« 秋のお立ち台♪ | トップページ | 雨… »

2012/11/25

クリスマスエクスプレス&シンデレラエクスプレス♪

クリスマスエクスプレスシンデレラエクスプレス

晴れ♪

今朝は寒かった…。


連休でいちばんいいお天気♪

 
巨人は銀座で優勝パレード♪
お天気も祝福♪
 
 
 
 
連休最終日…、午後からは行楽帰りのクルマで大渋滞…。
東名は大和トンネルを先頭に御殿場近くまで50kmを超える大渋滞。



 
 
 

昨日の高尾山は凄い人出だったよう。
ケーブルカーは70分待ちだったとか。

ま、90分待ちも珍しくないから…。

標高600mを切る山だけど、都会の住民にとっては貴重な山。


高尾山/読売新聞

 
 
紅葉って、なぜか人が多過ぎて…。
場所も時期も集中してしまうんだろな…。

高尾山や大山、苦労して行くと感激も大きいのだけど、後悔というか、あまりの
混雑ぶり、待ち行列の凄さに、もう二度と行かないぞという気持ちも大きい…。



 
 
 

ママの買い物に。

ショッピングモール、オークシティでは久々に「でびっとらーめん」を。
いつも混んでるのでパスしてたけど、今日は若干少なめの行列。


でびっとらーめん
 

デビット伊東、「あっぱれKANAGAWA大行進!」では美味しいものに出会うと、
目つきが変わるほど、味にうるさい一面が見られる。 
 
 
 
期間限定、神奈川限定の「秋味」を。
こがしニンニクのスープ、美味しかった♪

Dsc_0069




 
 
 

ヨーカドーの1F外の花屋さん。
花の市場かと思うほどの大量の花、そして市場より安い…。

売り切ってしまうとこが凄い。


この時期、シクラメン、ポインセチアが♪
最近はプリンセチアも人気。

クリスマス関連グッズも。

 
 
 
ポインセチアを♪

Dsc_00701r



クリスマス関連グッズも♪

Dsc_0074r


スマホのカメラ、結構使える。




 
 
 
 
 
 
■■■■■  ■■■■■  ■■■■■  ■■■■■
この時期思い出すのはJR東海のクリスマスエクスプレス♪

僕的には300系が一度だけ登場したシンデレラエクスプレスがお気に入り♪

携帯もメールもない時代の遠距離恋愛…。

JR東海はいいセンスしていて好感度アップ♪
これらのCMの影響で企業イメージまで上位に…。

 

京都や奈良のシリーズも首都圏の住民を感動させ続けている。
これらのTV-CMも常に群を抜いていて、他社を寄せ付けない♪








■1988年

JRになったばかりの頃…。
正確にはクリスマスエクスプレスではなく、ホームタウンエクスプレスのX'mas編。


15歳の深津絵里、山下達郎の「クリスマス・イブ」、そして、100系が最高の演出♪

 
「帰ってくるあなたが最高のプレゼント」/深津 絵里



 
 
■1989年

X'mas EXPRESS ’89 = クリスマスエクスプレス第1作。


17歳の牧瀬里穂。

名古屋駅構内でロケ♪

そっか、あの頃は改札には駅員が立ってた…。
無人の改札が当たり前になって、駅員が立ってる光景が奇異に感じる…。

 
今、新幹線の改札機って、乗車券と特急券を重ねて差し込むのが面倒…。
そして、特急券は回収されて…。
 


「ジングルベルを鳴らすのは帰ってくるあなたです」/牧瀬 里穂



■1990年

X'mas EXPRESS ’90

高橋理奈(リナ)。
公衆電話…。  そんな時代だった…。

ストーリーの中では駅もホームも電車も出てこない…、ちょっと…。

 
 
「どうしてもあなたに会いたい夜があります」/高橋 理奈(リナ)



 
 
■1991年

Xmas EXPRESS ’91  
この年、X'mas からXmas に変更。

溝渕美保。


「あなたが会いたい人も、きっとあなたに会いたい」/溝渕 美保



■1992年
 
Xmas EXPRESS ’92

このシリーズ最終。


吉本多香美が新幹線に乗車する。
なぜか、セリフは吹き替えで富田靖子。

もちろん、撮影場所は名古屋駅。  


「会えなかった時間を今夜取り戻したいのです」/吉本 多香美



■2000年

Xmas EXPRESS 2000


8年ぶりの復活。
20世紀最後の年…。


星野真理。
携帯が登場♪

そして、深津絵里と牧瀬里穂がゲスト出演。

このシリーズ、ずっと100系が登場していたが、この回は700系。

撮影は名古屋駅♪



「何世紀になっても会おうね」/星野真理・深津絵里・牧瀬里穂












 

このシリーズ、エンディングに流れるナレーション…。
野太く野蛮そうな声…。
ウザイ…。

当時、そう思って聞いていた。

しかし、今聞いていて、これがなかったら全く違ったものになっていたかもと…。
ナレーションも一体となって、このCMだったのか♪
ミスマッチのようでいて、妙にマッチしてる…♪

この声がこのCMの印象を強くしてる、そんな名脇役♪


 
 
認識してるのは円道一成(えんどういっせい)さんのナレーション…。
今となっては、拍手喝采♪

 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
■■■■■

シンデレラエクスプレスも~♪

社会現象にも…。



 

第1作、JR発足の年1987年の夏。


東京発、新大阪行き最終列車「ひかり289号」(当時)の出発時刻21:00。
深夜の東京駅ホームで撮影。

もちろん、100系。
出演は河合美佐。

松任谷由実の「シンデレラ・エクスプレス」が♪
当時、ひかり289号の車内アナウンスはこの曲をバックに使われてたとのこと。
やる…♪

 
 
JR東海のCMって、ハートに響くものが多い。
CMの最後、「JR東海」っていうお馴染みのフレーズ、JR東海発足と同時に使われ
てたことに驚き。









 
 

第2作、1992年。

この年、ダイヤ改正が行われ、最終列車が21:18発の「のぞみ303号」(当時)に。
そして、列車は100系から300系に♪

この18分の意味、東海道新幹線が「のぞみ」運行によって、東京~新大阪間で
18分の時間短縮したってこと。

実際はこれまで東京~新大阪間は2時間49分かかっていたが、「のぞみ」の登場
で2時間30分とし、19分の時間短縮を図った。
ま、航空機との競争…。



出演は横山めぐみ。

 
 
エクスプレスシリーズは色々あるけど、300系が使われたのは、唯一この「作品」
だけ。

1作目も2作目もこのアイテムが必須。
シンデレラ…、やはり、この時計…♪



   


  






  

  

  

|

« 秋のお立ち台♪ | トップページ | 雨… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139267/56186170

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスエクスプレス&シンデレラエクスプレス♪:

« 秋のお立ち台♪ | トップページ | 雨… »