« 木曜日…♪ | トップページ | 24TVマラソン2014年♪ »

2014/08/29

週末♪

★週末♪

傘はいらない雨…。

涼しくて、上着が欲しいかも。

昼頃からは晴れたり。

  






八王子駅のマンスリースイーツ。
今夜は大分県由布市の菊家のスイーツを。

”ぷりんどら”が有名。

でも…、やっぱり、メープルプリンロール♪

鉄人坂井宏行監修のロールケーキだとか…。

ま、美味しい♪

でも、ロールケーキ、チーズケーキなどなど…、
そうそう、ラスクも…。
出張販売、通販とかで売ってるのって、結局、それ以上でもなく、
それ以下でもない…。
繊細である必要がない商品ってことか…。

誰でも作るのが容易で、冷凍保存などストックしやすく、通販でも遠隔地
でも売りやすい…。

そんな風に思えてきた…。

しようもない店で”不味い”もの、いや、口にあわないものに出くわすよりは
ましか…。   そんなレベル…。


2014082900 Dsc_0224_3






菊家(大分由布市)/食べログ


 
マンスリースイーツ/JR東日本エキナカポータル
 

00000000  





 

ヤビツ峠の先、”護摩屋敷の水”に駐車場が整備された。
秦野市が整備していた7台分のスペース。
9月1日から利用開始。

以前は狭い県道秦野清川線に路上駐車して水を汲む光景が繰り広げ
られていて、渋滞したりした…。
山道で渋滞…。
今は県道から護摩屋敷の水へ迂回する超短いバイパスができたのだが、
まだ足りないというか、どうしてもはみ出してしまう。

そこで、さらに駐車場を整備してくれたのだ。



秦野は駅の近くにも、山にも名水がたくさんある。
その中でも、最も人気があるのはここ護摩屋敷の水♪  
標高700m。                           2012.10撮影

Pa062875   

  


  
この方たちもたくさん水を汲んでた。
なんと、20ℓポリ缶を20個以上積み込んで、クルマが沈んだのを目撃した
事があるとか。  それって、400kg…。
普通の乗用車では400kgの重量はきついかも。

いつも人だかりができていて、順番を待つのに10分以上とか当たり前。

要は、一般の人よりも業者が汲みにきてるほうが圧倒的に多い。
一人でかなりの量を汲むので時間がかかる…。


この水でコーヒー淹れてる喫茶店とかよく聞く。
確かに、この水で淹れたコーヒーは美味しい♪

この水で炊いたご飯も超美味しい♪




秦野の湧水

神奈川名水めぐり

 
 
  
  
  
過去記事

秦野へ♪ 2012.10.06

伊勢原・秦野・平塚・湘南♪ 2007.04.28

  

  
  
  
  
  

またまた大きなトラブル…。

横須賀市で旧日本軍が作った地下壕…。


横須賀市太田和1丁目の住宅の下で、旧日本軍が掘ったとみられる
地下壕(ごう)が見つかった。
高さ約2・6メートル、幅約2・9メートルで、確認された延長は約76メートル。
崩落の危険性があるため、市は今冬から埋め戻し工事を行う方針。
規模は約580立方メートルで、市内でこの10年に埋め戻した同種の地下壕
では最大となる。

市によると、昨年12月に現場の住宅地で陥没した部分があるのを住民が
見つけ通報。
地表から約2・4メートルの深さまで、空洞になっていることが分かった。

周辺の住民に聞き取りをしたところ、付近に地下壕があったという証言を得た。
さらに、県史編集室が収集した「昭和21年戦時下陸海軍防空地下施設関係
書類」という公文書に、付近に延長250メートルの横穴式防空壕があったと
いう記述があった。

市は今年2月から5月にかけ調査を実施し、12月に見つかった地下空洞
よりさらに深い、深さ約6・5メートルの地中に、地下壕があることが判明。
6月からの追加調査を含め、地下壕は少なくとも約76メートルに及ぶこと
が分かった。

地下壕は上空から見ると「口の字」形を中心に各辺の壕が延びたりしている
形状で、垂直面で見るとほぼ水平に掘られている。
一帯は斜面地で、最も深い地点では16・5メートルの地中にある。
地下壕の一部は水没している。

地下壕の上には、少なくとも2軒の家が立っている。
最初に地下空洞が見つかった家は1996年に開発が許可されているが、
市によると、地上に建造する構造物に地盤が耐えられるか審査をしたところ、
問題はなかったという。

今回の埋め戻し工事の総額は約4600万円。
地下壕の中にセメントなどの充填(じゅうてん)剤を注入する。
市内では2004年と09年にも旧日本軍などが築造し「特殊地下壕」と位置づけ
られる地下壕を埋め戻しているが、それぞれ125立方メートル、68立方メートル
で、今回の規模の大きさが際立っている。

【神奈川新聞】



F3d1031eb6842f3a46ce343acf88e654

※神奈川新聞より



  

  

旧日本軍の地下壕見つかる 横須賀市/カナロコ

  
  
   
   
   
神奈川県は元々、軍都…。
沖縄県に次いで米軍基地が多い県。
その上、人口密集地の上を戦闘機が飛び交う。

軍都。
横須賀も座間も…。

地下壕に関しては横須賀市よりも座間市のほうが膨大だといわれてる。
座間では本土防衛のため、戦闘機”雷電”を作っていた。
今の日産座間工場がそれ。

しかし、空襲が激しくなったことにより、工場が地下に潜ったのだ。
だから、座間の地下壕は超膨大。
横須賀で見つかった延長250mどころでない…。

座間市のみならず、近隣の海老名市、大和市、綾瀬市にまたがる
大規模な地下壕が張り巡らされている。
総延長数km以上はあろうかと。

海老名にあるもう一軒の自宅の隣家では地下壕が発見されて、
市が善処してくれた。
但し、地下壕を埋めるということに関してのみ。
それ以外の被害は個人負担が原則。
つまり、家が傾いても、それは自己負担…。

座間市の某マンションは地下壕の上だと知らずに建てられた。
恐らく、座間市栗原辺りかと…。
後になってから分かったのだが、マンションの基礎の一部が地下壕
に打たれていた。
つまり、ヌカに釘状態…。

NHKの特集番組で取り上げられた時は唖然とした…。
もちろん、これらの善処も自己負担…。


もっとも、地下壕マップに当てはまるエリアは市街化調整区域に
指定されているけど、それも当てにならないらしい。
市街化調整区域には次々と霊園が…。
地下壕を調査していたら、墓地が…。
それも嫌だ…。

 


  


関連記事

春うらら♪ 2010.03.14

 

 

|

« 木曜日…♪ | トップページ | 24TVマラソン2014年♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139267/60226170

この記事へのトラックバック一覧です: 週末♪:

« 木曜日…♪ | トップページ | 24TVマラソン2014年♪ »