« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018/05/31

TV - CM♪

★TV - CM♪

どんより…。
時折り、ちらちら小雨も…。

涼しい…。




ウケル TV - CM♪

キリン一番搾り♪

当初…。
ぼんやり見ていただけ。
てっきり、関東の電車だろうと思い込んでた…。
東武かな…、なんて…。

ん、ん…。
電車は…。
どう見ても、近鉄…。

ロケ地はどこだろう…。
ネット情報は参照しないで、独力で…。

意外にも…。
メイキングの動画には駅名標が半分ほど…。
駅名は見えるような見えないような…。
しかし、どうしても判読できない程度にカットされている。

ん…。
駅名の横に駅番号らしきもの…。
D23と読めた。

D23=近鉄大阪線・五位堂駅(ごいどう)。
て、ことで、ロケ地は奈良県香芝市の近鉄大阪線・五位堂駅。
半分しか見えない駅名標の駅名と見比べると…、納得…。

駅番号…、使える…♪



駅名は判読しずらいが、駅番号らしきものは読める。

000000000000000000000goidousta_2


五位堂駅 Wikipedia

 


キリン一番搾り、石田ゆり子、列車篇♪ - CMメイキング -

  
  



  
キリン一番搾り、石田ゆり子、列車篇♪(30秒)
 
     

   
   
  

美味しそう~♪

00000000000000000000000kirin01

  





  


   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/30

雨…

★雨…

どんより…。
夕方から小雨…。
傘は…、微妙…。

涼しいけど、蒸す…。


  

あじさいは雨が嬉しそう…。

06060606
  


  

 



  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/29

7000形LSE定期運行終了へ…

★7000形LSE定期運行終了へ…

小田急ロマンスカーLSE・7000形が定期運行終了へ。

とうとう、その日がやってくる…。

LSE・7000形。
1980年(昭和55年)デビュー。
前面展望席、リクライニングシートなどを備えている。

4編成が製造されたが現在残っているのは2編成で、その内「7003×11編成」
は6月頃に解体予定。(先頭車両2両は保存予定)
残る「7004×11編成」は、新型ロマンスカーGSE・70000形が7月11日に
第2編成就役を受けて、7月10日をもって定期運行から外れる。  

小田急電鉄は、6月23日(土)から「ラストラン記念ロゴマーク」をLSEの側面
に掲出する。
定期運行を終える7月10日には列車出発時に出発セレモニーが行われる。

LSEは通常ダイヤでの運行を終えた以降は臨時列車として運用され、
2018年度中に引退を迎える予定。

 
7月10日、特急ロマンスカーLSE、定期運行終了/小田急

7月11日、特急ロマンスカーGSE、第2編成就役決定/小田急

 


LSEがいなくなる…。
そんな危機感からか、LSE狙い、LSEキラーだらけだった…。

渋沢駅~新松田駅間、第二菖蒲トンネルを通過するLSE・7000形♪
渋沢8号踏切にて。                           5月15日撮影

Img_4853

 
ところで…。
この車両は7004編成。 
解体は来年度の予定…。

3月に引退した7003編成は6月に解体予定とのこと…。
 


    
小田急ロマンスカー♪ shine

  

  

■関連記事
   
またまた蛇塚へ♪ 2018.05.15

蛇塚へ♪ 2018.05.14

四十八瀬川♪ 2018.05.01

新緑の小田急線♪ 2018.04.22

浅草♪ 2018.04.13 
  



  





  



  












 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清沢式ぶっかけレモン♪

★清沢式ぶっかけレモン♪

晴れ♪

蒸し暑い…。

明日からは天気わるいらしい…。

  

■■
近所のスーパーなどが続々とセルフレジを導入している。
フルセルフレジもあるが、どちらかというと、精算だけセルフで行う
セミセルフレジが主流か。
人件費削減というよりも、セルフでできることは客に任せ、そうでない
業務に専念させることで、効率化を図るということか。

ま、客もレジ係りも、どちらも高齢化している…。

特に、高齢者はお金を払うにも時間がかかり、イライラさせられる場面
が多かったのだが、セルフになってからは、精算機が複数台ある店
では効果てきめん、イライラが解消された。
ま、1レジ1台しかない場合でも、次の客がプレッシャーになって、
そこそこ早く精算を済ませるようになったと感じるのは気のせいか…。
たまに、遅い客がいると、次の客がせかしたり、舌打ちしたり…。
見ていて、飽きない…sweat01

そんなご時世なのに、中には袋詰めまでやってくれる店がある…。
あるドラッグ…、以前はサッカー台(作荷台とも書くらしい…)があったのだが
、店舗レイアウト上、そのサッカー台のスペースがなくなった…。
以降、レジ係りが袋詰めしてもいいですかと聞くようになった。
事情を知っているので、「ハイ」と答えるのだが、実は内心、嫌だよって思う…。

ドラッグって、食品も扱っていて、その食品を買うことも意外と多い。
それを、袋詰めされるのって、ちょっと嫌…。
昔はスーパーで、袋詰めまでしてくれたとこが結構多かったけど、あの頃は
当たり前って思っていたのだが、今となっては…。




■■
昨日、茅ヶ崎で高齢者が事故…。
赤いクルマを見て、びっくり…。
懐かしさも…。

なんと、今はなき日産プリメーラ。
後ろ姿、”PRIMERA”とはっきり…。
それも、初代プリメーラ(1990年~1995年)かと。(多分…)
てことは、23年以上も…。

 
■高齢者のクルマ運転…。
昔は超珍しい現象だったけど、今では普通…。
ご近所でも、あるある現象。

友人が故郷の父親が80歳過ぎたのにクルマを運転してることを
危惧している…。
でも、クルマがないと、買い物にも行けないような、山奥だって…。
そんな例は日常茶飯事。

免許証返納…。
ニュースで言ってたけど、説得より納得だって…。
う~ん、難しい…。

前のクルマ”とろい”なって…。
よく見ると高齢者…。
仕方ない…。
ため息が…。

同じ道路を色んなレベルのドライバーが混在して運転している…。
やはり、一定の自動化は必要なのかも…。

 

■サービスエリアとかの車椅子マークが描かれた駐車スペース。
昔はほとんど使われなかったスペースだし、たまに使用している光景
を見かけると、好奇の視線が…。
ところが、今では当たり前のスペースだし、そのスペースの数も
各段に増えている。

ウチの母の場合も、そういうスペースを使うことがある…。
そ、状況によって車椅子を使う場面が…。

鉄道でも、毎朝乗車してくる車椅子の客。
駅の係員が車椅子対応に追われている光景は日常的に目にする。

 
■”救護”による電車遅延…。
昔は1年に1回も遭遇しなかった…。
今では自分の通勤範囲内でも週に1、2回はあるし、実際にその場に
遭遇することも多々ある。

土曜日にイオンモール座間に行ったら、フロアに人だかり…。
さほど高齢でもないおじさんが倒れていた…。  

 

昔の世の中とは違う”別の世界”に突入したのだ…。
そんな思いに…。

 
 
 


清沢式ぶっかけレモン♪

一昨年秋、愛知県の長男宅へ向かう途中、新東名の静岡SAで見つけた
「清沢式ぶっかけレモン」…♪
美味しいかどうか分からないので1つだけ買った。

自宅で使ったら、かなりの逸品。
サラダのドレッシングとして、魚に、肉に…。
特にカルパッチョには、サイコー♪

その後、ネット通販とかで買えないのか、いろいろ探したのだが、
かなりマイナーな商品らしく…。

で、先月、長男のとこへ向かう途中、かなり大量に購入。

この商品、ウチのほうでは手に入らないのか…。
散々、ネットで探してみたけど、手掛かりは少ない。

オクシズ地区で作られている…。
オクシズ…?  つまり、静岡市の”奥静岡”…。

ここ2、3年、かなり”大量生産”されているようだが…。
ネット通販も行われるようになった様子…。

手っ取り早く手に入れたければ、静岡SAに…。
時期的には…。 

201610lemon

  
  
ところで…。
産地の”オクシズ”とは…。

静岡市は政令指定都市。
3つの区があり、駿河区、清水区、そして、葵区。
その葵区のずっと奥にあるのが”オクシズ”…。

葵区は静岡市の面積の76%を占める大きな区、人口は35%で、
人口密度から推察すると過疎…。
人口のほとんどは南部の海に近いとこに集中している。

同じく…。
浜松市に救済合併してもらってできた浜松市天竜区も同じポジション…。
浜松市の人口は80万人、そして、天竜区は3万人に満たない…。
面積は浜松市の60%を占めるのに、人口は3.8%…。
こちらは、超がつく過疎…。

 
で、葵区の山側は…。
”オクシズ”のさらにさらに山奥。
びっくり、南アルプスの間ノ岳(標高3,189.5m)、農鳥岳(標高3,025.9)
など3,000m級の山がゴロゴロしているエリアが静岡市葵区だったとは…。

北岳を含めた白峰三山は走破したけど、静岡とは考えもせず、山梨県だと
ばかり思って登った。
富士山に次いで高い北岳だって、あと2、3kmのとこ。

そんな山岳地帯が静岡市だと思うと…。


昔、山岳地帯というと、○○○郡○○村とか○○○郡○○町だった…。
例外的に”大町市”は北アルプスのなくてはならない存在だが、
”市”ということを否定するかのように”大町”と呼んでいた。

近年、救済合併という風潮で上高地を含む北アルプスは長野県松本市
となり、その西側から奥飛騨は岐阜県高山市に。


清沢レモン/fb

南アルプスの情報も。

移住してみませんか…?
そんな移住情報も。

オクシズ(静岡市中山間地域 奥静岡)

00000000000000ttl_h1


 
移住してみませんか…?
移住情報も。

移住情報/オクシズ

0000000000000000000000000okusizuiju
  


オクシズとは…

ぶっかけレモン、商品化しました 2012年11月 / オクシズ

清沢(静岡市葵区)/ふじのくに


■見つけた…

ぶっかけレモン通販サイト

  


~6月5日まで。
静岡伊勢丹正面入口にオクシズ特設ブース開設中。

静岡伊勢丹に特設ブース/オクシズ

 


201805kiyosawabukkakelemon
  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/28

尾瀬夜行23:55♪

★尾瀬夜行23:55♪

どんより、後、晴れ♪

蒸し暑い…。


 

九州北部、四国が梅雨入り…。
迫ってきた…。

  

 
 

ご近所のあじさい、もう見頃かと思えるほどに♪

ウチのあじさい、ここんとこ、ようやく存在を主張してきた。

Img_5635
 


墨田の花火♪

Img_5634
  

  
Img_5633





  


東武の尾瀬夜行23:55♪ nightshine

先日、24日には尾瀬で山開き
今年もそんなシーズンがやってきた。

今年こそ…♪
この時期、梅雨時だけど…。
思い切って申し込んだ。

金曜日の夜23:55発の尾瀬夜行。

私鉄の夜行…。
なんか、ロマンを感じる。


尾瀬夜行23:55/東武鉄道

尾瀬夜行23:55/東武トップツアーズ
0000000000000000000000000000000000o

 
00000000000000000000000000000000oze
 
0000000000000000000000000000000ai_2
  



尾瀬は…。
この左下(南西)の方にある。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/27

CAR and DRIVER 7月号♪

★CAR and DRIVER 7月号♪

晴れ♪

暑い…。


昨日、九州南部が梅雨入りした。
関東も間もなくか…。




CAR and DRIVER 7月号♪

新型SUVランボルギーニ・ウルスがデビュー。
ホンダ・ジェイドは2列シート追加。
5代目スバル・フォレスター先行予約開始。

プロが選ぶ最新SUV。
レクサスNX300h、トヨタ・ハリアー、マツダ・CX-8、ボルボXC40、
ホンダ・ヴェゼル、三菱・エクリプスクロス、スバルXVなどなど。

復刻版カタログ。
1981年トヨタ・ランクル。
1972年ポルシェ911。

CAR and DRIVER

201807cd

 



   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/25

川越♪

★川越♪

晴れ♪

暑かった。


電車の車窓から見える小学校はどこも運動会の準備万端。
明日が運動会のピークらしい。



川越へ…。
敢えて、八高線、川越線で行ってみた。

昔、高崎の取引先からの帰り、夕刻になったので直帰ということで、
八高線を利用したら、3時間余かかった…。
高麗川までの非電化も忘れられない…。

ハマ線で八王子まで。
八王子駅では1番線へ。

ホームへ降りるための下りのエスカレーターだけ…。
とにかく狭い…。
不思議な空間…。

Img_5454

 
 
 
ラッシュ時を過ぎ、てっきり座れるのかと思っていた。
ところが、八王子駅では、ラッシュ時と変わらないほど混んでた…。

北八王子駅でほとんど下車…。
箱根ヶ崎駅でも、多くの客が下車…。
完全にローカル線の雰囲気に…。



西武拝島線の電車。
 
Img_5460

 

埼玉県に入り、車窓からは狭山茶の畑が続く。
  
Img_5461

 

高麗川駅では3分停車。
ここから、川越線に。
車両は231系3000番台。  

Img_5465   
 

  
高崎~高麗川間の非電化区間を走るキハ110系200番台。
  
Img_5466_2  

   
川越駅到着。
 
Img_5470



八高線 wikipedia

川越線 wikipedia
  
  


クレアモールを歩く。
なかなか元気な今時の商店街。
シャッターが閉まった店なんかない。

途中、丸広百貨店が健在なので、びっくり…。
地方百貨店が不振な中、この丸広百貨店は創業家のまま、頑張っている。



川越熊野神社に寄り道。
 
Img_5486
 
 

すぐ先の大正浪漫夢通り。
ビジュアル的には大正…。

Img_5489

  

商工会議所もレトロなビル。

Img_5494   

  
 
大正浪漫夢通り
  


川越一番街。
蔵の町。

Img_5514



埼玉りそな銀行(旧 八十五銀行本店→旧 埼玉銀行)川越支店。
 
Img_5504

 

いも恋。
空腹も手伝ってか、これは美味しかった♪
 
Img_5500
 

 
川越といえば…。
時の鐘。
 
Img_5513

 
 
時 薫るまち川越/小江戸川越観光協会

小江戸 川越散策に行こう/甘味処あかりや
 
  



時の鐘のすぐ近く。
だんごの田中屋。

Img_5525


 
だんご♪

Img_5524
  
  

小江戸巡回バス。

Img_5522

  

小江戸という表現が相応しい。

Img_5515




んっ…。
何かない…。

そ、電線がない…。
無電柱化されていた。

写真で見ると、確かに、その効果が実感できる。

 
掛軸と額縁フカゼン
 
Img_5527

 


 
Img_5529

 

 
Img_5530



大好きな醤油…。
金笛直売店 川越店
  
Img_5535
 


築220年余年、一番街最古の蔵造り。
大澤家住宅、民芸品店小松屋
  
Img_5536


ハム、ソーセージのMio Casalo(ミオ・カザロ)

Img_5537
  
 



菓子屋横丁。

Img_5540   

 
菓子屋横丁


菓子屋横丁。
駄菓子とか、子供心に帰るような…。  

Img_5547



 
パン屋RAKU RAKU。
一目で美味しいと…。
あれこれ…♪

Img_5542


お味噌のパンも美味しそう。
秩父の味噌だとか。

てっきり、あんぱんのように、味噌が真ん中に詰まっているのかと想像
していたら、そうではなくて、パン生地に味噌が練り込んであるのだ…。
自宅で食べたら、サイコーのパンだった♪


川越ベーカリー楽楽 RAKU RAKU



おっ…。
セリカLB(リフトバック)。
40年以上…。

Img_5560

   
脇道、路地の奥…。

Img_5561
  
 

 
Img_5562

 

なかなか♪   

Img_5563



  
 
■ランチ。
小江戸横丁という商業施設の2F。

釜めしに。
  
Img_5533



さつまいも。
ちょっと…。

食べてみたら、なかなかいける。
 
Img_5568

 
  
 
■満腹のおなか…。
ところが、「かつおぶし中市本店」の前…。

最近、TVでもよく見かける”ねこまんま焼おにぎり”。
行列の後ろに並んだ。
 
Img_5574
  

香ばしい匂い…。
満腹すぎて、ちょっと食べられそうにないので、テイクアウトで。

Img_5571


中市本店
0000000000000000000000nakaichihonte

 
 
蔵の町…♪
そんな雰囲気を堪能するだけでも、満足する町。 

Img_5575


私設の郷土資料館に入ったら、いろいろ説明してくれた。
これだけ観光客が増えたのは、最近のこと。

ほんのちょっと前までは閑古鳥が鳴く町だったと…。
市民、特に、商店主らは危機感を募らせていたと…。

ところが、昨今は…。
平日でもご覧の通り…。
土日は大変なことに…。

 
 
電柱、電線がない風景…♪

Img_5576

 

路地裏…。
その一つ、一つにストーリーがある。
 
Img_5579

 

少しばかり歩くが…。
近づいてがっくり…。
休みだった…。

でも、外観だけでも充分。
お城といっても、平山城なので、そして、天守閣がない城ということで、
いわゆる、お城という感じがしない。

川越城本丸御殿。

  
Img_5591  

 

そして、またまた、かなり歩く…。
標識がないとわからなくなる…。

喜多院へ。
川越大師とも。
やはり、春日局…。

本堂。
  
Img_5597

 

中庭。
紅葉の時期がいいらしいが、今の時期も良かった。
 
Img_5602

 

五百羅漢。
 
Img_5605

 
リアル…。
 
Img_5611

 

足元に住所、名前が刻まれているものも。
入間郡田中村、○○ ○衛門…。

余計にリアリティを…。 
 
Img_5610
 
 


たくさん歩いて…。
20,000歩を超えた…。

蔵のカフェへ。

Img_5627


アイスレモンティー♪ 

Img_5625


 
  

川越駅。

Img_5628

 

帰りも川越線、八高線で。
209系3000番台。
  
Img_5631


  
電車を待ってる乗客…。
みんな、一様にスマホに食い入るようにしている…。

電車の運転士にとっては不安かな…。
そう思って、僕は電車が近づいてきたら、顔をあげるようにしてる…。

 
しかし…。
八王子駅までの1時間10分…、かなり長く感じた…。
よく歩いたからか、ぐっすり寝てしまった…。

圏央道に乗れば、もっと早く来れるかも…。
でも、昼間に八高線に乗ってみたかった…♪

 
  




  




  



  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/23

水曜日…

★水曜日…

どんより…、夕方から小雨…。

気温は低いけど、湿度が高い…。


  


クール宅急便が届いた…、なんだろう…。
北海道に住んでるママ友からアスパラガスが届いた…。

グリーンアスパラ。
北海道では、今が旬。

早速、いただいた。
美味しかった♪

  
000000000000000000000000asuparagasu
  
  


   
  






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/22

尾瀬夜行♪

★尾瀬夜行♪

晴れ♪

爽やか♪


  


東武の尾瀬夜行♪

今年も運行される。
金曜日の夜23:55発の尾瀬夜行。

行きたいな♪


尾瀬夜行23:55/東武鉄道

尾瀬夜行23:55/東武トップツアーズ
0000000000000000000000000000000000o

 
00000000000000000000000000000oze
 
0000000000000000000000000000000ai_2
  


   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/21

トヨタ博物館♪

★トヨタ博物館♪

5月19日(土)。

サイコーに晴れ♪

暖かい♪

 
長男宅を後にして、トヨタ博物館へ。
長久手インターを降りて、すぐ。

小高い丘の上、縁に囲まれたトヨタ博物館。

Img_5433_2



トヨタ ボンネットバスFB80型。(1963年)
   
Img_5338_2
  
 


1936年トヨダ AA型乗用車。(レプリカ)
トヨタ自動車の創業者、豊田喜一郎が中心となって、当時最新のアメリカ車
を手本にしながら開発したトヨタ初の生産型乗用車。

まるでモノクロ写真…。

Img_5339_2
   

 
”豊田”のカーマスコット。  渋い…。

Img_5340_2  
 
 

1935年イスパノ・スイザK6。
フランスの高級車メーカー、イスパノ・スイザの最終モデル。

佐賀の鍋島家13代当主、直泰候がシャシーを輸入し、自らデザインした
ボディを架装した珍しいクルマ。

フロントガラスを見ると、車検の検査標章は昭和56年と印刷されている。
すごい…。
  
Img_5349_2
   
  
 
1939年パッカード・トゥエルヴ。
第32代大統領ルーズベルトの専用車。

Img_5354_2
  
 

1939年フランスのドラージュ・タイプD8-120。  

Img_5355_2
   
 
大きい~♪
1959年キャデラック・エルドラド・ビアリッツ。  

Img_5368_2
  
  

1959年ダイハツ・ミゼットDKA型。
小型3輪トラック。

弟は幼い頃、このミゼットにはねられた。
ま、軽症ですんだけど…。

Img_5372_2
    
 
大好きなクルマ♪
1953年シトロエン2CV。
1948年の発売から1990年の生産終了まで387万台が生産された。

今でも、たまに目にするクルマ…。  
  
Img_5375_2
  

 
1964年トヨペット・コロナRT40型。
ご近所のクルマ好きなおじさんが乗っていた。 
数年後、コロナマークⅡがデビューして、乗り換えられた。
 
右後方に1961年トヨタ・パブリカUP10型が見える。

Img_5387_2

 

1966年ダットサン・サニーB10型&トヨタ・カローラKE10型。
マイカー時代の草分け。  

Img_5390_2



1963年ダットサン・フェアレディSP310型。  

Img_5395_2


  
    

Img_5396_2


 
1964年ホンダS500/AS280型。
  
Img_5399_2


 
1965年トヨタ・スポーツ800/UP15型。
   
Img_5400_2



  
1966年いすゞ・ベレット1600GT・PR90型。  
国産車で初めてGTという名前を採用した。 
愛称は”ベレG”。

1963年(昭和38年)から1973年(昭和48年)まで製造された。
東京オリンピックの頃、子供心にもカッコイイと思った♪
  
Img_5403_2



    
1972年スバル・レオーネ・エステートバン4WD。
当時、醜いクルマだと思った…。
現在、その後継車に乗ってる自分が信じられない…。

右後方は1981年アウディ・クワトロ。
  
Img_5413_2

 

1963年BMW1500。
 
Img_5397

     

1965年日野・コンテッサ1300クーペ。
G.ミケロッティのデザイン。

Img_5406

 

1983年トヨタ・カローラレビンAE86型。
長男は学生時代に2桁の台数を乗りつぶした…。

Img_5416_2

  
  
美しい~♪

Img_5420_2

 

クルマって、美しい~♪  
  
Img_5421_2

  
トヨタ博物館
00000000000000000000000000000000000

  

■関連記事

CAR and DRIVER♪ 2011.05.27

 


 
帰路。
新東名に。

岡崎SAにて。

Img_5437_3

  

愛知も静岡も暑かった…。

かなりの強風…。
クルマが流された…。
 
Img_5438_2

 
  

駿河湾沼津SA。
つい、IDEBOK(いでぼく)のソフトクリームを食べてしまった♪
  
Img_5440



新東名を走行中に富士山がちらちら…。
行きに見た時は山頂付近に雪があったのに、今日は黒い山に変身していた…。
但し、白い縦縞はあった…。

  
駿河湾。
伊豆半島、西伊豆の戸田、御浜岬が見えているはず…。  

Img_5444
  

 

天気予報では cloud rain ばかり…。
ところが、実態は好転に次ぐ好転… sunshine

お天気に恵まれることが最大のテーマ…♪

愛知県、三重県と、楽しい旅だった♪



  










    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊川稲荷&知多半島♪

★豊川稲荷&知多半島♪

5月18日(金)。

晴れ♪
暑かった…。


天気予報では曇りだったのだが、予報に反して晴天♪

るんるん気分~♪



まずは、豊橋へ。

Img_5143

  

豊橋で飯田線に乗り換え。
313系と213系が並んでる。

Img_5152

 

ワンマン運転。
精算機もある。
運転士が何もかも…。
 
Img_5154
 
 
  
左は東海道本線。
右は名鉄所有の路線で、JR東海飯田線と共用。
この列車が走行中の線路はJR東海所有であるが、名鉄と共用。

Img_5159


    
船町駅停車。

Img_5160


 
豊川を渡ると、すぐに豊川放水路に差しかかる。
前に見えるのは、豊川放水路橋梁。
こちらはJR東海所有で、東海道本線上下、飯田線下り(名鉄と共用)
の3本の線路が橋梁に吸い込まれていく。

Img_5167



JR東海の橋梁とは少し離れて…。
豊川放水路を渡る、豊川放水路橋梁。   
こちらは名鉄所有でJR東海飯田線と共用。

Img_5168


豊川放水路を渡り、平井信号所までの3.9kmがJR東海と名鉄の共用区間。
この複線化のおかげか、豊橋~豊川間は上下それぞれ1日65本もの
ダイヤが組まれている。
それに比べ、豊橋~天竜峡間の秘境駅といわれている駅では上下それぞれ
1日8、9本の電車しか運転されていない事実…。

 



牛久保駅。
 
Img_5172


飯田線 wikipedia

飯田線/つちぶた本舗  



■過去記事

飯田線で~♪ 2016.10.27

  



  
豊川駅下車。
駅前には狐などのオブジェが。
  
Img_5189


 
思いっきり昭和…♪
 
Img_5191


豊川いなり表参道。
 
Img_5192


この時期、比較的すいてるのか…。
平日だし…。

月例祭(御縁日)は22日、きっと、混むんだろうな…。Ⅰ


おきつネット/豊川稲荷界隈商店街

  
 
豊川稲荷界隈でのグルメといえば。
いなり寿司、うなぎ、うどん…。

Img_5197



商店街の途中、こんな参道もあった。
突き当りはお寺。
 
Img_5200



表参道の向こうには…。
豊川稲荷の総門が。
 
Img_5199






お稲荷さんって、神社だけかと思い込んでいたのだが、豊川稲荷はお寺…。
ちょっと驚き…。

1441年開創。
中興の開基といわれる今川義元はじめ、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康
らも信仰したといわれている。


豊川閣妙厳寺 豊川稲荷。
  
Img_5214




本堂とはいわず、本殿。
何もかもが大きい。

豊川稲荷本殿。
  
Img_5213


豊川閣妙厳寺 豊川稲荷   

  

 
  
Img_5229


 

  
Img_5232

  

ところで…。
お稲荷さん。

三大稲荷って…。
僕の頭では伏見稲荷大社、豊川稲荷、笠間稲荷が挙げられる。
関東人はこんな回答が多いのかと…。

ところが、三大稲荷といっても、実際は10ほどのお稲荷さんが
あるようだ。

佐賀県の祐徳稲荷神社、宮城県の竹駒神社などなど…。

ウチは”湘南のお稲荷さん”、鵠沼伏見稲荷神社に行くことが多い。

 
Img_5233



奥の院参道。  

Img_5248

  
奥の院。
 
Img_5249



 
霊狐塚。
  
Img_5254

 
800体もあるそうだ…。
 
Img_5260
 
 
巻物をくわえているキツネ。
 
Img_5261

 
豊川稲荷ではこの巻物が美味しいお土産に。
ウチも買ってきた…。

000000000000000001
※喜楽HPより

  

Img_5264
    
 


Img_5269_2




豊川稲荷の立願所(ご祈祷申込所)前に、大正6年(1917年)頃、豊川稲荷
の私設ポストとして設置された「丸形庇付ポスト」がある。
この「丸形庇付ポスト」 は、明治45年(1912年)に造られた現役最古のもの
で、現在日本には2つしか無いという。

郵便の文字は「便郵」と右側から書かれている。
2013年4月に修復塗装され、真っ赤な胴体と投入口の周りに施された金色
の塗装と金色の郵便マークが復元されてた。
今でも、このポストに郵便物を投函すると、1日2回収集されて全国に配達
される。   

日本一古い現役郵便ポスト

  
赤いポスト。

Img_5219
   


Img_5221


なんか…。
”娑婆”という言葉が浮かんできた…。

境内と外の世界のコントラスト…。
  
Img_5278



まずは、お土産などを。
 
Img_5281

 

 
Img_5282

   
おきつネット/豊川稲荷界隈商店街
 



豊川稲荷界隈では…。
鰻、いなり、うどん…。

鰻は重いな…。
いなりだけじゃ…。
うどんだけでも…。


いなり、美味しそう♪

Img_5297

    

店内のビジュアルもいい♪

Img_5286
    


Img_5290

   
わさびいなり、きつねうどんのセット♪
炭水化物だらけって、実は美味しい~♪

Img_5296


来恩(豊川)/食べログ


 

豊川駅から。
  
Img_5305


 
 

刈谷の長男宅に戻り…。
クルマで…。

国道155号をひたすら…。
常滑市錦交差点からは国道247号に…。

国道155号まではかなり交通量が多かったが、247号に変わった
あたりからはほとんどクルマがいない…。


野間灯台。  

Img_5311



  
知多半島の先端のほうでは、漁師町らしきとこをひたすら走る。

マルハ食堂旅館がやってる日帰り温泉に。

Img_5315

 

豊浜鯛まつりの鯛の張りぼて…。

Img_5317


  
うめ乃湯。
伊勢湾が一望できて気持ちよい温泉♪

Img_5318

 
まるは うめ乃湯

  
早めの夕食…。
”回転まるは”という回転すしもあるのだが、17時半からということで…。
まるは食堂へ。

Img_5325


 
シャコとハマチの刺身。
ママは生、僕はノンアル…。

シャコは大好物♪
 
Img_5328

  

ジャンボなエビフリャア~♪
平目の煮付け。
 
Img_5332



どれも美味しかった♪  

 
000000000000000000000000000000000_2




創業者 相川うめさん
平成20年に98歳で亡くなったが、現在は3代目が継いで、
事業は順風満帆の様子。
 
00000000000000000000000000000000aik
  

伊豆稲取の徳造丸もそんなエピソードがあった…。

 

まるは食堂
00000000000000000000maruha_2



まるは食堂旅館 南知多豊浜本店(南知多)/食べログ

  

帰路は南知多道路、知多半島道路を北上。
あっと言う間に刈谷。

 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/20

三岐鉄道 北勢線に乗った♪

★三岐鉄道 北勢線に乗った♪

5月17日(木)。

晴れ♪

暑かった…。

  
  


今日は…。
憧れの三岐鉄道北勢線に乗った♪

楚原駅(そはら)にて。

Img_5079






朝、自宅を出て246へ。
すぐに朝のラッシュに…、ピークの時間帯でひどい渋滞…。
厚木インターを選んだのが裏目に出た…。
東名に乗ったのは1時間も経ってから…。

泰野あたりでちらちら見えた富士山は山頂だけ雪が…。
大井松田インター付近では完全に隠れてしまった…。

東名、新東名とも快適。
新東名の運転は「楽」の一語…。

愛知県に入ってすぐ、長篠設楽原PAへ。

Img_4937
00000000000000000000000000000000000

  
PA内には合戦に関連したものがあれこれ。 

Img_4942_2

 

PAには珍しく、ハイキングコースが設けられている。
但し、下りのみ。

Img_4938

  
長篠・設楽原の合戦。
ここは、織田信長戦地本陣跡で、こんもりとした茶臼山へ。

Img_4939



茶臼山稲荷祭ののぼり…。   

Img_4947

 

眼下にはPAが一望できる。

Img_4951


織田信長戦地本陣跡はこんなとこ



  

このPAで不思議なものを発見…。
鎌倉ハム…??

「愛知県民なら誰でも知ってる…。」…。
まるで、神奈川県民に喧嘩でも売ってるような…。

Img_4943



桑名でも、同じような鎌倉ハムを見た…。

鎌倉ハム…。
僕ら首都圏の人間が思ってる鎌倉ハムって、”鎌倉ハム富岡商会”のこと。
でも、鎌倉ハムって、色々あることを知った…。

ルーツは同じ…。
現在の鎌倉市ではなく、隣接していた横浜市戸塚区上柏尾町(当時は鎌倉郡)
の英国人技師ウィリアム・カーティスの技法が発祥。
後に日本人にもその技法が伝授され、その第一人者が現横浜市戸塚区
の名家・斉藤家。
その後、関東大震災を経て、斉藤家が愛知県に移住したというのが真相らしい。


★S印 鎌倉ハム
000000000000000000kamakuraham



明治33年創業を謳っている。  てことは、1900年。

鎌倉ハム富岡商会


鎌倉ハム(名古屋市)Wikipedia

鎌倉ハム wikipedia




  


湾岸長島PAでランチ。
長島スパーランドのジェットコースターやゴンドラが大きく迫る。
僕が小学生の頃、夏休みに泊まりにきて、まだ小さな遊園地レベル
の施設で遊んだ。

 
そして、桑名インターで降りて、いよいよ…♪

JR関西本線や近鉄名古屋線、養老鉄道養老線が乗り入れる桑名駅
と隣接する三岐鉄道北勢線の西桑名駅へ。

Img_4958




おっ…。
自動改札…。

想定外…。  

Img_4959



三岐鉄道北勢線。  
大正3年(1914年)、楚原駅までの14.5kmが軽便鉄道として開通。
大正5年(1916年)には全線開通。

日本に3本しかない線路・ナローゲージの路線。
「ナローゲージ」とは、線路幅(ゲージ)が国際標準軌1,435mmよりも
狭い(ナロー)鉄道をいう。
1,435mmといえば、日本では新幹線や近鉄の名古屋線などがある。

国内の鉄道では、JRが採用している1,067mmのゲージよりも狭い線路幅
の鉄道を指すことが多い。
昔は国内各地で運行されていたが、昭和40年代までにそのほとんどが
廃止され、現役で残っているのは北勢線、内部・八王子線と黒部峡谷鉄道
(愛称:トロッコ電車)の3路線のみ。


狭軌 wikipedia

三岐鉄道北勢線 wikipedia


三岐鉄道

三岐鉄道北勢線



桑名駅、西桑名駅では3種類のゲージが見られる。

新幹線と同じ広軌の近鉄名古屋線1,435mm、JRの1,067mm、
そして、ナローゲージの三岐鉄道北勢線762mm。

000000000000000000000000000000000_2





確かに線路幅は狭いし、電車そのものが小ぶり。
身長の高い人は頭をぶつけている様子を何回も目撃した。

阿下喜行き。
 
Img_4961



三岐鉄道北勢線 wikipedia



 
すぐ隣にJR東海関西本線の「快速みえ」鳥羽行きが出発した。
その向こうには近鉄名古屋線の電車が見えた。

それらの路線、関西本線は一足早く開業。
近鉄や三岐鉄道北勢線などはほぼ同時期に開業。

北勢線は1914年(大正3年)、楚原駅まで開業。
開業104周年。

紆余曲折の末、近鉄傘下にあったが、累積赤字のため、廃止の意向を
打ち出す。
2003年より10年間の期限つきで地元自治体の支援の受け、三岐鉄道
が運営を承継。

できれば、ずっと続いてほしい路線。
乗客もそこそこ…。

Img_5071
  



車内。
狭い通路。
足を投げ出すと、前の人の足とぶつかる…。

Img_4968

 

そして、狭い線路。

Img_4975



この車両は冷房なし…。
窓は開け放ち、気持ちよい風。

Img_4980  

   


大きなパンタグラフ…。
それは、電車線(架線といったほうが分かりやすい)の高さが制限されていて、
車両が小さくても、架線の高さが普通の鉄道と同じレベル…。
よって、パンタグラフを大きくするしかない…。

在良駅で交換。

Img_4979

  

田植えを終えた水田。    

Img_4981

 

そして…。
やけに目につく麦畑…。

そういえば、国内産の小麦とかは、パン屋さんのニーズが高いと…。
米よりも儲かるのかも…。

麦秋(ばくしゅう)…。
不思議な言葉…。
ムギの収穫期である初夏を表す言葉。 夏の季語。

そう、まもなく収穫期…。
梅雨入り前に収穫しないと…。

Img_4982

 
東員駅での交換。
  
Img_4992

 


 
Img_4997

 

楚原駅手前は上り坂…。
かなりの勾配…。

Img_4999r
 
 
 
楚原駅でも交換。 

Img_5002

 
  
改札へは構内踏切を渡る。
 
Img_5005


  
改札を出ると、こんな光景。
昭和のまち…♪
そんなフレーズがぴったり…。

Img_5008

 

ウォーキングされてる人たちもいた…。
ウチはそのごく一部を歩いた。
 
0000000000000000000000shouwano2

 
玄関に正月飾りが…。
きっと外すの忘れているんだよ…。

ところが、隣もあっちもこっちも…、ほとんどのお家の玄関には正月飾り。
”笑門”の文字が入ったお飾り。

どうやら、これはこの辺りの風習だろうかと…。

「しめ縄」…。
三重県のエリアによっては、民間信仰との関係で多くの家庭で、厄災除け
として、一年中玄関前に掛けているのだとか…。
愛知県の一部や宮崎県高千穂町などでもそのようだ。

Img_5009



これは…。
防火用水。
 
Img_5010

 
町並みは昭和の匂いぷんぷん…。
延命地蔵尊。
  
Img_5013



 
お顔…。

Img_5014



小学校の先…。
「ねじり橋、めがね橋」の看板。
 
Img_5017

 


楚原駅から約1kmほど。

ねじり橋。
  
Img_5019


北勢線のねじり橋、めがね橋は1916年(大正5年)に竣工された。
そして、2009年にどちらも土木遺産に認定され、そのプレートが貼られて
いた。


ねじり橋、めがね橋が土木遺産/三岐鉄道  


  
 
八幡神社前の踏切を通過してきた。
  
Img_5029

 
めがね橋を渡る姿。
 
Img_5035


  
楚原駅のほうから下りの電車。

三岐鉄道北勢線開業100周年にちなんだ復刻カラーの車体。
車体の上下に塗り分けられたクリーム色と緑色、旧北勢線の復刻カラー。
昭和30年代、北勢線が三重交通の傘下にあった頃の塗色。

そういえば、三重交通のバスといえば、白と縁…。 
電車もか…。

270系電車。 
ただし、内部線・八王子線用に製造された260系の流れをくむ277形電車。

Img_5040

  
めがね橋。

Img_5042

  

こちらの顔は昭和30年代のレトロな顔つき。
それもそのはず、1959年(昭和34年)製造。
200系(200形ク202)

Img_5045




地図によっては、護国神社と表記。
ところが、護国神社は小さな祠。

八幡神社の前に青い球体とペンシル型の物体が…。
球体には海軍中将の文字。

なんと、球体は機雷、ペンシル型は砲弾。
戦争中の遺物…。

員弁八幡神社

 
隣には大きな八幡神社。
境内を横切る北勢線。
 
Img_5052

  
 

Img_5057




楚原駅。

電車…。
間に合うか…。

Img_5062

   
あ…。
上り電車が出発…。

てことは、下りも…。

Img_5064



 
時間がたっぷり…。
ほぼほぼ30分待ち…。

じゃ、電車型のキーホルダーを。
この路線では数少ない駅員がいる有人駅。
有人駅といっても、どうみても、1人…。

Img_5067_2


無人駅も有人駅も完全自動改札。
ワンマン運転といえども、これなら出札業務は不要なので、効率よい。
これは、他の路線でも参考になるような投資かと…。
もっとも、それなりに利用者がいるから出来るともいえる。

今回は「1日乗り放題パス」…。
これは、ただの紙切れなので、自動改札は不可…。

有人駅の場合、駅員に言って、自動改札の隣の小さなゲートを
開閉してもらう。

無人駅の場合は…。
すごい…、券売機、精算機にあるインターホンをとり、乗り放題パス
であることを伝え、乗り放題パスの日付面を上にしてカメラのある台(多分…)
に乗せて、駅員に確認してもらい、ゲートを開閉してもらう仕組み。


 
ようやく…。
ここから、2駅先の終点・阿下喜駅まで。

Img_5079_2

  

この車両。
先頭車両は非冷房車だが、2両目、3両目は冷房車。
この見た目が特徴。
 
Img_5082



ところが、後付けされたこの冷房装置。
大きい上に相当に重量があり、アンバランスなのだとか…。

Img_5091


 
交換。

Img_5085

  

終点、阿下喜駅。

こちらの軽便鉄道博物館には昭和6年製造の車体を修復して屋外展示
しており、博物館開館日は無料で乗車することができる。
開館日は毎月第1・3日曜。

車体カラーはマルーンレッド、近鉄の車体で用いられる色。

北勢線は所有会社が何回か変わってきた経緯から、車両の色は、
三重交通のクリームとグリーン、近鉄のマルーンレッド、そして、
現在の三岐鉄道のイエローとオレンジ変遷してきた。

軽便鉄道博物館のミニ電車「ホクさん」は世界最小の本物の電車で、
その線路幅はナローゲージの半分15インチ(381mm)。
博物館開館日なら無料で乗れるとか。


ミニ電車「ホクさん」のことは…。

世界最小15インチ線路の電車




昭和6年製造とは…。

Img_5094


 
小さなターンテーブル(転車台)。

Img_5100


ナローゲージ、三岐鉄道 北勢線



レトロモダンとでも表現しよう。
「昭和のまち」にぴったりの駅舎、阿下喜駅。

Img_5104

 


Img_5106



東員駅での交換。
めがね橋で見た277形電車。

Img_5115


 
最後尾は…。
1959年(昭和34年)製造ののレトロな顔つき。
200系(200形ク202)

Img_5117

  
  
1日乗り放題パス。

このパス…。
てっきり、券売機で買えるとばかり思い込んでしまい、一生懸命探した…。
が、いくら探しても見当たらない…。

そ、有人駅の駅員に言って、買う…。
その時、日付を入れてくれる。

それにしても…。
券売機から磁気乗車券が発券されれば、自動改札の対応もできるだろうし…。
折角自動化されているのに…。

江ノ電の1日乗車券「のりおり君」は、そんなタイプ。
切符サイズではなく、定期券サイズの磁気乗車券なので、取扱いもよい。

あっ…。
北勢線は自動化されているけど、このパスは三岐線も利用できるんだ…。
三岐線は確か、自動化されていないはず…。
そういう事だったのか…。


ま、下のような内容なので、それはそれで嬉しいのだが…♪


2018051701
    


2018051702


三岐鉄道1日乗り放題パス/三岐鉄道  





三岐鉄道 北勢線のプチ旅♪
とても楽しかった♪

三岐鉄道といえば…。
三岐鉄道三岐線♪


夏休み-奈良~北陸♪ 2011.08.20



 
お隣の桑名駅へ。
老朽化が激しい駅。
現在、西桑名駅の近くに新駅舎を建設中。

Img_5123



 
帰路…。
桑名インターから東名阪に乗った。
ところが、大阪・伊勢方面と名古屋方面の標識。
で、つい、名古屋方面へ乗ってしまった…。

すぐ気がついたのだが…。
そのまま行くしか…。

名古屋市内の高速って、わかりにくい…。
いや、地名が分からないので、どうにもならない…。

なので、伊勢湾岸自動車道がいいのだ…。

で、東名阪、最初は快調に飛ばしていたのだが、長島インターにさしかかる
とこで渋滞最後尾…。
なんの根拠もなく、長島インターから湾岸長島インターまで行けると
判断して、降りた…。

そしたら、そんな長島温泉直進の標識。
県道7号…、1本でつながっていて、交通量もがらがら…。
約10km。
あっと言う間に、湾岸長島へ。



刈谷ハイウェイオアシスでお風呂もすませて。

Dsc_0016_9



  
長男の家でゆったり。
GWには帰省して来なかったので、正月以来…。 

長男にお土産。
長男が好きな、ハーバーと崎陽軒のシウマイを。

  




  



  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/17

愛知県に来てます♪

★愛知県に来てます♪

晴れ♪

暑かった…。

  
今日は三重県桑名市で電車に乗ってきた♪

そして、今は愛知県の長男の家。
明日はどこへ…♪   

 
刈谷ハイウェイオアシスにて

Img_20180518_083717

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/16

水曜日…

★水曜日…

晴れ♪

今日も暑かった…。


明日から愛知県の長男の家に。
あちこち行きたいのだが、お天気はどうなんだろ…。




開成町のあじさいまつり♪

GW前に箱根のあじさい電車のポスター、チラシ…。
えらく早いな~とびっくりしたが…。

今日は開成町のあじさいまつり♪…のチラシ、ポスターが…。
ま、この時期なら…。

201805kaiseiajisai_2   

 
 
開成町あじさいまつり開催に合わせ、「はこね57号」は下記の通り、
開成駅に臨時停車する。

2018年6月9日(土)、10日(日)、16日(土)、17日(日)…計4日間
新宿10:27発、→町田10:57発→海老名11:07発→開成11:34着
※一部の駅のみ記載  


一部特急ロマンスカーの開成駅臨時停車について/小田急
000000000000000000odakyu


開成町あじさいまつり♪

201806kaiseimachiajisai

  




関連記事

開成のあじさい-3♪ 2009.06.14

開成のあじさい-2♪ 2009.06.14

開成のあじさい-1♪ 2009.06.14

   


   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/15

またまた蛇塚へ♪

★またまた蛇塚へ♪

晴れ♪

暑かった…。
各地で真夏日…。

 

またまた蛇塚へ…♪

今日は電車で…。

海老名駅でLSEが撮れるので、下車。

Img_4764

  
赤い電車(1000形)もいた。

Img_4767


直後に…。
レアな存在、海老名停車のMSEが来たので、秦野まで…。
昨日は大山のてっぺんだけ雲が覆っていたのだが、今日はクリア。

Img_4768

 
泰野で急行に乗り換え。

Img_4769

 
蛇塚…。
昔は渋沢駅からバス(神奈中バス)があったようだが、1日1本とか、
使えない…。
それも、撤退して、今は皆無…。

 
そんな訳で…。
新松田駅で下車。
 
Img_4783

  
久々…。
駅前の道路を渡るとJR東海・御殿場線松田駅。
向こうには”ちゃんとした”大きな駅舎があるのだが…。

Img_4778

  

御殿場線313系♪

Img_4782

  


小田急線新松田駅前バス乗り場。

富士急行バス。
このエリアは富士急湘南バスという会社が運行している。
「寄」行きに。

Img_4787



富士急湘南バス
0000000000000000000000fujikyu


  
カメラや三脚を抱えた3人連れも…。
同じく小田急線を撮りにやって来たと。


 
「寄」行き。
登山で利用する客も多い。
「登山届」がぶら下がってる。
 
Img_4788

 

県道710号を北上。
 
Img_4790


神奈川県道710号 wikipedia



 
神山滝バス停で下車。
畜産業ということで、馬がたくさんいる。
馬も牛も、部外者が消毒もしないで立ち入ることは厳禁…。

Img_4792

  


Img_4929


 
こちら側にはバス停らしきものなし…。

道路を渡ると…。
上下線の時刻表が貼られていて、寄行きは反対側で待つようにと…。

Img_4923


 
3人連れはここから川へ降りると言ってた。
暑いので、川のほうがいいかも…。

ロマンスカーの聖地…。
ポスター、CMでお馴染みの…。
 
この先に川音川が流れている。
 
Img_4797

 
蛇塚へは、かなり距離がある。
もう少し先にバス停を設けてくれてもいいのに…。
多分、利用者がいないだろうけど…。

松田町から秦野市へ。

Img_4801  

 

ロマンスカーEXEα・30000形。
 
Img_4807

    
県道710号沿いには、このような事業所が点在していて、この道路は
大型トラックやダンプがひっきりなしに…。
  
Img_4913  



四十八瀬川を渡るMSE・60000形。
  
Img_4830

  

Img_4894  
  

県道710号はここで左折して、小田急線のガード下をいく…。
変則的…。
悪路のうえ、上り坂のまま信号機なしの246へ。 
もちろん、大型トラックなどは通行不能。

直進すると。
県道710号の続きの立派な道路は”秦野市道”と名を変え、
渋沢8号踏切を経て、蛇塚交差点へとつながる。
  
Img_4817


渋沢8号踏切。
先客が6人も…。 

Img_4833


まずは。
青いロマンスカーMSE・60000形。
 
Img_4838



大好きな8000形。
  
Img_4843

 
おっ…。
 
Img_4844


 
Img_4847

 
 

  
Img_4852

  
 
ロマンスカーLSE・7000形♪

Img_4853

 
LSEが通過…。
この場にいた6人はそそくさと立ち去った…。

LSEはそろそろ退役…。
LSE狙い、LSEキラーが増殖中…。





白いロマンスカーVSE・50000形。

Img_4861

  
 
急行新松田行き、1000形。

Img_4862

  

いすゞのダンプカー。

Img_4863
  
 

次のLSEを狙って、続々と…。
やはり、LSEはもういなくなると危惧する声…。


EXEα・30000形。

Img_4866

  

急行新松田行き、8000形。

Img_4868


 

Img_4870

  

青いロマンスカーMSE・60000形。

Img_4873



そういえば…。
全然撮れてなかった…。
4000形。
 
Img_4880




ロマンスカーLSE・7000形、後追い…。
 
Img_4887_3


GSE・70000形。
 
Img_4888



 
Img_4889
  


踏切から離れた…。

バス停まで歩きはじめた。

四十八瀬川を渡るMSE・60000形。

Img_4909


 
Img_4910

  

神山滝バス停より。

Img_4924



LSE・7000形、いずれも7004編成だった…。
やはり、7003編成の運用離脱がリアルに思えてきた…。
  
 
暑かった…。
風呂に入ったら、顔と腕が真っ赤になってるのが分かった…。


  


■関連記事
   
蛇塚へ♪ 2018.05.14

四十八瀬川♪ 2018.05.01

  

  



  












 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/14

蛇塚へ♪

★蛇塚へ♪

晴れ♪

暑い…。

東京都心で28.6℃…。
海老名でも28℃を超えた…。

クルマの気温表示は28℃…。
エアコンがんがん…。




246を下る。
平日って、結構混んでる…。

初めて気がついた…。
そういえば、以前からすっきりしてると…。
246の渋沢駅周辺は無電柱化されている事に気がついた。
歩道は広々として、淡いグリーンのトランスボックスが規則的に並ぶ。


泰野市西端、寄入口交差点のひとつ手前、蛇塚交差点(じゃづか)を左折。
すぐに踏切。
  

  
第二菖蒲トンネル。

Img_4573

  
下を流れるのは四十八瀬川。

Img_4577

  
渋沢8号踏切。

Img_4605   

 

振り返ると、246と蛇塚交差点。

Img_4718


いつも思う…。
”蛇塚:じゃづか”をローマ字表記するとJADUKA、または、JAZUKA。
交差点名などはJAZUKAと表記される。
ところが、PCなどでローマ字入力する場合はJADUKAじゃないと蛇塚
に変換されない…。
JAZUKAで変換すると”JAZZか”が候補に…。  


蛇塚交差点。 

Img_4892   
  


   
快速急行小田原行き、1000形。   

Img_4582

 
 
急行新松田、3000形。  

Img_4604

  

青いロマンスカーMSE・60000形。

Img_4607

  

Img_4609

  
  
快速急行小田原行き、8000形。 

Img_4619

 
   
おっ…。
赤いロマンスカーGSE・70000形。  

Img_4623

  

Img_4628

  
後追い…。  

Img_4631

   
  
二級河川”しじゅうはっせ川”の看板。

Img_4634


  
この踏切、とにかく大型トラックが多い。
ま、そういう事業所が集まったエリア…。

で、なぜか、いすゞ-ISUZU-が9割くらいと、圧倒的シェア…。

Img_4712


  
白いロマンンスカーVSE・50000形。
やはり、いちばん美しい♪

Img_4640r



 
Img_4642



 
Img_4646

   

急行新宿行き、1000形。

Img_4650


急行新松田行き、1000形、後追い。

Img_4657



富士急行バス、新松田駅行き。
 
Img_4659

 
この道路は”名無し”か…。(実際は秦野市道)

ところが、300mほど行くと、県道710号となるのだが、不思議なことに
246へ抜ける脇道が県道710号であり、小田急線をくぐる狭いガード下
は高さ制限2.2m…。 トラックは無理っ。
普通車の場合でも、対向車がいたら、無理…。
おまけに、246との交差点は信号機なし。
なんで、そんなルート…。

246に出るのに上り坂、左折オンリー、信号なし…。
使うヤツはいるのか…。
お役人が遊びで作ったのかと…。

過酷な県道710号

    
  

快速急行新宿行き、1000形、後追いで…。 

Img_4662
 

快速急行小田原行き、8000形。  

Img_4666r

 
ロマンスカーEXEα・30000形。
 
Img_4670

 

ロマンスカーEXE・30000形。 
 
Img_4704

  

1000形。  

Img_4705

  

急行新松田行き、1000形。

Img_4708





右上に見えるセブンの看板。
寄交差点にあるセブン。

赤いロマンスカーGSE・70000形。
 
Img_4731

  

Img_4737



 
LSEが来た♪

Img_4738


 
ロマンスカーLSE・7000形。
 
Img_4742
  
   


Img_4853_2

   
 

Img_4749



上り新宿行きも。
  
Img_4887_2

  
  


まだまだ撮っていたい…。
後ろ髪を引かれる思い…。  

Img_4752   

 
つい…。
カメラを…。
    
Img_4754








関連記事
 
またまた蛇塚へ♪ 2018.05.15

四十八瀬川♪ 2018.05.01
  
小田急ロマンスカー♪ shine


 






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/13

箕浦駅&上戸うどん…♪

★箕浦駅&上戸うどん…♪

どんより…、後、雨…。

暖かい。





大好きな国道11号と予讃線。

その中でも、箕浦駅は格別♪

箕浦駅も大好きだけど、隣接してあった「かな泉」のうどんは家族揃って
大好きだった♪
わざわざ高速を降りて、国道11号を。

僕にとっては子供の頃から何回となく連れていかれた店。
西条のおじいちゃんの家から高松の叔母の家へと移動する時とか。
当時は高速はなかったので、一般道を。

「かな泉」は讃岐うどん特有の素朴な店ではなくて、ちゃんとした店だった。
贅沢してる、そんな気にさせる店♪

10年ほど前に撤退して、今は「上戸うどん」というセルフの店が評判いいらしい。
ていうか、ここ数年、別格の評判♪
食べログでは「うどん100名店 2017」に選出された。
わお~、口コミ221件、写真1,304枚…。

2011年に訪れた時は、半分こわごわだけど、「上戸うどん」デビューと
舞い上がっていたのだが…。
訪れたのは日曜日…。  当時、日曜日が定休日だったのだ…。

箕浦駅に再会したいのと、「上戸うどん」を食してみたい♪

”望郷の思い”というよりも、ただ食い意地がはってるだけ…。


箕浦駅。                                  2013年8月撮影

P8116180

 


燧(ひうち)の煮干し、いや、燧のいりこ。

燧(ひうち)のいりこは日本一。
燧灘のいりこはウチも使ってる。
                                       2013年8月撮影

P8116187 



店名も若干変った…。

西端手打 上戸うどん(香川県箕浦)

西端手打 上戸うどん(香川県箕浦)/食べログ

000000000000000000000000_2

 

 
■過去記事
 
箕浦駅 wikipedia  

  



   


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/12

片瀬漁港からぶらり散歩♪

★片瀬漁港からぶらり散歩♪

晴れ♪

暑かった…。


片瀬漁港へ。

ここんとこ、満車つづきだった江ノ電駐車センターへ。
今日は余裕…。




片瀬漁港から富士山♪
春の富士山は裾野がぼんやり…。

Img_4486  




「海の詩」像。  

Img_4450
  
 
片瀬漁港にある奇妙なポーズをしている像の正体は?  

 

今日はイベント開催。

Img_4447


そのイベントとは…。

○○○祭り。

北海道のうまいもん、片瀬漁港にやってくる。
旭川、おうむ町(雄武町)、東川町、上川郡のうまいもん♪

5月12日(土)、13日(日)開催。

う~ん、食べたいものがある…。
それで、やって来た…。



○○○祭り/江の島片瀬漁業協同組合

雄武町が江の島に行きます/雄武町観光協会

  
  
関連記事

月曜日… 2018.05.07

  

20180512enoshima

  

直売所では雄武町の魚介類などが。
ウチもあれこれ…。

Img_4429

氷下魚(こまい)なども。
北海道では、いつも食べていた氷下魚と違って、このコマイは
サクサクと食べやすくて、この1袋を1時間ほどで食べきった…。

Img_4566


ステージには”せんだみつお”が…。
 
Img_4432


早速…。
僕は梅光軒の旭川ラーメンを♪

Img_4430
  


左は梅光軒の旭川ラーメン、右はママの元祖旭川らーめん一蔵のラーメン。
旭川ラーメンを完全には再現しきってないように感じたけど、それでも、
かなり美味しかった。

Img_4434


 
旭川・日之出食品の豚丼。
北海道といえば、豚丼。
美味しかった♪

Img_4442

 
富良野のぷちぷちバーガー。
黒毛和牛のメンチカツバーガー。
テイクアウトで持ち帰り、自宅で食べた。
 
Img_4445

 
パラグライダーには鯉のぼり♪
 
Img_4435

   
富士山♪

Img_4465



江の島シーキャンドルと片瀬漁港の白灯。  

Img_4481



 
赤灯。

Img_4483


   
134。
今日はのんびり余裕…。

Img_4487



龍口寺の仏舎利塔と鯉のぼり。
  
Img_4495



 
境川の山本橋より。
カトリック片瀬教会。

Img_4497


振り向くと江ノ電1000形。
 
Img_4500

  

江ノ電らしい軌道はここまで。
ここから先は軌道として、どこの鉄道でも見られるような光景に…。
この300m先には湘南海岸公園駅。
  
Img_4505



江ノ島駅の近くへ。
江ノ電10形。

Img_4508

  

1000形。
 
Img_4512

  
踏切からすぐ…。
 
おっ…♪
江ノ電かぶりつきのカフェ♪

Img_4549




Cafe 610。

ん、610…?
江ノ電600形ならわかるが、610…?

オーナーのラッキーナンバーなんだとか…。  

Img_4521
   

Cafe 610(江ノ島駅)/食べログ

Cafe 610
  



店内からも江ノ電は見える。


Img_4525

  
僕たちはテラス席へ♪
江ノ電20形、下り鎌倉行きがやって来た。

Img_4529

 

そこは、江ノ島駅。
  
Img_4532

 

1000形、上り藤沢行き。

Img_4535


 
テラス席ぎりぎり…♪

Img_4536


1000形、下り鎌倉行き。

Img_4541_2   

 
けっこう迫力♪
  
Img_4542

 
2000形。  明治号…??

Img_4545

  

明治きのこの山♪

Img_4546


明治たけのこの里♪

Img_4547


江ノ島駅。
タリーズコーヒーの存在感が大きい。
 
Img_4516



スズメたちの衣装、もう変っていた。
 
Img_4518

   

龍のモニュメント。

Img_4558


 
同じモニュメントは。
片瀬江ノ島駅近く、境川にかかる弁天橋際の観光案内所のとこにも…。

000000000000000000000ryu


五頭龍と天女様(弁天様)/江島神社

御祭神/龍口明神社


 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/11

週末♪

★週末♪

晴れ♪

暖かい♪


  

庭のバラ、たくさん花が咲いた♪
この時期、各地のバラ園でも見頃を迎えている。





小田急箱根高速バス、「GSEカラーバス」登場♪

小田急ロマンスカーGSE・70000形の就役記念として、小田急箱根高速バス
はGSEの車体カラーを施した「GSEカラーバス」の運行を開始する。

運行開始日は、2018年5月11日(金)。
新宿高速バスターミナル発、御殿場駅行き(超特急113便18時15分)から
運行開始。

運行台数は1台(定員:40名)で、今後は小田急箱根高速バス全路線
にて運行予定。

201805odakyubus
 

小田急箱根高速バス

小田急箱根高速バス「GSEカラーバス」導入/小田急

小田急ロマスカーGSE特設サイト/小田急
0000000gse
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/10

またまた相模線♪

★またまた相模線♪

どんより、後、一時雨…。
そして、ぴっかぴかの晴れ♪

朝は寒かったのに、晴れてからは暖かい♪





新茶が届いた♪

静岡市清水区在住の友人から毎年届く。

毎年、美味しくいただいてる♪

Greentea_2




  

過去記事

新茶♪ 2017.05.17

新茶♪ 2014.05.10

飲み会♪ 2013.05.31

清水♪ 2009.03.08

  

 
 

相模線のつづき…♪

どんよりした空…。
相武台下駅。

Img_4395

  

Img_4397

 

 

Img_4398  

  
  

下り線の向こうに側線…。
相武台下駅からは相模川の河原まで砂利採取線が敷かれていたので、
その名残りなのか…。

その後、日産自動車の運搬に使われた車運車が留置されていたらしい…。
そんな情報を掲載したサイトの写真を見ると、側線は3本はあったように。
現在、側線は1本のみ…。
  
Img_4399
   
  
側線の3、4本は可能なくらい広い…。

Img_4400
  
  
 
相武台下のク5000/元鉄ちゃんのフォトライブラリー

相模線/アナログからデジタルへ





すごい雨&雷…。
一旦、退却…。

新戸踏切にて。

Img_4402




一転、ぴっかぴかの晴れ♪

相武台下駅、再訪。 

Img_4404

 

  
Img_4409

 
大山♪
 
Img_4408

  

両側の新緑は桜♪
相武台下駅~下溝駅間にて。
上り茅ヶ崎行き。

Img_4411



下り橋本行き。
 
Img_4415

    

後追い…。

Img_4417
  

  
上り茅ヶ崎行き。

Img_4419

  
桜の頃は…。

相模線&桜♪ 2018.03.31




  
大山♪
水たまり…。

Img_4422



相武台下駅 wikipedia

相模線 wikipedia

国鉄205系電車 wikipedia


GO! GO! 相模線

  
    
    
  
過去記事(相模線関連)

 
相模線♪ 2018.05.09 
 

相模線&桜♪ 2018.03.31

相模線♪ 2017.01.07

座間のひまわり♪ 2016.08.13

相模線つづき…♪ 2016.08.06

相武台下駅♪ 2016.08.04

相模線…♪ 2015.03.08

プチ旅行…♪ 2013.06.04

相模線…冬…♪ 2013.01.09

電車三昧♪ 2012.10.05

木曜日… 2012.10.04

相模線、夏~♪ 2012.08.05

相模線入谷駅♪ 2012.05.12

相模線♪ 2011.11.13

相模線に乗った♪ 2011.11.09

海老名かかしまつり♪ 2011.09.17

JR相模線入谷駅&讃岐うどん飯野山♪ 2011.08.07

真夏~♪ 2011.07.10

相模の大凧まつり♪ 2010.05.05

寒川神社に初詣♪ 2010.01.03

相模線&座間のひまわり♪ 2009.08.15

原当麻 2009.03.14

寒川神社に初詣♪ 2009.01.03

JR相模線散策♪ 2008.02.17

相模線 2006.01.28

  



.























   

 













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/09

相模線♪

★相模線♪

雨…。
午後にはあがった。

肌寒い…。
上着が必要。
  

 
  

相模線♪

国鉄時代からのホーロー製駅名板の確認…。

 
■下溝駅へ。

205系500番台。
上り茅ヶ崎行き。

Img_4367
 
 

 
Img_4371
 
  
  
国鉄時代から使われてきた下溝駅のホーロー製駅名板(駅名標ともいう)。
広告つきは貴重かも。
旧木造駅舎時代は、入口の左側にあった。
   
JR相模線相武台下、下溝駅舎老朽化で建て替えへ
  



前回、昨年1月に訪れた時は「八景の棚」と「三段の滝」のイラストだった
ように記憶している…。

ところが…。
駅名板とともに、旧木造駅舎のイラスト、及び、下溝駅近辺の「相模の大凧」、
「相模川の帆かけ舟」、「八景の棚」のイラストが飾られている。  
こちらは「相模の大凧」。 

Img_4364
 



下溝駅の駅前。
ご覧のとおり、道路は”どんづまり”というか、行き止まり…。 

向こうに見えるのは県道46号相模原茅ヶ崎線。
県道46号は上溝が起点で、茅ヶ崎市柳島まで相模線に沿うようなルートをいく。

県道をクルマで走っていると、下溝駅の存在はわからない…。
県道沿いに神奈中バスの下溝バス停がある。
  
Img_4382
  

八景の棚からの眺望。
数年前までは何もなかったのに、圏央道が開通し、それに合わせるかの
ように物流センターなどが次々と…。

Img_4383


 


■番田駅。

リニューアル工事は完成間近か…。
貼紙には6月末日までとなっていた。

GW明けの完成はずれ込んだようだ…。

Img_4386

  
 
 
番田駅にもホーローの駅名板があった。
しかし、新しい駅舎のどこにも見当たらない…。
恐らく、新駅舎完成後に取り付けられるのかと…♪

旧木造駅舎。                            2017年1月撮影
 
Img_9162


番田駅(神奈川県) wikipedia



相模線番田駅 駅舎リニューアル/鉄道チャンネル

  
番田駅 wikipedia

相模線wikipedia

国鉄205系電車wikipedia


GO! GO! 相模線

  
    
    
過去記事(相模線関連)

相模線&桜♪ 2018.03.31

相模線♪ 2017.01.07

座間のひまわり♪ 2016.08.13

相模線つづき…♪ 2016.08.06

相武台下駅♪ 2016.08.04

相模線…♪ 2015.03.08

プチ旅行…♪ 2013.06.04

相模線…冬…♪ 2013.01.09

電車三昧♪ 2012.10.05

木曜日… 2012.10.04

相模線、夏~♪ 2012.08.05

相模線入谷駅♪ 2012.05.12

相模線♪ 2011.11.13

相模線に乗った♪ 2011.11.09

海老名かかしまつり♪ 2011.09.17

JR相模線入谷駅&讃岐うどん飯野山♪ 2011.08.07

真夏~♪ 2011.07.10

相模の大凧まつり♪ 2010.05.05

寒川神社に初詣♪ 2010.01.03

相模線&座間のひまわり♪ 2009.08.15

原当麻 2009.03.14

寒川神社に初詣♪ 2009.01.03

JR相模線散策♪ 2008.02.17

相模線 2006.01.28

  



.























   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/07

月曜日…

★月曜日…

どんより…。
夕方から雨…。

肌寒い…。


 

奄美地方では沖縄より早くに梅雨入り…。
あ~…、もうそんな季節…。

 



サッポロビールのサイト♪

「駅弁&サッポロビール ごくり 普通列車の旅 静岡篇」。

駅弁&サッポロビール ごくり普通列車の旅 静岡篇/サッポロビール

00000000000000000000000000000000000

 

 
熱海駅 熱海魚菜弁当・東華軒 

    





瀬戸内をめぐるビールと絶景♪

Beer View 瀬戸内をめぐるビールと絶景/サッポロビール



下灘駅。

0000000000000000000000000000000asah


    
 
 



江の島片瀬漁港で○○○祭り♪

北海道のうまいもん、片瀬漁港にやってくる。
旭川、おうむ町(雄武町)、東川町、上川郡のうまいもん♪

5月12日(土)、13日(日)開催。

う~ん、食べたいものがあるんだけど…。
どうしょう…。


○○○祭り/江の島片瀬漁業協同組合

雄武町が江の島に行きます/雄武町観光協会

 
20180512enoshima
   


 

 

雄武町つながり。

昨年7月の同窓会会報。
ぺらっと開いたら、雄武町在住の”先輩”が寄稿されていた。
なんだか、興味を…。

雄武町…。
「おうむちょう」と読む。
オホーツク海に面した漁業の町。

昨年訪れた網走やサロマ湖よりもずっと北…。
紋別よりも北…。

そんな雄武町で蒲鉾(かまぼこ)などの練り物を製造・販売する会社の代表。
もう相当なお歳…。

昭和20年代、我が母校には短期大学が創設され、男子も短期大学へ
進学することができた。


昭和29年に短期大学に入学し、昭和31年に卒業した、そんな経歴
をおもちの方の寄稿。

非常に興味深く読ませていただいた。


201707miyamo01
201707miyamo02



我が母校、神奈川大学…。
「東の東洋、西の立命」とか、「東の神大、西の立命」と言われたほど、
神大は学費が安いことで”勇名を馳せた”…。

また、神大の特徴として、全国の地方都市でも受験ができる制度。
地方の受験生にとっては、地元で気軽に受験できる画期的な制度…。
そして、”給費生”という制度も…。
かなり早い段階で”受験”できるため、腕試しも込めてチャレンジする
受験生が多い。
そして、少数の給費生合格者とともに、多数の一般合格者が出る。
僕の従兄弟やウチの二男もこれで入学した。
給費生じゃなくても、普通に合格すれば、それはそれで結果オーライ…。
確か、合格発表は1月10日頃…。
これで、受験生のプレッシャーから解放されてしまい、高みを狙う意欲
も捨て去るのだ…。
どちらも、今も行われている制度。

東京ではなく、横浜に立地する”ハンデ”(当時はハンデだったと思う…。)
を跳ね返すための奇策ではあるが、結構、功を奏していた。
神大の学生は神奈川県民が多いのは事実だが、実は地方出身者も
かなり多い。
それも、地方受験を行っていた数ヶ所に集中していた。


出塚さんは大学に入学するために、3日間かけて北海道から横浜に。
ま、各停なら仕方ないか…。(恐らく、実質2日間+α くらいだったのかと)
同じように、昔は東京に受験のため上京するのに、2日間かかるような
ケースも多かったと聞く。

恐らく、雄武から函館に出るだけでも、丸1日かかったのではと…。
当時、雄武から興部(おこっぺ)まで興部南線(こうひんなんせん)が存在
していて、さらには興部から名寄までは名寄本線があった。
どちらも1980年代に相次いで廃線に…。
で、名寄からは宗谷本線がど~んと…。
そんな宗谷本線でさえ、現在のJR北海道にとっては重荷…。
最近は色んな意味でTVなどに露出する機会が増えているようだが…。

出塚さんは雄武町から横浜まで国鉄一本でやって来たのか。
もちろん、最後の仕上げは東横線だが♪
3日かかっても、鉄道さえつながっていれば…。

そういえば、近所の知人は浜頓別出身なのだが…。
浜頓別町は雄武町の北部に位置するオホーツク海に面した町。
彼いわく、雄武町から浜頓別町までは興部北線と称する国鉄線の一部
が開通していたのだが…。
未完成の内に廃線となったと…。
ちょっと悔しがっていた…。

現在、宗谷本線の名寄駅~函館駅を路線検索すると特急を使っても7時間
を要する。
朝出ると、夕刻の到着…。
やっぱり、北海道は広い…。


宮陵会報 2017.7

出塚食品商品/オホブラ百貨店

出塚食品株式会社

雄武町 wikipedia
    



■学生時代のアルバム…。

北海道に行った数々の思い出…。
写真の数は少ないのだが、メモが多い…。

ある日のメモ…。
東京から札幌へ、あるいは、札幌から東京へ直接行き来することは
ないのだが、この時はたまたま、北海道旅行で知り合った北大生に
再会するためだった。
札幌駅から地下鉄で北24条駅というとこで降りた。

先述の出塚さんとは時代が違うが…。
とはいえ、昭和40年代後半から昭和50年代前半のこと…。
充分に昔である…。

上野19:05発、急行「八甲田」~青森6:27着。
青函連絡船「5便」で青森7:30発~函館11:20着。
以降、ペンの文字が滲んでしまって不明だが、札幌着は19:??…。
つまり、ジャスト24時間後の到着。

帰路は札幌10:10発、急行「ニセコ1号」~函館16:10着。
青函連絡船「4便」で函館17:00発~青森20:50着。
青森21:35発、急行「十和田4号」~上野9:51着。

急行全盛時代♪
あ~、懐かしい♪

  

■おまけ…。
北大生のアパートに到着する頃、尾行されている気配を感じた…。
北海道を旅行している時もつかず離れず…。
浜小清水、原生花園、斜里…、誰もいないようなとこばかり…。
尾行するほうも困ったことだろう…。

そして、帰りの青函連絡船…。
逃げ場のないとこで、職質を…。

青森に到着する頃には”嫌疑”は晴れたけど…。
それでも、横浜の自宅周辺でもずいぶん見かけたし、近所のおばちゃん達
は彼らが嗅ぎまわっていることを、それとなく教えてくれた…。

そんな指名手配犯…。
もういい加減にしろよって…。

オウムと学生運動過激派が長期の指名手配犯…。
オウムは全員捕まり、過激派はまだ残っている…。

1971年に渋谷暴動事件で若い警察官を殺害した容疑で指名手配
されていた中核派の大坂容疑者は昨年5月に46年ぶりに逮捕。

もう一人、いつもセットでポスターに出てくるK容疑者…。
東アジア反日武装戦線のメンバーで連続企業爆破事件に関与。
1975年からだから、42年間逃亡を続けている。
もちろん、生死も行方も不明…。

僕とは全然違う顔つきなのに(多分…)、当時、たまたま黒縁メガネをかけて
いたため、なんとなく似た風貌になり…。
結構、警察にはお友だちもできた…。

もう一度言っておくが、あんな不細工な彼といっしょにしないでくれと…。
 









    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/04

GW…まったり♪

★GW…まったり♪

晴れ♪

暑かった。


 

体調不良のママは風邪のようだ…。
だいぶ快方に向かっている。



 


GW中、江ノ電は連日、混雑による遅延…。
今年も振替バスが活躍しているようだ。
折角、江ノ電に乗りたいのに、バスじゃ…。

沿線住民優先入場の対応も行っている…。

 


小田厚…。

GW明けの5月7日~7月末日。
小田原料金所~荻窪インター間は上下線ともリニューアル工事のため、
昼夜連続車線規制となる。

小田原料金所って…。
小田原東インターのとこ。

土日はかなりの渋滞が予想されている。
西湘バイパスに逃げたくても、昨年10月、台風21号により大磯西インター付近
での路肩崩落の復旧工事のため、このあたりは対面通行…。
土日はかなりの渋滞が発生していて、逃げ道にならない…。

   
小田原厚木道路リニューアル工事/NEXCO中日本


0000000000000000000000000nexconakan

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/03

GW…♪

★GW…♪

早朝まで雨&風…。
そして、晴れた♪

蒸し暑い…。
半袖…♪



ママがダウン…。
風邪かな…。
GWどころじゃない…。





TVで国際仮装行列 ”ザ よこはまパレード”を♪
実況は、あの久本アナ…♪

横浜といえば、新緑に映える山下公園通り。

横浜市民にとって、なくてはならないイベント。
昭和28年(1953年)にはじまって、今年は第66回。

パレード。
以前はGWの5月3日と開港記念日である6月2日の2回行われていたのだが、
いつからか、GWの5月3日開催に。

一方、開港記念日6月2日は横浜市民にとって大切な日。
いつからか、パレードではなく、横浜開港祭というイベントが行われるように。

そして、6月2日は横浜の公立学校は休み♪
子供の頃、僕はわざわざ自由ヶ丘や渋谷へ遊びに出かけていた。
ま、見せびらかす…。  そんな気持ちだったかも…。

横浜市民にとって、もうひとつ…。
横浜市歌…♪
横浜で幼少期を過ごしたら、この歌を歌えない人はいない…。
校歌は忘れても、横浜市歌は忘れない…。

もの凄い難解な歌詞なのに、ちゃんと覚えている…。
そりゃそうだ、100年以上前に作られた曲…。


■横浜市歌
  
わが日の本は島国よ (わがひのもとはしまぐによ)
朝日かがよう海に (あさひかがよううみに)
連りそばだつ島々なれば (つらなりそばだつしまじまなれば)
あらゆる国より舟こそ通え (あらゆるくによりふねこそかよえ)

されば港の数多かれど (さればみなとのかずおおかれど)
この横浜にまさるあらめや (このよこはまにまさるあらめや)
むかし思えば とま屋の煙 (むかしおもえばとまやのけむり)
ちらりほらりと立てりしところ (ちらりほらりとたてりしところ)

今はもも舟もも千舟 (いまはももふねももちふね)
泊るところぞ見よや (とまるところぞみよや)
果なく栄えて行くらんみ代を (はてなくさかえてゆくらんみよを)


横浜市歌

 
1909年(明治42年)に行われた、横浜港の開港50周年記念祝祭にて
披露されて以来、市民に歌い継がれている。
作詞は森林太郎(森鴎外)、作曲は、当時東京音楽学校(現、東京藝術大学)
助教授だった南能衛(よしえ)氏。

現在も市立の小学校では、校歌とともに歌唱指導されている。
開港記念日や卒業式、市大会などの行事で、演奏・斉唱されている。



  

しつこく…。

ところで…。
ザよこはまパレード。

疑問が…。
昔は6月2日開催だった。
でも、5月3日にもなんかやってた…。

そして、6月2日の”国際仮装行列”がいつの間にか5月3日に。
恐らく…、6月2日だと、土日と重ならない限り、ただの平日…。
横浜市民しか集まらないし、働いている人は無理…。
それで、より多くの人たちが集まれるGWの5月3日にしたのか…。

でも…、5月3日にも何かやってた…。(多分…)
なんだったのだろ…。

それと、昔はフロート中心のパレードだった。
25、26台の大型フロートがパレードを盛り上げていた。

中華街のみなさんによる獅子舞い、龍舞いも見応えあった。
いかにもドラゴンって…♪
子供の頃に見たのは、きっと、台湾系のみなさんだったのかも…。

ところが、この数年、メインはマーチングバンドとチアガール…。
ダンスパフォーマンスも盛んだとか。
フロートは4、5台という寂しさ…。

横浜高島屋、崎陽軒、日産、そごう、ルミネなどなどの華やかなフロート
が懐かしい…♪

中華街のみなさんによる獅子舞い、龍舞いも見応えあった。
いかにもドラゴンって…♪
子供の頃に見たのは、きっと、台湾系のみなさんだったのかも…。


ザよこはまパレード




今年、第66回…。

ザよこはまパレード
0000000000000000000000000yokohama

  
 
今年、第37回…。

横浜開港祭
0000000000000000yokohama
 

  
  

横浜・ヨコハマ・YOKOHAMA♪ shine






  


自宅のバラ♪

まだ、咲き始め…。
無数のつぼみ…。

Img_4308
  

Img_4348

 
Img_4313
    



Img_4335




  



   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/02

5月♪

★5月♪

どんより…。

蒸し暑い。





5月♪

なんといっても、新緑♪
誕生月だし、サイコーに好きな5月♪
   

11783228576968
  

 
 

我が家のバラ♪

Img_4300   

  

  
Img_4302

  
  
  
駅前ロータリー。
あっと言う間に、縁に覆われてきた。 

Img_4294

  





JR東海オリジナルカレンダー♪

高山本線・焼石駅~飛騨金山駅間の飛騨川沿いをいくJR東海キハ85形、
特急ワイドビュー飛騨。

高山本線 ~ 新緑の渓谷 ~

20180585



9月~12月が追加された。
飯田線が2つも…。
 
JR東海オリジナルカレンダー/JR東海

  


  



  





  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/01

四十八瀬川♪

★四十八瀬川♪

晴れ♪

気温が上昇、暑い…。




246を下る…。
平日って、結構、混む…。
  
伊勢原市。
大山が近い。

Img_4163


  
泰野市、新善波トンネルの先。

富士山がぼんやり…♪

Img_4167

  


小田急線…。
泰野市、渋沢駅の先。

鍋割山を水源とする四十八瀬川(しじゅうはっせがわ)…。
以前から行きたかった…。

田頭橋(たがしらばし)。

Img_4172
  
 

小田急線最長の第一菖蒲トンネル。(492.9m)
 
Img_4289


菖蒲。
ここからすぐの所に246、菖蒲交差点がある。

その交差点から山側に入ると、浄徳院菖蒲園というホタルの名所があって、
子供たちが小学生の頃だったか、訪れたことがある。

菖蒲交差点から300mほど西に、”魯風人”(ロフト)というビーフシチュー
の美味しい店があった。
このレストランには2、3回訪れている。
※現在は閉店。 このエリアには同店の姉妹店があちこちある。


山北の桜♪ 2009.04.05






川の中を歩く…。

ロマンスカーEXEα・30000形。  

Img_4179


  
結構、流れはあり、水はきれいかと。
500mほど進んだとこで…。
一旦、岸にあがる。

青いロマンスカーMSE・60000形の6両編成。
ご覧の通り、新宿側はのっぺらぼう…。
 
Img_4188


 
なんとも…。
絵にならない…。
  
Img_4190

  
大山をバックに。
  
Img_4194


 
1000形。
 
Img_4196

 

Img_4197


   
またまた、MSE…♪

Img_4202
 

  

Img_4203



  
Img_4205

  
 
…。
  
Img_4206



 
8000形
  
Img_4211



再度、川に…。
少し歩いたとこで、コケがついてる石で足を滑らした…。
カメラは守ったのだが、標準レンズがバッグから落ちて、水没…。


ここは四十八瀬渓谷とも呼ばれているようだ。
約900mほど下流にある四十八瀬川の2つ目の橋。

白いロマンスカーVSE・50000形♪
  
Img_4219



 
Img_4220

  

ここで…。
砂地に動物の小さな足跡…。
犬の散歩ではないだろうから、狸(たぬき)とかか…。

そして、さらに衝撃的…。
どう見ても猪(いのしし)らしき足跡…。

ちょっと、まわりを見渡してしまった…。


Img_4223


  
Img_4224


  
暑い…。
このあたりは26℃から27℃まで上昇したらしい。

Img_4225



    
この景色には8000形が似合う。

Img_4230


 
 
Img_4234
  

Img_4242

  

Img_4246

  
8000形、つい甘くなってしまう…♪
 
Img_4254


 
足元には…。
  
Img_4257


  
そろそろ、引き揚げよう…。

戻る途中…。
白いロマンスカーが…。

Img_4265



立て続けに…。
赤いロマンスカーGSE・70000形♪

Img_4269


  
Img_4270
  

Img_4277
  
  
渋沢5号踏切を通過する4000形。

Img_4281


   


Img_4285
 


 
Img_4291



鍋割山に端を発した四十八瀬川。
小田急線の2つ目の橋から1kmほど先で川音川に合流する。
さらに数km先、小田急線の酒匂川橋梁付近で酒匂川に。  



    




  





   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »