« 三崎のまぐろ♪ | トップページ | 花のお寺・常泉寺♪ »

2007/09/23

秋だな~♪

★秋だな~♪

昨日とは、打って変わって涼しい~♪
朝のうち、日がさしたくらいで、あとは曇天…。
まったり休日には、ぴったり♪

どこかのスーパー特売とかで、朝から買い物…。
山のように買い込んできた。
僕は、お家でごろごろ~♪

ランチは、ケンタで…♪
いつ食べても、美味しいチキン♪
息子たちには、隣のマックで、月見バーガーセットのテイクアウト。
中央林間とうきゅうは、この二つの店が並んでるので便利。

Vfsh0365r


  




000
 
~~~~~ 思い出 ~~~~~

000000

ケンタは、昔、ロンドンにいた頃にアルバイトしてたんだ。
最初は、掃除だけの仕事。
その内、キッチンでチキンを切ったり、揚げたり。
あの秘伝の味♪  スパイスとかの調合した粉は、全てアメリカから。
そのうち、店頭の応対やレジまでやらせてもらった♪

店長は出稼ぎの30代のシリア人で、普段は白人みたいな感じ。
お国の衣装を着ると、やっぱりアラブの人。
同僚は、エジプト人留学生とか、モロッコ人の出稼ぎの両親についてきた
若者やペルシャ(イラン)の自称医師(?)。
このペルシャ人は、語学学校の同級生でもあった。

共通してるのは、みんな、ある時刻になると、お祈りを始める。
でも、みんな、時刻はばらばら…何で?
同じイスラム教徒のはずなのに…。
それと、石にお祈りしてたり、何やら布切れにお祈りしていたり…。

シリア人の店長のお宅で、ご馳走になった、お国料理は、美味しかったな♪
なすの油漬けとか、なんか、そういうのが好きになった♪

ラマダン期間中は、ちょっと気の毒で…、水を飲むのも気を使った…。
店長は、ちょっといい加減なラマダンだったけど、モロッコの若者は、かなり
辛そうにしつつ、水一滴、口にしなかった。


そんな思い出のあるケンタは、今でも大好き♪

特に、日本人のほとんどは、不法就労だったにもかかわらず、気持ちよく雇って
くれたりし…。  
日本人は、学生といえども、お金は持ってて、それで暮らしていけるのだが、
日々の生活費程度はアルバイトで稼ごうとか、英語の上達のためとか、
そんなノリ…。

当時は、何事にもおおらか。  
この職場を通じて、いわゆる健康保険とかにも加入していたから驚き。
ある日、チキンの油で小さな火傷をした時、その保険で治療してもらえた。
日本じゃ、考えられない…。 
それに比べると、アラブや、ペルシャの人々は、生活がかかってるから、大変。
でも、イギリスでは、彼らは就労とか滞在が許されていて、その点は大違い。
ま、生活がかかってるか、遊び半分(?)かの違い…。

~~~~~   ~~~~~   ~~~~~   ~~~~~

高校の頃、五木寛之に憧れて、どっか行こうかという軽い気持ち。
どうせなら、五木の足跡でも辿ろうかなって。
当時、日本円は、1ドル=200円台。
「東京銀行」で、トラベラーズチェックに代えたり、ドルに代えたり…の時代。

赤い国・ソ連(当時)…興味あったし。
ソ連を旅するには、国営旅行社・インツーリストを通さないとだめ。
日本では、日ソツーリストビューローとかが、取扱いしてたので、僕も、そこで
手配。
そして、出発間際に学校の教務課に中退しますと申し出たら、学費まけてあげる
から、休学にしなさいと…。   ま、こんなことも、昔だからかな…。

横浜大桟橋からソ連のジェルジンスキー号という客船でナホトカ入り。
そして、ハバロフスクまで鉄道。
ここで、ちょっとツアーして、その晩にシベリア鉄道”ロシア号”で、延々と列車の旅♪
いくら、鉄道好きでも、少し飽きる…。
車窓から見えるのは、草原とか、赤土の荒野とか、森とか…。
確か、7泊8日シベリア鉄道に乗ってた。  
途中で、どこかの駅で降ろされて、ツアー。(都市名は覚えてない…)   
モスクワでは、最高級のホテルで3泊して、モスクワツアー三昧♪

モスクワから、またまた、鉄道でフィンランドのヘルシンキへ。
国境地帯の森林には、銃を手にしたソ連兵が…。

最初の2ヶ月間は、スチューデント・ユーレイルパスでヨーロッパ中を放浪♪
パスが切れる間際に、ロンドン入りし、語学学校に通ってた。

ロンドンでは、フラットを見つけて、ユーゴスラビア人の大家さんが良くしてくれた。
住んでたとこは、地下鉄セントラル・ラインのShepherd's Bush駅の近く。
この駅は、同じく地下鉄ハマースミス&シティー・ラインも乗り入れてた。
このエリアは、インド系とかパキスタン系、アフガン系と、南アジアの人々が多く
暮らしていて、その手の南アジア系のスーパーとかも多かった。

近くにはBBCや、フットボールコートがあり、よく散策したものだ。
ま、二流以下のエリアではあったのだが、駅前には、大きな公園があって、芝生
に寝転んで過ごしたな~♪
日本に、この手の公園があったら、きっと、話題になり、人がたくさん集まるような
そんな、素晴らしい公園とかが、この国には、当たり前のように点在している。
ま、ロンドンでは二流以下の街だけど、これを日本にもってくれば、間違いなく田園
調布や成城学園エリアをも圧倒する♪  もちろんこの国にはないほどお洒落♪

一駅で、ホーランドパーク駅、そして、さらに一駅で、ノッティングヒルゲート駅♪
ノッティングヒルゲートでは、あの蚤の市”ポートベローマーケット”によく通った♪

モーターショーで有名な、アールスコートも徒歩圏内。

イギリスの食事って、味がないと言うか、まずくはないけど、美味しくもない…。
唯一、フィッシュ&チップスだけは、美味しかった♪
これは、どこの街でも必ず1、2軒はあった。
新聞紙に包んでくれる、あの味…♪

ちょっとグレードを上げると、ローストビーフやミートパイ♪
これも、間違いなくイギリスの味だと思えるし、すごく美味しい♪

僕は、プディング用のイタリア米を買ってきて、ご飯を炊いていたけど、けっこう
いけた♪
それに、南アジア系のスーパーでは、本場のカレー粉とかも売っていたので、
カレーライスが最高のご馳走だった♪

ケンタって、そんな思い出とだぶってくる♪
あの匂いがすると、当時がよみがえってくるから、不思議…♪



ロンドン、住んでたフラット。(Ellerslie Rd.)
00london






















ホーランドパークからノッティングヒルゲートに向かう僕にとっての散歩道

001101






ドイツ、ハンブルグセントラル駅構内。

000ff















                                                                          



  


  

|

« 三崎のまぐろ♪ | トップページ | 花のお寺・常泉寺♪ »

コメント

mayuさんへ
ロンドンって、暗いイメージが強いし、曇天が多いのですが、皆さん、いたって明るく楽しかったです♪
匂いで思い出すっていうのは、僕の場合、稀なんですが、ケンタの匂いは別格みたいです♪
それと、嫌な思い出はわりと忘れやすく、いい思い出ばかり、残る性格なんで…楽天家なんですかね…。(笑)

投稿: ゆ~ちゃん♪ | 2007/09/24 22:19

shionさんへ
匂いで、昔のことがよみがえってくるって、僕の場合、少ないのですが…、稲穂の匂いで、四国のこと。 ケンタの匂いでロンドンのこと。 紙石鹸の匂いと、ペンキの塗りたての匂いで小学校1年生の頃を思い出します。
歌とか、音楽の場合は、あれこれ、けっこうあるんですがね…。 感情までよみがえるから不思議です♪

投稿: ゆ~ちゃん♪ | 2007/09/24 21:53

海外に住んでいたなんて・・・素敵ですね。私もロンドンには旅行で行きましたが・・・町並みも生活している人たちもみ~~んな素敵でしたね(●^o^●)

また、行きたい町ナンバー1です。

ケンタッキーは食べるたびにその頃のことを思い出せるものなんですね~~~。なんだか素敵ですね。

もっともっと、写真でも見ながら思い出話聞きたい気分です(#^.^#)

投稿: mayu | 2007/09/24 08:52

海外で働いていたことがあるなんて...
ケンタも、そんな思い出が詰まっているなんて
素敵ですね♪

投稿: shion | 2007/09/24 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139267/16544081

この記事へのトラックバック一覧です: 秋だな~♪:

« 三崎のまぐろ♪ | トップページ | 花のお寺・常泉寺♪ »