2019/08/17

猛烈に暑いっ…♪

★猛烈に暑いっ…♪

晴れ♪

超暑いっ…。

関東では各地で36℃超え…。

クルマに乗ったら、外気温39℃を表示していた…。
39℃を見たのは初めて…。
 



  
 
2



 

| | コメント (0)

2019/08/16

台風一過…♪

★台風一過…♪

昨日は台風の影響か雨と風…。

今日は台風一過のような晴れ♪

とにかく暑いっ…。

台風10号ははるか日本海の彼方なのに…。
一日中、風が強い…。


長男は愛知県に戻った。
東名、新東名とも順調だったようだ。




伊勢丹相模原店がファイナルセール。

30年前、相模大野にデパート進出のニュースが駆け巡った…。
まさかの…♪
   
Img_1380

  

9月30日で閉店する…。
29年間のありがとう。

ファイナルフェスタ開催中。

Img_1375


相模大野からデパート撤退…。

お隣の町田には小田急も東急もあるし、マルイ、モディ、ルミネなどなど…。
南町田グランベリーパークも11月にオープンするし♪
やっぱり、町田かな…。 
んっ、神奈川県町田市…♪


伊勢丹相模原店

201908finalfesta

 

| | コメント (0)

2019/08/10

お盆休み♪

★お盆休み♪

晴れ♪

暑かった…。

 
長男が愛知から帰省してきた。
愛知県内で事故渋滞があったが、あとは順調だったらしい。
 



長後の安田果樹園に。

Dsc_00242
 

ぶどう。
ブラックビートは売り切れて、アーリースチューベンだけだった…。
藤稔は1週間後だとか。

Dsc_00202

  

5月にヒョウにやられたため、一部の梨はキズありで安く売っていた。(後ろに
見えるのがそんなキズありの梨。)

築水と幸水。
どちらも甘くて美味しかったので、両方買ってみた。

Dsc_00222

  
安田果樹園(長後)


2016年に”ODAKYU VOICE”でも紹介された。

ODAKYU VOICE 2016年9月号/小田急



 

■関連記事

つきみ野駅♪ 2018.08.27

果樹園へ♪ 2018.08.05

旧東海道・藤沢宿♪ 2017.09.03

長後のくだもの♪ 2017.08.14

まったり…♪ 2016.08.18



| | コメント (0)

2019/08/03

夏~♪

★夏~♪

晴れ♪

今日も暑かった…。
気温は変わらないのに、昨日あたりよりもぐっと和らいだ感じ。

 

今夜は厚木の鮎まつり。
花火大会で人、人、人…。

ベイキャン(在日米陸軍キャンプ座間)では恒例の盆踊り大会が行われ、
花火大会も盛大に♪

そして、クルマで走っていたら、あちこちで盆踊り。
栗原中学近くの公園や東建座間ハイツなど、今週から来週にかけてがピークか。


あつぎ鮎まつり。

Img_1065r



キャンプ座間盆踊り大会。

201908campzamabonodorihanabi2019




 

二男のリクエストで鰻を。

このエリアでは最もコスパのいい”うそつきや”へ。
コスパというと語弊があるかも…。
リーズナブルなメニューが揃っていて、その上、名店にありがちな行列で”待つ”
という儀式がなくて、さらには鰻を美味しく食べさせるので、気に入っている。

土用の丑の日前後は「うなぎ限定の営業」をしているほど。
そう、元は鰻専門の店だったので、美味しいのは保証ずみ。

常連さんに聞くと、ハンバーグ、豚しょうが焼きなどの定食もかなり人気なんだとか。

近所で盆踊りが行われているからか、今夜はすいてた…。
この近くにボクシングのあの井上兄弟の家があり、サインやポスターが華々しい。


コンクリートの打ちっ放しの外観もいい。         2014年7月撮影。

Img_1625

  
数年前、うなぎ高騰の年に値上げしたのだが、それでも、充分にリーズナブル。
ママは財布に優しく比較的軽めの”楢(なら)”、二男は重い”欅(けやき)”。

僕は普通の”楡(にれ)”なのだが、これも財布に優しいのだ。
そして、納得の美味しさ♪

Dsc_0020


うそつきや(座間)/食べログ

 


■関連記事

三島へ♪ 【うなぎ桜屋/三島市】 2017.08.15

うなぎ♪ 【うそつきや/座間市】 2014.08.15

プレ土用の丑の日♪ 【うそつきや/座間市】 2014.07.26

三島♪ 【うなぎ桜家/三島市】 2014.06.20

鰻・うなぎ♪ 【うなぎ 甚太/相模原市】 2011.07.17 

土用の丑の日♪ 2008.07.17

  

 

  


  

| | コメント (0)

2019/08/02

8月♪

★8月♪

晴れ♪

暑いっ…。
猛暑…。

 


相模大野に異変…。

庫内にいたはずのロマンスカーSE車(初代3000形)が中間車とともに
留置線の方にいた…。
そして、庫内の左側にずっといたはずの2600形先頭車がいなくなった…。
どうしたのか…。

2600形が出て…。
残るSE、LSE、HiSE、RSE、モハ1形(モハ10)はいずれも
海老名のロマンスカーミュージアムに展示される車両。

ロマンスカーミュージアム♪

またまた、相模大野♪ 2019.03.13

  


8月♪

7月はずっと梅雨だったので、待望の夏が来た~♪
と言いたいけど、それにしても暑い…。

  


JR東海オリジナルカレンダー♪

紀勢本線・大曽根浦~九鬼駅間をいくキハ25形。
大曽根浦駅を出てすぐの尾鷲湾の海岸か。

20190825


JR東海オリジナルカレンダー/JR東海




ODAKYU VOICE8月号♪

100号記念特集。
『大人の夏休み 江の島・鎌倉』。

ウチにとっては、いつもの江の島・鎌倉エリアが満載。

歳時。
新宿クリエイターズ・フェスタ2019、あつぎ鮎まつり、相模大野もんじぇ祭りなど。

沿線まちあるき。
相模大野駅。
あの丸十大野製パンも掲載されている。



100号記念♪

年間12回の発刊なので、8年余なのか…。

小田急の広報紙(?)。
昔からいろいろ変遷してきた。

収集はじめたのはA5版の「おだきゅう」から。

「おだきゅう」1997年8月号。
一昨日、訪れた第一川音川橋梁…。
風光明媚な四十八瀬川や川音川を縫うようにいく小田急線。
その中でも人気の第一川音川橋梁をいく”5000形”かな…。

199708


一昨日、第一川音川橋梁をいく箱根湯本行き青いロマンスカーMSE・60000形。

Img_1021  


 
「おだきゅう」2005年11月号で№127と書かれている。

200511

  

小田急生活情報誌”CUE!”はA3に近い変形サイズの二つ折り。
同じく2005年11月号でvol.102。

200511cue

 

2008年4月から現行の名称と同じ”ODAKYU VOICE”に
変貌した…。
しかし、表紙のデザインがダサくて…。

当初の”ODAKYU VOICE”は大きな誌面で”CUE!”と同じく
A3の変形サイズ二つ折りだった…。
デザインといい、サイズといい…。
 
2010年2月号。
これは、まだまともなデザインの号。

201002ov



2011年3月、東日本大震災…。
従って、2011年4月号はご覧のような内容…。
   
201104ov

 

震災後…。
新生 ”ODAKYU VOICE”2011年5月号。
サイズは相変わらずA3変形サイズの二つ折り。

”ODAKYU VOICE”100号記念というのは、震災後に発刊された
この2011年5月号が”vol.1”となったから。

201105ov

 
2012年11月号、vol.19。

Img_1114r

   

2013年9月号から現行のA4サイズとなり、ページも大幅に増えた。
そして、裏面には「ODAKYU VOICE Web版、誕生」と記載されていた。

記載通り、小田急公式サイトで”ODAKYU VOIVCE”のバックナンバーは
この2013年9月号から提供されている。

201309ov




「おだきゅう」でも通巻130以上あったような…。
並行発行されていたのか(?)「CUE!」も通巻130ほど。
そして、「ODAKYU VOICE」にリニューアルされて、震災前で通巻36。
同じく「ODAKYU VOICE」として、震災後はvol.1から始まり、
今回は100号記念ということ♪

もっと昔にも冊子があったかもしれない。
全部を通巻すると膨大な数字なのかも…。




■関連記事

ブログ7周年♪ 2012.09.19

GW~♪ 2011.04.28 これが事実上のvol.1なのか…

火曜日… 2011.04.05 震災直後、ODAKYU VOICEもこのように…

CUE!からODAKYU VOICEへ♪ 2008.04.11

小田急CUE! 2006.06.01



ODAKYU VOICE/小田急

201908_ov


 

 

 

| | コメント (0)

2019/07/13

お盆…

★お盆…

どんより…。
午後から小雨…。

涼しいけど蒸す…。


奄美地方が梅雨明け…。
記録的遅さ…。

平年より14日遅く、統計開始以来3番目に遅いとか。


 

先々週くらいからスーパーではお盆用品が。

そして、今日は迎え火をたいてるお宅があちこち。
このエリアは7月にお盆をするとこが多い。

8月にお盆をするとこもあるので、スーパーなどは2回もお盆用品
を出さないとならない。


0708obon02




昨日の朝刊にアツギバザーの折込みチラシが入った。
 
当地に移住してきてから30年余…。
ママはいつか行きたいと言っていたので…。

201907atsugibazar


海老名のコジマの先。
アツギ本社工場に初めて入った。

海老名市にあるのに厚木を会社名にしたアツギ(株)。
小田急線や相模線の厚木駅も海老名市なのに厚木駅。
大和市や綾瀬市にあるのに厚木基地…。
そんな”厚木ミステリー”のひとつに数えられている。

戦後すぐ昭和22年に創業したのが厚木編機(株)。
厚木基地にマッカーサーが降り立ち、厚木の名が世界に知れ渡っただろうから、
そんな理由で厚木の名を冠したようで、なかなか…。 

でも、厚木ではないので、アツギナイロンと命名したという奥ゆかしさも…。

本社工場のバザー会場入口。

Dsc_0020001
 

中はごった返していた。
もちろん、99%女性…。

商品を写真に撮るのもはばかられる…。

中には転売でもするのかと思ってしまうほど山ほど買ってる人も。
売り場もごった返しているが、レジはさらに凄い行列…。
ママもあれもこれも買い込んでいた。
とにかく安いのだとか。


11月にオープンするグランベリーパークにも出店するらしい。

Dsc_0021001

 
アツギバザー2019/エビジョイ

ATSUGI



| | コメント (0)

2019/07/12

サンナナさよなら…♪

★サンナナさよなら…♪

雨…。
午後から曇り…。

涼しい。

 

箱根登山電車の『サンナナさよならイベント』のチラシ。

箱根登山電車「モハ1形(103-107編成)」ラストランの翌日に
引退イベントが開催される。

7月20日(土)、入生田検車区にて開催。

201907__20190712195401


7月に引退するモハ1形(103-107編成)さよならイベント/小田急

小田原電気鉄道チキ1形電車 wikipedia

小田原電気鉄道チキ2形電車 wikipedia

 

 
なお、「107号」については鈴廣かまぼこ本店に譲渡されることに。

「かまぼこの里」の敷地内にある箱根ビールショップの隣に設置される。
車内で飲食できるように改装し、箱根ビールショップとモハ1形107号が一体となった
「えれんなCAFE107」として9月上旬リニューアルオープンする。

201907107


箱根登山鉄道「107号」譲渡先が決定/箱根登山鉄道

モハ1形107号、鈴廣かまぼこの里に譲渡/railf.jp


| | コメント (0)

2019/07/06

梅雨…

★梅雨…

超どんより…。

蒸す…。

 
梅雨らしい…。
そんな天気が続いていて、もう疲れた…。




りんかんモール、エイビイへ。
売り場は人、人、人…。

長蛇のレジ行列ができるのも時間の問題…。
早々に買い物してレジ行列に並んでセーフ…。
でも、次々と行列に加わってくる…。



夕方になって、イオンモール座間へ。

日産ヘリテージコレクションから。
ブルーバード。

1959年ダットサン・ブルーバード1200(初代)。
P310。
 
Dsc_00252

 
1964年、2代目ブルーバード1200デラックス。
P410。

2代目以降は記憶に残ってる。
この2代目、近所でたまに見かける。
子供の頃は大きく見えたのに、今では軽と変わらないくらいに小さく見える…。
それもそのはず、2代目ブルーバードと最近の軽って、全幅はほぼ同じ。

Dsc_0027


日産ブルーバード wikipedia
 

この当時、ダルマのようなクルマが次々と脱皮していった。
カッコイイなと思えるクルマが出現したことで、クルマ好き少年が誕生した。

Dsc_0030

 

3Fの展示車。
見た途端、懐かしい~♪

こどもの国のアトラクションの1つ、「こども自動車」。
1964年ダットサン・ベビイ。

愛知機械工業がつくっていたコニー・グッピーを基礎に、日産の設計によって、
こどもの国に100台寄贈された。

そして、この「100」は100番目のクルマだったと…。
現存するのはこの1台のみ…。(多分…。)
こどもの国の倉庫で長いこと埃をかぶっていたのが発見され、こどもの国
開園50周年記念の一環として、日産によって蘇らせた。

Dsc_0021


僕も乗った記憶がある。
遊園地にあるゴーカートをちゃんとした乗用車スタイルにしたようなドキドキ感満載
のクルマだった…♪
コースは思ったよりも長くて、くねくねと山道のような1周1.6kmの本格的なコース
だった。
恐らく、現在のサイクリングコースがこの「こども自動車コース」だったように思われる。

こどもの国がオープンした1965年、僕は小学校6年生だったが、講習を受けて
”免許証”をもらった後、運転させてもらった。

コニー・グッピーは199ccの軽商用車(ピックアップトラック)であったが、
ダットサン・ベビイも基本的なスペックは同じで速度抑制などが追加されていた
と…。(多分…。)

Dsc_0022


”DIAMOND online”の記事から。
当時の日産開発担当者の話が興味をひいた。 
「サイズはちょうど良いと思った。車両を見たのは、名古屋の愛知機械工業。
木造建築の古い建物だった。上司とふたりで会議に参加した。またこのクラスとして
は珍しい、2ペダル式のトルクコンバーター(オートマチックトランスミッション)だった。
当時の人気小型車のスバル360は2気筒でマニュアルトランスミッションで3ペダル。
2ペダルならば子どもでも乗れると思った。また、単気筒の空冷エンジンなので、
こどもの国でのメインテナンス(整備)も楽。高速走行することはないので、
このシャーシとエンジンをベースにすることに最終的に決まった」


子どもが「本物のクルマ」を運転する日/DIAMOND online

コニー・グッピー wikipedia

 


 

| | コメント (0)

2019/06/29

えのすい♪

★えのすい♪

どんより…、後、雨…。

涼しいけど、少し蒸す…。

沖縄は梅雨明けした…。
   

 

”えのすい”オープン15周年記念。
神奈川県民は”えのすい”が「半額ご優待」される。
藤沢市民と鎌倉市民は春休みに実施され、今回は県央、県西、三浦などが対象。
人口の多い横浜、川崎、相模原は次回とのこと…。

僕たちの世代がお世話になったのは前身の江の島水族館。
昭和29年(1954年)開業だから、通算65周年。


うっとおしい雨…。
だったら、”えのすい”にでも行こう…。
そんな軽いノリ…。

134から見えた”えのすい”のチケット売り場には同じ考えの人、人、人…。
人が溢れていた。
優待ということで券売機は使えず、人がいるブースで買うので、時間もかかる。
その上、神奈川の該当市町村に住んでるか、通学、勤務していることを証明
するものを提示。
 
 

じゃ、まずはランチから。
江ノ電駐車センターはいつもの喧騒はなく、すんなり入れた。

そして、いつも断念してしまう”江ノ島小屋”へ。
なんと、先客2組だけ。 ラッキー♪
10分ほどで店内へ。

Img_0485


 
Img_0503
 

最近、テレビでもよく見る店内。

Img_0489
 
 
これまた、テレビでもよく出てくる”まかない丼”…。
僕もママも”まかない丼”で。
いろんな魚のなめろうとゴマだれがめちゃ美味しい♪
”のり”に圧倒される。

Img_0493


トンガリの唐揚げも追加した。
トンガリとは、湘南ではカマスの子を言うのだとか。
この唐揚げ、絶品。

まかない丼、めちゃ美味しい♪
〆には少し残したなめろうとご飯にお椀の汁をぶっかけて…。
お椀はおかわり出来るので、熱々の汁にすると余計に美味しい。
”ぶっかけ”はさっぱりとして美味しい♪ 

Img_0499


江ノ島小屋

江ノ島小屋(片瀬江ノ島)/食べログ
000000000000000000000000000000000000000i


 
食事して店を出たら、15人ほどの行列…。
そ、これが、いつも断念してしまう行列…。


境川河口に面してる江ノ島小屋。

Img_0507
 
 


小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅。
旧駅舎は完全に撤去され、新しい駅舎の鉄骨が…。
来年5月竣工予定。

Img_0513
  

仮設の改札口…。

Img_0509
  

片瀬江ノ島駅 wikipedia


■関連記事

湘南♪ 2018.04.28

駅…♪ 2017.12.12

 


えのすい開館15周年記念♪

神奈川県民半額ご優待♪

地元藤沢市と鎌倉市は春休みに実施。
今回は県央、県西、三浦。
人口の多い横浜市、川崎市、相模原市は次回以降。

201906_

  
”えのすい”、新江ノ島水族館♪
新がつくってことは…。
そ、「江の島水族館」があった…。

昭和29年(1954年)開業で、僕も子供の頃からよく行った。
息子たちを連れてきたのも昔の江の島水族館だった。
その開業から数えると、なんと65周年…。

えのすい・新江ノ島水族館
0000000000000000000000000000000201906_

 
Img_0517
 

片瀬海岸には海の家がオープンしていた。

Img_0516
 

子供たちに大人気。
エイ。

Img_0520


館内も異常に人、人、人…。
こんなこと初めて…。

手前にはアジ。
向こうにはイワシの大群。

Img_0525


迫力満点の相模湾大水槽。
イワシの大群が目の前に。

Img_0529

 
ネコザメとたわむれる”えのすいトリーター”。

Img_0573

  
エイと並んで、記念撮影…。

Img_0574

 
ペンギン。

Img_0569


イルカショースタジアム。
異常に混んでるので、かなり早めにスタジアムに行ったら、既にはぼ満席…。

Img_0567


結局、前から3列目に座れたのだが、4列目までは水がかかるとのこと…。
中央付近の1、2列目の人たちは水際対策されて、カッパを着込んだりしていたけど、
オーバーじゃないことはすぐに立証された…。
どば~っと、頭から水をかぶっていた…。
   

こちらのスタッフは”アクアン”と呼ばれている。
通常のイルカショーは魚をコミュニケーションツールとして使っているが、
アクアンは魚を使うことなくイルカとコミュニケーションをとっている。

Img_0540

  

Img_0541


シャボン玉。

Img_0564

 
人でごった返していたけど、満足♪
 
ショップ。
こちらのぬいぐるみは二男の大好物…♪

最近、流行っているのか…、”うみうし”のぬいぐるみ…。
ぬいぐるみにすると可愛いかも…。

Img_0575  
 

 

関連記事

えのすい&江の島シーキャンドルライトアップ♪ 2011.12.10


 

| | コメント (0)

2019/06/15

雨…

★雨…

雨…。

涼しい…。

 
梅雨とはいえ、一日中、雨とは…。



こんな日は…。
りんかんモールへ買い物。
駐車場は混雑している上に屋根のあるとこを探して右往左往…。

カインズもエイビイも混雑…。
ま、みんな考えることは同じ…。

エイビイは超混雑していて、レジ行列がもの凄いことに…。
エイビイのレジ行列はこの2、3年、ざらにある現象。
時期的、時間的、天候的、いろんな条件が重なると発生するようだ。

今日は。
雨で、午前中に買い物をすませようという客が集中した。
その上、午前中の客足にあわせたパート社員の配置が通常どおりで、14台
のレジの内、10台くらいしか稼働してなかった。
そんなところか…。

長蛇のレジ行列は20~30分かかるので、ちょい買い、買い忘れとかは
別のスーパーに行ったほうがマシかも。

エイビイの出現…。
信号機が設置されたり、当地の社会現象とまで言われて久しい…。

  06060606
 



老後2,000万円問題…。

22歳前後で普通に就職して、平均的な年収を稼ぎ、65歳でリタイヤ。
奥さんは”普通”に60歳前後。

厚生年金受給。
平均的な月22万円を受給して、なんとか最低限の生活はできる額ではある。
企業によっては企業年金も支給され、ウチの場合は年間120万円を20年間
受け取るように設計されている。
友人や先輩たちは比較的恵まれたサラリーマンが多いので、あまり焦燥感はない。

僕たちの企業年金は確定給付型年金なので、年金額は確定しているのだが、
若い部下たちは確定拠出型年金に移行したので、個々の運用実績に左右される…。
老後の生活が天国か地獄かという程にはならなければいいのだが。

で、夫婦共働きしてきた先輩のところの話を聞いて仰天した。
なんと、二人あわせて月30万円を超える年金をもらっている…。
支出も減ってきたから、年金のほとんどは貯蓄にまわしている。
でも、貯蓄してもしょうがないので、頻繁に旅行したり、現役時代には
手が届かなかったクルマに乗り換えたり…。
ちょっと羨ましい…。

そういえば、最近、ウチの女子社員は結婚や出産ごときでは退職しない…。
てことは、彼ら彼女らの将来は輝ける未来が待っているのか…。

ま、一般的には夫の年金で夫婦が暮らしていく。
それでも、遊びや旅行に出かけたいし、外食もしたいとなると、パートや
アルバイトとして働き、月10万円ほど稼ぐ。
奥さんも同じく働くケースが多い。

75歳くらいまでそんなふうに過ごすと2,000万円を超える給与収入。
僕の場合、企業年金で2,400万円ほどもらえるので充分な年収が確保できる。
まわりを見渡すと、さらに、退職金の一部あるいは全額を貯蓄しているケースが多く、
数百万円~数千万円の貯蓄資産がある。

働き盛り&年収がピークの頃って。
住宅ローンの返済、教育資金、クルマのローンなどなど…。
首が回らないので、ついついカードローンまで…。
余計にきつかった…。
あの頃に比べたら支出がおとなしくなるので、全然、楽勝~♪

ま、老後2,000万円問題なんて誰でも分かっていること…。
それぞれの”属性”によって、左団扇(ひだりうちわ)で暮らせる人もいるし、
全く足りない人もいるし…。
”アリとキリギリス”も連想してしまう…。
今更、なんなんだ…。


昔、昔、ウチのおじいちゃん、おばあちゃんは”恩給”を受給していた。
世代交代して叔父夫婦が生計を担っていたが、おじいちゃん達の年金には
手をつけずにやっていた。
従って、年金の使いみちは孫たちへの小遣いや叔父夫婦の贅沢品購入時の援助
などに…。
叔父がクルマを買い替えた時、思わぬ大金の援助があって、ローンを組まずに
すんだとか、そんな話を聞いた。
二世代、三世代世帯は大体そんな感じで、年金と生活費は別ものだった。
つまり、老後を年金で暮らしていくという切迫感がなかったのだが、核家族化
によって、年金が不可欠なものへと変化してきた…。

ところが、最近は…。
ニートの息子が親の年金で食っているとか、そんなケースが散見される。
親に何かあった時は…。
ニュースなどでもよく見聞きする。
登戸での事件の犯人も叔父夫婦の年金などで食わせてもらい、小遣いまで
もらっていた…。

それにしても、フリーターやニート、引きこもりで社会保険とは無縁の暮らし方を
している人たち。
彼らにとって年金なんて、雲の上の話…。


老後2,000万円問題…。
与野党ともにいい加減にしろと言いたくなるような馬鹿げた議論…。
メディアも尻馬に乗っかって、首を傾げたくなるようないい加減な報道…。
不安を煽るだけで、まともな報道はできないのか…。

野党は選挙を踏まえたツッコミしか目にない…。
民主党、いや、枝分かれした国民民主党にいたっては低所得年金受給世帯
に月5,000円を加算するという公約を真っ先に公表…。
あまりに馬鹿げている…。
今の野党に政権なんてあり得ない…。

  


ココログがリニューアルされて3ヶ月になろうとしている。
ぐちゃぐちゃ状態だったけど、最近はだいぶ落ち着いてきた…。

しかし、相変わらず行間スペースがスカスカになってしまったことに対しては
”打ち手なし”のようで、何の言い訳もコメントもなく放置されている…。

さらには、過去の記事に対して変更、修正をかけると最悪のスカスカ状態になる。

仕方ないので、自分で1個、1個詰める作業をしている…。
特に、お気に入りの記事は見つけ次第にやってる。

記事数4,800を超えているので、全てをやるのは不可能…。
ま、根気よくやるしかない…。

でも…。
リニューアルの度にこんなことが発生したら…。
ぞっとする…。




| | コメント (0)

より以前の記事一覧