2019/08/14

伊豆へ - 2♪

★伊豆へ - 2♪

8月13日(火)。
伊豆2日目。

予報はくもり、時々雨なので、期待しなかったのだが…。

結果は晴天♪
 
暑かった…。


チェックアウト前に。
東海館へ。

Img_1241

Img_1242


東海館は昭和3年(1928年)開業した3階建て和風建築の温泉旅館。
平成9年(1997年)に廃業し、伊東市に寄贈され、平成13年より観光施設
として公開されている。

東海館/伊東市観光協会

  

Img_1243


伊東大川ごしの景観はサイコー。

Img_1251

 
マンホールの蓋にも。

Img_1246

 
こちらは城ケ崎が描かれている。

Img_1247

 
雨でも訪れようと思っていた城ケ崎。
晴天でよかった♪

息子たちにとっては20数年ぶり…。

サスペンスドラマに出てくると、鼻で笑ってしまうけど、自分が立つと恐い…。
今日も台風10号の影響か、波がすごい。

Img_1268

 
門脇埼灯台にも登った。
釣り橋もスリルたっぷり。

Img_1269

 
キスゲかな…。

Img_1276

 


ちょっと混雑した伊豆高原エリアを過ぎ、赤沢あたりからは順調。
朝10時過ぎなのに、国道135号の対向車線は昨日同様に渋滞が始まっていて、
最後尾は大川温泉にまで延びていた…。

北川温泉手前。

Img_1287

 
 

稲取の伊豆アニマルキングダム。
エランド。

Img_1293


キリンに餌やり。

Img_1306

 
シマウマ。

Img_1308


チーター。

Img_1297
  

Img_1319

 
カピバラ。

Img_1321

 

Img_1335


伊豆アニマルキングダム
 

 
あの渋滞…、国道135号北上は諦めた…。
南下…。

どこかでランチ。
河津町に入って、今井浜海岸手前。

そば。
伊豆さくら亭。

Img_1348

 
店内もいい雰囲気。

Img_1340

 
僕は「麦とろそば膳」。
久々の麦とろ、美味しかった。

Img_1341


ママは「揚げなすおろしそば」。

Img_1342


息子たちは「そばと天城本わさび丼定食」。
わさびが1本ずつついてきて、自分でおろす。
わさび丼、思いのほか美味しかったらしい。

Img_1345


南下せざる得ず、たまたま駐車場が空いて、いきなり入った店。
想定以上に美味しかった♪  満足♪

伊豆さくら亭(今井浜海岸)/食べログ


 

 

渋滞トラウマ…。
繰り返してしまう…。

20年ほど前の2月に味わった地獄の大渋滞…。
河津桜見物、雪、そんな悪条件が重なった伊豆河津からの帰り。
雪のため、中伊豆を抜けるルートは通行不可となった。
ここから神奈川県央の自宅まで12時間近くを要した…。

ほとんど止まったままの国道135号、伊東市街地には夕刻、真鶴道路
(真鶴ブルーライン)もほとんど動かず。
石橋でようやく渋滞から解放され、西湘バイパスにのった時は緊張感からも
解き放たれたからか、ガックリきた…。
自宅に到着したのは日付が変る前。

この経験は伊豆のドライブでは帰りの車線を気にするようになった。
しかし、その後はそんな渋滞には遭遇することはなかったのだが。
さすがに”お盆”…、とんでもない光景を見てしまった思い。

 

あの時、中伊豆ルートを行くことができず…。
選択肢のない閉塞状態…。

20数年ぶりのリベンジ…。

今回は帰りのクルマなどで大渋滞の国道135号北上を諦め、中伊豆ルート
を北上することに。
浜交差点で国道135号を離れ、河津駅方面へ。

途中から国道414号下田街道となる。
河津七滝ループ橋を上り、快適な国道414号を北上。

 

しばらくすると、旧天城トンネルへ抜けるルートの表示。
旧天城トンネルに行きたいと思っていたし、今回のように中伊豆を通ることは
そうはないだろうし、時間的にもまだまだ早い時間。

たまたま、中伊豆を走ったことが数回あるけど、いつも夕暮れ時…。
それを考えたら絶好のチャンス。

山道の悪路を入った。
ほとんど未舗装区間ですれ違いが不可能なほどの狭い道路。
万一、対向車が来たら、退避できるとこまでバックせざるを得ない。
この旧道はどちらかというと、歩きがお勧め。

対向車が来ないことを祈りながら4km弱。
途中で国道からショートカットできるルートもあった。
そこから入ってきたクルマが後ろについた。
ショートカットすれば、約1kmほどの悪路ですむので、クルマはこちらが
お勧め。
歩くなら全線走破が面白いと思う。

20分ほどで4km弱を走破しトンネル入口に到着。
先に到着していたクルマが1台いた。



旧天城トンネル(天城山隧道)。
川端康成の小説「伊豆の踊子」、松本清張の小説「天城越え」でも有名。

明治38年(1905年)に開通。
全長445.5m、アーチや側面など全て切り石で建造された日本初の石造道路トン
ネルであり、日本に現存する最長の石造道路トンネルである。

国の登録有形文化財に指定されていて、現在も供用中である。
供用中といっても、1日に何台が通るのだろう…。

尚、新天城トンネルは旧天城トンネルの西側に並行していて、全長800m、
1970年竣工し、当初は有料だったが、2000年3月より無料開放された。


天城トンネル wikipedia

旧天城トンネル/静岡県観光

旧天城トンネル/知の冒険



Img_1350


「天城山隧道」と刻まれている。

Img_1360

 

Img_1356

 




 
  
帰りも対向車が来ないことを祈りながら、山道を抜けて国道414号へ。
新天城トンネルは快適だった。
約4kmほどで「道の駅天城越え」に到着、休憩。

Img_1363


道の駅から5、6kmほどで冷川インターに向かうルートがあるので、そちらも
伊豆スカイラインへ抜ける格好のルートなのだが。

さらに3、4km北上したとこで、眼下に大きな新しい橋梁が見えた。
これは、何だろうと思いつつ、月ヶ瀬インターという所から高速道路のような
真新しい道路へ。
対面通行ではあるが、走りやすい自動車専用道。
後でわかったのは、「天城北道路」という道路で、今年1月に開通したばかりだった。
無料…。

6、7km先でそのまま修善寺道路となり、200円の通行料金を払う。
5kmほどで伊豆中央道と名称が変り、また200円支払う。
自動車道の頭上を伊豆の国パノラマパークロープウェイが横切る光景には
度肝をぬかれた…。

ま、これらの高規格道路の総称が伊豆縦貫自動車道らしい。

このまま直進すると伊豆縦貫自動車道の無料区間で東駿河湾環状道路と呼ばれ
三島を経て、新東名・長泉沼津インターや東名・沼津インターへつながる。
とてもお得で便利な”高速道路”と思っている。
 
三島に”うなぎ”を食べに行った時やミステリーバスツアーで”めんたいパーク
に寄り道した時などはとても重宝した。
 

めんたいパーク。                   2018年12月撮影

Img_9612



伊豆縦貫道構想…。
1992年(平成4年)、一部区間(修善寺IC~熊坂IC)が開通して以来
遅々として進まない計画で、平成30年代中期完成予定というアバウトな表現…。
あれから27年…。

いつまで経ってもつながらないだろうと思っていた伊豆縦貫自動車道…。
ところが、月ヶ瀬までつながっていて、天城はすぐそこ♪

つながらないとの思い込みを覆してくれたことが最大の驚き♪
かなり便利だし、中伊豆の道路の分かりにくさから解放されるかも。

あとは、質の向上が課題かと…。
東名や新東名から出たとこの行先別の料金所が分かりにくいので、分かり
やすい構造と行先表示の工夫を…。
そして、渋滞が発生するような区間は対面通行から脱皮する時期かと…。
有料区間のETC導入もお願いしたい。

そうそう、バラバラな名称はよそ者にとっては心理的に不安。
天城北道路、連絡路、修善寺道路、伊豆中央道、東駿河湾環状道路…。
名称統一して、「伊豆縦貫自動車道」1本でよいのでは。

伊豆半島アクセス方法/JAF

伊豆縦貫道♪ 2014.03.16
00000000000000000000000000000






 
  
このまま東名で帰ろうかと渋滞情報を調べたら、東名御殿場から横浜町田までで
途中20kmほどの渋滞だとか…。
パス…。

それに、函南塚本インターから先はなんだか渋滞っぽい…。
この先は東駿河湾環状道路という比較的高規格な無料の自動車専用道路。
渋滞のダブルパンチは避けたいので、ここで降りた。
ここから県道11号熱海函南線へ。

00000000000000000000000000000000011


途中で熱海街道と熱函(ねっかん)街道に分かれるが、熱海街道をひた走る。
そして、熱海峠へ通じる熱海街道は元々の県道11号、かなり険しい山道であり、
旧道の位置づけ。
それを回避するため、新しい道路が作られ、熱函(ねっかん)道路といい、
通常、熱函街道と呼ばれている。

そんな険しい熱海街道を10km程ひた走る…。
かなりスリリングなワインディングロードとでも表現したい。

県道11号熱海函南線をいく

伊豆スカイラインの起点でもある熱海峠から稜線沿いに箱根峠へ向かって進む
と、お約束のガスが視界を遮る…。
箱根渋滞なんて絶対に嫌なので、箱根ターンパイクへ。
いや、「アネスト岩田 ターンパイク箱根」が正式名称らしい。
ちょくちょくスポンサーが変わるので、覚えた頃には変っている…。

標高1,000mから小田原の海の近くまで一気に下る…。

アネスト岩田 ターンパイク箱根
 
西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

 
さすが、ターンパイク。
気持ちよかった♪

そろそろフィニッシュ。
眼下に小田原の街が。

Img_1370

 


西湘バイパスも順調。
下り車線には台風10号余波の高波が打ち寄せるが、もろに波を浴びるようなことは
なさそう。
そんな光景に恐怖を覚える。

視界には白いガスのようなしぶき…。
上り線を走行しているウチのクルマにもしぶきがかかって、頻繁にウォッシャー&ワイパー…。
帰宅したら洗車かな…。
台風の影響で雨が降れば、洗車は要らないかな…。

そんなことを思っていたら、Fヨコからは鎌倉・稲村ヶ崎で高波による崩落で
134が片側交互通行になったとのニュース。
普段でも大渋滞する所…、それが片側交互通行なんかじゃ、とんでもない渋滞に…。
台風10号、恐るべし…。

Img_1372

 
 
お盆の伊豆…。
ちょっと舐めてたかも…。

あんなに渋滞するとは…。
でも、東伊豆は南下のみに徹して、中伊豆ルート、熱海街道、箱根ターンパイク
で帰ってきたのは大正解♪


久々の伊豆への旅行なのに…。
台風10号の影響でマインドは下がりっぱなしだった…。
ところが、蓋を開けてみたら、晴れ、晴れ、晴れ~♪

美味しい店に遭遇することができたし♪
さらには、渋滞に遭うことなく走れて、サイコー♪





関連記事

伊豆♪ 2006.10
伊豆♪-2 2006.10

梅&河津桜♪ 2007.02
 
伊豆高原の桜♪ 2007.03

秋の伊豆♪ 2007.10
河津バガテル公園♪ 2007.10

伊豆-みなみの桜と菜の花♪ 2008.03
伊豆-下田駅&つるし雛♪ 2008.03
伊豆-伊豆高原桜まつり♪ 2008.03
伊豆-一碧湖~多賀そば♪ 2008.03

修善寺・西伊豆-1♪ 2008.11
修善寺・西伊豆-2♪ 2008.11
修善寺・西伊豆-3♪ 2008.11
修善寺・西伊豆-4♪ 2008.11
修善寺・西伊豆-5♪ 2008.11

伊豆-1♪ 2009.10
伊豆-2♪ 2009.10

伊豆♪-1 2013.02.10 2013.02
伊豆♪-2 2013.02.10 2013.02
 
御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-1 2013.11.29
御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-2 2013.11.30 
 
伊豆-1♪ 2015.04.11 
伊豆-2♪ 2015.04.11

熱海♪ 2016.03.12

熱海へ♪ 2016.04.30

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

箱根-1♪ 2016.08.15
箱根-2♪ 2016.08.16

真鶴~熱海♪ 2016.12.27

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19 

熱海のジャカランダ♪ 2019.06.08  


番外編    
スズキ・ワゴンR、TV-CM♪ 2018.11.11


伊豆♪ 
 
 

~~~  完  ~~~


   



| | コメント (0)

伊豆へ - 1♪

 ★伊豆へ - 1 ♪

8月11日(月・祝)。

晴れ♪

暑い…。


 
台風10号の影響がいわれている最中、朝、普通に自宅を出発。
長男と次男も一緒…。
 
圏央道、西湘バイパスとも順調。
しかし、西湘の大磯あたりでは工事規制の影響で若干の渋滞…。
それ以上にびっくりしたのは、西湘バイパスに打ちつける大きな波…。
こんな高波、見たことない大きさ。

西湘の空はきもちいい青空♪
台風10号はノロノロと動いていて、遠いとこの話かと思ったら、
とんでもない…。

2007年9月の台風9号による大規模崩落…。
1967年に開通し、40年間何もなかった西湘バイパス。
それも、西湘でいちばん好きな大磯インター付近…。
絶対大丈夫だと思っていたのに、頭が白くなるほどのショック。
関係機関のショックも相当のようだった。
そして、翌年4月には暫定4車線供用という早業を見せてくれた。

10年後の2017年10月、暫定ではなく本格対応したものと安心していたのだが
、またもや、あの台風21号によって大磯インター付近で大規模崩落…。
あれから2年が経とうとしているが、下り線は未だに1車線のみの供用で、
混雑している時などは渋滞を招いている。
かなり大規模な工事となっていて、着々と行われていることが分かる。

今回の台風10号による影響、もう少し近くだったらと思うとゾッとする。

西湘バイパス、またもや、崩落… 2017.10.25


早川の合流では想定通り1kmの渋滞。(小田厚からは3kmほどの渋滞)
米神あたりの高波対策の一段と高くなった道路を走る際も高波の襲来を
気にしてしまった。
熱海ビーチラインの中間あたりまでは順調。
その後、国道135号への合流手前の1.5kmで大渋滞と…。
これは手強い…。

伊豆山口から出て、走り湯を横目に狭い急坂をのぼって国道135号へ。
もちろん、国道135号も大渋滞…。

熱海人気は過熱気味…。

Img_1177
 

合流までに30分以上…。
その後はまあまあ…。

網代を過ぎたら、あとは順調。

伊東市に入ってもすいすい…。
伊東漁協直営の「漁師めしや波魚波」でランチしたかったのだが、事前にネット
で確認したら、なんと、8月1日から臨時休業の告知。
それも、直前になっての告知。
何かあったのかと…。
営業再開の告知はまだない…。

 
天気予報では今日はいいお天気。
稲取のアニマルキングダムに行きたい。
とにかく南下。

ランチタイム。
伊豆高原が近づくにつれ、いつものようにクルマが増えた…。
そんな状態で食べるとこを探すのは…。

そして、驚愕の事実…。
昼前なのに、対向車線の上りはぎっしり…。

どこまで続くのか…。
行けども行けども、渋滞最後尾は見つからない。

泊まりは伊東。
このまま稲取まで南下するのは危険と…。
この辺りでランチして北上した方がいいかも。

 
12時過ぎ。
お腹が空いた…。
赤沢温泉の先、小さなトンネルを抜けたら、こんな光景が目に飛び込んできた。
いつもならパスする光景…。

でも、背に腹は代えられない…。
意を決して…。

磯料理 赤沢丸昌。

Img_1189


眼下には波が打ち寄せている。
台風10号の影響がこんなにもすごいとは…。

Img_1190

 
暑い。

Img_1184


波が打ち寄せる…。
国道135号の上りの渋滞は大川温泉、北川温泉までずらーっと。

Img_1182

 
店内へ。
1階の店内には4、5組の先客。
2階にも1組らしい。
1階はほぼ料理が出ていた。

皆さん、刺身の大皿を囲んでる。
2人前が11,000円といったとこ。

但し、先客もあることから、1時間ほどかかると…。
ここまできたら、OKしかないでしょ。

タッチの差で駐車場に入ってきた次の数人グループは断念した…。

Img_1181

 
 
これで2人前。
4人でちょうどいいボリューム。

鯛がメイン、伊勢海老、アワビ、サザエ。
炙りかます、湯引きイサキ、アジなどなど…♪

伊勢海老の殻を使って、みそ汁を作ってくれる。
かなり美味しかった。

Img_1194


帰りの渋滞を気にしながら、いきなり飛び込んだ「磯料理 赤沢丸昌」。
かなり、大満足の店だった♪

磯料理 赤沢丸昌(赤沢、駅でいえば大川駅)/食べログ



南下は諦めた。
渋滞の列に入れてもらった。

いつもの伊豆とは違う異常なほどのクルマ…。
ほとんど進まない渋滞だけど、宿泊は伊東だから…。

40分ほどで伊豆高原付近へ。
八幡野交差点から急坂を上り、大室山ふもとを走り、快適に伊東市街地へ。
国道135号をいってたら1時間半ほどかかるとこを30分で。
ま、地元住民が普通に使う抜け道というか、地元道…。
あまり教えないほうが…。
 



渋滞トラウマ…。
20年ほど前の2月に味わった地獄の大渋滞…。
河津桜見物、雪、そんな悪条件が重なった伊豆河津からの帰り。
雪のため、中伊豆を抜けるルートは通行不可となった。
ここから神奈川県央の自宅まで12時間近くを要した…。

ほとんど止まったままの国道135号、伊東市街地には夕刻、真鶴道路
(真鶴ブルーライン)もほとんど動かず。
石橋でようやく渋滞から解放され、西湘バイパスにのった時は緊張感からも
解き放たれたからかガックリきた…。
自宅に到着したのは日付が変る前。

この経験は伊豆のドライブでは帰りの車線を気にするようになった。
しかし、その後はそんな渋滞には遭遇することはなかったのだが。
さすがに”お盆”…、とんでもない光景を見てしまった思い。



伊東はしょっちゅう立ち寄るのだが、駅前エリアはほとんど来てない。
てことで、駅前駐車場にとめて散策。

伊東駅前ロータリー。

Img_1198


スーパービュー踊り子。

Img_1204


駅名標はJR東日本のグリーンと伊豆急のブルーがあしらわれている。
駅メロは「みかんの花咲く丘」が流れた。

Img_1206


伊東駅 wikipedia


改札を出ると、温泉の街をアピール。
有名ホテルのノボリがはためく。

Img_1213


駅前商店街。

Img_1215


ちょっと狭い湯の花通り。
美味しそうな食堂やお土産屋さん、そして、住民が利用する店などが。

Img_1216



石舟庵 湯の花店。
伊東市内の近くに本店を構える美味しい和菓子屋さんだが、最近は洋菓子も多い。
国道135号沿いに大きな店があちこち。
洋菓子、ニューサマーオレンジ「みかんの花咲く丘」は美味しい。

石舟庵

Img_1218


先程の伊東駅や宇佐美駅で駅メロとして使われている「みかんの花咲く丘」。

戦後すぐ、作曲家の海沼實が伊東へ向かう車中で作曲。
車窓にみかん畑が現われる国府津あたりで前奏が浮かび、伊東線の宇佐美駅
あたりで完成したとか。
そんな縁で2015年から伊東駅と宇佐美駅で駅メロとして採用された。

みかんの花咲く丘 Wikipedia

水曜日…いいえ、かながわ駅めぐり♪ 2011.12.07




伊東温泉 湯の花通り。

Img_1219

 
お湯かけ七福神めぐり。
温泉が流れている。
恵比寿さま。

Img_1224


弁財天さま。

Img_1226


アーケードのある商店街キネマ通り。
ここを通り抜けると旅館やホテルの建ち並ぶ通りに出る。

Img_1227


最近、よく目にする”うずわめし”のノボリ。

Img_1231

 

散策を終え、伊東園ホテルへ。
お盆の時期なのに、直前でなんとか予約がとれた。

Img_1257

 
部屋からは伊東大川と東海館が見える。

Img_1236


伊東園ホテルはハトヤと並び伊東を代表するホテル。
でも、老朽化などは隠せない…。

 

まずは、温泉♪
露天風呂が気持ちよかった。

Dsc_0020_20190813234601


バイキングスタイル。
金目鯛の煮付けをつけたのだが、1人に1匹は多過ぎた…。
避難ごうごう…。

Img_1238


伊東園ホテルズ




関連記事


伊豆♪ 2006.10
伊豆♪-2 2006.10

梅&河津桜♪ 2007.02
 
伊豆高原の桜♪ 2007.03

秋の伊豆♪ 2007.10
河津バガテル公園♪ 2007.10

伊豆-みなみの桜と菜の花♪ 2008.03
伊豆-下田駅&つるし雛♪ 2008.03
伊豆-伊豆高原桜まつり♪ 2008.03
伊豆-一碧湖~多賀そば♪ 2008.03

修善寺・西伊豆-1♪ 2008.11
修善寺・西伊豆-2♪ 2008.11
修善寺・西伊豆-3♪ 2008.11
修善寺・西伊豆-4♪ 2008.11
修善寺・西伊豆-5♪ 2008.11

伊豆-1♪ 2009.10
伊豆-2♪ 2009.10

伊豆♪-1 2013.02.10 2013.02
伊豆♪-2 2013.02.10 2013.02
 
御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-1 2013.11.29
御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-2 2013.11.30 
 
伊豆-1♪ 2015.04.11 
伊豆-2♪ 2015.04.11

熱海♪ 2016.03.12

熱海へ♪ 2016.04.30

箱根-1♪ 2016.08.15
箱根-2♪ 2016.08.16

真鶴~熱海♪ 2016.12.27

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19 

熱海のジャカランダ♪ 2019.06.08  


番外編    
スズキ・ワゴンR、TV-CM♪ 2018.11.11


伊豆♪ 
 
 

~~~  つづく  ~~~


   

| | コメント (0)

2019/08/10

お盆休み♪

★お盆休み♪

晴れ♪

暑かった…。

 
長男が愛知から帰省してきた。
愛知県内で事故渋滞があったが、あとは順調だったらしい。
 



長後の安田果樹園に。

Dsc_00242
 

ぶどう。
ブラックビートは売り切れて、アーリースチューベンだけだった…。
藤稔は1週間後だとか。

Dsc_00202

  

5月にヒョウにやられたため、一部の梨はキズありで安く売っていた。(後ろに
見えるのがそんなキズありの梨。)

築水と幸水。
どちらも甘くて美味しかったので、両方買ってみた。

Dsc_00222

  
安田果樹園(長後)


2016年に”ODAKYU VOICE”でも紹介された。

ODAKYU VOICE 2016年9月号/小田急



 

■関連記事

つきみ野駅♪ 2018.08.27

果樹園へ♪ 2018.08.05

旧東海道・藤沢宿♪ 2017.09.03

長後のくだもの♪ 2017.08.14

まったり…♪ 2016.08.18



| | コメント (0)

2019/08/09

江ノ島大橋3車線化♪

★江ノ島大橋3車線化♪

晴れ♪

もう暑くて暑くて…。



明日からお盆休み突入。

長男は愛知県から帰省してくる。
久々にクルマで来るとか。

 

江ノ島大橋3車線化♪

いや、タウンニュースでは江の島大橋3車線化と表記されている…♪

江の島と対岸の国道134号をつなぐ江の島大橋が3車線化され、
3日、供用が始まった。
来年江の島で開催される東京五輪セーリング競技に向けた会場整備の一環で、
週末や大型連休中に長年課題となっていた渋滞の緩和に期待がかかる。

江の島大橋(324m)を含む約900mの区間が対象。
橋部分は幅を1.4m拡幅し、中央分離帯をなくすことで江の島方面に向かう
道路を1車線から2車線に増やした。
両方向の車道に沿って、自転車専用レーンも新たに設けた。

島内入口付近には江島神社の参道近くに「江の島なぎさ駐車場」があるが、
休日を中心に入場待ちをする車で渋滞が慢性化。
特に大型連休中は島内から国道付近まで車列が伸びることが常態化していた。
3車線化で駐車場に入場する車列と島内奥に直進する動線を分け、渋滞の緩和
を図る。

江の島大橋は湘南港を建設するための工事用道路として1962年に竣工。
2年後の東京五輪の開催に合わせて一般利用が始まった。

江の島が再び五輪のセーリング会場に決まったことを受け、2017年6月
に着工、県が会場整備の一環として工事を進めてきた。
※タウンニュースより


この路線はほとんどがレジャーのクルマということと、その先は”袋小路”…。
通常なら車線を増やすことは検討もされないような状況…。
しかし、オリンピックともなると、手をこまねいているわけにもいかず…。
要は、オリンピック関連のクルマを優先するための車線をつくったということ。

2年前から工事が始まり、”オリンピック関連”だなと思っていたが、
ようやく、完成して供用が始まった。
3車線化というと、誤解を招くかもしれない…。
各1車線ずつの江ノ島大橋を島内へ向かう車線を2車線にし、”本土”へ帰る車線
は1車線のまま…。  
ま、そういうこと…。

最近は江ノ電が混むだけでなく、クルマも多くて、本土の江ノ電駐車センター
も満車、島内の最も便利な「なぎさ駐車場」も深刻な満車の日が多く、駐車場待ちの
クルマが車線を塞いでいる…。

ウチも「なぎさ駐車場」に入れなくて、いちばん奥の湘南港のパーキングに駐車する
ことが増えてきた…。
おかげで、路地裏の店で食べる機会が増えそう♪

いつもの江の島…♪ 2019.05.26

佐島とか…♪ 2018.10.17
 

「江の島」の表記については、「江の島」、「江ノ島」、「江島」と3通りが
混在している。 「江之島」なんていうのもあるけど、ま、これはいいか…。
この江の島大橋も正式には江ノ島大橋が正解らしいし、僕もそのように表記
している。
 
藤沢市による昭和41年の住居表示と昭和44年の表記統一にて「江の島」に統一
してきたが、歴史や由緒ある史跡、交通機関はそのまま。
それが、3通りが混在している理由である。

江の島と江ノ島と江島… 2005.10.28

神奈川県道305号江の島線 wikipedia



201908
※タウンニュースより
  
 
   

かながわ山の日、秦野初開催ポスター♪
 
8月11日の国民の祝日「山の日」にあわせ、様々なイベントが行われる秦野市。
今年は神奈川県山岳連盟主催のかながわ山の日inHADANO2019」が、
県立秦野戸川公園を会場に初開催される。

秦野 山旅/神奈川イベンチ情報レアリア
  
  
20190811kanagawayamanohi
  
    

| | コメント (0)

2019/08/07

CAR and DRIVER9月号♪

★CAR and DRIVER9月号♪

晴れ♪

ずっと暑い…。

東京都心は2日連続の猛暑日…。
ウチのエリアも限りなく猛暑日に近い暑さ…。
  
  

CAR and DRIVER9月号♪

特集。
マツダ3、ホンダN-WGN。

ワンダフルSUVワールド。
マツダCX-30、三菱エクリプスクロスなど。

復刻版カタログ。
1969年ホンダN360。
1993年スバル・インプレッサWRX(初代)。




CAR and DRIVER

 
201909cd


 

  

| | コメント (0)

2019/07/28

サントリー天然水 GREEN TEA 南アルプス夏♪

★サントリー天然水 GREEN TEA 南アルプス夏♪

晴れ♪

今日も暑かった。
30℃を超えた…。

東海地方が梅雨明け。



サントリー天然水 GREEN TEA 南アルプス夏♪

ずっとTV-CMが気になっていた。

本木雅弘さんの長男雅樂(うた)さん。
UTAさんのほうが分かりやすい。

場所は…。
山の姿で一目瞭然、南アルプス甲斐駒ヶ岳。
社会人なりたての頃、2年続けて登った。
撮影地は山梨県北杜市武川町三吹らしい…。

”杜の道”バス停。
フィクションかな…。


おっ♪
バスもいいし、甲斐駒ヶ岳も雄大。

201907suntry01
 
 

ボンネットバス♪

201907suntry02
 

甲斐駒ヶ岳♪

201907suntry03
 

”杜の道”バス停。
UTAさんがはまってる。

201907suntry04

 
サントリー天然水 GREEN TEA/サントリー

サントリー天然水 GREEN TEA/ハミングバード

サントリー天然水 GREEN TEA 彼は誰?/DRAMAP








 

   

| | コメント (0)

2019/07/22

松本♪

★松本♪

7月20日(土)。

どんより…。

上高地、白骨温泉は涼しかったのだが、松本市街地は普通に暑く、
湿度も高かった。



上高地、白骨温泉と、水道の水は超冷たかった。
ほとんど冬の水温。


白骨温泉 ゑびすやにて。
朝食。

Img_0820


白骨温泉のおみやげ屋。

Img_0831


店内には珍しい物があれこれ。

Img_0830

 
美しい、そして、迫力ある。
冠水渓。

Img_0838

 
自然のトンネル、「隧通し(ついとおし)」。

Img_0840

 

公共野天風呂。

Img_0845


川の近くに風呂の建物。

Img_0844

 
白骨温泉を後にして。
国道158号(野麦街道)を松本方面へ。

昨日も訪れた松本電鉄上高地線渕東駅へ。
このエリアでは”あじさい”が見頃かも。

Img_0846


渕東駅 wikipedia

 

松本行き。

Img_0855

 

Img_0858

 

Img_0863



松本市街地へ。
それなりに都市型の渋滞…。

松本市立開智小学校。
左側後ろには旧開智学校。

Img_0865

 
旧開智学校。
明治9年(1876年)に創建された小学校の校舎。
和洋のデザインが混じった擬洋風建築の代表作で重要文化財に指定されている。
昭和38年(1963年)、東京オリンピックの前年まで使われていた。

想像以上に大きくて、ちゃんとした建物。

Img_0873

 

Img_0887


校舎内へ。
この廊下、懐かしい。
僕が通った小学校は大正時代に建てられた木造校舎で廊下はこんなだった…。

Img_0875

 

子守学校。
幼い弟妹たちの子守を、あるいは奉公先で幼児の子守を命じられて学校に行くこと
ができない、そんな子供たちを集めて子守学校なるものも旧開智学校にはあった
とか…。
子守りを命じられた少女たちが連れてきた幼い子たちも保育教育したとも…。
つまり、保育所か…。
地方によっては、子守から解放される夜間に行う夜間学校まであったと…。

幼い子をおぶった子供たちの集合写真を見たが、これが、いちばんショックだった
かもしれない…。

子守学校 wikipedia

 

教室。
机や椅子が小さくて、びっくり…。

Img_0877


明治13年(1880年)に明治天皇が松本に巡幸した際、休息をとった部屋で
御座所とよばれていた。

Img_0881


旧開智学校/松本まるごと博物館

旧開智学校/信州とっておき情報



旧開智学校の隣には明治22年築の旧司祭館が。

Img_0869

 
松本神社近くの赤いポスト。

Img_0888


松本神社。

Img_0892

 

Img_0890


松本城。

Img_0973

 

Img_0972

 
向こうに見えるのは北アルプス。
突出して見えるのは常念岳。

Img_0906


大名町通りの大手門井戸。
松本市内には「松本城下町湧水群」といわれる名水が24ヶ所あり、街を歩くと
そこかしこに見られる。

フェンスの向こう側は大名屋敷跡ということで、発掘調査が行われていた。

Img_0909

 
四柱神社。
神殿で結婚式が行われていた。

Img_0915

 
神社を出ると、そこはナワテ通り。
松本初の夜店が始まったとこで、現在も風情ある通り。

Img_0921

 
その先には蔵の町・中町通り。

Img_0928

 

Img_0933

 
茶房。

Img_0934


バウムクーヘンの「てまりや」。

Img_0931


お土産に。

Img_0930

 
蔵シック館。

Img_0935


Img_0939


こちらも湧水群のひとつ、中町「蔵の井戸」。

Img_0937


電柱のない通り。
やはり、すっきりしている。

Img_0942


そういえば。
市内の商店にはちょっと変わった七夕人形が飾られている。
「まつもとの七夕」、松本では七夕人形を軒先に飾る風習があるのだとか。

Img_0947


ランチタイムを過ぎた。
あずみの野菜と黒毛和牛「レストランあぐり」へ。

Img_0961


店内は落ち着いた雰囲気。

Img_0949


あずみの野菜のサラダ。

Img_0954


僕はハンバーグを。
肉汁が。

Img_0956

ママはビーフシチューを。

Img_0957


クッキーがかわいい。

Img_0959

  
レストランあぐり(松本)/食べログ

レストランあぐり
 

 


さて。
帰ろう。

中央自動車道をひた走る。
富士山が見えた。

Img_0978r
 

雨に降られなかったのが、救い…。
いつも混雑している談合坂だけど、さすがに今日はそうでもない。

談合坂SA。

Img_0980
 

そして、ママのお気に入り。
こちらの野菜は新鮮な上にホントに安い。

Img_0979

 
中央自動車道は超順調に。
今までのように相模湖で降りようかと思ったけど、折角の圏央道。
八王子JCTから圏央道を使ったら、あっと言う間に我が家。

これから夏休みやお盆…、混雑&渋滞か…。



~~~  完  ~~~


 

 

| | コメント (0)

白骨温泉&松本電鉄上高地線♪

★白骨温泉&松本電鉄上高地線♪

7月19日(金)。

朝から雨…。

涼しい…。
上高地ではほとんど長袖で過ごした。
トレッキング時はパーカーを羽織って…。
 

 
憧れの西糸屋山荘に泊まって、満足。

美味しい朝食の後。
コーヒータイム♪

Img_0715

 

Img_0711

 
西糸屋山荘を後にする。

Img_0718

 

Img_0716

 
バスターミナルを定刻通り出発。
釜トンネルの出口にて。

Img_0731


あかんだな駐車場到着。

Img_0734


雨は降ったりやんだり…。

国道158号を松本方面へ。
途中、沢渡の手前の湯川渡から県道300号に入り、約4kmほど登ると白骨温泉に。

今日は白骨温泉に宿泊する。
白骨温泉といえば、「泡の湯旅館」♪
日帰り入浴もできる。
 
Img_0735


混浴ということで、躊躇したのだが…。
白骨温泉特有の白濁した乳白色の温泉、それと、泡の湯旅館のグッドアイデア、
出入口のつくりなど。
白骨温泉一番人気ということもあって、この大露天風呂は多くの客が入ってた。
40℃に満たない少しぬるめの湯なので長時間浸かっていたが、非常に良かった♪

20190701_natsu
※泡の湯旅館HPより

 
ロビーで見かけたイタリア語をしゃべる家族…。
ま、イタリア人だろうけど、思春期らしき男の子2人は温泉に入らず、ロビーで待機。
ご夫婦はこの露店風呂に入ってきて、温泉を楽しんでた。


白骨温泉 泡の湯旅館
000000000000000000000000000grand_navi_00

 

昼。
このエリアでは食事できるとこが2軒あるのだが、あいにく休み。
じゃ、県道300号を戻り、国道158号沿いで。
国道158号沿いで飲食店というと、とにかく”そば屋”…。
そんな”そば屋”でそばを食べた。


ついでに…。
松本電鉄上高地線・新島々駅へ。

不思議なことに、山は雨なのに、こちらは道路も乾いていて、雨は降っていない…。

2011年、アルピコ交通に社名変更したが、今も松本電鉄と呼称されている。
松本電鉄上高地線・新島々駅。

Img_0780


国道158号(野麦街道)を挟んで向かいには「旧島々駅舎」が移築保存されている。
島々駅はここから1.3kmほど西にあったが、1983年に台風による土砂災害
により運行不能となり、1985年の廃線に伴い廃駅となった。

島々駅 wikipedia


Img_0757
 

新島々駅の1日平均乗車人員は250人前後。
松本駅でさえも2,000人前後。

新島々駅には大きなバスターミナルも併設されており、そちらの利用者は桁違いに
多いのかと思われる。

新島々駅に電車が到着した。 

Img_0759

 
早速、入場券を買った。

Img_0992


3000系(旧京王3000系電車)。
折り返し松本行き。 

Img_0764

  
Img_0765

  

Img_0776

 

廃止された旧島々駅方面への線路が西へ数十メートル残されており、車両点検・
入れ違い・夜間留置に使われている。
また出発信号機も撤去されずに残っているが、使用停止状態となっており横を向いて
いる。

Img_0768


過去の使用車両モハ10形の塗装にて。
ヘッドマークは「祝 アルピコ交通新加入 全国登山鉄道‰(パーミル)会」。
今春、「全国登山鉄道‰会」に加入したことを記念して。
 
Img_0755

 

Img_0753


新島々駅 wikipedia

松本電鉄上高地線/アルピコ交通

アルピコ交通上高地線 wikipedia

アルピコグループ


 
国道158号を松本方面へ走ると、”山形”とか”サラダ街道”という道路標識が。
それとともに、上波田阿弥陀堂、波田神社などの案内標識が。

石畳みの道路をいくと、波田地区というエリアで上波田阿弥陀堂と波田神社が。
こちらは上波田阿弥陀堂の仁王門。
 
Img_0783

 

Img_0784


上波田阿弥陀堂/新まつもと物語

波田地区ウォーキングマップ

 
上波田阿弥陀堂から細い道路をいくと…。
上高地線の渕東(えんどう)駅に。

このお嬢さんは上高地線のイメージキャラクターで”渕東なぎさ”と。
  
Img_0793


新島々駅から1駅。
1日平均乗車人員は30人ほど。


渕東駅 wikipedia

渕東なぎさ wikipedia


松本行き。
  
Img_0800

    

Img_0804



またまた、国道158号(野麦街道)を西へ。
沢渡を過ぎ、県道300号を約4km登って、今日の宿泊地である白骨温泉へ。

県道300号。
以前は冬期閉鎖されていた道路だが、2009年から2012年にかけて、道路改良
工事が行われたが、その際は全面通行止めされていた。
迂回路はかなり長く、そして狭く、アップダウンとカーブの激しい山道である。

結構きつい登りのルート。
特に、白骨温泉手前のZカーブは急角度できついのだが、改良前は道幅も狭く難所
だったとか。(今でも難所に見えるのだが…。)
そんなきつくて狭い箇所が何ヶ所かあるのだが、ここへもアルピコ交通の大型バス
が乗り入れている。

Img_0741

  
白骨温泉バス停。

Img_0740

 
観光案内所で見かけたポスター。
秋の紅葉シーズンも良さそう。

Img_0745


白骨温泉…。
白骨温泉はかつて「白船」とも呼ばれていた。
中里介山の小説「大菩薩峠」の中で「白骨」と呼ばれてから、現在の呼称が定着した
のだとか。


白骨温泉公式サイト


今日の宿泊は「白骨温泉 ゑびすや」。

Img_0824

 
早速、温泉へ。

Dsc_0024

 

こちらの露天風呂もサイコーだった♪

201907img_0156_20190723170301

※白骨温泉 ゑびすやHPより


白骨温泉 ゑびすや

0000000000000000000000000000000ebisuyalo  


夕食。

Img_0815

鮎も美味しい。

Img_0816

  

Img_0817


山形産コシヒカリ。
いや、信州山形村産コシヒカリだった。

あの道路標識で何回も見た”山形”のことだった…。
ところで、コシヒカリは絶品、美味しかった♪

Img_0818

 
そういえば…。
昨夜の夕食もデザートはスイカだった。
そういう季節、国道158号沿いにはスイカ売りの店をたくさん見かけた。

Img_0819

 

白骨温泉♪
ちょっと気に入ったかも。


 
~~~  つづく  ~~~


    




| | コメント (0)

上高地♪

★上高地♪

7月18日(木)。

今年の夏休み♪
少し早めに計画していたのだが、梅雨は明けそうもない…。

梅雨前線と…、さらには台風5号の北上が懸念される…。
そんないや~な状況なのだが、予定通り出発。

上高地に行く場合、今までは0時前には自宅を出ていたのだが、
圏央道が開通した余裕からか、0時過ぎに出発。

但し、最悪な天候が予想されるため、気分的には沈んで…。

夜中の圏央道、中央自動車道ともにすいすい。
雨も降らず、ほっとした。
2時半頃、松本インターを降りた。

コンビニでおにぎりなどを調達。
国道158号(野麦街道)を西へ。
狭いトンネルの多いルートを約1時間、4時前に平湯温泉に到着。

標高500mを超える松本市街地から標高1,300mの平湯温泉へ。
上高地はさらに200m高く標高1,500m。

安房トンネルなどを抜けて、平湯温泉到着。
気温17℃。

Img_0582  


”あかんだな駐車場”は7年前よりもかなり空いていた。
やはり、こんな天候では躊躇してしまうのだろう。

始発はパスして、2番目の5時20分発のシャトルバスに乗車。

Img_0588

 
20分ほどでいつもの大正池バス停下車。

Img_0597
 

今にも降りそうな天気…。

Img_0599

  

Img_0601

 
この辺りでは連日のようにツキノワグマの目撃情報が報告されている。
田代湿原。

Img_0604

  

Img_0618
 

梓川沿いには上高地帝国ホテル、五千尺ホテルなどに代表されるお洒落なホテルが
立ち並ぶ。
こちらも人気の上高地温泉ホテル。

Img_0620

日本アルプスの素晴らしさを世界に広めたイギリス人宣教師ウォルター・ウェストン。
日本の近代登山開拓の父とも。
その偉業を讃えて1937年(昭和12年)に設置されたウェストン・レリーフ。

Img_0623

  

Img_0629

大正池バス停から3km余。
河童橋へ。

Img_0654


やはり、この光景を求めて。

Img_0661

 
学生時代から社会人なりたてから30歳頃まで、北アの縦走といえば最後は上高地
に下山するパターンが多かった。
いつも照りつけるようなお天気だった…。

山からしばらく遠ざかっていて、2009年に20数年ぶりに訪れた上高地。
2012年夏にも訪れたのだが、いずれも天気に恵まれず、懐かしい光景に会えなかった。

ところが、今回はさらに酷い天気のはずだったのだが…。
思いがけずこの1、2時間ほど晴れてくれた♪

Img_0663
 
 

Img_0666


上高地公式サイト

   
 

思い出の1枚。

1978年(昭和53年)夏。
社会人なりたての頃。
先輩の追悼山行にて。

197807003r

  

■関連記事:

夏休み1- 平湯~上高地♪ 2009.07.30

夏休み1- 平湯~上高地♪ 2012.0817

くだもの&山~♪ 2011.09.04

上高地に行きたいと考えてたら…♪ 2007.07.16




梓川右岸歩道を。

Img_0668


Img_0670  

 
岳沢湿原から六百山を。
  
Img_0672  


Img_0675  


嘉門次小屋の前にはウェストンの山案内を務めた上條嘉門次のレリーフが。

Img_0680

 
穂高神社奥宮。  

Img_0683


明神池。
神秘的な明神一之池。

Img_0686
  
 
明神橋。

Img_0691
 

明神橋を渡り、明神館で休憩。

登山をやってる頃。
下山してきて、横尾山荘まで来ると、いよいよゴールの上高地とはやる気持ち…。
そして、徳澤園まで来るとゴールしたような気持ちになるのだが、実は河童橋まで
7kmほどあったはずで、歩けど歩けど…。

明神館まで来ると…。
俗世界の匂いがぷんぷん…。
ハイヒールの女性を見つけて愕然とした記憶が…。

ここからは足どりも軽く河童橋ゴール。

 


サンカヨウ(山荷葉)の実。 

Img_0694
 

左岸ルートを歩いていたら…。
な、な、なんと、むこうから猿が一緒に歩いてくる…。
みんな、何となく目をあわさないように…。
ところが、スマホを向けて撮ってる人も…。


 

上高地ビジターセンター。
2代前の河童橋の欄干と説明書き。
ビジターセンターの説明では現在の河童橋は6代目か7代目か意見がわかれていると…。

wikipediaでは5代目と表記されている。
さて、どちらの説が正しいのだろう。

河童橋 wikipedia
 
上高地ビジターセンター


Img_0695


五千尺キッチンでランチ。

Img_0699





Img_0705
 
 

Img_0706


西糸屋山荘。

Img_0633
 

登山をやってる頃に憧れた西糸屋山荘。
いつか泊まりたいと思っていたのだが…。
三十数年経ってしまった…。

周辺のお洒落なホテルとは一味違い、西糸屋は山小屋と同じく相部屋もある。
もちろん、山小屋価格が設定されている。

Img_0708


ウチは個室にしたので、食事は普通の旅館と同じような内容。
大風呂も快適だった。

| | コメント (0)

2019/07/21

上高地の思い出♪

★上高地の思い出♪

上高地の記事を集めた。


上高地、河童橋より。                     2019年7月

Img_0663



松本♪ 2019.07.20
白骨温泉&松本電鉄上高地線♪ 2019.07.19
上高地♪ 2019.07.18


夏休み4-安曇野♪ 2012.08.15
夏休み3-高山♪ 2012.08.14
夏休み2-新穂高温泉ペンションヨーデル♪ 2012.08.13
夏休み1-平湯~上高地♪ 2012.08.13

 
夏休み6-松本電鉄♪ 2009.07
夏休み5-北アルプス♪ 2009.07
夏休み4-奥飛騨温泉郷・中尾高原ヒュッテ♪ 2009.07
夏休み3-高山♪ 2009.07
夏休み2-奥飛騨温泉郷・平湯温泉♪ 2009.07
夏休み1-平湯~上高地♪ 2009.07


くだもの&山~♪ 2011.09.04
上高地に行きたいと考えてたら…♪ 2007.07.16
 


| | コメント (0)

より以前の記事一覧