2019/04/21

沼津港&岳南電車♪

★沼津港&岳南電車♪

4月20日(土)。

晴れ♪
しかし、午後になって予報よりも雲が多くなった…。
 
20℃まではいかず、心地良い暖かさ♪

 
 
GW直前…。
空いてるかもという淡い期待…。

幸先いい。
小田急ロマンスカーGSE・70000形。
 
Img_9293

 
本厚木駅から特急ロマンスカー「ふじさん号」に乗車。

Img_9297
 

いつもの”撮影ポイント”を過ぎ…。
第三川音川橋梁を渡り、新松田駅直前の”あの分岐”。

Img_9315

 
あれよあれよと言う間に”反対車線”である上り線を跨いだ…。
   
Img_9321


そして。
小田急線とJR御殿場線の連絡線をグイグイ登っていく。
草ぼうぼうのワイルドな雰囲気。
 
Img_9323

  
眼下には小田急線が見え、その上には御殿場線の高架が。

Img_9325

 
JR松田駅到着。
乗務員交代。 

Img_9328

 
特急「ふじさん11号」御殿場行き。
やっぱり、由緒ある「あさぎり」の名も残してほしかった。
   
Img_9330

 
山北駅通過…。    

Img_9336

 
御殿場駅到着。  

Img_9343

    

Img_9346

 

関連記事

御殿場プレミアムアウトレット♪ 2013.05.26

 

普通沼津行きに乗り換え。 
大好きな313系。 

Img_9347

 
富士岡駅にて交換。

Img_9358


沼津駅到着。 

Img_9367


南口の駅前ロータリーから伊豆箱根バスの沼津駅~沼津港循環バスに。

Img_9369
 

沼津港バス停で下車。 

Img_9371


沼津港。
魚市場が大きく広がる。
 
Img_9372

 
港八十三番地。  
こちらも魅力的な店が立ち並ぶ。  
  
Img_9377
 
 
回転寿司もいいな。
けっこう客が多い…。

Img_9376


あれもこれも…。
  
Img_9382

 
それにしても…。
たくさんの店があるのに、どこも客の入りがいい。

Img_9383

  
丸天 魚河岸店。
凄い行列…。
    
Img_9385
  

50mほど先、もうひとつの「丸天 みなと店」へ。
こちらは収容能力があり、オーダーから短時間で料理が出てくる。

Img_9392

丸天といえば…。
あのタワーのような海鮮かき揚げ丼。

でも、海鮮丼なども魅力的。
分厚い刺身と大きなエビ、生しらす、桜えびなどなど。

Img_9388


金目鯛の煮付け。
驚きの低価格、そして、メチャ美味しかった♪  

Img_9390
 
 
魚河岸 丸天

 
移転前の情報だけど、基本的に変っていないとか。
移転といっても、数十m移動しただけ。

魚河岸 丸天 みなと店(沼津)/食べログ

  

自宅へのお土産を。
クルマじゃないので、熟慮して。

Img_9394


玉子焼きの店。  

Img_9395  


沼津深海プリン工房。
けっこう長い行列…。  

Img_9400
 

青い部分はラムネ味で、黄色い部分は普通のプリン。
美味しかった♪
 
Img_9399
 

沼津深海プリン工房


沼津駅に戻り、東海道本線で移動。
 
Img_9411
 
 
普通静岡行き、211系電車。
 
Img_9408
 

国鉄211系電車 wikipedia 


普通沼津止まりの313系。
この電車を接続して、静岡行きは出発する。
 
Img_9410  

 
JR東海313系電車 wikipedia
  
 

15分ほどで吉原駅到着。
乗ってきた電車は211系だとばかり思っていたのだが、前の3両は211系で、
後ろの2両は313系だった。

Img_9421

 
岳南電車のりば専用の跨線橋。

Img_9417

 
JR東海道本線吉原駅北西の一角に岳南電車の吉原駅が。

Img_9415


昨年12月に岳南電車の夜景を見る電車に乗車したのだが、昼間の顔も見たくて、
再訪してみた。

Img_9466rr



関連記事

ミステリーバスツアー♪ 2018.12.20

    
 
 
岳南鉄道岳南鉄道線(岳南電車)改札口。

Img_9518
 
 
全線1日フリー乗車券を購入。

20190420_

岳南電車

岳南電車

岳南電車岳南線 wikipedia




岳南電車吉原駅。

Img_9425

 
岳南江尾行き。

Img_9422
 
 
 
Img_9424

 
ジャトコ前駅へ。 

Img_9431


ジャトコ前駅。
芝桜がきれい。

Img_9432

 

吉原本町駅。

Img_9435

  
岳南原田駅にて交換。

Img_9438

 
岳南富士岡駅手前。
ここには側線があり、かつて使用されていた車両などが留置されている。

Img_9441

 
こちらで下車。
構内踏切を渡ると駅舎がある。   
 
Img_9444
  

右側には検修施設がある。
 
Img_9457
 

構内踏切手前から駅舎を。   

Img_9459

 
なかなか派手な駅舎。
かぐや姫が描かれている。
このエリアは「竹取物語」にまつわる地のひとつといわれている。  

Img_9467


時間があったので、ちょっと散策。
先程、乗ってきた電車が折り返してきた。
 
Img_9471


岳南江尾行きに乗車。   

Img_9480
  

終点、岳南江尾駅到着。

Img_9485
  
   
Img_9487
    
   
Img_9488

 
終点の岳南江尾駅は無人駅。
ま、ほとんど無人駅なのだが…。

Img_9490
 
  
Img_9492
   

高架線は東海道新幹線。

Img_9502
  
 
岳南電車は工場地帯のど真ん中をいく。
特に、製紙工場が立ち並ぶ。

2014年に鉄道本体として初めて日本夜景遺産に認定された。
「夜景電車」、「工場夜景電車」の運行がされている。

Img_9504
 
  
Img_9511
   

吉原駅到着。
  
Img_9515
  

岳南電車

岳南電車  

岳南電車岳南線 wikipedia

  
 

東海道本線吉原駅より普通熱海行きに乗車。

Img_9523

  
熱海駅。
ここで乗り換え。

Img_9524


1番線に伊豆急のリゾート21が。

Img_9527

  
  
Img_9529
  
 
 
で。
ここまでJR東海だったのだが、ここからJR東日本管轄。
そのせいで、乗り換えが必要。

そして…。
ほとんどの乗客が知らない、未知の「籠原」とか「古河」、「小金井」行き
の電車に乗らざる得ない不安感…。
今日は「小金井」行き…。
武蔵小金井なら分かるのだが、「小金井」ってどこ…?
そ、田舎の「小金井」と言われる栃木県の小金井…。
 
やはり、東京行きに戻してほしい…。
そうでなければ、せめて、「東京経由、古河行き」とかにして不安感の払拭
を図ってほしい…。

で、先程まで5両編成の電車だったのだが、座席に余裕があった。
ところが、ココからは15両の長大編成なのに、座席はほぼ満席…。
 
Img_9525
 

いつもの…。
根府川駅♪
 
Img_9530

 
小田原駅で下車。
そういえば、コーヒー飲んでなかったので…。
駅構内のカフェでお茶♪

小田原からはロマンスカーで。
最近、ロマンスカーは6両編成での運行が増えた。
VSE、GSEは不可なので、MSEやEXEは6両での運転が多く、ちょっと
物足りない場面がある…。

このロマンスカーは箱根湯本から6両編成でやってきて、小田原駅でわざわざ4両
を増結…。

Img_9536


 
GW直前の週末ということもあってか、沼津港などもパニック的な混雑はなかった。
しかし、次の土曜日からはどうなることか…。
10連休が恐い…。



関連記事







| | コメント (0)

2019/04/05

週末♪

★週末♪

晴れ♪

暖かい♪
埼玉県では25℃を超えたとこも。
ここ神奈川県央エリアでも20℃を超えたらしい。
  
スギ花粉は相変わらず”非常に多い”が連発されているが、
4月に入ってからは軽くなったように感じる…。
       
通勤電車の車窓からは、どこも桜が見ごろ。
土日は混雑しそう…。

Sakura011   

 
 

ココログのリニューアルから2週間余。
当初、些細な事から大きな事まで、何から何まで、不具合だらけ…。

ユーザーの悲鳴にも聞こえる数々の指摘とクレーム。
「元に戻せ」という声の多いこと…。

1つ、1つ、不具合の改善がされた…。
そして、今回のリニューアルによって切り捨てられた機能なども
ようやく見えてきた…。
全体的にだいぶ落ち着いてきた。
 
ま、使い勝手は決して良くなったとは言えない。
いや、後退したとさえ思える。
レスポンスも悪くなった…。
  
ココログ・リニューアル担当者の技量とセンスに疑問も…。
   
0000000000000000000000000000000000000000_1





| | コメント (0)

2019/03/15

ロマンスカー時刻表♪

★ロマンスカー時刻表♪

晴れ♪

暖かかった♪

  
  


飲み会~

金曜日なので、どこもいっぱい…。

生ビールが美味しい季節~
  

  


小田急ロマンスカー時刻表♪

小田急は明日3月16日からダイヤ改正。

ロマンスカー時刻表も一新。

201903romancecar_2
 

小田急

000000000000000000000000000000000_2


 

■関連記事

休日出勤… 2018.03.18

小田急ロマンスカー時刻表ダイヤ修正号…♪ 2017.03.08

小田急ロマンスカー時刻表♪ 2016.03.29

ロマンスカーうちわ~♪ 2012.07.19 

電車座れた♪ 2012.04.05

青いロマンスカー♪ 2012.03.22


 


小田急ロマンスカーGSE・70000形就役1周年♪


000000000000000000000000000000000_3

特急ロマンスカーGSEデビュー1周年特設サイト/小田急

Gse_1st_3
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/09

おかめ桜♪

★おかめ桜♪

晴れ♪

暖かくて汗ばむほど。

風があったので、もしやと思ったら、”春一番”だった♪

  

小田厚から富士山。
この冬、富士山の雪が少なくて、イマイチだったのだが…。
今日は下の方まで雪が積もっていて、美しかった。

Img_0379


   

小田厚も国道135号もクルマが多い…。
北関東ナンバーが目立つ…。
やはり、春を満喫したいからか。 

「ドライブインみのや新島」が閉店し、跡地には「鈴廣かまぼこ江の浦店」
がオープンした。

鈴廣かまぼこ江の浦店

 

Img_0382 
   

いつものように真鶴料金所の手前で右折して松本山の急坂を登り、
県道740号へ。
青山園に立ち寄り、湘南ゴールドを♪

Img_0384

 

この時期、湘南ゴールドだけでなく、色んな種類の柑橘類が揃う。 

Img_0383

  
青山園

 

 

  
  

江之浦の「れんが屋」へ。
   
Img_0386

  
  
春、穏やかな相模湾。
江之浦から見える海は瀬戸内海のように見える。  

Img_0411

  

店内は広くて明るい雰囲気。
大きな窓からは海が一望。

Img_0390

 
 
おかめ桜かな。

Img_0392

 
 
12時前…。
数組の客…。

この後、続々と客が入ってきた。
予約してる人も多かった。 

Img_0394


 

ランチメニューも良さそうだった。
初めてなので、「江之浦」というコースに。
刺身はブリとハマチ。
そして、和牛のカルビ。

Img_0399

 

美味しかった♪

Img_0400

 
  
デザートは柑橘類があれこれ。
オーナーの自宅だろうか、店のまわりはみかん畑。

Img_0404


 

Img_0401


大島が大きく見えた。

Img_0407

 
江之浦れんが屋

れんが屋(根府川)/食べログ


  

れんが屋を出て200mもすると江之浦測候所。
春とか初夏の測候所も訪れてみたい。

  

県道740号沿いにはおかめ桜とかピンク、ピンク、ピンク。
黄色い菜の花も。

Img_0415

 
 
そして、江之浦に来たら、ココははずせない…。
天正庵跡の麦踏(MUGIFUMI)。

Img_0416

  

今日は1種類につき1個、色々なパンを買ってみた。

Img_0417

  
麦踏(MUGIFUMI)

麦踏(MUGIFUMI)(根府川)/食べログ

 
湘南ゴールドを♪ 2019.01.26

湯河原へ♪ 2018.11.09 

西湘&箱根♪ 2018.08.13 


 



おかめ桜♪

Img_0425

 

「おかめ桜の里」。
7分咲きだとか…。

Img_0432


 

いつもより大勢の人たちが訪れていた。

Img_0431

  
根府川のおかめ桜/小田原市

きのこ苑お山のたいしょう

  

Img_0443
 
  
  


根府川駅へ。

3番線にて特急列車通過待ちの上り普通列車。

Img_0446

  

根府川駅は2面3線。
写真は4番線に停車中の下り普通列車。

海側が4番線で下り専用、3番線は上下待避線となっていて、特急などの
通過待ちをする場合、上下ともに使用する。

2番線は上り専用。
で、1番線は貨物列車専用のホームだったが、1970年頃に廃止された。

Img_0483

  

根府川駅は無人駅ではあるが、堂々15両編成の列車が停車する。
そのため、この先の熱海駅で悲劇が起きることも…。  

熱海駅まではJR東日本の15両編成で運行されるが、熱海駅からは
JR東海の3両編成に接続することもままある…。
そのため、乗車した車両によっては、とんでもなく歩かされることも…。

相模湾一望のロケーションはサイコー♪  

Img_0453

 

根府川駅のおかめ桜もきれい♪
「おかめ桜の里」よりも咲き具合が早い。

Img_0457

   


Img_0471

  

根府川駅。
いつもは電車が到着しても、パラパラと下車する光景なのだが、
今日は大勢の客が下車した。
ヒルトンホテル、江之浦測候所のシャトルバスがピストン輸送していた。

あと2、3週間もすると右手にあるソメイヨシノの木は淡いピンクに染まる。

Img_0464


根府川駅 wikipedia


 

暖かくて春~♪
クルマの中は暑くて、冷房にした。

帰路は西湘バイパス&R134で。
上りはすいすいだったが、下りは結構混んでいた…。

 

 

関連記事

湘南ゴールドを♪ 2019.01.26

湯河原へ…♪ 2018.11.09 

江之浦マップ♪ 2018.08.15

西湘&箱根♪ 2018.08.13

根府川おかめ桜♪ 2018.03.17

江之浦測候所へ♪ 2018.01.26

真鶴とか♪ 2017.11.03

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19

GWのお出かけ~♪ 2017.05.03

湘南ゴールドを♪ 2017.03.25

福浦漁港・みなと食堂♪ 2017.03.04

湘南ゴールドを♪ 2017.01.27

真鶴~熱海♪ 2016.11.26

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

熱海♪ 2016.03.12

湘南ゴールドを♪ 2016.02.06

鯵が食べたい♪  2015.07.25

根府川へ…合流部、驚愕の新事実…♪   2015.03.28

湘南ゴールドを♪ 2015.02.07

国道135号根府川合流部改良工事完成へ♪ 2015.01.15

真鶴♪ 2014.09.13
 
お花見…根府川・江之浦へ♪ 2014.04.05

真鶴&湯河原♪ 2013.11.03 

湘南ゴールドを♪ 2013.04.27

桜を見ながら江之浦へ♪ 2013.03.23

江之浦~真鶴♪ 2012.05.04

江之浦~根府川のおかめ桜♪ 2012.04.01

江之浦へ♪-2 2012.03.03

江之浦へ♪-1 2012.03.03

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-2 2012.02.18

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-1 2012.02.18 

豆相人車鉄道の旅…かな♪ 2011.03.05

湘南ゴールド♪ 2009.03.02

湘南ゴールド♪ 2007.03.18
 
ハルメキ♪ 2011.03.26 

おかめ桜&ハルメキ~♪ 2012.03.23  

    

   



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/08

週末♪

★週末♪

晴れ♪

朝は冷え込んだけど、日中は暖かかった。

大山や丹沢の山々は珍しく白くなった。
見るからに寒々としてる…。

花粉は最悪…。

 
青梅線は架線凍結により、青梅駅~奥多摩駅間で運転見合わせ…。
やはり、冷え込んだのだ…。

    




”ことりっぷ”小田急線で行く小さな旅 Vol.7♪

「とっておきの春に 代々木上原・代々木八幡へ。」

代々木公園と周辺をめぐる小さな旅。
富ヶ谷や西原、上原界隈も…。

代々木八幡駅はリニューアルされ、3月16日供用開始予定。
相対式ホーム(対面式ホーム)だったが、10両編成に対応した島式ホーム
に変身して、さらには、橋上駅化される。

201903_2
  
  

代々木八幡駅リニューアル/小田急

ことりっぷ/昭文社
0000000000000000000000000000kotor_2   

  





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/02

『きょう、ロマンスカーで。』 2019年春♪

★『きょう、ロマンスカーで。』 2019年春♪

晴れ♪

暖かい♪


ご近所の梅や河津桜が見頃♪
ぽかぽか陽気だと、一層華やかに見える。

  
  


『きょう、ロマンスカーで。』 2019年春♪

”冬”に引き続き、現時点ではTV-CMの公開はなし…。

多摩川橋梁を渡る赤いロマンスカーGSE・70000形。
多摩水道橋のアーチがチラッと見える。
和泉多摩川駅寄りから撮影されたもの。

201903odakyu000
   







『きょう、ロマンスカーで。』 2018年冬♪

TV-CMの設定なし…。(箱根駅伝中継時は除く。)

相模川橋梁を渡る赤いロマンスカーGSE・70000形。
あゆみ橋のアーチと圏央道がチラッと見える。
本厚木駅寄りから撮影されたもの。

201812odakyu002

      

きょう、ロマンスカーで。/小田急

000000000000000000000000000000000_2  000000000000000000000000000000000_2

 
   

箱根駅伝でのロマンスカーの動画といえば…。

箱根駅伝&小田急ロマンスカー♪ 2019.01.25
 




関連記事

『きょう、ロマンスカーで。』…。
僕のブログでは2008年から登場しているので、かれこれ11年…。

小田急ロマンスカー 2018秋 TV-CM♪  2018.09.02

6月…♪ 2018.06.01  【2018夏】  
  
3月♪ 2018.03.01  【2018春

きょう、ロマンスカーで♪ 2017.09.06 【2017秋

夏の準備…♪ 2017.06.02 【2017夏】 

きょう、ロマンスカーで。♪ 2017.03.07 【2017春】

月曜日… 2016.12.07 【2017冬】

休日♪ 2016.09.04 【2016秋】 

週末♪ 2016.06.03 【2016夏】

きょう、ロマンスカーで♪ 2016.02.08 【2016春】

週末♪ 2015.09.04 【2015秋】

休日♪ 2015.05.24 【2014夏】

きょう、ロマンスカーで♪ 2014.12.04 【2014冬】

きょう、ロマンスカーで。 夏♪ 2014.06.11 【2014夏】

秋… 2008.10.03 【2008秋】 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/01

3月♪

★3月♪

朝のうち雨が残った…。
くもり、時々、晴れ。

ちょっと寒い…。



3月♪

春~♪

  
    


JR東海オリジナルカレンダー♪

紀勢本線・大曽根浦駅~九鬼駅間をいくキハ25形。
この区間7kmの内、9割がトンネル。
    
20190325or9

 
  
JR東海オリジナルカレンダー/JR東海
   
 
   

   
 
    

ODAKYU VOICE3月号♪

特集。
『春こそ食べたい 江の島しらす料理』。

Cafe Madu 江の島店のテラス席。
ウチはお茶とかパフェで利用する店。

他には、江之島亭、湘南バーガー、Moke's Hawaii(モケス ハワイ)、
イルキャンティ・ビーチェ、cafe とびっちょ 江の島ヨットハーバー店、
腰越「しらすや」など。

湘南のシラス漁解禁は3月11日。
実際に「生しらす」が食べられるのは少し先になるけど…。
震災の日とかぶってしまったが、それでも、毎年楽しみにしている♪


歳時。
大山とうふまつり、湘南江の島春まつりなど。

タウンファイル。
新松田駅。
もちろん、まつだ桜まつり。


ODAKYU VOICE/小田急

201903ov_3

  





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/16

万葉の湯♪

★万葉の湯♪

晴れ♪

暖かかった♪


  

近くの万葉の湯へ♪
「東京・湯河原温泉 万葉の湯」という。

住所的には東京都町田市なのだが、横浜市緑区、横浜市瀬谷区、横浜市
旭区、大和市にクサビのように食い込んだエリア。
246を走るクルマは、多摩川を渡ってから16、17kmも先で、誰も東京都
だとは思わずに束の間の東京都1kmを走り抜ける…。
そんな立地にある…。

そんな立地…、地元の人間から見ると、最悪の立地でもある…。
東名・横浜町田インター出口から至近距離にあり、246と国道16号大和バイパス、
その上を保土ヶ谷バイパスが通る東名入口交差点。
出来ることなら、避けたいエリア…。

で…。
246からだと、16に入っても、この万葉の湯には入ってこれない…。
従って、246からは、上りも下りも側道に入り、町田市辻交差点からケーユー本店
やニチガスの方へ向かうことになる。
あとは、万葉の湯の看板を頼りに…。

他のルートはないか、色々やってみたのだが、万葉の湯に対する嫌がらせかと
思えるような柵などが何ヶ所もあって、絶対に進入できない八方塞がり…。
これは、グーグルマップなどでも確認できる…。
恐らく、地域社会との協定みたいなものがあるんだろうな。
 


東名横浜町田インターから相模原・八王子方面へ降りたクルマを含め、
16号下りからだとこの交差点で左折して直接入ることができる…。
それ以外から来るには、町田市辻交差点から脇道を通り抜け、ケーユー脇
の交差点からこちらへ入るしか方法がない…。

Img_0257

  
 
万葉の湯1号店。
オープンから22年。
当時、湯河原から源泉を運んでくるタンクローリーにびっくりした…。

そして、国道16号の拡張工事により一時閉鎖していたが、8年前に
全面建て替えリニューアルオープン。
以前とは比較にならないくらいボリューム&レベルアップ。

東京・湯河原温泉 万葉の湯♪
ま、99%神奈川県といえる立地…。

Img_0256
 
  

万葉の湯…。
日本ジャンボーという写真の現像などをする会社が副業みたいに始めた。

フィルム時代、日本ジャンボーは写真プリントなどで結構、利用していた。
東急の駅などにもあったような記憶。

本社は沼津だった記憶があるのだが…。
ネット情報では熱海市とか湯河原町に…。

そして、万葉の湯は、万葉倶楽部株式会社として、小田原市に本社を
置いている。
箱根の天成園や豊洲市場での展開とか、かなり目立つ存在に…。

 

駐車場へ。

Img_0258

 

町田駅や南町田駅からは無料シャトルバスも。

Img_0260

 

保土ヶ谷バイパスはこのように見える。
東名入口交差点では246、16、そして、高架の246の上を3階建てで
跨ぎ、東急田園都市線南町田駅付近で着地する。

手前のスロープは東名横浜町田インターからの接続道路で現在、建設中。

Img_0271

 
  
大きな建物は東工大すずかけ台キャンパス。
この辺りは未開発地が多く、いいなと思うのだが、ラブホがあったり、農地
だったり…。
宅地は手が届かないほどの地価…。

Img_0263

 

ケーユー本店も目の前に。

Img_0268

 
 
ゆ~♪
    
Img_0267
  

露天風呂、石風呂など、気持ちよかった♪
  
000000000000000000000000000000000_2

※万葉の湯HPより

  
 
毎日、湯河原からタンクローリーで源泉を運んでくる。
大浴場、露天風呂など、かなり満足度が高い。

食事処、リラクゼーションも満足。
 
 
東京・湯河原温泉 万葉の湯(町田)
000000000000000000000000000000man_2


万葉の湯

  


隣接する南町田エリアが変貌しつつある。

南町田グランベリーパーク♪ 2018.08.16


  



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/15

週末…♪

★週末…♪

どんより…。
昼頃、雪が舞った。
その後、晴れ♪

ものすごく寒かった…。

  


小田急ロマンスカーLSE・7000形…。

先日、解体線に移動していた先頭車1両は、留置線に移動していた…。
やはり、解体のためではなかったようで、ほっとした。

で、庫内には先頭車1両と中間車1両が連結しているように見えた。
隣にはHiSE・10000形も…。

ま、当分、目が離せない。

  
よそゆき顔で♪ 2019.02.05

  
 

ところが…。
いつも拝見させていただいてるブログでは、2月8日に7003編成の”7803”
が解体陸送されたとの情報…。

それでは、さっき見たLSE・7000形先頭車はなんなのか…。
確かに、昨年4月のプレスリリースには先頭車両を除く中間9両を解体すると
あった。
つまり、先頭車2両は残すと思われたのだが…。

さっき見た先頭車は別ものだったのか…。
 

2/8 ロマンスカーLSE 7803、まさかの解体陸送/コルゲート
   

    
          
あるいは…。
ロマンスカーミュージアムの想像図…。
あのエントランス脇の、あの車両らしきもの…。

もしかして、実車が使われるのか…。

   

ロマンスカーミュージアム

 

201804romancecar2_2



※2月19日(火)追記
相模大野の車庫にロマンスカーLSE・7000形の先頭車が2両並んでいた。
これで、元に戻ったわけだが…。

ここ数週間の動きから推測すると。
大野には7000形の先頭車が3両あったということ。
そして、7003編成の”7803”が解体され、ずっと以前に引退した7000形
の先頭車が忽然と姿を現したということ…。

ま、そんなとこか…。

  

  

横浜みなとみらい21地区にロープウェイ。

横浜市は、みなとみらい21地区のJR桜木町駅~新港ふ頭間で検討中の
ロープウェーの建設計画の詳細を明らかにした。

桜木町駅前と新港ふ頭の運河パーク内に停留所を設置し、この間の約630m
を片道2分半~3分程度で運行する。
2020年東京五輪・パラリンピックまでの開業を目指し、大会期間中は観光資源
として活用し、その後も常設する方針。  

支柱は遊歩道「汽車道」に沿って海上部分に3本、地上部分に2本を設置し、
ゴンドラ36基が高さ約30~40mで運行する。
乗車定員は8人で、車いすでの乗車も可能。

運河パーク内の停留所は、近くの商業施設「ワールドポーターズ」や歩道橋
「サークルウォーク」に2階部分で接続することも検討中。
実現すれば、今年秋に新港ふ頭に開業する新客船ターミナル、横浜赤レンガ倉庫
方面への移動環境が向上する。  
新年度中の着工を見込んでいる。 



つまり、桜木町駅前とワールドポーターズ付近がロープウェイで結ばれる。
利便性を考慮すると、ワールドポーターズから乗り場へ直結することになるの
かな…。
  
横浜市の公表では、停留所という表現が使われているけど…。
「駅」とか「乗り場」でいいのではと…。
     
000000000000000000000000000000000_2

  


    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/02

大磯♪

★大磯♪

晴れ♪

昼間は暖かかった♪
  


246、厚木あたりから。
この冬初めて、大山、丹沢の山々が白くなっていたのだが、だいぶ解けてきた。
  
Img_0113

     

順調に大磯へ。

国道1号。
大磯町の旧吉田茂邸の前から富士山を。

Img_0119
   

  
梅がちらほら…。   

Img_0127
 
  
吉田茂といえば…。
葉巻でしょ…。
  
Img_0129
 
 
そして、もう1つ…。
吉田茂といえば…。
バカヤロー…。
 
バカヤロー解散…。
  
Img_0130   
  
   
内門(兜門)。
別名、講和条約門とも…。   
  
Img_0132

  
 
吉田茂。
明治11年(1878年)、大久保利通が暗殺された年に東京で生まれた。
実父は土佐の自由民権運動の闘士で板垣退助の腹心であった。
もちろん、土佐出身。
  
吉田茂といえば、僕的には高知生まれだとばかり思い込んでいた。
  
僕の両親はどちらも土佐出身…。
母方は土佐山内家の末裔…。  といっても、分家だけど…。
土佐の人達は吉田茂を郷土の偉人として扱うので、僕も信じ込んでいた。

そして、吉田茂の妻は大久保利通の孫娘である。

明治17年に養父・吉田健三が大磯に別邸を建てたのだが、吉田茂は
戦後、昭和20年(1945年)よりこの邸宅を本邸として、晩年をこの地
で過ごした…。
昭和42年(1967年)に亡くなるまでの22年間、この大磯で戦後の激動期
を過ごした。

白洲次郎はこの頃の側近である。
あの麻生太郎元首相、いや、現副総理は吉田茂の孫にあたる。


吉田茂 wikipedia



旧吉田茂邸。
平成21年3月、火災により焼失したが、平成29年4月、再建され一般公開
された。

Img_0181

  
楓の間(応接間)。

Img_0138

 

新館2Fの金の間から富士山。

Img_0153

 

右側のなだらかな山は明神ヶ岳、そして、左の方には大涌谷の噴煙が見える
はずなのだが。
噴煙が少ない…。  落ち着いてきたのか…。

Img_0154

  

眼下には大磯ロングビーチ、海の向こうは小田原方面。
箱根の山は右のいちばん高いのが神山、中央のこんもりした山は駒ヶ岳。
 
Img_0155


   

応接間棟2Fの書斎。

ダイヤルのない黒電話は官邸直通だったとか。
下の袋戸棚の中に置いていたそうだ。

Img_0179

 
七賢堂。
元は四賢堂として、伊藤博文が明治維新の元勲である岩倉具視、木戸孝允、
大久保利通、三条実美の4人を祀るために建立したもの。
伊藤の自邸である大磯の滄浪閣の一角に建てられた。
伊藤が亡くなった後、伊藤自身も祀られ五賢堂となる。

吉田茂はこれを自邸に移転させ、西園寺公望を加え六賢となったが、語呂が
よくないとの理由で五賢堂と呼んでいた。
吉田茂没後、吉田自身も祀られ七賢堂となった。

来週2月9日~11日の3日間、特別開扉される。
 
Img_0183


 
この周辺には庚申塚のようなものと古い墓のようなものが点在…。
そして、「愛犬ポチの墓」は2つあったので、ポチという名前の犬が2匹いたの
かなとか…。

「愛犬サンチャンの墓」も見つけた。
サンフランシスコ講和条約締結の折り、つがいのテリアを連れ帰ったのだが、
愛犬の名は「サン」と「フラン」。
    
  
吉田茂銅像。
サンフランシスコの方を向いているとか。

Img_0185


大磯を愛した吉田茂。
吉田茂が愛した大磯の名物がある。
井上蒲鉾店のはんぺん、新杵の虎子饅頭、國よしのうな重。

井上蒲鉾店のさつま揚げや新杵の西行まんじゅうなどはたまに買い求める。
しかし、國よしのうなぎは敷居が高くて…、でも、食べてみたい。

あと、「まかべのとうふ」(真壁豆腐店)をこよなく愛したといわれている。
サンフランシスコに行く際、こちらの豆腐を持っていくと駄々をこねたという
エピソードも…。
創業明治38年の老舗だったのだが、最近、閉店したとのこと…。


神奈川県立 大磯城山公園
  
  
   
 
銅像のとこからは相模湾が一望。
目の前には西湘バイパス。
大磯西インターの標識も。
  
Img_0188
 

 
2017年10月の台風で崩落した現場は今も復旧工事の真っ最中…。
かれこれ1年半におよぶ大工事(?)…。

上りは2車線が確保されるように改善されたが、下りは相変わらず1車線のみ
の通行となり、このあたりから車線減少するため、土日は渋滞する。
今日も渋滞が発生していた…。
 
Img_0187

  
2007年9月の台風で西湘バイパスの大規模崩落が発生。
崩落したメカニズムが解明されないまま…。
”ありえへん”事態に関係当局は時間をかけて復旧させた。

しかし…。
関係者の過剰反応と思われる事態も頻発…。
従来なら何の問題もないような事象にも過敏に反応してしまう現象。
台風一過の素晴らしいお天気なのに、高波に警戒した結果、全線通行止め
を決行して、周辺一帯に大渋滞を引き起こしたり…。
ちょっと迷惑…。
  

ところが…。
10年後の2017年10月…。
またもや台風によって、同じ区間で崩落…。

今度こそ、面子(メンツ)をかけて復旧工事…。
だからか、既に1年半もかけてる…。

で…。
未だに工事完成予定は公表されていない…。(多分…。)
威信をかけての復旧工事なのだろう…。
  
西湘バイパス、またもや崩落… 2017.10.25 

    
        

クルマに乗りこんだら、暑い…。
車外の気温表示が15℃…。
車内はもっと暑いはず…。
    

旧吉田茂邸から国道1号を数分間走ると。
伊藤博文邸であった滄浪閣前の交差点。
ここから日本橋まで69km…。

吉田茂は自邸から官邸、国会までをクルマで行き来していた。
片道70km…。

吉田内閣といえば。
戦後すぐから、バカヤロー解散の翌年、昭和29年(1954年)12月まで…。

当時、クルマが少ない時代とはいえ、横浜市戸塚区の国道1号、
戸塚駅北側「戸塚大踏切」は開かずの踏切…。
ここの大渋滞に業を煮やした吉田茂は踏切を回避するバイパスの建設
を指示したとか…。

そんなバイパス的存在の戸塚道路のことを「ワンマン道路」と…。
その後、戸塚道路は横浜新道とつながった。
僕が小中学生の頃、江の島や箱根への遠足で、横浜新道を通る時、
バスガイドさんが「ワンマン道路」のことを説明してくれたものだ…。

ところで…。
開かずの踏切「戸塚大踏切」は…。
なんと、吉田茂が苦渋の思いをした頃から60年以上を経て、2015年3月
にアンダーパスができたため、踏切は廃止された…。

戸塚道路 wikipedia


Img_0194


  

鴫立庵の隣。
ここでご飯が食べたいと思いつつ12年…。

最初、何の飲食店か知らなかったのだが、鴫立庵の隣ということや、建物
の雰囲気の良さに惹かれた。

店の駐車場が満車だったので、町役場の駐車場(土日・祝日、1回300円)
に駐車した。
他にも行きたいとこがあったので、いつも利用している町役場に…。
そして、町役場の敷地は土佐山内家の別邸跡地なのだ…。
そういう意味ではご先祖さまの匂いがするかも…。

ま、大磯は明治時代、華族となった旧公家や大名、そして、政治家、財界など
のそうそうたる顔ぶれが別邸をかまえた。

そして、伊藤博文から吉田茂まで歴代首相が8人も居をかまえた土地。


大好きな大磯♪ - 2 2010.07.17

明治政界の奥座敷/大磯町の観光情報サイト

   


そして。
湘南発祥の地でもある大磯。

そんな石碑がココにある訳は…。
このお隣の鴫立庵には江戸時代に「湘南」とうたわれた碑があるから…。 
 
石碑の向こうは12年間も憧れてきた「はやし亭」。
    
Img_0196

 
どきどき…。
  
Img_0197

    
ロースカツとカニクリームコロッケ定食。
本当に美味しかった♪    

Img_0199


はやし亭(大磯)/食べログ


 

大磯駅の方へ。
お目当てのパンの蔵がない…。

ネットで調べたら、すぐ近くに移転していた。

湘南大磯 パンの蔵

  

大磯駅。

Img_0201
  
  


Img_0205



駅から徒歩2、3分。
 
実は…。
もう1軒、行きたいパン屋さん。

よく分からない路地へ。
築70年ほどの古民家をリノベーションしたクラフトショップやパン屋などが。

Img_0213

  
  
ん…。
なんだか…。

理解不能な世界…。

Img_0207

 
 
お目当てのパン屋さん。
「茶屋町路地」にある”Lee’s Bread”。

Img_0209
   


    

そう。
ここで、カンパーニュとかあれこれ…。

Img_0211


Lee’s Bread(リーズブレッド)(大磯)/食べログ

Lee’s Bread/fb

大磯のおすすめスポット、茶屋町路地/Hanako
 

  
  

関連記事

真鶴とか♪ 2017.11.03

大磯みかん狩り♪ 2016.11.20

大磯の左義長♪ 2016.01.09

大磯♪ 2015.09.20

大磯でみかん狩り♪ 2011.11.23

大磯♪ 2011.04.30

大好きな大磯♪-2 2010.07.17
大好きな大磯♪-1 2010.07.17

平塚・花菜ガーデン♪ 2010.07.03

OISO・大磯♪ 2008.06.28

著盡湘南清絶地♪ 2008.06.22



  




| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧