« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016/10/31

月曜日…

★月曜日…

晴れ♪

この2、3日、ホントに寒い…down


明日から11月…。
クールビズは終わり、ネクタイ着用…。
震災後、5月1日~10月31日の半年間がクールビズ…。
だったら、残り半年もネクタイ要らないと思うのだが…。


  
  



  





   

 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/30

休日…♪

★休日…♪

どんより…。

寒い…。






今朝。

2Fのトイレからごぼごぼ…。

トイレの詰まりかと思い、見てみると普通に水が…。
異常なしってことか。

そういえば、先日はキッチンのシンクの排水がされず、一時的にごぼごぼ…。
洗濯機の排水も一時的になんか…。

早速、外の汚水桝を点検。
どれも異常なし…。

最後の汚水桝…。
な、な、なんと…、トイレットペーパーや汚物が詰まっていて、流れが阻害されてる。

棒を突っ込んで搔きまわしても一向に…。
で、よく見たら、何やらリングが…。
直径20cmまでない大きさ。

プラスチックのリングを取り出したら、詰まっていた汚物が一斉に流れた。

しかし、なぜ、こんな物が…。
建築中の作業員が置き忘れたのか、あるいは、何かが外れたのか。

判然としないまま、フタを閉めたら、ぴたっとしてなく、ゆるゆる…。
他のフタと比べてみたら、なんと、パッキンがない…。
そか、このフタのパッキンが外れて落ちたのか。

そこは我が家の駐車場の端。
クルマのタイヤが通過する場所。
それで、しょっちゅう力が加わり、パッキンが外れたのかと。

しかし、汚物にまみれたパッキンを使うのは抵抗感あり…。
廃棄することに…。

そして、ホームセンターへ。
フタだけの単品はなく、受け口とセット。
よって、少々高く1,100円と1,400円。
濃いグレーのほうが安いのだが、リサイクル原料を使っているのだとか。
もちろん、安いほうで。

しかし、休日の早朝からお騒がせ…。

業者を呼んだら、20,000円は下らないらしい…。




汚水桝・排水桝






スーパーの駐車場。

おっ。
この後姿…。

Nコロ♪

ホンダ・N360。
3ドアライトバン。

Dsc_60008r


ライトバンは全然見かけないので、超懐かしい♪


塗装とかは剥げてるとこも。
しかし、1967年~1972年販売のクルマ。
既に45年以上は経ってる…。

よく手入れされている。

Dsc_60004r


僕が子供の頃のデビュー。

学生時代は手が届きそうな存在のNコロやZ(ホンダ)に憧れた。






N360…。
といえば…、恐喝集団ユーザーユニオン事件が思い出される…。
元日産社員と弁護士(元検事)が有罪となった…。



ホンダ・N360 Wikipedia
 
  





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/28

CAR and DRIVER 12月号♪

★CAR and DRIVER 12月号♪

超どんより…。

寒い…。







カレスト座間跡地再開発…。


夏頃から工事用の看板に「イオンモール座間」の文字…。

ようやく、正式発表…。
2018年春オープン♪

当初計画と比べると3年遅れ…。





イオンモール(株)は、座間市広野台のカレスト座間近くに「イオンモール座間」
(仮称)の出店を決定、建築着工したと発表した。
開業は2018年春の見通し。
売り場面積は、神奈川県のイオン店舗で最大規模になる。

県内イオンで最大規模

所在地は日産自動車(株)座間事業所の工場跡地(広野台2丁目)で、
敷地面積は約5万8千平方メートル。
地上3階建の店舗棟と、地上5階建の立体駐車場棟が建てられる。
駐車台数は約2,500台。
売場面積はおよそ5万平方メートルとなり、座間市近くのイオンモール
大和(約3万5千平方メートル)を大きく上回る。

但し、大和のイオンモールは隣接のヨーカドーとセットでオークシティを構成
しており、両方を合計すると5万1千平方メートル…。
従って、オークシティ全体よりは若干小さい。
また、駐車場もオークシティ全体では3,500台余。



店舗のコンセプトは「SMART”ZAMA LIFE”WITH AEON」。
より一層の賑わいやコミュニティを醸成する施設の実現を掲げている。
座間市が県内有数の住宅都市であること、国道246号線に近く広域からの集客
が期待できる点などを挙げた。

当初は2015年春の開業が見込まれていたが、市・県・県警の交通協議の遅れ
などによりずれ込んでいた。

 
周辺道路の渋滞対策

座間市では渋滞対策として、敷地西側に隣接する「市道38号線」と、敷地北側
の県道50号線(座間街道)沿いの小松原交差点の改良を挙げている。
市道38線は開業までに拡幅した上で、座間南林間線との交差部分に信号を
設ける計画。

小松原交差点は現在、道路が直角に交差しておらず、変則的な交差点のため、
周辺道路に渋滞を引き起こす一因となっている。
これを2018年度までに十字型に改良し、交通の流れをスムーズにする予定。


2018springzamaion
 
 
 
 

  
  

CAR and DRIVER 12月号♪

特集は「新ライバル物語」。
最近登場した話題のスポーツ系モデルを中心にライバル比較。


マイナーチェンジ後のVWザ・ビートル2.0RラインvsMINIクーパーS、
アバルト124スパイダーvsマツダ・ロードスターRS、トヨタ86vsスバルBRZ、
マツダ・アクセラ・スポーツ22XDvsプジョー308GTブルーHDiなど。

  
  
復刻版カタログ。

1973年フィアット124スポルトスパーダー。




1974年いすゞ117クーペ。

117クーペのデビューは1968年12月。
なんか…、60年代とは思わなかった…。
そんな古かったか…。
割と最近のクルマだとばかり錯覚していた…。

117クーペに限らず、ベレット、ジェミニとか、”いすゞ”はいいクルマの印象
が強い。




CAR and DRIVER-e

CAR and DRIVER

  
  
  
表紙は、1972年BMW3.0 CSL。

201612cd

   
   






スバル・インプレッサ♪

一生乗らないと思って眺めていたスバル…。

乗ってしまうと…。
もう虜(とりこ)かも…♪


   

    


   

  





新型スバル・インプレッサ プロトタイプ試乗記









   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刈谷♪

★刈谷♪

10月23日(日)。

どんより、時々、晴れ♪

涼しい。


朝。
ママが愛知県のモーニングを食べたいと…。

  
  

刈谷市といえば…。

トヨタの子会社、関連会社がこれでもかって…。

こちらはデンソー

ホントはこの2倍くらいの高さのビルを予定していたらしいが、トヨタ本体
よりも高くすることは憚られて…。
ツインビルに。

ここだけで2万人の社員が。
朝夕の通勤時は刈谷駅までぎっしり行列だとか…。  

Img_8401

  
  
  
大垣行き。

Img_8405

  
  
  
アイシン
豊田自動織機ジェイテクトなどなど…。


トヨタ紡織も。
豊田佐吉氏の像があった。

Img_8410

  
  
  
市役所近くの喫茶店。
350円のアイスコーヒーで、こんなにちゃんとしたモーニング。
なんだか、申し訳ない気持ち。

Img_8415_2

  
  
  
刈谷駅のまわり…。
とにかく、大型の立体駐車場が多い。

この程度の市で、駐車場だらけ…。

さすが、クルマの街。
そんな事を思った。





で、帰路に。
矢作川橋が見える。

豊田東JCT。

Img_8421

   

帰路も岡崎SA。
上り線側のコンセプトは、東海道五十三次の38番目の宿場である岡崎宿
をイメージ。

Img_8423



岡崎SA・長篠設楽原PA/NEXCO中日本
Nexcocentral_2





オカザえもん。
どこが…、かわいいのか…。

Img_8426


ゆるキャラ…、いえ、キモいキャラ…。


オカザえもん


  

  
こっちは”ゆるキャラ”。
みちまるくん。

みちまるくん/NEXCO中日本


Img_8428




岡崎SAを出ると、すぐに岡崎東インター。
そして、昨日の飯田線を跨ぐように新城インター。
駅でいうと、三河東郷駅~大海駅間。

この東三河エリアでは新城市の存在は大きいなと…。

10kmほどで静岡県に入り、即、あの浜松いなさJCT。











NEOPASA浜松。

建物のデザイン、ピアノの鍵盤…。

Img_8429


NEOPASA浜松上り線


浜松ぎょうざ石松。
結構、すごい行列…。

Img_8430



風力発電。
この光景もすっかりお馴染みに。

Img_8432



前回、入ることはできたけど、早朝5時半なのに、駐車場にたどり着くまで
30分ほども。
で、早朝過ぎて、店は開店前…。

今回はスムーズに。
やはり、いちばん人気のSA。
かなり混雑していた。

Img_8435

NEOPASA駿河湾沼津上り

新東名で唯一海が眺められるSA。
駿河湾が。

Img_8442

振り返ると…。
山、山、山…。

Img_8443


新東名のSAなどではドッグランがある。
クルマの中で動けないペットは大喜びで走り回ってた。

そして、どこも駐車場などの増設か、工事している光景を目にした。



  



ところで、豊橋駅で購入した駅弁♪

岡崎SAでも売っていたので、夕飯用に。

稲荷寿し、美味しい♪




三色稲荷寿し。

じゃこ、いなり、わさび。
かなり美味しい♪

Img_20161027_0001_0001608



壺屋浪漫。

この光景は昭和35年(1960年)、豊橋駅ホーム。
昭和39年(1964年)に東海道新幹線が開業する前は、特急列車でも
窓を開けて駅弁を買い求めることができた。  とある。

「東京行」のサボが時代を…。
そして、「3等」(現、普通車)の表示。

Img_20161027_0001_0002608





壺屋(豊橋市)

  



~~  完  ~~

   



    





















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/27

飯田線で~♪

★飯田線で~♪

10月22日(土)。

天気予報は曇り…。

ま、雨よりはいいかと…。


  
東海道本線刈谷駅。

まずは、JR東海の「青空フリーパス」購入。
利用日は土曜・休日及び年末年始の1日フリーパス。
大人2,570円。



201610jrcentralfreepass

青空フリーパス/JR東海




JR東海、こんなきっぷも。

JR東海&16私鉄 乗り鉄☆たびきっぷ/JR東海
201609jrcentral16

 




  
  
刈谷駅7:05発、新快速豊橋行き。

Img_8197

  
  

新快速…。
新幹線の駅でもある三河安城駅も通過…。



  
豊橋駅到着。
折り返し特別快速米原行きに。

Img_8203

  
  
  
豊橋駅には色んな駅弁が♪
迷ってしまう…。
で、昼食用に買い込んだ。


お~♪
憧れの飯田線へ♪

Img_8206




8:10発、天竜峡行き。

Img_8211



な、なんと、JRのホームの中、3番線は名鉄名古屋本線専用…。
名鉄に乗り込む客はこの手前にある小さな端末にICカードをかざしてる。
が、自動改札機があるわけではない…。

豊橋駅…。
名鉄、昔あった二俣線の存在、豊鉄・新豊橋駅の存在。
なかなか複雑な様相…。
知れば知るほど、不思議な駅…。

豊橋駅Wikipedia

同じホームで3番線は名鉄名古屋本線、2番線はJR飯田線。

Img_8215



2番線の電車が慌ただしい…。
『臨時』と表示されている。

ツアー専用らしく、一般客は乗車できない。
車内にいたスタッフらしき人のスタッフ証を見たら、南信州ふれあい…。

あ、そうか、ネットで見かけたアレだ。

長野県観光大使 峰竜太と行く「南信州ふれあい列車」。



右には折り返し、8:04発、普通豊川行き。

左は臨時、普通7:55発。(行き先表示なし…。)

Img_8216_2



数年前から。
秋になると、”南信州ふれあい列車”というワードを見かける。


この列車には”峰竜太観光大使”も乗車していたのだろう…。

下條村出身。
飯田線の秘境駅に挟まれた唐笠駅や門島駅が下條村への玄関口。
といっても、電車を頼るようなことは皆無かも…。




20161022iidasen001


南信州ふれあい列車/南信州観光公社

南信州ふれあい列車パンフ PDF








213系♪
クハ212-5008+クモハ213-5008の2両編成。

飯田線♪
わくわく~♪

8:10発、普通 天竜峡行き。

Img_8221




飯田線Wikipedia

国鉄213系電車wikipedia


飯田線/つちぶた本舗

魅力発見・飯田線



  
  
大好きな313系も♪

JR東海313系電車Wikipedia






同じホームの向かい側には名鉄の電車が次々。

Img_8227_2




飯田線の電車は…。

この地域の中学校が集まって、駅伝だとか駅伝の練習とかで…。
駅伝部で頑張ってると言ってた子がいた。
今は中学でも駅伝部があるのかと驚いた。

最初はこんな具合だったのだが、次々に学校単位で人数が増えてきて、
さらには一般の乗客も増えて…。
ぎっしり…。
ラッシュなんてもんじゃない…。

大海駅までの1時間5分…。
ラッシュ並みのぎゅうぎゅう詰め。
中学生たち、たいへんそう…。



最初はこのように和やかな雰囲気。
それが、東京の通勤電車並みのラッシュになろうとは…。
この後、教師の指示か、一般客に席を譲り、みんな立ってた。

Img_8224



豊橋駅
不思議な光景…。
JRのホームの間に名鉄名古屋本線のスマートな電車が出たり入ったり。


豊橋駅出発。
船町駅、下地駅を通過。
その先、平井信号所までの3.9kmはちょっと珍しい区間。
下り線はJR東海が、上り線は名鉄が所有し、両社の線路を互いに共有
して複線運転を実現させている。

1927年(昭和2年)、名鉄の前身の一つである愛知電気鉄道と、豊川
鉄道(戦時国有化、以降、国鉄を経て、現JR東海)との間で結ばれた契約
が現在も続いている。

これがJRのホームの間に割り込んで出入りする名鉄の正体…。


  
  
で、この先は各駅に停車…。







野田城駅

Img_8236




豊橋から1時間5分後…。
大海駅到着。

駅伝の中学生たち。
ここから新城総合公園で集合なんだとか。

駅伝頑張って。


車掌さん、切符の回収が大変そうだった…。
恐らく、想定外…。

Img_8239_2


 
  
  
後日、知ったのだが…。
この新城総合公園では新城ラリーというなかなか大掛かりなラリーが開催
される。
トヨタの章男社長も参加されるということにも注目。




  

で…。

がらがらに…。

とはいっても、クロスシートの悲劇…。
お一人様が半数以上で、2席を独占してしまうため、ほぼ満席…。
何人か立ってる人もいた。
とにかく”長旅”…。
空いてる席に座ればいいのに…、そんなふうに思った…。


Img_8240



鳥居駅

Img_8243







長篠城駅。(ながしのじょう)

下車した乗客の切符を回収する車掌さん。
各駅で下車する乗客がいると、かなりのスピードでホームを駆け回る車掌さん。
結構体力がいる。

Img_8247



長篠の戦の舞台となったエリア。
敗走する武田勝頼…。
NHK大河ドラマ「真田丸」が始まった頃、そんなシーンが…。


新東名の長篠設楽原PAも興味深い。
「長篠・設楽原の戦い」の跡地に隣接しており、古戦場跡を巡るハイキング
コースもある。


岡崎SA・長篠設楽原PA




この辺りから沿線は山がちな風景となる。
山間のローカル線の風情…。



本長篠駅。(ほんながしの)

Img_8250



豊橋市、豊川市と。
そして、新城市。
初めて聞く「新城市(しんしろ)」…。

そういえば、新東名で静岡県から愛知県に入った途端に出現したのは
新城インターだった。

その、新城インターは先程、大勢の中学生たちが下車した大海駅の手前
あたりで飯田線を大きく跨ぐように作られている。

新城市…。
野田城駅から池場駅までの間…、なんと、15駅も…。
ずいぶん大きい新城市…。





  



湯谷温泉駅

Img_8251



自転車…。
結構年配の方。

どこを走るんだろ…。


右手のトイレ。
ちゃんとした清潔な洋式トイレで、きれいに保たれていた。
ボタンで開閉するタイプなのだが、高齢の方が戸惑うことが多かった。


Img_8255




思った以上に晴れ♪
青空が気持ちよい♪

Img_8256


車窓の風景に癒される。

Img_8257

   

サイコー♪

Img_8258





この辺りから静岡県に。
浜松市天竜区となる。

事実上、浜松市に救済合併してもらった過疎地…。

浜松市の人口は80万人、そして、この天竜区は3万人に満たない…。
面積は浜松市の60%を占めるのに、人口は3.75%…。

『三遠南信メガロポリス』なんていう、すごいエリア…。
三河、遠州、南信州が交わるエリア…。

しかし…。
実態はかなり過疎化が進んでいると言われている…。








下川合駅

Img_8260




いよいよ中部天竜駅
当駅で26分間停車。

Img_8264




26分間の停車時間は大半の乗客にとって最高のサービス♪

先を急いでる沿線の住民の方とおぼしき乗客にとっては不便なこと…。

しかし、乗客のほとんどは単独で飯田線の秘境駅ツアーを敢行している。
かなりのお歳の方が大半。
中には、沿線住民の方かと思った初老の”おばさん”…。
同じく美味しそうにお酒を召し上がっている初老の”おじさん”…。
そんなツアーとは無縁のような方々…。
見かけで判断してはいけない…。

カメラを拝見すると、どうやら鉄ちゃんではなさそう…。
秘境駅として謳われているこのエリアに興味をもたれた。 そんな印象。

1、2分、あるいは、数十秒の停車時間にカメラを持って、ホームに降りる…。
そんな姿を見て、ちょっと感激。


その点、「南信州ふれあい列車」、あるいは、運転日限定の急行「飯田線
秘境駅号」(11月10日~13日、17日~20日運転)は至れり尽くせり。
ほとんどの駅は通過…。(僕はある程度は各駅にも停車してほしいけど。)
秘境駅では15分~20分程度停車して、カメラ撮影に配慮。
しかし…、秘境駅で数十人が群がる光景は…。

0000iidasenhikyouekigou01





ほとんどの乗客は外へ。
  
構内踏切を渡り、駅舎へ。
のどか…。

Img_8265



  
1991年~2009年。
ここには佐久間レールパークがあった…。



2009年8月、高山を訪れた時、見かけたポスター。
佐久間レールパークのファイナルイベントのポスター…。

P7275141


夏休み3-高山♪ 2009.08.01



  
佐久間レールパークWikipedia





左側の建物などは、佐久間レールパークだったとこ。
1991年~2009年、ココ飯田線中部天竜駅構内にあった鉄道車両博物館。

現在は名古屋市のリニア・鉄道館に車両が保存・展示されている。




  
  
213系♪
クハ212-5008+クモハ213-5008の2両編成。

いい顔してる♪

Img_8266



あの建物。
歴代の電車の絵…。
佐久間レールパークの名残りか…。

Img_8283




中部天竜駅。

Img_8271



中部天竜駅Wikipedia

飯田線wikipedia



1日平均乗車人員、1993年は386人だったが、年々減少して2013年
は172人。
この沿線では大きな駅である。

有人駅でみどりの窓口もある。

コミュニティバスの停留所がある。




駅前はこんな雰囲気。

右にちらっと見える建物はJR東海の社宅のようだった。

Img_8269





駅前から出たら、こんな光景。

このお二人も乗客。
独り秘境駅ツアー敢行中…。

Img_8272


駅に戻ってきた。
みなさんも戻ってきていた。

Img_8277




束の間の観光…。


また各停の旅…。

佐久間駅

Img_8286




城西駅(しろにし)を出てすぐ。

「渡らずの橋」(第6水窪川橋梁)を。

Img_8292


狭い地形。
トンネルを通すにも、地盤が不安定で使えないと判断して、川を渡るようで
渡らずに迂回して山を回避する苦肉の路線…。

渡らずの橋







向市場駅

Img_8293


  
  
水窪駅。(みさくぼ)
ホームの先に、あの自転車を持った方が。
ここから自転車か…。

Img_8295

  
  
  

上り豊橋行き、特急「ワイドビュー伊那路」と交換。

JR東海373系電車Wikipedia


Img_8299




大嵐駅。(おおぞれ)
こちらでは数人の乗客が下車した。

駅の前後をトンネルに挟まれてる。

Img_8303



Img_8304


この駅の1日平均乗車人員は33人。


大嵐駅wikipedia




秘境駅として人気の小和田駅

Img_8309


1日平均乗車人員6人。


小和田駅wikipedia







中井侍駅
こちらも人気の秘境駅。

Img_8317


1日平均乗車人員5人。


中井侍駅wikipedia


Img_8318



青春18きっぷ2012夏♪ 2012.06.27





天竜川。

紅葉が美しいだろうな…。


Img_8324




為栗駅。(してぐり)
こちらも人気の秘境駅。

1日平均乗車人員5人。

Img_8327


為栗駅wikipedia




この電車に乗って、ついさっきまではココで下車する予定でいた。

ところが、次の電車というか、帰りの電車を待つと…。
現在、11:42。
次の電車は13:45。
帰りの電車だと13:18。

どちらにしても、1時間半、あるいは2時間待ち…。

時刻表を見れば分かるように、上りは1日8本、下りは9本しかない。
日中は2時間とか3時間に1本。

ここで何して過ごすのか…。
不安になって、下車はパス…。




為栗駅にて。

Img_8326





次の温田駅(ぬくた)。
なんと、1日平均乗車人員は257人。
まわりの駅が1桁の乗車人員なのに、突出している。

近くに長野県阿南高校があり、その高校生の利用が乗車人員を押し上げている。
峰竜太も同校の出身。

尚、長野県の高校は県立の”立”がつかない。(北海道や宮城県も同様)



長野県阿南高等学校

長野県阿南高等学校 wikipedia


高校生が乗り込んできて、活気が…。

ん、土曜日…。
部活の帰りか…。




次の田本駅(たもと)は1日平均乗車人員2人。
門島駅(かどしま)は9人、唐笠駅(からかさ)は24人。
金野駅(きんの)に至っては169人…、いや、年間乗車人員…。
1日の平均乗車人員は0.5人にも満たない…。

千代駅(ちよ)は2人。



青春18きっぷ・2009春♪ 2009.03.03






金野駅、千代駅と…。


12:10。
ようやく、終点天竜峡駅到着。

豊橋駅からジャスト4時間…。
豊橋駅~天竜峡駅間、51駅、116.2km。
内、2駅は通過。 


途中から乗車してきた高校生たちはさらに先まで行く電車に乗り換えらしい。

そして、お独り秘境駅ツアーを敢行された方々はここで下車。

Img_8334




天竜峡といえば、天竜ライン下り。

Img_8355



構内踏切を渡って向かい側のホームへ、そして、駅舎へ。




天竜峡駅。

1日平均乗車人員314人。

この飯田線では中核的存在の駅で有人、みどりの窓口もある。

天竜峡駅wikipedia



 
 
8年前にも訪れたことがある。

但し、飯田方面からクルマで。



過去記事

夏休み4-天竜峡・馬籠♪ 2008.08
夏休み3-木曽・妻籠♪ 2008.08
夏休み2-駒ヶ根♪ 2008.08
夏休み1-奈良♪ 2008.08



Img_83352



駅前。

土産物屋、コーヒーも。

Img_8349



お土産…。
秘境駅最中を♪

ところが…、普通の最中ではない…。
最中の皮、餡子がそれぞれ個別にパックされていて。
自分で皮に餡を詰めて出来上がり。

そうそう売れるものでもなく、最中は賞味期限が短いので、苦肉の策…。

だったら、クッキーとかでもよさそうなのだが。

扇屋の江ノ電最中のような電車の形をした最中。
美味しかった♪

Img_8361



で…。
後日、いただきもの…。

滋賀県近江八幡「たねや」の最中。
わざわざ、最中と餡を分けてあって、「手づくり」するタイプ。
最中のパリパリを味わうのだとか。

たねや/滋賀県近江八幡市







通りを挟んで、八百屋さん。

松茸がたくさん…。
長野県といえば、産地。
東京あたりで買うよりもかなりお安い。

買いたい衝動にかられたけど…。
”旅”の途中…。

Img_8353

  
  
留置線には213系などが。

Img_8337




中央アルプスの山々が眼前に。

Img_83422



天竜峡駅まで来れば食べるとこがあるが…。
途中で下車するつもりだったので、駅弁を買い込んできた。


豊橋駅で買い込んだ駅弁♪

僕は幕の内♪

Img_8339



ママと長男は「三色稲荷寿し」。
普通の稲荷、じゃこ、わさび。

これが、すごく美味しい♪

Img_8340


駅弁のパッケージはこちらに。

刈谷♪  2016.10.28




豊橋駅弁/壺屋弁当部

壺屋






帰りの電車、普通豊橋行き。
313系♪

上諏訪駅9:19発。
天竜峡駅12:50発。



沿線住民というよりも、”旅”の人々が多い…。

そして…。
大人数のツアーの客。
小型のバスで乗り込んできて、この電車に乗車した。

Img_8359

  
  
  
唐笠駅
”峰竜太観光大使”の出身地である下條村への玄関口となる駅。
ま、電車に頼る住民はいないだろうけど…。

こちらで下車したのは一人。
待っていたクルマに乗りこんで…。

Img_8362



為栗駅
当初の予定ではココで下車して、また、帰りの電車に拾ってもらうつもりだった…。

Img_8364

  
  
なんと…。
天竜峡駅で乗り込んできたツアー客たちが続々と下車。

Img_8365



こちらで下車したツアー客たち…。
天竜峡駅から回送されてきた、あのバスでどこかへ行かれるようだ…。

Img_8367





いろんなツアーがあるものだ…。
初夏、秋、格好の季節♪

みなさん下車して、かなり空いた車内…。

単独でお独り様ツアーを敢行する人々、鉄ちゃんらしい人。

気になる点といえば、若い人たちがいない、あるいは少ないこと…。

こういう旅…、昔は若者しかいなかったことがウソみたい…。
若者の専売特許…。
その”若者”たちが歳を重ねて、こうやって、現役で動いてる…。
そういうことかな…。

そういえば、登山でも同じ現象が起きている…。





小和田駅を♪

Img_83772

  


中部天竜峡駅

Img_8381




本長篠駅

Img_8384



Img_8382



16:16、豊橋駅到着。

Img_8391




飯田線/つちぶた本舗

魅力発見・飯田線







刈谷に戻った…。

Img_8399





夕暮れ…。

名鉄三河線。

Img_8398



  
今夜の夕食は長男のおごり。
行きつけの”中華”…。

夕方の開店と同時にほぼ満席…。

さすが、美味しかった♪

  
  
  
  





豊橋駅~天竜峡駅間51駅(内、2駅通過)116.2km。
普通列車で4時間。

帰路は天竜峡駅~豊橋駅間を普通列車で3時間26分。


いつもの小田急。
箱根登山鉄道部分も含めると、新宿駅~箱根湯本駅間51駅88.6km、
各停で2時間10分。
新宿駅~小田原駅間47駅82.5km、各停で1時間55分。

尚、飯田線全線では。
豊橋駅~辰野駅間94駅195.7km。
普通列車で約6時間…。
138のトンネル、約400の橋梁。

国鉄、いや、JRにしては駅の密集度が高い。
それは、飯田線は私鉄4社を統合してできたから。
地元の要請があれば、それに応えざる得ない、結果、駅は無尽蔵に…。



そういえば…。
二男は取引先の関係でしょっちゅう飯田に行き来している。

乗換案内、路線検索しても、飯田線はかすりもしない…。
飯田線の特急って、豊橋駅~飯田駅間で上下、それぞれ1日2本。
それも、2時間半もかかる…。

豊橋経由にしてみても、バスが出てくる…。
特急の時間を意識して無理矢理検索すると、ようやく飯田線が選択される…。

新宿からだと、絶望的。
バスしかない…。









ところで。
日本一長い鈍行とは…。


走行距離が最も長い定期普通列車は、山陽本線の岡山駅から下関駅
(山口県下関市)まで走る「369M列車」。
岡山駅を16時17分に出発し、福山、広島、新山口など途中の82駅すべて
に停車。
終点の下関駅へは23時50分到着。
移動距離384.7km、所要時間7時間33分。


各駅停車で385km、8時間21分「日本一長い鈍行」/乗りものニュース
00000000000000000000000000000000000

 
  
  

JR東海・青空フリーパス♪

今回はJR東海の「青空フリーパス」購入。
利用日は土曜・休日及び年末年始の1日フリーパス。
大人2,570円。


で、今回の実際の運賃は。
刈谷駅~豊橋駅~天竜峡駅間で片道3,020円。
往復で6,040円。

よって、3,470円のお得。


青空フリーパス/JR東海


    



飯田線♪

週刊、隔週刊など鉄道もの。
あれこれ買い込んできたが、必ず飯田線も♪

「にっぽん列島 鉄道紀行」、「週刊・鉄道絶景の旅」、「週刊・鉄道の旅」、
「週刊・歴史でめぐる鉄道全路線/国鉄・JR」。

これらは、2003年から2009年にかけての発売。
当時、飯田線は119系全盛時代。
だから、どの本をめくっても白地にオレンジとグリーンのラインの119系。


Img_8446



飯田線Wikipedia

飯田線/つちぶた本舗

魅力発見・飯田線






飯田線。
以前の白地にオレンジ&グリーンのラインの119系から、現在は313系
のJR東海カラーへ。
一部、213系などの湘南カラーも。


この現象、非電化の高山線でも…。
以前のキハ11形やキハ40系の白地にオレンジ&グリーンのラインから
現在ではJR東海側の高山線南部では313系と同じカラーのキハ25形
とキハ75形全盛。


高山本線Wikipedia






119系。

国鉄時代、105系をベースに飯田線のために作られた車両。
国鉄分割民営化後、119系は全車両がJR東海に引き継がれた。

2012年3月17日のダイヤ改正で飯田線での定期運用が終了し、同年
3月31日の「119ファイナル号」をもってすべての営業運転を終了。


国鉄119系電車wikipedia

一方…。
119系直系の親や兄のような存在の105系。
国鉄分割民営化後、JR東日本とJR西日本に。
しかし、東日本ではほとんど活躍することなく…。
西日本では瀬戸内や奈良などでよく見かけた。

現在では瀬戸内地区では濃黄色一色のあのカラーで、
和歌山地区ではあの青緑色で活躍している。

国鉄105系電車wikipedia





2012年3月で消えた119系…。
一部車両は福井県のえちぜん鉄道で活躍している。

えちぜん鉄道wikipedia







関連サイト


飯田線秘境駅号を追え

飯田線秘境駅号に乗ってきた その1 豊橋~大嵐~小和田

飯田線秘境駅号に乗ってきた その2 中井侍~為栗~田本

飯田線秘境駅号に乗ってきた その3 金野~千代~天竜峡

「秘境駅」ツアーに行ってきました 1

「秘境駅」ツアーに行ってきました 2



秘境駅へ行こう! (元祖)



秘境駅まとめ



飯田線ってどうして列車本数が少ないのですか? /YAHOO! 知恵袋







急行「飯田線秘境駅号」♪ 2016.11.10








~~  つづく  ~~



    






    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/26

リニア・鉄道館へ♪

★リニア・鉄道館へ♪

10月21日(金)。
晴れ♪

暑くもなく、寒くもなく…。


  
  
ママの朝ドラをつきあって…。
ようやく出発。


厚木インターから東名に。
御殿場JCTから新東名。


やはり、ここは走りやすい…。
何もしなくても、勝手に走ってくれる。

そして、滑らか…。

交通量もほどほど…。

平均速度は東名よりも+20kmくらいか。
追い越し車線は130~140km、本線は100kmくらい…。



トンネル内。
快適。

いや、トンネル内の方が快適と思えることも。

Img_8069



新東名が開通してから、4年半…。
3年前の夏休みに新東名を走った時も感激。
しかし、SAやPAの人気が過熱して、どこも入れないほど…。

今年2月、浜松いなさJCT~豊田東JCT間が開通して、御殿場JCT以西
は全通。
残る御殿場JCT~海老名南JCTの内、厚木南IC~海老名南JCT間は
2017年度開通と発表されている。

いっそ、御殿場JCT以東は要らない気がする…。
海老名あたりで新東名を終わらせるくらいなら、御殿場で終わらせたまま
のほうが、混雑、渋滞の回避になるのではないか…。



3年前のリベンジ…。
今回、あちこちのSA、PAに立ち寄った…。

新東名は東名よりも内陸を通っていて、山側をいく。
標高は200m、300m当たり前…。

そして、SAやPAは申し合わせたかのように標高100m前後。
ま、SAからの風景はどこも山、山…。

街からかなり離れた場所である。




平日ということもあって、どこもスムーズ。

静岡SA。

さすが、静岡。
美味しいものがあれこれ。


NEOPASA静岡下り/NEXCO中日本

Img_8076

  
  


12時過ぎ…。

岡崎SA。
上り・下りで同じ施設を共用。

こちらは下り用のエントランス。

このエリアといえば。
仏法僧か…。 
はたまた、コノハズク、フクロウ…。

Img_8085


NEOPASA岡崎/NEXCO中日本


食パンで人気のベーカリー「パンのトラ」には、驚くような行列。
高速初出店とか。
ウチも並ぼうかと話したが、旅行中に食パン買ってどうする…。



ランチ。
名古屋めしを代表する味噌かつの「矢場とん」。

平日なのに、そこそこ行列…。
他店を圧倒している。

ウチも…。

Img_8087



足もとを見たら…。
フードコートのテーブル席の真ん中にこんな表示。
ずっと向こうの方まで点線は続いてた…。

土日はホントの行列が延々…、凄いらしい…。

矢場とんだけの専用行列ライン…。

Img_8088



みそかつ。
ロースとんかつ。

ま、確かに美味しかった♪

でも、一度食べたら、もういいかな…。

とんかつ…、やはり、その店独特のとんかつソースが好き♪
いや、ブルドッグソースでもいい…。


Img_8090


矢場とん
000000yabaton







  



ここからは、すぐそこ。

岡崎SAを出ると、2、3分で豊田東JCT。
新東名は勝手に終わり、そして、勝手に伊勢湾岸自動車道となってる。

刈谷とかを過ぎ、名古屋市港区の名古屋港。
港の外周部南端を走るのだが、下を船舶が通るため、かなりの高架。

名港トリトンと呼ばれる3つの大橋からなる。
最も高いとこで桁下47m。

ま、横浜のベイブリッジが55m。
これでも、最大級の大型客船がつかえてしまうことに…。
今さら、上げるわけにもいかず…。
港を跨ぐ橋って、高くせざる得ない宿命…。



金城ふ頭の名港中央ICを降りる。

ここからリニア・鉄道館はすぐ。


余談…。
名港中央ICは名古屋市港区。
3kmほど西にある隣の飛島ICは、なんと、愛知県海部郡飛島村…。
言いかえると、隣の埠頭は飛島村…。
なんということ…。






そうそう、リニア・鉄道館へ。

なんか、殺風景なとこ。
近くにはポートメッセ名古屋とかある。
大型ファニチャの店も。
来春、レゴランドもオープン予定。

おおなみ線の終点、金城ふ頭駅が高架の上に。

駅前には風景に溶け込めない雰囲気のチャーチ。
照れくさそうに結婚式場…、アンジェローブ


駅から徒歩1、2分。
コインパーキングのタイムズ24がやってる大型駐車場へ。
これが、ポートメッセ名古屋とかリニア・鉄道館などの利用者向け駐車場。


リニア・鉄道館。
名港トリトンの名港中央大橋がきれいに見える。

Img_8094


  
  
館内へ。

まず出迎えてくれるのは。
C62、300X、MLX01-1。


300X。
955形新幹線試験電車。

カッコ良いカスプ型先頭車は滋賀県米原市の鉄道総合技術研究所
に静態保存されている。

ココに展示されているのはラウンドウェッジ型先頭車。
右奥は超電導リニアMLX01-1

Img_8100


新幹線955形電車Wikipedia



国内最速記録443.0km/hを記録した。(もちろん、リニアは除く)

ラウンドウェッジ型先頭車の速度記録エンブレム。

300x443



  
リニア・鉄道館/JR東海
00000jrcentral

Jrcentral002



リニア・鉄道館 wikipedia








一応、C62も…。
「つばめ」のヘッドマーク。

Img_8101





まっ先に。
大好きな300系♪

Img_8114


新幹線300系電車wikipedia





リニア・鉄道館。
こちらに展示されている車両は主に浜松工場からのものが最も多く、
次に佐久間レールパーク美濃太田車両区から移された。

明治村から移されたホジ6005形蒸気動車は国内に現存する唯一の蒸気動車
で、鉄道記念物に指定されている。
C57は準鉄道記念物。



佐久間レールパーク。
1991年~2009年、飯田線中部天竜駅構内にあった鉄道車両博物館。

佐久間レールパークWikipedia





急行「東海」のヘッドマーク。
懐かし過ぎる…♪

165系湘南色。

Img_8126


国鉄165系電車wikipedia

  
  
チョコレート色のモハ63形は中央線三鷹行き。

戦時下における旅客輸送を目的に1944年(昭和19年)から作られた
通勤型電車で、戦時中、戦後の輸送に貢献した。
しかし、資材と熟練工不足により、車体は徹底的に簡素化。
そして、1951年(昭和26年)、あの「桜木町事故」が…。
桜木町駅構内で発生した車両火災事故により106名が亡くなった。
この事故以降、列車の火災対策が本格的に進められた。

Img_8127


国鉄63系電車wikipedia



0系♪

Img_8130




ドクターイエロー。
新幹線922形電車。


Img_8129

ドクターイエロー wikipedia



国鉄381系、クハ381形。
振子式の特急電車。

Img_8131


国鉄381系電車wikipedia




往年のEF58♪
リニア・鉄道館5周年のヘッドマーク。

ぶどう色2号…。
この塗色がしっくりくる。

Img_8132

国鉄EF58形電気機関車Wikipedia





国鉄111系電車、クハ111形式。(クハ111-1)
この車両は佐久間レールパークで保存されていた。

Img_8134


国鉄113系電車wikipedia





戦後作られた車両スハ43形客車。
3等客車。

この車両は美濃太田車両区から。

懐かし過ぎるサボ。
名古屋行…。  ま、ここはJR東海だから…。

Img_8136



木の床…。

子供の頃、東急目蒲線(現、目黒線、多摩川線)やハマ線でも経験した。
当時、油臭かった…。  あれは、ワックスだったのか…。

Img_8138



国鉄モハ52形、モハ52004。
1936年(昭和11年)、1937年(昭和12年)に作られ、関西で活躍。
戦後、関東でも横須賀線に数両が…。
同じこ頃、飯田線にも転用された経緯からか、佐久間レールパークに保存されて
いた車両を製造時の姿に復元してこちらへ。

Img_8140


国鉄52系電車Wikipedia





お口直し。
新幹線。

0系、100系、300系、700系。

Img_8143





キハ181系♪
JR四国から譲受し、佐久間レールパークに保存されていた車両。

JR四国から…。
もしかしたら、僕も乗った車両かも…。
そんなことを思いながら…。

Img_8144


キハ181系気動車Wikipedia




ホジ6005形蒸気動車。

国内に現存する唯一の蒸気動車で、鉄道記念物に指定されている。
明治村から移された。

Img_8160


日本の気動車史wikipedia



側面。
普通の客車のように見える。
先頭部分に「機関室」の文字。

Img_8159



吊り革。
本当に全て革で作られている。

Img_8158



C57形式 蒸気機関車。
「C57 139」、1940年(昭和15年)製造。

主要路線で運転される旅客列車を牽引することを目的に1937年から製作
された蒸気機関車。
当館にある139号機はお召列車にも使用された。

そんなお召列車装備で展示。

Img_8162


ジオラマ。
もちろん、HOゲージ。

ジオラマの左側は大阪。
隣接して京都の大文字焼きなど。

メインは名古屋が大々的に…。
そして、右のほうには浜名湖、あっと言う間に横浜中華街。
端の方に東京だろうと思われる景色。

左側。
夕景になると大阪湾での花火大会♪

Img_8164




どうせ当たらないと思いつつ抽選券を投じた。
すごい倍率…。
時間になって、番号を照合したら、なんと当たった♪

N700のシュミレーター。
東京駅を出発して、静岡駅を通過、そして、名古屋駅到着。



そんなN700シュミレーター。
運転席はサイコーだった♪
一応、修了証もゲット。

Img_8173




後ろ髪を引かれる思いで…。

パチリ…。

Img_8180_2


ずっと居たい気分…。

Img_8184





まだまだ…。

Img_8185






リニア・鉄道館を後にして。

刈谷ハイウェイオアシスへ。

刈谷ハイウェイオアシスのランドマーク、観覧車♪


温泉で汗を流し、寿司をほおばり…♪
なかなか贅沢な時間を。

PAということだが、そこいらのSAよりも広大で店などが充実。
大きな食品スーパーも。

それもそのはず、一般道からの駐車場も広くて、普通に利用されている。
温泉や食品スーパーは高速利用者よりも地元の利用者に人気のよう。

ウチもあれこれお土産…。
南知多の名店「えびせんべいの里」は人気。
ここでも”えびせんべい”とか”いかせんべい”とかを…。

坂角の”ゆかり”もうかうかしてられない勢いかも…。
ま、”ゆかり”の美味しさは別格だけど…。

ウチは両方ともお土産に買い求めた。



刈谷ハイウェイオアシス

01






そして、長男のアパートへ。
JR刈谷駅からすぐ。


物が多くて、収納が追いつかない様子だが。
ま、そこそこちゃんとした生活をしていた。






 ~~  つづく  ~~


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/24

月曜日…

★月曜日…

晴れ♪

朝、寒く感じる…。

今夜も写真の整理…。 camera
数の多さに辟易…sweat01

   

  


  



   


   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/23

愛知県から帰宅…♪

★愛知県から帰宅…♪

晴れ、後、どんより…。

暑くもなく、寒くもなく…。



  
  
  
■ 
長男の住む愛知県から帰ったきた。

愛知県で行きたいとこ♪

たくさんあるのだが…。

真っ先に訪れたのはリニア・鉄道館。
超感激~♪

そして…。
愛知県豊橋駅をスタートして、静岡県、長野県にかかる。
飯田線の旅♪



飯田線中部天竜駅にて。

Img_8265

 
  
豊橋駅で買い込んだ「三色稲荷寿し」。

Img_8340





写真…。
たった3日間のプチドライブ旅、プチ旅なのに、撮影枚数400枚弱…。

昔、24枚撮りフィルムをもてあました同じ人間とは思えない…。
36枚撮りだと、面倒になって、1年間くらいカメラの中で眠っていた。


写真の整理だけで数日かかりそう…。
ま、マイペースでアップしてみようかと…。



  




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/21

愛知県にきてます♪

★愛知県にきてます♪

晴れ♪

ま、暑くもなく、寒くもなく…。





愛知県に住む長男のとこに 。
新東名を快適に。

まずは、リニア・鉄道館へ♪

Img_20161021_174431_2

    

    

   


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/20

ロマンスカー・ビッグニュース♪

★ロマンスカー・ビッグニュース♪

晴れ♪

暑い。

個人的に明日から休み。
だから、週末気分♪


   



小田急ロマンスカーにビッグニュース♪


伝統の展望席、小田急ロマンスカーに2018年新車登場、既存「EXE」も一新


新宿と箱根を結ぶ小田急電鉄の特急「ロマンスカー」に2018年、新型車両
が登場。
伝統の「展望席」や「バーミリオン」を受け継ぎ、「VSE」との“二枚看板”としての
活躍が期待される。
既存の「EXE」も「EXEα」にリニューアルされる。


小田急電鉄が特急「ロマンスカー」に10年ぶりとなる新型車両70000形電車
を投入し、2018年3月にデビューさせると発表した。

新型ロマンスカー70000形。
運転席が2階の展望席構造、1両20mのボギー車で7両編成。

新型車両70000形の開発コンセプトは、「箱根につづく時間(とき)を優雅に
走るロマンスカー」。
観光特急の側面を持つ「ロマンスカー」の代名詞「展望席」構造が採用され、
側面窓は小田急の特急車両で最大という1mの高さがあるそうです。
通勤需要での利用も考えられていますが、主に観光向け列車での走行を
予定している。

50000形VSEなど近年の「ロマンスカー」に続き、デザインを担当する岡部
憲明アーキテクチャーネットワークの岡部憲明代表(建築家)は、先頭車両
は全体が展望車のような空間を作り、中間車両も大きな窓により優れた眺望
を確保したと。
また、車両の赤い外装は小田急の伝統色である「バーミリオン」に由来し、
バラの色をベースにしていきたいと考えているそうだ。

新型車両では前方展望のライブ映像が各車両へ配信されるほか、車内Wi-Fi
サービスも用意。
新宿~箱根湯本間の所要時間が短いこと(2018年3月には70分台になる予定)
、通勤通学利用も想定した定員確保といった理由で、ビュフェやラウンジなどは
用意されない。
2編成が製造される。


20161070000




「プリンス」と「レディ」の二枚看板 「EXE」は「α」に


新型車両が導入される背景には、同様に展望席構造を持つロマンスカー
50000形VSE(2005年登場、2編成のみ)が人気で座席の供給が不足している
こと、同じく展望席構造を持つロマンスカー7000形「LSE」(1980年登場)
が車両の更新時期を迎えること、そして上質な観光特急に対するニーズの
高まりがあるといい、これによって小田急「ロマンスカー」の展望席を持つ車両は、
新型の70000形と50000形「VSE」の2車種体制となる。

精悍な部分がある「VSE」は「プリンス」、対しボリューム感のある新しい70000形
は「レディ」と、今後、「ロマンスカー」の、そして小田急の“顔”となっていく2車種に
ついて表現しました。

また小田急電鉄は今回、1996年のデビューから20年を迎えたロマンスカー
30000形「EXE(エクセ)」のリニューアルも発表。

この「EXE」は特急用車両として一般的な構造を持ち、日常の通勤通学需要
への対応も強く考えられた車両。
リニューアルでは室内デザインの変更や温水洗浄便座の設置などが行われ、
「EXEα」に生まれ変わる。
営業運転開始は2017年3月の予定。

20161030000

伝統の展望席、小田急ロマンスカーに2018年新車登場、既存「EXE」も一新/乗りものニュース
000000000000000000000000000000000_2




新型特急ロマンスカー「70000形」の製造を決定 2018年3月 営業運転開始予定/小田急

「特急ロマンスカー・EXE(30000形)」をリニューアル ~「EXEα」へ進化~/小田急





ま、ビッグニュース♪

バーミリオンレッド…。
どんなだろ…。

しかし…。
オレンジバーミリオン&グレー、白、青、茶…。
そして、バーミリオンレッド…。

ロマンスカーの塗色バラバラ…。
なんか、統一感がないどころか…。

白がうけたのだから…。
いっそ、現行の白地にバーミリオンを基本形として、白地にブルー、
白地にグレー、白地にパープルとか…。
どうだろ…。

雨の後の白いロマンスカーは凄いまだら模様…。
洗車は大変だろうけど…。

青いロマンスカーMSE・60000形は東京メトロ、JR東海御殿場線
乗り入れ専用車両として…。

そして…。
ま、EXEはホームライナー的(小田急ではホームウェイ)要素が強い
ので、独立したカラーでもいいかも…。

※ホームライナーはJR東海の登録商標。
 国鉄時代からホームライナーの呼称は使われていたが、役務商標が
 認められた平成4年の商標法改正にあわせて、同年JR東海から出願
 された。
 従って、JR東海以外のJRでもホームライナーの使用が行われている。


 
きょう、ロマンスカーで。/小田急
Banner_kyoromaautmn


  

小田急ロマンスカー♪shine


   


   

  















   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/19

JTB小さな時刻表♪

★JTB小さな時刻表♪

ちょっと雲が多いけど、ま、晴れ♪

昨日に続いて、ちょっと蒸し暑い…。






JTB小さな時刻表♪

普通のJTB時刻表(B5版)はしょっちゅう買うのだが…。

今日は”小さな時刻表”(B6版)を購入。
そ、持ち歩きたいから…。

小さいからといって、省略することなく、JR線全線・全駅掲載。
よって、文字はやや小さい…。

従来、”小さい時刻表”は臨時増刊扱いだったが、今春から「季刊」となり、
定期刊行物に昇格した。

では、”JTB大きな時刻表”(A4版)はというと…。
残念ながら…、今も臨時増刊の扱いのままで、刊行も年1回程度と限られてる。
いや、残念じゃない…。

大きな時刻表…。  
誰が買うんだろ…。

小さな時刻表はそれなりにというか、必然性があるけど。


近頃は携帯やスマホでも時刻表は見ることができるし、ルート検索や路線検索
なんでもこなす…。

でも…。
やはり、一目瞭然で把握できる時刻表は必須アイテム…。
廃れることのないことを…。





JTB小さな時刻表 2016年秋号。

2016autamnjtb_2




JTB時刻表 2016年10月号。
リニアL0系クリアファイルが付録。

201610jtb






「JTB小さな時刻表」が増刊から季刊に昇格/タビリス
000000000000000000000tabirisrlogo1




  

JTB時刻表/JTBパブリッシング

JTBパブリッシング
000000000000000000jtbpublishing

  




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/17

OYAMA MOMIJI GO!~♪

★OYAMA MOMIJI GO!~♪

雨…。
午後にはやんだ…。

涼しい…。

  


OYAMA MOMIJI GO!~♪

今年も臨時特急ロマンスカー「メトロもみじ号」のポスターが。

デザイン…。
なんか、かわいい…。

いつものデザインは…。
どうした…。



東京メトロ千代田線。
北千住、大手町、霞ヶ関、表参道を経て、小田急線へ。

臨時特急ロマンスカー「メトロもみじ号」を運転/小田急

201611metromomiji




秋の大山詣り/小田急

201610oyama




大山を歩こう 2013秋/小田急

大山を歩こう 2012秋/小田急


  

大山、ふたたび。/小田急

201509oyama_banner_d2



大山ケーブルカー

大山~大山街道~246  fuji notesshine 

 
 
 
過去記事

秋の大山ポスター♪ 2015.10.05

水曜日… 2015.04.15

木曜日…♪ 2013.10.17

週末♪ 2012.10.12

   
   

   




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/16

休日♪

★休日♪

晴れ、後、曇り…。

ま、涼しい。






日産の脇を通ったら、ひまわりフェスタを開催していた。
お神輿もスタンバイしていて、例年になく趣向を凝らしてるよう。

第11回 ひまわりフェスタ in NISSAN/0462.net

2016ひまわりフェスタin NISSAN - PDF /0462.net

201610himawarifesta







りんかんモール。
エイビイは今日も盛況…。

しかし…。
エイビイが埼玉県のスーパー「ヤオコー」の完全子会社になるというニュース。

さて、どうなるのか…。

「ヤオコー」同業のエイビイを買収
 
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/15

小田原城♪

★小田原城♪

晴れ♪

久々に”暖かい”。


そして、超久々に晴れの週末…♪


どこか…。
5月にリニューアルして、露出しまくってる小田原城へ。


  
  
小田厚…。

富士山がくっきり…。
ただし、黒い富士山…。
先月下旬、初雪化粧を宣言したが、今は跡形もない…。(初冠雪ではない…。)



平塚PAの先の路肩に覆面さん…。
餌食になったクルマを見送って、また、次の任務に…。


今日はクルマが多く、混雑…。

久々の週末の晴れなので、みんな同じことを考えているのか…。



荻窪で降りて、小田原城方面ということで、右折。
結構、遠回り…。

で、お堀近くのパーキングはどこも満車。

結局、正攻法のパーキングへ。
駅から離れたとこにある栄町駐車場と同規模で370台弱と大きい。
昨年11月にオープンしたばかりの小田原駅東口駐車場へ。

Img_8061


大きな駐車場も2F~4Fは満車…。
5F、屋上へ。

きれいになった小田原城が目の前。

Img_7983



新しい駐車場のオープンに伴い、駅のすぐ近くにあったお馴染みの駐車場
は閉鎖。
そして、今は…。
遺跡発掘調査中…。
小田原城三ノ丸元蔵跡の発掘調査…。

今日、駐車した駐車場も同じ目的の発掘調査を数年間かかって、ようやく
駐車場&市民交流センターとしてオープンしたのだとか。
小田原市内は遺跡だらけとの指摘も。

Img_8062


駅前エリアでランチを。

Img_7984



  
そば処 寿庵。

Img_7993



1920年(大正9年)、小田原駅開業と同時にオープン。
創業96周年…。

--------------------------------------------------------
小田原…。
長寿企業が多い。

あの”ういろう”の外郎家は日本に帰化してから650年。
室町時代に博多、京都と。
そして、1504年、北条早雲に招へいされて小田原へ。
小田原に来住してからでも、512年。

ま、最先端の特殊な技術を時の権力が見逃さなかったということ。

そんな外郎家を頼って小田原へ移住してきたのが「みのや吉兵衛」
信長に滅ぼされた浅井家一族といわれており、創業450年。

ウチでは鈴廣よりも好評な、あの「籠清」は創業190年。

そんな小田原蒲鉾の代名詞の「鈴廣」は、創業150年。

丸う田代だって創業140年。

かつお節の「籠常」は創業120年。

パン屋でさえ…。
うす皮あんぱんの柳屋ベーカリーは1921年(大正10年)創業。

----------------------------------------------------------



寿庵/0465.net

寿庵(小田原)/食べログ



2F。
以前は畳だったとか。

Img_7987

   

天せいろ。
ちくわの天ぷらも。

Img_7989



店を出ると、駅ビルが間近に。

小田原市というとこは。
この駅前から海に至るまで、そして、お城に至るまで、縦横無尽に
商店街、商店街、商店街…。
駅から海にかけての1km四方は、とにかく昔からの商業地。

昭和の香りがぷんぷんしてくる。

人口は19万人余とどこにでもある小さな市。

この人口で、あれだけ多くの商店。
よくやってるものだと…。

大手生保の支店、メガバンクから地銀の支店、裁判所は地裁支部、家裁支部
、簡裁と。
国や県の機関。
とにかく、神奈川県西部の覇者として、なんでも揃っている。


そして、ショッピングモールなんて、小田原には似合わないと思ったけど…。
ところが、クルマが主役の巡礼街道。
鴨宮駅と国府津駅の間の巡礼街道沿いには大型ショッピングモールなどが
ひしめいている…。

なんだか、小田原って、どこからパワーが湧いてくるのか…。

  
Img_7996


秋晴れ。
歩くのが気持ちよい。

めがね橋。

Img_7997


リニューアルされた小田原城。
とにかく人が多い…。

Img_8001


   
銅門。

Img_8002

 
 
変身♪
これ、結構、利用者が多い。

Img_8005


 
 
リニューアル。
まっ白。

Img_8006



小田原城天守閣リニューアル

小田原NAVI/小田原市観光協会




常盤木門を。

Img_8007



途中の休憩コーナー。
こちらも、かなり好評。

Img_8009



真鶴半島を。

Img_8010
  



天守閣の展望デッキより。
御幸の浜を。

Img_8016



右の山は大山。
小田原駅

Img_8017

 
 
小田原漁港、早川、石橋方面を。

Img_8021

  
  
北条氏の滅亡…。
高島政伸演じる4代目北条氏政…、鬼気迫る演技…。
”五代まつり”の意味も…。

北条滅亡後、大久保家、稲葉家、そして、大久保家へと…。
大久保家は大久保彦左衛門でも有名。
稲葉家は、あの春日局の孫。
春日局の菩提寺は小田原市のしだれ桜で有名な紹太寺
つまり、孫である稲葉家が開基した紹太寺に眠っている。

神奈川県内には春日局の足跡がかなり残っているのは、そういうことだった。



黒田官兵衛、真田丸と…。
NHK大河ドラマの影響で、分かりやすかった…。

Img_8024

  
  
  
こども遊園地。
ウチの息子たちも嬉々として遊んだ。
D52。

Img_8026

D52。
東海道本線、山陽本線、北海道などで貨物機として活躍した。
御殿場線にも縁が深かった関係から、山北駅、御殿場駅、沼津市など
神奈川県、静岡県での保存が多いのだとか。

神奈川県内では相模原市鹿沼公園、平塚市でも保存されている。
ここ小田原では”こども遊園地”の遊具として。


そんなD52のビッグイベント。
JR御殿場線・山北駅の山北鉄道公園に保存しているD52。

昨日10月14日、鉄道記念日のイベントとして走行した。

  
デゴニ祝う夕市|山北駅前商店街/タウンニュース

  


お城のお堀跡のむこう。
報徳二宮神社へ。

Img_8036


ちゃんとお参りした。

Img_8033



祭神は二宮尊徳。

幼名は金次郎。
本当は金治郎が正しいらしいが、金次郎と表記されてしまうのだとか…。

尊徳も”そんとく”と読まれてしまうが、本当は”たかのり”が正しいとか。

金次郎像。
看板でさえ、金次郎と。

Img_8035



きんじろうカフェ。

Img_8037



最近は神社の境内にお洒落なカフェが造られてる。
寒川神社とか来宮神社とか…、どんどん増殖…。

共通しているのは、お洒落、コーヒーが美味しい、クッキーなどサイドメニュー
も充実している。

神社本庁が奨励しているのか…。



大好きな片浦レモンサイダーも♪

Img_8039



サイダーを持ち歩くのは…。
で、片浦レモンドロップを♪

思った以上に美味しい♪


片浦レモンドロップ/小田原柑橘倶楽部


201610katauralemon








サイダーに心残り…。
でも、コーヒーも飲みたくて…♪

Img_8041



数年前に訪れたら休み…。
リベンジ…。

Img_8043



外郎博物館・ういろう公式サイト

店内にはういろう、和菓子、カフェ。
そして、一角には調剤薬局が。


あれこれ和菓子を♪
もちろん、「ういろう」も…。

現在の24代外郎藤右衛門に伝えられた丸薬&菓子の“ういろう”は650年
の歴史がある由緒正しい『ういろう』…。





小田原ブランドとしては最古の存在。

中国からやって来た外郎家は日本に帰化してから650年。
室町時代に博多、京都と。
そして、1504年、北条早雲に招へいされて小田原へ。
小田原に来住してからでも、512年。

ま、最先端の薬の製法を権力が見逃さなかったということ。



また、”湘南”の語源も、外郎家につながる。
ういろう、外郎家につながる人物がこのエリア、大磯にて湘南と名づけた。
この人がいなかったら、湘南という言葉は存在しなかった…。


湘南の起源は外郎家にあり♪


  

R1を挟んで、向かいにも薬局。
済生堂薬局小西本店。

寛永10年(1633年)創業、380年余の歴史を誇る老舗。
ミニ博物館となっている。

済生堂薬局小西本店/観光しずおか

Img_8047




R1沿い。
当地で有名なレストラン”grill KONOMI”(グリル木の実)

Img_8048

グリル木の実(小田原)

グリル木の実(小田原)/食べログ




直進すると小田原かまぼこ通り。
かまぼこの老舗が立ち並ぶ。

R1はここで左折。
数百メートル先では、さらに右折…。
R1とは思えない処遇…。
さすが、城下町。

Img_8050


小田原かまぼこ通り

小田原かまぼこ通り/fb



小田原城址公園のすぐ近く、大手門跡の石垣の上にある鐘楼「時の鐘」。
約300年の間、小田原の町に時を知らせてきた。
大晦日の夜には、除夜の鐘をつこうと、参拝者による長い行列ができるとか。

Img_8053







ギョサン。

ギョサン=「漁業従事者用サンダル」。
この言葉、小笠原で生まれたのだとか。
ま、今じゃ誰でも履いてるけど。

こんなお店でさえ(失礼)、1918年(大正7年)創業だって…。 
つまり…、2年後には創業100周年。



ギョサン/マツシタ靴店(小田原市)

ぎょさんネット(通販サイト)

Img_8054




駅前。
「ういろう」駅前調剤薬局。
もちろん、ういろう、和菓子も。

Img_8055

  

籠清の駅前店。
やはり、ウチは籠清派…。

Img_8058

籠清


蒲鉾。
そして、揚物「籠清揚げ」、鯵ちくわなどを。

Img_8057



ハーフインターの小田原ICより西湘バイパスへ。

下りで覆面さんとスポーツタイプのクルマが…。
土日でも出動…。

最近、西湘バイパスの終点・大磯東IC手前で以前よりもひどい渋滞…。

2車線化したのに悪化…。
ま、左車線からの合流はないのが救い…。
とはいえ、唐ケ原交差点までは常態化している。
なぜ…。

ところが、今日は湘南大橋を渡り終えるまで、こんな状態…。

Img_8064





Img_8063




この後、我が家に近づくにつれ、夕焼けのシルエット富士山がサイコーだった♪


夜、まんまるの月がきれい♪
明日は満月♪




  


過去記事

  •   
    小田原♪-2 2012.06.21
  •  
    小田原♪-1 2012.06.21

    バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-2 2012.02.18

    バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-1 2012.02.18 

    小田原漁港♪ 2008.07.06




    大磯の左義長♪ 2016.01.09

    大磯でみかん狩り♪ 2011.11.23

    大磯♪ 2011.04.30

    大好きな大磯♪-2 2010.07.17

    大好きな大磯♪-1 2010.07.17

    OISO・大磯♪ 2008.06.28





      


     
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016/10/13

    サプライズ…♪

    ★サプライズ…♪

    どんより…。

    涼しい。
    上着を…。

    ま、今月末でクールビズは終わりだし…。


       
      
      
      

    ボブ・ディランにノーベル文学賞♪

    ちょっとサプライズ…♪
    いや、大いにサプライズ~♪



    スウェーデン・アカデミーは、2016年のノーベル文学賞を米歌手ボブ・ディラン氏
    (75)に授与すると発表した。

    アカデミーは授賞理由として「偉大な米音楽の伝統の中で新しい詩の表現を創造
    してきた」ことを挙げている。

    授賞式は12月10日にストックホルムで行われる。





    ボブ・ディラン♪

    1960年代、70年代の若者にとっては神格化された存在といっても過言ではない。
    カウンターカルチャー…♪

    フォーク、ロック、メッセージソング、プロテストソング、公民権運動、反戦、
    ドラッグ、ビートルズ、ウッドストック、バングラデシュコンサート、ヒッピー…。


    日本でも信奉者が多く存在した。
    ていうか、このあたりの世代だったら、誰でも知ってる。

    吉田拓郎や泉谷しげるだって…。
    団塊世代の代表…。

    太田裕美の曲にさえ、”CSNY(CSN&Y)”とか”ウッドストック”の表現が…。


    青春のしおり/太田裕美



    青春のしおり/太田裕美




      


     
     

    スバル新型「インプレッサ」発表♪

    予約すでに6,000台。


    富士重工業(スバル)は13日、新型『インプレッサ』を発表し、25日から順次
    発売する。
    次世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」をはじめとした新技術
    を投入、「総合安全性能」と「動的質感・静的質感」の向上をめざした。

    第5世代の新型インプレッサは、富士重工の中期ビジョン「際立とう2020」に
    おいて次世代モデル群の第一弾として位置付けられる戦略車種だ。
    新型インプレッサは、「安心と楽しさを改革的に進化させた。 スバルをモデル
    チェンジさせた」と富士重の吉永泰之代表取締役社長は謳う。

    ボディタイプは5ドア・ハッチバックの「SPORT」と4ドア・セダンの「G4」。
    エンジンは新開発の2.0リットル直噴NAエンジンと1.6リットルNAエンジンを設定。
    国産初となる歩行者保護エアバッグと「EyeSight (ver. 3)」を全車に標準装備した。
    駆動は2WDと4WDを選べる。

    価格(税込)は192万2,400円から259万2,000円。
    SPORTとG4で仕様が同じなら価格は同じだ。2.0リットル仕様は10月25日発売
    、1,6リットル仕様は2016年末発売予定。

    9月1日から10月11日まで1ヶ月間余の先行予約台数は5,883台で、
    これは「予想の倍以上」。
    そのうち他社からの乗り換えは約半数になるという。

    スバル新型「インプレッサ」発表/Response
       

    20161013inpreza







    インプレッサ、2016年10月13日新車発表会ライブ




    スバル・インプレッサ

    20161013inpreza03_2







    スバル新型インプレッサ(プロトタイプ)試乗インプレッション - その1











    関連記事

    納車♪ 2016.08.27






    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016/10/12

    水曜日…

    ★水曜日…

    晴れ~♪   sunshine

    涼しい。

       




    明日の最高気温は20℃を下回りそう…down
    上着かな…sweat01



      



      


       

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016/10/11

    火曜日…

    ★火曜日…

    どんより…。

    涼しい…。

    上着を着てもいいくらい。
    いや、今朝は半数以上のサラリーマンが上着を着ていた。







    ハマ線の車窓から。

    淵野辺駅近くの青学キャンパス。
    そのキャンパスの広大な隣接地が…。

    整地がはじまり。
    何ができるのか…。
    興味津々…。

    あっと言う間に、建物。
    そして、”ESPOT”の看板…。




    そうそう、湯河原の海岸沿い、135号沿いのあの”ESPOT”…。

    あのローカルっぽい雰囲気が好きで、湯河原を通過する際に、立ち寄る
    ことも多い…。

    静岡県富士市に本社をおく株式会社マキヤが経営するディスカウンター。
    生鮮食品、生活雑貨などを扱うスーパー。

    最近、神奈川県にも店舗展開を強化している。




    淵野辺店について。
    店舗面積5261㎡。
    駐車場154台。

    見た感じよりも小さめ。

    11月23日オープン予定とあるが…。






    エスポット/マキヤ

    000000000espottop_


    0000espot

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016/10/10

    3連休最終日…♪

    ★3連休最終日…♪

    超どんより…。

    3連休、とにかくお天気わるい…。
    いや、ここんとこ1ヶ月以上、そんな日が続いてる…。

    でも、ようやく晴れマークが並びそう…。


    肌寒い…。
    長袖が快適…。




      


    新型大山ケーブルカー就役1周年♪

    2016年度グッドデザイン賞受賞。

    2016101stanniv_2



    大山ケーブルカー

    「新型大山ケーブルカー」2016年度グッドデザイン賞受賞/大山観光電鉄(株)


    ケーブルカー [新型大山ケーブルカー]

    GOOD DESIGN AWARD



    大山、ふたたび。/小田急

    201509oyama_banner_d2





    都心から丹沢・大山へ、秋の行楽に便利。

    東京メトロ千代田線沿線から小田急沿線の行楽地を乗り換えなしで結ぶ
    臨時特急ロマンスカー「メトロもみじ号」を運転。


    臨時特急ロマンスカー「メトロもみじ号」を運転/小田急






    他にも小田急関連のグッドデザイン。



    5月に大山に行った時、「おっ。」と思った。
    お洒落になった♪

    案内サイン [大山案内サイン統一化プロジェクト]

    新緑の大山♪ 2016.05.14




    小田急線座間駅前の築55年とか築50年の小田急社宅をリノベーション。
    間取りも今風…。
    すっかり、変貌して新築かと…♪

    賃貸共同住宅 [ホシノタニ団地]

    県立座間谷戸山公園♪ 2015.10.04


      
      
    小田急の掲示って。
    私鉄独特の各社の”閉鎖的”な掲示とかビジュアル…。

    その点、JRはそれぞれ分割された後、各社のカラーが定められ、そして、一定
    の統一された規格がある。
    あれって、JR東日本エリアからJR九州に出かけても、なんか、安心感…♪

    その点、私鉄は個性を主張し過ぎ…。
    たまに○○電鉄を利用したら、なんか、居心地わるい…。
    ま、ローカル色は残してもらいたいが。

    小田急は…。
    なんか、そういう閉鎖的なものから脱皮中に見える。
    わかりやすさ。
    親しみやすさ。
    初めて利用する客にも違和感なく…。

    そんな努力が見えるのだが。

    地元びいき、身びいきか…。


    駅構内業務掲示 制作プロセス [「誰にとっても見やすい業務掲示を!」小田急電鉄 業務掲示カラーユニバーサルデザイン化への取り組み]
      
      
      





    過去記事


    新緑の大山♪ 2016.05.14

    大野山♪ 2015.10.24

    三ノ塔♪ 2015.07.19

    新緑の大山♪ 2015.05.30

    大山♪ 2014.05.24

    伊勢原&大山♪ 2013.05.05

    お墓まいり&アクアライン~海ほたる♪ 2013.03.16

    伊豆♪-1 2013.02.10

    OUT RED SALE♪ 2013.01.26

    まるで雪山…♪ 2013.01.20

    大山♪ 2012.12.01

    久々のグランベリーモール♪ 2012.11.03

    秦野へ♪ 2012.10.06

    相模線、夏~♪ 2012.08.05

    ロマンスカーHiSE引退… 2011.12.17 <鶴見線・国道駅>

    久しぶりの湘南-2♪ 2011.10.29

    いざ箱根3♪-帰りに寄り道 2011.11.09

    いざ箱根1♪-足柄道アプローチ 2011.10.08 

    アウトレッドセール&ひまわり♪ 2011.07.30

    大山-2♪ 2010.01.23

    大山-1♪ 2010.01.23

    日向薬師♪ 2009.10.30

    大山♪ 2007.11.23

    大山街道・下鶴間宿♪ 2007.07.21

    大山 2005.11.20

     
     
     
     
     
    大山~大山街道~246=道志みちも…♪




        


      

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016/10/09

    シベリア鉄道完成100周年…♪

    ★シベリア鉄道完成100周年…♪

    朝、かなりの雨…。

    後、どんより…。

    涼しかったり、暑かったり…。



      
      

    シベリア鉄道完成100周年…♪


    Googleロゴマークが、シベリア鉄道の完成100周年を記念したアニメーション
    に変更された。
    シベリア鉄道はモスクワからウラジオストクまで約9,000kmを結ぶ鉄道網の
    総称として用いられ、1916年(大正5年)に現在のルートが完成したといわれて
    いる。

    Googleロゴマークのアレンジは「Doodle(ドゥードゥル)」と呼ばれ、祝日や記念日
    などを祝うために「斬新で楽しく、また時には自由な方法で」デザインされる。
    鉄道に関係したものもたびたび登場しており、昨年10月5日には、日本初の
    時刻表が発行された日にちなみ、時刻表をイメージしたデザインの「Doodle」
    が公開されて話題を呼んだ。


    2016100
     

    学生時代、横浜港大桟橋からソ連船に乗って旅した。

    学校は休学したり、復学したり、不良学生だった…。


    ナホトカから列車でウラジオストックへ。
    1泊した翌朝、いよいよシベリア鉄道に。

    ツアーは全てソ連のインツーリスト扱い。
    日本ではその代理店が数社あって、僕は日ソツーリストビューローで対応して
    もらった。(現 ユーラスツアーズ

    シベリア鉄道は…。
    確か、7泊8日…。
    行けども行けども、同じような光景…。

    5月だったが、春には程遠い、寒々とした印象…。

    とにかく、草原や農村、砂漠然とした光景…。
    モスクワに到着した時はカルチャーショックを受けた。

    ソ連船、シベリア鉄道、そして、モスクワではかなり上のクラスのホテル。
    飲み物は甘みのない炭酸水かアップルジュースしかなく、横浜からフィンランド
    の首都ヘルシンキまで徹底していた。

    そして、個人旅行なのに、ツアーに組み込まれ、日本語の通じる女性添乗員
    がつきっきり…。
    ま、監視役とも言う…。

    ダスビダーニャ、スパシーボくらいは覚えたかな…。
    みんな仲良くなった…。

    ソ連からフィンランドに入る国境付近ではソ連側の国境警備隊がライフルを
    構えていて、ちょっと恐怖…。

    ヘルシンキに到着した時は開放感…♪

    ようやく、ヨーロッパへ入ったことを実感した♪







    ソ連船・ジェルジンスキー号。  横浜港大桟橋にて。

    19740501
      

      

      
    シベリア鉄道。  同乗した日本の方々。

    19740502
     
       
        
      





    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016/10/08

    休日♪

    ★休日♪

    しっかり雨…。

    涼しくて、長袖…。





    昼頃、雨があがった…。
    青空になった途端、暑い…。


    Dsc_0002_6




    エトモ中央林間。
    ハロウィン♪
      
    Dsc_0001_6
      
      
      
      
      
      

    東急ストア創業60周年♪

    1956年(昭和31年)。
    1号店は武蔵小杉。

    創業翌年から東光ストア。

    東急ストアとなったのは1975年(昭和50年)。

    当時、東急の駅といえば、東急ストア、アートコーヒー、東急ジャンボー
    がまるでセットのようにあったと記憶している。

    東急田園都市線中央林間駅にあったアートコーヒーは中央に柵があって、
    駅ナカと外とどちらからでも利用できた。
    しかし、数年前に撤退して、今は「しぶそば」に。


    東急沿線住民にとっては、否が応でも目にする東急ストア…。
    赤い看板…。
    数十年間、あか抜けない…。
    流通なのに、電鉄子会社としてやってきたからか…。
    それでも、身近な存在…♪



    中央林間とうきゅう。
    昨日の朝刊、折込みチラシも。
    創業60周年、「中央林間とうきゅう」では9日(日)にハローキティの握手会&
    撮影会実施。



    東急ストア
    Tokyulogo
       

        





    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016/10/07

    週末♪

    ★週末♪

    晴れ♪

    涼しい♪



    明日から3連休♪
    お天気わるそう…。







    ここんとこ、クルマ関連のニュースが氾濫。

    パリモーターショー、ロサンゼルスモーターショー…。

    今年はいつになくスバルの話題も多い…。
    水平対向エンジンにまつわる話題も…。


    そんな中、インプレッサなどのリコール…。
    排出ガス発散防止装置の2次エアポンプのリレー交換とある。

    型式、車台番号を照合したら、セーフ…。
    ほっとした…。



       

         

     



      
      





      

    新型スバル・インプレッサ プロトタイプ試乗記










       

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016/10/06

    木曜日…♪

    ★木曜日…♪

    昨夜遅くから雨…。
    そして、まさかの強風…。

    今朝から、ぴっかぴかの晴れ♪
    台風一過の恩恵かな…。

    ちょっと暑かった…。


      



    ワールドカップ・アジア最終予選イラク戦♪

    2018年サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選B組
    の日本代表対イラク戦。
    前半リードした日本は後半同点に追いつかれたが、後半終了間際に山口
    がゴールを決め、2-1で勝利した。


      前半の序盤は一進一退の攻防が続いた。
      徐々に好機を演出し始めた日本は26分、清武のクロスに先発起用の原口
      が右ヒールで合わせて、相手GKの股を抜く鮮やかなゴールを決め、先制した。

      しかし、後半15分、イラクはゲニのフリーキックをアブドゥルアミールが頭で
      合わせて、ゴールを決めて同点に追いついた。
      その後、日本は、浅野、小林らを相次いで投入。
      イラク陣内に攻め入った。
      そして、後半終了間際、途中出場の山口が強烈なミドルシュートを決め、逃げ
      切った。
      対戦成績は、日本の7勝3敗2分け。

      最終予選は12カ国が2組に分かれて来年9月までホームアンドアウェー方式
      で戦う。
      アジアのW杯出場枠は4.5。
      最終予選で各組1位か2位になれば、本大会出場権を獲得する。
      残る0.5枠は各組3位同士がプレーオフを行い、勝者は北中米カリブ海予選4位
      とW杯出場をかけた大陸間プレーオフに臨む。



      アディショナルタイムは6分…。
      刻々と…。
      もう何も起きない…。
      そんな空気を突き破るようなゴール♪

      ま、いちばん嬉しそうだったのはハリルホジッチ監督♪




      そして、山口蛍(ほたる)。
      今日が26歳のバースデー♪

      おめでとう♪

        







         

       

      | | コメント (0) | トラックバック (0)

      2016/10/05

      水曜日…

      ★水曜日…

      どんより…。

      ちょっと涼しい。


      夜になって、雨…。

      台風18号は北陸沖で温帯低気圧に…。



      帰りの小田急線…。
      電車が10分遅れ…。

      帰宅ラッシュ時に向ヶ丘遊園駅でホーム転落したとか…。
      また、スマホか…。






      東急田園都市線開通50周年♪

      1966年(昭和41年)4月1日、東急田園都市線溝の口駅~長津田駅間開通。

      同じ東急目蒲線(現 目黒線)沿線で生まれ、東横線大倉山駅エリアで育った
      ので、小学生だった僕にとっても、一大イベントだった…♪

      たまプラーザ駅、青葉台駅とか、お洒落な駅名が並んでた。
      すごい大規模開発にも驚愕…。

      東横線沿線のごちゃごちゃ密集ぶりと比べると、縁豊かでお洒落な田園都市…。
      しかし、雨が降ったら、長靴が必需品…。
      東京への通勤も東横線のほうが数倍便利…。

      なんといっても、東横線族から見ると、未開の地…。
      ハマ線の長津田駅と接続する路線…。
      当時、ハマ線はローカルの象徴…。
      そんなロケーションに不安も…。

      様子見…。




      そうそう、田園都市線…。
      ところで、長津田駅から先は…。

      2年後の1968年(昭和43年4月)、長津田駅~つくしの駅間開業。
      さらに4年後の1972年(昭和47年)4月1日 つくし野駅~すずかけ台駅間開業。
      そして、さらに4年後1976年(昭和51年)10月、すずかけ台駅~南町田駅~
      つきみ野駅間開業。
      この時、つきみ野駅構内を除き全線複線化。(つきみ野駅構内は単線)

      翌1977年(昭和52年)、待望の渋谷駅~二子玉川園駅間が新玉川線として
      開業。

      当時、二子玉川駅は二子玉川園駅と称していた。
      新玉川線・二子玉川園駅、東横線・多摩川園前駅、小田急線・向ヶ丘遊園駅
      は子供たちの聖地♪



      なんと、つきみ野駅開業から、さらに8年後の1984年(昭和59年)4月、待望
      のつきみ野駅~中央林間駅間開業。 (同時につきみ野駅構内複線化…。)
      長津田駅までの開通から数えると、なんと18年後…。
      長津田駅~中央林間駅はわずか6km…。
      この6kmのために18年…。
      ま、いろいろあったのだが…。

      田園都市線はつきみ野までという記憶がインプットされて固定されてた…。

      ウチが横浜市内からこちらへ”都落ち”してきたのは、その直後…。




      金妻…♪
      1983年(昭和58年)の第1作はつくし野駅エリア、たまプラ駅エリアが舞台。

      翌年の第2作は東急として開業したばかりの中央林間が舞台。
      ものすごくお洒落な街が印象的だった。
      そして、”東急がバックアップ”した金妻は小田急の協力を得て、ロマンスカー
      通勤を世に知らしめた。

      僕は手術を経験した身…。
      といっても、盲腸の手術に毛が生えた程度の…。
      退院後、傷口が開くのではないかと…、風呂は気持ちわるいし、満員電車
      で通勤なんてとんでもない…。

      そこで、思い浮かんだのは金妻で登場したロマンスカー通勤…。

      それで、会社に頼んで、フレックスにしてもらい、朝夕ともロマンスカー通勤。
      通勤に都合よいロマンスカーは本厚木以西からで、新宿までノンストップ。
      町田あたりからの朝のロマンスカーは通勤時間帯を過ぎた9時台…。
      それで、フレックスに。
      ただし、当時はフレックスなんてとんでもないということで、人事に頼み込んで
      もらって、実現。
      夜のロマンスカーも快適♪
      なんといっても、当時は喫煙できるメリットは大きかった。

      その後、10年以上も帰宅時のロマンスカー通勤となった…♪


      そうそう…。
      第3作はつくし野エリア。


      そんなことから、バブル期には沿線の地価は超上昇。
      中央林間でさえ目を見張るような高額だった。
      神奈川県央エリアはどちらかというと、リーズナブルな地価なのだが、
      中央林間、つきみ野エリアは突出して高かった…。


      そんな時代にもかかわらず、こちらへ…。
      ”都落ち”してきたのは、金妻の影響大だった…♪




      しかし…。
      田園都市線で中央林間駅へ帰るのは…。
      ちょっと抵抗感があった…。

      長津田駅で一気にガラガラ…。
      さっきまでの喧騒がウソのように、閑散とした車内…。
      取り残された気分…。

      いわゆる”田園都市線”とは長津田駅まで…。
      それ以西は田舎…。

      そんなニュアンスが感じられたのだ…。



      ところが…。
      沿線の住宅事情。

      渋谷区、世田谷区、川崎市高津区、宮前区、横浜市青葉区、緑区、
      そして、町田市と緑区の境界線を町田市側を、そして、なんのこっちゃ
      大和市…。

      田都。
      いやいや、やはり、田園都市線と…♪
      川崎市、横浜市エリア。
      ずっとそれなりの住宅地として発展してきて、一戸あたりの面積も羨望の
      眼差しで。
      もちろん、以前からの住宅地は今もそれなりの風格は保っている。
      憧れのエリア♪

      で、車窓から見えるとこは。
      今では乱開発が過ぎて、蜂の巣を連想させるような住宅事情へ。
      いくら、ニーズが高いからと…。
      やり過ぎ…。  

      やり過ぎの代償…、田園都市線の超ラッシュ…。
      僕が小田急で通勤しているのはそのせい…。

      その点、町田市&横浜市緑区境界エリアである、つくし野以西はそこまでの
      開発は免れたので、景観はかなり上質。
      生活もそれなりに充実。

      この20年ほどで、そんな見え方がしてきた…。






      こちらのサイト。
      当時の田奈駅の様子が…。

      田奈は駅だけが出来て、まわりはそのまんま…。
      つまり、当時の光景が素直に写されている。

      東急田園都市線長津田開通の頃 1966年





      東急田園都市線wikipedia




      201604tokyudennenntosisen50th


      田園都市線開通50周年/東急
      201604tokyudennenntosisen50thlogo_3



      田園都市線50年のあゆみ/東急
      201604tokyu50th



      東急電鉄
      000000tokyu

        




      | | コメント (0) | トラックバック (0)

      2016/10/04

      火曜日…

      ★火曜日…

      晴れ♪

      朝は涼しかったけど、…。
      やっぱり、暑い…。


      首都圏は軒並み30℃超えの真夏日…。




        


      テッピーニュース♪

      この時期、各駅でテッピーニュースが配布される。

      「鉄道の日」実行委員会は、第23回「鉄道フェスティバル」を開催する。
      2016年10月8日(土)~9日(日)。
      10時~17時。
      東京・日比谷公園の大噴水広場周辺。
      入場無料。

      日本で最初の鉄道が開通した10月14日を「鉄道の日」としているが、
      この日に近い休日に毎年、鉄道フェスティバルを開催している。

      内容は鉄道事業者がブースを構え、オフィシャルグッズや鉄道部品の販売
      のほか、協賛企業による展示も行なわれる。
      また、「きかんしゃトーマス」のキャラクターショー・ミニSL乗車コーナー、
      海上保安庁音楽隊コンサート、トレインファミリーゲーム、お楽しみ抽選会
      などを実施予定。

       
      第23回鉄道フェスティバル開催について/国土交通省


         
      この時期、各鉄道事業者も各地でイベントを開催予定。




      Dsc_0002






      お馴染みのテッピー♪
      2013年10月にデビューしたテッピーナも。

      00000teppiteppina




       
       
      小田急では毎年恒例のファミリー鉄道展開催。
        

      小田急ファミリー鉄道展/小田急
      201610odakyufamily_2










         

       

      | | コメント (0) | トラックバック (0)

      2016/10/02

      休日♪

      ★休日♪

      久々の晴れ♪

      ちょっと暑かった…。




      近所の小学校で運動会。
      晴れて良かった…。





      相模線入谷駅周辺に立ち寄ってみた。
      稲刈りが始まっていた。


      座間のひまわり♪ 2016.08.13


        









         

      近所のTSUTAYAへ。

      隔週刊ジャズ・LPレコード・コレクション…♪

      アナログレコード付きマガジン。

      今の時代にわざわざ…。
      実物を手にして、びっくり…。


      ま、ウチにはLPレコードが腐るほどあるし…。
      でも、ジャズはレコードで…。
      とは、思っていない…。

      CDで買って聴いたほうがマシ…。
      でも、CDが出ていないアルバムやCDの方を買っていないアルバムは
      LPレコードで聴いてる。

      つまり、あくまでも、CD優先。
      レコードは必要に迫られて補完的に…。

      だって…。
      LPレコードでいちいち聴くのって、面倒…。
      それと、聴くたびにレコードもカートリッジというか、レコード針もすり減る…。

      そんな時代に逆行するようなマガジン…。

      そして、さらに驚きは。
      レコードプレーヤーまで同時発売。

      10,000円以下のプレーヤー…。
      ハウリング…、些細な音でも何でも拾いそう…。
      わざわざ、LPレコードを聴くのに…、大丈夫なのか…。
      そんな不安を…。




      隔週刊 ジャズ・LPレコード・コレクション/デアゴスティーニ

      201609jazzrecord01
        


      201609jazzrecord02_2
         

         




      で…。
      最近ハマってること…。

      昔、レコードを買ってきたら、必ず、カセットテープにダビングしていた。

      レコードやカートリッジは消耗品だから…。
      同じ消耗品なら、安いカセットテープを消耗したほうが得策。

      レコードはたまに聴くようにしていた。

      最近のマイブームは、そんなカセットテープを聴くこと。
      レコードよりも格段に取り扱いが楽だし…。

      そして、思った以上に高音質。
      特に、ジャズは相性がいいかも。

      カセットテープもレコードも復権しているのに…。
      大好きだったMDは…。
      たくさんあるんだけど…。

      死語…。


        







         










      | | コメント (0) | トラックバック (0)

      2016/10/01

      10月…♪

      ★10月…♪

      どんより…。

      ま、涼しい。




        
        

      湘南モノレールは混雑による影響で遅延…。

      江ノ電は順調…。

      もしかして…。
      江ノ電の混雑ぶりに嫌気がして、モノレールに…。

      最近、湘南モノレールの人気が出てきたし…。




      過去記事

      江ノ電とか♪ 2014.01.25







      10月…♪

      あまり、印象のない月…。
      最近はハロウィン…。








      JR東海オリジナルカレンダー♪


      参宮線宮川駅~山田上口駅間、宮川橋梁をいくキハ40系。

      20161040



      JR東海オリジナルカレンダー/JR東海
        


        

        

      ODAKYU VOICE10月号♪


      特集。
      『食欲の秋 カレーの気分です。』

      下北沢のポニピリカ。

        
      他には…。
      同じくシモキタのマジックスパイス。(札幌発のスープカレー発祥の店)

      ウチがよく行く、モンベルがやってるスパイスマジックとは違うので…。
      スパイスマジックといえば、世田谷でやってるインド料理レストランも
      なぜか有名…??

      わからなくなってしまう…。


      マジックスパイス(札幌発スープカレー発祥の店)

      スパイスマジック(モンベル)

      スパイスマジック(インド料理レストラン)



        
      掲載されている経堂のガラムマサラも美味しいと…。

      実は伊豆高原にも同じ名前のカレー屋さんがあって…。

      インドカレーやエスニックとかが苦手な僕としては…。
      欧風カレー派…♪

      欧風カレーが美味しいと評判の伊豆高原のガラムマサラ♪

      食べたいと思いつつ10年以上…。

      伊豆高原の桜並木沿い…。
      伊豆まできてカレーか…、という選択肢の問題もある。

      やはり、新鮮な魚介とか…。

      でも、そろそろ…♪



      ガラムマサラ(経堂)
      ガラムマサラ(経堂)/食べログ


      ガラムマサラ(伊豆高原)
        
        
      今月の歳時。
      ハロウィン in 多摩センター2016。
      ハロウィンといえば、川崎か多摩センターかと…。
        

      タウンファイル。
      小田原駅。
      リニューアルオープンした小田原城。

      沿線おいしい贈りもの。
      新百合ヶ丘の田園ぽてと。
      こちらのスイートポテト「田園ぽてと」が好評。



      ODAKYU VOICE/小田急

      201610_ov
        

         

          


          



























         

      | | コメント (2) | トラックバック (0)

      « 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »