2017/10/02

江の島・鎌倉ナビ2017年10月号♪

★江の島・鎌倉ナビ2017年10月号♪

どんより…。
夜には雨…。
ま、涼しい…。

  
  
今日からネクタイ着用…。
なんか、窮屈…。

必然的に上着も…。
そうすると、ちょっと汗ばむ…。







江の島・鎌倉ナビ2017年10月号♪
  
やはり、月刊誌化したのかな…。

江ノ電鎌倉高校前駅の300形♪


201710enokamnavi_2
   
  


江の島・鎌倉ナビ/小田急

ちょい読み  - 9月










江ノ電

江の島・鎌倉ナビ/fb/小田急

 


 
 


  
  
  
 
◆江の島・鎌倉ナビ、江ノ電まちナビ


江の島・鎌倉ナビ2017年9月号♪ 2017.09.05

江の島・鎌倉ナビ2017年8月号♪ 2017.08.02

江の島・鎌倉ナビ2017年7月号♪ 2017.07.05

江の島・鎌倉ナビ2017年6月号♪ 2017.05.31

江の島・鎌倉ナビ2017年5月号♪ 2017.05.12 

江の島・鎌倉ナビ2017年早春号♪ 2017.02.27

江の島・鎌倉ナビ2016年冬♪ 2016.12.19

江ノ電まちナビ2016年秋号♪ 2016.09.29

江ノ電まちナビ2016年夏号♪ 2016.08.02

江ノ電まちナビ あじさい号♪ 2016.06.06

5月♪ (江ノ電まちナビ2016年春号) 2016.05.01

江ノ電まちナビ2016早春号♪ 2016.03.07

江ノ電まちナビ2015冬♪ 2015.12.14

江ノ電まちナビ2015秋号♪ 2015.09.28

江ノ電まちナビ2015年夏号♪ 2015.07.27
※同年6月あじさい号も含む

  



  
■『小田急で湘南へ』

 
木曜日…♪ 2015.03.05

あれこれ♪ 2014.11.29

小田急で湘南へ♪ 2014.06.30

小田急で湘南へ♪ 2014.04.09

12月…その2…♪ 2013.12.03

小田急で湘南へ♪ 2013.09.14

雨… 2012.09.16

「小田急で湘南へ」♪ 2010.07.07 

休日…寒いっ… 2010.01.16

 
 
 
  
◆江ノ電沿線ガイド・だより


江ノ電沿線だより2014冬♪ 2014.12.03

中秋の名月…♪ 2014.09.08

江ノ電沿線だより2014年夏♪ 2014.06.02

江ノ電沿線だより2014年春♪ 2014.03.07

江ノ電沿線だより2013年冬♪ 2013.12.06

江ノ電沿線だより2013年秋♪ 2013.09.10

江ノ電沿線だより2013年夏♪ 2013.06.05

江ノ電沿線ガイド♪ 2013.03.29

青春18きっぷ ポスター2012-13年冬♪ 2012.12.03

江ノ電沿線ガイド2012年秋♪ 2012.09.06

6月♪ 2012.06.01

3月その2~♪ 2012.03.02

ゆっくり寝坊♪ 2011.12.03

週末♪ 2011.09.02

季節の変わり目♪ 2011.06.02

江noDon♪ 2010.09.02

江ノ電沿線ガイド♪ 2009.12.19

江ノ電沿線ガイド♪ 2009.06.06

江ノ電車両ガイド♪ 2009.05.29

江ノ電沿線ガイド秋♪ 2008.09.04

  
  
  




  
  

  
  









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/01

10月♪

★10月♪

晴れ♪
ちょっと雲が…。

朝晩は涼しいけど、日中は暑い…。






10月…♪

秋か…。

  



食欲の秋でも…♪

りんかんモールへ。
駐車場はほぼ満車…。

エイビイのレジ待ち行列もかなり…。


菓子売り場。
懐かしい…♪

裏面には東京下町、荒川区南千住、鈴ノ屋とある。

下町駄菓子「きなこ棒」。
右下には都電荒川線のチンチン電車。

Dsc_b0011_16




ところで…。

つきみ野イオン…。
来年2月で休業し建て替えられ、2019年秋に営業再開予定…。
尚、イオンシネマは再開しない。

大型ショッピングモール「イオンモール座間」が来春オープンすることによる
対応と…。
また、イオンモール座間におけるシネマの有無はコメントを避けている。

来年2月で休業、イオンつきみ野店/タウンニュース
  

  

  
  

JR東海オリジナルカレンダー♪

名松線伊勢竹原駅~家城駅間をいくキハ11形300番台。

20171011300_1280x1204


JR東海オリジナルカレンダー/JR東海



  

  
  

ODAKYU VOICE10月号♪

特集。
『子どもたちの心を育てる 動物とふれあう施設』。

僕もママも、そして、うちの息子たちもお世話になった「こどもの国」、
「雪印こどもの国牧場」。

ここは広大な自然と動物、牧場の牛やヤギ、ポニー牧場、大きな池
にはいろいろな魚やザリガニ…。

他には沿線の町田リス園、相模原麻溝公園ふれあい動物広場、
秦野めん羊の里など。


歳時。
伊勢原観光道灌まつり、下北沢カレーフェスティバル、しんゆり映画祭など。

タウンファイル。
和泉多摩川駅。


沿線おいしい贈りもの。
アトリエコータ鎌倉腰越店のオペラピスタチオ。
龍口寺の近く。



アトリエコータ。
2軒向こうには星野写真館が。                  2016年4月撮影

Img_6489



ODAKYU VOICE/小田急

201710ov
  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/26

CAR and DRIVER11号♪

★CAR and DRIVER11月号♪

晴れ♪

ちょっと汗ばんだ…。




CAR and DRIVER11月号♪

新車情報。
ホンダN-BOXフルモデルチェンジ、スズキ・スイフト・スポーツ、
マツダ・CX-8デビュー。

試乗記。
スズキ・エスクード1.4ターボ、トヨタGRシリーズ、シトロエン・C3シャイン。

特集。
2017最新Kカー白書。

興味をそそったのは…。
Kカーのカスタムカー・グラフィティ。
シトロエン・バス仕様とかワーゲンバス仕様などなど…。





復刻版カタログ。

1970年ホンダNⅢ360。
1991年マツダ・プロシード。




  

ホンダNⅢ360。

Nコロがデビューしたのは1967年(昭和42年)。
僕は子供だったけど、このクルマはいつか手が届きそうな存在として
現実的な憧れをもって見つめていた。

高校生の頃、現職の弁護士までもがグルになったユーザーユニオン事件
が発生して、ホンダは軽から一時的に撤退するキッカケとなった。

Z(ホンダ)やライフもよかった…。

大学生の頃、シビックがデビューして…♪
軽には目がいかなくなった…。



ホンダNⅢ360。

Car1970hondan360





軽…。

僕の叔父が軽免許を取得していた…。
16歳以上で取得できた。
実技があったかどうか…、定かではない…。
もちろん、そんな時代…。

軽免許、1964年(昭和39年)まで存在していたのだが…。
翌年、法改正があり、軽免許証は「普通自動車免許証」となり、免許証の
条件等に「普通車は軽車(360)に限る」と言う限定付きになった。
そう、当時の軽とは360cc以下に限定。
そして、1967年(昭和42年)「普通免許審査未済解除」をした人は限定
が解除された。



ところで…。
上のカタログを…。
白地に緑の文字のナンバー。
さらには”8”ナンバー。

軽なのに、お馴染みの黄色いナンバーではない…。

当時の360cc以下の乗用軽四輪自動車はこんなナンバー…。
サイズは見ての通り、小さめ。
貨物軽自動車は”6”ナンバーだった。

これは、原則1974年(昭和49年)までに製造された軽自動車(360cc以下)
に付けられた小板と呼ばれるナンバープレート。
もちろん、末期には”8”、”6”ナンバーから”88”、”66”ナンバーに…。

これで、察しがついた方もいるだろうが、普通車の”55”ナンバーがパンク
して”77”ナンバーに拡張していった時期があった。
そう、この”66”と”88”の谷間が空いていたのだ…。
行政って、案外いい加減なもの…。

1975年(昭和50年)からは現行と同じく黄色地に黒数字のナンバーが交付
される。
蛇足ながら、1976年1月には360ccの生産は終わった。

軽の旧車の集まりに行くと運輸支局の頭一文字ナンバーとか、下のような
旧態依然としたナンバーが見られる…。

白い小さなナンバープレートの”軽”を見かけたら、それは、42年以上前
に作られたクルマ…。

1975年(昭和50年)…。
高速道路はというと…。
名神と東名くらいしかない時代。
もちろん、首都高は次々と路線を増やし、延伸、延伸…。

後発の関越や中央自動車道などの開通も控えている。
そんな折り、ETCのない時代、料金所の料金収受員たちは軽と普通車
の区別を目で判断するのだが、白地に緑文字、緑地に白文字ばかりでは
誤徴収が発生…。

この誤徴収防止の観点から軽のナンバープレートは”大きな”黄色いナンバー
プレートに変更された。
これなら、一目で軽と普通車の区別がつく…。

だから…。
黄色いナンバープレートは「不格好」、「無粋」との悪評ばかりが目立った
が、料金所の皆さんには歓迎だった…。

 
軽自動車

ホンダ・N360 Wikipedia






近所で見かけたスバル360。
こちらは47年以上前のクルマ…。
デビューは59年前だけど、これは、比較的後期のタイプ…。

湘南ナンバーはずっと後なのに…。
白地に緑文字の”湘南88”ナンバーに首を傾げた…。
管轄の運輸支局(軽自動車協会かな…)が変ったら、それなりに継承させた
のかと。 
                                     2012年5月撮影。

P5040124

   
 
 


近所のスーパーの駐車場で見かけた…。
Nコロ♪

これは、ほとんど目にすることのない希少車…。
ホンダ・N360。
3ドアライトバン。                        

八王子”66”ナンバー。
つまり、貨物軽(360cc)のナンバー。               2016年10月撮影

Img_20170303_191408

  

Img_20170303_191504




ところで…。
この小板と呼ばれる白いナンバープレート…。
これは、現在の軽自動車ではなく、1975年(昭和50年)まで製造されていた
360ccの軽自動車には現在でも、この小板の白いナンバープレートが交付
されるのだ。
もちろん、”66”や”88”ナンバーで…。

例えば、ナンバープレートの盗難とか、紛失、汚損、破損などで再交付される
場合など…。
決して、黄色いナンバープレートではないので…。

もっとも、このナンバープレートを付けているクルマは車齢42年以上だという
ことをお忘れなく…。
相当に希少車…。
最敬礼してあげて…。




CAR and DRIVER-e

CAR and DRIVER



201711cd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/25

月曜日…

★月曜日…

晴れ♪

暑くはない。







土曜日につくば市へお墓まいり…。

高速を使うので、必ず冊子やマップをもらってくる。

国鉄分割民営化して、JRは30周年。
メリットも多い反面、利用者からは冷たい視線も…。

高速道路もいつの間にか分割…。
ホント、いいのか悪いのか…。

地図やガイドを見ていても、他社路線についてはカットされていたり…。
利用者にとっては、中日本だろうが、東日本だろうが関係ないのに…。

圏央道の場合…。
あきる野インターを境に”こちら”と”あちら”の関係…。

ああ…。
JRも高速も…。




月刊のNEXCO東日本のHighway Walker 10月号。

201710highwaywalker

サイトでは、まだ9月号まで…。

ハイウェーウォーカー/NEXCO東日本




今回は中日本管轄のSAやPAには立ち寄っていないので、
「高速家族」やサービスエリアガイドはもらってない…。

2017summerkousoku_kazoku


サービスエリアガイド/NEXCO中日本

高速家族/NEXCO中日本

    
  
過去記事

高速道路マップ♪ 2009.07.23

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/20

くる~ず 2017秋♪

★くる~ず 2017秋♪

どんより…。

涼しい…。





神奈中バスの”くる~ず”2017秋。

「桜木町駅からでかけよう」。

昔からの横浜と新しい横浜の両面を持つ。
日本大通りイチョウ並木、山手111番館、ポンパドウル元町本店など。


201709autamn


くる~ず/神奈中バス

くる~ず 2017秋 №63 

  






    








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/05

江の島・鎌倉ナビ2017年9月号♪

★江の島・鎌倉ナビ2017年9月号♪

ま、晴れ…♪

朝は涼しかったが、午後から暑さがぶり返してきた…。

今朝、首都圏のJR7線が約40分にわたり運転を見合わせる事態に…。
運転見合わせというよりは、運転できない事態…。

JRの変電所での作業ミスが原因で大規模停電したのが原因…。





 
 

先週金曜日から始まった米原子力空母「ロナルド・レーガン」艦載機による
離着陸訓練…。

今夜は帰宅しても、まだ散発的だけど、時々、もの凄い轟音…。

明日まで行われる…。

  



今日は江ノ電が観光客の混雑により遅延…。
そんな季節に…。

そんな折り、鎌倉市は市外からのクルマに課金することを検討はじめたらしい…。
ま、観光客のクルマや鉄道利用客など、市民のフラストレーションは高まって
いる…。

ヨーロッパでも、観光客が押し寄せることへの不満が高まっていると…。

  





江の島・鎌倉ナビ2017年9月号♪

富士山♪
夕景。

んっ…。
これって…、小田急江ノ島線かな…。

201709enosimakamakura

 
 
江の島・鎌倉ナビ/小田急

ちょい読み -8月

ちょい読み  - 9月










江ノ電

江の島・鎌倉ナビ/fb/小田急

 


 
 


  
  
  
 
◆江の島・鎌倉ナビ、江ノ電まちナビ


江の島・鎌倉ナビ2017年8月号♪ 2017.08.02

江の島・鎌倉ナビ2017年7月号♪ 2017.07.05

江の島・鎌倉ナビ2017年6月号♪ 2017.05.31

江の島・鎌倉ナビ2017年5月号♪ 2017.05.12 

江の島・鎌倉ナビ2017年早春号♪ 2017.02.27

江の島・鎌倉ナビ2016年冬♪ 2016.12.19

江ノ電まちナビ2016年秋号♪ 2016.09.29

江ノ電まちナビ2016年夏号♪ 2016.08.02

江ノ電まちナビ あじさい号♪ 2016.06.06

5月♪ (江ノ電まちナビ2016年春号) 2016.05.01

江ノ電まちナビ2016早春号♪ 2016.03.07

江ノ電まちナビ2015冬♪ 2015.12.14

江ノ電まちナビ2015秋号♪ 2015.09.28

江ノ電まちナビ2015年夏号♪ 2015.07.27
※同年6月あじさい号も含む

  



  
■『小田急で湘南へ』

 
木曜日…♪ 2015.03.05

あれこれ♪ 2014.11.29

小田急で湘南へ♪ 2014.06.30

小田急で湘南へ♪ 2014.04.09

12月…その2…♪ 2013.12.03

小田急で湘南へ♪ 2013.09.14

雨… 2012.09.16

「小田急で湘南へ」♪ 2010.07.07 

休日…寒いっ… 2010.01.16

 
 
 
  
◆江ノ電沿線ガイド・だより


江ノ電沿線だより2014冬♪ 2014.12.03

中秋の名月…♪ 2014.09.08

江ノ電沿線だより2014年夏♪ 2014.06.02

江ノ電沿線だより2014年春♪ 2014.03.07

江ノ電沿線だより2013年冬♪ 2013.12.06

江ノ電沿線だより2013年秋♪ 2013.09.10

江ノ電沿線だより2013年夏♪ 2013.06.05

江ノ電沿線ガイド♪ 2013.03.29

青春18きっぷ ポスター2012-13年冬♪ 2012.12.03

江ノ電沿線ガイド2012年秋♪ 2012.09.06

6月♪ 2012.06.01

3月その2~♪ 2012.03.02

ゆっくり寝坊♪ 2011.12.03

週末♪ 2011.09.02

季節の変わり目♪ 2011.06.02

江noDon♪ 2010.09.02

江ノ電沿線ガイド♪ 2009.12.19

江ノ電沿線ガイド♪ 2009.06.06

江ノ電車両ガイド♪ 2009.05.29

江ノ電沿線ガイド秋♪ 2008.09.04

  
  
  




  
  

  
  





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/01

9月…♪

★9月…♪

晴れ♪

涼しい♪

台風15号は、ほとんど影響ないような…typhoon








今朝9時過ぎ、小田急線生田駅で人身事故…。
その煽りを受けて、予定されていた防災の日「列車の一旦停止訓練」は中止…。
人騒がせな人身事故…pigsweat01



  
 
  
  

9月…♪

暗い季節への入口…。
でも、9月は序の口…。

まだまだ暑さがぶり返すであろう、秋…。

最近は、9月といえば、ハロウィンのはじまりでもある…♪
  






JR東海オリジナルカレンダー♪

今月も参宮線。

参宮線・宮川~山田上口駅間。
宮川に架かる宮川橋梁をいく、JR東海キハ75形、快速みえ…。

201709jr75_1280x1204_2
   
   

参宮線wikipedia




  
  
  

ODAKYU VOICE9月号♪


特集。
『地元で愛される トンカツの名店』

柿生の「とん鈴」。
柿生駅のすぐ近く。
食べたいと思いつつ…。

成城学園前の「とんかつ椿」、「名代とんかつ かつくら」の2店。

江の島に向かう時に目にする湘南台の「とんかつ大関」湘南台店
辻堂・湘南工科大正門前にある名店「とんかつ大関」で17年間の修行を経て
、湘南台には6年前にオープン。
こちらも、いつかは…。


歳時。
箱根スイーツコレクション2017秋。
秦野たばこ祭り。


タウンファイル。
下北沢駅。
もちろん、演劇と音楽の街として紹介。



ODAKYU VOICE/小田急


201709ov

   





               














| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/26

CAR and DRIVER 10月号♪

★CAR and DRIVER 10月号♪

どんより…、たまに晴れ…♪
ほとんど雨の予報だったけど、降ったのはポツリポツリと30分ほど…。

蒸し暑い…。

  
  



  
  

昨年8月。
買い替える理由はないのだが、あまりに長く乗ったので、『文化財』的に…。
カーオーディオ、オイルのスペック…、なんだかんだと隔世の感あり…。

買い替えるなら、車検残を考慮して…。

ずっと乗ってきたホンダには乗りたいクルマがなくなっていた…。
ウチの担当営業マンが乗っていたディーラー車、グレースにも試乗したが、
どうも違う…。

欧州車もあれこれ…。
プジョー、フィアットも良かったけど、エンジンはどうかな…。

色々見たら、ベンツはなぜか、イマイチ…。
でも、やっぱり、ドイツ車に食指…、アウディ、BMW、フォルクスワーゲン
の洗練されたデザイン。
これらのクルマの2台くらい後ろを走っていて、ちらっと見える後ろ姿でさえ、
かなりのもの…♪
ベンツやレクサスとは、なんか、違う…。

でも、いちばん乗り気だったママから待った…。
そ、思い出したように、ランニングコストの比較…。

         
で…。
30年間乗ってきたホンダを卒業…sweat01

心機一転…♪
スバル・インプレッサにしてから1年。
すっかり、スバリストに…。
でもないか…。

エンジンには、かなり魅了されてる♪


Subaru_2
  


JR相模線入谷駅付近にて。

Img_1756

  


Img_1754

  
稲穂がすくすく育っている。

Img_1757




納車♪ 2016.08.27 







CAR and DRIVER 10月号♪

新車。
トヨタ・カムリ。
やはり…、好き嫌いがはっきりする…。


特集は日本のスポーツCAR。
ホンダ・シビック・タイプR、レクサスLC、日産フェアレディZなどなど。


復刻版カタログ。
1981年トヨタ・セリカ・カムリ。
そうだった、カムリは2代目セリカの派生車…。

1980年日産・フェアレディZ。









CAR and DRIVER-e

CAR and DRIVER

  

201710cd








                      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/24

木曜日…♪

★木曜日…♪

晴れ♪

ほとんど猛暑…、超蒸し暑い…。

  
  
  
  

昨日は、宮城県気仙沼市の気仙沼漁港に、本州のトップを切りサンマが
初水揚げされ、今日は岩手県大船渡市の大船渡港でもサンマの初水揚げ
された。

いよいよ…♪


  


Rail Magazine10月号♪

特集は飯田線全線開通80周年。

飯田線に関する記事が盛りだくさん。



201710railmagazin_2







   
Rail Magazine2017年10月号

Rail Magazine

 






    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/23

水曜日…

★水曜日…

晴れ♪

猛暑なみに暑い…。


  



昨日、「旅と鉄道」の発売元が朝日新聞出版から山と渓谷社へ変更
になったことを取り上げた。

そして、早速でもないのだが、今朝、「旅と鉄道」9月号を買った。

表紙をめくる…。
目に飛び込んできた「ありがとう、復刊50号」の文字…。

んっ、50号…。
そうだった、「旅と鉄道」が通巻50号の訳がない…。

「旅と鉄道」といえば、朝日新聞出版でもなければ、山と渓谷でもなく、
鉄道ジャーナル社の「鉄道ジャーナル」の姉妹誌として、1971年から
続いた雑誌。
もちろん、竹島紀元編集長によるものであった。

僕は「鉄道ジャーナル」のファンであるが、「旅と鉄道」は、そのタイトル
の文字・書体がどうも好きになれなかった…。
なんか、軽薄に見えて仕方なかった…。

だから、ジャーナルは買っても、タビテツは二の足を踏むことが多かった…。

そんな「旅と鉄道」は創刊から36年後、2009年2月号をもって休刊…。
確か、通巻185号くらいだったと記憶している…。(多分…)

1978年創刊の「CAR and DRIVER」がその頃に通巻600号を超えていた
ので、その差に愕然としたものだ…。
ま、季刊や月刊をふらふらしているのに対して月2回発行の差…。

そして、2年半後の2011年。
朝日新聞出版発行、株式会社天夢人編集の形で復刊。
但し、鉄道ジャーナル社は関知せずとし、復刊とは認識していない。

従って、鉄道ジャーナル社時代からの誌齢は引き継がず、朝日新聞出版発行分
は第1号からカウント。

それが、冒頭の「ありがとう、復刊50号」という表現に…。

201709tabitetsudou



旅と鉄道2017年9月号/旅鉄Web

雑誌情報/旅鉄Web

 




関連記事

暑いっ… 2017.08.22




  









| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧