« 休日♪ | トップページ | 江の島・鎌倉ナビ2017年9月号♪ »

2017/09/03

旧東海道・藤沢宿♪

★旧東海道・藤沢宿♪

晴れ♪

午前中は涼しかったが、午後からはそこそこ暑くなった…。


  
  
  
  

いつも通過するだけの藤沢宿…。

ようやく訪ねてみた…。


いつものように国道467号を南下。

白旗神社から歩くことに。

Img_1865

  

源義経をおまつりする神社。

Img_1766


白旗神社

0000000sirahatajinja

  
江戸時代初期からの庚申供養塚。

Img_1765

  
旧東海道。
現在の国道467号沿いに藤沢宿があった。  

Img_1764
   

小田急江ノ島線・藤沢本町駅。

Img_1769

    

Img_1772


  
藤沢本町駅の近く、県道43号藤沢厚木線。
藤沢宿の西の玄関、京見附(見張り番所)。
東側は遊行寺の近くに江戸見附があり、その間の約1.5kmが藤沢宿。
   
Img_1775


県道43号は白旗交差点から国道467号に。

Img_1863

  

    
Img_1815

  
  
白旗交差点からすぐの交番の脇を入ると。
義経首洗井戸がある。

Img_1782


よくよく見ると、この通りは電信柱がない。
そして、トランスボックスにはこのようなラッピング。
側面には浮世絵や明治時代の写真などがラッピングされている。
  
Img_1789



こちらは明治時代の写真。
左の写真は藤沢郵便局と記されていた。

Img_1818


 
藤沢宿のトランスボックスにラッピング 2014年3月/タウンニュース

トランスボックス・ラッピング

  

時代を感じさせる土蔵。  

Img_1787

  

  
Img_1791



狭い路地の奥には。
荘厳寺。

Img_1788   


   
さらに進むと。
先程の荘厳寺の墓地や常光寺、英勝寺の墓地に囲まれたエリア。
その一角に義経の家来である弁慶塚が。

Img_1793

  
  
井本菓子舗。
小さな店だが、”一つ火”は有名なお菓子。

”一つ火”と大きな”栗の里”を。

Img_1794


”一つ火”とは、遊行寺の法要のひとつ、「御滅灯」(一ツ火)をモチーフにした
和菓子。
「御滅灯」(一ツ火)は11月27日に行われる。

上品な甘さが美味しかった。


「御滅灯」(一ツ火)/遊行寺

井本菓子舗(藤沢本町)/食べログ


1890年(明治23年)創業の老舗。
しかし、来年1月からは由来とおり遊行寺の近くとか、境内とかに移転する
とのこと…。


Img_1795
                  

  
路地の奥には常光寺。
  
Img_1797



問屋場跡。  

Img_1798



問屋場跡



味のある建物…。

Img_1799

    
内田商店本店。

Img_1801


内田商店本店



福田屋人形店。
息子たちが幼い頃、一度、訪れたことがある。
左の建物は宿場町を意識したひさし。 ハマ銀藤沢寮。

Img_1817

  
紙・茶問屋を営んでいた桔梗屋。
現在は洋紙の卸問屋を。

Img_1806

 
いつも気になる紳士服の英国館。
  
Img_1811





ラーメン”OKAWARI”の前には蒔田本陣跡のプレート。
  
Img_1812
  

蒔田本陣跡



こちらも気になっている…。
”さつまや本店”…。
 
Img_1813

  
さつまや本店



履物店だった石曽根商店。  

Img_1819



Img_1808


旧石曽根商店

石曽根商店


  
 
藤沢橋の手前…。 
境川に架かる大鋸橋(遊行寺橋)。
  
Img_1820



ふじさわ宿交流館。

Img_1822

   

高札場。

Img_1823


飛脚の服装。

Img_1826



ふじさわ宿交流館





201709hujisawashuku

  
 
 
 
えっ…。
神社のような…。

遊行寺。
時宗総本山・藤澤山無量光院清浄光寺。

Img_1830


いつも、遊行寺坂からしか見たことないから…。
こんな光景とは…。

  
で…。
時宗…。
北条時宗(ときむね)…??

いやいや、時宗(じしゅう)という宗派。
あまり馴染みはないのだが、あの一遍上人が開祖といわれる。

全国的にも少数派のようだ…。
岡山県、徳島県、高知県、佐賀県、長崎県、沖縄県には時宗の寺は存在せず、
青森県や大分県のように1つしか存在しない県も少なくないのだとか。


時宗総本山・遊行寺

時宗wikipedia



さらに進む。

Img_1832

 

なんだか、賑やか…。

Img_1834


今日はフリマ、骨董市が開催されていた。

Img_1835



開山700年ということで、境内は改修工事が…。

Img_1837


  

箱根駅伝でもお馴染みの光景。
遊行寺坂。

少し先には江戸見附跡が。

そして、ここは遊行寺坂から遊行寺への出入り口。
  
Img_1841
  

  

藤沢橋に戻り、国道467号に。 

Img_1844
  


江の島弁財天道標。

江戸時代…。
江戸の人々の信仰とレジャーといえば、お伊勢参りが最大級のイベント。
そこまで豪勢ではないが、充分に信仰とレジャーを楽しめるとこは、大山詣り
と江の島への参詣。

藤沢宿から江の島へ参詣する人々が歩いた江の島道。
この道の岐路に道しるべとして立てられた道標が今も残っている。

鍼術の考案者で江の島弁財天を厚く信仰した杉山検校が「多くの参詣者が道
に迷うことが ないように」と約4キロの道周辺に48基の道標を建立した。
そのうち11基を今も目にすることができる。
いずれも火成岩製の尖頭角柱形で、多くが三面に「一切衆生」、「えのしま道」、
「二世安楽」の文字を刻んでいる。

左側には「二世安楽」、右側には弁財天を表す梵字(ぼんじ)と「ゑのしま道」
が読み取れる。
この裏側には「一切衆生」の文字が刻まれていた。
 
Img_1845


ところで…。
杉山検校…、どこかで見た名前…。

そうそう、江島神社の赤い鳥居のとこから右手の赤い橋・御幸橋のたもと
にある江の島市民の家の裏手にある墓…。
あのお墓は杉山検校の墓…。
但し、こちらの墓は検校の一周忌に弥勒寺から分骨したのだとか…。

なぜ、わざわざ…。
江の島弁財天の信仰と、江の島参詣に貢献したからか…。



江の島下道に架かる御幸橋。
静寂な下道…、この先には賑わう参道や交番、江島神社の赤い鳥居がある。

左手手前の出入り口を左に入ると、杉山検校の墓がひっそりと佇む。
                                        2017年6月撮影

Img_0752


  
江の島のあじさい♪ 2017.06.24

江ノ電まちナビ2016早春号♪ 2016.03.07

江の島弁財天道標





  
  
歌川広重、東海道五十三次・藤沢。

この鳥居は「江の島一の鳥居」であり、遊行寺を背に大鋸橋(現、遊行寺橋)
あたりが大山詣や江の島詣の参詣者で賑わったことを表している。
こんもりとした山は、もちろん、江の島。
  
Img_1854


江の島一の鳥居。
当時、大鋸橋(現、遊行寺橋)のたもとにあった。

江の島一の鳥居跡/ふじさわ宿交流館




ふじさわ宿交流館

東海道への誘い(神奈川県)/国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所






  

そろそろ、13時…。

ランチしないと…。
何食べよう…。

藤沢駅の方に向かい、あれこれ…。

で、なんか…♪   

Img_1852


  
まだ新しそう…。

店内は清潔の一言。
そして、お洒落♪

女性だけ2、3人のグループも違和感なしだった…。
いや、違和感なしどころか、そちらの方が似合ってる店。
もちろん、一人でも全然OKの雰囲気。

いわゆるラーメン屋の客層とはちょっと異なり、小奇麗なお洒落さん…♪

厨房も広々としていて、見ていても爽快。

  
ハーフの担々麺&ミニ・チャーシュー丼を。
辛さは”1辛”に…。  すみません…、小心者なので…。

ハーフといっても、値段もボリュームも普通の2/3ほど…。
従って、不完全燃焼にはならなかった…。

そして、かなり美味しかった♪

Img_1849



らーめん…。
といっても、担々麺なら然程、罪悪感はないし…♪


オープンしたてかと思ったのだが。
ネット情報では2014年11月オープン。


YUTORI - ゆとり(藤沢駅)/食べログ




藤沢駅北口から南仲通り交差点へ。  

Img_1856
  

路地…。
  
Img_1857
  

このラーメン二郎も行列が長い…。
14時過ぎでも、この行列…。
いやいや、二郎の場合、店内にも12、3人がお行儀よく並んでる…。

Img_1859

  
  



いつも、クルマで通過するだけ…。

こちらの宣伝…。
湘南藤沢の手作りパンBoulangerie NOLAN Hatta(ブーランジェリー ノーラン
ハッタ)では伝統的なフランスパンをはじめ、ライ麦パン、その他食パン、菓子パン
など、パンの種類によって小麦粉を自家ブレンドさせています。

ここは藤沢本町本店。
  
Img_1862

  
あるある…。

Img_1860

  

Img_1861


NOLAN

ノーラン本店(藤沢駅)/食べログ


  


青空~♪    

Img_1867



  
 

帰路。

岸田果樹園へ。

小田急線長後駅からクルマで5分ほど。
高倉中学校のすぐ隣、築350年の立派な長屋門が目印。

Img_1868

  
よかった…♪
色々な果物。

Img_1870


藤稔とシャインマスカットを♪

Img_1872


  
岸田果樹園

 
長後♪ 2016.09.10


   






藤沢宿マップ。

江戸見附から京見附(上方見附とも)の約1.5kmが藤沢宿。

Photo



   







  




|

« 休日♪ | トップページ | 江の島・鎌倉ナビ2017年9月号♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139267/65746733

この記事へのトラックバック一覧です: 旧東海道・藤沢宿♪:

« 休日♪ | トップページ | 江の島・鎌倉ナビ2017年9月号♪ »