« 相模線に新型車両「E131系」投入…♪ | トップページ | 夏至♪ »

2021/06/20

休日…♪

★休日…♪

昨日は一日中、雨…。

今日は晴れ♪

気温が高くて蒸し暑い…。




庭の紫陽花(あじさい)たち。
「墨田の花火」はそろそろ終わりに近づいた花もある…。
普通の紫陽花は今が盛り♪




久々にケンタを♪

現在、「創業記念パック」5ピース1,000円と5ピース+ポテト1,500円が人気。
ウチも5ピース+ポテトセットを♪

ウィングが1個入っていた。
昔だったらチクショーと思うとこだが、数年前からカットの仕方が変更されたようで、
逆にラッキーと思えるほどなのだ。(いや、もう10年くらい経つかも。)

ウィングに文句を言ったり、事前にウィングを拒否する客が結構いたものだが…。
学生時代、ロンドン・シェファードブッシュでケンタのバイトをしていた時、
深夜、ちょっと酔っぱらった黒人に渡した中にウィングが混じっていたら、
笑いながら人種差別と言われたことがあった…。
これって、1度きりのことではなく、1、2ヶ月に1回くらい言われた。
やっぱり、ウィングはみんな嫌いなんだ…。

”秘伝”のスパイスなどは本国アメリカから送られてきたものだったが、鶏肉は
現地産のものが丸ごと冷凍されてきて、それを店でカットする。
確か、9個に分けるのだが、誰がみてもウィングは劣っていた。
ババ抜きのババのような存在だった…。

ところが、現在のウィングはあばら(リブ)や胸(キール)の肉も含めてカット
しているようで、大きくなって食べ応えがある。
その代わり、胸(キール)やあばら(リブ)が昔より小さくなった気がする。

ところで。
部位の呼びかたについて、日本とイギリスで異なることに気がついた。
腰はサイ、手羽はウィング、あばらはリブは共通している。
胸はキールだが、イギリスではブレストだった、脚はドラムだが、イギリスではレッグ
と呼んでいたような記憶。
ロンドンで働いていた店は全員がアラブ系やペルシャ系の外国人だったので、正しい
呼称かどうかは保証の限りではないのだが…。


マックに比べてケンタの利用頻度は少ない。
久々のケンタに満足♪

ケンタッキー♪



そういえば、ケンタを初めて見たのは大阪万博でだった。
1970年夏のことだった。
あれから51年…。

日本ケンタッキー・フライド・チキン

000000

 

 

  



|

« 相模線に新型車両「E131系」投入…♪ | トップページ | 夏至♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相模線に新型車両「E131系」投入…♪ | トップページ | 夏至♪ »