2019/06/15

雨…

★雨…

雨…。

涼しい…。

 
梅雨とはいえ、一日中、雨とは…。


こんな日は…。
りんかんモールへ買い物。
駐車場は混雑している上に屋根のあるとこを探して右往左往…。

カインズもエイビイも混雑…。
ま、みんな考えることは同じ…。

エイビイは超混雑していて、レジ行列がもの凄いことに…。
エイビイのレジ行列はこの2、3年、ざらにある現象。
時期的、時間的、天候的、いろんな条件が重なると発生するようだ。

今日は。
雨で、午前中に買い物をすませようという客が集中した。
その上、午前中の客足にあわせたパート社員の配置が通常どおりで、14台
のレジの内、10台くらいしか稼働してなかった。
そんなところか…。

長蛇のレジ行列は20~30分かかるので、ちょい買い、買い忘れとかは
別のスーパーに行ったほうがマシかも。

エイビイの出現…。
信号機が設置されたり、当地の社会現象とまで言われて久しい…。

  06060606
 



老後2,000万円問題…。

22歳前後で普通に就職して、平均的な年収を稼ぎ、65歳でリタイヤ。
奥さんは”普通”に60歳前後。

厚生年金受給。
月22万円を受給して、なんとか最低限の生活はできる額。
それでも、遊びや旅行に出かけたいし、外食もしたいとなると、パートや
アルバイトとして働き、月10万円ほど稼ぐ。
奥さんも同じく働くケースが多い。

75歳くらいまでそんなふうに過ごすと2,000万円を超える給与収入。
まわりを見渡すと、さらに、退職金の一部あるいは全額を貯蓄しているケースが多く、
数百万円~数千万円の貯蓄資産がある。

ま、老後2,000万円問題なんて誰でも分かっていること…。
今更、なんなんだ…。


昔、昔、ウチのおじいちゃん、おばあちゃんは”恩給”を受給していた。
世代交代して叔父夫婦が生計を担っていたが、おじいちゃん達の年金には
手をつけずにやっていた。
従って、年金の使いみちは孫たちへの小遣いや叔父夫婦の贅沢品購入時の援助
などに…。
叔父がクルマを買い替えた時、思わぬ大金の援助があって、ローンを組まずに
すんだとか、そんな話を聞いた。
二世代、三世代世帯は大体そんな感じで、年金と生活費は別ものだった。

ところが、最近は…。
ニートの息子が親の年金で食っているとか、そんなケースが散見される。
親に何かあった時は…。
ニュースなどでもよく見聞きする。
登戸での事件の犯人も叔父夫婦の年金などで食わせてもらい、小遣いまで
もらっていた…。

それにしても、ニートや引きこもりで社会保険とは縁のない暮らし方しか
していない人。
将来、年金なんて、別世界の話に…。


老後2,000万円問題…。
与野党ともにいい加減にしろと言いたくなるような馬鹿げた議論…。
メディアも尻馬に乗っかって、首を傾げたくなるようないい加減な報道…。
不安を煽るだけで、まともな報道はできないのか…。

野党は選挙を踏まえたツッコミしか目にない…。
民主党、いや、枝分かれした国民民主党にいたっては低所得年金受給世帯
に月5,000円を加算するという公約を公表…。
あまりに馬鹿げている…。


 

ココログがリニューアルされて3ヶ月になろうとしている。
ぐちゃぐちゃ状態だったけど、最近はだいぶ落ち着いてきた…。

しかし、相変わらず行間スペースがスカスカになってしまったことに対しては
”打ち手なし”のようで、何の言い訳もコメントもなく放置されている…。

さらには、過去の記事に対して変更、修正をかけると最悪のスカスカ状態になる。

仕方ないので、自分で1個、1個詰める作業をしている…。
特に、お気に入りの記事は見つけ次第にやってる。

記事数4,800を超えているので、全てをやるのは不可能…。
ま、根気よくやるしかない…。

でも…。
リニューアルの度にこんなことが発生したら…。
ぞっとする…。




| | コメント (0)

2019/05/03

下北沢♪

★下北沢♪

晴れ♪

暑かった…♪
夏だ~♪

  
下北沢へ…。

実は…。
ママは小田急線沿線に移住してきてから30年余。
まだ下北沢に行ったことがない…。
いつか行こうと言いつつ、いつもの如く…。

僕は、学生時代、社会人3、4年生くらいまでは月に2、3回来ていたのだが。
但し、小田急線に乗った記憶はほとんどない…。
最近は取引先訪問とかでたまに立ち寄ることはあったけど、
プライベートでは30年以上ぶり…。

 
■下北沢物語♪

東横線沿線に住んでいたので、小田急線は丹沢や大山に登山する際に
海老名駅から秦野駅(当時、大秦野駅)や渋沢駅まで乗る路線であった。

最短の横浜線経由は考えられないルートだった…。
それは、横浜線は原町田駅と称し、小田急線は新原町田駅と称していた。
その上、駅と駅が遠く離れていて、途中には信号機のある交差点まであって、
とにかく、よそ者には無理って思い込んでいた…。

昭和50年代になり、ようやくどちらも町田駅と改称した。
同時に国鉄が小田急に歩み寄って、駅を小田急に近いとこに移動したり、
両駅をペデストリアンデッキでつなげたりしたのが現在の姿。


学生時代。
地方出身者は下北沢とか中央線沿線に好んで住んだ時代。
僕は地元横浜の大学だったので、ほとんどが東横線沿線に住んでいたのだが、
学外の友人らはシモキタとかに多く住んでた。

五木寛之の「さらば モスクワ愚連隊」とか「風に吹かれて」とかに魅了されて…。
海外放浪をしようと、そういったサークルに籍をおいていたので、学外のメンバー
もたくさんいて、彼らはシモキタや高円寺などに住んでいた。

当時、彼らのアパートに遊びに行く時は東横線で渋谷へ、そして、新宿から小田急線
や中央線に乗ったりしていた。
小田急線には必要最小限しか乗らない…。
とにかく、小田急線って遠い存在って感じがして、どこへ連れていかれるか不安…。
そんな気持ちがあった。

そんな悪夢のような出来事…。(大袈裟かも…。)
横浜に住んでいた頃。
前6両は小田原行き、後4両は片瀬江ノ島行きなんていう分割・併合が行われて
いた時代。
新宿から小田急線に乗って…、相模大野駅でごちゃごちゃやってる…。
で、気がついたら聞いたことのない東林間駅に。
マップを見たら、とんでもないとこに行く電車。
慌てて下車して逆の電車に乗り換えた。
ま、大和駅で相鉄線に乗り換えて横浜へ出る手があったのだが、全く未知の世界
だったので、慌ててしまった…。

小田急って、遠い小田原や箱根へ連れていかれたり、江の島に連れていかれたり
、何をされるか分からない、そんなミステリーな世界に思えた…。
 

クルマで行くのは至って大丈夫…。
綱島街道、中原街道、環七と走れば、大倉山の自宅から夜中だと30分足らずで
シモキタへ。

社会人になりたての頃。
同期の同僚たちも地方出身者はシモキタ、成城学園前、中央線沿線に住んでいた。
だから、べろんべろんに酔って、同僚についていってアパートに転がり込む…。
そして、みんな風呂なしアパートだったので、銭湯に立ち寄ったり。
  
やはり、週末はクルマで同僚のアパートに遊びに行っていた。
但し、隔週週休二日制なので、隔週で遊びにいってた。

そんな同僚たち。
結婚を機に分相応な所に転居していった。
シモキタの駅近くに住んでたG君は南大沢に。
代沢に住んでいたKさんは、故郷のご両親の勧めで下宿のような住まい。
大家さんの大きなお屋敷に女子ばかりが下宿。
大家さんは次々にお見合い相手を勧めてくるのだが、超エリートばかり
を紹介してきて、最終的に某都銀(古い…)のエリート行員と結婚し、
東戸塚に転居。
 

僕は。
ママと婚約して、知人の紹介で婚約指輪や結婚指輪を作ったのは青山のジュエリー
デザイナーのお店。
数ヶ月後、指輪ができあがった時、オーナーの好意で小田急線代々木八幡駅近く
の日本料理店でご馳走していただいた。

帰り…。
小田急線は不慣れなので、そそくさと新宿に戻り、渋谷から東横線で帰宅した…。
その頃も小田急線に違和感を感じていた…。
とにかく、一刻も早く小田急から離れたかった…。

そう、私鉄沿線住民って、他の私鉄には違和感を覚えるようだ。
国鉄、JRには感じることのない違和感を他の私鉄には感じてしまう…。
東横線から見ると、内陸に深く入り込む小田急線に対しては強く感じた。


ところが、30歳の頃、超バブル時代、横浜市内に家を買うにも
高騰して手が出ない…。
それで、海老名市の相鉄線かしわ台駅エリアに自宅を。
やはり、横浜につながっていたいという、淡い願望がそうさせた。

かしわ台からの初出勤…。
かしわ台駅から1駅で海老名駅。
海老名から小田急線の急行に。
とにかく、長い長い通勤時間…。
その上、ラッシュ時の混み方は異常で、特に、下北沢駅手前あたりの踏切
をノロノロと通過する頃は吊り革につかまり、必死の形相で耐えていた。
前の座席の人に覆い被さるくらい…。
とにかく凄い疲労感…。

そんな酷い状態で長時間の通勤時間なのに、”自然渋滞”による遅延で70分
遅延という事態が起きた…。
車内アナウンスは「前の列車と接近して…。」とか、要領を得ない説明だった。
そう、怒りのもって行き場がない…。
さすがに、70分遅れっていうのはその後はなかったが、”自然渋滞”による
10分、20分遅れっていうのは何回かあった…。
遅延常習…、「それが小田急の実態」だと知って愕然…。

毎晩、最終電車になるほど仕事に集中していた頃…。
ちょっと飲み会となると、上司の家に外泊…。
携帯なんかない頃、無断外泊…。
タクシーチケットで2時、3時の帰宅も…。

そして、さらに酷い…。
小田急の最終で帰宅しても、相鉄はとっくに終電がなくなっていた…。
そんな考えもしなかった事実にがっくり…。
早速、小田急線沿線に転居した…。
 
  
毎日の通勤電車の車窓…。
多摩川を渡ったあたりからは小田急線複々線化のための用地買収…。
当時は下を走っていたので、1軒1軒の買収が手にとるように分かった。
気が遠くなるような…。
僕が生きてる間に複々線化ができるのだろうか…。
そんな気持ちになった…。

 

下北沢駅到着。

各停でのんびり。
各停、準急はB1F(地下1階)の3、4番線。

Img_9604

 
まだ工事中ではある…。
なんだか、昔の下北沢駅が思い出せないくらいに明るくて広い。

Img_9609

 

『出会いそして旅立ち』。  宮永岳彦。  2019年。

Img_9607

 

30年前、下を走る小田急線の車窓から見た複々線化を目指す用地買収や工事。
1軒1軒の用地買収が手にとるように分かる。
気が遠くなるような事業。

反対運動のノボリ。
最後の最後まで反対していたアパート…。

本当に複々線化、高架化ができるのかと…。
若かりし頃、自分が生きている間に実現するのかと不安に思った事業…。

ところが、次々と現実のものとなり、とうとう、昨年に完結した♪

最後の〆となったのは、この下北沢駅。
約2kmに及ぶ広大な線路跡地の活用が完成したら、その時が本物の完結と
なるのだろう。


この陶板レリーフは、小田急が30年間に渡り進めてきた複々線化事業完成の
メモリアルとして設置された。
  
Img_9608


宮永岳彦氏といえば。
秦野市在住だった縁で小田急ロマンスカー3000形・SE車のカラーリング
を考案。
あのオレンジバーミリオンにシルバーグレーのツートンを基調とし、白帯を配した
塗装を考案した。
 

昭和32年(1957年)デビューのロマンスカー3000形・SE車のポスター
も宮永岳彦氏の作品。

000000000000000000000000000000000000000o


宮永岳彦 wikipedia

秦野市立宮永岳彦記念美術館

宮永岳彦 表現の世界

小田急ロマンスカー wikipedia 



ロマンスカー3000形・SE車。
    
Img_9682

下北沢駅 wikipedia

小田急小田原線 wikipedia
 


 
ママにとっては初の下北沢♪
ちょっと想像を絶する風景だったようだ…。  

Img_9614
   

本多劇場がオープンした頃、シモキタ住人の友人と1度だけ見た。

Img_9615

 
こちらも本多劇場グループの「劇」小劇場。
こちらは席が空いていたようで、客引きさんに声を掛けられた。  

Img_9618


社会人なりたての頃、2週間に1度、週末にクルマでやって来た。
綱島街道、中原街道、環七をかっ飛ばしてきた…。
この高架の下をくぐった。  

Img_9619


反対側に目をやると。
北沢タウンホール方向は電柱がなくなっていた。
 
Img_9620

 
鈴なり横丁。
この先に同期のアパートがあった。

Img_9621


その先。
下北沢一番街。
この場所は小田急線跡。  

Img_9622

 
広大な小田急線跡地。
どんな使い方がされるのか…。
成城学園前駅の時もワクワクして見ていたが、今回はさらに広大な土地。  

Img_9623


 
そうそう、車窓からこの商店街を見ながら通勤していた…。

Img_9624_1


う~ん。
「Gakuya」とか「キネマ倶楽部」とか…。

Img_9629


下北沢駅に近づく。
小田急線から毎朝見ていたスーパー「オオゼキ」。

Img_9631

  
わくわく♪

Img_9637

   
ママが気に入って、あれこれ…。

Img_9641
  

これも売り物かと思った…。
どうやって使うんだろうと…。

Img_9639
  

いえいえ、雑貨屋さんの中にカフェもある。
今年初のアイスコーヒー。
アイスカフェラテ♪
  
Img_9677


すごい作品…♪

Img_9642

 
Zoff やABCマートなど、大手の店舗も並ぶ。
ABCマートはシモキタ界隈だけで3店舗も見た。

Img_9643


東洋百貨店。
雑貨、ファッション、古着屋などなど。

Img_9645

  

京王井の頭線下北沢駅。
吉祥寺寄りのホームは地上にあるかのように見える。
すぐ先には踏切もある。

Img_9647


ところが。
ここも坂の街。
渋谷側は少し高架になり、この先では地上を走る小田急線を跨いでいたが、
現在は小田急線跡地を跨いでいく。

Img_9648

  
下北沢南口商店街。
テレビなどでは南口商店街でのロケが多いかも。

それにしても…。
すごい人、人、人…。
渋谷、新宿、原宿などと変わらないくらいの賑わい…。

Img_9651


なんか、つけ麺が食べたい。
つけ麺 銀座いし井。

Img_9655

 
ま、美味しかった…。

Img_9654

 
食後の散策。
代沢の方へ。
下北沢は駅のまわりは賑やか街なのだが、その周辺は閑静な住宅街。

お~、いつも見ていた光景…。

毎朝、小田急線の車窓から見ていた光景。
下北沢駅は目の前なのに、前の電車が詰まっていて、ノロノロ…。
こっちは吊り革につかまった腕が悲鳴を上げていた…。

Img_9661


毎朝、小田急線の車窓から見ていた店…。

Img_9662

 
この踏切の近くに同期のKさんが住んでいた下宿があった。

Img_9663

 
庚申堂。

Img_9669

 

Img_9668


shimokita/下北沢商店街公認ポータルサイト
000000000000000000000000000000000000000s
 



老舗のせんべい屋、玉井屋。  
大正2年に本所で開業、昭和27年に当地に移転。

Img_9673
  
玉井屋(下北沢)/食べログ

 

小田急線下北沢駅と京王井の頭線下北沢駅。

Img_9678

 
小田急下北沢駅構内。
ホント、明るくて広い。
井の頭線乗換え口。

Img_9684

  

B1F(地下1階)は各停、準急の3、4番線。

Img_9687

 

B2F(地下2階)は1、2番線で急行などが停車する。
帰りは快速急行で。

Img_9686 

 

 

B2Fまで一気に下るエスカレータ。
途中、B1Fの3、4番線がガラス越しに見える。

Img_9689

 
 
海老名で買い物したくて海老名駅まで乗った。
ロマンスカーミュージアムの建設が本格化している。

Img_9691

  

ビナウォークの鯉のぼり♪

Img_9692

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019/04/21

沼津港&岳南電車♪

★沼津港&岳南電車♪

4月20日(土)。

晴れ♪
しかし、午後になって予報よりも雲が多くなった…。
 
20℃まではいかず、心地良い暖かさ♪

 
 
GW直前…。
空いてるかもという淡い期待…。

幸先いい。
小田急ロマンスカーGSE・70000形。
 
Img_9293

 
本厚木駅から特急ロマンスカー「ふじさん号」に乗車。

Img_9297
 

いつもの”撮影ポイント”を過ぎ…。
第三川音川橋梁を渡り、新松田駅直前の”あの分岐”。

Img_9315

 
あれよあれよと言う間に”反対車線”である上り線を跨いだ…。
   
Img_9321


そして。
小田急線とJR御殿場線の連絡線をグイグイ登っていく。
草ぼうぼうのワイルドな雰囲気。
 
Img_9323

  
眼下には小田急線が見え、その上には御殿場線の高架が。

Img_9325

 
JR松田駅到着。
乗務員交代。 

Img_9328

 
特急「ふじさん11号」御殿場行き。
やっぱり、由緒ある「あさぎり」の名も残してほしかった。
   
Img_9330

 
山北駅通過…。    

Img_9336

 
御殿場駅到着。  

Img_9343

    

Img_9346

 
ふじさん wikipedia

 

関連記事

御殿場プレミアムアウトレット♪ 2013.05.26

 

普通沼津行きに乗り換え。 
大好きな313系。 

Img_9347

 
富士岡駅にて交換。

Img_9358


沼津駅到着。 

Img_9367


南口の駅前ロータリーから伊豆箱根バスの沼津駅~沼津港循環バスに。

Img_9369
 

沼津港バス停で下車。 

Img_9371


沼津港。
魚市場が大きく広がる。
 
Img_9372

 
港八十三番地。  
こちらも魅力的な店が立ち並ぶ。  
  
Img_9377
 
 
回転寿司もいいな。
けっこう客が多い…。

Img_9376


あれもこれも…。
  
Img_9382

 
それにしても…。
たくさんの店があるのに、どこも客の入りがいい。

Img_9383

  
丸天 魚河岸店。
凄い行列…。
    
Img_9385
  

50mほど先、もうひとつの「丸天 みなと店」へ。
こちらは収容能力があり、オーダーから短時間で料理が出てくる。

Img_9392

丸天といえば…。
あのタワーのような海鮮かき揚げ丼。

でも、海鮮丼なども魅力的。
分厚い刺身と大きなエビ、生しらす、桜えびなどなど。

Img_9388


金目鯛の煮付け。
驚きの低価格、そして、メチャ美味しかった♪  

Img_9390
 
 
魚河岸 丸天

 
移転前の情報だけど、基本的に変っていないとか。
移転といっても、数十m移動しただけ。

魚河岸 丸天 みなと店(沼津)/食べログ

  

自宅へのお土産を。
クルマじゃないので、熟慮して。

Img_9394


玉子焼きの店。  

Img_9395  


沼津深海プリン工房。
けっこう長い行列…。  

Img_9400
 

青い部分はラムネ味で、黄色い部分は普通のプリン。
美味しかった♪
 
Img_9399
 

沼津深海プリン工房


沼津駅に戻り、東海道本線で移動。
 
Img_9411
 
 
普通静岡行き、211系電車。
 
Img_9408
 

国鉄211系電車 wikipedia 


普通沼津止まりの313系。
この電車を接続して、静岡行きは出発する。
 
Img_9410  

 
JR東海313系電車 wikipedia
  
 

15分ほどで吉原駅到着。
乗ってきた電車は211系だとばかり思っていたのだが、前の3両は211系で、
後ろの2両は313系だった。

Img_9421

 
ホームの西端には、岳南電車のりば専用の跨線橋。

Img_9417

 
JR東海道本線吉原駅北西の一角に岳南電車の吉原駅が。

Img_9415


昨年12月に岳南電車の夜景を見る電車に乗車したのだが、昼間の顔も見たくて、
再訪してみた。

Img_9466rr



関連記事

ミステリーバスツアー♪ 2018.12.20

    
 
 
岳南鉄道岳南鉄道線(岳南電車)改札口。

Img_9518
 
 
全線1日フリー乗車券を購入。

20190420_

岳南電車

岳南電車

岳南電車岳南線 wikipedia




岳南電車吉原駅。

Img_9425

 
岳南江尾行き。

Img_9422
 
 
 
Img_9424

 
ジャトコ前駅へ。 

Img_9431


ジャトコ前駅。
芝桜がきれい。

Img_9432

 

吉原本町駅。

Img_9435

  
岳南原田駅にて交換。

Img_9438

 
岳南富士岡駅手前。
ここには側線があり、かつて使用されていた車両などが留置されている。

Img_9441

 
こちらで下車。
構内踏切を渡ると駅舎がある。   
 
Img_9444
  

右側には検修施設がある。
 
Img_9457
 

構内踏切手前から駅舎を。   

Img_9459

 
なかなか派手な駅舎。
かぐや姫が描かれている。
このエリアは「竹取物語」にまつわる地のひとつといわれている。  

Img_9467


時間があったので、ちょっと散策。
先程、乗ってきた電車が折り返してきた。
 
Img_9471


岳南江尾行きに乗車。   

Img_9480
  

終点、岳南江尾駅到着。

Img_9485
  
   
Img_9487
    
   
Img_9488

 
終点の岳南江尾駅は無人駅。
ま、ほとんど無人駅なのだが…。

Img_9490
 
  
Img_9492
   

高架線は東海道新幹線。

Img_9502
  
 
岳南電車は工場地帯のど真ん中をいく。
特に、製紙工場が立ち並ぶ。

2014年に鉄道本体として初めて日本夜景遺産に認定された。
「夜景電車」、「工場夜景電車」の運行がされている。

Img_9504
 
  
Img_9511
   

吉原駅到着。
  
Img_9515
  

岳南電車

岳南電車  

岳南電車岳南線 wikipedia

  
 

東海道本線吉原駅より普通熱海行きに乗車。

Img_9523

  
熱海駅。
ここで乗り換え。

Img_9524


1番線に伊豆急のリゾート21が。

Img_9527

  
  
Img_9529
  
 
 
で。
ここまでJR東海だったのだが、ここからJR東日本管轄。
そのせいで、乗り換えが必要。

そして…。
ほとんどの乗客が知らない、未知の「籠原」とか「古河」、「小金井」行き
の電車に乗らざる得ない不安感…。
今日は「小金井」行き…。
武蔵小金井なら分かるのだが、「小金井」ってどこ…?
そ、田舎の「小金井」と言われる栃木県の小金井…。
 
やはり、東京行きに戻してほしい…。
そうでなければ、せめて、「東京経由、古河行き」とかにして不安感の払拭
を図ってほしい…。
聞いたこともないようなローカルな駅名ではなく、知名度の高い駅名
を加えるとかして…。

で、先程まで5両編成の電車だったのだが、座席には余裕があった。
ところが、ココからは15両の長大編成なのに、座席はほぼ満席…。
 
Img_9525
 

いつもの…。
根府川駅♪
 
Img_9530

 
小田原駅で下車。
そういえば、コーヒー飲んでなかったので…。
駅構内のカフェでお茶♪

小田原からはロマンスカーで。
最近、ロマンスカーは6両編成での運行が増えた。
VSE、GSEは不可なので、MSEやEXEは6両での運転が多く、ちょっと
物足りない場面がある…。

このロマンスカーは箱根湯本から6両編成でやってきて、小田原駅でわざわざ4両
を増結…。

Img_9536


 
GW直前の週末ということもあってか、沼津港などもパニック的な混雑はなかった。
しかし、次の土曜日からはどうなることか…。
10連休が恐い…。


 

関連記事

三島へ♪ 2017.08.15

三島♪ 2014.06.20

御殿場プレミアムアウトレット♪ 2013.05.26

御殿場線♪ 2016.12.17

ミステリーバスツアー♪ 2018.12.20

  




| | コメント (0)

2019/04/05

週末♪

★週末♪

晴れ♪

暖かい♪
埼玉県では25℃を超えたとこも。
ここ神奈川県央エリアでも20℃を超えたらしい。
  
スギ花粉は相変わらず”非常に多い”が連発されているが、
4月に入ってからは軽くなったように感じる…。
       
通勤電車の車窓からは、どこも桜が見ごろ。
土日は混雑しそう…。

Sakura011   

 
 

ココログのリニューアルから2週間余。
当初、些細な事から大きな事まで、何から何まで、不具合だらけ…。

ユーザーの悲鳴にも聞こえる数々の指摘とクレーム。
「元に戻せ」という声の多いこと…。

1つ、1つ、不具合の改善がされた…。
そして、今回のリニューアルによって切り捨てられた機能なども
ようやく見えてきた…。
全体的にだいぶ落ち着いてきた。
 
ま、使い勝手は決して良くなったとは言えない。
いや、後退したとさえ思える。
レスポンスも悪くなった…。
  
ココログ・リニューアル担当者の技量とセンスに疑問も…。
   
0000000000000000000000000000000000000000_1





| | コメント (0)

2019/03/15

ロマンスカー時刻表♪

★ロマンスカー時刻表♪

晴れ♪

暖かかった♪

  
  


飲み会~

金曜日なので、どこもいっぱい…。

生ビールが美味しい季節~
  

  


小田急ロマンスカー時刻表♪

小田急は明日3月16日からダイヤ改正。

ロマンスカー時刻表も一新。

201903romancecar_2
 

小田急

000000000000000000000000000000000_2


 

■関連記事

休日出勤… 2018.03.18

小田急ロマンスカー時刻表ダイヤ修正号…♪ 2017.03.08

小田急ロマンスカー時刻表♪ 2016.03.29

ロマンスカーうちわ~♪ 2012.07.19 

電車座れた♪ 2012.04.05

青いロマンスカー♪ 2012.03.22


 


小田急ロマンスカーGSE・70000形就役1周年♪


000000000000000000000000000000000_3

特急ロマンスカーGSEデビュー1周年特設サイト/小田急

Gse_1st_3
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/09

おかめ桜♪

★おかめ桜♪

晴れ♪

暖かくて汗ばむほど。

風があったので、もしやと思ったら、”春一番”だった♪

  

小田厚から富士山。
この冬、富士山の雪が少なくて、イマイチだったのだが…。
今日は下の方まで雪が積もっていて、美しかった。

Img_0379


   

小田厚も国道135号もクルマが多い…。
北関東ナンバーが目立つ…。
やはり、春を満喫したいからか。 

「ドライブインみのや新島」が閉店し、跡地には「鈴廣かまぼこ江の浦店」
がオープンした。

鈴廣かまぼこ江の浦店

 

Img_0382 
   

いつものように真鶴料金所の手前で右折して松本山の急坂を登り、
県道740号へ。
青山園に立ち寄り、湘南ゴールドを♪

Img_0384

 

この時期、湘南ゴールドだけでなく、色んな種類の柑橘類が揃う。 

Img_0383

  
青山園

 

 

  
  

江之浦の「れんが屋」へ。
   
Img_0386

  
  
春、穏やかな相模湾。
江之浦から見える海は瀬戸内海のように見える。  

Img_0411

  

店内は広くて明るい雰囲気。
大きな窓からは海が一望。

Img_0390

 
 
おかめ桜かな。

Img_0392

 
 
12時前…。
数組の客…。

この後、続々と客が入ってきた。
予約してる人も多かった。 

Img_0394


 

ランチメニューも良さそうだった。
初めてなので、「江之浦」というコースに。
刺身はブリとハマチ。
そして、和牛のカルビ。

Img_0399

 

美味しかった♪

Img_0400

 
  
デザートは柑橘類があれこれ。
オーナーの自宅だろうか、店のまわりはみかん畑。

Img_0404


 

Img_0401


大島が大きく見えた。

Img_0407

 
江之浦れんが屋

れんが屋(根府川)/食べログ


  

れんが屋を出て200mもすると江之浦測候所。
春とか初夏の測候所も訪れてみたい。

  

県道740号沿いにはおかめ桜とかピンク、ピンク、ピンク。
黄色い菜の花も。

Img_0415

 
 
そして、江之浦に来たら、ココははずせない…。
天正庵跡の麦踏(MUGIFUMI)。

Img_0416

  

今日は1種類につき1個、色々なパンを買ってみた。

Img_0417

  
麦踏(MUGIFUMI)

麦踏(MUGIFUMI)(根府川)/食べログ

 
湘南ゴールドを♪ 2019.01.26

湯河原へ♪ 2018.11.09 

西湘&箱根♪ 2018.08.13 


 



おかめ桜♪

Img_0425

 

「おかめ桜の里」。
7分咲きだとか…。

Img_0432


 

いつもより大勢の人たちが訪れていた。

Img_0431

  
根府川のおかめ桜/小田原市

きのこ苑お山のたいしょう

  

Img_0443
 
  
  


根府川駅へ。

3番線にて特急列車通過待ちの上り普通列車。

Img_0446

  

根府川駅は2面3線。
写真は4番線に停車中の下り普通列車。

海側が4番線で下り専用、3番線は上下待避線となっていて、特急などの
通過待ちをする場合、上下ともに使用する。

2番線は上り専用。
で、1番線は貨物列車専用のホームだったが、1970年頃に廃止された。

Img_0483

  

根府川駅は無人駅ではあるが、堂々15両編成の列車が停車する。
そのため、この先の熱海駅で悲劇が起きることも…。  

熱海駅まではJR東日本の15両編成で運行されるが、熱海駅からは
JR東海の3両編成に接続することもままある…。
そのため、乗車した車両によっては、とんでもなく歩かされることも…。

相模湾一望のロケーションはサイコー♪  

Img_0453

 

根府川駅のおかめ桜もきれい♪
「おかめ桜の里」よりも咲き具合が早い。

Img_0457

   


Img_0471

  

根府川駅。
いつもは電車が到着しても、パラパラと下車する光景なのだが、
今日は大勢の客が下車した。
ヒルトンホテル、江之浦測候所のシャトルバスがピストン輸送していた。

あと2、3週間もすると右手にあるソメイヨシノの木は淡いピンクに染まる。

Img_0464


根府川駅 wikipedia


 

暖かくて春~♪
クルマの中は暑くて、冷房にした。

帰路は西湘バイパス&R134で。
上りはすいすいだったが、下りは結構混んでいた…。

 

 

関連記事

湘南ゴールドを♪ 2019.01.26

湯河原へ…♪ 2018.11.09 

江之浦マップ♪ 2018.08.15

西湘&箱根♪ 2018.08.13

根府川おかめ桜♪ 2018.03.17

江之浦測候所へ♪ 2018.01.26

真鶴とか♪ 2017.11.03

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19

GWのお出かけ~♪ 2017.05.03

湘南ゴールドを♪ 2017.03.25

福浦漁港・みなと食堂♪ 2017.03.04

湘南ゴールドを♪ 2017.01.27

真鶴~熱海♪ 2016.11.26

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

熱海♪ 2016.03.12

湘南ゴールドを♪ 2016.02.06

鯵が食べたい♪  2015.07.25

根府川へ…合流部、驚愕の新事実…♪   2015.03.28

湘南ゴールドを♪ 2015.02.07

国道135号根府川合流部改良工事完成へ♪ 2015.01.15

真鶴♪ 2014.09.13
 
お花見…根府川・江之浦へ♪ 2014.04.05

真鶴&湯河原♪ 2013.11.03 

湘南ゴールドを♪ 2013.04.27

桜を見ながら江之浦へ♪ 2013.03.23

江之浦~真鶴♪ 2012.05.04

江之浦~根府川のおかめ桜♪ 2012.04.01

江之浦へ♪-2 2012.03.03

江之浦へ♪-1 2012.03.03

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-2 2012.02.18

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-1 2012.02.18 

豆相人車鉄道の旅…かな♪ 2011.03.05

湘南ゴールド♪ 2009.03.02

湘南ゴールド♪ 2007.03.18
 
ハルメキ♪ 2011.03.26 

おかめ桜&ハルメキ~♪ 2012.03.23  

    

   



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/08

週末♪

★週末♪

晴れ♪

朝は冷え込んだけど、日中は暖かかった。

大山や丹沢の山々は珍しく白くなった。
見るからに寒々としてる…。

花粉は最悪…。

 
青梅線は架線凍結により、青梅駅~奥多摩駅間で運転見合わせ…。
やはり、冷え込んだのだ…。

    




”ことりっぷ”小田急線で行く小さな旅 Vol.7♪

「とっておきの春に 代々木上原・代々木八幡へ。」

代々木公園と周辺をめぐる小さな旅。
富ヶ谷や西原、上原界隈も…。

代々木八幡駅はリニューアルされ、3月16日供用開始予定。
相対式ホーム(対面式ホーム)だったが、10両編成に対応した島式ホーム
に変身して、さらには、橋上駅化される。

201903_2
  
  

代々木八幡駅リニューアル/小田急

ことりっぷ/昭文社
0000000000000000000000000000kotor_2   

  





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/02

『きょう、ロマンスカーで。』 2019年春♪

★『きょう、ロマンスカーで。』 2019年春♪

晴れ♪

暖かい♪

ご近所の梅や河津桜が見頃♪
ぽかぽか陽気だと、一層華やかに見える。

  


『きょう、ロマンスカーで。』 2019年春♪

”冬”に引き続き、現時点ではTV-CMの公開はなし…。

多摩川橋梁を渡る赤いロマンスカーGSE・70000形。
多摩水道橋のアーチがチラッと見える。
和泉多摩川駅寄りから撮影されたもの。

201903odakyu000

 




『きょう、ロマンスカーで。』 2018年冬♪

TV-CMの設定なし…。(箱根駅伝中継時は除く。)

相模川橋梁を渡る赤いロマンスカーGSE・70000形。
あゆみ橋のアーチと圏央道がチラッと見える。
本厚木駅寄りから撮影されたもの。

201812odakyu002

  

きょう、ロマンスカーで。/小田急

000000000000000000000000000000000_2

000000000000000000000000000000000_2

 

   

箱根駅伝でのロマンスカーの動画といえば…。

箱根駅伝&小田急ロマンスカー♪ 2019.01.25
 

 


関連記事

『きょう、ロマンスカーで。』…。
僕のブログでは2008年から登場しているので、かれこれ11年…。

小田急ロマンスカー 2018秋 TV-CM♪  2018.09.02

6月…♪ 2018.06.01  【2018夏】  
  
3月♪ 2018.03.01  【2018春

きょう、ロマンスカーで♪ 2017.09.06 【2017秋

夏の準備…♪ 2017.06.02 【2017夏】 

きょう、ロマンスカーで。♪ 2017.03.07 【2017春】

月曜日… 2016.12.07 【2017冬】

休日♪ 2016.09.04 【2016秋】 

週末♪ 2016.06.03 【2016夏】

きょう、ロマンスカーで♪ 2016.02.08 【2016春】

週末♪ 2015.09.04 【2015秋】

休日♪ 2015.05.24 【2014夏】

きょう、ロマンスカーで♪ 2014.12.04 【2014冬】

きょう、ロマンスカーで。 夏♪ 2014.06.11 【2014夏】

秋… 2008.10.03 【2008秋】 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/01

3月♪

★3月♪

朝のうち雨が残った…。
くもり、時々、晴れ。

ちょっと寒い…。



3月♪

春~♪

  
    


JR東海オリジナルカレンダー♪

紀勢本線・大曽根浦駅~九鬼駅間をいくキハ25形。
この区間7kmの内、9割がトンネル。
    
20190325or9

 
  
JR東海オリジナルカレンダー/JR東海
   
 
   

   
 
    

ODAKYU VOICE3月号♪

特集。
『春こそ食べたい 江の島しらす料理』。

Cafe Madu 江の島店のテラス席。
ウチはお茶とかパフェで利用する店。

他には、江之島亭、湘南バーガー、Moke's Hawaii(モケス ハワイ)、
イルキャンティ・ビーチェ、cafe とびっちょ 江の島ヨットハーバー店、
腰越「しらすや」など。

湘南のシラス漁解禁は3月11日。
実際に「生しらす」が食べられるのは少し先になるけど…。
震災の日とかぶってしまったが、それでも、毎年楽しみにしている♪


歳時。
大山とうふまつり、湘南江の島春まつりなど。

タウンファイル。
新松田駅。
もちろん、まつだ桜まつり。


ODAKYU VOICE/小田急

201903ov_3

  





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/16

万葉の湯♪

★万葉の湯♪

晴れ♪

暖かかった♪


  

近くの万葉の湯へ♪
「東京・湯河原温泉 万葉の湯」という。

住所的には東京都町田市なのだが、横浜市緑区、横浜市瀬谷区、横浜市
旭区、大和市にクサビのように食い込んだエリア。
246を走るクルマは、多摩川を渡ってから16、17kmも先で、誰も東京都
だとは思わずに束の間の東京都1kmを走り抜ける…。
そんな立地にある…。

そんな立地…、地元の人間から見ると、最悪の立地でもある…。
東名・横浜町田インター出口から至近距離にあり、246と国道16号大和バイパス、
その上を保土ヶ谷バイパスが通る東名入口交差点。
出来ることなら、避けたいエリア…。

で…。
246からだと、16に入っても、この万葉の湯には入ってこれない…。
従って、246からは、上りも下りも側道に入り、町田市辻交差点からケーユー本店
やニチガスの方へ向かうことになる。
あとは、万葉の湯の看板を頼りに…。

他のルートはないか、色々やってみたのだが、万葉の湯に対する嫌がらせかと
思えるような柵などが何ヶ所もあって、絶対に進入できない八方塞がり…。
これは、グーグルマップなどでも確認できる…。
恐らく、地域社会との協定みたいなものがあるんだろうな。
 


東名横浜町田インターから相模原・八王子方面へ降りたクルマを含め、
16号下りからだとこの交差点で左折して直接入ることができる…。
それ以外から来るには、町田市辻交差点から脇道を通り抜け、ケーユー脇
の交差点からこちらへ入るしか方法がない…。

Img_0257

  
 
万葉の湯1号店。
オープンから22年。
当時、湯河原から源泉を運んでくるタンクローリーにびっくりした…。

そして、国道16号の拡張工事により一時閉鎖していたが、8年前に
全面建て替えリニューアルオープン。
以前とは比較にならないくらいボリューム&レベルアップ。

東京・湯河原温泉 万葉の湯♪
ま、99%神奈川県といえる立地…。

Img_0256
 
  

万葉の湯…。
日本ジャンボーという写真の現像などをする会社が副業みたいに始めた。

フィルム時代、日本ジャンボーは写真プリントなどで結構、利用していた。
東急の駅などにもあったような記憶。

本社は沼津だった記憶があるのだが…。
ネット情報では熱海市とか湯河原町に…。

そして、万葉の湯は、万葉倶楽部株式会社として、小田原市に本社を
置いている。
箱根の天成園や豊洲市場での展開とか、かなり目立つ存在に…。

 

駐車場へ。

Img_0258

 

町田駅や南町田駅からは無料シャトルバスも。

Img_0260

 

保土ヶ谷バイパスはこのように見える。
東名入口交差点では246、16、そして、高架の246の上を3階建てで
跨ぎ、東急田園都市線南町田駅付近で着地する。

手前のスロープは東名横浜町田インターからの接続道路で現在、建設中。

Img_0271

 
  
大きな建物は東工大すずかけ台キャンパス。
この辺りは未開発地が多く、いいなと思うのだが、ラブホがあったり、農地
だったり…。
宅地は手が届かないほどの地価…。

Img_0263

 

ケーユー本店も目の前に。

Img_0268

 
 
ゆ~♪
    
Img_0267
  

露天風呂、石風呂など、気持ちよかった♪
  
000000000000000000000000000000000_2

※万葉の湯HPより

  
 
毎日、湯河原からタンクローリーで源泉を運んでくる。
大浴場、露天風呂など、かなり満足度が高い。

食事処、リラクゼーションも満足。
 
 
東京・湯河原温泉 万葉の湯(町田)
000000000000000000000000000000man_2


万葉の湯

  


隣接する南町田エリアが変貌しつつある。

南町田グランベリーパーク♪ 2018.08.16


  



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧