2019/04/19

週末♪

★週末♪

晴れ♪

とんでもなく暑かった…。
 
 


87歳高齢者による東池袋の交通事故。
あまりにも悲惨…。
  
高齢者の事故…。
毎度のことながら、「責任」という言葉とは程遠い言い訳
にしか聞こえない釈明…。

「老害」…。
そんな言葉を反芻してしまった…。

自分も行く道ではある…。
  
  
 

道志みち…。

昨年10月の台風24号による災害によって半年以上に渡り通行止めが
続いていた国道413号の暫定開通が公表された。
当初は3月下旬暫定開通予定だったのだが、1ヶ月の延期となり、
ようやく暫定開通を迎えた。

住民たちの通勤・通学の足に関して半年間の苦闘が偲ばれる…。

暫定開通ということ…。
暫定開通区間は片側交互通行となるため、渋滞等による遅延が予想される
とあり、不要不急の通行は遠慮した方がよさそう。

このGW、久々に「道志みち」を考えていたのだが…。
全面開通については、1年後の2020年3月末を目途に対応されるよう
だが…。
ま、それまで待つかな…。


----------------------------------------------------------------------
神奈中バスの運行情報
 

 2019年04月18日
  
【運行再開】三ヶ木~東野・月夜野系統について

 現在、国道413号の一部通行止めにより、区間運休し「平丸バス停」にて
   折返し運行をしており、お客様にはご不便をお掛けしておりましたが、この度、
 その通行止めが暫定開通したことから、以下のとおり運行を再開致しました。

 1.国道413号暫定開通日時 
   2019年4月19日(金)14時 
 
 2.路線バス運行再開系統 
   ・三55 三ヶ木~西野々~東野 系統  
   ・三56 三ヶ木~東野~月夜野 系統  

   なお、暫定開通区間は片側交互通行となるため、渋滞等による遅延が予想され
   ますので予めご了承ください。 

 
 神奈川中央交通西
 津久井営業所

---------------------------------------------------------------------- 

相模原市のお知らせ


国道413号の暫定開通について

平成30年10月1日の台風第24号の影響により通行止めとしております
国道413号の暫定開通について、次のとおりお知らせします。

[暫定開通日時] 平成31年4月19日(金) 午後2時(予定)
※ 天候等により、やむを得ず、変更する場合がございます。

[暫定開通時の通行方法等]
・一部区間は片側交互通行となります。
・降雨・降雪の状況により、通行止めとなります。
・大型車も通行可能です。
・現在「平丸バス停留所」にて折り返し運転をしている路線バスにつきまして
 は、4月19日(金)の三ケ木(午後2時55分発)、東野(午後4時05分発)
 のバスより通常運行を再開いたします。
 また、このことに伴い、タクシーによる代替交通につきましては、
 4月19日(金)の最終便までの運行をもって終了します。

 なお、大型連休の際には片側交互通行区間などにおける渋滞が予測されますの
 で、引き続き国道20号等への迂回にご理解、ご協力をお願いします。
 また、全面開通につきましては、平成32年3月末を目途に対応を進めます。
 詳細が決まり次第お知らせします。


国道413号の暫定開通について/相模原市


 

関連記事


道志みち♪

神奈川県相模原市緑区西橋本から同市青野原、山梨県道志村を経て、
山中湖村へ至る国道413号、道志みち。

道志みち~河口湖♪ 2015.07.11

道志へ♪ 2012.06.17

道志みち…かな…♪ 2011.05.14

道志みち♪ 2010.05.01

道志みちで帰りました♪ 2008.04.27

忍野♪ 2008.04.26

道志みち♪ 2007.05.04

 

関連リンク

国道413号Wikipedia

道志村役場HP

道志村観光協会HP

道の駅どうし(国道413号)

0000dousilogo


道志の湯
000dousisp01





  
  

平成30年10月1日、台風24号の影響により、相模原市緑区青根地区で
道路周辺の斜面が大規模に崩落。
国道413号及び市道橋津原平丸(はつばらひらまる)において全面通行止め
を実施。

国道413号は平成31年3月下旬解除予定。
市道橋津原平丸は青根地区の生活交通路としての暫定開通として、
平成30年12月上旬解除予定。

通行止め区間。
東側の青野原西野々交差点は蕎麦の”つねっさ”の先にある旧道との交差点。
西側は青根交差点。
   
201811413tukodome_kukan

 
国道413号(通称:道志みち)・市道橋津原平丸の全面通行止め/相模原市

 
  

 

| | コメント (0)

2019/04/01

令和♪

★令和♪

新しい元号は、令和(れいわ)。

「ら」行が成せるわざか、新しい響き。
いいかも♪

ところで。
元号と西暦、両方を認識している年は…。
意外過ぎるくらいに少ない。
自分の誕生年は昭和、西暦どちらも即答できる。
そして、終戦の年の昭和20年と1945年、東海道新幹線が開通し、
東京オリンピックが開催された、昭和39年と1964年。
あと、21世紀になった2001年と平成13年。

自分史…。
小学校入学と卒業、同じように中学、高校、大学と続き、社会人となった年
などは全て昭和で覚えている。
諸々の出来事も昭和、平成といった元号で覚えている。

阪神淡路大震災は自分の金沢赴任時代の出来事で、平成7年1月17日
と鮮明に記憶している。

逆に西暦でしか覚えてない出来事は東日本大震災の2011年3月11日。
そう、最近の出来事は西暦で記憶するようになってきた。

もう1つ、平成になってからは、並行して昭和○○年と換算して記憶している。
今年は2019年、平成31年、そして、昭和に換算すると昭和94年…。
平成になってからというもの、昭和○○年と換算しておかないと何かと不便なのだ。
それは、昭和××年から何年経過とか、年齢を計算したり…。
 
そこへ、新たに『令和』。

めまぐるしく変貌する世の中。
明治生まれの人は「明治、大正、昭和を生き抜いてきた」とか、表現されてきた
けど、昭和生まれの多くの人たちは「昭和、平成、令和を生き抜いてきた」と
言われるのか…。

これからは、昭和換算と平成換算もおさえておかないとダメかも。
僕のようなものでも、最近は西暦をメインに記憶するようになって、
和歴、元号は脇役になってきたけど、効率もよく、スムーズかもしれない。


201904_1

  


| | コメント (0)

2019/02/20

近所の梅♪

★近所の梅♪

晴れ♪

春の暖かさ♪
東京都心で19.5℃も。

花粉が多くてクシャミ、鼻水が…。

  
      


近所の梅♪

場所や品種によってか、早くから咲いているのもあるが、
こちらはこの数日でようやく開花。

Img_0299

     
       
Img_0295
  
    
  
   
Img_0302
  

紅梅。

Img_0303
  

家庭菜園にみかんの木が。

Img_0304


河津桜も咲きはじめた。

Img_0305   



Img_0306


 

 

バッドニュース…

圏央道厚木PAスマートインターチェンジ開通予定時期が延期…。

2018年度開通予定であった圏央道厚木PAスマートインターチェンジ
は、工事の大幅な変更が生じたため、2020年度上半期に延期する
ことになった。

ま、実際は1kmほど南下すると圏央厚木インターがあるので、
さほど困ることはないけど…。
 

スマートIC開通延期、2010年度上半期を予定/タウンニュース
   

  

関連記事

厚木PAスマートIC…♪ 2018.09.12

 













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/06

スカ色…♪

晴れ♪

暑かった…。

   
  

北海道地震…、震度7とは…。
北海道胆振東部地震と命名された…。

北海道全域が停電とは…。
夕方頃から旭川市、札幌市などで一部停電が解消…。

一刻も早い復旧を…。
 


  

横須賀線・総武線快速にもE235系…

JR東日本は横須賀線・総武線快速などへE235系を投入すると発表した。
同車は2015年11月から山手線に投入されているが、横須賀線・総武線快速
などへ導入される車両は、搭載機器や線路、電力設備などの状態を常時監視
するモニタリングが可能で、JR東日本の車両として初めて停電時も走行できる
非常走行用電源装置を搭載する。

車体は現行のE217系同様ステンレス製で、横須賀線伝統の「横須賀色」
がアクセントカラーとなる。
E217系では電動車がユニット方式となっているが、このE235系では1両に
1台の制御装置を持つ方式に変更。
故障に強い車両とするため、主要機器は2重系化される。   

横須賀線・総武線快速用のため、山手線用にはないグリーン車やトイレを備えた
中距離電車向けの編成を導入する。
JR東日本の普通列車用グリーン車としては初めて全座席に電源コンセントを
設置。
車内公衆無線LAN(Wi-Fi )や液晶ディスプレイによる案内画面も備える。

現行のE217系の普通車では一部クロスシートとなっているが、E235系
普通車では全てロングシート化され、混雑緩和につなげるとのこと…。
ま、事実上、クロスシートを希望するなら、グリーン車へ…。
そんな狙いなのかと…。
  
そして、サンケイビズは…。
2020年度から順次投入する予定となっており、総武快速・横須賀線のほか、
東海道線、埼玉県や群馬、栃木各県などの北関東とつなぐ高崎線、東北線など
首都圏中距離電車にも投入される。


JR東日本、「E235系」運用拡大でコスト低減 横須賀、総武線快速にも投入/サンケイビズ

東海道線・東北線・高崎線へのE235系導入も報道/4号車の5号車寄り

横須賀・総武快速線用車両の新造について/JR東日本 
 


  
 
はっきり言って…。
ん~っ…。

201809e235yokosukaline
  
    
201809e235yokosukaline02
  
 
 
 
ようやく、この顔にも慣れてきたのに…。

横須賀線鎌倉~北鎌倉駅間、「鉢の木」…。 
北鎌倉駅到着…。  後追いで…。                      1月撮影

Img_3076


JR東日本E217系電車 wikipedia 
JR東日本E235系電車 wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/18

月曜日…

★月曜日…

どんより、時々、雨…。

涼しい。






今朝、緊急地震速報が…。
先日も長野県の地震で鳴り響いた。

大坂で震度6弱の地震発生…。

ブロック塀などの倒壊による死者が2人も…。
ブロック塀の点検、撤去の動きが強まる気配…。

地震関連情報…、高槻市や枚方市からの中継が多い…。

 

大坂や兵庫には叔父や叔母、従兄弟など親戚が多いので心配…。
思ったよりも被害が少ないのが救い…。



 

イオンモール座間。

日産ヘリテージコレクションからの展示。
このクルマ、2013年の座間ひまわりフェスタでも出展されていた。

チェリー X-1 4ドアセダン 1200cc。(初代)  
1970年 PE10。

日産初のFF車。
1970年の3ヶ月に及ぶロングランのティーザーキャンペーンに翻弄された方
もいらっしゃるのでは…。

1529298893442_2


過去記事

  

 
 

尾瀬の玄関口、檜枝岐村(ひのえまたむら)。

人口577人。
面積390.46㎢。(熊本市、富士宮市などと同じ)

福島県の南西端。
日本一人口密度の低い市町村。
ま、村のほとんどは山林、山…。

国道352号沿いの村役場のある一帯がこの村の中心地。
1年間に3回開催される桧枝岐歌舞伎。
檜枝岐温泉。
平家の落人伝説が残る。

高校は通学範囲にないため、村外に下宿せざるえない。

国道352号が最大のライフライン。
また、1986年、野岩線・会津高原尾瀬口駅から浅草直結に伴う振興計画
により観光地が進んでいる。
このため、類似自治体と比較して、サービス業就業者の割合が突出。
高齢化や人口減が非常に緩慢であり、20代から30代の人口比率が高い
傾向にある。

尾瀬の魅力。
そして、檜枝岐村にも魅力を感じる。


尾瀬檜枝岐温泉観光協会

檜枝岐村 wikipedia

 

 
Img_6056r_2
 
 
 

 

沼山峠休憩所で買い求めた熊よけ鈴。
デイパックにつけて、歩くたびにカランコロン…。

他の登山者も結構つけていた。

ま、熊の目撃情報はなかったので、ほっと…。
鹿の目撃情報は尾瀬沼西岸であった…。
また、尾瀬沼の湖畔には鹿らしき足跡があった。

Img_6123_2




 

会津高原尾瀬口駅は南会津郡南会津町。

駅の売店で買い物したら、買い物袋には見慣れない”ゆるキャラ”
らしきイラスト…。


”んだべぇ”…♪

0000000000000000000minamiaizuyuru_2
  


んだべぇ/ゆるキャラグランプリ オフィシャルサイト

んだべぇ/南会津町観光物産協会





  








   
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/29

7000形LSE定期運行終了へ…

★7000形LSE定期運行終了へ…

小田急ロマンスカーLSE・7000形が定期運行終了へ。

とうとう、その日がやってくる…。

LSE・7000形。
1980年(昭和55年)デビュー。
前面展望席、リクライニングシートなどを備えている。

4編成が製造されたが現在残っているのは2編成で、その内「7003×11編成」
は6月頃に解体予定。(先頭車両2両は保存予定)
残る「7004×11編成」は、新型ロマンスカーGSE・70000形が7月11日に
第2編成就役を受けて、7月10日をもって定期運行から外れる。  

小田急電鉄は、6月23日(土)から「ラストラン記念ロゴマーク」をLSEの側面
に掲出する。
定期運行を終える7月10日には列車出発時に出発セレモニーが行われる。

LSEは通常ダイヤでの運行を終えた以降は臨時列車として運用され、
2018年度中に引退を迎える予定。

 
7月10日、特急ロマンスカーLSE、定期運行終了/小田急

7月11日、特急ロマンスカーGSE、第2編成就役決定/小田急

 


LSEがいなくなる…。
そんな危機感からか、LSE狙い、LSEキラーだらけだった…。

渋沢駅~新松田駅間、第二菖蒲トンネルを通過するLSE・7000形♪
渋沢8号踏切にて。                           5月15日撮影

Img_4853

 
ところで…。
この車両は7004編成。 
解体は来年度の予定…。

3月に引退した7003編成は6月に解体予定とのこと…。
 


    
小田急ロマンスカー♪ 

  

  

■関連記事
   
またまた蛇塚へ♪ 2018.05.15

蛇塚へ♪ 2018.05.14

四十八瀬川♪ 2018.05.01

新緑の小田急線♪ 2018.04.22

浅草♪ 2018.04.13 
  



  





  



  












 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/12

駅…♪

★駅…♪

晴れ♪

寒い…。
この冬は湿度が低くて超乾燥…。


で…。
明日の朝はこの冬いちばんの寒さかも…。

 
 
 

相鉄線新線に「羽沢横浜国大駅」新設

相模鉄道は11日、JR東日本に乗り入れる直通線について、横浜市神奈川区
に設ける新駅の名称を、近くの横浜国立大学(保土ヶ谷区)にちなんで
「羽沢横浜国大」とする方針を明らかにした。

直通線は、相鉄線西谷駅とJR東海道貨物線を結ぶ約2・7キロ。
横浜市西部や県央地域が、渋谷、新宿方面と乗り換えなしでつながり、
横浜駅の混雑緩和も期待されている。

新駅はJR貨物線がある羽沢地区に設置され、周辺住民のほか、新駅から
700mの場所にある横浜国大の学生や教職員の利用を想定。

相鉄は駅舎デザインも発表。
ほかの駅との統一感を図るため、企業カラーの「ダークグレー」を基調としている。
新駅やJRとの直通線の開業は2019年度後半になる見通しで、20年の
東京五輪・パラリンピックには間に合うという。

一方、相鉄が同時に進めている東急との直通線は、「羽沢横浜国大」から、
新幹線が通る新横浜を経由して日吉につながる約10キロで、22年度後半
に開業予定。
2つの直通線の総事業費は約4,022億円に上り、市が約894億円、県が
約447億円を負担する見通しという。  
   

201712hazawayokohamakokudaista

 

羽沢駅工事/神奈川東部方面線/相鉄・JR直通線|相鉄・東急直通線

神奈川東部方面線/相鉄・JR直通線|相鉄・東急直通線

   

 

  
  
もう1つ…。
駅の話題…♪



小田急江ノ島線・片瀬江ノ島駅「竜宮城」建て替えへ

小田急、江ノ島線・片瀬江ノ島駅のリニューアル工事に着手へ。
「竜宮城」をイメージした駅舎も建て替え。

小田急電鉄は江ノ島線の片瀬江ノ島駅(神奈川県藤沢市)について、
2018年2月から改良工事に着手すると発表した。

片瀬江ノ島駅は1929年(昭和4年)に開設。
「竜宮城」をイメージした駅舎が特徴で、1999年(平成11年)には
「関東の駅100選」にも選定された。
今回、駅舎が老朽化していることなどから、駅全体の改良工事に着手。

駅舎は、現在の竜宮城の雰囲気を踏襲しつつ、「竜宮造り」という社寺
の建築様式を採用し建て替え。
「遊び心と同時に品格を備えた姿にデザイン」したという。

ホームの屋根は、現在のスレート屋根から、自然光を採り入れられる
テント膜屋根と耐久性に優れた折板屋根に。
コンコースも現在より約25%広くなり、大型イベントの際の流動がスムーズに。
トイレも男女ともに個室が増え、また女性用パウダーコーナーが新たに加わる
など、全面リニューアル。

工事は2020年5月に完成予定。
つまり、東京オリンピックに間に合う。

東京オリンピックではセーリング競技は江の島で開催されるので、
集客も見込まれる。

ま、”竜宮城”というキーワードで、キープコンセプト…♪



こんな姿になる…♪

201712kataseenosimasta
   


現在の姿…。                           2016年4月撮影。

Img_6519





  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/07

世田谷ボロ市のポスター♪

★世田谷ボロ市のポスター♪

晴れ♪

今朝も寒かった…。




  
  


東京駅丸の内駅前広場完成♪

首都の玄関口として…。

2014年に改修工事が始まった東京都千代田区のJR東京駅丸の内
駅前広場が7日、新しくオープンした。
多くの観光客や通勤客らが訪れる首都の玄関口として、赤れんが駅舎
や皇居へ続く「行幸通り」調和和した景観になるよう整備した。

駅舎正面の中央広場(6,500平方メートル)は行幸通りとのデザインの
統一性を図り、白を基調とした御影石で舗装。
両側にはケヤキを植えた。
このうち約1,200平方メートルに芝生を植え、夏には近くに水を張って
清涼感を醸し出す。
中央広場を挟む南北には路線バスやタクシーが乗り入れる

 
東京駅は2011年10月、約100年前の創建当時の姿を忠実に再現した
赤れんが駅舎が、約5年間の復元工事を終えて全面開業。
引き続き2014年8月から丸の内駅前広場の整備が進められていた。


以前の東京駅も好きだったけど…。
復元された駅舎も広場もなかなか素晴らしい。
首都の玄関口として、格調高い雰囲気が伝わってくる。

20171207tokyosta



皇居へと続く行幸通りと一体となった感のある駅前広場。

町田駅から座間市へとつながる「行幸道路」にも光を…。
もっとも、町田や座間の若者たちは「ギョーコー道路」って言ってるけど…。



関連記事

12月…♪ 2017.12.01

東京丸の内♪ 2015.04.25  





世田谷ボロ市のポスターが小田急線各駅に…♪

ずっと同じコンセプトのポスターなので、これを見ると年末を感じるように…。

700店以上の露店が並び、1日に約20万人もの人出でにぎわうボロ市。
毎年12月15・16日と1月15・16日の年2回、2日間ずつ、代官屋敷を
中心にボロ市通りで開催される。

開催日が固定されているので、土・日曜にかかるか気になるところ…。
今回、12月は金・土曜日。
ウチのママはママ友と金曜日に出かけるらしい…。

ボロ市の始まり。

ボロ市の始まりは、遠く安土桃山時代まで遡る。
当時関東地方を支配していた小田原城主北条氏政は、天正6年(1578年)
世田谷新宿に楽市を開いた。
楽市というのは市場税を一切免除して自由な行商販売を認めるというもので、
毎月一の日と六の日に6回開いていたので、六斎市(ろくさいいち)ともいう。

その後、北条氏は豊臣秀吉に滅ぼされ、徳川家康が江戸に幕府を開き、
世田谷城が廃止されると、世田谷新宿が城下町としての存在意義を失い
急速に衰えていった。
六斎市は自然消滅して姿を変え、いつの頃からか年に1回、年の暮れに
開かれる歳の市(市町)になっていった。
明治になって新暦が使われてから正月15日にも開かれ、やがて、12月
15・16日の両日、正月にも15・16日の両日開かれるようになり、現在に至る。

 

「ボロ市」の名の由来。

戦国時代に楽市として世田谷新宿に開かれた市は、徳川時代になって市町
(いちまち)という名のもとに歳の市として開かれていた。
明治20年代になって古着やボロ布の扱いが主流となっていき、いつしか
農機具や正月用品が主だった「歳の市」は、その実態に合わせて「ボロ市」
と呼ばれるようになった。
正式な名称となったのは第二次世界大戦後からで、既に明治の終わり頃
には世田谷の「ボロ市」が定着していた。



今回のポスター。

Dsc_0012_10

  
  
がんばれぼくらの世田谷線・世田谷ボロ市

せたがやのボロ市/東京商工会議所


世田谷のボロ市/世田谷区

  
  



■過去記事


世田谷ボロ市♪ 2016.01.16

世田谷ボロ市、行ってきました♪ 2009.01.15

世田谷ボロ市とひこにゃん♪ 2009.01.14

豪徳寺♪ 2009.04.30

豪徳寺に初詣♪ 2015.01.03 

豪徳寺&世田谷八幡宮へ初詣♪ 2016.01.03

晩秋♪ 2010.11.23

世田谷線♪ 2010.06.04
    



   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/05

小田急ロマンスカーGSE・70000形♪

★小田急ロマンスカーGSE・70000形♪

晴れ♪

寒いっ…。
  






小田急ロマンスカーGSE・70000形♪

小田急電鉄は12月5日、特急ロマンスカーの新型電車「70000形」の
愛称を『GSE』に決めたと発表した。
2018年3月中旬のダイヤ改正にあわせてデビューする。

同日、車両基地の大野総合車両所(神奈川県相模原市)で新型車両の
70000形電車「GSE」を報道陣に公開した。

今回公開されたのは、最初に完成した7両編成1本。
日本車輌製造の豊川製作所(愛知県豊川市)で製造され、このほど大野
総合車両所に運び込まれた。
今回公開された編成を含む14両(7両編成2本)の導入が計画されている。

70000形は観光輸送と通勤輸送の両方に対応した、ロマンスカーの新型
車両。
14両(7両編成2本)の導入が計画されており、3月中旬ダイヤ改正時に
デビューする7両(7両編成1本)がこのほど完成した。

ロマンスカーに新型車両が導入されるのは、2008年デビューの60000形
「MSE」以来10年ぶり。

従来車の7000形「LSE」や50000形「VSE」と同様、先頭車の一番前に
前面展望席を設置。
車体は「LSE」などで使われている赤系統の「バーミリオン」で全体を塗装し、
小田急の「伝統」を重視したデザインにしたという。

愛称の「GSE」は「Graceful Super Express」の略。
70000形の開発コンセプト「箱根につづく時間(とき)を優雅に走るロマンスカー」
にあわせ、「優雅さ」を表す「Graceful」を用いた。

赤い『GSE』と白い『VSE』が対(つい)になるようにしたとのことで、
『VSE』が貴公子なら『GSE』はレディと…。

ロマンスカーの車両はアルファベットの愛称が付けられており、1957年
にデビューした3000形の愛称は「Super Express」を略した「SE」。
3000形以降は7000形「LSE」や50000形「VSE」、60000形「MSE」の
ように、「SE」に「Luxury」「Vault」「Multi」など各形式の特徴を表現した言葉の
頭文字を加えている。

一方、通勤客向けのロマンスカーを中心に運用されている30000形は
「Excellent Express」を略した「EXE」(リニューアル車は「EXEα」)で、
「SE」は含まれていない。
このため、70000形の愛称に「SE」が含まれるかどうかが注目点の一つ
になっていた。



201712odakyu003
     


SE~LSEの伝統を受け継ぐ、バーミリオンオレンジを基調としたカラーリング
を復刻。
車体は「薔薇」の色を基調とした「ローズバーミリオン」、屋根部を深い赤色
の「ルージュボルドー」、側面にはロマンスカーの伝統カラーである
「バーミリオンオレンジ」の帯をあしらったと…。

確かに…。
VSE、MSEと同じくバーミリオンオレンジのライン…。
う~ん…。

201712odakyu001
  


VSEやMSE踏襲か…。  

201712odakyu004   




2018年3月の新ダイヤ での運転開始にあわせ、特急ロマンスカー
担当乗務員専用の新制服を使用開始する。
また、 ロマンスカーアテンダント(車内販売員)の制服についても、
同時にリニューアルする。

これが、新しい制服…。

201712odakyu002

  
  
ロマンスカーでは現在、運転室越しではない前面展望席を設けた7000形
「LSE」と50000形「VSE」、前面展望席がない30000形「EXE」と
60000形「MSE」が運用されている。
このうち1980年代に導入された「LSE」は、老朽化により更新の時期を
迎えている。
また、2005年にデビューした「VSE」は人気が高く座席の供給が不足して
いることから、「LSE」に代わり「VSE」とペアで運用する車両として「GSE」
が計画された。

「LSE」、「VSE」と同様、前面展望席を設けており、運転室は前面展望席
の上部に設置された運転室越しではない前面展望席を導入したのは「VSE」
以来12年ぶり。
一方、「LSE」、「VSE」は二つの車体の間に2軸台車を一つ入れてつなぐ
連接台車方式だが、「GSE」は一般的な旅客車と同じ構造を採用。
二つの2軸台車で一つの車体を支える方式に変わった。

観光輸送に特化したコンセプトで製造された「LSE」、「VSE」に対し、「GSE」
は通勤輸送も考慮した。
1編成の長さは「LSE」、「VSE」とほぼ同じだが、「LSE」、「VSE」が1両の
長さを約13~14m(先頭車は約16~18m)に抑えた10~11両編成だった
のに対し、「GSE」は1両約20mの7両編成とした。
定員は「VSE」より約40人多い400人。
大きな荷物を持って移動することが多い訪日外国人観光客の増加を考慮し、
座席の下にはキャリーバックを置ける空間を確保した。


12年ぶり前面展望席…小田急電鉄、新ロマンスカー70000形「GSE」公開/レスポンス

小田急“赤いロマンスカー”の愛称決まる…10年ぶり新型は GSE「Graceful」/レスポンス 

  
  
複々線化の完成で新時代を迎える小田急の新たなシンボルに――。
2018年3月の複々線化・ダイヤ改正と同時にデビューする予定の、小田急
電鉄の新型特急ロマンスカー70000形が、その姿を現した。

ロマンスカーの象徴である「展望席」を先頭車に設けた7両編成のボディは、
バラの色を基調としたという「ローズバーミリオン」、屋根は「ルージュボルドー」
と呼ばれる赤色に包まれ、現行のフラッグシップ車両である白いロマンスカー
VSE・50000形と好対照。
VSEと対になる車両ということが強調された。

70000形は来春まず1編成が就役する予定。
7000形LSEについては、この際に1本が引退する予定だが、しばらくは
GSEとLSEが併存する光景が見られそうだ。


小田急新型ロマンスカー「GSE」はここが凄い/東洋経済オンライン

  
 
  
バーミリオン…♪

まさか、バーミリオンの衣を着るとは…。
これは賛否両論…。
難しい選択だったのでは…。


特急ロマンスカーGSE 特設サイト/小田急

0000000000000000000000gse70000   


特急ロマンスカーGSE・70000形/小田急



  


小田急ロマンスカー♪

 

  




    



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/25

西湘バイパス、またもや、崩落…

★西湘バイパス、またもや、崩落…

雨…。
夜になって、ようやくあがった…。

涼しい。

  
   
    

  

台風21号は湘南、江の島にも相当な被害をもたらした。
そして、西湘バイパスも大磯あたりで、またもや…。

10月22日の台風21号通過に伴い、西湘バイパス(国道1号)は、高波による
越波により下り線の路肩と擁壁が一部崩落…。
上下線の大磯東IC~西湘二宮ICにおいて通行止め…。

本日10月25日 8時、上下線通行止めが続いていた西湘バイパスは、応急復旧
工事が完了し、暫定開通した。

今後、下り線は復旧工事を行うため封鎖し、上り線2車線を1車線ずつにしての
対面通行による暫定開通。
大磯西IC付近の1.3kmでは、対面通行規制を行っているので、走行注意。

それにしても…。
いつになったら、全面復旧されるのか…。
10年前のように7ヶ月以上かかるってことはないだろうけど…。



  
当日の大磯町国府新宿付近の様子。
  
201710seishouoiso
※国土交通省 横浜国道事務所HPより




大磯町崩落現場。

201710seishouoiso002
※国土交通省 横浜国道事務所HPより

   

ちょうど10年前の2007年9月の台風でも、西湘バイパスの路肩、擁壁崩落
というショッキングな出来事が…。
かなり大規模な崩落…。
場所は同じく大磯町。

国土交通省なども深刻な事故として対策を行った…。

  
西湘バイパス大規模崩落…。
2007年9月6日に崩落し、翌年のGW直前の2008年4月25日
に暫定4車線供用という形での全面復旧だった。

てことは、7ヶ月間もの長期間、暫定2車線での対面通行が強いられた
わけである…。

そして、本格対応の工事へと…。


今回は10年前よりはかなり小規模らしいが…。
それでも、不安を感じる…。


西湘バイパス、25日仮復旧、台風高波被害/カナコロ

   
  
あの台風では松田町と開成町を結ぶ旧十文字橋も崩壊…。
崩壊する様子がビデオで撮られていたため、ショッキングな事故だった。





■関連記事(未来記事)

崩落から10日後、現場を通った。
思ったよりも酷い渋滞…。

真鶴とか♪ 2017.11.03


 
 
2007年9月の崩落状態。

000

  





































※国土交通省 横浜国道事務所HPより

  


    



   


    

 

 

    




    

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧