« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017/07/31

月曜日…

★月曜日…

晴れ♪

暑い…。

 
 
7月も終わり…。
一抹の寂しさ…。

  
まだまだ、夏…♪


Summer21

   



  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/30

CAR and DRIVER 9月号♪

★CAR and DRIVER 9月号♪

曇り、時々、晴れ♪

蒸し暑い…。


昨日、行われた夏の高校野球神奈川県大会決勝戦。
東海大相模vs横浜。
横浜が甲子園の切符を手にした。




りんかんモールへ。
駐車場はかなりの混み具合…。

エイビイで買い物。

野菜は昨日、”すかなごっそ”で大量買いしたので…。
それでも、あれこれ…。

  


CAR and DRIVER 9月号♪

  
ホンダ・フィットのマイナーチェンジ。

試乗記。
マイナーチェンジのトヨタ・アクア、スバル・レヴォーグ、スバル・WRX、
など盛りだくさん。


特集。
最新SUV。
トヨタ・ハリアー・ターボ、





名車復刻版。
1974年ホンダ・ライフ・ステップバン。
商用車としてだけでなく、普通に乗っても違和感なかった。

1998年トヨタ・ハリアー。





CAR and DRIVER-e

CAR and DRIVER
 

201709cd


  






                 








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/29

横須賀美術館♪

★横須賀美術館♪

どんより…。
時々、晴れ間♪

かなり蒸し暑い…。




以前から行きたいと思っていた横須賀美術館へ♪

行きたい、行きたいと思っていたら、もう開館10周年♪



横横に乗るためには…。
国道16号下道からだと、保土ヶ谷バイパス上川井インターの合流手前から
1車線になってしまって、とんでもない渋滞が予想…。
だから、保土ヶ谷バイバスに乗る時は、わざわざ、つきみ野から入って、
”最上階”を行くように…。
すいすい…。



横横終点の馬堀海岸インターまで。

ここから国道16号(よこすか海岸通り)へ。
国道16号は3km弱先の横須賀市走水の観音崎京急ホテル前、防衛大学校
走水宿舎前で終わり…。
ここから先は何事もなかったように県道209号となり、200mほどで
横須賀美術館。


目の前には浦賀水道が…。
船が多い…。

なかなか気持ちの良いロケーションにある美術館♪

Img_1613



12時をまわっていた…。

まず、ランチを♪
テラス席もいいかな…。

でも、ちょっと蒸す…。
どちらにしようか、迷いながらも店内へ。

Img_1573


この美術館というか、レストランというか…。
最近、TVでの露出が増えて…。
レストランは行列との噂が…。

夏休みだし、戦々恐々…。
でも、大丈夫だった…。

Img_1578


魚介の旨みがたっぷりのペスカトーレ。

Img_1580


野菜たっぷりのカルボナーラ。
  
Img_1582



  
デザート。

Img_1584


  
アクアマーレ
0000000000acquamare



アクアマーレ(浦賀)/食べログ



目の前は海、背後は小高い丘と森…。

Img_1588
  
  

美術館へ。

横須賀美術館開館10周年記念「美術でめぐる日本の海」。

Img_1590


鯨の背に乗ってるのは宮本武蔵。
歌川国芳の「宮本武蔵の鯨退治」。

Img_1600


横須賀美術館
0000000000000yokosukamuseum




編んだ~わ~るど展。
編み物…。

Img_1592


00000000000000002017andawa


クモ…。
なんか、かわいい。

Img_1595


  

あれっ…。
さっきのレストラン…♪

こんな風にも見えるんだ…。

Img_1599


 
 
横須賀美術館といえば…。
谷内六郎館があるから、来たかった…。


谷内六郎といえば、=週刊新潮。

1956年(昭和31年)週刊新潮創刊号から谷内六郎氏が表紙絵を描いてきた。
1981年(昭和57年)死去するまで26年間、描き続けた。
1,300点以上。

横須賀美術館の一角に谷内六郎館がある。
三浦半島・観音崎エリア、海を望む立地。


こちら、谷内六郎館で展示されている作品は海にちなんだものがほとんど…。
谷内六郎氏の表紙絵といえば、汽車や森や街もあった…。
でも、海にちなんだ作品、満足した…。



1956年(昭和31年)、週刊新潮創刊号。
定価30円也…。

190pxshkan_shinch_first_issue



谷内六郎オフィシャルサイト

谷内六郎 表紙絵ギャラリー/新潮社

谷内六郎館/横須賀美術館



  

Img_1617


船…。
なんだろ…。
クルマを運ぶ…、あれかな…。  自動車運搬船。

Img_1609

  
すぐそこには話題の猿島も…。

Img_1610

  

おっ…。
潜水艦も…。

そか、すぐそこは横須賀基地だ…。

Img_1618



浦賀水道 船のある風景







この時期、三浦市、横須賀市の134沿いには野菜やスイカの直売所が
あちこち…。


でも、まとめて買い物できるとこは…。
ママが「すかなごっそ」に立ち寄りたいと…。

Img_1623
   


朝どれ野菜♪
そのうえ、安い…。
  
Img_1621
  

ここには、葉山牛もあれこれ。
ウチも買い込んだ。

そして、魚介も扱ってる…。
もちろん、ゲット♪




すかなごっそ/JAよこすか葉山

農産物直売所「すかなごっそ」/ここはヨコスカ



    

  
帰路、黒い雲がひろがってきた…。
きっと、あの雲の下は雨…。
小笠原諸島付近の台風5号の影響か…。

自宅に到着した途端、ポツリ、ポツリ…。

昼前、自宅を出る時、洗濯物を部屋にいれてたのだが、バスタオル1枚
だけ忘れて放置…。
慌てて取り込んで、セーフ…。

その後、川崎市や横浜市には大雨警報や洪水警報まで…。
ま、何事もなく…。


   

















   






            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/28

登拝門♪

★登拝門♪

晴れ、時々、どんより…。

苦痛ではない暑さ。

  

大山登拝門、全開♪

 
標高約700m にある伊勢原市の大山阿夫利神社下社の登拝門(とはいもん)
が27日、すべて開かれ、本格的な夏山シーズンが到来した。

目指すは大山山頂(標高1,252m)。

門の鍵は約400年前から東京・日本橋の「お花講」が管理。
この日、神主のおはらいの後、白木の扉を開け、講衆51人が「散華(さんげ)、
散華、六根清浄、お山は晴天」と唱えながら急な石段を上った。

2019年には日本橋から大山まで約60kmを2日間かけて歩く計画だとか。



20170727oyama
※カナロコより




現在は年間を通じて登山できるが、かつての大山は7月27日~8月17日
の夏山期間以外は登拝門は閉ざされ、山頂へ登拝できなかった。
現在は夏山期間以外は半開きされ、年間を通じて登山できる。
登拝門は半開きとは言わず、「片開き」というのだが…。




片開きの登拝門。                         2015年5月撮影

Img_4129





大山~大山街道~246=道志みちも…♪shine





  
  
■ 

網走市北浜の畑に熊…。

 
大麦畑を泳ぐように駆けるヒグマ、網走で撮影…。
「ここまで大きいとは」…。

7月14日、網走市北浜のオホーツク網走農協・澱粉工場オホーツク網走付近
で2頭のクマが目撃された。
クマはジャガイモ畑から車道を次々と横切り、反対側の大麦畑に走り去った。

釧網本線・北浜駅から南西に2kmほど、あの濤沸湖の近く。

7月14日の出来事ってことは、僕たちがココを訪れた2日前…。


走るスピード…。  ちょっと恐怖…。

20170728kuma




動画はこちら。

大麦畑を泳ぐように駆けるヒグマ 網走で撮影 「ここまで大きいとは」



  





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/27

斜里町の熊…

★斜里町の熊…

どんより…。

さほど暑くない…。







知床半島に出没するヒグマ…。

ま、あのエリアは心構えができてる…。

ところが…。
2010年10月、ニュースになった斜里町の市街地に出没したヒグマ…。

20101018news

  
  
  
先週、斜里の街もちょっとだけ立ち寄ったので、熊の出没した所が気になった。
Googleのストリートビューを…。

立ち寄った「道の駅しゃり」からカーソルを移動させたら、1分もかからず
判明…。

上のニュース写真と同じ光景…。

そ、あの道の駅から数十メートル…。
てことは、知床斜里駅からも200mほどか。

幹線道路の斜里網走通よりは1本脇の道路だが、れっきとした街中…。
一体、どうやって街に出てきたのか…。


上の写真と比較して、突き当たりの店が同一。
その店の手前を左に行くと、すぐに「道の駅しゃり」。

201707shari_2

  
  
Googleマップ

  




一方、知床半島では…。

ヒグマとの共生…。
ヒグマに出会わないことが最善の対処法。
知床ではそんな考え方に基づいた動きがかなり進んでいる…。
そんな思いが…。

あちこちで見かけた、このハガキ大のパンフレット…。
なんだろうと…。

201707siretoko_2



ヒグマ対処法/知床財団





  
  
関連記事

飲み会♪ 2015.07.31

北海道♪-2  2017.07.17

 

    




   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/26

水曜日…

★水曜日…

傘のいらない雨…。
八王子に着いた頃にはしっかり雨…。

蒸し暑い…。
ま、昨日よりはマシ…。




昨夜は冷房してある部屋から出ると、熱風のような暑さ…。
でも、今日はあまり温度差がないかもしれない…。





台風5号の存在は知っていたが…。

いきなり台風9号発生…。
6号、7号、8号は…???

310261wid




  

  






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/25

青春18きっぷ2017年夏♪

★青春18きっぷ2017年夏♪

晴れ♪

かなり暑い…。




昼食で外に出たら熱風というか、湿気というか…。
とにかく湿度が高い…。

その時、路上で倒れた若い女性…。
救急車で搬送されたけど、熱中症らしい…。






青春18きっぷ2017年夏♪

首都圏ではほぼ姿を消した青春18きっぷのポスターやチラシ…。
絶滅危惧種…。
もう2年程、ブランク…。
ところが、先週の北海道旅行中、網走駅にあった…。

土讃線小歩危駅。


”「歩くと危ない」という名は、山が険しいからでしょうか。
 渓谷に見とれてしまうからでしょうか。”


2017

  
  
2009年冬のポスターでも阿波川口駅~小歩危駅間の渓谷が掲載
された。


小歩危駅wikipedia

土讃線wikipedia

 



   
   



青春18きっぷポスター♪shine

   



   




                    





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/24

行くぜ、東北。 2017夏-2♪

★行くぜ、東北。 2017夏-2♪

晴れ♪

蒸し暑い…。

 


 
夏休み9連休明け…。

ま、よく遊んだし、楽しく過ごしたので…♪

初日から仕事はパワー全開…。









行くぜ、東北。 2017年夏-2♪

十和田湖。

20172



初夏2と表記されていたが…。
ま、夏2でもどちらでも…。




行くぜ、東北/JR東日本

0000

 

   





■過去記事

行くぜ、東北。 2016夏♪   2016.07.06
行くぜ、東北。 2016夏♪   2016.06.02
行くぜ、東北。 2016春♪   2016.04.03
行くぜ、東北。 2016冬♪   2016.01.07
行くぜ、東北。 2015冬♪   2015.11.19
行くぜ、東北。 2015秋♪   2015.09.02
行くぜ、東北。 2015夏♪   2015.07.20
行くぜ、東北。 2015 夏♪ 2015.06.23
行くぜ、東北。 2015春♪  2015.04.27
行くぜ、東北。 2015冬♪   2015.01.16
行くぜ、東北。 2014冬♪   2014.11.09
行くぜ、東北。 2014夏♪   2014.09.09
行くぜ、東北。 2014秋♪   2014.09.07
行くぜ、東北。   2014.09.03




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/23

北海道♪-4

★北海道♪-4

晴れ♪

結構、暑い…。





網走ロイヤルホテルには、トヨタのラグビー部の他、デンソーの陸上部
の数人が合流していた。


北海道最終日…。



  
  

女満別空港近く、大空町の「めまんべつ メルヘンの丘」♪

Img_1315


国道39号沿いにクルマと人が群がっている。
国道に沿って10台分ほどのパーキング。

広大なジャガイモ畑や麦畑。
その丘の上には7本のカラマツがランドマーク。
(上の写真では右側の7本のカラマツ。)


ゆるやかな丘陵地に連なる畑が、季節ごとに美しい田園風景を描く
「メルヘンの丘」。
1990年公開の故黒澤明監督の映画「夢」のロケ地でもある。

緑のジャガイモ畑と黄土色の麦畑で、それなりにコントラストが。
少し前だと、どちらも緑色の畑。
畑と空が織りなすのどかな風景が印象的な、いかにもメルヘンの世界の
ビューポイント。

Img_1314


  
麦畑をメインに…♪
  
Img_1320


2006年、女満別町と東藻琴村が合併して大空町が誕生。
大空町の由来は女満別空港の存在から…。

女満別空港は昭和10年(1935年)、気象観測用の飛行場として開設。
結構、昔からあるのだ…。

  
メルヘンの丘/大空町

メルヘンの丘


  



メルヘンの丘から1.4kmほどの丘。
見渡すかぎり、畑、畑、畑…。

中国語で「熱烈歓迎」の看板…。

Img_1334

  
  
メルヘンの丘と同じく、1990年公開、黒澤明監督の映画「夢」の中で、ゴッホ
の「カラスのいる麦畑」を再現したロケ地。

ゴッホの「カラスのいる麦畑」で描かれたフランスのオーヴェールの景色に
似ていることから、この名前が付けられたそうだ。
 
Img_1335

  

その後、中国でも、こちらでロケした映画があるようで、彼らの立ち寄る場所
でもあるのだとか…。

それで、「熱烈歓迎」の看板が…。

見渡すかぎり、麦畑、ジャガイモ畑…♪

Img_1341

  
  
  
見渡すかぎり…。
そんな風景の中、農家らしき家はほとんど見えない…。
    
Img_1338


斜里岳♪

Img_1363


   
 

あいにく、カラスはいなかった…。

Img_1364   

  

  
大空町がやってる朝ヶ丘公園にも立ち寄った。

Img_1347




2Fから。

女満別空港。

Img_1359

  

JAL機が飛び立った。

Img_1362r



  

Img_1369


 

斜里岳♪  

Img_1368

 

朝日ヶ丘公園/大空町



折角なので、近くの「道の駅 メルヘンの丘めまんべつ」へ。

Img_1371_2


道の駅 メルヘンの丘めまんべつ/北の道の駅

道の駅 メルヘンの丘めまんべつ/大空町


  
 
 


石北本線・呼人駅(よびとえき)♪

石北本線で網走駅から一駅。

Img_1373

  

ストーブはそのまま…。

Img_1374

    

Img_1376

   

2面2線…。
跨線橋で。

Img_1375

  

キハ40形1700番台。

Img_1381


国鉄キハ40系気動車(2代)wikipedia

  
  
網走 - 遠軽。
スイッチバックの遠軽行き…。

Img_1382


網走 - 北見。
途中の北見駅止まり。

Img_1383


  

呼人駅Wikipedia

石北本線wikipedia

  
  
  
  
   

見岬(みさき)牧場。

網走市営美岬牧場。

Img_1395


牛が放牧されている。  

Img_1390

  
知床半島、羅臼岳か…。  

Img_1398


美岬牧場/旅ナビ!網走




牧場の先には。  
能取岬(のとろみさき)。

あいにく、灯台は改装工事中…。
ここの灯台は絵になるのに…。

Img_1407


こちらも…。
映画のロケ地として…。

Img_1410


堺雅人さん主演の「南極料理人」の撮影地などとして有名。

 
映画ロケ地 網走市能取岬




 
ここでは…。 
カラスも絵になる…。

Img_1413



秋の空~♪
  
Img_1418
  

能取岬/旅ナビ! 網走



能取湖方面へ。
美岬トンネル。

Img_1422



先程の能取岬を。

Img_1421


  




あれっ…。

能取湖畔を走っていたら…。

網走市鉄道記念館と卯原内交通公園。

1987年(昭和62年)3月20日、分割民営化直前に廃止された湧網線…。
網走駅0番線ホームを使っていた湧網線…。

そんな廃線となった湧網線の卯原内駅では当時の車両が静態保存されている。
網走市鉄道記念館には当時の駅の備品などが展示・保存されている。

Img_1434



卯原内駅(うばらないえき)wikipedia

湧網線(ゆうもうせん)wikipedia

国鉄9600形蒸気機関車wikipedia



網走市鉄道記念館/あばぶろ




9600型蒸気機関車 49643号機と客車が展示・保存されている。
49643号機は1920年(大正9年)製造。 

Img_1438







能取湖をぐるっと回り、サロマ湖へ。

到着前、羽根の一部が白いオオワシを目撃♪
なんか、かわいい♪

Img_1443


サロマ湖畔のワッカ原生花園。
ワッカネイチャーセンターへ。
  
Img_1445


オオワシ♪

Img_1440

  

ワッカ原生花園




Img_1444

  

  
Img_1453

 
ハマヒルガオ。

Img_1448
  


  
  
そろそろ…。
お昼…。

この辺りでは、店そのものが少ない…。
この先へ行けば、道の駅が3ヶ所あるのだが。

そんな中で、こちらのお店が好評とのこと…。
見た目では、選択はあり得ない店なのだが…。

Img_1459


客の入りはそこそこ…。
店の雰囲気はわるくない。

ほたて丼とホッカイシマエビ。
ホッカイシマエビ、夏は6月中旬から7月中旬までなので、ぎりぎりセーフ♪
甘くておいしかった♪  

Img_1464



僕はフライ定食。
エビ、ほたて、カキ♪

Img_1466



で、評判通り、ホントに美味しかった♪
満足♪


レストハウス華湖/食べログ

  



 
■ 
道の駅・サロマ湖。  

Img_1467
  
  


Img_1468



道の駅 サロマ湖/北の道の駅

道の駅公式サイト
000000000000000000michinoekilogo_2







道の駅サロマ湖の背後には幌岩山がそびえ、標高376mの山頂からは
サロマ湖、オホーツク海が一望できる。

登山コースもある。

クルマで行く場合はサロマ湖外周をいく国道238号から林道に入り、
山頂から同じルートにUターンするか、あるいは、反対側の林道をいって
国道238号に出る。
山頂から東側を浪速林道、西側を幌岩山林道と呼ぶ。
全長10.1km、ほとんどが未舗装だが、国道近くは一部舗装されている。

やや狭く、待避所以外で対向車をかわす時は要注意。


サロマ湖。

Img_1469_2

  
Img_1474_2
  

手前の建物は道の駅サロマ湖。

Img_1471_2


  
ジャガイモ畑や麦畑が美しい。

Img_1476


  
サロマ湖が一望できる標高376mの幌岩山山頂

  




飛行機の時間には、まだまだ時間がある…。
網走といえば…。




網走監獄。


ちょっと緊張…。

Img_1482_2



網走刑務所正門。
  
Img_1484



Img_1484r_2




1970年代。
高校生最後というか、大学入学直前の春休みに訪れた。

当時は博物館はなくて、本物を見学した…。
といっても、せいぜい、正門で記念撮影するだけ…。
それでも、かなり緊張…。

現在の博物館と比較すると…。
正門と庁舎の距離が若干短くなってるけど、配置は同じ。

Img_20170723_0001



…。
で、上の写真…。

僕は高校卒業して大学入学前の春休み。
隣はM大学4年生になるT君。(アルバムには偉そうにT君と…。)

この20数年後、僕は40歳になっていた…。
同じ会社内で群を抜いて恰幅のよい偉そうな人…。
でも、なんとなく雰囲気が…。
この時のT君がいた…。

僕はぺえぺえ、T君は役員王手の立場…。
奇遇を喜び合った…。(多分…。)







あれもこれも、重要文化財とか登録有形文化財とか…。


通用門。(裏門)

Img_1489

 

網走刑務所…。

日本最北端の刑務所。

明治維新後の日本は、内乱による国事犯や政治犯が続出し、監獄は過剰拘禁
となっていた。
また、富国強兵を掲げて西洋列強と肩を並べるためやロシア帝国の脅威を防ぐ
ためには蝦夷地(北海道)の開拓が重要課題だった。

そこで、1881年(明治14年)に「監獄則」改正を行って徒刑、流刑、懲役刑12年
以上の者を拘禁する集治監を北海道に設置し、囚人を労働力として使役させて
北海道の防衛と開拓を進める政策を行った。

1890年(明治23年)、中央道路の開削工事を行うため、釧路集治監から網走
に囚徒を大移動させて開設。
発足時の囚人数は1,392人でその3割以上が無期懲役であり、ほかの囚人も
刑期12年以上の重罪人であった。
中央道路工事は、1891年(明治24年)のわずか1年間で、網走から北見峠
まで約160kmが開通しており、過酷な労働条件による怪我、栄養失調が
続出し、死者は200人以上となった。

1894年(明治27年)に、囚人使役は「囚人は果たして二重の刑罰を科される
べきか」と国会で追及されるほどの社会問題となり廃止された。

その後も網走刑務所は存続し、戦後の高度成長期になると、1965年、高倉健
主演の「網走番外地」シリーズが始まり、その人気によって、網走刑務所は
全国区の観光名所に。

1983年(昭和58年)には、網走刑務所の全面改築工事に伴い、旧刑務所
の教誨堂、獄舎などを移築復原した博物館網走監獄が天都山中腹に開館した。




つまり、北海道開拓の基礎は囚人によって行われたといっても過言ではない…。
囚人たちは本州など北海道以外の出身者。
北海道の厳しい寒さなど、過酷な状況が想像を絶する。

そんな歴史を垣間見ることができるのが博物館網走監獄。




 
休泊所。
囚人たちは北海道の開発に使役させられた。
中央道路の開削の時に使われた仮の宿舎は動く監獄といわれた。

Img_1492
   


職員官舎。

Img_1496


網走駅の「網走駅」と縦書きされていることについて…。
  
Img_1500


1965年(昭和40年)から始まった高倉健主演による「網走番外地」シリーズ。
これにより、網走、網走刑務所の知名度は飛躍的に高まった。
  
Img_1501


網走駅0番線…。
1987年(昭和62年)3月、国鉄末期、湧網線は廃止された。
    
Img_1502


二見ケ岡刑務支所の農園作業。
  
Img_1506


二見ケ岡刑務支所の食堂の光景。
  
Img_1509


築105年…。
旧網走監獄舎房及び哨舎。
放射状に5棟の舎房が建っており、この入口を入ったとこにそれらを監視
するための中央見張所がある。

Img_1515


監獄舎房。  

Img_1518



脱獄している…。
  
Img_1520


博物館網走監獄

000000abasirikangoku






女満別空港近くのひまわり♪

Img_1533




Img_1534





空港前の店でレンタカーを返却…。
レンタカー各社が軒を並べているのだが、この時間、返却されたクルマが
びっしり…。
すごい台数…。

ま、知床半島などは、「わ」ナンバーだらけだった…。

マツダ・アクセラ…。
走行距離500kmほど、ガソリンは1/4ほど残った…。
1.5ℓだったが、とても気持ちよくドライブできた。


夕暮れの女満別空港。

Img_1542


夕食は空港内のレストランで。

エアドゥーをパチリ。

Img_1539


この後、最終のJAL20:15発で。

羽田には22時過ぎ到着。
ターミナルから出た途端、熱風…。
蒸し暑い…。


バスは…。
横浜駅、YCAT方面を除く神奈川方面は11番乗り場。

Img_1547




学生時代には入り浸りだった北海道♪

社会人になってからは出張ではちょくちょく…。

プライベートでは40年ぶり…。
楽しい北海道の旅だった♪




 
~~~  完  ~~~


   




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/22

北海道♪-3

★北海道♪-3

7月18日(火)。

朝はどんより、後、晴れ♪

肌寒い…。
  
  
  
朝、8時前…。
ウトロ港。

Img_1090    


知床観光船おーろら。
  
Img_1091
  

知床観光船おーろら


8時15分出航。

プユニ岬。

Img_1161

  
昨日は濃霧で見えなかった…。
フレペの滝が見えた。

Img_1100


どんどん晴れてくる♪

Img_1107


  

Img_1111
  

カムイワッカの滝。

Img_1136



硫黄山の山頂が見えてきた。
  
Img_1144



知床岳。

Img_1135



気分サイコー♪
  
Img_1118

   

Img_1140


クンネポール。   
 
Img_1151

  
またまた…。
フレペの滝。

Img_1158

   
ウトロ港の赤灯台。

Img_1160   




  

1時間半のクルージング。
気持ちよかった♪

やっぱり、晴れてくれて良かった。





で…。
酋長の家♪

学生時代に泊まった…。
そんなことを店主と話して…。

Img_1166


当時は小さかった…。
今は民宿旅館の他に民芸品店、レストランなど…。

ママはあれもこれも…。

Img_1170



酋長の家

酋長の家/知床民宿協会



  



  
今日の目的地…。
標津町…。 

昨日と同じく、知床横断道路(国道334号)で羅臼経由、国道335号へ。

ぴっかぴかの晴れ♪
昨日の悪天候がウソのよう…。

Img_1172
  



世界遺産の知床国立公園。
  
Img_1175

ウトロから知床峠までは晴れていたのだが、その先は超どんより…。
霧まで出てきた…。
昨日とは真逆…。

羅臼側の羅臼ビジターセンターへ。  

Img_1183


シャチの骨格標本…。
 
Img_1179

  
  
上映された「知床・羅臼の四季」は評判通り、感動もの♪


羅臼ビジターセンター

  

  

数十年前…。
ママの友人が横浜から嫁いだ先…。
牧場へ。

Img_1199



ネットの地図を見ても、今回のクルマについていたナビでも…。
とにかく詳細はつかめない…。

数kmおきに牧場の建物がある。
ストリートビューは表札の文字はモザイク入れるけど、牧場の看板は
そのまま…。
だから、前もってある程度の把握はできた。

なので、ほとんど苦なくたどり着いた…。


Img_1198
    


北海道には日本一を名乗る牧場がいくつかある。
色々と定義があるようだが、1,700haの公共牧場など…。
我が街、座間市は17.57㎢で13万人弱。
言い換えると、1,757haだから、すっぽり…。

そして、標津町のこのエリアの牧場は個人でやってるとこが大半なのだが、
100haを超えるとこがザラ…。
てことは、17戸で座間市がすっぽり…。

なんとなく、スケールが違い過ぎて…。



牛が100頭以上も…。

Img_1195


よく見るとかわいい♪

Img_1197

    

ジンギスカンをご馳走になった♪
これでもかってほど食べた…。
美味しかった♪
  
Img_1188



買い物は近所のスーパーでも充分らしいが、時々は中標津へ。
映画を観るのは釧路まで飛ばすのだとか…。

息子さんや娘さんが関東や関西の学校などに…。
よって、たんちょう釧路空港や中標津空港(正確には根室中標津空港)
の常連さん…。



  
で…。
この辺りの道路はとにかく直線道路ばかり…。

日本一の直線道路は札幌と旭川を結ぶ国道12号のうち美唄市から滝川市
までの区間が29kmの直線…、日本最長の直線道路とされています。

2番目はオホーツク海を走る国道334号と斜網広域農道の網走と斜里の区間
で、27.5km。

この周辺にはそんなランキングに入る直線道路ばかり。

そして、ランキングに入らなくても、10kmを超える直線道路は珍しくもないの
だとか。

 
天に続く道、28キロ一直線、隠れた名所に - 斜里町


こちらの牧場脇の道路は10kmほどの直線…。
帰路、1台のクルマにもあわずに…。
横からクルマが飛び出してこないことだけに注意して、アクセルを踏むのも面倒…。

Img_1201
  

数十年ぶりの再会を果たし、また、来たいなと言いながら…。









浜小清水駅。

というよりも、道の駅・小清水。

以前は寂しい駅だったが、今は道の駅とコラボしてるので、賑やか…。
1日に上下線合わせて14本の列車を頼るよりも、ひっきりなしにクルマで
やって来て、食事や買い物をしてくれるほうが町としても有難い存在…。

Img_1206

   
釧路行き。

Img_1210


浜小清水駅ホーム。
  
Img_1217


道の駅内に、こんなポスター♪
パロディか…♪

Img_1218



浜小清水駅wikipedia




2005年春のポスターに。

青春18きっぷポスター♪
  
  
  

原生花園駅♪

Img_1226


夏だけ営業している駅…。
以前はこんなだったかな…。

珍しく列車が相次いで来るのだが…。
時間があるので…。


原生花園はオホーツク海の浜辺でもある…。

Img_1245



 
Img_1307




エゾキスゲ♪

Img_1290




内陸側は、濤沸湖(とうふつこ)と湿原。
紫の花が…。

ヒオウギアヤメ、ノハナショウブ。
デッキが作られていて、湿原の中まで…。

Img_1260
  


Img_1263



釧路行き。
キハ54形とキハ40系の2両編成。
  
Img_1269



あれ…。
いつの間にか、大勢のギャラリー。

隣接している小清水原生花園インフォメーションセンターHanaで待機していた
のだろう…。

Img_1275


昔…。
この駅で下車したら…。
人っ子一人いない光景が懐かしい…。

Img_1279

    

Img_1281
  
網走行き。

Img_1295



  
Img_1298




Img_1306



原生花園駅wikipedia

小清水原生花園/小清水町

小清水原生花園インフォメーションセンターHana/小清水町








  

網走へ…。

道の駅に立ち寄ったけど、飲食店の営業は終わっていた。
早くに閉まる店…。

で、駅周辺ではなく、街中を走ったら、あった…。

さっき、ジンギスカンを食べたばかりだけど…。
焼肉屋さんへ。

肉は少々にして、クッパを…。
美味しかった♪

Img_1308



そして、初日に宿泊した網走ロイヤルホテルへ。

~~~  つづく  ~~~

  


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道♪-2

★北海道♪-2

7月17日(月・祝)。

あいにくの雨…。

気温15℃…。
もちろん、肌寒い…。




雨の中、網走のビジネスホテルを出発…。

海岸線をいく国道244号を東へ。

Img_0976

  
  
知床斜里駅の裏手には「道の駅 しゃり」。
 
Img_0982


この辺りでは「ねぷた」をやるのだとか。
今年は7月21日、22日開催。

Img_0981


しれとこ斜里ねぷた



道の駅 しゃり



この道の駅では鮭トバなどを購入。
お土産に悩んでいたのだが、ママがこれを試食して、かなり買い込んだ…。

鮭トバ、干こまい(氷下魚)…。
学生時代、北海道を旅するとき、いつもくちゃくちゃ食べていた…♪


鮭トバ、さざ波サーモン…、ホント、美味しい♪

00000sazanamisamon

  
  
(株)丸あ 野尻正武商店  



関連記事

斜里町の熊… 2017.07.27






道の駅って、店や商品を集積することによって、集客を図る…。
ドライバーも道の駅ならと、安心して、そして、何かを期待して立ち寄る。

そんな道の駅とコラボして活路を見出そうとしている釧網本線の駅もある…。
浜小清水駅が典型的で、こちら知床斜里駅もすぐ裏手。


一見してビックリ。
昨日は列車から見ただけだった。
駅の中、ホームなどは昔のままだが、この通り外装はモダンで立派に。

Img_0985
  


  
Img_0987




知床斜里駅wikipedia



北海道をドライブしていると、目につくのは「わ」ナンバー…。
それと、「日本一周」と書いた自転車の多いこと…。
日本一周なんて、希少なのかと思っていたが、そんなことはない…。
ありふれた光景…。




ひたすら「ウトロ」を目指して。
ところが、知床が近づくにつれ、道路標識に「宇登呂」の表示も…。
なんなんだ…。

違うとこかと…、不安になる…。
で、「宇登呂」の文字を消して、ウトロに書き換えてある標識を発見。
ちょっと、ほっとした…。


ここまで来れば、知床半島はすぐそこ。
国道244号を離れ、国道334号へ。

知床最初のビューポイント。
オシンコシンの滝。

Img_0994



  
  
ウトロ。
ここは海に突き出した少しばかりの平地がある…。

ゴジラ岩…♪

Img_0999




知床観光船「おーろら」の硫黄山航路10時30分発の便を予約してある。
だから、脇目も振らずにココまで来たのだが…。

でも、この悪天候…。
通常1時間半のコースなのだが、今日は45分のコースで運航と…。

明日のほうが多少は良くなる可能性あり。
で、明日の8時15分発の便に予約変更した。


知床観光船おーろら


  
  
オロンコ岩。
オロンコ隧道の先には、町営駐車場、観光船乗り場がある。

Img_0996



斜里町ウトロは知床半島観光の西の拠点。
知床横断道路(国道344号)の知床峠(標高738m)を挟んで、東側の拠点
は羅臼町である。

ウトロはそんなポジション。


ウトロwikipedia

  
  
北海道斜里郡斜里町ウトロ東の地図

  
  
  
ぽっかり…。
時間が空いた…。

でも、雨…。

知床自然センター。

Img_1000    



雨で行き場を失ったか、広めの駐車場はほぼ満車…。


子供連れに受けていたのは、「くるくるコイン」という寄付金を募るマシン。
コインを入れるとくるくる回って、なかなか面白い。
複数のコインを入れると、さらに動きが面白い。

Img_1002



これから向かうフレペの滝、ウトロ崎灯台へのウォーキングコースのジオラマ。

Img_1004



この辺り一帯…。
ヒグマが出没するエリア。
5月~7月はヒグマ活動期で、要注意…。

こちらは、特に制限はないが、知床五湖あたりは5月~7月は有資格者の
ガイドツアーに限定、8月からはレクチャーを受けてからでないと散策
できない…。

2日前にヒグマ目撃情報あり…。
目撃したら、コチラに情報を届け出る。

目撃情報が確認されると、フレペの滝へのウォーキングコースは閉鎖される。

今日は大丈夫…。

Img_1006



雨…。
気温14℃…。

往復2kmのウォーキングコース。
ダウンを着ている人もちらほら…。

目の前に団体ツアーの方々が歩いていたので、熊は出てこないだろう…。

Img_1008

  

ガスがかかって…。
  
Img_1010


  
フレペの滝♪
今日はあまり見えなかったけど…、明日は船から見よう…。(晴れたら…。)

Img_1013



フレペの滝 散策ガイド/知床トレイル

知床トレイルツール




知床自然センター/知床財団

知床財団公式サイト
000000siretokozaidan



知床/斜里町観光協会

  




ヒグマとの共生…。
ヒグマに出会わないことが最善の対処法。
知床ではそんな考え方に基づいた動きがかなり進んでいる…。
そんな思いが…。

あちこちで見かけた、このハガキ大のパンフレット…。
なんだろうと…。

201707siretoko_2



ヒグマ対処法/知床財団






関連記事

飲み会♪ 2015.07.31

斜里町の熊… 2017.07.27




  


知床五湖へも向かった…。
が、駐車場でUターンするクルマ続出…。

そう、どうにもならないほど、視界がわるい…。
ウチもUターン…。

最も、悔やまれる…。


知床五湖/環境省

00000000000siretoko5ko

 
 
 
 
国道334号に合流したとこで…。
なんと、エゾシカ…。

クルマといえども、エゾシカと衝突すると、かなりのダメージをうけるらしい…。

Img_1025


  
知床横断道路(国道334号)の最高地点、知床峠。
標高738m。

Img_1027


知床峠/知床|斜里町観光協会

  



知床峠を過ぎた頃から青空…。

羅臼岳…。
標高1,660m。

ちょっとだけ、顔を…。

Img_1030


ずっと下り坂…。
海が見えてきた…、ここは羅臼町市街地。
国道334号はここまで、ここから海沿いに南下する国道335号へ。

Img_1035

  
この標識では”宇登呂”に…。

Img_1037




道の駅 知床・らうす。

Img_1059



充実した施設。
  
Img_1039_2


土産物屋さん。
魚介類は凄い品揃え…。

Img_1054_2



知床食堂。

こちらは何でもあり…。
海鮮丼ぶりあれこれ、海鮮定食あれこれ、特産品黒ハモを使ったあれこれ、
ハンバーグ、餃子、ヒレカツ、鹿肉カレー、ラーメンなどなど。

もう魚介はパス…。
で、ラーメンを♪

ところが…。
僕は羅臼昆布羅~メン。

Img_1048_2


味噌ラーメンとかにしてもよかったかな…。
でも、羅臼昆布もなかなか美味しかった。






ママは知床羅~メン。

Img_1050_2


知床食堂
000000siretokoshokudou_3




左のほうに羅臼漁港。

Img_1045_2



根室海峡。
ここから30km足らずで北方領土・国後島。

薄っすらと見えた…。


んっ…。
漁船かと思ったら、海上保安庁の巡視船だった…。

Img_1052_2



道の駅 知床・らうす/北の道の駅


  
  
北海道の道の駅って、なんと118ヶ所もあるのだ。

クルマで移動する場面、そして、近隣住民にとってもなくてはならない。
存在感あり…。

東京都の1ヶ所、神奈川県の3ヶ所と比較しても仕方ないのだが…。


北海道の道の駅総合サイト・北の道の駅


  

  
道の駅に隣接したカフェ&ギャラリー。

Img_1055_2


こちらは、旧ユースホステルを改装して情報拠点とカフェとしてオープン
したばかり。

首都圏ではYHとかユースホステルという言葉は死語…。
ところが、北海道ではユースホステルが現役であちこち…。
僕も学生時代には散々利用したし、川湯温泉ではヘルパーとして1ヶ月間も
アルバイトした経験がある…。


知床羅臼に、旅行者のための新情報拠点「ギャラリーミグラード」がオープン





ノーボーダーズカフェ。

Img_1058_2



コーヒー♪
美味しかった♪

Img_1057_3




  
  

来た道を戻る。

知床横断道路(国道334号)。
羅臼側は相変わらず晴れ♪

Img_1062_2

  
  
羅臼岳♪

Img_1064_2

   

ところが、知床峠を過ぎたあたりから、雨&濃霧…。
ウトロ側はずっと雨&濃霧だったらしい…。

知床横断道路、その名のとおり、斜里町ウトロと羅臼町を結ぶ山岳道路。
最高地点は知床峠(738m)。
山岳道路といっても、カーブやアップダウンはきつくなく、走りやすい。
知床では使い勝手のよい道路。

冬期の10月下旬~4月下旬は閉鎖される。

国道334号は網走郡美幌町~目梨郡羅臼町の122km。
内、斜里町ウトロ~羅臼町までの約27kmを知床横断道路という。

国道334号 知床横断道路/国土交通省北海道開発局 網走開発建設部

知床横断道路/国土交通省北海道開発局 釧路開発建設部

知床峠/知床|斜里町観光協会

国道334号wikipedia


  


しかし…。
知床半島など観光地は、あれもこれも、「わ」ナンバーだらけ…。
いかに、北海道の観光はレンタカー依存度が高いかが理解できた。

ウチが借りたマツダ・アクセラ、とても快調♪
満足度はかなり高い♪




  
  
  

道の駅 うとろ・シリエトク。

道の駅に隣接して知床世界遺産センターがある。

  
知床世界遺産センター/環境省



道の駅はかなり充実している。

Img_1072_2



知床のポスターがあれこれ…♪
『ドコココ? シレトコ!』
  
Img_1073_2


道の駅 うとろ・シリエトク

道の駅 うとろ・シリエトク/北の道の駅







今夜はウトロの『知床プリンスホテル風なみ季』に宿泊。

Img_1077_2

  

まず、温泉♪
露天がサイコー♪

Img_1081
  

夕食はバイキング♪
結構、クオリティは高かった。
  
Img_1084


    
知床プリンスホテル風なみ季
00000000000siretokoprincehotel



  



~~~  つづく  ~~~

  



    









 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/21

北海道♪-1

★北海道♪-1

7月16日(日)。

夜明け前なのに、むっとする暑さ…。

小田急線の始発に乗り、本厚木駅からリムジンバスで羽田空港へ。

なぜ、本厚木か…?
そ、不思議なことに、最近のバスダイヤでは町田、相模大野、海老名などと
、そして、小田急線のダイヤと組み合せて比べると、早朝の羽田空港行き
は本厚木からがベターと…。

特に、7月1日から町田、相模大野ルートには南町田駅が加わり、ダイヤ
が揺れていたのも事実…。
あれでは、危なくて町田、相模大野ルートは敬遠せざるを得ない。
で、必然的に本厚木ルートに。

定刻よりも早くに羽田空港第1ターミナル着。
ほっ…。

7:10発の女満別行き。
18番ゲート…。
北海道行きは端っこのゲート…。

女満別行きのB767。

Img_0789



8時50分…、女満別空港着陸…。


着陸して、バッグなどを降ろしていたら、ママの友人が近くに乗っていた。
北海道へ行くとは聞いていたが、まさか、女満別とは…。
そして、まさか同じ便とは…。


女満別空港
000000000000201707memanbetsu
  
  
 
 
晴れ♪

まずは、レンタカー。
JALパックのJALダイナミックパッケージタイムズカーレンタルのSクラス
を4日間、なんと、2,000円。



JRは高止まり…、飛行機を計画的に利用すると、本当にお得♪

Jaltimesale_2  Timescarrental


 
夏休み旅行は~♪ 2017.05.24
  

  

  

  
初日の配車を夕刻にしていたのだが、朝に変更したいとの希望を、
前々日に申し出たら、アクセラで対応してくれたのだ。
それも、なんと、新車のおろしたて…。
走行距離100km未満。

とても快適だった♪

Img_1330
  
  
この”↓”…。
北海道に来たっていう実感…。

Img_0799



行けども行けども、ジャガイモ畑&小麦畑。

Img_0801



  
網走駅。
札幌駅から特急「オホーツク」で約5時間半、石北本線と釧網本線との接続駅。
網走市は北海道の北東部でオホーツク海に面した人口約4万人の港町で、
オホーツク海の漁業と盛衰を共にしたが、今でも沿岸有数の都市であり、
網走監獄や冬場の流氷観光などの観光面でも知られる。
  
  
網走駅。

Img_0806



網走駅の駅名看板。
一見、「網走刑務所」の墨文字の縦書き看板と間違えそう…。

で、その由来は…。
旧国鉄時代、網走刑務所で刑期を終えた元受刑者のほとんどが、この網走駅
から列車で故郷などに向かった。
その網走の町を去る際、「この縦書き看板のように、横道にそれることなく、
まっすぐに歩んで生きていって欲しい。」という願いが込められているのだとか。

そして、左の像はオホーツク先住民であるモヨロ人の像。

Img_0804



モヨロ人/北海道の歴史



ここから、釧路湿原へ。
二人分の切符を往復で購入。
釧路湿原をいく、「くしろ湿原ノロッコ号」の座席指定券も。
計 約14,000円。

  
  
そして、列車で昼を迎えるので…。
駅弁を♪

Img_0810


駅弁は国鉄時代からの駅弁屋がカニ駅弁などを、ホームと改札外待合室
に面した店舗で販売する。
1932(昭和7)年12月1日開業。


網走駅の駅弁/駅弁資料館

モリヤ商店(網走)/食べログ







網走駅。
改札口前は1番線、向かいのホームは2、3番線。

1987年(昭和62年)3月20日、分割民営化直前、湧網線廃止。
湧網線は主に0番線ホームを使っていたが、現在は線路が撤去されている。


1日平均乗車人員。
僕が網走駅を行ったり来たりしていた頃、1974年(昭和49年)当時は
1,852人であったが、徐々に減り続け、現在は366人…。

ま、現在のダイヤでは乗りたくても無理…。




3番線。
釧網本線、釧路行き快速「しれとこ」。
キハ54形単行。

Img_0807



旧国鉄時代末期、厳しい経営が予想される三島会社向け車両として、
特に北海道と四国向けに作られた車両がキハ54形。
従って、四国でもよく見かける。

新潟鉄工所と富士重工業(現、スバル)の2社で41両作られた。


網走駅wikipedia

釧網本線wikipedia


国鉄キハ54形気動車wikipedia


  
  
キハ54 524。

Img_0816



「釧路」行きのサボ。
  
Img_0815


冷房なし。
扇風機と窓からの風が心地よい。(多分…。)

Img_0820




鱒浦駅。

Img_0831



北浜駅~原生花園駅間にて。
エゾキスゲがきれい♪

Img_0845



5月1日~10月31日の半年間のみ営業。
原生花園駅。  

僕が学生時代には、せいぜい1人か2人の客しかいなかった…。
閑散としていたのだが…。

ホーム、駅舎、とにかく凄い人だかり…。

Img_0848


  
天覧ヶ丘展望台方面を。

Img_0851


サイコー♪

Img_0850



原生花園駅wikipedia
  
  
  
北海道にも中国人観光客が多いとは聞いていたが…。
こんなローカルな釧網本線でもたくさん見かけた…。

団体で乗車してくると、単行なので、すぐに満席…。


中国人…。
僕たちとは生まれも育ちも違うので、あまり気にしないようにはしてる…。
出来る限り、離れて…。
かかわらないように…。

あの国は国民の人権を認めていないようだが、国民も他人の人権を尊重
する習慣がないのか…。
はたまた、他人そのものが視野に入ってないのかと…。

ま、気配りとか、思いやりという概念はないのかも…。


東京や神奈川県内の観光地でもたくさん見かける…。
しかし、北海道のローカル地…。
ここまでやって来る彼らは、ちょっと”違いの分かる人種”なのかもしれない…。

団体ツアーはマナーが良くてもウザイものだが…。
北海道では個人で動いている中国人たちも少なからずいる…。
そういう人たちは多少は気を使っているようではある…。
少人数だと、そういう節度ある行動をせざるを得ないのかも…。




  

浜小清水駅。
道の駅が併設されて、近代的な駅舎に。

Img_0852



2005年春のポスターを。

青春18きっぷポスター♪shine






冷房がないので、窓は全開…♪
列車が走行中は風で気持ちよいのだが、この日は26℃程で湿度が高かった。
よって、風はあっても、なんとなく蒸す…。
駅に停車中はとにかく暑い…。



延々とジャガイモ畑などなど…。

Img_0859




  
懐かしい知床斜里駅。
といっても、当時は「斜里駅」…。
1998年(平成10年)に知床斜里駅に改称。

Img_0861



釧路行き♪

Img_0864



網走行き快速「しれとこ」と交換。

快速「しれとこ」同士の交換。
ミラーを通して両方が…。

ついでに、自撮りも…。
  
Img_0872
  
 
網走行きのサボ。

Img_0873


知床斜里駅wikipedia



1997年夏のポスターを…。
  
青春18きっぷポスター♪shine








清里町駅。

Img_0877



Img_0878


清里町駅wikipedia



網走駅で買った駅弁を♪
「鮭といくら」、「カニといくら」の駅弁♪

もちろん、超美味しかった♪

Img_0881


モリヤ商店(網走駅)- 駅弁/食べログ





懐かしい川湯温泉駅。
以前は川湯駅。
1988年(昭和63年)に川湯温泉駅に改称。  
  
Img_0883
  


学生時代、こちらのYH(ユースホステル)で約1ヶ月間、ヘルパーのアルバイト
をした。

1ヶ月間で2、3回、街へ出て、映画やお茶をした♪
もちろん、買い出しを兼ねてもいた…。


北海道の駅。
釧網本線の駅は大半が1面1線の簡素な駅…。
相対式ホームの場合、跨線橋があれば普通に対称的に配置されているが、
跨線橋のない場合、このように少しずらしたような非対称的な配置が特徴…。

構内踏切を利用する乗客の動線と列車の配置を考慮したようだ…。

塘路駅など、他の駅でも目にする…。


構内踏切を渡る客。
左側のホームに上がると、そこは改札口。

Img_0887



川湯温泉駅Wikipedia



1999年夏のポスターを…。

青春18きっぷポスター♪shine






標茶駅。

昔、ここから標津線に乗り換えて、中標津駅を経由して別海駅まで行った。
野付半島の尾岱沼に行くのに、鉄道が使えた。

ところが…。
当時のアルバムを見たら、根室標津駅まで行ったとの記述…。

地図を見ると、根室標津駅の方が至近距離にある。
やはり、記憶より記録か…。

どっちだったのか…。



標津線は1989年(平成元年)に廃止され、バス路線に転換…。

Img_0892



標茶駅wikipedia

標津線wikipedia




標茶駅~茅沼駅間に五十石駅があったが、今年3月のダイヤ改正を機に
廃止された…。

五十石駅wikipedia



  

タンチョウの来る駅、茅沼駅。

確かに、春先にこの茅沼駅~塘路駅間で丹頂鶴を見たことがある。 

Img_0893






釧路湿原駅直前。

この日、天気予報では雨の予報…。
それなのに、晴れてくれていたのだが、ここで雨…。
ワイパーが動きだした。

そして、このキハ54形の警笛、以前は普通のタイフォンだったのだが、
この路線はエゾシカとの衝突事故が多発し、「鹿笛」と呼ばれる甲高い音色
のホイッスルに交換された。

とにかく甲高い警笛で、カーブ手前などでしょっちゅう鳴らすので、かなりの
”騒音”ではある。
窓は全開だし…。
  
Img_0896

  

釧路湿原駅到着。
僕らも、ここで下車。

Img_0897


釧路湿原駅。
1988年(昭和63年)に臨時駅として開業。
1996年(平成8年)、常設駅となる。
  
Img_0902


釧路湿原駅wikipedia




ここは中国人観光客にも人気…。

  
  
駅から徒歩15分ほどで細岡展望台へ。
釧路湿原が一望できる。

あいにくの雨…。

晴れていれば、雄阿寒岳、雌阿寒岳などが見えるのだが…。

Img_0905

  
ここから塘路駅まで「くしろ湿原ノロッコ号」に乗車。
  
Img_0911
 

「くしろ湿原ノロッコ号」。
 
Img_0916

     
 
 
釧路湿原/釧路観光コンベンション協会

 

車内。

Img_0919
  

湿原を見渡しながらゆっくり走行…。
  
Img_0922



  
列車が急に減速…。
エゾシカに遭遇♪
  
Img_0924



釧網本線は単線…、この時間帯、ほとんどダイヤが組み込まれていない
ので、ノロッコ号の独壇場…。
自由気ままに走行したり、停車したり…。




釧路川をいくカヤック。

Img_0928


  
塘路湖到着。
ホームが短いので、このような停車。
  
Img_0929


  


Img_0943



「くしろ湿原ノロッコ号」の始発・終着駅にもなっていることから、
駅はそれなり…。
駅舎内には喫茶店もある。

この駅は映画「仔鹿物語」の舞台にもなった。


Img_0931

  
  
塘路駅wikipedia


やはり…。
「くしろ湿原ノロッコ号」は他の単行の列車と異なり4両編成…。
よって、中国人観光客の団体ツアーにも組み込まれていた。
駅前には彼らの大型バスが2台も…。


「くしろ湿原ノロッコ号」は折り返し、釧路行きに。

Img_0936   

  


Img_0940
  
  
駅前には何軒かの土産物屋や食べ物屋さんが。
こちらのベカンベ入り「いもだんご」を…。
ベカンベって、この辺りの湖沼に生えているヒシの実
なんか、美味しい♪

Img_0933
  
  

Img_0935



  
塘路駅からは単行の普通列車で網走へ。

Img_0945



結構、混んでいた…。
ずっと雨の中…。


網走駅到着。
キハ54 507。

Img_0954

  
流氷のデザインか…。

Img_0953



そういえば…。
2016年2年まで運行されていた「流氷ノロッコ号」…。
機関車で客車を引く方式での運行は廃止されたが、来季以降は普通列車用
ディーゼル車を使っての運行継続を検討中…。

流氷ノロッコ号wikipedia




キハ40系。
  
Img_0956


国鉄キハ40系気動車(2代)wikipedia




石北本線、「網走 - 北見」のサボ。

Img_0957

  

Img_0958
  
 

特急オホーツク札幌行き。  キハ183系1550番台。
 
Img_0959



キハ183系…。
主流の車両は角ばっていて、どうも…。

でも、この1550番台は好きな車両。


オホーツク(列車)wikipedia

国鉄キハ183系気動車wikipedia
  




  
  
網走。
都会とまでは言わないけど、もうちょっと街かと思い込んでた。

朝、列車で移動するため、レンタカーは駅近くのコインパーキングでもと
思ったのだが、そんなものは皆無…。

で、駅前にあった、レンタカーのタイムズカーレンタルの店舗。
これ幸いと、お願いしたら、速攻でOK。

ま、最悪は今夜泊まるホテルにお願いしてもと思ったのだが…。

  

そして…。
聞いてはいたのだが、夕食の問題…。
17時を過ぎるとどの店もばたばた閉店…。

どこにでもありそうなファミレスはなかった…。

で、レンタカー屋さんが教えてくれたのが、この「かに源」。

Img_0971




かなり広い、客の入りはほぼ満席…。
ま、他の店がやっていないのだから、仕方ないのか…。

回転寿しと書かれているけど、実態は寿司は回っていない…。
宣伝の皿が回っているだけ…。

都度、注文…。
でも、手早く出してくれるし、新鮮なので、不満はない。

Img_0964


北海道のウニは本当に美味しい♪
道内といえども、産地によって、価格が大きく異なる。

Img_0970

  
あれここれも…。
美味しかった♪

Img_0968
  
  

満腹♪



回転寿司 かに源(網走)
   

回転寿し かに源(網走)/食べログ



 

網走駅から徒歩5分。
今夜は網走ロイヤルホテルへ。

Img_1310


  
何時にチェックインできるかわからないし、街で夕食をと思い、朝食のみにした。

ホテルのすぐ近くの網走川では灯篭流しが行われた。
網走市ではお盆は7月なんだとか…。

  
この日は3時半に起床して目一杯行動したので、とにかく眠たい…。
明日の朝も早めの起床と行動開始…。

夜10時には就寝…。





ところで…。
トヨタのラグビー部がこのホテルで合宿していた。
この日から1週間、ここで合宿だとか。

そういえば、TVで見る顔、顔、顔…。
大浴場でも、ガタイのいい彼らに圧倒された…。

北海道のこのエリアでは、こういった合宿などの誘致を積極的に行っている
とのことで、近隣各地に強豪チームが合宿中。
そんなチーム同士の練習試合といえども、TV中継してもおかしくない顔ぶれ。


トヨタ・ラグビーチーム・ベルブリッツ

00000000000000_verblitz



網走ロイヤルホテル



   



  


~~~  つづく  ~~~


    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海老名・国分寺そば♪

★海老名・国分寺そば♪

晴れ♪

とにかく暑い…。


平日…。

そだ、あそこ行こう…。
土日は混み過ぎて、諦めてしまう店…。

海老名駅からも徒歩圏内の国分寺跡の近く。
国分寺そば♪

近づくにつれ、待ってる人がわんさか…。
でも、土日ほどではない…。

駐車場も1台分あり…。

12時半…。
溢れるほど待ってた人たちが次々と店内へ…。

Img_1558
  


僕たちも10分ほどで店内へ。
呆気なく入れた…。
 
Img_1560


  
メニューはかなり豊富。

ランチメニューも充実した内容で、オーダーしてる人が多い。
僕たちは天せいろ。

Img_1561

  
美味しかった♪
かなり満足♪

スタッフも揃っていて、対応がてきぱきしてる。



13時。
待合スペースは、この通り。

Img_1564


国分寺そば(海老名市)

国分寺そば(海老名)/食べログ


201707kokubunjisoba01


201707kokubunjisoba02
  
  
  
相模国分寺といえば、跡地だけで、公園になっている。
当時は七重の塔だったとか…。
海老名駅前のショッピングモール・ビナウォークには再現した七重の塔が。

                                      2014年11月撮影

Img_2683_2


  

  
  

食事の後、ビナウォークで買い物を。

で、相鉄線のホームに見慣れない電車…。

704、試運転と書かれている。
車両によっては、窓が塞がれている…。

7000系の事業用車700系。
モヤ700形。

Img_1565
  


相鉄線海老名駅もリニューアルするらしい…。

Img_1567




相鉄7000系電車wikipedia

相鉄の黄色い電車

  








   



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/20

北海道から帰った…♪

★北海道から帰った…♪

晴れ♪

暑い…。


昨日19日午前、中国、近畿、東海、関東甲信の各地方が梅雨明け。
あれっ、四国は…、と思っていたら、午後、四国も梅雨明けと発表。





昨夜、女満別空港最終便で…。

北海道の涼しさを通り越した肌寒さに慣れてしまったので、こちらの蒸し暑さ
に閉口…。


写真の整理を…。
げっ、なんと、770枚…。

昔、高校生の頃から学生時代に延べ100日あまりで撮った写真が60枚弱…。
それが、今回は4日間で770枚…。
なんということ…。




釧路湿原のろっこ号。  塘路駅にて。

Img_0936




原生花園駅にて。

Img_1282


女満別空港近く、メルヘンの丘。

Img_1320
  



  




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/17

北海道にいます♪

★北海道にいます♪

昨日朝から北海道です♪
もちろん、道東♪

昨日は予想に反して晴れていたのに、午後から雨…。
そして、気温は25℃ほどだった…。

冷房のない釧網本線の列車では、窓を開け放して…♪
昔のまんま…。
汗ばむ身体、それでも、気持ち良かった♪

昨夜、網走川で灯籠流しが行われた。
灯籠流しといえば、お盆…。
なんと、網走は7月にお盆を行うのだ。

で…。
昨夜からぐっと冷え込んできた。

今日は知床半島に来てる。
ずっと小雨で、霧が…。

気温は15℃ほど…。
長袖…。
近くの岬までウォーキングした時、ダウンを着てる人も…。

明日も、あまり期待できないお天気…。

せいぜい楽しんできます…♪


   
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/15

夏休み♪

★夏休み♪

晴れ♪

暑い…。


もう梅雨はどこかへ…。



今日から夏休み♪


今夜は早く寝て、明日は始発で行動開始…。
朝9時には女満別に到着してるはず…♪

北海道も35℃を超えたとこが…。

僕たちが行く、道東でも35℃近く…。

ところが、明日、明後日は天気がわるく、その上、22、23℃の予報。
一体、どんなカッコしていけばいいのか…。


僕の夏休み♪shine


     



   















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/14

週末♪

★週末♪

晴れ♪

暑い…。

 
 
 
電車では中高生がほとんど消えた…。
ま、通勤が楽…。





お盆。

このエリアや多摩地区では7月にお盆を行うとこがある。
7月になると、スーパーではお盆用品が売られる。
この近所では当たり前の光景…。


浜松市を中心とした遠州地区でも7月のお盆とか。

盆義理

  
  
  

小淵沢駅♪

7月3日、小淵沢駅がリニューアル。

「エコステ」モデル駅なんだとか…。
ま、いいけど…。

1日平均乗車人員1,500人弱の小さな駅。
とはいえ、僕らが登山に熱中していた頃は登山客の若者を中心に賑わった。

年々、乗車人員が減り続けていたのに、数年前に底を打ち、反転して
増加へ…。

昔の駅舎も好きだった。
クルマで来るようになっても、この駅で駅弁買った。

そんな小規模な駅がリニューアルとは…。

からくり…。
北杜市との共同事業…。
恐らく、費用負担は北杜市側のウェイトが高いかも。


中央線 小淵沢駅が生まれ変わります

小淵沢駅wikipedia

ほくとナビ|北杜市観光協会

00000000201707hokutocity





登山つながりでいえば、水上駅はさらに悲劇的…。
昔、登山客で賑わい、新潟方面への交通の要所だった水上駅。

それが、上越新幹線などのあおりを受けて、在来線受難…。
列車の本数そのものが激減、客の数も1日平均乗車人員は400人ほど。
年々、減少の一途…。
そんな水上駅ですら、2度目のリニューアルを行った…。

水上駅wikipedia

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/13

木曜日…♪

★木曜日…♪

晴れ♪

暑い…。

 
 

 
九州南部が梅雨明けした…。

関東も時間の問題…。



 

  

もうすぐ、北海道へ♪

高校生の頃から学生時代は春休みや夏休みは北海道に入り浸りだった…。
上野駅から夜行急行を利用したもの。
当時は青函連絡船だった。

フリー切符。
学生の分際でも、特別、苦になる出費ではなかった…。


社会人になってから、プライベートで行ったのは、若い頃、JALでスキーに。

出張では煩雑に行き来した…。
ほとんど、札幌やその周辺…。
ずいぶん以前、新千歳空港から札幌に入る電車が全面禁煙だった時は
がっくり…。
喫煙できた飛行機が、いつの頃からか全面禁煙になり、電車も全面禁煙…。
怒りが込みあげてきたものだ…。
当時は超ヘビースモーカーだったから…。

で、出張では往復の行き来の時間さえ勿体なくて、観光する余裕なし…。
ま、せいぜい、夜に”すすきの”で飲む程度…。
”〆のラーメン”が唯一贅沢と感じた…。  企業戦士時代…。


学生時代には散々、あちこち旅した北海道…。

僕が高校を卒業した直後の2週間ほどを北海道で満喫。
そこで、知り合った明治大学4年のTさん。
山口県出身の”ボンボン”タイプ。
なぜか、気が合って、あちこち一緒に行動…。

そんな旅から20数年後…。
まさかの再会…。
そ、同じ会社の社員だった。
僕は”ぺーぺー”、Tさんは役員一歩手前。
もの凄い風格…。
あの”ボンボン”、ただの”ボンボン”じゃなかった…。



今回、JRはほとんど使わず、JALで女満別を往復。
早めに予約したので、かなり安くすんだ。

学生時代以来の道東をまわる♪


女満別空港
000000000000201707memanbetsu



  





  













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/12

暑いっ…

★暑いっ…

晴れ♪

暑いっ…。

人類滅亡を感じる暑さ…。
大袈裟かな…。





あと2日で夏休み♪


000summer




僕の夏休み♪ shine


   


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/11

火曜日…

★火曜日…

晴れ♪

とにかく暑い …。





1872年(明治5年)、新橋駅~横浜駅(現、桜木町駅)が開業してから、
15年後…。
1887年(明治20年)7月11日、横浜駅までであった東海道本線が
国府津駅まで延伸開業。

つまり、同時に程ヶ谷駅(現在の保土ヶ谷駅)・戸塚駅藤沢駅平塚駅大磯駅
国府津駅が開業。
揃って開業130周年♪


その後、現在の御殿場線ルートで東海道本線は延伸。
2年後の1889年(明治22年)には国府津駅~御殿場駅~静岡駅間が
延伸開業。
松田駅、山北駅、御殿場駅、沼津駅、興津駅、静岡駅などが同時に開業。

一方、海側は。
国府津から小田原までは馬車鉄道が活躍。
1895年(明治28年)以降、小田原以西では、豆相人車鉄道、そして、熱海軽便
鉄道が存在感を…。
1918年(大正7年)、丹那トンネル工事開始。
1920年(大正9年)、国府津駅~小田原駅間は熱海線として開業。
1934年(昭和9年)、丹那トンネルが完成し、熱海駅~沼津駅間が電化複線
で開業。
国府津駅~御殿場駅~沼津駅間は御殿場線として分離。
熱海線の国府津駅~熱海駅間とともに新規開業区間が東海道本線に組み込ま
れ、これにより東京駅~神戸駅が現在のルートで完成。




んっ、御殿場線80周年…♪ 2014.11.13



東海道本線wikipedia

国府津駅wikipedia

国府津駅が130年/タウンニュース




国府津駅…。
ほとんど、西湘バイパスか国道1号を…。

ま、横浜線乗り入れの相模線の車両…。
「横コツ」…。

国府津を身近に感じる唯一かな…。


国府津車両センターwikipedia

  


豆相人車鉄道。
明治28年(1895年)、熱海駅~吉浜駅間が開通。
翌明治29年(1896年)、小田原駅~吉浜駅間が開通して、全線開通。

明治41年(1908年)まで人車鉄道として活躍し、その後、軽便鉄道としての
熱海鉄道へ。

関東大震災による壊滅的打撃により、その使命を終え、以降、国有鉄道
である熱海線、東海道本線へと…。


豆相人車鉄道の旅…かな♪ 2011.03.05

GWのお出かけ~♪ 2017.05.03

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19

熱海鉄道wikipedia

  

   



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/10

月曜日…

★月曜日…

晴れ♪

暑い…。

夏本番、一歩手前…。




   


ホームに並んで、ちょっと違和感…。
ハマ線町田駅4番線にホームドアが設置された…。

設置されただけで、まだ、使用はしていない…。

土日に工事したのだろうか…。

ま、僕にとっては不要なもの…。
いや、邪魔でしかないのだが…。

Dsc_0011_13

   


    



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/09

休日♪

★休日♪

晴れ♪

暑い…。
梅雨は…。



  



備蓄品…。

会社では備蓄品を社員に配布…。
もちろん、賞味期限直前のもの。

2011年の大震災の翌年、2012年に備蓄開始…。
あれから5年経過したため、新たに備蓄品を入れ、賞味期限直前のものは
社員に。

すごい量なので、持ち帰るのも大変…。

社員数以上に備蓄しているので、もっと持ち帰るようにと…。
もう無理…。

で…。
アルファ米のご飯があれこれ。
パンの缶詰もあれこれ。

土日の昼食にでもと…。

今日のランチはアルファ米の五目ご飯とパンの缶詰のココアパン。
全然、違和感のないご飯♪
いや、美味しい♪

パンの缶詰がデビューしたばかりの頃、あまり美味しくなかった記憶…。
でも、今日食べたココアパンは美味しかった。

二男は…。
賞味期限直前でもダメ…。
賞味期限がたっぷり残っていないとダメ…。


備蓄用商品アルファー食品(株)

後で気がついた…。
アルファ米と思い込んでたが、アルファ化米が正解らしい…。

00000201707   



 


昨日は町田の小田急百貨店へ。
来週、北海道へ行くので、牧場に嫁いだママの友人へのお土産を。

小田急・町田駅近くに百貨店の契約駐車場がある。
大きいほうの”いちのや駐車場”へ。

小田急線町田駅南口は人が集まる商業地。
一方、小田急線町田駅北口は未開発地がど~んと広がる…。
駅前の広大な一等地なのに、なんと、月極の平置き駐車場だらけ…。
それも、ほとんど”いちのや”の月極駐車場…。
あっちもこっちも…。

この一等地はほとんど”いちのや”の所有か…。
小田急などと契約している大きめの立体駐車場や自社ビルも。

 
いちのや駐車場

いちのや駐車場マップ

0000000ichinoya


大雑把に”P”と記述されているが、パーキングはいくつかに分かれている。




 

   

 
 
 

相模線♪

相武台下駅。

Img_0765

  


Img_0763

上り茅ヶ崎行きが出発してしまった。
下り橋本行き。

Img_0766

下り橋本行きも出発。

Img_0768

  
  
暑い…。
  
Img_0771


   


Img_0774



稲穂がすくすく育っていた。
大山は霞んでいた…。
  
Img_0773


ポスターが…。
橋本の七夕まつり。
月遅れの8月開催。

第66回とある…。
平塚の七夕まつりは第67回。

橋本七夕まつり
  
Img_0775_2
   


  

相武台下駅wikipedia
  

相模線wikipedia

国鉄205系電車wikipedia


GO! GO! 相模線




   



過去記事(相模線関連)



相模線♪ 2017.01.07

座間のひまわり♪ 2016.08.13
 
相模線つづき…♪ 2016.08.06

相武台下駅♪ 2016.08.04
 
相模線…♪ 2015.03.08

プチ旅行…♪ 2013.06.04

相模線…冬…♪ 2013.01.09

電車三昧♪ 2012.10.05
 
木曜日… 2012.10.04

相模線、夏~♪ 2012.08.05

相模線入谷駅♪ 2012.05.12

相模線♪ 2011.11.13

相模線に乗った♪ 2011.11.09

海老名かかしまつり♪ 2011.09.17

JR相模線入谷駅&讃岐うどん飯野山♪ 2011.08.07

真夏~♪ 2011.07.10

寒川神社に初詣♪ 2010.01.03

相模線&座間のひまわり♪ 2009.08.15

原当麻 2009.03.14

寒川神社に初詣♪ 2009.01.03

JR相模線散策♪ 2008.02.17

相模線 2006.01.28

 
.























   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/07

週末♪

★週末♪

晴れ♪

蒸し暑い…。

  



七夕♪shine

00000summertanabatasmall

  
平塚の七夕まつり。
今年は7月7日(金)~9日(日)開催。


湘南ひらつか七夕まつり




過去記事

湘南ひらつか七夕まつり♪ 2007.07.07

  






  
  
今夜は軽い飲み会~note

駅近くにできた「餃子の王将」で軽く~beershine

同僚のA君がクルマを買い替えたと…。
ホンダを乗り継いできたのだが、なんと、スバル・インプレッサに♪

またまた、スバリスト誕生♪








最近…、ていうか、以前から混んでる店「たまや」。

ファンが多いから、多少は覚悟して。

ランチ時に行くと、結構な時間がかかる…。
それでも、週一くらいのペースで通っていたこともあったが…。


ここんとこ、満席つづき…。
先々週は、前を歩いていた5、6人の集団…。
こともあろうに、「たまや」へ…。


久々に行った…。


武蔵野うどん♪
やっぱり、美味しい♪


Dsc_0011_12

  
  
  
むさしのうどん たまや


たまや(八王子)/食べログ

  



過去記事

武蔵野うどん・たまや♪ 2013.08.21
  

   




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/06

小田急ロマンスカーSE 就役60周年♪

★小田急ロマンスカーSE 就役60周年♪

晴れ♪

今日も暑い…。

  
  
  
  



ロマンスカーSE(初代3000形)就役60周年♪


 
小田急ロマンスカー「走る喫茶室」限定復活、「SE」デビュー60周年で。


小田急は特急ロマンスカー「SE」(3000形電車)が今年、就役60周年を
迎えることから、記念キャンペーンを展開すると発表した。

「SE」は1957年(昭和32年)年に登場。
流線形でバーミリオンの色をした車体、車両連結部に台車(車輪のある部分)
を配置した連節構造の採用など、それまでの車両とは一線を画す特徴的
な車両。

東海道本線で行われた走行試験では、狭軌(レールの間隔が1,435mm未満
の線路)での速度世界一である145km/hを記録した。

この車両の登場がきっかけで「鉄道友の会」ではブルーリボン賞が創設され、
1958年(昭和33年)年に第1回「ブルーリボン賞」が贈られた。
なお、「SE」は1992年(平成2年)に引退…。

今回、7月6日(木)から8月31日(木)までの期間に展開される「ロマンスカー・
SE 就役60周年キャンペーン」では、ロマンスカーの車内で、記念パッケージ
の「お弁当」(800円)や「ロマンスカーオリジナルグラス」(1,300円)などが
販売される。

7月6日(木)と7日(金)には、過去に車内販売を行っていた日東紅茶と森永
エンゼルの制服を着たアテンダントによるシートサービス「走る喫茶室」(車内
販売)が以下の列車で復活。
当時好評だったというプリンとアイスココアも販売される。

  
  
■「走る喫茶室」実施列車

下り
「スーパーはこね13号」(新宿10時10分発)
「はこね29号」(新宿13時30分発)

上り
「はこね14号」(箱根湯本11時44分発)
「はこね30号」(箱根湯本15時27分発)

  
  



小田急の各駅に貼られたロマンスカーSE 就役60周年記念のポスターが目を引く。

201707_romancecar60th

  


201707_romancecar60th02






ロマンスカー。
その一翼を担った特急『あさぎり』。

JR東海371系も加えてほしいとこだが…。
小田急ロマンスカーRSE・20000形の「あさぎり」と並び、JRらしく”きりっ”と
した車両で御殿場線ルートの人気ものだった♪


SE 就役60周年記念ロゴ。

201706_odakyuse_60th02






SE就役60周年記念特設サイト/小田急 
0000000201707odakyuuromncecar60th


SE就役60周年記念イベント - ニュースリリース/小田急



小田急3000形(初代)Wikipedia 





小田急ロマンスカー♪shine






ウチが小田急線沿線に”移住”してきたのは30年程前…。
息子たちは幼稚園の遠足で向ヶ丘遊園とかに行く時、ロマンスカーの
貸切りだった…。(複数の幼稚園で貸切る方式)
それが、このロマンスカーSE・3000形だった…。

当時、LSE・7000形やHiSE・10000形といった、カッコいいロマンスカー
が続々とデビューしたばかり…。
SE・3000形での遠足は、そういう意味では若干ブーイングだったのだ…。

今ではよい思い出なのだが…♪









相鉄線ホームより小田急・海老名電車基地を。

左から、ロマンスカー3000形(SE)、3100形(NSE)、7000形(LSE)、
60000形(MSE)。
いちばん手前には、当時デビューしたばかりの4000形。
                                                                              2007年10月撮影

Imgp1754



小田急ファミリー鉄道展♪ 2007.10.21
    





 

小田急、保存ロマンスカーなど一部を解体へ…


SE就役60周年の一方、解体のニュース…。



小田急電鉄が、車両基地に保存している歴代ロマンスカーなどの保存車両
を一部解体することが7月6日、明らかになった。
2018年3月の複々線化完成に伴う増発のため、車両の収容スペースが
不足することが理由。
小田急は「苦渋の決断。保存している車種は必ず残していくという前提で、
複数ある車両については一部を解体することにした」と説明している。

現在、小田急が保存している引退車両は全部で8形式。
特急ロマンスカーが3000形SE、3100形NSE、10000形HiSE、20000形
RSEの4形式、一般車両がモハ1形、2200形、2600形、9000形の4形式で
、ロマンスカー全車種と2200形は複数の車両を保存している。

3000形は新幹線の開発にも影響を与えた歴史的な車両で、そのほかの車種
も、鉄道愛好家団体「鉄道友の会」が優秀車両に贈る「ブルーリボン賞」や
「ローレル賞」を受賞した車両がほとんどだ。         

これらの車両は、3000形SE車が海老名車両基地(神奈川県海老名市)の
専用保管庫にある以外は喜多見電車基地(世田谷区)に置かれている。
6月下旬、10000形HiSEが喜多見から大野総合車両所(神奈川県相模原市)
に回送され、何らかの動きがあるのではと鉄道ファンの話題を呼んでいた。

一部車両を解体するのは、6両ある3100形、3両ある10000形と20000形
、2両ある2200形の4形式。
3000形も5両あるが、今回は喜多見電車基地のスペース確保が理由のため、
同形式については「具体的には決まっていないが、現状のまま」(小田急)という。

         

関係者によると、3100形は先頭車2両と中間車1両、10000形は先頭車1両
、20000形は先頭車と2階建て中間車1両、2200形は1両を残す予定だ。
展望室のあるロマンスカーの先頭車や2階建て車両などの特徴ある車両は
少なくとも1両ずつ残ることになる。
来春の新型ロマンスカー登場にともなって引退する見込みの7000形LSE
については「現時点では明確に答えられない」(小田急)としている。

保存車両の一部解体は、2018年3月の複々線化に伴うダイヤ改正で列車
を増発するため、車両基地に収容スペースが必要になることが理由。
同社によると、今後の保存場所については検討中で具体的には決まって
いないが「一部はやむを得ず解体するものの、歴史的価値があり人気の高い
これらの車両はしっかり後世に伝えていきたい」と話す。


今回、一部の車両を解体しても小田急の保存車両は計15両あり、私鉄による
車両保存としては規模が大きい。
同社も「歴史的価値と人気の高いこれらの車両を広く後世に伝えたい」として
いるだけに、今後はぜひ一般に向けた展示・公開の機会が増えることを期待
したい。



小田急、保存ロマンスカーなど一部を解体へ/東洋経済オンライン





ま、確かに、大野では10000形HiSEが姿を現して、何ごとかと…。
長らく目撃されていた20000形RSEの残骸はいつの間にか姿を消した。

ま、今後、解体線には動きが出てくることだろう…。



   






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/05

江の島・鎌倉ナビ2017年7月号♪

★江の島・鎌倉ナビ2017年7月号♪

どんより、そして、雨…。

北の方は青空が。
ハマ線、北上するにつれ、青空。
八王子駅に着いたら、ぴっかぴかの晴れ♪

超蒸し暑い…。


午後遅くに雨が降ったらしい…。







夕方、帰宅時…。
ハマ線で町田駅に到着したら、ちょっと騒然としてる…。
うっ、小田急線からの振替輸送だとか…。
何があったんだ…。


18時前、小田急線・参宮橋~代々木八幡駅間で発生した人身事故のせいで
、新宿~経堂駅間で運転見合わせ…。
経堂から小田原までは各停のみ…。
しかも、全然来ない…。

このクソ暑いのに、超ラッシュ…pigsweat01

帰宅の足を奪うような飛び込みするな…sweat01
地獄に落ちるぞっdown







江の島・鎌倉ナビ7月号♪

ここんとこ、毎月発行されてる。
月刊になったのかな…♪



鵠沼駅近くの境川橋梁を渡る江ノ電♪

201707enokamanavi





ネットでは、まだ、6月号のまま…。


江の島・鎌倉ナビ/小田急

ちょい読み



  

江ノ電

江の島・鎌倉ナビ/fb/小田急

 


 
 


  
  
  
 
◆江の島・鎌倉ナビ、江ノ電まちナビ



江の島・鎌倉ナビ2017年6月号♪ 2017.05.31

江の島・鎌倉ナビ2017年5月号♪ 2017.05.12 

江の島・鎌倉ナビ2017年早春号♪ 2017.02.27

江の島・鎌倉ナビ2016年冬♪ 2016.12.19

江ノ電まちナビ2016年秋号♪ 2016.09.29

江ノ電まちナビ2016年夏号♪ 2016.08.02

江ノ電まちナビ あじさい号♪ 2016.06.06

5月♪ (江ノ電まちナビ2016年春号) 2016.05.01

江ノ電まちナビ2016早春号♪ 2016.03.07

江ノ電まちナビ2015冬♪ 2015.12.14

江ノ電まちナビ2015秋号♪ 2015.09.28

江ノ電まちナビ2015年夏号♪ 2015.07.27
※同年6月あじさい号も含む

  



  
■『小田急で湘南へ』

 
木曜日…♪ 2015.03.05

あれこれ♪ 2014.11.29

小田急で湘南へ♪ 2014.06.30

小田急で湘南へ♪ 2014.04.09

12月…その2…♪ 2013.12.03

小田急で湘南へ♪ 2013.09.14

雨… 2012.09.16

「小田急で湘南へ」♪ 2010.07.07 

休日…寒いっ… 2010.01.16

 
 
 
  
◆江ノ電沿線ガイド・だより


江ノ電沿線だより2014冬♪ 2014.12.03

中秋の名月…♪ 2014.09.08

江ノ電沿線だより2014年夏♪ 2014.06.02

江ノ電沿線だより2014年春♪ 2014.03.07

江ノ電沿線だより2013年冬♪ 2013.12.06

江ノ電沿線だより2013年秋♪ 2013.09.10

江ノ電沿線だより2013年夏♪ 2013.06.05

江ノ電沿線ガイド♪ 2013.03.29

青春18きっぷ ポスター2012-13年冬♪ 2012.12.03

江ノ電沿線ガイド2012年秋♪ 2012.09.06

6月♪ 2012.06.01

3月その2~♪ 2012.03.02

ゆっくり寝坊♪ 2011.12.03

週末♪ 2011.09.02

季節の変わり目♪ 2011.06.02

江noDon♪ 2010.09.02

江ノ電沿線ガイド♪ 2009.12.19

江ノ電沿線ガイド♪ 2009.06.06

江ノ電車両ガイド♪ 2009.05.29

江ノ電沿線ガイド秋♪ 2008.09.04

  
  
  




  
  
  
  

行くぜ、東北♪

夏のポスター♪




国鉄急行色、キハ40系。

2017240



国鉄キハ40系気動車(2代)Wikipedia  






ナマハゲ。(赤鬼、青鬼)
JR東日本EV-E801系。

20172eve801_2


その名の通り、EV電車である。

今年3月、秋田駅から男鹿線の男鹿駅間(通称、男鹿なまはげライン)
で1日2往復運用されている。

電化区間の奥羽本線・秋田駅~追分駅間は交流電車として走り、非電化の
男鹿線はバッテリーからの電力を使用して走行する。


JR東日本EV-E801系電車wikipedia
  







キハ110系。

20172110


JR東日本キハ100系・キハ110系気動車Wikipedia







行くぜ、東北。/JR東日本

0000000000000jre

   





 

関連記事

行くぜ、東北。 2016夏♪   2016.07.06
行くぜ、東北。 2016夏♪   2016.06.02
行くぜ、東北。 2016春♪   2016.04.03
行くぜ、東北。 2016冬♪   2016.01.07
行くぜ、東北。 2015冬♪   2015.11.19
行くぜ、東北。 2015秋♪   2015.09.02
行くぜ、東北。 2015夏♪   2015.07.20
行くぜ、東北。 2015 夏♪ 2015.06.23
行くぜ、東北。 2015春♪  2015.04.27
行くぜ、東北。 2015冬♪   2015.01.16
行くぜ、東北。 2014冬♪   2014.11.09
行くぜ、東北。 2014夏♪   2014.09.09
行くぜ、東北。 2014秋♪   2014.09.07
行くぜ、東北。   2014.09.03
 
   


                

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/04

火曜日…

★台風3号…

どんより…。

蒸し暑い…。



夕方、会社を出た途端に雨…。

  
  
  
台風3号…。
とてつもなく速い…。

数日前にフィリピン沖で発生したと思っていたら…。
あれよあれよという間に、今朝は九州上陸、そして、四国再上陸、紀伊半島
再々上陸…。
そして、現在は浜松市南西90kmの沖合い…。

明日の朝、僕が起きるころには列島のはるか東の沖合いか…。

20170704t3_2

   

    



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/03

月曜日…

★月曜日…

晴れ♪

朝から蒸し暑い…。

本格的な夏…。
蒸し暑さも夏本番に近い。

今夜は熱帯夜か…。



   


都議選は都民ファーストの圧勝で、自民惨敗…。
民進は、さらに最悪…、壊滅的な大打撃…。

いろいろ言われているが…。
自民大敗の原因は…、ドン内田の悪党面と、そのやり口に対するしっぺ返し…。
同じく小物のくせに悪党面は川井都議会議長も…。
都議会自民には小物がごろごろいたから…。
都議会での小池さんに対する言動なども許せないことのひとつ…。

下村さんに対する複雑な思いも…。
これらがきっかけとなったのではと…。

民主党が惨敗した時も、鳩山や菅といった悪役が“活躍”したように…。
同じ構図に見えなくもない…。

都政においては、公明が歩み寄ったように、自民も小池さんに歩み寄るしか…。
それが、自民復活の切り札かと…。

都政と国政がごっちゃに論議されているけど…。
ちょっと違うと…。


まっ…。
いずれ、小池さんは総理になるのだから…。


  




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/02

夏のポスター…♪

★夏のポスター…♪

午前中、どんより…。
午後からは、なんと、晴れ♪

暑い…。
エアコンのフィルター掃除をした…。







ご近所のあじさい♪

もう終わりか…。


Img_0759

  
  
青空♪
梅雨の合い間…。

いや、もう終わってくれ…。  

Img_0762








座間のひまわり♪

今年も7月下旬と8月お盆の頃の2回開催。




201707zamahimawari

 

座間のひまわり/座間市観光協会

座間のひまわり2016年/座間市観光協会

座間のひまわり/モモのいろいろ情報





■過去記事


座間のひまわり♪ 2016.08.13
  
座間ひまわりまつり♪ 2012.07.28

アウトレッドセール&ひまわり♪ 2011.07.30

座間のひまわり♪ 2010.08.21

座間のひまわり♪(栗原地区) 2010.08.01

相模線&座間のひまわり♪ 2009.08.15

夏休み、残りわずか… 2009.08.02

座間のひまわり♪ 2008.07.26

座間のひまわり♪ 2007.07.28

ひまわり-3♪ 2006.08.19

ひまわり-2 2006.08.11

ひまわり 2006.08.09



  


  
  

箱根神社御鎮座1260♪

鎮座から1260年という悠久の歴史を感じさせる…。

西暦757年、天平勝宝9年&天平宝字元年という天平文化華やかな奈良時代。
2年後の759年には鑑真によって唐招提寺が創建された、そんな時代である。


201707hakonejinja1260


1260芦ノ湖・箱根夏まつりウィーク/芦ノ湖温泉旅館組合

箱根神社・九頭竜神社/芦ノ湖温泉旅館組合

夏まつりウィーク/箱根全山|箱根観光情報ポータルサイト

 
箱根神社(九頭竜神社)公式サイト
  

  
  


■箱根関連過去記事


箱根宮城野の桜♪ 2017.04.14

箱根-2♪ 2016.08.16

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

箱根♪ 2015.08.10

箱根♪ 2015.05.23

箱根ポーラ美術館♪ 2013.09.14

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-2  2013.11.30

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-1  2013.11.29
  
秋の箱根へ♪ 2012.11.10

箱根宮ノ下~箱根湯本♪-2 2012.07.07

箱根仙石原♪-1 2012.07.07

いざ箱根3♪- 帰りに寄り道 2011.10.09

いざ箱根2♪-箱根仙石原 2011.10.09

いざ箱根1♪-足柄道アプローチ 2011.10.08 

箱根2-強羅~宮下♪ 2010.12.06

箱根-仙石原♪ 2010.12.05

Pc041881


箱根の紅葉-2♪ 2008.11.08

箱根の紅葉-1♪ 2008.11.08






  










             











 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/01

7月♪

★7月♪

どんより…。

暑い…。

そろそろ、エアコンのフィルター掃除しないと…。



  
  

スーパーではお盆用品の販売がはじまった。

ここ神奈川県央地区とか東京都多摩地区の一部では7月にお盆を行う
習慣がある…。

座間市内でも古いお家では7月に行われる。



0708obon02






  

7月♪

嬉しいシーズン到来♪
とはいっても、まだ梅雨…。
今年は早く梅雨が明けてくれるかな…。



富士山では山開き♪

湘南でも江の島・片瀬海岸などで海開き♪








海老名へ行ったついでにJAにも寄った。
なかなかの人気で、広い駐車場はクルマがぎっしり…。

やはり、新鮮な野菜が安い。

この貼り紙を見て、思わずトウモロコシを買った♪
帰宅してすぐに茹でて食べた。
めちゃ美味しかった♪

Dsc_0012_5



海老名グリーンセンター/JAさがみ
000000jasagami_2









JR東海オリジナルカレンダー♪

飯田線の秘境駅と呼ばれる駅が次々と現れるエリア。
飯田線・金野駅~唐笠駅間をいく119系。
天竜川を横目に美しい景色。

唐笠駅は峰竜太の出身地である下條村への玄関口となる駅。
1日平均乗車人員は18人。

金野駅は2015年の年間の乗車人員はわずか195人で、1日の利用客数
は1人にも満たない。
飯田線内の全94駅の中で最も利用客数が少ない。

201707119_1280x1204




JR東海オリジナルカレンダー/JR東海shine




金野駅wikipedia

唐笠駅wikipedia

飯田線Wikipedia

国鉄213系電車wikipedia

JR東海313系電車Wikipedia




今はなき…。

国鉄119系電車wikipedia



飯田線/つちぶた本舗

魅力発見・飯田線



  
  


関連記事

飯田線で~♪ 2016.10.27

  
  



  
  

ODAKYU VOICE7月号♪

特集。
『親子で体験 江の島・鎌倉の休日』。
「えのすい」(新江ノ島水族館)特集かと…♪
鎌倉若宮大路のカトリック雪ノ下教会お隣のどんぶりカフェ「鎌倉Bowls
(ボウルズ)」。

江の島サムエル・コッキング苑、小田急ヨットクラブなどなど…。


歳時。
代々木公園で行われるブラジルフェスティバル、下北沢音楽祭、
小田原ちょうちん夏まつり、芦ノ湖夏まつりウィークなど。


タウンファイル。
相武台前駅。
ひまわり畑♪

相武台前駅といえば、ベイキャン(米軍キャンプ座間)の最寄り駅。
今夜はアメリカ独立記念日(7月4日)を祝う花火大会♪
盛り上がるだろうな♪


沿線おいしい贈りもの。
新百合ヶ丘のアンデリのトゥ・フランボワーズ。



ODAKYU VOICE/小田急
000000000000201707ov    


201707ov
   





    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »