« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/31

アマルフィ 女神の報酬♪

アマルフィ 女神の報酬

昨日は夏…暑かった…♪
母の畑で収穫のお手伝い。
今回はミニトマト、きゅうり、おくら、枝豆、なす、ピーマン、ゴーヤ、にら、
いんげんと夏野菜のオンパレード。
いや、助かります。  それに、収穫したばかりの野菜は美味しい♪
そして、近所のおばさまから茗荷のお裾分け。
ところが、夜にはかなり涼しかった♪


一転、今日ははっきりしない天気…。

近所のつきみ野サティで「アマルフィ 女神の報酬」を観てきた♪
ナポリや、ポンペイの遺跡までは行ったことがあるが、アマルフィには行った
ことがない。

鎌倉・七里ヶ浜にあるリストランテ・アマルフィイや、アマルフィイ・デラセーラの
おかげで、アマルフィがイタリアの景勝地だってことを知っていた。
そんな事から、アマルフィを舞台にしたこの映画には興味津々…。

映画は…、かなりよく出来たサスペンスであり、イタリア旅行している気分にも
なるし、豪華キャストも見応えある。
サラ・ブライトマンの美しい歌声”Time To Say Goodbye”も相当に感激もの♪
ここんとこ、テレビからもしょっちゅう聞こえてきた曲でもあるし…。
満足♪


アマルフィ 女神の報酬

鎌倉・七里ヶ浜アマルフィイ・デラセーラ


過去記事

七里ヶ浜Amalfi Della Sera♪ 2007.03.03


0907



















300amalfi_pl1













300pxamalfi02 ※いずれも、
  アマルフィ 女神の報酬
  公式サイトより





 



中途半端な時間…、つきみ野サティから5分程の、ここち湯・横浜瀬谷店へ。
やっぱり温泉は気持ちいいな♪
ビールといきたいとこだけど、クルマじゃね…。
牛乳を~♪


ゆめみ処ここち湯・横浜瀬谷店

Imgp4297 Imgp4298





00000000000000000000000000000000000
今日はホントに涼しい♪
9月下旬の陽気だとか。  ちょっと心配かも…。
昼間も夜も、なぜかホットコーヒーに♪


折角、ここち湯で気持ちよい温泉を満喫してきたのに…。
数日前までは奥飛騨で温泉三昧だったのに…。
夕方のニュースで、いい気分が吹っ飛んだ~。





さっき、ニュースで宝塚ワシントンホテルが0.5~0.6%の温泉含有率で6年間
も営業していたそうだ。
それだけならまだしも、「謹告」と称して、開き直りにしか聞こえない言い訳…。
確かに法的な規制がないそうだけど、この含有率は素人でも温泉じゃないと解る。
100ℓの浴槽に例えれば、100ℓ中、たったの0.5ℓ、つまり500mℓのペットボトル
と同じ量の温泉…。
そんなの天然温泉っていえるのか。
大手ホテルがこんなことでは…。



宝塚ワシントンホテルの「謹告」とやらを…。
相当に客を馬鹿にした言い訳。

100%天然温泉とは言ってないって…。
100%が付こうが、付くまいが、0.5%や0.6%で天然温泉という表現が許される
のか…。

「お客様にご不安、ご懸念をおかけし哀心より、お詫び申し上げます。」ってどういう
ことなのか…。
不安と懸念をもたせただけじゃなく、誰がどう判断しても、温泉じゃない「天然温泉」
に高い代償を払わされた客に対する不利益が生じてるのでは…。

僕も職務上、こういう文章を書くことがあるけど、不安や懸念をもたせた事に対する
お詫びは、この内容で結構だけど、実際に不利益や損害を与えた場合は、その
事実に対してお詫びし、善処するのが当然だと思うのだが。

この謹告、そういった不利益に対する責任回避、損害賠償回避に見える。


090731_3










































今もこんなサイトが…。
天然温泉の文字が3ヶ所。

0907w















| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み2-奥飛騨温泉郷・平湯温泉♪

夏休み2-奥飛騨温泉郷・平湯温泉

上高地からバスで平湯温泉へ戻った。
少し時間が早かったので、平湯を散策。
ここ奥飛騨温泉郷、平湯温泉は、上高地つづきという事ではなく、全く次元の違った
もうひとつの憧れの場所♪
そんな憧れの場所がすぐお隣どうしっていうのも、ずいぶんと贅沢~♪

平湯ってとこは、街中どこを歩いても温泉だらけ。
露天風呂、足湯、なんでも…。
平湯バスターミナルのアルプス街道平湯の3Fも日帰り温泉があって、露天風呂も。


平湯神社のお隣の平湯民俗館。
奥に見えるのは五箇山から移築してきた築250年を超える合掌造りの家。
この奥には露天風呂がある。

P7265095























民俗館の入口には、木桶の足湯が。
この足湯、足を入れた途端につるっ…。
なぜか、平湯の足湯って、石の場合も、コンクリートも、木も、つるつる滑る。
掃除されていないのか、泉質なのか。
どの温泉も硫黄の匂いが…。

P7265094























この時期、奥飛騨ではあじさいがあちこちで。
そして、バラ、ひまわり、秋のコスモスまでも。
初夏から秋の花が一斉に…なのか…。

P7265100

 
   



P7275113





バス停がログハウスなんていうのもあちこち。
こちらは、スクールバスのバス停。
中にはトイレもあるし、外には足湯も。
雪国でもあるわけだし、きっと親心からだろな…。
自分たちが子供の頃できなかった事を精一杯なのかな。

P7275108 P7275118








000000000000000000000000000000000_2
飛騨といえば、さるぼぼ♪
金沢時代によく訪れた白川郷や五箇山で見つけてから、大好きになりました♪

P7275106
























町内のお店の店先で♪
かわいかったです♪

P7275114






















宿泊した旅館の下にある小さな池。
鯉が何匹もいて、さらにはこのカモ、ここに居ついているのだそうです。

P7275105




















楽しみにしていた旅館♪
「ゆこゆこ」で予約したのですが、口コミ情報では良くも悪くも書かれてなかった
のですが…。   ま、普通。
こじんまりとした小奇麗な旅館で、宿泊客も従業員さんも少ないのか、閑散。

温泉のお風呂はなかなか良かったです。
内湯は檜風呂で、隣接して岩の露天風呂♪
客が少なくて、風呂はいつ入っても独占でした♪

Imgp4281 Imgp4282 Imgp4285








000000000000000000000000000000000_3
夕食は、ちょっとがっかり…。
見た目はなかなか豪華なのですが、どれも冷たいものばかり。
作ってからどれくらい経ってるのかって印象。
温かいのは味噌汁くらい。
鮎の塩焼きさえ、冷え切って…。
楽しみにしていた飛騨牛も、冷しゃぶと称して、当たり前ですが冷たい…。
一応、部屋食なのだが…。

もしかして、家族だけで切り盛りしていたのかな。
年長の女性と、若い女性はそっくりでした。
フロントの若い男性は息子、それともお婿さん…。
翌朝、初老の男性が掃除機をかけていた…。
結局、旅館で見かけたのは、その4人だけ。

旅館の中を歩いていても、とにかく従業員さんに遭遇しない。
部屋食をしているわりには、人件費をかけずに、効率的にというパターン…。

こんなこと書いてしまったら、旅館名は出せないかな…。

翌朝は大広間で温かくて、美味しい朝食でした。



~~ ~~ ~~

あちこちの口コミ情報で、よく目にしたのは、素泊まりの方のコメント。
「夜遅くの到着なので、コンビニとか商店で食料調達しようと思っていたのに、
店が全然なくて、空腹を抱えて眠りについた…。」
そ、この奥飛騨温泉郷には、コンビニは見当たらなかったです。
たまに見かける商店も夕方には閉まってた。
平湯温泉から西に約30km先の高山市街にほど近いとこで、ようやくサークルK
があったかな。
従って、ATMも…。
ま、郵便局のATMは、普通の銀行のキャッシュカードも使えるはずですし。
奥飛騨温泉郷の北、栃尾温泉のとこには高山信用金庫がありました。

~~ ~~ ~~

 
 
それと、重大な発見~。
この辺りのお店に置いてあるポテトチップスの袋がパンパンなんです。
標高1,300mとかだと、気圧が低いから、平地で作られたお菓子って、
袋が膨らんでしまうんですね。
ウチの方で買うと、ぺしゃんこで、なんでこんなに余裕だらけなのかと思って
いたのですが、こういう高地にもってきた時のためだったのですかね。
逆に、ここでペットボトルを買って、飲みかけにしたものは平地ではぺしゃんこ
になってるんです。
逆に、いつも困るのは、家から持ってきたコンタクトレンズの保存液って、
高地で開けるとピューと勝手に液が飛び出すんです。
こういう現象って、目からうろこかも♪


奥飛騨温泉郷

奥飛騨温泉郷/たびネット




そして、その日は新穂高ロープウェイで山に再会と思っていたのですが、前の晩や
朝のニュースでも、飛騨地方は大雨だ、洪水だ、土砂災害だと言っている。
朝になっても雨…。
雨の中、山もないだろうから、急遽、予定していなかった高山へ♪
地図とにらめっこしていたら、国道158号一本でつながってる。

いざっ、高山へ♪

 

 
~~ つづく ~~

  

  

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/07/30

夏休み1-平湯~上高地♪

夏休み1-平湯~上高地

不安な天気…でも、予定通り7月25日(土)の23時頃出発。
と思いきや、エンジンがかからない…、先日のバッテリーあがりが…。
交換しようと思いつつ、時間がなく旅行から帰ってからと思っていたのが…。
仕方ないので、お隣に救援をお願いし、とりあえずGO。

途中、コンビニに立ち寄り、不用意にもエンジンを切ったら、またしても…。
またまた、コンビニのお客さんに救援を…。

ところが、いつもと異なるルートに入ってしまい、それでなくても不案内な愛川町の
内陸工業団地内でうろうろ。  
夜だと、どこを走ってるのかもわからない…。
やっと、知ってるエリアに…。  
結局、自宅エリアにほど近いガソリンスタンドに駆け込み、バッテリー交換を。
夜中は整備士がいないとかで、売ることは出来るが、取り付けはしてはいけない
規則なんだとか。
自分で交換し始めると、そのお兄さん、「お手伝いしますよ。」と言ってくれて、
とうとう全部やってくれた。
とても助かりました、ありがとうございました。

家を出てから1時間半後の0時半。
日付も変わり、ようやくホントの出発。
相模川沿いの県道をひた走り、愛川町の山の中にある大規模公園墓地の前…。
夜中は気持ちわるい…。
半原から国道412号を北上し、相模湖町で国道20号へ。
1時半には中央自動車道・相模湖ICから。

夜中の高速とはいえ、ほとんどクルマは見えない。
あっと言う間に岡谷JCTから長野自動車道へ。
ETCカードのおかげで1,000円。

3時半、松本市内で少し買出しと、ガソリン補給。
昨年の木曽の山の中、ガソリンが10円ほど高かったので、街中で小まめに。

いよいよ、野麦街道(国道158号)を西へ。  上高地へ♪
昔なら迷わず沢渡の駐車場に向かうとこだが、今は平湯へ行く方がベター。
ま、上高地から東京方面に戻る場合は沢渡の駐車場もいいだろうけど。
僕は昔から、あの沢渡の喧騒が嫌いっ。
それに、どこがどうなんだか、非常に解りにくい。
上高地からとんぼ帰りで神奈川の自宅に戻るにしても、僕なら平湯を選ぶ。
といっても、この時点では平湯の詳細は知らなかったのだが…。
こんな記事を書くと、いずれ平湯が喧騒に包まれることにもなるのかな。

松本インターから上高地までは約42km、平湯までなら47km。
安房トンネルのおかげで、距離的にも、そして時間的には劇的に短縮♪

前を走るタクシーの速いこと。
恐らく登山者を乗せているのだろうか。
後ろからもタクシーが。
夜中の暗闇の中、かなりの勾配、小雨の濡れた路面、曲がりくねった道路と
狭く曲りくねったトンネルの連続…、タクシーに尾いていくのがやっと。
最終日の帰り道、明るい中で走っていて、少しばかりぞっとした…。
無謀だったかな。

上高地を過ぎた頃には空が少しばかり白み始めた。
初めての安房トンネル♪
10年余、想い続けた安房トンネル♪(ちょっと大袈裟か…)



■安房トンネル物語

12年前の1997年(平成9年)夏、その前の年まで赴任していた金沢へ家族旅行
した帰路、高山、乗鞍に立ち寄り、その帰りに通った国道158号はトンネル工事の
真っ最中。
旧道だと2時間ほどかかった記憶が。
とにかく険しく、狭く、曲りくねっていて、対向車を待つことしばし。

その年の暮れに安房トンネル開通のニュース。

その2時間かかったルートを、たったの5分で抜けることができる。
ひどい時は5時間かかることもあったとか。
長野県と岐阜県の県境にはだかる、難所中の難所…。
調査開始から33年間、着工から17年かかった大プロジェクト。
奥飛騨温泉郷というだけあって、温泉には都合よいのだが、トンネル工事にとっては
難関。  高温とガス、出水との闘いであったのか。
中部縦貫道の一部として貫通したトンネルなので高規格だが、
中部縦貫道は遅々として…。  
いや、今のままの方がいい。  高速ですっ飛ばすには勿体無い。

なお、この安房トンネルではETCカードは使えません。
神奈川から松本までが1,000円なのに、このトンネル4km余で750円。

安房トンネル 

松本インターから1時間、安房トンネルを抜けると、そこは平湯。
4時半に到着し、まずは記念撮影。
みるみる夜が明けてきます。  
気温は15℃。

P7264906

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

00000000000000000000000000000000000000  
  P7264908


















 
00000000000000000000000000000000000000

いよいよ上高地への第一歩。
この数百m先にある平湯バスターミナルへ。
中に入ってみて、ちょっと不安が…。
一般車の駐車場が狭い…。
看板をよく見ると一般車は「あかんだな公営駐車場」へと書いてある。
一抹の不安を覚えながら、書いてある通りに1kmほど先のあかんだな駐車場へ。
とにかくだだっ広い駐車場。  さっきのバスターミナルとは大違い。
そんな広い駐車場に、かなり多くのクルマが。
でも、ホントにここから上高地行きのバスが出るのかな…。
そんなことを考えて、バス停へ急ぐと、4時50分発の始発のバスが大勢の乗客を
乗せて出発。
僕たちは、2番目の5時20分発のバスを待つことに。
ここの待合室はまだ新しく、ログハウスが気持ちよい。
人もまばらで、係りの方も親切な方。
快適に過ごしているうちに、バスが。
早速、乗り込むが、先ほどのように満員どころか、がらがら。
やはり、夜中から駐車場で仮眠、待機していた方が相当いらっしゃるってことか。
とても、天下の観光地、上高地へ向かうバスとは思えない閑散とした雰囲気。
ごみごみしたのが大嫌いな僕にとっては思ってみなかった幸運。

こんな平湯でも、夏は朝8時頃からお昼頃まではお客さんが大勢押し寄せ、
ピークなんだとか。
やはり、早朝狙いがベスト。


ところで、僕はこの平湯からの上高地行きバスは平湯バスターミナルからだと
ばかり思っていたのだが、実際はあかんだな駐車場からだった。
いや、詳細には、平湯バスターミナルからなのだが、ここあかんだな駐車場から
平湯バスターミナルまでは、無料シャトルバスということになっている。
それも、いろいろなガイドブックや、パンフ、看板にも本当のことが書いてない
ように見受けられる。
平湯バスターミナルは民間業者のドライブインをバスターミナルとして使用されて
いて、一般車の駐車場は狭いし、ドライブインなどの短時間利用のためと看板に
書かれている。
そして、あかんだな駐車場へ行けと…。

マイカーの旅行者にとっては、分かりにくいことこの上ない。
ま、僕がバスターミナルという言葉に思い込みしてしまったのかも知れないのだが。
それにしても、あかんだなとの無料シャトルバスのことについても不可解。
通常の上高地との連絡バスがそのまま「あかんだな駐車場」との間を運んでくれる。
それだったら、「あかんだなバスターミナル」と「平湯バスバスターミナル」と2つの
バスターミナルにしてくれた方が分かりやすいのに。
それと、ガイドブックやパンフ等に「あかんだな駐車場」の文字が見当たらないが、
マイカーはあかんだな駐車場へと、きちんと明記すべきだろう。
何か事情があるんだろか。 …不可解…。

 
あかんだな駐車場のクルマ。

P7264910

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あかんだな駐車場のバス停。

P7264911

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




00000000000000000000000000000000000000
上高地行き濃飛バス。
すっかり夜が明けていた。  
なお、上高地との連絡バスには松本電鉄バスのHighland Shuttleも運行されている。

P7264915



















00000000000000000000000000000000000000
ちなみに平湯バスターミナルは、こんな感じ。
一般車の駐車場スペースはわずか。

P7275128
















 
 
既存のマップにあかんだな駐車場を加筆してみました。
        
                  ★あかんだな駐車場はココ
                           ↓
Sansakumap






























 
 

上高地行きバスに乗り込み、安房トンネルを抜け、あの釜トンネルへ。
昔は岩肌むきだしの幅員4.3mという狭いトンネルで片側交互通行の暗いトンネル。
そんなトンネルも1999年の土砂崩れによりトンネル通行不能となり、2002年と、
2005年の二段階の工事を経て、現在の立派なトンネルに。
そんなルートを通って、20分少々で上高地・大正池バス停で下車。

持参したおにぎりで早めの朝食。
ここから梓川沿いに歩き河童橋へ向かうことに。
今にも降りだしそうな空…。
大正池は霧が…。
もちろん、あの焼岳なんか見えるわけもなく。

P7264932

















やっぱり神秘的、魅力的♪
湖面に漂うガスがなんとも。

P7264929

 

P7264947



















00000000000000000000000000000000000000_2

マガモが近くに。  全然、逃げない。

P7264920




















大正池から河童橋まで梓川沿いに約3.7kmの散策路。
田代湿原あり、田代池あり、自然研究路ありの大好きなルート。
川の水はほとんど氷水。

トモエソウ。   

P7264948

















 
ノアザミ。

P7264951





















P7264977


















00000000000000000000000000000000000000_2


1時間少々で河童橋が見えてきた。
とにかく早朝…、人もまばら…♪
もちろん、登山される方も早朝出発が当たり前。

この頃から雨が…。
もの凄く増水していて、流れもきついけど、不思議と濁らない梓川。
実は、最近まで河童橋が吊り橋だって気づいてなかった…。
今日、確かに揺れていて納得。

P7264986




















上高地といえば帝国ホテルもいいけど…。
こちら五千尺ホテルも最高。

P7264991

















00000000000000000000000000000000000000_2
河童橋を登山者の方が…。  
単独行かな…。

P7264989



 

 

 

 

 

 

 

 



P7264992

 

 

 

 

 

 

 

 




P7264994








00000000000000000000000000000000000

雨が強くなってきたので、河童橋を渡り、五千尺ロッジに隣接する
カフェテリア・トワサンクでお茶を♪
こちらのりんごのパイが美味しそうでしたが、あいにくお腹がいっぱいで…。

P7264996 P7264995






 

 

 




000000000000000000000000000000000_2

雨があがり、今日は上高地の奥、明神まで歩くことに。
登山していた頃が懐かしいルート♪
その頃、こっちは重装備していたのに、明神あたりではハイヒールのお嬢さんを
見つけてびっくりしたもんです。
ここは、登山者と観光客が微妙に交わるとこ。
今日は両方の気持ちで…。

昔、こんなに立派だったかな…。

P7265000





















この光景は変わらない…。
日も差してきて、大好きな光景♪

P7265003 P7265007





































00000000000000000000000000000000000000_2
3km少々、ようやく明神橋が。
こちらも美しい吊り橋。

P7265024




















P7265014





















そして、道すがら、数々の草花が♪
まずは、どこにでもあるオダマキ。
そして、キンミズヒキに、オオハナウド。

P7265030 P7265043

 

P7265044

























































明神館で休憩。  
                                                                    
P7265047


こちらでよく見かける
安曇野のむヨーグルト。
美味しい♪




 

 

00000000000000000000000000000000000000_2

そこへ、見たことのある顔…♪
会社の同僚たち。  
いや、正確には元同僚たちがほとんど。

入社年次も近く、同じシステム部門で苦楽をともにしてきた先輩、同期、後輩。
もう30年近くも前の事。
その後、部署を変わったりして…。
部署が違うと、同じビル内でも数年、顔を見ないなんてこともざら。
そして、数年前に実施した大規模リストラで、希望退職に応じて去っていった
仲間でもある。

一人は豪華客船で世界一周旅行してきたんだとか。
そのうちの数人がたまに山歩きなんぞしているのだとか。
若い頃は山には見向きもしなかった彼らが、どうした心境の変化か。
明日は焼岳を目指すと…。

山の神様が引き合わせてくれたのかな。


了解とってないので、小さく小さく…。
懐かしい顔、顔…♪
お元気で♪

P7265049

 

 

 





 
 
 
明神池にて。
ここは、穂高神社奥宮の境内にあって、神域。
見学には拝観料(300円)が必要。
昔、拝観料なんかなかったような…。
なかなか神秘的。

P7265058





















嘉門次小屋。
日本近代登山の父といわれるウェストン。
そのウェストンの山岳ガイド役の嘉門次の住まいであったとこは、今は山小屋
として親しまれている。

P7265065





















近くの清流。

P7265074





















岳沢湿原。  お昼近くになり、人も増えてきた。
右手に見えるのは六百山。

P7265076





















上高地に入って、約11kmの散策♪
登山する者にとっては、ただの平地の11km。

普段歩くことが少なくなって、なかなかの運動量になった。

上高地♪
やっぱり来て良かった♪
またちょくちょく訪れたい♪

お昼近くの河童橋は、朝とは大違い。
人で溢れてました。

P7265083




















上高地で最も大好きな光景♪
岳沢、涸沢方面をのぞむ。

P7265090




P7265086_2









000000000000000000000000000000000_4

 

上高地は早くからマイカー規制を行い、その上、災害をきっかけに釜トンネル
や道路の整備を行ってきたので、交通は余裕なのかと思ったら、全く違っていた。

帰りのバスは、上高地バスターミナルから出るに出られない大型観光バスや、
シャトルバスのせいで、出発が30分以上も遅れた。
これは道路が混んでいて、ターミナルから出ることが出来ない状態なんだとか。

僕は昨夜は寝ていないので、格好の爆睡時間となったが。
その上、一旦、道路に出ても、対向車のほとんどは大型バス…。
すれ違いできない箇所では、待つことしばし。
そんなこんなで、来るときは20分少々だったのが、出発できなかった30分も
加えて1時間半もかかった。

最近は観光バス規制も行っていて、観光バスといえども入れない日が設定される。
やはり、マイカー規制は当然だったのだろう。
 
 
上高地・観光バス規制

上高地公式サイト

 
 
■過去記事
 
上高地に行きたいと考えていたら…♪ 2007.07.16

 
 
 
 
~~  つづく  ~~
















  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/28

旅行から帰ってきました♪

旅行から帰ってきました

今日は天気予報は最悪のはずで、昨夜はずっと雨音がしていたのですが、
今朝、目がさめると、なんと晴天♪
まずは、朝風呂ということで、露天風呂へドボン♪

とにかく晴れている間にということで、新穂高ロープウェイへ♪
登山をやっていた頃は見向きもしなかったロープウェイですが、今では、簡単に山へ
誘ってくれるので、なくてはならない存在かも…。

あっと言う間に、標高2,200mの世界へ。
ここからは、昔、縦走した北アの山々が一望できるんです♪
名峰笠ヶ岳も顔を出しました。
西穂高岳はずっと顔を見せていましたし、槍ヶ岳も短時間でしたが、顔を見せて
くれました♪

半日、山を眺めていられて幸せでした♪


国道158号は、安房トンネルのおかげで、簡単に上高地、松本へと抜けられるように
なり、昔と比べると隔世の感ありです。

途中、松本電鉄の電車と戯れて、夕暮れとともに帰宅しました。

心配した雨は安房トンネル、上高地あたりから沢渡あたりまでと、自宅エリアで降った
だけで、旅行期間中ではいちばん良かったようです。

またまた、写真の数が半端じゃなくて、当分は整理に追われそう…。


稜線がくっきり♪
名峰笠ヶ岳方面を。
P7285378

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新穂高温泉♪

新穂高温泉♪
★新穂高温泉♪

昨夜は新穂高温泉にある宿に泊まりました♪
大雨の被害のニュースばかりで、ここ飛騨も不安でしたが…。
昨夜の雨もすっかりあがり、今朝は晴天♪
山がきれいです♪
晴れてる間に向かいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/27

高山♪

高山♪
★高山♪

雨の中、高山に来ました。
クルマを降りたら雨は、やんでラッキーです♪
今回は来る予定はなかったのですが、この天気で新穂高もないので、急遽、高山へ♪
12年ぶり高山は相変わらず魅力的です♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

奥飛騨温泉郷・平湯温泉♪

★奥飛騨温泉郷・平湯温泉♪

昨日は早朝に平湯温泉に到着しました。
夜中から駐車場で待機していた方たちは始発の上高地行き(4:50発)に乗り込み
ました。
僕たちは2番目の5:20発のバスにしたので、がらがらでした。
久々の上高地で感激を新たにしました♪

宿は平湯温泉で♪

そして、今日は朝から雨…。
新穂高は明日にして、これから高山に向かいます♪



安房トンネルのおかげで、ずいぶん楽に奥飛騨温泉郷に♪
平湯にて。
P7264908

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/25

夏休み♪

夏休み

今日はどうしてもこなさいとならない仕事で出勤…。 
予報は曇りなのに、実際は晴天♪ 
いや~っ、暑かった。

Sbsh31121

























早めに帰宅。   
これから夏休みの旅行に出かけます♪
天気予報では曇りや雨…。 明日の早朝には”山”に再会しているはず♪

それでは行ってきます♪

000summerm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/24

酔っ払い♪

★酔っ払い♪

今日は仕事で大ホームラン〜♪
今夜は思いっきり酔っ払いです♪

ロマンスカ−で寝て帰ります…。

では、おやすみなさい★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/23

高速道路マップ♪

高速道路マップ

今日も霧雨のような細かい雨が降ったりやんだり…。
あの真夏のような日差しはどこへ…。
梅雨に逆戻り…。

夏休みのドライブシーズンということか、高速道路マップを配布していたので
もらってきた。
もちろん、中日本高速道路のマップ。

鉄道はJRで細かく分割されたけど、高速道路は大きくは東日本高速道路、
中日本高速道路、西日本高速道路の3社に。
その他、首都高速道路、阪神高速道路、本州四国連絡高速道路の3社もある。

高速の場合は鉄道のように同じ路線を細かく分断してないので分かりやすいし、
地域にとっても配分が均一。
中日本の東側は神奈川、山梨、長野の一部、富山を。
西側は三重、愛知、福井を。

高速道路会社の広報誌とかも、自分のエリア限定。
他社区間の情報は出さない。
でも、JR東海とJR東日本の狭間にある神奈川の立場は、高速道路の場合
は、そこそこ安定。
そ、東名も第二東名も中央自動車道も丸ごと中日本だから。

中日本のマップ、正式には「サービスエリアガイド」は表面には大きな高速道路
地図が印刷され、裏にはサービスエリアとパーキングエリアの詳細情報が満載。
これを眺めるのは、時刻表を眺めるのと同じ心理的効果が♪


Scan10103







000000000000000000000000000000000_2
  
  
  
  

もうひとつ、中日本には「高速家族」という小冊子(季刊)があって、
けっこう楽しみ♪
色んな情報が満載で、何よりも僕の好きなエリアの情報が♪

   

サービスエリアガイド/NEXCO中日本

高速家族/NEXCO中日本

 

0907
















  
NEXCO東日本のHighway Walkerも。

Highway Walker/NEXCO東日本








  
  

実は、これらのマップやパンフ、かなりたくさんある…。
捨てられない性分というか、こんな大切なもの捨てられる訳がない…。
手元で最も古いのは昭和60年(1985年)なので、24年前。
意外と新しい…。
なぜか昭和50年代のがない…。
多分、ぼろぼろになるまで使って、捨ててしまったのか…。



当時は(財)道路施設協会が発行。

Scan10104

000000000000000000000000000000000_3

Scan10107

00000000000000000000000000000000000

↑    昭和60年10月1日発行





もうひとつ大切なのは、(財)本州四国連絡道路管理協会発行のS.A・P.Aの
ガイド。

これは、1995年(平成7年)当時のがあるのですが、やはり圧巻は明石海峡
大橋開通のこれ♪
1998年(平成10年)発行のもの。
宝物~♪

Scan10106

   

   

   





    

    


    

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/07/22

まいった…

まいった

今日はどんより、時々晴れ間の涼しい一日…。
クルマで出かけたのだが、エアコンが寒くて上着が必要。
もちろん、温度設定も24℃くらいに上げたのだが…。

夜、帰りにとんでもない事態…。
高速を走行中、ガス欠のアラームが薄く点灯したり消えたりしていたのが、いきなり
ハッキリと点灯…。
朝、出かけに見た時は少なくなってると認識していたのだが、まだ大丈夫と思って
いた。  帰路ではエンプティぎりぎり。
どんどん減っていって、なんだか、異音が。
慌てて路肩駐車。

そして、近くの非常電話から電話。
約10分後、いちばん近くにいたパトカーが来てくれた。
エンジンをかけてみてくださいと言われ、キーを回したら、セルが力なく回りだすが
ストンと落ちる。
何回かやっているうちにうんともすんとも…。

ガス欠なので、エンジンを切って、ハザードと、テイルランプ両方を点灯したままだった
ため、バッテリーがあがったというわけ。
こりゃ、ガス欠どころじゃない…。
パトカーのバッテリーとつなぐブースターケーブルを探すが見当たらない。
長男に貸した覚えがあったので、携帯で電話したら、借りたけど返したはずだと。
あの子は、何でも元に戻すことが苦手な子。
当てにできないので、諦めた…。

それで、再度チャレンジしてみましょうと促されて、キーを回したところ、少し回ったので
アクセルを目一杯踏みこんだら、エンジンがまわった。
これで、とりあえずはバッテリーはOK。
肝心のガス欠は…。  さっきの異音は…。

警察の方が見てくれたが、いちばん近いとこで降りて、ガソリンスタンドまでは行ける
でしょうと。
本線合流が危険なのと、何か不測の事態があるといけないので、先導してくれた。
それで、言われた通りにし、ガス補給。
満タンの60ℓに近い量。
こんなぎりぎりやったことない…。

とりあえずセーフだったが、漫然とクルマを扱うことの恐さを…。
長いクルマとのつきあいで、高速でのガス欠、路肩緊急停車、バッテリーあがり、
ブースターケーブルの不見当と初めて尽くし。


あがってしまったバッテリーも交換しよ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/21

つり橋♪

つり橋

今日は一日中、降ったりやんだり、じめじめ…。
そんなに暑くないけど、外に出ると身体中が汗でじっとり。



そんな暑さを吹き飛ばすような記事が朝日新聞夕刊の記事。
読者が決める日本一、今回はつり橋。

その1位は祖谷のかずら橋(徳島)。
この橋は水面から14mであり、大した高さではないのだが、足元の隙間から見える
清流が恐怖をおぼえる…。
長さも45mとさほどでもないが、渡ってるときはすごく長く感じる。
渡り終えると、あっけないのだが…。
場所的には、これ以上ないというくらいに秘境。

2位は夢の吊橋(静岡・寸又峡)、3位は上高地の河童橋。
河童橋は、間違いなく平穏そのもの。  吊り橋とは知らなかったくらい。
来週の夏休みには久し振りに訪れる予定であり、楽しみにしている。

4位は谷瀬の吊り橋(奈良)、5位は九重夢大吊橋(大分)、6位は竜神大吊橋(茨城)と
天ヶ瀬吊橋(京都)、8位はもみじ谷大吊橋(栃木)、9位には綾の照葉大吊橋(宮崎)、
10位は風の吊り橋(神奈川)。

10位の神奈川県の風の吊り橋は、先日行ってきた秦野の戸川公園のランドマークと
なっている吊り橋で、今回、改めて存在と名前を確認した…。
昨年の夏休みに訪れた天竜峡のつつじ橋も高い所にある恐怖の吊り橋でしたが、
今回のランキング外とは。
また、火サスでお馴染みの伊豆の城ヶ崎にある門脇吊橋もランキング外。

さて、この中でいくつご存知ですか?

橋って、存在は知っていても、名前は知らないってことが多いのでは…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/20

連休最終日…

連休最終日…

今日もはっきりしない天気…。
だけど、雨が降るわけでもなく…。

次の日曜日の26日から夏休み♪
土曜日は出勤しないとならないスケジュール…。

まだ初日の分しか予約とってない…。
今年は旅行代理店を通すのはやめてネットで。

ホテルや旅館のサイトから直接ネット予約することはしょっちゅうあるけど、
予約専門サイトからは初めて。
会社の福利厚生のネットサービスは、夏休みともなると廉価な直営は競争が激しい
のでパス…。
今回は3つのネットを使ってみた。

ゆこゆこ、じゃらん、トクー! トラベル。
どれも、似たような仕組みで宿泊施設もだぶったりしているけど、それなりに特徴は
あるようだ。
じゃらんはペンションや、民宿なども多く、相対的に対象件数は多いので選択の幅
が広い。
トクー! トラベルは、該当日が近づくにつれ、価格が変動したりするような…。
ゆこゆこは、無料の雑誌が送られてきてるし、メルマガも毎日のように来ているので
親しみがある。

そんな訳で、あれこれ探しているけど、そろそろタイムリミット…。

やっと、もうひとつの宿を確保しました♪
今年は昔登った山に再会♪
楽しみです♪


ゆこゆこ
00yukoyuko_logo_2 





じゃらん
00header990_logo




トクー! トラベル
00logo_00 





| | コメント (2) | トラックバック (0)

町田-2♪

町田-2

久々の町田駅エリア。
あちこちカメラを向けっぱなし…。

小田急線も♪
小田急の下には境川や横浜線が。

P7194843





















P7194859






















小田急百貨店♪

P7194849


















神奈川県相模原市と東京都町田市の境を流れる境川。
昔はくねくねと蛇行していて、大雨では決壊したそう…。
そのため、川を直線にしたところ、川を境に都県境を決めていたので、
今では川の西側にも東京都が点在し、逆に川の東側には神奈川県相模原市
が点在するという珍現象が。
いちばん困るのは住人だろな。

こんなふうに…。



これとは逆の現象も…。
川がくねくねと蛇行していて、その川を県境にしている所。
ところが、道路は真っ直ぐに直線。
その道路は蛇行した川を何本もの橋で真っ直ぐストレート。
ドライバーはA県を走っていて橋を渡った途端、B県へ、また次の橋を渡るとA県
へ。  さらに次の橋を渡るとB県。  こんなことを繰り返すとこ。

それは、富山県と岐阜県の県境にある…。
場所は五箇山とか白川といった合掌造りの家が並ぶエリア。
最初は、「おっ、岐阜県に入ったぞ~。」と言っていたのに、次の瞬間、
「えっ、また富山県に戻った…?」。
そんなことを繰り返していたら、どんなに鈍感でバカな僕でも理解してくる。


話を元に戻して…。
その境川といえば、どろどろの川だったのに、最近はこんな光景。
鯉が~♪

P7194847

















またまた、JR横浜線。
今度は北上して、古淵駅方面へ。

P7194882






















  
  
線路ぎわには、またまたオニユリが♪
ずいぶんたくさん咲いていました。

P7194866






















  
  
そして、ひまわりも~♪
夏だな~♪

P7194875 P7194883








































  

線路ぎわには色んな花が♪

P7194903






















夕暮れ…。
そろそろ帰るとしよう。

P7194896






















夕暮れの町田バスターミナル。
町田駅からはバスがあちこちへ。
バスで通勤、通学する人が多い街…。

P7194904




















 
 
上の写真でもわかるように町田駅エリアといえば、ペデストリアンデッキ。
このデッキのおかげで小田急町田駅とJR町田駅は一体感のある駅となった。
昔は駅を出て、道路の横断歩道を渡り、小走りに乗換えたそうです。
今では、ゆったりとペデストリアンデッキを~♪

僕も2、3回、横浜の自宅からハマ線に乗り、小田急線の駅に行く時、
訳もわからず走りながら乗り換えた経験が…。
あれ以来、電車で町田に来るのが苦手に感じた…。


ところで、狭い日本列島、そして昔ながらの狭い駅前。
そんな悩みをペデストリアンデッキで解消した街が全国にはたくさんある。
その上、機能的。
そんなペデストリアンデッキ。  

ペデストリアンデッキ Wikipedia


帰りの電車に乗るため小田急町田駅へ。
ホームは人、人、人…。

P7194905



















町田っていうとこは、東京都心から見ると延々と神奈川を横切って、
やっとこさたどり着くとこ。
町田の人にとっても、延々と神奈川を横切って、やっとこさたどり着く都心。
町田には109をはじめ、何でも揃ってる街であり、きれいな街でもあり
居心地良いとこ。

だからか、この町田に安住して、外へ出ようとしない傾向があるような。
神奈川県町田市とも言われていて、事実、企業のエリア編成でも、町田支店
とか町田店は便宜上、神奈川エリアに属しているとこが多い。
ウチの会社もそういう考えをしている。
そんなどっちつかずの街、町田。
町田は東京でも神奈川でもなく、町田は町田…なんだろうな。




子供が幼い頃。
多い時は月に2、3回は訪れていた町田駅エリア。
それが、ぱたっと行かなくなるなんて事があるんですね。

4年ぶりの町田…♪
このブログで初めて紹介する町田♪

人の行動って、面白いとも感じた一日でした♪


~~  完  ~~ 



  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/19

町田-1♪

町田-1

今日はなんかどんより気味なんで、ゆったり過ごした…♪
相変らず暑い。


午後から久々に電車で町田へ♪
乗ってる時間は、ほんの7、8分とはいえ、電車で行くって面倒…。
いつものようにクルマだと、間違いなく30分近くかかるし。

そういえば、このブログで町田といえば、グランベリーモールや、薬師池公園、
鶴川の記事はあるのに、町田駅エリアの記事がひとつもない…。
4年間、一度も行っていないということ…。
このブログを始める少し前までは煩雑に行っていた街なのに。
子供たちの夏休みの工作や自由研究というと、東急ハンズへ。
何か買い物というと町田。

楽しい街だし、住みたい街のランキング上位。
あの狭い駅前エリアだけで、小田急百貨店、東急百貨店(東急ツィンズ)、
109、東急ハンズ、ルミネ、マルイ、ミーナ、modi(マルイ、旧大丸百貨店
ビーミー)などなど、かなりの買い物天国♪
その上、昔ながらの路地裏の商店も健在。
路地と路地を結ぶ仲見世通りが何本もあって超狭い商店街の路地は人、人…。

なんで、行かなくなったのかな…。
よ~く考えてみたら、ひとつ手前の相模大野エリアに出没する傾向…。
たった1駅違いなのに、相模大野の方がかなり行きやすい。
町田は駐車場が…遠い、高い、混雑…。  そんなとこかな。
相模大野エリアは、昔は何もない街だったのに、最近は駅ビルや伊勢丹や、
商店街モールができてすごく魅力的になったかな♪

そんな行かなくなった街、町田に4年ぶりくらいに行ってみました♪
もちろん、通勤では毎日お目にかかっているので、今さらという感じも
しないではないのだが。

まずは、JR町田駅前の広場から。

P7194807















P7194802 P7194803 P7194804







P7194833



裏通りには、こんなお洒落なお店も♪
そして、活気がある。

P7194809 P7194834 P7194835

P7194836




00000000000000000000000000000000_20


以前は本物の駄菓子屋さんもあって、ウチの息子たちもお世話になったもの。
今は現代風の駄菓子屋さんが。

P7194837
























そして、町田といえばマルカワ♪
ジーンズ買うならマルカワ。  マルカワなら町田って具合。
今ではウチの近所にもマルカワの店ができたので、近所でも調達できる。
それでも、町田の本店に来れば、品物が豊富だし、掘り出し物もたくさん♪

創業者同士が兄弟だったか、八王子のマルカワは数年前に破綻したけど、
町田のマルカワは健在。


マルカワ
0000000000000000000marukawa

P7194838 P7194842








  
00000000000000000000000000000000_20

もうひとつの町田といえば、町田天満宮。
町田駅から横浜方面へ数百m。
狭いながら、落ち着いた境内。
9月下旬には例大祭。

境内から横浜線の電車が眺められる最高のロケーション♪

しっとりした本殿。

P7194814






















★横浜線物語★
その横浜線♪
”ハマ線”と呼ばれて親しまれている。
少し前には、ハマ線というのは蔑んだ呼び方でもあった。
特に、東急東横線族や東急田園都市線族から見ると、一世代前のお古の
車両が走る路線であり、単線区間が存在する路線でもあった。

僕は東横線・大倉山エリアで育ったので、お隣の菊名駅で横浜線を
眺めていたものだが、昔はあずき色の電車で、床は木だった。
子供心にも田舎を感じる電車…。
お世辞にもスマートさのかけらもなかった。

横浜郊外から未開のエリアを走っている路線…ローカル線扱いだった。
もう一つの弱点は雨に弱かった。
確か、中山の付近だったか、ちょっとした雨でも線路が冠水。

思い知らされたのは、免許取り立ての頃、父を乗せて大倉山の自宅を出て、
町田の知人宅へ向かっていたら、道路が冠水。
ホントになんでもない雨だったのに…。
消防署の人が必死に水をかき出していて、何とか通れるようになり、
一台ずつ通り抜ける。
でも、マフラーぎりぎりの水深。
ようやく自分の番になって、「勢いよく走り抜けてください。」と言われ、緊張
しながらエンジンをふかしたものだ。

こんなだからか、雨が降るとハマ線には長靴を履いた乗客が多かった。
沿線の川和高校に通っていた友人も、雨の日は長靴…。
当時は泥濘(ぬかるみ)が多かったな。
とにかく、ハマ線も道路も雨に弱かった。

そんなハマ線も昨年は開業100周年を迎えた歴史ある路線でもあり、
1941年(昭和14年)には完全電化されている。
元々は八王子や長野、群馬で生産された生糸を横浜港へ運ぶための路線。
完全複線化は、遅ればせながら1988年(昭和63年)、JRになってから。

ようやく遅い路線とか、本数の少ないというイメージはなくなった。
そして、田園都市線や小田急線といった路線と交わっているため、乗降客
は多く、国鉄時代から数少ない黒字路線で、東海道新幹線か横浜線かと
言われるほどの優等生。

今ではすっかり垢抜けた路線のイメージすらある♪
僕にとっては実家への最短路線でもあり、出張時に新横浜駅に向かう
最短ルートということで、何かとお世話になってる。



上下線が~。
昨年の横浜線100周年のヘッドマークが♪
横浜線は205系のみ。

P7194811








P7194822 P7194827


















  









































~~  つづく  ~~

    




  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/18

夏休みですね♪

夏休みですね

朝から蒸し暑い…。
どんよりしたり、晴れたり♪
いつもは家の中は比較的過ごしやすいのに、今日は暑い。

朝のニュースでは各地の高速の渋滞を伝えてる…。
子供たちの夏休み初日、そして、パパたちの3連休初日♪
予想通りの渋滞…。

近くに買い物に出たら、近所の幹線道路も渋滞。
買い物ついでに、オートバックスでクルマのオイル交換。
来週は僕も夏休みなので、自分でクルマの点検も。
バッテリー補充液やブレーキフルードなどの補充を。

家に入るや、暑くてたまらない。
思い切って、エアコンのフィルターを外して掃除。
夕方からは快適な冷房~♪
今年初の冷房。

ウチの庭に勝手に生えてきたユリが見事に開花♪
実家で見たことのあるユリ。
多分、実家からもらってきた花に種でもくっついてきたのだろう。
種といっても、葉の付け根にたくさんついてるムカゴのこと。

オニユリかな。

P7184796



   
000000000000000000000000000000000_2



 

   

P7184797























00000000000000000000000000000000000




今夜は二男のおごりで、一日早くプレ土用の丑の日♪
お店に着くと駐車場にまでうなぎを焼く匂いが。
メニューには、ひつまぶしもある…。
悩んだけど、うな重を♪
美味しくて、ほっぺたが~♪

Imgp4279

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/17

海老名で風鈴市…?

海老名で風鈴市…?

朝は小雨…。
昨日より涼しくて、通勤が楽。
その上、新百合ヶ丘から座れたので、ぐっすり…♪


帰宅してタウン誌を見ていたら、風鈴市の広告。
このエリアに風鈴市なんてあったけ…。
第7回相模国分寺・風鈴市(海老名市)とある。
第7回ってことはショッピングモール・ビナウォークの誕生とリンクする。
そのビナウォークの近くe-CATが会場。
そのe-CATって何って思ったら、海老名駅東口企業送迎用車両ターミナル
なんだとか。
つまり、だだっ広くて、土日は使われない所ってこと。
最近は色々なイベントに使われているらしい。

風鈴市では全国各地の風鈴が展示販売される他、朝顔とほおずきの展示即売会
も催される。
また、前後してえびな市民まつりも開催。

第7回相模国分寺・風鈴市(海老名市)
 
    

7月24日(金)、25日(土) 13:00~19:00
会場:e-CAT(ビナウォーク北側・海老名駅東口企業送迎用車両ターミナル)

えびな市民まつり <花火、みこし、はやし、模擬店、盆踊り>
7月25日(土) 12:00~19:00 海老名中央公園会場(ビナウォーク)
7月26日(日) 10:00~21:00 海老名市役所会場
          12:00~19:00 海老名中央公園会場(ビナウォーク)

0907
































  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/16

夢の国の住民票♪

夢の国の住民票

今日も暑かった…。
夜は昨夜より楽。



携帯にディズニーからメールが。
夢の国への招待♪
住民票を発行してもらえるんです。
ディズニー&うそこメーカーのコラボ。
残念ながら、携帯サイトのみのようです。
試してみてください。




うそこメーカー(白雪姫メーカー) …こちらで夢の国の住民票を発行してもらえます
                       ただし、携帯サイトのみのようです

ディズニー公式サイト …こちらでは、夢の国は全くヒットしません


大サービス♪
こちらからどうぞ。

00qr_dyj









ちなみに”ゆ~ちゃん♪”は…

Dreamcard1

























プリンセスのかかりつけ医師…。
あの…、僕は血を見ただけで失神してしまうのですが…。
それと、10歳は…。
せめて、17歳がいいかな…。

学生時代、医学部に通う友人の家で彼のノートをめくったら、あちこちに血を
拭いたような跡が…。
失神してしまいました…。

後で、彼いわく、解剖の時に使ったノートなんだとか…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/15

歴史でめぐる鉄道全路線・飯田線♪

歴史でめぐる鉄道全路線・飯田線

今日もあつあつの一日…。
かんかん照り…東京も猛暑日…。
こんな日に限って、一日中、取引先まわり。
全身汗だく…。


今日は週刊・歴史でめぐる鉄道全路線/国鉄・JRの飯田線、身延線、小海線を♪
しかし、この数年、こういった鉄道シリーズ物、一体何種類出たのか。
それを律儀に買う方もだけど…。
そ、飯田線だけでも4冊ほどか…。
書店の店頭に並んでる、数々の雑誌や本、普通の雑誌とかも夏になると鉄道や旅
に関する特集。   とにかく多い。
そして、鉄道や旅に関する雑誌や本が昔の何倍も多くなった。

飯田線といえば、昨年の夏休みは駒ヶ根や天竜峡にも行って楽しんだ♪
そして、今年の春の青春18きっぷのポスターには、初めて飯田線が登場♪
それも、天竜峡♪


今回、最も感動したのは…。
あの深く険しい天竜川の渓谷に鉄道を通すため1928年(昭和3年)招聘されたのが、
北海道のアイヌである川村カ子ト(カネト)氏。
彼は1909年(明治42年)に鉄道院の測量技師として北海道の鉄道建設の先頭
に立った人物で、その高い技術を見込まれて天龍川沿いの鉄道建設のため、
測量隊を率いて活躍した。
厳しい地形の北海道、朝鮮半島、樺太(サハリン)、天竜峡と、彼の名を刻んだ鉄道
は現在もなお健在。
その当時、賃金不払いに端を発し、数百人の朝鮮人労働者も加わった三信鉄道争議
が起こっている。
この鉄道工事は難航を極め、相当数の犠牲者を出しており、恐怖にかられて逃亡する
労働者も多かった。

そんな三信鉄道を含め、私鉄4社の鉄道を1943年(昭和18年)に国有化し、飯田線
となった。
天竜川をはじめとする豊富な水を使った水力発電が盛んなエリア。
そんな電力会社を母体とする電鉄会社だからこそ、私鉄として開業した当初から
電化されていた極めて珍しい路線でもある。
そんな歴史を想いながら、また訪れてみたいとこ。


歴史でめぐる鉄道全路線/国鉄・JR

歴史でめぐる鉄道全路線/国鉄・JR(飯田線、身延線、小海線)


過去記事
夏休み2-駒ヶ根♪ 2008.08.24

夏休み4-天竜峡・馬籠♪ 2008.08.24

10568

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/14

梅雨明け♪

梅雨明け

今日もいいお天気♪
充分、夏…♪
ここんとこ風があるので、まあなんとか。

梅雨なんて、とっくに明けているのではと思っていたら、やっと梅雨明け宣言♪
平年より6日早く、昨年より5日早い梅雨明けで、関東甲信は本州で一番早い
梅雨明けとなった。
ちょっと降雨量は少ないけど、夏の水需要、大丈夫なのかな…。
神奈川県は大きな水がめが3ヶ所もあって、県内では使いきれないし、今世紀
は水不足はないようだけど…。
他のとこはどうなんだろ…。

これからの一週間、晴れマークが並んでる♪
夏本番かな…♪

昨夜は熱帯夜だったような…。
そして、今夜も蒸す…。
まだ、エアコンの掃除してない…。

Yokohama090714


























ところで、日テレの24時間テレビと衆院選がバッティング。
日テレは相当に困ってるだろな…。
どんな奇策が…。  興味津々…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/13

辻堂・城門ラーメン♪

辻堂・城門ラーメン

朝から気温が上がって不快指数も上がりっぱなし…。
全国的に猛暑日だったとか。
東京も30℃。

衆院解散し、総選挙8月30日投票の話題、街では号外が配られた。
政治も陽気も暑い…。

朝から辻堂の取引先へ。
湘南新宿ラインで一本、約1時間。
新宿から乗ってくると、この辺りは、だだっ広く感じる。
辻堂駅北口の広大な土地がそのままだが、何か始まったような…。
関東特殊製鋼の工場跡地が十年ほど野ざらしだったけど、ようやく再開発計画が
まとまった。
湘南C-X(シークロス)というバブル時代を彷彿とさせる計画が動きだした。
移住人口2,300人、就業人口10,000人の新しい街が出現するのだとか。

Sbsh311511



辻堂駅南口















青空が眩しい♪
大山もよく見える。
駅を出ると、湘南らしい明るい商店街。

…正午まで打ち合わせ。
終わった開放感と、辻堂といえば“城門ラーメン”が復活したはず…。
かつて湘南でラーメンといえば、城門ラーメン♪
迷わず一目散に~。
暑いというのに、とろみの城門ラーメンを。
とき卵、生姜、ねぎ、茗荷、ザ−サイ、かつお節、豚の挽き肉…、何もかもが
ホントに懐かしい…♪
子供が小さい頃、座間警察署の近くにできた店にもよく食べに行ってた。
それからほどなくして見かけなくなった…。
もちろん、湘南からも姿を消した…。

三浦にも城門ラーメンの店があると聞いてるが、最近はここ辻堂の他に茅ヶ崎
や平塚にも城門ラーメンを名乗るお店ができたそうだ。
そちらのも食べてみたい。



過去記事

城門ラーメン♪ 2009.01.04

辻堂の城門ラーメン

Sbsh311111 Sbsh311211





000000000000000000000000000000000_2



帰りの電車からは北口の広大な土地に動きが見えた。
少し先にはショッピングモール、湘南モールフィルが。  
ここは昔は日本電池藤沢工場だったとこ。
さらに先ではやはり広大な土地にブルドーザーとかが動きまわっていた。
この沿線は名の知れた企業の大きな工場が並んでいた。
まだまだ、今も残っているとこも多いが、工場を閉鎖し再開発されているとこも多い。

僕は子供の頃から一人で鉄道の旅に出してもらっていたが、四国に行った時、
大阪に行った時、奈良に行った時も、いつも新幹線じゃなくて、夜行列車。
横浜駅で乗車し、この辺りにさしかかると夜の車窓から大きな工場のライトアップ
がきれいだった。
これで、親元を離れたと思った。

そして、旅行からの帰路、この辺りで早朝の工場を眺めていると、あっと言う間に
横浜駅に。
この工場群が自宅から離れたというサインだったし、自宅に帰ってきたというサイン
でもあった。

昔の旅は夜の出発、早朝の帰宅ってきまってた。
それが、いつの間にか朝の出発、夜の帰宅に変わってきた。
新幹線の利用が多くなったし、クルマでの旅も。
だから、東海道本線を使うことが少なくなって、今回は久々の旅気分♪
そんな事を思っていたら、いつしか爆睡~♪





  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/12

う~ん、満足♪

う~ん、満足

今日も予報を裏切るようないいお天気♪
最近、週末の天気予報って、ネガティヴ過ぎないか…。
天気予報よりかなりいいお天気が続いてるような♪
それに、感覚的には梅雨は明けてるような錯覚を覚える…♪

今朝はゆっくり寝坊…♪
体力、気力が回復。


ショッピングモールへ買い物。
もうお盆の支度の品々。
東京や神奈川のお盆は7月に行う習慣。
もう間もなく…。

二男がDHCのプロテインダイエットを続けているのだが、昨夜、ネットでオーダー
しようとしたら、在庫切れ…。
DHCのプロテインダイエットは手に入らないようだ。
やはり、CM効果か…。
仕方ないので、他のメーカーを。
それにしても、ダイエットって継続してこそのはずなのに、在庫切れとは…。
DHCは、もう少しちゃんとしたメーカーだと思っていたが、案外いい加減…。
ただの急成長企業だったか…。


今月最終週に夏休みを取ることは決まっているが、肝心の母が四国に行くのを
急遽とりやめたので、別の所を物色。
やっぱり山かな~♪
といっても単独で登山してしまうわけにもいかないので、山岳地帯といえば…。
早速、書店でガイドブック購入。
ガイドブックには、山岳リゾートなんて書いてある。
今の時代、そういう表現するんだ…。
JTBにも寄った。
ショッピングモールって、こういう事が一ヶ所でできるのが魅力。
ランチも、お茶も、食品の買い物も、服の買い物も…今日は全部一ヶ所で。

 

 

最近とても気に入ってる第3のビール、”クリアアサヒ”♪
そして、昨日買ってきたピーナツ。  
今夜は「ゆでピーナツ」(これは秦野産ではなかった)とクリアアサヒで~♪
あちこち行きたいとこを検討しよ♪

Imgp4264 Imgp4270

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秦野戸川公園♪

秦野戸川公園

クリニックから帰って、まあまあのお天気なので、ちょっとドライブ♪
秦野戸川公園…、行こうと思いつつ何年…。

ここんとこ、想いを寄せている山つながりかな…。
学生時代に使っていた丹沢の山地図を久し振りに開いてみたら、何と33年前。
1976年(昭和51年)発行。
それなのに、全然、色褪せてない。
そ、山の地図はユポという特殊な素材で作られているので、紙と違って褪せたり
しないし、山で雨に遭っても、全然平気。

…地図を見ていて驚いたのは、大根駅とか、大秦野駅と表記されている…。
そか、あの頃は東海大学前駅は大根駅、秦野駅には大が付いてたんだ…。
そう言われてみれば…。
あまり気にしてなかった…。

僕が初めて丹沢に登ったときは、秦野駅集合。
で、よくよく調べてみたら、秦野駅になったのも、東海大学前駅になったのも
1987年(昭和62年)のこと。
ってことは、僕が初めて下車した秦野駅は大秦野駅だったんだ。

早朝に駅前の砂利敷きのバス乗り場から蓑毛行きに乗り、終点で下車。
丹沢登山は、日帰りが多かったから、逆に疲労も大きかった。
下山は大倉へ。  ここからバスで渋沢駅だったかな。
昔は、かなり山奥って感じがした。

その懐かしい大倉♪
それが、秦野戸川公園のあの場所。


クルマで246を走り、大山がど~んと見えた時、カメラを思い出した。
カメラ、忘れた…。
がっくり…。
でも、引き返すのはやめた…。

東名の厚木インターで乗り、次の秦野・中井インターで降りる。
市内から水無川沿いに上流へ。
ほどなくして、246の下に。
お腹が減ったので、いつもの大好きな”砂場”で蕎麦を♪
やはり、ここの蕎麦は最高の歯ごたえと、純朴な蕎麦の味♪

 
手打そば・砂場(秦野)

秦野砂場(秦野) こちらのサイトに移転したよう

 ※場所は国道246号新町交差点。 秦野警察署の並び。


カメラを忘れたので、携帯カメラで…。

Sbsh311411









Sbsh312011





















  
  
   
246を挟んで斜め向かいには”らっかせいの豆芳”本店が。
いつも新茶を送ってくれる清水の友人に落花生を。
もちろん、自宅用にも。
秦野といえば、昔からたばこの葉と落花生。
やっぱり、国内産のピーナツは美味しい♪

豆芳本店

Sbsh31129 Sbsh31130

















また、水無川沿いに大倉方面へ。
河川敷の公園には、色褪せたあじさいがずら~。
きっと、見頃のときは素晴らしかったのだろうな。

やって来ました、秦野戸川公園。
これよりも山側には、昔の面影が残ってる。

河原には子供連れの多いこと。
今日は水深も浅く、安全な水遊び。

県立秦野戸川公園

この公園のランドマーク、風の吊り橋。
思ったよりも大きく、そして、高いです。
真下が見えないから恐怖感はさほどでないけど、見えたら足がすくむこと
間違いないです…。
Image07011





















Image0621 Image06511




















橋の向こう側には山岳スポーツセンターがあって、登山する人にとっては利用価値
ありのよう。
川沿いの小高い場所には休憩所・茶室「おおすみ山居」があって、なかなか手入れ
の行き届いた庭園。
抹茶や、コーヒーも。

Sbsh313211_2 Sbsh313011 Image0771

















キンギョソウがきれいに咲いてた♪
その名のとおりかわいいです。
Sbsh313611




























こういうビジターセンター、好きです♪
Sbsh312511 

























このエリアにいる数々の動植物や、山の模型、興味は尽きないです。
そんな展示の中に昔の小田急線の写真が。
1961年(昭和36年)の撮影で、大山をバックにしているそうです。
小田急線がむき出し…。
柵もなく、そして、まわりには何もない…、今はなき光景かも。

Sbsh312811























今日訪れたエリアは、登山をしていた頃は、登山ルートへの出入り口にあたる
集落。
山に近づいたというだけで、満足でした♪

  


  












| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/11

佐世保バーガー・Uncle Sum♪

佐世保バーガー・Uncle Sum

今日は、朝からクリニックへ。
2年ほど前から軽いアトピーで1、2ヶ月に一度、クリニックへ。
こちらの院長先生は信州大学医学部付属病院に長く勤務されて定年で地元に
戻られ開業された方。
だからか、ロビーには信州の山、花、電車、そういった本がたくさん置いてある。
先日の続きでもないけど、信州、北アの山々…♪
やっぱり、山っていいな~♪

今年の夏休み、母を連れて四国へ行こうと思ってたけど、どうも体調が心配らしく、
取りやめに。
僕自身も四国へ行きたいのだけど、今年はやめよう。
それで、改めてどこへ行くか考え中…。
そんな時、ふっと北アあたり…。
う~ん、どこに行こう…♪


クリニックの帰り、小田急線・相武台前駅の真ん前にある佐世保バーガー・
アンクルサムへ♪
たまに無性に食べたくなる。

いつもながら、いい雰囲気♪
マリリン・モンローにエルヴィス・プレスリー。
古き良きかな…♪
こちらには、もちろんアルコールも。

P7114769





















P7114772






















P7114774




















この相武台前エリア、少し先のフェンスの向こうはアメリカ。
政治的にはいろいろあるけど、このエリアでは、けっこう居心地の良い距離間で
暮らしてる。
バーガー、とっても美味しかった♪





P7114773 P7114789 P7114776



  

00000000000000000000000000000000000



佐世保バーガー・アンクル サム(相武台前駅)/食べログ




過去記事

佐世保バーガー・アンクルサム♪ 2007.08.25







相武台前駅で回送電車を。
休日のホーム、電車を待つ人はまばら。

P7114783

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマルフィ&アマルフィイ♪

アマルフィアマルフィイ



間もなく公開される織田裕二主演の映画”アマルフィ 女神の報酬”。
アマルフィって、南イタリアの絶景の名所。
世界遺産にも登録されている世界一美しい海岸。
そんな美しい光景が大画面いっぱいに…映画の魅力はそんなとこかな♪

300pxamalfi02
※Wikipediaより














アマルフィ海岸
アマルフィWikipedia
アマルフィ海岸Wikipedia


アマルフィ 女神の報酬公式サイト
 7月18日(土)ロードショー公開



僕はアマルフィには行ったことがないし、存在も知らなかったのだが、数年前に
七里ヶ浜のリストランテ アマルフィイ(こちらは「イ」が一個多い表記をしてます)や、
アマルフィイ デラ・セーラを通して知った♪
最近は首都圏各地に店舗展開しているが、アマルフィイの名は七里ヶ浜以外では、
成城学園や、丸の内、新横浜に。
七里ヶ浜にはドルチェの専門店もオープン。

こちらのお店は、七里ヶ浜を南イタリアのアマルフィに見立てたとのこと。
う~ん…。  でも、鎌倉の良さとマッチして、僕は大好きなお店です♪


アマルフィイ♪

過去記事

世界一のブレックファースト♪ 2009.02.13

七里ヶ浜Amalfi Della Sera♪ 2007.03.03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/10

鉄道絶景の旅・大糸線♪

鉄道絶景の旅・大糸線

今日もはっきりしない天気…。
朝から風が強くて、鉄道にも影響があったらしい。
小田原城では、樹齢300年の松の大枝が折れた。

朝からあちこち外出。
傘を持っていかないと…。  不要だったけど…。
それにしても本格的に蒸し暑い…。  夏かも…♪

週刊「鉄道絶景の旅」は大糸線♪
山をやってた人間にとっては懐かしい路線。

このエリアで、特に思い出深いのは、先輩の追悼山行…。
大糸線・穂高駅で下車した。
かなり大勢で、まずは燕岳を目指した…。
その晩はそこの山荘で一泊。
北アの中で最もポピュラーなルートである大天井岳、常念岳と歩き、上高地に至る。
途中、赤岩岳に立ち寄り追悼…。


亡き先輩が好きだったこまくさ。
Scan10009























こちらのサイトが分かりやすいです

週刊・鉄道絶景の旅♪

00t0337254
















過去記事
上高地に行きたいと考えていたら…♪ 2007.07.16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/09

産地直送じゃらん・伊豆のいいとこ教えます♪

産地直送じゃらん伊豆のいいとこ教えます

今日もすっきりしない天気…。
傘が要るような要らないような…。
午後からは青空も♪
しかし、蒸し暑い…。
夜になっても蒸し暑い…、熱帯夜に近いかも…。



書店で目がとまった。
表紙にはでかでかと”伊豆”の文字。
そして、何とも惹きつけられる写真♪

その名は、”産地直送じゃらん・完全保存版・伊豆のいいとこ教えます。”♪
表紙の写真は下田の九十浜(くじゅっぱま)。

最近は”絶景~”が流行りなのか、伊豆の絶景がど~んと♪
表紙の写真でも分かるように、伊豆の中でもかなりマイナーな絶景に、
つい手にしてしまった…。

伊豆といえば、もちろん美味しいものがずら~っ♪
快適そうな伊豆の宿278軒も。

昨年の年末に行って以来、今年はまだ伊豆に行ってない…。
若い頃は夏こそ伊豆だったのに、最近は夏の伊豆は敬遠…。




産地直送じゃらん・完全保存版・伊豆のいいとこ教えます。

00






























伊豆といえば、こちらもチェック~♪

ゆうゆうネット伊豆


ウェブページ
伊豆♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/08

唐招提寺♪

唐招提寺

今日は一日中、おかしな雨…。
傘が要るような要らないような微妙な降りかた。
その上、蒸し蒸し…。


集英社のウィークリーコレクション・古社名刹巡拝の旅「西ノ京 奈良/薬師寺・
唐招提寺・西大寺」をめくっていたら、唐招提寺・金堂の大修理が終わり、
いよいよ、この秋に金堂平成大修理落慶法要が執り行われる。
足掛け10年に及ぶ解体大修理。

2006年のGWに西ノ京を訪れ、まずは薬師寺を見た。
そして、中学の修学旅行で訪れて以来、大好きな唐招提寺を見ようと寺の前
にたどり着いたのに、何か様子がおかしい…。

…唐招提寺の象徴、金堂がない。 
っていうか、金堂のあるべき場所には白いビルのような建物が。
近づいてみると、金堂のまわりはその白い建物に覆われていて、何も見えない。
看板には平成21年秋完成予定と…。
3年も先の話…。
その前に訪れたのは子供が小さい頃だから、通算すると十年以上もお目に
かかってない計算。

そんな唐招提寺がようやく解体修理を終え、覆いも外されて、見ることが
出来るらしい♪
まだ、金堂の中は造作中で、外見だけの見学になるようだけど。
秋には落慶法要。

是非、行きたい♪



唐招提寺公式サイト

金堂平成大修理概要(唐招提寺公式サイト)


過去記事

唐招提寺♪ 2007.05.08

奈良のアルバム♪ 2006.05.06




古社名刹巡拝の旅
00m0380156101

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/07/07

ハス♪

ハス

今日も、すっきりしない天気…、と思ってたら、青空が気持ちよかった♪
風が強くて、閉口したけど、風のおかげで涼しかった。
梅雨明けはまだ先かな…。



新聞のローカル面に横浜・三渓園でハスの開花だとか。
ハスって、こんなに早く咲くものなんだ…。 知らなかった…。
ハスなんて、そんなに見る機会がないし…。
三渓園では、7月の土日曜日、祝日は早朝観蓮会のために朝6時から開園
するそうです。

僕が子供の頃は、本牧、三渓園から磯子、杉田、金沢文庫の方まで、
長い長い砂浜と海でした♪
つまり、国道16号は海沿いを通るルートだったんです。
今では、想像もつかないでしょうけど。
そして、国道には横浜市営の路面電車が走っていたんです。
3、4歳の頃の事なので、おぼろげですが、父や母も、よくその話をします。
その頃、三渓園で海水浴をした写真とか見ると、正に三渓園がバックに写って
るんです。
でも、ホントにあっという間に海が消えたのは高度成長期だったからでしょうか。
この事に触れると、けっこう長い時間を生きてきたんだな、すごく歳だなって思って
しまうんです…。


三渓園・早朝観蓮会のお知らせ

三渓園HP  (公式サイトのトップページもハスの写真です)


スイレン・ハスの名所



昨年の夏には、たまたまあちこちでハスを見たのだが、いずれも8月になって
から。
まずは、8月上旬に町田の薬師池公園の大賀ハス。
これは大賀博士が古代のハスの種を開花させたもの。
こちらは、大人の背よりも高くて、花を写すためには、ハス畑(ハス池?)を見下ろ
す小高い場所からでした。

そして、お盆過ぎに夏休みをとって出かけた、奈良の法隆寺境内で見たハスも、
場所柄か、すごくきれいでした。

過去記事
試し撮り♪ 2008.08.10

夏休み1-奈良♪ 2008.08.24



町田・薬師池公園の大賀ハス       2008.08.10
P8100025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/06

24時間テレビマラソン♪

24時間テレビマラソン

今日は降ったりやんだり…。
かなり蒸した…。


8月の最終の週末恒例イベントといえば、24時間テレビ。
そして、24時間マラソン。
今年は誰かなと思っていたら、な、なんとイモト~♪
注目のメーンパーソナリティはNEWS♪

R246がルートになり、すぐ近所を走ることから、どうしても気になる、この
マラソン♪
今年も頑張って~♪

そして、24時間テレビより一ヶ月早いフジテレビのFNS26時間テレビの方は、
今月25、26日に行われるが、こちらの総合司会は島田紳助。


今年の24時間マラソン監視サイトはこちら。
最新版は掲示板から見てください。

24監本部




~~ Yahoo! ニュース(産経新聞)より抜粋 ~~

日本テレビ系「24時間テレビ32『愛は地球を救う』」(8月29~30日放送)の
マラソンランナーが5日、お笑い芸人のイモトアヤコに決まった。
同局のバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」で発表された。

記者会見には、トレードマークのセーラー服を脱ぎ捨て、Tシャツとジャージー姿
で登場。
これまで、世界の珍獣をリポートしてきたことから、「プレッシャーはあるが、
きつければきついほど燃えちゃう人なんで」とニコリ。
女性としては最長の126・585キロを走ることについては、「『イッテQ!』の
チャレンジとして、『人は1日でフルマラソンを3本走れるのか』を目指して頑張り
たい」とガッツポーズを見せた。

走る時の格好を問われると、「セーラー服ではないですね。体の負担を考えると
スパッツをはいて…」と意外にも現実的な応えが。
ただ、本番では、真っ黒な極太まゆ毛はそのままだそう。
汗で消えることも予想されるが…。
「それだけはあってはならないこと。消えた時点で誰だか分からないと思うので。
そこだけは全力で守りたいです」と力を込めていた。

32回目を迎える今年の24時間テレビは「START!~一歩を踏みだそう~」が
テーマ。
メーンパーソナリティーはNEWS、チャリティーパーソナリティーは菅野美穂、
番組パーソナリティーはネプチューンとベッキーが務める。
総合司会は徳光和夫、西尾由佳理(日本テレビアナウンサー)。

2009070500000573sanentview000
















 


 




<24時間テレビ 歴代マラソンランナー>
 
 92年 間寛平      200キロ 150キロで力尽きリタイア

 93年 間寛平      200キロ 

 94年 ダチョウ倶楽部 100キロ 

 95年 間寛平      600キロ 神戸~東京を7日間で完走

 96年 赤井英和    100キロ 日本列島を600人がリレー

 97年 山口達也    100キロ 

 98年 森田剛     100キロ 

 99年 錦野旦     110キロ 

 00年 トミーズ雅   150キロ

 01年 研ナオコ     85キロ

 02年 西村知美    100キロ

 03年 山田花子    110キロ

 04年 杉田かおる   100キロ 負け犬返上

 05年 丸山和也    100キロ

 06年 アンガールズ  100キロ

 07年 萩本欽一     70キロ 最高齢となる66歳で挑戦

 08年 エド・はるみ  111キロ?   ※113キロかと思ってた…。

  

24TVマラソン♪     

  



  


  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/05

ふわふわの週末♪

ふわふわの週末

今日も予報に反して、いいお天気&そこそこのお天気♪
予報ではよくない天気が、ちょっとでも良かったりすると、かなり得した気分。
最近、週末の予報はよくないのに、実際はまあまあだったりする事が多い気がする。
どんよりしていても、時々顔を見せるお日さま。
そんな時には、ふわふわした雲も~♪

鹿児島県では梅雨明けしたらしいし…。
こちらは、夕方には大気の状態が不安定になるとか…。


今日は、近所で買い物&軽くランチ。
東急田園都市線・中央林間駅前ロータリーの街路樹は昨年、丸坊主に切られた
のに、5月以降、急激に新しい枝とかも伸びてきて、今ではすっかり元のような姿に♪
うっそうとし過ぎない程度に…。  さすが、プロの剪定は違う。

過去記事
ご近所♪ 2009.04.19

復活は来年あたりかと思っていたけど、かなり復活♪
これなら夏の日差しも遮ってくれる。
Imgp4249



Imgp4258



















※4月19日は、こんな状態で、まだまだ…。
Imgp4091




















ランチは軽くイタトマJr.で♪
釜揚げしらすとたらこクリームの冷製スパゲティ♪
ちょっと海の香りが♪

…色がとんでしまった…。

Imgp4247



















イタトマJr.

00tcafejr





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/04

JR東海カレンダー♪

JR東海カレンダー

今日は予報よりいいお天気♪
けっこう青空が~♪
それに涼しい♪

  
今年も半分が過ぎ、7月♪
カレンダーも半分に。
 
大好きなJR東海のカレンダー♪
7月は参宮線の外城田(ときだ)駅。

1日の乗車人員88名だそうです。
ホームは一面一線、駅舎なし、無人駅。
三重県多気町。 
 
子供が小さい頃の夏休み、この辺り、何回か通ったことがある。
当時、伊勢自動車道が多気までしか開通していなかった…。
キハ11形が眩しい♪

JR東海カレンダー

外城田駅

     

 

■過去記事

JR東海カレンダー♪ 2008.12.27

   

Calendar200907_1024768_2





















  
  

あの”ゆ~ゆ”を久し振りに手にした♪
以前は近所のドラッグストアで入手していたのだが、最近は見かけなくなって…。
従来のB5版からA4版にサイズアップしてた。
そして、スーパーや書店での配布を中止して、サークルK・サンクスでの配布に。
秋からは、日帰り温泉や入浴施設ばかりじゃなく、宿泊情報も掲載開始。
10月からは、愛知、岐阜、三重北部、静岡西部のお風呂を対象にした”ゆ~ゆ・
東海版”を発行するそうだ。

ゆ~ゆ
200907yuyuhyousi

 

 

 

 

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/03

JRポスター&鉄道絶景の旅♪

JRポスター鉄道絶景の旅

今日もはっきりしない天気で涼しかった…。
帰宅の頃に小雨…。


夏休みを前にしてJRの駅などは旅情を誘うポスターだらけ♪
そんな中で一際目をひくのは五能線の千畳敷駅(青森県)でのポスター♪
ホームに降り立ち、目の前に広がる日本海を眺めてる。
右側には列車が…♪

JR東北、いやっ、JR東日本もなかなかやるっ♪
こちらのサイトにはポスターが溢れてる。

えきねっと/JREAST駅ポギャラリー(JR東日本サイト)

Jreast0907senjojiki

























週刊・鉄道絶景の旅5号は山陰本線♪
こちらも日本海側。
ホントは、こういう路線のポスターが首都圏にも欲しいけど…。
首都圏はJR東北だから、そういうのは稀にしか見かけない…。
国鉄がJR各社に分社化してつまらなくなったのは、自社のテリトリーに固執してる
こと。

ま、それはさておき、山陰本線♪
偉大なるローカル線。

僕の地方勤務といえば、金沢しかないのだが、すっかり日本海側に魅せられて
しまった…。
次の勤務地も山陰地方にと希望を出していたのに東京に呼び戻された…。
松江とか、鳥取とかに住んでみたかったのに。
ま、大平洋側に生まれ育った人間の独りよがりかも知れないけど、あちらには何か
違うものがあるような、そんな気持ちかも…♪

そんな憧れにも似たとこを走る山陰本線。
最大の関心事は、あの余部鉄橋。
国鉄も終わろうとしている、1986年(昭和61年)、余部鉄橋から列車が転落し、
多くの死傷者を出した。
原因は風速25m/s以上の警報装置が作動していたにもかかわらず運行させた
ことによる人為的ミスとされている。
以降、風速20m/s以上では運行停止とし、バスによる代行運転を義務づけた。
そんな暗い一面も持った余部鉄橋だが、今でも山陰本線最大のスポットである
ことには違いない。
しかし、鉄橋が建設されたのは1912年(明治45年)と、間もなく100年が経過
しようとしていて老朽化も激しく、かの転落事故でケチがついたこともあり、
現在、新たな橋を建設中。
そして来年度にも開通の予定であり、いよいよ余命少ない余部鉄橋へはカメラを
持ったファンが押し寄せてるそうだ。  
これが、地元に色々な問題を引き起こしているそうで…。

余部橋梁Wikipedia

週刊・鉄道絶景の旅♪

週刊・鉄道絶景の旅・山陰本線

49102323307990055209

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/02

横浜市歌制定100周年&東海道本線全通120周年♪

横浜市歌制定100周年東海道本線全通120周年

今朝は小雨…。
日中は曇天…。
夜、帰宅の時はなんと涼しい♪



昨日、7月1日は横浜市民なら誰でも知ってるし、子供の頃から横浜市民だったら
歌える歌、そんな横浜市歌の制定100周年♪

僕も横浜市歌は今でも歌えるから不思議。
子供には難解な歌詞なのに、丸覚えしてる。
先生が歌詞について説明してくれたので、その意味あいも覚えてる。
この歌、今でも嫌いじゃないんですよね♪


小学校の校歌と、この横浜市歌は覚えているのに、なぜか中学校以上の校歌は
思い出せない。
中学、高校といえば、野球の試合、スポーツ大会の応援と、色んな場面で校歌を
歌ったのに、なぜか思い出せない。

横浜開港50周年の事業として制定された横浜市歌。

そんな横浜市歌が聴けるサイトは、こちら♪

 
横浜市生涯学習ページ



横浜市歌』    作詞:森林太郎(森鴎外) 作曲:南能衛

わが日の本は島國よ 朝日輝ふ海に

 わがひのもとはしまぐによ あさひかがよううみに
 (わが国日本は島国です。朝日が輝く海に、)

連り峙つ島々なれば あらゆる國より舟こそ通へ

 つらなりそばだつしまじまなれば あらゆるくによりふねこそかよえ
 (連なりそびえる島々なので、あらゆる国から船が通ってくるのです。)

されば港の数多かれど 此横浜に優るあらめや

 さればみなとのかずおおかれど このよこはまにまさるあらめや
 (それゆえ、港の数は多いのでしょうが、この横浜に勝る港はないでしょう。)

むかし思へば苫屋の烟 ちらりほらりと立てりし處

 むかしおもえばとまやのけむり ちらりほらりとたてりしところ
 (昔を思えば、この横浜は、粗末な家から炊事の煙がちらほらと立つ寂しいところでした。)

今は百舟百千舟 泊る處ぞ見よや

 いまはももふねももちふね とまるところぞみよや
 (しかし、ご覧なさい、今や多くの船が停泊する活気ある港となりました。)

果なく榮えて行くらん御代を 飾る寶も入り來る港

 はてなくさかえてゆくらんみよを かざるたからもいりくるみなと
 (この果てしなく栄えてゆく世を彩る文物が、今日も横浜港から入ってきます。)

1909年(明治42年)6月17日付「横浜貿易新報」より。



そして、2003年には「横浜市歌~ブルースバージョン~」も誕生。
歌詞は同じだけど、曲は…。

こちらで聴けます。

横浜市歌Wikipedia




同じく昨日、7月1日は東海道本線全通120周年♪

1872年(明治5年)5月に品川~横浜間が仮開業し、同年9月に新橋~横浜間
が正式開業。
それから17年後の1889年(明治22年)7月1日に新橋~神戸間の東海道本線
全線開通♪

北の玄関、上野駅と西への玄関、新橋駅間を結ぶ路線の建設とともに東京駅が
開業したのは、1914年(大正3年)。

JR東日本にとっては、東海道本線は継子扱いだが、JR東海にとっては実子。
温度差はあるが、120周年のイベントは数々…♪

そういえば、馬入橋で撮った東海道本線・湘南電車のヘッドマークは、この120
周年のだったのかも…。

東海道本線Wikipedia


平塚市馬入橋より            2009.05.31撮影
P5314338

  

  


 

  

  

     

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/01

週刊・鉄道絶景の旅♪

週刊・絶景の旅

今日もはっきりしない天気…。
じっとしていると涼しいのだけど、ちょっと動くとじとっとくる。
すごい湿度…。


先週の週刊・鉄道絶景の旅4号は北海道、富良野線と石勝線。
富良野といえば、ラベンダー♪
この路線は地方交通線といわれる、いわゆるローカル線だが、初夏から夏にかけて
は、乗客(観光客)が増える典型的な路線。

特に、ラベンダー畑駅は”富良野・美瑛ノロッコ号”の運行にあわせて、今年は
6月6日~10月12日の期間に営業される臨時駅。(約10年前に開業)
この営業期間が終わると撤去されるのだとか。
つまり、ノロッコ号のみ停車する駅なのだが、7月の海の日あたりは、日中のみ
普通列車も停車するのだとか。
富良野・美瑛ノロッコ号は、数少ないがC11によるSL索引もある。
また、ノロッコ号は、JR北海道旭川支社管内の流氷ノロッコ号やくしろ湿原ノロッコ号
など、かなりの種類がある。

石勝線には、あの夕張やトマムが。

週刊・鉄道絶景の旅♪

週刊・鉄道の旅4号(富良野線・石勝線)

A080969044

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »