« 10月…♪ | トップページ | 週末♪ »

2014/10/02

ODAKYU VOICE10月号♪

★ODAKYU VOICE10月号♪

晴れ♪ 

行楽の秋に相応しい♪


台風18号はどんどん強くなってる。
どこへ向かうのだろ…。






ODAKYU VOICE10月号♪

特集は「おしゃれで喜ばれる 手土産デリ」。
小田急百貨店新宿店B2Fのトロワグロのデリ。
デパ地下…。
…、そんなお店の中でも特別な雰囲気。

沿線では相模大野ステスク3Fの「山のホテル ボン・ロザージュ」などなど。
ここは、しょっちゅうお世話になってる…。


歳時記は4、5日開催の伊勢原観光道灌まつり。
下北のカレーフェスティバル、多摩センターのハロウィンなど。


タウンファイルは本厚木駅。
シロコロを楽しめるお店が…。





ODAKYU VOICE/小田急

201410ov



  
  
  
  
  
■  

火山学者「正論」ツイートに大反響 
               被害防ぐには「火山には登らないことですね」


  
火山学者が記者の取材に応じる様子をツイートしたところ、5,000回以上
リツイート(転送)されるほどの大反響を呼んでいる。
記者が、火山による被害を出さない方法を聞いたのに対して「火山には登ら
ないことですね。」と、そっけない答えだったのが話題になったようだ。
その内容については「正論だ」と賛同する声も多い。

ツイートの主は、2011年1月に爆発的噴火を起こした九州南部、新燃岳
(1,421メートル)の研究を20年以上にわたって続けている、鹿児島大学
准教授の井村隆介さんだ。
話題になったツイートは、10月1日夜に書き込まれた。

  

「コメントにならなくてごめんね」

ツイートによると、取材に来たある記者が「二度と被害を出さないようどうすべき
でしょうか?」と聞いたところ、

井村さんは「火山に登らないことですね」と答えた。

記者が「え?」と面喰らっていると、

井村さんは「今回のような噴火は防げない。原因は運が悪かったとしか言えない
と思う。それを避けるためには、火山には登らないことですね」と説明。

その答えを聞いて記者は言葉を返せず、黙ってしまったようだ。
ツイートの中には、井村さんの「コメントにならなくてごめんね」という申し訳なさ
そうな言葉もあった。

※niftyニュース(J-CASTニュース)より


火山学者「正論」ツイートに大反響 被害防ぐには「火山には登らないことですね」

リツイート…






  

確かに…。
火山…。
『登らない…。』
これに尽きる…。

富士山は、どうなんだろ…。


御嶽山の場合、なぜか国立公園でも国定公園でもない…。
林業など昔から人の手が入った山で、指定しずらかった事情がある。
山岳信仰のメッカでもある。

そのような背景で規制が甘いからか、7合目(標高2,180m)には大型
駐車場が整備されて、マイカーで入れたり、ロープウェイで標高2,150m
まで一気に。
登山といえるのか…、アプローチなしでいきなり頂上へ。
誰でも3,000m級制覇…。
そんな「便利な山」、「レジャー志向の山」なので、最近は人気が高い。

さらに、『登山届』を提出しないケースが相当数あると…。
これは言語道断…。
が、登山とは思ってない人が多いのかも…。
しかも、長野県と岐阜県は県条例(登山条例)で提出は任意…。

条例の見直しとか…。
ナンセンス…。(この言葉何十年ぶりだろ…(汗) )

要はちゃんとした登山もレジャー気分の山歩きも自己責任…。



  
火山…。
1979年の水蒸気爆発は活火山の定義見直しのきっかけに…。
御嶽山は活火山…。

もう一度、見直したい…。






  

|

« 10月…♪ | トップページ | 週末♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139267/60407391

この記事へのトラックバック一覧です: ODAKYU VOICE10月号♪:

« 10月…♪ | トップページ | 週末♪ »