« 週刊・鉄道絶景の旅♪ | トップページ | JRポスター&鉄道絶景の旅♪ »

2009/07/02

横浜市歌制定100周年&東海道本線全通120周年♪

横浜市歌制定100周年東海道本線全通120周年

今朝は小雨…。
日中は曇天…。
夜、帰宅の時はなんと涼しい♪



昨日、7月1日は横浜市民なら誰でも知ってるし、子供の頃から横浜市民だったら
歌える歌、そんな横浜市歌の制定100周年♪

僕も横浜市歌は今でも歌えるから不思議。
子供には難解な歌詞なのに、丸覚えしてる。
先生が歌詞について説明してくれたので、その意味あいも覚えてる。
この歌、今でも嫌いじゃないんですよね♪


小学校の校歌と、この横浜市歌は覚えているのに、なぜか中学校以上の校歌は
思い出せない。
中学、高校といえば、野球の試合、スポーツ大会の応援と、色んな場面で校歌を
歌ったのに、なぜか思い出せない。

横浜開港50周年の事業として制定された横浜市歌。

そんな横浜市歌が聴けるサイトは、こちら♪

 
横浜市生涯学習ページ



横浜市歌』    作詞:森林太郎(森鴎外) 作曲:南能衛

わが日の本は島國よ 朝日輝ふ海に

 わがひのもとはしまぐによ あさひかがよううみに
 (わが国日本は島国です。朝日が輝く海に、)

連り峙つ島々なれば あらゆる國より舟こそ通へ

 つらなりそばだつしまじまなれば あらゆるくによりふねこそかよえ
 (連なりそびえる島々なので、あらゆる国から船が通ってくるのです。)

されば港の数多かれど 此横浜に優るあらめや

 さればみなとのかずおおかれど このよこはまにまさるあらめや
 (それゆえ、港の数は多いのでしょうが、この横浜に勝る港はないでしょう。)

むかし思へば苫屋の烟 ちらりほらりと立てりし處

 むかしおもえばとまやのけむり ちらりほらりとたてりしところ
 (昔を思えば、この横浜は、粗末な家から炊事の煙がちらほらと立つ寂しいところでした。)

今は百舟百千舟 泊る處ぞ見よや

 いまはももふねももちふね とまるところぞみよや
 (しかし、ご覧なさい、今や多くの船が停泊する活気ある港となりました。)

果なく榮えて行くらん御代を 飾る寶も入り來る港

 はてなくさかえてゆくらんみよを かざるたからもいりくるみなと
 (この果てしなく栄えてゆく世を彩る文物が、今日も横浜港から入ってきます。)

1909年(明治42年)6月17日付「横浜貿易新報」より。



そして、2003年には「横浜市歌~ブルースバージョン~」も誕生。
歌詞は同じだけど、曲は…。

こちらで聴けます。

横浜市歌Wikipedia




同じく昨日、7月1日は東海道本線全通120周年♪

1872年(明治5年)5月に品川~横浜間が仮開業し、同年9月に新橋~横浜間
が正式開業。
それから17年後の1889年(明治22年)7月1日に新橋~神戸間の東海道本線
全線開通♪

北の玄関、上野駅と西への玄関、新橋駅間を結ぶ路線の建設とともに東京駅が
開業したのは、1914年(大正3年)。

JR東日本にとっては、東海道本線は継子扱いだが、JR東海にとっては実子。
温度差はあるが、120周年のイベントは数々…♪

そういえば、馬入橋で撮った東海道本線・湘南電車のヘッドマークは、この120
周年のだったのかも…。

東海道本線Wikipedia


平塚市馬入橋より            2009.05.31撮影
P5314338

  

  


 

  

  

     

 

|

« 週刊・鉄道絶景の旅♪ | トップページ | JRポスター&鉄道絶景の旅♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139267/45520186

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜市歌制定100周年&東海道本線全通120周年♪:

« 週刊・鉄道絶景の旅♪ | トップページ | JRポスター&鉄道絶景の旅♪ »