« またまた世田谷線♪ | トップページ | 寒いっ… »

2007/03/13

時刻表♪

収集癖がある。  とにかくこだわり始めると、とんでもなくのめり込む。
でも、途中で冷めたり、時代が変化したり…。 でも、子供の頃から一環してるのは、
時刻表♪  これは、ホントに昔から好きだし、今は、もっと大好き♪
とにかく、時刻表のダイヤを追いながら、旅の夢想が好きだった♪  

切手コレクション、アマチュア無線のベリカード収集、日本中のラジオ局のベリカー
ド収集、アチコチの観光パンフ、電車関係や旅関係の雑誌の山、CAR&DRIVERの
プレ創刊号からの収集~だいぶ捨てさせられたけどね…~、なぜか、J-PHONE時代
からの毎月のカタログ、LPレコード、カセットテープの山………。

そんな中で、時刻表だけは一環。 でも悲しいかな、時刻表って、昔から分厚い。
それに、いつの頃からか大型になるし、高くなるし。  自前じゃ買えない。
それで、目を付けたのは、会社で毎月購入する時刻表。 月が変われば、捨てられ
る。  これを、毎月いただいちゃうのだ。  でも、分厚いから家では不評。
そこで、毎月の巻頭カラー部分だけ、切り取って収集♪
で、実物は、たまにとっておく。
そうしてたまったのが、このコレクション♪  もう10年。 これならかさばらない。
Vfsh0278_1

















時刻表が好きになったのは、子供でも、時刻表さえ読めれば、自由に四国のおば
あちゃんとこに行けるから♪  もちろん、空想の世界でだけど。
多分、四国のおばあちゃん、おじいちゃんと過ごした1年間に原点があるように思え
る。  2歳から3歳にかけての幼児体験って、大切だって思う。
旅が好きになったのは、四国に行くことばかり追いかけてたからかな。
幼い頃は、両親に連れられて、四国に何回か行った。 親離れで四国行きを実現
したのは、小学校5年の時に友人とともに、寝台特急”瀬戸”で行ったので、楽勝♪

そして、最近、よく言われる、一番古い記憶って何ですか?  僕の場合、1歳の
誕生日に新しい食器で、いつもと違うご馳走を食べたことかな。 魚の小骨が喉に
ひっかかって苦しかったこと…。  そして、次は、2歳になったばかりの時、父と
一緒に四国に旅立つ時、お腹の大きな母が目蒲線の西小山駅まで見送ってくれた
光景。 お母ちゃんは一緒に行かないのって?  母は、後から行くからねって…。 
そして、無邪気にさよならを言った。  そして、次は四国の田舎の田畑が広がる
野原でたんぽぽを採った記憶。 ピンク&黄色の色とともに思い出して、なぜか
気持ちが良くなるんだ♪  そして、最悪なのは、母が迎えに来たのに、母を忘れ
ていたこと。  そして、ちょくちょく来てくれていた父親のことは覚えていて、3歳に
なった僕を東京に連れ戻したこと。  おばあちゃんも、一緒に汽車に乗ったはず
なのに、いつの間にかいなくなってた、…あの記憶が最悪っ。 
だから、余計に四国が恋しくなるんだろな。  それと、もうひとつのトラウマ…。
それは、人とさようならになるんだろなって分かった時、すごく苦しいほど悲しく
なること。  きっと、おばあちゃんとの別れが、そうしたんだと思う。

|

« またまた世田谷線♪ | トップページ | 寒いっ… »

コメント

shionさんへ
けっこう、小さい時の記憶が残ってる人、多いですよ。 僕の最初の記憶は、嬉しいのと苦しいのがミックスした記憶ですけどね…。  

投稿: ゆ~ちゃん♪ | 2007/03/16 22:41

おはようございます。
一歳の記憶から残ってるんですね。
自分にはないです...

というか最近思い出せない記憶が多い。
いや、消去した記憶が結構ある。
(どちらかっていうとアクセス拒否って感じ)

明るい話題にならないので、
このへんで切ります(笑)

それでは、今日もがんばりましょう。
 

投稿: shion(紫苑) | 2007/03/16 06:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139267/14255027

この記事へのトラックバック一覧です: 時刻表♪:

« またまた世田谷線♪ | トップページ | 寒いっ… »