ロマンスカーミュージアム♪

★ロマンスカーミュージアム♪

 

2021年春にオープン予定。(2018年4月発表)

小田急電鉄が、新しい博物館施設「ロマンスカーミュージアム」を2021年春
に開設すると発表した。
歴代のロマンスカーがずらりと展示される大規模な施設。

 
歴代ロマンスカーが並ぶ

ロマンスカー5種が並ぶロマンスカーミュージアムは、小田急小田原線
の海老名駅近くに建設される。
小田急が鉄道博物館施設を開設するのは初めてで、同社の重要拠点
である海老名電車基地に隣接した海老名駅前に立地する。

ロマンスカーミュージアムの建物は、鉄骨造の地上2階建て。
1階には歴代の特急「ロマンスカー」を展示する。
展示が決まっているのは、SE(3000形)、NSE(3100形)、LSE(7000形)
、HiSE(10000形)、RSE(20000形)の5種。
さらに、小田急開業時に走っていたモハ1形(モハ10)も展示する。

2階には小田急線沿線を再現した鉄道模型が走るジオラマや、電車運転
シミュレーター、キッズゾーンを設置する予定。
  
201804romancecar1

 

民鉄博物館で最大規模

延床面積は約4,400㎡。
大宮の鉄道博物館の延床面積が約28,300㎡なので、その6分の1。
民鉄の施設としては大がかりである。

比較として、東武博物館が3,955㎡、地下鉄博物館が3,535㎡、
京王レールランドが1,190㎡。
延床面積4,400㎡は、民鉄の鉄道博物館施設として最大規模になるとみられる。


小田急海老名駅からJR海老名駅、ららぽーと海老名につながる連絡デッキ
を降りるとすぐ。

201804romancecar3
 
 
ん…。
エントランスに、なにか…♪

201804romancecar2

 

鉄道ファンや子どもにも人気のロマンスカーが5種揃うのも魅力的。
海老名駅駅前という立地も訪れやすく、新宿からロマンスカーを利用できる
アクセスも便利。
2021年春の開業が待ち遠しい。
 

できれば…。
モハ1形の展示と同じように、保存が決定されている2200形とか2600形
を加えてほしい。
1969年(昭和44年)に登場した小田急通勤車両の標準カラーである、
ケイプアイボリーにロイヤルブルーの帯を巻いた車両は是非とも展示して
もらいたい。
同年にデビューした5000形を展示するのも、個人的には嬉しいのだが…。

  
ロマンスカーミュージアム、2021年春に海老名駅隣接地に開業/小田急
    
 
ビナガーデンズ/小田急

00000000000000000000000000000odak_2

 
小田急ロマンスカー♪ 

  
  


2018年10月20日、小田急ファミリー鉄道展開催。
ミュージアム建設予定地にて…。

Img_8532_2

 
 

2019年2月、ロマンスカーミュージアム建設予定地には建設資材などが
運ばれてきた。
そして、地鎮祭、安全祈願祭、そんな形跡があった。

同年3月、いよいよ、建設工事が始まった。
  
 



  

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロマンスカーミュージアム♪:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)