2018/02/10

世田谷美術館♪

★世田谷美術館♪

晴れ♪
予報では午後から”曇り”だったが、夕方まで晴れ♪

朝は超冷え込んだ…。
ところが、ぐんぐん気温が上昇…。
午後、クルマの外気温は13℃を表示。
それまで暖房をガンガンかけていたが、一転、ただの送風にして窓も開けた。

  


世田谷美術館♪

存在はよく知っていたのだが…。
どちらかというと、興味の対象外…。

ところが、先月から”ボストン美術館 パリジェンヌ展 - 時代を映す女性たち”
開催。
ボストン美術館と聞いて、見たいと思った…。



246で…。
いつも、つい東名を使ってしまうのだが…、246で…。

Img_3323



瀬田から環八。
東名・東京インター出入口。

東名に入らず、側道を300~400mいくと東名高架下を利用した
世田谷美術館の無料駐車場がある。


世田谷美術館 来館者専用駐車場

高架下の駐車場を出ると、こんな光景。
向こうには砧公園が広がり、その先に世田谷美術館がある。
 
Img_3324

  
砧公園。

Img_3326

  
駐車場から徒歩5分ほど。
世田谷美術館。

Img_3330



  
思ったよりも多くの来館者。
盛況♪

ボストン美術館の収蔵品。
フランス印象派の絵画もいくつか…♪

見応えあり♪ 


世田谷美術館公式サイト
00000000000000000setagayamusiam
  

00000000000000000000201801boston




ランチタイム。
世田谷美術館には”レストラン ル・ジャルダン”、”セタビ カフェ”の2つ。

レストランはそこそこ行列…。


  

”セタビ カフェ”へ。

コーヒー。

Img_3333



朝の寒さはどこかへ…。
暖かくて、上着は脱いだ…。

スープスパゲティを。

Img_3332


 
セタビ カフェ

Setabicafe_blog_siteid

  



暖かい♪
クルマの暖房も切った…。  
   

Img_3334


  





  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/08

木曜日…♪

★木曜日…♪

晴れ♪

寒い…。
一体、いつまで続くのだろう…。

 
そうそう…。
花粉が…。
そういう季節ではある…。

  


福井県の国道8号などで立ち往生した1,000台を超えるクルマ…。
自衛隊出動などの甲斐あって、今日にも解消とか…。

  


明日1日いけば…。
3連休だ♪

  
 



これから、春休みを挟んで、美術館は魅力的♪


国立西洋美術館。

日本スペイン外交関係樹立150周年記念
プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

2月24日(土)~5月27日(日)。

国立西洋美術館
0000000000000000kokurituseiyou


201802prado

  

 

世田谷美術館。

ボストン美術館 パリジェンヌ展、時代を映す女性たち。

1月13日(土)~4月1日(日)。

 
世田谷美術館
00000000000000000setagayamusiam


00000000000000000000201801boston

  




箱根・ポーラ美術館。

雪…。
と、思いつつ…。

やはり、2月2日(金)は雪の影響で休館…。


ポーラ美術館開館15周年記念展。
100点の名画でめぐる100年の旅。

2017年10月11日(日)~2018年3月11日(日)。


ポーラ美術館
0000000000000000000000000pola



000000000000000000000000000pola01
  



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/31

水曜日…

★水曜日…

晴れ♪

今朝も冷え込んだ…。
もう寒いのには飽きた…。
いや、辟易か…。



そういえば…。
金沢に住んでいた頃は、長い間の”憂鬱”な時期が早く過ぎるように
、そればかり頭に浮かんだ…。
とにかく、重苦しい…。
春になると、飛んで来るはずの花粉はなく、気分爽快だった。




今夜は皆既月食。
帰宅時に見上げたら、まん丸の月が見えた。
10時を過ぎて、見たら、月が赤っぽい「赤銅色(しゃくどういろ)」で覆われた。
「スーパーブルーブラッドムーン」というのだとか…。
ちょっと不思議な皆既月食。



1月も終わり…。





先週、訪れた江之浦測候所。

ウチはネットで予約して、セブンで支払いとチケット受け取り。

201801_enoura002




受付でチケットを提示すると、ガイドブックとチラシを。
ガイドブックはかなり立派なもの。

そして、このチラシはすごくいい♪

20180127noh

  
能公演『Noh Climax』/小田原文化財団


    


過去記事

江之浦測候所へ♪ 2018.01.26

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/26

江之浦測候所へ♪

★江之浦測候所へ♪

晴れ♪

今日もかなり冷え込んだ…。
日中の最高気温もほとんど上がらず…。

  
  
昨年10月にオープンした江之浦測候所。
そろそろ訪れてみたいと…。

こちらは事前予約が必要なので、ネットで予約してセブンで支払い、
チケットを。


  

予約ってことは…。
日時が固定されていて、13:00~15:00。

てことで、今朝は9時半に出発…。
小田厚はすいすい…。
覆面に捉われたクルマ皆無…。


富士山がくっきり…♪

Img_3131

  

10時半に小田原漁港に到着。
いくらなんでも、早過ぎる…。
予定していた店は11時半オープン…。
1時間も待てない…。


先へ行こう…。
米神地区の越波対策工事区間。
下り線だけが一段高いとこを走っていたが、上り線も同じく高くなった。

つまり、何の驚きもない写真…。

Img_3133

  

1時間待つくらいならと…。

てことで、真鶴へ。
次のお目当てのお店…。

んっ…。
絶句…。

23日、24日、25日、26日と4日間も休みとの貼り紙…。
ショック…。

Img_3134

  

honohono

honohono(ホノホノ)(真鶴)/食べログ




店の前は真鶴漁港。

Img_3135







口の中は、もうピザの食感でいっぱいだったのに…。

気を取り直して…。
よく行く”魚伝”さんへ。

Img_3141



こちらでは…。
頼んでなくても…、まず、アジの干物…♪

Img_3138


  
アジ丼とアジ餃子。

Img_3140




魚伝(真鶴)/食べログ


  




まだまだ時間がたっぷりある…。
いつものワンパターン活動を…。

根府川交差点から県道740号へ。

Img_3163

 

  
  

ワンパターン…♪

根府川駅♪

Img_3150



今朝9時過ぎ、東海道線・真鶴~湯河原間でレール破損のため、熱海~
小田原間で運転見合わせ…。
なんと、東海道新幹線で振替輸送したらしい…。

12時頃、運転再開したが、もちろん遅延…。
そんな遅延のアナウンスが…。
  
Img_3144


跨線橋…。
  
Img_3154


根府川駅 wikipdia



 

この時期のワンパターン行動その2…♪

青山園で湘南ゴールドを。
しかし、湘南ゴールドはまだ…。
ゴールデンオレンジを。

Img_3160

  

Img_3157



青山園(江之浦)


ゴールデンオレンジ…♪
やっぱり、美味しい♪

  



江之浦測候所♪

憧れの江之浦測候所♪

根府川交差点から県道740号を南下して、インド料理のコート・デ・サラ
の100mほど先を鋭角に左折。

目の前に江之浦測候所の客用専用駐車場が。

Img_3166
  
  
駐車場からは海が♪

Img_3167


大島が大きく見える。
  
Img_3170

  
  
受付手前にある明月門。

そ、あの鎌倉の明月院の正門として室町時代に建てられたもの。
関東大震災で半壊し、その後、何人かの手に渡った後、南青山6丁目にある
根津美術館正門として使われていた。
平成18年、根津美術館建て替えのため、小田原文化財団に寄贈された。

Img_3175



鬼瓦。
丸に三角…、〇に△。
小田原文化財団”ODAWARA ART FOUNDATION”のOとAを組み合わせた
ロゴ…。

小田原北条氏の家紋である「三つ鱗」や鎌倉といえば臨済宗の紋も一般的
には「三つ鱗」。
そんなことから、違和感のないロゴ、いや、紋である。

Img_3178



000000000000odawarabunka

201706odawaraartfound
  



明月門が開門された。

Img_3300

 

夏至光遥拝100メートルギャラリー。
  
Img_3193   
  

上の写真で見える、何だか小さな包みのようなもの…。
これは、止め石(こぶし大の石に紐を結んだもの)といって、これより先は
立ち入り禁止という意味を表している。

Img_3193rr
  
  

  
Img_3302

  
相模湾の海が青い。
   
Img_3198



夏至のギャラリーの下にはこの角度で…。
冬至光遥拝隧道が海に向かって。

冬至の日の出が拝める隧道…。
夏至と冬至では、こんなにも日の出の角度が違うということがわかる…。

Img_3212

 
光井戸。 

Img_3214

  

   
Img_3217

  
  
Img_3218

  
止め石…。

Img_3224

    
光学ガラス舞台と古代ローマ円形劇場写し観客席。

Img_3228

  
おやおや…。

Img_3241   
  

お~。
やりますね…。
  
Img_3242
 
 
ローマ時代のコロセオや神殿をイメージさせられた。

Img_3245


  
右側の大山と丹沢の山々(…)。

Img_3201

  
午後になっても、氷は融けない…。
 
Img_3210


石庭…。
  
Img_3231

  

  

Img_3237



この小道から右側はみかん農家…。
  
Img_3247



ふつうのみかんだけでなく、色々なみかんが。

Img_3248


湘南ゴールド。

Img_3297



  
Img_3254


江之浦にある天正庵跡。
小田原北条攻めの際、豊臣秀吉が武将を慰めるため、利休に茶室を
作らせた。

天正庵の茶室を再現した「雨聴天」。  

Img_3253  

  
箱根宮ノ下にあった老舗旅館「奈良屋」の別邸に至る門。
平成13年の廃業に伴い、箱根町から寄贈された。    

Img_3269

  
ここ西湘の海。
みかん、太陽、青い海…。
なぜか、瀬戸内海を思い出してしまう♪

Img_3280

   
こんなもの…。
タイムスリップしたような…。

Img_3284
 

サドルバックや”浜ゆう”が間近に…。
振り返ると、江之浦テラスはほとんど眼前に…。 
  
Img_3285
    

杉本博司氏の壮大な夢やロマン…。
それらのお裾分けをいただいた…♪

面白い世界を体験した♪
そんな気持ちで江之浦測候所を後にした…。
  
Img_3291



グッズ販売、カフェなどが欲しいと思ったのだが、営利目的の財団では
ないため、できないのだとか…。




江之浦測候所|小田原文化財団

小田原「江之浦測候所」を訪ねて/MYLOHAS

201706odawaraartfound   
  
   


  

関連記事
 

  



帰路。

135号にある真鶴パーキングで休憩。
東海道本線白糸川橋梁が一望できるあのパーキング。
最近は真鶴パーキングの扱いそのものが宙に浮いている様子…。

根府川駐車場という言い方をしているケースもある。
ま、確かに”真鶴パーキング”って…。
真鶴道路にあるパーキングだからか…。
紛らわしい…。


山安・根府川店へ。

Img_3309


昔、こちらは木造2階建ての大きな蕎麦屋さんがあった。
繁盛していたのに、ある日閉店…。

売り物件として出ていたのだが、いつの間にか山安に変身。
2015年8月にオープンした。
  
ウチも大漁に、いや、大量に買い込んだ…。
こちらは安いので、集客もすごい…。

  
山安

山安 根府川店(根府川)/食べログ

 


見上げれば、東海道本線・白糸川橋梁が見える。

Img_3311  




大昔の店”そば処 美舟”…。
記憶では…、5、6年前に閉店した…。

0000000000000002   
  
※食べログより
  

  




  
  

西湘バイパス西湘PA。

上り線のPAは橘インター手前で、橘料金所(正式には橘本線料金所)の
先というか、脇にある。
とんでもない立地…。
コーヒーが飲みたくて立ち寄った。

橘料金所の左側のETCゲートを抜けてきたのだが、さらに現金用のゲート
があるため、このPAに入るのは慎重を要する…。

Img_3315
  
  

んっ…。
鯵じゃが…!?
  
Img_3317r



コーヒーと一緒に鯵じゃがも…♪

鯵とポテトの薄切りを揚げてある。
結構美味しくて、二男へのお土産にも買った。

Img_3319   

  

西湘PA(上り)/NEXCO中日本

  

















   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/09

今年最後の湘南かな…♪

★今年最後の湘南かな…♪

晴れ♪

朝は寒かったけど…。
昼前からぽかぽか暖かい♪


  

年の瀬…。
今年最後になるかもってことで、湘南へ♪


小動交差点から134へ。

Img_2737

 
  
鎌倉高校前駅を出たばかりの江ノ電1000形。

Img_2739  

  
  
  
今年夏にリニューアルオープンしたメインへ♪

Img_2780   


  
1968年(昭和43年)創業。
来年は50周年♪

当時はファミレスもカフェもほとんどない…。
そこへ、オーシャンビューのメインがオープン。

湘南ボーイ憧れの存在だった…。


メイン(稲村ヶ崎)
0000000000000000000000main   

 
メイン(稲村ヶ崎)/食べログ



ずっと昔のメインの姿に…。
といっても、現代風の木質系の建物。
2Fは稲村ヶ崎温泉となった。


稲村ヶ崎温泉
00000000000000000000000000000000000



  
Img_2779
  
  
年末恒例のX'masツリー♪

Img_2759


テラス席…。

Img_2747


  
角のテーブルが空いてた…♪
メインでいちばん大好きな場所…。

さすが、年の瀬…。
134は空いていた。

富士山の裾野が見え隠れ…。

Img_2745


箱根の山、伊豆半島がくっきり♪
  
Img_2746



メイン。
料理は普通に美味しいけど、江の島や富士山が望めるオーシャンビュー
がサイコー♪
 
メニューは以前と変わらず…。

Img_2748



ママはサーロインステーキ。  

Img_2752


僕は…。
忘れられていた…。

ハンバーグ…。

Img_2757


  
  

稲村ヶ崎。
富士山が雲に隠れている。  

Img_2764
  

伊豆半島、天城山がくっきり。
漁船がやたらと多く出ている。
  
Img_2774

  

  
Img_2775  


大島も大きく見える♪  

Img_2776


    
  

長谷駅近く。
よく使うコインパーキングへ。

Img_2782

  
江ノ電カール電車は”きのこの山、たけのこの里”電車に変わっていた…♪
ま、予想とおり…。

Img_2784

  
  
懐かしいカール電車…♪                       2014年12月撮影
  
Img_02729
  

  
  
大好きな光景。
星の井交差点から見る海♪

Img_2864



星の井通りを極楽寺へ。
最近よく露出しているゲストハウス、IZA鎌倉ゲストハウス。
  
Img_2789


IZA鎌倉ゲストハウス



ワンパターンだけど、力餅家。
  
Img_2791


 

すぐ先。
最近、気になるパン屋さん…♪

Bread Code。

Img_2792



前回はすごい行列だったのに…。
そか、焼き上がり時間に合わせて並んでいるのだとか。

でも、焼き上がりまで45分もあるので…。
手っ取り早く、残っている食パンを♪

一山といっても、食パン2斤分…。
ま、いいか、食べたかった食パン。

Img_2793


なくなってしまうと…、がっかりなので…。
お買上げ…。    

Img_2794



昨日からパン屋さん3軒目…。
なんか、無性にパンが食べたい時って…。


Bread Code by recette

0000000000000000000000000000000brea







 

極楽寺駅♪

Img_2798
 

ホームのベンチもこちら駅舎前のベンチも”カール”だった…。
その内、変わるのか…。

Img_2801



極楽寺検車区。
江ノ電2000形2002編成。

2001編成と同様にパンタグラフをシングルアーム式に変更したりと…。
リニューアル最終段階…。
丁度、シングルアームの動作試験などが行われていた。
  
Img_2811


2002編成をリニューアル 2017.12.13 /江ノ電
  
江ノ電2000形、第2編成もリニュアール/レスポンス





その横を300形が♪
 
Img_2814

 
 
あれっ…。
映画”DESTINY 鎌倉ものがたり”のヘッドマーク”黄泉”が…。

Img_2814r

    

000000000000000000000000000000enode

 
映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」/江ノ電

  




極楽寺へ戻る…。
この周辺を”スケッチ”してみた…♪

極楽寺駅の赤い橋より。
この橋、『桜橋』というらしいけど、みんな赤い橋って表現してる…。
線路には銀杏の黄色い落ち葉…。
  
Img_2821_2

  

極楽寺トンネル。
明治40年開通当時のままの煉瓦造りの坑門で原型をとどめている。

極楽寺トンネルは2つの名前をもっていて、こちらは「極楽洞」、
そして、長谷駅側・御霊神社の方は「千歳開道」と呼ばれている。

ひとつのトンネルに2つの名前…。
それは、当時、大臣、総理大臣クラスの二人にそれぞれ揮毫して
もらったという事情…。

こちらは極楽洞。

Img_2823


  
赤い橋のたもと…。
昔からある商店。

Img_2841



商店の隣。
導地蔵堂。(みちびきじぞうどう)
  
Img_2832



導地蔵堂
  
  
お地蔵様というよりも仏様。

Img_2833




極楽寺。
  
Img_2830


極楽寺/鎌倉ツリープ


氏神様、極楽寺熊野新宮。

Img_2837


極楽寺熊野新宮/猫の足あと

  


クルマで極楽寺の赤い橋を渡ると…。
突き当りになるのではと、不安になる…。

そ、突き当りというか…。
その先、クルマでは通行不能…。

そんな突き当りエリアにある月影地蔵堂。

Img_2840


月影地蔵堂  


  

季節はずれ…。
成就院へ。

あじさい…。
どうも、そんな気配は皆無…。

由比ヶ浜。 

Img_2847

  

先程、買った食パン屋さんの系列カフェ。
食パン屋さん脇の路地を入る。
cafe recetteへ。  

Img_2851
  
   
  
  
TVドラマ”最後から二番目の恋”…♪
あれから、坂ノ下のカフェは人気過熱…。

坂ノ下に次々と出現した古民家カフェ。
こちらは大人気で、ちょっと待つと…。 

Img_2848   


cafe recette

カフェルセット -cafe recette(坂ノ下)/食べログ

  

じゃ、手前にあったカフェへ。
こちらも古民家カフェ。

福日和カフェ♪

Img_2861

  

  
Img_2852



アップルパイ♪
なんだろう、すごく美味しい♪
  
Img_2858   


坂ノ下エリアは古民家カフェが次々と…。

大体、昭和30年代の家をリニューアルしてる…。
この福日和カフェもそんなお店。

トイレにいったら、ドアが低くて…。
僕でさえも頭がつっかえた…。

そか、昭和30年代の家って、身長も違ってたのか…。

そして、そのトイレ…。
カメラに収めたいくらい、いい雰囲気のトイレだった。



福日和カフェ/fb 

福日和カフェ(坂ノ下)/食べログ




TVドラマ”最後から二番目の恋”現象で坂ノ下のカフェ
今でも人気。
134を走っていて、坂ノ下あたりでは、カフェ探し、あるいは、カフェ
でお茶を終えた女子たちをよく目にする…。

坂の下に次々と古民家カフェが増えていることを実感…。



関連過去記事

湘南でランチ&ウォーキング…♪ 2012.01.28


  




しつこく、星の井交差点より♪  

Img_2868



  
稲村ヶ崎。
おっ、昼間は雲で隠れていた富士山が…♪

Img_2871r






帰路…。

藤沢警察署の前でカローラに遭遇…。

50年前にデビューした初代カローラ…。
ボディーは白…、「多摩 5」ナンバー。

ドライバーも助手席の奥さまとおぼしき方もかなりの高齢の方。

”いいもの”を見せていただいた…♪


「マイカー元年」50周年♪ 2016.09.18


201609corolla50th_2_2


  



  

今年最後の湘南…♪

でも、正月の初詣で来るかもしれないけど…。

  


過去記事  

鎌倉♪ 2013.09.28

江ノ電…♪ 2012.11.17
  

 


   

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/07

世田谷ボロ市のポスター♪

★世田谷ボロ市のポスター♪

晴れ♪

今朝も寒かった…。




  
  


東京駅丸の内駅前広場完成♪

首都の玄関口として…。

2014年に改修工事が始まった東京都千代田区のJR東京駅丸の内
駅前広場が7日、新しくオープンした。
多くの観光客や通勤客らが訪れる首都の玄関口として、赤れんが駅舎
や皇居へ続く「行幸通り」調和和した景観になるよう整備した。

駅舎正面の中央広場(6,500平方メートル)は行幸通りとのデザインの
統一性を図り、白を基調とした御影石で舗装。
両側にはケヤキを植えた。
このうち約1,200平方メートルに芝生を植え、夏には近くに水を張って
清涼感を醸し出す。
中央広場を挟む南北には路線バスやタクシーが乗り入れる

 
東京駅は2011年10月、約100年前の創建当時の姿を忠実に再現した
赤れんが駅舎が、約5年間の復元工事を終えて全面開業。
引き続き2014年8月から丸の内駅前広場の整備が進められていた。


以前の東京駅も好きだったけど…。
復元された駅舎も広場もなかなか素晴らしい。
首都の玄関口として、格調高い雰囲気が伝わってくる。

20171207tokyosta



皇居へと続く行幸通りと一体となった感のある駅前広場。

町田駅から座間市へとつながる「行幸道路」にも光を…。
もっとも、町田や座間の若者たちは「ギョーコー道路」って言ってるけど…。



関連記事

12月…♪ 2017.12.01

東京丸の内♪ 2015.04.25  





世田谷ボロ市のポスターが小田急線各駅に…♪

ずっと同じコンセプトのポスターなので、これを見ると年末を感じるように…。

700店以上の露店が並び、1日に約20万人もの人出でにぎわうボロ市。
毎年12月15・16日と1月15・16日の年2回、2日間ずつ、代官屋敷を
中心にボロ市通りで開催される。

開催日が固定されているので、土・日曜にかかるか気になるところ…。
今回、12月は金・土曜日。
ウチのママはママ友と金曜日に出かけるらしい…。

ボロ市の始まり。

ボロ市の始まりは、遠く安土桃山時代まで遡る。
当時関東地方を支配していた小田原城主北条氏政は、天正6年(1578年)
世田谷新宿に楽市を開いた。
楽市というのは市場税を一切免除して自由な行商販売を認めるというもので、
毎月一の日と六の日に6回開いていたので、六斎市(ろくさいいち)ともいう。

その後、北条氏は豊臣秀吉に滅ぼされ、徳川家康が江戸に幕府を開き、
世田谷城が廃止されると、世田谷新宿が城下町としての存在意義を失い
急速に衰えていった。
六斎市は自然消滅して姿を変え、いつの頃からか年に1回、年の暮れに
開かれる歳の市(市町)になっていった。
明治になって新暦が使われてから正月15日にも開かれ、やがて、12月
15・16日の両日、正月にも15・16日の両日開かれるようになり、現在に至る。

 

「ボロ市」の名の由来。

戦国時代に楽市として世田谷新宿に開かれた市は、徳川時代になって市町
(いちまち)という名のもとに歳の市として開かれていた。
明治20年代になって古着やボロ布の扱いが主流となっていき、いつしか
農機具や正月用品が主だった「歳の市」は、その実態に合わせて「ボロ市」
と呼ばれるようになった。
正式な名称となったのは第二次世界大戦後からで、既に明治の終わり頃
には世田谷の「ボロ市」が定着していた。



今回のポスター。

Dsc_0012_10

  
  
がんばれぼくらの世田谷線・世田谷ボロ市

せたがやのボロ市/東京商工会議所


世田谷のボロ市/世田谷区

  
  



■過去記事


世田谷ボロ市♪ 2016.01.16

世田谷ボロ市、行ってきました♪ 2009.01.15

世田谷ボロ市とひこにゃん♪ 2009.01.14

豪徳寺♪ 2009.04.30

豪徳寺に初詣♪ 2015.01.03 

豪徳寺&世田谷八幡宮へ初詣♪ 2016.01.03

晩秋♪ 2010.11.23

世田谷線♪ 2010.06.04
    



   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/21

年末…

★年末…

晴れ♪

寒いけど、昨日よりはマシ…。




11月もあとわずか…。

会社では年末調整の書類を提出したり、書店では年賀状の本が…。
そろそろ年末…。



  
  

土曜日に買い物していて、来年の干支である戌(いぬ:犬)の置物を見た。
昔ながらの「張り子の犬」を見たとき、一瞬、猫かと思ってしまった…。

二男なんか、張り子の犬の存在さえ知らないので、犬であることを絶対に
受け入れない…。
猫以外にあり得ないと…。

てことは、「張り子の犬」は肩身の狭い思いをしているのか…。

どうも、そのようである…。
干支の置物としては、以前はあまり見かけなかった現代風の犬の置物のほう
がたくさんあって、「張り子の犬」は少ししか置いてなかった。




確かに…。
どう見ても猫…。
昔の日本人は犬をこんな風に感じていたのかと…。
戌の字には似合うかも…。

2018inu003



年賀状では「張り子の犬」を選ぶことが多い…。
でも、二男みたいな人間は「猫」だと思ってしまって、僕の見識を疑って
しまうのでは…。
そんな危惧を覚える…。

2018inu001 2018inu002
   


              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/09

目黒線&池上線♪

★目黒線&池上線♪

10月8日(日)。

晴れ♪

夏がぶり返したように暑い…。






僕は目黒線(当時は目蒲線)武蔵小山駅と西小山駅の中間くらいのとこで
生まれ育った。

ママは池上線旗の台駅の近くで生まれ育った。
旗の台駅は大井町線の駅でもあるのだが、行動範囲が池上線沿線が多かった
らしく、池上線育ちと思い込んでる…。

この両家の距離は徒歩圏内ともいえる近さ…。

そして、二人とも、小学校入学は横浜…。

で、最近、生まれ育ったとこを訪れてみたいと…。
僕は仕事の折りに近くを通ったりしているが、ママは皆無…。

じゃ、行ってみるかと…♪


   
相模大野駅から青いロマンスカーMSE・60000形「あさぎり号」に。
もちろん、6両編成で先頭車両はのっぺらぼうの顔…。

Img_1999

  
新宿駅到着と同時にLSE7000形が発車。

Img_2000



  

山手線で目黒駅へ。

目黒・行人坂を。

Img_2002

  
  
坂の途中に。
山手七福神の大黒天である大円寺。

Img_2004


大円寺は江戸三大大火のひとつ「目黒行人坂の大火」の火元…。
明和9年(1772年)、目黒行人坂の大円寺から出火。
焼失町数934町、死者14,700人…。

江戸の三大大火

その供養のために造られた釈迦三尊・十六大弟子、五百羅漢の像等の
「大円寺石仏群」(都指定文化財)が建てられている。
また阿弥陀堂には「木造阿弥陀如来三尊像」(区指定文化財)や八百やお七
の火事にまつわる西運上人の木像、お七地蔵などが祀られている。

大円寺

いつも参拝者で賑わう境内。

Img_2005



五百羅漢の像など「大円寺石仏群」。

Img_2008   

  
  
境内からはタワーマンションが…。

Img_2009

  

目黒川。

Img_2011


  


今日の目的地のひとつ。
目黒不動尊。

今日は目黒駅からアプローチ。

目黒線不動前駅という駅もあり、その1つ先にある武蔵小山駅が
生まれ育ったところ。

近所の”辻のおばあちゃん”には可愛がってもらったとか。
ちょっとだけ、記憶に残ってる…。
でも、”辻”って、苗字なのか地名なのか、あるいは、十字路を意味するのか…。

その頃、よく話していたこと…、毎月月末近くになるとその1駅先の
「お不動さん」にお参りにいくのだとか。
お土産をいただいたりした。

子供心に、「お不動さん」ってどんなとこだろうと…。
ん…、まっ黒いススが付いた空間を想像していた…。
最近、ふっとひらめいた(閃いた)…、「おくどさん」と混同していたのかと…。

「おくどさん」…。
関東では言わないと思うけど、僕が2歳から3歳まで預けられていた四国の
おじいちゃんの家ではご飯を炊いたりする「かまど(竈)」のことを、「おくどさん」
と呼んでいた…。
恐らく、「おくどさん」と「お不動さん」をごっちゃに混同していたのかと…。

あの頃から半世紀以上経過…。

仕事の関係とかで、近くを通りかかったことは何回もあるのだが…。
やっと実現…。

  
   
目黒不動尊、瀧泉寺。

Img_2012

  


水かけ不動。
暑かったので、水かけが気持ちよかった。

Img_2016
   
  
 
Img_2015
   
  
手水舎。
水が流れている。

最初に訪れた大円寺でも同じ経験をしたのだが…、水が流れていなくて、
壊れたのかと…。
で、手を近づけたら、なんと、水が…。

センサーがついてる…。

Img_2019

  

  
Img_2026

 

毎月28日の目黒不動尊大縁日には、門前や境内に露店が並び、
多くの参拝者が訪れる。
  
Img_2022



江戸時代、この辺り一帯は江戸の中心から離れ、徳川家の鷹狩りの場だった。
3代将軍家光の頃、この目黒不動では、行方不明となった鷹が戻るよう、寺の
別当に祈らせたところ、松の枝に飛び戻ってきた。
そのことから、徳川家では目黒不動を深く信仰したのだとか。

また、「目黒のさんま」も同じように鷹狩りにまつわるエピソード…。


その後、この辺り一帯は大名の別邸や江戸庶民の一大レジャー地となった。
レジャー地…。
目黒の高台から富士山が望め、足もとには賑わう目黒不動…。

その目黒不動をお参りすることが、当時のレジャー。

もう少し時間とコストをかけるなら、大山詣りや江の島へ。
さらに、時間とコストをかけるならお伊勢参りへと…。
  

  

境内を出たとこにはバス停。

Img_2032


  

目黒不動商店街。

名物の行列のできる「八ッ目や にしむら」。

Img_2036

 
八ッ目や にしむら

  
  
昔ながらの商店街。

Img_2038

  
目黒不動のまち

  

懐かしい♪

Img_2037


そば海老民本店。
1928年(昭和3年)創業で、来年は創業90周年。   

Img_2039

  
武蔵小山時代のあの”辻のおばあちゃん”も食べたのかな…。
そんなことを思いながら…。

かき揚げ天せいろ。
かき揚げ、すごく美味しかった。
サツマイモ、ゴボウ、タマネギ、人参、春菊かな、小エビ、大きめのエビ
と色んな味と食感が詰まっている。

Img_2041



ママは穴子天せいろ。
この穴子も美味しかった♪

Img_2042

  
海老民本店(不動前)/食べログ



駅近くの小学校では近隣のプリスクールの運動会が行われていた。

東急目黒線不動前駅。

Img_2047

  

不動前駅は高架駅。
すぐそこから地下へ…。

Img_2049


  

武蔵小山駅。
昔はこじんまりとした駅だった…。  
線路が街を分断していて、線路わきには道路が続いていた。

近年、東急は部分的に地下化することに取り組んできた。

武蔵小山駅も西小山駅も地下。
駅が地下に潜ったため、駅前は広々。

こちらは「エトモ武蔵小山」。
「エトモ中央林間」とは姉妹…。

Img_2053


駅前広場。

向こうに見えるクレーン…。
駅前再開発ということで、全628邸、41F建て「パークシティ武蔵小山ザタワー」。
「日本一感じのよいタワマンへ。」がキャッチフレーズ…。

あそこは目黒区ではなく、品川区…。
目黒区だったら…、関係者はそう思っていることだろう…。

Img_2051

パークシティ武蔵小山


ギラギラ暑い…。
半袖でも汗が…。


げっ…。
楽しみにしていた焼き鳥の「鳥勇」が…。
タワマンのせいで、店舗はなくなっていた…。

僕は、ここへ来ると、必ず焼き鳥を1、2本食すのが楽しみなのだ…♪

で、よく見たら、マックの近くに移転して営業中とか…。

Img_2054


気を取り直して、反対側の都立小山台高校へ。
幼い僕はいつもこの高校で野球の練習を見ていた…。

ところが…。
おいおい、野球部はどうした…。
グランドはサッカー部に独占されていた…。
ま、どこの学校でもサッカー部に押され気味…。

Img_2052

  
  

70周年を迎えた武蔵小山商店街「パルム」。

シャッターの閉まった店はない…。
元々の地元の店。
そして、この商店街人気に乗っかった大資本系列の店舗もかなりの数…。

Img_2060

  
武蔵小山商店街パルム



幼い頃、この商店街には映画館もあった。
昭和30年代、テレビのない時代…。
テレビが爆発的に普及したのは昭和39年(1964年)の東京オリンピック。
ちょっとお金持ちの家ではカラーテレビに買い替えた頃でもある…。

父に連れられて観たのが戦争映画…。
恐らく、ドイツ軍の戦車…。

もの心ついた頃か、恐くて怖くて…。
多分、現実と映画ということが分からなかったのだと…。

今でも、あの恐怖感は覚えている…。

  
そうそう…。
昭和32年(1957年)、木下恵介監督による『喜びも悲しみも幾年月』…。
北海道から九州までの灯台を点々とする灯台守夫婦の物語。
両親が四国の出身ということもあり、懐かしさのあまり家族で観にいった。
瀬戸内海の男木島、女木島でもロケが行われた…。
当時、3、4歳の僕…、それでも、いくつかのシーンが思い出される。
宇高連絡船が出航するシーンもあったように記憶している…。

  



閉店セール…。
で、よく見たら、こちらはレンタルスペース…。

ま、次は…。

Img_2056



マックのとこを右折。

あった、あった。
鳥勇♪

駅前の時よりもちょっとばかり小さくなったけど…。
  
Img_2058

  

これこれっ…、大皿に山のように盛られた焼き鳥♪
以前よりはだいぶ規模縮小だが…、充分に惹きつけられる。

二男が焼き鳥好きなので、3人分のテイクアウトも。
もちろん、店頭でもかぶりつく…♪
  
Img_2057


武蔵小山駅前店は再開発のため、こちらに移転。

尚、商店街の戸越銀座駅よりの本店は以前のまま営業中。



鳥勇(武蔵小山駅・戸越銀座駅)/食べログ



  

コメダ珈琲も♪
  
Img_2061


  
ハロウィンでディスプレーされた花屋さん。

Img_2063

  

 
ホント、よく歩いた…。
この商店街を完走したのは子供の頃以来…。

約700mほどの商店街を歩いた…。




次はママの生まれ育った池上線へ。

途中、荏原平塚学園のグランドでは町内会の運動会が行われていた。

Img_2064

  
  
戸越銀座。
結構賑わってる。

Img_2066

  
戸越銀座の商店街は約1.3km…。
その内、400mほど歩いた…。

武蔵小山商店街と合わせると、1.1kmも商店街を歩いたことに…。
色んな物が目に飛び込んでくるからか、疲れた…。




左手には池上線戸越銀座駅。
  
Img_2068   


昔の姿っぽくリニューアルされた戸越銀座駅。
  
Img_2070

  

江ノ電稲村ヶ崎駅も木質化されてイメージがずいぶん変わった♪

こちら戸越銀座駅も木質化してリニューアルされた。
  
Img_2072






  
  

ここで、池上線物語♪

東急東横線90周年とならんで池上線も90周年。

東急が行った各路線の認知度とかの調査で池上線がダントツのビリ…。
どうして…。
五反田駅~蒲田駅間という地味な路線…。

都心のローカル線なんて言われたり…。

昭和どっぷり世代なら…。
”あの曲”で池上線を知った方も多いはず…。
でも、あれから41年…。
その効力は…。

そこで、展開され始めた「生活名所 池上線」キャンペーン♪


生活名所 池上線/東急

201709ikegamisen



東急池上線90周年/東急

201708ikegamisen90th



池上線/東急



昭和51年(1976年)に発売された西島三重子の「池上線」。
フォークソングの位置づけだった♪

この曲のヒットによって、池上線の人気は急上昇…。
当然ながら、池上線は知っていたのだが、曲が良すぎて、改めて池上線
を見直したのだが、ギャップのほうが大きいと…。

当時、東急の中ではこの池上線と目蒲線(現、目黒線&東急多摩川線)
は車両という観点では冷遇されていた。
昭和50年代といえば、どこもカッコいい新型車両が続々と…。

そんな中、この画像からも分かるようにデハ3450形をはじめとして、
旧型の初代3000系が走っていた…。

歌詞の中で「古い電車のドアのそば」とか「すきま風に震えて」…。
そんな表現に対して、東急は反論した…。

もちろん、木の床…。  

  
アオガエルと共通する”グリーン”…。
”モスグリーン”と表現した方が的確かも…。
  
001



目蒲線でも昭和40年代まで見た、オレンジ色とダークブルーのデハ3450形…。
    
004_2

 

  
201710ikegamisen



東急池上線wikipedia

東急3000系電車(初代)wikipedia

  

東急東横線90周年♪ 2017.08.31 shine 





  
  
  
池上線の名を一躍高めた立役者…♪  
  
西島三重子「池上線」。

000_2


  
超懐かしい♪

池上線としては昭和50年代前半の姿なのだが、他の東急路線から見ると、
昭和30年代、40年代そのもの…。

当時の車両が…。


  

   







  
ところで…。
鉄道路線名が題名の歌って…。

たくさんはないけど、演歌の世界などで見かける…。
その中でも「池上線」は、やはり、色んな意味で他を抜きんでる…♪

 
鉄道の路線名が題名の歌



ついでに…。
僕の名前は目蒲線、寂しい電車だ目蒲線、あってもなくてもどうでもいい
目蒲線…。

  
目蒲線物語 YOU TUBE

    






 

そして、とんでもないイベント♪

10月9日(月・祝)。

池上線開通90周年記念イベント♪
池上線フリー乗車デー♪

10月9日当日、池上線全駅で1日フリー乗車券を配布。



20171009tokyuikegamisen
  
  
きっと、もの凄く混むだろうな…♪








池上線旗の台駅。

ママが生れ育った街。
ここで幼稚園まで過ごした。

Img_2077

      

旗台小学校では運動会が行われていた。
ママがずっと住んでいたら、通っていたかもしれない…。

Img_2079


ママが生れ育ったとこは坂道の住宅街だったと…。
その通り、旗の台駅周辺は起伏に富んだ街。

かなりの運動量…。



池上線の踏切より旗の台駅を。
上は大井町線の高架。
  
Img_2081


池上線。
東急7000系。
 
Img_2083


東急1000系1500番台。
  
Img_2088


  
旗の台駅南口。
  
Img_2089

 
大井町線で自由が丘駅へ。
向こうに見える電車はお隣の荏原町駅に停車中の電車…。
駅間距離は500m…。

 
  
Img_2091


8500系。
溝の口行き。
  
Img_2093

  
自由が丘駅で東横線に乗り換え。
多摩川を渡る…。

向こうは中原街道、丸子橋。

学生時代、築地市場でアルバイトしていた頃や社会人なりたての頃と…。
東横線から毎朝のように見ていた光景…。
多摩川の河川敷…。
  
Img_2099


  

学生時代、3年生の終り頃、大倉山の実家から2駅先の妙蓮寺のアパート
に独立した…。
学校から1駅で便利…。
当時の若者は独立するのが当たり前…。
そんな風潮だった…。


なんと、妙蓮寺が一望できる♪
当時、ここは高い塀に囲われていて、妙蓮寺は見ることができなかった…。
そして、もっと驚いたことに、住民の長年の夢、待望の東口ができたこと…。

当時は片方にしか改札口がなかったので、こちら側の住民は降りてきた踏切
の遮断機をくぐって渡るという危険な行為が毎朝、普通に目撃された。
そう、乗りたい電車がそこに来てるのに踏切のせいで乗ることができない…。

Img_2125



高い塀が取り払われ、妙蓮寺が一望。
  
Img_2102


妙蓮寺山門。
こちらも、いつも閉じられていた。
  
Img_2103


ゆるい上り坂…。

Img_2104
  

綱島街道。
盲学校入口交差点。
  
Img_2106

  

この日、運動会日和♪

あちこちで運動会がおこなわれていた。
こちらは大口台小学校の運動会。
  
Img_2108


学生時代の終わり頃から社会人、そして、結婚するまでの約8年間を
過ごしたアパートはこの建物の位置にあった…。
今はオーナーさんの会社の建物が。
もちろん、代替わりしていることだろう…。
  
Img_2111

  
そのお隣には…。
横浜市では珍しい民営の火葬場…。

そんな訳で、毎晩繰り広げられた恐怖体験…。

古いアパートで、かつ、そんな立地だからか、格安のアパートだった…。


西寺尾火葬場。
いつもは霊柩車とか参列者の送迎車で賑わっているのだが、
今日は閉鎖されていた…。

やめた分けではなさそう…。

そか、今日は友引…。
葬儀関係にとって、唯一の休みは友引の日のみ…。

Img_2110
  

妙蓮寺駅の踏切からはランドマークタワーが見える。

Img_2101

 
周辺を歩いてみた。
よく買ったレコード屋さんは、家電屋さんに特化していた。
当時の店はずいぶんなくなっていた。

菊名池につながるアーケードはひっそり…。

Img_2123



  
Img_2121

    
ベイスターズのヘッドマーク。

Img_2119


横浜赤レンガ倉庫オープン15周年♪
  
Img_2130



ひとつ先の菊名駅からハマ線に乗り換え。
  
Img_2132



町田駅で下車。
都内、小田急線や山手線のホームドアを見てきて、改めてすごい装置だと…。

ところが、ハマ線町田駅の簡易式ホームドア、スマートホームドア…。

やはり…。
車掌がホームドアの操作を行っていた。
あり得ない光景を見てしまった…。

だから…。
電車のドアとホームドアが連動していないから、少々時間を要する…。
ハマ線全駅にこの簡易式ホームドアを設置したら、恐らく10分以上は
遅くなるのでは…。

Img_2133


まちだカーニバル開催。
  
Img_2136


どの通りも人、人、人…。

Img_2135_3
  


  
沖縄のエイサー。

Img_2138   


 
大道芸も。

Img_2140


  
LSE・7000形。

Img_2143


  

万歩計…。
19,600歩…。


  
帰路。
相模大野ではHiSE・10000形の姿を。
恐らく、半分以下の車両数…。

数日前、解体線には嫌な光景を…。

さて、どんな結果となるのか…。














| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/19

ブログ12周年♪



12年か…。

あの頃…。
挙って(こぞって)ブログを始めた…。
僕もなんとなく始めたのだが…、はまった…。

だが…、今も続けてる人は少数…。
情報発信したり記録する手段はあれこれ出てきたし…。


最初の記事”わたらせ渓谷鉄道”   2005.09.19 はドキドキしながら書いた。
短い記事を書くのに要した時間はほとんど一日がかり…。
前日から書いたり、消したり…。  
いや、消えたり…。  四苦八苦…。


12年間の内、真ん中の5~6年は激重PCとの闘い…。
ダマシ、だまし…、めげずに…。


そして、12年…。
ほぼ毎日書いていて、その数4,500件に迫った…。


僕の場合、おもちゃ箱がそろそろ溢れてきた…。
興味の対象が移ろうこともなく、ほぼ固定…。
すると、ブログの内容も同じことの繰り返し…。

それも有りと思い直したものの、なんだかな…。

あれこれ考えてはみたけど、ま、惰性でもいいかと…。

 
  

 
 
■■■

『ゆ~ちゃん♪』…。

ブログって、書き終えて、アップしたら、それはもう過去のこと…。
1日前の日記も10年前の日記も過去…。
そんな思いを強くしている…。
今さらだけど…。

10年前の記事…。
新鮮とか情報という価値がなくなっていることに、ショックを覚える…。
旧車と同じ…、ただ古いだけなら、それだけのこと…。
手が入っていると、それなりに惚れ惚れする…。

想定していなかった事だが、古い情報とはそういうこと…。
そう、古い雑誌をペラペラめくるような、そんな感覚。
ただの「記録」と、ただただ懐かしさと…。

最近、解ったこと…。
記憶と記録…。
結構、ギャップがあったりする…。
それを確認する意味でも、記録することの興味は尽きない…。


  
もういいかな…。
いやっ、もうちょっと…。

また一年、自分の記録として…♪  


ありがとう♪
これからもよろしくお願いします♪



  


  
  
■■

テンプレートの変遷…。


ブログ…♪ 2011.06.14






■■
写真♪



藤沢宿、桔梗屋。                              2017年9月

Img_1806_2

  
  
  
時宗総本山・清浄光寺。(遊行寺)                   2017年9月

Img_1830


  

三島・桜家のうな重。                           2017年8月

Img_1718_2
    
  
  
七里ヶ浜、「七高通り」。
「潮騒通り」とも呼ばれるし、「プリンス坂」とも♪           2017年8月

Img_1639

  



湘南のお稲荷さん、鵠沼伏見稲荷神社。               2017年8月

Img_1658


めまんべつメルヘンの丘。                        2017年7月
  
Img_1314

   
  
石北本線・呼人駅(よびとえき)。
キハ40形1700番台。                          2017年7月

Img_1381



知床岳。                                    2017年7月

Img_1135


釧路行き。
キハ40系とキハ54形の2両編成。   原生花園駅にて。   2017年7月

Img_1279


  
羅臼岳、知床横断道路(国道334号)知床峠より。        2017年7月
  
Img_1064_2
  

  
釧路行き、キハ54形。  原生花園駅にて。             2017年7月
    
Img_0850

  
 
網走駅にて買った駅弁。                         2017年7月

Img_0881



  
北海道新幹線で行きたかったけど…。
道東に行く場合、JRじゃ無理…。
時間的にもコスト的にも…。

女満別行きJAL、B767。  羽田空港にて。             2017年7月
  
Img_0789



あじさい、江島神社にて。                         2017年6月

Img_0689



鎌倉山の檑亭。(らい亭)                         2017年6月

Img_0535



ル・ミリュウ 鎌倉山にて。                         2017年6月

Img_0582
  

 
あじさいと江ノ電1000形。 御霊神社にて。            2017年6月

Img_0616



豆相人車鉄道・米神駅はこのあたり。                 2017年5月

Img_0329

  
 
豆相人車鉄道・米神駅跡プレート。                   2017年5月

Img_0327


  
我が家のバラ♪                              2017年5月  

Img_0158




箱根宮城野、早川堤遊歩道の桜。                    2017年4月

Img_9864


  
箱根登山電車、モハ1形104号車。(回送)  箱根湯本駅にて。  2017年4月  

Img_9914


鎌倉若宮大路。
リニューアルされた段葛。                       2017年3月  

Img_9676
  

鶴岡八幡宮に近づくと…。
  
極端に狭くなってる…。
これが、段葛の遠近法を利用したトリック…。
  
Img_9680

  
段葛の遠近法




  
真鶴半島・福浦漁港の「みなと食堂」…。               2017年3月

Img_9597



ホウボウの刺身定食。 ホウボウ、真鯛、マグロ、ブリ、ワラサ、アジ。
                                         2017年3月 

Img_9591


  
東海道本線・根府川駅のおかめ桜とE231系。           2017年3月
  
Img_9624

  

曽我梅林中河原会場付近より。                    2017年1月

Img_9305



2016年7月にニリューアルされた相模線・相武台下駅。     2017年1月

Img_9090


  
関東のいづもさんに初詣。 秦野市、出雲大社相模分祠。   2017年1月

Img_9050



富士山と313系。  御殿場線足柄駅~御殿場駅間にて。   2016年12月

Img_8934



グランベリーモール、2017年2月12日で閉店…。
再びオープンするのは2019年秋とか…。

”LAST BERRY MERRY CHRISTMAS”…。
一抹の寂しさ…。

「17年間、ありがとうの想いを込めて。」               2016年11月

Img_8599



熱海駅・駅ビル。
昨日(2016年11月25日)、オープンしたばかりのラスカ熱海。                                                
                                        2016年11月

Img_8884  



大磯みかん狩り。  
大磯・富士見園から見た富士山。                   2016年11月

Img_8735_2


宮ヶ瀬湖畔。                                2016年11月  

Img_8678



北鎌倉・円覚寺。                              2016年11月

Img_8573
  

北鎌倉・東慶寺の秋明菊。                       2016年11月

Img_8508



みたらし団子とコーヒー♪  北鎌倉「香下庵茶屋」にて。
                                        2016年11月

Img_8530



長男の住む愛知県刈谷市にて。
やっぱり、デンソー本社を。  なんと、ここだけで、社員2万人。  
                                        2016年10月

Img_8401


  
飯田線・中部天竜駅では26分間の停車時間。
乗客のほとんどは単独で飯田線秘境駅ツアーを敢行…。

そんなツアーを敢行中のみなさん、構内踏切を渡り、駅舎を後にして外へ…。

213系♪
クハ212-5008+クモハ213-5008の2両編成。  天竜峡行き。
                                         2016年10月

Img_8265

  
  
 
為栗駅(してぐり)。
帰路の電車は313系。

電車はちょい乗りだけの”バスツアー客”たちが大勢、下車した。

Img_8365




飯田線・小和田駅。                            2016年10月

Img_83772


  
豊橋駅で買い込んだ駅弁。
豊橋の壺屋弁当部の三色稲荷寿し。

Img_8340
  

  

リニア・鉄道館。  
0系、100系、300系、700系。                    2016年10月

Img_8143



キハ181系♪
JR四国から譲受し、佐久間レールパークに保存されていた車両。

JR四国から…。
もしかしたら、僕も乗った車両かも…。
そんなことを思いながら…。                       2016年10月

Img_8144



  
2016年5月にリニューアルオープンした小田原城。    
真っ白~♪                                 2016年10月

Img_8007



案山子(かかし)の顔に…♪
県立座間谷戸山公園にて。                       2016年9月

Img_7967



  



この1年…♪

  •  
    旧東海道・藤沢宿♪  2017.09.03

    三島へ♪  2017.08.15
  •  
    珊瑚礁本店♪ 2017.08.13
  •  
    横須賀美術館♪ 2017.07.29
  •  
    北海道♪-4  2017.07.19
  •  
    北海道♪-3  2017.07.18

    北海道♪-2  2017.07.17
  •  
    北海道♪-1 2017.07.16
  •  
    江の島のあじさい♪ 2017.06.24
  •  
    鎌倉山でランチ♪ 2017.06.09
  •  
    豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19
  •  
    全国都市緑化よこはまフェア…♪ 2017.05.06
  •  
    GWのお出かけ~♪ 2017.05.03
  •  
    湘南台♪  2017.04.22
  •  
    箱根宮城野の桜♪ 2017.04.14
  •  
    湘南ゴールドを♪ 2017.03.25
  •  
    鎌倉♪ 2017.03.18
  •  
    福浦漁港・みなと食堂♪ 2017.03.04
  •  
    座間神社…♪ 2017.02.26
  •  
    江ノ電♪ 2017.02.11
  •  
    湘南ゴールドを♪ 2017.01.27
  •  
    たまご街道&大陶器市♪ 2017.01.21
  •  
    相模線♪ 2017.01.08
  •  
    関東のいづもさんに初詣♪ 2017.01.03
  •  
    御殿場線♪ 2016.12.17

    真鶴~熱海♪ 2016.11.26
  •  
    大磯みかん狩り♪ 2016.11.20
  •  
    宮ヶ瀬湖♪ 2016.11.12
  •  
    秋の北鎌倉♪  2016.11.03
  •  
    刈谷♪  2016.10.28
  •  
    飯田線で~♪  2016.10.27
  • リニア・鉄道館へ♪  2016.10.26
  •  
    小田原城♪ 2016.10.15
  •  
    県立座間谷戸山公園♪ 2016.09.25

      







    Anniversary♪


    Anniversary shine
  •        

       



       



        

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017/09/03

    旧東海道・藤沢宿♪

    ★旧東海道・藤沢宿♪

    晴れ♪

    午前中は涼しかったが、午後からはそこそこ暑くなった…。


      
      
      
      

    いつも通過するだけの藤沢宿…。

    ようやく訪ねてみた…。


    いつものように国道467号を南下。

    白旗神社から歩くことに。

    Img_1865

      

    源義経をおまつりする神社。

    Img_1766


    白旗神社

    0000000sirahatajinja

      
    江戸時代初期からの庚申供養塚。

    Img_1765

      
    旧東海道。
    現在の国道467号沿いに藤沢宿があった。  

    Img_1764
       

    小田急江ノ島線・藤沢本町駅。

    Img_1769

        

    Img_1772


      
    藤沢本町駅の近く、県道43号藤沢厚木線。
    藤沢宿の西の玄関、京見附(見張り番所)。
    東側は遊行寺の近くに江戸見附があり、その間の約1.5kmが藤沢宿。
       
    Img_1775


    県道43号は白旗交差点から国道467号に。

    Img_1863

      

        
    Img_1815

      
      
    白旗交差点からすぐの交番の脇を入ると。
    義経首洗井戸がある。

    Img_1782


    よくよく見ると、この通りは電信柱がない。
    そして、トランスボックスにはこのようなラッピング。
    側面には浮世絵や明治時代の写真などがラッピングされている。
      
    Img_1789



    こちらは明治時代の写真。
    左の写真は藤沢郵便局と記されていた。

    Img_1818


     
    藤沢宿のトランスボックスにラッピング 2014年3月/タウンニュース

    トランスボックス・ラッピング

      

    時代を感じさせる土蔵。  

    Img_1787

      

      
    Img_1791



    狭い路地の奥には。
    荘厳寺。

    Img_1788   


       
    さらに進むと。
    先程の荘厳寺の墓地や常光寺、英勝寺の墓地に囲まれたエリア。
    その一角に義経の家来である弁慶塚が。

    Img_1793

      
      
    井本菓子舗。
    小さな店だが、”一つ火”は有名なお菓子。

    ”一つ火”と大きな”栗の里”を。

    Img_1794


    ”一つ火”とは、遊行寺の法要のひとつ、「御滅灯」(一ツ火)をモチーフにした
    和菓子。
    「御滅灯」(一ツ火)は11月27日に行われる。

    上品な甘さが美味しかった。


    「御滅灯」(一ツ火)/遊行寺

    井本菓子舗(藤沢本町)/食べログ


    1890年(明治23年)創業の老舗。
    しかし、来年1月からは由来とおり遊行寺の近くとか、境内とかに移転する
    とのこと…。


    Img_1795
                      

      
    路地の奥には常光寺。
      
    Img_1797



    問屋場跡。  

    Img_1798



    問屋場跡



    味のある建物…。

    Img_1799

        
    内田商店本店。

    Img_1801


    内田商店本店



    福田屋人形店。
    息子たちが幼い頃、一度、訪れたことがある。
    左の建物は宿場町を意識したひさし。 ハマ銀藤沢寮。

    Img_1817

      
    紙・茶問屋を営んでいた桔梗屋。
    現在は洋紙の卸問屋を。

    Img_1806

     
    いつも気になる紳士服の英国館。
      
    Img_1811





    ラーメン”OKAWARI”の前には蒔田本陣跡のプレート。
      
    Img_1812
      

    蒔田本陣跡



    こちらも気になっている…。
    ”さつまや本店”…。
     
    Img_1813

      
    さつまや本店



    履物店だった石曽根商店。  

    Img_1819



    Img_1808


    旧石曽根商店

    石曽根商店


      
     
    藤沢橋の手前…。 
    境川に架かる大鋸橋(遊行寺橋)。
      
    Img_1820



    ふじさわ宿交流館。

    Img_1822

       

    高札場。

    Img_1823


    飛脚の服装。

    Img_1826



    ふじさわ宿交流館





    201709hujisawashuku

      
     
     
     
    えっ…。
    神社のような…。

    遊行寺。
    時宗総本山・藤澤山無量光院清浄光寺。

    Img_1830


    いつも、遊行寺坂からしか見たことないから…。
    こんな光景とは…。

      
    で…。
    時宗…。
    北条時宗(ときむね)…??

    いやいや、時宗(じしゅう)という宗派。
    あまり馴染みはないのだが、あの一遍上人が開祖といわれる。

    全国的にも少数派のようだ…。
    岡山県、徳島県、高知県、佐賀県、長崎県、沖縄県には時宗の寺は存在せず、
    青森県や大分県のように1つしか存在しない県も少なくないのだとか。


    時宗総本山・遊行寺

    時宗wikipedia



    さらに進む。

    Img_1832

     

    なんだか、賑やか…。

    Img_1834


    今日はフリマ、骨董市が開催されていた。

    Img_1835



    開山700年ということで、境内は改修工事が…。

    Img_1837


      

    箱根駅伝でもお馴染みの光景。
    遊行寺坂。

    少し先には江戸見附跡が。

    そして、ここは遊行寺坂から遊行寺への出入り口。
      
    Img_1841
      

      

    藤沢橋に戻り、国道467号に。 

    Img_1844
      


    江の島弁財天道標。

    江戸時代…。
    江戸の人々の信仰とレジャーといえば、お伊勢参りが最大級のイベント。
    そこまで豪勢ではないが、充分に信仰とレジャーを楽しめるとこは、大山詣り
    と江の島への参詣。

    藤沢宿から江の島へ参詣する人々が歩いた江の島道。
    この道の岐路に道しるべとして立てられた道標が今も残っている。

    鍼術の考案者で江の島弁財天を厚く信仰した杉山検校が「多くの参詣者が道
    に迷うことが ないように」と約4キロの道周辺に48基の道標を建立した。
    そのうち11基を今も目にすることができる。
    いずれも火成岩製の尖頭角柱形で、多くが三面に「一切衆生」、「えのしま道」、
    「二世安楽」の文字を刻んでいる。

    左側には「二世安楽」、右側には弁財天を表す梵字(ぼんじ)と「ゑのしま道」
    が読み取れる。
    この裏側には「一切衆生」の文字が刻まれていた。
     
    Img_1845


    ところで…。
    杉山検校…、どこかで見た名前…。

    そうそう、江島神社の赤い鳥居のとこから右手の赤い橋・御幸橋のたもと
    にある江の島市民の家の裏手にある墓…。
    あのお墓は杉山検校の墓…。
    但し、こちらの墓は検校の一周忌に弥勒寺から分骨したのだとか…。

    なぜ、わざわざ…。
    江の島弁財天の信仰と、江の島参詣に貢献したからか…。



    江の島下道に架かる御幸橋。
    静寂な下道…、この先には賑わう参道や交番、江島神社の赤い鳥居がある。

    左手手前の出入り口を左に入ると、杉山検校の墓がひっそりと佇む。
                                            2017年6月撮影

    Img_0752


      
    江の島のあじさい♪ 2017.06.24

    江ノ電まちナビ2016早春号♪ 2016.03.07

    江の島弁財天道標





      
      
    歌川広重、東海道五十三次・藤沢。

    この鳥居は「江の島一の鳥居」であり、遊行寺を背に大鋸橋(現、遊行寺橋)
    あたりが大山詣や江の島詣の参詣者で賑わったことを表している。
    こんもりとした山は、もちろん、江の島。
      
    Img_1854


    江の島一の鳥居。
    当時、大鋸橋(現、遊行寺橋)のたもとにあった。

    江の島一の鳥居跡/ふじさわ宿交流館




    ふじさわ宿交流館

    東海道への誘い(神奈川県)/国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所






      

    そろそろ、13時…。

    ランチしないと…。
    何食べよう…。

    藤沢駅の方に向かい、あれこれ…。

    で、なんか…♪   

    Img_1852


      
    まだ新しそう…。

    店内は清潔の一言。
    そして、お洒落♪

    女性だけ2、3人のグループも違和感なしだった…。
    いや、違和感なしどころか、そちらの方が似合ってる店。
    もちろん、一人でも全然OKの雰囲気。

    いわゆるラーメン屋の客層とはちょっと異なり、小奇麗なお洒落さん…♪

    厨房も広々としていて、見ていても爽快。

      
    ハーフの担々麺&ミニ・チャーシュー丼を。
    辛さは”1辛”に…。  すみません…、小心者なので…。

    ハーフといっても、値段もボリュームも普通の2/3ほど…。
    従って、不完全燃焼にはならなかった…。

    そして、かなり美味しかった♪

    Img_1849



    らーめん…。
    といっても、担々麺なら然程、罪悪感はないし…♪


    オープンしたてかと思ったのだが。
    ネット情報では2014年11月オープン。


    YUTORI - ゆとり(藤沢駅)/食べログ




    藤沢駅北口から南仲通り交差点へ。  

    Img_1856
      

    路地…。
      
    Img_1857
      

    このラーメン二郎も行列が長い…。
    14時過ぎでも、この行列…。
    いやいや、二郎の場合、店内にも12、3人がお行儀よく並んでる…。

    Img_1859

      
      



    いつも、クルマで通過するだけ…。

    こちらの宣伝…。
    湘南藤沢の手作りパンBoulangerie NOLAN Hatta(ブーランジェリー ノーラン
    ハッタ)では伝統的なフランスパンをはじめ、ライ麦パン、その他食パン、菓子パン
    など、パンの種類によって小麦粉を自家ブレンドさせています。

    ここは藤沢本町本店。
      
    Img_1862

      
    あるある…。

    Img_1860

      

    Img_1861


    NOLAN

    ノーラン本店(藤沢駅)/食べログ


      


    青空~♪    

    Img_1867



      
     

    帰路。

    岸田果樹園へ。

    小田急線長後駅からクルマで5分ほど。
    高倉中学校のすぐ隣、築350年の立派な長屋門が目印。

    Img_1868

      
    よかった…♪
    色々な果物。

    Img_1870


    藤稔とシャインマスカットを♪

    Img_1872


      
    岸田果樹園

     
    長後♪ 2016.09.10


       






    藤沢宿マップ。

    江戸見附から京見附(上方見附とも)の約1.5kmが藤沢宿。

    Photo



       







      




    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    より以前の記事一覧