2018/07/10

ありがとう、ロマンスカーLSE・7000形…♪

★ありがとう、ロマンスカーLSE・7000形…♪

晴れ♪

超暑い…。

四国も梅雨明け…。

  

 


ロマンスカーLSE・7000形のラストラン…。
今日で定期運用終了…。 

小田急線で新松田駅へ。
途中、蛇塚の渋沢8号踏切は10人を超えるカメラ小僧たち…。

新松田駅前から富士急バスで神山滝バス停下車。

川音川…。
第一川音川橋梁。(多分…)
先週は僕独りだった…。

なんと、15人を超えるカメラ小僧…。
向こうには馬…。

Img_6762

 

撮り鉄諸君…。
阿吽の呼吸というか、後ろのカメラにも気配りが充分に感じられる。
ま、それがマナーというもの。

その点、箱根や鎌倉といった観光地では、観光客による電車撮影
などはマナーもへったくれもない…。
残念…。 

 

  

この橋梁の名前は…。
実はちゃんと把握していない…。

新松田寄りの次の橋は第二川音川橋梁、さらに先の橋は第三川音川橋梁。
そんなことで、ここは「第一川音川橋梁」かと…。

新松田駅に最も近い第三川音川橋梁の場合、橋名板には”第3川音川橋梁”
と算用数字で書かれていて、意外だった…。

  
EXEα・30000形。 下り。

Img_6765
  
   
青いロマンスカーMSE・60000形。 上り。 

Img_6773
  
 
GSE・70000形。 上り。

Img_6776
 
  
     
ちょっと遅れ気味か…。
微妙な緊張感…。  

ロマンスカーLSE・7000形。
「はこね23号」箱根湯本行き。

Img_6778 
     
    

Img_6780
  


38年間…、『ありがとう』…。  

Img_6784



後ろに気配…。
馬…。

Img_6786     


  

神山滝(こうやまたき)バス停。
バスは2、3分前に出たばかり…。
次は50分後…。

その場に残る人、蛇塚方面に歩きはじめた人、県道710号を新松田駅方面
に歩きはじめる人。
僕は県道710号を徒歩で新松田駅へ。

少し歩いたら、お地蔵さんが…。

Img_6788


 
神山上バス停。 

Img_6789

 
 
新松田駅手前の第三川音川橋梁。
ここに立ち寄る人も数人。
多くのカメラ小僧が並んでる…。
 
Img_6804



4000形を後追い…。
 
Img_6799

  
EXEα・30000形。 

Img_6802


 
ここからは金時山、矢倉岳がくっきり…。

Img_6795  

  
馬頭観音、道祖神が並んでる…。 

Img_6808

  

僕は新松田駅から快速急行で戻ることに。
本厚木駅で各停に乗り換え。

そこへ、LSE・7000形新宿行き「はこね22号」が。
ここでも、カメラ小僧がずらり…。

Img_6809_2



 
Img_6810
  
 


Img_6812

  

運転台…。
花束が…。
  
Img_6812r_4


  
 
Last Run…。
 
Img_6814

  

ロマンスカーLSE、ラストラン/小田急
00000000000000000000000lsebann_2

 

小田急7000形電車 wikipedia  

 


 

■関連記事 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/09

月曜日…

★月曜日…

晴れ♪

超~暑い~♪

  
 

豪雨の被害、あまりにも大きいことに愕然…。

九州北部、中国、近畿、東海、北陸で梅雨明け…。
平年よりも10日以上早いのだとか…。

てことは、関東甲信の梅雨明けは異例のこと…。
関東としては、観測史上初めて6月に梅雨明け…。
なんか…。

    

  


キハ181系♪

特急「しなの」。
その後、電車化によって、これらは四国へも。
四国で活躍した車両、JR四国から佐久間レールパークを経て、
リニア・鉄道館へ。

リニア・鉄道館では気動車の「しなの」と電車の「しなの」両方が展示されている。
いや、もうひとつ、同じ381系電車ながら、クハ381形とクロ381形が展示
されているので、特急「しなの」が3種類も…。

     
左側のは小田急ロマンスカーHiSE・10000形。
Bトレインショーティーなので、アップに耐えられない…。

Img_6751

 
 
国鉄キハ181系気動車 Wikipedia

 
  


■関連記事
    
リニア・鉄道館へ♪ 2016.10.26
  


     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/06

雨…

★雨…

雨…。

蒸し暑い…。

各地で大雨の被害…。
特に、九州、四国などがひどい…。


  


ロマンスカーLSEラストラン特設サイト。

ロマンスカーLSE スペシャルコンテンツ。

旅鉄から旅と鉄道増刊8月号「ありがとう 小田急ロマンスカーLSE」
が出版された。

小田急の特設サイトでも紹介されている。

201807lsebook_2


旅と鉄道 増刊8月号「ありがとう 小田急ロマンスカーLSE」

LSEラストラン特設サイト/小田急

  

  


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/05

川音川…♪

★川音川…♪

どんより…。
時々、小雨…。

蒸し暑い…。


北海道、九州まで大雨…。
京都もかなり…。

台風8号の行方も気になる…。




  


川音川…♪

先日、6月29日の川音川や蛇塚…。
夏は汗が飛び散るくらい、”カンカン照り”がいい…。

代償…。
顔も腕もまっ黒…。

 
第二川音川橋梁。 

小田急ロマンスカーLSE・7000形♪
上り新宿行き、「はこね12号」。

Img_65701002


  

少し上流へ。
第一川音川橋梁。(多分…)

豊川から新しい第2編成がやってきて、試運転が行われていたため、
GSEを見る頻度は高かった。

下りのロマンスカーGSE・70000形。

ブラインドは全て閉じられ、展望席は誰もいない上に、関係者と思われる
黄色いヘルメットが…。
つまり、試運転…。

Img_65951002

  

 

LSE・7000形の定期運用は7日、8日とラストランの10日のみ…。
天気わるそう…。  
    

ロマンスカーLSE、ラストラン/小田急
00000000000000000000000lsebann_2


 

■関連記事 

   
 
 


 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/03

暑いっ…♪

★暑いっ…♪

晴れ♪

超暑いっ…。

6月24日(日)から10日間、ずっと晴れて、ずっと暑い…♪
東京都心では9日間連続で真夏日…。


 
このエリアは7月にお盆…。
スーパーなどではお盆用品などがお目見え。

 
 


小田急ロマンスカーLSE・7000形…。

7003F…。
相模大野の解体線には中間車両が次々と登場していたが、いなくなった…。
解体線のまわりの覆いも取り払われた…。
そして、庫内には先頭車両2両が並列に…。 




夏休みの電車の予約をしてきた。

といっても、来週の後半なので、すぐそこ…。
予定していた通りに予約できてラッキーだった。

3、4年前の電車や旅の情報誌をめくって、行き先を決めた。
直近の情報誌を使うと、混雑がみえてる…。

今年は信州…♪shine

  



駅彼。

たまたま見つけた文庫本。
集英社オレンジ文庫、”くらゆいあゆ”著。

「駅彼」。
表紙は江ノ電・鎌倉高校前駅踏切。
もちろん、134には右折帯のない頃。

昔、LPレコード全盛期、”ジャケ買い”したけど…。
この文庫、表紙買いしそう…。


くらゆいあゆ/集英社オレンジブック

 

0000000000000000000000000ekikare__2



   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/01

7月♪

★7月♪

晴れ♪

まともに暑い…。


東京都心は7日連続で真夏日…。


 


7月♪

7月は大好きな月。
6月に梅雨明けして、今年の夏は目一杯楽しめる♪


 


JR東海オリジナルカレンダー♪

飯田線天竜峡駅~千代駅間の天竜川橋梁を渡る373系。
特急「伊那路」か。

飯田線 - 初夏の天竜峡 -

201807373


飯田線 wikipedia

飯田線/つちぶた本舗



■関連記事

飯田線で~♪ 2016.10.27

豊川稲荷&知多半島♪ 2018.05.21

夏休み4-天竜峡・馬篭♪ 2008.08.24

青春18きっぷ・2009春♪ 2009.03.03

  

JR東海オリジナルカレンダー/JR東海

000000000000000000000000000000000_2   



 
 
 

ODAKYU VOICE7月号♪

特集。
『夏休みに行きたいキャンプ場』。

厚木市七沢のタイニー キャンプ ビレッジ。
ピザ窯を使ったピザ作り体験もできる。

愛川町の服部牧場、清川村の清川リバーランド、箱根の芦ノ湖キャンプ村
レイクサイドヴィラなどなど…。
ウチもお世話になったキャンプ場がいくつか。
 
歳時。
1261芦ノ湖夏まつりウィーク、新宿シネマ&バル ウィーク、大和阿波おどり。
※1261とは、箱根神社御鎮座1261年大祭のこと。

タウンファイル。
東林間。
7月に行われる東林間西口まつり、8月に行われる東林間サマーわぁ!ニバル。
(阿波おどり)



ODAKYU VOICE/小田急

  
201807ov_2

    

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/29

川音川&蛇塚♪

★川音川&蛇塚♪

晴れ♪ sunshine

暑かった…。 sunshine
ずっと、電車を追いかけていたので、まっ黒…。


  

昨夜のサッカー、もちろん、TV観戦…。
ちょっとだけ、眠いけど…。

   

で…。
ずっと思っていた…。
梅雨明け宣言しろって…。

そしたら、関東甲信が梅雨明け…。
関東で6月の梅雨明けは観測史上初だとか…。

でも、水不足も懸念されている。
一昨年は利根川水系の深刻な水不足から、神奈川県を除く1都5県で
10%の取水制限が行われたことから、今年も心配されている…。

 


小田急ロマンスカーLSE・7000形がいよいよ…。

カウントダウン…。
お立ち台の混雑が心配…。

で…。
電車で出撃…。

んっ…。
座間駅でカメラを抱えた数人が下車する素振り…。
不審…。

ダイヤを確認すると、無視していたLSEの発駅が、な、なんと、本厚木…。
てことは、もう2、3分で座間を通過…。
急いで、下車…。

やって来た♪

Img_6466


 

後追いもしっかり…。

Img_6477


このLSEの折り返しを狙いに”西”へ行くのだ…。

 
 

で、またもや、驚愕…。

海老名でGSE・70000形の第2編成を目撃。
豊川から回送されてきたのが、ココにいる…。

車体には”70352”と…。
間違いなく、”70052×7編成”。

Img_6482

 

GSE・70000形第2編成就役/小田急

小田急70000形電車 Wikipedia 

 

相模川には太公望…。

Img_6483

  
  
電車の中から”お立ち台”の状況を観察。
蛇塚の渋沢8号踏切は10人ほどのカメラ小僧…。
やばい…。 

 
新松田駅で下車。

駅前のコンビニでお茶、おにぎりなどを。
そして、246をひたすら…。

Img_6492_2

  

246、上茶屋バス停付近。

Img_6491



 

この先で、川音川へと…。

先日は100均のサンダルで川に入ったら、即、壊れた…。
よくある一体になってるやつなら、セーフだったかもしれないけど…。
壊れたため滑ってしまい、カメラとズームは守ったけど、標準レンズを水没…。
25,000円の損害…。

今回は川に入ってもいいように、キャンバス地のデッキシューズで…。




それにしても…。
誰もいない…。

川音川(かわおとがわ)。
第二川音川橋梁。
         
Img_6500

  


カメラを構える間もなく…。
下りの青いロマンスカーMSE・60000形♪

Img_6498
  

 
あれっ…。
おかしい…。
ブラインドが全部閉まってる。
展望席には客がいない…。

そか、さっき海老名で見た第2編成”70052F”。
試運転中のGSE・70000形♪ 上り。

Img_6513
   
  


シーンとしている…。
  
振り返ると…。
なんか、上高地かと…♪

Img_6502

川…。
誰もいない…。
シーンとして、静まり返っている…。
相変わらず、獣らしき足跡…。

僕は2歳から3歳までの1年間、四国のおじいちゃんの家で育てられた。
そこは、石鎚山系の山と川…。
川に関しては、とにかく”怖い”と”恐い”を強調して教えられた…。

川の石を持ち帰るな…。 
川で遊ぶな…。   とか、とか…。
何かが憑(つ)いてくる…。

幼い子供を川に近づけないための方便だと分かっていても、”三つ子の魂百
まで”…。
いつまでも、おじいちゃん、おばあちゃんの呪縛、マインドコントロールから
逃れられない…。

だからか、この川で孤独に電車を追いかけてると、ふいに”恐怖”を
感じることがある…。

後ろに気配…。
あるわけないのに…。
つい、振りかえる…。



 

最近、ハマってる”湘南ゴールドのど飴”を。

Img_6509_2


 

座間駅で撮った後、折り返しでやって来た。

LSE・7000形♪  下り『スーパーはこね13号』。

Img_6525

  

ラストランのロゴマークが見えた…。

Img_6530

 

上りの8000系。

Img_6541


 
MSEはかなり煩雑に見れる。 下り。

Img_6543

 

青空~♪ 

Img_6517

 
ペットボトルの水を飲む回数が増える…。
大好きな”ソルティライチ”とかだと、その2倍くらい飲んでしまうことが
わかったので、こういう場合には避けることに…。
やはり、水、お茶…。

 

大好きな1000形。 下り。

Img_6549


上りのMSE。  

Img_6552

  

下り。 「ふじさん号」。

Img_6556

  

「ふじさん号」だけでなく、EXEも含めて6両編成が目立つ…。

Img_6558

     
    
白いロマンスカーVSE/50000形。 下り。

Img_6567

 

先程のLSEが箱根湯本駅から折り返してきた。  上り。

Img_6570

  

上り、8000形。

Img_6580


 

246側から入ったのだが、県道710号側から出た。

徒歩2、3分、神山滝バス停近くへ…。 
こちらも、誰もいない…。

Img_6583

 
  

第一川音川橋梁。
EXEかMSEかといえるほど、煩雑に…。 上り。

Img_6592


こちらは、本物(?)のGSE・70000形かと思ったが…。 
どうやら、ブラインドは全て閉まっていて、展望席には誰もいなくて、
ただ1つ、黄色いヘルメットらしきものが…。(関係者のヘルメットか…)

下りの試運転。  

Img_6594


 

Img_6595

  
  

…。 

次のLSEが新宿を折り返してくるまで、2時間半…。
帰るかな、それとも、行くかな…。
ちょっと悩んだけど…。

1km弱ほど北上して、蛇塚へ。
歩いているだけなのに、熱中症の言葉が頭をよぎる…。

  
渋沢8号踏切は…。
次のLSEまで2時間以上もあるためか、三脚だけが林立…。
    
Img_6626

  

第二菖蒲トンネル。

VSE/50000形。 上り。   

Img_6611


 

GSE・70000形も2編成あると、煩雑に見ることになる…。
乗客が見える…。 下り。

Img_6617

 

上りの青いロマンスカーMSE…通過。
もういい…。  
パス…。

 
そして…。
8000形とEXE・30000形の競演…♪

Img_6632

 
 

Img_6633

  

上りのGSE・70000形。 試運転。

Img_6636

 

1000形。 下り。  

Img_6648


先程のGSEの1時間後。
上りのGSE・70000形。  乗客が見える。
 
Img_6665

 
 
この踏切で2時間以上…。
疲れた…。

気がついたら、カメラは10台以上…。 

上りの8000形の通過直後…。
LSE・7000形。 下り。

Img_6667

 

間もなく定期運用終了…。
 
Img_6671

 

ラストラン。
引退記念ロゴマーク。

Img_6672

 
ロマンスカーLSE、ラストラン/小田急
00000000000000000000000lsebann_2


小田急7000形電車 Wikipedia

 
 
7003Fは3月で定期運用終了し、6月早々から中間車両は解体に。
先頭車両はヘッドマークがブルーシートに覆われた状態で大野に。
最終的には2021年オープン予定のロマンスカーミュージアムに展示か…。

7004Fは7月10日に定期運用終了予定。
その後、2018年度中は臨時列車として運行予定。
その後の予定は未公表…。

せめて…。
どこかに譲渡されるといいのだが…。


ロマンスカーミュージアム♪ shine





LSE通過と同時にカメラは蜘蛛の子を散らすように…。
僕もそそくさと…。

県道710号をいく。

Img_6682


  
今日は13,000歩…。
まっ黒になったし…。
ペットボトルの水、2本飲み干した…。
 
神山滝バス停から富士急バスで新松田駅へ。

Img_6680_2  


県道710号神縄神山線 Wikipedia

  

201807lselastrun

 

 

■関連記事    
      
LSE・7000形… 2018.06.04

LSE・7000形定期運行終了へ… 2018.05.29

またまた蛇塚へ♪ 2018.05.15

蛇塚へ♪ 2018.05.14

四十八瀬川♪ 2018.05.01

新緑の小田急線♪ 2018.04.22

浅草♪ 2018.04.13 
  

 
ワインレッドの車両がなくなる… 2012.02.08
  
  
小田急ロマンスカー♪ shine  
    



   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/26

箱根のあじさい♪

★箱根のあじさい♪

6月25日(月)。

晴れ♪

暑いっ…。

 
梅雨明け前に夏が来た~♪
各地で30℃を超えた…。

箱根も夏だった…♪


あじさい人気…。
とにかく過熱を超えてる…。

土日はやば過ぎる…。
鎌倉などは平日もやばい…。

さて、平日の箱根はどうかな…。

今回もロマンスカーで行ってみた♪
箱根湯本駅到着。  

Img_6244

 

EXE・30000形。
先日、EXEαに乗ったら、匂いがなくなっていたが、今回、ママは”くさい”
と顔をしかめる…。
ま、僕が吸ったタバコの匂いも染みついてる…。

十数年間、ロマンスカー通勤(帰路だけ)していた理由は…。
やはり、喫煙できることにあった…。
途中から全面禁煙になったけど、やはり、ゆったり座って帰宅…。
携帯、スマホで簡単に座席指定や列車変更などができて、便利この上ない。

小田急ロマンスカーは1番線に。

Img_6254

 

1番線の反対側は…。
小田原寄りは2番線として、小田急線小田原・新宿方面へ。
ホームの中央部にこのような車止めが立っていて、向こう側は3番線強羅・
早雲山方面となる。

箱根登山鉄道線は当駅を堺に架線電圧が異なるため、駅構内に
デッドセクションを設けてある。
ここを箱根登山車両が通過すると一瞬車内が停電するが、直近ではデッド
セクション区間を通過する営業運転列車は設定されていない。 

Img_6250


昔は小田急線には急行・箱根湯本行きとかあったのだが、
平成20年からはロマンスカーと4両編成の各停のみとなった。
4両編成の各停とは箱根登山電車と統一カラー化された赤い1000形のこと。  


遅ればせながら…、箱根湯本駅。
3000形「アレグラ号」。

Img_6255  
   
 

最後はここから送迎バスで降りてくることに…。
それにしても、もの凄い勾配…。
 
Img_6260


 
箱根湯本は歩くと楽しい♪
なんで、こんなにも人をワクワクさせてしまうのだろう…。
そんな土産屋さんを横目に…。

歩を進めると自然が主役に。
この右手の上のほうに箱根湯寮がある。

鯛めしの瓔珞(ようらく)と早川。

Img_6264


瓔珞の鯛めしは美味しかった♪

瓔珞

瓔珞(箱根湯本)/食べログ

 
秋の箱根♪ 2017.11.17



 
千歳橋を過ぎるとこんな風景…。
歩道のない国道1号…。
ちょっと危険ではある…。

Img_6267

 
最近、よく出てくる光景…。
そ、ちょっと病みつき…。いや、お気に入り…♪
ただし、夜は無理っ…。

Img_6269




塔ノ沢駅。
ホームの両端をトンネルで挟まれた山あいの小さな駅。 

1日平均乗車人員は37人。
箱根登山電車では最少の数字。

但し、乗降人員は110人とギャップあり。
下車は乗車の2倍…。
これは…、恐らくだが、当駅で下車して、宿や日帰り温泉の送迎バスなどで
帰っていく、そんなパターンが多いのかと…。

Img_6276


  

大平台側の大ヶ嶽隧道から2000形「サン・モリッツ号」。

Img_6280


 
箱根湯本側の塔ノ峰隧道からは金太郎塗りのモハ108号(モハ2形)が。
当駅で交換。

Img_6288

 

箱根湯本駅でぱんぱんに詰め込んだ電車…。
1駅先の塔ノ沢駅で下車する客がいないのに、詰めてくれるので、あっさり
乗れるものだ…。

江ノ電でも同じことがあって、鎌倉駅をどうにもならないくらい詰め込んで
くるのだが、次の和田塚駅では下車する客がいなくても、難なく乗れる…。


 


 
出山信号場から早川橋梁を。

Img_6291
 


次の大平台駅で下車。 

Img_6299



駅を出るとカメラを持った人たちが…。
104号(モハ1形)。 

Img_6301
  


思ったとおり…。
大平台出口踏切はごった返していた…。

一昨日の”もしもツアーズ”でこの踏切が紹介された…。
 
Img_6303



103号(モハ1形)。
 
Img_6304


109号(モハ2形)。
 
Img_6310

 
3000形「アレグラ号」。
 
Img_6315
  
 

 
Img_6316


 
後追い。
 
Img_6319

  

あじさい♪
鎌倉などのあじさいは見頃を過ぎたかもしれないが…。
箱根のあじさいは、エリアによっては咲き始めのとこも…。
大平台は見頃…。

ぴっかぴかの晴れ♪
昨日までは雨だったので、あじさいはしっとり♪
最高のタイミングかも。

2000形「サン・モリッツ号」。
”あじさい電車”のヘッドマークが♪

Img_6322

 
 
Img_6326


  
大平台駅に。
標高337mとある。
この先、強羅駅は標高541m、さらにケーブルカーで早雲山駅まで行くと、
標高750m。  そして、ロープウェイの大涌谷駅は1,044m。
  
Img_6330
  


大平台駅はスイッチバックする駅。
従って、このホームは頭端式ホーム。

Img_6332



箱根湯本行きで戻ることに。

先程の踏切には、またまた、カメラ小僧が。
下っていく箱根湯本行きなので、ここから左側のルートへ。
  
Img_6338

 

そういえば…。
この路線では”上り”とか”下り”という表現は使わない…。
強羅方面行きとか箱根湯本行きとか具体名で。

山を登る(上る)と下る…。
電車としての上り、下り…。
ここではそれが逆になる…。
ややこしいので、使わないのか…。


出山信号所手前。
塔ノ沢駅側から登ってくる強羅行きが眼下に。
どちらも同じ方向に走るのが不思議に思える…。
あちらの電車でも、そんな驚きの顔が…。

Img_6340


   

次の塔ノ沢駅で下車。
1000形「ベルニナ号」(ベルニナⅡ)。

Img_6346


うっかりしそうに…。
江ノ電などと同じ簡易式のICカード簡易改札機…。
でも、これにタッチしておかないと、後でトラブルに…。

スイカをタッチした後も…。
まだまだ、パチリしたい…♪

Img_6349

 
  
上りホームにある、深澤銭洗弁天。

Img_6350
  


松井証券創業者の松井氏の寄贈による深沢銭洗弁天。

深沢銭洗弁天

箱根のパワースポット深沢銭洗弁天&あじさいの阿弥陀寺     


 
この銭洗弁天には中宮、奥宮まであった。
結構、奥までつながっている。

さらに、横には火伏観音まで並んでいる。
 
Img_6356


 
ここから、箱根湯寮へは3分ほど…。
でも、その前にもうひとつ…。

あじさい寺と呼ばれる塔ノ峰中腹の阿弥陀寺へ。

箱根湯寮に行く舗装された歩道とは別に、山道の方を指す手書きの標識…。
”そば”のノボリも…。

Img_6358

 

眼下には塔ノ沢駅に入ってきた104号。

Img_6362

  
で…。
男坂。
阿弥陀寺へ向かう参道…。
というよりも、”登山道”は思ったよりも険しく、距離もありそう…。
  
Img_6369

 

そして、驚いたのは、参道の両脇にはあちこちにお墓が…。
よくある馬頭観音とかお地蔵さまではなく、れっきとした墓…。
夜は絶対に歩けない…。

こちらは、お地蔵さま。

Img_6370

  

少し登ったとこで、山門。 

Img_6372

 

今朝、ママがヒールのあるシューズでいいかと聞いてきた…。
よくよく考えて、阿弥陀寺へ行くことを想定してスニーカーの方がいいと答えた。

ホント、スニーカーにしてもらってよかった…。
トレッキングシューズでもいいくらいの参道、山道…。
ここまでとは、想定外だったけど…。

Img_6374
  

 
六地蔵。
 
Img_6375  

  

Img_6378

  
  
ここで、舗装路と合流…。
実はかなり狭くて険しいのだが、舗装道路もあるのだ…。

山道の男坂、舗装路の女坂…。
で、今回は山道の男坂を選んだ。
 
Img_6379

   

約20分の”登山”…。
塔ノ峰中腹…。
ようやく阿弥陀寺。

Img_6381

  
 
  
Img_6382   

      
皇女和宮ゆかりの寺としても有名…。

Img_6384
    

皇女和宮…。
第14代徳川家茂の正室として皇室から嫁いだ。

紀州藩主であった家茂は、一橋派との抗争の末、南紀派の支持により12歳
の若さで第14代将軍の座についた。
1862年、16歳の家茂の正室として、同じく16歳の和宮が嫁いだ。

しかし、家茂は第二次長州征伐の途上、大阪城にて病に倒れ、20歳の若さ
で死去。 (本来は「薨去」(こうきょ)という。)
 
その後…。
和宮23歳にて江戸から京都に移り住む。
28歳、明治維新、遷都により、再び東京に居を構え、徳川一門と交流。
この頃、脚気を患い、転地療養として箱根塔ノ沢温泉に。
しかし、1ヶ月ほどで脚気衝心により32歳という若さで薨去。

当初、明治政府は葬儀を神式で行う予定であったが、和宮の「家茂の側に
葬って欲しい」との遺言を尊重する形で、仏式で行われた。
その際、徳川家の菩提寺である増上寺の末寺である阿弥陀寺で通夜、密葬
が行われ、位牌を安置した。
墓所は家茂と同じ増上寺。



      

Img_6385   

   
 
この”あじさい”は初めて見る品種。 

Img_6389r

     

 
Img_6403
 

  
Img_6405

    


  
Img_6406


阿弥陀寺

箱根のパワースポット深澤銭洗弁天とあじさいの阿弥陀寺

あじさい寺阿弥陀寺/小田急

 
  
 
帰路も山道の男坂を降りてきた。
降りたとこは、箱根湯寮の前。

Img_6413

  
   
箱根湯寮はどこもかも、絵になる…♪

小田急に乗る時、駅で箱根湯寮クーポンを購入。
往復の切符と箱根湯寮の入場券がセット。
ウチの場合、1人につき、およそ600円ほど割安…。

Img_6415

 
箱根湯寮
000000000000000000000000000000000_2

 

桔梗(ききょう)。
 
Img_6431



 
Img_6428

 


阿弥陀寺へ”登山”したので、汗びっしょり…。
まずは温泉に♪

Img_6429
  
 

最高のロケーション。
露天風呂で超リラックス♪    
 
0000000000000000000000000000000ha_2   
※箱根湯寮HPより


 
温泉、気持ちよかった♪
みなさん、露天風呂、見晴湯に…。

眼下には函嶺洞門や鯛めしの瓔珞(ようらく)が見えた。



そして…。
空腹を通り越して…。

「囲炉裏茶寮 八里」。
 
Img_6427


 
囲炉裏茶寮 八里


今日は電車なので…。
生ビールがサイコー♪
 
Img_6421
  
  
鯵の南蛮漬けも美味しかった。


野菜天ぷらそば。
ボリュームがあって、美味しくて♪

Img_6424


休み処で食後の睡眠をたっぷり♪

送迎バスで箱根湯本駅へ。
下り坂、かなりの急勾配を下る。


やはり、湯本の街を散策…。  

Img_6442

 
  
早川にかかる、あじさい橋。
  
Img_6440   
   

1本前のロマンスカーが。  

Img_6441   


   


Img_6443


 
4番線には乗客を降ろした回送。
1000形「ベルニナ号」(ベルニナⅡ)。

Img_6458

 

先ほどのEXE・30000形ではカメラが構えられないけど…。
白いロマンスカーVSE・50000形♪

Img_6454r

   
    

Img_6455

  
  
Img_6457

    
  
  

Img_6460  



箱根登山鉄道でもらった。
うちわ♪  
   
201806hakone_0002_3
 



■関連記事

秋の箱根♪ 2017.11.17  
  

箱根へ…♪ 2017.10.20

箱根宮城野の桜♪ 2017.04.14

箱根-2♪ 2016.08.16

箱根-1♪ 2016.08.15

箱根♪ 2015.08.10

箱根♪ 2015.05.23

箱根ポーラ美術館♪ 2013.09.14

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-2  2013.11.30

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-1  2013.11.29

秋の箱根へ♪ 2012.11.10

箱根宮ノ下~箱根湯本♪-2 2012.07.07

箱根仙石原♪-1 2012.07.07

いざ箱根3♪- 帰りに寄り道 2011.10.09

いざ箱根2♪-箱根仙石原 2011.10.09

いざ箱根1♪-足柄道アプローチ 2011.10.08 

箱根2-強羅~宮下♪ 2010.12.06

箱根-仙石原♪ 2010.12.05

Pc041881

箱根の紅葉-2♪ 2008.11.08

箱根の紅葉-1♪ 2008.11.08

















              





 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/23

休日…♪

★休日…♪

どんより…、午後から雨…。

涼しいけど、蒸す…。


 

沖縄で梅雨明け…。
早いとこ、梅雨とさよならしたい…。


  


ママの買い物に…。

町田東急ツインズ。
ドゥクラッセ、GAP、ヴィクトリアあれこれ…。
ウェストの5、6Fがニトリに…、あそこはKEYUCA(ケユカ)があったフロアか…。

東急ツインズ。                            2013年5月撮影                

0dsc_0137

 
町田東急ツインズ
000000000000000000000000tokyutwin_2

  
 
 
■先日、ソフトバンクからUQモバイルに乗り換えたスマホ。
スマホケースを探しにヨドバシへ。

僕はスケルトンのケースを買ったのだが、ママはかわいいのがいいと…。
ずっとペンディング…。

さすが、ヨドバシ。
とにかく豊富。
iPhone用はこれでもかって位にあれもこれも…、AQUOSだって他店の数倍…。
で、ようやくお気に入りをゲット…。



■昼を過ぎたので。
ランチ。

ママは磯丸水産に入ったことないと…。
じゃ…。

24時間営業に驚くママ…。
昼間から飲んでる人たちにも仰天…。

飲むのも、食べるのも安い♪

海鮮丼を。

Img_6234



磯丸水産

00000000000000000000000000000000iso




町田は元気になれる街。
多摩地区って、どんどん高齢化しているのに、町田は若い。
不思議な街♪



関連記事

  
  

 
 

特急ロマンスカー「ふじさん号」♪

ふじさん号で富士登山へGO。
 
201806_gotenba_2
 


小田急
 
富士登山オフィシャルサイト
  
新宿から御殿場・富士山エリアへ
  


  











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/22

梅雨の晴れ間に…新横浜♪

★梅雨の晴れ間に…新横浜♪

晴れ♪

暑い…。


  


所用で新横浜へ。

新横浜駅から実家へは歩いてでも行けるとこ。
小中高、大学と育ったエリア…。

東海道新幹線は700系、N700系と派生車両のみ…。
ちょっと面白味はないのだが…。
でも、カッコ良い♪

ひかり東京行き。

Img_6133

  

のぞみ東京行き。

Img_6138


 
Img_6139
  


最近、東海道新幹線の車掌は身を乗り出すようにして安全確認する…。
  
Img_6142
   

 
おっ…。
700系~♪

「こだま」東京行き。

Img_6146   
   
 
 
向こうに見えるビル…。
ベージュの2つのビルは新横浜フジビューホテル

左側の方が古く、1964年(昭和39年)の新横浜駅開業から15年後、
1979年(昭和54年)オープン。
当時、この辺りは田畑が延々と続く超田舎だった…。

そんな田舎に新幹線の駅が作られ、1970年(昭和45年)には新横浜ホテル
がオープン。
四国や関西の親戚が大挙してやって来る結婚式なんかの時は新横浜ホテル
、新横浜フジビューホテルなどが、新横浜駅前の便利なホテルとして大活躍
した。
尚、新横浜ホテルは1997年(平成9年)に閉店。

自宅(実家)にはクルマで5分かからないとこだったので、正に救世主的
存在だった…。


  
700系…。
2019年度には東海道新幹線から姿を消すことに…。

Img_6148

  

この姿…♪
そろそろ見納め…。
    
Img_6151

    
 
新幹線700系電車 wikipedia

新幹線N700系電車 wikipedia


 

ま、ことごとくN700系…。
のぞみ博多行き、後追い。 

Img_6154

   

新横浜駅♪

Img_6157
 
 

 
ここで、ちょっと…♪
『大綱小学校物語』&『新横浜駅物語』。

1964年(昭和39年)10月1日。
東京オリンピックの9日前…。
東海道新幹線が開通したと同時に新横浜駅は開業。

母校大綱小学校の校舎すれすれに高架が作られ、大倉山トンネル
を出た新幹線が猛スピードで…。
当時、「こだま」しか停車しないというローカル駅の扱い…。

「大綱小学校」。
僕らが在学していた頃、東京オリンピックに向けて湧いていた。
当時、横浜市は爆発的に人口が増加…。
明治時代に建てられた木造校舎では教室が足りなくて、プレハブ校舎
が暫定的に建てられた。
それでも、まだ足りないため、1、2年生は二部授業が行われた。
なんと、クラスによって午前に登校したり、午後から登校したり…。
信じられないと思うけど…。

それでも、全然足りないため、大曾根に分校も作った。
その後も太尾小学校などが分校として作られた。
何かのイベントがあると、分校の児童も集まってくるので、狭い校舎は
ごった返すことに…。

体育館がなかったので、「はれの日」には教室と教室の間をぶち抜いて
つなげて使用する…。
今では想像すらできない光景が繰り広げられた…。
入学式、卒業式、映画上映、雨の日の体育授業は2クラス合同など…。
分校から集まってくる日もぶち抜き教室が活躍した。

 
で…。
新幹線の話…。
開業前、沿線の関係者などを招待してお披露目の運転があった。
校長先生や副校長先生(教頭とは言わなかった)が招待され、
新幹線はゆっくりと校舎の脇をすり抜けた。
もちろん、校長先生たちが大きく手を振ってくれたのが見えた。

しかし、数年後…。
新幹線と綱島街道に挟まれてしまったことから環境悪化を理由に移転した。
尚、大綱小学校は1873年(明治6年)創立、大綱小学校としての
開校は1900年(明治33年)。
よって、今年は創立145周年、開校118周年…。
僕たちが在学していた当時、明治時代の校舎が珍しいと、明治時代を描いた
映画のロケやテレビなどに取り上げられた…。


横浜市立大綱小学校
000000000000000000000000000000000_3



そして、「新横浜駅物語」
東急東横線と、ほぼ単線の国鉄横浜線が通る、超ローカルなエリア。
東横線大倉山駅のホームからは中学校、小学校、火の見やぐら(?)、
大倉山の塔くらいしか見えなかった…。
当時、東京目黒から転居してきたウチは、この光景に愕然とした。

幼い頃、母は僕たちを連れて、東京トヨペットの工場(現、トレッサ横浜)
や三ッ池公園のほうまで散策した。
”横浜”からは連想しないほど、山と野原と田畑…。
肥溜め”も結構存在していて、落ちることもしばしば…。(涙)
四国のおじいちゃんの家と変わらないくらい田舎だった。
クルマはほとんど走ってないし、すれ違いは不可能なほど狭く、未舗装。

僕が自動車教習所に通いはじめたのは学生時代、昭和50年代はじめ。
高木学園女子高の隣、横浜環状2号に面した、菊名自動車学校
(現、菊名ドライビングスクール
)。

路上教習初日は教習所から横浜環状2号に入り、新横浜駅前のロータリー
で教官から指導。
今では交通量が半端ないのに、当時はがらがら…。
2、3台とすれ違ったか…。
ロータリーには臨港バスが1台、時間調整中…。
のどかな路上教習だった…。


そんな新横浜駅エリア。
1964年(昭和39年)10月1日新横浜駅開業
              「こだま」のみ停車
1965年(昭和40年)、ヤナセが第3京浜・港北IC脇に超広大な横浜デポ
               設立。(現、IKEA)
1967年(昭和42年)、横浜線新横浜~菊名間が複線化。
1968年(昭和43年)、横浜線新横浜~小机間が複線化。
1969年(昭和44年)、横浜線八王子~菊名間で運行されていたSL、
               C58蒸気機関車貨物列車さよなら運転
               同時に菊名の国鉄~東横線連絡線廃止
               (連絡線は電化されておらず、SLのみ)
1970年(昭和45年)、新横浜ホテルオープン。(1997年閉店)
1971年(昭和46年)、駅前にボーリング場オープン。
1975年(昭和50年)、崎陽軒シウマイ工場(港北IC脇)
1976年(昭和51年)、「ひかり」、1日1往復のみ停車
1979年(昭和54年)、新横浜フジビューホテルオープン

               徐々に進化し、「ひかり」、1日3往復停車にまで
1985年(昭和60年)、「ひかり」、毎時2本停車
               横浜市営地下鉄延伸開業(新横浜~横浜)

1987年(昭和62年)、新横浜国際ホテルオープン
1988年(昭和63年)、横浜線全線複線化
1989年(平成 元年)、横浜アリーナ オープン
1992年(平成 4年)、「のぞみ」下りの一部が停車(当時、名古屋、京都通過)
               相変わらず、ローカル扱い
                                新横浜プリンスホテル、プリンスペペ オープン
1994年(平成 6年)、ラーメン博物館オープン
1996年(平成 8年)、「のぞみ」上りも一部停車
1997年(平成 9年)、横浜国際総合競技場(現、日産スタジアム)竣工
               こけら落としは1998年ダイナスティカップ日韓戦
2008年(平成20年)、「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」全車完全停車♪


新横浜駅「こだま」のみ停車問題…。
子供の頃から四国のおじいちゃんの家に行く時、新横浜駅から「こだま」に乗り、
名古屋で「ひかり」に乗り換えるという面倒なことを20年間やってた…。
昭和60年、「ひかり」毎時2本停車は画期的な出来事だった…。

「のぞみ」や「ひかり」の新横浜駅停車問題…。
同僚と一緒に出張した時、同じ列車にするため、時刻表と首っ引き…、
結構面倒だった…。



 
 
赤い血痕らしき…。
鳥をはねたか…。

東京行き。

Img_6170



 
新横浜駅の変貌には驚くばかり…。
ちょっと来てないと、がらっと変わる。
今日も、どこの駅ってくらいに大変貌…。
 
それに比べ、反対側の”篠原口”…。
僕が子供の頃から何も変わってない…。
この道路や建物なんか、学生時代もこんなだった…。

取り残されたように思える光景だが、落ち着く…。

Img_6173
   



のぞみ、新大阪行き。
 
Img_6178
   
 
 
Img_6179
     



Img_6182  

 

Img_6185


   

僕は、「のぞみ1号」の常連だった…。
新横浜6:17発(現在は6:18発)。

朝4:30に起床して、このホームに…。
ま、大阪や岡山、広島と関西から中国地方への出張が多かったので、
列車の中で朝食&睡眠だった…。

多い時は週に3日間も…。 

御堂筋や岡山の支店だったら、そのまま朝礼にも参加してた…。

 

Img_6189
  
  

Img_6195



 
Img_6197


  

Img_6198

  
  

Img_6200

 

横浜線。
下り八王子行き。
 
Img_6209


 
 
明日、JR東海はN700Sを東京駅で公開する予定。
2020年度には投入する計画。

デザイン的にというか、カラーリングというか、何かあってもいいような…。
今の統一感を汚すことなく…。
難しいか…。


”電車”としてのデザイン、存在の限界…。
これ以上進化したら…、電車じゃなくなる…。
 
Img_6218



ここから出ると、実家へは徒歩でも帰れなくない…。

Img_6222_2

  
 
駅前ロータリーは工事中…。

そ、昔、路上教習初日は閑散とした駅前ロータリーまで来て、Uターン。
ビルといえば、1、2ヶ所のホテルくらいしかなかった…。

Img_6224
  
  


ハマ線。
このホームにある立ち食いそば「濱そば(はまそば)」。
なんか、ここの”かき揚げそば”が好き…。

昔は店内で玉ネギとかのかき揚げをあげていたのが、嬉しかった。

JR町田駅ホームにもあったけど、最近、見かけない…。
なくなったのか…。

Img_6229_2
 
  





相模大野の解体線には相変わらず、LSE・7000形の中間車両が…。

それにしても、暑かった…。
久々にアイスコーヒーにした♪


  



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧