« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020/07/30

CAR and DRIVER9月号♪

★CAR and DRIVER9月号♪

どんより…、時々、晴れ。

涼しいけど、蒸す…。



長い梅雨…。
28日の九州南部の梅雨明けに続き、今日は九州北部、四国、中国が梅雨明け…。
関東も週末からの予報は”晴れマーク”が並んでいる、いよいよか…。

昨日あたりからセミが鳴きはじめた。
今日はうるさいくらい…。

 
   

相模大野…。

解体線のまわりは何事もなかったように穏やかな表情に戻っていた。




CAR and DRIVER9月号♪

最新SUV特集。

新型日産アリア世界デビュー。
日本では来年中ごろか。
1モーター/FFと2モーター/4WDの2シリーズ構成。

新型トヨタ・ハリアー(4代目)大人気。

新型VW・T-Rocの実力。

新型トヨタ・カローラ・クロス。
タイでカローラシリーズに設定した新型SUVモデル。
カローラでこんなカッコイイSUVはピンと来ない…。
日本発売は未定。

新型アウディQ3、新型アウディQ4、アウディQ5…。

クロスオーバーKカーの新世界。
ダイハツ・タフト、スズキ・ハスラー、三菱ekクロス、スズキ・スペーシア・ギアなど。

レクサスISとライバルたち。

復刻版カタログ。
1962年マツダR360クーペ。
1969年マツダ・ファミリア・ロータリークーペ。


CAR and DRIVER



表紙はトヨタMR2。

202009cd

 

| | コメント (0)

2020/07/28

箱根へ -2♪

★箱根へ -2♪

7月27日(月)。

どんより…。

肌寒く感じたり、蒸し暑く感じたり…。




リ・カーヴ箱根の朝食。
もちろん、朝食も弁当形式。

Img_4573



朝の散歩。
仙石原のすすきヶ原。
「すすきヶ原」は僕が勝手にそう呼んでるだけなのだが…。

ちょっと調べたところ、「すすき原」、「すすき野原」、「すすき高原」、「すすき草原」などと
呼ばれている。
その中でも「すすき草原」が地元でも多く使われているようだ。

夏の「すすき草原」。

Img_4583


仙石原湿原。

Img_4589


雲が低く立ち込める…。

Img_4595





国道1号を箱根湯本、宮ノ下の方から南下してくると、小涌谷を過ぎて芦之湯の
何もない所に「国道1号最高地点 874m」の看板。
ちなみに、箱根峠は標高846m…。

まずは、芦之湯と元箱根の間に位置する元箱根石仏・石塔群。
こちらの精進池のほとりに「石仏群と歴史観」が建っている。

Img_4602

 

Img_4618

 

精進池を。

Img_4604

 

石仏などのレプリカ。

Img_4607

 

Img_4611


箱根の石仏群/箱根全山

芦之湯の顕彰




六道地蔵バス停。

Img_4615


国道1号。

Img_4616


国道1号の下には狭い歩道。

Img_4627


国道1号の下にはトンネルが。

Img_4628



トンネルを抜けると六道地蔵が建っている。

箱根の石仏群群は、今から約700年前の鎌倉時代後期に造られ、国の史跡と重要
文化財に指定されている。
鎌倉時代には京と鎌倉を結ぶ重要な交通路(鎌倉古道・現在の国道1号)であり、
当時、この地は火山活動の残る荒涼とした地形で「地獄道」と呼ばれ旅人に恐れられた。
そのため、石仏・石塔群を造り、旅人の安全を祈願したとの事。


ここ精進池畔沿いの道は鎌倉時代に箱根越えの道として開かれた。
現在、「湯坂道」と呼ばれるこの道は湯本から浅間山、鷹巣山などの尾根を経て、
ここ精進池畔を通り、箱根権現(現、箱根神社)へ下るルートで、元々は箱根権現
を信仰した源頼朝が伊豆の走湯山や三島大社と共に参詣する二所詣(あるいは
三所詣)を行う際に参詣道として利用したもの。
以後、二所詣は歴代将軍らに引き継がれ、この道も整備されていった。

これにより、人々の箱根越えの道は、それまでの箱根山の北側、足柄峠を越える
ルート・矢倉沢往還から次第にこの湯坂道が使われるようになった。
しかし、なんといっても険しい山道、しかも道中最も高地にあるこの精進池周辺は
時に霧が立ち込め、荒涼とした風景が広がっていた。

この頃、箱根を越えた都の歌人・飛鳥井雅有は紀行文「春の深山路」(弘安3年・
1280年)で、この付近のことを「此山には地獄とかやもありて、死人常に人に行あひ
て…」と記している。
旅人にとって、ここは「この世の果て」、地獄だったのだ。
この地に数多くの石仏や石塔が造られたのは、そんな思いが背景にあったと思われる。

矢倉沢往還 wikipedia


Photo_20200730091701
※wikipediaより




六道地蔵堂。
石仏・石塔群のシンボル的存在。
上二子山の麓に位置しており、鎌倉時代に彫られた巨大な磨崖仏が座っている。
平成になって発掘されたもので、覆屋は室町時代のものと想定されており、復元された。

Img_4620

 

Img_4624



六道地蔵。
地蔵菩薩坐像。

Img_4631


応長地蔵。
応長元年(1311年)と刻まれている。

Img_4634

 


多田満仲(源満仲)は平安時代中期の武将。
源氏の元祖で清和源氏発展の礎をつくったことで知られる武将。

日本人のほとんどの家系は清和源氏を祖先としているが、そのような立場の武将。
子孫の源頼朝は武門の棟梁として鎌倉幕府を開き、武家政権を実現した。

多田満仲の墓とされているが、永仁4年(1296年)建立であり、墓というよりは
供養塔かと思われる。
また、4年後、鎌倉極楽寺の開山・良観上人(忍性)が開眼供養の導師をつとめたとの
追刻があるとか。


それにしても。
このような国の重要文化財が無造作に置かれている。
そこを一般人が”鑑賞”する光景…。
700年前の空気を感じたい…。


宝篋印塔(ほうきょういんとう)。
「多田満仲の墓」と呼ばれている。

Img_4638



マップを見ると。
下二子山、上二子山の記載があり、六道地蔵は上二子山の麓に位置する。
これらの山は我が家のある座間市や湘南、西湘からもはっきり見える山で、身近に
感じる。







クルマは函嶺洞門付近のパーキングに。

国道1号を歩き、塔ノ沢駅へ。

Img_4647



Img_4649



駅に貼ってあったポスター。
9ヶ月ぶりの運転再開…。

Img_4652



塔ノ沢駅。
箱根湯本行き、3000形。

Img_4657



強羅行き、1000形「ベルニナ号」。

Img_4664



ここ2、3年、箱根登山電車に乗車することが多いのだが、いつもラッシュのような
込み具合だった…。
ところが、今日はガラガラ…。
ま、4連休も終わり、月曜日だということもあるのか…。

箱根という人気集中のエリア。
ところが、どこへ行っても適正な人数しかいない…。
どこへ行っても外国人観光客がほとんどいないというのも新鮮な驚き…。
いつもなら日本語なんか聞こえてこないのに、今日は小声の日本語だけが聞こえて
きて嬉しくなった。


車内。
1つのボックスに1人か2人座っていて、”密”はなかった…。

Img_4666



早川橋梁(出山鉄橋)から塔ノ澤橋を。

Img_4671



出山鉄橋。

Img_4672

 

Img_4814


出山信号所でスイッチバック。

Img_4678


さっき渡った出山鉄橋を。

Img_4676


箱根湯本行きと交換…。

Img_4683



大平台駅でもスイッチバック。

Img_4685



3回目のスイッチバック。
上大平台信号所。

Img_2180_20200802105401
 



仙人台信号所。
こちらは交換のためだけの信号所。

Img_4691

 

Img_4692


昨年の台風19号(令和元年東日本台風)の爪痕…。
宮ノ下~小涌谷駅間の蛇骨陸橋の土砂崩れ現場…。
まだまだ工事は続いている。

Img_4695

 

Img_4697


小涌谷駅にて。
箱根湯本行き、2000形。

Img_4703


交換。

Img_4705

 

Img_4709



函嶺白百合学園小学校の児童一同からのメッセージ。

Img_4710



箱根駅伝の名物「小涌谷踏切」。
昨年の台風19号の時、箱根からの中継でいちばん驚いたのは国道1号が濁流のよう
になって踏切を含めて流れていく様子だった…。

Img_4712

 

やはり、この区間やこの先の蛇骨陸橋の被害が甚大だったのだが…。
見事に工事完成。

Img_4716

 

箱根登山バス・小涌谷駅バス停はエヴァンゲリオンだった。

Img_4717


小涌谷駅にて強羅行き3000形と箱根湯本行き1000形の交換。
あれ、先程乗った1001F編成が強羅駅折り返して来た。

Img_4725


車窓のあじさい…♪

Img_4726



蛇骨陸橋の工事現場…。

Img_4730


宮ノ下駅で下車。

Img_4742


”NARAYA CAFE”を見下ろす。

Img_4739r

 

Img_4748


宮ノ下は歩くのがいい。

Img_4752



リニューアルオープンしたばかりの富士屋ホテルに。

Img_4759



Img_4755


富士屋ホテルのビーフカレーを♪

Img_4757



渡辺ベーカリーへ。
右の井戸らしきものは熱い温泉が出ている。

Img_4767


パンをあれこれ。

Img_4772


宮ノ下駅へ。

Img_4774


”NARAYA CAFE”の足湯カフェ。

Img_4783

 

Img_4784


足湯。

Img_4777

NARAYA CAFE

NARAYA CAFE(宮ノ下)/食べログ



ウチはテラス席へ。

Img_4778

 

宮ノ下駅。

Img_4785


箱根湯本行き、1000形。
ん、またもや、先程の1001F編成が箱根湯本駅折り返し、さらに、強羅駅折り返し
で3回も同じ車両になるとは…。

Img_4790r


強羅行き、2000形と交換。

Img_4794




次の大平台駅にて、強羅行き、モハ109号車+モハ108号車がやってきた。

1998年に箱根登山鉄道としての創立70周年を記念してモハ108号車とモハ109号
車は縁色1色に変更され、2~3年後に元に戻された。
2019年4月には、箱根登山鉄道の箱根湯本~強羅駅間開業100周年を記念し、
再びモハ109号車が緑色に変更された。
なお、モハ2形はこの2両のみとなった。

Img_4801




出山信号所。

Img_4811


 

あれっ。
パーキングに駐車した時に隣のクルマのご夫婦が同じ電車に。
そして、どんぴしゃ塔ノ沢駅で下車。
ここで下車する人はほとんどいない…。

ウチもいつもなら塔ノ沢駅で下車するのだが、今日は湯本まで行って、お土産などを
探しながらパーキングに戻ることに…。




で…。
失敗作も…。

塔ノ沢駅にて。
モハ1形最後の2両、モハ104号車+モハ106号車。
106号車は箱根湯本~強羅駅間開業100周年記念として昨年6月から青塗装で運行している。
尚、モハ1形の103号車+107号車は昨年7月にラストランを行い、107号車は鈴廣
かまぼこの「えれんなごっそ CAFE107」として活躍している。

Img_4815



箱根湯本駅到着。

Img_4821



階段もエヴァンゲリオン。

Img_4822


テレビでは閑散とした箱根湯本が映しだされていたが、今日はほとんど営業していて、
人出もそこそこだった。

Img_4823


大好きな湯もちの「ちもと」。

Img_4825


お土産は「菜の花」で。

Img_4827



しかし。
それにしても、梅雨を恨めしく思った…。
予想では、もう夏本番だろうと思いながら予約したのに…。

箱根は県民の独占状態になったのは凄いことだが、県を跨いで行き来ができるように
なったら、どんなことになるのだろう…。
それが恐い…。

また、”GO TO トラベル”が急遽始まったのだが、ウチの場合はホテル料金がバックされることに。
でも、まだ送付先住所は不確定らしく、8月14日以降に申請書を送付することになるのだとか。




関連記事

西湘♪ 2019.11.02

箱根♪ 2018.11.14

西湘&箱根♪ 2018.08.13

箱根のあじさい♪ 2018.06.26

秋の箱根♪ 2017.11.17  

箱根へ…♪ 2017.10.20

箱根宮城野の桜♪ 2017.04.14

箱根-2♪ 2016.08.16

箱根-1♪ 2016.08.15

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

箱根♪ 2015.08.10

箱根♪ 2015.05.23

箱根ポーラ美術館♪ 2013.09.14

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-2  2013.11.30

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-1  2013.11.29

秋の箱根へ♪ 2012.11.10

箱根宮ノ下~箱根湯本♪-2 2012.07.07

箱根仙石原♪-1 2012.07.07

いざ箱根3♪- 帰りに寄り道 2011.10.09

いざ箱根2♪-箱根仙石原 2011.10.09

いざ箱根1♪-足柄道アプローチ 2011.10.08 

箱根2-強羅~宮下♪ 2010.12.06

箱根-仙石原♪ 2010.12.05

Pc041881


箱根の紅葉-2♪ 2008.11.08

箱根の紅葉-1♪ 2008.11.08

 

 

 

| | コメント (0)

箱根へ - 1♪

★箱根へ - 1♪

7月26日(日)。
4連休最終日。

梅雨の末期症状か、超どんより…、そして、雨…。

肌寒い…、時々、蒸し暑い…。



夏休みといえば…。
北海道、信州あちこち、上高地、尾瀬などなど…。
長男は毎年お盆休みに帰省してくるので、お盆にどこかへ行こうとすると、
とんでもない狭き門…。
そんな長男、今年はコロナ禍ということで、帰省なし…。


今年の夏休み旅行…。
コロナ、コロナでそれどころじゃない…。

近場で、出来れば県内で…。
とういことで、箱根へ…。

そういえば、箱根で泊まったことってないかも…。
自宅からクルマで1時間ほどじゃ、泊まろうとは思わなかった。



雲の多い中、小田厚を西へ。
ほとんど県内ナンバーだが、品川、世田谷、足立ナンバーなどがちらほら…。
富士山や明神ヶ岳がきれいに見えた。

自宅から1時間…。
箱根湯本駅には白いロマンスカーVSE・50000形。

Img_4474



早めに大涌谷へと。
姥子駅前の駐車場にクルマをとめて。

Img_4475


初代と2代目の箱根ロープウェイを。

Img_4476



箱根の駅などにはこのポスターが貼ってあった。

Img_4499


箱根ロープウェイ

箱根登山電車

箱根ナビ

箱根♪ 2020.07.15



ロープウェイのチケットはエヴァンゲリオン♪

Img_20200729_0001




ロープウェイ、定員18名、以前は目一杯の乗客を乗せていたのだが…。
ソーシャルディスタンスと客の数もそこそこなので、3、4名で1台貸切り状態。
せいぜい2家族で1台。
これが、以前のように客が殺到したら、とにかく待たせることになるのかな…。

ゆったり感…。
今までの生活にはなかった感覚…。


大涌谷駅から早雲山駅へ向かうロープウェイを。

Img_4485



大涌谷の噴煙はかなりおとなしくなっていた…。

Img_4488


大涌谷園地には新しいシェルターなどが目につくようになった。
整備が進むと、昔のように入れるようになるのだとか。
  
Img_4490



大涌谷延命地蔵尊。

Img_4493


お地蔵様。

Img_4495



自然の脅威に翻弄される箱根…。
特に、大涌谷は噴火警戒レベルが上がると立ち入り禁止…。
昨年のGW後に警戒レベルが上がり、秋には台風19号(令和元年東日本台風)の災
害で箱根登山電車が不通になり、箱根裏街道(国道138号)は土砂災害で年末まで
通行止め…。
その後、大涌谷の警戒レベルは下げられたが…。

再会を楽しみにしていた黒たまご♪

Img_4491



ロープウェイで不穏な雰囲気…。
係員が「運休します。」の声をあげている。
雷雲が接近しているのだとか…。
慌ててロープウェイに乗った。

姥子駅に到着したら出発ゲートの方のシャッターを閉めはじめた。
え、本当に運休するとは…。

そして、窓口の前には「運休のお知らせ」が貼られた。
乗ろうと思ってやって来た人達は茫然と引き返す…。

Img_4502




雷雲の影響か土砂降り…。
不安…。



小田急「山のホテル」へ。

かつて、土佐の岩崎小彌太の別邸。
三菱の創始者である岩崎彌太郎の弟、彌之助の長男。
三菱4代目社長であり、男爵の爵位を有していた。

「山のホテル」といえば、ツツジ、シャクナゲの庭園として名高いが、岩崎小彌太の別邸
が建てられた当時からのもの。


芦ノ湖畔へ。
山のホテルのデザートレストラン「サロン・ド・テ ロザージュ」に。

Img_4516


いつも行列してる印象だったのだが…。
今日はそんな気配なし…。

デザート食べるだけなのに、立派な建物…。

Img_4511


芦ノ湖には海賊船が。

Img_4514


サロン・ド・テ ロザージュ


トロピック。
紅茶は飲んでも飲んでもなくならない…。
最高に贅沢な一時…♪

Img_4506





クルマで1分ほどで箱根神社。

例大祭が8月1日ということで、境内はいつもより賑わいを感じる。

初詣かと思うほど参拝の行列は長い…。
石段の下まで到達している…。
みなさん、コロナ退散を願っているのか…。

1時間はかかるとみて、石段の下でお参り…。

Img_4520



湖畔の「平和の鳥居」へ。
ぎょっ、こちらも前代未聞の行列…。
こちらは写真を撮るための行列のようだ…。
そ、インスタ映えするスポット…。

どこへ行っても4連休最終日とはかけ離れた人数の少なさなのだが、思わぬ所で思わぬ行列…。
日本人って、そして、若者たちって、意外と真面目なんだなと…。

Img_4526



デザートを食べたばかりなのだが、ランチは別…。
芦ノ湖テラスがいいなと…。

Img_4528

芦ノ湖テラス



手前の受付に記名する用紙があるのだが、10数組の行列…。
結構、時間がかかるらしいので、パスした…。
残念…。

Img_4529



道路を挟んで真ん前にある「箱根家」へ。

Img_4534


窓から見える風景。

Img_4539_20200727230301



ママはわかさぎ天おろしそば。

Img_4531


芦ノ湖近くではわかさぎのフライを食べることが多い。
僕はわかさぎフライ定食を。

Img_4532



雨がひどい…。
そんな時は…。
ポーラ美術館へ。

Img_4542

 

Img_4541

 

Img_4567

 

Img_4546

 

Img_4548



招待券をいただいていたので、そのまま入場。
「モネとマティス もうひとつの楽園」。

Img_4563r

 

Img_4549


クロード・モネ。
モネの庭園にて。

Img_4550


アンリ・マティス。

Img_4552


ガラスケースの中にある絵画は写真撮影OK。
ルノワール、「レースの帽子の少女」。

Img_4554


シャガール、「オペラ座の人々」。

Img_4558


ポーラ美術館




カフェ。
カップはモネの絵。

Img_4565



14、15年前か、仙石原のリ・カーヴがお洒落に思えた。
リ・カーヴ箱根。

Img_4601



ホテルの中は閑散としていた。
1フロアに1組だけとのことだが、採算は大丈夫なのかとか、あれこれ気になってしまう。


最近はどこもバイキングなのだが…。
コロナ禍でバイキングはNG…。
小鉢に変更とあった。

ところが、1週間前にホテルから電話があり、小鉢も取りやめ、弁当にするとのこと。
若干、安くなったのはいいが、味気ない…。
コロナは食事の楽しみも奪った…。
みなさん、ほとんど部屋に持ち帰って食事するパターン…。

レストランで食べたのはウチともう1家族だけ…。

Img_4572

 


楽しみは温泉♪
仙石原温泉♪

仙石原温泉と大涌谷からの引湯した温泉の両方を堪能できる。
露天風呂はサイコーだった。

Dsc_003708


リ・カーヴ箱根






関連記事

西湘♪ 2019.11.02

箱根♪ 2018.11.14

西湘&箱根♪ 2018.08.13

箱根のあじさい♪ 2018.06.26

秋の箱根♪ 2017.11.17  

箱根へ…♪ 2017.10.20

箱根宮城野の桜♪ 2017.04.14

箱根-2♪ 2016.08.16

箱根-1♪ 2016.08.15

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

箱根♪ 2015.08.10

箱根♪ 2015.05.23

箱根ポーラ美術館♪ 2013.09.14

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-2  2013.11.30

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-1  2013.11.29

秋の箱根へ♪ 2012.11.10

箱根宮ノ下~箱根湯本♪-2 2012.07.07

箱根仙石原♪-1 2012.07.07

いざ箱根3♪- 帰りに寄り道 2011.10.09

いざ箱根2♪-箱根仙石原 2011.10.09

いざ箱根1♪-足柄道アプローチ 2011.10.08 

箱根2-強羅~宮下♪ 2010.12.06

箱根-仙石原♪ 2010.12.05

Pc041881


箱根の紅葉-2♪ 2008.11.08

箱根の紅葉-1♪ 2008.11.08

 

 




| | コメント (0)

大山の夏~♪

★大山の夏~♪

どんより…。

蒸し暑い…。


梅雨前線は北陸、東北で被害を…。
関東はいよいよ梅雨明けのカウントダウンか…。
8月にはそんな声が聞こえてきそう…。



大山に夏山シーズン到来♪

昨日、標高700mににある大山阿夫利神社下社の登拝門が「全開」され、
大山に夏山シーズンが到来した。

目指すは大山山頂(1,252m)。

門の鍵は約400年前から東京・日本橋小伝馬町の「お花講」が管理。
この日、神主のおはらいの後、白木の扉を開け、講衆らが「散華(さんげ)、
散華、六根清浄(ろっこんしょうじょう)、お山は晴天」と唱えながら山頂へ続く
石段を上った。

毎年60人ほおどの講衆らが参加するのだが、今年はコロナ禍ということで、
規模縮小し講衆11人の参加に…。
マスク着用でお山に。

本来なら東京オリンピック・パラリンピックを記念して、日本橋から約60kmを
2日間かけて歩いて来ることになっていたのだが…。
コロナ禍ということもあり、来年こそはと…。


現在は年間を通じて登山できるが、かつての大山は7月27日~8月17日
の夏山期間以外は登拝門は閉ざされ、山頂へ登拝できなかった。
現在は夏山期間以外は半開きされ、年間を通じて登山できる。
登拝門は半開きとは言わず、「片開き」というのだが…。
 


片開きの登拝門。                         2015年5月撮影

Img_4129


お花講/産業能率大学




関連記事

ブルーベリー狩り♪ 2019.07.27

台風… 2018.07.28

登拝門♪ 2017.07.28

新緑の大山♪ 2016.05.14

新緑の大山♪ 2015.05.30

大山~大山街道~246=道志みちも…♪


| | コメント (0)

2020/07/25

雨…

★雨…

雨…。

肌寒いけど蒸す…。


それにしても、長梅雨…。
もう雨はいらない…。




ウチは2年前にソフトバンクを卒業してUQモバイルに乗り換えた♪

ソフトバンクでは2台で21,000円ほどだったけど、UQモバイルにして
からは最初の1年は2台で5,000円、2年目からは2台で7,000円ちょっと。
2年間で36万円も浮いた計算で、にんまり…♪

ものすごく安くなって、何もデメリットがないので、かなり満足している♪
ずっとAQUOSフォンなので、違和感もないし。

で、ママのスマホが調子わるいので、ノジマで機種変更した。
新しいAQUOSフォンで楽しそうに設定とかしてる…。




二男のバースデー♪
近所のメゾンジブレーへ。

Dsc_004002




3周年♪

Dsc_004003



わくわく♪

Dsc_004004

 

メゾンジブレー
0000000000000000000000000000000000000mai

MAISON GIVREE(メゾンジブレー)(中央林間)/食べログ






| | コメント (0)

2020/07/23

「うそつきや」で鰻♪

★「うそつきや」で鰻♪

雨…。

肌寒いけど、蒸す…。




土用の丑♪
2日ほど過ぎたけど、鰻が食べたい。

「人生最高レストラン」で井上尚弥選手が「うそつきや」の鰻を最強グルメと絶賛した。
そんな井上尚弥選手の実家はすぐそこ。


お気に入りの「うそつきや」へ。

Dsc_0038



美味しくてボリューム満点でメニューが豊富な定食が評判の店。
18日から26日までは「うなぎ」限定の営業。

Dsc_0037_20200723192901



元々は鰻の店だったということで、こんなポスターが。
鰻♪

Dsc_0040_20200723193001



先客のテーブルには既に料理が並べられていてタイミングはグッド。
鰻を焼き上げる時間…、いつも通り15~20分ほどで運ばれてきた。

二男は欅(けやき)を。
僕たちの楡(にれ)の2倍の鰻。

Dsc_003705



僕とママは楡(にれ)。
仕入れに工夫しているようで、値段はリーズナブル。 
これで充分♪

Dsc_003706



うそつきや(相武台前・座間)/食べログ




関連記事

人生最高レストラン、井上尚弥選手♪ 2019.09.02

夏~♪ 【うそつきや/座間市】 2019.08.03

三島へ♪ 【うなぎ桜屋/三島市】 2017.08.15

うなぎ♪ 【うそつきや/座間市】 2014.08.15

プレ土用の丑の日♪ 【うそつきや/座間市】 2014.07.26

三島♪ 【うなぎ桜家/三島市】 2014.06.20

鰻・うなぎ♪ 【うなぎ 甚太/相模原市】 2011.07.17 

土用の丑の日♪ 2008.07.17

  

 

  

| | コメント (0)

2020/07/20

座間散歩日和♪

★座間散歩日和♪

晴れ♪

いきなり暑くなった…。


昨日に続き”晴れ”~♪
奄美地方は最も遅い梅雨明け…。
東京や神奈川も30℃を超える真夏日。



座間市内をあちこち♪

まずは、嘉兵衛坂の下、星の谷街道と栗原縦貫道の分岐点にある4つの石造仏群。
上栗原石造物群。

Img_4443


左から。
六字名号碑(天保4年・1833年建立)、浄土教の流れをくむ時宗の当麻山無量光寺
52代住職 他阿霊隋揮毫の「南無阿弥陀仏」の文字を刻んだもの。
時宗の開祖、一遍上人の名も刻まれている。
他阿は近隣の村々で布教に努めたほか、俳号を南漠と号し、俳人としても有名だった。

道祖神(安政4年・1857年建立)は村の境や交差点の傍らに建立され、悪い神様など
が村に入らないように守る神様で「賽(さい)の神」とも呼ばれる。
碑の正面の「道祖神」は「衟祖神」。 読みはどちらも「どうそじん」。
「衟」を使った塔は全国的にも珍しく、市内でもここだけだとか。

秋葉山供養塔(文政12年・1829年建立)は、火伏(防火)の神様として有名な
静岡県浜松市天竜区の秋葉山への参詣の記念として建てられ道標も兼ねる。
銘文は柱(竿)部分正面に「秋葉□□」、右側面に「兀兀長治國」(こつこつながく 
 くにをおさめる)、左側面に「維持文政十二己丑山二 孟春如意珠□□」、
台座部分の正面に「此方 ほしのや 大山ミチ」、右面に「此方 つるま 江戸道」、
左側に「此方 藤沢 かまくら道」と刻まれ、ここが栗原縦貫道と星の谷道の重要な
分岐点であることがわかる。

出羽三山供養塔(建立年代不明)は出羽国(山形県)の三霊山、修験の行場として
有名な羽黒山、月山、湯殿山に栗原から参詣者があったことを物語る石造物である。
 


左端の六字名号碑。
南無阿弥陀仏、一遍上人の文字が読み取れる。

Img_444802



真ん中の小さな石塔は出羽三山供養塔。

Img_4446



星の谷街道、嘉兵衛坂。
この坂を登り、さらにもうひとつ坂を登る…。
そして、長い下り坂を下ると小田急線相武台前6号踏切。
踏切を渡ると星谷寺。

Dsc_00382




すぐ近くの農家には野菜の無人販売所があった。
キュウリ、トマト、玉ネギ、カボチャ…。
ママはキュウリなどを買った。
今朝の朝穫れだとか。
朝早くに来ればもっと種類があるのだとか。

Img_4451


さらに行くと栗原山崇福寺(そうふくじ)。

Img_4452


臨済宗建長寺派。
1526年創建ということで、室町時代の創建。
この神奈川県央エリアには臨済宗のお寺が普通に存在することに改めて感激。


山門を入ると、左側にお地蔵さん。

Img_4455



本堂を。

Img_4457



蓮(ハス)。

Img_4459


桔梗。

Img_4462


ヤマユリ。

Img_4461



トヨタのディーラーで初代カローラを発見。
あるもんだね。

Img_4464



■関連記事 

庚申塔や道祖神、お地蔵さん♪ 2020.05.25


| | コメント (0)

2020/07/19

綾瀬スマートIC&厚木PAスマートIC♪

★綾瀬スマートIC&厚木PAスマートIC♪

7月は雨がつづいている…。

天気予報では雨だったはずが、急遽晴れに♪
ホントにピッカピカの晴れ♪

暑い。


梅雨明けが待ち遠しいけど、まだお預けだとか…。
太平洋高気圧が予想外の動きをしてくれないかなと密かに期待しているのだが…。




昼過ぎ、国道135号米神で乗用車同士の事故…。
場所は浜屋の前あたり…。

女性3人が病院に搬送され、1人が死亡、2人が軽傷…。
もちろん、国道は通行止め…。
これは、かなりきつい…。



いつもの江之浦のパン屋さん「麦踏」のfbでも、事故渋滞のことに触れられていた。

『石橋で事故のようですね。
車も進まないとのことなので

もし小田原方面から
ご来店予定のお客様がいましたら

お取り置き、夕方のお渡しが
よいかと思いますので、
お気軽にご利用ください。

湯河原方面からでしたら、
今のところ旧道は空いています。』





新宿駅東西自由通路が開通した。

小田急線や京王線の客にとっては不思議なルールのおかげで”自由通路”として通行
していたけど、今日からは正真正銘の東西自由通路が開通した。
ちょっと遠回りになるけど、東西分断が解消されてよかった。

新宿駅東西自由通路が開通すると…♪ 2020.06.22




東名 横浜町田~海老名間に「綾瀬スマートIC」 

待望の綾瀬スマートインターチェンジの開通時期が明らかになった。
本来なら2018年3月には供用開始の予定であったのだが…。


東名の渋滞ポイント「大和トンネル」の手前で降りられる

東名高速の横浜町田IC~海老名JCT間で、ETC専用となる「綾瀬スマートIC」が
建設中。
これまで仮称だったが、2020年7月14日には正式名称に決定するなど、事業が
着々と進んでいるようだ。
この横浜町田IC~海老名JCT、特に上り線は、国土交通省が発表する「渋滞ワースト
ランキング」で毎年のようにワースト1位となるほどの渋滞ポイントとして知られる。
途中の大和トンネルが原因で、ここを先頭に車列が厚木方面へ十数キロ延びることもしばしば。
またこの区間は下り線も、前出のランキングではワースト5位以内の常連となっている。

綾瀬スマートICは、大和トンネルの海老名寄りにある「綾瀬バス停」付近に建設中で、
横浜町田ICから9.2km、次の厚木ICまでは6.1km、海老名JCTまでは5.0km。

下りた先は4車線道路 どんな方面へ?
綾瀬スマートICは、綾瀬市域を南北に貫く県道42号線に接続している。
県道42号、南は藤沢市の新湘南バイパス藤沢IC付近に通じている。
綾瀬スマートICは綾瀬市だけでなく座間市、大和市、藤沢市北部からの利用を見込んでいる。

横浜町田IC~海老名JCT間の渋滞についても、前出の地域に発着するクルマが
綾瀬スマートICで降りることで、多少緩和されるものと期待されている。

開通は、2021年夏ごろの予定。
本来は2018年3月供用開始予定であったのだが、綾瀬市による用地取得が遅れた
ことにより、3年以上も延期された。
ウチにとっては待望のインター。
横浜町田や厚木からだと、それなりに時間を要するけど、綾瀬からなら至近距離…。



ところで…。
海老名SAは7月22日にEXPASA海老名としてグランドオープン♪

2011年に上りのEXPASA海老名がオープンしてからずっと大盛況♪
ていうか、全国ナンバー1の利用客が押し寄せるのだから、もっと広くしてくれ
ないとオーバーフローしている…。

上りと下りの格差が広がるばかり…。
9年経って、ようやく…下りもEXPASAとしてグランドオープンの運びに。

海老名サービスエリアへ…♪ 2020.05.23



綾瀬スマートインターチェンジ完成予想図…。

00000ayaseic_20200719112601




■関連記事

綾瀬スマートインターチェンジ延期… 2018.02.27

綾瀬スマートインターチェンジ現況…♪ 2017.03.10

綾瀬スマートIC♪ 2013.06.12





圏央道「厚木PAスマートIC」に名称決定、上期に供用へ 

厚木市と中日本高速道路は、圏央道の厚木パーキングエリア(PA、同市山際、関口)
に接続するスマートインターチェンジ(IC)の名称が「厚木PAスマートインターチェンジ」
に決まったと発表した。
同スマートICは、圏央道圏央厚木ICの北側約1・1kmに位置する厚木PAを経て、
相模川右岸沿いの市道に接続する。
本年度上半期の供用開始を目指し、工事が進められている。

こちらは2019年3月に供用開始の予定だったが、構造上の変更を余儀なくされた
ため、延期が告知されていた。
約1年半の遅れとなったが、ま、安全第一…。

ウチにとっては、つくば市のお墓まいりに行く時は圏央道を使うようにしているので、
厚木PAから圏央道にのれるのは嬉しいこと。
秋のお彼岸に間に合えばよいのだが…。


※追記(9月2日)
厚木PAスマートICは9月26日14時開通と発表された。




■関連記事

近所の梅♪ 2019.02.20

厚木PAスマートIC…♪ 2018.09.12

 

   

| | コメント (0)

2020/07/15

箱根♪

★箱根♪

2020年7月。
箱根が元気な姿を取り戻そうとしている。
大涌谷の噴煙や台風などの自然災害からの復興に取り組んできた。
しかしながら、新型コロナウイルス騒動は終息が見えず予断を許さない…。


この1年余、箱根は受難の1年だった…。
2019年GW直後、噴火警戒レベル2に引き上げられ、箱根・大涌谷一帯の
立ち入り規制が半年間におよんだ。
2015年GW最中に噴火警戒レベル2に引き上げられた際はその後レベル3まで
引き上げられ、営業再開は2016年7月下旬と1年以上もの我慢を強いられたこと
も記憶に新しい…。

一方で…。
箱根登山鉄道については2019年10月の台風19号による土砂崩れにより
箱根湯本駅~強羅駅間が不通…。
宮ノ下~小涌谷駅間の蛇骨陸橋の流出など無残な姿が衝撃だった…。
また、箱根裏街道(国道138号)も台風19号による土砂災害により一部区間
で通行止めとなった…。
箱根にとって、どちらも深刻かつ致命的…。

秋の箱根、温泉にいこうと思っていたのだが、断念した…。

箱根裏街道(国道138号)の通行止めは、年末ぎりぎりで通行止め解除された。
箱根登山鉄道については7月23日に箱根湯本~強羅駅間が全線再開の予定。


箱根登山電車・箱根登山ケーブルカー

箱根ナビ/小田急
000000000000000000000000000000000000hako



全国登山鉄道‰(パーミル)会からの応援♪

202007_20200715182801



そんな逆境にあった箱根が甦りつつある。
夏休みの旅行は新型コロナのこともあり、近場の箱根にしようかと考えている。

箱根が元気になることを祈るばかり。





ところで…。

箱根といっても広くて、歳とともに、いや、年とともにか…、好みが変遷してきた。
箱根新道ばかり利用していたかと思えば、ある日からターンパイク一辺倒になったり。
最近は東名・御殿場インターから箱根裏街道(国道138号)を使って仙石原に出たり
することもしばしば。
整備中の南箱道路は昨年の台風19号によって土砂災害に見舞われ、今年春の開通
予定が延期されたが、そちらの開通も大いに期待している。

元箱根に寄らないと箱根に来た気がしないなんて時期も…。
やたらと芦ノ湖スカイラインに魅力を感じていた頃も。
社会人1、2年生の頃、買ったばかりの中古の初代スターレットで強羅の急勾配を下り
ながらブレーキから白煙をあげたり…。
帰路には箱根裏街道(国道138号)を御殿場に抜けるルートに固執したり…。
伊豆へのアクセス、伊豆スカイラインへの経由地としての箱根も重宝した。

最近は仙石原エリアがお気に入り♪
若い頃は見向きもしなかったラリック美術館、ガラスの森美術館、ポーラ美術館
などにご執心。

箱根湯本駅前を散策したりお土産を探すのも楽しい。
箱根はもとより小田原や伊豆の名産品の店が並んでいて、いちばんウキウキする。
さらに進むと土木遺産が次々現れる。
通行はできなくなったけど函嶺洞門や現役の旭橋、千歳橋などが往時を偲ばせる。
また、旧東海道を歩くと、知らなかった世界が見えてくる。

箱根登山電車の魅力にもハマった♪
クルマ一辺倒だった行動から脱却…。
塔ノ沢駅や大平台駅などがお気に入り。

2、3年前、小田急ロマンスカーで箱根に行ったら、これまた、サイコーだった♪
元々、ロマンスカーファンなのだが、ロマンスカーで箱根は初体験だったのだ…。

箱根は自宅から近いので泊まった記憶がほとんどない…。
宿泊もしてみたいと思いつつ…。
箱根の魅力をもっともっと知りたい♪



塔ノ峰中腹のあじさい寺、阿弥陀寺のお地蔵さん。      2018年6月

Img_6382




風祭の”えれんなごっそ CAFE107”。
2019年7月19日にラストランとなった箱根登山鉄道モハ1形103 - 107編成。
107号車は鈴廣かまぼこの里でカフェに生まれ変わった。      2019年11月

Img_2085

 


箱根登山電車 全線運転再開 「ワクワクが、帰ってきた。」










『太川蛭子のローカル鉄道寄り道旅』箱根編、7・22オンエア

昨年10月の台風災害の影響で放送を見合わせていた『太川蛭子のローカル鉄道
寄り道旅 伊勢原~箱根』が、「箱根登山電車」の全線運転再開を記念して、
7月22日(18:25~21:00)にテレビ東京系で放送される。
「箱根登山電車 復活おめでとうSP」~♪

太川陽介&蛭子能収の名コンビが、人気観光地・箱根を舞台に、ルーレットを回し
ながらアポ無し珍道中を繰り広げる。

小田急小田原線から伊豆箱根鉄道大雄山線、箱根登山鉄道の3路線を乗り継いで
行く、全33駅・約60キロの旅。
大山へのハイキング客で賑わう伊勢原駅をスタートし、ゴールの強羅駅を1泊2日で
目指す。

マドンナには久松郁実を迎え、相模湾の新鮮魚介に箱根の秘湯、地元民おすすめの
名物グルメを満喫し楽しい旅になるはずが…果たして無事にゴールへたどり着ける
のか?
 
   
  

関連記事

箱根へ - 2♪ 2020.07.27

箱根へ - 1♪ 2020.07.26

西湘♪ 2019.11.02

箱根♪ 2018.11.14

西湘&箱根♪ 2018.08.13

箱根のあじさい♪ 2018.06.26

秋の箱根♪ 2017.11.17  

箱根へ…♪ 2017.10.20

箱根宮城野の桜♪ 2017.04.14

箱根-2♪ 2016.08.16

箱根-1♪ 2016.08.15

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

箱根♪ 2015.08.10

箱根♪ 2015.05.23

箱根ポーラ美術館♪ 2013.09.14

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-2  2013.11.30

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-1  2013.11.29

秋の箱根へ♪ 2012.11.10

箱根宮ノ下~箱根湯本♪-2 2012.07.07

箱根仙石原♪-1 2012.07.07

いざ箱根3♪- 帰りに寄り道 2011.10.09

いざ箱根2♪-箱根仙石原 2011.10.09

いざ箱根1♪-足柄道アプローチ 2011.10.08 

箱根2-強羅~宮下♪ 2010.12.06

箱根-仙石原♪ 2010.12.05

Pc041881


箱根の紅葉-2♪ 2008.11.08

箱根の紅葉-1♪ 2008.11.08

 

 

| | コメント (0)

2020/07/14

小田急赤い電車~♪

★小田急赤い電車~♪

小田急の『赤い1000形車両』が8月に小田急全線を運転する。

小田急は昨年の台風19号による被害のため箱根湯本~強羅駅間で運転を見合わせ
ていた箱根登山電車の全線での運転再開を記念して、2020年8月1日(土)から
8月31日(月)の間、主に箱根登山線内(小田原~箱根湯本間)で走行する
「赤い1000形車両」を小田急全線で特別に運行する。

新宿側に4両編成の赤い電車、小田原側に6両編成の1000形通勤車両を連結した
10両編成で、小田原線・江ノ島線・多摩線の全線を走行する。

赤い1000形車両の赤色は、箱根登山電車1000形、2000形と同色。
スイス・レーティッシュ鉄道のベルニナ急行に使用されているものを同社と姉妹鉄道提
携を結んでいる箱根登山鉄道が使用しているもので、2009年3月から主に
箱根登山線内に乗り入れる車両として運行中。

赤い1000形車両を都内や江ノ島線、多摩線で定期運行するのは初めて。

1 運 転 日    2020年8月1日(土)~8月31日(月)
 ※ 車両点検等のため走行しない日があります

2 編   成  赤い1000形4両+シルバーの1000形6両による10両1編成


8月「赤い1000形車両」を小田急全線で運転します/小田急

小田急1000形電車 wikipedia



この赤い電車は2009年3月のダイヤ改正から運行開始した。
新松田~箱根湯本駅間で運転している。

その後、1週間もしないで乗れた時は感激したものだ。
新宿で飲んだ帰りに爆睡してしまい、伊勢原まで寝過ごしたら向かいのホームに見た
こともない赤い電車が…。
それも、本厚木行きというラッキーな展開♪
ま、海老名入庫を兼ねた運用だったのだ。

その後はちょくちょくお目にかかっていたのだが、この赤い電車が新宿に現れたら
面白いだろうなって思っていた。

小田急線赤い電車に乗りました♪ 2009.03.19




風祭駅にて。                     2013年9月撮影

P9146639



箱根湯本駅に赤い電車が現れてからというもの、普通の小田急カラーの通勤電車が
消えた…。
それまでは、新宿駅から箱根湯本行きの通勤電車が次々と出ていたのに…。

当時、新宿駅は箱根湯本行きや片瀬江ノ島行きなど、観光地行きの通勤電車が入り乱れていた。
やはり、箱根湯本行きとアナウンスされると、独特の響きがあった。
今は2番線、3番線の「ロマンスカーホーム」では箱根湯本行きのロマンスカーが次々と
出発していくが、ロマンスカーだからこそ許容される行き先なのかもしれない…。






| | コメント (0)

海の近く♪

★海の近く♪

雨…。

肌寒いような蒸すような…。




相模大野。
解体線には小田急1000形1081Fの中間車が2両…。
雨に打たれ、寂しそうに佇んでいた…。

雨… 2020.07.03 


※7月16日追記
解体線には1081Fの中間車と小田原方の先頭車がいた。
残されるサハ2両を除き、6両が解体されたことになる…。




最近、西湘の店で目にするフリーペーパー”海の近く”♪

2016年4月創刊、毎月1日発行で既に40号以上発刊している。
相模湾沿いの葉山から湯河原、箱根を網羅。

B5変形サイズでコンパクト。
けっこう読み応えがあって、内容も興味深い。


海の近く


202007






西湘のフリーペーパーといえば、”media SPICE!”
が好きなのだが…。

昨年の秋から今年の冬にかけての85号に”告知”が掲載された…。
「メディア・スパイス」は不定期発行とさせていただきますと…。
ま、諸般の事情ということらしい…。


で。
次の発行はいつだろう…。

201920winter



media SPICE

000000000000000000000000000000000ms


media SPICE! 全号表紙


  

■関連記事

media SPICE!…♪ 2020.02.16

media SPICE!~♪ 2018.11.15

暑いっ…♪ 2018.08.02

media SPICE! 創刊30周年♪ 2017.11.18

休日♪ 2017.03.05

休日♪ 2016.11.13

media SPICE! 2016.02.07

休日♪ 2015.11.05

台風一過…♪ 2015.05.13

休日♪ 2014.09.27

法事  2014.04.27

media SPICE ! 2013.04.15

日曜日♪ 2012.07.08

media SPICE ! 2012.03.27

 

 

 

| | コメント (0)

2020/07/11

真鶴・江之浦へ♪

★真鶴・江之浦へ♪

ここんとこずっと雨…。
今日はくもり…。

蒸し暑い…。




麦踏のパンを買い出しに…♪


大磯あたりまでは青空が広がっていて、大雨が降るなんて信じられない…。
青空~♪

平塚の高浜台交差点。

Img_4412



西湘バイパスはクルマ少なめ。
早川の合流はスムーズ。

ほとんど県内のナンバー。
品川、世田谷などの東京のナンバーが少々…。
ま、天気はわるいし、コロナも再燃の兆し…。



真鶴でランチ♪

真鶴漁港はどんより…。

Img_4433



お目当ての店の前から漁港脇の遊覧船乗り場を。

Img_4419

 

2016年11月、漁港の2F魚座で食事を終えて出てきたら、向かいに白い店…。
初めて目にした店はお洒落な雰囲気が漂っていた♪
漁港の前の昔ながらのお店が並んでる中に突然お洒落なイタリアンの店。

2018年1月には江之浦測候所へ行く前に立ち寄ったのだが、4連休の貼り紙…。
そして、今年2月中旬にも訪れたのだが、ご近所さんだろうか法事の会食で店内
はぎっしり…。

今回はリベンジ…。

Img_4414



honohono♪

honohonoは、神奈川県の西の端、小さな半島の小さな漁港にあるレストラン。
テーマは「癒し」「自然」「健やか」。
真鶴半島の大切な自然「おはやし」の恵みをたっぷりうけて育った魚。
爽やかな海風とキラキラの太陽が育てた野菜たち。
そして、足柄山をはじめとしたご近所さんのお肉を使ったメニューは、きっとみなさまに
ご満足いただけることと思います。

食材。
魚は浅吉丸、野菜は高橋農園から。

hono は、ハワイ語で「入江」を意味します。
honohono は、「お散歩」。

Img_4413


店内は明るい雰囲気。

Img_4420



アクアリウムの前のテーブルへ。

Img_4423



魚ランチを。
前菜盛り合わせ。

Img_4426


ランチコースとは別に新鮮魚介のブイヤベースをシェアで。
最高に美味しかった♪

Img_4428



魚ランチの真鯛のボワレ、オレガノトマトソース。

Img_4429



ピスタチオアイスを乗せたバナナのクラフティ。

Img_4431


honohono
0000000000000000000000000000000000000img

honohono(真鶴)/食べログ


店内は次々と客が。
見ていると、地元の人が多いようで、顔なじみの様子。
かなり高齢のご夫婦や中高年のご夫婦とかで賑わっていた。

漁港の近くでいつも新鮮な魚を食べることができるだろうけど、いつもの和風の
刺身や焼き魚ではなく、イタリアンで食べることで贅沢な一時を♪



■関連記事

江之浦測候所へ♪ 2018.01.26

真鶴~熱海♪ 2016.11.26




店を出たら、小雨…。
真鶴駅前。

Img_4438



あれっ…。
信号待ちしていたら、右側の店の様子が変った。
福浦屋食堂がピザ屋に変貌…。

数年前にオープンして、そこそこ噂になっていた”真鶴ピザ食堂KENNY”。
真鶴町役場の近くで、ちょっと行きたいと思っていたのだが…。

その店が6月5日に駅前に移転してオープンしたのだとか。


真鶴ピザ食堂KENNY(真鶴)/食べログ

真鶴ピザ食堂KENNY(真鶴)(移転)/食べログ 旧




いつもの県道740号へ。
いつも立ち寄る青山園、今日は閉店…。
恐らく、売り物になる柑橘類がない時期なのだろう…。


そうそう、今日の目的。
麦踏でパンの買い出し。

Img_4439



13時頃だったせいか縁側などでパンとコーヒーを召し上がっている人が多かった。

ひょうたんが増えていた。

Img_4440


ウチは食パンなどをあれこれと予約しておいた。
店内にはまだ多少パンがあった。

Img_4441

 

麦踏

麦踏(根府川)/食べログ






久々の真鶴…♪

最近、真鶴に移住する人がぼちぼち…。
テレワークだとそれもありかも…。
定年退職後は自分の好きなとこに住みたいとか、理由は様々。

ウチも”SUUMO”とかを見ることがある…。
真鶴は物件がそこそこ…。
湯河原はさらに多く、熱海は見るのが苦痛になるくらいたくさんある。

『真鶴』。
この小説は不思議なタッチで真鶴を教えてくれる…。
ちょっとお気に入り。

真鶴/川上弘美/超書評

Img_20200712_0001






■関連記事

江之浦・根府川へ♪ 2020.05.30 (早川駅)

湘南ゴールド&麦踏のパンを買い出し♪ 2020.04.04

おかめ桜と湘南ゴールドと麦踏のパン♪ 2020.03.07

湘南ゴールドと麦踏のパン♪ 2020.02.15

真鶴&江之浦♪ 2020.01.25

西湘♪ 2019.11.02

江之浦&根府川へ♪ 2019.08.24

川音川&だるまの天丼♪ 2019.07.31

根府川駅♪ 2019.04.30

GWの西湘…♪ 2019.04.28

おかめ桜♪ 2019.03.09

湘南ゴールドを♪ 2019.01.26

湯河原へ…♪ 2018.11.09 

江之浦マップ♪ 2018.08.15

西湘&箱根♪ 2018.08.13

根府川おかめ桜♪ 2018.03.17

江之浦測候所へ♪ 2018.01.26

真鶴とか♪ 2017.11.03

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19

GWのお出かけ~♪ 2017.05.03

湘南ゴールドを♪ 2017.03.25

福浦漁港・みなと食堂♪ 2017.03.04

湘南ゴールドを♪ 2017.01.27

真鶴~熱海♪ 2016.11.26

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

熱海♪ 2016.03.12

湘南ゴールドを♪ 2016.02.06

鯵が食べたい♪ 2015.07.25

根府川へ…合流部、驚愕の新事実…♪ 2015.03.28

湘南ゴールドを♪ 2015.02.07

国道135号根府川合流部改良工事完成へ♪ 2015.01.15

真鶴♪ 2014.09.13
 
お花見…根府川・江之浦へ♪ 2014.04.05

真鶴&湯河原♪ 2013.11.03 

湘南ゴールドを♪ 2013.04.27

桜を見ながら江之浦へ♪ 2013.03.23

江之浦~真鶴♪ 2012.05.04

江之浦~根府川のおかめ桜♪ 2012.04.01

江之浦へ♪-2 2012.03.03

江之浦へ♪-1 2012.03.03

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-2 2012.02.18

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-1 2012.02.18

大磯♪ 2011.04.30

豆相人車鉄道の旅…かな♪ 2011.03.05

大好きな大磯♪ - 2 2010.07.17

大好きな大磯♪ - 1 2010.07.17

真鶴♪ - 2 2010.05.03

真鶴♪ - 1 2010.05.03

東海道本線&絶景イタリアン♪ 2008.10.12

小田原漁港♪ 2008.07.06 (早川駅)

OISO・大磯♪ 2008.06.28

湘南ゴールド♪ 2009.03.02

湘南ゴールド♪ 2007.03.18

ハルメキ♪ 2011.03.26 

おかめ桜&ハルメキ~♪ 2012.03.23  

    

  

 

 

 

| | コメント (0)

2020/07/07

ずっと雨…

★ずっと雨…

7月になっても、ずっと雨…。

蒸し暑い…。



近所のスーパーなどではお盆用品が並びはじめた。
神奈川県央エリアや多摩エリアでは7月にお盆を迎えるとこが多い。


0708obon02_20200710161501





七夕…♪
平塚の七夕祭り、今年は中止…。

本来なら”第70回”だったのだが、来年に”第70回”を使用するとか。
戦後すぐに七夕まつりを始めた証しの第70回…。

今年は”エア七夕”開催中…。

湘南ひらつか七夕まつり


00000summertanabatasmall


 


新型5000形導入…。
これが増える度に何かが消える…。

4月には8000形が消え…。
今日は大野の解体線に1000形が佇んでいた…。

雨… 2020.07.03





解体線の隣の車庫にはミュージアム行きが決まっている車両が大切に保管
されている。

そんな「ロマンスカーミュージアム」サイトができた。


ロマンスカーミュージアム/小田急

000000000000000000000000000000000000roma


ロマンスカーミュージアム♪ 







| | コメント (0)

2020/07/03

雨…

★雨…

くもり…、午後から雨…。

蒸し暑い…。

これから雨足が強くなり、明日は午前中いっぱい雨らしい…。
ま、梅雨だから…。



相模大野の解体線…。
ここんとこ平穏な雰囲気だったのだが、突然、防音シートが張られた…。
1000形で廃車が出たと聞いたが、納得せざるを得ない光景に出くわした…。
留置線の1000形は車番に目隠しシールが貼られていたり…、屋根上機器がなく
なっていたりなど不穏な動き…。
さて、どのような展開になるのか…。


※7月6日追記
あれっ、留置線の1081F、先頭車がいなくなった…。


※7月7日追記
解体線に1000形がいた…。

6月30日をもって運用から離脱した小田急1000形1081Fが解体線に入った。
1081Fのクハ1081 - デハ1031が解体線に入った。
7月に入ってから解体線に入るまでの間に、一部の部品は取り外された。
1000形としての廃車は今回が初めてで、サハ2両は残されるとのこと。


1000形がここに現れるなんて、10年早いと思っていたのに…。
慌ててスマホを…。

Dsc_0041_20200707145801

 

Dsc_0042_20200707145901


小田急1000形 Wikipedia





ところで…。
4月中旬…。
昨年夏に踏切事故により休車になっていた8264Fが廃車となり、
解体線を賑わしていたのだが…。
その直後、Wikipediaでは「2019年6月19日に発生した踏切事故のため廃車。」と記述された。
ところが、その後、この記述は削除された…。

そして、再度「2019年6月19日に発生した脱線事故の被害編成」という記述に変更されていた。
それにしても、踏切事故ではなく脱線事故とは…。
首を傾げたくなるような記述の変遷…。

小田急8000形 Wikipedia




ロマンスカーミュージアム展示用の車両が見られる相模大野の車庫。
動きが止まり、平穏な日々…。
モハ1形(モハ10)、LSE・7000形、RSE・20000形、HiSE・10000形。
新たに塗装されたSE・3000形、白く塗られたNSE・3100形。
中間車らしきものも見え隠れするのだが…。

海老名駅に隣接したロマンスカーミュージアムの建物が具体的に見えてきて
、期待を大きくする。



■関連記事

週末…♪ 2020.04.24

相模大野に異変… 2020.04.14

相模大野解体線… 2018.12.03

ロマンスカーミュージアム♪



 

| | コメント (0)

2020/07/01

『残ってる』♪

★『残ってる』♪

朝からずっと雨…。

蒸し暑い…。




『残ってる』。
さっきTVでやってた曲…。

すごくいいなって…♪
ロケ地は代々木八幡エリアかなと思って見ていた。

探してみたら、即、見つかった。
”昔”のあの小田急線代々木八幡駅だ…。

工事中の混沌とした代々木八幡駅…。
山手通りも…。
これでもかってくらいに小田急線の電車が登場。


吉澤嘉代子 『残ってる』 MUSIC VIDEO♪







| | コメント (0)

7月♪

★7月♪

雨…。

蒸し暑い…。

梅雨本番…。




7月♪

大好きな7月♪
夏~♪

でも、長梅雨のときは大半は雨…。
早く梅雨明けしてほしい…。




JR東海オリジナルカレンダー♪

参宮線・池の浦シーサイド(臨)~鳥羽駅間をいくキハ75形、快速「みえ」。

20200775


JR東海オリジナルカレンダー/JR東海






ODAKYU VOICE7月号♪

新型コロナウイルス騒動で4月、5月、6月は休刊…。
ようやく7月号が発刊された。

特集。
『おうち時間のご褒美に お取り寄せスイーツ』。

ハイアットリージェンシー東京のマカロンセレクション、下北沢の「ニューヨーク
カップケーキセット」、成城学園前の成城アルプスの「モカロール」。
こちらでは、玉川学園前のパティスリーパクタージュの「GLACE(グラス)」、
小田原は一夜城ヨロイヅカ・ファームの「タルトフロマージュ」、そして、中央林間
のメゾンジブレー「サマーリース マンゴーパッション」。

沿線まちあるき。
小田原駅。
小田原かまぼこ発祥の店、鱗吉(うろこきち)、あんパンが美味しい柳屋ベーカリー、
「SAKANA CUISINE RYO」(サカナ キュイジーヌ リョウ)も行ってみたい。

インフォメーション。
箱根登山ケーブルカーと箱根ロープウェイの乗換駅である早雲山駅舎が7月9日に
リニューアルオープンし、ショップやテラス、足湯が楽しめる新スポット「cu-mo箱根」
(クーモハコネ)が誕生する。


ODAKYU VOICE/小田急


202007_ov


 

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »