは、ついに4番手に浮上。 
最終、F.マッサが2番手のF.アロンソに、18.658秒差をつけてトップでチェッカーフラグ
を受け、母国で嬉しい初優勝を飾った♪
2位にF.アロンソ(ルノー)、3位はJ.バトン(Honda)。 

M.シューマッハ(フェラーリ)はラストランを表彰台で飾れず、4位。 
結果的に、F.アロンソおよびルノーが2年連続でドライバーズ、コンストラクターズ
の両選手権を制した。  

日本勢では、J.バトン(ホンダ)の3位と、ルーベンス・バリチェッロが母国で7位と、
Hondaはダブル入賞を飾った。  
また、佐藤琢磨が今季最高位の10位、山本左近も16位完走を果たした。
SUPER AGURI F1チームは参戦初年度をダブル完走で締めくくった。

LINK:F1

|

« また一週間の始まり | トップページ | 雨、風… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139267/12397179

この記事へのトラックバック一覧です: F1:

« また一週間の始まり | トップページ | 雨、風… »