2021/09/12

かしわ台を散歩…♪

★かしわ台を散歩…♪

どんより…。
時々、小雨…。

蒸し暑い…。




かしわ台を散歩した…。

目久尻川沿い、産川橋付近にある「産川せせらぎ公園」という小さな公園に咲いている
河骨(コウホネ)の黄色い花。
神奈川県では海老名市にしか自生していない絶滅危惧植物なのだとか。

Img_0144_20210912175101



少し先に行くと。
海老名市の体育館ではワクチン接種が行われていた。
そこから見える相鉄かしわ台車両センター。
相鉄6000系、モハ6001号車。
一時、旧塗装化されていたのだが、数年前から若草色塗装に戻った。

Img_0141_20210912175101

かしわ台♪ 2018.10.14




彼岸花と稲穂が♪

Img_0140



子育地蔵。

Img_0139




海老名市柏ヶ谷117付近。
子育地蔵の横には道祖神、庚申塔が。
右上に正徳三年(1713年)と刻まれている。
308年前…。

Img_0137



最近、かしわ台駅周辺の道路は詰まり気味なので、迂回ルートとしてこの近くを通る
ことが多いのだが、いつも花が供えられていると思っていた。
よく見たら、造花だった…。
ま、華やかなのはいい。

三猿。

Img_01362




双体道祖神、文政二卯十二月吉日(1819年)とある。
江戸時代後期、202年前の道祖神…。

Img_0135


神奈川県の庚申塔

かしわ台散歩…♪ 2021.01.10

庚申塔や道祖神、お地蔵さん♪ 2020.05.25 





| | コメント (0)

2021/08/01

8月♪

★8月♪

晴れ♪

暑い。
今日もクソ暑い…。




8月♪

夏~♪




JR東海オリジナルカレンダー♪

参宮線池の浦~鳥羽駅間をいくキハ75形快速「みえ」。

20210875



JR東海オリジナルカレンダー/JR東海





ODAKYU VOICE8月号♪

特集。
『夏のひとりランチに おいしい冷やし麺』。
ハイアットリージェンシー東京「翡翠宮」の「冷菜涼麺」。
代々木八幡駅はベトナム料理「ヨヨナム」、成城学園前駅は「韓国料理 李朝」、
高座渋谷駅は「讃岐うどん ななつや」。

沿線まちあるき。
開成駅。
美味しそうなカフェやレストランが。
神奈川県内の人口増加率トップはこの開成町の7.8%。
1985年(昭和60年)に開業した開成駅は小田急小田原線としては最も新しい駅。
以来、駅前を中心に次々と大型マンションが立ち並んできた。

沿線おいしい贈りもの。
”Minimal The Baking 代々木上原”の生ガトーショコラ -マンゴー-。

歳時。
江の島灯篭2021、町田市立国際版画美術館の「浮世絵風景画 - 広重・清親・巴水 三世代の眼 - 」。


ODAKYU VOICE/小田急



202108_ov





 

| | コメント (0)

2021/06/23

スヌーピーミュージアムへ♪



どんより…。

気温は低いけど、ちょっと蒸す…。



南町田グランベリーパークがオープンしてから1年半…。

2019年11月、オープン当初はとんでもない大渋滞…。
この時は駐車場を閉鎖するという荒業(あらわざ)でクルマを寄せつけなかった…。
それでも、保土ヶ谷バイパスをも渋滞させた…。
ま、2000年にグランベリーモールがオープンした時は渋滞が東名にまで及んだという教訓は活かされたのか…。

オープンして数ヶ月後、新型コロナ禍に見舞われた…。
落ち着いてきた昨年6月に我が家でもグランベリーパークへ。

南町田グランベリーパーク♪ 2018.08.16

南町田グランベリーパークオープン♪ 2019.11.13

南町田グランベリーパークへ♪ 2020.06.17




今日は平日ということもあって、余裕でパーキングへ。
昔の「南町田駅」の駅名標がお気に入り♪

Img_9169



スヌーピーがお出迎え♪

Img_9174



ミュージアムへ向かう途中のゲーセンはスヌーピーだらけ…。

Img_9175



1年前に来た時はここまで…。
入場しなかった…。

Img_9176



スヌーピーの兄弟たち。

Img_9181


かわいい♪

Img_9178_20210623154101



オープニング・シアター。

Img_9185_20210623154201



「チャールズ・シュルツ・ギャラリー」では1950年代などの昔の写真などが展示されていて興味深かった。
僕たちが生れる前からこれらの作品を書いていたことに改めて驚き…。

「ピーナッツ・ギャング・ギャラリー」。
スヌーピー。

Img_9190_20210623154201


複製原画が盛りだくさん。
ひとつずつ丁寧に見ていくと大変…。

チャーリー・ブラウン。

Img_9191


ルーシー。

Img_9192


眼下には隣接する鶴間公園が。

Img_9197_20210623154201


テラスではゴルフをするスヌーピー。

Img_9198



チャーリー・ブラウン。

Img_9200



スヌーピー・ルーム。
大きかった♪

Img_9202


うん、これこれ♪

Img_9209_20210623154301



ウッドストック・ルーム。
犬小屋の上のスヌーピー♪

Img_9210_20210623154301



ウッドストックの黄色い部屋。

Img_9211_20210623154301


高校時代からのつきあい。
英語が苦手で…。
友人から教わった英語の勉強法はFEN、鳥飼久美子&スヌーピーだった。
あれからだから、50年以上ものつきあい…♪

ブラウンズストア。
オリジナルグッズが所狭しと。

Img_9217



Img_9218


ミュージアムでは複製原画がたくさん見られた…。
マニアにはたまらない…。

カプセルトイにあるような場面を等身大のフィギュアで見せてくれるようなコーナーが
あってもいいなと思う。
ジオラマ的な展示もいいな。

スヌーピーミュージアム



ちょうどお昼。
ピーナッツカフェもいいかな…。
でも、今日はパス…。

ピーナッツカフェ



Img_9179



隣接する縁深い鶴間公園へ。

Img_9219_20210623154401



Img_9220



Img_9222



1年前、長蛇の列だった…。
今日もそこそこの行列…。
迷わず、名前を書いた…。

Img_9229_20210623154401



ママはカツサンド。

Img_9230


僕はハンバーグランチ。
美味しかった♪

Img_9231_20210623154501


神田グリル 南町田グランベリーパーク店(南町田グランベリーパーク駅)/食べログ


 

昔のグランベリーモールは食べるとこが限られていたけど、新しいグランベリーパークは
多くの飲食店がひしめいている。
ちょっと楽しみ♪

ショッピングもあれこれ増えて…。

Img_9227



Img_9232


南町田グランベリーパーク
000000000000000000000000000000000000gran



急に雨…。
あっと言う間に土砂降り…。

Img_9235



神奈川県側に入ったら、道路が乾いていた。
洗濯物を干してあったけど、”被害”なしなので、ほっとした。

グッズショップで買ったカプセルトイも並べたら賑やかになった♪

Img_9236



南町田グランベリーパーク

南町田グランベリーパーク
000000000000000000000000000000000000gran  



南町田グランベリーパーク wikipedia



南町田グランベリーパークへ♪ 2020.06.17

南町田グランベリーパークオープン♪ 2019.11.13

南町田グランベリーパーク♪ 2018.08.16
 
 

■関連記事

グランベリーモール閉館セール♪ 2016.12.25

LAST BERRY MERRY CHRISTMAS…♪ 2016.11.05

グランベリーモール…♪ 2016.09.24

南町田駅エリア再開発…♪ 2016.09.06

グランベリーモール♪ 2016.03.26

火曜日…♪ 2016.03.22

グランベリーモール♪ 2016.01.10

Trick or Treat♪ 2015.10.31   

グランベリーモール♪ 2014.11.03

ショッピング♪ 2014.08.23

春~♪ 2014.03.29

 

| | コメント (0)

2021/05/29

鎌倉名越切通しへ♪

★鎌倉名越切通しへ♪

晴れ♪

暑い…。



鎌倉。
南に海、北東西の三方は山に囲まれた"天然の要塞"ともいわれる鎌倉。
源頼朝が鎌倉に幕府を開いた理由のひとつは、鎌倉が「守るに易く、攻めるに難い」
地形だったからといわれる。
鎌倉が都市として発展するにつれて、物資運搬のルートが望まれた。
そこで、山の尾根の一部を切り開き道路を整備した。
これが「切通し(きりどおし)」である。

鎌倉には代表的な切通しが7ヶ所あり、「鎌倉七口」または「鎌倉七切通し」と呼ばれている。
「鎌倉七口」とは「亀ヶ谷坂切通し」、「化粧坂切通し」、「巨福呂坂切通し」、
「大仏切通し」、「極楽寺切通し」、「朝夷奈切通し」、「名越切通し」をいい、
鎌倉と外部を結ぶ特に重要なルートとして存在した。
明治以降は車道として次々と道路拡張が行われたが、一部の切通しは当時の古道の
姿を残しており、歴史の街、鎌倉らしい景観を楽しむことができる。
鎌倉七口には数えられないが、鎌倉市内に存在する「釈迦堂口切通し」は中世の面影
を残す、訪れる価値のある切通しのひとつ。
但し、崩落の危険があるため、現在は通行止めとされている。

「鎌倉七口」のうち、昔の街道の面影が比較的よく残っているのが、鎌倉大仏の裏手に
ある「大仏坂切通し」、三浦半島に通じる「名越(なごえ)切通し」、朝比奈(朝夷奈)峠を
越えて横浜の六浦(横浜市金沢区)に通じる「朝比奈(朝夷奈)切通し」。
但し、朝夷奈切通しは2019年(令和元年)の大雨と台風15号による倒木と土砂崩落
、その翌年の大雨などによる災害のため通行止めが続いている。


今回は、「名越切通し」を中心に歩いた。

名越切通しといえば…。
あの小坪隧道(トンネル)とその上にある火葬場などの”スポット”があまりに有名…。
僕のような恐がりには無理なルートで昼間でも単独では気持ちがわるい…。
ところが、この時期、逗子市が行っている「まんだら堂やぐら群限定公開」。(初夏と秋に公開される)
この公開にあわせて訪れる人が多いのだとか。
なので、”スポット”恐怖を回避できる数少ない機会を逃す手はない…。
「みんなで渡れば怖くない。」…。

幸い、お天気もよさそう♪




いつものように腰越漁港にクルマをとめた。

腰越駅から江ノ電で。
藤沢行き、300形♪

Img_8898


僕らは鎌倉行きに乗車。1000形。

Img_8904


鎌倉高校前駅手前にて。
海はかなり荒れている。

Img_8910



鎌倉駅にて下車。
JR鎌倉駅東口からバス。

Img_8918_20210529213201



京急バス。
いつもクルマで通るとこをバスに乗るって、すごく新鮮。
下馬交差点のひとつ手前、横須賀線のガード下手前の交差点を大きく斜めに左折して
すぐ、横須賀線の踏切付近で県道311号鎌倉葉山線に。
商店がひしめく街並みを見下ろすように走る。
あっと言う間に終点、緑ヶ丘入口バス停で下車。
バスは折り返し鎌倉駅行きに。

Img_8921



バス停からすぐ。
あの火葬場の入口で一瞬、足が止まった…。

小坪七丁目交差点手前。
小坪トンネルが見えるこの位置に小坪階段口とよばれる登山道への階段がある。
ここを登っていく。

Img_8923_20210529214201



階段を登ると”登山道”。
眼下にあの火葬場が見えてくる。

Img_8926



登りきると左右に分かれた案内板がある。
まずは右手の名越切通の第一切通へ。

Img_8928



名越切通(なごえきりどおし)。
名越切通は鎌倉から相模湾沿いに三浦半島をむすぶ交通路で、1233年に「吾妻鏡」
にて「名越坂」として初めて登場した。
明治時代になって直下を通る現在の横須賀線や県道のトンネルが開通するまでの
長い間、幹線道路として使い続けられた重要な道。

第一切通の最も狭まった部分。

Img_8930



Img_8933



戻ると第二切通を通り、この「まんだら堂やぐら群」の案内板が出てくる。

Img_8938_20210529214301



この時期、「まんだら堂やぐら群」の限定公開が行われている。

Img_20210528_0001


国指定史跡 名越切通/逗子市

まんだら堂やぐら限定公開(令和3年度初夏)/逗子市

鎌倉ハイキングコース・衣張山ルート◆名越切通し・まんだら堂やぐら群/散歩風景



期間限定公開の史跡群。
約150穴の四角い横穴があり、やぐらの中に五輪塔などの石塔を据え納骨・供養する
墓地のような施設とされる。
鎌倉周辺のみに分布する特殊な遺構といわれている。
造られた年代や目的は不明だが、13世紀後半から16世紀頃まで使われたとみられ
ている。
かなりショッキングな光景だが、保存状態が良好で充分に見応えがある。

これらと同じような横穴は北鎌倉の浄智寺や建長寺半増坊参道脇などでも見たことが
あるので、平静を保って見ることができたが、これほどに大規模とは…。

限定公開中ということで、ゲートが開かれていて、中に入ると逗子市の関係者が対応してくれた。
入場料は無料だが、任意の寄付に協力してくださいとのこと…。

Img_8944_20210529214301


Img_8946


Img_8947



Img_8952


再び切通しをいく。

Img_8958



市指定文化財の石廟。
市とは鎌倉市なのか逗子市なのか…。
この尾根道は鎌倉市と逗子市の境界にあるのだが、石廟がある辺りは鎌倉市だとか。

Img_8962



Img_8965



お猿畠の大切岸(おさるばたけのおおきりぎし)、800mにおよぶ。
人工的に切り落とされた石切り場の崖、あるいは、敵(三浦一族)の侵入を防ぐ人工的
な崖という説があったそうだが…。
最終的には石切り場の跡だということが確認されたそうだ。
お猿畠の意味は、鎌倉を追われてきた日蓮がこの地で3匹の白猿に助けられた伝承による。

Img_8969_20210529214501



Img_8970



Img_8973


鎌倉逗子ハイランド住宅地。

Img_8976



Img_8981


前方に衣張山が。

Img_8979




開けたところに出た。
何組かの人たちが弁当をひろげていた。

ウチもこちらで昼食を。
鎌倉駅の駅ビル「CIAL」でおいなりさんと玉子焼きの弁当を買っておいた。


鎌倉こまち市場 風凛(鎌倉)/食べログ

0000000000000000000000000000000000000



Img_8983



この手作りの標識が重要。
何ヶ所か手書きのメモ程度の標識に助けられた。

Img_8984



ここからがなかなかきつい登山道…。

衣張山(きぬはりやま、標高121m)。
眼下に材木座の海岸、そして、稲村ヶ崎が見える。
由比ヶ浜のカーブが美しい。
ここから富士山が見えるらしいのだが、このどんよりとした空…。

衣張山の山名の由来は『新編相模国風土記稿』によれば、「衣掛山といい、昔ここに庵
があり、尼僧が松の木へ衣を掛け晒した」という説と、夏の日に源頼朝が妻の北条政子
の望みで、この山に白衣を張って雪の降った景色を見せたという説があるが、定かではない。

Img_8987


衣張山/YAMAKEI



衣張山の山頂。

Img_8990_20210529214701



江の島も見えた。

Img_8992


木曜日に降った雨のせいか、とにかくぬかるんでいた…。
下りは気をつけないと…。

Img_8999_20210529214701





小坪七丁目交差点脇の階段を登り、稜線へ。
稜線を2kmほど北上すると金沢街道に出る。
近くには杉本寺など古刹が多い。




住宅街に出た。
浄妙寺ならぬ、浄明寺という地名。

Img_9006_20210529214801



釈迦堂口切通へ。

Img_9011



やはり、通行止め…。

Img_9013


この先に切通しがあるのだが…。
残念…。

Img_9012



滑川の支流沿い。
「金魚の栖」へ。

Img_9021

和喫茶 金魚の栖

金魚の栖(鎌倉)/食べログ



金魚の水槽が目につく。
そして、何でもかんでも金魚…。

Img_9017



土鍋プリン。
甘くて美味しかった♪

Img_9019



そして。
数軒先には「佐可井」が。
数年前に食べたきり。
穴子丼、また食べたいな。

佐可井(鎌倉)/食べログ

鎌倉♪ - 1 2013.01.11



Img_9024



金沢街道に出た。

Img_9026




Img_9027



杉本寺へ。
坂東三十三観音霊場の第一番札所。

Img_9029_20210529214901



天台宗大蔵山 杉本寺(杉本観音)。
鎌倉幕府が成立する500年も前の奈良時代、734年に藤原房前と行基が開いたと
される鎌倉最古の寺。
藤原房前は同じ頃、鎌倉長谷寺のご本尊造立にも関わっていた。
そんな長谷寺はご本尊造立1300年ということで、賑わっていた。

鎌倉長谷寺へ♪ 2021.05.23

杉本寺 Wikipedia



Img_9033



山門(仁王門)では金剛力士(仁王)像が睨みをきかせる。

Img_9035



苔むした石段、白い奉納旗。

Img_9038



茅葺の山門。

Img_9040_20210529215001



Img_9041



茅葺の本堂(観音堂)。

Img_9054


六地蔵。

Img_9049



Img_9059



ちょっと前に来たと思っていたのだが、13年前のことだった…。

鎌倉めぐり・杉本寺&瑞泉寺&鎌倉宮♪ 2008.01.22




金沢街道へ。
杉本観音バス停から京急バス鎌倉駅行きに。

Img_9066



金沢街道はこの先、いつもの渋滞…。
八幡宮手前ではほとんど動かず…。
自分で運転しているとイライラだが、バスだとキョロキョロ…。

あっと言う間の鎌倉駅着。
JR鎌倉駅を。
江ノ電に乗るための客もここから入場する方法があった。

Img_9068


でも、いつものように遠回りして江ノ電鎌倉駅へ。
JR鎌倉駅と江ノ電鎌倉駅を。

Img_9071


江ノ電500形を。

Img_9074



江ノ電20形+500形。

Img_9076



七里ヶ浜駅~鎌倉高校前駅間にて。
海はいつになく荒れていた。

Img_9079



腰越駅で下車。
江ノ島1号踏切を通過する藤沢行き20形。

Img_9080



腰越漁港へ。
朝どれフライ。
新商品、さばコロッケも。

Img_9084_20210529215401



サバコロッケといわしの天ぷらを。

Img_9086




今日の天気予報はオール晴れ♪
ところが、実際はずっとどんより…。
ま、おかげで山歩きにはちょうどよかったのだが。
眺望はイマイチ…。

帰りの江ノ電に乗った頃から本来あるべき晴れ~♪
気持ちよかった♪

江ノ電では以前のような激混みはなくなって、そこそこ座れる…。
コロナ禍ということもあってか、ペチャクチャしゃべる人もいない…。
鎌倉高校前1号踏切はカメラを構えれる集団がいなくなり、監視員は手持ち無沙汰…。
これからはずっとこのままでいいような気持ちになってくる。




関連記事

鎌倉長谷寺へ♪ 2021.05.23
久々の江の島♪ 2021.04.10
湘南の桜♪ 2021.03.27
湘南の梅♪ 2021.02.13
腰越~鎌倉♪ 2020.12.06
裏大仏ハイキングコース♪ 2020.10.21
七里ヶ浜&鎌倉山でランチ♪ 2020.08.14
江ノ電♪ 2020.08.01
江の島♪ 2020.06.20
片瀬&長谷寺♪ 2020.02.09
鎌倉♪ 2020.02.01
今年も江島神社に初詣♪ 2020.01.03
江ノ島小屋♪ 2019.10.19
鎌倉…♪ 2019.09.28
長谷♪ 2019.09.07
えのすい♪ 2019.06.29
鎌倉♪ 2019.03.30
タンコロまつり♪ 2018.12.01
北鎌倉♪ 2018.11.24
鎌倉高校前1号踏切♪ 2018.10.28
江の島♪ 2018.10.27
片瀬漁港からぶらり散歩♪ 2018.05.12
湘南♪ 2018.04.28
江の島へ♪ 2018.02.11
鎌倉の蝋梅(ロウバイ)♪ 2018.01.20
今年最後の湘南かな…♪ 2017.12.09
葉山♪ 2017.11.25
雨… 2017.10.15  昔の旧江の島展望灯台の写真
江の島♪ 2017.09.30
旧東海道・藤沢宿♪ 2017.09.03
珊瑚礁本店♪ 2017.08.13
江の島のあじさい♪ 2017.06.24
鎌倉山でランチ♪ 2017.06.09
鎌倉♪ 2017.03.18
江ノ電♪ 2017.02.11
秋の北鎌倉♪ 2016.11.03
江の島♪ 2016.09.03
鎌倉へ… 2016.06.11
腰越&江の島♪ 2016.04.23
北鎌倉♪ 2016.02.27
伊勢海老丼♪ 2015.11.22
江の島♪ 2015.10.10 
江の島散歩♪ 2015.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2015.06.19
休日♪ 【海街diary】 2015.06.13
桜&カレー♪ 2015.04.04
江の島♪ 2015.02.14
江の島♪ 2015.01.17
稲村ヶ崎♪ 2014.12.06
洲鼻通り~龍口寺♪ 2014.11.23
鎌倉♪ 2014.10.25
江の島♪ 2014.10.11
由比ヶ浜大通り♪ 2014.10.04
珊瑚礁本店…いやっ、お魚亭♪ 2014.05.06
鎌倉♪ 2014.04.12
お魚亭♪ 2014.02.22 
江ノ電とか♪ 2014.01.25
葉山~買い物ドライブ…♪ 2014.01.11
江島神社に初詣♪ 2014.01.03 
ソレイユの丘♪ 2013.10.12
鎌倉♪ 2013.09.28
Aloha Beach Cafe~アロハビーチカフェ~♪ 2013.04.20
生しらす♪ 2013.04.13
七里ヶ浜エリア♪ 2013.03.30
春の江の島♪ 2013.02.23

鎌倉♪-2 2013.01.11
鎌倉♪-1 2013.01.11
江島神社に初詣♪ 2013.01.03
江ノ電…♪ 2012.11.17
ジャスト1時間の海~♪ 2012.10.20
鎌倉明月院のあじさい♪ 2012.06.18
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2012.06.18
またまた江の島♪ 2012.04.30
生しらす♪ 2012.04.15
鎌倉長谷寺の梅♪ 2012.03.10
湘南でランチ&ウォーキング…♪ 2012.01.28
江島神社に初詣♪ 2012.01.03
えのすい&江の島シーキャンドル♪ 2011.12.10
久しぶりの湘南-2♪ 2011.10.29
久しぶりの湘南-1♪ 2011.10.29
鎌倉のあじさい2-御霊神社・成就院♪ 2011.06.11
鎌倉のあじさい1-長谷寺♪ 2011.06.11
湘南へ♪ 2011.05.05          〃
鎌倉長谷寺の梅-2♪ 2011.01.30
鎌倉長谷寺の梅-1♪ 2011.01.29
富士山&江ノ電♪ 2011.01.16
腰越しらすや&江ノ電鎌倉高校前駅イルミネーション♪ 2010.11.20
80系に会いました♪ 2010.11.19
リバイバルカラー江ノ電♪ 2010.11.06
久々の湘南♪ 2010.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪-2 2010.06.12
鎌倉長谷寺のあじさい♪-1 2010.06.12
鎌倉・海蔵寺♪-2 2010.03.13
鎌倉・海蔵寺♪-1 2010.03.13
鎌倉の大銀杏… 2010.03.10
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-2♪ 2010.02.06
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-1♪ 2010.02.06
秋の鎌倉♪ 2009.11.28
北鎌倉-2・葉祥明美術館・明月院♪ 2009.10.03
北鎌倉-1・浄智寺♪ 2009.10.03
江ノ電♪ 2009.09.05
鎌倉・長寿寺-2♪ 2009.06.27
鎌倉・長寿寺-1♪ 2009.06.27
デジタル一眼お断り… 2009.06.20
江ノ電車両ガイド♪ 2009.05.29
江の島-2♪ 2009.05.24
江の島-1♪ 2009.05.23
鎌倉文学館~長谷寺-2♪ 2009.05.17
鎌倉文学館~長谷寺-1♪ 2009.05.17
GWの鎌倉♪ 2009.04.03
鎌倉-2♪ 2009.02.13
鎌倉-1♪ 2009.02.13
世界一のブレックファースト♪ 2009.02.13
ランチ♪ 2008.09.27
えのべん♪ 2008.09.06
鎌倉のあじさい♪ 2008.06.07
葉山・花の木公園のつつじ♪ 2008.04.19
鎌倉めぐり・九品寺&葉山かじべ♪ 2008.01.23
鎌倉めぐり・杉本寺&瑞泉寺&鎌倉宮♪ 2008.01.22
鎌倉めぐり・浄妙寺&石窯ガーデンテラス♪ 2008.01.22
大失敗っ 2008.01.13
江島神社へ初詣♪ 2008.01.03
江の島のイルミネーション♪ 2007.12.23
一年ぶりの江の島♪ 2007.10.06
さよなら江ノ電303+353号車  2007.10.01
三崎のまぐろ♪ 2007.09.22  (湘南というには無理があるけど…)
鎌倉のあじさい♪ 2007.06.09
北鎌倉♪ 2007.05.12
葉山のつつじ♪ 2007.04.14
七里ガ浜Amalfi Della Sera♪ 2007.03.03
葉山♪ 2007.02.10
今年最後の湘南♪…多分 2006.12.03
江の島♪ 2006.09.09
あじさい♪ 2006.06.10     
梅はまだかな… 2006.02.17
今年初めての湘南 2006.01.15
鎌倉2 2005.11.06
江の島と江ノ島と江島 2005.10.29
鎌倉 2005.09.24

湘南の潮風~♪

 

 

| | コメント (0)

2021/05/23

鎌倉長谷寺へ♪

★鎌倉長谷寺へ♪

晴れ♪

気温はたいしたことないのに、湿度が高くて暑く感じる…。

東海地方まで梅雨入りしているのに…。
関東はまだ…。



久々に長谷へ。

藤沢宿のパン屋「風土」には「ふうど」のノボリがはためいていた。
11時前だったが、店の外には長い行列ができていた。
今日は蒸し暑くてパンを自宅まで持ち帰るのはあぶないのでパス…。

関次商店 パンの蔵 風土

関次商店 パンの蔵 風土(藤沢本町)/食べログ



腰越の先、小動交差点から134へ。
ここから海~♪
江ノ電に乗ってても、ここから海が見えて感激する♪

134は上下線とも渋滞気味…。
やはり、県外ナンバーが目立つ…。
県営駐車場は閉鎖しているというのに…。

坂ノ下交差点で134から離れた。
星の井通り付近のあのパーキングが空いていたので、利用した。
このパーキングは立地がわるいので、周辺のパーキングより1ランク、いや、2ランク
ほど安いのだ…。
みなさん、よくご存知でいつも「満車」…。
でも、今日は「空」でガラガラ…。


江ノ電極楽寺3号踏切付近にて。
上り藤沢行き、1000形。

Img_8755
 


Img_8756


昨年4月にリニューアル開業した長谷駅。

Img_8758



長谷駅から長谷観音、長谷の鎌倉大仏へ向かう道路は人で溢れかえっているはず
なのだが、今日はガラガラ…。

長谷寺。
ん、いつもの赤い提灯ではない、金色の提灯が。
長谷寺の「十一面観世音菩薩造立1300年」ということで、本尊造立1300年と書かれ
た金色の提灯。

Img_8766_20210523180701



「十一面観世音菩薩造立1300年 特別参拝 御足参り」。

Img_8771


五色幕が鮮やか。

Img_8770



カメラ撮影はここまで…。

Img_8773



「御足参り」は例年12月18日のみ行われる。
今年はご本尊造立1300年記念として3月18日から毎日行われる。
混んでる日は行列になるようだが、今日はさほどでもなく、スムーズにお参りできた。
志納金1000円を支払うと記念手拭いと御守りをいただく。
コロナ禍ということもあり、ご本尊の足に手拭いをかけてお参りする。

Img_8822_20210523181001



鎌倉長谷寺のご本尊、十一面観世音菩薩は1300年前に造立された。
1300年前、西暦721年といえば奈良時代である。
寺伝によれば、天平8年(736年)、大和の長谷寺(奈良県桜井市)の開基である徳道
を藤原房前が招請し、十一面観音像を本尊として開山したという。
この十一面観音像は、観音霊場として著名な大和の長谷寺の十一面観音像と同木から造られたという。
すなわち、養老5年(721年)に徳道は楠の大木から2体の十一面観音を造り、その
1体(本)を本尊としたのが大和の長谷寺であり、もう1体(末)を祈請の上で海に流した
ところ、その15年後に相模国の三浦半島、長井(現、横須賀市長井)に流れ着き、
そちらを鎌倉に安置して開いたのが、鎌倉の長谷寺であるとされる。


奈良の長谷寺も素敵でした♪

夏休み - 奈良1♪ 2011.08.20



0000000000000000000000000000000000002021


本尊造立1300年/長谷寺

鎌倉 長谷寺




観音ミュージアムへ。
板碑。

Img_8774_20210523180801


十一面観音菩薩立像。

Img_8778


観音三十三応現身立像。

Img_8781_20210523180801



Img_8782


観音ミュージアム/長谷寺

長谷♪ 2019.09.07




あじさい。
眺望散策路へ。

Img_8786


咲いていた♪

Img_8787


由比ヶ浜も。

Img_8790_20210523180901



今年は開花が早いのか、思ったよりも咲いていた。

Img_8791



あじさいシーズンになると、散策路に入るために1時間待ちは当たり前…。
2時間待ちなんてことも…。
そして、散策路では立ち止まることも許されず…。
でも、今日はまばらな状態で、立ち止まるのも大丈夫。

Img_8794


由比ヶ浜の海岸にはたくさんの人…。

Img_8792_20210523180901



Img_8795



Img_8796_20210523181001



Img_8800


経蔵。
この辺りのあじさいはまだだった…。

Img_8809_20210523181001



Img_8810_20210523181001


山門を。
鎌倉は縁が豊か。

Img_8821



久々に弁天窟へ。

Img_8825_20210523181101



十六童子と並んで弁財天さま。

Img_8828



大きなマスクをした和み地蔵。

Img_8830




長谷に来ると…。
やっぱり、”woof curry”へ…。
ところが、10人以上の行列が…。
結構時間がかかりそう…。
断念…。

Img_8839_20210523181101


”woof curry”のポークカレーを思うだけで、口の中がざわつく…。
そんな事は他ではない…。

woof curry

woof curry(長谷)/食べログ

由比ヶ浜大通り♪ 2014.10.04

鎌倉長谷寺のあじさい♪ - 2 2010.06.12





ちょっと戻ったとこの「鎌倉季草庵」へ。

Img_8868_20210523181301



そば、丼、甘味処…。
そして、石原裕次郎のファンらしく、あれこれ貴重な写真が飾ってあった。

ママは天ぷら御膳。

Img_8840



僕は釜揚げしらすマグロ丼。

Img_8841


鎌倉季草庵(長谷)/食べログ



大好きな由比ヶ浜大通りを歩く。
盛久の碑脇の庚申塚など。

Img_8844

鎌倉の庚申塚、石碑など





いつも変わらず”ギルド”。

Img_8846


その先にはカフェやレストランなどが新たにオープンしていた。
”笹目座”というらしい。
”ZUSHI-CURRY”(ズシカレー)が気になった。

Img_8847_20210523181201



由比ヶ浜大通りから路地に入ると。
江ノ電由比ヶ浜2号踏切をいく鎌倉行き、500形。
左下に見えるのは高浜虚子の碑

Img_8852


江ノ電由比ヶ浜駅。

Img_8858_20210523181301



長谷6号踏切をいく藤沢行き、2000形。

Img_8863_20210523181301



文学館入口交差点から由比ヶ浜大通りに戻る。

Img_8866_20210523181301


由比ヶ浜大通り♪ 2014.10.04




長谷観音前交差点脇にある恵比寿屋。
どら焼き、人形焼き、豆大福などを。

Img_8869



「鎌倉まめや」でもあれこれ…。
最近ハマってるのは”マヨピー”…♪

暑い…、ジェラートの看板、誘惑に負けた…。
ジェラートを♪

Img_8873_20210523181401



ずいぶん古そう…。

Img_8837_20210523181101



極楽寺4号踏切にて。
長谷駅停車中の藤沢行き、20形。

Img_8874



極楽寺4号踏切をいく鎌倉行き、300形。

Img_8876


300形+1000形。

Img_8877



Img_8879



星の井通りから海を♪
ここから見える海が好き♪

Img_8884



134はいつもながら渋滞していた…。
ちょっと詰まり気味…。

長谷の大仏のとこから手広交差点を経て帰ることにした。
大仏さまのエリアは人が多かった…。

で…。
最近、分かってきたのだが、南藤沢交差点や白旗交差点の右折信号だが…。
1回おきなのか、交通量をはかってなのか、右折信号の時間が極端に違うのだ。
4、5台で赤になってしまう時もあれば、10台以上が右折できてしまう時が
あったりする…。
なかなか粋なはからい。

これは藤沢警察署管内の”専売特許”なのか…。
それとも、どこでもやっているのか…。




関連記事

久々の江の島♪ 2021.04.10
湘南の桜♪ 2021.03.27
湘南の梅♪ 2021.02.13
腰越~鎌倉♪ 2020.12.06
裏大仏ハイキングコース♪ 2020.10.21
七里ヶ浜&鎌倉山でランチ♪ 2020.08.14
江ノ電♪ 2020.08.01
江の島♪ 2020.06.20
片瀬&長谷寺♪ 2020.02.09
鎌倉♪ 2020.02.01
今年も江島神社に初詣♪ 2020.01.03
江ノ島小屋♪ 2019.10.19
鎌倉…♪ 2019.09.28
長谷♪ 2019.09.07
えのすい♪ 2019.06.29
鎌倉♪ 2019.03.30
タンコロまつり♪ 2018.12.01
北鎌倉♪ 2018.11.24
鎌倉高校前1号踏切♪ 2018.10.28
江の島♪ 2018.10.27
片瀬漁港からぶらり散歩♪ 2018.05.12
湘南♪ 2018.04.28
江の島へ♪ 2018.02.11
鎌倉の蝋梅(ロウバイ)♪ 2018.01.20
今年最後の湘南かな…♪ 2017.12.09
葉山♪ 2017.11.25
雨… 2017.10.15  昔の旧江の島展望灯台の写真
江の島♪ 2017.09.30
旧東海道・藤沢宿♪ 2017.09.03
珊瑚礁本店♪ 2017.08.13
江の島のあじさい♪ 2017.06.24
鎌倉山でランチ♪ 2017.06.09
鎌倉♪ 2017.03.18
江ノ電♪ 2017.02.11
秋の北鎌倉♪ 2016.11.03
江の島♪ 2016.09.03
鎌倉へ… 2016.06.11
腰越&江の島♪ 2016.04.23
北鎌倉♪ 2016.02.27
伊勢海老丼♪ 2015.11.22
江の島♪ 2015.10.10 
江の島散歩♪ 2015.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2015.06.19
休日♪ 【海街diary】 2015.06.13
桜&カレー♪ 2015.04.04
江の島♪ 2015.02.14
江の島♪ 2015.01.17
稲村ヶ崎♪ 2014.12.06
洲鼻通り~龍口寺♪ 2014.11.23
鎌倉♪ 2014.10.25
江の島♪ 2014.10.11
由比ヶ浜大通り♪ 2014.10.04
珊瑚礁本店…いやっ、お魚亭♪ 2014.05.06
鎌倉♪ 2014.04.12
お魚亭♪ 2014.02.22 
江ノ電とか♪ 2014.01.25
葉山~買い物ドライブ…♪ 2014.01.11
江島神社に初詣♪ 2014.01.03 
ソレイユの丘♪ 2013.10.12
鎌倉♪ 2013.09.28
Aloha Beach Cafe~アロハビーチカフェ~♪ 2013.04.20
生しらす♪ 2013.04.13
七里ヶ浜エリア♪ 2013.03.30
春の江の島♪ 2013.02.23

鎌倉♪-2 2013.01.11
鎌倉♪-1 2013.01.11
江島神社に初詣♪ 2013.01.03
江ノ電…♪ 2012.11.17
ジャスト1時間の海~♪ 2012.10.20
鎌倉明月院のあじさい♪ 2012.06.18
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2012.06.18
またまた江の島♪ 2012.04.30
生しらす♪ 2012.04.15
鎌倉長谷寺の梅♪ 2012.03.10
湘南でランチ&ウォーキング…♪ 2012.01.28
江島神社に初詣♪ 2012.01.03
えのすい&江の島シーキャンドル♪ 2011.12.10
久しぶりの湘南-2♪ 2011.10.29
久しぶりの湘南-1♪ 2011.10.29
鎌倉のあじさい2-御霊神社・成就院♪ 2011.06.11
鎌倉のあじさい1-長谷寺♪ 2011.06.11
湘南へ♪ 2011.05.05          〃
鎌倉長谷寺の梅-2♪ 2011.01.30
鎌倉長谷寺の梅-1♪ 2011.01.29
富士山&江ノ電♪ 2011.01.16
腰越しらすや&江ノ電鎌倉高校前駅イルミネーション♪ 2010.11.20
80系に会いました♪ 2010.11.19
リバイバルカラー江ノ電♪ 2010.11.06
久々の湘南♪ 2010.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪-2 2010.06.12
鎌倉長谷寺のあじさい♪-1 2010.06.12
鎌倉・海蔵寺♪-2 2010.03.13
鎌倉・海蔵寺♪-1 2010.03.13
鎌倉の大銀杏… 2010.03.10
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-2♪ 2010.02.06
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-1♪ 2010.02.06
秋の鎌倉♪ 2009.11.28
北鎌倉-2・葉祥明美術館・明月院♪ 2009.10.03
北鎌倉-1・浄智寺♪ 2009.10.03
江ノ電♪ 2009.09.05
鎌倉・長寿寺-2♪ 2009.06.27
鎌倉・長寿寺-1♪ 2009.06.27
デジタル一眼お断り… 2009.06.20
江ノ電車両ガイド♪ 2009.05.29
江の島-2♪ 2009.05.24
江の島-1♪ 2009.05.23
鎌倉文学館~長谷寺-2♪ 2009.05.17
鎌倉文学館~長谷寺-1♪ 2009.05.17
GWの鎌倉♪ 2009.04.03
鎌倉-2♪ 2009.02.13
鎌倉-1♪ 2009.02.13
世界一のブレックファースト♪ 2009.02.13
ランチ♪ 2008.09.27
えのべん♪ 2008.09.06
鎌倉のあじさい♪ 2008.06.07
葉山・花の木公園のつつじ♪ 2008.04.19
鎌倉めぐり・九品寺&葉山かじべ♪ 2008.01.23
鎌倉めぐり・杉本寺&瑞泉寺&鎌倉宮♪ 2008.01.22
鎌倉めぐり・浄妙寺&石窯ガーデンテラス♪ 2008.01.22
大失敗っ 2008.01.13
江島神社へ初詣♪ 2008.01.03
江の島のイルミネーション♪ 2007.12.23
一年ぶりの江の島♪ 2007.10.06
さよなら江ノ電303+353号車  2007.10.01
三崎のまぐろ♪ 2007.09.22  (湘南というには無理があるけど…)
鎌倉のあじさい♪ 2007.06.09
北鎌倉♪ 2007.05.12
葉山のつつじ♪ 2007.04.14
七里ガ浜Amalfi Della Sera♪ 2007.03.03
葉山♪ 2007.02.10
今年最後の湘南♪…多分 2006.12.03
江の島♪ 2006.09.09
あじさい♪ 2006.06.10     
梅はまだかな… 2006.02.17
今年初めての湘南 2006.01.15
鎌倉2 2005.11.06
江の島と江ノ島と江島 2005.10.29
鎌倉 2005.09.24

湘南の潮風~♪





| | コメント (0)

2021/04/03

熊澤酒造&大岡越前守♪

★熊澤酒造&大岡越前守♪

晴れ♪

暑い…♪
海老名で21.5℃。
クルマは冷房しないとやってられない…。

花粉はほとんど感じない…。



寒川を経て相模線香川駅方面へ。

茅ヶ崎市といっても、香川は内陸部…。
お洒落な住宅街を。

Img_8025



湘南みずきバス停。

Img_7977


この辺りから昔の里山風景が広がる。
右手のこんもりとした辺りはスリーハンドレッドクラブの西端…。
その隣には湘南カントリークラブも広がる。
若かりし日、これらの名門コースに誘われて初心者の僕はどきどき…。
えっ、こんな所だったとは…。
湘南、茅ヶ崎ということだったので、てっきり海の近くでプレーしてるものと思い込んで
いた…。

Img_7978


右手は浄見寺、突き当りは旧和田家住宅。

Img_7982


桜と旧和田家。

Img_7985



民俗資料館、旧和田家。
茅ヶ崎市萩園の旧家で、江戸時代に村役人を務めていた和田家の住宅を移築復元したもの。
安政2年(1855年)に棟上げされた記録が残されている。

Img_7988


かまど。

Img_7990


脱穀機などが。

Img_7994


香川・下寺尾周辺史跡めぐりコース/ちがさきナビ




旧和田家の目の前には。
大岡越前守菩提所と書かれた浄見寺。

Img_7998



江戸時代の名奉行で知られている大岡越前守忠相(ただすけ)を輩出した大岡家の
菩提寺で、初代忠勝(ただかつ)から13代まで一族累代58基の墓がならんでいるとか。

Img_8000


大岡家は三河国(現在の愛知県)の土着。
大岡家二代忠政は天正19年(1591年)、徳川家康より相模国高座郡堤村を賜った。
五代、大岡越前守忠相(ただすけ)は 、江戸町奉行として徳川吉宗の幕政改革に尽力した。
愛知県岡崎市の西大平藩を与えられて大名となり、後に寺社奉行も務めた。

茅ヶ崎の堤村には大岡家の領地があり、墓所は市内の浄見寺にある。
寺は市の北部を横断する大岡越前通りから少し南へ入った所で、向かいには茅ヶ崎市
民族資料館・旧和田家がある。

5月の大岡越前祭りには墓前祭や駅前での越前行列などが行われ、市を挙げての
春祭りとして賑わうとのこと。

大岡家との縁により、西大平藩のあった愛知県岡崎市と浄見寺のある茅ヶ崎市は
昭和58年に「ゆかりのまち提携」を結び、現在も交流を続けている。

大岡越前祭/茅ヶ崎市

大岡忠相 wikipedia




「旅立ちの法然さま」。
浄土宗の開祖法然上人の像。

Img_8001


六地蔵。

Img_8002



Img_8003

浄見寺 wikipedia



旧和田家。
この隣には大きな建物が建設中。
茅ヶ崎市の歴史文化交流館(仮称)建設中…。
この辺りのことも詳しく知ることができそう…。

Img_8006


池端道祖神兼庚申塔。

Img_8009



里山風景。

Img_8013



こちらで筍を掘っていた人からいただいた♪
大きな筍~♪
ありがとうございます。

Img_8016



大岡越前通りの標識。

Img_8014



Img_8017



農家なのか家庭菜園なのか…。
作物も花も。

Img_8020



浄見寺まで往復2kmほどの散策だった。
初夏の暑さで汗が…。




熊澤酒造へ。

Img_8027




Img_8028


ベーカリーへ。

Img_8031


欲しいパンが売り切れてしまうので、先に購入。

Img_8029



MOKICHI TRATTORIA。

Img_8033



窓の外に目が。

Img_8051


落ち着いた店内。

Img_8036


前菜盛り合わせ。

Img_8038


マルゲリータ。
薄い生地がすごく美味しかった♪

Img_8039



Img_8042


黒と赤の鯉のぼりがいた。

Img_8048


うにのカルボナーラ。
美味♪

Img_8045


お肉♪
根菜も美味しかった。

Img_8046



酒粕アイス、ブラッドオレンジのシャーベット。

Img_8049


大満足~♪


MOKICHI TRATTORIA -熊澤酒造-

トラットリア・モキチ(茅ヶ崎・香川)/食べログ



テラス。
テイクアウトしてテラスもいいかも。

Img_8053




Img_8052



Img_8056



相模線香川駅へ。
コミュニティバス「えぼし号」。

Img_8058


駅には桜が。

Img_8059


香川駅。

Img_8070


香川踏切。
茅ヶ崎行きが。

Img_8064



駅前の和菓子屋さん「湘南 富士美」。

Img_8068



奉行最中などを。

Img_8069


西湘の帰り、産業道路で見かける「奉行最中」の看板。
あそこは工場で、売店もあるのだとか。
「奉行最中」ってなんだろう…?、いつもそう思っていた…。
2、30年間、そう思いながら通り過ぎていた…。
まさか、大岡越前守のことだったとは…。

茅ヶ崎と大岡越前守にそんな関係があったとは…。
まさかの展開にびっくり…。

ちなみに、湘南へのアクセスで鵠沼海岸エリアでも「富士美」の店舗を横目に通り過ぎていた。

奉行最中




帰路。
綾瀬のエイビイで買い物。
いただいた筍を茹でるための米ぬかも買った。
こちらも客が多くて、最近はレジ待ち行列が長くなってきた…。
今日はお出かけ日和なのか、行列は短くてほっとした。

綾瀬といえば、東名・綾瀬スマートICが開通して数日たつが、スマートICに
入っていくクルマの多さにびっくり…。




■関連記事

熊澤酒造へ♪ 2020.08.08

相模線で南下♪ 2020.08.20

熊澤酒造でお酒を♪ 2020.11.15

相模線「西寒川支線」跡地へ♪ 2021.02.07







| | コメント (0)

2021/02/13

湘南の梅♪

★湘南の梅♪

晴れ♪

暖かい♪
15℃を超えた。



梅を見たい…。
でも、新型コロナ…。
人の少ないとこへ…。

てことで…。
久々に湘南エリアへ。
といっても、人の少ないとこへ。

ところが、お目当てのエリアのコインパーキングはどれも滅茶苦茶高い…。
上限金額が設定されていなかったり、設定されていても凄く高かったり…。
医院や銀行の駐車場をコインパーキングにしているとこが多く、平日は1時間1,000円
なんてビックリ、平日は一般の利用はしてもらいたくないって事がよく分かる設定。
土日だって安くはない…。

なので、いつもの腰越漁港に駐車。
凄いクルマの数…、いちばん奥へ…。
だけど、県外ナンバーはほとんどいなかった…。
あれだけTVとかで取り上げられると…。

Img_7364_20210213193601




昨日、腰越駅からすぐ近くの満福寺で火災発生…。
義経庵(ぎけいあん)が全焼したとのことでびっくり…。
江ノ電は早朝から全線で運転見合わせだったとか…。
おそらく、消火活動のための運転見合わせだと思われる。

生しらす♪ 2013.04.13



腰越駅にて、鎌倉行き、2000形。

Img_7369



”かきや”へ。

Img_7370


ママはサービス定食。 かなりお得。

Img_7373


僕は天重とそばのセット。
美味しかった♪

Img_7375



店内から江ノ電を♪

Img_7378


”かきや”って、食堂だけでなく旅館もやってる。

かきや

かきや(腰越)/食べログ




藤沢行きの500形がやって来た。

Img_7386



江ノ電のポスターなどでもお馴染みの星野写真館本店。
平戸輪業店も味がある。

Img_7382


2000形。

Img_7391



江ノ電併用軌道もどき、龍口寺前交差点。

Img_7393


龍口寺山門。

Img_7394



鎌倉行き、1000形。

Img_7396



湘南モノレール・湘南江の島駅の角を曲がるとモノレールが出発したとこだった。

Img_7409



今日の目的地。
常立寺(じょうりゅうじ)。
日蓮宗のお寺で山号は龍口山、枝垂れ梅の名所として知る人ぞ知る名所…。

Img_7445


こちらは、龍口寺の裏にあたる…。
龍口寺には処刑場があったが、埋葬地は常立寺というのが定説。
また、当時、元寇(蒙古襲来)があり、元の国使ら5名は龍ノ口刑場で斬首され、
この地に埋葬された。
結構おどろおどろしいお寺というイメージ…。
そういったことから、あまり足を向けようとは思わなかったのだが…。
コロナ禍、人があまりいないだろうということで訪れてみた。



梅に彩られる本堂と六地蔵。

Img_7421


Img_7416



Img_7422


見頃だった。

Img_7424



六地蔵。

Img_7429


Img_7426


淡いピンクがかわいい。

Img_7430



「元使塚」。
元寇(蒙古襲来)で元への服従を求める国書を携えた元の国使ら5名が龍ノ口刑場で
斬首され、この地に埋葬された。

2001年のNHK大河ドラマ「北条時宗」では和泉元彌演じる時宗が元寇に対処する姿
が克明に描かれたことが思い出される。


青い布が巻いてあるのが五輪の供養塔で後ろの元使塚は大正15年(1926年)に
建立された。
平成17年(2005年)、朝青龍や白鵬らモンゴル出身の力士らが元使塚を参拝し、
モンゴルでは英雄を意味する青い布が供養塔に巻かれた。
その後も毎年、藤沢で巡業の際にモンゴル出身力士による元使塚参拝が行われるよう
になり、五輪塔には常に青い布が巻かれるようになった。

平成19年(2007年)にはモンゴル国大統領、ナンバリーン・エンフバヤル夫妻が
元使塚を参拝した。

Img_7439


本堂前の枝垂れ梅が見事だった。

Img_7437


境内からは湘南モノレールが見える。

Img_7428_20210215174901


常立寺/歩いてみたブログ

常立寺 wikipedia






寺の前には立派な「寛文庚申供養塔」がある。
寛文年間(1661年~73年)に造立の塔が天保13年(1842年)に修理
されたものとの解説されている。
そんな350年以上も昔の庚申塔が無造作にあることに驚きを覚える。

Img_7448


湘南モノレールの駅に向かう途中に「江の島弁財天道標」がある。
この道標は藤沢橋付近、遊行ロータリー、洲鼻通りなどで見られるものと同じものらしい。

右側は「従是(これより)右江嶋道」、左側に「左龍口道」、裏側には「願主 江戸糀町」
と読める。
糀町(こうじまち)は麹町なのか…。

Img_7457



かなり老朽化したビルだったが、2018年12月にリニューアル開業した。
湘南モノレール・湘南江の島駅。

Img_7513



Img_7511



きれいになった駅ビル。
しかし…。
コロナ禍ということもあってか、テナントは歯科医院だけ…。
テナント募集のポスターや画面表示が虚しい…。

ホームは5F。

Img_7463


懸垂式のモノレールで単線…。

Img_7464


眼下には先程の常立寺が見える。

Img_7467



出発するとすぐに片瀬山トンネルへ。

Img_7468



目白山下駅。

Img_7469



駅を出ると、眼下には道路。
懸垂式なので眺めが良い。

Img_7472




湘南モノレールは三菱重工業の連結子会社の経営だった。
京急の資本も若干…。

数年前に各地方公共交通機関を束ねる企業みちのりホールディングスの傘下として
湘南モノレールは活路を見出した。

懸垂式。
ま、三菱重工業の懸垂式モノレールの壮大な実験線のような役割。
昭和45年(1970年)、大船~西鎌倉駅が開通し、翌昭和46年(1971年)
西鎌倉~湘南江の島駅間が開通し全線開通した。
今年は全線開通50周年と歴史は古い。

湘南モノレールは大船駅~湘南江の島駅間6.6kmを所要時間14分でむすぶ。
全8駅。

単線…。
しかし、中間駅6駅中4駅で交換できるなど設備が充実。
なんと、7.5分間隔の高頻度運転が行われており、その時刻表は単線
とは思えないほど。


各駅の1日の乗降客数は平均6,000人ほど。(あまり意味はない…。)

大船駅の乗降客数は29,000人弱と群を抜く規模。
湘南江の島駅は4,500人弱、湘南江の島駅の隣、目白山下駅は370人と
ダントツに少ない。

ほとんど通勤・通学の足として。
モノレールのおかげで沿線人口が増え、その混雑ぶりは有名。

 
路線の下にはずっと鎌倉市道、藤沢市道が。
元々は京急自動車専用道。
なんと大正15年に計画され、昭和5年に開通した。
当時、舗装道路なんて皆無の世の中、周辺の住民は履物を脱いで歩いたと
いうエピソード。

そんな状況下、昭和45年(1970年)にこの道路の上を湘南モノレール
の大船~西鎌倉駅間が開通した。
翌昭和46年に湘南江の島駅までの全線開通。

 
僕が免許取り立ての頃、このモノレール下の京急専用道路をしょっちゅう走った。
通行料を取られたのは数回…。
あとは、料金所と料金所の間を走ることが多く、いつも”無料”だった。
当然、夜中は料金所は閉鎖してたような…。(記憶が定かじゃない…。)
なんだか、おかしな有料道路だなと思った。
お金を払うことに違和感を覚えたような記憶…。

そんな京急専用道路の大半は昭和59年(1984年)に鎌倉市部分を市に譲渡
(有償)。
残る藤沢市部分も数年後には市に無償譲渡。


湘南モノレール

湘南モノレール江の島線 wikipedia



■関連記事

江ノ島小屋♪ 2019.10.19

江ノ電とか♪ 2014.01.25




西鎌倉駅に。

Img_7474





湘南江の島行き。

Img_7475



乗ってきた大船行きを後追い。

Img_7478



西鎌倉駅。
1日平均乗車人員は2,800人弱。
乗降客数に直すと5,000人余か。

Img_7479

西鎌倉駅 wikipedia




県道304号腰越大船線。
津村バス停。
西鎌倉駅前なのに、なぜか、「津村」バス停…。

Img_7502



新鎌倉山入口交差点から少し入ると。
”LES ANGES”(レザンジュ)へ。

Img_7483


凄い行列…。
最後尾に並んでケーキとコーヒーをオーダーする。
みなさん、ほとんどテイクアウト。

こちらのケーキ、噂どおりかなりの出来栄え。

Img_7484 



店の奥にカフェ。

Img_7485



この時期限定の”いちごのクッキーシュー”を♪

Img_7487


”LES ANGES”(レザンジュ)…。
よくよく調べてみると、なんと、あの”横浜銘菓”の”ありあけ”のレザンジュ事業部。
御成町の鎌倉本店、こちら西鎌倉店くらいしか知らなかったので、ちょっとびっくり…。

レザンジュ

LES ANGES -レザンジュ-西鎌倉店(西鎌倉)/食べログ





新鎌倉山入口交差点の脇に「龍口明神社」の看板があった。
きつい勾配の坂を登ることに。

レザンジュのスタッフの方に尋ねてみたら、坂を登って3分くらいとのこと。

お洒落な住宅街が続く。
ところどころ畑が残っていて、葉物や大根などが…。

龍口明神社の手前には経六稲荷が。

Img_7490



境内の片隅には道祖神や庚申塚が寄せられていた。

Img_7492



龍口明神社。

Img_7494



えっ。
龍口寺の隣に残っている旧明神社とは大違い…。
すごく立派な社殿や鳥居。

Img_7499



僕たちもお参りした。

Img_7497


ご神木。

Img_7495




江ノ電・江ノ島駅近くにある龍口寺の隣に龍口明神社(旧社)が残ってる。
創建は538年あるいは552年と言われている。
1,400年以上も昔…。

この辺りの伝説。
悪業を働いて江の島の弁天様に戒められた五頭龍伝説の発祥の地。

大正12年(1923年)の関東大震災にて全壊したが、昭和8年(1933年)に改築。
しかし、昭和53年に鎌倉市腰越の内陸側に移転して、こちらの旧社は閉鎖されている
ものの当時のまま残っている。
移転先は腰越といっても、湘南モノレール西鎌倉駅の近くであり、腰越のイメージ
ではなく、鎌倉山の雰囲気。
それもそのはず、このエリアは新鎌倉山とか西鎌倉というネーミングで人気のエリア。


龍口寺を含め、この辺り一帯は藤沢市の東端にあたるが、明神社の旧境内だけは
”鎌倉市津”の飛び地として扱われている。
地図を眺めるとよく分かる。

龍口明神社 wikipedia




龍口明神社(旧社)。                  2014年11月撮影

Img_2658



五頭龍伝説。

五頭龍と天女様(弁天様)-江の島縁起より/江島神社

龍伝説

龍口明神社 Wikipedia

洲鼻通り~龍口寺♪ 2014.11.23
  




龍口寺付近は藤沢市腰越。
しかし、龍口明神社(旧社)の境内だけが”鎌倉市津”の飛び地…。







鎌倉からの帰り、海側が渋滞している時はこの県道304号腰越大船線を手広へと
走るのだが。
モノレールに遭遇することが少ないので、たまに見かけるとテンションが上がる…。

Img_7500


大船行き。

Img_7504



終点湘南江の島駅。

Img_7509



湘南江の島駅の目の前には江ノ電・江ノ島駅。
湘南海岸公園6号踏切を通過する藤沢行き、2000形。

Img_7515



江ノ島駅といえば。
今日もお洒落なスズメたち。

Img_7520



洲鼻通りから踏切を。

Img_7523



海~♪

Img_7525



腰越漁港のクルマたちはほとんどいなくなっていた…。

Img_7528




帰路。
綾瀬あたりで眼下に見た東名上りはぎっしり…。
なぜ…。





関連記事

腰越~鎌倉♪ 2020.12.06
裏大仏ハイキングコース♪ 2020.10.21
七里ヶ浜&鎌倉山でランチ♪ 2020.08.14
江ノ電♪ 2020.08.01
江の島♪ 2020.06.20
片瀬&長谷寺♪ 2020.02.09
鎌倉♪ 2020.02.01
今年も江島神社に初詣♪ 2020.01.03
江ノ島小屋♪ 2019.10.19
鎌倉…♪ 2019.09.28
長谷♪ 2019.09.07
えのすい♪ 2019.06.29
鎌倉♪ 2019.03.30
タンコロまつり♪ 2018.12.01
北鎌倉♪ 2018.11.24
鎌倉高校前1号踏切♪ 2018.10.28
江の島♪ 2018.10.27
片瀬漁港からぶらり散歩♪ 2018.05.12
湘南♪ 2018.04.28
江の島へ♪ 2018.02.11
鎌倉の蝋梅(ロウバイ)♪ 2018.01.20
今年最後の湘南かな…♪ 2017.12.09
葉山♪ 2017.11.25
雨… 2017.10.15  昔の旧江の島展望灯台の写真
江の島♪ 2017.09.30
旧東海道・藤沢宿♪ 2017.09.03
珊瑚礁本店♪ 2017.08.13
江の島のあじさい♪ 2017.06.24
鎌倉山でランチ♪ 2017.06.09
鎌倉♪ 2017.03.18
江ノ電♪ 2017.02.11
秋の北鎌倉♪ 2016.11.03
江の島♪ 2016.09.03
鎌倉へ… 2016.06.11
腰越&江の島♪ 2016.04.23
北鎌倉♪ 2016.02.27
伊勢海老丼♪ 2015.11.22
江の島♪ 2015.10.10 
江の島散歩♪ 2015.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2015.06.19
休日♪ 【海街diary】 2015.06.13
桜&カレー♪ 2015.04.04
江の島♪ 2015.02.14
江の島♪ 2015.01.17
稲村ヶ崎♪ 2014.12.06
洲鼻通り~龍口寺♪ 2014.11.23
鎌倉♪ 2014.10.25
江の島♪ 2014.10.11
由比ヶ浜大通り♪ 2014.10.04
珊瑚礁本店…いやっ、お魚亭♪ 2014.05.06
鎌倉♪ 2014.04.12
お魚亭♪ 2014.02.22 
江ノ電とか♪ 2014.01.25
葉山~買い物ドライブ…♪ 2014.01.11
江島神社に初詣♪ 2014.01.03 
ソレイユの丘♪ 2013.10.12
鎌倉♪ 2013.09.28
Aloha Beach Cafe~アロハビーチカフェ~♪ 2013.04.20
生しらす♪ 2013.04.13
七里ヶ浜エリア♪ 2013.03.30
春の江の島♪ 2013.02.23

鎌倉♪-2 2013.01.11
鎌倉♪-1 2013.01.11
江島神社に初詣♪ 2013.01.03
江ノ電…♪ 2012.11.17
ジャスト1時間の海~♪ 2012.10.20
鎌倉明月院のあじさい♪ 2012.06.18
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2012.06.18
またまた江の島♪ 2012.04.30
生しらす♪ 2012.04.15
鎌倉長谷寺の梅♪ 2012.03.10
湘南でランチ&ウォーキング…♪ 2012.01.28
江島神社に初詣♪ 2012.01.03
えのすい&江の島シーキャンドル♪ 2011.12.10
久しぶりの湘南-2♪ 2011.10.29
久しぶりの湘南-1♪ 2011.10.29
鎌倉のあじさい2-御霊神社・成就院♪ 2011.06.11
鎌倉のあじさい1-長谷寺♪ 2011.06.11
湘南へ♪ 2011.05.05          〃
鎌倉長谷寺の梅-2♪ 2011.01.30
鎌倉長谷寺の梅-1♪ 2011.01.29
富士山&江ノ電♪ 2011.01.16
腰越しらすや&江ノ電鎌倉高校前駅イルミネーション♪ 2010.11.20
80系に会いました♪ 2010.11.19
リバイバルカラー江ノ電♪ 2010.11.06
久々の湘南♪ 2010.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪-2 2010.06.12
鎌倉長谷寺のあじさい♪-1 2010.06.12
鎌倉・海蔵寺♪-2 2010.03.13
鎌倉・海蔵寺♪-1 2010.03.13
鎌倉の大銀杏… 2010.03.10
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-2♪ 2010.02.06
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-1♪ 2010.02.06
秋の鎌倉♪ 2009.11.28
北鎌倉-2・葉祥明美術館・明月院♪ 2009.10.03
北鎌倉-1・浄智寺♪ 2009.10.03
江ノ電♪ 2009.09.05
鎌倉・長寿寺-2♪ 2009.06.27
鎌倉・長寿寺-1♪ 2009.06.27
デジタル一眼お断り… 2009.06.20
江ノ電車両ガイド♪ 2009.05.29
江の島-2♪ 2009.05.24
江の島-1♪ 2009.05.23
鎌倉文学館~長谷寺-2♪ 2009.05.17
鎌倉文学館~長谷寺-1♪ 2009.05.17
GWの鎌倉♪ 2009.04.03
鎌倉-2♪ 2009.02.13
鎌倉-1♪ 2009.02.13
世界一のブレックファースト♪ 2009.02.13
ランチ♪ 2008.09.27
えのべん♪ 2008.09.06
鎌倉のあじさい♪ 2008.06.07
葉山・花の木公園のつつじ♪ 2008.04.19
鎌倉めぐり・九品寺&葉山かじべ♪ 2008.01.23
鎌倉めぐり・杉本寺&瑞泉寺&鎌倉宮♪ 2008.01.22
鎌倉めぐり・浄妙寺&石窯ガーデンテラス♪ 2008.01.22
大失敗っ 2008.01.13
江島神社へ初詣♪ 2008.01.03
江の島のイルミネーション♪ 2007.12.23
一年ぶりの江の島♪ 2007.10.06
さよなら江ノ電303+353号車  2007.10.01
三崎のまぐろ♪ 2007.09.22  (湘南というには無理があるけど…)
鎌倉のあじさい♪ 2007.06.09
北鎌倉♪ 2007.05.12
葉山のつつじ♪ 2007.04.14
七里ガ浜Amalfi Della Sera♪ 2007.03.03
葉山♪ 2007.02.10
今年最後の湘南♪…多分 2006.12.03
江の島♪ 2006.09.09
あじさい♪ 2006.06.10     
梅はまだかな… 2006.02.17
今年初めての湘南 2006.01.15
鎌倉2 2005.11.06
江の島と江ノ島と江島 2005.10.29
鎌倉 2005.09.24

湘南の潮風~♪

 









| | コメント (0)

2021/02/10

鎌倉 江の島 大山 新板往来双六♪

★鎌倉 江の島 大山 新板往来双六♪

晴れ♪

昼間は日差しが強くて暖かかった♪




東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視・女性差別発言
について様々な声が聞こえてきた、そして、様々な影響が出てきている。
ボランティアの辞退、聖火ランナーの辞退、スポンサー企業からの批判、そして、
世界からの激しい批判、世界のトップアスリートたちの動向…。
発言撤回ではすまない状況になりつつある…。

いちばん的を得ているのは、森喜朗会長と同じ派閥でもあった山本一太群馬県知事
は「思い切って辞任を…」と発言し、森会長を批判した。

どちらにしても、不名誉なかたちは避けようとの思惑…。
政府、与党、組織委員会とも、ご自身での辞任待ち、そんな雰囲気が漂うが、
森喜朗会長は高齢過ぎて判断不能に陥っているのかとも思われる…。

もしかして、森喜朗会長の後任は安倍さんかなという声も…。




先日、寒川で見かけた「鎌倉 江の島 大山新板往来双六」の「一の宮」の絵。

江戸・日本橋を起点に鎌倉、江の島、大山という神奈川の名所を6泊7日で巡る双六。
葛飾北斎唯一の双六なのだとか。

描かれている52のコマを書き出してみた。

 1.日本橋      品川へ二里
 2.品川       川崎へ二里半、荏原郡
 3.大森       名物  海苔
 4.川崎(川嵜)   神奈川へ二里半、橘樹郡
 5.鶴見       名物 まんぢう(?) よねまんじゅう
 6.神奈川      程が谷(保土ヶ谷)へ一里九丁
 7.○○より     本牧をのぞむ図(?)
 8.程が谷 (泊)  戸塚へ二里九丁
 9.戸塚       武相の堺を、俗界木村と○○
10.同驛         ○○まで二里九丁
11.倉田、長沼、飯嶋 
12.大道       小菅谷村、笠間
13.粟舩       ※現在の大船
14.小袋谷      市場
15.山の内      
16.円覚寺      瑞鹿山
17.建長寺      巨福山
18.巨福呂坂
19.鶴ヶ岡      七里ヶ浜まで一里 ※鶴岡八幡宮の大銀杏も描かれている
20.雪ノ下 (泊)
21.琵琶小路     ※若宮大路の一の鳥居から二の鳥居の間、今も琵琶橋がある
22.稲瀬川
23.深澤       大仏 三丈五尺
24.長谷       海光山 長谷寺
25.星月夜の井   虚空蔵堂  ※星の井通りはいつも通るとこ
26.極楽寺      切通し、霊山山
27.針磨橋      ※江ノ電極楽寺駅から検車区を過ぎた辺り
28.稲村       足あらい茶屋
29.七里ヶ濱     腰ごえまで四十二丁
30.腰越       小動、江の島まで二十二丁
31.江の嶋 (泊)  藤澤まで○○○八丁
32.固瀬       ※片瀬
33.藤澤       四ツ谷へ一里
34.四ツ谷      一のみやへ二里 ※藤沢市城南2丁目
35.一の宮      田むら十八丁
36.田村       伊勢原へ一里十八丁  ※平塚市の田村十字路の田村
37.伊勢原      大山不動へ二里
38.大山 (泊)   伊勢原より○○へ十八丁
39.粕谷       愛甲へ十二丁
40.愛甲       厚木へ三十四丁
41.厚木       川原口へ十八丁
42.川原口      鶴間宿へ二里半
43.鶴間の原     ○○○○相模
44.鶴間宿 (泊)  長津田へ一里 ○○○武蔵
45.長津田      荏田へ二里  
46.谷本       市ヶ尾をすぎて荏田○○都築郡 ※横浜市都筑区の原点
47.荏田       依田とも○○○ 二タ子へ二里   
48.馬絹       橘樹郡 ※馬絹と北斎/馬絹町内会(川崎市宮前区)
49.溝ノ口 (泊)  ○○○景光寺○○
50.二タ子      三軒茶やへ二里、玉川六○の水止
51.三軒茶屋     志ぶやへ壱里、荏原郡
52.渋谷       日本橋へ二里、豊嶌郡
       

1里は約4km、1丁は109m。
読めない文字は○で表記した。     

それにしても。
190年前の双六だが、昔の地名と今の地名が変っていないことに驚いた…。
ま、当たり前ではあるのだが…。
とはいえ、「渋谷」が「志ぶや」、「保土ヶ谷」が「程が谷」とか、かえって新鮮な感じ。

近所にある江戸時代の道標などは誰もが読めるようにか、府中が「ふちう」、
八王子が「はちおゝじ」というようにひらがなが使われている。
僕らの世代の祖母や曽祖母、つまり江戸時代末期から明治時代の中頃までに生まれ
た人の中には文字の読み書きができない人が実際にいたのだ…。
ひらがなはかろうじて読めるというレベルだったそうだ…。
但し、祖父や曽祖父といった男性は読み書きができたので、性別による格差とか
都会と田舎といった地域格差があったのかと思われる。
また、女性といえども身分などによって異なることもあった。
父方は商家だったので祖母は達者な字を書いていて、帳簿なども書いていた。
母方の祖母は農家出身だったので読み書きはできなかったが、母方の祖父は武家の
出身だったので祖父の妹たちは読み書きどころか上の学校までいかせてもらった。


北斎唯一の双六絵。
武蔵・相模両国の名所旧跡をめぐる双六絵である。
江戸から東海道六郷の渡し~川崎~神奈川と来て保土ヶ谷で一泊。
戸塚から大道~円覚寺~建長寺、鶴岡八幡に詣で、雪の下で一泊。
露座の大仏、長谷観音、極楽寺から七里ヶ浜へ出て、弁財天の江ノ島に宿泊。
片瀬~藤沢~四ツ谷から大山道に出て、相模川を田村の渡しで越え伊勢原へ。
良弁の滝で身を清めて、大山に詣でて坊に一泊。
愛甲~厚木で相模川を越え、河原口~鵜の森~鶴間宿泊まり、大山街道の長津田~
谷本~荏田、国道246号を馬絹~溝の口と来て二子宿泊まり、多摩川を二子の渡し
で越え、三軒茶屋~渋谷~赤坂見付けを通り、歩いて6泊7日の大旅行の上がり。

柳亭種彦の撰に従い、北斎が描いた52駒の名所絵。
江戸時代にタイム・スリップした神奈川の名所巡りは、観光立県・神奈川のポスターそのものだ。
「初摺」の本図は、板元西村屋与八・鶴屋喜右衛門の共同で文政末年(1830年)ごろ発行された。
※馬絹町内会「馬絹と北斎」より


鎌倉や江の島などはコロナ禍でも東京や埼玉、千葉のナンバーが押し寄せて来る
けど、江戸時代も観光としての価値が高かったことがよく分かる。


鎌倉江の島大山 新板往来双六/国立国会図書館デジタルコレクション

鎌倉江の島大山 新板往来双六/川崎市宮前区 馬絹町内会
 


Img_7327




関連記事

相模線「西寒川支線」跡地へ♪ 2021.02.07





| | コメント (0)

2021/01/11

鏡開き♪

★鏡開き♪

どんより…、時々、晴れ♪

今朝も冷え込んだけど、氷は薄氷だった…。
昼間も気温は上がらず寒い…。


今夜というか明日未明から関東でも雪やみぞれの予報…。
明日の通勤を考えると戦々恐々…。




鏡開き♪

おしるこにして食べた。
自宅でおしるこを食べるのは鏡開きの日だけ…。
甘くて美味しかった♪


000000002r_20210111152401





| | コメント (0)

2021/01/10

かしわ台散歩…♪

★かしわ台散歩…♪

晴れ♪

今朝も冷え込んで1cm以上の分厚い氷が張った…。



昼前に買い物に…。
クルマの気温表示は1℃…。

エイビイ中央林間店は異常に混んでるとの情報…。
仕方ないのでエイビイ綾瀬店に…。
綾瀬からは富士山がよく見えたが、昨日と同じく雪のない富士山だった…。

やはり…。
客足はそこそこ多い…。
カップ麺などはかなり買われたようで品薄…。
でも、まあ、なんとか…。
多少は緊急事態宣言の影響はあるようだけど、4月のような異常事態には
なっていない…。




午後…。
いつも通る目久尻川の河童の像。
あの辺りは里山の風景が残っているよう…。
ちょっと気になっていたので散歩に…。

海老名市の北部公園にクルマを駐車して散策…。
結構、ウォーキングとかしてる人達が多い。


海老名市柏ヶ谷117付近。
子育地蔵の横には道祖神が。
双体道祖神、文政二卯十二月吉日(1819年)とある。
江戸時代後期、202年前の道祖神…。

Img_7152




Img_7154


神奈川県の庚申塔



小屋の中には小さな子育地蔵がいた。

Img_7156



この一角には”どんど焼き”の準備がされていたが、開催されるのだろうか…。

Img_7157



先に進むと相鉄線の高架が。

Img_7158



高架下をくぐると電車が通過していった。

Img_7162



さらに進むと目の前が開けた、大山がくっきり。
相鉄線海老名行き、20000形。

Img_7164



里山風景…。

Img_7169



「自然と歴史のさんぽみち」案内標識。

Img_7184



正一位杉森稲荷大明神。

Img_7172

 

Img_7173



いつも河童像の写真を撮る伊勢下村橋(通称、かっぱ橋)。

Img_7178

 

Img_7179



相鉄線が通過。

Img_7181


竹林と祠。

Img_7185




Img_7186



杉本小学校の横をいく。

Img_7190



北部公園前には消防署がある。
今日は出初式の予定だったが、コロナ禍の影響で中止となった…。

Img_7191



今日の最高気温6℃から7℃…。
寒いけど日差しが強くて気持ちいい。

そこそこ歩いたので、温まった…。



関連記事

庚申塚や道祖神、お地蔵さん♪ 2020.05.25

目久尻川の河童♪ 2021.01.02


| | コメント (0)

より以前の記事一覧