« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019/08/30

『きょう、ロマンスカーで。』2019年秋♪

★『きょう、ロマンスカーで。』2019年秋♪

午前中は雨…。

蒸し暑い…。



『きょう、ロマンスカーで。』2019年秋♪

2019年秋、「勤続10年の秋」篇 30秒。
ロケ地は箱根湯本の吉池旅館。



箱根湯本温泉 吉池旅館

小田急ロマンスカー2019年秋 広告の撮影に協力/箱根湯本温泉 吉池旅館


2019年秋ポスター♪
酒匂川橋梁を渡るロマンスカーGSE・70000形。

201909001
 
 
201909

きょう、ロマンスカーで。/小田急
000000000000000000000000000o5oaa10000000



富士山と小田急♪ 2008.11.22

 
 
 
■関連記事

『きょう、ロマンスカーで。』2019年夏♪ 2019.05.31 【2019夏】

『きょう。ロマンスカーで。』2019年春♪ 2019.03.02 【2019春】

小田急ロマンスカー 2018秋 TV-CM♪ 2018.09.02 【2018秋】

6月…♪ 2018.06.01  【2018夏】  
  
3月♪ 2018.03.01  【2018春

きょう、ロマンスカーで♪ 2017.09.06 【2017秋

夏の準備…♪ 2017.06.02 【2017夏】 

きょう、ロマンスカーで。♪ 2017.03.07 【2017春】

月曜日… 2016.12.07 【2017冬】

休日♪ 2016.09.04 【2016秋】 

週末♪ 2016.06.03 【2016夏】

きょう、ロマンスカーで♪ 2016.02.08 【2016春】

週末♪ 2015.09.04 【2015秋】

休日♪ 2015.05.24 【2014夏】

きょう、ロマンスカーで♪ 2014.12.04 【2014冬】

きょう、ロマンスカーで。 夏♪ 2014.06.11 【2014夏】

秋… 2008.10.03 【2008秋】 

 

 

 



| | コメント (0)

2019/08/27

新東名、全線開通3年延期…

★新東名、全線開通3年延期…

くもり、時々、晴れ♪

ちょっと暑い。




新東名「伊勢原~御殿場」開通延期…全線開通は3年延期…。

NEXCO中日本は、新東名 海老名南JCT~御殿場JCT間の開通予定
の見直しを決定した。

新東名の御殿場JCT以東は現在、神奈川県内の圏央道と東名を結ぶ
海老名南JCT~伊勢原JCT間(6km)が開通している。
伊勢原JCTから西へ1区間(2km)の伊勢原大山ICまでは2019年内
の開通を目指すが、それより先の区間について、開通予定を次のとおり
見直す。

・伊勢原大山IC~秦野IC(13km):2020年度→2021年度
・秦野IC~御殿場IC(26km):2020年度→2023年度
・御殿場IC~御殿場JCT(7km):2020年度
※IC名などは仮称のものがある。

 
当初は伊勢原大山IC~御殿場JCTまでの46kmが2020年度開通
の予定だったが、このうち御殿場IC~御殿場JCT間を先行して2020年度
に開通させることとなった。

伊勢原大山IC~秦野ICは、用地取得の難航と、膨大な埋蔵文化財調査により、
道路本体工事が遅延。
また、秦野IC~御殿場IC間については、法面崩落にともなう工事用進入路のルート
や構造の見直し、想定以上の断層破砕帯が確認されたことによる橋の構造形式
変更、これらにともなう施工計画の見直しが発生しており、整備が難航している。

 
※追記(2019年8月31日)
数日後にわかったこと…。
伊勢原JCT~伊勢原大山ICについては、当初は2019年度開通の予定とされて
いたのだが、若干早まり、2019年内の開通となった。


 

秋告げる「お下り」、大山阿夫利神社で秋季例大祭♪

夏山登山の無事に感謝し、秋の訪れを告げる伊勢原市の大山阿夫利神社「お下り」
が今日、行われた。

江戸時代から続く神事で、保存会「阿夫利睦」の会員40人がみこしを担ぎ、
中腹の下社から標高差500mの急な石段を一気に下った。
前日の雨から一転して好天に恵まれた。
29日には下社に帰る「お上り」が行われる。
  

201608
※伊勢原市観光協会HPより

 

 

新東名伊勢原大山IC~御殿場ICの開通は最長3年の延期となったが…。
大山阿夫利神社から至近距離にできる新東名伊勢原大山IC~伊勢原JCT間は
今年度中につながり供用開始が予定されている。
そうすると、東京から高速だけで大山まで来れる。

ところが…。
つながったばかりの、いや、つながるはずの高速には目もくれず、来年は大山の
夏山開きの行事を行うため、「お花講」のメンバーは大山登拝門全開の7月27日
を目指して、日本橋から60kmを2日間かけて歩くのだとか。
ま、東京オリンピック開幕直後の絶好のタイミングでもある。

 

7月27日、標高700mにある大山阿夫利神社下社の登拝門が「全開」
されると、大山に夏山シーズンが到来する。

そして、目指すは大山山頂(1,252m)。

門の鍵は約400年前から東京・日本橋小伝馬町の「お花講」が管理。
この日、神主のおはらいの後、白木の扉を開け、講衆61人が「散華(さんげ)、
散華、六根清浄(ろっこんしょうじょう)、お山は晴天」と唱えながら山頂へ続く
石段を上る。


現在は年間を通じて登山できるが、かつての大山は7月27日~8月17日
の夏山期間以外は登拝門は閉ざされ、山頂へ登拝できなかった。
現在は夏山期間以外は半開きされ、年間を通じて登山できる。
登拝門は半開きとは言わず、「片開き」というのだが…。
 


片開きの登拝門。                         2015年5月撮影

Img_4129


お花講/産業能率大学

 


関連記事

ブルーベリー狩り♪ 2019.07.27

台風… 2018.07.28

登拝門♪ 2017.07.28

新緑の大山♪ 2016.05.14

新緑の大山♪ 2015.05.30

大山~大山街道~246=道志みちも…♪


 

| | コメント (0)

2019/08/26

CAR and DRIVER10月号♪

★CAR and DRIVER10月号♪

晴れ♪

暑い…。

  

CAR and DRIVER10月号♪

特集。
デビュー50周年。
日産GT-R&フェアレディZ。

令和時代のフレッシュドライビングカー。
メルセデスAMG・CLA45S、マツダ3、DS3クロスバック、
アウディQ8など。

ファーストカーで乗るK-CAR選び。
ダイハツ・タント、ホンダN-WGN、日産デイズ、三菱eKクロス、
スズキ・ハスラーなど。

復刻版カタログ。
1999年日産スカイラインGT-R。
1989年日産フェアレディZ。


CAR and DRIVER
 

201910cd






| | コメント (0)

2019/08/24

江之浦&根府川へ♪

★江之浦&根府川へ♪

晴れ♪

暑いっ…。

8月もそろそろラスト…。
いつもの西湘へ。

西湘バイパスはすいすい順調。
早川の合流も全く渋滞なし…。
もちろん、石橋の合流もスムーズ。

 

「そば初代惣右衛門」隣のローソンで飲み物を。
鈴廣かまぼこのドライブインの上の方には東海道線が走る。

その上は県道740号が見える。
左側には”新畑(しんぱた)”バス停、右側には”しおん前”バス停がある。
さらに左側に300mほど行くと(南下)、パンの”麦踏”がある。

Img_1386

 

お盆の頃、台風10号の影響で荒れた海だったが…。
今日は穏やかな相模湾を横目に快適に走れた。

国道135号を離れ、いつものように、松本農園のとこを登った。
松本山の道祖神が見守っている。

Img_1391


石名坂バス停付近から県道740号に入り、北上。
れんが屋。
  
Img_1396


下から眺めるとこんなだった…。

Img_1408


まわりはミカン畑がつづく。

Img_1407

 
3回目の”れんが屋”。
今日はランチメニューを。
ママはミニビーフシチューをのせたハンバーグ。

Img_1402


僕は地魚刺身丼。
真鶴産のマグロ、イナダ、サワラ、シメカマス、赤尾アジ。
めちゃ美味しかった♪

Img_1404


お盆の頃に行った伊豆。
あの時は台風10号の影響でこの辺りの海はかなり荒れていた。

今日は穏やかな相模湾。

Img_1405


アイスコーヒー。

Img_1406


れんが屋

れんが屋(江之浦、根府川)/食べログ 


 

県道740号。

Img_1412


今日も駐車場には数台のクルマ。
もちろん、麦踏。

Img_1413

 

Img_1415

 

Img_1418


蚊取り線香。

Img_1420


もちろん、食パンは売り切れ…。
繁忙期には前日に予約がいっぱいになることも…。

Img_1416



こちらでよく買うのは、湘南小麦のバターロール、片浦レモンのクリームチーズ、
あんぱん、ちくわーる。

そして、ハード系もあれこれ美味しい♪

百年ちくわーる。
鈴廣かまぼこのちくわとカマンベールチーズ。

Img_1417


麦踏。
ウチでダントツのナンバーワン♪

麦踏/fb

麦踏(根府川)/食べログ




県道740号、根府川駅手前。
寺山神社へ。

黄色いカンナ。
カンナって、最近はどこにもない…。
昭和の花なのかな…。

Img_1458



寺山神社。
創建沿革は不詳。
「寺山権現」と称されていたが、明治元年に「寺山神社」に改めたという。
 
根府川駅近くに鎮座していたのだが、当時の熱海線開設により鉄道用地となった
ため、大正9年に当地に移転。 
翌々年、大正11年熱海線が真鶴駅まで開通。

Img_1437

   

Img_1427

 

拝殿の向かって左側には庚申塔と道祖神が祀られている。

道祖神。
小田原市西部から東伊豆町稲取にかけて見られるタイプの道祖神。
「単座丸彫り型」あるいは「伊豆型」といわれる独特なもの。

Img_1430


よく見ると、庚申塔には三猿が。

Img_1430r

 

先ほどの松本山の道祖神。
こちらも同じタイプだということが分かる。
真鶴半島でも似たような道祖神をかなり見かけるし、東伊豆でも見かける。

吊るし雛も同じような分布で見かけるので、やはり、同一性とか文化交流があったのかと。

Img_1390


境内社。
天王社、姥社の額がかかっている。

Img_1431

 

Img_1432


寺山神社/相模神社ノオト

 


県道740号、関所跡入口バス停付近。
  
Img_1438


県道から脇道を下る。
岩泉寺。

Img_1456

 
東海道新幹線。
東海道線を1本待つ間に新幹線は6本も通過した…。

Img_1445

 

白糸川橋梁。

白糸川橋梁

ようやく、東海道線が。
とはいえ、防風柵が邪魔して電車が見えない…。
ま、確かにここは風の名所…。
強風による運転見合わせというと、ここを想像してしまう。

Img_1448

 
東海道線の時刻表。
この辺りでは日中の時間帯は上下それぞれ1時間に3本ほど。
そして、1時間に1本は特急も通過するので、それなりの本数はあるのだが。

ちなみに、東京~国府津駅、小田原駅までは2倍近くの本数が確保されている。
小田原駅から先は一気にローカル線に…。



根府川駅へ向かう。

Img_1472

 
根府川駅。

Img_1468

 

Img_1475


跨線橋。
ここにもカンナ。

Img_1479


カンナ…。
子供の頃は自宅の庭にもカンナが咲いていた。

最近はほとんど目にしなくなったけど…。
江ノ電の腰越駅~鎌倉高校前駅間の海が見えるあのカーブにカンナが咲いてる。

江の島・鎌倉ナビ2017年8月号♪ 2017.08.02

 


暑かった…。

Img_1463

 

Img_1464

 
根府川駅 wikipedia

根府川駅♪ 2019.04.30  

   

Img_1465

 
スーパービュー踊り子、後追い。

Img_1461

 

子供たちの夏休みも終わる頃。
クルマは少な目でお盆の頃の喧騒がウソみたい…。

帰りに寒川のJAわいわい市で野菜を。
まわりの水田にはこのような光景。

Img_1484

 
そして、海老名市。
目久尻川の河童像の衣装が~。
夏祭りのハッピ姿。

Img_1485


目久尻川の河童♪ 2019.07.03

 
 


関連記事

根府川駅♪ 2019.04.30

GWの西湘…♪ 2019.04.28

おかめ桜♪ 2019.03.09

湘南ゴールドを♪ 2019.01.26

湯河原へ…♪ 2018.11.09 

江之浦マップ♪ 2018.08.15

西湘&箱根♪ 2018.08.13

根府川おかめ桜♪ 2018.03.17

江之浦測候所へ♪ 2018.01.26

真鶴とか♪ 2017.11.03

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19

GWのお出かけ~♪ 2017.05.03

湘南ゴールドを♪ 2017.03.25

福浦漁港・みなと食堂♪ 2017.03.04

湘南ゴールドを♪ 2017.01.27

真鶴~熱海♪ 2016.11.26

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

熱海♪ 2016.03.12

湘南ゴールドを♪ 2016.02.06

鯵が食べたい♪ 2015.07.25

根府川へ…合流部、驚愕の新事実…♪ 2015.03.28

湘南ゴールドを♪ 2015.02.07

国道135号根府川合流部改良工事完成へ♪ 2015.01.15

真鶴♪ 2014.09.13
 
お花見…根府川・江之浦へ♪ 2014.04.05

真鶴&湯河原♪ 2013.11.03 

湘南ゴールドを♪ 2013.04.27

桜を見ながら江之浦へ♪ 2013.03.23

江之浦~真鶴♪ 2012.05.04

江之浦~根府川のおかめ桜♪ 2012.04.01

江之浦へ♪-2 2012.03.03

江之浦へ♪-1 2012.03.03

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-2 2012.02.18

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-1 2012.02.18

豆相人車鉄道の旅…かな♪ 2011.03.05

湘南ゴールド♪ 2009.03.02

湘南ゴールド♪ 2007.03.18

ハルメキ♪ 2011.03.26 

おかめ桜&ハルメキ~♪ 2012.03.23  

    








 


 

| | コメント (0)

24TVマラソン…いや、24時間駅伝…2019年♪

★24TVマラソン…いや、24時間駅伝…2019年♪

この時期にしては、かなり暑い。

今年の24TVマラソン。
ランナーが1人ではなく、4人で駅伝…。
距離は150km。

ハリセンボン近藤春菜、ガンバレルーヤのよしこ、いとうあさこ、
そして、先程、水卜麻美アナが走者となることが発表された。

はるな→よしこ→水卜→あさこの順で走るらしい。

いつもの武道館を目指すのではなく、今年は国技館を目指す。

24TV/日テレ


 
■見逃せない…。

24時間マラソン追跡/Twitter  

24TVマラソン♪




8月24日(土)

20:29
第1走者近藤春菜、神奈川県川崎市多摩区の日テレ生田スタジオをスタート。

今年の追跡班はスタート地点をつかめずに事後に判明。
そりゃ、日テレからのスタートじゃ、情報は漏れないだろうし、ロケバスが
うろうろしても怪しまれないし…。


  

21:00過ぎ。
春菜、稲城にて。

20190824tv002



21:40  稲城市、多摩川右岸

20190824tv003



22:25  府中市、四谷橋給水
22:47  国立市泉3丁目
22:57  立川市錦町5丁目 五右衛門立川日野橋店付近
23:01  日野橋目前でUターン
23:17  国立市谷保3丁目 フレスポ国立南付近


■8月25日(日)
0:04   雨
0:10   府中市住吉5丁目 エトワール多摩川付近
0:41   是政橋南左折、右岸サイクリングロード
1:06   稲城北緑地公園ピクニック広場休憩
1:40   矢野口交差点
1:58   よみうりランドへ戻る上り坂  

2:10   よみうりランドにて、ハリセンボン近藤春菜より
       第2走者ガンバレルーヤよしこへ”たすき”繋ぐ

2:31   榎戸交差点右折鶴川街道へ
       第1走者春菜と基本的に同じルート

3:57   四谷橋にて休憩
4:38   立川公園休憩
5:11   中央道高架下通過
5:32   西府緑地通過
5:46   関戸橋通過
6:00   郷土の森第一野球場付近にて休憩
6:39   是政橋北右折


6:56   稲城北緑地公園にて休憩
       よしこの家族が用意した横断幕登場

20190824tv004

 


7:37   稲城多摩川原右折
7:51   京王稲田堤駅右折
8:07   生田スタジオ入る

8:08   生田スタジオにて
       第2走者ガンバレルーヤよしこから
       第3走者水卜麻美アナに”たすき”繋ぐ


20190824tv005



8:36   東長沼陸橋通過
8:51   新大丸直進
8:58   南多摩水再生センター東通過
9:23   新大栗橋通過
9:43   府中四谷橋渡る
10:16  日野橋通過
10:49  多摩大橋北通過
11:32  小荷田交差点通過
12:00  東福生駅入口直進
12:12  横田基地12ゲート通過
12:35  びっくりドンキー瑞穂店通過
12:40  箱根ヶ崎西交差点通過
12:55  瑞穂松原交差点左折、新青梅街道東進
13:04  八高線ガード下潜る
13:52  三本榎交差点通過
14:17  東大和市役所北交差点右折

14:18  第3走者、水卜麻美アナから
       第4走者いとうあさこに”たすき”繋ぐ

20190824tv006


【中間ラップ】

春菜  20:29~02:10 5時間41分 32.195km
よしこ 02:10~08:08 5時間58分 32.195km
水ト  08:08~14:18 6時間10分 42.195km
あさこ 14:18~20:55(?)  6時間37分 42.195km

 
14:29  奈良橋庚申塚右折
14:46  都立東村山西高校入口交差点通過
14:56  野口橋交差点直進
15:22  滝山南交差点通過
15:28  MEGAドン・キホーテ東久留米店前通過
15:44  田無第三中学校入口交差点通過
16:01  青梅街道、西武新宿線田無駅~西武柳沢駅間のアンダーパス通過
16:09  東伏見交差点直進
16:33  関町1丁目交差点通過
16:35  すきや練馬関町南店にて休憩
16:50頃 大久保佳代子が応援合流
16:58  荻窪警察署前通過
17:06  四面道交差点左折、環八へ
17:09  ホンダドリーム荻窪前通過
17:21  下井草5丁目交差点右折
17:33  エネオス井荻SS通過

20190824tv007


 
17:33  井草3丁目交差点を右折、再度環八通りへ
17:43  南が丘小学校北交差点直進
17:44  ツルハドラッグ練馬南田中店にて休憩
17:57  富士見台4丁目交差点直進

18:02  練馬区中央陸橋右折、目白通りへ
18:06  ネッツトヨタ前通過
18:08  練馬二小前交差点通過
18:10  貫井2丁目交差点通過
18:24  豊玉北六交差点を直進
18:29  練馬警察署南交差点を直進
18:34  豊玉陸橋を直進
18:40  地下鉄新江古田駅前通過 
18:47  南長崎六町目交差点通過
18:50  ENEOS椎名町SSにて休憩
18:58  南長崎スポーツ公園前通過

19:01  西落合1丁目交差点直進
19:07  中落合2丁目交差点直進
19:25  高戸橋交差点直進
19:28  面影橋交差点を直進
19:41  鶴巻町交差点を直進
19:45  江戸川橋交差点直進
19:50  小桜橋交差点を直進
19:56  スルターン飯田橋店隣で給水休憩

20:03  飯田橋交差点直進
20:14  専大前交差点左折、靖国通りへ
20:23  小川町交差点直進
20:33  岩本町交差点直進
20:41  浅草橋交差点直進
20:44  言問橋渡る
20:48  両国三丁目交差点直進
20:51  総武本線ガード下通過
20:55(?)  両国国技館
       春菜、よしこ、水卜アナ、あさこ一緒にゴール♪
       148.78km完走♪
       おめでとう♪

 

 

| | コメント (0)

2019/08/19

UQモバイル♪

★UQモバイル♪

晴れ♪

今日も暑かった…。



20年以上使ってきたソフトバンクを卒業して、UQモバイルに乗換えて1年。
この1年間の毎月の料金、僕は2,700円ほど、ママは2,200円ほどで計5,000円。
ソフトバンクは2台で21,000円超だったから1/4。
1年間で19万円も得した。

昨年までは携帯料金の出費はかなりのウェイトだった…。
ところが、この1年は気にもならないレベル。
満足♪

そして、1年が過ぎたので、普通の料金になった。
僕は3,700円ほど、ママは3,200円ほどで計7,000円。
それでも、ソフトバンクの1/3…♪
1年間で17万円ほどの得になる。
 
端末はAQUOS。
昔からAQUOSなので、使い勝手は変わらず。
新宿駅や渋谷駅の雑踏の中や箱根でも、どこに行ってもサクサクなので、
使い勝手が良くなった。

ご近所さん。
近くにイオンモール座間ができてイオンモバイル直営店の影響か、
イオンモバイルへの乗り換えが目立つ。
やはり、バカバカしい高額な出費に愛想を尽かして…。
 

UQモバイル

0000000000000000000000000000uq_2

 

■関連記事

UQモバイル…♪ 2018.08.25

ソフトバンク卒業…♪ 2018.06.10



 

| | コメント (0)

2019/08/17

猛烈に暑いっ…♪

★猛烈に暑いっ…♪

晴れ♪

超暑いっ…。

関東では各地で36℃超え…。

クルマに乗ったら、外気温39℃を表示していた…。
39℃を見たのは初めて…。
 



  
 
2



 

| | コメント (0)

2019/08/16

台風一過…♪

★台風一過…♪

昨日は台風の影響か雨と風…。

今日は台風一過のような晴れ♪

とにかく暑いっ…。

台風10号ははるか日本海の彼方なのに…。
一日中、風が強い…。


長男は愛知県に戻った。
東名、新東名とも順調だったようだ。




伊勢丹相模原店がファイナルセール。

30年前、相模大野にデパート進出のニュースが駆け巡った…。
まさかの…♪
   
Img_1380

  

9月30日で閉店する…。
29年間のありがとう。

ファイナルフェスタ開催中。

Img_1375


相模大野からデパート撤退…。

お隣の町田には小田急も東急もあるし、マルイ、モディ、ルミネなどなど…。
南町田グランベリーパークも11月にオープンするし♪
やっぱり、町田かな…。 
んっ、神奈川県町田市…♪


伊勢丹相模原店

201908finalfesta

 

| | コメント (0)

2019/08/14

暑いっ…♪

★暑いっ…♪

昨夜は深夜から朝方まで雨…。

今朝は一転、晴れ♪

気温も湿度もぐんぐん上昇…。
とにかく暑い…。

人類は強力なエアコンが必須アイテムになったのかと…。



昨日、ニュースで聞いた稲村ヶ崎の道路陥没…。

鎌倉市稲村ヶ崎。
13日未明、国道134号稲村ヶ崎付近の歩道が陥没。
稲村ヶ崎駅入口交差点から100mほど西の信号機の所で、池田丸稲村ヶ崎店前
の海側の歩道が約20メートルにわたり最大約40センチ陥没していて、波浪が原因
とみられる。

歩道下の擁壁が打ち寄せる波で崩れたとみられ、沈下のほか、歩道の
ブロック舗装がずれていた。
午前7時半ごろから周辺の歩道を約250メートルにわたって立ち入り禁止
にしたほか、午後3時からは134号を周辺約50メートルにわたって片側通行
にした。
安全が確保できるまで規制を当面続ける予定とのこと。
※カナロコより

 

これは、かなり陥没している。
しかし、134号の片側交互通行…。
何もなくてもいつも渋滞にするのに、片側交互通行だと絶望的な渋滞…。
勘弁してほしい…。
1日も早く復旧してほしい。

20190813news
※ニュースフラシュより
 




| | コメント (0)

伊豆へ - 2♪

★伊豆へ - 2♪

8月13日(火)。
伊豆2日目。

予報はくもり、時々雨なので、期待しなかったのだが…。

結果は晴天♪
 
暑かった…。


チェックアウト前に。
東海館へ。

Img_1241

Img_1242


東海館は昭和3年(1928年)開業した3階建て和風建築の温泉旅館。
平成9年(1997年)に廃業し、伊東市に寄贈され、平成13年より観光施設
として公開されている。

東海館/伊東市観光協会

  

Img_1243


伊東大川ごしの景観はサイコー。

Img_1251

 
マンホールの蓋にも。

Img_1246

 
こちらは城ケ崎が描かれている。

Img_1247

 
雨でも訪れようと思っていた城ケ崎。
晴天でよかった♪

息子たちにとっては20数年ぶり…。

サスペンスドラマに出てくると、鼻で笑ってしまうけど、自分が立つと恐い…。
今日も台風10号の影響か、波がすごい。

Img_1268

 
門脇埼灯台にも登った。
釣り橋もスリルたっぷり。

Img_1269

 

ハマカンゾウ。

Img_1276

 


ちょっと混雑した伊豆高原エリアを過ぎ、赤沢あたりからは順調。
朝10時過ぎなのに、国道135号の対向車線は昨日同様に渋滞が始まっていて、
最後尾は大川温泉にまで延びていた…。

北川温泉手前。

Img_1287

 
 

稲取の伊豆アニマルキングダム。
エランド。

Img_1293


キリンに餌やり。

Img_1306

 
シマウマ。

Img_1308


チーター。

Img_1297
  

Img_1319

 
カピバラ。

Img_1321

 

Img_1335


伊豆アニマルキングダム
 

 
あの渋滞…、国道135号北上は諦めた…。
南下…。

どこかでランチ。
河津町に入って、今井浜海岸手前。

そば。
伊豆さくら亭。

Img_1348

 
店内もいい雰囲気。

Img_1340

 
僕は「麦とろそば膳」。
久々の麦とろ、美味しかった。

Img_1341


ママは「揚げなすおろしそば」。

Img_1342


息子たちは「そばと天城本わさび丼定食」。
わさびが1本ずつついてきて、自分でおろす。
わさび丼、思いのほか美味しかったらしい。

Img_1345


南下せざる得ず、たまたま駐車場が空いて、いきなり入った店。
想定以上に美味しかった♪  満足♪

伊豆さくら亭(今井浜海岸)/食べログ


 

 

渋滞トラウマ…。
繰り返してしまう…。

20年ほど前の2月に味わった地獄の大渋滞…。
河津桜見物、雪、そんな悪条件が重なった伊豆河津からの帰り。
雪のため、中伊豆を抜けるルートは通行不可となった。
ここから神奈川県央の自宅まで12時間近くを要した…。

ほとんど止まったままの国道135号、伊東市街地には夕刻、真鶴道路
(真鶴ブルーライン)もほとんど動かず。
石橋でようやく渋滞から解放され、西湘バイパスにのった時は緊張感からも
解き放たれたからか、ガックリきた…。
自宅に到着したのは日付が変る前。

この経験は伊豆のドライブでは帰りの車線を気にするようになった。
しかし、その後はそんな渋滞には遭遇することはなかったのだが。
さすがに”お盆”…、とんでもない光景を見てしまった思い。

 

あの時、中伊豆ルートを行くことができず…。
選択肢のない閉塞状態…。

20数年ぶりのリベンジ…。

今回は帰りのクルマなどで大渋滞の国道135号北上を諦め、中伊豆ルート
を北上することに。
浜交差点で国道135号を離れ、河津駅方面へ。

途中から国道414号下田街道となる。
河津七滝ループ橋を上り、快適な国道414号を北上。

 

しばらくすると、旧天城トンネルへ抜けるルートの表示。
旧天城トンネルに行きたいと思っていたし、今回のように中伊豆を通ることは
そうはないだろうし、時間的にもまだまだ早い時間。

たまたま、中伊豆を走ったことが数回あるけど、いつも夕暮れ時…。
それを考えたら絶好のチャンス。

山道の悪路を入った。
ほとんど未舗装区間ですれ違いが不可能なほどの狭い道路。
万一、対向車が来たら、退避できるとこまでバックせざるを得ない。
この旧道はどちらかというと、歩きがお勧め。

対向車が来ないことを祈りながら4km弱。
途中で国道からショートカットできるルートもあった。
そこから入ってきたクルマが後ろについた。
ショートカットすれば、約1kmほどの悪路ですむので、クルマはこちらが
お勧め。
歩くなら全線走破が面白いと思う。

20分ほどで4km弱を走破しトンネル入口に到着。
先に到着していたクルマが1台いた。



旧天城トンネル(天城山隧道)。
川端康成の小説「伊豆の踊子」、松本清張の小説「天城越え」でも有名。

明治38年(1905年)に開通。
全長445.5m、アーチや側面など全て切り石で建造された日本初の石造道路トン
ネルであり、日本に現存する最長の石造道路トンネルである。

国の登録有形文化財に指定されていて、現在も供用中である。
供用中といっても、1日に何台が通るのだろう…。

尚、新天城トンネルは旧天城トンネルの西側に並行していて、全長800m、
1970年竣工し、当初は有料だったが、2000年3月より無料開放された。


天城トンネル wikipedia

旧天城トンネル/静岡県観光

旧天城トンネル/知の冒険



Img_1350


「天城山隧道」と刻まれている。

Img_1360

 

Img_1356

 




 
  
帰りも対向車が来ないことを祈りながら、山道を抜けて国道414号へ。
新天城トンネルは快適だった。
約4kmほどで「道の駅天城越え」に到着、休憩。

Img_1363


道の駅から5、6kmほどで冷川インターに向かうルートがあるので、そちらも
伊豆スカイラインへ抜ける格好のルートなのだが。

さらに3、4km北上したとこで、眼下に大きな新しい橋梁が見えた。
これは、何だろうと思いつつ、月ヶ瀬インターという所から高速道路のような
真新しい道路へ。
対面通行ではあるが、走りやすい自動車専用道。
後でわかったのは、「天城北道路」という道路で、今年1月に開通したばかりだった。
無料…。

6、7km先でそのまま修善寺道路となり、200円の通行料金を払う。
5kmほどで伊豆中央道と名称が変り、また200円支払う。
自動車道の頭上を伊豆の国パノラマパークロープウェイが横切る光景には
度肝をぬかれた…。

ま、これらの高規格道路の総称が伊豆縦貫自動車道らしい。

このまま直進すると伊豆縦貫自動車道の無料区間で東駿河湾環状道路と呼ばれ
三島を経て、新東名・長泉沼津インターや東名・沼津インターへつながる。
とてもお得で便利な”高速道路”と思っている。
 
三島に”うなぎ”を食べに行った時やミステリーバスツアーで”めんたいパーク
に寄り道した時などはとても重宝した。
 

めんたいパーク。                   2018年12月撮影

Img_9612



伊豆縦貫道構想…。
1992年(平成4年)、一部区間(修善寺IC~熊坂IC)が開通して以来
遅々として進まない計画で、平成30年代中期完成予定というアバウトな表現…。
あれから27年…。

いつまで経ってもつながらないだろうと思っていた伊豆縦貫自動車道…。
ところが、月ヶ瀬までつながっていて、天城はすぐそこ♪

つながらないとの思い込みを覆してくれたことが最大の驚き♪
かなり便利だし、中伊豆の道路の分かりにくさから解放されるかも。

あとは、質の向上が課題かと…。
東名や新東名から出たとこの行先別の料金所が分かりにくいので、分かり
やすい構造と行先表示の工夫を…。
そして、渋滞が発生するような区間は対面通行から脱皮する時期かと…。
有料区間のETC導入もお願いしたい。

そうそう、バラバラな名称はよそ者にとっては心理的に不安。
天城北道路、連絡路、修善寺道路、伊豆中央道、東駿河湾環状道路…。
名称統一して、「伊豆縦貫自動車道」1本でよいのでは。

伊豆半島アクセス方法/JAF

伊豆縦貫道♪ 2014.03.16
00000000000000000000000000000






 
  
このまま東名で帰ろうかと渋滞情報を調べたら、東名御殿場から横浜町田までで
途中20kmほどの渋滞だとか…。
パス…。

それに、函南塚本インターから先はなんだか渋滞っぽい…。
この先は東駿河湾環状道路という比較的高規格な無料の自動車専用道路。
渋滞のダブルパンチは避けたいので、ここで降りた。
ここから県道11号熱海函南線へ。

00000000000000000000000000000000011


途中で熱海街道と熱函(ねっかん)街道に分かれるが、熱海街道をひた走る。
そして、熱海峠へ通じる熱海街道は元々の県道11号、かなり険しい山道であり、
旧道の位置づけ。
それを回避するため、新しい道路が作られ、熱函(ねっかん)道路といい、
通常、熱函街道と呼ばれている。

そんな険しい熱海街道を10km程ひた走る…。
かなりスリリングなワインディングロードとでも表現したい。

県道11号熱海函南線をいく

伊豆スカイラインの起点でもある熱海峠から稜線沿いに箱根峠へ向かって進む
と、お約束のガスが視界を遮る…。
箱根渋滞なんて絶対に嫌なので、箱根ターンパイクへ。
いや、「アネスト岩田 ターンパイク箱根」が正式名称らしい。
ちょくちょくスポンサーが変わるので、覚えた頃には変っている…。

標高1,000mから小田原の海の近くまで一気に下る…。

アネスト岩田 ターンパイク箱根
 
西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

 
さすが、ターンパイク。
気持ちよかった♪

そろそろフィニッシュ。
眼下に小田原の街が。

Img_1370

  

0000000000000000000000000000000000


西湘バイパスも順調。
下り車線には台風10号余波の高波が打ち寄せるが、もろに波を浴びるようなことは
なさそう。
そんな光景に恐怖を覚える。

視界には白いガスのようなしぶき…。
上り線を走行しているウチのクルマにもしぶきがかかって、頻繁にウォッシャー&ワイパー…。
帰宅したら洗車かな…。
台風の影響で雨が降れば、洗車は要らないかな…。

そんなことを思っていたら、Fヨコからは鎌倉・稲村ヶ崎で高波による崩落で
134が片側交互通行になったとのニュース。
普段でも大渋滞する所…、それが片側交互通行なんかじゃ、とんでもない渋滞に…。
台風10号、恐るべし…。

Img_1372

 
 
お盆の伊豆…。
ちょっと舐めてたかも…。

あんなに渋滞するとは…。
でも、東伊豆は南下のみに徹して、中伊豆ルート、熱海街道、箱根ターンパイク
で帰ってきたのは大正解♪


久々の伊豆への旅行なのに…。
台風10号の影響でマインドは下がりっぱなしだった…。
ところが、蓋を開けてみたら、晴れ、晴れ、晴れ~♪

美味しい店に遭遇することができたし♪
さらには、渋滞に遭うことなく走れて、サイコー♪





関連記事

伊豆♪ 2006.10
伊豆♪-2 2006.10

梅&河津桜♪ 2007.02
 
伊豆高原の桜♪ 2007.03

秋の伊豆♪ 2007.10
河津バガテル公園♪ 2007.10

伊豆-みなみの桜と菜の花♪ 2008.03
伊豆-下田駅&つるし雛♪ 2008.03
伊豆-伊豆高原桜まつり♪ 2008.03
伊豆-一碧湖~多賀そば♪ 2008.03

修善寺・西伊豆-1♪ 2008.11
修善寺・西伊豆-2♪ 2008.11
修善寺・西伊豆-3♪ 2008.11
修善寺・西伊豆-4♪ 2008.11
修善寺・西伊豆-5♪ 2008.11

伊豆-1♪ 2009.10
伊豆-2♪ 2009.10

伊豆♪-1 2013.02.10 2013.02
伊豆♪-2 2013.02.10 2013.02
 
御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-1 2013.11.29
御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-2 2013.11.30 

伊豆-1♪ 2015.04.11 
伊豆-2♪ 2015.04.11

熱海♪ 2016.03.12

熱海へ♪ 2016.04.30

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

箱根-1♪ 2016.08.15
箱根-2♪ 2016.08.16

真鶴~熱海♪ 2016.12.27

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19 

熱海のジャカランダ♪ 2019.06.08  


番外編    
スズキ・ワゴンR、TV-CM♪ 2018.11.11


伊豆♪ 


~~~  完  ~~~


   



| | コメント (0)

伊豆へ - 1♪

 ★伊豆へ - 1 ♪

8月11日(月・祝)。

晴れ♪

暑い…。


 
台風10号の影響がいわれている最中、朝、普通に自宅を出発。
長男と次男も一緒…。
 
圏央道、西湘バイパスとも順調。
しかし、西湘の大磯あたりでは工事規制の影響で若干の渋滞…。
それ以上にびっくりしたのは、西湘バイパスに打ちつける大きな波…。
こんな高波、見たことない大きさ。

西湘の空はきもちいい青空♪
台風10号はノロノロと動いていて、遠いとこの話かと思ったら、
とんでもない…。

2007年9月の台風9号による大規模崩落…。
1967年に開通し、40年間何もなかった西湘バイパス。
それも、西湘でいちばん好きな大磯インター付近…。
絶対大丈夫だと思っていたのに、頭が白くなるほどのショック。
関係機関のショックも相当のようだった。
そして、翌年4月には暫定4車線供用という早業を見せてくれた。

10年後の2017年10月、暫定ではなく本格対応したものと安心していたのだが
、またもや、あの台風21号によって大磯インター付近で大規模崩落…。
あれから2年が経とうとしているが、下り線は未だに1車線のみの供用で、
混雑している時などは渋滞を招いている。
かなり大規模な工事となっていて、着々と行われていることが分かる。

今回の台風10号による影響、もう少し近くだったらと思うとゾッとする。

西湘バイパス、またもや、崩落… 2017.10.25


早川の合流では想定通り1kmの渋滞。(小田厚からは3kmほどの渋滞)
米神あたりの高波対策の一段と高くなった道路を走る際も高波の襲来を
気にしてしまった。
熱海ビーチラインの中間あたりまでは順調。
その後、国道135号への合流手前の1.5kmで大渋滞と…。
これは手強い…。

伊豆山口から出て、走り湯を横目に狭い急坂をのぼって国道135号へ。
もちろん、国道135号も大渋滞…。

熱海人気は過熱気味…。

Img_1177
 

合流までに30分以上…。
その後はまあまあ…。

網代を過ぎたら、あとは順調。

伊東市に入ってもすいすい…。
伊東漁協直営の「漁師めしや波魚波」でランチしたかったのだが、事前にネット
で確認したら、なんと、8月1日から臨時休業の告知。
それも、直前になっての告知。
何かあったのかと…。
営業再開の告知はまだない…。

 
天気予報では今日はいいお天気。
稲取のアニマルキングダムに行きたい。
とにかく南下。

ランチタイム。
伊豆高原が近づくにつれ、いつものようにクルマが増えた…。
そんな状態で食べるとこを探すのは…。

そして、驚愕の事実…。
昼前なのに、対向車線の上りはぎっしり…。

どこまで続くのか…。
行けども行けども、渋滞最後尾は見つからない。

泊まりは伊東。
このまま稲取まで南下するのは危険と…。
この辺りでランチして北上した方がいいかも。

 
12時過ぎ。
お腹が空いた…。
赤沢温泉の先、小さなトンネルを抜けたら、こんな光景が目に飛び込んできた。
いつもならパスする光景…。

でも、背に腹は代えられない…。
意を決して…。

磯料理 赤沢丸昌。

Img_1189


眼下には波が打ち寄せている。
台風10号の影響がこんなにもすごいとは…。

Img_1190

 
暑い。

Img_1184


波が打ち寄せる…。
国道135号の上りの渋滞は大川温泉、北川温泉までずらーっと。

Img_1182

 
店内へ。
1階の店内には4、5組の先客。
2階にも1組らしい。
1階はほぼ料理が出ていた。

皆さん、刺身の大皿を囲んでる。
2人前が11,000円といったとこ。

但し、先客もあることから、1時間ほどかかると…。
ここまできたら、OKしかないでしょ。

タッチの差で駐車場に入ってきた次の数人グループは断念した…。

Img_1181

 
 
これで2人前。
4人でちょうどいいボリューム。

鯛がメイン、伊勢海老、アワビ、サザエ。
炙りかます、湯引きイサキ、アジなどなど…♪

伊勢海老の殻を使って、みそ汁を作ってくれる。
かなり美味しかった。

Img_1194


帰りの渋滞を気にしながら、いきなり飛び込んだ「磯料理 赤沢丸昌」。
かなり、大満足の店だった♪

磯料理 赤沢丸昌(赤沢、駅でいえば大川駅)/食べログ



南下は諦めた。
渋滞の列に入れてもらった。

いつもの伊豆とは違う異常なほどのクルマ…。
ほとんど進まない渋滞だけど、宿泊は伊東だから…。

40分ほどで伊豆高原付近へ。
八幡野交差点から急坂を上り、大室山ふもとを走り、快適に伊東市街地へ。
国道135号をいってたら1時間半ほどかかるとこを30分で。
ま、地元住民が普通に使う抜け道というか、地元道…。
あまり教えないほうが…。
 



渋滞トラウマ…。
20年ほど前の2月に味わった地獄の大渋滞…。
河津桜見物、雪、そんな悪条件が重なった伊豆河津からの帰り。
雪のため、中伊豆を抜けるルートは通行不可となった。
ここから神奈川県央の自宅まで12時間近くを要した…。

ほとんど止まったままの国道135号、伊東市街地には夕刻、真鶴道路
(真鶴ブルーライン)もほとんど動かず。
石橋でようやく渋滞から解放され、西湘バイパスにのった時は緊張感からも
解き放たれたからかガックリきた…。
自宅に到着したのは日付が変る前。

この経験は伊豆のドライブでは帰りの車線を気にするようになった。
しかし、その後はそんな渋滞には遭遇することはなかったのだが。
さすがに”お盆”…、とんでもない光景を見てしまった思い。



伊東はしょっちゅう立ち寄るのだが、駅前エリアはほとんど来てない。
てことで、駅前駐車場にとめて散策。

伊東駅前ロータリー。

Img_1198


スーパービュー踊り子。

Img_1204


駅名標はJR東日本のグリーンと伊豆急のブルーがあしらわれている。
駅メロは「みかんの花咲く丘」が流れた。

Img_1206


伊東駅 wikipedia


改札を出ると、温泉の街をアピール。
有名ホテルのノボリがはためく。

Img_1213


駅前商店街。

Img_1215


ちょっと狭い湯の花通り。
美味しそうな食堂やお土産屋さん、そして、住民が利用する店などが。

Img_1216



石舟庵 湯の花店。
伊東市内の近くに本店を構える美味しい和菓子屋さんだが、最近は洋菓子も多い。
国道135号沿いに大きな店があちこち。
洋菓子、ニューサマーオレンジ「みかんの花咲く丘」は美味しい。

石舟庵

Img_1218


先程の伊東駅や宇佐美駅で駅メロとして使われている「みかんの花咲く丘」。

戦後すぐ、作曲家の海沼實が伊東へ向かう車中で作曲。
車窓にみかん畑が現われる国府津あたりで前奏が浮かび、伊東線の宇佐美駅
あたりで完成したとか。
そんな縁で2015年から伊東駅と宇佐美駅で駅メロとして採用された。

みかんの花咲く丘 Wikipedia

水曜日…いいえ、かながわ駅めぐり♪ 2011.12.07




伊東温泉 湯の花通り。

Img_1219

 
お湯かけ七福神めぐり。
温泉が流れている。
恵比寿さま。

Img_1224


弁財天さま。

Img_1226


アーケードのある商店街キネマ通り。
ここを通り抜けると旅館やホテルの建ち並ぶ通りに出る。

Img_1227


最近、よく目にする”うずわめし”のノボリ。

Img_1231

 

散策を終え、伊東園ホテルへ。
お盆の時期なのに、直前でなんとか予約がとれた。

Img_1257

 
部屋からは伊東大川と東海館が見える。

Img_1236


伊東園ホテルはハトヤと並び伊東を代表するホテル。
でも、老朽化などは隠せない…。

 

まずは、温泉♪
露天風呂が気持ちよかった。

Dsc_0020_20190813234601


バイキングスタイル。
金目鯛の煮付けをつけたのだが、1人に1匹は多過ぎた…。
避難ごうごう…。

Img_1238


伊東園ホテルズ




関連記事


伊豆♪ 2006.10
伊豆♪-2 2006.10

梅&河津桜♪ 2007.02
 
伊豆高原の桜♪ 2007.03

秋の伊豆♪ 2007.10
河津バガテル公園♪ 2007.10

伊豆-みなみの桜と菜の花♪ 2008.03
伊豆-下田駅&つるし雛♪ 2008.03
伊豆-伊豆高原桜まつり♪ 2008.03
伊豆-一碧湖~多賀そば♪ 2008.03

修善寺・西伊豆-1♪ 2008.11
修善寺・西伊豆-2♪ 2008.11
修善寺・西伊豆-3♪ 2008.11
修善寺・西伊豆-4♪ 2008.11
修善寺・西伊豆-5♪ 2008.11

伊豆-1♪ 2009.10
伊豆-2♪ 2009.10

伊豆♪-1 2013.02.10 2013.02
伊豆♪-2 2013.02.10 2013.02
 
御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-1 2013.11.29
御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-2 2013.11.30 
 
伊豆-1♪ 2015.04.11 
伊豆-2♪ 2015.04.11

熱海♪ 2016.03.12

熱海へ♪ 2016.04.30

箱根-1♪ 2016.08.15
箱根-2♪ 2016.08.16

真鶴~熱海♪ 2016.12.27

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19 

熱海のジャカランダ♪ 2019.06.08  


番外編    
スズキ・ワゴンR、TV-CM♪ 2018.11.11


伊豆♪ 
 
 

~~~  つづく  ~~~


   

| | コメント (0)

2019/08/10

お盆休み♪

★お盆休み♪

晴れ♪

暑かった…。

 
長男が愛知から帰省してきた。
愛知県内で事故渋滞があったが、あとは順調だったらしい。
 



長後の安田果樹園に。

Dsc_00242
 

ぶどう。
ブラックビートは売り切れて、アーリースチューベンだけだった…。
藤稔は1週間後だとか。

Dsc_00202

  

5月にヒョウにやられたため、一部の梨はキズありで安く売っていた。(後ろに
見えるのがそんなキズありの梨。)

築水と幸水。
どちらも甘くて美味しかったので、両方買ってみた。

Dsc_00222

  
安田果樹園(長後)


2016年に”ODAKYU VOICE”でも紹介された。

ODAKYU VOICE 2016年9月号/小田急



 

■関連記事

つきみ野駅♪ 2018.08.27

果樹園へ♪ 2018.08.05

旧東海道・藤沢宿♪ 2017.09.03

長後のくだもの♪ 2017.08.14

まったり…♪ 2016.08.18



| | コメント (0)

2019/08/09

江ノ島大橋3車線化♪

★江ノ島大橋3車線化♪

晴れ♪

もう暑くて暑くて…。



明日からお盆休み突入。

長男は愛知県から帰省してくる。
久々にクルマで来るとか。

 

江ノ島大橋3車線化♪

いや、タウンニュースでは江の島大橋3車線化と表記されている…♪

江の島と対岸の国道134号をつなぐ江の島大橋が3車線化され、
3日、供用が始まった。
来年江の島で開催される東京五輪セーリング競技に向けた会場整備の一環で、
週末や大型連休中に長年課題となっていた渋滞の緩和に期待がかかる。

江の島大橋(324m)を含む約900mの区間が対象。
橋部分は幅を1.4m拡幅し、中央分離帯をなくすことで江の島方面に向かう
道路を1車線から2車線に増やした。
両方向の車道に沿って、自転車専用レーンも新たに設けた。

島内入口付近には江島神社の参道近くに「江の島なぎさ駐車場」があるが、
休日を中心に入場待ちをする車で渋滞が慢性化。
特に大型連休中は島内から国道付近まで車列が伸びることが常態化していた。
3車線化で駐車場に入場する車列と島内奥に直進する動線を分け、渋滞の緩和
を図る。

江の島大橋は湘南港を建設するための工事用道路として1962年に竣工。
2年後の東京五輪の開催に合わせて一般利用が始まった。

江の島が再び五輪のセーリング会場に決まったことを受け、2017年6月
に着工、県が会場整備の一環として工事を進めてきた。
※タウンニュースより


この路線はほとんどがレジャーのクルマということと、その先は”袋小路”…。
通常なら車線を増やすことは検討もされないような状況…。
しかし、オリンピックともなると、手をこまねいているわけにもいかず…。
要は、オリンピック関連のクルマを優先するための車線をつくったということ。

2年前から工事が始まり、”オリンピック関連”だなと思っていたが、
ようやく、完成して供用が始まった。
3車線化というと、誤解を招くかもしれない…。
各1車線ずつの江ノ島大橋を島内へ向かう車線を2車線にし、”本土”へ帰る車線
は1車線のまま…。  
ま、そういうこと…。

最近は江ノ電が混むだけでなく、クルマも多くて、本土の江ノ電駐車センター
も満車、島内の最も便利な「なぎさ駐車場」も深刻な満車の日が多く、駐車場待ちの
クルマが車線を塞いでいる…。

ウチも「なぎさ駐車場」に入れなくて、いちばん奥の湘南港のパーキングに駐車する
ことが増えてきた…。
おかげで、路地裏の店で食べる機会が増えそう♪

いつもの江の島…♪ 2019.05.26

佐島とか…♪ 2018.10.17
 

「江の島」の表記については、「江の島」、「江ノ島」、「江島」と3通りが
混在している。 「江之島」なんていうのもあるけど、ま、これはいいか…。
この江の島大橋も正式には江ノ島大橋が正解らしいし、僕もそのように表記
している。
 
藤沢市による昭和41年の住居表示と昭和44年の表記統一にて「江の島」に統一
してきたが、歴史や由緒ある史跡、交通機関はそのまま。
それが、3通りが混在している理由である。

江の島と江ノ島と江島… 2005.10.28

神奈川県道305号江の島線 wikipedia



201908
※タウンニュースより
  
 
   

かながわ山の日、秦野初開催ポスター♪
 
8月11日の国民の祝日「山の日」にあわせ、様々なイベントが行われる秦野市。
今年は神奈川県山岳連盟主催のかながわ山の日inHADANO2019」が、
県立秦野戸川公園を会場に初開催される。

秦野 山旅/神奈川イベンチ情報レアリア
  
  
20190811kanagawayamanohi
  
    

| | コメント (0)

残暑お見舞い申し上げます♪

★残暑お見舞い申し上げます♪

晴れ♪

暑いっ。




残暑お見舞い申し上げます♪

立秋とは名ばかり…。
まだまだ暑い日が続いて、身体が悲鳴をあげてます。

2019_20190807214301

 

  

| | コメント (0)

2019/08/07

CAR and DRIVER9月号♪

★CAR and DRIVER9月号♪

晴れ♪

ずっと暑い…。

東京都心は2日連続の猛暑日…。
ウチのエリアも限りなく猛暑日に近い暑さ…。
  
  

CAR and DRIVER9月号♪

特集。
マツダ3、ホンダN-WGN。

ワンダフルSUVワールド。
マツダCX-30、三菱エクリプスクロスなど。

復刻版カタログ。
1969年ホンダN360。
1993年スバル・インプレッサWRX(初代)。




CAR and DRIVER

 
201909cd


 

  

| | コメント (0)

2019/08/06

相武台下駅♪

★相武台下駅♪

晴れ♪

最悪の暑さ…。

そして。
台風8号、9号に次いで、10号まで発生。
10号は関東直撃コースか…。

 
近所を走ると、「座間ひまわりまつり会場→」の看板があちこち…。
ポスターには「55万本のひまわりまつり」、8月10日~14日とある…。

生育が遅いとの声があちこちから。
とりあえず、会場に行ってみた…。

愕然…。
まだ背が低いし、花は咲いてない…。
種まきしたけど梅雨が続いて、生育不足なのか…。
あと4日間、大丈夫なのかな…。
 
座間ひまわりまつりポスター…♪ 2019.07.02
 


気を取り直して…。
夏の相武台下駅が好き♪

銀杏の木は昔のまんま。

Img_1128

下り橋本行きが到着。

Img_1116


上り茅ヶ崎行きと交換。

Img_1121

   

Img_1126


西側へ移動。
大山、丹沢の山々がくっきり。

Img_1169

 
下り橋本行きが。

Img_1152


茅ヶ崎行きと交換。
照りつける日差し、電車のブラインド、ほとんど閉まってる…。

Img_1158


橋本行きが出発。

Img_1164

 

大山。

Img_1131


とにかく暑いっ…。
入道雲。

Img_1133

 
夏~♪

Img_1135


ひまわり♪

Img_1136

   

Img_1140

 

Img_1145

  

Img_1146

  

Img_1172


相武台下駅 wikipedia

相模線 wikipedia

GO!GO!相模線/相模線複線化等促進期成同盟会

 


関連記事

またまた、相模線♪ 2019.04.06

相模線&小田急線♪ 2019.04.03
  
相模線♪ 2019.03.27

相武台下駅♪ 2019.01.23

座間入谷のX’masツリー♪ 2018.12.25

相模線&常福寺♪ 2018.11.21

天照皇大神宮♪ 2018.11.07

相模線入谷駅♪ 2018.08.20

小田急線&相模線♪ 2018.06.01

またまた相模線♪ 2018.05.10

相模線♪ 2018.05.09

相模線&桜♪ 2018.03.31

相模線♪ 2017.01.07

入谷駅&クルマ♪ 2016.09.09

座間のひまわり♪ 2016.08.13

相模線つづき…♪ 2016.08.06

相武台下駅♪ 2016.08.04

相模線…♪ 2015.03.08

プチ旅行…♪ 2013.06.04

相模線…冬…♪ 2013.01.09

電車三昧♪ 2012.10.05

木曜日… 2012.10.04

相模線、夏~♪ 2012.08.05

相模線入谷駅♪ 2012.05.12

相模線♪ 2011.11.13

相模線に乗った♪ 2011.11.09

海老名かかしまつり♪ 2011.09.17

JR相模線入谷駅&讃岐うどん飯野山♪ 2011.08.07

真夏~♪ 2011.07.10

寒川神社に初詣♪ 2010.01.03

相模線&座間のひまわり♪ 2009.08.15

原当麻 2009.03.14

寒川神社に初詣♪ 2009.01.03

JR相模線散策♪ 2008.02.17

相模線 2006.01.28

 

 

| | コメント (0)

2019/08/03

夏~♪

★夏~♪

晴れ♪

今日も暑かった…。
気温は変わらないのに、昨日あたりよりもぐっと和らいだ感じ。

 

今夜は厚木の鮎まつり。
花火大会で人、人、人…。

ベイキャン(在日米陸軍キャンプ座間)では恒例の盆踊り大会が行われ、
花火大会も盛大に♪

そして、クルマで走っていたら、あちこちで盆踊り。
栗原中学近くの公園や東建座間ハイツなど、今週から来週にかけてがピークか。


あつぎ鮎まつり。

Img_1065r



キャンプ座間盆踊り大会。

201908campzamabonodorihanabi2019




 

二男のリクエストで鰻を。

このエリアでは最もコスパのいい”うそつきや”へ。
コスパというと語弊があるかも…。
リーズナブルなメニューが揃っていて、その上、名店にありがちな行列で”待つ”
という儀式がなくて、さらには鰻を美味しく食べさせるので、気に入っている。

土用の丑の日前後は「うなぎ限定の営業」をしているほど。
そう、元は鰻専門の店だったので、美味しいのは保証ずみ。

常連さんに聞くと、ハンバーグ、豚しょうが焼きなどの定食もかなり人気なんだとか。
近くにボクシングの井上兄弟の家があり、店内にはサインやポスターが華々しい。

近所で盆踊りが行われているからか、今夜はすいてた…。


コンクリートの打ちっ放しの外観もいい。         2014年7月撮影。

Img_1625

  
数年前、うなぎ高騰の年に値上げしたのだが、それでも、充分にリーズナブル。
ママは財布に優しく比較的軽めの”楢(なら)”、二男は重い”欅(けやき)”。

僕は普通の”楡(にれ)”なのだが、これも財布に優しいのだ。
そして、納得の美味しさ♪

Dsc_0020


うそつきや(座間)/食べログ




追記(2019年8月31日)
今夜の『人生最高レストラン』(TBSテレビ)。
最強ボクサー井上尚弥、9kg減量後の究極メシ。

プロデビュー以来、18戦無敗!!
日本ボクシング史上最強の男!!

『全ての食事はリングに通ず』。

■試合に向けての辛い減量を経て、前日計量をパスした直後、井上選手が
必ず口にするものがある。
「SSZ(真吾スペシャル雑炊)」。

1カ月半におよぶ減量の後に初めて口にする1食目は、最も体に吸収され、
試合当日リングに上がるコンディションを左右するもの。
そこで、トレーナーも務める父・真吾さんが息子のために考え抜いたスペシャル
メニュー。
 

■試合前日の計量後に「父が作るスペシャル雑炊」をまず口にした後、井上選手は
その日さらに2回食事をする。
ゆっくりと時間をかけて食事し、1日24時間かけて体重を約5kg戻すという。

2食目を食べるのは、所属する大橋ボクシングジムと同じビルにある「金谷」
(神奈川区鶴屋町)。
エネルギーとなる炭水化物メインで、「うなぎの蒲焼」、「餅米入りのおかゆ」、
「うどん」、「サムゲタン」、「雑炊」。
ここでは、休みながらもう食べられないというまで体の中にエネルギーを蓄える。
どのくらい食べられたかで、自分のコンディションがわかるという。


■そして夜、計量後の3食目を家族と一緒に食べる。
よく行くのは、昔から通っている焼き肉店「永楽園」(綾瀬市大上)。
無類の肉好きだという井上選手は、ストレスを溜めないよう好きな肉を
少量だけ口にして、エネルギー源となる炭水化物がメイン。
「ビビンパ」「トリクッパ」を食べ、翌日の試合に備える。

■試合当日、会場に行く前に昼食で必ず立ち寄るお店がある。
近所にある「そば処 松右ェ門」(海老名市柏ヶ谷)。
ここで夜の一戦を控えた井上選手は、昼12時に“試合前最後の食事”として
「親子丼」と「そば」を食べる。
時季により蕎麦粉を変える手打ち蕎麦。
唯一食べられない玉ねぎ抜き、鶏肉多めの「親子丼」。
味はもちろん、雰囲気を含め一番落ち着く馴染みのお店で“試合前最後の食事”を
食べ終わると、いよいよスイッチが入って、戦闘モードに入るという。

■「人生最高」
井上尚弥選手の“人生最高の一品”は、試合翌日に食べる「カップヌードル」。

その発表の瞬間、徳井さんはじめ出演者だけでなく、スタジオ収録現場の全員が
衝撃を受けてノックアウトされた。
『食事はトレーニング』と語っていた井上選手だが、この超意外な一品「カップ
ヌードル」は、そもそも普段は絶対に食べないもの。
それを唯一自らに許しているのが、試合が終わった後だけ。
1カ月半に及ぶ辛く苦しい減量を経て、全てを賭けた一戦に挑む井上選手。
戦いが終わっても、しばらくはアドレナリンが出て夜眠れないことも多いという。

そんな試合翌日の朝、井上選手は同じくプロボクサーとして活躍し、同日に試合
することの多い弟・井上拓真選手(現・WBC世界バンタム級暫定チャンピオン)、
そして従兄弟の井上浩樹選手(現・日本スーパーライト級チャンピオン)と3人で
コンビニに集合。
購入した「カップヌードル」をコンビニ前で3人一緒に食べるという。
同じプロボクサーとして、減量の苦しみ、全てを賭けて挑んだ一戦、そして勝利の
喜びを仲良し3人で分かち合いながら「カップヌードル」を食べるのは、何物にも
代えがたい至福の瞬間。
普段、食事を含めて厳しいトレーニングを続ける井上選手にとって、それは普通の
若者になれる“自分への特別なご褒美”だった。

■ゲストがこっそり教える名店
モンスター絶賛! 栄養満点の最強グルメ。

井上尚弥選手が”っそり教える“とっておきの美味しい一品”は、地元・座間市
にある「うそつきや」(座間市栗原中央3)の「うな重」。
ハードな練習前の昼食として栄養をつける、モンスター絶賛の最強グルメ。

 

人生最高レストラン/TBS

人生最高レストラン、井上尚弥選手/TBS



座間市、海老名市、綾瀬市と神奈川県央の店が次々と紹介された。
どこも、庶民的な店で、一度は入ったことのある店ばかり。
特に、地元の”うそつきや”はふらっと入れて、鰻は絶品で、やみつきに。


■関連記事

三島へ♪ 【うなぎ桜屋/三島市】 2017.08.15

うなぎ♪ 【うそつきや/座間市】 2014.08.15

プレ土用の丑の日♪ 【うそつきや/座間市】 2014.07.26

三島♪ 【うなぎ桜家/三島市】 2014.06.20

鰻・うなぎ♪ 【うなぎ 甚太/相模原市】 2011.07.17 

土用の丑の日♪ 2008.07.17

  

 

  


  

| | コメント (0)

2019/08/02

8月♪

★8月♪

晴れ♪

暑いっ…。
猛暑…。

 


相模大野に異変…。

庫内にいたはずのロマンスカーSE車(初代3000形)が中間車とともに
留置線の方にいた…。
そして、庫内の左側にずっといたはずの2600形先頭車がいなくなった…。
どうしたのか…。

2600形が出て…。
残るSE、LSE、HiSE、RSE、モハ1形(モハ10)はいずれも
海老名のロマンスカーミュージアムに展示される車両。

ロマンスカーミュージアム♪

またまた、相模大野♪ 2019.03.13

  


8月♪

7月はずっと梅雨だったので、待望の夏が来た~♪
と言いたいけど、それにしても暑い…。

  


JR東海オリジナルカレンダー♪

紀勢本線・大曽根浦~九鬼駅間をいくキハ25形。
大曽根浦駅を出てすぐの尾鷲湾の海岸か。

20190825


JR東海オリジナルカレンダー/JR東海




ODAKYU VOICE8月号♪

100号記念特集。
『大人の夏休み 江の島・鎌倉』。

ウチにとっては、いつもの江の島・鎌倉エリアが満載。

歳時。
新宿クリエイターズ・フェスタ2019、あつぎ鮎まつり、相模大野もんじぇ祭りなど。

沿線まちあるき。
相模大野駅。
あの丸十大野製パンも掲載されている。



100号記念♪

年間12回の発刊なので、8年余なのか…。

小田急の広報紙(?)。
昔からいろいろ変遷してきた。

収集はじめたのはA5版の「おだきゅう」から。

「おだきゅう」1997年8月号。
一昨日、訪れた第一川音川橋梁…。
風光明媚な四十八瀬川や川音川を縫うようにいく小田急線。
その中でも人気の第一川音川橋梁をいく”5000形”かな…。

199708


一昨日、第一川音川橋梁をいく箱根湯本行き青いロマンスカーMSE・60000形。

Img_1021  


 
「おだきゅう」2005年11月号で№127と書かれている。

200511

  

小田急生活情報誌”CUE!”はA3に近い変形サイズの二つ折り。
同じく2005年11月号でvol.102。

200511cue

 

2008年4月から現行の名称と同じ”ODAKYU VOICE”に
変貌した…。
しかし、表紙のデザインがダサくて…。

当初の”ODAKYU VOICE”は大きな誌面で”CUE!”と同じく
A3の変形サイズ二つ折りだった…。
デザインといい、サイズといい…。
 
2010年2月号。
これは、まだまともなデザインの号。

201002ov



2011年3月、東日本大震災…。
従って、2011年4月号はご覧のような内容…。
   
201104ov

 

震災後…。
新生 ”ODAKYU VOICE”2011年5月号。
サイズは相変わらずA3変形サイズの二つ折り。

”ODAKYU VOICE”100号記念というのは、震災後に発刊された
この2011年5月号が”vol.1”となったから。

201105ov

 
2012年11月号、vol.19。

Img_1114r

   

2013年9月号から現行のA4サイズとなり、ページも大幅に増えた。
そして、裏面には「ODAKYU VOICE Web版、誕生」と記載されていた。

記載通り、小田急公式サイトで”ODAKYU VOIVCE”のバックナンバーは
この2013年9月号から提供されている。

201309ov




「おだきゅう」でも通巻130以上あったような…。
並行発行されていたのか(?)「CUE!」も通巻130ほど。
そして、「ODAKYU VOICE」にリニューアルされて、震災前で通巻36。
同じく「ODAKYU VOICE」として、震災後はvol.1から始まり、
今回は100号記念ということ♪

もっと昔にも冊子があったかもしれない。
全部を通巻すると膨大な数字なのかも…。




■関連記事

ブログ7周年♪ 2012.09.19

GW~♪ 2011.04.28 これが事実上のvol.1なのか…

火曜日… 2011.04.05 震災直後、ODAKYU VOICEもこのように…

CUE!からODAKYU VOICEへ♪ 2008.04.11

小田急CUE! 2006.06.01



ODAKYU VOICE/小田急

201908_ov


 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »