2019/09/06

江ノ電で、会いにゆく。 2019年秋♪

★江ノ電で、会いにゆく。 2019年秋♪

晴れ♪

無茶苦茶暑かった…。


気のせいか…。
9月になってから、電車の冷房が弱くなったように感じる…。
毎年、そう感じるのだから、気のせいじゃないかも…。
恐らく、2011年の東日本大震災後から…。


   

鎌倉市稲村ヶ崎の国道134号片側通行規制、ようやく解除…。

8月13日未明、台風10号による高波で国道134号稲村ヶ崎駅入口交差点
から100m程西側の信号機のある所で、池田丸稲村ヶ崎店前の海側の歩道
が陥没した。
このため、国道134号は片側車線が通行止めとなり、片側交互通行を強いられ
ていた。
それでなくとも、慢性的に渋滞するルート。

ようやく、応急工事が終了したため、国道134号の片側通行規制は解除された。
但し、海側の歩道は引き続き通行止め…。

暑いっ…♪ 2019.08.14

 


京急の踏切衝突事故…。

なぜ…。
あの狭くて窮屈なエリアに迷い込んだのだろう…。

神奈川新町駅。
海側の第一京浜(いちこく、国道15号)と西側の第二京浜(にこく、国道1号)
に挟まれた狭いエリアに京急とJR東海道本線、京浜東北線、横浜線などがひしめく”電車の街”。
その上、京急の神奈川新町車両基地と隣にはJR東神奈川電車区(2016年廃止)
だった名残りで留置線が残っていて、横浜線や京浜東北線の車両が留置されて
いる。

幕末から明治時代にかけて、この辺りはアメリカ、イギリス、オランダなどの領事館
が点在していたことでも有名。
領事館といっても、寺の一角におかれたものだった。

また、ここは浦島太郎伝説が残っていて、浦島町、浦島丘、亀住町などの町名が
ある。
神奈川新町駅の所在地は亀住町。

僕は学生時代から10年間、妙蓮寺に住んでいたのだが、綱島街道を走って浦島丘
交差点から第二京浜に出たものだ。
そして、東神奈川駅、仲木戸駅、神奈川新町駅あたりに出没していた。
横浜の中で取り残されたようなエリアだったけど、なんか好きだった。

高校は本来は北部学区だったけど、南部学区の学校に越境入学していたので、
京急横浜駅~上大岡駅を利用していた。(当時、横浜は北部、中部、南部学区に
分かれていた。)
今から半世紀前とはいえ、当時でも特急は100kmを超えるスピードで快感を♪
しょっちゅう、運転席の後ろでスピードメーターを見ていたのだが…。
今でも見ることが出来るのかな…。

京急の線路は標準軌といって、東海道新幹線などと同じ1,435mm。
JR在来線や東急、小田急などは狭軌の1,067mmなので、京急は370mmも広い。
色々な改良などを経て、現在は品川~横浜間で時速120km走行が行われている。
  



江ノ電で、会いにゆく。 2019年秋♪

江の島、稚児ヶ淵の夕景。


2019092019

 


江ノ電で、会いにゆく。/小田急

000000000000000000000000000000000000000e


 

関連記事

江ノ電で、会いにゆく。 2019年夏♪ 2019.06.15

江ノ電で、会いにゆく。 2019年春♪ 2019.02.28

江ノ電で、会いにゆく。 2018年冬♪ 2018.12.02

江ノ電で、会いにゆく。 2018年秋♪ 2018.09.07

江ノ電で、会いにゆく。 2018年夏♪ 2018.06.19

江ノ電で、会いにゆく。 2017年冬♪ 2017.11.30

江ノ電で、会いにゆく。 2017年秋♪ 2017.09.08

江ノ電で、会いにゆく。 2017年夏♪ 2017.06.19

江ノ電で、会いにゆく。 2017年春♪ 2017.03.03

江ノ電で、会いにゆく。 2016年冬♪ 2016.12.02

江ノ電で、会いにゆく。 2016年 秋♪ 2016.09.09

火曜日… 2016.07.05

江ノ電で、会いにゆく。 2016.06.23

腰越&江の島♪ 2016.04.23

江ノ電まちナビ2016早春号♪ 2016.03.07

江ノ電で、会いにゆく。 2015.12.09

江ノ電で、会いにゆく♪ 2015.09.11

江ノ電で、会いにゆく♪ 2015.07.05

 



| | コメント (0)

2019/08/27

新東名、全線開通3年延期…

★新東名、全線開通3年延期…

くもり、時々、晴れ♪

ちょっと暑い。




新東名「伊勢原~御殿場」開通延期…全線開通は3年延期…。

NEXCO中日本は、新東名 海老名南JCT~御殿場JCT間の開通予定
の見直しを決定した。

新東名の御殿場JCT以東は現在、神奈川県内の圏央道と東名を結ぶ
海老名南JCT~伊勢原JCT間(6km)が開通している。
伊勢原JCTから西へ1区間(2km)の伊勢原大山ICまでは2019年内
の開通を目指すが、それより先の区間について、開通予定を次のとおり
見直す。

・伊勢原大山IC~秦野IC(13km):2020年度→2021年度
・秦野IC~御殿場IC(26km):2020年度→2023年度
・御殿場IC~御殿場JCT(7km):2020年度
※IC名などは仮称のものがある。

 
当初は伊勢原大山IC~御殿場JCTまでの46kmが2020年度開通
の予定だったが、このうち御殿場IC~御殿場JCT間を先行して2020年度
に開通させることとなった。

伊勢原大山IC~秦野ICは、用地取得の難航と、膨大な埋蔵文化財調査により、
道路本体工事が遅延。
また、秦野IC~御殿場IC間については、法面崩落にともなう工事用進入路のルート
や構造の見直し、想定以上の断層破砕帯が確認されたことによる橋の構造形式
変更、これらにともなう施工計画の見直しが発生しており、整備が難航している。

 
※追記(2019年8月31日)
数日後にわかったこと…。
伊勢原JCT~伊勢原大山ICについては、当初は2019年度開通の予定とされて
いたのだが、若干早まり、2019年内の開通となった。


 

秋告げる「お下り」、大山阿夫利神社で秋季例大祭♪

夏山登山の無事に感謝し、秋の訪れを告げる伊勢原市の大山阿夫利神社「お下り」
が今日、行われた。

江戸時代から続く神事で、保存会「阿夫利睦」の会員40人がみこしを担ぎ、
中腹の下社から標高差500mの急な石段を一気に下った。
前日の雨から一転して好天に恵まれた。
29日には下社に帰る「お上り」が行われる。
  

201608
※伊勢原市観光協会HPより

 

 

新東名伊勢原大山IC~御殿場ICの開通は最長3年の延期となったが…。
大山阿夫利神社から至近距離にできる新東名伊勢原大山IC~伊勢原JCT間は
今年度中につながり供用開始が予定されている。
そうすると、東京から高速だけで大山まで来れる。

ところが…。
つながったばかりの、いや、つながるはずの高速には目もくれず、来年は大山の
夏山開きの行事を行うため、「お花講」のメンバーは大山登拝門全開の7月27日
を目指して、日本橋から60kmを2日間かけて歩くのだとか。
ま、東京オリンピック開幕直後の絶好のタイミングでもある。

 

7月27日、標高700mにある大山阿夫利神社下社の登拝門が「全開」
されると、大山に夏山シーズンが到来する。

そして、目指すは大山山頂(1,252m)。

門の鍵は約400年前から東京・日本橋小伝馬町の「お花講」が管理。
この日、神主のおはらいの後、白木の扉を開け、講衆61人が「散華(さんげ)、
散華、六根清浄(ろっこんしょうじょう)、お山は晴天」と唱えながら山頂へ続く
石段を上る。


現在は年間を通じて登山できるが、かつての大山は7月27日~8月17日
の夏山期間以外は登拝門は閉ざされ、山頂へ登拝できなかった。
現在は夏山期間以外は半開きされ、年間を通じて登山できる。
登拝門は半開きとは言わず、「片開き」というのだが…。
 


片開きの登拝門。                         2015年5月撮影

Img_4129


お花講/産業能率大学

 


関連記事

ブルーベリー狩り♪ 2019.07.27

台風… 2018.07.28

登拝門♪ 2017.07.28

新緑の大山♪ 2016.05.14

新緑の大山♪ 2015.05.30

大山~大山街道~246=道志みちも…♪


 

| | コメント (0)

2019/08/14

暑いっ…♪

★暑いっ…♪

昨夜は深夜から朝方まで雨…。

今朝は一転、晴れ♪

気温も湿度もぐんぐん上昇…。
とにかく暑い…。

人類は強力なエアコンが必須アイテムになったのかと…。



昨日、ニュースで聞いた稲村ヶ崎の道路陥没…。

鎌倉市稲村ヶ崎。
13日未明、国道134号稲村ヶ崎付近の歩道が陥没。
稲村ヶ崎駅入口交差点から100mほど西の信号機の所で、池田丸稲村ヶ崎店前
の海側の歩道が約20メートルにわたり最大約40センチ陥没していて、波浪が原因
とみられる。

歩道下の擁壁が打ち寄せる波で崩れたとみられ、沈下のほか、歩道の
ブロック舗装がずれていた。
午前7時半ごろから周辺の歩道を約250メートルにわたって立ち入り禁止
にしたほか、午後3時からは134号を周辺約50メートルにわたって片側通行
にした。
安全が確保できるまで規制を当面続ける予定とのこと。
※カナロコより

 

これは、かなり陥没している。
しかし、134号の片側交互通行…。
何もなくてもいつも渋滞にするのに、片側交互通行だと絶望的な渋滞…。
勘弁してほしい…。
1日も早く復旧してほしい。

20190813news
※ニュースフラシュより
 




| | コメント (0)

2019/08/09

江ノ島大橋3車線化♪

★江ノ島大橋3車線化♪

晴れ♪

もう暑くて暑くて…。



明日からお盆休み突入。

長男は愛知県から帰省してくる。
久々にクルマで来るとか。

 

江ノ島大橋3車線化♪

いや、タウンニュースでは江の島大橋3車線化と表記されている…♪

江の島と対岸の国道134号をつなぐ江の島大橋が3車線化され、
3日、供用が始まった。
来年江の島で開催される東京五輪セーリング競技に向けた会場整備の一環で、
週末や大型連休中に長年課題となっていた渋滞の緩和に期待がかかる。

江の島大橋(324m)を含む約900mの区間が対象。
橋部分は幅を1.4m拡幅し、中央分離帯をなくすことで江の島方面に向かう
道路を1車線から2車線に増やした。
両方向の車道に沿って、自転車専用レーンも新たに設けた。

島内入口付近には江島神社の参道近くに「江の島なぎさ駐車場」があるが、
休日を中心に入場待ちをする車で渋滞が慢性化。
特に大型連休中は島内から国道付近まで車列が伸びることが常態化していた。
3車線化で駐車場に入場する車列と島内奥に直進する動線を分け、渋滞の緩和
を図る。

江の島大橋は湘南港を建設するための工事用道路として1962年に竣工。
2年後の東京五輪の開催に合わせて一般利用が始まった。

江の島が再び五輪のセーリング会場に決まったことを受け、2017年6月
に着工、県が会場整備の一環として工事を進めてきた。
※タウンニュースより


この路線はほとんどがレジャーのクルマということと、その先は”袋小路”…。
通常なら車線を増やすことは検討もされないような状況…。
しかし、オリンピックともなると、手をこまねいているわけにもいかず…。
要は、オリンピック関連のクルマを優先するための車線をつくったということ。

2年前から工事が始まり、”オリンピック関連”だなと思っていたが、
ようやく、完成して供用が始まった。
3車線化というと、誤解を招くかもしれない…。
各1車線ずつの江ノ島大橋を島内へ向かう車線を2車線にし、”本土”へ帰る車線
は1車線のまま…。  
ま、そういうこと…。

最近は江ノ電が混むだけでなく、クルマも多くて、本土の江ノ電駐車センター
も満車、島内の最も便利な「なぎさ駐車場」も深刻な満車の日が多く、駐車場待ちの
クルマが車線を塞いでいる…。

ウチも「なぎさ駐車場」に入れなくて、いちばん奥の湘南港のパーキングに駐車する
ことが増えてきた…。
おかげで、路地裏の店で食べる機会が増えそう♪

いつもの江の島…♪ 2019.05.26

佐島とか…♪ 2018.10.17
 

「江の島」の表記については、「江の島」、「江ノ島」、「江島」と3通りが
混在している。 「江之島」なんていうのもあるけど、ま、これはいいか…。
この江の島大橋も正式には江ノ島大橋が正解らしいし、僕もそのように表記
している。
 
藤沢市による昭和41年の住居表示と昭和44年の表記統一にて「江の島」に統一
してきたが、歴史や由緒ある史跡、交通機関はそのまま。
それが、3通りが混在している理由である。

江の島と江ノ島と江島… 2005.10.28

神奈川県道305号江の島線 wikipedia



201908
※タウンニュースより
  
 
   

かながわ山の日、秦野初開催ポスター♪
 
8月11日の国民の祝日「山の日」にあわせ、様々なイベントが行われる秦野市。
今年は神奈川県山岳連盟主催のかながわ山の日inHADANO2019」が、
県立秦野戸川公園を会場に初開催される。

秦野 山旅/神奈川イベンチ情報レアリア
  
  
20190811kanagawayamanohi
  
    

| | コメント (0)

2019/07/23

暑いっ…

★暑いっ…

どんより…、後、晴れ♪
久々に晴れた♪
梅雨明けが待ち遠しい…。
早ければ、明日にでもと…。

気温はそこそこだけど、湿度が凄く高い…。



吉本…。
いや、宮迫とロンブー田村亮の問題…。

テレビをつけるとワイドショーもニュースもこればかり…。

それにしても、未だに反社問題を引きずるとこがあるとは…。
一般の民間企業などでは”絶滅危惧種扱い”されているのに…。

言えることは…。
今後、この手の問題を発生させないためには…。

コンプラとか反社勢力問題に対して、民間企業の場合は繰り返し研修を実施
することはもちろんだが、たまたま、ひっかかった社員は”見せしめ”の意味も
込めて、厳正に処分することからスタートした会社が多い。
人事や臨店指導の部署の人間から見ると、高い役職者ほど沈める価値があると
うそぶいていた…。
降格、更迭当たり前…、依願退職に追い込んだり、最悪の場合は懲戒…。
これは、数十回の研修をやるよりも効果てきめん。

特に数千人もの芸人を抱えていたら、研修ごときじゃ効果は見込めないヤツ
もいるだろう…。

ところが、上級”お笑い芸人”である宮迫の涙やあの田村亮の”ありえへん涙”を
見たら、ぶっ飛ぶほどのショック療法が期待できる…。

今回の騒動は然るべくして起こったのだから…。
代償はきっちりと…。

吉本の体質や経営陣の問題などは別のとこで議論すればいい…。
ワイドショーで取り上げる筋合いじゃないと思うのだが…。   

 
   

| | コメント (0)

2019/07/02

座間ひまわりまつりポスター…♪

★座間ひまわりまつりポスター…♪

どんより…。

蒸す…。
 



”座間市55万本のひまわりまつり”ポスター…♪

あれっ…。
8月10日~14日だけ…!?

座間ひまわりまつりは7月下旬に栗原会場とお盆前後に座架依橋近く座間会場
の2ヶ所で開催されてきた。
もっと昔は3ヶ所で開催されていたことも。

それなのに…。
お盆の頃の座間会場だけに…。

なんと…。
栗原会場の地主さんやボランティアさんが高齢で、これ以上は続けられない
とか…。
それと、イオンモール座間の影響で座間南林間線の渋滞が激しくなり、
ここ数年酷くなったひまわりまつり渋滞と重なることへの警戒と…。

そんな訳で、座間ひまわりまつりは座架依橋付近の会場のみで開催される
ことに。

201907_

 
座間ひまわり-2019/座間市観光協会

座間のひまわり/座間市観光協会



■関連記事

座間ひまわりまつり♪ 2018.07.23

座間のひまわり♪ 2016.08.13

座間ひまわりまつり♪ 2012.07.28

アウトレッドセール&ひまわり♪ 2011.07.30

座間のひまわり♪ 2010.08.21

座間のひまわり♪(栗原地区) 2010.08.01

相模線&座間のひまわり♪ 2009.08.15

夏休み、残りわずか… 2009.08.02

座間のひまわり♪ 2008.07.26

座間のひまわり♪ 2007.07.28

ひまわり-3♪ 2006.08.19

ひまわり-2 2006.08.11

ひまわり 2006.08.09

  



「新宿の目」が破損される…。

新宿駅西口地下広場にある大型オブジェ「新宿の目」が一部破損
していることがわかった。

「新宿の目」…。
新宿スバルビルの地下1F。
なにげに目にしていたけど、1969年に設置されたというから、
ちょうど50周年。

新宿スバルビルは1966年に竣工し、富士重工業の本社として機能して
きたが、2011年に小田急の所有となった。
富士重工業は2014年に恵比寿のエビススバルビルに移転した。

1969年…。(昭和44年)
高校生だった僕は友人に誘われて反戦フォーク集会に参加した年だ…。
この頃、新宿駅西口地下広場はべ平連主催の反戦フォーク集会が毎週のように
行われていた。
まわりにはヘルメット姿も多かったが、僕たち高校生はほとんどノーヘルだった。
そして、6月下旬にあの反戦フォークゲリラ事件が発生し、機動隊と激突した。
その2、3週間前にも集会に参加していたので、かなり衝撃的な事件だった…。
あの”事件”以降、「西口広場」は「西口通路」に改称されて、集会は禁止となった。
とにかく立ち止まるな、歩けと…。
そんな通路も、いつの間にか広場に戻った…。
しかし、あの事件以降、この広場は道路法、道路交通法が適用されるため、
許可なく交通の妨げとなる行為を行う事は禁止されている。
路上生活やビラ配りも禁止されており、長時間立ち止まったり、床に座り込ん
でいる場合には、警備員に歩くように促される。
それでも、今はずいぶん”自由”になったと思える。
また、この広場はフォーク集会の排除、そして、ホームレスの排除と”排除”の歴史
でもある…。

そんな激動の1969年に設置された…。
「新宿の目」は反戦フォーク集会を見ていたのか定かではないが…。

そして…。
普通に社会人となって…。
友人たちとの待ち合わせとか、なんだかんだと「スバルビル」の地下1Fで
ってシーンが多かった…。
新宿西口地下街といっても広過ぎて、「スバルビル」地下で特定しやす
かった。
ついでに、みずほのATMで飲み代を引き出したりと便利だった…。

スバルビル地下1Fの飲食店街で飲んだこともあったし、池袋や新宿東口
界隈で飲んで、終電を逃した時はここから深夜バスに飛び乗ったことも…。

で、そこには「新宿の目」があった…。
そんな”関係”なのだが、あまり気にとめることもなかった…。
あって当たり前の存在が傷ついたと聞いて、軽いショック…。

スバルビルの地上部は解体されて、地下のテナントも撤退したが、
今後、小田急による再開発が期待される。
「新宿の目」の行方もどうなるか気になるところではあったのだが…。
まさか、破損とは…。
 
テレビニュースでは作者の方(彫刻家)がインタービューに応えていたが、
80歳代でお元気な様子。
是非とも、修復していただきたいと思った。

201907sinjukunome
※wikipediaより

 

新宿の目の謎/目ディア

the Art of Yoshiko Miyashita 

新宿の目、壊される






| | コメント (0)

2019/05/19

箱根のポスター♪

★箱根のポスター♪

晴れ♪

暑かった。

  

箱根…。
大涌谷の様子が…。

箱根山の火山性地震が増えたことから、噴火警戒レベルが1から2に
引き上げられた。
そのため、大涌谷につながる県道は通行止めとなり、箱根ロープウェイ
は全線で運休。
早雲山駅~姥子駅~桃源台駅間で代行バス輸送が行われている。
もちろん、大涌谷は経由しない…。

噴火警戒レベルが2となるのは2015年以来…。
 

箱根ロープウェイ


 

箱根あじさい電車のポスター♪

今年も”あじさい”関連のポスターがあれこれ。

201905hakonetozandenshaajisai  
 

箱根登山電車
000000000000000000000000000000000000000h



■関連記事

箱根のあじさい♪ 2018.06.26



| | コメント (0)

2019/04/19

週末♪

★週末♪

晴れ♪

とんでもなく暑かった…。
 
 


87歳高齢者による東池袋の交通事故。
あまりにも悲惨…。
  
高齢者の事故…。
毎度のことながら、「責任」という言葉とは程遠い言い訳
にしか聞こえない釈明…。
「無責任」な言い訳…。

「老害」…。
そんな言葉を反芻してしまった…。

自分も行く道ではある…。
  
  
 

道志みち…。

昨年10月の台風24号による災害によって半年以上に渡り通行止めが
続いていた国道413号の暫定開通が公表された。
当初は3月下旬暫定開通予定だったのだが、1ヶ月の延期となり、
ようやく暫定開通を迎えた。

住民たちの通勤・通学の足に関して半年間の苦闘が偲ばれる…。

暫定開通ということ…。
暫定開通区間は片側交互通行となるため、渋滞等による遅延が予想される
とあり、不要不急の通行は遠慮した方がよさそう。

このGW、久々に「道志みち」を考えていたのだが…。
全面開通については、1年後の2020年3月末を目途に対応されるよう
だが…。
ま、それまで待つかな…。


----------------------------------------------------------------------
神奈中バスの運行情報
 

 2019年04月18日
  
【運行再開】三ヶ木~東野・月夜野系統について

 現在、国道413号の一部通行止めにより、区間運休し「平丸バス停」にて
   折返し運行をしており、お客様にはご不便をお掛けしておりましたが、この度、
 その通行止めが暫定開通したことから、以下のとおり運行を再開致しました。

 1.国道413号暫定開通日時 
   2019年4月19日(金)14時 
 
 2.路線バス運行再開系統 
   ・三55 三ヶ木~西野々~東野 系統  
   ・三56 三ヶ木~東野~月夜野 系統  

   なお、暫定開通区間は片側交互通行となるため、渋滞等による遅延が予想され
   ますので予めご了承ください。 

 
 神奈川中央交通西
 津久井営業所

---------------------------------------------------------------------- 

相模原市のお知らせ


国道413号の暫定開通について

平成30年10月1日の台風第24号の影響により通行止めとしております
国道413号の暫定開通について、次のとおりお知らせします。

[暫定開通日時] 平成31年4月19日(金) 午後2時(予定)
※ 天候等により、やむを得ず、変更する場合がございます。

[暫定開通時の通行方法等]
・一部区間は片側交互通行となります。
・降雨・降雪の状況により、通行止めとなります。
・大型車も通行可能です。
・現在「平丸バス停留所」にて折り返し運転をしている路線バスにつきまして
 は、4月19日(金)の三ケ木(午後2時55分発)、東野(午後4時05分発)
 のバスより通常運行を再開いたします。
 また、このことに伴い、タクシーによる代替交通につきましては、
 4月19日(金)の最終便までの運行をもって終了します。

 なお、大型連休の際には片側交互通行区間などにおける渋滞が予測されますの
 で、引き続き国道20号等への迂回にご理解、ご協力をお願いします。
 また、全面開通につきましては、平成32年3月末を目途に対応を進めます。
 詳細が決まり次第お知らせします。


国道413号の暫定開通について/相模原市


 

関連記事


道志みち♪

神奈川県相模原市緑区西橋本から同市青野原、山梨県道志村を経て、
山中湖村へ至る国道413号、道志みち。

道志みち~河口湖♪ 2015.07.11

道志へ♪ 2012.06.17

道志みち…かな…♪ 2011.05.14

道志みち♪ 2010.05.01

道志みちで帰りました♪ 2008.04.27

忍野♪ 2008.04.26

道志みち♪ 2007.05.04

 

関連リンク

国道413号Wikipedia

道志村役場HP

道志村観光協会HP

道の駅どうし(国道413号)

0000dousilogo


道志の湯
000dousisp01





  
  

平成30年10月1日、台風24号の影響により、相模原市緑区青根地区で
道路周辺の斜面が大規模に崩落。
国道413号及び市道橋津原平丸(はつばらひらまる)において全面通行止め
を実施。

国道413号は平成31年3月下旬解除予定。
市道橋津原平丸は青根地区の生活交通路としての暫定開通として、
平成30年12月上旬解除予定。

通行止め区間。
東側の青野原西野々交差点は蕎麦の”つねっさ”の先にある旧道との交差点。
西側は青根交差点。
   
201811413tukodome_kukan

 
国道413号(通称:道志みち)・市道橋津原平丸の全面通行止め/相模原市

 
  

 

| | コメント (0)

2019/04/01

令和♪

★令和♪

新しい元号は、令和(れいわ)。

「ら」行が成せるわざか、新しい響き。
いいかも♪

ところで。
元号と西暦、両方を認識している年は…。
意外過ぎるくらいに少ない。
自分の誕生年は昭和、西暦どちらも即答できる。
そして、終戦の年の昭和20年と1945年、東海道新幹線が開通し、
東京オリンピックが開催された、昭和39年と1964年。
あと、21世紀になった2001年と平成13年。

自分史…。
小学校入学と卒業、同じように中学、高校、大学と続き、社会人となった年
などは全て昭和で覚えている。
諸々の出来事も昭和、平成といった元号で覚えている。

阪神淡路大震災は自分の金沢赴任時代の出来事で、平成7年1月17日
と鮮明に記憶している。

逆に西暦でしか覚えてない出来事は東日本大震災の2011年3月11日。
そう、最近の出来事は西暦で記憶するようになってきた。

もう1つ、平成になってからは、並行して昭和○○年と換算して記憶している。
今年は2019年、平成31年、そして、昭和に換算すると昭和94年…。
平成になってからというもの、昭和○○年と換算しておかないと何かと不便なのだ。
それは、昭和××年から何年経過とか、年齢を計算したり…。
 
そこへ、新たに『令和』。

めまぐるしく変貌する世の中。
明治生まれの人は「明治、大正、昭和を生き抜いてきた」とか、表現されてきた
けど、昭和生まれの多くの人たちは「昭和、平成、令和を生き抜いてきた」と
言われるのか…。

これからは、昭和換算と平成換算もおさえておかないとダメかも。
僕のようなものでも、最近は西暦をメインに記憶するようになって、
和歴、元号は脇役になってきたけど、効率もよく、スムーズかもしれない。


201904_1

  


| | コメント (0)

2019/02/20

近所の梅♪

★近所の梅♪

晴れ♪

春の暖かさ♪
東京都心で19.5℃も。

花粉が多くてクシャミ、鼻水が…。

  
      


近所の梅♪

場所や品種によってか、早くから咲いているのもあるが、
こちらはこの数日でようやく開花。

Img_0299

     
       
Img_0295
  
    
  
   
Img_0302
  

紅梅。

Img_0303
  

家庭菜園にみかんの木が。

Img_0304


河津桜も咲きはじめた。

Img_0305   



Img_0306


 

 

バッドニュース…

圏央道厚木PAスマートインターチェンジ開通予定時期が延期…。

2018年度開通予定であった圏央道厚木PAスマートインターチェンジ
は、工事の大幅な変更が生じたため、2020年度上半期に延期する
ことになった。

ま、実際は1kmほど南下すると圏央厚木インターがあるので、
さほど困ることはないけど…。
 

スマートIC開通延期、2010年度上半期を予定/タウンニュース
   

  

関連記事

厚木PAスマートIC…♪ 2018.09.12

 













| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧