« 旅番組♪ | トップページ | 酔っ払い♪ »

2008/10/07

POPEYE Oily Boy&白洲次郎♪

POPEYE Oily Boy 白洲次郎

今朝は埼京線方面が濃霧で遅延。
かなりの社員が大幅遅刻。
埼玉とか、北関東って、わりと霧が多いような…。


今日はちょっと嬉しくなるようなニュース。

~~ 産経新聞ニュースより ~~
人気の若者向け雑誌「POPEYE(ポパイ)」を発行する大手出版社、マガジンハウス
が、40、50代向けのポパイを12月上旬をめどに創刊する。
その名も「POPEYE OilyBoy(ポパイ・オイリーボーイ)」。
ポパイで青春時代を楽しんだ世代を大人ではなく「大きな少年」ととらえ、ひと味違った
ファッションや音楽、グルメなどさまざまな情報を提供する。

新雑誌名は、日本で初めてジーンズをはいた男といわれる、おしゃれで破天荒な
実業家、白洲次郎氏の英国留学中のニックネームを借用した。
大好きな車の整備のため、いつも衣服がオイルまみれになっていたことに由来。

新雑誌のコンセプトは「みんな『大きな少年』になった」。
創刊の昭和51年から32年経ち、創刊当時15歳だった読者は現在47歳。
立派な大人だが、同誌では「大人というのは社会が分類している年齢区分」と。
「男は大人になるのではなく、大きな少年になる」と位置づける。

インターネットの普及で活字媒体は苦境に立たされる中、同社では「活字文化本来の
使命を取り戻し、雑誌メディアの新たな可能性を追求する。
対象読者は活字に対する信頼と活字の美しさを知っている。

人気雑誌の廃刊が相次ぐ中、往年の読者のハートを再びつかめるかが注目。
発行部数は5万部の予定。予価980円。

000popeyeoilyboy
















白洲次郎氏の話題が出たついでに、武相荘についても…。
この武相荘、最近、かなりの人気♪
小田急線・鶴川駅エリアにあるので、いやでも興味を持ってしまうのだが、実は
まだ訪れたことがない。
近くまでは行ったのだが、意味が分からなくて入らなかった。
でも、いろいろ見聞きするにつれ、白洲次郎氏、正子夫人ともとんでもない方々
だということが…。
戦後間もない頃に活躍された方なんですが、なかなか手が届かない憧れ的な
存在でしょうか♪
武相荘、そろそろ訪れてみたいと思ってる♪

町田市鶴川エリアは、西山美術館とか香具山記念館、薬師池公園などなど
なかなか文化の香りのするエリア♪

|

« 旅番組♪ | トップページ | 酔っ払い♪ »

コメント

きんたろうさんへ
アイビーや、トラディッショナル、はまってました♪
ママたちはハマトラでしたし♪
今でもやっぱり延長線上なのかも…。

ホットドッグやGOROも愛読書(?)でした。
特にGOROはグラビアが良かった~♪

懐かしいですね♪

投稿: ゆ~ちゃん♪ | 2008/10/09 01:06

やっこさんへ
う~ん、大きな少年はたくさんいるけど、大きな少女はあまり見かけないような…そんな気もします。
少女のみなさんは立派な大人になったように思うのですが、少年は大人になりきれてないような気がしてなりません。
そうそう、Oliveもありましたよね♪

白洲ご夫妻は、確かに元祖カッコイイ生き方をされた方々だと思います。
近々、訪れたいと思ってます♪


投稿: ゆ~ちゃん♪ | 2008/10/09 00:53

おいらもポパイ読んでましたね!
あの当時はアイビールックが流行っていてVANなんかを着ていましたね(^^ゞ

あと、ホットドッグ?orGOROなんかあったような。。~??

投稿: きんたろう | 2008/10/08 21:26

「Oily Boy」っていうタイトルが面白いですね~!「Big Boy」じゃないのね・・(笑)
やっこは姉妹誌の「Olive」という雑誌を創刊号からしばらく読んでました。
もしかしたら、「Wrincled Girl」っていうタイトルで出るのかしら~?(笑)
白洲さんご夫婦は、元祖カッコイイ日本の夫婦かしら?鶴川エリア、面白そうですね。
やっこも散策してみたいです。

投稿: やっこ | 2008/10/08 10:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139267/42718578

この記事へのトラックバック一覧です: POPEYE Oily Boy&白洲次郎♪:

« 旅番組♪ | トップページ | 酔っ払い♪ »