2019/04/19

週末♪

★週末♪

晴れ♪

とんでもなく暑かった…。
 
 


87歳高齢者による東池袋の交通事故。
あまりにも悲惨…。
  
高齢者の事故…。
毎度のことながら、「責任」という言葉とは程遠い言い訳
にしか聞こえない釈明…。

「老害」…。
そんな言葉を反芻してしまった…。

自分も行く道ではある…。
  
  
 

道志みち…。

昨年10月の台風24号による災害によって半年以上に渡り通行止めが
続いていた国道413号の暫定開通が公表された。
当初は3月下旬暫定開通予定だったのだが、1ヶ月の延期となり、
ようやく暫定開通を迎えた。

住民たちの通勤・通学の足に関して半年間の苦闘が偲ばれる…。

暫定開通ということ…。
暫定開通区間は片側交互通行となるため、渋滞等による遅延が予想される
とあり、不要不急の通行は遠慮した方がよさそう。

このGW、久々に「道志みち」を考えていたのだが…。
全面開通については、1年後の2020年3月末を目途に対応されるよう
だが…。
ま、それまで待つかな…。


----------------------------------------------------------------------
神奈中バスの運行情報
 

 2019年04月18日
  
【運行再開】三ヶ木~東野・月夜野系統について

 現在、国道413号の一部通行止めにより、区間運休し「平丸バス停」にて
   折返し運行をしており、お客様にはご不便をお掛けしておりましたが、この度、
 その通行止めが暫定開通したことから、以下のとおり運行を再開致しました。

 1.国道413号暫定開通日時 
   2019年4月19日(金)14時 
 
 2.路線バス運行再開系統 
   ・三55 三ヶ木~西野々~東野 系統  
   ・三56 三ヶ木~東野~月夜野 系統  

   なお、暫定開通区間は片側交互通行となるため、渋滞等による遅延が予想され
   ますので予めご了承ください。 

 
 神奈川中央交通西
 津久井営業所

---------------------------------------------------------------------- 

相模原市のお知らせ


国道413号の暫定開通について

平成30年10月1日の台風第24号の影響により通行止めとしております
国道413号の暫定開通について、次のとおりお知らせします。

[暫定開通日時] 平成31年4月19日(金) 午後2時(予定)
※ 天候等により、やむを得ず、変更する場合がございます。

[暫定開通時の通行方法等]
・一部区間は片側交互通行となります。
・降雨・降雪の状況により、通行止めとなります。
・大型車も通行可能です。
・現在「平丸バス停留所」にて折り返し運転をしている路線バスにつきまして
 は、4月19日(金)の三ケ木(午後2時55分発)、東野(午後4時05分発)
 のバスより通常運行を再開いたします。
 また、このことに伴い、タクシーによる代替交通につきましては、
 4月19日(金)の最終便までの運行をもって終了します。

 なお、大型連休の際には片側交互通行区間などにおける渋滞が予測されますの
 で、引き続き国道20号等への迂回にご理解、ご協力をお願いします。
 また、全面開通につきましては、平成32年3月末を目途に対応を進めます。
 詳細が決まり次第お知らせします。


国道413号の暫定開通について/相模原市


 

関連記事


道志みち♪

神奈川県相模原市緑区西橋本から同市青野原、山梨県道志村を経て、
山中湖村へ至る国道413号、道志みち。

道志みち~河口湖♪ 2015.07.11

道志へ♪ 2012.06.17

道志みち…かな…♪ 2011.05.14

道志みち♪ 2010.05.01

道志みちで帰りました♪ 2008.04.27

忍野♪ 2008.04.26

道志みち♪ 2007.05.04

 

関連リンク

国道413号Wikipedia

道志村役場HP

道志村観光協会HP

道の駅どうし(国道413号)

0000dousilogo


道志の湯
000dousisp01





  
  

平成30年10月1日、台風24号の影響により、相模原市緑区青根地区で
道路周辺の斜面が大規模に崩落。
国道413号及び市道橋津原平丸(はつばらひらまる)において全面通行止め
を実施。

国道413号は平成31年3月下旬解除予定。
市道橋津原平丸は青根地区の生活交通路としての暫定開通として、
平成30年12月上旬解除予定。

通行止め区間。
東側の青野原西野々交差点は蕎麦の”つねっさ”の先にある旧道との交差点。
西側は青根交差点。
   
201811413tukodome_kukan

 
国道413号(通称:道志みち)・市道橋津原平丸の全面通行止め/相模原市

 
  

 

| | コメント (0)

2019/04/13

池上本門寺♪

★池上本門寺♪

晴れ♪

暖かい♪
クルマでは冷房にしないと暑い…。

スギ花粉、”非常に多い”なのに、最近は薬をのまなくても大丈夫…。
ようやく、終息かな…。
 


ママにとって池上線は”生誕の地”…。
幼稚園の頃に横浜に転居してきた。
そんなママが池上線エリアを数十年ぶりに訪れたのは一昨年のこと…。
昨年は東急初代3000系ツートン塗色を追いかけて池上線へ。

折角、池上線エリアを訪れたのに、池上本門寺には行ってない…。
てことで、今日は池上本門寺へ。
  
電車で行くのがちょっとばかり面倒で、クルマで…。
  
保土ヶ谷バイパス、環状2号、綱島街道、中原街道、環八、第二京浜
(国道1号)で。
 
途中で見えた東名下りはぎっしり…。
GW前なのに…。

保土ヶ谷バイパス下川井インターの出口渋滞が半端ない…。
多分、ズーラシア渋滞か…。
 

環状2号新横浜駅前。

Img_9209

 
大豆戸交差点から綱島街道へ。

鶴見川に架かる大綱橋。
ここも超久しぶりに通る。

Img_9210
 
 
綱島から日吉にかけてはパナソニックの工場がなくなって、新しい街に変貌
していた。
日吉駅周辺、慶応日吉キャンパスとずいぶんお洒落な雰囲気。
  

このルート。 
学生時代から社会人3、4年までだったか…。
妙蓮寺の自宅から下北沢や成城学園前に住んでた友人宅までクルマで飛ばした
ものだ。
当時、地方から東京に進学、就職してくると、小田急線沿線や中央線沿線
に住むのが流行っていた。

週末の金曜日夜になると、友人宅で遊んで、翌日夕刻に帰宅する。
但し、当時は隔週週休二日制だったので、隔週で遊んだものだ。

日曜日だけが休みの時は寝てるだけで一日が終わったような気がする…。
  
 
武蔵小杉のタワーマンション群…。
いつの間にか、タワーマンションだらけに…。

Img_9211
  

丸子橋を渡っていた時、隣の東横線には”青ガエル”が♪
ちょっと感激♪ 

丸子橋を渡るとすぐに田園調布警察署前。
ここで左折して環八にのれば、成城学園前に。
中原街道をもう少し先の南千束まで行って、環七にのるとほどなくして下北沢
や世田谷代田の友人宅へ。

今日は田園調布警察署前を右折して環八へ。
しばらく走ると第二京浜(国道1号)へ。

池上警察署前交差点付近にある大規模マンション”ヒルズ久が原”にママの友人が
住んでいるが、あまりの大きさと気品にびっくり。
 
東横線「青ガエル」~♪ 2018.07.24

 
池上本門寺の駐車場は裏手に。
まずは、大堂にお参り。

Img_9219
  

大堂。

Img_9226
   
 
見頃は過ぎているけど、桜がきれい。   

Img_9287   
     

「春詣」ポスター。

201904_0001
 

 
五重塔。

Img_9223
 

大黒天。 

Img_9229
  

仁王門。
 
Img_9286

 
眼下に総門と街が広がる。 

Img_9231

 
総門。

Img_9239
  
 
鎌倉時代。
日蓮上人ゆかりの池上本門寺。

病身の日蓮上人は身延山を出て、常陸(茨城県)に湯治に向かった。
途中、池のほとりで休憩し、足を洗ったといわれているのが洗足池。
袈裟をかけたと伝わる袈裟懸けの松(3代目)なども残っている。
 
そこから池上宗仲の館に到着し、20日間ほどを過ごした後、亡くなった。
池上氏館の背後の山上に建立された一宇を日蓮が開堂供養し、長栄山本門寺
と命名したのが池上本門寺の起源とのこと。


日蓮宗大本山 池上本門寺

 


総門を出てすぐ、橋を渡ったとこに。
「十割そば 古賀」へ。

Img_9247


焼き鳥丼とそば定食。
美味しかった。

Img_9244


ネット情報ではこの店は昨年4月オープンしたばかりの店。
横浜市瀬谷区に本店がある。

十割そば古賀(池上)/食べログ

十割そば 古賀

  
 

池上線池上駅へ。

池上駅は旧駅舎は解体され、新たに駅ビルを含めた建設工事中。
2020年秋開業を目指している。

Img_9270
   

池上駅の1日平均乗降人員は36,671人。
五反田、蒲田両ターミナル駅を除くと、池上線中最多である。
ま、池上本門寺への参詣者が多いのだろうけど…。

池上駅 wikipedia

東急池上線 wikipedia

  
7000系。

Img_9250

 
1000系。 

Img_9252

  

ちょっと珍しい構内踏切。
東急線唯一の旅客用構内踏切。

Img_9254

  
この希少な構内踏切。
新しい駅舎が完成すると南口にも改札が新設され、北側は橋上化するなどして、
構内踏切は廃止されることに…。
   

1000系1500番台。   

Img_9275


 


駅前。
 
そうそう…。
どうしても食べたいもの。

徳光さんの「路線バスの旅」でもちょくちょく出てくる甘味処。
その中でも、ピカイチの店がこの浅野屋本舗の「くず餅」。
  
Img_9271
 
   
今日は並ばずに入れた。  

Img_9262
  
 
くず餅とあんみつのセット♪
いや~、一度やってみたかったのだが、結構ギブアップ一歩手前…。

美味しかった♪

Img_9267

 
宝暦2年(1752年)創業の老舗。
現在の店主は11代目。

 
二男のお土産に「くず餅」を買った。
和風のものは口に合わないらしいのだが、「くず餅」は美味しいと言って食べた。


浅野屋本舗(池上)

浅野屋本店(池上)/食べログ

  
 
こちらは、池上本門寺の総門に近いとこにある「くず餅」の池田屋。
こちらも池上本門寺周辺の老舗のくず餅屋。

Img_9280

  
総門越しに。
 
Img_9282

 
帰路。
さすがに高速でさっさと帰りたいので、第三京浜に。
横浜新道、保土ヶ谷バイパスと順調に。

久々の綱島街道、中原街道を走って、テンション上がりっぱなし…。
 
 
  

関連記事

池上線♪ 2018.08.18

目黒線&池上線♪ 2017.10.09




 


| | コメント (0)

2019/04/09

いすみ鉄道&小湊鉄道♪

★いすみ鉄道&小湊鉄道♪

4月7日(日)。

晴れ♪

暖かいを通り越して、暑かった…。

   

バスを仕立てたツアーに参加。
大型バスでは身動きがとりにくいので、中型バスで。

アクアライン、海ほたるで休憩。

Img_8993

  
圏央道の市原鶴舞インターを降りる。
圏央道といっても、房総半島側の圏央道のことであり、”メインの圏央道”(?)
とは、まだつながっていない部分。

いすみ市にある”ポッポの丘”へ。

Img_8999

  
ポッポの丘に保存されている大山ケーブルカーの赤い車両「たんざわ号」。
2015年5月に引退した後、こちらで保存されている。

Img_9000

 
若干傷みもあるが、現在、修復及び復元作業中。  

Img_9006

 
関連記事

新緑の大山♪ 2015.05.30

週末♪ 2015.11.20

連休明け… 2015.09.24

大山~大山街道~246=道志みちも…♪

    

 
DE10形ディーゼル機関車とブルートレイン24系客車。
 
Img_9009

 
房総半島で活躍した電車たちのカットボディ。
「さざなみ」のヘッドマークをつけた183系、スカ色と湘南色の113系。  

Img_9016
 
 
丘の上から眺めた。
地下鉄丸の内線、営団400形と貨車。
貨車といっても車掌車が4両と10t入換動車が保存されている。

Img_9029
 

大人も子供も無心に遊べる。 

Img_9040
 
 
銚子電鉄700形。

Img_9047
 
 
いすみ鉄道いすみ200型気動車、北陸鉄道モハ3750形、銚子電鉄デハ700形。 

Img_9058
  

万葉線デ7000形。
 
Img_9065
    

いすみ鉄道いすみ200型気動車。

Img_9067


ポッポの丘

ポッポの丘 Wikipedia 

  
 
次の目的地へ。

一億総カメラマン…。
いすみ鉄道いすみ線沿いでは至るところでこのような光景が…。
一億総カメラマンといっても、スマホで撮ってる人もかなり多い…。
 
Img_9070
  
 
中型バスの利点。
こういった駅の駐車場にも駐車ができる。

いすみ線国吉駅。

Img_9137
   

   
Img_9110
 
 
お~♪
  
Img_9084
 
 
大原行き、急行「そと房」。
キハ28形+キハ52形。(キハ28 2346+キハ52 125)  

Img_9121

国鉄キハ58系気動車 wikipedia

国鉄キハ20系気動車 wikipedia

   
上総中野行き、いすみ350形。

Img_9107
  

交換。

Img_9113

   
 
  
Img_9126
     
     
   

Img_9093

 
急行「そと房」も大原に向けて出発。

Img_9129
    
 
国吉駅に静態保存されているキハ30ー62。

Img_9141   
   
国鉄キハ35系気動車 wikipedia

いすみ鉄道
00000000000000000000000isumi_2   

いすみ鉄道 wikipedia

いすみ鉄道いすみ線 wikipedia


 

ランチ。

いすみ市大原の「まるへい」で海鮮丼を。
刺身はどれも分厚くて新鮮で美味しい。
串にさしてあるのはタコの練り物で、美味だった。
  
Img_9146
 
 
まるへい(いすみ市大原)/食べログ




次の目的地へ。

こちらも撮影スポットらしく、大勢の人達がカメラを構えていた。

Img_9147
 
 

小湊鉄道養老渓谷駅。

Img_9151
 
 
小湊バス。
渋い…、昔からこのカラー。
アクアライン経由で横浜や羽田空港でも目にするけど、小湊鉄道のバス
だと主張している姿がわるくない。  

Img_9158
 
 
養老渓谷駅の駅舎内。
 
Img_9154
 

次の目的地まではこのSLを模したディーゼル機関車とトロッコ列車で。  

Img_9160

 
里山トロッコ。
養老渓谷駅~上総牛久駅間を1時間弱でむすぶ。  

里山トロッコ

Img_9165

  
先程のいすみ鉄道と同じく、車窓からは列車に向けられたカメラの放列が見える。
特に、この時期は桜と菜の花とのコラボレーションが美しい。

Img_9167

 

里見駅で交換。
小湊鉄道キハ200形気動車の姿がかわいい。  

Img_9178

  
小湊鉄道キハ200形気動車 Wikipedia
 

Img_9185

 
トロッコ列車は風が冷たいかもと言われていたけど、今日は暑かったので、
風が気持ち良かった♪  
  
Img_9187

    
上総久保駅。

Img_9190

  
1時間弱のプチ旅行。
上総牛久駅到着。

Img_9194
  

懐かしいを通り越して…。   
タブレットが使われているとは…。

Img_9196
  
 
4号機関車。
SLを模したディーゼル機関車。
最高速度35km/h、Volvoのエンジンを積んでいる。

Img_9197  
 
   

Img_9204
   
 
上総牛久駅。
大正14年開業。
駅本屋は国登録有形文化財(建造物)に指定されている。

Img_9199
 
 
上総牛久駅 wikipedia
  


Img_9207

   

Img_9208
 
 
小湊鉄道
0000000000000000000000000000000kominatot

小湊鉄道 wikipedia

小湊鉄道線 wikipedia

 

帰路。
高速は20km近い大渋滞…。
結局、アクアラインの料金所までトロトロ…。
料金所の先はかなり走った。
海ほたるでトイレ休憩して、順調に帰宅できた。

  



  






| | コメント (0)

2019/03/30

鎌倉♪

★鎌倉♪

どんより…。

天気予報ではダメな土日というイメージだったけど…。
昼頃から予期せぬ晴れ~♪
  
気温の割りには暖かい♪

   
朝…。   
天気がよくないし、美味しいランチでも…。
七里ヶ浜へ。

急勾配をのぼり住宅街の中、七里ヶ浜商店街の一角に。
七里ヶ浜・桜のプロムナード。

珊瑚礁本店のカレーもいいな…。
ところが、行列が凄くて断念…。

Img_8796
    
 
こちらの桜はイマイチ…。
二分咲きほどか…。
 
Img_8810  

  
きれい♪

Img_8819

 

Img_8816

 
いつものパターン…。
困った時の”お魚亭”へ。

改装したらしく、見た目もきれいに。
運良く席が空いたところ…。

Img_8805
 
 
まずは、「鰮のつみれの大葉揚げ」。
絶品♪

ママは生ビールで。
  
Img_8798

 
僕は寿コース。
もちろん、つみれ汁。
今日はハーフサイズのつみれ汁に。
    
Img_8803_1
 
 
ママはおまかせコース。
つみれ汁が苦手なので、普通の味噌汁。

Img_8801

 
いつも美味しいお寿司。

お魚亭

お魚亭(七里ヶ浜)/食べログ

 
 
 
お魚亭の2軒隣には新しい店、「パシフィックベーカリー」。
そ、急坂を下った134沿いにある「Pacific DRIVE-IN/パシフィックドライ
ブイン」のベーカリーショップ。

Img_8809
  

スコーンやマフィン、パンがあれこれ。  

Img_8811  

  
 
Img_8812


夕食の後、早速食べてみたら、すごく美味しい。
マフィン、スコーン、パン…。
どれも美味しい♪
 
七里ヶ浜にパシフィックベーカリーオープン(2017年10月)

パシフィックベーカリー(七里ヶ浜)/食べログ

  


美味しい街を後にして。
  
Img_8825

 
「七高通り」を下る。
「潮騒通り」ともいうし、またの名を「プリンス坂」とも。

江の島・鎌倉ナビ2018年春号♪ 2018.04.24
 

Img_8827

  

すごくいいお天気になったので、このまま帰るのは勿体ない。
鶴岡八幡宮へ。
段葛の桜はどうか…。

二の鳥居。

Img_8831

 
七里ヶ浜の桜も2、3分咲きだったけど、段葛の桜も2、3分咲き…。
ちょっと残念…。

Img_8835
 
 
カトリック雪ノ下教会。

Img_8837

 
左手の小町側と違い、右手の雪ノ下側は昭和の風情が残る。  

Img_8838

 
そば。
段葛 こ寿々。  

Img_8839


気持ちいい♪  

Img_8842  

 
鶴岡八幡宮。
人の多さにびっくり。

Img_8845

 
源平池の源氏池には桜が見頃♪  

Img_8847
 
 
小町側は人がいっぱい。
行列に並んで、大好きな「はんなりいなり」を。
  
Img_8853

 
アチコチの店に寄り道。
ママは大好きな桜貝のアクセサリー屋さんでお買い物。

そして、雪ノ下側にオープンした豊島屋のカフェ「置石」に。

Img_8859

 
狭山紅茶とエクレアを。

Img_8858

 
 
134。
いつもよりスムーズ。

鎌倉高校前1号踏切…。
相変わらず、もの凄い数の外国人…。
いわゆる、オーバーツーリズム…。

こんなハチャメチャな光景では”聖地”も台無し…。
134を走っていても、いつ飛び込んでくるかとハラハラドキドキ…。
いつになったら、収束するのか…。

お天気がいいとお出かけが輝く。
帰りに江の島を。

Img_8861  
 

 




江の島・鎌倉関連記事

江島神社に初詣♪ 2019.01.03
タンコロまつり♪ 2018.12.01
北鎌倉♪ 2018.11.24
鎌倉高校前1号踏切♪ 2018.10.28
江の島♪ 2018.10.27
片瀬漁港からぶらり散歩♪ 2018.05.12
湘南♪ 2018.04.28
江の島へ♪ 2018.02.11
鎌倉の蝋梅(ロウバイ)♪ 2018.01.20
今年最後の湘南かな…♪ 2017.12.09
葉山♪ 2017.11.25
雨… 2017.10.15  昔の旧江の島展望灯台の写真
江の島♪ 2017.09.30
旧東海道・藤沢宿♪ 2017.09.03
珊瑚礁本店♪ 2017.08.13
江の島のあじさい♪ 2017.06.24
鎌倉山でランチ♪ 2017.06.09
鎌倉♪ 2017.03.18
江ノ電♪ 2017.02.11
秋の北鎌倉♪ 2016.11.03
江の島♪ 2016.09.03
鎌倉へ… 2016.06.11
腰越&江の島♪ 2016.04.23
北鎌倉♪ 2016.02.27
伊勢海老丼♪ 2015.11.22
江の島♪ 2015.10.10 
江の島散歩♪ 2015.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2015.06.19
休日♪ 【海街diary】 2015.06.13
桜&カレー♪ 2015.04.04
江の島♪ 2015.02.14
江の島♪ 2015.01.17
稲村ヶ崎♪ 2014.12.06
洲鼻通り~龍口寺♪ 2014.11.23
鎌倉♪ 2014.10.25
江の島♪ 2014.10.11
由比ヶ浜大通り♪ 2014.10.04
珊瑚礁本店…いやっ、お魚亭♪ 2014.05.06
鎌倉♪ 2014.04.12
お魚亭♪ 2014.02.22 
江ノ電とか♪ 2014.01.25
葉山~買い物ドライブ…♪ 2014.01.11
江島神社に初詣♪ 2014.01.03 
ソレイユの丘♪ 2013.10.12
鎌倉♪ 2013.09.28
Aloha Beach Cafe~アロハビーチカフェ~♪ 2013.04.20
生しらす♪ 2013.04.13
七里ヶ浜エリア♪ 2013.03.30
春の江の島♪ 2013.02.23
鎌倉♪-2 2013.01.11
鎌倉♪-1 2013.01.11
江島神社に初詣♪ 2013.01.03
江ノ電…♪ 2012.11.17
ジャスト1時間の海~♪ 2012.10.20
鎌倉明月院のあじさい♪ 2012.06.18
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2012.06.18
またまた江の島♪ 2012.04.30
生しらす♪ 2012.04.15
鎌倉長谷寺の梅♪ 2012.03.10
湘南でランチ&ウォーキング…♪ 2012.01.28
江島神社に初詣♪ 2012.01.03
えのすい&江の島シーキャンドル♪ 2011.12.10
久しぶりの湘南-2♪ 2011.10.29
久しぶりの湘南-1♪ 2011.10.29
鎌倉のあじさい2-御霊神社・成就院♪ 2011.06.11
鎌倉のあじさい1-長谷寺♪ 2011.06.11
湘南へ♪ 2011.05.05          〃
鎌倉長谷寺の梅-2♪ 2011.01.30
鎌倉長谷寺の梅-1♪ 2011.01.29
富士山&江ノ電♪ 2011.01.16
腰越しらすや&江ノ電鎌倉高校前駅イルミネーション♪ 2010.11.20
80系に会いました♪ 2010.11.19
リバイバルカラー江ノ電♪ 2010.11.06
久々の湘南♪ 2010.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪-2 2010.06.12
鎌倉長谷寺のあじさい♪-1 2010.06.12
鎌倉・海蔵寺♪-2 2010.03.13
鎌倉・海蔵寺♪-1 2010.03.13
鎌倉の大銀杏… 2010.03.10
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-2♪ 2010.02.06
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-1♪ 2010.02.06
秋の鎌倉♪ 2009.11.28
北鎌倉-2・葉祥明美術館・明月院♪ 2009.10.03
北鎌倉-1・浄智寺♪ 2009.10.03
江ノ電♪ 2009.09.05
鎌倉・長寿寺-2♪ 2009.06.27
鎌倉・長寿寺-1♪ 2009.06.27
デジタル一眼お断り… 2009.06.20
江ノ電車両ガイド♪ 2009.05.29
江の島-2♪ 2009.05.24
江の島-1♪ 2009.05.23
鎌倉文学館~長谷寺-2♪ 2009.05.17
鎌倉文学館~長谷寺-1♪ 2009.05.17
GWの鎌倉♪ 2009.04.03
鎌倉-2♪ 2009.02.13
鎌倉-1♪ 2009.02.13
世界一のブレックファースト♪ 2009.02.13
ランチ♪ 2008.09.27
えのべん♪ 2008.09.06
鎌倉のあじさい♪ 2008.06.07
葉山・花の木公園のつつじ♪ 2008.04.19
鎌倉めぐり・九品寺&葉山かじべ♪ 2008.01.23
鎌倉めぐり・杉本寺&瑞泉寺&鎌倉宮♪ 2008.01.22
鎌倉めぐり・浄妙寺&石窯ガーデンテラス♪ 2008.01.22
大失敗っ 2008.01.13
江島神社へ初詣♪ 2008.01.03
江の島のイルミネーション♪ 2007.12.23
一年ぶりの江の島♪ 2007.10.06
さよなら江ノ電303+353号車  2007.10.01
三崎のまぐろ♪ 2007.09.22  (湘南というには無理があるけど…)
鎌倉のあじさい♪ 2007.06.09
北鎌倉♪ 2007.05.12
葉山のつつじ♪ 2007.04.14
七里ガ浜Amalfi Della Sera♪ 2007.03.03
葉山♪ 2007.02.10
今年最後の湘南♪…多分 2006.12.03
江の島♪ 2006.09.09
あじさい♪ 2006.06.10     
梅はまだかな… 2006.02.17
今年初めての湘南 2006.01.15
鎌倉2 2005.11.06
江の島と江ノ島と江島 2005.10.29
鎌倉 2005.09.24

 



| | コメント (0)

2019/03/20

お墓まいり

★お墓まいり

晴れ♪

かなり暖かい♪
東京は21℃を超え、横浜でも21℃近くまで上昇したらしい。
クルマの外気温表示も21℃となり、クーラーがんがん…。
 

休みをとって、つくばへお墓まいり。
圏央道はすいすい…。
昨年秋のお彼岸には酷い目にあったので、平日にしてみた…。

思った通り、すいすい…。
ただし、”五・十日”(ごとうび)と明日は祝日ということもあってか、
トラックだらけ…。

菖蒲PAでトイレ休憩して、2時間ちょっとでつくば中央インター。
順調だった。
 
お墓まいりをすませ、トンボ帰り。
帰りは常磐自動車道経由で。

いつもの守谷SAでランチ。
リニューアルオープン5周年。

Img_8637 


守谷SAというと、真っ先に思い出されるのは東日本大震災の時のこと。
その後、防災拠点を兼ねた新しいSAに変身したが、SAとしての魅力もアップ
して、食事したりお土産を買うのが楽しみ。

Pasar守谷 

  
常磐自動車道も首都高もトラックだらけ…。
若干渋滞もしたけど、ま、順調に。 




NEXCO東日本のHighway Walker3月号。

201903highwaywalker


お墓まいり関連記事

お墓まいり 2018.09.22

お墓まいり&イオンモール座間 2018.03.24

お墓まいり 2017.09.23

お墓まいり 2017.03.23

お墓まいり 2016.09.17

お墓まいり 2016.03.19

お墓まいり 2015.09.21

お墓まいり 2015.03.19

お墓まいり 2014.03.21

お墓まいり~海ほたる♪ 2013.09.21

お墓まいり&アクアライン~海ほたる♪ 2013.03.16

お彼岸 2012.03.20

お墓まいり&パレットタウン♪ 2011.09.18

あみプレミアム・アウトレット♪ 2010.09.19

茨城-2・那珂湊おさかな市場・那珂湊駅♪ 2009.09.23

茨城-1・阿字ヶ浦駅・国営ひたち海浜公園♪ 2009.09.23

お墓まいりの帰りです 2009.09.21

お墓まいり 2008.09.20

お彼岸 2008.03.20

お彼岸 2007.03.17

お墓参りしてきました 2006.03.18

  








  



  

| | コメント (0)

2019/03/09

おかめ桜♪

★おかめ桜♪

晴れ♪

暖かくて汗ばむほど。

風があったので、もしやと思ったら、”春一番”だった♪

  

小田厚から富士山。
この冬、富士山の雪が少なくて、イマイチだったのだが…。
今日は下の方まで雪が積もっていて、美しかった。

Img_0379


   

小田厚も国道135号もクルマが多い…。
北関東ナンバーが目立つ…。
やはり、春を満喫したいからか。 

「ドライブインみのや新島」が閉店し、跡地には「鈴廣かまぼこ江の浦店」
がオープンした。

鈴廣かまぼこ江の浦店

 

Img_0382 
   

いつものように真鶴料金所の手前で右折して松本山の急坂を登り、
県道740号へ。
青山園に立ち寄り、湘南ゴールドを♪

Img_0384

 

この時期、湘南ゴールドだけでなく、色んな種類の柑橘類が揃う。 

Img_0383

  
青山園

 

 

  
  

江之浦の「れんが屋」へ。
   
Img_0386

  
  
春、穏やかな相模湾。
江之浦から見える海は瀬戸内海のように見える。  

Img_0411

  

店内は広くて明るい雰囲気。
大きな窓からは海が一望。

Img_0390

 
 
おかめ桜かな。

Img_0392

 
 
12時前…。
数組の客…。

この後、続々と客が入ってきた。
予約してる人も多かった。 

Img_0394


 

ランチメニューも良さそうだった。
初めてなので、「江之浦」というコースに。
刺身はブリとハマチ。
そして、和牛のカルビ。

Img_0399

 

美味しかった♪

Img_0400

 
  
デザートは柑橘類があれこれ。
オーナーの自宅だろうか、店のまわりはみかん畑。

Img_0404


 

Img_0401


大島が大きく見えた。

Img_0407

 
江之浦れんが屋

れんが屋(根府川)/食べログ


  

れんが屋を出て200mもすると江之浦測候所。
春とか初夏の測候所も訪れてみたい。

  

県道740号沿いにはおかめ桜とかピンク、ピンク、ピンク。
黄色い菜の花も。

Img_0415

 
 
そして、江之浦に来たら、ココははずせない…。
天正庵跡の麦踏(MUGIFUMI)。

Img_0416

  

今日は1種類につき1個、色々なパンを買ってみた。

Img_0417

  
麦踏(MUGIFUMI)

麦踏(MUGIFUMI)(根府川)/食べログ

 
湘南ゴールドを♪ 2019.01.26

湯河原へ♪ 2018.11.09 

西湘&箱根♪ 2018.08.13 


 



おかめ桜♪

Img_0425

 

「おかめ桜の里」。
7分咲きだとか…。

Img_0432


 

いつもより大勢の人たちが訪れていた。

Img_0431

  
根府川のおかめ桜/小田原市

きのこ苑お山のたいしょう

  

Img_0443
 
  
  


根府川駅へ。

3番線にて特急列車通過待ちの上り普通列車。

Img_0446

  

根府川駅は2面3線。
写真は4番線に停車中の下り普通列車。

海側が4番線で下り専用、3番線は上下待避線となっていて、特急などの
通過待ちをする場合、上下ともに使用する。

2番線は上り専用。
で、1番線は貨物列車専用のホームだったが、1970年頃に廃止された。

Img_0483

  

根府川駅は無人駅ではあるが、堂々15両編成の列車が停車する。
そのため、この先の熱海駅で悲劇が起きることも…。  

熱海駅まではJR東日本の15両編成で運行されるが、熱海駅からは
JR東海の3両編成に接続することもままある…。
そのため、乗車した車両によっては、とんでもなく歩かされることも…。

相模湾一望のロケーションはサイコー♪  

Img_0453

 

根府川駅のおかめ桜もきれい♪
「おかめ桜の里」よりも咲き具合が早い。

Img_0457

   


Img_0471

  

根府川駅。
いつもは電車が到着しても、パラパラと下車する光景なのだが、
今日は大勢の客が下車した。
ヒルトンホテル、江之浦測候所のシャトルバスがピストン輸送していた。

あと2、3週間もすると右手にあるソメイヨシノの木は淡いピンクに染まる。

Img_0464


根府川駅 wikipedia


 

暖かくて春~♪
クルマの中は暑くて、冷房にした。

帰路は西湘バイパス&R134で。
上りはすいすいだったが、下りは結構混んでいた…。

 

 

関連記事

湘南ゴールドを♪ 2019.01.26

湯河原へ…♪ 2018.11.09 

江之浦マップ♪ 2018.08.15

西湘&箱根♪ 2018.08.13

根府川おかめ桜♪ 2018.03.17

江之浦測候所へ♪ 2018.01.26

真鶴とか♪ 2017.11.03

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19

GWのお出かけ~♪ 2017.05.03

湘南ゴールドを♪ 2017.03.25

福浦漁港・みなと食堂♪ 2017.03.04

湘南ゴールドを♪ 2017.01.27

真鶴~熱海♪ 2016.11.26

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

熱海♪ 2016.03.12

湘南ゴールドを♪ 2016.02.06

鯵が食べたい♪  2015.07.25

根府川へ…合流部、驚愕の新事実…♪   2015.03.28

湘南ゴールドを♪ 2015.02.07

国道135号根府川合流部改良工事完成へ♪ 2015.01.15

真鶴♪ 2014.09.13
 
お花見…根府川・江之浦へ♪ 2014.04.05

真鶴&湯河原♪ 2013.11.03 

湘南ゴールドを♪ 2013.04.27

桜を見ながら江之浦へ♪ 2013.03.23

江之浦~真鶴♪ 2012.05.04

江之浦~根府川のおかめ桜♪ 2012.04.01

江之浦へ♪-2 2012.03.03

江之浦へ♪-1 2012.03.03

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-2 2012.02.18

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-1 2012.02.18 

豆相人車鉄道の旅…かな♪ 2011.03.05

湘南ゴールド♪ 2009.03.02

湘南ゴールド♪ 2007.03.18
 
ハルメキ♪ 2011.03.26 

おかめ桜&ハルメキ~♪ 2012.03.23  

    

   



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/23

大倉山梅林♪

★大倉山梅林♪

晴れ♪

暖かかった♪


  

保土ヶ谷バイパスの町田立体化によって、大和バイパスが冷遇され、
最悪な渋滞とか発生してきたため、大和バイパスを敬遠していた。
あれから3年…、もう大丈夫だろうと、何の根拠もなく東名入口交差点
から大和バイパスで横浜へ。

結果、みんな渋滞回避しているのか、今日はすいすい…。
そして、新桜ヶ丘インターから横浜環状2号線に。

ほとんどが片側3車線で立体交差が多いため、交通量が多くてもスピード
はそれなりに…。

ずっと順調だったが、新横浜手前の菅田入口交差点あたりから渋滞…。
新横浜駅前は相鉄線の延伸工事もあって、かなり混沌としていた。

右に新横浜駅ビルなどを。

Img_0308



実家に行く時はクルマで環状2号を走るので、綱島街道や駅を見ることは
ほとんどない…。
とはいえ、昨年夏には電車に乗って大倉山駅で”青ガエル”を撮った。
 

東横線「青ガエル」~♪ 2018.07.24 

 
 

綱島街道沿いにはアチコチ思い出の場所…。
特に、大倉山交差点界隈にはアレコレ…。
交差点脇にあるセブンは岩田屋という文房具なども扱っていた”よろず屋”
というか、何でも屋だった。
その先にある理容室”TAKAHASHI”は小中高校生時代に毎月通った床屋
さん。
今も営業されていたので、恐らく息子さんが後を継いでるのかと…。
綱島街道を挟んで向かいの交番は、昔は池だった所。

このエリアにはため池が多かったのだが、ほとんど埋め立てられた。
恋駄目…、いや、肥溜め(こえだめ)も多かった…。
年に1人か2人の”犠牲者”がでた…。

つまり、農村だったのだ…。
今では都会のフリしてるけど、昭和40年代まではのどかな農村だった…。

昭和39年10月に東海道新幹線が開通して、新横浜駅が忽然と現れた頃
から、少しずつ変貌していったのだ。 
 
その頃、父は近所の知人から土地を買ったのだが、50坪で100万円ほど。
住宅ローンなんてない時代なので、祖父から借金して買ったのだが、
当時としては大金の100万円なのに、数年で完済した。
それは、高度経済成長に伴う超インフレが成せる技だった…。

大倉山駅から綱島街道につながる商店街には小中学生当時の友人の家や店
がたくさんあった…。
しかし、ほとんど消えた。

ところが、広い敷地の I 君宅…。
10年ほど前にはそのままで、表札はI君の名前に変っていたのだが。
なんと、ビルに変っていて、”I 薬局”の看板が。
I 君自身か、あるいはお子さんがやっているのか…。

  
大倉山駅。

Img_0318

 

大倉山駅前エルム通り商店街。

Img_0319

  
エルム通りはギリシャ風建物で統一されている。 

Img_0321 

  
   
大倉山うめまつり♪

Img_0320

  

大倉山駅から急勾配の坂道を登る。
   
Img_0324
 

記念館坂。
 
Img_0325
 

 
大倉山駅周辺は急勾配の坂道が多い…。
この記念館坂と、反対側のパチンコ屋だったとこを脇に入り、新幹線のトンネル
の上をいく坂道、そして、梅宮アンナも通った、今はなき東横学園女子高校
脇の坂道など。(正しくは東横学園大倉山高校。)

特に、東横学園脇の坂道では途中でクルマを停車させるとサイドブレーキ
を使わないと発進できないほどだった。

Img_0356
   
  
東京メトロ副都心線直通。
東京メトロ10000系。

Img_0326
 

大倉山駅の駅名の由来でもある横浜市大倉山記念館。
 
Img_0329



「大倉」の名と重厚な建物から、大倉財閥が連想されるが、大倉違いであり、
かなり崇高な思いで作られ、維持されてきた「大倉精神文化研究所」。

母校の大綱小学校、大綱中学校どちらの校歌にも歌われている大倉山記念館。


横浜市大倉山記念館


  
  
子供の頃はしょっちゅう来ていたが…。
数十年ぶりの大倉山梅林。

昭和初期、乗客誘致のため、東急電鉄により開設された。
大倉山梅林。
 
Img_0332


ぽかぽか暖かい♪

Img_0334
  

    

Img_0337

  

 
Img_0339

 
ぽかぽか陽気♪

子供の頃、親に連れられてよく来たものだが、とにかく寒いの一言…。
当時は露店などが並び、それに釣られて来た…。
”見世物小屋”もあった。

実家のアルバムには梅林で撮ったモノクロの写真がたくさんある。
 
そんなことを思い出しながら…。

Img_0340

  

しだれ梅。

Img_0342


  

Img_0343
  

 

Img_0349


駅の近くにある和菓子の青柳。
  
Img_0357

   
数十年ぶりにこちらで和菓子を。

Img_0358

  

  

子供の頃は遊び場だった師岡熊野神社。
当時はうっそうとしていたのに、今では明るい雰囲気。
  
Img_0361

 
サッカー神社としても有名になってしまった。

神社の紋は三足烏であり、熊野三山において信仰された八咫烏(やたがらす)
に由来する。
三足烏は日本サッカー協会のシンボルマークでもあるため、近年はサッカー神社
としても親しまれ、サッカー日本代表の公式エンブレムのついた日本サッカー協会
公認のお守りや絵馬が販売されている。


師岡熊野神社
 
000000000000000000000000000000000_2

 

昔はなかった社務所など。 
とにかく、立派な神社になったものだ。

Img_0362

 

石段のある正面入口へ。  

Img_0364

  

”いの池”。
  
Img_0365


熊野神社市民の森。
切通しのような道で、いつもぬかるんでいたが、なんと、舗装されていた。

子供の頃の遊び場だった。
この道を登っていくと、ウチの実家がある。
さらに先には、今はない東横学園女子高校の裏手に出る。
 
Img_0369
 

熊野神社の社の裏には”のの池”がある。
昔は人の手が入っていないただの小池だったのだが、コンクリートで
固められた池に変身していた。

先程の”いの池”、こちらの”のの池”、そして、少し離れたとこにあった
”ちの池”の3つで、”いのちの池”と呼ばれている。

子供の頃、”ちの池”については合戦に敗れた兵士が血を洗い流した池
と教わっていたのだが…。
どうも、そうでもないらしい…。
江戸時代からの農業灌漑用水だったらしい。

”ちの池”は昭和40年代に埋め立てられて、現在は綱島街道に面した
公園となっている。
    
  
”いの池”、”のの池”、”ちの池”/はまれぽ.com


   
人工的になっていた”のの池”。
 
Img_0374


  

帰路も環状2号と保土ヶ谷バイパスで順調に。
そして、驚いたことに中央林間まで30分足らずで到着。

道路整備が進むと、そんなことが可能になるのかと…。





関連記事

大綱小学校♪ 2018.09.23

東横線「青ガエル」~♪ 2018.07.24

梅雨の晴れ間に…新横浜♪ 2018.06.22  
 
0系新幹線♪ 2008.10.16

懐かしい光景♪ 2008.07.20

大倉山 2006.06.21 

 
   




 









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/20

近所の梅♪

★近所の梅♪

晴れ♪

春の暖かさ♪
東京都心で19.5℃も。

花粉が多くてクシャミ、鼻水が…。

  
      


近所の梅♪

場所や品種によってか、早くから咲いているのもあるが、
こちらはこの数日でようやく開花。

Img_0299

     
       
Img_0295
  
    
  
   
Img_0302
  

紅梅。

Img_0303
  

家庭菜園にみかんの木が。

Img_0304


河津桜も咲きはじめた。

Img_0305   



Img_0306


 

 

バッドニュース…

圏央道厚木PAスマートインターチェンジ開通予定時期が延期…。

2018年度開通予定であった圏央道厚木PAスマートインターチェンジ
は、工事の大幅な変更が生じたため、2020年度上半期に延期する
ことになった。

ま、実際は1kmほど南下すると圏央厚木インターがあるので、
さほど困ることはないけど…。
 

スマートIC開通延期、2010年度上半期を予定/タウンニュース
   

  

関連記事

厚木PAスマートIC…♪ 2018.09.12

 













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/16

万葉の湯♪

★万葉の湯♪

晴れ♪

暖かかった♪


  

近くの万葉の湯へ♪
「東京・湯河原温泉 万葉の湯」という。

住所的には東京都町田市なのだが、横浜市緑区、横浜市瀬谷区、横浜市
旭区、大和市にクサビのように食い込んだエリア。
246を走るクルマは、多摩川を渡ってから16、17kmも先で、誰も東京都
だとは思わずに束の間の東京都1kmを走り抜ける…。
そんな立地にある…。

そんな立地…、地元の人間から見ると、最悪の立地でもある…。
東名・横浜町田インター出口から至近距離にあり、246と国道16号大和バイパス、
その上を保土ヶ谷バイパスが通る東名入口交差点。
出来ることなら、避けたいエリア…。

で…。
246からだと、16に入っても、この万葉の湯には入ってこれない…。
従って、246からは、上りも下りも側道に入り、町田市辻交差点からケーユー本店
やニチガスの方へ向かうことになる。
あとは、万葉の湯の看板を頼りに…。

他のルートはないか、色々やってみたのだが、万葉の湯に対する嫌がらせかと
思えるような柵などが何ヶ所もあって、絶対に進入できない八方塞がり…。
これは、グーグルマップなどでも確認できる…。
恐らく、地域社会との協定みたいなものがあるんだろうな。
 


東名横浜町田インターから相模原・八王子方面へ降りたクルマを含め、
16号下りからだとこの交差点で左折して直接入ることができる…。
それ以外から来るには、町田市辻交差点から脇道を通り抜け、ケーユー脇
の交差点からこちらへ入るしか方法がない…。

Img_0257

  
 
万葉の湯1号店。
オープンから22年。
当時、湯河原から源泉を運んでくるタンクローリーにびっくりした…。

そして、国道16号の拡張工事により一時閉鎖していたが、8年前に
全面建て替えリニューアルオープン。
以前とは比較にならないくらいボリューム&レベルアップ。

東京・湯河原温泉 万葉の湯♪
ま、99%神奈川県といえる立地…。

Img_0256
 
  

万葉の湯…。
日本ジャンボーという写真の現像などをする会社が副業みたいに始めた。

フィルム時代、日本ジャンボーは写真プリントなどで結構、利用していた。
東急の駅などにもあったような記憶。

本社は沼津だった記憶があるのだが…。
ネット情報では熱海市とか湯河原町に…。

そして、万葉の湯は、万葉倶楽部株式会社として、小田原市に本社を
置いている。
箱根の天成園や豊洲市場での展開とか、かなり目立つ存在に…。

 

駐車場へ。

Img_0258

 

町田駅や南町田駅からは無料シャトルバスも。

Img_0260

 

保土ヶ谷バイパスはこのように見える。
東名入口交差点では246、16、そして、高架の246の上を3階建てで
跨ぎ、東急田園都市線南町田駅付近で着地する。

手前のスロープは東名横浜町田インターからの接続道路で現在、建設中。

Img_0271

 
  
大きな建物は東工大すずかけ台キャンパス。
この辺りは未開発地が多く、いいなと思うのだが、ラブホがあったり、農地
だったり…。
宅地は手が届かないほどの地価…。

Img_0263

 

ケーユー本店も目の前に。

Img_0268

 
 
ゆ~♪
    
Img_0267
  

露天風呂、石風呂など、気持ちよかった♪
  
000000000000000000000000000000000_2

※万葉の湯HPより

  
 
毎日、湯河原からタンクローリーで源泉を運んでくる。
大浴場、露天風呂など、かなり満足度が高い。

食事処、リラクゼーションも満足。
 
 
東京・湯河原温泉 万葉の湯(町田)
000000000000000000000000000000man_2


万葉の湯

  


隣接する南町田エリアが変貌しつつある。

南町田グランベリーパーク♪ 2018.08.16


  



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/02

大磯♪

★大磯♪

晴れ♪

昼間は暖かかった♪
  


246、厚木あたりから。
この冬初めて、大山、丹沢の山々が白くなっていたのだが、だいぶ解けてきた。
  
Img_0113

     

順調に大磯へ。

国道1号。
大磯町の旧吉田茂邸の前から富士山を。

Img_0119
   

  
梅がちらほら…。   

Img_0127
 
  
吉田茂といえば…。
葉巻でしょ…。
  
Img_0129
 
 
そして、もう1つ…。
吉田茂といえば…。
バカヤロー…。
 
バカヤロー解散…。
  
Img_0130   
  
   
内門(兜門)。
別名、講和条約門とも…。   
  
Img_0132

  
 
吉田茂。
明治11年(1878年)、大久保利通が暗殺された年に東京で生まれた。
実父は土佐の自由民権運動の闘士で板垣退助の腹心であった。
もちろん、土佐出身。
  
吉田茂といえば、僕的には高知生まれだとばかり思い込んでいた。
  
僕の両親はどちらも土佐出身…。
母方は土佐山内家の末裔…。  といっても、分家だけど…。
土佐の人達は吉田茂を郷土の偉人として扱うので、僕も信じ込んでいた。

そして、吉田茂の妻は大久保利通の孫娘である。

明治17年に養父・吉田健三が大磯に別邸を建てたのだが、吉田茂は
戦後、昭和20年(1945年)よりこの邸宅を本邸として、晩年をこの地
で過ごした…。
昭和42年(1967年)に亡くなるまでの22年間、この大磯で戦後の激動期
を過ごした。

白洲次郎はこの頃の側近である。
あの麻生太郎元首相、いや、現副総理は吉田茂の孫にあたる。


吉田茂 wikipedia



旧吉田茂邸。
平成21年3月、火災により焼失したが、平成29年4月、再建され一般公開
された。

Img_0181

  
楓の間(応接間)。

Img_0138

 

新館2Fの金の間から富士山。

Img_0153

 

右側のなだらかな山は明神ヶ岳、そして、左の方には大涌谷の噴煙が見える
はずなのだが。
噴煙が少ない…。  落ち着いてきたのか…。

Img_0154

  

眼下には大磯ロングビーチ、海の向こうは小田原方面。
箱根の山は右のいちばん高いのが神山、中央のこんもりした山は駒ヶ岳。
 
Img_0155


   

応接間棟2Fの書斎。

ダイヤルのない黒電話は官邸直通だったとか。
下の袋戸棚の中に置いていたそうだ。

Img_0179

 
七賢堂。
元は四賢堂として、伊藤博文が明治維新の元勲である岩倉具視、木戸孝允、
大久保利通、三条実美の4人を祀るために建立したもの。
伊藤の自邸である大磯の滄浪閣の一角に建てられた。
伊藤が亡くなった後、伊藤自身も祀られ五賢堂となる。

吉田茂はこれを自邸に移転させ、西園寺公望を加え六賢となったが、語呂が
よくないとの理由で五賢堂と呼んでいた。
吉田茂没後、吉田自身も祀られ七賢堂となった。

来週2月9日~11日の3日間、特別開扉される。
 
Img_0183


 
この周辺には庚申塚のようなものと古い墓のようなものが点在…。
そして、「愛犬ポチの墓」は2つあったので、ポチという名前の犬が2匹いたの
かなとか…。

「愛犬サンチャンの墓」も見つけた。
サンフランシスコ講和条約締結の折り、つがいのテリアを連れ帰ったのだが、
愛犬の名は「サン」と「フラン」。
    
  
吉田茂銅像。
サンフランシスコの方を向いているとか。

Img_0185


大磯を愛した吉田茂。
吉田茂が愛した大磯の名物がある。
井上蒲鉾店のはんぺん、新杵の虎子饅頭、國よしのうな重。

井上蒲鉾店のさつま揚げや新杵の西行まんじゅうなどはたまに買い求める。
しかし、國よしのうなぎは敷居が高くて…、でも、食べてみたい。

あと、「まかべのとうふ」(真壁豆腐店)をこよなく愛したといわれている。
サンフランシスコに行く際、こちらの豆腐を持っていくと駄々をこねたという
エピソードも…。
創業明治38年の老舗だったのだが、最近、閉店したとのこと…。


神奈川県立 大磯城山公園
  
  
   
 
銅像のとこからは相模湾が一望。
目の前には西湘バイパス。
大磯西インターの標識も。
  
Img_0188
 

 
2017年10月の台風で崩落した現場は今も復旧工事の真っ最中…。
かれこれ1年半におよぶ大工事(?)…。

上りは2車線が確保されるように改善されたが、下りは相変わらず1車線のみ
の通行となり、このあたりから車線減少するため、土日は渋滞する。
今日も渋滞が発生していた…。
 
Img_0187

  
2007年9月の台風で西湘バイパスの大規模崩落が発生。
崩落したメカニズムが解明されないまま…。
”ありえへん”事態に関係当局は時間をかけて復旧させた。

しかし…。
関係者の過剰反応と思われる事態も頻発…。
従来なら何の問題もないような事象にも過敏に反応してしまう現象。
台風一過の素晴らしいお天気なのに、高波に警戒した結果、全線通行止め
を決行して、周辺一帯に大渋滞を引き起こしたり…。
ちょっと迷惑…。
  

ところが…。
10年後の2017年10月…。
またもや台風によって、同じ区間で崩落…。

今度こそ、面子(メンツ)をかけて復旧工事…。
だからか、既に1年半もかけてる…。

で…。
未だに工事完成予定は公表されていない…。(多分…。)
威信をかけての復旧工事なのだろう…。
  
西湘バイパス、またもや崩落… 2017.10.25 

    
        

クルマに乗りこんだら、暑い…。
車外の気温表示が15℃…。
車内はもっと暑いはず…。
    

旧吉田茂邸から国道1号を数分間走ると。
伊藤博文邸であった滄浪閣前の交差点。
ここから日本橋まで69km…。

吉田茂は自邸から官邸、国会までをクルマで行き来していた。
片道70km…。

吉田内閣といえば。
戦後すぐから、バカヤロー解散の翌年、昭和29年(1954年)12月まで…。

当時、クルマが少ない時代とはいえ、横浜市戸塚区の国道1号、
戸塚駅北側「戸塚大踏切」は開かずの踏切…。
ここの大渋滞に業を煮やした吉田茂は踏切を回避するバイパスの建設
を指示したとか…。

そんなバイパス的存在の戸塚道路のことを「ワンマン道路」と…。
その後、戸塚道路は横浜新道とつながった。
僕が小中学生の頃、江の島や箱根への遠足で、横浜新道を通る時、
バスガイドさんが「ワンマン道路」のことを説明してくれたものだ…。

ところで…。
開かずの踏切「戸塚大踏切」は…。
なんと、吉田茂が苦渋の思いをした頃から60年以上を経て、2015年3月
にアンダーパスができたため、踏切は廃止された…。

戸塚道路 wikipedia


Img_0194


  

鴫立庵の隣。
ここでご飯が食べたいと思いつつ12年…。

最初、何の飲食店か知らなかったのだが、鴫立庵の隣ということや、建物
の雰囲気の良さに惹かれた。

店の駐車場が満車だったので、町役場の駐車場(土日・祝日、1回300円)
に駐車した。
他にも行きたいとこがあったので、いつも利用している町役場に…。
そして、町役場の敷地は土佐山内家の別邸跡地なのだ…。
そういう意味ではご先祖さまの匂いがするかも…。

ま、大磯は明治時代、華族となった旧公家や大名、そして、政治家、財界など
のそうそうたる顔ぶれが別邸をかまえた。

そして、伊藤博文から吉田茂まで歴代首相が8人も居をかまえた土地。


大好きな大磯♪ - 2 2010.07.17

明治政界の奥座敷/大磯町の観光情報サイト

   


そして。
湘南発祥の地でもある大磯。

そんな石碑がココにある訳は…。
このお隣の鴫立庵には江戸時代に「湘南」とうたわれた碑があるから…。 
 
石碑の向こうは12年間も憧れてきた「はやし亭」。
    
Img_0196

 
どきどき…。
  
Img_0197

    
ロースカツとカニクリームコロッケ定食。
本当に美味しかった♪    

Img_0199


はやし亭(大磯)/食べログ


 

大磯駅の方へ。
お目当てのパンの蔵がない…。

ネットで調べたら、すぐ近くに移転していた。

湘南大磯 パンの蔵

  

大磯駅。

Img_0201
  
  


Img_0205



駅から徒歩2、3分。
 
実は…。
もう1軒、行きたいパン屋さん。

よく分からない路地へ。
築70年ほどの古民家をリノベーションしたクラフトショップやパン屋などが。

Img_0213

  
  
ん…。
なんだか…。

理解不能な世界…。

Img_0207

 
 
お目当てのパン屋さん。
「茶屋町路地」にある”Lee’s Bread”。

Img_0209
   


    

そう。
ここで、カンパーニュとかあれこれ…。

Img_0211


Lee’s Bread(リーズブレッド)(大磯)/食べログ

Lee’s Bread/fb

大磯のおすすめスポット、茶屋町路地/Hanako
 

  
  

関連記事

真鶴とか♪ 2017.11.03

大磯みかん狩り♪ 2016.11.20

大磯の左義長♪ 2016.01.09

大磯♪ 2015.09.20

大磯でみかん狩り♪ 2011.11.23

大磯♪ 2011.04.30

大好きな大磯♪-2 2010.07.17
大好きな大磯♪-1 2010.07.17

平塚・花菜ガーデン♪ 2010.07.03

OISO・大磯♪ 2008.06.28

著盡湘南清絶地♪ 2008.06.22



  




| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧