2021/04/03

熊澤酒造&大岡越前守♪

★熊澤酒造&大岡越前守♪

晴れ♪

暑い…♪
海老名で21.5℃。
クルマは冷房しないとやってられない…。

花粉はほとんど感じない…。



寒川を経て相模線香川駅方面へ。

茅ヶ崎市といっても、香川は内陸部…。
お洒落な住宅街を。

Img_8025



湘南みずきバス停。

Img_7977


この辺りから昔の里山風景が広がる。
右手のこんもりとした辺りはスリーハンドレッドクラブの西端…。
その隣には湘南カントリークラブも広がる。
若かりし日、これらの名門コースに誘われて初心者の僕はどきどき…。
えっ、こんな所だったとは…。
湘南、茅ヶ崎ということだったので、てっきり海の近くでプレーしてるものと思い込んで
いた…。

Img_7978


右手は浄見寺、突き当りは旧和田家住宅。

Img_7982


桜と旧和田家。

Img_7985



民俗資料館、旧和田家。
茅ヶ崎市萩園の旧家で、江戸時代に村役人を務めていた和田家の住宅を移築復元したもの。
安政2年(1855年)に棟上げされた記録が残されている。

Img_7988


かまど。

Img_7990


脱穀機などが。

Img_7994


香川・下寺尾周辺史跡めぐりコース/ちがさきナビ




旧和田家の目の前には。
大岡越前守菩提所と書かれた浄見寺。

Img_7998



江戸時代の名奉行で知られている大岡越前守忠相(ただすけ)を輩出した大岡家の
菩提寺で、初代忠勝(ただかつ)から13代まで一族累代58基の墓がならんでいるとか。

Img_8000


大岡家は三河国(現在の愛知県)の土着。
大岡家二代忠政は天正19年(1591年)、徳川家康より相模国高座郡堤村を賜った。
五代、大岡越前守忠相(ただすけ)は 、江戸町奉行として徳川吉宗の幕政改革に尽力した。
愛知県岡崎市の西大平藩を与えられて大名となり、後に寺社奉行も務めた。

茅ヶ崎の堤村には大岡家の領地があり、墓所は市内の浄見寺にある。
寺は市の北部を横断する大岡越前通りから少し南へ入った所で、向かいには茅ヶ崎市
民族資料館・旧和田家がある。

5月の大岡越前祭りには墓前祭や駅前での越前行列などが行われ、市を挙げての
春祭りとして賑わうとのこと。

大岡家との縁により、西大平藩のあった愛知県岡崎市と浄見寺のある茅ヶ崎市は
昭和58年に「ゆかりのまち提携」を結び、現在も交流を続けている。

大岡越前祭/茅ヶ崎市

大岡忠相 wikipedia




「旅立ちの法然さま」。
浄土宗の開祖法然上人の像。

Img_8001


六地蔵。

Img_8002



Img_8003

浄見寺 wikipedia



旧和田家。
この隣には大きな建物が建設中。
茅ヶ崎市の歴史文化交流館(仮称)建設中…。
この辺りのことも詳しく知ることができそう…。

Img_8006


池端道祖神兼庚申塔。

Img_8009



里山風景。

Img_8013



こちらで筍を掘っていた人からいただいた♪
大きな筍~♪
ありがとうございます。

Img_8016



大岡越前通りの標識。

Img_8014



Img_8017



農家なのか家庭菜園なのか…。
作物も花も。

Img_8020



浄見寺まで往復2kmほどの散策だった。
初夏の暑さで汗が…。




熊澤酒造へ。

Img_8027




Img_8028


ベーカリーへ。

Img_8031


欲しいパンが売り切れてしまうので、先に購入。

Img_8029



MOKICHI TRATTORIA。

Img_8033



窓の外に目が。

Img_8051


落ち着いた店内。

Img_8036


前菜盛り合わせ。

Img_8038


マルゲリータ。
薄い生地がすごく美味しかった♪

Img_8039



Img_8042


黒と赤の鯉のぼりがいた。

Img_8048


うにのカルボナーラ。
美味♪

Img_8045


お肉♪
根菜も美味しかった。

Img_8046



酒粕アイス、ブラッドオレンジのシャーベット。

Img_8049


大満足~♪


MOKICHI TRATTORIA -熊澤酒造-

トラットリア・モキチ(茅ヶ崎・香川)/食べログ



テラス。
テイクアウトしてテラスもいいかも。

Img_8053




Img_8052



Img_8056



相模線香川駅へ。
コミュニティバス「えぼし号」。

Img_8058


駅には桜が。

Img_8059


香川駅。

Img_8070


香川踏切。
茅ヶ崎行きが。

Img_8064



駅前の和菓子屋さん「湘南 富士美」。

Img_8068



奉行最中などを。

Img_8069


西湘の帰り、産業道路で見かける「奉行最中」の看板。
あそこは工場で、売店もあるのだとか。
「奉行最中」ってなんだろう…?、いつもそう思っていた…。
2、30年間、そう思いながら通り過ぎていた…。
まさか、大岡越前守のことだったとは…。

茅ヶ崎と大岡越前守にそんな関係があったとは…。
まさかの展開にびっくり…。

ちなみに、湘南へのアクセスで鵠沼海岸エリアでも「富士美」の店舗を横目に通り過ぎていた。

奉行最中




帰路。
綾瀬のエイビイで買い物。
いただいた筍を茹でるための米ぬかも買った。
こちらも客が多くて、最近はレジ待ち行列が長くなってきた…。
今日はお出かけ日和なのか、行列は短くてほっとした。

綾瀬といえば、東名・綾瀬スマートICが開通して数日たつが、スマートICに
入っていくクルマの多さにびっくり…。




■関連記事

熊澤酒造へ♪ 2020.08.08

相模線で南下♪ 2020.08.20

熊澤酒造でお酒を♪ 2020.11.15

相模線「西寒川支線」跡地へ♪ 2021.02.07







| | コメント (0)

2021/02/13

湘南の梅♪

★湘南の梅♪

晴れ♪

暖かい♪
15℃を超えた。



梅を見たい…。
でも、新型コロナ…。
人の少ないとこへ…。

てことで…。
久々に湘南エリアへ。
といっても、人の少ないとこへ。

ところが、お目当てのエリアのコインパーキングはどれも滅茶苦茶高い…。
上限金額が設定されていなかったり、設定されていても凄く高かったり…。
医院や銀行の駐車場をコインパーキングにしているとこが多く、平日は1時間1,000円
なんてビックリ、平日は一般の利用はしてもらいたくないって事がよく分かる設定。
土日だって安くはない…。

なので、いつもの腰越漁港に駐車。
凄いクルマの数…、いちばん奥へ…。
だけど、県外ナンバーはほとんどいなかった…。
あれだけTVとかで取り上げられると…。

Img_7364_20210213193601




昨日、腰越駅からすぐ近くの満福寺で火災発生…。
義経庵(ぎけいあん)が全焼したとのことでびっくり…。
江ノ電は早朝から全線で運転見合わせだったとか…。
おそらく、消火活動のための運転見合わせだと思われる。

生しらす♪ 2013.04.13



腰越駅にて、鎌倉行き、2000形。

Img_7369



”かきや”へ。

Img_7370


ママはサービス定食。 かなりお得。

Img_7373


僕は天重とそばのセット。
美味しかった♪

Img_7375



店内から江ノ電を♪

Img_7378


”かきや”って、食堂だけでなく旅館もやってる。

かきや

かきや(腰越)/食べログ




藤沢行きの500形がやって来た。

Img_7386



江ノ電のポスターなどでもお馴染みの星野写真館本店。
平戸輪業店も味がある。

Img_7382


2000形。

Img_7391



江ノ電併用軌道もどき、龍口寺前交差点。

Img_7393


龍口寺山門。

Img_7394



鎌倉行き、1000形。

Img_7396



湘南モノレール・湘南江の島駅の角を曲がるとモノレールが出発したとこだった。

Img_7409



今日の目的地。
常立寺(じょうりゅうじ)。
日蓮宗のお寺で山号は龍口山、枝垂れ梅の名所として知る人ぞ知る名所…。

Img_7445


こちらは、龍口寺の裏にあたる…。
龍口寺には処刑場があったが、埋葬地は常立寺というのが定説。
また、当時、元寇(蒙古襲来)があり、元の国使ら5名は龍ノ口刑場で斬首され、
この地に埋葬された。
結構おどろおどろしいお寺というイメージ…。
そういったことから、あまり足を向けようとは思わなかったのだが…。
コロナ禍、人があまりいないだろうということで訪れてみた。



梅に彩られる本堂と六地蔵。

Img_7421


Img_7416



Img_7422


見頃だった。

Img_7424



六地蔵。

Img_7429


Img_7426


淡いピンクがかわいい。

Img_7430



「元使塚」。
元寇(蒙古襲来)で元への服従を求める国書を携えた元の国使ら5名が龍ノ口刑場で
斬首され、この地に埋葬された。

2001年のNHK大河ドラマ「北条時宗」では和泉元彌演じる時宗が元寇に対処する姿
が克明に描かれたことが思い出される。


青い布が巻いてあるのが五輪の供養塔で後ろの元使塚は大正15年(1926年)に
建立された。
平成17年(2005年)、朝青龍や白鵬らモンゴル出身の力士らが元使塚を参拝し、
モンゴルでは英雄を意味する青い布が供養塔に巻かれた。
その後も毎年、藤沢で巡業の際にモンゴル出身力士による元使塚参拝が行われるよう
になり、五輪塔には常に青い布が巻かれるようになった。

平成19年(2007年)にはモンゴル国大統領、ナンバリーン・エンフバヤル夫妻が
元使塚を参拝した。

Img_7439


本堂前の枝垂れ梅が見事だった。

Img_7437


境内からは湘南モノレールが見える。

Img_7428_20210215174901


常立寺/歩いてみたブログ

常立寺 wikipedia






寺の前には立派な「寛文庚申供養塔」がある。
寛文年間(1661年~73年)に造立の塔が天保13年(1842年)に修理
されたものとの解説されている。
そんな350年以上も昔の庚申塔が無造作にあることに驚きを覚える。

Img_7448


湘南モノレールの駅に向かう途中に「江の島弁財天道標」がある。
この道標は藤沢橋付近、遊行ロータリー、洲鼻通りなどで見られるものと同じものらしい。

右側は「従是(これより)右江嶋道」、左側に「左龍口道」、裏側には「願主 江戸糀町」
と読める。
糀町(こうじまち)は麹町なのか…。

Img_7457



かなり老朽化したビルだったが、2018年12月にリニューアル開業した。
湘南モノレール・湘南江の島駅。

Img_7513



Img_7511



きれいになった駅ビル。
しかし…。
コロナ禍ということもあってか、テナントは歯科医院だけ…。
テナント募集のポスターや画面表示が虚しい…。

ホームは5F。

Img_7463


懸垂式のモノレールで単線…。

Img_7464


眼下には先程の常立寺が見える。

Img_7467



出発するとすぐに片瀬山トンネルへ。

Img_7468



目白山下駅。

Img_7469



駅を出ると、眼下には道路。
懸垂式なので眺めが良い。

Img_7472




湘南モノレールは三菱重工業の連結子会社の経営だった。
京急の資本も若干…。

数年前に各地方公共交通機関を束ねる企業みちのりホールディングスの傘下として
湘南モノレールは活路を見出した。

懸垂式。
ま、三菱重工業の懸垂式モノレールの壮大な実験線のような役割。
昭和45年(1970年)、大船~西鎌倉駅が開通し、翌昭和46年(1971年)
西鎌倉~湘南江の島駅間が開通し全線開通した。
今年は全線開通50周年と歴史は古い。

湘南モノレールは大船駅~湘南江の島駅間6.6kmを所要時間14分でむすぶ。
全8駅。

単線…。
しかし、中間駅6駅中4駅で交換できるなど設備が充実。
なんと、7.5分間隔の高頻度運転が行われており、その時刻表は単線
とは思えないほど。


各駅の1日の乗降客数は平均6,000人ほど。(あまり意味はない…。)

大船駅の乗降客数は29,000人弱と群を抜く規模。
湘南江の島駅は4,500人弱、湘南江の島駅の隣、目白山下駅は370人と
ダントツに少ない。

ほとんど通勤・通学の足として。
モノレールのおかげで沿線人口が増え、その混雑ぶりは有名。

 
路線の下にはずっと鎌倉市道、藤沢市道が。
元々は京急自動車専用道。
なんと大正15年に計画され、昭和5年に開通した。
当時、舗装道路なんて皆無の世の中、周辺の住民は履物を脱いで歩いたと
いうエピソード。

そんな状況下、昭和45年(1970年)にこの道路の上を湘南モノレール
の大船~西鎌倉駅間が開通した。
翌昭和46年に湘南江の島駅までの全線開通。

 
僕が免許取り立ての頃、このモノレール下の京急専用道路をしょっちゅう走った。
通行料を取られたのは数回…。
あとは、料金所と料金所の間を走ることが多く、いつも”無料”だった。
当然、夜中は料金所は閉鎖してたような…。(記憶が定かじゃない…。)
なんだか、おかしな有料道路だなと思った。
お金を払うことに違和感を覚えたような記憶…。

そんな京急専用道路の大半は昭和59年(1984年)に鎌倉市部分を市に譲渡
(有償)。
残る藤沢市部分も数年後には市に無償譲渡。


湘南モノレール

湘南モノレール江の島線 wikipedia



■関連記事

江ノ島小屋♪ 2019.10.19

江ノ電とか♪ 2014.01.25




西鎌倉駅に。

Img_7474





湘南江の島行き。

Img_7475



乗ってきた大船行きを後追い。

Img_7478



西鎌倉駅。
1日平均乗車人員は2,800人弱。
乗降客数に直すと5,000人余か。

Img_7479

西鎌倉駅 wikipedia




県道304号腰越大船線。
津村バス停。
西鎌倉駅前なのに、なぜか、「津村」バス停…。

Img_7502



新鎌倉山入口交差点から少し入ると。
”LES ANGES”(レザンジュ)へ。

Img_7483


凄い行列…。
最後尾に並んでケーキとコーヒーをオーダーする。
みなさん、ほとんどテイクアウト。

こちらのケーキ、噂どおりかなりの出来栄え。

Img_7484 



店の奥にカフェ。

Img_7485



この時期限定の”いちごのクッキーシュー”を♪

Img_7487


”LES ANGES”(レザンジュ)…。
よくよく調べてみると、なんと、あの”横浜銘菓”の”ありあけ”のレザンジュ事業部。
御成町の鎌倉本店、こちら西鎌倉店くらいしか知らなかったので、ちょっとびっくり…。

レザンジュ

LES ANGES -レザンジュ-西鎌倉店(西鎌倉)/食べログ





新鎌倉山入口交差点の脇に「龍口明神社」の看板があった。
きつい勾配の坂を登ることに。

レザンジュのスタッフの方に尋ねてみたら、坂を登って3分くらいとのこと。

お洒落な住宅街が続く。
ところどころ畑が残っていて、葉物や大根などが…。

龍口明神社の手前には経六稲荷が。

Img_7490



境内の片隅には道祖神や庚申塚が寄せられていた。

Img_7492



龍口明神社。

Img_7494



えっ。
龍口寺の隣に残っている旧明神社とは大違い…。
すごく立派な社殿や鳥居。

Img_7499



僕たちもお参りした。

Img_7497


ご神木。

Img_7495




江ノ電・江ノ島駅近くにある龍口寺の隣に龍口明神社(旧社)が残ってる。
創建は538年あるいは552年と言われている。
1,400年以上も昔…。

この辺りの伝説。
悪業を働いて江の島の弁天様に戒められた五頭龍伝説の発祥の地。

大正12年(1923年)の関東大震災にて全壊したが、昭和8年(1933年)に改築。
しかし、昭和53年に鎌倉市腰越の内陸側に移転して、こちらの旧社は閉鎖されている
ものの当時のまま残っている。
移転先は腰越といっても、湘南モノレール西鎌倉駅の近くであり、腰越のイメージ
ではなく、鎌倉山の雰囲気。
それもそのはず、このエリアは新鎌倉山とか西鎌倉というネーミングで人気のエリア。


龍口寺を含め、この辺り一帯は藤沢市の東端にあたるが、明神社の旧境内だけは
”鎌倉市津”の飛び地として扱われている。
地図を眺めるとよく分かる。

龍口明神社 wikipedia




龍口明神社(旧社)。                  2014年11月撮影

Img_2658



五頭龍伝説。

五頭龍と天女様(弁天様)-江の島縁起より/江島神社

龍伝説

龍口明神社 Wikipedia

洲鼻通り~龍口寺♪ 2014.11.23
  




龍口寺付近は藤沢市腰越。
しかし、龍口明神社(旧社)の境内だけが”鎌倉市津”の飛び地…。







鎌倉からの帰り、海側が渋滞している時はこの県道304号腰越大船線を手広へと
走るのだが。
モノレールに遭遇することが少ないので、たまに見かけるとテンションが上がる…。

Img_7500


大船行き。

Img_7504



終点湘南江の島駅。

Img_7509



湘南江の島駅の目の前には江ノ電・江ノ島駅。
湘南海岸公園6号踏切を通過する藤沢行き、2000形。

Img_7515



江ノ島駅といえば。
今日もお洒落なスズメたち。

Img_7520



洲鼻通りから踏切を。

Img_7523



海~♪

Img_7525



腰越漁港のクルマたちはほとんどいなくなっていた…。

Img_7528




帰路。
綾瀬あたりで眼下に見た東名上りはぎっしり…。
なぜ…。





関連記事

腰越~鎌倉♪ 2020.12.06
裏大仏ハイキングコース♪ 2020.10.21
七里ヶ浜&鎌倉山でランチ♪ 2020.08.14
江ノ電♪ 2020.08.01
江の島♪ 2020.06.20
片瀬&長谷寺♪ 2020.02.09
鎌倉♪ 2020.02.01
今年も江島神社に初詣♪ 2020.01.03
江ノ島小屋♪ 2019.10.19
鎌倉…♪ 2019.09.28
長谷♪ 2019.09.07
えのすい♪ 2019.06.29
鎌倉♪ 2019.03.30
タンコロまつり♪ 2018.12.01
北鎌倉♪ 2018.11.24
鎌倉高校前1号踏切♪ 2018.10.28
江の島♪ 2018.10.27
片瀬漁港からぶらり散歩♪ 2018.05.12
湘南♪ 2018.04.28
江の島へ♪ 2018.02.11
鎌倉の蝋梅(ロウバイ)♪ 2018.01.20
今年最後の湘南かな…♪ 2017.12.09
葉山♪ 2017.11.25
雨… 2017.10.15  昔の旧江の島展望灯台の写真
江の島♪ 2017.09.30
旧東海道・藤沢宿♪ 2017.09.03
珊瑚礁本店♪ 2017.08.13
江の島のあじさい♪ 2017.06.24
鎌倉山でランチ♪ 2017.06.09
鎌倉♪ 2017.03.18
江ノ電♪ 2017.02.11
秋の北鎌倉♪ 2016.11.03
江の島♪ 2016.09.03
鎌倉へ… 2016.06.11
腰越&江の島♪ 2016.04.23
北鎌倉♪ 2016.02.27
伊勢海老丼♪ 2015.11.22
江の島♪ 2015.10.10 
江の島散歩♪ 2015.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2015.06.19
休日♪ 【海街diary】 2015.06.13
桜&カレー♪ 2015.04.04
江の島♪ 2015.02.14
江の島♪ 2015.01.17
稲村ヶ崎♪ 2014.12.06
洲鼻通り~龍口寺♪ 2014.11.23
鎌倉♪ 2014.10.25
江の島♪ 2014.10.11
由比ヶ浜大通り♪ 2014.10.04
珊瑚礁本店…いやっ、お魚亭♪ 2014.05.06
鎌倉♪ 2014.04.12
お魚亭♪ 2014.02.22 
江ノ電とか♪ 2014.01.25
葉山~買い物ドライブ…♪ 2014.01.11
江島神社に初詣♪ 2014.01.03 
ソレイユの丘♪ 2013.10.12
鎌倉♪ 2013.09.28
Aloha Beach Cafe~アロハビーチカフェ~♪ 2013.04.20
生しらす♪ 2013.04.13
七里ヶ浜エリア♪ 2013.03.30
春の江の島♪ 2013.02.23

鎌倉♪-2 2013.01.11
鎌倉♪-1 2013.01.11
江島神社に初詣♪ 2013.01.03
江ノ電…♪ 2012.11.17
ジャスト1時間の海~♪ 2012.10.20
鎌倉明月院のあじさい♪ 2012.06.18
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2012.06.18
またまた江の島♪ 2012.04.30
生しらす♪ 2012.04.15
鎌倉長谷寺の梅♪ 2012.03.10
湘南でランチ&ウォーキング…♪ 2012.01.28
江島神社に初詣♪ 2012.01.03
えのすい&江の島シーキャンドル♪ 2011.12.10
久しぶりの湘南-2♪ 2011.10.29
久しぶりの湘南-1♪ 2011.10.29
鎌倉のあじさい2-御霊神社・成就院♪ 2011.06.11
鎌倉のあじさい1-長谷寺♪ 2011.06.11
湘南へ♪ 2011.05.05          〃
鎌倉長谷寺の梅-2♪ 2011.01.30
鎌倉長谷寺の梅-1♪ 2011.01.29
富士山&江ノ電♪ 2011.01.16
腰越しらすや&江ノ電鎌倉高校前駅イルミネーション♪ 2010.11.20
80系に会いました♪ 2010.11.19
リバイバルカラー江ノ電♪ 2010.11.06
久々の湘南♪ 2010.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪-2 2010.06.12
鎌倉長谷寺のあじさい♪-1 2010.06.12
鎌倉・海蔵寺♪-2 2010.03.13
鎌倉・海蔵寺♪-1 2010.03.13
鎌倉の大銀杏… 2010.03.10
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-2♪ 2010.02.06
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-1♪ 2010.02.06
秋の鎌倉♪ 2009.11.28
北鎌倉-2・葉祥明美術館・明月院♪ 2009.10.03
北鎌倉-1・浄智寺♪ 2009.10.03
江ノ電♪ 2009.09.05
鎌倉・長寿寺-2♪ 2009.06.27
鎌倉・長寿寺-1♪ 2009.06.27
デジタル一眼お断り… 2009.06.20
江ノ電車両ガイド♪ 2009.05.29
江の島-2♪ 2009.05.24
江の島-1♪ 2009.05.23
鎌倉文学館~長谷寺-2♪ 2009.05.17
鎌倉文学館~長谷寺-1♪ 2009.05.17
GWの鎌倉♪ 2009.04.03
鎌倉-2♪ 2009.02.13
鎌倉-1♪ 2009.02.13
世界一のブレックファースト♪ 2009.02.13
ランチ♪ 2008.09.27
えのべん♪ 2008.09.06
鎌倉のあじさい♪ 2008.06.07
葉山・花の木公園のつつじ♪ 2008.04.19
鎌倉めぐり・九品寺&葉山かじべ♪ 2008.01.23
鎌倉めぐり・杉本寺&瑞泉寺&鎌倉宮♪ 2008.01.22
鎌倉めぐり・浄妙寺&石窯ガーデンテラス♪ 2008.01.22
大失敗っ 2008.01.13
江島神社へ初詣♪ 2008.01.03
江の島のイルミネーション♪ 2007.12.23
一年ぶりの江の島♪ 2007.10.06
さよなら江ノ電303+353号車  2007.10.01
三崎のまぐろ♪ 2007.09.22  (湘南というには無理があるけど…)
鎌倉のあじさい♪ 2007.06.09
北鎌倉♪ 2007.05.12
葉山のつつじ♪ 2007.04.14
七里ガ浜Amalfi Della Sera♪ 2007.03.03
葉山♪ 2007.02.10
今年最後の湘南♪…多分 2006.12.03
江の島♪ 2006.09.09
あじさい♪ 2006.06.10     
梅はまだかな… 2006.02.17
今年初めての湘南 2006.01.15
鎌倉2 2005.11.06
江の島と江ノ島と江島 2005.10.29
鎌倉 2005.09.24

湘南の潮風~♪

 









| | コメント (0)

2021/02/10

鎌倉 江の島 大山 新板往来双六♪

★鎌倉 江の島 大山 新板往来双六♪

晴れ♪

昼間は日差しが強くて暖かかった♪




東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視・女性差別発言
について様々な声が聞こえてきた、そして、様々な影響が出てきている。
ボランティアの辞退、聖火ランナーの辞退、スポンサー企業からの批判、そして、
世界からの激しい批判、世界のトップアスリートたちの動向…。
発言撤回ではすまない状況になりつつある…。

いちばん的を得ているのは、森喜朗会長と同じ派閥でもあった山本一太群馬県知事
は「思い切って辞任を…」と発言し、森会長を批判した。

どちらにしても、不名誉なかたちは避けようとの思惑…。
政府、与党、組織委員会とも、ご自身での辞任待ち、そんな雰囲気が漂うが、
森喜朗会長は高齢過ぎて判断不能に陥っているのかとも思われる…。

もしかして、森喜朗会長の後任は安倍さんかなという声も…。




先日、寒川で見かけた「鎌倉 江の島 大山新板往来双六」の「一の宮」の絵。

江戸・日本橋を起点に鎌倉、江の島、大山という神奈川の名所を6泊7日で巡る双六。
葛飾北斎唯一の双六なのだとか。

描かれている52のコマを書き出してみた。

 1.日本橋      品川へ二里
 2.品川       川崎へ二里半、荏原郡
 3.大森       名物  海苔
 4.川崎(川嵜)   神奈川へ二里半、橘樹郡
 5.鶴見       名物 まんぢう(?) よねまんじゅう
 6.神奈川      程が谷(保土ヶ谷)へ一里九丁
 7.○○より     本牧をのぞむ図(?)
 8.程が谷 (泊)  戸塚へ二里九丁
 9.戸塚       武相の堺を、俗界木村と○○
10.同驛         ○○まで二里九丁
11.倉田、長沼、飯嶋 
12.大道       小菅谷村、笠間
13.粟舩       ※現在の大船
14.小袋谷      市場
15.山の内      
16.円覚寺      瑞鹿山
17.建長寺      巨福山
18.巨福呂坂
19.鶴ヶ岡      七里ヶ浜まで一里 ※鶴岡八幡宮の大銀杏も描かれている
20.雪ノ下 (泊)
21.琵琶小路     ※若宮大路の一の鳥居から二の鳥居の間、今も琵琶橋がある
22.稲瀬川
23.深澤       大仏 三丈五尺
24.長谷       海光山 長谷寺
25.星月夜の井   虚空蔵堂  ※星の井通りはいつも通るとこ
26.極楽寺      切通し、霊山山
27.針磨橋      ※江ノ電極楽寺駅から検車区を過ぎた辺り
28.稲村       足あらい茶屋
29.七里ヶ濱     腰ごえまで四十二丁
30.腰越       小動、江の島まで二十二丁
31.江の嶋 (泊)  藤澤まで○○○八丁
32.固瀬       ※片瀬
33.藤澤       四ツ谷へ一里
34.四ツ谷      一のみやへ二里 ※藤沢市城南2丁目
35.一の宮      田むら十八丁
36.田村       伊勢原へ一里十八丁  ※平塚市の田村十字路の田村
37.伊勢原      大山不動へ二里
38.大山 (泊)   伊勢原より○○へ十八丁
39.粕谷       愛甲へ十二丁
40.愛甲       厚木へ三十四丁
41.厚木       川原口へ十八丁
42.川原口      鶴間宿へ二里半
43.鶴間の原     ○○○○相模
44.鶴間宿 (泊)  長津田へ一里 ○○○武蔵
45.長津田      荏田へ二里  
46.谷本       市ヶ尾をすぎて荏田○○都築郡 ※横浜市都筑区の原点
47.荏田       依田とも○○○ 二タ子へ二里   
48.馬絹       橘樹郡 ※馬絹と北斎/馬絹町内会(川崎市宮前区)
49.溝ノ口 (泊)  ○○○景光寺○○
50.二タ子      三軒茶やへ二里、玉川六○の水止
51.三軒茶屋     志ぶやへ壱里、荏原郡
52.渋谷       日本橋へ二里、豊嶌郡
       

1里は約4km、1丁は109m。
読めない文字は○で表記した。     

それにしても。
190年前の双六だが、昔の地名と今の地名が変っていないことに驚いた…。
ま、当たり前ではあるのだが…。
とはいえ、「渋谷」が「志ぶや」、「保土ヶ谷」が「程が谷」とか、かえって新鮮な感じ。

近所にある江戸時代の道標などは誰もが読めるようにか、府中が「ふちう」、
八王子が「はちおゝじ」というようにひらがなが使われている。
僕らの世代の祖母や曽祖母、つまり江戸時代末期から明治時代の中頃までに生まれ
た人の中には文字の読み書きができない人が実際にいたのだ…。
ひらがなはかろうじて読めるというレベルだったそうだ…。
但し、祖父や曽祖父といった男性は読み書きができたので、性別による格差とか
都会と田舎といった地域格差があったのかと思われる。
また、女性といえども身分などによって異なることもあった。
父方は商家だったので祖母は達者な字を書いていて、帳簿なども書いていた。
母方の祖母は農家出身だったので読み書きはできなかったが、母方の祖父は武家の
出身だったので祖父の妹たちは読み書きどころか上の学校までいかせてもらった。


北斎唯一の双六絵。
武蔵・相模両国の名所旧跡をめぐる双六絵である。
江戸から東海道六郷の渡し~川崎~神奈川と来て保土ヶ谷で一泊。
戸塚から大道~円覚寺~建長寺、鶴岡八幡に詣で、雪の下で一泊。
露座の大仏、長谷観音、極楽寺から七里ヶ浜へ出て、弁財天の江ノ島に宿泊。
片瀬~藤沢~四ツ谷から大山道に出て、相模川を田村の渡しで越え伊勢原へ。
良弁の滝で身を清めて、大山に詣でて坊に一泊。
愛甲~厚木で相模川を越え、河原口~鵜の森~鶴間宿泊まり、大山街道の長津田~
谷本~荏田、国道246号を馬絹~溝の口と来て二子宿泊まり、多摩川を二子の渡し
で越え、三軒茶屋~渋谷~赤坂見付けを通り、歩いて6泊7日の大旅行の上がり。

柳亭種彦の撰に従い、北斎が描いた52駒の名所絵。
江戸時代にタイム・スリップした神奈川の名所巡りは、観光立県・神奈川のポスターそのものだ。
「初摺」の本図は、板元西村屋与八・鶴屋喜右衛門の共同で文政末年(1830年)ごろ発行された。
※馬絹町内会「馬絹と北斎」より


鎌倉や江の島などはコロナ禍でも東京や埼玉、千葉のナンバーが押し寄せて来る
けど、江戸時代も観光としての価値が高かったことがよく分かる。


鎌倉江の島大山 新板往来双六/国立国会図書館デジタルコレクション

鎌倉江の島大山 新板往来双六/川崎市宮前区 馬絹町内会
 


Img_7327




関連記事

相模線「西寒川支線」跡地へ♪ 2021.02.07





| | コメント (0)

2021/01/11

鏡開き♪

★鏡開き♪

どんより…、時々、晴れ♪

今朝も冷え込んだけど、氷は薄氷だった…。
昼間も気温は上がらず寒い…。


今夜というか明日未明から関東でも雪やみぞれの予報…。
明日の通勤を考えると戦々恐々…。




鏡開き♪

おしるこにして食べた。
自宅でおしるこを食べるのは鏡開きの日だけ…。
甘くて美味しかった♪


000000002r_20210111152401





| | コメント (0)

2021/01/10

かしわ台散歩…♪

★かしわ台散歩…♪

晴れ♪

今朝も冷え込んで1cm以上の分厚い氷が張った…。



昼前に買い物に…。
クルマの気温表示は1℃…。

エイビイ中央林間店は異常に混んでるとの情報…。
仕方ないのでエイビイ綾瀬店に…。
綾瀬からは富士山がよく見えたが、昨日と同じく雪のない富士山だった…。

やはり…。
客足はそこそこ多い…。
カップ麺などはかなり買われたようで品薄…。
でも、まあ、なんとか…。
多少は緊急事態宣言の影響はあるようだけど、4月のような異常事態には
なっていない…。




午後…。
いつも通る目久尻川の河童の像。
あの辺りは里山の風景が残っているよう…。
ちょっと気になっていたので散歩に…。

海老名市の北部公園にクルマを駐車して散策…。
結構、ウォーキングとかしてる人達が多い。


海老名市柏ヶ谷117付近。
子育地蔵の横には道祖神が。
双体道祖神、文政二卯十二月吉日(1819年)とある。
江戸時代後期、202年前の道祖神…。

Img_7152




Img_7154


神奈川県の庚申塔



小屋の中には小さな子育地蔵がいた。

Img_7156



この一角には”どんど焼き”の準備がされていたが、開催されるのだろうか…。

Img_7157



先に進むと相鉄線の高架が。

Img_7158



高架下をくぐると電車が通過していった。

Img_7162



さらに進むと目の前が開けた、大山がくっきり。
相鉄線海老名行き、20000形。

Img_7164



里山風景…。

Img_7169



「自然と歴史のさんぽみち」案内標識。

Img_7184



正一位杉森稲荷大明神。

Img_7172

 

Img_7173



いつも河童像の写真を撮る伊勢下村橋(通称、かっぱ橋)。

Img_7178

 

Img_7179



相鉄線が通過。

Img_7181


竹林と祠。

Img_7185




Img_7186



杉本小学校の横をいく。

Img_7190



北部公園前には消防署がある。
今日は出初式の予定だったが、コロナ禍の影響で中止となった…。

Img_7191



今日の最高気温6℃から7℃…。
寒いけど日差しが強くて気持ちいい。

そこそこ歩いたので、温まった…。



関連記事

庚申塚や道祖神、お地蔵さん♪ 2020.05.25

目久尻川の河童♪ 2021.01.02


| | コメント (0)

2020/11/24

小田原百景♪

★小田原百景♪

どんより…。
昼過ぎにパラパラとにわか雨…。

ここ数日の暖かさから一転、冬になったよう…。




麦踏のサイトで知った”たなかきょおこ”さんのイラスト。

現在は小田原在住だそうで小田原と近辺の絵をたくさん見ることができる。
「おかめ桜と根府川駅」や「麦踏」を描いた絵画もあって感激した♪

谷内六郎氏の週刊新潮の表紙絵にも通じる雰囲気がなんともいえず好きだ。


昨年の夏、今年の夏にもらったはがきサイズのチラシ。
よく見たら、”たなかきょおこ”さんの個展のお知らせだった。

Img_20201210_0001

Img_20201210_0002



Kyoko Tanaka illustration

小田原たてもの百景(たなかきょおこ)/Instagram 

kyokotanaka1207(たなかきょおこ)/Instagram

絵描き・たなかきょおこさん/おでかけ情報 ちくわ  


小田原、あまり興味なかったし…。
ところが、小田原といっても色々な顔が見えてきた。
小田原駅、小田原城を中心に海に向かって広がる街はどれもこれも歴史も
感じるし城下町ならではの魅力がある。
そして、街中が商店街…。
商店街の隣はまた別の商店街…。
かまぼこ通りの魅力も知った。

国道1号沿い国府津辺りも好きだ。
その隣、鴨宮駅エリア、巡礼街道沿いのダイナシティはじめショッピングモール
にも圧倒される。

箱根へのルート、風祭や入生田も好きだ。
一夜城もいいし、早川の小田原漁港は凄い人気。
南に目を向けると国道135号、県道740号沿いも魅力あふれるエリア。
石橋、根府川、江之浦といった歴史と景観、自然あふれるエリア。
さらに進むといつの間にか真鶴町…。



■関連記事

ゆうちゃん/Instagram

西湘&湘南♪ 2020.11.21

小田原&根府川♪ 2020.08.29

真鶴・江之浦へ♪ 2020.07.11

江之浦・根府川へ♪ 2020.05.30 (早川駅)

江之浦に行きたい…♪ 2020.05.06

湘南ゴールド&麦踏のパンを買い出し♪ 2020.04.04

おかめ桜と湘南ゴールドと麦踏のパン♪ 2020.03.07

湘南ゴールドと麦踏のパン♪ 2020.02.15

真鶴&江之浦♪ 2020.01.25

西湘♪ 2019.11.02

江之浦&根府川へ♪ 2019.08.24

川音川&だるまの天丼♪ 2019.07.31

根府川駅♪ 2019.04.30 

GWの西湘…♪ 2019.04.28

おかめ桜♪ 2019.03.09

湘南ゴールドを♪ 2019.01.26

湯河原へ…♪ 2018.11.09 

江之浦マップ♪ 2018.08.15

西湘&箱根♪ 2018.08.13

根府川おかめ桜♪ 2018.03.17

江之浦測候所へ♪ 2018.01.26

真鶴とか♪ 2017.11.03

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19

GWのお出かけ~♪ 2017.05.03

湘南ゴールドを♪ 2017.03.25

福浦漁港・みなと食堂♪ 2017.03.04

湘南ゴールドを♪ 2017.01.27

真鶴~熱海♪ 2016.11.26

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

熱海♪ 2016.03.12

湘南ゴールドを♪ 2016.02.06

鯵が食べたい♪ 2015.07.25

根府川へ…合流部、驚愕の新事実…♪ 2015.03.28

湘南ゴールドを♪ 2015.02.07

国道135号根府川合流部改良工事完成へ♪ 2015.01.15

真鶴♪ 2014.09.13
 
お花見…根府川・江之浦へ♪ 2014.04.05

真鶴&湯河原♪ 2013.11.03 

湘南ゴールドを♪ 2013.04.27

桜を見ながら江之浦へ♪ 2013.03.23

小田原♪ - 2 2012.06.22

小田原♪ - 1 2012.06.21

江之浦~真鶴♪ 2012.05.04

江之浦~根府川のおかめ桜♪ 2012.04.01

江之浦へ♪-2 2012.03.03

江之浦へ♪-1 2012.03.03

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-2 2012.02.18

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-1 2012.02.18

大磯♪ 2011.04.30

豆相人車鉄道の旅…かな♪ 2011.03.05

大好きな大磯♪ - 2 2010.07.17

大好きな大磯♪ - 1 2010.07.17

真鶴♪ - 2 2010.05.03

真鶴♪ - 1 2010.05.03

東海道本線&絶景イタリアン♪ 2008.10.12

小田原漁港♪ 2008.07.06 (早川駅)

OISO・大磯♪ 2008.06.28

湘南ゴールド♪ 2009.03.02

湘南ゴールド♪ 2007.03.18

ハルメキ♪ 2011.03.26 

おかめ桜&ハルメキ~♪ 2012.03.23  

    

  

 

| | コメント (0)

2020/11/02

11月…♪

★11月…♪

どんより…、時々晴れ♪
夕方から時々小雨…。

かなり暖かい…。




11月…♪

目立たないヤツ…。

カレンダーがあと2枚になった…。




JR東海オリジナルカレンダー♪

参宮線をいくキハ75形、快速みえ。

20201175



JR東海オリジナルカレンダー/JR東海





ODAKYU VOICE11月号♪

特集。
「ランチが楽しみになる 人気のパン屋さん」。
生田の「ラマンキパンス」、生田駅から津久井道(津久井街道)を渡るとすぐ。
東京都道・神奈川県道3号世田谷町田線というのだが、この辺りは津久井道
と呼ばれている。

他には向ヶ丘遊園の「セテュヌ ボンニデー」、百合ヶ丘の「Tate-tate Yoko-yoko」
(たてたて よこよこ)、町田の「ブーランジュリ チロ」、渋沢の「丹沢ベーカリー」など。


歳時。
箱根・岡田美術館「没後220年 画遊人・若冲」、新宿ビアマーケット by OKTBERFEST
など。
新宿ビアマーケットは新宿西口スバルビル跡地で開催だとか。
そういえば、スバル本社は恵比寿に移転し、スバルビルは小田急が買収した。


沿線まちあるき。
小田急多摩センター駅。
多摩丘陵のお洒落な街。

小田急トピックス。
紅葉と食欲の秋 大山。


ODAKYU VOICE/小田急

202011_ov







| | コメント (0)

2020/10/31

あちこち♪

★あちこち♪

晴れ♪

快適~♪





行楽日和~♪

青いロマンスカーMSE・60000形「ふじさん号」で新宿へ。
多摩川を渡る時、雪化粧をはじめた富士山が見えた♪

Img_5957



ロマンスカー「ふじさん号」。
6両編成なので新宿方の先頭車はのっぺらぼう…。
罪なヤツ…。

Img_5961



表参道。

Img_5962


南青山5丁目交差点から骨董通りへ。

Img_5967


この通りには靴屋が多い。

Img_5968



お洒落な街に凛とした佇まい。
京都の臨済宗相国寺別院。

Img_5972

臨済宗相国寺




根津美術館の竹林。

Img_6020



根津美術館へ。
かれこれ14、5年前、近くを歩いていて入りたいと思ったのだが、改築工事中で
オープンは3年後とのことで断念…。
そんなリニューアルオープンから11年、ようやくやって来た。

Img_6021

根津美術館
Img_20201101_0001



3世紀クシャーン時代。
弥勒菩薩立像。

Img_5993



庭園の向こうに見えるのは六本木ヒルズ。

Img_5991



6世紀、中国・北斉時代。
如来立像など。

Img_5981



6世紀、中国・北斉時代。
如来三尊像。

Img_5985


庭園。

Img_5999



天神の飛梅祠。

Img_6003

 

Img_6009


道標。

Img_6014_20201101081901



この先は表参道交差点。

Img_6022


PRADA。

Img_6025

 

Img_6027



大松稲荷。

Img_6028


東京メトロ表参道駅。

Img_6030



新橋。

Img_6031


銀座7丁目。

Img_6048



1本路地を入るとシーンとしている。
「東京」は意外と「シーン」としている…。

お目当ては「銀座天國」。
13時近いのに行列が。

Img_6038



若かりし頃、先輩に連れてきてもらった本店。
いっぺんに”とりこ”になった。
以来、職場に近いサンシャインシティの中にあった天國で月1くらいでランチを食べた。
サラリーマンにとってはちょっと出費だったけど、あの美味しさに負けた。
そういえば、当時のサンシャインシティには伊豆栄や聘珍楼などの店があって、
天國と並んで美味しさの宝庫だった…。
サンシャインの近くには大勝軒もあって常連だった…。
常連といっても月1、2回だけど、行列が凄くて1時間のランチタイムではおさまらない
ので、ちょっと遠慮がちにいってた。

当時の本店から少しばかり移転したが、今も変わらぬ「銀座天國」。

Img_6041



江戸前の天丼が美味しい♪

Img_6046


さくっとした天丼もいいけど、この江戸前のしっとりとした天丼が好き。
これに近い天丼をあれこれ食べたけど、それらを食べると余計に天國の天丼が食べたくなる…。

銀座天國



行列はまだ続いていた。

Img_6043





新橋駅へ。

Img_6054



SL広場。

Img_6055


C11。
屋外なのに傷みが少ないのは、清掃や管理などが行き届いているからか。

Img_6056

 

Img_6057



路地裏へ一歩入ると。

Img_6063

 

Img_6060


学生時代、築地市場にある漬物の十一屋でアルバイトしていたのだが、本社がこの近く
にあった。
当時は何気なく歩いていた通り。

Img_6066


烏森神社。

Img_6067


お参りした。

Img_6071



こんな神社なんてと思ったら、ひっきりなしに人が訪れる。

Img_6072

 

Img_6077




新橋駅に戻ると。
毎週土曜日の午後に開催される新橋名物の大盤将棋大会。

Img_6081


老いも若きも熱戦を繰り広げていた。

Img_6079



毎度、ニュースでお馴染みの新橋駅。

Img_6082



7月にオープンしたばかりのトリュフベーカリーJR新橋駅銀座口店。
美味しいという噂、なんかたくさん買ってしまった。

Img_6085



昭和レトロな銀座線新橋駅。

Img_6086



虎ノ門駅で下車。
明るくてきれいな連絡通路で虎ノ門ヒルズ駅から地上へ。
虎ノ門ヒルズなどが目の前に、圧倒される。

Img_6092



高層ビルの谷間で日本基督教団芝教会が存在感を。

Img_6091

 

Img_6094

 

Img_6097


フォレストタワーが。

Img_6100


愛宕神社。

Img_6102


出世の石段。

Img_6106


ここを馬で駆け上ったって信じられない。

Img_6112


けっこう行列していた。

Img_6115


ネコ。

Img_6119


10分ほど散策して戻ってきても、このまんま…。
寝ているのか…。

Img_6122




=========================================

『鉄道唱歌』 <明治32年(1989年)>


一.汽笛一声新橋を
  早我汽車は離れたり
  愛宕の山に入りのこる
  月を旅路の友として


鉄道唱歌

鉄道唱歌 wikipedia

==========================================


鉄道唱歌でまっ先に登場するのが愛宕山。

愛宕山は全国に約130ヶ所も存在する…。
岩手県から鹿児島県まで各県に存在するが、神奈川県のように愛宕山が見当たらない
県もあるし、千葉県のように10の愛宕山がある県もある。
標高100mに満たない山もあり、おとなしい山が多いようだ。

東京都港区の愛宕山は標高26mで天然の山としては23区内最高峰だとか。

そんな23区内最高峰の愛宕山はNHK発祥の地。
大正14年(1925年)3月、芝浦にて日本初のラジオ放送(仮放送)開始。
同年7月、日本初のラジオ本放送は愛宕山の東京放送局(JOAK)から行われた。
今はNHK放送博物館としてその名を残している。


愛宕神社の向こうにはNHK放送博物館。
無料なので見学した。

Img_6127




息子たちが毎日楽しみにしていた。

Img_6129



愛宕トンネル。

Img_6135


虎ノ門ヒルズが。

Img_6136

 

Img_6132



トンネルを過ぎると。
不思議な空間、天徳寺。

Img_6141



虎ノ門ヒルズのすぐ近く。
蕎麦の砂場。

明治5年(1872年)創業の老舗蕎麦「虎ノ門 大阪屋 砂場」。
こちらの建物は大正12年築(1923年)で登録有形文化財に指定されている。
愛宕下通りの拡幅工事によりこのお店は数メートル後方に移動する。
曳家という工事で家ごと曳くのだとか。
現在はここから徒歩数分、西新橋の仮店舗で営業中。

Img_6147




銀座線で。
折角なので1月に開業したばかりの新しい銀座線渋谷駅まで乗車。

Img_6150


昭和の匂いぷんぷんのレトロ感漂っていたホームが一新。
近未来的なフォルム。

Img_6151


渋谷といえば、ハロウィン騒動が懸念される…。
でも、その気配なし…。
ほっとした…。


渋谷♪ 2019.11.09




新宿。
赤いロマンスカーGSE・70000形。

Img_6157

 

Img_6159



後展望席へ。

Img_6160


新宿駅出発。

Img_6162



南新宿駅通過。

Img_6165


ハロウィンの満月、ブルームーン♪

Img_6169



経堂駅通過。

Img_6171

 

 








| | コメント (0)

2020/10/28

目久尻川の河童♪

★目久尻川の河童♪

どんより…。

快適♪




目久尻川の河童♪

目久尻川に架かる伊勢下村橋(通称、かっぱ橋)。

橋の両端に2人(?)の河童がいる。
後ろに見えるのは相鉄線。
かしわ台駅~海老名駅間に位置している。
最近は埼京線との相互直通運転を行っているため、E233系7000番台
を見かける機会が増えたけど、どうも新車感がなくて205系に見えてしまう
のは気のせいか…。  ま、新車でもないけど…。

この先にある”かしわ台1号踏切”を通ることがあるのだが、以前は電車の通過が
少なかったのに最近は頻度が高くなって埼京線の車両も目につくようになった。
ところで、海老名駅と至近距離なのに”かしわ台1号”とは不思議な感じ…。
相鉄本線かしわ台~海老名駅間にはこの”かしわ台1号踏切”しかないのだ。

尚、かしわ台1号踏切の先に相鉄本線ではなく相鉄厚木線(相鉄貨物線)の
相模国分1号踏切がある。
こちらに”移住”して30数年経つが1度も列車が通過するのを見たことないのだが、
最近はかなりの頻度で踏切を通過する列車があるらしい…。



伊勢下村橋の欄干。
河童たちは四季折々、服を着替える。

最近は冷え込んできたのでニットの服を着ている…。
もちろん、マスクもしている。

Img_5954


Img_5955

目久尻川の河童/まめこぞうの旅

目久尻川の河童伝説




■関連記事

週末…♪ 2020.06.05

目久尻川の河童♪ 2019.07.03
 
   


| | コメント (0)

2020/09/28

美しい国の、美しいめがね♪

★美しい国の、美しいめがね♪

晴れ♪

ちょっと暑い…。
神奈川県央で27℃超え…。


富士山が初冠雪♪
これからは富士山が映える…。




JR飯田線、平岡駅~水窪駅間が2ヶ月半ぶりに運転再開

7月の大雨で線路脇の土砂崩落により一部区間が不通となっていたJR飯田線が、
28日から全線で運転を再開した。

飯田線は7月8日に大雨で線路脇の斜面が崩れ、長野県天龍村の平岡駅と静岡県
浜松市天竜区の水窪駅の間のおよそ20kmが2ヶ月半、不通となっていた。
この区間には秘境駅として有名な小和田駅や中井侍駅などがある。


飯田線で~♪ 2016.10.27 





美しい国の、美しいめがね♪

TV-CM。
京都か奈良かなと…。
で、いきなり明るい海~♪
江の島や鎌倉。



京都市東山区。
臨済宗東福寺派大本山東福寺。

202009parismiki01


臨済宗東福寺派大本山東福寺


臨済宗のお寺といえば鎌倉。
そう思い込んでいた僕の常識が覆されて、京都にも臨済宗のお寺があちこち。
誰でも知っている金閣寺(鹿苑寺)、銀閣寺(慈照寺)、南禅寺、天龍寺、建仁寺など。
「目から鱗」だった…。


京都市右京区。
臨済宗妙心寺派大本山妙心寺。
江戸時代初期の絵師、狩野探幽の名作、重要文化財の「雲龍図」。

202009parismiki02


臨済宗妙心寺派大本山妙心寺



染物工房「キモノフォレスト」の不思議な光景。

202009parismiki03



そして…。
江の島。

202009parismiki04



鎌倉市山ノ内。
北鎌倉・宝庵。

202009parismiki05


北鎌倉 宝庵





パリミキ、メガネの三城。

「美しい国の、美しいめがね」総集編

 

TV-CM/パリミキ メガネの三城


| | コメント (0)

より以前の記事一覧