« るるぶFREEロマンスカー箱根・小田原2021冬♪ | トップページ | 腰越~鎌倉♪ »

2020/12/03

アルプス広場…♪

★アルプス広場…♪

どんより…。

寒かった…。




相模大野…。
解体線には連日のように1000形と思われる車両が次々と…。

相模大野…♪ 2020.09.07





アルプス広場…♪

昔、新宿駅にあった山男たちの活気あふれたアルプス広場。
そして、時を経て名前と看板だけのアルプス広場に…。
そして、そして…。


昔、昔…。
入社と同時に会社の山好きサークル「こまくさ会」に入会。
会報「山ぐつのうた」…。

Img_0001_2 



これは入社当時に「山ぐつのうた」に掲載された僕のエッセー…。
ホント、汚い字…。


Img_2 



新宿駅アルプス広場、つい最近まであった…。
だだっ広いだけ。  
広場でもあるけど、通路でもある。
どちらかというと、単なる通路と化している…。
もちろん、「アルプス広場」と書かれた立派な電飾看板があった。
ま、取ってつけたような電飾看板だけのアルプス広場…。
アルプス広場を彷彿させるものは何もなく、電飾看板だけが「昔、ここはアルプス広場
だった。」と教えてくれる。
「アルプス広場」ってことを知らずに歩いている人がほとんどかと思われる…。


急行アルプス、アルプス広場…♪
以前のようにアルプスめざす若者の姿なんてあるわけないし。

はるか昔…。
昭和52年(1977年)。
僕らが社会人になった頃は、ようやく隔週週休2日制になりかけた時代…。
土曜日の夜、そして、金曜日の夜はここアルプス広場は急行アルプスなどに乗る
登山客で溢れかえっていた。
仕事の都合で一緒に行けない先輩や上司などが差し入れ持参で見送りにきてくれて
楽しいひと時…。
22時過ぎの中央本線は新宿駅発の夜行列車が頻繁にあった、夏は臨時もあって華やいでいた。
普通岡谷行きや普通長野行き、急行アルプス南小谷行き、急行アルプス信濃森上行き
によく乗った。
普通列車で行く時は近場の南アルプスとか八ヶ岳方面だった。
115系や12系客車に普通に乗っていたことが夢のよう…。
115系は朝晩の通勤でも嫌というほど乗っていたけどね…。
週末のアルプス広場は薄暗くて多くの若者の熱気でむんむんしていた…。
酒盛りしてる姿も…。

急行アルプスなど列車の入線が近づくと駅員の誘導でホームに上がるのだが、かなり
ごった返す車内…。
普通列車の場合は酔っぱらったサラリーマンも乗り込んできてさらにごった返す…。
いや、サラリーマンの通勤車両に僕らが割り込んだと言ったほうが正しいかも…。
酒盛りの続きや新聞紙を敷いて仮眠する若者…。
八王子駅を過ぎる頃にはサラリーマンはいなくなり、登山姿の若者の世界に…。
毎週末、そんな光景が繰り広げられた…。

昭和50年(1975年)までは中央本線にはキハ58、キハ65、キハ28が急行「アルプ
ス」、急行「こまがね」、急行「かわぐち」などで活躍していて新宿駅を発着していた。
同じく昭和50年(1975年)までは千葉・房総方面行きのキハ58、キハ60が
鹿島神宮行き「水郷」などとして本数は少ないが新宿駅発着として運用されていた。
新宿駅でキハを見られたとは…。



アルプス広場。
当時は薄暗くて多くの若者の熱気でむんむんしていた…。
今じゃアルプス広場と言っても知らない人がほとんどだろう。
電飾看板だけが残った新宿駅アルプス広場。       2011年9月撮影

Sbsh32431


懐かしの中央線

中央線の客車夜行「アルプス57号」 急行「アルプス○○号」が掲載された時刻表

165形アルプス急行

JR新宿駅のアルプス広場

のんびり行こうぜ。 (今の埼京線部分のコンコースに待合せ場所があったと紹介して
             いる)… 車内で撮った写真が懐かしい

ムーンライト信州(急行アルプス) wikipedia




社会人になり30代前半まで青春を過ごした新宿駅アルプス広場。
しかし、改札のむこう「新宿駅西口地下広場」は高校生時代の体験が忘れられない…。

新宿駅を語るうえで避けて通れないのは新宿駅西口地下広場…。
高校時代…。
昭和44年(1969年)。
ノンポリの象徴のような高校だった…。
そんな学校だったが、一応学園紛争は起こった。
首謀者は生徒会。
裏には彼らのお兄さんたちの影。

某大学で暴れていたお兄さんたち。
彼らとの楽しかった思い出といえば、新宿駅西口地下広場でのべ平連主催の
反戦フォーク集会に参加したことだった。
ところが、昭和44年(1969年)6月に発生した反戦フォークゲリラ事件で
機動隊と激突したため、以後集会はなくなった…。
そして、「西口広場」は「西口通路」と名を変え、道路法や道路交通法の適用をうける。
以後、この「通路」は立ち止まることは許されず、数十年後、ホームレスの存在をも否定することに…。
フォーク集会の排除にはじまり、ホームレスの排除へと”排除”の歴史でもある。
サラリーマンとしてこの通路を歩くことが多かったが、いつもそんなことを考えてしまう。

1969年といえば、「新宿の目」が設置されたのも1969年…。
ところが、設置から50年経った2019年に破損されたのだ…。
数ヶ月後に訪れたら、修復されていた。
ほっとした。

座間ひまわりまつりポスター&新宿の目…♪ 2019.07.02
総括… 2015.09.29
渋谷♪ 2019.11.09




■関連記事

上高地に行きたいと考えてたら…♪ 2007.07.16
 
くだもの&山~♪ 2011.09.04
  



2020年7月、新宿駅東西自由通路が開通した。
これに伴い小田急線と京王線の連絡口からJR中央東改札に通り抜ける直通ルートが
使用できなくなった…。 (乗り換えの場合は従来通り可能。)  
とまあ、小田急線住民のたわごと…。

新宿駅東西自由通路が開通すると…♪ 2020.06.22



それ以上に大きな出来事が起きた…。
東西自由通路の工事に伴い、あの「アルプス広場」が消滅した…。
東西自由通路開通に伴い「広場」といえる場所がなくなったのだ…。
名ばかりの「アルプス広場」とはいえ、無くなってしまったのは衝撃…。

そして、アルプス広場にあったトイレ「アルプス化粧室」とその看板が残った…。
当時、アルプス広場に隣接してトイレがあったので、「アルプス化粧室」とされたの
だろうか…。
かろうじて「アルプス」は残った…、そんなとこか…。


そういえば、僕もちょくちょく利用したことがある。
ちょっとキレイで大きなトイレだった…。

広場はなくなったので、アルプス広場の看板は撤去されてしまった…。
しかし、その名はトイレの名前にその記憶をとどめている…。
「アルプス化粧室」…、若い人には意味不明だろうけど…。
昔、この辺りに「アルプス広場」があったという証(あかし)だと思えば…。

202007sinjukuekiarupusu
※Yahoo!ニュースより


「アルプス化粧室」の名前はいつまで語り継がれるのか…。
アルプス広場の主役、団塊の世代がいなくなり、その次の世代もいなくなる頃には…。
そんな思いも…。




 

|

« るるぶFREEロマンスカー箱根・小田原2021冬♪ | トップページ | 腰越~鎌倉♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« るるぶFREEロマンスカー箱根・小田原2021冬♪ | トップページ | 腰越~鎌倉♪ »