2019/06/16

平塚漁港の食堂♪

★平塚漁港の食堂♪

晴れ♪

暑い…。

いきなり夏~♪
とはいえ、湿度が低くて不快ではない…。


こんな日は…。
以前にチャレンジしたけど諦めた”平塚漁港の食堂”へリベンジ。
以前といっても、5年前のオープン直後のこと…。
もう5年も経つとは…。

道路はすいていて、順調に。
134を下り、茅ヶ崎市柳島交差点を過ぎ、湘南大橋を渡る。
大橋の先の高浜台交差点直前のガードレールの切れ目から側道へ。

10時40分頃に到着。

1Fで受付したら、既に多くの先客で埋まっているらしく、12時半に店に来て
スタッフに声をかけてくれとのこと。
つまり1時間50分ほどぶらぶらしてから来店することに。

Img_0392
 

開店前の店内。 

Img_0393


134号から入ると、そこは別世界…♪

Img_0415  



そうそう、駐車場…。
20台分の第1駐車場と3台分の第2駐車場がある。
ウチは第1駐車場の20台目でぎりぎりセーフ。

あぶれたクルマは漁港の駐車場を利用することに。
とはいえ、無料の駐車場に入ろうと無理矢理に並ぶクルマが多い…。
周辺道路は昔の”漁村”時代のままのような狭い道路なので、路駐も並ぶのも無理
なのだが。

Img_0449


この食堂の立地は理解に苦しむような場所なのだが、他府県ナンバーのクルマ
も続々とやって来て、満車の駐車場に並んでしまう…。
道路が狭いので、もう修羅場…。
いっそ、食堂の駐車場は廃止して、漁港の駐車場のみにしてしまえばと思うの
だが…。
夏期とそれ以外で料金が異なるが、9月~6月は2時間で200円と安い。

ひらつかタマ三郎漁港フィッシャリーナ及び駐車場


見上げると国道134号が斜め上を通る。

Img_0396
 
 

海岸へ。

昔、134号がプアな道路だった頃。
買ったばかりのクルマでドライブしていて、高浜台交差点あたりで海岸目指して
左折したら、こんな感じの風景だった。
クルマ止めなんかなくて、「どうぞ入ってください。」と言わんばかりの状態。
で、砂浜に入った途端にスタックしてしまい途方に暮れるや否や、どこからともなく
四駆とお兄さんたちがやってきた。
で、いとも簡単に脱出させてくれて、1,000円だったか請求された。
いや、千円札もう1枚だったかもしれない…。
40年ほど前のことだが、かなり痛い出費だった記憶…。
ま、砂浜を生業(なりわい)にしている輩がいたのかも…。

そんな昔の苦い経験を思い出す場面。

Img_0397
 

箱根の山、明神ヶ岳、神山、駒ヶ岳などがはっきり見渡せる。
強風と荒れた波…。

Img_0404
  
 
富士山はずっと雲に覆われていた。
左の方には金時山が。

Img_0406
  
 
伊豆半島も。
それにしても、凄い波。

Img_0409
 

2時間ちかく時間があるので…。
国道134号の下をくぐって、付近を散策。 

Img_0413
  

花かつおの長谷金本店。
明治34年(1901年)創業、118年の伝統を誇る老舗。

長谷金本店

Img_0418
 

和菓子柳栄堂。
こちらも明治43年(1910年)創業。

Img_0483_1

 
どら焼き、みたらし団子などを。

Img_0484
 

相州須賀湊 札の辻の石碑。  
小田原北条氏時代、「札の辻」があったとされる。

Img_0438
 
 
須賀湊。
そ、須賀港。 
今は平塚タマ三郎漁港と。
漁船に混じり、釣り船の多さにびっくり…。

Img_0421  


漁港の一角にお稲荷さんも。 

Img_0426
 

相模川河口、国道134号湘南大橋が。

Img_0430


新港のほうへ。
有名な庄三郎丸、庄治郎丸などが並ぶ。
この左手の方が市営駐車場。

Img_0451
 

江の島。

Img_0461

 
134号、湘南大橋。

Img_0465


12時半に店に入り、チェックを受けてから2Fの待合室で。
20分ほどでテーブルへ案内された。

Img_0467

  

Img_0468


窓の外には134号が。

Img_0469

 
テーブルに。
こんな”オブジェ”がぶら下がってた。

Img_0474


僕は、おまかせ刺盛膳。
ビールはママのランチビール…。

Img_0477


ママは、よくばり地魚膳。
限定15食だったけど、運良くラストが残っていた。

Img_0479


美味しかった♪
刺身、フライ、煮付け、干物、どれもクオリティ高くて大満足♪

隣のテーブルの人たちは”漁港のあら煮定食”を注文して、直径30cm以上もある
大皿に大きなあら煮がごろごろ…。
3人でつついても食べきれず、持ち帰りのパックで…。
豪快でいいなと思った。

13時過ぎ。
この時点であと100人ほどが待っているとか…。
つまり、およそ30組。

そして、この時間帯に来店してくる客が結構いたのだが、刺身にできる魚が
売り切れそうなのでということで、NG…。
今日は特異な日で、ちょっとばかり客が多いのだとか。

それにしても、オープンから5年も経って、落ち着いたかなと期待して
いたのだが…。
落ち着くどころか、まだまだ人気は過熱気味…。

また食べたい気持ちはあるのだが、待つための儀式が面倒かな…。
でも、ほとぼりが冷めた頃にでも。


平塚漁港の食堂(平塚)/食べログ

平塚漁港の食堂/fb

平塚市漁協

0000000000000000000000000000000000000000_2

  
■関連記事

平塚へ♪ 2014.05.17



134号湘南大橋を。

Img_0482

 

  

| | コメント (0)

2019/06/08

熱海のジャカランダ♪

★熱海のジャカランダ♪

どんより…。

ちょっと蒸す…。


昨日、西日本に先駆けて関東甲信、東海、北陸、東北南部が梅雨入り。
今日もどんよりして、今にも降りそう…。

それでも、熱海のジャカランダを見にいきたいと…。

クルマで聴いたFヨコの藤田君は、なんと熱海から中継…。
こっちは降りだしそうなのに、熱海は晴れてるとの情報。
 
確かに、西湘に近づくにつれ明るくなった。
西湘バイパスはすいすい。
早川合流部は全く渋滞なしで、石橋合流部も一般道からのクルマがいない。

やはり、この天気で遠出をためらったか…。

根府川交差点を過ぎた下り坂。
 
Img_0254
 

熱海。
Fヨコで言ってたように晴れ。
ところが、クルマをパーキングにとめた頃から雲が…。
 
10時50分到着。

花より団子…。
とりあえず、今日のランチを確保しなくちゃ…。
熱海銀座商店街裏の店に。

予約なしではどうなるか分からないといわれる店。
11時になると、予約表が出てきたので、真っ先に記入。

11時半に開店するので、それまで、近くをぶらぶら。


ランチする店の本店。
釜鶴ひもの本店。

Img_0258

 

熱海七湯めぐり。
佐治郎の湯(目の湯)。

Img_0260
  

熱海七湯めぐり。
この界隈には大湯を筆頭に七湯がある。

Img_0295r

熱海七湯めぐり/熱海市


ときわぎ。

Img_0263


糸川沿いにはブーゲンビリアなどが咲いていて、きれい。 

Img_0266

糸川のブーゲンビリア/あたみニュース
   


ドラゴン橋。

Img_0268

 

Img_0272

 

ドラゴン橋って、ヒョウ…?

Img_0273


川に降りた。

Img_0279

  

Img_0281

 
熱海港が見える。

Img_0283


大好きなスコット、わんたんや。
わんたんやは行列が絶えない。   

Img_0285
  


釜つる。

Img_0257

 
11時半になると、予約客が入店。
今日は予約客だけでキャパいっぱい。

僕たちは予約表のトップだったのだが、11時50分頃に入店できた。


僕は五代丼。
釜揚げしらす丼、鯵のタタキ丼、そして、鯵干物焼ほぐし丼の3種類。
どれも美味しいけど、鯵干物焼ほぐし丼がサイコー♪

Img_0290

 

ママは海幸膳。
トビウオの干物と刺身など。

Img_0292_1


最近の熱海駅前エリアは信じられないくらいの人出…。
従って、食事することもままならない…。

少し歩くと、あちこち手頃な店が。
熱海銀座商店街やその先の国道135号を渡った渚町あたりには
美味しそうな店が並んでいる。

その中でも「釜つる」は人気があって、事前に予約しておくか、
あるいは、当日の11時の動き方がキーとなる。

海幸楽膳 釜つる(熱海)/食べログ

釜つる



店を出て、国道135号へ。
シャッターが閉まった店が目立つ。

Img_0293  

 
熱海七湯めぐり。
河原湯。
とにかく、熱い…。

Img_0294

 

お宮の松のある歩道。
ジャカランダ遊歩道を。

Img_0298

 
ジャカランダ。

Img_0300

  

Img_0308

  

Img_0304

ジャカランダ/あたみニュース



貫一お宮の像。
 
Img_0310

  

Img_0312

 
ユリとのコラボ。

Img_0321


マンホール蓋。
なかなかカラフル。

Img_0313


熱海の海沿いには廃墟となった所が続く…。
折角、リゾート気分なのに、ぞっとする光景…。

その中で最も目立つとこ。
長い間、廃墟だったとこ。
今年冬にホテルがオープンするのだとか。
ただし、地元もびっくりの中国系のホテル…。

熱海パールスターホテル

Img_0314

 
また、熱海銀座へ。

Img_0330

  

Img_0331


熱海銀座商店街



熱海プリン。

Img_0329


銭湯の下駄箱…。

Img_0328

 
イートインコーナーは銭湯イメージ。

Img_0326


熱海プリン、美味しかった。

Img_0327

 
釜鶴でも干物を買ったのだが…。
ここでも…♪

山安江之浦店。 

Img_0333

 


熱海♪
熱海にはしょっちゅう行ってると思っていたのだが…。
なんと、2年ぶりだった…。



■熱海
  
意外と熱海物語

201608igaito_2

  
意外と熱海物語
0000igaitoatamista


熱海ニュース/熱海市観光協会

| | コメント (0)

2019/06/02

6月…♪

★6月…♪

どんより…。

蒸す…。



昨夜、横浜の金沢シーサイドラインで発生した新杉田駅での逆走事故…。

無人運転のシーサイドラインは自動列車運転装置(ATO)で運行を制御
しており、「ゆりかもめ」や「日暮里・舎人ライナー」なども同様の運転方式
を採用している。
開業以来、人身事故のない路線で、間もなく開業30周年を迎える矢先の事故…。

東日本大震災時の対応などでも、無人運転の現実を知ったのだが…。
「ゆりかもめ」などに乗ると、99.9%の安心感と0.1%のもしかして
が同居する気持ち…。

人為的な原因も含めての調査がされているのだろう…。
不謹慎と言われるかもしれないが、何か人為的な原因があったと言われた
ほうがスッキリするというか、”安堵”するのだが…。

原因究明が待たれるし、それまでは運転再開は難しいのでは…。
 
シーサイドライン




6月…♪

梅雨…。
 

 


JR東海オリジナルカレンダー♪

紀勢本線相賀~尾鷲駅間をいくキハ25形。
尾鷲湾に流れ込む銚子川。

20190625

 
JR東海オリジナルカレンダー/JR東海

 


ODAKYU VOICE6月号。

特集。
『みんな大好き おいしいハンバーグ』。
最近話題の「からだ想いの肉ダイニング鉄重(てつしげ)町田店」。

成城学園前、いしがまやハンバーグ成城コルティ店。
小田原の洋食葉椰子など。

歳時。
箱根あじさい電車、開成町あじさいまつりなど。

沿線まちあるき。
経堂駅。
複々線高架化されてからの経堂は街並みが1ランクアップした。


ODAKYU VOICE/小田急

201906_ov

  

 

 

| | コメント (0)

小原宿本陣♪

★小原宿本陣♪

6月1日(土)。

晴れ♪

清々しい♪


たまには。
国道412号を北上。

今日は鮎釣り解禁。
中津川や相模川では太公望たちが…。

 
相模湖駅前交差点。
国道412号はここまでと思いきや、実はココから国道20号と重複区間となり、
相模湖インター入口交差点までなのだ…。
もっと”酷い”のは、246号との交差点、厚木市立病院前交差点までかと思いきや
、さらに南下して平塚市の国道1号との榎町交差点までは国道129号との
重複区間なのだ…。
なぜ、そんな無意味なことと思ってしまうのだが…。
きっと、凡人には分からない深い理由があるのだろう…。

国道412号 wikipedia


国道412号。
ウチにとっては、412号沿いそのものが目的地であったり、道志みち
へのアプローチや中央自動車道へのアプローチであったり。
上高地を目指すときはここらを午前1時頃に…。
ま、圏央道ができたので、曜日や時間帯によっては圏央道を選択することに
なるのか…。
  

いつもは、ここで左折して相模湖インター入口交差点まで行くのだが…。
今日は直進…。

Img_0187
 
 
直進して突き当たりは。
JR中央本線相模湖駅。
 
Img_0191

 
この辺りは平地が少ないと。
見上げると、中央自動車道が。
  
Img_0189


年々減少の一途の乗車人員。
2017年の1日平均乗車人員は2,277人。

相模湖駅 wikipedia 

 
中央本線1日平均乗車人員。
この相模湖駅の手前、高尾駅までは5桁なのだが、相模湖駅からは軒並み4桁、
あるいは3桁で、中には2桁の駅もある…。
さすが、甲府駅は5桁…。

若かりし頃の僕たちの”聖地”である小淵沢駅でさえ、1,500人前後と予想を
はるかに下回る数字に愕然…。


相模湖駅。

Img_0195


貨物列車が入ってきたので、通過するのかと思っていたら、こちらで停車。
そういえば、八王子駅でも、このような光景を見る。

Img_0199


昔ながらの駅前商店街。

Img_0188

 

国道20号を八王子方面へ。
1.5kmほどで小原宿本陣。

Img_0228


小原宿本陣は江戸時代に信州の高島、高遠、飯田三藩の大名及び甲府勤番の役人
が江戸との往復の時に宿泊するために利用した。
高島藩といっても分からないけど、諏訪藩といえば分かりやすいかも。

江戸時代後期の建物といわれている。
神奈川県では26軒あった本陣の中で唯一現存するもの。

小原宿本陣/相模湖観光協会 

小原宿本陣祭
 
小原宿本陣祭のポスター。
相模湖の大名行列といわれている。
箱根の大名行列と同じ11月3日に開催される。

201906_1
 


Img_0226

 

Img_0223

 
奥座敷から築山のある庭を眺めた。
この奥の「上段の間」は大名の泊まった部屋。

Img_0214

 
籠。
乗ってもよいとのことで。
足を伸ばせないくらい狭い。

Img_0210

 
国道20号(甲州街道)沿いの小原宿。
キロポストは日本橋から63.4kmとあった。

Img_0230



寿堂で酒まんじゅうを。 
かなり大きいまんじゅうでびっくり。

Img_0243

 
E353系。

Img_0233

 
下り松本行き普通電車。211系。

Img_0236


普通列車甲府行き♪ 2015.06.02 



お腹がすいた…。
少し先の千木良交差点近くにあるそばの休屋。 

Img_0250


山菜の天ぷらが美味しかった。
もちろん、そばも美味♪

Img_0249

  
休屋(やすみや)(相模湖)/食べログ


折角なので、大垂水峠経由で。
高尾山インターから圏央道に乗ると、あっと言う間に我が家。
 
あまりに早く到着したので、りんかんモールで買い物。
先週買った美生柑、今日もたくさんあった。
それも、先週よりもかなり大きなサイズ。
和製グレープフルーツといわれるという通り、見た目もグレープフルーツ
のサイズ。
早速買い求めた。


美生柑♪ 2019.05.24

   


| | コメント (0)

2019/05/26

いつもの江の島…♪

★いつもの江の島…♪

晴れ♪

超暑いっ…。

北海道が暑いっ…。
横浜でも31℃を超えた…。

 
昨日は自治会の総会出席で半日つぶれたので…。
日曜日は出かけたりしないのだが、折角の晴れ♪
ちょっと、いつもの江の島にご飯食べに出かけた。


江ノ電駐車センターに駐車するつもりだったのだが…。
「満車」の表示で134号上り線は右折入場できないクルマで溢れていた。
パス…。

仕方ない、江の島島内へ。
予想以上に多くのクルマと人…。
結局、いちばん奥の湘南港のパーキングへ。
最近、このパターンが増えた…。
 
人の多さに愕然…。
じゃ、あそこに…。
江の島の路地裏にある「いのうえ」へ。

この界隈には数軒の食堂があるのだが、そこそこ行列…。
「いのうえ」は数人の行列だったので、こちらへ。

Img_0098


さしみ定食とえびフライを。
さしみはアジ、ワラサ、イシダイ、スズキで、美味しかった。
塩辛もいける。

Img_0099


食堂のいのうえ(江の島)/食べログ

 
最近、テレビでもよく紹介されるので、人気が上昇。
加山雄三さんのサインなども並んでいた。

食事中も次々と行列に並ぶ人。
店を出た時は4人グループが待っていた。 

Img_0101


歩いている人は少ない。
路地裏の商店は住民向けのとこは日曜日は休みでシャッターが閉まっていた。
開店しているのは食堂や民宿など。  

Img_0102

  

Img_0104


新店がオープンするようだ。
魚料理とかき氷の旬魚旬氷「隠れ小屋」。
近日オープン。
   
Img_0105
 
 

「丸だい仙水」のとこに出る。
青銅鳥居を真横から。

Img_0107
    

人、人、人…。

Img_0109
  

赤い鳥居と瑞心門。

Img_0111
 
 
今日もエスカーで。
辺津宮は「奉祝 天皇陛下御即位」ということで、国旗が掲げられていた。

Img_0114


たまにはエスカーもパチリ…♪

Img_0115

 

中津宮では結婚式が行われていた。

Img_0117

  

東雲亭へ。

Img_0123


東雲亭(江の島)/食べログ
 
 
エスカー乗り場、中津宮を。

Img_0122


絶景のロケーション。
湘南港を。

Img_0121


冷抹茶と水ようかん。
   
Img_0119   
 
 
今日は天気がよいのだが、富士山や三浦半島、大山などは霞んでいた。

Img_0127
 
奥へ。

Img_0129


そいうえば。
島内にはこのノボリが目についた。
「奉祝 国指定重要文化財 八臂弁財天」のノボリ。
今年3月に国指定重要文化財に指定されたのだとか。

八臂弁財天/江島神社

奉祝 国指定重要文化財 八臂弁財天/江島神社
 

Img_0134

 
暑いし、今日はランチだけのつもりだったので、奥まで行かずに
下道で帰ることに…。   

Img_0138
 
 
御幸橋。

Img_0141


江の島のあじさい♪ 2017.06.24


赤い鳥居を真横から。

Img_0143  
 

参道の人出はさらに凄いことに…。

Img_0144


島を出るとき、対向車線はクルマが身動きできないほどに…。
パーキング待ちのクルマ、クルマ、クルマ…。
江ノ島大橋も動かず…。  

腰越漁港へ。

Img_0145


ワンパターンだけど…。
朝どれフライを♪

Img_0146


今日は大きなアジフライを♪ 

Img_0147

  


関連記事

江島神社に初詣♪ 2019.01.03
タンコロまつり♪ 2018.12.01
北鎌倉♪ 2018.11.24
鎌倉高校前1号踏切♪ 2018.10.28
江の島♪ 2018.10.27
片瀬漁港からぶらり散歩♪ 2018.05.12
湘南♪ 2018.04.28
江の島へ♪ 2018.02.11
鎌倉の蝋梅(ロウバイ)♪ 2018.01.20
今年最後の湘南かな…♪ 2017.12.09
葉山♪ 2017.11.25
雨… 2017.10.15  昔の旧江の島展望灯台の写真
江の島♪ 2017.09.30
旧東海道・藤沢宿♪ 2017.09.03
珊瑚礁本店♪ 2017.08.13
江の島のあじさい♪ 2017.06.24
鎌倉山でランチ♪ 2017.06.09
鎌倉♪ 2017.03.18
江ノ電♪ 2017.02.11
秋の北鎌倉♪ 2016.11.03
江の島♪ 2016.09.03
鎌倉へ… 2016.06.11
腰越&江の島♪ 2016.04.23
北鎌倉♪ 2016.02.27
伊勢海老丼♪ 2015.11.22
江の島♪ 2015.10.10 
江の島散歩♪ 2015.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2015.06.19
休日♪ 【海街diary】 2015.06.13
桜&カレー♪ 2015.04.04
江の島♪ 2015.02.14
江の島♪ 2015.01.17
稲村ヶ崎♪ 2014.12.06
洲鼻通り~龍口寺♪ 2014.11.23
鎌倉♪ 2014.10.25
江の島♪ 2014.10.11
由比ヶ浜大通り♪ 2014.10.04
珊瑚礁本店…いやっ、お魚亭♪ 2014.05.06
鎌倉♪ 2014.04.12
お魚亭♪ 2014.02.22 
江ノ電とか♪ 2014.01.25
葉山~買い物ドライブ…♪ 2014.01.11
江島神社に初詣♪ 2014.01.03 
ソレイユの丘♪ 2013.10.12
鎌倉♪ 2013.09.28
Aloha Beach Cafe~アロハビーチカフェ~♪ 2013.04.20
生しらす♪ 2013.04.13
七里ヶ浜エリア♪ 2013.03.30
春の江の島♪ 2013.02.23
鎌倉♪-2 2013.01.11
鎌倉♪-1 2013.01.11
江島神社に初詣♪ 2013.01.03
江ノ電…♪ 2012.11.17
ジャスト1時間の海~♪ 2012.10.20
鎌倉明月院のあじさい♪ 2012.06.18
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2012.06.18
またまた江の島♪ 2012.04.30
生しらす♪ 2012.04.15
鎌倉長谷寺の梅♪ 2012.03.10
湘南でランチ&ウォーキング…♪ 2012.01.28
江島神社に初詣♪ 2012.01.03
えのすい&江の島シーキャンドル♪ 2011.12.10
久しぶりの湘南-2♪ 2011.10.29
久しぶりの湘南-1♪ 2011.10.29
鎌倉のあじさい2-御霊神社・成就院♪ 2011.06.11
鎌倉のあじさい1-長谷寺♪ 2011.06.11
湘南へ♪ 2011.05.05          〃
鎌倉長谷寺の梅-2♪ 2011.01.30
鎌倉長谷寺の梅-1♪ 2011.01.29
富士山&江ノ電♪ 2011.01.16
腰越しらすや&江ノ電鎌倉高校前駅イルミネーション♪ 2010.11.20
80系に会いました♪ 2010.11.19
リバイバルカラー江ノ電♪ 2010.11.06
久々の湘南♪ 2010.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪-2 2010.06.12
鎌倉長谷寺のあじさい♪-1 2010.06.12
鎌倉・海蔵寺♪-2 2010.03.13
鎌倉・海蔵寺♪-1 2010.03.13
鎌倉の大銀杏… 2010.03.10
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-2♪ 2010.02.06
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-1♪ 2010.02.06
秋の鎌倉♪ 2009.11.28
北鎌倉-2・葉祥明美術館・明月院♪ 2009.10.03
北鎌倉-1・浄智寺♪ 2009.10.03
江ノ電♪ 2009.09.05
鎌倉・長寿寺-2♪ 2009.06.27
鎌倉・長寿寺-1♪ 2009.06.27
デジタル一眼お断り… 2009.06.20
江ノ電車両ガイド♪ 2009.05.29
江の島-2♪ 2009.05.24
江の島-1♪ 2009.05.23
鎌倉文学館~長谷寺-2♪ 2009.05.17
鎌倉文学館~長谷寺-1♪ 2009.05.17
GWの鎌倉♪ 2009.04.03
鎌倉-2♪ 2009.02.13
鎌倉-1♪ 2009.02.13
世界一のブレックファースト♪ 2009.02.13
ランチ♪ 2008.09.27
えのべん♪ 2008.09.06
鎌倉のあじさい♪ 2008.06.07
葉山・花の木公園のつつじ♪ 2008.04.19
鎌倉めぐり・九品寺&葉山かじべ♪ 2008.01.23
鎌倉めぐり・杉本寺&瑞泉寺&鎌倉宮♪ 2008.01.22
鎌倉めぐり・浄妙寺&石窯ガーデンテラス♪ 2008.01.22
大失敗っ 2008.01.13
江島神社へ初詣♪ 2008.01.03
江の島のイルミネーション♪ 2007.12.23
一年ぶりの江の島♪ 2007.10.06
さよなら江ノ電303+353号車  2007.10.01
三崎のまぐろ♪ 2007.09.22  (湘南というには無理があるけど…)
鎌倉のあじさい♪ 2007.06.09
北鎌倉♪ 2007.05.12
葉山のつつじ♪ 2007.04.14
七里ガ浜Amalfi Della Sera♪ 2007.03.03
葉山♪ 2007.02.10
今年最後の湘南♪…多分 2006.12.03
江の島♪ 2006.09.09
あじさい♪ 2006.06.10     
梅はまだかな… 2006.02.17
今年初めての湘南 2006.01.15
鎌倉2 2005.11.06
江の島と江ノ島と江島 2005.10.29
鎌倉 2005.09.24

 




| | コメント (0)

2019/05/24

美生柑♪

★美生柑♪

晴れ♪

暑かったけど、湿度が低いので、快適♪
 
真夏日…。
東京都心で31℃、高知県四万十市で34℃…。


  

美生柑♪

りんかんモールのエイビイで買った美生柑(みしょうかん)。

早速、食べてみたら、何かの味に似ている…。
そう、グレープフルーツに似ている。

「和製グレープフルーツ」というらしい。
そういえば、グレープフルーツの売り上げはイマイチとのこと…。
美生柑は手頃な大きさで、食べやすいし、美味しいし…。
そして、安い。

美生柑こと「河内晩柑(かわちばんかん)」は、ミカン科ミカン属ブンタン類
の柑橘類の一種。
河内晩柑というと、大阪の河内かと早合点してしまったけど…。
発祥は、大正時代に熊本県河内町の民家の庭で偶然発見されたことにさかのぼる。
その地名と晩成の柑橘類という意味を込め、河内晩柑と名付けられたといわれて
いる。

美生柑の名前は、愛媛県の御荘町(みしょうちょう)が元になっている。
美生柑は愛媛県愛南町のマルエム青果の登録商標なのだとか。
確かに、今回買った美生柑はJAえひめ南・マルエムフルーツアイランドのタグが
ついてた。

産地によって、さまざまな呼び名があり、熊本県では「ジューシーオレンジ」、
「ジューシーフルーツ」、鹿児島県では「サウスオレンジ」、愛媛県では「愛南ゴールド」
、「美生柑」、「宇和ゴールド」、「愛南ゴールド」、「灘オレンジ」など。
 

美生柑の旬は、3月~7月ごろまでで、5月に出荷のピークを迎える。
東京都中央卸売市場の取扱量(平成27年)をみてみると、もっとも多く出荷
しているのは愛媛県で約1,635トン(全体の75%)、つづいて熊本県が約546トン
(約25%)、和歌山県が5.7トン(1%未満)。

あまり出回らないフルーツのようなので、次にあるかどうか。
ま、ネット通販はあるらしい。

0000000000000000000000000000000mishoukan


河内晩柑 Wikipedia

美生柑とは/macaroni

河内晩柑/のま果樹園

 


 

 

 

 

| | コメント (0)

2019/05/22

876ベーカリー♪

★876ベーカリー♪

昨日の台風のような大雨から一転、今日はピッカピカの晴れ♪

気温もぐんぐん上昇…♪

 


876ベーカリーへ♪

毎週水曜日11時~売り切れまで。(「祭日はおやすみ」と書かれて
いたが、祝日のことだと思われる。)
最近、月1回土曜日も営業しているが、催事出店とかもあるようなので
、店頭に貼りだしている営業案内に留意。

11時20分頃には10人ほどが並んでいた。
店内は狭いので、1組ずつ入って買う。

1558492102274
 
 
国産小麦と自家製酵母が売り。

勘の悪い僕だが、最近分かってきたこと。
人気のパン屋さんはどこも国産小麦&自家製酵母。
少なくとも、国産小麦は必須らしい。
ウチがよく行くエリアでは湘南小麦を使う店も多い。

国産小麦でないとならない理由、色々と理由があるらしい…。


11時40分頃に入店。
売り切れのパンも多かったけど…。

山食、スコーンなどを。
   
1558506783867_1

   
かなり美味しい♪
なぜ、こんなに違うのか…。

876ベーカリー、Rベイカー、麦踏などなど。
尚、Rベイカーはちょっと独自の製法で小麦と米粉、そして、自家製薔薇酵母
を使ったパン。
  
876ベーカリー

 

 
こちらの店から徒歩1、2分のとこ。
相武台前駅近くにできた「パン香房つちや」のオーナー宅があり、
こちらでも曜日、時間限定で美味しいパンが買える。
  
さらに徒歩1、2分のとこ。
立野台3丁目のベーカリー池久(BAKERY IKEQ)も美味しいパン屋さん。

 

関連記事
  
876ベーカリー♪ 2019.01.09
相武台前駅エリア♪ 20190210 (パン香房つちや)
休日…♪ 2017.12.08 (ベーカリー池久)
オイル交換とか♪ 2014.06.29 (  〃  )
あちこち散歩♪ 2013.11.16 (  〃  )
  
  


| | コメント (0)

2019/05/18

高幡不動&万願寺♪

★高幡不動&万願寺♪

晴れ♪

暖かい。

   
小田急多摩線で。
小田急多摩センター駅下車。

あれっ…。
こんなだったけ…。
サンリオのキャラクターだらけ…♪

Img_9875
   

どこもかしこも…。
キティ、マイメロ、けろけろけろっぴ、ばつ丸、シナモンなどなど。
サンリオだらけ…♪
 
Img_9878

サンリオピューロランド
0000000000000000000000000000000000000san


 
ママは多摩センターは初めて…。
聞きしに勝るサンリオだらけと、近代的な街の様子にびっくり。

Img_9882
  

多摩モノレール…。

Img_9881
 
 
振り返ると…。
多摩センター駅。

Img_9885
  

多摩モノレールに乗車。 

Img_9888

 
高架の小田急多摩線、京王相模原線を跨いでいくこの辺りは地上高22mもあり、
多摩モノレール線では最高の高さ。
眺望の良さが売りかと思えるくらい、気持ちのよい路線。  

Img_9894


多摩モノレール

多摩都市モノレール線 wikipedia

  
大塚・帝京大学駅付近から見えた野猿街道…。
社会人なりたての頃、この辺りまで出没した…。
懐かしい気持ちで眺めた。

中央大学・明星大学駅から多摩動物公園駅にかけての大学キャンパスの
広大さにびっくり。

縁も豊富で、眺めのよい路線♪


高幡不動駅で下車。

Img_9900

 
1998年11月、上北台~立川北駅間で開業。
2000年1月、立川北~多摩センター駅間で延伸開業。
ということで、来年2020年1月までを開業20周年としてラッピング列車などの
運行が行われている。

20周年と聞いて、もうそんなに経ったのかと…。
つい最近のことだとばかり思っていた…。

Img_9901

多摩モノレール開業20周年記念

0000000000000000000000000000000tamamono2
 

高幡不動尊参道へ。
 
Img_9902

 
ブルーのノボリには「土方歳三、没後150年」と。

Img_9905_1


高幡不動駅から徒歩3、4分と近い。
   
Img_9907
  

仁王門。

Img_9909

  
高幡不動尊。
高幡山金剛寺。

関東三大不動に数えられている。
成田山新勝寺と高幡不動尊は確定的なのだが、3つ目は諸説あり。
神奈川県民は大山寺と思っている。

関東三大不動 wikipedia

高幡不動尊金剛寺 

 

五重塔。

Img_9910

 
仁王門から見た不動堂。

Img_9912

    

Img_9935

 
大日堂。   

Img_9927
 

「あじさい」がスタンバイしていた。
やまあじさい、こちらには色々な種類がある。

山門越しに。  

Img_9929
 

表から見た山門。
なかなか立派。
 
Img_9933
  

カラフルな奥殿。 

Img_9936

  


参道沿いにあった「四八天丼(よんぱちてんどん)」へ。
向かいの「開運そば」の系列。

Img_9947


たまたま、先客が食べ終わり、運よく座れた。
次々と客が入ってくる。

学生らしき若者、近所の人、観光に来た人…。
いろいろ…。
外では行列も…。

「四八天丼」と「海老天丼」を。
「四八天丼」は530円と安い。

で、ただ安いだけではなく、本物に美味しい♪

Img_9946


四八天丼(高幡不動)/食べログ

 

多摩動物公園ラッピング車。

Img_9955
  

高幡不動駅からモノレールで1駅、万願寺駅で下車。

新選組・土方歳三の地元。
土方歳三資料館へ。

ところが、休館。
なんと、第1・3日曜日のみ開館…。
リサーチ不足…。
がっくり…。

同じくがっくりきている人がいた…。

Img_9968
 

万願寺駅から土方歳三ゆかりの地めぐり

 

すぐ近くには伊十郎屋敷が。
土方歳三が生きた時代の風景を残す長屋門は幕末の石田村名主だった家のもの。

Img_9964


見上げるとモノレールが…。
 
Img_9965

 
甲州街道、国道20号。
この辺りでは日野バイパスと呼ばれる大きな道路。

こちらからも、モノレールが。
モノレールの存在感ある。

中央本線、京王線などの恩恵がなかったエリアや立川駅よりも北のエリアなど
にとっては、もの凄い利便性アップ。

高架なので、そして、構造上、電車よりも抜群によく見える。

Img_9970

 
 
少し西へ歩くと、安養寺。  

Img_9973
 
 
さらに西へ歩くと、ドライブスルーのスタバ。
暑いので、アイスカフェラテを。

Img_9978
 


駅名や地名になっている万願寺。
ところが、万願寺という寺はない…。

昔、昔、あったのかもしれないが、この100年だか200年はないらしい…。
地名としては残り、その地名にちなんで駅名にも残り…。

この辺りの寺としては、先程の安養寺と、土方歳三ゆかりの石田寺(せきでんじ)
がある。

そんな石田寺へ。

浅川沿いを歩く。
またまた、モノレール♪

Img_9982


ところで、浅川は。
この先で多摩川に合流する。

多摩動物公園ラッピング車。

Img_9985
  


Img_9989


石田寺。
  
Img_9990
 

こちらには土方歳三の墓がある。
といっても、いわゆる「引き墓」という供養のための墓であり、こちらに埋葬
されてはいない。

Img_9991


石田寺の先には都立日野高校が見えた。
あのアンジャッシュの二人が卒業した高校。

Img_9992

 
この辺り一帯はとにかく「土方」姓が多い。
土方自動車整備工場、土方クリニックとか…。

このお宅もその隣も、その先にも「土方」さんの表札が。

Img_9999

  
とうかん森。

img_9998

 
万願寺駅。

Img_0002

  

Img_0006

 
多摩センター行きが出てしまった…。

Img_0004

 

Img_0012

 
ママが乗りたいというので、京王相模原線で帰ることに。
小田急もサンリオ色がすごかったけど、京王もド迫力。  

Img_0019


駅名標もご覧のとおり。  

Img_0023

 
!?

Img_0028

 
隣の小田急側も。

Img_0027

 

海老名で買い物したいと…。
橋本駅からは相模線で。

Img_0030

 
番田駅で下り橋本行きと交換。

Img_0031

  

海老名駅で下車。
最近ハマっているパン屋さん。
江之浦の「麦踏」、座間の「876ベーカリー」、こちらビナガーデンズテラスの
「R Baker」。

Img_0035


ちょっとクセになる…♪   

Img_0033

 

Img_0034

アールベイカー海老名店(海老名)/食べログ



ビナウォークでもあれこれ買い物。

小田急線で。
海老名駅停車の白いロマンスカーVSE・50000形。
 
Img_0040


後ろ姿も凛々しい♪

Img_0046

 

  


 

 

 

| | コメント (0)

2019/05/13

新茶♪

★新茶♪

晴れ、時々、くもり…。

清々しい♪

 
 
今年も清水の友人から新茶が送られてきた。
やはり、新茶は美味しい。

いつもありがとうございます♪
  
1557739499384

  


■関連記事

またまた相模線♪ 2018.05.10

新茶♪ 2017.05.17

新茶♪ 2014.05.10

飲み会♪ 2013.05.31

清水♪ 2009.03.08

新茶が届きました♪ 2008.05.13

 

| | コメント (0)

2019/05/03

下北沢♪

★下北沢♪

晴れ♪

暑かった…♪
夏だ~♪

  
下北沢へ…。

実は…。
ママは小田急線沿線に移住してきてから30年余。
まだ下北沢に行ったことがない…。
いつか行こうと言いつつ、いつもの如く…。

僕は、学生時代、社会人3、4年生くらいまでは月に2、3回来ていたのだが。
但し、小田急線に乗った記憶はほとんどない…。
最近は取引先訪問とかでたまに立ち寄ることはあったけど、
プライベートでは30年以上ぶり…。

 
■下北沢物語♪

東横線沿線に住んでいたので、小田急線は丹沢や大山に登山する際に
海老名駅から秦野駅(当時、大秦野駅)や渋沢駅まで乗る路線であった。

最短の横浜線経由は考えられないルートだった…。
それは、横浜線は原町田駅と称し、小田急線は新原町田駅と称していた。
その上、駅と駅が遠く離れていて、途中には信号機のある交差点まであって、
とにかく、よそ者には無理って思い込んでいた…。

昭和50年代になり、ようやくどちらも町田駅と改称した。
同時に国鉄が小田急に歩み寄って、駅を小田急に近いとこに移動したり、
両駅をペデストリアンデッキでつなげたりしたのが現在の姿。


学生時代。
地方出身者は下北沢とか中央線沿線に好んで住んだ時代。
僕は地元横浜の大学だったので、ほとんどが東横線沿線に住んでいたのだが、
学外の友人らはシモキタとかに多く住んでた。

五木寛之の「さらば モスクワ愚連隊」とか「風に吹かれて」とかに魅了されて…。
海外放浪をしようと、そういったサークルに籍をおいていたので、学外のメンバー
もたくさんいて、彼らはシモキタや高円寺などに住んでいた。

当時、彼らのアパートに遊びに行く時は東横線で渋谷へ、そして、新宿から小田急線
や中央線に乗ったりしていた。
小田急線には必要最小限しか乗らない…。
とにかく、小田急線って遠い存在って感じがして、どこへ連れていかれるか不安…。
そんな気持ちがあった。

そんな悪夢のような出来事…。(大袈裟かも…。)
横浜に住んでいた頃。
前6両は小田原行き、後4両は片瀬江ノ島行きなんていう分割・併合が行われて
いた時代。
新宿から小田急線に乗って…、相模大野駅でごちゃごちゃやってる…。
で、気がついたら聞いたことのない東林間駅に。
マップを見たら、とんでもないとこに行く電車。
慌てて下車して逆の電車に乗り換えた。
ま、大和駅で相鉄線に乗り換えて横浜へ出る手があったのだが、全く未知の世界
だったので、慌ててしまった…。

小田急って、遠い小田原や箱根へ連れていかれたり、江の島に連れていかれたり
、何をされるか分からない、そんなミステリーな世界に思えた…。
 

クルマで行くのは至って大丈夫…。
綱島街道、中原街道、環七と走れば、大倉山の自宅から夜中だと30分足らずで
シモキタへ。

社会人になりたての頃。
同期の同僚たちも地方出身者はシモキタ、成城学園前、中央線沿線に住んでいた。
だから、べろんべろんに酔って、同僚についていってアパートに転がり込む…。
そして、みんな風呂なしアパートだったので、銭湯に立ち寄ったり。
  
やはり、週末はクルマで同僚のアパートに遊びに行っていた。
但し、隔週週休二日制なので、隔週で遊びにいってた。

そんな同僚たち。
結婚を機に分相応な所に転居していった。
シモキタの駅近くに住んでたG君は南大沢に。
代沢に住んでいたKさんは、故郷のご両親の勧めで下宿のような住まい。
大家さんの大きなお屋敷に女子ばかりが下宿。
大家さんは次々にお見合い相手を勧めてくるのだが、超エリートばかり
を紹介してきて、最終的に某都銀(古い…)のエリート行員と結婚し、
東戸塚に転居。
 

僕は。
ママと婚約して、知人の紹介で婚約指輪や結婚指輪を作ったのは青山のジュエリー
デザイナーのお店。
数ヶ月後、指輪ができあがった時、オーナーの好意で小田急線代々木八幡駅近く
の日本料理店でご馳走していただいた。

帰り…。
小田急線は不慣れなので、そそくさと新宿に戻り、渋谷から東横線で帰宅した…。
その頃も小田急線に違和感を感じていた…。
とにかく、一刻も早く小田急から離れたかった…。

そう、私鉄沿線住民って、他の私鉄には違和感を覚えるようだ。
国鉄、JRには感じることのない違和感を他の私鉄には感じてしまう…。
東横線から見ると、内陸に深く入り込む小田急線に対しては強く感じた。


ところが、30歳の頃、超バブル時代、横浜市内に家を買うにも
高騰して手が出ない…。
それで、海老名市の相鉄線かしわ台駅エリアに自宅を。
やはり、横浜につながっていたいという、淡い願望がそうさせた。

かしわ台からの初出勤…。
かしわ台駅から1駅で海老名駅。
海老名から小田急線の急行に。
とにかく、長い長い通勤時間…。
その上、ラッシュ時の混み方は異常で、特に、下北沢駅手前あたりの踏切
をノロノロと通過する頃は吊り革につかまり、必死の形相で耐えていた。
前の座席の人に覆い被さるくらい…。
とにかく凄い疲労感…。

そんな酷い状態で長時間の通勤時間なのに、”自然渋滞”による遅延で70分
遅延という事態が起きた…。
車内アナウンスは「前の列車と接近して…。」とか、要領を得ない説明だった。
そう、怒りのもって行き場がない…。
さすがに、70分遅れっていうのはその後はなかったが、”自然渋滞”による
10分、20分遅れっていうのは何回かあった…。
遅延常習…、「それが小田急の実態」だと知って愕然…。

毎晩、最終電車になるほど仕事に集中していた頃…。
ちょっと飲み会となると、上司の家に外泊…。
携帯なんかない頃、無断外泊…。
タクシーチケットで2時、3時の帰宅も…。

そして、さらに酷い…。
小田急の最終で帰宅しても、相鉄はとっくに終電がなくなっていた…。
そんな考えもしなかった事実にがっくり…。
早速、小田急線沿線に転居した…。
 
  
毎日の通勤電車の車窓…。
多摩川を渡ったあたりからは小田急線複々線化のための用地買収…。
当時は下を走っていたので、1軒1軒の買収が手にとるように分かった。
気が遠くなるような…。
僕が生きてる間に複々線化ができるのだろうか…。
そんな気持ちになった…。

 

下北沢駅到着。

各停でのんびり。
各停、準急はB1F(地下1階)の3、4番線。

Img_9604

 
まだ工事中ではある…。
なんだか、昔の下北沢駅が思い出せないくらいに明るくて広い。

Img_9609

 

『出会いそして旅立ち』。  宮永岳彦。  2019年。

Img_9607

 

30年前、下を走る小田急線の車窓から見た複々線化を目指す用地買収や工事。
1軒1軒の用地買収が手にとるように分かる。
気が遠くなるような事業。

反対運動のノボリ。
最後の最後まで反対していたアパート…。

本当に複々線化、高架化ができるのかと…。
若かりし頃、自分が生きている間に実現するのかと不安に思った事業…。

ところが、次々と現実のものとなり、とうとう、昨年に完結した♪

最後の〆となったのは、この下北沢駅。
約2kmに及ぶ広大な線路跡地の活用が完成したら、その時が本物の完結と
なるのだろう。


この陶板レリーフは、小田急が30年間に渡り進めてきた複々線化事業完成の
メモリアルとして設置された。
  
Img_9608


宮永岳彦氏といえば。
秦野市在住だった縁で小田急ロマンスカー3000形・SE車のカラーリング
を考案。
あのオレンジバーミリオンにシルバーグレーのツートンを基調とし、白帯を配した
塗装を考案した。
 

昭和32年(1957年)デビューのロマンスカー3000形・SE車のポスター
も宮永岳彦氏の作品。

000000000000000000000000000000000000000o


宮永岳彦 wikipedia

秦野市立宮永岳彦記念美術館

宮永岳彦 表現の世界

小田急ロマンスカー wikipedia 



ロマンスカー3000形・SE車。
    
Img_9682

下北沢駅 wikipedia

小田急小田原線 wikipedia
 


 
ママにとっては初の下北沢♪
ちょっと想像を絶する風景だったようだ…。  

Img_9614
   

本多劇場がオープンした頃、シモキタ住人の友人と1度だけ見た。

Img_9615

 
こちらも本多劇場グループの「劇」小劇場。
こちらは席が空いていたようで、客引きさんに声を掛けられた。  

Img_9618


社会人なりたての頃、2週間に1度、週末にクルマでやって来た。
綱島街道、中原街道、環七をかっ飛ばしてきた…。
この高架の下をくぐった。  

Img_9619


反対側に目をやると。
北沢タウンホール方向は電柱がなくなっていた。
 
Img_9620

 
鈴なり横丁。
この先に同期のアパートがあった。

Img_9621


その先。
下北沢一番街。
この場所は小田急線跡。  

Img_9622

 
広大な小田急線跡地。
どんな使い方がされるのか…。
成城学園前駅の時もワクワクして見ていたが、今回はさらに広大な土地。  

Img_9623


 
そうそう、車窓からこの商店街を見ながら通勤していた…。

Img_9624_1


う~ん。
「Gakuya」とか「キネマ倶楽部」とか…。

Img_9629


下北沢駅に近づく。
小田急線から毎朝見ていたスーパー「オオゼキ」。

Img_9631

  
わくわく♪

Img_9637

   
ママが気に入って、あれこれ…。

Img_9641
  

これも売り物かと思った…。
どうやって使うんだろうと…。

Img_9639
  

いえいえ、雑貨屋さんの中にカフェもある。
今年初のアイスコーヒー。
アイスカフェラテ♪
  
Img_9677


すごい作品…♪

Img_9642

 
Zoff やABCマートなど、大手の店舗も並ぶ。
ABCマートはシモキタ界隈だけで3店舗も見た。

Img_9643


東洋百貨店。
雑貨、ファッション、古着屋などなど。

Img_9645

  

京王井の頭線下北沢駅。
吉祥寺寄りのホームは地上にあるかのように見える。
すぐ先には踏切もある。

Img_9647


ところが。
ここも坂の街。
渋谷側は少し高架になり、この先では地上を走る小田急線を跨いでいたが、
現在は小田急線跡地を跨いでいく。

Img_9648

  
下北沢南口商店街。
テレビなどでは南口商店街でのロケが多いかも。

それにしても…。
すごい人、人、人…。
渋谷、新宿、原宿などと変わらないくらいの賑わい…。

Img_9651


なんか、つけ麺が食べたい。
つけ麺 銀座いし井。

Img_9655

 
ま、美味しかった…。

Img_9654

 
食後の散策。
代沢の方へ。
下北沢は駅のまわりは賑やか街なのだが、その周辺は閑静な住宅街。

お~、いつも見ていた光景…。

毎朝、小田急線の車窓から見ていた光景。
下北沢駅は目の前なのに、前の電車が詰まっていて、ノロノロ…。
こっちは吊り革につかまった腕が悲鳴を上げていた…。

Img_9661


毎朝、小田急線の車窓から見ていた店…。

Img_9662

 
この踏切の近くに同期のKさんが住んでいた下宿があった。

Img_9663

 
庚申堂。

Img_9669

 

Img_9668


shimokita/下北沢商店街公認ポータルサイト
000000000000000000000000000000000000000s
 



老舗のせんべい屋、玉井屋。  
大正2年に本所で開業、昭和27年に当地に移転。

Img_9673
  
玉井屋(下北沢)/食べログ

 

小田急線下北沢駅と京王井の頭線下北沢駅。

Img_9678

 
小田急下北沢駅構内。
ホント、明るくて広い。
井の頭線乗換え口。

Img_9684

  

B1F(地下1階)は各停、準急の3、4番線。

Img_9687

 

B2F(地下2階)は1、2番線で急行などが停車する。
帰りは快速急行で。

Img_9686 

 

 

B2Fまで一気に下るエスカレータ。
途中、B1Fの3、4番線がガラス越しに見える。

Img_9689

 
 
海老名で買い物したくて海老名駅まで乗った。
ロマンスカーミュージアムの建設が本格化している。

Img_9691

  

ビナウォークの鯉のぼり♪

Img_9692

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧