2020/11/12

東海道線に特急「湘南」♪

★東海道線に特急「湘南」♪

晴れ♪

肌寒かった…。




東海道線に特急「湘南」、国鉄185系の定期運行や「湘南ライナー」終了へ

JR東日本は東海道線でE257系電車を使った特急「湘南」を2021年春
から運行すると発表した。

首都圏と伊豆方面を結ぶ特急「踊り子」の車両はこれまでE257系や185系を
使用してきたが、E257系のリニューアル車に統一し、常磐線や中央線の特急など
に導入している着席サービスを東海道線の特急にも導入する。
2012年春以降、東海道線の特急列車は「サフィール踊り子」を除き全てE257系
での運用となる。
また、普通車の全席で事前の座席指定が可能となるほか、座席の指定を受けなくても
車内の空席を利用できる。

東京~伊豆急下田の特急料金は、現行(指定席・通常期)の2,410円が、改定後
(事前料金)は2,100円になる。
なお、グリーン車はこれまでどおり乗車前の座席指定が必要。
また、新幹線との乗継割引の適用は終了する。

東海道線では特急「踊り子」とともに、通勤客向けの列車として新たに特急「湘南」
が設定される。
運転区間は新宿・東京~小田原間。
「湘南」の運転開始に伴い「湘南ライナー」、「おはようライナー新宿」、「ホームライナー
小田原」は廃止。
この改正により国鉄時代からおよそ40年にわたり東海道線を走ってきた185系電車
の定期運用がなくなる。


E257系リニューアル車は137両に

特急「踊り子」、「湘南」のE257系は元々は中央線特急の「あずさ」、「かいじ」
などで使われていたE257系0番台車両。(今後、房総方面の特急「さざなみ」、
「わかしお」などで使っていたE257系500番台車両も投入)
東海道線での使用開始に際し、その内外装を改装している。

外観は伊豆の「空の色」と「海の色」をイメージした「ペニンシュラブルー」が基調
のデザインになったほか、車内では座席窓側にコンセント、先頭車に荷物置場を設置
し、普通席とグリーン席の合造だった車両をすべてグリーン席にするといったリニューア
ルが行われた。

JR東日本はこのE257系の0番台を改造した2000番台9両編成13本(117両)
と、500番台を改造した2500番台5両編成4本(20両)の計137両を「踊り子」、
「湘南」に投入し、従来車両の185系電車を置き換える。



185系は見れなくなるのか…。
定期運用はなくなるようだが、臨時はありなのか…。

000000000000000000000000000000000000000_



東海道線特急「湘南」「踊り子」のご案内/JR東日本

踊り子 Wikipedia






横須賀・総武快速線に新型車両E235系、12月21日デビュー

JR東日本は横須賀・総武快速線用の新型車両「E235系」の営業運転を12月21日
から開始すると発表した。

E235系は2015年に山手線で運転が開始された新型車両で、同路線以外で導入
されるのは横須賀・総武快速線が初めて。
ドア上のほか荷棚上部にもデジタルサイネージが設置され、各車両にフリースペース
が設けられるなど利便性や安全性が向上した車両。
外観は現行のE217系と同様、青色とクリーム色の通称「横須賀色」を踏襲したデザイ
ンとなっている。

横須賀・総武快速線には11両編成51本、4両編成46本の全745両を順次導入し、
E217系を置き換える。
今年度は11両編成8本、4両編成8本の120両を導入する計画。


E217系に置き換えられた時もショックだったけど、E235系の登場はさらにショッキン
グな出来事…。
今はE217系は嫌いじゃないけど、E235系1000番台は好きになりそうにない…。
横須賀線でE235系は見たくない…。


E235系電車 wikipedia


| | コメント (0)

2020/10/26

CAR and DRIVER12月号♪

★CAR and DRIVER12月号♪

晴れ♪

汗ばむほど…。




回送の小田急ロマンスカー撮影しようとホームなどに侵入、緊急停止相次ぐ

25日未明、人気の小田急ロマンスカーを撮影しようと、鉄道ファンが線路内に
侵入し、車両が緊急停止するトラブルが相次いだ。

防犯カメラに映る不審な足取りでホームを小走りする男たち。
列車を撮影しようとするが職員に見つかり一目散に逃げていく。

小田急線座間駅で鉄道ファン3人が、回送中のロマンスカーRSE・20000形
を撮影しようとホームに無断で侵入した。

この日は8年前に引退したロマンスカーRSE・20000形を来春開業する
ロマンスカーミュージアムに移送する計画で、座間駅のほかにも撮影目的の
鉄道ファンが踏切内に侵入し、車両が緊急停止するトラブルが3件発生した。
このうち、相武台前駅近くの踏切に侵入した1人は警察に引き渡された。


これらの鉄道ファン…、いや、鉄道ファンでもなんでもない…。
違法行為をしてまで電車を撮りたいというその神経が理解できない…。
もう二度と小田急線を撮るな…。
ロマンスカーミュージアムにも来るな…。
そう思わざるえない事件…。

ロマンスカーミュージアム♪





CAR and DRIVER12月号♪

2021年SUV最前線。
トヨタ・ヤリスクロス、日産キックス、三菱エクリプスクロス、トヨタRAV4、
マツダMX-30、トヨタ・ハリアー、ダイハツ・タフト、スズキ・ハスラー、
プジョーSUV2008、ボルボXC40など。
アウディe-tronスポーツバック、メルセデス・ベンツGLE400dなどは
クーペSUVというらしく、全然SUVに見えない…。

ジャパニーズ・スポーツレジェンド。
日産フェアレディZ、トヨタ・スープラ、日産GT-R、スバルWRXなど。


復刻版カタログ。
1997年日産フェアレディZ。
1971年スズキ・ジムニー。
初代ジムニーは今更ながらカッコイイ。


CAR and DRIVER


202012cd






| | コメント (0)

2020/09/29

せとうちバス…♪

★せとうちバス…♪

晴れ♪

昼間は暑かった…。
でも、夜は涼しい。




せとうちバス…♪

ありがとう 「加茂線」バス、西条・30日の廃線前にお別れセレモニー

愛媛県西条市中心部と、山あいの国道194号沿いにある加茂地区を結ぶ瀬戸内運輸
(今治市)の路線バス「加茂線」が30日に廃線となるのを前に、沿線で26日、
記念シンポジウムとお別れセレモニーがあり、住民らがバスにまつわる思い出話に
花を咲かせた。

202009setouchibus2



202009setouchibus03





子供の頃に乗ったせとうちバスと変わらないデザイン。
昔、昔のボンネットバスも記憶にあるけど、デザインは同じだった…。

せとうちバス。                       2012年3月撮影

P3188881

 

せとうちバス/瀬戸内運輸株式会社





ネットニュースを見て、ひっくり返るほど驚いた…。
どんぴしゃ、おじいちゃんの家に行く時のバス。
せとうちバス、西条~中之池・川来須線が廃止される…。

昭和24年(1949年)、瀬戸内運輸西条営業所開設と前後して定期バスが加茂村役
場前(旧加茂公民館前)まで乗り入れ。
それまではおじいちゃん達は徒歩で街に行き来していたとか。
千町地区から伊予西条駅まで約10km、さらに奥地にも集落があるので、大変だったと
思われる。
この時の加茂地区人口は約2,500人。
尚、加茂地区の最盛期人口は大正時代の約3,400人。
昭和32年(1957年)、下津池まで定期バス乗り入れ。
人口は減少の一途をたどり昭和40年代半ばに1,000人を切り、現在は118人…。
そのほとんどは高齢者…。


そんな訳で…。
この路線沿線の住民は激減…。
高齢化なんてもんじゃない…。

75歳以上の高齢者は片道100円で利用できるのだとか。
バス路線の恩恵のない藤之石、千町、荒川地区の高齢者はデマンド型乗合タクシー
の利用で市街地まで行き来できる。

バス路線が廃止されて、今後はどうなるのだろう…。
乗合タクシーなのか、はたまた、コミュニティバスなのか…。
気になるところではある。


現在のバスの状況を確認してみた。
中之池行きが1日3往復、川来須(かわぐるす)行きが1日1往復…。
昔のように煩雑にあるわけではなかった。
運賃は千町まで480円、川来須までだと800円…。
75歳以上の高齢者は片道100円が適用される。


赤い丸の西条駅前からいちばん下の川来須までを結ぶ路線が廃止となる。
  
Rosen01




母の実家がある加茂地区。
伊予西条駅から加茂川沿いに国道194号で南下すると、クルマで15分か20分ほど
なのだが、かなり山奥の風情…。
終点の川来須までだと30分ほどかかる。

加茂川沿いに南下し、千町バス停がおじいちゃんの家(母の実家)の最寄りのバス停。
最寄りといってもかなり遠いし、最近は誰も使っていない。
あの急勾配の山道を歩けるような若い人はいないのだ…。
おじいちゃんの家の標高は250mほどなのだが、真夏でも夜は身体が冷えるほど
涼しい。
夜といえば、夜空の星は感嘆するほど美しい。
天の川もちゃんと見える。

昭和30年代、2歳から3歳までおじいちゃんの家で育てられた。
目蒲線(現、目黒線)武蔵小山駅か西小山駅から電車にゆられて24時間以上かけて
父に連れられ四国のおじいちゃんの家に。

その頃から「せとうちバス」にはお世話になった。
当時の道路は狭くてカーブのきつい道路、対向車がバスやトラックなどの大型車の
場合、お互いに譲りあうのだが、バックする時はかなりスリルがあった…。
もちろん、車掌さんが同乗していたが、いつの頃からかワンマンに…。

千町バス停で降りるとそこには商店があって、お菓子などを買ってもらうのが
楽しみだった。
また、バス停脇には湧水があって、コップがつけられていたのでよく飲んだものだ。
このバス停からおじいちゃんの家まではかなりの急坂を20分以上歩くのだが、
かなりキツイ…。

社会人1年生の時、長期出張ということで半年間ほど伊予三島(現、四国中央市)
に住んでいたことがある。
伊予西条から近いこともあって月に1、2回はおじいちゃんの家に遊びにいった。
その時は毎回、駅からバスを利用していたのだが、バス停からの急勾配の山道はこたえた。

人と動物しか通れないような登山道のような道。
段々畑やトウモロコシ畑を横目に行けども行けども…。
クルマが通れる道路はかなり迂回するルートが別途ある。

叔父がバイクを買い、そして、クルマを買いバスに乗らないことが当たり前になって
いった。
しかし、平日は叔父が勤務しているので、そういった時はバスを利用した。
そんな叔父も高齢となったが、”街に降りる”のを躊躇い(ためらい)85歳の今も千町で
元気に暮らしている。
恐らく、クルマの運転は継続しているはず。
マニュアル車一筋なので、高齢になってからATを勧めたそうだが、慣れたマニュアルの
方が安全だろうと…。
娘(僕からみると従妹)も同居していて、クルマは必需品として運転している。

おじいちゃんは山内家の末裔(といっても、分家だけど…)で親の代で土佐からこの地に
移り住んだのだとか。
この辺りの住民は土佐出身の人間が多い…。
おばあちゃんは下津池から嫁いできたのだとか…。
だからか、おばあちゃんは川来須とか中之池、下津池といった地名をよく口にしていた。
雲を見ながら、「川来須は雨かのう…。」などと言っていた。

山の地図を眺めていたら、それらの地名や千町は笹ヶ峰の麓に位置する事が分かった。
千町は下の方なので街からすぐに行ける距離だけど、ちゃんと山の雰囲気は味わえる所だ。

小学生から中学生にかけて、叔父が笹ヶ峰や瓶ヶ森の登山に連れていってくれた時は
せとうちバスで下津池バス停からアプローチした記憶がある。
川来須から先、国道194号を南下すると、寒風山トンネル(5,432m)がある。
トンネルを通るかどうか心の準備をしておかないといけない…。
心の準備が必要なほど長い長い一般道としてのトンネルを抜けると高知県いの町。
1999年に開通したのだが、もちろん無料。


そうそう、”千町”の話題。
最近は西条市千町の千枚田として知る人ぞ知るエリアに…。
昔は「千枚田」とは言わなかった、「棚田」はあったかもしれないけど、通常は「段々畑」
と言ってた。

「千町の棚田」/日本棚田巡り


昨年11月、国道194号は西条市~いの町間について「そらやま街道」という愛称
がつけられた。
国道194号沿いの加茂川は四万十川にも負けないような清流。
そんな清流を求めて街から人がやってくる。
関西方面からやって来るクルマも目にする。
川で泳いだり、BBQやキャンプ。
ウチの息子たちも加茂川で泳いだものだ。

母方、父方とも加茂川で鰻を獲って食べさせてくれた。
天然物の最たるものだった。
その上、西条の湧水「うちぬき」は全国的にも美味しいと評判の水。
そんな水に晒しておいた鰻は抜群の味。
ウチのママに言わせると、どんなに有名な店のものよりも加茂川の天然物が美味しかったと。


加茂に関する話題/西条市加茂地区の紹介

西条市加茂地区の紹介



国道194号から千町の千枚田方面を。          2013年8月撮影

P8116241

 

おじいちゃんの家の周辺。                  2013年8月撮影

P8116235



千町の段々畑。
といっても、ここは水田だけど。
おじいちゃんの家から見た風景。              1995年8月撮影
  
Scan10075_20200930134001
 




おじいちゃんの家から徒歩5、6分。
おじいちゃん、叔父が定年退職まで勤務していた加茂郵便局。
母も結婚するまでこちらで勤務していた。
叔父は週に1、2回の当直があったのだが、なんと、電電公社(現、NTT)の電話の
交換業務のための宿直だったのだ…。
ま、同じ郵政省管轄ということで、地方ではそんな実態もあったのだとか。

加茂郵便局は1901年(明治34年)にこちら千町地区に開局。
100周年の2001年(平成13年)8月に国道194号沿い荒川地区の
河ケ平(こがなる)上の加茂公民館近くに移転した。      1995年8月撮影

Scan10077








せとうちバス/瀬戸内運輸株式会社




関連記事

四国へ♪-2 2013.08.17

四国へ♪-1 2013.08.17

四国からトンボ帰り… 2012.03.19

月夜のバス♪ 2010.09.23

僕の夏休み♪

 

 

 

| | コメント (0)

2020/07/19

綾瀬スマートIC&厚木PAスマートIC♪

★綾瀬スマートIC&厚木PAスマートIC♪

7月は雨がつづいている…。

天気予報では雨だったはずが、急遽晴れに♪
ホントにピッカピカの晴れ♪

暑い。


梅雨明けが待ち遠しいけど、まだお預けだとか…。
太平洋高気圧が予想外の動きをしてくれないかなと密かに期待しているのだが…。




昼過ぎ、国道135号米神で乗用車同士の事故…。
場所は浜屋の前あたり…。

女性3人が病院に搬送され、1人が死亡、2人が軽傷…。
もちろん、国道は通行止め…。
これは、かなりきつい…。



いつもの江之浦のパン屋さん「麦踏」のfbでも、事故渋滞のことに触れられていた。

『石橋で事故のようですね。
車も進まないとのことなので

もし小田原方面から
ご来店予定のお客様がいましたら

お取り置き、夕方のお渡しが
よいかと思いますので、
お気軽にご利用ください。

湯河原方面からでしたら、
今のところ旧道は空いています。』





新宿駅東西自由通路が開通した。

小田急線や京王線の客にとっては不思議なルールのおかげで”自由通路”として通行
していたけど、今日からは正真正銘の東西自由通路が開通した。
ちょっと遠回りになるけど、東西分断が解消されてよかった。

新宿駅東西自由通路が開通すると…♪ 2020.06.22




東名 横浜町田~海老名間に「綾瀬スマートIC」 

待望の綾瀬スマートインターチェンジの開通時期が明らかになった。
本来なら2018年3月には供用開始の予定であったのだが…。


東名の渋滞ポイント「大和トンネル」の手前で降りられる

東名高速の横浜町田IC~海老名JCT間で、ETC専用となる「綾瀬スマートIC」が
建設中。
これまで仮称だったが、2020年7月14日には正式名称に決定するなど、事業が
着々と進んでいるようだ。
この横浜町田IC~海老名JCT、特に上り線は、国土交通省が発表する「渋滞ワースト
ランキング」で毎年のようにワースト1位となるほどの渋滞ポイントとして知られる。
途中の大和トンネルが原因で、ここを先頭に車列が厚木方面へ十数キロ延びることもしばしば。
またこの区間は下り線も、前出のランキングではワースト5位以内の常連となっている。

綾瀬スマートICは、大和トンネルの海老名寄りにある「綾瀬バス停」付近に建設中で、
横浜町田ICから9.2km、次の厚木ICまでは6.1km、海老名JCTまでは5.0km。

下りた先は4車線道路 どんな方面へ?
綾瀬スマートICは、綾瀬市域を南北に貫く県道42号線に接続している。
県道42号、南は藤沢市の新湘南バイパス藤沢IC付近に通じている。
綾瀬スマートICは綾瀬市だけでなく座間市、大和市、藤沢市北部からの利用を見込んでいる。

横浜町田IC~海老名JCT間の渋滞についても、前出の地域に発着するクルマが
綾瀬スマートICで降りることで、多少緩和されるものと期待されている。

開通は、2021年夏ごろの予定。
本来は2018年3月供用開始予定であったのだが、綾瀬市による用地取得が遅れた
ことにより、3年以上も延期された。
ウチにとっては待望のインター。
横浜町田や厚木からだと、それなりに時間を要するけど、綾瀬からなら至近距離…。



ところで…。
海老名SAは7月22日にEXPASA海老名としてグランドオープン♪

2011年に上りのEXPASA海老名がオープンしてからずっと大盛況♪
ていうか、全国ナンバー1の利用客が押し寄せるのだから、もっと広くしてくれ
ないとオーバーフローしている…。

上りと下りの格差が広がるばかり…。
9年経って、ようやく…下りもEXPASAとしてグランドオープンの運びに。

海老名サービスエリアへ…♪ 2020.05.23



綾瀬スマートインターチェンジ完成予想図…。

00000ayaseic_20200719112601




■関連記事

綾瀬スマートインターチェンジ延期… 2018.02.27

綾瀬スマートインターチェンジ現況…♪ 2017.03.10

綾瀬スマートIC♪ 2013.06.12





圏央道「厚木PAスマートIC」に名称決定、上期に供用へ 

厚木市と中日本高速道路は、圏央道の厚木パーキングエリア(PA、同市山際、関口)
に接続するスマートインターチェンジ(IC)の名称が「厚木PAスマートインターチェンジ」
に決まったと発表した。
同スマートICは、圏央道圏央厚木ICの北側約1・1kmに位置する厚木PAを経て、
相模川右岸沿いの市道に接続する。
本年度上半期の供用開始を目指し、工事が進められている。

こちらは2019年3月に供用開始の予定だったが、構造上の変更を余儀なくされた
ため、延期が告知されていた。
約1年半の遅れとなったが、ま、安全第一…。

ウチにとっては、つくば市のお墓まいりに行く時は圏央道を使うようにしているので、
厚木PAから圏央道にのれるのは嬉しいこと。
秋のお彼岸に間に合えばよいのだが…。


※追記(9月2日)
厚木PAスマートICは9月26日14時開通と発表された。




■関連記事

近所の梅♪ 2019.02.20

厚木PAスマートIC…♪ 2018.09.12

 

   

| | コメント (0)

2020/06/24

箱根登山鉄道、7月23日に全線運転再開 ♪

★箱根登山鉄道、7月23日に全線運転再開♪

くもり、時々、晴れ♪

なんか快適♪




箱根登山鉄道、箱根湯本駅-強羅駅間 営業運転再開へ♪

小田急箱根グループの箱根登山鉄道は、 昨年10月の台風19号による被害
のため、箱根湯本駅~強羅駅間で長期間運転を見合わせていたが、復旧作業
が進捗し、7月23日より全線での営業運転再開を決定した。

箱根地区では、同台風による甚大な被害が生じたが、箱根登山鉄道の全線運転
再開により、 箱根観光周遊ルート(箱根ゴールデンコース)が全面復旧する。
箱根湯本駅~強羅駅間を走る箱根登山電車は、駅や信号場など3か所でスイッチ
バックしながら急勾配を走る山岳鉄道。

営業運転再開日時 2020年7月23日(木・祝)始発より
箱根湯本駅発 5:50~  強羅駅発 5:23~


箱根登山鉄道の全線運転再開に伴い…。
7月9日より箱根湯本駅~強羅駅間において試運転を開始する。
箱根湯本~強羅間の代行バスならびに箱根登山バスへの振替輸送は7月22日まで
とする。



大涌谷の噴煙、台風19号による災害、新型コロナウイルス騒動とたて続けに
逆風に見舞われていたが、ようやく全面的にリセットされる。

この間、箱根登山ケーブルカーの新型車両導入や設備の更新がされた。
また、7月9日には早雲山新駅舎のリニューアルオープンと新スポット
「cu- mo(クーモ)箱根」のオープンを控えている。


箱根ナビ

箱根登山鉄道

 



『太川蛭子のローカル鉄道寄り道旅』箱根編、7・22放送決定

昨年10月の台風災害の影響で放送を見合わせていた『太川蛭子のローカル鉄道
寄り道旅 伊勢原~箱根』が、「箱根登山電車」の全線運転再開を記念して、
7月22日(18:25~21:00)にテレビ東京系で放送されることが発表された。

太川陽介&蛭子能収の名コンビが、人気観光地・箱根を舞台に、ルーレットを回し
ながらアポ無し珍道中を繰り広げる。

小田急小田原線から伊豆箱根鉄道大雄山線、箱根登山鉄道の3路線を乗り継いで
行く、全33駅・約60キロの旅。
大山へのハイキング客で賑わう伊勢原駅をスタートし、ゴールの強羅駅を1泊2日で目指す。

マドンナには久松郁実を迎え、相模湾の新鮮魚介に箱根の秘湯、地元民おすすめの
名物グルメを満喫し楽しい旅になるはずが…果たして無事にゴールへたどり着けるのか?

 

| | コメント (0)

2020/06/21

夏至…♪

★夏至…♪

晴れ♪
午後からは雲が多かった…。

気温は低いけど、湿度が高く蒸す…。




今日は夏至…♪

1年で昼間がいちばん長い日。

てことは、明日からは日が短くなっていく…。
なんか、微妙…。

子供の頃から、そんな風に思ってきた…。
ま、1ヶ月間くらいはほとんど変動しないし…。

8月お盆の頃って、少しばかり日が短くなってることに気づく…。
いや、かなりかも…。
寂しさを覚える…。
 

で…。
夏至って7月下旬が似合うと思うのだけど…。
6月下旬は早過ぎる気がする…。



| | コメント (0)

2020/05/12

台風被害の箱根登山鉄道が試運転…♪

★台風被害の箱根登山鉄道が試運転…♪

晴れ♪

昨日ほどじゃないけど、今日も暑い…。



台風被害の箱根登山鉄道が試運転…。

昨秋の台風19号被害で箱根湯本~強羅駅間の運休が続く箱根登山鉄道は11日、
箱根湯本駅~大平台駅間で試運転を開始した。
7月下旬に予定している全線の運転再開に向け設備の確認などを実施しており、
地元からは期待の声が上がっている。

約7ヶ月ぶりに箱根湯本駅から強羅駅方面へ出発した赤い車両は、新緑の中を
軽快に走り抜けた。

同鉄道は昨年10月の記録的大雨によって線路が流出したり、土砂に埋まったりする
被害を受け、箱根湯本~強羅間で運休している。
当初は今年秋の開通予定といわれていたが、7月下旬に前倒しされた。
宮ノ下~小涌谷間の「蛇骨陸橋」などでは現在も復旧作業が続く。
復旧が完了次第、試運転区間を順次延長していくという。




箱根の記事を探していたら、2018年11月以降は行ってない…。
そう、昨年秋に温泉に浸かりに行こうと思っていたら、台風19号の被害が甚大過ぎ
て電車もクルマも行ける状態じゃなかった…。

あれから7ヶ月…。
箱根登山鉄道の試運転の話題は嬉しかった。
箱根にとっては大涌谷の噴煙問題、台風19号等の甚大な被害、
そして、追い打ちをかけるようにコロナ騒ぎ…。

コロナが落ち着いたら、まずは箱根かな…♪



箱根関連記事

箱根♪ 2018.11.14

西湘&箱根♪ 2018.08.13

箱根のあじさい♪ 2018.06.26

秋の箱根♪ 2017.11.17  

箱根へ…♪ 2017.10.20

箱根宮城野の桜♪ 2017.04.14

箱根-2♪ 2016.08.16

箱根-1♪ 2016.08.15

箱根♪ 2015.08.10

箱根♪ 2015.05.23

箱根ポーラ美術館♪ 2013.09.14

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-2 2013.11.30

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-1 2013.11.29

秋の箱根へ♪ 2012.11.10

箱根宮ノ下~箱根湯本♪-2 2012.07.07

箱根仙石原♪-1 2012.07.07

いざ箱根3♪- 帰りに寄り道 2011.10.09

いざ箱根2♪-箱根仙石原 2011.10.09

いざ箱根1♪-足柄道アプローチ 2011.10.08 

箱根2-強羅~宮下♪ 2010.12.06

箱根-仙石原♪ 2010.12.05

Pc041881


箱根の紅葉-2♪ 2008.11.08

箱根の紅葉-1♪ 2008.11.08

 

 







| | コメント (0)

2019/11/14

箱根、一喜一憂…

★箱根、一喜一憂…

晴れ♪

暖かかった♪



箱根・大涌谷、15日に立ち入り規制解除。

箱根山の火山活動の影響で立ち入り規制が続いている大涌谷園地について、
箱根町は規制を15日午前9時に解除すると発表した。
箱根山の噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)に引き上げられた5月19日以来、
一般開放はほぼ半年ぶり。

箱根ロープウェイは10月26日から全線運転再開されており、大涌谷周辺
の立ち入り規制の解除を待ちわびていた。

開放するのは、噴煙地西側の箱根ロープウェイ大涌谷駅周辺で、午前9時から
午後5時まで。
火山ガスの危険がある自然研究路(約700メートル)の立ち入りは引き続き制限
される。

土産店の「大涌谷くろたまご館」や「箱根ジオミュージアム」も営業を再開し、
同駅も自由に出入りできるようになる。

 


尚…。
箱根登山鉄道については台風19号による土砂崩れにより箱根湯本駅~強羅駅間が不通…。
復旧の見込みはたっていない…。
また、箱根裏街道(国道138号)も台風19号による土砂災害により一部区間で通行
止めが続いている…。
箱根にとって、どちらも致命的である…。
厳しい状況が続いているが、一刻も早い復旧が望まれる…。

※追記1
後日、箱根登山鉄道運転再開は来年秋と発表された。
予想以上のダメージだったことに驚き…。

 
※追記2
箱根裏街道(国道138号)の通行止めについて、12月27日午前11時に
通行止め解除する。
尚、仮設の橋を架けての応急復旧であり、本復旧にはさらに数ヶ月かかる見込み。




もう1つ…。

箱根登山ケーブルカーは運転休止…。
これは以前から計画されていたこと…。

強羅~早雲山駅間全線について、12月3日から来年3月下旬まで
運休する。

ケーブルカーの全4車両が12月2日の運転を最後に引退。
運転再開後は新型車両が導入される。
また、駅舎などの工事が行われるため、約4ヶ月間の運休となる。


箱根登山電車・箱根登山ケーブルカー

箱根ナビ/小田急
000000000000000000000000000000000000hako



| | コメント (0)

2019/11/01

11月…♪

★11月…♪

晴れ♪

清々しい♪

 


東京オリンピックのマラソン、競歩会場は札幌で正式決定。

東京都の小池都知事は「合意なき決定」として、苦渋の決断。
小池都知事の英断に脱帽。

なんとなく漂いつつあった”もやもや”は、この決定をもって解消へ…。

五輪後、”東京のコース”を利用して”セレブレーションマラソン”開催を
検討しているとのこと…♪
期待したい。
 

 

11月…。

2月か11月かっていうほど、目立たない月…。
福井県や島根県みたいな存在…。(失礼…。)
そして、寒くて…。

 


JR東海オリジナルカレンダー♪

名松線伊勢竹原駅~伊勢鎌倉駅間をいくキハ11形300番台。

20191111300

JR東海オリジナルカレンダー/JR東海





ODAKYU VOICE11月号♪

毎月1日。
いつもなら、駅の専用ボックスには新しい冊子が置かれているのだが、
今朝は空っぽで、貼り紙が…。

----------------------------------------------------------------------

広報誌「ODAKYU VOICE home」11月号発行日の変更について

小田急電鉄では、毎月 1 日より各駅にて、広報誌「ODAKYU VOICE home」を
配布しており、11月号においても11月 1 日(金)の発行を予定しておりま
した。しかしながら、同号の特集において「箱根を楽しむカフェ」をテーマに
制作を進めていたところ、先般発生した台風19号による箱根山内での被害に
伴う対応のため、11月号の発行日を下記のとおり変更させていただくことと
なりました。皆さまには、何卒ご理解賜りますようお願い申しあげます。

                                                 記

   発行日:11月1日(金)を11月9日(土)に変更

                                                                                                 以上

----------------------------------------------------------------------

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

11月9日(土)、8日遅れで”ODAKYU VOICE11月号”が発行された。

今回の特集は皮肉にも「箱根を楽しむカフェ」…。
このため、箱根登山鉄道○○駅から徒歩△分などの記述が数ヶ所あり。
しかし、箱根登山鉄道は台風19号による土砂崩れなどにより箱根湯本~強羅駅間
で運休していて、復旧の目途さえたっていない状況。
そのため、アクセス方法の変更などを告知する文面を挿し込んでの対応…。


特集。
『おいしさだけじゃない 箱根を楽しむカフェ』。
山のホテル別館の「サロン・ド・テ ロザージュ」のスイーツ。

他には鈴廣かまぼこの里「えれんなごっそ CAFE107」、宮ノ下の「NARAYA
CAFE」、箱根ラリック美術館「ル・トラン」など。


歳時。
箱根パンコレクション、大山紅葉ライトアップ、あつぎ国際大道芸など。

沿線まちあるき。
南新宿駅。
代々木を含めて、魅力的な店があれこれ。

沿線おいしい贈りもの。
渋谷チーズスタンド(神山町)、アンドチーズスタンド(富ヶ谷)の
”リッチ リコッタ スフォリアテッラ”。
あの美味しさを思い出し、9日に渋谷に行ったついでに、富ヶ谷のお店
で買い求めた。
トースターで温めていただいたら、めちゃ美味しかった♪


ODAKYU VOICE/小田急


201911ov





| | コメント (0)

2019/10/26

晴れ♪

★晴れ♪

晴れ♪

暑くもなく、寒くもなく…。



昨日は一日中、大雨…。
15、16℃と寒かった…。

一転、大雨を降らせた低気圧は東北の沖合に去り、台風21号は
温帯低気圧に…。

なんだか…。
”台風疲れ”、”大雨疲れ”の関東、東北…。

  


整備中の南箱道路で土砂災害。

台風19号による記録的大雨の影響で、南足柄市矢倉沢と箱根町仙石原
を結ぶ県道として整備中の「南箱道路」(通称、全長10・9キロ)が
広範囲で大規模な被害を受けていたことが分かった。

山腹崩壊や道路崩落などが相次いでいるが、県は被害の全容を把握できて
いない状況。
来年3月の開通予定がずれ込む可能性もあるという。

県道路整備課によると、少なくとも4ヶ所で特に大きな被害があった。
南足柄市域では、2ヶ所で道路脇の山腹が崩壊。
うち1カ所は約50メートルにわたり山腹が崩れ、のり面に張られていた
高さ約7・5メートルの落石防護網が大きく損傷した。
残る1カ所は道路を完全にふさぐ形で崩壊しており、被害の詳細は分かって
いない。
別の場所では道路が高さ約7メートル、延長10メートルにわたり、えぐら
れるように崩壊している。

箱根町域では、道路脇の沢から大量の水が流れ、路側のL型側溝工が95メートル
にわたり流出した。

南箱道路は、県西部の地域活性化を図る新たな道路ネットワークとして林道を改修。
2013年度に事業に着手し、東京五輪を見据えて20年3月の開通を目指している。

整備中の県道「南箱道路」、大規模台風被害/カナロコ


南箱道路♪ 2019.09.05

 


久々に「ぱん工房 FukuFuku」へ。

相武台前駅エリアの美味しいパン屋さん。
そういえば、今年の6月でちょうど10周年。

最近、このエリアにも色んなジャンルのパン屋さんが次々と
オープンしたので、つい「FukuFuku」はご無沙汰…。

それと…。
店名が無理矢理アルファベットって、あまり好きじゃない…。
その上、この「FukuFuku」は大文字と小文字が混じっていて、
記事に書くとき面倒…。

さらには。
アルファベットの店名にありがちなのだが、数年後には”ひらがな”表記
にしたり、アルファベット表記に戻したり、落ち着かない…。

最近、印刷物やHPは「ふくふく」で表記されているようだが…。
よく分からない…。


今年6月、10周年を迎えた「ふくふく」。
パン屋になる前はセブンだった…。

Dsc_0028_20191026145601



美味しくて種類も豊富なので、お客さんが多い。
今日も店内はかなりのお客さん。

Dsc_0027_20191026145601

 

Dsc_0024_20191026145601


ラウンドパンや食パンも美味しいので、よく買う。
そして、こちらの”トトロ”や”アンパンマン”も♪

Dsc_0023_20191026145701


ふくふく

ぱん工房 ふくふく(相武台前)/食べログ







| | コメント (0)

より以前の記事一覧