2017/07/22

北海道♪-3

★北海道♪-3

7月18日(火)。

朝はどんより、後、晴れ♪

肌寒い…。
  
  
  
朝、8時前…。
ウトロ港。

Img_1090    


知床観光船おーろら。
  
Img_1091
  

知床観光船おーろら


8時15分出航。

プユニ岬。

Img_1161

  
昨日は濃霧で見えなかった…。
フレペの滝が見えた。

Img_1100


どんどん晴れてくる♪

Img_1107


  

Img_1111
  

カムイワッカの滝。

Img_1136



硫黄山の山頂が見えてきた。
  
Img_1144



知床岳。

Img_1135



気分サイコー♪
  
Img_1118

   

Img_1140


クンネポール。   
 
Img_1151

  
またまた…。
フレペの滝。

Img_1158

   
ウトロ港の赤灯台。

Img_1160   




  

1時間半のクルージング。
気持ちよかった♪

やっぱり、晴れてくれて良かった。





で…。
酋長の家♪

学生時代に泊まった…。
そんなことを店主と話して…。

Img_1166


当時は小さかった…。
今は民宿旅館の他に民芸品店、レストランなど…。

ママはあれもこれも…。

Img_1170



酋長の家

酋長の家/知床民宿協会



  



  
今日の目的地…。
標津町…。 

昨日と同じく、知床横断道路(国道334号)で羅臼経由、国道335号へ。

ぴっかぴかの晴れ♪
昨日の悪天候がウソのよう…。

Img_1172
  



世界遺産の知床国立公園。
  
Img_1175

ウトロから知床峠までは晴れていたのだが、その先は超どんより…。
霧まで出てきた…。
昨日とは真逆…。

羅臼側の羅臼ビジターセンターへ。  

Img_1183


シャチの骨格標本…。
 
Img_1179

  
  
上映された「知床・羅臼の四季」は評判通り、感動もの♪


羅臼ビジターセンター

  

  

数十年前…。
ママの友人が横浜から嫁いだ先…。
牧場へ。

Img_1199



ネットの地図を見ても、今回のクルマについていたナビでも…。
とにかく詳細はつかめない…。

数kmおきに牧場の建物がある。
ストリートビューは表札の文字はモザイク入れるけど、牧場の看板は
そのまま…。
だから、前もってある程度の把握はできた。

なので、ほとんど苦なくたどり着いた…。


Img_1198
    


北海道には日本一を名乗る牧場がいくつかある。
色々と定義があるようだが、1,700haの公共牧場など…。
我が街、座間市は17.57㎢で13万人弱。
言い換えると、1,757haだから、すっぽり…。

そして、標津町のこのエリアの牧場は個人でやってるとこが大半なのだが、
100haを超えるとこがザラ…。
てことは、17戸で座間市がすっぽり…。

なんとなく、スケールが違い過ぎて…。



牛が100頭以上も…。

Img_1195


よく見るとかわいい♪

Img_1197

    

ジンギスカンをご馳走になった♪
これでもかってほど食べた…。
美味しかった♪
  
Img_1188



買い物は近所のスーパーでも充分らしいが、時々は中標津へ。
映画を観るのは釧路まで飛ばすのだとか…。

息子さんや娘さんが関東や関西の学校などに…。
よって、たんちょう釧路空港や中標津空港(正確には根室中標津空港)
の常連さん…。



  
で…。
この辺りの道路はとにかく直線道路ばかり…。

日本一の直線道路は札幌と旭川を結ぶ国道12号のうち美唄市から滝川市
までの区間が29kmの直線…、日本最長の直線道路とされています。

2番目はオホーツク海を走る国道334号と斜網広域農道の網走と斜里の区間
で、27.5km。

この周辺にはそんなランキングに入る直線道路ばかり。

そして、ランキングに入らなくても、10kmを超える直線道路は珍しくもないの
だとか。

 
天に続く道、28キロ一直線、隠れた名所に - 斜里町


こちらの牧場脇の道路は10kmほどの直線…。
帰路、1台のクルマにもあわずに…。
横からクルマが飛び出してこないことだけに注意して、アクセルを踏むのも面倒…。

Img_1201
  

数十年ぶりの再会を果たし、また、来たいなと言いながら…。









浜小清水駅。

というよりも、道の駅・小清水。

以前は寂しい駅だったが、今は道の駅とコラボしてるので、賑やか…。
1日に上下線合わせて14本の列車を頼るよりも、ひっきりなしにクルマで
やって来て、食事や買い物をしてくれるほうが町としても有難い存在…。

Img_1206

   
釧路行き。

Img_1210


浜小清水駅ホーム。
  
Img_1217


道の駅内に、こんなポスター♪
パロディか…♪

Img_1218



浜小清水駅wikipedia




2005年春のポスターに。

青春18きっぷポスター♪
  
  
  

原生花園駅♪

Img_1226


夏だけ営業している駅…。
以前はこんなだったかな…。

珍しく列車が相次いで来るのだが…。
時間があるので…。


原生花園はオホーツク海の浜辺でもある…。

Img_1245



 
Img_1307




エゾキスゲ♪

Img_1290




内陸側は、濤沸湖(とうふつこ)と湿原。
紫の花が…。

ヒオウギアヤメ、ノハナショウブ。
デッキが作られていて、湿原の中まで…。

Img_1260
  


Img_1263



釧路行き。
キハ54形とキハ40系の2両編成。
  
Img_1269



あれ…。
いつの間にか、大勢のギャラリー。

隣接している小清水原生花園インフォメーションセンターHanaで待機していた
のだろう…。

Img_1275


昔…。
この駅で下車したら…。
人っ子一人いない光景が懐かしい…。

Img_1279

    

Img_1281
  
網走行き。

Img_1295



  
Img_1298




Img_1306



原生花園駅wikipedia

小清水原生花園/小清水町

小清水原生花園インフォメーションセンターHana/小清水町








  

網走へ…。

道の駅に立ち寄ったけど、飲食店の営業は終わっていた。
早くに閉まる店…。

で、駅周辺ではなく、街中を走ったら、あった…。

さっき、ジンギスカンを食べたばかりだけど…。
焼肉屋さんへ。

肉は少々にして、クッパを…。
美味しかった♪

Img_1308



そして、初日に宿泊した網走ロイヤルホテルへ。

~~~  つづく  ~~~

  


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/17

箱根-2♪

★箱根-2♪


8月16日(火)。

晴れ♪

暑い…。





熱海。
台風7号北上してきてるのに…。

ぴっかぴかの晴れ♪


Img_7574
  
  
  
朝食もバイキング。

Img_7579



バイキングだと…。
どうしても、食べ過ぎ…。

Img_7578
  
  
  
意外と熱海♪
来宮神社に入るとこのメガネトンネル。
  
Img_7582_2
  
  
  

箱根の旅で熱海泊…。
苦渋の選択…。

ま、熱海好きだし♪
良かったかも…。


意外と熱海物語

201608igaito_2



意外と熱海物語


熱海ニュース/熱海市観光協会

  



  
  
  

今回のテーマはあくまで”箱根”♪

来たときと同じく熱海街道を…。

下ってきた時は下り勾配のきつさに辟易としたのだが…。
上りは…、なぜか、気がついたら呆気なく熱海峠。



ホテルを出発して20分足らずで、十国峠。

Img_7595



富士山♪

Img_7593

  
Img_7596


  
芦ノ湖♪

Img_7599






昨日、訪れた箱根関所エリアの隣。
箱根関所エリアは数少ない西武系列エリア。

そこから徒歩数分の隣接エリア。
西武系の遊覧船に対して、こちらは小田急系の海賊船の港。
箱根駅伝の往路ゴール&復路スタート地点としても有名なエリア。



  

今年1月にオープンした箱根町港の畔屋(ほとりや)。

  
Img_7600


茶屋本陣 畔屋/箱根観光船
Hotoriyalogoa3b2_1


箱根海賊船/箱根観光船
201608hakonehune_2



Img_7601



海賊船♪

Img_7602
 


Img_7607

  
畔屋は本物志向の土産物屋が並ぶ。
こちらで、あれこれお土産を。

Img_7611



こちらも魅力的なお店。

Img_7614



Img_7612






旧東海道、県道732号湯本元箱根線へ。


~~~~~
昨日の記事を再掲載。


箱根関所資料館では、「お玉ヶ池」の伝承が大きく取り上げられていた。
箱根関所といえば、「入鉄砲出女」が象徴的。

「出女」の象徴といえば、この「お玉ヶ池」のお玉。

旧東海道、県道732号湯本元箱根線の元箱根寄りにあるお玉ヶ池。
この箱根関所にまつわる伝説の地である。
    
元禄15年(1702年)、関所破りの罪で一人の少女が捕らわれた。
伊豆国大瀬村の百姓の娘で玉という名であった。
大瀬村とは、西伊豆の大瀬崎のある、あの富士山が目の前に見える
風光明美なとこ。

7歳で江戸に奉公に上がっていたが、17歳の時、家恋しさのあまり店を
抜け出し、通行手形もないままに箱根まで来たが、関所の裏山を抜けて
いこうとしたところを役人に見つかり、投獄。
2ヶ月の吟味の後に下された処分は、打ち首獄門。
死罪ではあるが、磔(はりつけ)獄門や火あぶりよりは軽い刑とされていた。

お玉は捕らえられた場所で斬首となった。
街道から外れた裏山に入ったところの坂道であった。
哀れに思った村人は、獄門に晒されたお玉の首をこの池で洗ったという。
それ以来いつしか“薺(なずな)ヶ池”という名が“お玉ヶ池”と呼ばれるように。
そして処刑された坂道も“お玉ヶ坂”となったという。

とにかく、関所破りは死罪…。

ただし、処刑は避ける方向だったらしく、実際に死罪となったのは300年で
5件、6人といわれている。
裏関所の仙石原の裏関所を含めて300年で20人という説など。
道に迷ったという言い訳の”藪入り”とか、金銭で解決する裏取引が多かった
とか。
つまり、思ったよりは少なかったらしい。




そんな伝承のお玉ヶ池。

Img_7615




お玉ヶ池から少し先。

箱根旧東海道。
 
Img_7620

 

Img_7619

 
1kmほど歩いてみた。
昨日の雨で多少滑りやすいけど、この石畳はかなり大変な工事で
整備された街道だった。

Img_7623




甘酒茶屋♪

Img_7628




Img_7635




外は暑い…。

しかし、店内は涼しい…♪
まるで、冷房してるかのよう。


朝食バイキングで満腹なのだが…。
ここへ立ち寄ると…。
「いそべ」、「黒ごま」を。

Img_7637


箱根 二子山 甘酒茶屋


  
江戸時代初期の創業で400年の重み。

現在の当主は13代目とか。
  
明治14年の版画。
当時は数軒の茶屋があったとか。

Hangar

※甘酒茶屋公式サイトより


店内は冷房してるかのような涼しさ♪
外は暑い…。

Img_7639


   



箱根ガラスの森美術館♪

長男は行ったことがないので…。

昨年、5月下旬に来たときは駐車場はずいぶん空いていたのだが…。
今日は、たまたまこちらの駐車場に入ることができた。

ほとんど第2駐車場へ誘導される。


客足は元通りに戻ったか。

台風情報がなかったら、恐らく満車…。





オープン20周年♪

Img_7640



オープン20周年を記念して、扇子形のチケット♪

Img_7765





Img_7642


箱根ガラスの森美術館
Hd_sg_logo





大涌谷を。
落ち着いた状況。

Img_7643
 

大涌谷駅に到着する桃源台からのロープウェイが見える。
Img_7646



展示品が入れ替わってた。(多分…)

Img_7656




Img_7657

   
いつものレストラン…。
これでもかってくらいに長い長い行列…。

ウチはバイキング朝食の重みと甘酒茶屋での餅のせいで空腹にならない…。
パス…。
 
Img_7662



Img_7665



ショップ…。
ここで費やす時間と…。

Img_7670_2


台風はどこに…。
青空♪

Img_7674_2


  
Img_7677_2




  
  

箱根登山電車の小涌谷踏切。

箱根駅伝でも有名な小涌谷の踏切…。

クモハ1000形『ベルニナ号』。
1003+2202+1004編成。

Img_7685_2




小涌谷駅へ。

Img_7690_2




今日は大文字焼き。

臨時列車も。

Img_7694_2



小涌谷駅(こわきだにえき)。

2面2線。
1日平均乗車人員325人の小さな駅。
ま、箱根湯本駅でさえ4,652人…。

標高523m。(箱根湯本駅は96m)


小涌谷駅(読み方は”こわきだにえき”)wikipedia


箱根登山電車/箱根登山電鉄
201608hakonetozandensha_2




そろそろ、次の電車…♪
再度、踏切へ。


3000形アレグラ号。

Img_7697_2


3000形アレグラ号 特設サイト/箱根登山電車



3000形アレグラ号、強羅行き。

Img_7702



モハ2形108号、箱根湯本行きと交換。

Img_7709


103号+107号+108号の3両編成。 
いずれも1950年代の製造。

Img_7720




尚、モハ2形110号は2017年2月に引退する…。

9月3日から復刻塗装車の運行が予定されている。


箱根登山鉄道110号車両、 2017年2月引退/箱根登山鉄道








箱根湯本エリア♪

どの駐車場も満車…。
運良く駐車場にとめることができた。




箱根湯本駅。

Img_7723




小田急線、赤い電車1000形♪

Img_7726


 
ロマンスカーEXE・30000形。

Img_7734

きょう、ロマンスカーで。/小田急
Banner_kyoroma





ここには宮ノ下のピコットが出店。
明日の朝食用に、パンを調達…。

長男はカレーパンを買って食べた。
今まででいちばん美味しいカレーパンと言ってた。
次回、僕もトライしたい。

Img_7737



ピコットだけでなく、仙石原の箱根ラスクの店舗も賑わっていた。

Img_7742


そうそう、小田原の有名店もこぞって店舗を構えてる。
こちらは籠清がやってる籠屋清次郎の「揚げかまぼこ」~♪

Img_7741



お土産には籠清のかまぼこや揚げ物を。

籠屋清次郎(箱根湯本)

籠屋清次郎(箱根湯本)/食べログ



創業1814年…、創業202周年♪

小田原 籠清





ランチ代わりに…。
あれこれ…。

美味しかった♪

Img_7740




”湯もち”の「ちもと」…♪
なんということ…。
長蛇の行列…。

諦めた…。

Img_7746


湯もち本舗 ちもと



やはり…。
小田急ロマンスカー効果か…♪

2014s2


小田急ロマンスカー♪ shine
  
  
  
湯本橋を渡ると、そばの”あかつき”が長蛇の行列…。

やはり、裏道も魅力的な箱根湯本。





 
箱根ナビ
201608hakone   
  


  



  
  

帰路。

すいすい…。

晴れていた青空に雲が増えてきた。
風も…。

西湘バイパスへ。
二宮インター付近は台風の影響か、うねりが…。

Img_7756


あの事件、いや、事故でもない、災害か…。
あれ以来、ちょっとした波でも通行止め…。

そんなことになる前に走り切りたい…。

大磯。

Img_7757



柳島交差点。
こちらで左折。

この交差点もごちゃごちゃと標識が増えたもんだ…。
圏央道の開通で、左折車が増えたし。

Img_7759






台風7号発生の報を聞いたときは…。
最悪の予想が…。

で、夏休みの混雑、渋滞…。

箱根が元気になったので、どっと繰り出す予想…。
などなど…。



ところが、台風の発生などの影響か、お盆休みとは思えないほど
普通+αの箱根…♪
思ってもなかった、ぴっかぴかのお天気♪

出発するときの不安とは180℃異なり、すごく良かった♪



~~~ 完 ~~~









■箱根関連過去記事



箱根♪ 2015.08.10

箱根♪ 2015.05.23

箱根ポーラ美術館♪ 2013.09.14

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-2  2013.11.30

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-1  2013.11.29
  
秋の箱根へ♪ 2012.11.10

箱根宮ノ下~箱根湯本♪-2 2012.07.07

箱根仙石原♪-1 2012.07.07

いざ箱根3♪- 帰りに寄り道 2011.10.09

いざ箱根2♪-箱根仙石原 2011.10.09

いざ箱根1♪-足柄道アプローチ 2011.10.08 

箱根2-強羅~宮下♪ 2010.12.06

箱根-仙石原♪ 2010.12.05

Pc041881


箱根の紅葉-2♪ 2008.11.08

箱根の紅葉-1♪ 2008.11.08






■熱海関連過去記事

熱海というか、西湘も…♪


西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

熱海♪ 2016.03.12

湘南ゴールドを♪ 2016.02.06

大磯の左義長♪ 2016.01.09

鯵が食べたい♪ 2015.07.25

GW-江之浦・真鶴へ♪ 2015.05.03

根府川へ…合流部、驚愕の新事実…♪   2015.03.28

湘南ゴールドを♪ 2015.02.07

国道135号根府川合流部改良工事完成へ♪ 2015.01.15

真鶴♪ 2014.09.13

お花見…根府川・江之浦へ♪ 2014.04.05

GW2回目の江之浦とか♪ 2013.05.03

湘南ゴールドを♪ 2013.04.27

桜を見ながら江之浦へ♪ 2013.03.23

小田原♪-2 2012.06.21

小田原♪-1 2012.06.21

江之浦~真鶴♪ 2012.05.04

江之浦~根府川のおかめ桜♪ 2012.04.01

江之浦へ♪-2 2012.03.03

江之浦へ♪-1 2012.03.03

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-2 2012.02.18

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-1 2012.02.18 

守谷のあんぱん&守山乳業♪ 2011.06.09

カフェレストラン海辺の途中♪ 2011.04.20

etc.♪ 2011.03.06

豆相人車鉄道の旅…かな♪ 2011.03.05

大好きな大磯♪-2 2010.07.17

大好きな大磯♪-1 2010.07.17

真鶴♪-2 2010.05.04

真鶴♪-1 2010.05.03

湘南ゴールド♪ 2009.03.02

東海道本線&絶景イタリアン♪ 2008.10.12

小田原漁港♪ 2008.07.06

OISO・大磯♪ 2008.06.28

 

 



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/17

QE横浜港へ♪

★QE横浜港へ♪

晴れ♪
暖かい♪

今週末はお彼岸…。

3連休♪

 
  
 
  
 

昨夜23時過ぎ、3代目「クイーン・エリザベス」がベイブリッジを無事通過し、
横浜港大さん橋に入港した。

 


20140317

 
英国の豪華客船、3代目「クイーン・エリザベス」(9万400トン)が16日深夜、
横浜ベイブリッジをすれすれでくぐり抜け、横浜港に初入港した。

クイーン・エリザベスは海面からの高さが56・6メートルあるのに対し、ベイブリッジ
を満潮時に安全に通過できる高さは55メートル。
そのため、潮位が約2メートル下がる干潮時を狙った。
昨年5月、別の大型客船がベイブリッジをくぐれずに市街地から離れた大黒ふ頭に
着き、乗客から「殺風景」との不満の声が。

今回は山下公園や中華街などに近い大さん橋に着岸させることにした。
付近にはカメラを構えた見物人が詰めかけ、午後11時頃、船がベイブリッジに
差しかかると、「ぶつかりそう」「すごい迫力」と歓声が上がった。
 
※ 読売新聞ニュースより

  
 
  
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/13

木曜日…♪

★木曜日…♪

朝、どんより…cloud
暖かい。


昼前から雨…rain

夜は暴風雨…typhoon

といっても、雨は降ったりやんだり…。
風はかなり強い…。



今夜はどこの会社も早めの退社。

今夜の雨と明日の電車が心配…。



 
 
 
 

今朝の読売新聞ローカル面。

豪華客船QE、ベイブリッジ通過初挑戦。



世界的に有名な英国の豪華客船「クイーン・エリザベス」(QE、9万400トン)が16日
深夜、横浜港に初入港する。
QEは海面からの高さが56・6メートルあるが、入港時にくぐる横浜ベイブリッジは
55メートルしかない。
このため、深夜の干潮時を狙ってベイブリッジをくぐることになった。
離岸は17日深夜の予定。
横浜市によると、大型客船が干潮時を狙ってベイブリッジをくぐるのは異例という。

QEは全長294メートル、乗客定員2092人。
同名の初代客船、2代目の「クイーン・エリザベス2」に続く3代目で、2010年10月に
就航。
今年のクルーズは1月10日に英・サウサンプトンを出発し、米国本土、ハワイ、オース
トラリア、鹿児島を経て、横浜港に立ち寄る。

横浜市港湾局によると、1989年に開通したベイブリッジは、当時世界最大級だった
先代のQE2(7万327トン)が通過できる高さに設定されたが、3代目はこれより高い
ため、ベイブリッジをくぐれるかどうかが課題に浮上した。

「市街地に近く、ターミナルもある大さん橋に着岸したい」というQE側の要望もあり、
市が検討したところ、「航路限界」と呼ばれるベイブリッジの高さは満潮時のもので、
干潮時には約2メートル低くなり、QEはぎりぎり通過できることが判明した。
ベイブリッジの実際の高さは、航路限界より2メートルほど余裕があるため、通過時
の隙間は2~3メートル程度になる見通しという。

客船は年々大型化しており、昨年5月に横浜港に来たクルーズ客船「ボイジャー・オブ
・ザ・シーズ」(13万7276トン)はベイブリッジをくぐれず大黒ふ頭に着岸したが、
乗客からは「殺風景だ」などと不評だった。

QEが着岸する16日夜には、大さん橋の来場者に発光ライトが配られ、乗客を迎える
歓迎イベントが予定されているほか、17日午後にも、大さん橋出入国ロビーで、
アーティストが即興で絵を描くパフォーマンスが行われる。
QEは同11時に離岸して神戸に向かう。
市港湾局は「世界各国の乗客を歓迎してもてなし、横浜の良さを印象づけたい」と
している。


20140313

豪華客船QE、ベイブリッジ通過初挑戦/読売新聞(ローカル面:神奈川県)

 


 
 
 
 
 
東京湾のさらに奥、東京港も同じ悩み…。
あのレインボーブリッジの橋げたの高さが横浜のベイブリッジよりも低いため、
大型客船に対応できない。
横浜港と同じようにブリッジの外側、大井ふ頭が代替港に。
昨年春、ボイジャー・オブ・ザ・シーズは大井ふ頭へ寄港せざるえなかった。
 

 
 
※Wikipediaより

設計当時豪華客船の象徴と言われていたクイーン・エリザベス2号の通過を想定し、
橋げたの高さは52mあるが、近くに羽田空港があり、高さに規制があったため余裕を
持たせた設計が出来なかった。

しかし完成後にクイーン・エリザベス2号がこの橋をくぐることはなかった。
また客船の大型化が予想以上に進んだため、世界有数の大型客船のほとんどは
レインボーブリッジをくぐることができない(日本最大の客船である「飛鳥II」はくぐる
ことができる)。
その影響か、東京港に寄港する客船数は減少しており、首都圏での「海の玄関」の
座は横浜港に奪われている。

とは言え横浜ベイブリッジとしても橋の下を通過できない大型外国客船が近年、
続々と登場している。
ベイブリッジの海面からの高さは約55メートルで、くぐれなければ、海の玄関
大さん橋」を活用できず、客船の誘致合戦で後れをとって外国船寄港数は九州
地方の港を下回っている。

事実、2009年(平成21年)3月に客船クイーン・メリー2、2013年(平成25年)5月
ボイジャー・オブ・ザ・シーズが横浜に寄港したが、横浜ベイブリッジの下を通過
することができないため、大さん橋客船ターミナルに接岸することができず、
貨物の埠頭である大黒ふ頭に停泊した。
2013年5月8日、横浜市が本牧ふ頭の貨物用岸壁の活用を検討し、これを管理
する港湾会社と調整に入ったと読売新聞によって報じられた。

 

 
 
それにしても、最近の大型客船はでっかい。
そのことを見通せなかった横浜、東京…。
東京は羽田空港が至近距離にあり、これはどうすることも出来ないネック。

横浜港…干潮時の高低差とは…。
一方、本牧埠頭の活用が現実味を帯びてきて、その動向が注目されている。
本牧なら中心街にも近く、大黒ふ頭に比べると雰囲気もそこそこ…。
恐らく、お洒落にリニューアルなんかも…。

 
  
 
 



 
 
 
 
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/17

四国へ~しまなみ海道へ♪-3

★四国へ~しまなみ海道へ♪-3

ずっと晴れ♪

今治市からしまなみ海道へ。
といっても、しまなみ海道沿いの愛媛県側の島は今治市。

広島県側の島は尾道市に「属する」。
 
以前は○○郡○○町だったと…。




 

 
 

今年の「ぼくなつ」…♪

このイラストは、来島海峡、瀬戸内海のしまなみ海道かと。
今年は久々に四国へ。

そして、しまなみ海道を♪


ぼくのなつやすみ・瀬戸内少年探偵団

0907_2

  

  

    
    

  

  

  

 
 
  
  
  
  
  
僕の夏休み♪ shoesun notesshine 

  



 
 

来島海峡を。

来島海峡大橋は約4kmとしまなみ海道最長で四国側と大島をむすぶ。
四国側から第三大橋、第二大橋、第一大橋と3本の橋でつながっている。

それぞれ、小さな島づたいに…。

 
西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)/本四高速


しまなみ海道観光情報


来島海峡第二大橋、1,515m。

息子たちが中学生の頃、サイクリングした。
かなりスリリングだった…。

P8126355




   

 

 
 
 
 
 

  


 
 
大島はパス…。

次の伯方島。
あの伯方の塩はココのこと。

海水浴場と道の駅が合体したような。
湘南と違って、のどか♪ 

島中あちこちで水着の人が海に。
砂浜なんかなくても…。


ここは気持ち良さそう♪
 
P8126357



◆注意したいこと。
しまなみ海道は大島、生口島、因島ではハーフインターが各2ヶ所、計6ヶ所もある。
降りるつもりなのに出口がなかったり、入るつもりが希望する行先の入口が
なかったり…。
ひとつの島に2つのインターがある場合、それはハーフインター。
この法則を知っていればOK。



こちらのMAPが分かりやすい。

Half




 




 
大三島をパスして、生口島(いくちじま)へ。
瀬戸田PA(上り)。

P8126359


下りは自販機のみ。

上りは売店、フードコートがある。

瀬戸田レモンラーメンにはびっくり。
瀬戸田レモンケーキも美味しそう♪

この瀬戸田(生口島)、因島には柑橘類の豊富なとこ。
因島はっさくゼリー、瀬戸内レモンレアチーズケーキなどなど。
ジュースもあれこれ♪

瀬戸田と大好きな江之浦(神奈川県)、いつもだぶってしまう♪


瀬戸田PA(上り)/JBハイウェイサービス
  

 
 
 
因島はっさくゼリー♪

ウチでも好評♪

201308208

 
 
 

こちらの売店で見かけた「海鮮 なぶら ふりかけ」♪
神奈川でも海の近くで見かける商品…、よく買い求める。

ウチのエリアでは地元の販売者しか記載されてなくて、製造者が分からなかった
けど、今回は愛媛県の製造業者が印刷されてた。

それと、原材料の「しらす」、「えび」の原産地は愛媛県と書かれていた。

こちらの記事を…。
 

夏休み明け… 2013.08.19

201308

  
 





PAでランチ♪
たこちらし寿司(?)とうどん。

P8126361


ママは「たこ天うどん」…。

そっ、生口島は柑橘類&たこ♪


 
長男は「たこ天丼」。

P8126362


 
 
 
以前、瀬戸田のシトラスパークが良かったので、再訪。
でも、旅行ガイドブックには載ってない。


えっ、広大な駐車場に2、3台しか…。

入場料無料なのに、エントランス窓口には2人の職員さん。



シトラスパーク瀬戸田/尾道市


この眺め、好き♪
 
P8126365



P8126371

 
 
シトラスパビリオンに入って…、なんか違和感…。
客は数人いるけど、職員さんはいない。

建物内、柑橘類の温室(?)は冷房なしも理解できるけど、他の展示は
冷房してほしい…。

違和感、そう、なんだか荒れ果ててる感じ。

別の建物に行ってみたら、土産店もレストランも閉鎖。
何もかも…。

香りの館とか、気になったけど、期待できないし、この暑さで広大な園内を
それぞれ建物を巡るのは苦痛。

早々に退出。


島内の一般道を。
気持ちよい♪

島のあちこちで泳いでる。


向かいの岩城島か、橋がかかってないのでフェリーが煩雑に。

P8126379
  


タンカー。

P8126380

 
 
 
 
因島へ渡るには、生口島北インター(ハーフ)からしまなみ海道にのるか、
あるいはフェリー。

フェリー港から生口橋を眺める。
のんびり釣り♪  いいな~♪

P8126384





こんな看板。
向かいの因島・金山行きフェリー。
121円…、クルマとドライバー1名の料金。
通常は200円だけど、回数券を買うと121円になる。
因みに、「人」は1名60円。

シャッターを押した後、1台の軽がここへ止まった。
フェリーに乗船するクルマの先頭。

ここは赤崎港。

P8126385

P8126386


三光汽船


先頭にいた軽、僕のクルマ、もう1台の軽、計3台。
自転車のおじさん1名。

P8126392

 
P8126388


生口橋。

P8126395


乗船時間…、わずか4分…。

あっという間に対岸の因島金山港到着。

P8126397

  

 
 
 

因島。

因島といえば、村上水軍。

起源としては…、平清盛でも出てきたけど、この瀬戸内海を牛耳ってきた。

村上水軍の故郷、因島。
そこに因島水軍城がある。

実際の城ではなく、史実に基づいて造られた城。
水軍資料館としても興味深い。

 
因島水軍城/尾道市


10年以上ぶり…。

とにかく暑かった…。
  
P8126403


海に縁が。

P8126405

  



P8126407_2

P8126408


P8126411


 
 
ここは風があって、生き返った…。

P8126415




10年以上前、因島の民宿の印象が良かった。
同じとこに宿泊したかったのだが、この時期は絶対に無理っ。

因島の宿泊施設はどこも満室。


大三島の旅館をゲット。




という訳で、大三島へ。

大三島から生口島を。

P8126418


 
 
 
以前にも立ち寄った大山祇(おおやまづみ)神社へ。
伊予国一宮。

P8126419


大山祇神社/今治地方観光協会



P8126425





大山祇神社から徒歩1分のとこにある旅館。
きっと、参拝客で賑わったことだろう。

随所にそんな匂いを…。  ちょっとバブル…。

P8126428


民宿にも見えるけど、料金的には充分に旅館。

 
広島の知らないネットで予約した。
そのネット予約の場合、温泉施設のチケットをいただいた。
風呂の用具一式も。


伯方の塩。
伯方島。
ところが、「伯方の塩」の工場はここ大三島にある。

その伯方の塩の工場隣にある温泉施設へ。

Dsc_0185_1


海洋温浴施設 マーレ・グラッシア大三島


伯方の塩

01



風呂から出てきたら、こんな夕景。

11dsc_0186




旅館に戻り、夕食。

最初、テーブルに並んでた食事…。
失敗した…。

みんな無言…。
とにかく、民宿以下…。


ところが、ほどなくして船盛り。

サザエ、赤魚鯛、タコ、そして、オコゼ…。


Dsc_0187



オコゼなんて…。
初めて。

いつまでもピクピク動いてた。

顔に似合わず、かなり美味しい♪

顔は…。  超…不細工…。

Dsc_0189_1


 
 
赤魚鯛の煮つけも美味しかった♪

もう充分と思っていたら…。

次は魚介の陶板焼き。
でっかいホタテ、海老、真鯛、サザエ♪

Dsc_0188

 
 
炊き込みご飯に鯛の身をほぐして鯛めし♪

かなり満足度の高い料理♪


美味しかった♪




  



~~~  つづく  ~~~

  





   

  



  




  















   

 

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国へ♪-1

★四国へ♪-1

夏休み初日。 

10日未明4時、自宅を出発。
横浜町田インターから秦野中井インターまでは渋滞だったので246を。
順調に走り、新東名に乗り、快適なドライブかと思っていたのだが。
ま、そんな事あるわけない…。

新東名のSA、PAは夜間でも混雑あるいは満車…。
早朝5時半なのに、小型車の表示通りに入ると満車…。
並んだ順に駐車していくという現在のやり方。
出ていくクルマを待って入るというようなとんでもない構造。
広大な駐車場ならそれでもいいだろうけど、新東名のSA、PAは極端に狭い。
従来のようにわ~っと好きなとこへ散らばるほうが間違いなくベター。

今回も大型車の駐車スペースに入っていったクルマのほうが正解だった。

因みに、ここの収容台数は上り、下り各170台余。
新東名で最も大きい清水は上り、下り各220台弱。
巨大SAの海老名や足柄は550台から630台。
ま、比較対象が違い過ぎるけど…。


5時半。
駿河湾沼津SA到着。
NEOPASA。
東名のEXPASAと同じ機能。
ここは新東名で最も人気とか。

P8106125


 
 
新東名。
とにかく走りやすい道路。
予算の関係で当初予定より随分プアにはなったけど、これが現代の高速道路
建設技術かと舌を巻く。

道路状況がそうさせるのか、勝手にスピードが出てる。
高速での速度オーバーとはいえ、油断すると一発免停になるかも…。

トンネルも超快適♪

夜間走行の場合、トンネルのほうが快適。


目の前に風力発電施設が。

P8106131



 
 
 
東名合流前から長い渋滞。
東名は三ヶ日から音羽蒲郡ICまで大渋滞。
さらには岡崎でも渋滞。
長男から聞いていた渋滞の地名が次々。

豊田南ICで降りて、長男を拾う。

ところが伊勢湾岸自動車道はこの先で事故…。
あの一家3人が亡くなった事故を思い起こさせる。
レンタカーで走行中、クルマがとまったとの証言。
ガス欠じゃないとのことだが…。
テレビニュースで見たクルマは日産のマークがついていた。

 
…、友人のクルマは欧州車、といってもラテン系だけど、小田厚を走行中に
電気系統がダウンして止まった経験がある。
いろんな思いが頭を…。

 
 
伊勢湾岸は事故渋滞…、東名阪への合流も大渋滞。
一般道をひたすら。
一般道も渋滞、混雑の連続。

新東名にしても、伊勢湾岸自動車道にしても、新たな道路がつながる度に
渋滞名所が増える。

神奈川県内の圏央道と東名、さらには遠い将来に新東名が海老名で集中的
につながるとどんなことになるのか…。


 
渋滞の国道1号から快適な名阪国道(国道25号)へ。

西名阪自動車道、近畿自動車道、中国自動車道、山陽自動車道と乗継ぐ。
渋滞解消し快適ではあるけど、長距離…。

最後に瀬戸中央自動車道で水島インターから降りた。

ここまで、約740km…、16時間…。
よく走った。




いきなり四国はやめて、水島で一泊。

水島到着は20時過ぎ。


 
 
水島って…。

子供の頃、水島=紫電改の町っていう印象が強かった。
軍国少年(?)ではなかったけど、あの頃、ゼロ戦とか紫電改って少年サンデー
や少年マガジンに写真や絵がしょっちゅう掲載されてた。

水島臨海工業地帯。
一応は倉敷市。
水島エリアだけで9万人の人口。


三菱自動車工業水島製作所、JFEスチール、三菱化学、JX日鉱日石エネルギー
製油所(旧三菱石油製油所)などなど…。
三菱自動車水島製作所の前身は紫電改とかを作ってた三菱重工業水島
航空機製作所。

もちろん、市内は三菱車が多い…。
気のせいではない。
でも、圧倒的に「軽」…。

長男の就活第2志望は三菱自だったので、行先といえば、ここ水島製作所
か、愛知県岡崎市にある名古屋製作所。
水島はほとんど「軽」主体。

長男は興味津々で広大な工場を眺めていた。


水島wikipedia


 
 
こちらではスーパーホテルに宿泊。
あちこちにあって、そこそこ清潔でリーズナブルで今回みたいに夜遅くに
到着する場合などにはぴったり。

スーパーホテル倉敷といっても水島地区。
一応、温泉あり。
桃太郎温泉のお湯を運んでくるらしい。

しかし、温泉施設が1ヶ所のみで、男女入れ替えを数時間おきに行う方法。
ウチがホテルにチェックインしたのは21時前。
21時から翌朝までは男湯に。
つまり、女性は翌朝にならないと温泉にありつけない…。
ママはちょっと不満…。

1ヶ所しかないことも最悪だけど、さらには狭くてどうにもならないほど。

もちろん、各部屋はバストイレ付きだけど、折角の温泉…。

一昨年に泊まったスーパーホテル奈良の温泉は広くてきれいだった。
そして、男女それぞれあった。


スーパーホテル

 
 
 

翌11日。

スーパーホテルは無料の朝食つき。
最近、この手のホテルは一泊朝食つきと言わず、無料の朝食つきと謳う。
つまり、無料の朝食なので、不満があっても受け付けないということ…。

しかし、ここの無料の朝食はかなりグッド。
簡単なバイキング形式で和洋折衷(?)、ボリュームもたっぷり。

但し、新人パートさんか、パンがなくなった時、パンはなくなりましたとすげない…。
傍にいた社員さんが慌てて、パンを補充してくれた。



ここは一日かけて見たい電鉄が。
水島臨海鉄道。

スーパーホテルから徒歩数分で水島本線栄駅がある。

P8116136


本線は全線で約11km。
内、南半分の5kmほどは完全高架。
単線、非電化。

高架って、ちょっと面白味に欠ける。
それと、この日はママたちが別の電車に乗車するので、駅だけ撮影…。
心残り…。



不思議…。
実質上の終点水島駅の1日平均乗車人員453人に対して乗降人員は
1,267人。
三菱自工前駅は同69人に対して203人。

なぜ…。

乗る人は69人だけど、降りる人は134人。
電車で来て職場に入るけど、仕事を終えるのは深夜で、他の交通手段でも…。
そんな理由かな…。


水島臨海鉄道

水島臨海鉄道水島本線Wikipedia

水島臨海鉄道wikipedia




後ろ髪…。

高速で10kmほど先のJR児島駅へ。

児島は元々は児島市だったのだが、岡山県が勝手に描いた100万都市構想
のあおりを受けて倉敷市に編入。

日本のジーンズ発祥の地。
もっと昔は学生服の町。

そして、水島臨海工業地帯の一翼を担っている。

児島wikipedia

児島地区は明治時代から「繊維の町」として知られているが、ジーンズに関しては
1960年代に国内で最初にジーンズ生産を手掛けたことで有名。

児島ジーンズストリートは地元メーカーや児島商工会議所などによって味野商店街
の空き店舗への誘致活動として行っている活動。

児島ジーンズストリート

下津井電鉄バスの横っ腹にも…。

P8116140

 
 
JR瀬戸大橋線児島駅。

瀬戸大橋がかかる以前、宇高連絡船が活躍していた頃は宇野線で宇野が
終着駅だった。

橋がつくられ新線・瀬戸大橋線が開通してからは児島駅が本州最後の駅。
電車でここを渡る時、必ず停車する児島駅が気になっていた。

高架から見る駅前周辺が賑やかに見えた。

P8116139


JR西日本とJR四国による本四備讃線(瀬戸大橋線)の児島駅。
本四備讃とくどいネーミング。
本四を強調したかったのだろうか。


児島駅wikipedia


以前は…、といっても23年前までは児島駅といえば、下津井電鉄の児島駅。
JR児島駅から少し離れた所にあった。

電鉄と名乗ってるけど、23年前に鉄道事業から撤退し、現在はバス輸送のみ。
先ほどのジーンズの広告のバスは下津井電鉄バス。

愛称「下電」。


下津井電鉄Wikipedia


児島駅にやって来たのは、ママと長男が電車に乗って大橋を渡るため。

僕は何回も乗ってるけど、ママも長男も電車で渡ったことがない。

数日前に特急の指定席券購入。
昔、お盆の頃は殺気立ってたほどの混み方だった…。
今はなんてことない…。

『銀河鉄道999』の気分を♪



ホームに上がると各停琴平行きが。

JR西日本の115系電車。
黄5号単色塗装。  …かな。

 
国鉄115系電車wikipedia

P8116145



西と四国の乗務員交代。
女性乗務員さんが西。

ドアが閉まっているのは、半手動だから。
あの相模線の手動ドアと同じ理屈。
特急の待ち合わせ5分ほど…、この時期、超暑いので、冷房が逃げない。

P8116148


 
 
予讃線直通の特急しおかぜ♪
ママと長男が乗り込んだ。

男性の方は西の乗務員指導担当。

P8116154



西と四国の乗務員交代。
こちらの女性乗務員さんは西。
四国の男性乗務員さんは中ほどの車両に乗り込んだ。


先ほどの黄色い各停も、この特急も運転士の交代あり。

P8116157




特急の出発後、各停も出発。

P8116160



 
 

僕は一人で瀬戸大橋を。

クルマで渡るのは10年以上ぶり。
この10年ちょっと、冠婚葬祭や会社の出張で何回か電車で。

 
 
クルマも快適♪

P8116164_2

 
 
 
特急を追いかけて観音寺駅へ。
ほぼ同時到着。

この辺りではクルマの方が早い場合も。




長男が撮った写真。

瀬戸大橋線、特急しおかぜ車窓より。

Imgp6531


Imgp6533

 
 
昨年春の記事 
 
四国からトンボ帰り… 2012.03.19


 
 
 
そして、ママも長男も知らずに撮ったのだが…。

Imgp6538
  

この風景…♪

香川県の詫間駅~津島ノ宮駅(臨)~海岸寺駅間。
予讃線でもハイライトというべき美しい瀬戸内海の景観。

沖合いにある津嶋という小島が橋で結ばれていて、島には津嶋神社がある。
ここには津島ノ宮駅というれっきとした駅があるが、毎年8月4、5日の夏季大祭
の時だけ営業する、日本一、営業日数の少ない駅。

JRで、最高に好きな景色♪
晴れた日に、列車に乗って眺めると、ホントに最高の気分になるとこ♪


過去記事から


JR時刻表♪ 2007.09.13
 

0000200709jr_up
 
 

時刻表の表紙の列車は特急しおかぜ又は、いしづち♪

僕にとっては、もうすぐ、おじいちゃんや、おばあちゃんに会えるという、
はやる気持ちが相まって、最高にご機嫌になるとこ♪


 
 
 

特急が駅に到着するのを横目に…。
同時到着。

観音寺駅、いつも車窓から見ては何もないと思っていたのだが…。
 
思ったよりも街。
なんだか新しい街並みのよう。

ま、駅舎は旧いけど…。

P8116167


ママはここでお友だちと。
SNSで知り合った方。

初めてお互いを…。

お土産は横浜銘菓ハーバーを。
そして、友人からは「山越うどん」と「名物かまど」の洋菓子フランソワを
いただいた。

山越うどん


「かまど」は香川県のお土産としてよくいただくお菓子。
おまんじゅう。

今の人はおまんじゅう、あまり食べないからか、洋菓子に…。
でも、美味しかった♪

名物かまど

0000si_kamado



 
1時間ほどカフェでケーキを。

僕と長男は箕浦駅へ。



 





過去記事から(2007年)

JR時刻表♪ 2007.09.13
 
 
そして、さらに西に進んで、愛媛県に入る手前にある、箕浦駅も大好きな駅♪
この駅には“かな泉”といううどん屋がある。
香川県ではメジャー過ぎて、面白くないかも知れないけど、瀬戸内海を眺め、
列車を間近に見ながら、美味しいうどんが食べられる、サイコーのロケーション♪

でも、今回、ネットで調べてたら、かな泉は閉店したらしい。
代わりに、今年6月から、地元の上戸うどんという店がオープンしたらしい。

なんか、寂しい…。
ここは、子供の頃から、叔父や叔母にドライブがてらに連れてきてもらってたとこ。
ま、新しいお店も、うどん♪  
気を取り直して、また、食べにいこう♪


ところが、箕浦駅から撤退しただけでなく、「かな泉」そのものが…。
設立から60年もがんばってきたのに。
2012年11月、あの「かな泉」が破綻した。

かな泉破産

3_2 


 
代わりに上戸うどん。
評判いいらしい。


上戸うどん(香川県箕浦)

上戸うどん(香川県箕浦)/食べログ

 
 


過去記事

箕浦駅のうどん♪ 2012.08.27
  
 
 
 


 

 

現在の箕浦駅♪

大好きな国道11号と予讃線♪
そして、どこまでも穏やかな瀬戸内海♪

P8116171

 
 
 
貨車を転用した駅舎。
以前とは異なる塗色。
ペンキの匂いがするような。

凛々しい。


P8116202



向こうには瀬戸内海♪

P8116201

箕浦駅wikipedia

 
 
島式ホーム、1面2線の小さな無人駅。

1日の平均乗車人員25人。

 
 

ホームから見える瀬戸内海はキラキラ輝いてた♪

P8116207_2

 
P8116178


 
 
次の駅、川之江駅は愛媛県四国中央市。

P8116182


  

僕…。

P8116218  

100mほど川之江方面へ移動して…。

上り観音寺行き。

P8116197

  
急いで戻った。

電車は、あっという間にホームへ。
そして、交換もなくあっけなく出発。
で、なぜか、進行方向右側、山側へ…。


P8116199
 
 
下りの特急が通過。
かなりのスピード。

P8116222



 
 
国道11号♪
 
のどか♪

P8116191







上戸(じょうと)うどん。

燧(ひうち)のいりこは日本一。
燧灘のいりこはウチも使ってる。

P8116187

 
 
 
 

上戸うどん。
今日は日曜日で定休日。


P8116174


上戸うどん(香川県箕浦)

上戸うどん(香川県箕浦)/食べログ

 



  

うどんを食べに♪

観音寺周辺も有名店は多い。
だけど、場所が…。

店先にいたおじさんに聞いてみたら、ココへ。

讃岐といえば、うどん♪

セルフのうどん♪

はなまる、丸亀製麺所と関東でも珍しくなくなったけど、やはり本場。


『うまじ家』豊浜店。

P8116224

  
うまじ家 豊浜店(観音寺市豊浜町)/食べログ



うまじ家は近くに本店があって、そちらは一般店。
こちら2号店の豊浜店はセルフ。

超クソ暑いのに、店外にまで長い行列。
右側にも5、6人の人が待ってて、僕らはその後ろへ。

P8116225


P8116230


 
 
温玉ぶっかけ♪
天ぷらあれこれ。

P8116226
  







国道11号を西条目指して♪

途中、こんな「立派」な民家。


P8116233
  

   
 
  
 
 
僕の夏休み♪ shoesun notesshine 

 
 
 
  
~~~  つづく  ~~~

 
 
 
  



  

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/16

お墓まいり&アクアライン~海ほたる♪

お墓まいり&アクアライン~海ほたる

ぴっかぴかの晴れ♪

気温はぐんぐん上昇♪ 

 
 
朝、目覚まし時計を止めてしまって、遅くに起床…。
やはり、このところ仕事が多忙で疲れてたのか…。

当初予定していた2時間遅れで、出発。  
 
 
ご近所で早咲きの桜がかなり咲いてた♪  
微妙にソメイヨシノではないようだけど、見た目はソメイヨシノ♪
 
そして、都内でもソメイヨシノが開花♪

 
 
 
 
 
保土ヶ谷BPはかなりの渋滞だけど、まあまあ流れてくれた。

狩場から首都高速へ。


ベイブリッジ♪

P3165058



朝出かける時にチェックしたら都内の首都高は大渋滞でまっ赤。
だけど、次々に渋滞解消してくれて守谷SAまでジャスト2時間。
ここ数年で最速だった。

ま、遅く出たのが幸いした…。



守谷SAでランチは、酢豚と八宝菜♪

なんと、まわりでも酢豚と八宝菜が異常に多かった…。
なぜ…。



コーヒはSA内のスタバで♪

僕がヘビースモーカーだったので、ウチにとってスタバは無縁の存在だった。
だけど、今では…。

P3165059



 
 
つくば市は梅があちこち。

お彼岸が近いので、ウチと同じようにお墓まいりしている姿があちこち。
花が生けられてるお墓も多い。

今年も無事お墓まいりをすませた。

 
 
 
 
ママの母方の実家はつくば市。
学園都市から近いとこ。

しかし、数年前に叔父が亡くなったのに、跡継ぎがいない。
50歳代の息子(ママの従兄弟)が二人いるのだが、未婚で都内に居住。
1000坪を超える自宅やだだっ広い田畑…。

どうなるんだろ…。

最近は相続する人が絶えた家とか増えてる。

あるいは母方、父方をあわせても相続する権利を有する子がたった一人。
その子が成人して数年もすると、2軒、3軒の家を相続する事に…。
そんなケースも多く目にする。



 
帰りも守谷SAに。

上りのSAはリニューアル工事中だった。

 
 
 
 
首都高はほとんど順調。

途中、ホンダS600に遭遇♪
ほぼ半世紀前のクルマ。
オープン、今見てもカッコいい♪

ホンダS600Wikipedia




あっと言う間に浮島ジャンクション。

じゃ、久しぶりにアクアラインにでも♪

10km弱の海底トンネル。
ほとんどクルマがいない。

海ほたるのパーキングへ。
待ち時間ゼロ。

 
 
 
 
ETC社会実験ということで、海ほたるでのUターン通行料800円のみ♪
(つまり、片道料金ってこと…。)
来年3月31日まで。
もっと延長してほしい…。

正規料金は普通車3,000円だったかな。
ETCの場合は、元々各種割引が適用されたけど、2,000円を超えてた。(多分)




16時のアクアラインの様子。
千葉方面に向かうクルマは少ないけど、川崎方面に向かうクルマはやや多い。

P3165078



川崎方面からパーキングへ入るのはスムーズでクルマがいない状態。
千葉方面から海ほたるへ入るクルマはやや多く、パーキングも満車状態で
20分~30分待ち。

P3165076

以前、つくば市からの帰り、千葉側から海ほたるに入った。
木更津側料金所からアクアブリッジを走りはじめてほどなく、路肩に延々と
パーキングに入るための行列。
仕方なく並んだけど、2時間以上もかかり、海ほたるに到着したのは夜だった…。


昨年末にアクアライン開通15周年。
もうそんなに経つんだ…。

現在、リニュアール工事中で完全オープンはGW直前の4月20日だとか。

一斉に行うわけにはいかないから、順次工事…。
お気に入りの5F・マリンコートは工事中で明後日18日(月)オープンだとか。

4Fのおみやげ処は4月20日まで工事中。
向かいのエリアはリニューアルしたばかりの新しい施設として東京湾を一望。
かなりシックなつくりで、居心地よいスペース♪

 
 
海ほたる~東京湾に浮かぶパーキングエリア

 
 
 
 
取引先のお嬢さんで、木更津からクルマで東京・三田の職場まで通勤してる
方がいる。
もちろん、アクアラインが成せる技。
そして、クルマ関連の会社であることも有利に作用。

強風、台風、結構たいへんな日も…。

 
 
 
風の塔。
この真下には通ってきたトンネルが。
約10km先が川崎や羽田空港。

P3165062





P3165063


 
 
 
東京ゲートブリッジ、東京スカイツリー。

P3165069




反対側の千葉県側。
大きな建物はスパ三日月竜宮城か。

P3165077




面白いイス。

P3165072

対岸木更津を。
4km余のアクアブリッジがズームでは…。
やはり、上り線(?)川崎方面へのクルマは多い。

P3165084

 
 
 
 
海ほたるといえば、これ♪

P3165087



 
 
 
ゲーセンで…♪
大物ゲット~♪

P3165086


P3165088



このリニューアルされたエリア、なかなか気持ちよい♪
東京湾が一望♪
美味しいものもたくさん♪

あさり入りタコ焼きとか、モダン焼きが好評。
そして、海老名SA(下り)で大評判の「ぽるとがる」のメロンパンも♪
もちろん、あれもこれもゲット♪



ぽるとがるCafe/食べログ

海ほたる~東京湾に浮かぶパーキングエリア

 
 
 
 
 
 
夕暮れ♪
デッキに出てみた。
ここから見る夕日は最高♪

まだ人がまばら♪

P3165099

 
 
 
風の塔の前をコンテナ船が。

P3165105   

  


横浜~♪  
ランドマークタワー、ベイブリッジ♪
富士山、大山もくっきり♪

P3165100

    

大山山頂に日没…。

P3165138




クルマに戻ろう…。
いつの間にか人でいっぱい…。

P3165139

  


帰りの上り線川崎方面へのトンネルは渋滞…。

故障車のせいだった…。




あとはすいすい…。
ところが、狩場付近で渋滞、保土ヶ谷BPも全線渋滞…。
いつもながら、我が家エリアだけが混む。

  

  






  



  








  


   











   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/08

Canon-TVCM♪

★Canon-TVCM♪

晴れ♪
肌寒い…。

今日は寒露…、北海道や岩手県では今朝は氷点下だったとか…。
奥日光・戦場ヶ原では初氷…。

日中はちょっと蒸し暑かった。

3連休は昨日の朝は雨だったけど、晴天に恵まれてよかった~♪
連休最終日、東名や中央自動車道や首都圏の高速は大渋滞…。

ノーベル生理学・医学賞に京大の山中教授らが受賞。
日本人のノーベル賞受賞は19人目…。







昨日、長野自動車道の豊科ICが安曇野ICに名称が変わった。
いつ行けるか分からないけど、覚えておこう。

Imgp6520

 

 
 
近くのショッピングモール・オークシティへ。
ヨーカドー側には小さなロフトや「西武」のコーナーがオープン間近。
セブン&アイに飲み込まれた西武…。
東急グループや小田急グループなどに比べると脆弱…。

イオン側にはg.u.(ジーユー)がオープン間近。

g.u.(ジーユー)
00gu 

こちらはイオン、ブリッジのむこうはヨーカドー。

0000









Canon EOS MのTVCMがいい♪
フェリーに乗った妻夫木聡さん、後ろに見えるおにぎり型の島…、瀬戸内海
の大槌島が懐かしい♪

宇高(うこう)連絡船(国鉄)で宇野港を出航すると、すぐに見えてきた三角の
おにぎり型の島。
子供の頃、父から「鬼が島」だと教わり、信じて疑わなかった…。
この辺りが桃太郎伝説の地ということは知っていた。

瀬戸大橋ができて、連絡船は廃止されたけど、せめて宇高航路のフェリー…。
乗りたいな…♪




フェリーもいいな♪

00ca01

00ca03

00ca6


 
Canon TVCM EOS M「海篇」


Canon広告ギャラリー


 
 
大槌島だと思うのですが…。  多分…。


香川のみどり百選(大槌島・小槌島)


 
 
瀬戸内海はこの宇高航路の他に、いろんな航路、フェリー会社が運航している。
南北を結ぶ航路、東西を結ぶ航路。
四国と本州を結ぶだけでなく、あらゆる島と結ぶ航路も”無数”に…。

どれも魅力的ではある。
愛媛県の東予港から大阪南港を夜中に運航する便はよく利用した。



ところで、51年もの永い間運航してきた宇高(うたか)国道フェリー、
10月17日をもって運航を休止する。
橋の通行料が安くなったことや、燃料高騰などの理由によって…。

休止といってはいるけど、実質的には終わりなんだろう。
残念…。

※最終便は10月17日(水)、高松発 14:30、宇野発 16:30。


宇高(うたか)国道フェリー

四国フェリー

オレンジフェリー/四国開発フェリー㈱
 
 
 
 


大槌島♪
地図を見れば解るように、一周1.7kmほどの小さな島なのに、中央に県境が。
北が岡山県、南が香川県。

これは、なんと江戸時代・享保年間の1732年に遡る出来事。
当時、岡山藩と高松藩がこの島の領有権をめぐって争っていたが、幕府の勘定
奉行による判決によって、南北でそれぞれ領有することに。

島自体の位置関係は高松藩側であると認めた上で、北側が岡山藩の住人によって
開墾されていた事実を認め、真ん中に境界線を…。
なかなか興味深い裁決…。

 

 

 
  

  

サイトが残っているうちに…。

00000

00001_2 

00002  
 




  国道フェリー株式会社

   高松本社    : 高松市北浜町 1-1      TEL:087-851-5001
   宇野営業所 : 玉野市宇野 1丁目2-12  TEL:0863-31-5501

   


 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/30

またまた江の島♪

またまた江の島

今日はどんより…。

長男が帰省しているので、海の幸でも♪

といっても僕にとってはGWはカレンダー通りなので、とりあえずは明日は仕事。
ま、超近場でということで、江の島へ。
僕たちは2週間前に行ったばかりだけど、長男にとっては数年ぶりか。

午前中の日テレのニュースとかで出てくる江の島をのぞむ映像はクルマが少ない。
ホントかな…。

毎年、GWは酷いめに遭ってるのに…。
とんでもなく混んでるだろうけど…。
とりあえず出てみた。


東名は上りが混んでた。


で、江の島へは…。
龍口寺のとこの江ノ電との交差点が若干混んでたけど、思ったよりスムーズ。

但し、江ノ島大橋はクルマがぎっしり…。
朝のあの映像はなんだったんだ…。

江の島には入らず、江ノ電駐車センターへ。  
当たり前のように満車&待っても無理っ。

えのすいの先の県営駐車場へ。

いつものGWよりは空いてる。
ま、カレンダー通りの人にとってはあまり動きたくないし。
天気も曇天だし。


片瀬漁港のこの像…、パンツはいてる…。
んっ、こんなのはいてたっけ…。

P4300012



江ノ島大橋はクルマが動いてない。
江ノ島弁天橋はいつものGWよりは人出は少ないけど、それでも充分な人、
人、人…。

GWといっても、天気のわるい日とか最終日とか、日を選べば最悪の事態は
避けられる…。(かもしれない…)


こんな日には有名店には見向きもしないで、たくさんの客を収容できる大型店に。
初詣のときにもお世話になる貝作がいいかな。

貝作。

P4300016   



もし混んでたら、前回来て、気に入った回転寿司の三浦三崎港へ。
真ん中の青っぽい建物の2F。

P4300017


まずは貝作へ。
いい具合に行列が進行して、5分ほどでそろそろかという状況に。

ところが、コンピュータートラブルでオーダーが厨房に伝わらなくなったとか。
大勢の店員さんが慌てふためいてる。

食べ終わった客がどんどん出ていって、テーブルの空きが増えていってるのに
案内されない。
それに料理が出てくるのを待ってる人たちが大勢…。

僕たちもあと一歩というとこで、待ってくださいの一点張り…。
恐らく、テーブルについても料理は出てきそうにない。
で、この店は出た。
それを見た多くの待ってる人たちも浮き足立つ。


江ノ島大橋はクルマでぎっしり。

P4300018


仕方ないので、貝作のまん前にある店、先日行ったばかりのまぐろ問屋
三浦三崎港江ノ島店へ。

回転寿司…、なんて思っていたのだが、ちょっと評判がいいし、美味しかった♪
それに、ビルの2Fで分かりずらいのか比較的空いてる。

でも、今日はGW…、30分待ちっ。

ところが、タイミングがよかったのか、長蛇の行列も10分ほどで僕らの番に。



まぐろ問屋 三浦三崎港/食べログ

まぐろ問屋 三浦三崎港

三崎恵水産
  

※京樽系列のすし三崎港、すし三崎丸、海鮮三崎港とは違う…。


P4159700




窓の外…、たくさんの人が。

P4300019


今日は生しらす漁が不漁でどちらも昼過ぎで終わり。
先ほどの貝作でも生しらす完売の札がかかった。



こちらは生桜えびが完売。
生しらすはあと少々…。

まずは生しらす♪

P4300021



炙りカマトロ。  めちゃ美味しい♪

P4300023



長男は大食漢なので、次々…。


鯵とまぐろのぶつ切り。

P4300029



〆は厚焼き玉子♪
ホントに美味♪

P4300033



かなり満足♪



いつも、GWはここで悲壮感を味わわせてもらってたけど、これでも、今日は
比較的余裕。


参道は人で埋め尽くされてた。

でも、これも楽しいかな。

P4300036

参道途中の店で…。
寝ているので起こさないでと書かれたカードを…。(英語だったけど…)

P4300038




エスカーで頂上へ。

途中で猫。

P4300040





先日と同じくイル・キャンティ・カフェへ♪


Img




イル・キャンティ・カフェ

イル・キャンティ・カフェ江ノ島店/食べログ

ベイクドチーズケーキを♪

P4300056



テラスからの眺め。
曇天だけど、伊豆半島がぐるりと見えた。

P4300048


とんび~。

P4300063


P4300053





今日は数年ぶりで奥へ。

この奥って思ってる以上に遠くて、来た道をまた戻らないとならないので敬遠
してしまう。
でも、今日は対岸の本土(?)片瀬西浜の駐車場にとめてあるので、船で帰ろう
ということに。


なんだか、いい感じの店が増えてた。


しまカフェ「江のまる」。
コーヒーも美味しそうだけど、お土産やギャラリーがよかった。

P4300069



しまカフェ 江のまる/食べログ


併設してるヒロクメギャラリー。

ヒロクメ ギャラリー


 


   

   

まん前には民宿「海上亭」。

P4300070


海上亭はこんなふうに食堂も。

P4300072



道標。
「山ふたつ」って…。
アップダウンの激しい道なので、あとふたつかなと思った。

P4300074


正解は…。

江の島って途中でくびれていて、ここから見ると山ふたつ。

Img_0001    

  

この先は…。
ホント、アップダウンが激しい。

P4300076

  

中村屋羊羹店で海苔羊羹を♪
けっこう好き。

P4300077



最近、話題の江之島亭。

P4300081

 

振り返ると展望灯台が。

P4300079


やっと、奥津宮。
なんだか、ずいぶん遠くに感じた。

P4300082



この鳥居は源頼朝が寄進したとされる。

P4300083


急な下り坂。 間もなく岩場、稚児ヶ淵へ。

P4300086


富士見亭。

P4300087








稚児ヶ淵。

富士見茶屋じゃなくて、FUJIMI-CHAYAになってた。
以前は和風の普通の店だったのに、流行りのカフェに変貌してた。
昨年2011年2月リニューアル。


P4300088





FUJIMI-CHAYA/食べログ



創業は1854年だから、158年前…。

嘉永7年、11月からは安政元年。
幕末、ペリーが来航して騒然とした世相。
下田と函館の開港条約を結んだ年。
そんな頃から江の島の地で…。


以前はこんなだった…。


富士見茶屋/うみさくら



201205





そして、海岸の岩場、稚児ヶ淵。

久しぶり…。

P4300090



この先には岩屋洞窟とかあるけど、今日はパス。

磯遊びに興じてる。

P4300093



大磯方面を。
右手に烏帽子岩も見える。

P4300096




そ、船で帰ることに♪

ここから江の島入口までは目と鼻の先。

僕たちの数人前でストップ、満席に。

P4300100


あっという間に次の船が。


P4300106


P4300110



船が出たと思ったら、もう次の船が接岸しようとしてる。
4隻の船が行ったり来たり。


歩いて帰ったら、間違いなく30分以上はかかる。

船だと500mほどの距離で、所要時間5、6分…。

P4300114


江ノ島弁天橋は帰る人で…。

P4300116




江の島の右端の岩場から出て、あっという間に、この江ノ島弁天島の片瀬寄り
に接岸。
ここから駐車場まではわずか…。

船って便利♪

P4300119



GW…。
このエリアは最悪の混み方をするので来るつもりはなかったのだが、
近場だし、なんだか、今日は大丈夫なような確信が…。
確信といっても、なんの根拠もないのだが…。

強いて言えば、天気のわるい日、GW最終日などは狙い目かも。

鎌倉周辺、他のエリアでは最悪の混雑もあったのかもしれない。



 
ま、とりあえずGW第一ステージ終了。
雨にならずよかった…。



 

帰り道、国道1号と交差する辺りの国道467号沿いの白旗神社には
例年通りたくさんの鯉のぼりが♪

                              2009年5月撮影。

P5033971








過去記事

ホント、半月前に全く同じものを。

生しらす♪ 2012.04.15

 
◆ついでにGWの過去記事

湘南へ♪ 2011.05.05
モナの丘♪ 2011.05.03
大磯♪ 2011.04.30
GW初日♪ 2011.04.29

真鶴♪-2 2010.05.04
真鶴♪-1 2010.05.03
道志みち♪ 2010.05.01
GWはじまった♪ 2010.04.29

買い物~常泉寺♪ 2009.05.04
GWの鎌倉♪ 2009.05.03

GWの横浜♪ 2008.05.04
引地川の鯉のぼり&長後のポピー畑♪ 2008.05.05
道志みちで帰りました♪ 2008.04.27
忍野♪ 2008.04.26
葉山花の木公園のつつじ♪ 2008.04.19

道志みち♪ 2007.05.04
鯉のぼり♪ 2007.04.30

奈良のアルバム♪ 2006.05.06
春の横浜♪ 2006.04.22

 










  

   

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/12/24

クリスマスイブの横浜みなとみらい♪



今日はぴっかぴかの晴れ♪


年賀状、昨夜終って、今朝投函…。
ホント、プレッシャー…。




この時期、横浜はひどい混雑…。
わかっているんだけど、雑踏に…。

横浜でのクリスマスは混雑するので何年も避けてきたけど…。



出かけた途端に保土ヶ谷BPで事故の情報…。
下手くそっ…、そんなことを思いながら渋滞回避のルートへ。

40分ほどで首都高みなとみらいランプを降りる。
全然早く着いた。

いつものパーキングにでもと思いながら走りだして、異変に気づく。
とにかく左車線はどこも塞がってる。
ほとんど他府県ナンバー。
ホント、なんで押し寄せて来るんだろう…。
答えは簡単、いいとこだから♪
こんないいロケーション、どこにもない…。


どのパーキングも全て満車。
みなとみらいから赤レンガ倉庫の方へ向うと、さらに悪化。

このパーキング待ち行列、1時間から2時間以上待つだろうな。
パーキング行列が交差点を挟んでるケースもあり、他のクルマが割り込んで
くるとクラクションの嵐。

つまり、パーキング行列にさえも入れない…。(ホント、最悪…。)

かなり青ざめながら、とにかくクルマのいないエリアへ。

あった♪
そのままパーキングへ。

誰も気がつかないエアポケット。
これは秘密にしておこう…。

場所はどの施設よりも立地条件抜群、あまり大きくないので、出入りに要する時間
は1、2分。

まずは、こちら♪
パチリ。

Pc247575




クルマが多いってことは、人も多い。
2、3分で歩けるとこが10分以上かかる。

そ、あの震災の日の徒歩帰宅よりもひどい。
震災の日は身体は触れることがなかったけど、今日はぎっしり。
ラッシュの通勤電車並み。


Pc247583




ワールドポーターズの目の前にオ-プンしたカップヌードルミュージアム。
入ってみたら、ここもひどい混雑で、お目当ての体験コース「マイカップヌードル
ファクトリー」は混雑が激しくエントリー終了してた。

お土産ショップ。
Pc247572




ひよこちゃんが愛嬌を振りまいてた。

Pc247573




仕方ないのでワールドポーターズで軽く腹ごしらえ…。
ところが、ここも人、人、人。

いつもの聘珍楼がやってる聘珍茶寮がかろうじて…。


聘珍茶寮

そして、今日もお土産は聘珍楼の肉まん。






赤レンガ倉庫のほうへ歩くけど、さらに人が多い。

ここから見える大桟橋も相当な人…。


大桟橋には、今日も飛鳥Ⅱが♪

Pc247586

Pc247590






海上保安庁の巡視船「いず」(PL31)。
横浜には第三管区海上保安本部があって、茨城県から静岡県までを管轄。
海のない栃木県、群馬県、埼玉県、山梨県も管轄。

Pc247592


今日は飛鳥Ⅱの他にもう一隻、大型客船が。
ベイブリッジもくっきり。

Pc247594


赤レンガ倉庫に到着。
今年は創建100周年。
すごい古い倉庫。

Pc247598



横浜赤レンガ倉庫


クリスマスマーケット♪

ドイツからの屋台が出店。
美味しそうなビール、ワイン、ソーセージなどなど。
但し、もの凄い人。
行列に加わるパワーはなし。

比較的短い行列に加わってみた。

 
 
 
クリスマスマーケット

クリスマスマーケット/横浜赤レンガ倉庫
 
横浜赤レンガ倉庫でクリスマスマーケット開催/マイナビニュース

 
 
 


Pc247616

Pc247603


ブレーメン…♪

Pc247606





サンタ♪

ところで、みなさん、何歳までサンタを信じてましたか…?
僕は小学校5年生まで信じていたことを覚えてる…。
欲しくて仕方なかったレーシングカー&サーキット、サンタのプレゼントだと
信じて疑いませんでした。
今の子供たちはもっと早くに目覚めるんでしょうか…。

Pc247609



大きなクリスマスツリー♪

Pc247610


Pc247615



またもや、飛鳥Ⅱ。
Pc247622

Pc247621



屋台に並んでみた。
行列して食べると、余計に美味しい♪

Pc247628


リアル。

Pc247629



港横浜らしい光景♪

Pc247632   


Pc247645


夕暮れ。
クリスマスツリーが輝き始めた♪
Pc247661





大きな汽笛が鳴ったと思ったら、飛鳥Ⅱが出航。
すごく劇的なシーン。

昔、ソ連船でナホトカに向けて大桟橋を出航したことが思い出される。
五木寛之の読み過ぎだったのかも…。

あれ以来、飛行機でしか出国してない…。
折角、近くに横浜港があるんだから、次は船でいくなんていいな♪

Pc247677


ゆっくりと出航。
Pc247680


※追記(12月25日)
25日の朝日新聞・朝刊ローカル面に飛鳥Ⅱの記事がどかん。
最近は1泊2日の最短ツアーがあるのだとか。
「クリスマスワンナイトクルーズ」、夕刻出航、横須賀港に寄って、東京湾沖
で一夜を過ごし、翌朝横浜に戻るコースなのだとか。

これなら、毎晩、出航風景が眺められ、横浜でのクリスマスに彩りも♪







さて、戻ろう。
しかし、どうしょうもないほどの人。

Pc247676


Pc247681


Pc247702


Pc247705


ワールドポーターズの前の橋を渡るのに、普段なら2、3分なのに、なんと20分
以上…。
もうどうしょうもない人の渋滞。

やはり、横浜って、こういうイベント時期は異常に過熱する。
警備不可能とまで言わせた花火大会とか…。
何をやっても集客あり過ぎ。

大阪府を抜いた神奈川県の人口は900万人を超えた。
それなのに、一極集中型。
その上、他府県からもやってくる。

クリスマスに来るのはやめよう…。
無理っ。

パーキングも食事にもありつけない程…。


でも、イルミネーションとか、サイコー♪
単体では表参道がいちばん好きだけど、総合的には横浜みなとみらい♪



駐車場や食事、今回は伏せておく…。
ここで書くと、必ずしっぺ返しがくる…。

駐車場で辿り着く人、食事処で辿り着く人、ホントに多い…。





Pc247716

ドックヤードガーデンや日本丸がきれい♪

Pc247721


Pc247728 




日本丸/横浜みなと博物館


ドックヤードガーデン/横浜ランドマークタワー

Pc247729





過去記事

横浜・ヨコハマ・YOKOHAMA♪ ship notesshine





以前はクリスマスといえば横浜だった。
混んでたけど、全然我慢の範囲内。
ま、自宅が横浜だから仕方ないけど…。
郊外に転居してからもしょっちゅう。

徐々に混み具合が尋常じゃなくなった。
少し敬遠していたら、さらに混雑の度を超える状態…、ここまで酷いとは…。

イルミネーションはお勧めだけど、クリスマス前後は勧められない。

クルマも人も、とにかく凄まじい。

初夏、GW、あじさいの頃の鎌倉、湘南も同じことが言える。



 



























  

| | コメント (4) | トラックバック (0)