« 玉電グッズ♪ | トップページ | 江ノ電♪ »

2009/09/04

宇高連絡船♪

宇高連絡船

今日もはっきりしないお天気。
ちょっと蒸し暑い。
夜には小雨…。

昨夜、探し物をしてたら、絵葉書がどっさり出てきた。
そういえば、昔、写真を撮るのが好きじゃなかった頃、記念にと絵葉書を買っていた。
それをちゃんと溜め込んでいたのだ。
高校生時代から惚れこんだあの北海道の絵葉書もいくつか。
その中には道東の「尾岱沼」の絵葉書も♪
買ったこと自体を忘れていた…。

最近は絵葉書って、買わなくなったような…。
自分で感じたままを写真に残したり、はたまた、まるで絵葉書っていうような光景を
まんま撮影したり…。

先日、記事にした予讃線でも、宇高連絡船のことが出ていたが、絵葉書の中にも
あった♪
そんなものまで買っていたのか…♪

宇高連絡船は1988年4月の瀬戸大橋開通と同時に鉄道連絡船とホーバークラクト
の運行を廃止した。
僕が四国のおじいちゃんとこに行くには宇高連絡船を抜きには考えられない時代。
宇野線・宇野駅と四国の高松駅間18kmの航路を所要時間1時間で結んでいた。

1950年(昭和25年)から1955年(昭和30年)までは客車ごと航送されていた。
1955年5月に起きた濃霧の中での紫雲丸(その後、死運丸とも言われた)と
第三宇高丸の衝突事故で紫雲丸が沈没し、乗客168名が死亡した。
確か、修学旅行の学生が大半だったとか。
これは、戦後の国鉄五大事故のひとつに数えられている。
僕が赤ん坊の頃、四国のおじいちゃんとこに連れていかれたのは1955年のこと。
恐らく、客車ごと航送されていたはず。
しかし、この事故がきっかけで客車の航送は廃止された。
貨車の航送は継続したので、あの独特の姿はず~っと見ることができた。
そして、安全輸送強化のため、国鉄四国総局に宇高船舶管理部が設けられた。
叔父はその部署一筋に定年間際まで在籍していたので、僕が四国に行くときは
必ず、連絡船のとこで出迎えてくれたものだ。

そのうち、新しい連絡船が四隻、相次いで就航。
小豆島のオリーブをイメージした淡いグリーンの讃岐丸。
阿波踊りの情熱をイメージした真っ赤な阿波丸。
伊予のみかんをイメージさせるオレンジ色の伊予丸。
黒潮をイメージしたブルーの土佐丸。

この四隻は何度となく利用して身近に感じていた。
デッキで食べる讃岐うどんの味も忘れられない…♪

行きは嬉しくてわくわく気分。  
帰りは連絡船に乗船した途端、四国の地を離れた思いで急に寂しくなったもの。

そんな絵葉書♪
ウチにはこの四隻の写真がないので、ホントに宝物になりそう♪

宇高連絡船wikipedia

小豆島のオリーブをイメージした淡いグリーンの讃岐丸。
昔の連絡船の煙突には「エ」の文字が。
Scan10115

阿波踊りの情熱、赤い阿波丸。
Scan10108

伊予のみかん、オレンジ色の伊予丸。
Scan10109

黒潮のイメージ、ブルーの土佐丸。
Scan10110

連絡船から見える屋島は四国のシンボル♪
絵葉書のパッケージもなかなか。
Scan10113


家の中から見つかった絵葉書の一部。
とにかくたくさん掘り出し物が出てきました。
Imgp4376

|

« 玉電グッズ♪ | トップページ | 江ノ電♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139267/46122278

この記事へのトラックバック一覧です: 宇高連絡船♪:

« 玉電グッズ♪ | トップページ | 江ノ電♪ »