« 宮ヶ瀬のクリスマスツリー♪ | トップページ | グリコのCollon♪ »

2007/12/20

SIGNATURE♪

SIGNATURE

先日、届いていたダイナースクラブカードの機関誌”SIGNATURE”♪
毎月、楽しみにしてはいるけど、手が届かないものが多くて…。

今月の特集は、”ビートルズの足跡をたどって”♪
写真は、感動ものばかり♪
ペニー・レインの街角とか、リバプールのウォーターフロントや、ザ・キャヴァーン
クラブとか…あの、アビー・ロードとか♪
イギリスという国は、何年、何十年経っても、変わらない頑固さが好き♪

Scan10031

ダイナースクラブカードといえば、エリートが持つ
カードだが、日本では、それほどでもないけど、
欧米の店で、このカードを出すと、驚いた顔をされる…。
アジア人で、童顔だったからかも…。
ま、僕の場合は、若い頃に銀行関係の取引先から
お付き合いで入会させられて、もう、相当の年会費を
自腹支出している。
アメックスは、富裕層向けのカードとして、一目…。

そして、ダイナースクラブの日本法人であった、
日本ダイナースクラブが、1961年に世界初の
プラスチックカードを発行したことで、有名。

それまでは、紙製のカードで、メモ帳みたいなものであった。
つまり、今のクレジットカードの原形は、なんと、日本発なのだ。
そして、欧米各国のダイナースクラブも、これを受け入れた。
その後、他のカード会社も、こぞって紙のカードや、クーポンから、プラスチックカード
に変わっていったのだ。

日本ダイナースクラブは、あのJTBと旧・富士銀行(現・みずほC銀行、みずほ銀行)
が共同で設立したのですが、今では、世界のダイナースクラブ全体がアメリカの
シティグループの傘下に入りました。
米ダイナースクラブは、世界初のクレジットカード発行を行った老舗なんですが、
時代の流れなんでしょうか。

日本で始めてクレジットカードを発行したのは、1960年に丸井が最初。(紙)

日本のクレジットのルーツは、江戸時代の瀬戸内海の”お椀舟”とか、越中富山の
置き薬と言われている。
”お椀舟”とは、高価な漆器とか、陶器を瀬戸内海の島々に収穫期払いで、行商
した小舟のことで、越中富山の置き薬とは、薬を先に届けて、年に1、2回、使用
した分を精算してゆく仕組み。

越中富山の置き薬は現在も健在…。
あのマツキヨでさえ、置き薬&後払いの子会社をもってる。

お椀舟は、おらがふる里、四国・愛媛県の今治市辺りがルーツであって、
江戸時代にここは、幕府直轄の天領だったことを背景に、商人たちが、自由に
瀬戸内海で商売できたことが大きい。
そして、明治時代になり、この愛媛の商人・田坂善四郎が福岡で興した「丸善」と
いう呉服店が現在のクレジットに通じる月賦販売を始めた。
そうすると、彼の故郷の商人たちが、田坂一門となり、その後、暖簾分けの形で
各地に月賦販売を広めた。

そのひとつが、暖簾分けを重ねて誕生した”丸井”(青井忠治・富山県出身)と、
”丸興”(朝日クレジットを経て現・オーエムシーカード)である。
同じく愛媛県出身の岡本虎二郎の興した”緑屋”(西武クレジットの傘下に入り、
現・クレディセゾン)が、三大月賦百貨店と呼ばれた。
当時、それぞれの地名を指して、中野の丸井、渋谷の緑屋、亀戸の丸興と言わ
れた。
今風に言うと、マルイ、セゾン、OMC…。
その後、各銀行とかが、こぞってカードに参入し、現在に至っている。

特に、旧・三和銀行は、日本信販、JCBを傘下に置き、日本のクレジットの
大きなウエイトを占めていたが、UFJを経て、最終的に三菱に飲み込まれた。
JCBは、三和銀行と日本信販が設立したカード会社であるが、両社は骨肉の
関係だったかな…。

ということで、日本のクレッジトの原形は愛媛県今治市にありというわけです。
ここには、クレジット発祥の地の碑が建立されているとか。

なぜ、詳しいかというと、小学生の時にブルトレで一緒に四国まで行った友人
が、この月賦百貨店の子息だったから。
子供の頃から、耳にたこが出来るほど聞かされていた…。

中高年の方なら、恐らくご存知なのだと思うけど、昔、丸井以外にも、丸の付く
月賦百貨店がたくさんあったはずです。
例えば、丸十百貨店とか、丸石百貨店、丸共百貨店。
まわりになかったですか?

衰退の一途をたどった、これら月賦百貨店も、昭和の終わり頃には1,000を
切ったそうですが、その頃の統計だと、その内、95%が愛媛県出身者が経営
していたそうです。
これを、伊予商人とも言うそうです。

なんか、全然、違う話になった…。


■■
実は…。

ビジネスつながり…、&、四国つながり…、&、電車つながり…。

井門グループの井門社長。
井門一族も愛媛県から東京に進出してきた月賦百貨店。

先程、三大月賦百貨店と書いたが…。
四大月賦百貨店と言われた時代もあった。

その第4の存在が東の大丸百貨店といわれた井門一族の月販店。
あの有名な大丸百貨店と同じ名称なのだが、全く異なる存在。

但し、大きさでは互角ともいわれた。

関東で多くの店舗を展開し、そして、従業員は四国から大挙して採用した。
彼らを住まわせるための寮も店舗付近にそこかしこに…。

ところが、月販店が不振になりはじめると…。
丸井は月販店&クレジットを推進、縁屋も同じく小売店&クレジット、
丸興はクレジットへ。

井門一族の大丸百貨店だけは…。
ほぼ撤退…。

その後…。
ラオックスのFC数店舗、ジュエリー、家具と多種に渡る展開…。
保有資産は膨大で、その有効活用とは程遠い細々経営…。
貸しビル業が最も上手くいったのか。

保有資産の物件数があまりに多いのが特徴。
それは、大型店舗とそれを取り巻くように点在する従業員用の寮の跡地
かと…。
寮の数がおびただしい…。

そして、現社長の道楽で始めた鉄道模型…。
モデルス井門…。
モデルスIMON…。

長らく泣かず飛ばず…。
ところが、最近、勢いづいてきてる…。

ま、所詮鉄道模型なのだが…。





鉄道模型といえば…。

ビジネスと趣味でおつきあいいただいている。

ポポンデッタも同じく趣味が高じた商売…。
社長の本業は税理士。

お母さまが商売上手。
そして、番頭が賢い…。


井門よりも商売上手。

目指すところが若干異なるので、それでよしと。



モデルスIMON

ポポンデッタ

  





  







|

« 宮ヶ瀬のクリスマスツリー♪ | トップページ | グリコのCollon♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139267/17431247

この記事へのトラックバック一覧です: SIGNATURE♪:

« 宮ヶ瀬のクリスマスツリー♪ | トップページ | グリコのCollon♪ »