« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »

2024/05/31

初夏のポスター♪

★初夏のポスター♪

昨夜から雨…。
昼頃から晴れ♪

ちょっと肌寒い…。

台風1号…。
関東に近づいてくると思っていたが、温帯低気圧になった…。



初夏のポスターあれこれ♪


大山ケーブル~鶴巻温泉間 バス季節運行。

この期間、神奈中バスは鶴巻温泉駅~大山ケーブル間で運行する。

202405_20240531114401

大山ケーブル~鶴巻温泉バス季節運行/OMOTAN(表丹沢)




水郷潮来(いたこ)あやめまつり。

茨城県潮来市のあやめまつり。

202405_20240531114301


千葉・水郷佐原と茨城県・水郷潮来がごっちゃに。

水郷潮来あやめまつり/茨城県潮来市




開成町あじさいまつり♪


202406


開成町のあじさい

開成のあじさい-3♪ 2009.06.14
開成のあじさい-2♪ 2009.06.14
開成のあじさい-1♪ 2009.06.14




箱根あじさい電車。


202406_20240531114301


箱根あじさい電車






| | コメント (0)

2024/05/27

CAR and DRIVER7月号♪

★CAR and DRIVER7月号♪

どんより、時々、晴れ。

暖かい。

台風1号の行方が気になる…。



CAR and DRIVER 7月号♪

特集。
ホンダの底力。
商品開発に見る企画力
1:新型フリード
2:NEWヴェゼル
3:新型WR-V
4:新型N-BOX
5:新型N-VAN

常識を超える技術力
1:スポーツe:HEV/アコード+シビック
2:シビック・タイプR


【名車復刻版カタログ】
1878年ホンダ・シビックCVCC(SK/SP/SH/SG型)
1985年ホンダ・プレリュード2.0Si(BA1型)

1967年(昭和42年)のN360、1970年(昭和45年)のZ(といってもホンダZ
という昔の軽自動車)と子供だった僕たちを喜ばせてくれた。
1972年(昭和47年)、シビックが鮮烈なデビューを果たした。
大学入学したばかりの夏、シビックのデビューはショックを覚えた。
路駐しているシビックをなめまわすように…。
イエロー、レッド、紺。
どれも夢にまで見た…。
まずは、免許とらないと…。


CAR and DRIVER



表紙はホンダ・シビック。

202407cd




納車♪ 2016.08.27

CAR and DRIVER♪ 2011.05.27







| | コメント (0)

2024/05/26

関西へ…

★関西へ…

晴れ♪

暑かった…。


水曜日に訃報が…。
尼崎に住む母方の叔父が亡くなったと…。
近所を自転車で走っていて気分がわるくなり、急性心不全で…。
享年90歳…。

2月下旬には父方の叔父が亡くなって葬儀のため四国へ駆けつけたばかり。
そういった年齢の叔父、叔母がたくさんいる。


昨日、町田駅の「みどりの窓口」にいったら、案の定、高齢者ばかり31組待ちで
窓口の順番待ちをしていた。
各地の「みどりの窓口」で似たような光景が見られるとか…。
冗談じゃないので、券売機でいつもの「のぞみ1号」を。
帰りは遅めの「のぞみ」で。

その時、東京6:00発の「のぞみ1号」の前に品川6:00発の「のぞみ99号」
の存在を知った。
どちらも博多行き。
新横浜をベースに考えると7分差での運行。
2007年7月よりN700系にて運行されている。
ま、今回は「のぞみ1号」にした。

「のぞみ1号」N700Sが入線。
JR東海の車両だった。

Img_20240526061712600


車内チャイムはUA(ウーア)の「会いにいこう」。
JR東海のTV-CMでこれでもかっていうほど聴いているせいか、分かりやすい♪

新大阪駅で在来線へ。
先日訪れた奈良でも経験したのだが、大阪でもエスカレータの乗り方が関東と違うこと
に改めて驚いた…。
関西では右側にのり、関東では左側にのる…。
一瞬戸惑う…。
右vs左、どこの県が境界線なのか…。
名古屋はどちらだろう…。


JRで大阪駅へ。
新大阪からJRに乗り換えるなんて、30年ぶりかも…。
出張で何十回も来ているが、支店がある本町駅に向かうので御堂筋線一辺倒だった。
そんなJRで大阪駅へ。
ここから阪急の大阪梅田駅へ徒歩で。
そして、阪急神戸本線、特急新開地行きに乗った。

Img_20240526084347509


あっと言う間に「西宮北口駅」へ。
最初、西宮駅の北口かと思った…。
そうしたら、「西宮北口駅」という駅があるのだとか…。
慌てて「西宮北口駅」で検索した…。

同じ阪急今津線には宝塚南口駅という駅もあるから、関西特有なのかと…。
いや、そうでもない。
神奈川県にも横浜シーサイドラインの海の公園南口駅があり、南口駅は多い。
大江戸線には新宿西口駅がある。
帰りに乗った阪神の西宮駅は2001年までは西宮東口駅と称していた駅を統合
したことで西宮東口駅は廃止された。

西宮北口駅。
結構大きな駅。
近くに阪急の車両基地(西宮車庫)があるが、高い塀に囲まれていて一切見えない…。
残念…。

9時過ぎに葬儀会場となるお寺に到着。
まわりは閑静な住宅街で、1億円ごときじゃ買えないようなお家が並んでいた。
ギラギラ照りつけて、真夏到来だった。
黒いネクタイ、黒いスーツ、恨めしかった…。

火葬は時間通りで思ったよりも早くに帰路に。
四国から来ていた叔父や従弟たちはクルマで明石海峡大橋経由で帰るとか。
14時半に出て18時過ぎには西条市の自宅に到着したとのこと、高速の威力を感じる。
僕は阪神西宮駅前で降ろしてもらい、ここから阪神本線で大阪梅田へ。
甲子園の脇を通過するときはわくわく。
久々に大阪メトロ御堂筋線で新大阪へ。
御堂筋線の西中島南方駅の駅名を聞くと大阪に来たなと実感するのは僕だけか…。
新幹線を降りて御堂筋線に乗り換え、最初に耳にする駅だから条件反射的に…。
淀川を渡る大阪メトロ御堂筋線と国道423号(新御堂筋)の鉄道橋と道路橋が一体と
なった新淀川大橋からの景観が好きだ。

新大阪駅で「日本旅行」の看板をだしていたカウンターに並び、夜遅くの「のぞみ」指定
席を15時半ころの列車に変更してもらった。
小腹が空いていたので、サンドウィッチとお茶を買って列車に。
「のぞみ」では爆睡した。
JR西日本の車両で車内チャイムは「いい日旅立ち・西へ」…、久々に聴いた。
早めの帰宅ができた。




| | コメント (0)

2024/05/19

奈良から帰ってきました♪

★奈良から帰ってきました♪

どんより。

暖かいというか、暑い…。


4日間の奈良旅行から昨日帰ってきた。
連日ほぼ晴れて最高の旅行日和だった♪

中学の修学旅行で訪れた飛鳥寺。
昭和43年(1968年)以来なので56年ぶり…。
飛鳥寺の飛鳥大仏はずっと憧れの対象だったが、56年ぶりに再会した。


飛鳥大仏。
昭和43年6月、中学の修学旅行にて。

196806




今回の旅の最大の収穫。
今までクルマからチラッとしか見たことなかった「古墳」をじっくり訪れた。

きっかけは。
泊まったホテルのすぐ近くにあった第9代開化天皇の御陵「念仏寺山古墳」は奈良の
街中にある古墳。
陵(みささぎ)の名は春日率川坂上陵(かすがのいざかわのさかのえのみささぎ)。
開化天皇の在位は紀元前のことである。
陵は前方後円墳で5世紀前半(古墳時代中期)の築造。

ホテルから徒歩1、2分、商店街を歩いていると突然ぽっかりと。

Img_2515



宮内庁書陵部などの事務所といった建物があって人の気配がした。
ニュースで見た皇族の方が拝礼するシーンを思い出した。
拝所。

Img_2518_20240519145601




飛鳥寺に向かう途中に古墳が次々と現れたので、立ち寄ったのが第10代崇神天皇
(すじんてんのう)の御陵「山辺道勾岡上陵(やまのべのみちのまがりのおかのえのみささぎ)」。
「行燈山古墳」(あんどんやまこふん)とも呼ばれる前方後方墳。
崇神天皇は開化天皇の第2子。
どちらも紀元前のこと…。

こちらの拝所はテレビニュースのシーンそのもの。

Img_2491_20240519145601



宮内庁の名で。
こちらにも宮内庁書陵部などの建物があって、人の気配がした。

Img_2493_20240519145601



拝所のむこうには古墳が。
厳粛な気持ちに。

Img_2496



Img_2492002






堺の叔母の家に行ったときも古墳だらけだった。
しかし、言われてみないと古墳とは分からない。
そ、ただの山や池のよう…。





バースデーケーキを♪

まずは「エイビイ」中央林間店で買い物。
最近は滅茶苦茶混むので、わざわざ綾瀬店や海老名店へ出向いていたのだが。
やはり、混み方がパワーアップしていた。
今日は10台ほどのレジが開放されていたが、どれも12、3組のレジ待ち大行列…。
その上、だれもかれもカゴ2、3個に目一杯…。
中央林間のスーパー戦争を制したのか…。

旅行中に僕のバースデー。
てことで、遅ればせながら「MAISON GIVREE」(メゾンジブレー)へ。

久々のメゾンジブレー。

Img_20240519111837726



辰年…。

Img_20240519111536830


あれも、これも。

Img_20240519110542903



いえいえ、今日はこちら。

Img_20240519110630684



午前中ということで空いていたので、ジェラートをいただいた。
やっぱり、美味しかった♪

Img_20240519110935141


MAISON GIVREE

MAISON GIVREE(中央林間)/食べログ


0000000000000000000000000000000ims21





関連記事

バースデーケーキ♪ 2023.11.04

MAISON GIVREE♪ 2022.11.03

ジューンブライド…♪ 2022.06.11

二男のバースデー♪ 2021.07.25

南町田グランベリーパークへ♪ 2020.06.17

雨… 2020.07.25

休日♪ 2019.11.03



| | コメント (0)

2024/05/18

奈良から帰る…♪

★奈良から帰る…♪

晴れ♪

暖かい。



朝の散歩。
ホテルからすぐにある第9代開化天皇の御陵「念仏寺山古墳」へ。
清々しい。

Img_2833_20240524231501



朝早過ぎて、サンマルクしかオープンしていなかった。

Img_2834_20240524231501



チェックアウトする前に近所を散歩。
今回、「ならまち」は歩いてなかったのでまわってみた。
隼神社(はやぶさじんじゃ)と延命地蔵。

Img_2836_20240524231501



墨の「古梅園」本店。
創業は1577年というから室町末期。

Img_2840_20240524231501



路地。

Img_2843_20240524231501



伊勢街道、道祖神。
猿田彦神社(道祖神)とあった。

Img_2846_20240524231501



ならまち。

Img_2848_20240524231601



突き当りは猿沢池。

Img_2850_20240524231601



猿沢池。

Img_2851_20240524231601



池の畔には鹿がいた。

Img_2855_20240524231601



川の畔にお地蔵さんが。
石碑には明和七年とあるので、1770年。

率川(いさがわ)地蔵尊は猿沢池の南側すぐに位置し、猿沢池の西側から暗渠となり
奈良市街地を流れる「率川」に掛かる橋の下に広がる地蔵尊。

「尾花谷地蔵尊」とも呼ばれる地蔵尊。
大量の石仏が所狭しと並べられているが、この石仏たちは元よりここで地蔵尊として
設けられていたものではなく、周囲の河川工事の際に見つかった大量の石仏を一ヶ所
に集める形で「率川地蔵尊」として成立したものであるとされている。
すなわちこの地蔵尊の成立自体は比較的新しいものと思われる。

Img_2857_20240524231601



国道169号を南下し、天理インターから名阪国道(国道25号)へ。
順調に東名阪自動車道、伊勢湾岸自動車道、新東名へ。
岡崎SAでランチを。

Img_2864_20240524231701



伊勢和うどん店。

Img_2861_20240524231601



きつねうどん、おいなりさんを。
かなり被った…。

Img_2863_20240524231701



静岡側から見える富士山。

Img_2867_20240524231701




駿河湾沼津SAでも休憩。

Img_2868_20240524231701



駿河湾、伊豆半島が。

Img_2873_20240524231701




イデボクのソフトクリーム。
これが食べたくて沼津SAへ。

Img_2870_20240524231701



久々の奈良♪
クルマで行くのはキツイなと思っていたのだが…。

四国や広島の80代の叔父たちが現役でしまなみ海道を走っていると知った。
近所の70代後半のHさんが関西の実家まで高速で行き来していた。
クルマの運転のみならず、何事にも慎重派のHさんが…。
そんなことから勇気づけられて走ってみた。

ま、クルマならではの便利さを満喫した。

考えてみたら、この数十年間、子供たち家族との行動はほぼクルマでだった。
奈良に数回来た時もクルマだった。
唐招提寺、薬師寺でさえクルマで乗りつけたので、今回のように電車、徒歩の
記憶がない…。
大枠はクルマで動き、枝葉末節は電車、徒歩で補完するのがベター。
そんなことに気がついた


ところで。
高速通行料金は。
綾瀬スマートIC~亀山IC間、行きは平日だったので8,310円。
帰りは同一区間で土曜日の特割で5,860円と2,500円もお得。
う~ん。





関連記事

夏休み - 奈良1♪ 2011.08.20

夏休み - 奈良2♪ 2011.08.20

夏休み1 - 奈良♪ 2008.08.24

奈良のアルバム 2006.05.06







| | コメント (0)

2024/05/17

奈良へ3♪

★奈良へ3♪

晴れ♪

暑かった。



今朝は珈琲館で朝食を。

Img_2512



朝の散歩。
ホテルのすぐ近く、奈良の街中に古墳がある。
ただの森と池にしか見えないが。
第9代開化天皇の御陵「念仏寺山古墳」は街中の古墳。
陵(みささぎ)の名は春日率川坂上陵(かすがのいざかわのさかのえのみささぎ)。
開化天皇の在位は紀元前のことである。
陵は前方後円墳で5世紀前半(古墳時代中期)の築造。

右側に見えるのは建設中の大型マンション。
JR奈良駅から徒歩5、6分、最高の環境だし高いだろうな…。


ホテルから徒歩1、2分、商店街を歩いていると突然ぽっかりと。

Img_2515_20240522231101



向こうの森は開化天皇の御陵で前方後円墳。

Img_2516_20240522231201



宮内庁書陵部などの事務所といった建物があって人の気配がした。
ニュースで見た皇族の方が拝礼するシーンを思い出した。
拝所。

Img_2518_20240522231201



三条通り。
向こうに見えるのはJR関西本線の高架で左側はJR奈良駅。
背中の方向へ行くと猿沢池に出る。
一方通行で日曜祝日は「ホコ天」だとか。
ホテルの予約をするとき、日曜じゃないことを再確認しながら予約をした。

Img_2522



浄教寺。

Img_2528_20240522231301


浄教寺本堂。

Img_2527



三条通りを楽しみながら歩き、商店街などを覗き込んでいると猿沢池に。

Img_2538



興福寺 南円堂へ。

Img_2539_20240522231301



興福寺 南円堂。

Img_2542



2018年に再建落慶を迎え、創建当時の様式で復元された。
興福寺 中金堂(ちゅうこんどう)。

Img_2547



五重塔工事のため、東金堂と五重塔はこのような姿に…。

Img_2548_20240522231401



ちなみに。
2006年5月はこんな姿だった。

Imgp0173_20240525183201



中金堂の柱。

Img_2550_20240522231401



奈良公園の鹿。

Img_2555_20240522231401




Img_2560_20240522231401



鹿せんべい。
売り子さんには何もしないのに…。
鹿せんべいを買った途端に寄ってきた。
シャツをむしゃむしゃ…、焦った…。

Img_2562



奈良国立博物館では「空海」展。
すごい行列だったので、パスした…。

Img_2567



春日大社へ。

Img_2581_20240523184601



春日大社の「特別参拝」をしたかったのだが。
今日、明日は春日大社と興福寺では「薪御能」(たきぎおのう)が執り行われるため、
特別参拝はできなかった…。  残念…。

Img_2584_20240523184701




Img_2587_20240523184701



南門。

Img_2589_20240523184701


南門を。

Img_2592_20240523184901



若草山を。

Img_2597_20240523184901



南大門。

Img_2600_20240523184901



小中学校などの修学旅行や遠足の子どもたちの数が半端ない。
そういうシーズンだが、数十校が来ているような雰囲気。

Img_2603_20240523184901



インバウンドの人たちも多い。
莫大多い。
欧米系、南アジア系、東南アジア系、中華系、韓国系…。
多いなんてもんじゃなく、ここはどこの国かと…。
半分はインバウンドで、半分は小中学校の修学旅行、遠足の子どもたち…。
そんな大量の観光客が入場券を買い求めるが、受入体制も完璧でスムーズに。

Img_2617



東大寺金堂(大仏殿)。
開山(初代別当)は良弁である。
そ、神奈川県の大山寺の開基でもある。
大仏殿竣工の2年後、大山寺を開基した良弁は相模国の出身といわれている。

Img_2619



大仏。
盧舎那仏(るしゃなぶつ)。

Img_2626




Img_2630



柱くぐり。
修学旅行の小学生たちがくぐっていた。

Img_2636_20240523185101



賓頭盧尊者像(びんずるそんじゃぞう)。
おびんずるさま。
外国人も英語の説明書きを読みながらさすっていた。

Img_2640_20240523185101



法華堂(三月堂)を見上げながら石段をのぼる。

Img_2648_20240523185101



二月堂。
古都に春を呼ぶ「お水取り」の名で知られる修二会は、このお堂で旧暦の2月に行われ
たことから、二月堂という呼び名となった。

Img_2656_20240523185101



大仏殿などが見える。

Img_2658_20240523185101



遠足の子どもたちと。

Img_2661



二月堂を訪れたのは初めてかも。

Img_2669_20240523185201





Img_2670_20240523185201



大仏殿の裏手へ向かう。

Img_2675_20240523185201



南大門金剛力士像。
吽形像。

Img_2681_20240523185201



ぐるっとバス。
大仏殿前駐車場バス停。
100円で乗れる便利なバス。

Img_2684_20240523185301


乗ったときは数人だった。
この後、春日大社のほうでは外国人の方が次々を乗り込んできて、ラッシュ時の状態。
外国人もラッシュアワーの乗り方ができるんだと発見した。
でも、近鉄奈良駅で大半が下車した。
ウチは終点の大和西大寺駅前のひとつ手前、朱雀門ひろば前バス停で下車。
100円とは安い。


平城京跡。
広大…。
向こうには朱雀門(すざくもん)。

Img_2689_20240523185301



ランチ。
平城京の朱雀門ひろばにある「天平うまし館」というカフェレストランで。

Img_2693



朱雀門。

Img_2696_20240523185301



平城京を近鉄奈良線が横切る。
近鉄奈良駅にむかう相互直通運転される阪神1000系かな。

Img_2700



大和西大寺駅にむかう近鉄8000系。

Img_2704_20240523190101



朱雀門北踏切。(大和西大寺~新大宮駅間)
8:00~17:00は開放され、時間外は封鎖される。

Img_2710_20240523190101



朱雀門北踏切を通過する近鉄奈良駅へむかう観光特急「あをによし」、19200系。

Img_2708



朱雀門北踏切を通過する近鉄奈良行き8000系。

Img_2713



朱雀門北踏切を渡り平城京跡北側へ。
振り向くと大和西大寺駅へむかう1230系と朱雀門が。

Img_2718_20240523190101



平城京跡は南北に1kmはあるので、朱雀門から大極殿まで歩くとヘトヘト…。
中間の位置から大極門(南門)を。
大極門の両隣には東楼と西楼が造られるが、現在は東楼が建設中。

Img_2721



大極門。
向こうに見えるのは大極殿。

Img_2727_20240523190201



第一次大極殿。

Img_2733



高御座(たかみくら)。
国家儀式の際に天皇が着座した玉座を高御座(たかみくら)という。

現在も高御座は、京都御所内の紫宸殿に安置されている。
東京遷都後も大正天皇、昭和天皇の即位の大礼は高御座のある京都御所で行わ
れた。
第125代天皇明仁の際は、警備上の問題から、東京の皇居で即位の礼が行われた
が、高御座と御帳台は陸上自衛隊のヘリコプターによって皇居まで運ばれ、大礼終了
後に京都御所の紫宸殿に戻された。
第126代天皇徳仁の際には社会情勢の変化などが考慮され、運搬は民間業者へ
委託され、計8台のトラックによる陸路での運搬となった。
どちらもTVニュースなどで見ることができ、高御座が身近な存在に。

Img_2736


ここ平城京跡のまわりは古墳が点在している。
称徳天皇陵、コナベ古墳、ウワナベ古墳が近くにある。

平城京跡歴史公園




大極殿からすぐ。
奈良交通の佐紀町・大極殿バス停からバスに乗り大和西大寺駅へ。
ここでもスイカやパスモが使えた。

Img_2739



大和西大寺駅。
安倍元首相の銃撃事件現場は跡形もなくきれいにされていた。

大和西大寺駅を見下ろす。

Img_2742_20240523190201



橿原神宮前行きに乗車。

Img_2743_20240523190301



EXPO2025。
大阪・関西万博ラッピングトレイン、9820系がいた。

Img_2744



近鉄橿原線、西ノ京駅。
特急 京都行き、22000系。

Img_2751



西ノ京駅。

Img_2754_20240523190301



唐招提寺へ。

Img_2759_20240523190301



唐招提寺前。

Img_2777



この光景が好き。

Img_2781_20240523190501



唐招提寺 金堂。

Img_2762_20240523190301



エンタシス列柱。

Img_2765_20240523190401



講堂。

Img_2767_20240523190401



校倉造りの宝蔵と経蔵。

Img_2775



金堂、講堂を。

Img_2776_20240523190401



唐招提寺の裏手。
近鉄橿原線、尼ヶ辻第三号踏切。

Img_2779_20240523190401



西ノ京駅の手前。
薬師寺。

Img_2782_20240523190501



懐かしい。
東塔、金堂。

Img_2785_20240523190501



東院堂。
1285年に再建された建物で国宝に指定されている。

Img_2789



中門から金堂を。

Img_2791_20240523190501



二天王像。
二天王像は仁王像とは異なり、重厚な鎧などを身に着けた「武装」した姿が特徴的な
存在となっており、その造立にあたっては中国西安にある仁王像などを参考にしたと
いわれている。

Img_2792_20240523190501



金堂。

Img_2794




東塔。
創建当時から残る唯一の建物で国宝である。
各層に裳階をつけているため六重に見えるが、三重塔である。
平成21年(2009年)から12年かけて全面解体大修理が行われた。

Img_2796_20240523190601



大講堂。

Img_2798_20240523190601



金堂、西塔を。
西塔は昭和56年(1981年)に再建されたものだが、つい最近のことのように
思い出される。

Img_2801_20240523190601



西ノ京駅へ。
近鉄もスイカやパスモが使えるようなので使ってみた。

Img_2812



特急 橿原神宮前行き(吉野連絡)22000系が通過した。

Img_2803



普通 橿原神宮前行き、8000系。

Img_2807



普通 大和西大寺行きに乗車。
近鉄による中吊り広告は「わたしは、奈良派。」。
JR東海も近鉄も長谷寺を扱っている。

Img_2816



西大寺駅で近鉄奈良線に乗り換え。
平城京跡の大極門、大極殿を。

Img_2817_20240523190701



近鉄奈良駅。

Img_2820_20240523190701


近鉄のB1Fや「ひがしむき商店街」などでお土産を。
あれこれ。
特に気になっていた「きざみ奈良漬」も買ってみた。
アチコチの飲食店で出された「きざみ奈良漬」が美味しかった。
普通の奈良漬も好きだが、きざみも気にいった。

ここで、不思議な光景…。
エスカレータにのると、みんな右側へ。
左は空けているので歩いてる人もいる…。
一瞬戸惑いを覚える…。
関東では左側にのり、右側を空けるのに…。
関東と関西の違いってこんなところにも…。


三条通り。
「奈良めし 板焚屋」へ。

Img_2825_20240523190701



Img_2824



今夜も酎ハイでほろ酔い。
おにぎりに乗っているのは「きざみ奈良漬」。

Img_2830



スマホを見てみたら、僕もママも27,000歩を超えていた。
ちょっと歩き過ぎた感じ…。





関連記事

夏休み - 奈良1♪ 2011.08.20

夏休み - 奈良2♪ 2011.08.20

夏休み1 - 奈良♪ 2008.08.24

奈良のアルバム 2006.05.06




~~~  つづく  ~~~






| | コメント (0)

2024/05/16

奈良へ2♪

★奈良へ2♪

晴れ♪

暖かい。



今朝はホテルの朝食を。
「きざみ奈良漬」が美味しかった。

Img_2225



朝の散歩。
ホテルから徒歩2、3分。
JR奈良駅へ。
こちら2代目駅舎は昭和9年(1934年)建造。
高架化工事に伴い平成16年(2004年)に現在地に曳家工法により移動した。
左奥の高架化された駅舎は3代目駅舎。
こちら2代目駅舎は観光案内所とスタバとして使われている。

Img_2232



当駅乗り入れ路線。
関西本線は当駅の所属線であり、「大和路線」の愛称区間に含まれている。
桜井線は当駅を起点としているおり、「万葉まほろば線」の愛称。
線路名称上、当駅に乗り入れている路線は以上の2路線であるが、これらに加えて
関西本線木津駅を起点・終点とする以下の2路線の列車も乗り入れている。
奈良線は木津駅を通る全列車が当駅まで乗り入れる。
片町線は「学研都市線」の愛称があり、早朝・深夜の2往復のみが乗り入れる。

駅利用者は。
1日平均乗車人員は13,000人ほどと公表されているが、コロナの影響下の数字で
あり、2019年以前は18,000人ほど。
近鉄奈良駅の1日平均乗車人員は2019年は33,000人ほど。


駅前にはこのような常夜灯や石碑などが見られる。

Img_2233




今日は国道169号を南下した。
まずは明日香村の飛鳥資料館へ。

石人像。

Img_2257_20240520231401



6世紀末に飛鳥寺の屋根を飾った日本最古の瓦は百済からやってきた瓦専門家の
指導で作られた。
当時の朝鮮半島の瓦とよく似ているとか。

Img_2262_20240520231401



高松塚古墳の壁画(レプリカ)。

Img_2268

飛鳥資料館





飛鳥寺。
第32代崇峻天皇元年(西暦588年)蘇我馬子が発願し、第33代推古天皇4年(西暦
596年)に創建された日本最古の寺。

Img_2273_20240520231401



昭和43年(1968年)6月2日。
中学の修学旅行は横浜駅から修学旅行専用列車「わか草号」で京都駅まで。
急行なみのスピードで主要な急行停車駅に停車した列車だった。
なんと3泊4日で帰りは新幹線「こだま」だった。
我が大綱中学校はマンモス学校で3年生は12クラスあった。
1クラス45人ほどの詰め込みかた。
そんな修学旅行は12台のバスを連ねて飛鳥寺へ。
「一糸乱れぬ」団体行動…、受け入れ側も大変だったと…。

昭和43年(1968年)以来なので56年ぶり…。
飛鳥寺の飛鳥大仏はずっと再会したいと思いつつ…、56年ぶりの再会。


飛鳥大仏。

Img_2276_20240520231501


第33代推古天皇13年(西暦605年)、天皇が聖徳太子や蘇我馬子、各皇子とともに
発願し、同17年(西暦609年)に造られた日本最古の仏像である。

素朴なお顔。
感無量。

Img_2277_20240520231501



実はこのとき、修学旅行の小学生たちが一緒だった。
文京区の小学校からだとか…。
小学校で奈良とは…。
いまどきの遠足や修学旅行は学年単位どころか1クラス単位の行動もせず、少人数の
グループで行動するので、受け入れ側も対応しやすいかも。
この子たちも10数名単位でレンタサイクルで来ていた。
入れ替わりで次の子たちがやって来た。

Img_2282



昭和43年(1968年)に撮った飛鳥大仏。

196806



本堂。

Img_2290_20240520231701



梵鐘。

Img_2295_20240520231701



飛鳥寺の裏手には蘇我入鹿首塚といわれる五輪塔と甘樫丘が。

Img_2298



首塚側から見る飛鳥寺が好きだ。

Img_2301


そういえば。
この辺りは「飛鳥」ナンバー。
なんか、カッコいい。


飛鳥寺略縁起。
飛鳥大仏は推古天皇13年(605年)、天皇が詔して鞍作鳥仏師(くらつくりのとり、
鞍作止利とも)に造らせた日本最古の仏像である。
鞍作鳥仏師は飛鳥時代の渡来系の仏師、技術者であり、中国あるいは朝鮮半島から
の香りがする仏像である。
飛鳥寺の瓦は朝鮮半島からの技術で作られたとあるように、飛鳥大仏も朝鮮半島の
技術なのか。

Img_2303


飛鳥寺



飛鳥寺の近く。
道標には「右スグ 元伊勢」とある。
右側面には明治40年(1907年)とある。
元伊勢とは飛鳥神社(飛鳥坐神社)のことと思われる。

Img_2307



飛鳥北簡易郵便局。

Img_2308_20240520231801



左側は郵便局の窓口らしき光景。

Img_2311



左側では清酒「飛鳥」を売っていた。
元々は酒造メーカーだが、現在は他社に生産委託しているようで、専ら郵便業務に。

Img_2309



街並み。

Img_2319_20240520231901



中学の修学旅行でも訪れた石舞台。
今日は小中学校の修学旅行や遠足などで数校が来ていた。
大型観光バスが10台以上とまっていた。

Img_2330



Img_2332_20240520232001




Img_2335




折角ここまで来たのだから。
国道165号初瀬街道を東進。
長谷寺へ。

参道には「草餅」、「くさ餅」の店が並んでいる。

Img_2350_20240520232001



「焼きくさ餅」。
美味しかった♪

Img_2351_20240520232001



長谷寺「総受付」。

Img_2420_20240520232401



2011年8月以来なので13年ぶり。
仁王門。

Img_2360



仁王門と登廊。

Img_2363



登廊(のぼりろう)。

Img_2380_20240520232201




Img_2367_20240520232201



本堂へ。

Img_2387_20240520232201



本堂内舞台。

Img_2389_20240520232301



本堂の舞台から五重塔を。

Img_2398



額には「大悲閣」と。
慈悲深い本尊様を祀る本堂を表している。

Img_2401





Img_2403



「本尊大観音特別拝観」に。
鎌倉の長谷寺で行われた「十一面観世音菩薩造立1300年」の「御足参り」と同じく
御足に触れてお参りする。
鎌倉のときはコロナ禍の2021年だったため、「手ぬぐい」をいただいてご本尊の御足
にかけてお参りしたが、今回は直に触れることができた。

Img_2408



本堂内に入ると、特別拝観記念の「結縁の五色線(けちえんのごしきせん)」をいただ
いた。
五色は仏の五つの知恵を表しており、これを身に着けることで観音様とご縁が結ばれた
というしるしとなるのだとか。
この腕輪をはめ、薄暗い堂内を観音様の足元へ向かう。

その後、ザックの飾りにしている。

Img_2876_20240522092101



JR東海「いざいざ奈良」は長谷寺が舞台。
2011年にはJR東海による「うまし うるわし 奈良」キャンペーンで長谷寺の
素晴らしさに触発されて訪れた。
鎌倉の長谷寺が大好きで、本家本元の奈良の長谷寺も気になっていた。

Img_2409



本堂の舞台。

Img_2411



門前通りと呼ばれる参道を。

Img_2422_20240520232401



田中屋支店へ。

Img_2424_20240520232401



にゅうめんと柿の葉寿司を。

Img_2425_20240520232501



クルマで5、6分。
ちょっと山の中に入っていった先に駅がある。

近鉄大阪線、長谷寺駅。

Img_2428_20240520232501



長谷寺駅。

Img_2441



昔、学生時代のころ。
大阪から名古屋まで近鉄で移動したことがある。
特急ではなく急行にしたら3時間以上かかった…。
安いけど長かった…。


急行 青山町行き。
青山町駅は三重県伊賀市にある駅。

Img_2430_20240520232501



急行 大阪上本町行き。

Img_2433



後追いで。

Img_2436


長谷寺駅 wikipedia




ここを通ると気になる存在…。
大鳥居の下にある広大な無料駐車場にとめた。

Img_2446



大神神社(おおみわじんじゃ)。
三輪山をご神体とする大和国一之宮。

JR西日本、桜井線(万葉まほろば線)三輪駅近くにある明神踏切。(三輪~巻向駅間)
右側の小屋は三輪駅臨時改札口で、例大祭や初詣のころはこちらが使われるようだ。

Img_2449_20240520232601



明神踏切から三輪駅を。

Img_2450_20240520232601



大神神社二の鳥居。

Img_2454



大きさに圧倒されそう。

Img_2458_20240520232701



大和国一之宮。
大神神社拝殿。

Img_2459_20240520232701



商店街の先には三輪駅。

Img_2465_20240520232701



三輪駅。

Img_2466_20240520232701





Img_2470_20240520232701



普通 奈良行き、227系。

Img_2477



後追いで…。

Img_2479_20240520232801

三輪駅 wikipedia



商店街を。

Img_2485_20240520232801



公道を跨ぐ大鳥居。

Img_2487_20240520232801



国道169号を北上。
第12代景行天皇陵、山辺道上稜(やまのべのみちのえのみささぎ)。
渋谷向山古墳(しぶたにむかいやまこふん)。

Img_2240_20240520231301



景行天皇陵から北へ500mほど。
国道169号沿いには古墳がたくさんある。
第10代崇神天皇(すじんてんのう)の御陵「山辺道勾岡上陵(やまのべのみちのまがりのおかのえのみささぎ)」。
「行燈山古墳」(あんどんやまこふん)とも呼ばれる前方後方墳。
崇神天皇は開化天皇の第2子。
どちらも紀元前のこと…。
開化天皇陵は泊まったホテルの近くにあったのだ。

Img_2491_20240520232801



宮内庁の名で。
こちらにも宮内庁書陵部の建物があって、人の気配がした。

Img_2493_20240520232901



こちらの拝所はニュースで見た皇族の方が拝礼するシーンを思い出した。
拝所。

Img_2494_20240520232901



この森のような場所が前方後円墳。

Img_2496_20240520233001



Img_2492002








国道24号に出て、奈良健康ランドの日帰り温泉に入った。
気持ちよかった。

Img_2504_20240520233001



ホテル近くの三条通り。
夕食は「やまと庵」で。
結構人気があり行列に並んだ。

Img_2505



ママは「飛鳥」を冷酒で。
あの飛鳥寺近くの簡易郵便局の地酒「飛鳥」だ。
僕は酎ハイを。

Img_2507



〆は釜めし。

Img_2511





関連記事

夏休み - 奈良1♪ 2011.08.20

夏休み - 奈良2♪ 2011.08.20

夏休み1 - 奈良♪ 2008.08.24

奈良のアルバム 2006.05.06




~~~  つづく  ~~~




| | コメント (0)

2024/05/15

奈良へ♪

★奈良へ♪

晴れ♪

暖かい。


昨年は6月1日から5日にかけて四国、しまなみ海道、尾道、鞆の浦に行ったが、
5月29日に九州北部、中国、四国、近畿、東海が梅雨入り…。
どうしても、5月と梅雨がリンクしない…。
絶句した…。

そんなことから、今年は早めの旅行を。
クルマで奈良を目指した。

朝8時頃に出発、一般道の通勤渋滞にびっくり…。
綾瀬スマートICから東名に。
厚木IC付近からは富士山がちょこっと見える。

Img_2094



秦野中井IC付近では富士山が大きく見える。

Img_2095



そして、お約束の大井松田IC付近。
矢倉岳と富士山。

Img_2100_20240520184301



御殿場JCTから新東名に。
最高速度規制120kmは初体験かも…。
標識は「120」と表示されていて納得した。

毎度お馴染みの駿河湾沼津SAで休憩。

Img_2103



駿河ベーカリー&カフェでパンとコーヒーの朝食を。
僕は富士宮焼きそばパンにしたら、ビッグサイズで満足。

Img_2106_20240520184401



静岡から見える富士山は雪が少ない…。

Img_2113



東名、新東名、伊勢湾岸自動車道、東名阪自動車道、名阪国道を走り天理東インター
で降りた。
9時に東名にのって、13時半過ぎに到着した。
4時間半かかったが…、自宅からだと5時間…。

名阪国道という名の通り、一般の国道25号なので時速60kmに制限されていたが、
今回はほとんどの区間で70km制限に引き上げられていた…。
高速道路からいきなり国道に変わって、「ここは一般国道、スピード出すな」といった
看板があってもどうしたらいいのか…。
70km制限になったことは、救いの神かも…。
昔は急勾配の本線をノロノロと走るトラックが続出していたのに、最近はそのような
トラックはほぼいないことにも驚いた。


ランチは天理ラーメンを。
「元祖天理らーめん」と呼ばれる「彩華ラーメン」と「天理スタミナラーメン」の2社
がチェーン展開してしのぎを削っている。

昔、学生時代に奈良旅行したとき、昭和47年(1972年)だったか。
そ、52年前のこと…。
中学時代の友人K君は父親が国土地理院のサラリーマンから奈良女の教授に転身
したため、学園前駅近くに新居を建てて転居した。
そんな友人宅に何回か泊まらせてもらった。
52年前だけど、田園調布や成城学園前を彷彿させるようなお洒落な街並みだった。
1970年の大阪万博のときも泊まらせてもらった。
横浜から奈良へ移住して関西とは縁もゆかりもないのに、すっかり馴染んでいたK君
に驚いたものだ。
そして、連れてこられたのが「山の辺の道」と「天理ラーメン」。
近鉄天理駅を降り天理郵便局の近くの池のまわりに何軒かの屋台があって不思議な
ムードを醸していた。
なんか美味しかった♪
最近はカップ麺としても勇名をはせている。
2社とも立派なチェーン店として頑張っている。
びっくりしたのは、どちらも屋台の店も継続しているってこと。
ま、創業の精神を忘れないということか…。

彩華ラーメン

天理スタミナラーメン



「天理スタミナラーメン」は水曜定休…。
なので、「彩香ラーメン」を探したが屋台の店が見つからない。
それもそのはず、スーパーの駐車場の片隅で夕方からの営業なんだとか。
で、「彩香ラーメン」本店に辿り着いたのだが、なんと、5/13~6/2は建て替え工事
のため臨時休業…。
断念した…。

Img_2126



天理駅から続く商店街の終わりは天理教本部。
そのまわりにには屋台があって「たこ焼き」を。
安くて美味しかった。

Img_2130



国道169号を北上すること10kmで奈良公園。
近鉄奈良駅前、JR奈良駅前を通過して三条通りへ。
えっ、狭くて一方通行で…、こんな道路だったとは…!?
指定されたパーキングに駐車してワシントンホテルにチェックイン。
三条通りはほぼ一方通行の通りで、クルマのためというより歩行者のための道路。
電柱のない景観がすっきりしている。
両脇に商店が並んでいるので、荷捌きスペースが完備している。
JR奈良駅前から猿沢池を経て春日大社一の鳥居交差点までをむすぶ。
暗越奈良街道(くらがりごえならかいどう)とも呼ばれており、大阪(難波)から
生駒山地の暗峠を越え奈良(平城京)に至る街道である。


奈良に来たら奈良公園とか歩きたい。
というわけで、散歩がてら。

近鉄奈良駅近くのバス停から国道369号(登大路)、若草山を。

Img_2152_20240520184401



近鉄奈良駅前。
といっても、こちらの駅は地下にある。
1969年(昭和44年)12月に地下化された。
1970年にこの奈良近鉄ビルがオープン。
1970年大阪万博の時、高校2年の僕は急行「銀河」で関西に遊びにきた。
尼崎の叔父宅と中学時代の友人K君の学園前のお宅に泊まった。
「もちいどの通り」(餅飯殿)という名前に惹かれてこの辺りをふらふらした。
あの時も行基菩薩像を見た。
現在の行基像は傷んだりしたため3代目なのだとか。

行基菩薩像。

Img_2156



東大寺の大仏を見ている行基菩薩像。

Img_2160_20240520184501



行基菩薩像のまん前には「柿の葉すし本舗 たなか」の店がある。
食べたくて買ってしまった。

地下の近鉄奈良駅改札付近。
「せんとくん」。

Img_2164



最近はこちら「しかまろくん」が人気。

Img_2172



駅近くの「ひがしむき商店街」に「天理スタミナラーメン」の店があった。
食べたかったが、三条通りの「ある店」にいこうと思っていたのでパス…。

Img_2210_20240520184601


ローソン。
明治創業の老舗「ぜいたく豆本舗」は昔の店舗を活かしてローソンに。
当時の看板がローソン出入口脇に置かれていた。
ローソン店内や近鉄百貨店奈良店地下でも「ぜいたく豆」の豆菓子が売られている。

Img_2211



とにかくインバウンドの多さに驚いた。
京都ほどではないだろうが、鎌倉よりは多いかも…。

猿沢池の畔にある土産物屋さん。

Img_2181



若かりし頃、ママと一緒に京都・奈良を旅行した。
ママは子供の頃から書道を習っていて、段位をもっている。
奈良では真っ先に「古梅園製墨」へ。
こちらは「ひがしむき商店街」を出てすぐのところの店。(橋本町)
由緒ある本社はここから徒歩2、3分の椿井町にある。

Img_2177_20240520184501



足袋スニーカー専門店「Shop TABI-JI」。

Img_2182_20240520184501



店内はインバウンドの人たちで熱気むんむん。
さすがに足袋スニーカーは…。
てことで、鹿柄のスニーカー丈ソックスを。

Img_2185_20240520184601


こちら三条通り店と奈良公園店があり、三条通りには系列のT-シャツ専門店もあった。
なんと、鎌倉では長谷寺の近くに店がある。

Shop TABI-JI




久々の猿沢池…。
奈良にはよく来ているのだが、長谷寺、薬師寺、唐招提寺、法隆寺などへ…。
奈良公園とか猿沢池には2006年以来、18年ぶり…。

Img_2191



興福寺、南円堂へ。

Img_2190_20240520184601



南円堂。

Img_2194_20240520190101



奈良に到着して「駆けつけ三杯」的にまわった。
奈良公園、若草山を。

Img_2205_20240520184601



三条通りをJR奈良駅方面へ。
「うなぎ川はら」三条家 奈良店。

Img_2222



蒸しを入れずに生のままこんがり関西風に地焼きする。
秘伝のタレと備長炭を使い、皮はパリっと身はふっくらジューシーに仕上げました。
そんなフレーズが並んでいる。
美味しかった♪

Img_2219_20240520184701


店を出ようとしたら、行列ができていた…。

うなぎ川はら

うなぎ川はら 三条家 奈良店(奈良)/食べログ




セブン。
なんと!!
「カール」が~♪
もちろん、2袋買った。
製造は四国明治(株)と松山市の住所が印刷されていた。

Img_2224





関連記事

夏休み - 奈良1♪ 2011.08.20

夏休み - 奈良2♪ 2011.08.20

夏休み1 - 奈良♪ 2008.08.24

奈良のアルバム 2006.05.06




~~~  つづく  ~~~




 

| | コメント (0)

2024/05/10

我が家のバラ♪

★我が家のバラ♪

晴れ♪

暖かい。



我が家のバラがピーク。

Img_2091_20240510164201



Img_2092



Img_2093_20240510164201



■我が家のバラ関連記事

GW後半…♪ 2024.05.03

我が家のバラ2♪ 2023.05.09

我が家のバラ♪ 2023.05.06

バラ♪ 2022.05.14

相模川ローズガーデンへ♪ 2021.05.09

GW最終日…♪ 2021.05.05

我が家のバラ♪ 2021.04.18

こどもの日♪ 2020.05.05

エビネ♪ 2020.04.26

週末…♪ 2019.05.11

GW…♪ 2018.05.03

5月♪ 2018.05.02

休日♪ 2017.05.14

雨… 2017.05.13

休日♪ 2016.05.15

休み♪ 2015.05.22




■お出かけ先のバラなど関連記事

箱根♪ 2015.05.23

つつじ寺♪ 2014.05.03

花菜ガーデン♪ 2012.05.26

二子玉川♪ 2012.05.19

バラ…♪(綾瀬市光陵公園) 2011.05.28

平塚・花菜ガーデン♪ 2010.07.03

花いっぱいのつきみ野♪ 2010.04.17

大好きなつきみ野♪ 2010.02.27

伊豆-1♪ 2009.10.20

鎌倉文学館~長谷寺-2♪ 2009.05.17

鎌倉文学館~長谷寺-1♪ 2009.05.17

つきみ野♪ 2008.11.01

二子玉川で♪ 2008.05.17

河津バガテル公園♪ 2007.10.21

相模原公園&モナの丘♪ 2007.06.23

鎌倉のあじさい♪ 2007.06.09

バラとケーキバイキング♪ 2007.05.26

北鎌倉♪ 2007.05.12




| | コメント (0)

2024/05/04

ヤビツ峠へ♪

★ヤビツ峠へ♪

晴れ♪

暑いけど、湿度が低いのでカラッとしていた。
海老名で27.6℃…。


GW後半2日目…。
どこも混雑してるようだ。

江の島、鎌倉はインバウンド襲来もあって論外の混雑ぶり…。
GWの救世主だった「道志」…。
ところが、昨今は「道志人気」に火がついて圏央道を降りたところから大渋滞で青山
交差点に到達するだけでも大仕事…、「道志みち」はダンゴ状態で走ることになり、
村役場を過ぎると渋滞必至…。


どこか行きたい。
とりあえず246を西へ。

清川村、森の里…、うーん、ちょっと…。

いつもの大山…。
ケーブルカーの混み具合が気になる…。
じゃ、もっと先へ…。

246は厚木市内までは混んでいた。
その後は順調。

新善波トンネルを抜けるとお約束の富士山。

Img_2002



なかなかグッド♪

Img_2004



名古木(ながぬき)交差点で右折して県道70号秦野清川線へ。
頭上を新東名が。

Img_2005_20240504154301



蓑毛を過ぎると急勾配の上り坂。
クルマ1台やっとの狭い道路が続く。
ここは神奈中バスの路線バスも通るので要注意…。
バイクが気持ちよさそうに。
自転車も多く、トレイルランの人もかなり多い。

菜の花台で休憩。(標高547m)
20台余の駐車場あり。
OMOTAN(表丹沢)サイクルラックが設置されていた。

Img_2009_20240504154301



富士山♪

Img_2013_20240504154301



箱根の山々。
下二子山、上二子山、箱根駒ヶ岳、神山、明神ヶ岳、金時山、矢倉岳が見える。

Img_2015



雪の富士山はそろそろ見納めか…。

Img_2023_20240504154401



大山がチラッと見えた。

Img_2024



ヤビツ峠の駐車場を確認したが、もちろん満車…。
さらに奥の「護摩屋敷の水」へ。
ペットボトルを持参してこなかったので、一口だけ飲んだ。

Img_2033_20240504154401



大山が目の前に。

Img_2035_20240504195301



ヤビツ峠登山口へ。(標高761m)
ヤビツ峠売店前は人だかり。

Img_2036



神奈中バスのヤビツ峠バス停。

Img_2039_20240504154501



バス停後ろの階段をのぼると。
ヤビツ峠レストハウス。(丹沢MON)

Img_2042_20240504154501



2021年3月にオープンした「ヤビツ峠レストハウス」。
店内は真新しい雰囲気。

Img_2047



端午の節句。
鍾馗様のタペストリー。

Img_2059_20240504155001



レストハウス裏手に大山への登山ルートが。
ここから大山まで2.3kmだとか。

Img_2050_20240504154501



ま、山小屋価格。
バスは平日2本、土休日は7本ある。
蓑毛バス停からは頻繁にあるが、ヤビツ峠にアクセスするバス便は少ない。

Img_2063_20240504154601



クロモジ茶。
ハーブティーのような味で美味しかった。

Img_2054_20240504154501



天皇陛下が浩宮さまと呼ばれていた学生時代の昭和57年(1982年)、丹沢山の
みやま山荘に宿泊された際に振る舞ったカレー。
そのカレーはヤビツ峠レストハウスオーナーの祖母が作ったカレーだった。
そんなカレーを39年の時を経て再現、「丹沢ロイヤルカレー」として人気のカレーライス。

もちろん。
レトルトとして保存されたものを提供されるのは山小屋の常識。
アスリートコーラも喉の渇きを癒してくれた。

丹沢ロイヤルカレー。
欧風カレーで大好きな部類のカレーだった。
美味しかった♪

Img_2056_20240504154601



新緑が眩しい。

Img_2058_20240504155001

ヤビツ峠レストハウス(秦野)/食べログ

丹沢MON(ヤビツ峠レストハウス)instgram

ヤビツ峠レストハウス/YAMA HACK




ヤビツ峠売店へ。

Img_2067_20240504154601



店内。
こちらでアイスとケーキ、クッキーを。

Img_2069_20240504154601


ママはケーキを。
そうしたら、コーヒーを淹れてくれた。

Img_2070_20240506100801



はるか昔、登山をやっていた頃はヤビツ峠からのスタートは稀で、蓑毛や大倉など
からアプローチしたものだ。
数年前、三ノ塔に登ったときはヤビツ峠までバスを利用したら満員御礼だった…。


気持ちいい♪

Img_2072_20240504154701



新緑の山。
サイコー♪

Img_2076

ヤビツ峠/OMOTAN(表丹沢)




県道70号秦野清川線を下る。
上り車線と下り車線の中央分離帯のように鳥居が立っている。
大山阿夫利神社の神域を示すもので、江戸時代の安政6年(1859年)に建造された
鳥居だとか。
50年前、学生時代から不思議な光景だと思いながら見てきた。
数十年のブランクの後、最近はよく訪れるようになり、まだ存在していたことに驚く。
大山阿夫利神社の鳥居。
「小蓑毛の鳥居」。

Img_2081_20240504154701



「車道の真ん中に鎮座する鳥居」。
どうやら、この珍現象に終止符が打たれることに。
県は改良工事することを決定したとのこと。

鳥居の脇にある野菜の無人販売。
といっても、客が現れるとおばさんが顔をみせてくれる。
ママは数種類の野菜を買った。

Img_2083


ところで。
ヤビツの地名については、かつて甲斐国の武田氏と小田原の後北条氏が争った
三増峠の戦いにおいて用いられた矢櫃(やびつ、矢を入れる箱)が、ヤビツ峠の
西側にある「旧ヤビツ峠」を改修した際に発見されたことに由来するといわれる。


世間はGW狂騒曲…。
GWの混雑、ほとんど無関係に終始した一日…。
満足♪

246は順調に流れ、思ったより早く帰宅した。




■関連記事

2年ぶりの第一川音川橋梁へ♪ 2023.07.18

道志みち…♪ 2023.05.04

大山へ♪ 2023.04.01

秦野&山北へ♪ 2022.11.12

富士山五合目へ♪ 2022.10.02

第一川音川橋梁へ♪ 2021.08.04

秦野へ♪ 2021.10.09

蛇塚&川音川♪ 2020.08.04

新緑の川音川♪ 2019.05.08

寄ロウバイまつり♪ 2019.01.19

ありがとうロマンスカーLSE・7000形…♪ 2018.07.10

またまた蛇塚へ♪ 2018.05.15

蛇塚へ♪ 2018.05.14

四十八瀬川♪ 2018.05.01

新緑の大山♪ 2016.05.14

大野山♪ 2015.10.24

三ノ塔♪ 2015.07.19

新緑の大山♪ 2015.05.30 大山ケーブルカー車両入れ替え運休期間中
                                         「50年に一度の夏」、『粋な、大山』

秦野へ♪ 2012.10.06

憧れの石庄庵♪ 2010.09.11

道の駅・山北&谷峨駅 - 2♪ 2009.08.29

道の駅・山北&谷峨駅 - 1♪ 2009.08.29

山北の桜♪ 2009.04.05

山北の桜♪ 2007.04.01



| | コメント (0)

2024/05/03

GW後半…♪

★GW後半…♪

晴れ♪

暑い。

今年もツバメがたくさんやって来た。
いつもの家やビルに巣を作った。


GW後半突入…。
昨夜から高速は大渋滞…。
今年のGW、愛知県の長男は帰省してこない…。
クルマを買い替えたので、その手続きなどを行うとか…。
10連休中日の平日に陸運局に行くのだとか。
そういえば、学生時代から陸運局にはよく行っていた。

この1、2週間、「道志みち」のワードでこのブログにやって来る人が多い。
GWの行先は道志なのかな。
GWの救世主として道志を目指したことが恒例だったが、今年はパス…。
そ、昨年のGWは道志で大渋滞を経験したし、帰りに選んだ東名も事故渋滞…。
246に逃げたが、同じように逃げたクルマで246は死んでいた…。
そうそう、道志村役場の庁舎建替え工事を数年前から見てきたが、新庁舎は4月26日
に落成し同日開庁式が行われたらしい。

ブログの反響、次に多いのは「熱海」のワードでたどり着くケース。
う~ん…。


今朝のNHK 「鶴瓶の家族に乾杯」は高橋一生とともに葉山町。(昨年5月放送分)
森戸神社からスタート。
森戸神社の参道から県道207号森戸海岸線に出たとこにあるハワイアンカフェ「Ali'i
Drive」でバーガーをほおばる。
ウチは隣のパン屋には出没している…。

高橋一生が「岸辺露伴は動かない」のロケで使われた「葉山 加地邸」に徒歩で移動。
森戸神社から延々と御用邸まで歩き、葉山御用邸前交差点で葉山警察署のとこを左折
して国道134号内陸部へ進み、セブンの前を山側へ。
加地邸は土屋太鳳や永山絢斗が共演した「優しい音楽」でも使われた。
葉山はいいとこ♪
でも、GWは混むだろうな…。

葉山へ♪ 2023.10.07
鎌倉長谷寺へ…♪ 2022.06.13
葉山へ♪ 2021.09.27
葉山♪ 2017.11.25
葉山~買い物ドライブ…♪ 2014.01.11

道志みち…♪ 2023.05.04





イオンモール座間へ買い物とか。

いつもの日産ヘリテージコレクション。
1952年(昭和27年)ダットサンスポーツ DC-3。
なんと、20馬力…。
今年72歳となるダットサン。

Img_20240503140925946



Img_20240503140939095



Img_20240503140954370



Img_20240503141005917





我が家のバラ♪
今年もGWに間に合った。
蕾は無数にある。

Img_2084



Img_2085_20240505142901




Img_2088




Img_1996_20240503113901



Img_1990




■我が家のバラ関連記事

我が家のバラ2♪ 2023.05.09

我が家のバラ♪ 2023.05.06

バラ♪ 2022.05.14

相模川ローズガーデンへ♪ 2021.05.09

GW最終日…♪ 2021.05.05

我が家のバラ♪ 2021.04.18

こどもの日♪ 2020.05.05

エビネ♪ 2020.04.26

週末…♪ 2019.05.11

GW…♪ 2018.05.03

5月♪ 2018.05.02

休日♪ 2017.05.14

雨… 2017.05.13

休日♪ 2016.05.15

休み♪ 2015.05.22




■お出かけ先のバラなど関連記事

箱根♪ 2015.05.23

つつじ寺♪ 2014.05.03

花菜ガーデン♪ 2012.05.26

二子玉川♪ 2012.05.19

バラ…♪(綾瀬市光陵公園) 2011.05.28

平塚・花菜ガーデン♪ 2010.07.03

花いっぱいのつきみ野♪ 2010.04.17

大好きなつきみ野♪ 2010.02.27

伊豆-1♪ 2009.10.20

鎌倉文学館~長谷寺-2♪ 2009.05.17

鎌倉文学館~長谷寺-1♪ 2009.05.17

つきみ野♪ 2008.11.01

二子玉川で♪ 2008.05.17

河津バガテル公園♪ 2007.10.21

相模原公園&モナの丘♪ 2007.06.23

鎌倉のあじさい♪ 2007.06.09

バラとケーキバイキング♪ 2007.05.26

北鎌倉♪ 2007.05.12







| | コメント (0)

« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »