2017/10/19

ホンダ・スーパーカブ…♪

★ホンダ・スーパーカブ…♪

雨…。

寒かった…。



  

新型「スーパーカブ」11月発売、生産拠点は中国から日本へ。

ホンダは2017年10月19日、オートバイの「スーパーカブ」シリーズ4種類
をモデルチェンジし、生産拠点を中国から日本の熊本製作所に移管したうえで、
11月10日に発売すると発表した。

「スーパーカブ50」、「スーパーカブ110」は、高効率の空冷・4ストローク・
単気筒エンジンを搭載。
外観はレッグシールドからリアフェンダーにつながる滑らかな曲面で構成された
デザインに一新される。
また、ボディーの両サイドに取り外し可能なサイドカバーが採用されたほか、
丸形ヘッドライトにLEDを採用したことで、コンパクトなハンドルまわりが実現した。

価格帯は23万2200円~29万7000円。
ホンダは、国内の販売台数を、シリーズ合計年間2万200台で計画している。

「スーパーカブ」シリーズは、1958年(昭和33年)年に登場。
なんと、来年は発売60周年。
初代モデル「スーパーカブC100」以来、低燃費や耐久性などが支持されて
いるロングセラーモデル。
シリーズの生産台数は、オートバイとしては世界で初めて累計1億台を突破。



ホンダ・スーパーカブ…。
来年で発売60周年♪

ホンダといえば、スーパーカブ…。
代表的な姿といえば、そば屋さんの配達…。
郵便配達、新聞配達…。
ま、ありとあらゆる場面で活躍…。


  
 
そして、忘れてはならない…。
”世界を席巻した”…♪
クルマと共にちょっと憧れたリトルホンダ♪
ま、映画「個人教授」の影響だけど…♪


リトルホンダ♪ 2009.08.21





スーパーカブ。
イエローにすると、なんか、カッコいい♪

Hondacub_001

  
  
新型「スーパーカブ」11月発売/乗りものニュース

   
  



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/15

月曜日…

★月曜日…

どんより…。

朝は肌寒かったけど、電車の中は蒸し暑い…。




  
  

箱根ナビ♪

つつじ、新緑などなど…。

この時期の箱根はとにかく無条件によい♪


箱根ナビ
Hakonenavi000

201705hakone00

 



  
■ところが…。


箱根ロープウェイ。

桃源台駅~大涌谷駅間は来週月曜日から約1ヶ月間、運転を休止…。



定期点検整備工事実施に伴う一部営業運転の休止…。


1. 運休期間  2017年5月22日(月)~2017年6月23日(金)まで 

2. 運休区間  大涌谷駅~姥子駅~桃源台駅間 
※早雲山駅~大涌谷駅間のロープウェイは、平常通り運行。

3. 代替輸送  (1)輸送区間  大涌谷駅~姥子駅~桃源台駅(定期点検整備区間)
          ※専用シャトルバスを運行。 

              (2)輸送時間  9時00分~17時00分             
           ※上記時間を約15分間隔で運転。

箱根ロープウェイ一部営業休止/箱根ロープウェイ

  




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/26

リニア・鉄道館へ♪

★リニア・鉄道館へ♪

10月21日(金)。
晴れ♪

暑くもなく、寒くもなく…。


  
  
ママの朝ドラをつきあって…。
ようやく出発。


厚木インターから東名に。
御殿場JCTから新東名。


やはり、ここは走りやすい…。
何もしなくても、勝手に走ってくれる。

そして、滑らか…。

交通量もほどほど…。

平均速度は東名よりも+20kmくらいか。
追い越し車線は130~140km、本線は100kmくらい…。



トンネル内。
快適。

いや、トンネル内の方が快適と思えることも。

Img_8069



新東名が開通してから、4年半…。
3年前の夏休みに新東名を走った時も感激。
しかし、SAやPAの人気が過熱して、どこも入れないほど…。

今年2月、浜松いなさJCT~豊田東JCT間が開通して、御殿場JCT以西
は全通。
残る御殿場JCT~海老名南JCTの内、厚木南IC~海老名南JCT間は
2017年度開通と発表されている。

いっそ、御殿場JCT以東は要らない気がする…。
海老名あたりで新東名を終わらせるくらいなら、御殿場で終わらせたまま
のほうが、混雑、渋滞の回避になるのではないか…。



3年前のリベンジ…。
今回、あちこちのSA、PAに立ち寄った…。

新東名は東名よりも内陸を通っていて、山側をいく。
標高は200m、300m当たり前…。

そして、SAやPAは申し合わせたかのように標高100m前後。
ま、SAからの風景はどこも山、山…。

街からかなり離れた場所である。




平日ということもあって、どこもスムーズ。

静岡SA。

さすが、静岡。
美味しいものがあれこれ。


NEOPASA静岡下り/NEXCO中日本

Img_8076

  
  


12時過ぎ…。

岡崎SA。
上り・下りで同じ施設を共用。

こちらは下り用のエントランス。

このエリアといえば。
仏法僧か…。 
はたまた、コノハズク、フクロウ…。

Img_8085


NEOPASA岡崎/NEXCO中日本


食パンで人気のベーカリー「パンのトラ」には、驚くような行列。
高速初出店とか。
ウチも並ぼうかと話したが、旅行中に食パン買ってどうする…。



ランチ。
名古屋めしを代表する味噌かつの「矢場とん」。

平日なのに、そこそこ行列…。
他店を圧倒している。

ウチも…。

Img_8087



足もとを見たら…。
フードコートのテーブル席の真ん中にこんな表示。
ずっと向こうの方まで点線は続いてた…。

土日はホントの行列が延々…、凄いらしい…。

矢場とんだけの専用行列ライン…。

Img_8088



みそかつ。
ロースとんかつ。

ま、確かに美味しかった♪

でも、一度食べたら、もういいかな…。

とんかつ…、やはり、その店独特のとんかつソースが好き♪
いや、ブルドッグソースでもいい…。


Img_8090


矢場とん
000000yabaton







  



ここからは、すぐそこ。

岡崎SAを出ると、2、3分で豊田東JCT。
新東名は勝手に終わり、そして、勝手に伊勢湾岸自動車道となってる。

刈谷とかを過ぎ、名古屋市港区の名古屋港。
港の外周部南端を走るのだが、下を船舶が通るため、かなりの高架。

名港トリトンと呼ばれる3つの大橋からなる。
最も高いとこで桁下47m。

ま、横浜のベイブリッジが55m。
これでも、最大級の大型客船がつかえてしまうことに…。
今さら、上げるわけにもいかず…。
港を跨ぐ橋って、高くせざる得ない宿命…。



金城ふ頭の名港中央ICを降りる。

ここからリニア・鉄道館はすぐ。


余談…。
名港中央ICは名古屋市港区。
3kmほど西にある隣の飛島ICは、なんと、愛知県海部郡飛島村…。
言いかえると、隣の埠頭は飛島村…。
なんということ…。






そうそう、リニア・鉄道館へ。

なんか、殺風景なとこ。
近くにはポートメッセ名古屋とかある。
大型ファニチャの店も。
来春、レゴランドもオープン予定。

おおなみ線の終点、金城ふ頭駅が高架の上に。

駅前には風景に溶け込めない雰囲気のチャーチ。
照れくさそうに結婚式場…、アンジェローブ


駅から徒歩1、2分。
コインパーキングのタイムズ24がやってる大型駐車場へ。
これが、ポートメッセ名古屋とかリニア・鉄道館などの利用者向け駐車場。


リニア・鉄道館。
名港トリトンの名港中央大橋がきれいに見える。

Img_8094


  
  
館内へ。

まず出迎えてくれるのは。
C62、300X、MLX01-1。


300X。
955形新幹線試験電車。

カッコ良いカスプ型先頭車は滋賀県米原市の鉄道総合技術研究所
に静態保存されている。

ココに展示されているのはラウンドウェッジ型先頭車。
右奥は超電導リニアMLX01-1

Img_8100


新幹線955形電車Wikipedia



国内最速記録443.0km/hを記録した。(もちろん、リニアは除く)

ラウンドウェッジ型先頭車の速度記録エンブレム。

300x443



  
リニア・鉄道館/JR東海
00000jrcentral

Jrcentral002



リニア・鉄道館 wikipedia








一応、C62も…。
「つばめ」のヘッドマーク。

Img_8101





まっ先に。
大好きな300系♪

Img_8114


新幹線300系電車wikipedia





リニア・鉄道館。
こちらに展示されている車両は主に浜松工場からのものが最も多く、
次に佐久間レールパーク美濃太田車両区から移された。

明治村から移されたホジ6005形蒸気動車は国内に現存する唯一の蒸気動車
で、鉄道記念物に指定されている。
C57は準鉄道記念物。



佐久間レールパーク。
1991年~2009年、飯田線中部天竜駅構内にあった鉄道車両博物館。

佐久間レールパークWikipedia





急行「東海」のヘッドマーク。
懐かし過ぎる…♪

165系湘南色。

Img_8126


国鉄165系電車wikipedia

  
  
チョコレート色のモハ63形は中央線三鷹行き。

戦時下における旅客輸送を目的に1944年(昭和19年)から作られた
通勤型電車で、戦時中、戦後の輸送に貢献した。
しかし、資材と熟練工不足により、車体は徹底的に簡素化。
そして、1951年(昭和26年)、あの「桜木町事故」が…。
桜木町駅構内で発生した車両火災事故により106名が亡くなった。
この事故以降、列車の火災対策が本格的に進められた。

Img_8127


国鉄63系電車wikipedia



0系♪

Img_8130




ドクターイエロー。
新幹線922形電車。


Img_8129

ドクターイエロー wikipedia



国鉄381系、クハ381形。
振子式の特急電車。

Img_8131


国鉄381系電車wikipedia




往年のEF58♪
リニア・鉄道館5周年のヘッドマーク。

ぶどう色2号…。
この塗色がしっくりくる。

Img_8132

国鉄EF58形電気機関車Wikipedia





国鉄111系電車、クハ111形式。(クハ111-1)
この車両は佐久間レールパークで保存されていた。

Img_8134


国鉄113系電車wikipedia





戦後作られた車両スハ43形客車。
3等客車。

この車両は美濃太田車両区から。

懐かし過ぎるサボ。
名古屋行…。  ま、ここはJR東海だから…。

Img_8136



木の床…。

子供の頃、東急目蒲線(現、目黒線、多摩川線)やハマ線でも経験した。
当時、油臭かった…。  あれは、ワックスだったのか…。

Img_8138



国鉄モハ52形、モハ52004。
1936年(昭和11年)、1937年(昭和12年)に作られ、関西で活躍。
戦後、関東でも横須賀線に数両が…。
同じこ頃、飯田線にも転用された経緯からか、佐久間レールパークに保存されて
いた車両を製造時の姿に復元してこちらへ。

Img_8140


国鉄52系電車Wikipedia





お口直し。
新幹線。

0系、100系、300系、700系。

Img_8143





キハ181系♪
JR四国から譲受し、佐久間レールパークに保存されていた車両。

JR四国から…。
もしかしたら、僕も乗った車両かも…。
そんなことを思いながら…。

Img_8144


キハ181系気動車Wikipedia




ホジ6005形蒸気動車。

国内に現存する唯一の蒸気動車で、鉄道記念物に指定されている。
明治村から移された。

Img_8160


日本の気動車史wikipedia



側面。
普通の客車のように見える。
先頭部分に「機関室」の文字。

Img_8159



吊り革。
本当に全て革で作られている。

Img_8158



C57形式 蒸気機関車。
「C57 139」、1940年(昭和15年)製造。

主要路線で運転される旅客列車を牽引することを目的に1937年から製作
された蒸気機関車。
当館にある139号機はお召列車にも使用された。

そんなお召列車装備で展示。

Img_8162


ジオラマ。
もちろん、HOゲージ。

ジオラマの左側は大阪。
隣接して京都の大文字焼きなど。

メインは名古屋が大々的に…。
そして、右のほうには浜名湖、あっと言う間に横浜中華街。
端の方に東京だろうと思われる景色。

左側。
夕景になると大阪湾での花火大会♪

Img_8164




どうせ当たらないと思いつつ抽選券を投じた。
すごい倍率…。
時間になって、番号を照合したら、なんと当たった♪

N700のシュミレーター。
東京駅を出発して、静岡駅を通過、そして、名古屋駅到着。



そんなN700シュミレーター。
運転席はサイコーだった♪
一応、修了証もゲット。

Img_8173




後ろ髪を引かれる思いで…。

パチリ…。

Img_8180_2


ずっと居たい気分…。

Img_8184





まだまだ…。

Img_8185






リニア・鉄道館を後にして。

刈谷ハイウェイオアシスへ。

刈谷ハイウェイオアシスのランドマーク、観覧車♪


温泉で汗を流し、寿司をほおばり…♪
なかなか贅沢な時間を。

PAということだが、そこいらのSAよりも広大で店などが充実。
大きな食品スーパーも。

それもそのはず、一般道からの駐車場も広くて、普通に利用されている。
温泉や食品スーパーは高速利用者よりも地元の利用者に人気のよう。

ウチもあれこれお土産…。
南知多の名店「えびせんべいの里」は人気。
ここでも”えびせんべい”とか”いかせんべい”とかを…。

坂角の”ゆかり”もうかうかしてられない勢いかも…。
ま、”ゆかり”の美味しさは別格だけど…。

ウチは両方ともお土産に買い求めた。



刈谷ハイウェイオアシス

01






そして、長男のアパートへ。
JR刈谷駅からすぐ。


物が多くて、収納が追いつかない様子だが。
ま、そこそこちゃんとした生活をしていた。






 ~~  つづく  ~~


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/17

箱根-2♪

★箱根-2♪


8月16日(火)。

晴れ♪

暑い…。





熱海。
台風7号北上してきてるのに…。

ぴっかぴかの晴れ♪


Img_7574
  
  
  
朝食もバイキング。

Img_7579



バイキングだと…。
どうしても、食べ過ぎ…。

Img_7578
  
  
  
意外と熱海♪
来宮神社に入るとこのメガネトンネル。
  
Img_7582_2
  
  
  

箱根の旅で熱海泊…。
苦渋の選択…。

ま、熱海好きだし♪
良かったかも…。


意外と熱海物語

201608igaito_2



意外と熱海物語


熱海ニュース/熱海市観光協会

  



  
  
  

今回のテーマはあくまで”箱根”♪

来たときと同じく熱海街道を…。

下ってきた時は下り勾配のきつさに辟易としたのだが…。
上りは…、なぜか、気がついたら呆気なく熱海峠。



ホテルを出発して20分足らずで、十国峠。

Img_7595



富士山♪

Img_7593

  
Img_7596


  
芦ノ湖♪

Img_7599






昨日、訪れた箱根関所エリアの隣。
箱根関所エリアは数少ない西武系列エリア。

そこから徒歩数分の隣接エリア。
西武系の遊覧船に対して、こちらは小田急系の海賊船の港。
箱根駅伝の往路ゴール&復路スタート地点としても有名なエリア。



  

今年1月にオープンした箱根町港の畔屋(ほとりや)。

  
Img_7600


茶屋本陣 畔屋/箱根観光船
Hotoriyalogoa3b2_1


箱根海賊船/箱根観光船
201608hakonehune_2



Img_7601



海賊船♪

Img_7602
 


Img_7607

  
畔屋は本物志向の土産物屋が並ぶ。
こちらで、あれこれお土産を。

Img_7611



こちらも魅力的なお店。

Img_7614



Img_7612






旧東海道、県道732号湯本元箱根線へ。


~~~~~
昨日の記事を再掲載。


箱根関所資料館では、「お玉ヶ池」の伝承が大きく取り上げられていた。
箱根関所といえば、「入鉄砲出女」が象徴的。

「出女」の象徴といえば、この「お玉ヶ池」のお玉。

旧東海道、県道732号湯本元箱根線の元箱根寄りにあるお玉ヶ池。
この箱根関所にまつわる伝説の地である。
    
元禄15年(1702年)、関所破りの罪で一人の少女が捕らわれた。
伊豆国大瀬村の百姓の娘で玉という名であった。
大瀬村とは、西伊豆の大瀬崎のある、あの富士山が目の前に見える
風光明美なとこ。

7歳で江戸に奉公に上がっていたが、17歳の時、家恋しさのあまり店を
抜け出し、通行手形もないままに箱根まで来たが、関所の裏山を抜けて
いこうとしたところを役人に見つかり、投獄。
2ヶ月の吟味の後に下された処分は、打ち首獄門。
死罪ではあるが、磔(はりつけ)獄門や火あぶりよりは軽い刑とされていた。

お玉は捕らえられた場所で斬首となった。
街道から外れた裏山に入ったところの坂道であった。
哀れに思った村人は、獄門に晒されたお玉の首をこの池で洗ったという。
それ以来いつしか“薺(なずな)ヶ池”という名が“お玉ヶ池”と呼ばれるように。
そして処刑された坂道も“お玉ヶ坂”となったという。

とにかく、関所破りは死罪…。

ただし、処刑は避ける方向だったらしく、実際に死罪となったのは300年で
5件、6人といわれている。
裏関所の仙石原の裏関所を含めて300年で20人という説など。
道に迷ったという言い訳の”藪入り”とか、金銭で解決する裏取引が多かった
とか。
つまり、思ったよりは少なかったらしい。




そんな伝承のお玉ヶ池。

Img_7615




お玉ヶ池から少し先。

箱根旧東海道。
 
Img_7620

 

Img_7619

 
1kmほど歩いてみた。
昨日の雨で多少滑りやすいけど、この石畳はかなり大変な工事で
整備された街道だった。

Img_7623




甘酒茶屋♪

Img_7628




Img_7635




外は暑い…。

しかし、店内は涼しい…♪
まるで、冷房してるかのよう。


朝食バイキングで満腹なのだが…。
ここへ立ち寄ると…。
「いそべ」、「黒ごま」を。

Img_7637


箱根 二子山 甘酒茶屋


  
江戸時代初期の創業で400年の重み。

現在の当主は13代目とか。
  
明治14年の版画。
当時は数軒の茶屋があったとか。

Hangar

※甘酒茶屋公式サイトより


店内は冷房してるかのような涼しさ♪
外は暑い…。

Img_7639


   



箱根ガラスの森美術館♪

長男は行ったことがないので…。

昨年、5月下旬に来たときは駐車場はずいぶん空いていたのだが…。
今日は、たまたまこちらの駐車場に入ることができた。

ほとんど第2駐車場へ誘導される。


客足は元通りに戻ったか。

台風情報がなかったら、恐らく満車…。





オープン20周年♪

Img_7640



オープン20周年を記念して、扇子形のチケット♪

Img_7765





Img_7642


箱根ガラスの森美術館
Hd_sg_logo





大涌谷を。
落ち着いた状況。

Img_7643
 

大涌谷駅に到着する桃源台からのロープウェイが見える。
Img_7646



展示品が入れ替わってた。(多分…)

Img_7656




Img_7657

   
いつものレストラン…。
これでもかってくらいに長い長い行列…。

ウチはバイキング朝食の重みと甘酒茶屋での餅のせいで空腹にならない…。
パス…。
 
Img_7662



Img_7665



ショップ…。
ここで費やす時間と…。

Img_7670_2


台風はどこに…。
青空♪

Img_7674_2


  
Img_7677_2




  
  

箱根登山電車の小涌谷踏切。

箱根駅伝でも有名な小涌谷の踏切…。

クモハ1000形『ベルニナ号』。
1003+2202+1004編成。

Img_7685_2




小涌谷駅へ。

Img_7690_2




今日は大文字焼き。

臨時列車も。

Img_7694_2



小涌谷駅(こわきだにえき)。

2面2線。
1日平均乗車人員325人の小さな駅。
ま、箱根湯本駅でさえ4,652人…。

標高523m。(箱根湯本駅は96m)


小涌谷駅(読み方は”こわきだにえき”)wikipedia


箱根登山電車/箱根登山電鉄
201608hakonetozandensha_2




そろそろ、次の電車…♪
再度、踏切へ。


3000形アレグラ号。

Img_7697_2


3000形アレグラ号 特設サイト/箱根登山電車



3000形アレグラ号、強羅行き。

Img_7702



モハ2形108号、箱根湯本行きと交換。

Img_7709


103号+107号+108号の3両編成。 
いずれも1950年代の製造。

Img_7720




尚、モハ2形110号は2017年2月に引退する…。

9月3日から復刻塗装車の運行が予定されている。


箱根登山鉄道110号車両、 2017年2月引退/箱根登山鉄道








箱根湯本エリア♪

どの駐車場も満車…。
運良く駐車場にとめることができた。




箱根湯本駅。

Img_7723




小田急線、赤い電車1000形♪

Img_7726


 
ロマンスカーEXE・30000形。

Img_7734

きょう、ロマンスカーで。/小田急
Banner_kyoroma





ここには宮ノ下のピコットが出店。
明日の朝食用に、パンを調達…。

長男はカレーパンを買って食べた。
今まででいちばん美味しいカレーパンと言ってた。
次回、僕もトライしたい。

Img_7737



ピコットだけでなく、仙石原の箱根ラスクの店舗も賑わっていた。

Img_7742


そうそう、小田原の有名店もこぞって店舗を構えてる。
こちらは籠清がやってる籠屋清次郎の「揚げかまぼこ」~♪

Img_7741



お土産には籠清のかまぼこや揚げ物を。

籠屋清次郎(箱根湯本)

籠屋清次郎(箱根湯本)/食べログ



創業1814年…、創業202周年♪

小田原 籠清





ランチ代わりに…。
あれこれ…。

美味しかった♪

Img_7740




”湯もち”の「ちもと」…♪
なんということ…。
長蛇の行列…。

諦めた…。

Img_7746


湯もち本舗 ちもと



やはり…。
小田急ロマンスカー効果か…♪

2014s2


小田急ロマンスカー♪ shine
  
  
  
湯本橋を渡ると、そばの”あかつき”が長蛇の行列…。

やはり、裏道も魅力的な箱根湯本。





 
箱根ナビ
201608hakone   
  


  



  
  

帰路。

すいすい…。

晴れていた青空に雲が増えてきた。
風も…。

西湘バイパスへ。
二宮インター付近は台風の影響か、うねりが…。

Img_7756


あの事件、いや、事故でもない、災害か…。
あれ以来、ちょっとした波でも通行止め…。

そんなことになる前に走り切りたい…。

大磯。

Img_7757



柳島交差点。
こちらで左折。

この交差点もごちゃごちゃと標識が増えたもんだ…。
圏央道の開通で、左折車が増えたし。

Img_7759






台風7号発生の報を聞いたときは…。
最悪の予想が…。

で、夏休みの混雑、渋滞…。

箱根が元気になったので、どっと繰り出す予想…。
などなど…。



ところが、台風の発生などの影響か、お盆休みとは思えないほど
普通+αの箱根…♪
思ってもなかった、ぴっかぴかのお天気♪

出発するときの不安とは180℃異なり、すごく良かった♪



~~~ 完 ~~~









■箱根関連過去記事



箱根♪ 2015.08.10

箱根♪ 2015.05.23

箱根ポーラ美術館♪ 2013.09.14

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-2  2013.11.30

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-1  2013.11.29
  
秋の箱根へ♪ 2012.11.10

箱根宮ノ下~箱根湯本♪-2 2012.07.07

箱根仙石原♪-1 2012.07.07

いざ箱根3♪- 帰りに寄り道 2011.10.09

いざ箱根2♪-箱根仙石原 2011.10.09

いざ箱根1♪-足柄道アプローチ 2011.10.08 

箱根2-強羅~宮下♪ 2010.12.06

箱根-仙石原♪ 2010.12.05

Pc041881


箱根の紅葉-2♪ 2008.11.08

箱根の紅葉-1♪ 2008.11.08






■熱海関連過去記事

熱海というか、西湘も…♪


西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

熱海♪ 2016.03.12

湘南ゴールドを♪ 2016.02.06

大磯の左義長♪ 2016.01.09

鯵が食べたい♪ 2015.07.25

GW-江之浦・真鶴へ♪ 2015.05.03

根府川へ…合流部、驚愕の新事実…♪   2015.03.28

湘南ゴールドを♪ 2015.02.07

国道135号根府川合流部改良工事完成へ♪ 2015.01.15

真鶴♪ 2014.09.13

お花見…根府川・江之浦へ♪ 2014.04.05

GW2回目の江之浦とか♪ 2013.05.03

湘南ゴールドを♪ 2013.04.27

桜を見ながら江之浦へ♪ 2013.03.23

小田原♪-2 2012.06.21

小田原♪-1 2012.06.21

江之浦~真鶴♪ 2012.05.04

江之浦~根府川のおかめ桜♪ 2012.04.01

江之浦へ♪-2 2012.03.03

江之浦へ♪-1 2012.03.03

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-2 2012.02.18

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-1 2012.02.18 

守谷のあんぱん&守山乳業♪ 2011.06.09

カフェレストラン海辺の途中♪ 2011.04.20

etc.♪ 2011.03.06

豆相人車鉄道の旅…かな♪ 2011.03.05

大好きな大磯♪-2 2010.07.17

大好きな大磯♪-1 2010.07.17

真鶴♪-2 2010.05.04

真鶴♪-1 2010.05.03

湘南ゴールド♪ 2009.03.02

東海道本線&絶景イタリアン♪ 2008.10.12

小田原漁港♪ 2008.07.06

OISO・大磯♪ 2008.06.28

 

 



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根-1♪

★箱根-1♪

8月15日(月)。

朝。
超どんより…。
時々、雨…。

涼しい…。



台風7号発生によって、大きく天気予報が変った…。
17日、18日に関東接近か…。

そんな鎮痛な思いをしながら自宅を出発…。
愛知から帰省している長男も同行。

東名…。
まあまあクルマが多い。

時々、雨…。

大井松田インター先の右ルート、左ルートどちらも事故で3~4kmの渋滞…。
なんてことだ…。

左ルートは都夫良野トンネルで事故と…。
じゃ、右ルートで。

右ルートの最終…、なんと、こちらを向いたワゴンが右側のガードレール
に接触して止まっていた…。
何本もの発煙筒がまだくすぶってる。
事故処理はほぼ終わりか…。
単独事故か、逆走はあり得ないし、スピンでもしたか…。
不可解な事故…。

御殿場インターで降りた。
インター出口。
昨年は箱根側に向かう右折帯は僕のクルマ1台きりだったのに、今日は
そこそこ多い…。
やはり、箱根が元気になったってことか。

国道138号、箱根に向かうクルマが普通に多い。

仙石原交差点を右折。

僕らは何回か訪れているが、長男は初めてということで…。
ラリック美術館。

Img_7441


9時オープンと同時に。

オリエント急行は10時からなので、まずは美術館へ。

Img_7444



箱根…。
もう秋か。
秋明菊♪

Img_7443



僕はラリックの作品に興味は薄いのだが…。
ま、オリエント急行の室内装飾とかクルマのカーマスコットは好きだ。

そんなことを思いながら、館内を…。

そして、いつもの光景。

Img_7447



ラリック美術館
Logo_large




オリエント急行♪
LE TRAINへ。


オリエント急行 プルマン4158。

Img_7453



LE  TRAIN(ル・トラン)/ラリック美術館

000000letrain






Img_7452
   

シフォンケーキとコーヒーで。

Img_7459



ラリックが手掛けたランプシェード。

Img_7460




こちらも、ラリックが手掛けた室内装飾。
この車両はサロンカーということもあって、華やかな装飾が優雅な気持ちに
させてくれる。

Img_7461



Img_7463


 
Img_7466

  


外へ出て、びっくり…。
雨があがって、日が差してる…。

さて、今日はどんな天気になるのか…。


  
  

今回の箱根…。
目的は大涌谷へ。

クルマで行こうとしたが、姥子駅付近で大渋滞の最後尾…。
慌ててUターン…。

桃源台駅へ。

Img_7472



秋の紅葉シーズンで見た、駅舎の外まで連なる大行列はなし…。
いや、かなり余裕…。

ロープウェイは我が家の3人と他の家族3人の計6人…。
こんなに余裕で乗せてもらうとは嬉しい誤算…。

Img_7476


眼下には渋滞…。
先程よりも伸びた…。

Img_7483



大涌谷。

いつも散策する土産物屋がたくさんある方は大したことない、以前の光景が。




大涌谷駅近くは収まっているとはいえ、以前よりはやや強い印象。
そして、なにより黄色い…。

Img_7488




Img_7490




先月、1年3ヶ月ぶりに運転再開されたばかりの大涌谷~早雲山のロープウェイ。

Img_7492




いつもの散策ルート側。
土産物屋、黒たまごも再開。

但し、黒たまごの販売は右に見える建物で。

Img_7493




以前、黒たまごの販売をしていたエリアは立ち入り禁止…。

従って、散策路の立ち入りも禁止。

Img_7494
   



この後、天気雨…。
みんな慌ててた…。




黒たまご。

建物の外と店内両方で販売。
よって、行列もそれぞれ。

こちらは”外”の光景。

Img_7496


こちらは店内の行列の様子。

Img_7497
 
  
  
黒たまご♪

美味しかった♪
硫黄の匂いもして、本物♪

Img_7508  


1Fの箱根ジオミュージアムも興味深かった。





小田急グループが総力を挙げて、大涌谷駅やまわりの施設をリニューアル
した途端に噴火騒動…。

ようやく、全面的な営業再開。

Img_7500



この看板…。
約1年、従業員さんたちは大変だったろうなと…。

Img_7503



箱根ロープウェイ
00000hakonerp_2



大涌谷 駐車場&インフォメーションセンター


箱根ジオパーク

箱根ジオミュージアム

箱根全山






  
  

行きたかった店♪

姥子駅のちょっと下。
『竹やぶ』♪

本店は柏市に。
箱根店は店主である次男坊の道楽かと…。

こちらは神奈川県の「そば」ランキングでいつも上位…。
箱根にはランキング上位のそば屋が多い。


7台ほどの駐車場。
1台分空いていて、ラッキー。


Img_7510


門を入ってすぐ。
この店の趣向が…♪

Img_7515


「嫌いじゃない」…♪

Img_7517



ある本では、ガウディがそば屋を作ったら、きっと、こんな店になるだろうと…。

Img_7520


自然とオブジェが一体♪

Img_7518


風鈴としても使えそうないい音がする。

Img_7521





こちらのお店の下には川が流れていて、そこまで降りていける。
とにかく、縁豊かで広大な”庭園”。
500坪を超えるらしい…。

下から見上げてみた。

Img_7524


テラス席にした。

Img_7526


店内の様子。

Img_7527


この時期だからか、メニューは限られていた。
温かい「にしんそば」も食指が…。
でも、この時期、冷たい「とろろそば」を。

Img_7528



目にも口にも、大満足♪



予約をすると、コースメニューも可能らしい…。



竹やぶ

竹やぶ 箱根店 (箱根姥子)/食べログ








30年ぶり…。

箱根関所。


子供の頃、遠足で来たことがあった…。

家族で来たこともある…。
あれから30年…。
その後、このエリアのすぐお隣にはしょっちゅう来てるのに…。
なぜか、ここは通過することさえなかった…。
つまり、違うルートを…。

恩賜公園側の駐車場へ。


資料館。

Img_7533


資料館では、「お玉ヶ池」の伝承が大きく取り上げられていた。
箱根関所といえば、「入鉄砲出女」が象徴的。

「出女」の象徴といえば、この「お玉ヶ池」のお玉。

旧東海道、県道732号湯本元箱根線の元箱根寄りにあるお玉ヶ池。
この箱根関所にまつわる伝説の地である。
    
元禄15年(1702年)、関所破りの罪で一人の少女が捕らわれた。
伊豆国大瀬村の百姓の娘で玉という名であった。
大瀬村とは、西伊豆の大瀬崎のある、あの富士山が目の前に見える
風光明美なとこ。

7歳で江戸に奉公に上がっていたが、17歳の時、家恋しさのあまり店を抜け
出し、通行手形もないままに箱根まで来たが、関所の裏山を抜けていこうとした
ところを役人に見つかり、投獄。
2ヶ月の吟味の後に下された処分は、打ち首獄門。
死罪ではあるが、磔(はりつけ)獄門や火あぶりよりは軽い刑とされていた。

お玉は捕らえられた場所で斬首となった。
街道から外れた裏山に入ったところの坂道であった。
哀れに思った村人は、獄門に晒されたお玉の首をこの池で洗ったという。
それ以来いつしか“薺(なずな)ヶ池”という名が“お玉ヶ池”と呼ばれるように。
そして処刑された坂道も“お玉ヶ坂”となったという。

とにかく、関所破りは死罪…。

ただし、処刑は避ける方向だったらしく、実際に死罪となったのは300年で
5件、6人といわれている。
裏関所の仙石原の裏関所を含めて300年で20人という説など。
道に迷ったという言い訳の”藪入り”とか、金銭で解決する裏取引が多かった
とか。
つまり、思ったよりは少なかったらしい。





そんな吟味を行った…。
江戸口御門から入ったとこから。
番所、大番休息所などが興味を。

Img_7537



Img_7552


箱根関所


役人用のトイレ(厠)はあるのに、旅人用はない…。
ちょっとびっくり。



芦ノ湖や街道沿いを見張っていた遠見番所から。
さすがに、360度、よく見えるビューポイント。

Img_7540


京口御門。


Img_7549


西武系の遊覧船の港。
そして、土産物屋が軒を連ねる。

Img_7547






箱根ナビ
201608hakone   

  

  




  

国道1号で箱根峠へ。

そして、伊豆方面へ。
湯河原峠を経て熱海峠から熱海街道へ。
笹尻交差点はわかりにくい。

熱海街道を下る、下る、下る…。
しつこく下る…。

勾配13%。

ここはヘアピンカーブはないが、勾配がきつい…。

若い頃はなんとも思わず上り、下りした道路。
それも、1200cc、1300ccのプアなクルマで嬉々として…。

このルートも30年ぶり…。

















熱海梅園の脇を通り、来宮駅、来宮神社の脇を通り…。

熱海駅へ。

そ、今夜はここの伊東園ホテル熱海館へ。
箱根が目的なのに、熱海泊…。



約1ヶ月前…。
箱根の宿泊、あれこれ探した…。
少しずつ回復しつつあったのだが、ほぼ全面復活。
そ、箱根が元気になった途端、旅館、ホテルが満室…。

苦渋の選択…。
箱根に至近距離で予約可能なとこ。

熱海、伊豆…。
伊豆は遠すぎる…。

伊東園ホテル熱海館がかろうじて15日のみ空いてた。
予約を入れた途端、満室に…。
間一髪だったのか。


ま、熱海も好きでこの駅前のアーケード商店街に面した伊東園ホテル
も泊まってみたいと。
バイキングって、どんなものかとか…。

駅前アーケードから歩いてくる人、人、人…。
でも、すんなりとホテルの立体駐車場へ。

Img_7586



まあまあのお天気…♪

台風7号北上中…。
明日はどうなるのか…。

Img_7553


街並み、こんなふうに見えるのか…。
ちょっと感激♪

Img_7555


ちょっと散歩…。

Img_7557


Img_7563


熱海駅ビル。
工事はかなり進捗…。

駅ビルは神奈川県内で展開している”ラスカ”が入る。

秋のオープンは間に合いそうかな。

Img_7561



意外と熱海物語

201608igaito

意外と熱海物語
0000igaitoatamista






夕食♪

参ったことに、17時スタートって…。
早過ぎる…。

バイキング食べ放題、アルコール、ソフトドリンク飲み放題。
1時間30分が瞬く間に。

Img_7568




ま、コスパ優先か…。
料理が足りなくなることもなく、ま、それなりに満足…♪

Img_7569





かなり満腹…。




しつこく部屋から…。
明日は…。
お天気が不安…。

Img_7570





~~  つづく  ~~
  




  











    

   



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/15

箱根に来てます♪

★箱根に来てます♪

どんより…、時々、雨…。

なんか、涼しい…。

夏休み3日目。
今日は予定していた箱根に♪

ラリック美術館。
もちろん、オリエント急行も♪

Dsc_001602

 
  
  
美術館を出たら、なんと、晴れ♪

ラッキー♪


大涌谷の噴煙は落ち着いて、ロープウェイ全線運転再開、大涌谷の黒たまご
も復活してた♪

楽しい箱根を満喫♪


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/03

水曜日…♪

★水曜日…♪

どんより…。

時々、晴れ♪

暑い。








「湘南スタイル+」♪

小田急各駅で配布の「湘南スタイル+」♪

表紙には”湘南モノレール沿線”と…。


湘南モノレール。
大船駅~湘南江の島駅間6.6kmを14分で結ぶこのエリアの大動脈。

大船駅~西鎌倉駅間開通は1970年(昭和45年)。
翌1971年(昭和46年)には大船駅~湘南江の島駅間全線開通。
今年は全線開通45周年。

この路線は観光客よりも、圧倒的に通勤・通学客の利用が多く、なんと9割
に達する。

それもそのはず…。
昭和初期には別荘地であったこのエリア。
戦後は高級分譲地として西鎌倉住宅街、片瀬山住宅街という超大型住宅地
が誕生。
ただし、陸の孤島…。

通勤・通学は「京浜急行専用道」を走る京急バスに頼っていたのだろう。
なんと、大正時代に計画され、昭和5年に開通した日本初の有料道路。
そんなバスでの通勤・通学…。

通勤に不便なこのエリアの風雲児として登場したのが湘南モノレール江の島線。
開通時から通勤・通学客のニーズが高く、2両編成ではラッシュに対応できず、
1975年には3両編成で運行、現在に至る。

通常、地名に西○○とか北○○はタブーなのだが、当時は結構、普通に使われ
ていたのか、はたまた、鎌倉には西が付こうが何が付こうが最強ブランドなのか。

ま、住民の足として、なくてはならない存在…。



湘南モノレール


湘南モノレール江の島線wikipedia

湘南モノレールwikipedia




朝夕のラッシュを避ければ、観光にも便利なルートでもある。
それに、懸垂式モノレールの楽しさも満喫できる。
そ、足もとに何もない爽快さ。


201608shonanstyle

 
湘南スタイル/枻出版社

  

  
  
湘南モノレール。

モノレールといえば、跨座式がメジャーなのだが。
湘南モノレールは少数派の懸垂型。
サフェージュ式って言うらしい。

日本のモノレールwikipedia




過去記事

江ノ電とか♪ 2014.01.25

   
    

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/22

箱根ロープウェイ全線再開へ♪

★箱根ロープウェイ全線再開へ♪

雨…。

遅れてやってきた梅雨か…。
よく降る…。

首都圏の水ガメ、少しは増えてもよさそう…。

昼過ぎには雨はやんだ…。








ポケモンGO♪

とうとう始まった。

ウチにも…。
先程、ふらふらと外へ…。

 
 
 
      
   

箱根ロープウェイ全線再開♪



昨年6月の噴火以降、立ち入り禁止となっていた神奈川県箱根町の大涌谷
で26日から規制が解除されることになった。

大涌谷では火山ガス濃度が低下していること、及び、救護所の設置や避難
誘導体制の準備が整ったことから、26日に黒たまごで有名な大涌谷園地
の立ち入り規制を一部解除することになった。

また、「箱根ロープウェイ」も火口周辺の上空を通過する大涌谷駅~早雲山駅間
で運休していたが、全線の運行再開が決まった。



箱根ロープウェイは昨年5月、GW直後、火山活動の活発化の影響で運休と
なっていたが、昨年10月30日に箱根ロープウェイの一部区間、桃源台駅~
姥子駅間で運転再開、今年4月23日には姥子駅~大涌谷駅間も運転再開
した。
但し、立ち入りは大涌谷駅舎内までであった。




箱根ロープウェイの全線再開。
1年3ヶ月ぶり…。

こんなに長くなるとは思ってもなかった…。

大涌谷園地への立ち入り規制も一部解除とあるが、どの程度まで入れるのか…。
現地での黒たまご再開にも期待♪




全線運転再開は7月26日(火)13:00~。



箱根ロープウェイ
00000hakonerp_2



運転再開のお知らせとメンテナンス運休日のお知らせ…。

箱根ロープウェイ 全線運転再開について/箱根ロープウェイ




箱根ナビ

2015100000logohakonenavi



箱根ジオミュージアム

000000000000000logo

  
   
   
                
              
               
  
  
黒タマゴ、食べられるのかな…。    2008年11月撮影。

Pb081293









過去記事


GW-最終日…♪ 2015.05.06

箱根♪ 2015.08.10

箱根♪ 2015.05.23

箱根ポーラ美術館♪ 2013.09.14

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-2   2013.11.30

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-1   2013.11.29
  
秋の箱根へ♪ 2012.11.10

箱根宮ノ下~箱根湯本♪-2 2012.07.07

箱根仙石原♪-1 2012.07.07

いざ箱根3♪-  帰りに寄り道 2011.10.09

いざ箱根2♪-箱根仙石原 2011.10.09

いざ箱根1♪-足柄道アプローチ 2011.10.08 

箱根2-強羅~宮下♪ 2010.12.06

箱根-仙石原♪ 2010.12.05

Pc041881


箱根の紅葉-2♪ 2008.11.08

箱根の紅葉-1♪ 2008.11.08

  
  
  
   
    
    
   
   
   
    
   

ZERO-CUBE+FUN…♪

最近、こちらの家が近所でもチラホラ…。

折込みチラシも。

サイトがきれい♪



ZERO-CUBE MALIBU

ZERO-CUBE+FUN

2016072300000

   
   
   



   

  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/15

水曜日…

★水曜日…

どんより…。
時々、小雨…。

涼しいけど、蒸す…。





箱根ロープウェイ定期点検整備に伴う運休…。


予定されていた運休ではあるが、2週間に及ぶ長期運休。
ま、夏場のピークに向けた安全対策…。

この期間に箱根を訪れる客にはがっくりかも…。



 
箱根ロープウェイ定期点検整備工事に伴う全線運休について。
 
箱根ロープウェイでは、定期点検整備工事に伴い、下記の通り、期間中は
全線で営業運転を休止し代行バスを運行する。
   
1.運休期間  2016年6月16日(木)~2016年6月30日(木) 
2.運休区間  早雲山駅~桃源台駅間(全線) 
3.代行バス
  (1)運行区間 早雲山駅~姥子駅~桃源台駅 片道約25分
     *立ち入り規制に伴い、大涌谷駅は経由しない。 
  (2)運行時間 8時45分~17時15分    
    *上記時間を約15分間隔で運転。 
  (3)その他
    ・箱根フリーパス・船車券等、箱根ロープウェイ(株)の乗車券をお持ち
     のお客さまは代行バスの利用を呼びかけている。
         ・乗車券をお持ちでないお客さまは、伊豆箱根バス㈱定期路線バスの
         利用を呼びかけている。   

20160616

箱根ロープウェイ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/03

週末♪

★週末♪

晴れ♪

スーツ着ていて、ちょうど良い。

 
 

東海道本線根府川駅で旅客転落により、遅延…。

まさか、歩きスマホか…。


 

 
 

大山ケーブルカー。

昨日昼頃、またもや巻き上げ機の非常ブレーキにトラブル発生で運休…。

今日は始発から運休…。
明日、明後日の土日も運休とする。

6月6日(月)~12日(日)には年1回の定期検査が予定されており、
そのまま運休継続…。

先週も同じく非常ブレーキの異常で5月25日~27日に運休している…。

ま、この際、徹底的に検査したほうが…。



20160603oyama

大山ケーブルカー




過去記事

新緑の大山♪  2016.05.14

  

   






小田急ロマンスカー♪

きょう、ロマンスカーで。 2016年夏♪


きょう、ロマンスカーで。  2016夏「釣りと昼寝」篇 60秒。

 

  
   
   
きょう、ロマンスカーで。/小田急
Banner_kyoroma

   

    

小田急ロマンスカー♪

  

   





  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧