« 夏休み-奈良~北陸♪ | トップページ | 夏休み-金沢~白山スーパー林道~白川郷♪ »

2011/08/20

夏休み-北陸・山中温泉♪

夏休み-北陸・山中温泉

16日、早朝からUターンラッシュの渋滞に遭遇し、一般道を楽しく快走。
そして、北陸路へ。

石川県に入ると故郷に戻ってきたような気持ちに。

尼御前SAからものの数分の片山津インターで降りる。
金沢支店時代、ここにも営業で定期的にまわってた。

片山津インターは真ん中に信号があって、最初はどきっとした。

インターを降りたら、見慣れたエリア。
躊躇することなく走れる。
さすがに細かい部分は標識を見てしまうけど、ほぼ覚えてることに感激。

まずは片山津温泉へ、柴山潟の湖面がキラキラ。
とにかく何を見ても懐かしい。

P8165424


この柴山潟を囲むように温泉が。
旅館・ホテルが林立していたのだが、僕が金沢に着任してすぐにバブル崩壊の
結果、旅館やホテルが相次いで破綻。

荒廃した光景があちこちだった。
そして、今は自力で頑張ったとこ、大手のホテルチェーンに買収されたとこなど。

今も総湯を中心に温泉街として活況。




こちら石川県は地銀、第二地銀、信金、そして信組も合わせると20ほども
ひしめいていた。
破綻、不祥事、いろいろな経過により、今では淘汰され、それなりの規模のとこが
生き残ってる。

昔、ここをまわってると加賀信組とか加南信金なんてのがあったのに、今では
「きんしん」(金沢信用金庫)と北国銀行にほぼ集約されたのがわかる。
金沢から能登にかけては能登共栄信金が頑張ってる。
小さな信金、信組の職員さん、どうされたのか…。

第二地銀の石川銀行本店がお隣さんだったのに、いつの間にか不祥事問題
だったか、なくなってしまった…。
第二地銀といっても、金沢信金よりもスケールは小さかった…。

東京に戻って、ある日、僕が担当していた方の名前が新聞に載ったときは
ホントに驚いた。
あの方が…、そんな思いだった。

日本の金融機関って、地銀、第二地銀、信金、信組にいたるまで、メガバンク
の色がついてたりする。
最近では外資の色がついていたりして、ややこしいけど。



そんな「きんしん」の前で。
金沢は「かなざわ」なので、「かなしん」かと思いきや、金沢では金を「きん」と
表現することが多い。

ここは昔は何だったかな…。
加賀信組本店だったような…、記憶が定かでない。
少し左手の方だったかな。
P8165422





ここからJR加賀温泉駅の近くを通り、今夜の宿泊地である山中温泉へ。

ホントだったら、お昼はここらでなんて密かに考えていたのだが、移動でほぼ一日
を費やしてしまったので…。
中途半端な時間に到着。
町はずれにある道の駅「山中温泉ゆけむり健康村」へ。

道の駅・山中温泉ゆけむり健康村

ゆけむり健康村ゆーゆー館

P8165444


お~っ♪
電車♪

P8165446


旧北陸鉄道・加南線を走っていた日本初のアルミ車体の電車・元祖「しらさぎ」。

国鉄北陸本線大聖寺駅からここ山中まで。
昭和38年に登場して、昭和46年の廃線まで活躍した。

その後、大井川鉄道に譲渡され、2001年(平成13年)まで活躍したが、その後
処分保留で留置、2005年に山中温泉に里帰りした。
静態保存されて車内にも入ることが出来るが、痛みが目につく。

P8165432

P8165448


北陸鉄道山中線Wikipedia

北陸鉄道加南線wikipedia

北陸鉄道6010系電車wikipedia

天井には大きな扇風機が。

P8165436


大井川鉄道時代の名残り。

P8165434


道の駅の建物、「今はやまなか」。
唱歌「汽車」の歌詞「今は山中 今は浜 今は鉄橋渡るぞと…」。

P8165445


実は加賀温泉というブランドは知っていたのだが、加賀温泉という所がない
ことを知ったのは、金沢支店に赴任してから。

加賀温泉は総称らしく、片山津、山中、山代、粟津の各温泉地が。
それぞれが魅力的。

山中温泉/加賀四湯どっとこむ









この道の駅から川を挟んだ向こう側に今夜宿泊する旅館が。

こちらの旅館、大手旅行代理店で検索してもらったところ、満室…。
目ぼしいとこ5、6軒いずれも満室。

確かに直前になってからの旅館探しで仕方ないとは思ったのだが。
それで、自宅からネットでやってみたら、旅行代理店では満室だったのに、
3軒は空室ありだった。

昨日の奈良は、ネットでもダメだったというか、15日に宿泊する事のリスクを…。
山中温泉、本命はネットでも満室だったけど、そうでないとこで何とかセーフ。

一昨年、「ゆこゆこ」で予約した平湯の旅館がプアだったので、こういうネット利用
も大手しか信用しないことに。
同じく一昨年、「じゃらん」でとった宿は満足だった♪
だけど、直接予約と「じゃらん」経由予約でサービスに差をつけていた…。
些細な事だけど、こういうのは失点…。

そういうことで、今回は旅行代理店を通すか、旅館のサイトから直接予約と
決めていた。

P8175487


加賀山中温泉/すゞや今日楼

山中温泉

到着して、部屋に案内していただいたのはどうやら女将さん…。
そそっかしい仲居さんだなと思っていたのだが、女将さんだからこそ
許されることだったのかも。
なんと、僕らの部屋のお隣さん、同姓。
ま、同姓の多さには慣れてるけど。
女将さん、隣の同姓さんの部屋に入ってしまい、慌てまくる…。
ま、確かに…(汗)




まずは温泉♪
露天風呂、気持ちよかった♪
宿泊客は多いのに温泉は独占貸切状態。

Pimgp6097


Pimgp6100



夕食も満足♪

Pimgp6102




この時期、夏まつりが連日、いや連夜行われていて、宿のマイクロバスで送迎。
かなり盛況の様子。

ま、温泉地っていうとこは、いろんな逆風が吹き荒れて、その危機感から
団結し、向上を目指したのだとか。
街並みを一新して魅力ある街作りをしたり、このような夏まつりを約1ヶ月間
も演出したり。
ここ10年、ホントに変わったという。

確かに僕が営業でまわってる頃はただの温泉だけの街だった。



今回、不満があるとすれば、先日も書いたけど、冷房…。
とにかくどこも節電で大変な苦労をされてるのは理解してるけど、闇雲に
暑いのは…。
あれは、間違いなく28℃設定だった。

夏の温泉が気持ちいいのは、冷房で身体を冷やすことができるから。
それなのに、温泉入って部屋に戻ると暑さがこみ上げるってのはいただけない。
28℃設定にするならするで、情報公開してほしい。
納得して泊まるならまだしも、不意打ちはひどい。

ま、これは旅館に限ったことではないけど、汗だらだらでアイスコーヒーなんて
のも最悪だったな。






この写真の右手の祭礼幕に注目。


P8165475


夏まつり、長谷部神社は宿泊客でいっぱい。

P8165469_2




長谷部神社。

山中温泉は8世紀前半、行基による発見。
その後、500年間の時を経て鎌倉幕府の時代。
能登の地頭、長谷部信連公がこの地を平定し、荒廃した温泉を発見、再興。
以降、この地で祀られていたが、明治になり長谷部神社として創建。

前の写真で写ってた祭礼幕は長谷部神社の九曜紋銭。
真ん中の大きいのは長谷部信連公で、まわりの8個は家臣を現してるのだとか。

長谷部神社



田舎のない人にとっては、こういう経験は貴重。

宿泊客たちによるおまいりの行列。
おまいり後、お神酒が振る舞われる。

P8165472_2




翌朝、窓を開けたら、川を挟んだ向い側には道の駅と電車。
なんというロケーション♪

P8175479_2



早めにチェックアウトして、ゆげ街道(国道364号)などを散策。
ホントに魅力的な街並みに変貌したものだ。

山中温泉観光協会

ゆげ街道/じゃらん観光ガイド


P8175501_2


ゆげ街道沿いには、昨夜の長谷部神社も。

P8175505_2



とにかく街並みが、そして建物が統一感がある。
こちらは新聞販売店。

道路の真ん中に融雪装置が薄っすら見えてる。

P8175514_2


路地だって風情がある。
P8175510_2





こちらは融雪装置がはっきりわかる。
雪の季節はずいぶん助けられるけど、たまたま窓を開けたりすると噴水の
ように飛び込んでくることがあった。
P8175518_2



こおろぎ橋。
変わらない風景♪

P8175492_2





あやとり橋。(正式には、あやとりはし)
S字カーブでくねくねと…。
ちょっと揺れるし…。
生け花の草月流家元・勅使河原宏氏デザインだとか。


こおろぎ橋とあやとり橋


金沢支店時代、こちらに寄った時は右手の駐車場で休憩したものだ…。
懐かしいな。


P8175524_3

P8175530_2


鶴仙渓の川床。
赤い傘が♪

地元の出身の和の鉄人・道場六三郎レシピのスイーツが好評。
並んででも食べようと思ったけど、かなり待つようなのでパス…。
残念…。


P8175528



鶴仙渓川床/山中温泉観光協会 

P8175535



ゆげ街道に。

P8175541


P8175549

冬季の雪が多いため、屋根つきの月極駐車場。
大きなスコップなどが用意されてるとこが多い。

P8175551


P8175557






ゆげ街道。 クルマの向こうに見えるのは共同浴場、総湯「菊の湯」。
奈良時代の高僧・行基が発見したのが1300年前、以来、浴場の場所はずっと
この場所なのだとか。
昭和のはじめまで、各旅館には内湯はなく、浴客はみなこちらの総湯に入って
いたのだとか。
そういえば、他の温泉地でもそういう話を聞いたことがある。

あの近くには加南信金という信金の本店があったず。
何回かお邪魔したけど、今は片山津と同じく「きんしん」か北国かに集約
されてた。
理事長さんとかどうされたんだろ…。


P8175542





ランチは金沢・近江市場がいいって言うものだから、急ぎ金沢へ♪




~~  つづく  ~~






   



  




















































   




  

|

« 夏休み-奈良~北陸♪ | トップページ | 夏休み-金沢~白山スーパー林道~白川郷♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139267/52530660

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み-北陸・山中温泉♪:

« 夏休み-奈良~北陸♪ | トップページ | 夏休み-金沢~白山スーパー林道~白川郷♪ »