2019/08/16

台風一過…♪

★台風一過…♪

昨日は台風の影響か雨と風…。

今日は台風一過のような晴れ♪

とにかく暑いっ…。

台風10号ははるか日本海の彼方なのに…。
一日中、風が強い…。


長男は愛知県に戻った。
東名、新東名とも順調だったようだ。




伊勢丹相模原店がファイナルセール。

30年前、相模大野にデパート進出のニュースが駆け巡った…。
まさかの…♪
   
Img_1380

  

9月30日で閉店する…。
29年間のありがとう。

ファイナルフェスタ開催中。

Img_1375


相模大野からデパート撤退…。

お隣の町田には小田急も東急もあるし、マルイ、モディ、ルミネなどなど…。
南町田グランベリーパークも11月にオープンするし♪
やっぱり、町田かな…。 
んっ、神奈川県町田市…♪


伊勢丹相模原店

201908finalfesta

 

| | コメント (0)

2019/07/13

お盆…

★お盆…

どんより…。
午後から小雨…。

涼しいけど蒸す…。


奄美地方が梅雨明け…。
記録的遅さ…。

平年より14日遅く、統計開始以来3番目に遅いとか。


 

先々週くらいからスーパーではお盆用品が。

そして、今日は迎え火をたいてるお宅があちこち。
このエリアは7月にお盆をするとこが多い。

8月にお盆をするとこもあるので、スーパーなどは2回もお盆用品
を出さないとならない。


0708obon02




昨日の朝刊にアツギバザーの折込みチラシが入った。
 
当地に移住してきてから30年余…。
ママはいつか行きたいと言っていたので…。

201907atsugibazar


海老名のコジマの先。
アツギ本社工場に初めて入った。

海老名市にあるのに厚木を会社名にしたアツギ(株)。
小田急線や相模線の厚木駅も海老名市なのに厚木駅。
大和市や綾瀬市にあるのに厚木基地…。
そんな”厚木ミステリー”のひとつに数えられている。

戦後すぐ昭和22年に創業したのが厚木編機(株)。
厚木基地にマッカーサーが降り立ち、厚木の名が世界に知れ渡っただろうから、
そんな理由で厚木の名を冠したようで、なかなか…。 

でも、厚木ではないので、アツギナイロンと命名したという奥ゆかしさも…。

本社工場のバザー会場入口。

Dsc_0020001
 

中はごった返していた。
もちろん、99%女性…。

商品を写真に撮るのもはばかられる…。

中には転売でもするのかと思ってしまうほど山ほど買ってる人も。
売り場もごった返しているが、レジはさらに凄い行列…。
ママもあれもこれも買い込んでいた。
とにかく安いのだとか。


11月にオープンするグランベリーパークにも出店するらしい。

Dsc_0021001

 
アツギバザー2019/エビジョイ

ATSUGI



| | コメント (0)

2019/07/06

梅雨…

★梅雨…

超どんより…。

蒸す…。

 
梅雨らしい…。
そんな天気が続いていて、もう疲れた…。




りんかんモール、エイビイへ。
売り場は人、人、人…。

長蛇のレジ行列ができるのも時間の問題…。
早々に買い物してレジ行列に並んでセーフ…。
でも、次々と行列に加わってくる…。



夕方になって、イオンモール座間へ。

日産ヘリテージコレクションから。
ブルーバード。

1959年ダットサン・ブルーバード1200(初代)。
P310。
 
Dsc_00252

 
1964年、2代目ブルーバード1200デラックス。
P410。

2代目以降は記憶に残ってる。
この2代目、近所でたまに見かける。
子供の頃は大きく見えたのに、今では軽と変わらないくらいに小さく見える…。
それもそのはず、2代目ブルーバードと最近の軽って、全幅はほぼ同じ。

Dsc_0027


日産ブルーバード wikipedia
 

この当時、ダルマのようなクルマが次々と脱皮していった。
カッコイイなと思えるクルマが出現したことで、クルマ好き少年が誕生した。

Dsc_0030

 

3Fの展示車。
見た途端、懐かしい~♪

こどもの国のアトラクションの1つ、「こども自動車」。
1964年ダットサン・ベビイ。

愛知機械工業がつくっていたコニー・グッピーを基礎に、日産の設計によって、
こどもの国に100台寄贈された。

そして、この「100」は100番目のクルマだったと…。
現存するのはこの1台のみ…。(多分…。)
こどもの国の倉庫で長いこと埃をかぶっていたのが発見され、こどもの国
開園50周年記念の一環として、日産によって蘇らせた。

Dsc_0021


僕も乗った記憶がある。
遊園地にあるゴーカートをちゃんとした乗用車スタイルにしたようなドキドキ感満載
のクルマだった…♪
コースは思ったよりも長くて、くねくねと山道のような1周1.6kmの本格的なコース
だった。
恐らく、現在のサイクリングコースがこの「こども自動車コース」だったように思われる。

こどもの国がオープンした1965年、僕は小学校6年生だったが、講習を受けて
”免許証”をもらった後、運転させてもらった。

コニー・グッピーは199ccの軽商用車(ピックアップトラック)であったが、
ダットサン・ベビイも基本的なスペックは同じで速度抑制などが追加されていた
と…。(多分…。)

Dsc_0022


”DIAMOND online”の記事から。
当時の日産開発担当者の話が興味をひいた。 
「サイズはちょうど良いと思った。車両を見たのは、名古屋の愛知機械工業。
木造建築の古い建物だった。上司とふたりで会議に参加した。またこのクラスとして
は珍しい、2ペダル式のトルクコンバーター(オートマチックトランスミッション)だった。
当時の人気小型車のスバル360は2気筒でマニュアルトランスミッションで3ペダル。
2ペダルならば子どもでも乗れると思った。また、単気筒の空冷エンジンなので、
こどもの国でのメインテナンス(整備)も楽。高速走行することはないので、
このシャーシとエンジンをベースにすることに最終的に決まった」


子どもが「本物のクルマ」を運転する日/DIAMOND online

コニー・グッピー wikipedia

 


 

| | コメント (0)

2019/06/15

雨…

★雨…

雨…。

涼しい…。

 
梅雨とはいえ、一日中、雨とは…。



こんな日は…。
りんかんモールへ買い物。
駐車場は混雑している上に屋根のあるとこを探して右往左往…。

カインズもエイビイも混雑…。
ま、みんな考えることは同じ…。

エイビイは超混雑していて、レジ行列がもの凄いことに…。
エイビイのレジ行列はこの2、3年、ざらにある現象。
時期的、時間的、天候的、いろんな条件が重なると発生するようだ。

今日は。
雨で、午前中に買い物をすませようという客が集中した。
その上、午前中の客足にあわせたパート社員の配置が通常どおりで、14台
のレジの内、10台くらいしか稼働してなかった。
そんなところか…。

長蛇のレジ行列は20~30分かかるので、ちょい買い、買い忘れとかは
別のスーパーに行ったほうがマシかも。

エイビイの出現…。
信号機が設置されたり、当地の社会現象とまで言われて久しい…。

  06060606
 



老後2,000万円問題…。

22歳前後で普通に就職して、平均的な年収を稼ぎ、65歳でリタイヤ。
奥さんは”普通”に60歳前後。

厚生年金受給。
平均的な月22万円を受給して、なんとか最低限の生活はできる額ではある。
企業によっては企業年金も支給され、ウチの場合は年間120万円を20年間
受け取るように設計されている。
友人や先輩たちは比較的恵まれたサラリーマンが多いので、あまり焦燥感はない。

僕たちの企業年金は確定給付型年金なので、年金額は確定しているのだが、
若い部下たちは確定拠出型年金に移行したので、個々の運用実績に左右される…。
老後の生活が天国か地獄かという程にはならなければいいのだが。

で、夫婦共働きしてきた先輩のところの話を聞いて仰天した。
なんと、二人あわせて月30万円を超える年金をもらっている…。
支出も減ってきたから、年金のほとんどは貯蓄にまわしている。
でも、貯蓄してもしょうがないので、頻繁に旅行したり、現役時代には
手が届かなかったクルマに乗り換えたり…。
ちょっと羨ましい…。

そういえば、最近、ウチの女子社員は結婚や出産ごときでは退職しない…。
てことは、彼ら彼女らの将来は輝ける未来が待っているのか…。

ま、一般的には夫の年金で夫婦が暮らしていく。
それでも、遊びや旅行に出かけたいし、外食もしたいとなると、パートや
アルバイトとして働き、月10万円ほど稼ぐ。
奥さんも同じく働くケースが多い。

75歳くらいまでそんなふうに過ごすと2,000万円を超える給与収入。
僕の場合、企業年金で2,400万円ほどもらえるので充分な年収が確保できる。
まわりを見渡すと、さらに、退職金の一部あるいは全額を貯蓄しているケースが多く、
数百万円~数千万円の貯蓄資産がある。

働き盛り&年収がピークの頃って。
住宅ローンの返済、教育資金、クルマのローンなどなど…。
首が回らないので、ついついカードローンまで…。
余計にきつかった…。
あの頃に比べたら支出がおとなしくなるので、全然、楽勝~♪

ま、老後2,000万円問題なんて誰でも分かっていること…。
それぞれの”属性”によって、左団扇(ひだりうちわ)で暮らせる人もいるし、
全く足りない人もいるし…。
”アリとキリギリス”も連想してしまう…。
今更、なんなんだ…。


昔、昔、ウチのおじいちゃん、おばあちゃんは”恩給”を受給していた。
世代交代して叔父夫婦が生計を担っていたが、おじいちゃん達の年金には
手をつけずにやっていた。
従って、年金の使いみちは孫たちへの小遣いや叔父夫婦の贅沢品購入時の援助
などに…。
叔父がクルマを買い替えた時、思わぬ大金の援助があって、ローンを組まずに
すんだとか、そんな話を聞いた。
二世代、三世代世帯は大体そんな感じで、年金と生活費は別ものだった。
つまり、老後を年金で暮らしていくという切迫感がなかったのだが、核家族化
によって、年金が不可欠なものへと変化してきた…。

ところが、最近は…。
ニートの息子が親の年金で食っているとか、そんなケースが散見される。
親に何かあった時は…。
ニュースなどでもよく見聞きする。
登戸での事件の犯人も叔父夫婦の年金などで食わせてもらい、小遣いまで
もらっていた…。

それにしても、フリーターやニート、引きこもりで社会保険とは無縁の暮らし方を
している人たち。
彼らにとって年金なんて、雲の上の話…。


老後2,000万円問題…。
与野党ともにいい加減にしろと言いたくなるような馬鹿げた議論…。
メディアも尻馬に乗っかって、首を傾げたくなるようないい加減な報道…。
不安を煽るだけで、まともな報道はできないのか…。

野党は選挙を踏まえたツッコミしか目にない…。
民主党、いや、枝分かれした国民民主党にいたっては低所得年金受給世帯
に月5,000円を加算するという公約を真っ先に公表…。
あまりに馬鹿げている…。
今の野党に政権なんてあり得ない…。

  


ココログがリニューアルされて3ヶ月になろうとしている。
ぐちゃぐちゃ状態だったけど、最近はだいぶ落ち着いてきた…。

しかし、相変わらず行間スペースがスカスカになってしまったことに対しては
”打ち手なし”のようで、何の言い訳もコメントもなく放置されている…。

さらには、過去の記事に対して変更、修正をかけると最悪のスカスカ状態になる。

仕方ないので、自分で1個、1個詰める作業をしている…。
特に、お気に入りの記事は見つけ次第にやってる。

記事数4,800を超えているので、全てをやるのは不可能…。
ま、根気よくやるしかない…。

でも…。
リニューアルの度にこんなことが発生したら…。
ぞっとする…。




| | コメント (0)

2019/06/02

小原宿本陣♪

★小原宿本陣♪

6月1日(土)。

晴れ♪

清々しい♪


たまには。
国道412号を北上。

今日は鮎釣り解禁。
中津川や相模川では太公望たちが…。

 
相模湖駅前交差点。
国道412号はここまでと思いきや、実はココから国道20号と重複区間となり、
相模湖インター入口交差点までなのだ…。
もっと”酷い”のは、246号との交差点、厚木市立病院前交差点までかと思いきや
、さらに南下して平塚市の国道1号との榎町交差点までは国道129号との
重複区間なのだ…。
なぜ、そんな無意味なことと思ってしまうのだが…。
きっと、凡人には分からない深い理由があるのだろう…。

国道412号 wikipedia


国道412号。
ウチにとっては、412号沿いそのものが目的地であったり、道志みち
へのアプローチや中央自動車道へのアプローチであったり。
上高地を目指すときはここらを午前1時頃に…。
ま、圏央道ができたので、曜日や時間帯によっては圏央道を選択することに
なるのか…。
  

いつもは、ここで左折して相模湖インター入口交差点まで行くのだが…。
今日は直進…。

Img_0187
 
 
直進して突き当たりは。
JR中央本線相模湖駅。
 
Img_0191

 
この辺りは平地が少ないと。
見上げると、中央自動車道が。
  
Img_0189


年々減少の一途の乗車人員。
2017年の1日平均乗車人員は2,277人。

相模湖駅 wikipedia 

 
中央本線1日平均乗車人員。
この相模湖駅の手前、高尾駅までは5桁なのだが、相模湖駅からは軒並み4桁、
あるいは3桁で、中には2桁の駅もある…。
さすが、甲府駅は5桁…。

若かりし頃の僕たちの”聖地”である小淵沢駅でさえ、1,500人前後と予想を
はるかに下回る数字に愕然…。


相模湖駅。

Img_0195


貨物列車が入ってきたので、通過するのかと思っていたら、こちらで停車。
そういえば、八王子駅でも、このような光景を見る。

Img_0199


昔ながらの駅前商店街。

Img_0188

 

国道20号を八王子方面へ。
1.5kmほどで小原宿本陣。

Img_0228


小原宿本陣は江戸時代に信州の高島、高遠、飯田三藩の大名及び甲府勤番の役人
が江戸との往復の時に宿泊するために利用した。
高島藩といっても分からないけど、諏訪藩といえば分かりやすいかも。

江戸時代後期の建物といわれている。
神奈川県では26軒あった本陣の中で唯一現存するもの。

小原宿本陣/相模湖観光協会 

小原宿本陣祭
 
小原宿本陣祭のポスター。
相模湖の大名行列といわれている。
箱根の大名行列と同じ11月3日に開催される。

201906_1
 


Img_0226

 

Img_0223

 
奥座敷から築山のある庭を眺めた。
この奥の「上段の間」は大名の泊まった部屋。

Img_0214

 
籠。
乗ってもよいとのことで。
足を伸ばせないくらい狭い。

Img_0210

 
国道20号(甲州街道)沿いの小原宿。
キロポストは日本橋から63.4kmとあった。

Img_0230



寿堂で酒まんじゅうを。 
かなり大きいまんじゅうでびっくり。

Img_0243

 
E353系。

Img_0233

 
下り松本行き普通電車。211系。

Img_0236


普通列車甲府行き♪ 2015.06.02 



お腹がすいた…。
少し先の千木良交差点近くにあるそばの休屋。 

Img_0250


山菜の天ぷらが美味しかった。
もちろん、そばも美味♪

Img_0249

  
休屋(やすみや)(相模湖)/食べログ


折角なので、大垂水峠経由で。
高尾山インターから圏央道に乗ると、あっと言う間に我が家。
 
あまりに早く到着したので、りんかんモールで買い物。
先週買った美生柑、今日もたくさんあった。
それも、先週よりもかなり大きなサイズ。
和製グレープフルーツといわれるという通り、見た目もグレープフルーツ
のサイズ。
早速買い求めた。


美生柑♪ 2019.05.24

   


| | コメント (0)

2019/05/18

高幡不動&万願寺♪

★高幡不動&万願寺♪

晴れ♪

暖かい。

   
小田急多摩線で。
小田急多摩センター駅下車。

あれっ…。
こんなだったけ…。
サンリオのキャラクターだらけ…♪

Img_9875
   

どこもかしこも…。
キティ、マイメロ、けろけろけろっぴ、ばつ丸、シナモンなどなど。
サンリオだらけ…♪
 
Img_9878

サンリオピューロランド
0000000000000000000000000000000000000san


 
ママは多摩センターは初めて…。
聞きしに勝るサンリオだらけと、近代的な街の様子にびっくり。

Img_9882
  

多摩モノレール…。

Img_9881
 
 
振り返ると…。
多摩センター駅。

Img_9885
  

多摩モノレールに乗車。 

Img_9888

 
高架の小田急多摩線、京王相模原線を跨いでいくこの辺りは地上高22mもあり、
多摩モノレール線では最高の高さ。
眺望の良さが売りかと思えるくらい、気持ちのよい路線。  

Img_9894


多摩モノレール

多摩都市モノレール線 wikipedia

  
大塚・帝京大学駅付近から見えた野猿街道…。
社会人なりたての頃、この辺りまで出没した…。
懐かしい気持ちで眺めた。

中央大学・明星大学駅から多摩動物公園駅にかけての大学キャンパスの
広大さにびっくり。

縁も豊富で、眺めのよい路線♪


高幡不動駅で下車。

Img_9900

 
1998年11月、上北台~立川北駅間で開業。
2000年1月、立川北~多摩センター駅間で延伸開業。
ということで、来年2020年1月までを開業20周年としてラッピング列車などの
運行が行われている。

20周年と聞いて、もうそんなに経ったのかと…。
つい最近のことだとばかり思っていた…。

Img_9901

多摩モノレール開業20周年記念

0000000000000000000000000000000tamamono2
 

高幡不動尊参道へ。
 
Img_9902

 
ブルーのノボリには「土方歳三、没後150年」と。

Img_9905_1


高幡不動駅から徒歩3、4分と近い。
   
Img_9907
  

仁王門。

Img_9909

  
高幡不動尊。
高幡山金剛寺。

関東三大不動に数えられている。
成田山新勝寺と高幡不動尊は確定的なのだが、3つ目は諸説あり。
神奈川県民は大山寺と思っている。

関東三大不動 wikipedia

高幡不動尊金剛寺 

 

五重塔。

Img_9910

 
仁王門から見た不動堂。

Img_9912

    

Img_9935

 
大日堂。   

Img_9927
 

「あじさい」がスタンバイしていた。
やまあじさい、こちらには色々な種類がある。

山門越しに。  

Img_9929
 

表から見た山門。
なかなか立派。
 
Img_9933
  

カラフルな奥殿。 

Img_9936

  


参道沿いにあった「四八天丼(よんぱちてんどん)」へ。
向かいの「開運そば」の系列。

Img_9947


たまたま、先客が食べ終わり、運よく座れた。
次々と客が入ってくる。

学生らしき若者、近所の人、観光に来た人…。
いろいろ…。
外では行列も…。

「四八天丼」と「海老天丼」を。
「四八天丼」は530円と安い。

で、ただ安いだけではなく、本物に美味しい♪

Img_9946


四八天丼(高幡不動)/食べログ

 

多摩動物公園ラッピング車。

Img_9955
  

高幡不動駅からモノレールで1駅、万願寺駅で下車。

新選組・土方歳三の地元。
土方歳三資料館へ。

ところが、休館。
なんと、第1・3日曜日のみ開館…。
リサーチ不足…。
がっくり…。

同じくがっくりきている人がいた…。

Img_9968
 

万願寺駅から土方歳三ゆかりの地めぐり

 

すぐ近くには伊十郎屋敷が。
土方歳三が生きた時代の風景を残す長屋門は幕末の石田村名主だった家のもの。

Img_9964


見上げるとモノレールが…。
 
Img_9965

 
甲州街道、国道20号。
この辺りでは日野バイパスと呼ばれる大きな道路。

こちらからも、モノレールが。
モノレールの存在感ある。

中央本線、京王線などの恩恵がなかったエリアや立川駅よりも北のエリアなど
にとっては、もの凄い利便性アップ。

高架なので、そして、構造上、電車よりも抜群によく見える。

Img_9970

 
 
少し西へ歩くと、安養寺。  

Img_9973
 
 
さらに西へ歩くと、ドライブスルーのスタバ。
暑いので、アイスカフェラテを。

Img_9978
 


駅名や地名になっている万願寺。
ところが、万願寺という寺はない…。

昔、昔、あったのかもしれないが、この100年だか200年はないらしい…。
地名としては残り、その地名にちなんで駅名にも残り…。

この辺りの寺としては、先程の安養寺と、土方歳三ゆかりの石田寺(せきでんじ)
がある。

そんな石田寺へ。

浅川沿いを歩く。
またまた、モノレール♪

Img_9982


ところで、浅川は。
この先で多摩川に合流する。

多摩動物公園ラッピング車。

Img_9985
  


Img_9989


石田寺。
  
Img_9990
 

こちらには土方歳三の墓がある。
といっても、いわゆる「引き墓」という供養のための墓であり、こちらに埋葬
されてはいない。

Img_9991


石田寺の先には都立日野高校が見えた。
あのアンジャッシュの二人が卒業した高校。

Img_9992

 
この辺り一帯はとにかく「土方」姓が多い。
土方自動車整備工場、土方クリニックとか…。

このお宅もその隣も、その先にも「土方」さんの表札が。

Img_9999

  
とうかん森。

img_9998

 
万願寺駅。

Img_0002

  

Img_0006

 
多摩センター行きが出てしまった…。

Img_0004

 

Img_0012

 
ママが乗りたいというので、京王相模原線で帰ることに。
小田急もサンリオ色がすごかったけど、京王もド迫力。  

Img_0019


駅名標もご覧のとおり。  

Img_0023

 
!?

Img_0028

 
隣の小田急側も。

Img_0027

 

海老名で買い物したいと…。
橋本駅からは相模線で。

Img_0030

 
番田駅で下り橋本行きと交換。

Img_0031

  

海老名駅で下車。
最近ハマっているパン屋さん。
江之浦の「麦踏」、座間の「876ベーカリー」、こちらビナガーデンズテラスの
「R Baker」。

Img_0035


ちょっとクセになる…♪   

Img_0033

 

Img_0034

アールベイカー海老名店(海老名)/食べログ



ビナウォークでもあれこれ買い物。

小田急線で。
海老名駅停車の白いロマンスカーVSE・50000形。
 
Img_0040


後ろ姿も凛々しい♪

Img_0046

 

  


 

 

 

| | コメント (0)

2019/05/17

イオンシネマ座間、来春オープン…♪

★イオンシネマ座間、来春オープン…♪

晴れ♪

暑かった…。

 

高齢者による事故…。
毎日のように発生…。

相変わらず、「無責任」な言い訳を並べている…。

 

イオンシネマ座間…♪

イオンモール座間にシネマコンプレックス「イオンシネマ座間」(仮称)
が2020年春にオープンする。

昨年3月に開業したイオンモール座間(座間市広野台2丁目)の隣接地に建設が
進められている単独型で、10スクリーン、1,500席の規模となる。
駐車場は同モールと含めて2,500台。

イオンモール座間の敷地面積約93,000㎡のうち、シネマ棟は約35,000㎡
で、延床面積は約5,000㎡。

 
ま、昨年秋頃から始まった建設予定地での動き…。
映画館ができるってことは明らかだったので、今回の発表は驚きはなかった…。

ひとつ気になること…。
イオンモール座間の構想段階では映画館、自動車博物館などが言われていたが、
映画は実現…。
自動車博物館は…。
あの手狭なヘリテージコレクションがミュージアムに化けることを期待したい…。

 
イオンシネマ座間のイメージ。

201905

 
広大な建設予定地。  
現在はかなり進捗している。                 2018年10月撮影

Img_8569

 
イオンモール座間♪ 2018.10.21


 


 

 

| | コメント (0)

2019/05/03

下北沢♪

★下北沢♪

晴れ♪

暑かった…♪
夏だ~♪

  
下北沢へ…。

実は…。
ママは小田急線沿線に移住してきてから30年余。
まだ下北沢に行ったことがない…。
いつか行こうと言いつつ、いつもの如く…。

僕は学生時代、社会人3、4年生くらいまでは月に2、3回は行ってた。
但し、小田急線に乗った記憶はほとんどない…。
最近は取引先訪問とかでたまに立ち寄ることはあったけど、
プライベートでは30年以上ぶり…。

 
■下北沢物語♪

東横線沿線に住んでいたので、小田急線は丹沢や大山に登山する際に
海老名駅から秦野駅(当時、大秦野駅)や渋沢駅まで乗る路線であった。

最短の横浜線経由は考えられないルートだった…。
それは、横浜線は原町田駅と称し、小田急線は新原町田駅と称していた。
その上、駅と駅が遠く離れていて、途中には信号機のある交差点まであって、
とにかく、よそ者には無理って思い込んでいた…。

昭和50年代になり、ようやくどちらも町田駅と改称した。
同時に国鉄が小田急に歩み寄って、駅を小田急に近いとこに移動したり、
両駅をペデストリアンデッキでつなげたりしたのが現在の姿。


学生時代。
地方出身者は下北沢とか中央線沿線に好んで住んだ時代。
僕は地元横浜の大学だったので、ほとんどが東横線沿線に住んでいたのだが、
学外の友人らはシモキタとかに多く住んでた。

五木寛之の「さらば モスクワ愚連隊」とか「風に吹かれて」とかに魅了されて…。
海外放浪をしようと、そういったサークルに籍をおいていたので、学外のメンバー
もたくさんいて、彼らはシモキタや高円寺などに住んでいた。

当時、彼らのアパートに遊びに行く時は東横線で渋谷へ、そして、新宿から小田急線
や中央線に乗ったりしていた。
小田急線には必要最小限しか乗らない…。
とにかく、小田急線って遠い存在って感じがして、どこへ連れていかれるか不安…。
そんな気持ちがあった。

そんな悪夢のような出来事…。(大袈裟かも…。)
横浜に住んでいた頃。
前6両は小田原行き、後4両は片瀬江ノ島行きなんていう分割・併合が行われて
いた時代。
新宿から小田急線に乗って…、相模大野駅でごちゃごちゃやってる…。
で、気がついたら聞いたことのない東林間駅に。
マップを見たら、とんでもないとこに行く電車。
慌てて下車して逆の電車に乗り換えた。
ま、大和駅で相鉄線に乗り換えて横浜へ出る手があったのだが、全く未知の世界
だったので、慌ててしまった…。

小田急って、遠い小田原や箱根へ連れていかれたり、江の島に連れていかれたり
、何をされるか分からない、そんなミステリーな世界に思えた…。
 

クルマで行くのは至って大丈夫…。
綱島街道、中原街道、環七と走れば、大倉山の自宅から夜中だと30分足らずで
シモキタへ。

社会人になりたての頃。
同期の同僚たちも地方出身者はシモキタ、成城学園前、中央線沿線に住んでいた。
だから、べろんべろんに酔って、同僚についていってアパートに転がり込む…。
そして、みんな風呂なしアパートだったので、銭湯に立ち寄ったり。
  
やはり、週末はクルマで同僚のアパートに遊びに行っていた。
但し、隔週週休二日制なので、隔週で遊びにいってた。

そんな同僚たち。
結婚を機に分相応な所に転居していった。
シモキタの駅近くに住んでたG君は南大沢に。
代沢に住んでいたKさんは、故郷のご両親の勧めで下宿のような住まい。
大家さんの大きなお屋敷に女子ばかりが下宿。
大家さんは次々にお見合い相手を勧めてくるのだが、超エリートばかり
を紹介してきて、最終的に某都銀(古い…)のエリート行員と結婚し、
東戸塚に転居。
 

僕は。
ママと婚約して、知人の紹介で婚約指輪や結婚指輪を作ったのは青山のジュエリー
デザイナーのお店。
数ヶ月後、指輪ができあがった時、オーナーの好意で小田急線代々木八幡駅近く
の日本料理店でご馳走していただいた。

帰り…。
小田急線は不慣れなので、そそくさと新宿に戻り、渋谷から東横線で帰宅した…。
その頃も小田急線に違和感を感じていた…。
とにかく、一刻も早く小田急から離れたかった…。

そう、私鉄沿線住民って、他の私鉄には違和感を覚えるようだ。
国鉄、JRには感じることのない違和感を他の私鉄には感じてしまう…。
東横線から見ると、内陸に深く入り込む小田急線に対しては強く感じた。


ところが、30歳の頃、超バブル時代、横浜市内に家を買うにも
高騰して手が出ない…。
それで、海老名市の相鉄線かしわ台駅エリアに自宅を。
やはり、横浜につながっていたいという、淡い願望がそうさせた。

かしわ台からの初出勤…。
かしわ台駅から1駅で海老名駅。
海老名から小田急線の急行に。
とにかく、長い長い通勤時間…。
その上、ラッシュ時の混み方は異常で、特に、下北沢駅手前あたりの踏切
をノロノロと通過する頃は吊り革につかまり、必死の形相で耐えていた。
前の座席の人に覆い被さるくらい…。
とにかく凄い疲労感…。

そんな酷い状態で長時間の通勤時間なのに、”自然渋滞”による遅延で70分
遅延という事態が起きた…。
車内アナウンスは「前の列車と接近して…。」とか、要領を得ない説明だった。
そう、怒りのもって行き場がない…。
さすがに、70分遅れっていうのはその後はなかったが、”自然渋滞”による
10分、20分遅れっていうのは何回かあった…。
遅延常習…、「それが小田急の実態」だと知って愕然…。

毎晩、最終電車になるほど仕事に集中していた頃…。
ちょっと飲み会となると、上司の家に外泊…。
携帯なんかない頃、無断外泊…。
タクシーチケットで2時、3時の帰宅も…。

そして、さらに酷い…。
小田急の最終で帰宅しても、相鉄はとっくに終電がなくなっていた…。
そんな考えもしなかった事実にがっくり…。
早速、小田急線沿線に転居した…。
 
  
毎日の通勤電車の車窓…。
多摩川を渡ったあたりからは小田急線複々線化のための用地買収…。
当時は下を走っていたので、1軒1軒の買収が手にとるように分かった。
気が遠くなるような…。
僕が生きてる間に複々線化ができるのだろうか…。
そんな気持ちになった…。

 

下北沢駅到着。

各停でのんびり。
各停、準急はB1F(地下1階)の3、4番線。

Img_9604

 
まだ工事中ではある…。
なんだか、昔の下北沢駅が思い出せないくらいに明るくて広い。

Img_9609

 

『出会いそして旅立ち』。  宮永岳彦。  2019年。

Img_9607

 

30年前、下を走る小田急線の車窓から見た複々線化を目指す用地買収や工事。
1軒1軒の用地買収が手にとるように分かる。
気が遠くなるような事業。

反対運動のノボリ。
最後の最後まで反対していたアパート…。

本当に複々線化、高架化ができるのかと…。
若かりし頃、自分が生きている間に実現するのかと不安に思った事業…。

ところが、次々と現実のものとなり、とうとう、昨年に完結した♪

最後の〆となったのは、この下北沢駅。
約2kmに及ぶ広大な線路跡地の活用が完成したら、その時が本物の完結と
なるのだろう。


この陶板レリーフは、小田急が30年間に渡り進めてきた複々線化事業完成の
メモリアルとして設置された。
  
Img_9608


宮永岳彦氏といえば。
秦野市在住だった縁で小田急ロマンスカー3000形・SE車のカラーリング
を考案。
あのオレンジバーミリオンにシルバーグレーのツートンを基調とし、白帯を配した
塗装を考案した。
 

昭和32年(1957年)デビューのロマンスカー3000形・SE車のポスター
も宮永岳彦氏の作品。

000000000000000000000000000000000000000o


宮永岳彦 wikipedia

秦野市立宮永岳彦記念美術館

宮永岳彦 表現の世界

小田急ロマンスカー wikipedia 



ロマンスカー3000形・SE車。
    
Img_9682

下北沢駅 wikipedia

小田急小田原線 wikipedia
 


 
ママにとっては初の下北沢♪
ちょっと想像を絶する風景だったようだ…。  

Img_9614
   

本多劇場がオープンした頃、シモキタ住人の友人と1度だけ見た。

Img_9615

 
こちらも本多劇場グループの「劇」小劇場。
こちらは席が空いていたようで、客引きさんに声を掛けられた。  

Img_9618


社会人なりたての頃、2週間に1度、週末にクルマでやって来た。
綱島街道、中原街道、環七をかっ飛ばしてきた…。
この高架の下をくぐった。  

Img_9619


反対側に目をやると。
北沢タウンホール方向は電柱がなくなっていた。
 
Img_9620

 
鈴なり横丁。
この先に同期のアパートがあった。

Img_9621


その先。
下北沢一番街。
この場所は小田急線跡。  

Img_9622

 
広大な小田急線跡地。
どんな使い方がされるのか…。
成城学園前駅の時もワクワクして見ていたが、今回はさらに広大な土地。  

Img_9623


 
そうそう、車窓からこの商店街を見ながら通勤していた…。

Img_9624_1


う~ん。
「Gakuya」とか「キネマ倶楽部」とか…。

Img_9629


下北沢駅に近づく。
小田急線から毎朝見ていたスーパー「オオゼキ」。

Img_9631

  
わくわく♪

Img_9637

   
ママが気に入って、あれこれ…。

Img_9641
  

これも売り物かと思った…。
どうやって使うんだろうと…。

Img_9639
  

いえいえ、雑貨屋さんの中にカフェもある。
今年初のアイスコーヒー。
アイスカフェラテ♪
  
Img_9677


すごい作品…♪

Img_9642

 
Zoff やABCマートなど、大手の店舗も並ぶ。
ABCマートはシモキタ界隈だけで3店舗も見た。

Img_9643


東洋百貨店。
雑貨、ファッション、古着屋などなど。

Img_9645

  

京王井の頭線下北沢駅。
吉祥寺寄りのホームは地上にあるかのように見える。
すぐ先には踏切もある。

Img_9647


ところが。
ここも坂の街。
渋谷側は少し高架になり、この先では地上を走る小田急線を跨いでいたが、
現在は小田急線跡地を跨いでいく。

Img_9648

  
下北沢南口商店街。
テレビなどでは南口商店街でのロケが多いかも。

それにしても…。
すごい人、人、人…。
渋谷、新宿、原宿などと変わらないくらいの賑わい…。

Img_9651


なんか、つけ麺が食べたい。
つけ麺 銀座いし井。

Img_9655

 
ま、美味しかった…。

Img_9654

 
食後の散策。
代沢の方へ。
下北沢は駅のまわりは賑やか街なのだが、その周辺は閑静な住宅街。

お~、いつも見ていた光景…。

毎朝、小田急線の車窓から見ていた光景。
下北沢駅は目の前なのに、前の電車が詰まっていて、ノロノロ…。
こっちは吊り革につかまった腕が悲鳴を上げていた…。

Img_9661


毎朝、小田急線の車窓から見ていた店…。

Img_9662

 
この踏切の近くに同期のKさんが住んでいた下宿があった。

Img_9663

 
庚申堂。

Img_9669

 

Img_9668


shimokita/下北沢商店街公認ポータルサイト
000000000000000000000000000000000000000s
 



老舗のせんべい屋、玉井屋。  
大正2年に本所で開業、昭和27年に当地に移転。

Img_9673
  
玉井屋(下北沢)/食べログ

 

小田急線下北沢駅と京王井の頭線下北沢駅。

Img_9678

 
小田急下北沢駅構内。
ホント、明るくて広い。
井の頭線乗換え口。

Img_9684

  

B1F(地下1階)は各停、準急の3、4番線。

Img_9687

 

B2F(地下2階)は1、2番線で急行などが停車する。
帰りは快速急行で。

Img_9686 

 

 

B2Fまで一気に下るエスカレータ。
途中、B1Fの3、4番線がガラス越しに見える。

Img_9689

 
 
海老名で買い物したくて海老名駅まで乗った。
ロマンスカーミュージアムの建設が本格化している。

Img_9691

  

ビナウォークの鯉のぼり♪

Img_9692

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019/04/29

連休3日目…♪

★連休3日目…♪

どんより…。
 
まあまあ暖かい。

  
大型GW10連休…♪
高速などは落ち着いてきた感がある…。
スーパー、コンビニなどでも品薄などはないし…。
近所の幹線道路なども普通に動いている。


 

昨日、江之浦で買い求めた筍(たけのこ)♪

早速、昨夜、茹でた。
今夜の夕食は筍ご飯、青椒肉絲(チンジャオロース)。
やはり、採りたては美味しい。

明日は筍の煮物を。

 


今日はショッピングモール巡り…。

まず、ビナウォークへ。
なんと、オープン17周年ということで、セール中。
 
某ABC○○○で靴の安売りチラシが…。
ステスク店とボーノ店の印刷がされていたのは覚えていたのだが、
ビナウォークにも店舗があるからと行ってみた。

で、探したのだが、お目当てのシューズは値引き前の価格…。
店内に貼ってあったチラシを見たら、ウチに入ってたチラシとは
内容が異なる…。

仕方ない、ビナウォークではランチだけして相模大野へ。
ステスクの店舗で探したら、値引き価格で売られていたので、即ゲット。
同じ某ABC○○○なのに、店によって、チラシも価格も異なるとは…。
ちょっと疲れた…。

  


小田急ロマンスカーVSE・50000形に不具合…。

特急ロマンスカーVSE・50000形の2編成の内、1編成に不具合
が生じたとのことで、4月29日、30日の当該列車はEXE・30000形
に変更して運行するとのこと。

展望席を予約して楽しみにしていた人も多かっただろうに…。
不具合って、なんだったのだろう…。

もしかして、2週間ほど前に発生した箱根登山鉄道・箱根湯本~入生田駅間
で落石によるとみられる事故と関連があるのかな…。
特急ロマンスカー新宿行きが線路上にあった石と接触して一時運転見合わせ
したのだが、確か、VSE・50000形だったはず。

201904odakyuvse  


小田急
 
小田急50000形電車 Wikipedia

  


| | コメント (0)

2019/04/28

GWの西湘…♪

★GWの西湘…♪

晴れ♪

ぽかぽか暖かい♪
 

ウチはGWのお出かけは西湘がいちばんと思ってる。
石橋さえクリアすれば、あとはすいすいだから…。

渋滞情報は例年通り、小田厚・早川合流部から石橋にかけての渋滞…。 

で、いつもながら小田厚で。
やはり、海のない北関東勢、群馬や埼玉のクルマが多く閉口…。
圏央道効果もいい加減にしてほしい…。
途中、平塚付近では富士山がくっきり…、そして、県警にとっては稼ぎ時…。

えっ、石橋の渋滞は3kmと表示された。
ま、これも、いつも通り…。

渋滞3km以上の場合は途中で降りて西湘に乗り換えることにしている。
西湘を走り、早川合流部が2km以上に達していることが分かり、
早川出口にまわったのだが、本線に溢れるくらいに出口渋滞…。

後で分かったのだが、国道135号の渋滞が動かず、早川出口から出る
のはほぼ不可能に近く、インターを出るだけで2時間以上かかったとか…。
 
僕も早川出口渋滞の最後尾についたのだが、異変に気がついたので、
渋滞から脱出。
そのまま、箱根口まで進み、風祭から早川交差点へ向かった…。

途中、紀伊神社祭礼の幟が立っていて、道ゆく人もハッピ姿などお祭りムード
が盛り上がっていた。

 

風祭の鈴廣かまぼこの里・箱根ビール醸造所の鯉のぼりならぬ、鰹のぼり♪

Img_9538



早川交差点。
信号が青に何回変っても微動だにせず…。
よくよく見ると、国道135号のクルマがずっと同じまま…。
待ってられないので、手前の抜け道へ右折して、135号を左折して、この
早川交差点で右折して小田原漁港へ…。
ま、変則技…。

ここで、分かったのは135号下りは微動だにしないということ…。
 
Img_9541
 

小田原漁港では紀伊神社のお祭りの行列とすれ違い、ちょっと”奇祭”っぽい
雰囲気に感激。
紀伊神社のことは、この記事で…。

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19

 
135へ合流するために…。 
同じことを考えたクルマが10数台、小田原漁港南端から135号へ合流。
とにかく経験したことのないような渋滞…。
いつものGWなら、凄いといっても、なんとか動くのだが、今回は微動だにしない
時間が5分ほど続き、そして、クルマ2、3台分前進…。
さらにじっと5分…。  そんな繰り返し…。

早川交差点から石橋合流部の約1.5kmを1時間以上かかった…。

10連休の大型GWだから、経験したことのない渋滞が発生したのかと思った…。


そして…。
石橋合流部に差しかかって、”驚愕の事実”…。
石橋で西湘バイパスからのクルマが合流するのだが、そんな合流すら
できない様子…。
つまり、その先が動いていない…。

この先はすいすいだと”保証”されているので、いつも、ここを目指してくるのだが。
大型GWだから、こんな渋滞も仕方ないのか…。

これでは、じっと動かないのも当然…。

Img_9544

 
石橋合流部を過ぎて、鈴廣かまぼこ石橋店付近。
なんと、パトカーとか警察車両がピッカピカ…。

事故処理中…。
車線が塞がれているため、片側交互通行…。
 
Img_9546r
 
 
この事故のせいで、1時間半ほどロス…。
たった1台の不注意のせいで、どれだけ多くの人に絶望をもたらしたか…。
ホント、迷惑っ…。

大型GWのせいでないことが分かったので、ちょっとほっとした。
ただし、対向車線の上りも大渋滞…。
帰りのことがちょっと不安…。


----------------------------------------------------------------------

ところで…。
渋滞中の早川駅付近から石橋合流部手前の紀伊神社あたりで、「月決駐車場」
の看板を見つけた。

んっ…。
これって、あそこと同じじゃないか…。
あそこって、二宮町と小田原市の境付近を南北に縦断する県道709号沿い。
その海側に近いエリアでは「月決駐車場」と書かれた看板を何回か見かける。

この辺りでは月極駐車場ではなく、月決駐車場と言うのか…。
それとも、偏屈な看板業者が存在するのか…。

-----------------------------------------------------------------------
 

通常のGWなら自宅から1時間半ほどで来れるのに、今日は3時間…。
根府川駅でトイレ休憩へ。

ついでに、パチリ♪

Img_9549
  

お昼をだいぶ過ぎて、13時過ぎに到着。
レストランの駐車場は1台分しか空いてない…。
一抹の不安…。

瀬戸内海を思い出す光景♪

Img_9571

  
予約してないけど、大丈夫かな…。
れんが屋へ。

Img_9573

   

店内にはゴールデンオレンジや日向夏などが売られていた。
ウチはゴールデンオレンジを2皿。

Img_9553

 
店内はほぼ満席…。
4、5分ほど待ってテーブルへ。   

Img_9569
  
  
ホントに絶景のレストラン。

Img_9557

 
ママはランチメニューの小さなお刺身丼。
といっても、ちゃんと大きい丼。

Img_9561

 
今日は二男も一緒に。
僕と二男は江之浦コース。

まずはマグロとワラサの刺身。

Img_9554
  

江之浦コースのカルビ焼肉。
ママはロースを追加注文。

美味しかった♪
 
Img_9567
   

デザートは湘南ゴールドと日向夏、プリンも美味しかった。

Img_9570
   
江之浦 れんが屋

れんが屋(根府川)/食べログ



この風景を見ながら食事すると、料理を一層美味しくする。
 
Img_9564
  
 
大好きな県道740号を南下。

今日は石橋付近の事故のせいで、国道135号の上りも大渋滞しているので、
こちらの上り線を走ってくるクルマがいつもの何倍も多かった。
  
Img_9580

 
県道740号小田原湯河原線 wikipedia 


れんが屋さんで、筍(たけのこ)を売ってるとこを尋ねたら、パン屋の”麦踏”
の先に売ってると教えていただいた。

あった、あった。
大きいのや中くらいのや。

中くらいのを買った。
といっても、無人販売なので、400円を容器に入れた。
考えられないくらい安い♪  

Img_9575
 
  

そして、最近はこちらに来たら必ず買い求める”麦踏”のパン。
GWということで、いつもよりも多めのパンが並んでいた。
だから、今日はちょっとたくさん買った。

ただし、食パンは…。
今日も売り切れ…。
尋ねてみたら、午前中には売り切れるらしいし、予約分だけではけてしまうことも
あるらしい…。
  
Img_9577

 
甲冑が飾ってあった。
 
Img_9578

麦踏

麦踏(江之浦)/食べログ

  



ちょっと帰りの道路が心配なのだが、慌てて帰ると渋滞にはまってしまうのは
必然なので…。
少し、寄り道を。
 

真鶴港。

Img_9587
 

お天気サイコー♪

Img_9586
  
 
  
Img_9585
  

真鶴町観光協会
 

 

帰りの135号。
事故渋滞は解消されていて、すいすい。

3月にオープンしたばかりの”鈴廣かまぼこ 江の浦店”に立ち寄った。

以前の”あのドライブイン”とは打って変わって上品な佇まい…。

Img_9589

 

2Fにはレストランと見晴らしのよいデッキ。  

1Fには鈴廣の商品がずらっと並んでいて、試食しながら買える。
ウチもあれこれ…。

Img_9594

 
イートインコーナーにて。  
練り物って、ホントに美味しい♪

Img_9592

 
鈴廣かまぼこ 江の浦店  
000000000000000000000000000000000000  


 
GW。
やはり、どっか行きたい…♪
この時期に江の島や鎌倉へ行くと、大変なことになる…。
さすがに懲りてしまった…。
だから、ウチは西湘に行くのだが、ここ数年、圏央道効果で海なし県
からのクルマがウザイ…。

そこへ…。
今日は最悪の事故渋滞…。
それでも、西湘の好きなとこをアチコチできて、サイコーだった♪
ま、いつものワンパターンなんだけど…。


国道135号・石橋~真鶴駅直前の交差点までの約10kmは信号機がない。
いや、正確には、なかった。
4年前に根府川交差点が改良されて信号機が設置されたのだが、試行錯誤した
結果、下りの信号機はクルマをとめない事になった。
これは、地元と警察当局のもの凄い英断♪

信号機が渋滞を招く元凶だということを証明したような英断。
上りは、週末ともなると伊豆方面からの”帰りクルマ”で悪名高き大渋滞…。
処方箋を告知すると地元に迷惑をかけるので、敢えて”放置”…。

しかし、下りは滅多に渋滞しないことが、観光にプラスに作用している。
つまり、下り対策さえしっかりしておけばということで、下りは10km
が”信号機なし”を貫いた…。

だから、ウチのGWは西湘から熱海方面なのだが、ここ数年の熱海人気
は過熱気味…♪


で、懸念していた帰路は、すいすい。
ところが、西湘バイパスを走行中に電光掲示板に事故の情報…。
なんと、西湘バイパスの終点の先、唐ヶ原で事故だとか…。

大磯港インター付近で渋滞の最後尾のハザードがチカチカ…。
数台のクルマがインターを出たのに続き僕も出た…。

ま、間一髪で渋滞回避できたので、よかった…。

それにしても…。
こういったGWなどは不慣れなクルマが目立つが、交通事故だけは
起こしたくないものだ…。

行きの大渋滞の原因だった石橋の事故は大した事故ではないのに、
大きな迷惑だった…。
渋滞の激しい時期に事故るヤツって…。
そして、通勤時間帯に電車に飛び込むヤツって…。
そんな、ぶつけようのない怒りが…。

そして、早川出口を出ようとしたクルマの話…。
国道135号が動かない状態なので、新早川橋交差点で左折できるクルマ
がほとんどなくて、最も悲惨な状態になったとのこと…。
左折オンリーの交差点なのだが、無理矢理、右折で逃げたクルマもいたのでは…。
 
小田厚から早川合流部へはまったクルマも逃げ場がないので、2、3時間
もの時間を渋滞とつきあったようだ…。
 
とにかく、動かない渋滞はどうにもならない…。

   
 


関連記事

おかめ桜♪ 2019.03.09

湘南ゴールドを♪ 2019.01.26

湯河原へ…♪ 2018.11.09 

江之浦マップ♪ 2018.08.15

西湘&箱根♪ 2018.08.13

根府川おかめ桜♪ 2018.03.17

江之浦測候所へ♪ 2018.01.26

真鶴とか♪ 2017.11.03

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19

GWのお出かけ~♪ 2017.05.03

湘南ゴールドを♪ 2017.03.25

福浦漁港・みなと食堂♪ 2017.03.04

湘南ゴールドを♪ 2017.01.27

真鶴~熱海♪ 2016.11.26

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

熱海♪ 2016.03.12

湘南ゴールドを♪ 2016.02.06

鯵が食べたい♪ 2015.07.25

根府川へ…合流部、驚愕の新事実…♪ 2015.03.28

湘南ゴールドを♪ 2015.02.07

国道135号根府川合流部改良工事完成へ♪ 2015.01.15

真鶴♪ 2014.09.13
 
お花見…根府川・江之浦へ♪ 2014.04.05

真鶴&湯河原♪ 2013.11.03 

湘南ゴールドを♪ 2013.04.27

桜を見ながら江之浦へ♪ 2013.03.23

江之浦~真鶴♪ 2012.05.04

江之浦~根府川のおかめ桜♪ 2012.04.01

江之浦へ♪-2 2012.03.03

江之浦へ♪-1 2012.03.03

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-2 2012.02.18

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-1 2012.02.18

豆相人車鉄道の旅…かな♪ 2011.03.05

湘南ゴールド♪ 2009.03.02

湘南ゴールド♪ 2007.03.18

ハルメキ♪ 2011.03.26 

おかめ桜&ハルメキ~♪ 2012.03.23  

     





| | コメント (0)

より以前の記事一覧