« 北海道♪-3 | トップページ | 行くぜ、東北。 2017夏-2♪ »

2017/07/23

北海道♪-4

★北海道♪-4

晴れ♪

結構、暑い…。





網走ロイヤルホテルには、トヨタのラグビー部の他、デンソーの陸上部
の数人が合流していた。


北海道最終日…。



  
  

女満別空港近く、大空町の「めまんべつ メルヘンの丘」♪

Img_1315


国道39号沿いにクルマと人が群がっている。
国道に沿って10台分ほどのパーキング。

広大なジャガイモ畑や麦畑。
その丘の上には7本のカラマツがランドマーク。
(上の写真では右側の7本のカラマツ。)


ゆるやかな丘陵地に連なる畑が、季節ごとに美しい田園風景を描く
「メルヘンの丘」。
1990年公開の故黒澤明監督の映画「夢」のロケ地でもある。

緑のジャガイモ畑と黄土色の麦畑で、それなりにコントラストが。
少し前だと、どちらも緑色の畑。
畑と空が織りなすのどかな風景が印象的な、いかにもメルヘンの世界の
ビューポイント。

Img_1314


  
麦畑をメインに…♪
  
Img_1320


2006年、女満別町と東藻琴村が合併して大空町が誕生。
大空町の由来は女満別空港の存在から…。

女満別空港は昭和10年(1935年)、気象観測用の飛行場として開設。
結構、昔からあるのだ…。

  
メルヘンの丘/大空町

メルヘンの丘


  



メルヘンの丘から1.4kmほどの丘。
見渡すかぎり、畑、畑、畑…。

中国語で「熱烈歓迎」の看板…。

Img_1334

  
  
メルヘンの丘と同じく、1990年公開、黒澤明監督の映画「夢」の中で、ゴッホ
の「カラスのいる麦畑」を再現したロケ地。

ゴッホの「カラスのいる麦畑」で描かれたフランスのオーヴェールの景色に
似ていることから、この名前が付けられたそうだ。
 
Img_1335

  

その後、中国でも、こちらでロケした映画があるようで、彼らの立ち寄る場所
でもあるのだとか…。

それで、「熱烈歓迎」の看板が…。

見渡すかぎり、麦畑、ジャガイモ畑…♪

Img_1341

  
  
  
見渡すかぎり…。
そんな風景の中、農家らしき家はほとんど見えない…。
    
Img_1338


斜里岳♪

Img_1363


   
 

あいにく、カラスはいなかった…。

Img_1364   

  

  
大空町がやってる朝ヶ丘公園にも立ち寄った。

Img_1347




2Fから。

女満別空港。

Img_1359

  

JAL機が飛び立った。

Img_1362r



  

Img_1369


 

斜里岳♪  

Img_1368

 

朝日ヶ丘公園/大空町



折角なので、近くの「道の駅 メルヘンの丘めまんべつ」へ。

Img_1371_2


道の駅 メルヘンの丘めまんべつ/北の道の駅

道の駅 メルヘンの丘めまんべつ/大空町


  
 
 


石北本線・呼人駅(よびとえき)♪

石北本線で網走駅から一駅。

Img_1373

  

ストーブはそのまま…。

Img_1374

    

Img_1376

   

2面2線…。
跨線橋で。

Img_1375

  

キハ40形1700番台。

Img_1381


国鉄キハ40系気動車(2代)wikipedia

  
  
網走 - 遠軽。
スイッチバックの遠軽行き…。

Img_1382


網走 - 北見。
途中の北見駅止まり。

Img_1383


  

呼人駅Wikipedia

石北本線wikipedia

  
  
  
  
   

見岬(みさき)牧場。

網走市営美岬牧場。

Img_1395


牛が放牧されている。  

Img_1390

  
知床半島、羅臼岳か…。  

Img_1398


美岬牧場/旅ナビ!網走




牧場の先には。  
能取岬(のとろみさき)。

あいにく、灯台は改装工事中…。
ここの灯台は絵になるのに…。

Img_1407


こちらも…。
映画のロケ地として…。

Img_1410


堺雅人さん主演の「南極料理人」の撮影地などとして有名。

 
映画ロケ地 網走市能取岬




 
ここでは…。 
カラスも絵になる…。

Img_1413



秋の空~♪
  
Img_1418
  

能取岬/旅ナビ! 網走



能取湖方面へ。
美岬トンネル。

Img_1422



先程の能取岬を。

Img_1421


  




あれっ…。

能取湖畔を走っていたら…。

網走市鉄道記念館と卯原内交通公園。

1987年(昭和62年)3月20日、分割民営化直前に廃止された湧網線…。
網走駅0番線ホームを使っていた湧網線…。

そんな廃線となった湧網線の卯原内駅では当時の車両が静態保存されている。
網走市鉄道記念館には当時の駅の備品などが展示・保存されている。

Img_1434



卯原内駅(うばらないえき)wikipedia

湧網線(ゆうもうせん)wikipedia

国鉄9600形蒸気機関車wikipedia



網走市鉄道記念館/あばぶろ




9600型蒸気機関車 49643号機と客車が展示・保存されている。
49643号機は1920年(大正9年)製造。 

Img_1438







能取湖をぐるっと回り、サロマ湖へ。

到着前、羽根の一部が白いオオワシを目撃♪
なんか、かわいい♪

Img_1443


サロマ湖畔のワッカ原生花園。
ワッカネイチャーセンターへ。
  
Img_1445


オオワシ♪

Img_1440

  

ワッカ原生花園




Img_1444

  

  
Img_1453

 
ハマヒルガオ。

Img_1448
  


  
  
そろそろ…。
お昼…。

この辺りでは、店そのものが少ない…。
この先へ行けば、道の駅が3ヶ所あるのだが。

そんな中で、こちらのお店が好評とのこと…。
見た目では、選択はあり得ない店なのだが…。

Img_1459


客の入りはそこそこ…。
店の雰囲気はわるくない。

ほたて丼とホッカイシマエビ。
ホッカイシマエビ、夏は6月中旬から7月中旬までなので、ぎりぎりセーフ♪
甘くておいしかった♪  

Img_1464



僕はフライ定食。
エビ、ほたて、カキ♪

Img_1466



で、評判通り、ホントに美味しかった♪
満足♪


レストハウス華湖/食べログ

  



 
■ 
道の駅・サロマ湖。  

Img_1467
  
  


Img_1468



道の駅 サロマ湖/北の道の駅

道の駅公式サイト
000000000000000000michinoekilogo_2







道の駅サロマ湖の背後には幌岩山がそびえ、標高376mの山頂からは
サロマ湖、オホーツク海が一望できる。

登山コースもある。

クルマで行く場合はサロマ湖外周をいく国道238号から林道に入り、
山頂から同じルートにUターンするか、あるいは、反対側の林道をいって
国道238号に出る。
山頂から東側を浪速林道、西側を幌岩山林道と呼ぶ。
全長10.1km、ほとんどが未舗装だが、国道近くは一部舗装されている。

やや狭く、待避所以外で対向車をかわす時は要注意。


サロマ湖。

Img_1469_2

  
Img_1474_2
  

手前の建物は道の駅サロマ湖。

Img_1471_2


  
ジャガイモ畑や麦畑が美しい。

Img_1476


  
サロマ湖が一望できる標高376mの幌岩山山頂

  




飛行機の時間には、まだまだ時間がある…。
網走といえば…。




網走監獄。


ちょっと緊張…。

Img_1482_2



網走刑務所正門。
  
Img_1484



Img_1484r_2




1970年代。
高校生最後というか、大学入学直前の春休みに訪れた。

当時は博物館はなくて、本物を見学した…。
といっても、せいぜい、正門で記念撮影するだけ…。
それでも、かなり緊張…。

現在の博物館と比較すると…。
正門と庁舎の距離が若干短くなってるけど、配置は同じ。

Img_20170723_0001



…。
で、上の写真…。

僕は高校卒業して大学入学前の春休み。
隣はM大学4年生になるT君。(アルバムには偉そうにT君と…。)

この20数年後、僕は40歳になっていた…。
同じ会社内で群を抜いて恰幅のよい偉そうな人…。
でも、なんとなく雰囲気が…。
この時のT君がいた…。

僕はぺえぺえ、T君は役員王手の立場…。
奇遇を喜び合った…。(多分…。)







あれもこれも、重要文化財とか登録有形文化財とか…。


通用門。(裏門)

Img_1489

 

網走刑務所…。

日本最北端の刑務所。

明治維新後の日本は、内乱による国事犯や政治犯が続出し、監獄は過剰拘禁
となっていた。
また、富国強兵を掲げて西洋列強と肩を並べるためやロシア帝国の脅威を防ぐ
ためには蝦夷地(北海道)の開拓が重要課題だった。

そこで、1881年(明治14年)に「監獄則」改正を行って徒刑、流刑、懲役刑12年
以上の者を拘禁する集治監を北海道に設置し、囚人を労働力として使役させて
北海道の防衛と開拓を進める政策を行った。

1890年(明治23年)、中央道路の開削工事を行うため、釧路集治監から網走
に囚徒を大移動させて開設。
発足時の囚人数は1,392人でその3割以上が無期懲役であり、ほかの囚人も
刑期12年以上の重罪人であった。
中央道路工事は、1891年(明治24年)のわずか1年間で、網走から北見峠
まで約160kmが開通しており、過酷な労働条件による怪我、栄養失調が
続出し、死者は200人以上となった。

1894年(明治27年)に、囚人使役は「囚人は果たして二重の刑罰を科される
べきか」と国会で追及されるほどの社会問題となり廃止された。

その後も網走刑務所は存続し、戦後の高度成長期になると、1965年、高倉健
主演の「網走番外地」シリーズが始まり、その人気によって、網走刑務所は
全国区の観光名所に。

1983年(昭和58年)には、網走刑務所の全面改築工事に伴い、旧刑務所
の教誨堂、獄舎などを移築復原した博物館網走監獄が天都山中腹に開館した。




つまり、北海道開拓の基礎は囚人によって行われたといっても過言ではない…。
囚人たちは本州など北海道以外の出身者。
北海道の厳しい寒さなど、過酷な状況が想像を絶する。

そんな歴史を垣間見ることができるのが博物館網走監獄。




 
休泊所。
囚人たちは北海道の開発に使役させられた。
中央道路の開削の時に使われた仮の宿舎は動く監獄といわれた。

Img_1492
   


職員官舎。

Img_1496


網走駅の「網走駅」と縦書きされていることについて…。
  
Img_1500


1965年(昭和40年)から始まった高倉健主演による「網走番外地」シリーズ。
これにより、網走、網走刑務所の知名度は飛躍的に高まった。
  
Img_1501


網走駅0番線…。
1987年(昭和62年)3月、国鉄末期、湧網線は廃止された。
    
Img_1502


二見ケ岡刑務支所の農園作業。
  
Img_1506


二見ケ岡刑務支所の食堂の光景。
  
Img_1509


築105年…。
旧網走監獄舎房及び哨舎。
放射状に5棟の舎房が建っており、この入口を入ったとこにそれらを監視
するための中央見張所がある。

Img_1515


監獄舎房。  

Img_1518



脱獄している…。
  
Img_1520


博物館網走監獄

000000abasirikangoku






女満別空港近くのひまわり♪

Img_1533




Img_1534





空港前の店でレンタカーを返却…。
レンタカー各社が軒を並べているのだが、この時間、返却されたクルマが
びっしり…。
すごい台数…。

ま、知床半島などは、「わ」ナンバーだらけだった…。

マツダ・アクセラ…。
走行距離500kmほど、ガソリンは1/4ほど残った…。
1.5ℓだったが、とても気持ちよくドライブできた。


夕暮れの女満別空港。

Img_1542


夕食は空港内のレストランで。

エアドゥーをパチリ。

Img_1539


この後、最終のJAL20:15発で。

羽田には22時過ぎ到着。
ターミナルから出た途端、熱風…。
蒸し暑い…。


バスは…。
横浜駅、YCAT方面を除く神奈川方面は11番乗り場。

Img_1547




学生時代には入り浸りだった北海道♪

社会人になってからは出張ではちょくちょく…。

プライベートでは40年ぶり…。
楽しい北海道の旅だった♪




 
~~~  完  ~~~


   




|

« 北海道♪-3 | トップページ | 行くぜ、東北。 2017夏-2♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139267/65568408

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道♪-4:

« 北海道♪-3 | トップページ | 行くぜ、東北。 2017夏-2♪ »