2018/09/09

休日…♪

★休日…♪

晴れ♪

暑かった…。
快適な暑さ…。

 


ママが買ってる”ランドネ”、昨年10月号をペラペラ…。

懐かしい入笠山のページに目がいった。

社会人になった翌年、後輩が入部してきたので、新人歓迎登山として入笠山へ。
早朝の青柳駅で下車。
駅の標高867.7mから入笠山山頂1,955mまで。
標高差1,088mの初心者にはもってこいの山。
駅から歩けるのも魅力。
  
昔はなかったゴンドラができて、より気軽に楽しめる…。


トレッキング/富士見パノラマリゾート
000000000000000000000000000000fuj_2


ランドネ

ランドネ公認ファンページ/fb

ランドネ/枻出版社

ランドネなどなど

000000000000000000000000000000000_2

  



 


  



  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/17

尾瀬夜行23:55で♪

★尾瀬夜行23:55で♪

雨…。

涼しい…。


6月15日(土)。
台湾付近でまさかの台風6号発生…。
なんとか晴れマークがついてた会津地方は一転、雨マークに…。

  
   

「尾瀬夜行」が出発する浅草駅へ。

町田駅。
初めてEXEα・30000形に。
シートの色合いなどが変更され、車内も明るい雰囲気。

あの染みついたタバコの匂いがなくなっていたことに驚き…。
もっとも、その匂いの元のひとつは僕だったけど…。

Img_5921



松屋浅草 - MATSUYA浅草。
僕にとっては東武浅草駅そのもの…。
                                      2018年4月撮影

Img_3910

 
東武浅草駅。
昭和6年(1931年)に開業。
以来、この駅は戦渦から逃れ、改修はされているが、現在に至る。

日光ライバル競争…。
戦後、東武の日光行き特急vs国鉄デラックス準急…。
東武は浅草~日光を2時間17分、国鉄は上野~日光を2時間27分…。
日光ライバル競争は東武の圧勝…。

戦後、東京の中心は上野、浅草などの下町から山手へと移ったことは
紛れもない事実…。
  
新宿が台頭し、東京で最大の賑わい、小田急、京王、西武などが乗り入れ、
繁栄した。
一方、没落し、地の利の悪い浅草よりも、新宿ターミナルを渇望したのが、
東武…。
事実、ライバル関係にあったJR東日本(旧、国鉄)との提携により、新宿
へ乗り入れを実現した。





夜の松屋浅草。
いや、東武浅草駅。

Img_5931   

 

大きな階段と大きな電光掲示板。
4番線には、ひっそりと「23:55 尾瀬夜行」と…。

Img_5935
 
  
尾瀬夜行に乗り込む乗客とおぼしき人達は23時頃から集まりはじめる…。
で、”改札”はせず、”待合室”で待つ。
もちろん、登山姿がほとんど。



リバティ500系車両。
  
Img_5949  


臨時列車扱い。   

Img_5946
  
 
車椅子用のスロープというわけではない…。
そ、電車とホームの隙間が半端じゃない…。
 
Img_5951

 
東武スカイツリーライン浅草駅は相当なカーブを描いている…。
駅を出ると、即、墨田川を渡るため、ほとんど90度曲がる。
そのため、電車とホームの隙間は相当…。

Img_5953



憧れの尾瀬夜行23:55♪

浅草駅23:55発。
今シーズンからはリバティ車両の500系が運転される。

但し、昨年まで用意されていたブランケット、スリッパは廃止された…。
かなり昔は朝食の手配(もちろん、別途、有料)もしていたようだが、
いつの間にかなくなったような…。



ま、何はともあれ、『夜行』…♪
昔、南アルプスや八ヶ岳に登るため、新宿駅のアルプス広場で待ち合わせて、
そのまま列車を待った。
その順番で列車に乗り込むが、週末の酔っ払いサラリーマンと一緒なので
、かなり混雑…。(ま、自分もいつもは酔っ払いサラリーマンなのだが…。)
八王子を過ぎると、ようやく全員が席にありついて安堵…。
床に新聞紙を敷いて寝込んでるやつもいた。

99%若者…♪
たまに高齢者がいたりすると、好奇の目で見られた…。

あの頃も、夜中に出発して、超早朝に甲府、富士見、青柳、韮崎などで下車…。
ほんの仮眠程度で起きた…。

 
今回の尾瀬夜行も23:55に出て、会津尾瀬高原口駅には超早朝3:18着。
3:50まで仮眠することができて、4時過ぎにはバスに乗り込む。
バスは2時間ほどかかるので、車中ではひたすら寝る…。

 
  
東京都、埼玉県、栃木県、福島県と走り抜け…。
3時間20分ほどで会津高原尾瀬口駅に到着。

Img_5959


3時18分到着。
で、30分間ほど、仮眠する時間をもらえる。
ま、仮眠したり、身支度したり…。
    
Img_5961

  

3時50分になると、続々と下車…。
もちろん、ほぼ100%の乗客は登山姿。

Img_5963
  

 
構内踏切を渡り、駅舎へ。
  
Img_5966

 
 
駅前を4時20分に出発。
途中、駒ヶ岳登山口、尾瀬御池でも客を降ろし…。
ほぼ2時間後、6時10分に沼山峠に到着。 
大半の客はココ沼山峠で下車する。

Img_5975_2

 
沼山峠休憩所。
標高1,700m。

みんな、浅草駅近辺のコンビニで買ったおにぎりなどをほおばる。
コンビニで買い出しした時、登山ルックの方々と遭遇した…。

ウチは浅草駅の前にあるセブンで買ったおにぎり、サンドイッチを。
こちらの売店で買ったカップ豚汁が温かくて美味しかった。
僕は熊よけ鈴も買った…。
 
Img_5973





会津高原尾瀬口駅 wikipedia

尾瀬沼ハイキング/東武


「尾瀬夜行」。
以前は約400名募集していたのだが…。

今年のリバティ車両は通常3両編成…。(定員151名)
そして、募集も151名と激減…。

もしかして、400名募集しても、そんなに集まらなかったか…。
はたまた、リバティ採用を優先したか。
あるいは、適正規模を考慮したのか…。

今回の参加は100名ほど…。
列車も余裕あり…。

バスは3台用意されていて、次々と乗り込む。
もしも、400人も参加したら、バスは8台…!!??
収拾つかなくなるかな…。


で、今回の夜行で気がついたこと…。
ここでも、高齢者が目立つ…。
若者はほとんどいない…。

参加者にはピンバッチと参加証としてのワッペンをもらえる。
ワッペンを見せると日帰り温泉が割引…。

ピンバッチにはリバティと水芭蕉、ニッコウキスゲがデザインされている。

1529200916091_2
   

000000000000000000000000000000000_2


尾瀬夜行23:55/東武鉄道

尾瀬夜行23:55/東武トップツアーズ
0000000000000000000000000000000000o

 

00000000000000000000000000000000oze

 
0000000000000000000000000000000ai_2
  
おいでよ南会津


  
尾瀬は…。
この左下(南西)の方にある。








■会津高原尾瀬口駅からバス。

2時間弱で到着。

南会津郡檜枝岐村(ひのえまたむら)。
沼山峠バス停着。
標高1,700m。


 

さ、ここからスタート。

沼山峠休憩所の脇の登山口。

でも、どのガイドブックにも書かれていたのだが、バスを降りて、
即、歩きはじめるのではなく、身支度、そして、身体を高地に慣れ
させてから…。


休憩所でしばし休憩…。
コンビニ調達のおにぎり等と休憩所で買ったカップ豚汁で朝食をすませた。

仮眠程度なので、足どりは若干ふわふわする…。


沼山峠休憩所の脇にある、尾瀬沼、大江湿原などへの登山口。
ここから、しばらくは上り…。

Img_5979_2
  


上りの後、下り坂がだらだら続く…。
これは、帰りは逆に上り坂になるってことで、ボディーブローのよう…。
 
Img_5982   



大江湿原は平たん…。
いろんな花が♪

ゴゼンタチバナ。

Img_5983
 
  
オオカメノキ(大亀木)。
地元ではオオシダとも呼ぶ。
 
Img_5985
  
  

ウラジロヨウラク。
  
Img_5988  

 

レンゲツツジ。

Img_5995
 


大江湿原にて。
雨がひどくなった…。

Img_5998

 
 
リュウキンカ。
  
Img_6001

    

ミズバショウ。
尾瀬といえば、ミズバショウ。

Img_6002

 
大江川。
ミズバショウが群生してるとこが、アチコチ…。
  
Img_6010

 
  
向こうには尾瀬沼…♪

Img_6015
  


大江湿原分岐付近。

Img_6016

 
 
僕たちはここから、尾瀬沼の北岸をいくことに。
つまり、尾瀬沼を反時計まわりに…。

浅沼湿原にて。

Img_6021

  

沼尻平。
尾瀬ヶ原へは上の方へ、三平下へは左の方へ。
僕たちは三平下方面へ。
  
Img_6029



小雨…。
降ったり、やんだり…。

チングルマ。
    
Img_6028  



沼尻平の分岐を過ぎ、尾瀬沼の西岸をいく。
西岸は最初は平たんで歩きやすかったのだが…。
進むにつれ、悪路…。

アップダウンがきつく、ぬかるんでいる、そして、木道は傷んでいて、
安心は禁物…。
また、足場がわるく、尾瀬沼の湖面がはるか下に…。
結構、スリリング…。

僕は足を滑らせ、たいした事なかったのに、後になって、かなりのダメージ
を味わった…。


大清水平分岐のトイレを使った。
200円の寄付金と書かれていた。
もちろん、支払った…。

尾瀬ではトイレを使うにあたってはチップ要。
小銭は用意しておいたほうがよい。




タカネバラかな…。
 
Img_6033

 
 
1時間余の悪戦苦闘…。
ようやく、三平下の尾瀬沼休憩所、尾瀬沼山荘に到着。
  
美味しいという噂…♪
でも昼食には早過ぎ…。

灯油ストーブがついてた…。
 
Img_6036
  

おっ…。
晴れ間が♪
 
Img_6035
 
  
 
三平下。
沼山峠まで3.9km…。

Img_6039

  


尾瀬沼東岸へ。  
  
Img_6042


 
西岸とは大違い…。
平たんで、歩きやすい。

天気も回復してきたので暖かいし♪

Img_6044   
 

尾瀬沼のむこうには燧ヶ岳(ひうちがたけ)。(2,356m)
頂上付近の雲がとれない…。

Img_6046
 


尾瀬沼東岸。   
山荘脇にシラネアオイが。  
 
Img_6057
 
 


「命幸くあらむと石走る 垂水の水を掬(むす)びて飲みつ」…。
萬葉集…、つまり、万葉集に収められた歌のひとつ。

冷蔵庫ではこんな冷たくない…。
そう思わせるような、本当に冷たい水。
疲れた身体には、これ以上ないほど美味しかった♪

Img_6051

  
尾瀬沼ビジターセンター。
展示などが興味深い。

Img_6053
 
 
尾瀬沼ビジターセンター/尾瀬保護財団



長蔵小屋。 

Img_6055

  

尾瀬、檜枝岐温泉のポスター♪ 

Img_6056
 
   

エゾムラサキ。

Img_6059



長蔵小屋休憩所。
 
Img_6060

  


Img_6064


 
カレーライスを♪

ただし、こちらのカレーライスはレトルト…。
でも、疲労と空腹…、美味しかった♪

Img_6062



長蔵小屋休憩所(尾瀬)/食べログ

長蔵小屋

幻の尾瀬自動車…♪ 2018.08.24


 
このエリアは、いろんな施設があるので…、道に迷いそう…。
沼山峠へ。
 
Img_6065

  

大江湿原を経て、沼山峠へ。

Img_6066
  

  
大江湿原分岐。
ここから沼山峠は3.0km。

Img_6069
 
 
オオバタチツボスミレ。

Img_6070

    

あの山を越えると沼山峠。

Img_6074

 
行きに感じた通り、だらだら上り坂がずっと続いて、ボディブローのように…。
疲れはピークに…。


全行程約13km。
尾瀬沼西岸で体力消費…。
そして、沼山峠への最後の上り坂…。


ようやくゴール♪

Img_6086  


  
沼山峠への帰着。
思ったよりも大幅に早かった。

で、都合よくバスが…。
ハイシーズンには乗り切れない客が続出すると聞いていた…。
その為、尾瀬夜行の客優先のバスまで用意されているのだ…。
尾瀬夜行の客が乗っても余裕がある場合のみ、一般客を乗せる仕組み。

今回はその”優先バス”だった。
ところが、その”優先バス”の客…。
沼山峠からは僕とママの2人のみ。
尾瀬御池から3人が乗り込んできた。
従って、客5人というがらがらのバス。

今日、入山した登山客は次のバスから混雑してくるのか。
そして、山小屋で1泊した人々は明日のバスに”集中”するのか…。

尾瀬御池から乗り込んできた3人は尾瀬夜行で一緒だった。
沼山峠から出発していたから、燧ヶ岳を経て、日帰りで御池まで。
そんなルートもあるのだと…。

バスはゆっくり走って2時間ほどで会津高原尾瀬口駅到着。

 
会津高原尾瀬口駅。
野岩鉄道と会津鉄道の両社が共用し、会津鉄道側が管轄している。

数日前、わざわざ玉川学園前まで出向いて買った特急券は2時間も後の列車…。
この特急券は東武トップツアーズで買い求めたので、東武でしか払い戻し
できない…。
この駅の管轄は会津鉄道。
払い戻しを前提にすれば、東武の管轄駅まで行かないとならない…。
そして、特急券の当該特急が出発するまでに払い戻ししないと失効…。


ところが…、今回、早めたかった特急は満席…。
埼玉県内で満席になる区間が発生するのだとか…。

で、駅員が言うには、鬼怒川温泉駅まで特急に乗車して、鬼怒川温泉駅
で下車して、次の特急券を買えばよいと…。
その特急はまだ充分に空きがあると。

え…。
後で調べてわかった、信じられないルール…。
当路線内での特急料金は370円であるが、会津鬼怒川線内を含む下今市駅
~会津田島駅間の区間のみを、座席の指定を行わず乗車する場合は、
特急料金は不要となる。

それで、駅員は特急に乗車してと何度も繰り返していたのだ…。

そ、特急を入れても、1時間に1本程度のダイヤ…。
日中でも1時間半もあくことがある。

 

 
今朝、超早朝に下車した駅ではあるのだが…。
会津高原尾瀬口駅ホーム、構内踏切手前にて。

Img_6095

  
駅舎裏にはニッコウキスゲが。   

Img_6100

 
 
”超早朝”に見た光景と比べると…。

Img_6097   

  
 
特急リバティ会津140号。

Img_6103

 
この特急に乗車…。

車内で検札にきた乗務員に空席がないか尋ねたら、キャンセルがあるので、
即、OK…♪

そして、特急券の払い戻しも、浅草に到着してからで大丈夫と…。
到着時刻が当初の特急の出発時刻よりも早いということ。




会津高原尾瀬口駅/野岩鉄道
00000000000000000000000000000yaga_2

会津高原尾瀬口駅 wikipedia

会津鉄道会津線 wikiprdia

野岩鉄道会津鬼怒川線 wikipedia

野岩鉄道 wikipedia

東武日光線 wikipedia

 
東武スカイツリー線に改称したとばかり思い込んでた…。
が、伊勢崎線の一部路線について、東武スカイツリーラインは愛称だった…。

東武伊勢崎線 wikipedia

  

  

東武日光線下今市駅。

Img_6105_2

    


いいものが見えた♪
転車台(ターンテーブル)も見えた。

DL大樹。
DE10、14系。

Img_6106


DL大樹


  

野岩鉄道会津鬼怒川線・会津高原尾瀬口駅を出発すると、
すぐに栃木県。
行けども行けども、栃木県…。
そして、埼玉県に入ると、またまた、行けども行けども、埼玉県…。
ただただ、埼玉県…。
 
福島県、栃木県、埼玉県、そして、東京都…。

とにかく長時間…。
3時間…。

特急じゃなくてもいいのだが、各停などに直通なんかない…。
途中、2、3回も乗り換えるなんて…。
無理っ…。


東武といえば、池袋を起点にしている東上線かと思っていた…。
どうも、そうじゃなく、こちら伊勢崎線が主流のように思えてきた…。

 

そうこうしていると…。
東京スカイツリーの真下、とうきょうスカイツリー駅を発車…。
あっという間に墨田川…。
それもそのはず、とうきょうスカイツリー駅~浅草駅間は1.1km。
 

ようやく…。
墨田川を…。
 
Img_6110

  

ぐ~っと、カーブ…。
その先には東武浅草駅…、到着。

Img_6113
 
  
  

小田急新宿駅。
ロマンスカーGSE・70000形に♪
 
Img_6116

   


Img_6120


 
 
 

■■
尾瀬♪

憧れの尾瀬♪

群馬県側からのコース、福島県側からのコースなどなど…。
鳩待峠、沼山峠、大清水などなど…。

この分かりにくさが尾瀬を遠ざけているように思える…。
さらに、思った以上に長時間を要する…。

今回、尾瀬夜行3時間、そして、バス2時間…。
結構、ストレス…。

でも…。
”尾瀬夜行”の果たしている役割は大きい…♪
心理的距離を縮めている感じ。

そ、ただの日帰りでは厳し過ぎる…。
1泊1日の旅を提唱している尾瀬夜行がベストか…。
山小屋での1泊を加えれば、さらに快適な尾瀬が満喫できそう。


また行きたい♪

  
  
尾瀬保護財団

尾瀬へのアクセス/TEPCO

尾瀬マウンテンガイド
000000000000000000000000000000000_2


尾瀬ナビ/YAMAKEI 山と渓谷社

弥四郎小屋(尾瀬ヶ原)
 
  




関連記事

幻の尾瀬自動車道♪ 2018.08.24

 

尾瀬と同じくらい大好きな八島湿原。

夏休み2♪ - 蓼科・霧ヶ峰 2014.08.15

八ヶ岳で夏休み♪ - 2 2007.08.07
  
 

 





   






   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/19

三ノ塔♪

★三ノ塔♪

晴れ♪

超暑い…。


今日、関東甲信は梅雨明け…♪





こんないいお天気♪
勿体ない。

ちょっと熱中症が恐いけど…。
山へ♪


クルマで行くか思案したけど、あそこは駐車場が狭くて…。
ま、昔の丹沢登山の時と同じように電車とバスで。


秦野駅到着直前に見える大山。

Img_4448


学生時代、社会人なりたての頃。
大倉山から東横線、相鉄線で海老名へ。
そして、小田急線に乗り換えて秦野駅からバス。

小田急は丹沢登山の時だけ接する電車だった…。



ハマ線で町田から小田急にすればよかったのに…。
ところが…。
あの頃、小田急・新原町田駅と国鉄・原町田駅だった頃。
駅と駅がかなり遠く離れていて、途中には信号も…。
乗り換え方がよく分からない…。
僕のようなよそ者には”町田”は乗換駅として見ていなかった…。
確か、そんな理由…。

今のようにどちらも”町田駅”となり、国鉄の駅が小田急側に移転したのは
昭和55年(1980年)。
ペデストリアンデッキになって、ストレスフリーになったのは、さらに数年後
だったと…。



-----------------------------------------------------------------

学生時代に使っていた丹沢の山地図を久し振りに開いてみたら、何と39年前。
1976年(昭和51年)発行。
それなのに、全然、色褪せてない。
山の地図はユポという特殊な素材で作られているので、紙と違って褪せたり
しないし、山で雨に遭っても、全然平気。

…地図を見ていて驚いたのは、大根駅とか、大秦野駅と表記されている…。
そう、あの頃は東海大学前駅は大根駅、秦野駅には大が付いてたんだ…。

僕が初めて丹沢に登ったときは、秦野駅集合。
で、よくよく調べてみたら、秦野駅になったのも、東海大学前駅になったのも
1987年(昭和62年)のこと。
ってことは、僕が初めて下車した秦野駅は大秦野駅だったんだ。

早朝に駅前の砂利敷きのバス乗り場から蓑毛行きに乗り、終点で下車。


201507maptanzawa1


---------------------------------------------------------------


 

木造の小さな駅舎。
南口という存在すらなかった。
砂利敷きの駅前からバス…。
.
.
.
.
.
そして、今は…。

二男がこの駅前ロータリーからバスで某大学”湘南ひらつかキャンパス”
に通っていた。
秦野市を抜け、平塚市はずれの山奥…。

入学前、クルマで連れてきてやって…。
わざわざ、バスに乗ってキャンパスまでの行きかたをシミュレーション…。
今の親は甘い…。

僕たちの学生時代には親は見事に無関係。
学費だけ出してもらう存在だった…。
大体、今の大学って、成績表を親宛に郵送してくること自体、過保護推奨…。
.
.
.
.
.
1996年に今の駅舎に。
来年で新駅舎20周年。
もうそんなに…。

そんなバスロータリー、久しぶり…。
ホントに秦野駅も駅前ロータリーも随分変貌した。

ヤビツ峠行き…。
えっ、かなり大勢の人。

Img_4450


蓑毛、ヤビツ峠行きだけが超混雑…。

Img_4451


僕たちの後ろにも数人…。
バスは超満員で、もちろん立ったまま。

ヤビツ峠(761m)へ。

ここから県道を1.6km。

Img_4456

  

Img_4457_2


Img_4459



Img_4500



やはり暑い…。
しょっちゅう飲み物を。

Img_4469




大山(1,252m)。
山頂に見えるのはFMヨコハマの送信施設など。

Img_4467



カメラを右に…。
江の島♪

Img_4464



Img_4471



Img_4473



梅雨明け…♪
青空が気持ち良い♪

Img_4474



二ノ塔(1,144m)。
小休止。

Img_4478




Img_4479



Img_4482


Img_4485



三ノ塔(1,205m)♪

避難小屋の前にはイス兼テーブルが。

Img_4488



三ノ塔/秦野市観光協会



秦野駅改札口前のOXで買ったおにぎり~♪
ロマンスカーのイラストがあるかないかで、テンション違ってくる♪


Img_4492



飲み物は。
最近はまってる、ソルティライチ♪

その名の通り、ナトリウム摂取が考えられた熱中症対策にも。

ソルティライチ/KIRIN キリン

Product16




眼下に見える鳥尾山(1,136m)。
その向こうには新大日、塔ノ岳と…。

Img_4494






梅雨明けした関東各地、気温は上昇…。

1,200m級の山っていうのは昼間はそれなりに暑い…。
熱中症という言葉が重く…。

飲み物はずいぶん摂った。

今日はここまで…。
短時間の山だったけど、満足♪

Img_4498



いつも気になる看板。
秦野市街の喫茶店などでは護摩屋敷の名水でコーヒーを淹れてくれる店が
あるようだが、こちらはこの先にあって、自家用の湧水を使ってるとか。

表丹沢 青山荘・きまぐれ喫茶

Img_4506



ヤビツ峠の駐車場とバス停。

Img_4507



Img_4508


気になる貼り紙…。
大山ケーブルカーの車両搬送。
まさか、こんな山奥の”山岳道路”を…。
意味不明…。

恐らく、市内各所のバス停に貼ってあるのだろう。

Img_4508002



バスはたった4人が乗車。
朝とはえらい違い。





 
秦野駅。

Img_4510

  

  



  
大山~大山街道~246  fuji notesshine 

  

  

  



     

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/30

新緑の大山♪

★新緑の大山♪

晴れ♪

サイコー♪



大山ケーブルカーが運休してから2週間…。
あと4ヶ月間。

それなら、トレッキングで…♪




太陽、ちょっとギラギラ…。
山はどうだろ…。

Img_4067





伊勢原市。
246板戸交差点を右折、山の方へ。

空いてる。


大山エリア。

予想通り…。
人もクルマもほとんどいない…。

とはいっても、市営第2駐車場は満車。
第1は遠いし…。

で、いつもの”民間”へ。
えっ、驚き…。
リパークに変身。

時間ではなく、1回1,000円なので、変動なし。

0000000000000header_logo_01





写真で見るよりも相当な急勾配をチャリがぐんぐん…。

Img_4069



Img_4070



こま参道…。
閑散としていた…。

ケーブルカーの運休でこれほどとは…。
参道を通るのは登山、トレッキング姿…。

ケーブルカーの運休期間4ヶ月半は耐えるしかない…。

Img_4074





こちらは、ケーブルカー・ラストラン間際…。

201504oyama_0001





現在…。

『50年に一度の夏』…。
そ、50年にして初めてのリニューアル。

ケーブルカーなしで楽しむ企画。

20150509oyama


50年に一度の夏/伊勢原市観光協会

いせはら観光ナビ/伊勢原市観光協会




参道のお店には…。

Img_4073

大山ケーブル駅。

入口にはロープ…。
「運休中」の小さな文字…。

Img_4075




大山ケーブルカー

20150517oyamalastrun



関連記事


月曜日… 2015.05.18

水曜日… 2015.04.15


 

駅舎内には工事用の資材などで占拠されていた。
向こうに見えるホームも足場が組まれていた。

Img_4150_2





いよいよ…。

Img_4076






追分。

P1237927






小さな神社、八意思兼神社。

Img_4079



大山ケーブルカーの工事用モノレール…。

Img_4083_2



Img_4084




子育て地蔵。

Img_4086




大山寺本堂の手前には、大山不動尊(前不動)が。

Img_4088


Img_4089





紅葉シーズンには欠かせない石段。

新緑もいいものだ♪

Img_4090


Img_4097_2


Img_4143



大山寺。

Img_4099



Img_4101


Img_4105




この先にはケーブルカー「大山寺駅」。

Img_4094



ケーブルカー工事用モノレール。

Img_4096



工事用の資材が次々と運ばれてくる。

Img_4107




ケーブルカーの高架線路。
この辺りは既に新しくなってるような…。

Img_4111




大山寺駅の先のトンネル内には”たんざわ号”が…。
見納めか…。

Img_4115


※6月12日、緑色の車体”おおやま号”の搬出が報道された。
 24日にはこの赤い車体”たんざわ号”が搬出される予定。

大山ケーブルカー搬出… 2015.06.12






Img_4117






大山寺から先、大山阿夫利神社下社まではかなりきつい。
登山でもこれだけの勾配は珍しいし、石段になっているので、余計にきつい。

江戸時代の大山詣り…。
きっと、この坂を登ったのだろう…。

到着。

Img_4118





Img_4120


Img_4121


Img_4122




大山詣りと江の島。
江戸時代はセットだったらしい。

江の島♪

Img_4124



大山阿夫利神社。

Img_4128


大山阿夫利神社





大山山頂付近には何回もヘリが行ったり来たり。
ほどなくして、レスキュー隊員たちが次々と駆け下りていく。

下界からは救急車や消防車のけたたましいサイレンが延々と…。

一体何が…。





  



こちらは大山頂上への登山道入口。
今日はパス…。

Img_4129






持参したおにぎりでランチ。
新緑の時期っておにぎりが美味しい♪

Img_4132



Img_4126_2



下社周辺の売店…。
ガラガラ…。
いつもは満席なのに…。

Img_4134



Img_4135




下山しはじめてすぐ。
レスキュー隊員…。

登山者が滑落したのだとか…。
ぐったりと横たわっていた。
意識は取り戻したとか。
たいした高さではないのに、打ちどころが…。

今日はなんと3件もの事故が頻発したとか…。

平和な大山で3件…。

Img_4137




大山寺。
かわいい童子に…。

Img_4145


Img_4142




帰着。
ホントに人影がない…。

Img_4152


振り返ると。
大山寺駅がくっきり…。

Img_4153


もちろん、阿夫利神社駅もくっきり。


今日はサイコーのトレッキング日和♪

気温はかなり高く、30℃近くまで上昇したとか。
でも、山はそんな苦痛はなかった。





帰路…、予約していなかったのだが…。
予感通り、”大山まんじゅう”あった♪
予約なしで買えたことに感激♪

ま、これもケーブルカー運休の効能。

でも、残りわずかだった…。

Img_4156




先週。
箱根湯本、”ちもと”の湯もち。
やはり、本物って美味しい♪


同じく、こちらの”大山まんじゅう”♪
普通のまんじゅうなのだが…。

来年、創業150年を迎える大山まんじゅう。
幕末から明治にかけての創業…。
ただし、ここ大山のコマ参道に面した土産物屋、飲食店、宿坊などは
創業から250年とか300年という老舗があちこち。

創業150年といえども、奇跡のよう。
大山まんじゅう♪

予約しないと絶対に買えないという、ありがたい商品…。
本物の美味しさと相まって、満足♪

あふり嶺もすごく美味しい♪
このお店、大山まんじゅう以外の商品、あふり嶺や羊羹など、まんじゅう
とは異なる次元の超が付く美味しさなのだ。

Img_4157



大山まんじゅう本舗・良辨(良弁・りょうべん、ろうべん)/食べログ

大山まんじゅう本舗(丹沢大山国定公園ガイド)












大山~大山街道~246  fuji notesshine 






Walker25_color1001 Walker25_color1002

 


   
























   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/13

BE-PAL♪

BE-PAL

朝、これ以上ないってくらいどんより…。
肌寒いし…♪

それなのに、上着なし半袖シャツの人がいた…。
…見てるだけで寒くなる。
季節音痴&着るもの音痴の僕にもわかる…。


梅雨なのに過ごしやすい…。  って、言うのかな…。




 

帰りに書店で目が…。
BE-PAL、以前は創刊からずっと毎号買ってたのに、長いことご無沙汰。
なんと、創刊31周年。

しかし、なんで31周年なんて中途半端な…。
そっか、30周年の昨年は震災直後だったから…。 …かな。

1981年(昭和56年)創刊。

その3年前の1978年(昭和53年)には「CAR and DRIVER」創刊、今でも毎号
買い続けてる♪



時代は変わってもBE-PALの本質は変わってない。
outdoorにはまってた頃は楽しいアイデアの宝庫だった。

たまには浸ってみるのもいいかも♪



BE-PAL/小学館

201207

  
創刊31周年記念ということで、カラビナ型ワインオープナーが付録。
それと、大人の逸品カタログも。


BE-PALとCHUMSのコラボ。
カラビナ型ワインオープナー。

P6130778




過去記事
  
BE-PAL 2006.01.15

6年前の創刊25周年の時にも…。


 
20060115


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/29

大和ふれあいの森♪

大和ふれあいの森

今日も朝から晴れ♪

GW、いい季節♪

今日も夏のような暑さ。


初夏を感じる大和ふれあいの森へ。

昨年は震災直後ということで「緑の日」のイベントは中止だったけど、今年は
本来の趣旨に沿った質素なやり方で復活…。
「昭和の日」なっても、季節的には緑にまつわる活動には絶好の時期。

毎年いただいてる花、今年もかなり咲いてる♪


泉の森・ふれあいの森/大和市

大和市・泉の森

 

過去記事

GW初日♪ 2011.04.29

GWはじまった♪ 2010.04.29

大和市ふれあいの森♪ 2009.04.29




いつもの光景♪

P4290005



今日は元々は天皇誕生日ということもあって、米軍の戦闘機がガンガン飛ぶ日
だったのだけど、ここんとこ硫黄島でやってるので、静か。

この公園、大和市の「泉の森」と「ふれあいの森」のふたつから。
その真ん中は東名の大和トンネルが横断している。
大和トンネルは米軍厚木基地への新入路にあたるため、わざわざトンネルで
目隠しをしている訳。
本来不要なんだけど、蓋(ふた)をしているってこと。
それがネックになって渋滞するんだけど…。

同じく相鉄線も基地の北側を走るのだが、わざわざトンネルで塞がれている。

この公園の存在自体が基地の緩衝地帯ってことだけど。





今はつつじ、さつきが綺麗に咲いてる。
つつじ♪

P4290003




芝桜♪

P4299933

P4299935



ハナミズキ♪

P4299930


P4299932



相鉄線、8000系。(多分…)

P4299940


P4299945


同じく8000系かな。

P4299956



へび…。

びっくり!!
何か呑み込んだばかりなのか、お腹が大きく膨れてた…。

P4299953



藤。
白と紫がきれい♪

P4299962



チューリップ。

P4299964





シャガが群生してた。

P4299978



ムラサキダイコンとクロアゲハ♪

P4299994_2

なんだか、植物図鑑みたいになってしまった…。





GWということで、いろんなイベントが。

P4299983



水車。

P4299988



















| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/03/25

おかめ桜&ハルメキ~♪

おかめ桜&ハルメキ~

今日は晴れ♪

久々の休日モード…♪

なんだか暖かくて、部屋では暖房いらなかった。
クルマの中は冷房したいくらい。



買い物の後、パン工房ふくふくへ♪
まだオープンして1、2年…。
ん、調べてみたら6月で丸3年。
もう3年も経つのか…。

とにかく凄い人気。
なんといっても美味しい♪
味オンチの僕でも美味しいってわかる。

パン屋ってチェーンとかじゃなくても、ただの個人経営でも充分にやっていける
商売だと確信…。

今日も店内に入ると客でいっぱい…。
なんで、こんなに…。  不思議…♪  美味しいから♪

それと、接客もかな。

チェーンのお店の接客って、もちろんグッドだけど…。
こちらの接客はマニュアル的でなく、自然な感じがいい。



ぱん工房ふくふく

ぱん工房FukuFuku(フクフク)(相武台前)/食べログ

P3259088   


 


いいお天気♪
ちょっと近所へ。

なんだか、今年は梅とか桜とか期待しなくなった…。
それに、もう期待する時期でもないし…。


県立相模原公園へ。

駐車場はどこも満車…。
そして、凄い人…。

この春最初の公園ってとこかな。




P3259124

いきなり春~♪

P3259102


ぶた…♪

P3259100



森のカフェ♪
春はいいね。

P3259104


P3259106





まずは、おかめ桜♪

P3259115


おかめ桜、ピンクの花がかわいい。

P3259121_2

P3259122



P3259218

P3259126


温室、グリーンハウスに。

屋内にもおかめ桜が。
温かいからよく咲いてる。

P3259132

P3259140

P3259136


窓の外には、先程のおかめ桜。

P3259153



ミッキーマウスノキ。
実がミッキーマウスに似てるのだとか。

P3259146




館内2Fで柴山ISAO絵画展。
共感できる絵だった。


P3259162



館内は春一色♪

P3259164




青空が気持ちいい~♪

P3259159

P3259160





梅が満開♪

今頃…。
日本列島には桜前線も上陸したっていうのに。

P3259172

P3259175




この梅は、オモイノママ。

白梅とピンクの梅が一本の木から…。
そして、八重の梅。

P3259176



P3259177




P3259169





 
気持ちいい♪


P3259212






そして、ハルメキ♪
まだまだ2、3分咲き…。

P3259179



南足柄原産のハルメキ。
低い木なので、かわいい。

P3259191


P3259198

手前はおかめ桜、むこうはハルメキ。

P3259201




過去記事

ハルメキ♪ 2011.03.26

P3259208






   

 

















   

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/07/12

秦野戸川公園♪

秦野戸川公園

クリニックから帰って、まあまあのお天気なので、ちょっとドライブ♪
秦野戸川公園…、行こうと思いつつ何年…。

ここんとこ、想いを寄せている山つながりかな…。
学生時代に使っていた丹沢の山地図を久し振りに開いてみたら、何と33年前。
1976年(昭和51年)発行。
それなのに、全然、色褪せてない。
そ、山の地図はユポという特殊な素材で作られているので、紙と違って褪せたり
しないし、山で雨に遭っても、全然平気。

…地図を見ていて驚いたのは、大根駅とか、大秦野駅と表記されている…。
そか、あの頃は東海大学前駅は大根駅、秦野駅には大が付いてたんだ…。
そう言われてみれば…。
あまり気にしてなかった…。

僕が初めて丹沢に登ったときは、秦野駅集合。
で、よくよく調べてみたら、秦野駅になったのも、東海大学前駅になったのも
1987年(昭和62年)のこと。
ってことは、僕が初めて下車した秦野駅は大秦野駅だったんだ。

早朝に駅前の砂利敷きのバス乗り場から蓑毛行きに乗り、終点で下車。
丹沢登山は、日帰りが多かったから、逆に疲労も大きかった。
下山は大倉へ。  ここからバスで渋沢駅だったかな。
昔は、かなり山奥って感じがした。

その懐かしい大倉♪
それが、秦野戸川公園のあの場所。


クルマで246を走り、大山がど~んと見えた時、カメラを思い出した。
カメラ、忘れた…。
がっくり…。
でも、引き返すのはやめた…。

東名の厚木インターで乗り、次の秦野・中井インターで降りる。
市内から水無川沿いに上流へ。
ほどなくして、246の下に。
お腹が減ったので、いつもの大好きな”砂場”で蕎麦を♪
やはり、ここの蕎麦は最高の歯ごたえと、純朴な蕎麦の味♪

 
手打そば・砂場(秦野)

秦野砂場(秦野) こちらのサイトに移転したよう

 ※場所は国道246号新町交差点。 秦野警察署の並び。


カメラを忘れたので、携帯カメラで…。

Sbsh311411









Sbsh312011





















  
  
   
246を挟んで斜め向かいには”らっかせいの豆芳”本店が。
いつも新茶を送ってくれる清水の友人に落花生を。
もちろん、自宅用にも。
秦野といえば、昔からたばこの葉と落花生。
やっぱり、国内産のピーナツは美味しい♪

豆芳本店

Sbsh31129 Sbsh31130

















また、水無川沿いに大倉方面へ。
河川敷の公園には、色褪せたあじさいがずら~。
きっと、見頃のときは素晴らしかったのだろうな。

やって来ました、秦野戸川公園。
これよりも山側には、昔の面影が残ってる。

河原には子供連れの多いこと。
今日は水深も浅く、安全な水遊び。

県立秦野戸川公園

この公園のランドマーク、風の吊り橋。
思ったよりも大きく、そして、高いです。
真下が見えないから恐怖感はさほどでないけど、見えたら足がすくむこと
間違いないです…。
Image07011





















Image0621 Image06511




















橋の向こう側には山岳スポーツセンターがあって、登山する人にとっては利用価値
ありのよう。
川沿いの小高い場所には休憩所・茶室「おおすみ山居」があって、なかなか手入れ
の行き届いた庭園。
抹茶や、コーヒーも。

Sbsh313211_2 Sbsh313011 Image0771

















キンギョソウがきれいに咲いてた♪
その名のとおりかわいいです。
Sbsh313611




























こういうビジターセンター、好きです♪
Sbsh312511 

























このエリアにいる数々の動植物や、山の模型、興味は尽きないです。
そんな展示の中に昔の小田急線の写真が。
1961年(昭和36年)の撮影で、大山をバックにしているそうです。
小田急線がむき出し…。
柵もなく、そして、まわりには何もない…、今はなき光景かも。

Sbsh312811























今日訪れたエリアは、登山をしていた頃は、登山ルートへの出入り口にあたる
集落。
山に近づいたというだけで、満足でした♪

  


  












| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/05/10

津久井湖♪

津久井湖

昨日に続いて、今日もぴかぴか~♪
午前中から気温は上昇。

この時期、新緑のシャワーを浴びたくて、津久井湖、城山方面へ。

途中、JR下溝駅近くの八景の棚で小休止。
つまり、ここは高台の端にあって、下界の相模川の向こうに大山、丹沢山など、
見渡せるとこって意味の場所。   
絶景かな~♪   

大山を。

P5103992





















昭和橋をのぞむ。

P5103991






















大山、丹沢の山々。

P5103994





















原当麻から昭和橋を渡り、依知神社前交差点を右折し県道511号を北上。
鯉のぼりの会場となった高田橋を過ぎたら、クルマの量は激減。
県道511号を行くクルマは少ない。
途中、葉山島という地名や、湘南小学校とか湘南神社が…。
こんな山奥なのに…。
確か、湘南小学校のことは、Wikipediaにも載っていた。
敢えて、こちらのルートを選んで正解だった。
最後には小倉橋や、その向こうの新小倉橋が美しいアーチを♪

県道510号長竹川尻線
県道511号太井上依知線

小倉橋の交差点を左折し、県道510号へ。
ほどなくして、津久井町根小屋地区というとこの小さな信号のある交差点に
これまた小さな看板で「津久井湖城山パークセンター」は右折の表示が。
てっきり、いつも行く津久井湖・花の苑地とか水の苑地に行けるものと思い
込んで迷わず右折。  ここから県道65号。
しかし、誰も来ない。
前にカップルのバイクが1台。
2、3分でパークセンターの”P”マーク。
もう着いたのかと思ったのだが、湖らしきものはどこにも…。
バイクの二人も、なんか勝手が違うような顔…。


よくよく、園内の看板を見て納得。
いつもの津久井湖・花の苑地、水の苑地はずっと先の別物。
ここは、県立津久井湖城山公園。
この名前が誤解の元…。
昔からある花の苑地、水の苑地も含めての公園。
この辺りは公園内でも「根小屋地区」と呼ばれている。
いずれ、かなり将来には、津久井城と呼ばれた、この城山全体が公園となるが、
今は湖とは反対側のごく一部だけオープンしている状態。

県立津久井湖城山公園

園内に入ると、パーキングエリアは40~50台分くらいか。
かなり余裕だった。
新緑に包まれて、自然公園として広々。
今日はかなり暑くて、徒歩で湖側まで行くのはきつい。

右側のパークセンターには、この辺りの歴史や自然などの展示があって、
結構、興味深い。


P5103995





















四季の広場には、その名の通り、初夏の花が~♪

P5104002 P5104013






000000000000000000000000000000000_9



先日はもみじの新緑をアップしたけど、今回は、かえでの葉♪
もみじは手の指のように切れ込みが深いが、かえでは、切れ込みが浅く、
水かきがあるようなタイプ。  カナダの国旗を思い浮かべてください。

竹の子(もう、筍じゃない…)も。
てんとう虫が♪

P5103999




















P5104007 P5104011       








00000000000000000000000000000000_10

ここからクルマで5、6分で国道413号に出られ、いつもの津久井湖・花の苑地へ。
すっかり整備されて、きれいになった。
城山ダムを写真撮影するなんて、小学校の遠足以来かも…。

P5104021 P5104019 P5104020







00000000000000000000000000000000_11

上の写真の山の頂上(標高375m)に津久井城があったとこ。
この山全体が公園になる予定。
発掘調査を行いながらの整備なので、一体いつになるのか。

今回のルートはあまりクルマも通らず、ストレスなく、いつものような渋滞も
関係なく、いいルートだった♪

P5104025

    

    

   




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/29

大和市ふれあいの森♪

大和市ふれあいの森

今日は初夏のGWに相応しい清々しい晴れ~♪
息子たちは、寝坊をきめこんでる。

テレビのニュースでは、東名は目立った渋滞はないとのことだったが、
大和トンネル付近で、東名を眼下に見たら下り線は相当な渋滞…。


毎年、楽しみにしてる大和市ふれあいの森の緑化まつり。
今年も開催。
4月29日は天皇誕生日、そして緑の日となり、今は昭和の日。
緑の日となった頃から、各地で行われる緑化まつりは、昭和の日になっても、
受け継がれている。
ふれあいの森のグリーンアップセンターで開催。

今年は、クイズが難しくなっていて、満点は…。
例年、満点が続出して、花とかが足りなくなる事態に懲りたのだとか。
みなさん、どうしても、各コーナーでひとつだけ答えられなくて、いただける花が
抑制。
それでも、花2点と、ゴーヤの苗をいただいて満足。

それと、各家庭で要らなくなった植物と、用意された植物を交換するという
よく考えられた方法も。

P4293836





















新緑と色とりどりの花と、青い空♪
これがGWの最高の収穫。


P4293817      






























    
    

P4293812


            
P4293816 P4293819






00000000000000000000000000000000_26
緑化まつり会場のまわりはミニハーブ園。
まだこれからってとこだけど、こちらも好きなコーナー。

P4293820 P4293835 P4293837




00000000000000000000000000000000_25



野草かな、ちょっとかわいくてパチリ♪
本物は、もっと可憐で、きれいな赤紫だったような…。

P4293840




















P4293844




















P4293846





















この公園の先は相鉄線、そして県道、県道の脇のフェンスの向こう側は
アメリカ。
今日は硫黄島で演習とかで、こちらは比較的平穏な感じだが、時折、爆音が響く。
ま、この程度なら航空ショーってとこか。

P4293823























こんな飛行機も。

P4293808 P4293829 P4293831 P4293838

 









    






























































   


大和市 泉の森・ふれあいの森公園

泉の森HP

大和市スポーツ・よか・みどり財団

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧