2022/06/27

梅雨明け…♪

★梅雨明け…♪

晴れ♪

暑い。

関東各地は猛暑日が続出…。
北関東では38℃超えが続出…。

九州南部、東海、関東甲信地方が梅雨明けした。
関東甲信地方の梅雨明けは過去最も早い梅雨明け…。
平年より22日早い梅雨明けだとか…。


スーパーなどではお盆用品が並べられた。
神奈川県央や多摩地区では7月にお盆をやるとこが多いのだ。


0708aaaa









| | コメント (0)

2022/05/16

ウクライナのこと…

★ウクライナのこと…

雨…。

3月下旬なみの気温とかで、肌寒い…。




ロシアがウクライナに侵攻してまもなく3ヶ月…。
昔はソビエト連邦の一員だったのに、まさかの交戦…。

そして、化けの皮が剥がれた…。
ロシア軍は強い軍隊だと思っていたが、それは幻想だったようだ…。
ロシア軍がこれほど弱いとは思ってもみなかった。
戦闘能力のみならず、情報戦においても劣勢を強いられている…。
とはいえ、核を保有していることも事実だし…。
弱い子が核を持ったら、どういうことになるのか…。
それも恐ろしい…。

ソ連時代、シベリア鉄道でヨーロッパを目指す途中、モスクワで3日間ほど滞在した。
7泊8日のシベリア鉄道…、いくら”鉄ちゃん”でも疲れた…。
来る日も来る日も食べたり、飲んだり、タバコ吸ったり、寝台に寝たり…。
鉄ちゃんらしく、昼間は一日中、車窓を流れる風景を眺めていた。
でも、一日中、森の中を走っても飽きることはなかった。
たまに民家が見えると、食い入るように見た…。
そして、大都会モスクワに到着した時は嬉しかった。
その時、泊まったのは”ホテル・ウクライナ”だった。
45、6年前のことだが、高さ206mのスターリン・ゴシック様式の摩天楼…。
34階建ての高層ビル。
貧乏学生の身分…、こんな高級なホテルに泊まっていいのかとたじろいだ。

モスクワで”ホテル・ウクライナ”とは…、そんな思いもあった…。
存在感も半端ないほど…。

モスクワを出発して翌朝、フィンランドとの国境を越える時、寝台列車のカーテンの隙間
から国境警備隊なのか、ライフルのようなものを向けた光景にはゾッとした…。
ヘルシンキに到着した時、正直ほっとした。
肩の力が抜けたような気分だった。


ニュース番組、モスクワからのテレビ中継でバックに”ホテル・ウクライナ”が映っていた
が、なんのコメントもなかった…。
ロシアとウクライナの関係とは…。



それにしても、ロシア軍の脆弱さとともに印象深いのはウクライナの戦いぶり。
そう、ウクライナは欧米からの支援もあるが、ロシアに負ける訳にはいかない悲劇の
歴史を背負っている。
ウクライナにとって降伏などという選択肢はないだろうと断言できる悲劇の歴史…。
1932年~1933年、ソビエト連邦時代のこと。
ウクライナやカザフスタンにとって忘れることのできない「ホロドモール」…。

1932年、ウクライナをはじめカザフスタンなどソビエト連邦各地で起きた大飢餓…。
世界恐慌の中でソ連だけが好景気…、なぜ…。
ソビエト共産党による大虐殺…、そんな「赤い闇」とは…。
ウクライナ飢餓、スターリン飢餓、あるいは飢餓ジェノサイドと呼ばれる人為的な飢餓
ともいわれている…。
つまり、”飢餓”という名の粛清だったのではとも言われている。
600万人が犠牲となったホロコーストと並ぶ人類史上最悪な大虐殺「ホロドモール」。
ウクライナの住民は自分たちで作った穀物を自分の口にすることが許されなかった。
300万人とも400万人ともいわれる餓死者を出したことは日本ではあまり知られて
いない…。  とらえ方によっては700万人とも1,000万人とも言われている…。
そんなに大昔のことではない…。
昭和に言い換えると昭和7年とか8年のこと…。


このような飢餓…。
ウクライナやカザフスタンなど旧ソビエト連邦各地での大飢餓を「ホロドモール」という。
ホロドモールで検索すると、それは正視に耐えない画像が次々と展開されるので、
興味のある方はどうぞ…。
言葉だけでよしとするなら、wikipediaでどうぞ。

ホロドモール wikipedia



そんな負の時代を描いた。
ポーランド、ウクライナ、イギリス合作の伝記映画。
ホロコーストと並ぶ人類史上最悪な大虐殺、ホロドモールを描いた。
ソビエト共産党による大虐殺…、「赤い闇」とは…。
2019年公開の映画 ”赤い闇 スターリンの冷たい大地で”が取り沙汰されている…。





赤い闇 スターリンの冷たい大地で

赤い闇 スターリンの冷たい大地で wikipedia

ホテル・ウクライナ wikipedia




僕たちの世代には「ひまわり」が代表的かも。
ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニが主演。
1970年公開のイタリア、フランス、ソビエト連邦、アメリカ合衆国の合作映画。

ひまわり畑はウクライナの首都キエフから500kmほど南にあるヘルソン州。
当時、日本でも評価された名作。
主題曲もスタンダードナンバーとして愛された。
僕も「ひまわり」や「ティファニーで朝食を」、「いそしぎ」などが収録された映画音楽の
アルバムを買ったものだ。


ロシアによるウクライナ侵攻をうけてか、新宿武蔵野館はじめ各地で「ひまわり」が上映
されている。
5月14日には千葉市で上映会が行われ、駐日ウクライナ大使も参加されたとの
ニュースが報じられた。
座間市でも6月下旬に市民文化会館(ハーモニーホール)で上映されることに。





ひまわり 2020

ひまわり wikipedia



ホテル・ウクライナ。

Moscow_ukraina_hotel
※wikipediaより


   







| | コメント (0)

2022/05/03

大雄山最乗寺へ♪

★大雄山最乗寺へ♪

晴れ♪

暖かかった。


訪れたことがない大雄山最乗寺…。
ママは明治製菓(現、明治)のOL時代に自社工場があるこのエリアに
社内旅行のバスツアーで訪れている。
あの大雄山最乗寺の巨大な赤い高下駄をバックにした写真がある。

朝、道路情報を見たら、東名下りは伊勢原JCTを先頭に東京まで38kmの大渋滞…。
東名はパス…。

小田厚へ。
やはり、小田厚も混雑している…。
覆面さんも手持ち無沙汰だろう…。
降りる小田原東インター手前、弁天山トンネルの中間あたりから2、3kmの渋滞…。
こんな所で渋滞とは珍しい…。
GWをなめてはいけない…。


国道255号を北上。
第一生命だったビルは他社に売却して、今も健在。

Img_2951_20220503182901



足柄大橋。
矢倉岳がかわいい。

Img_2952_20220503183001



大雄山最乗寺。
GWで混むかなと思ったけど、駐車場は余裕。
参道へ。

Img_2953



大雄山最乗寺。
道了尊といわれている。

応永元年(1394年)、了庵禅師によって開山された曹洞宗の寺。
曹洞宗では福井県の永平寺、鶴見の総持寺に次ぐ格式をもち、了庵禅師とともに開創
につくした五百人力の弟子、道了にちなんで道了尊ともいわれている。

Img_2955_20220503183001

大雄山最乗寺



瑠璃門。

Img_2957



各地の”講”と呼ばれるグループの石碑などが目につく。
調布町(現、調布市)の小天狗講。

Img_2960



碧落門。

Img_2965



本堂。

Img_2971



藤棚の藤(フジ)が見頃。

Img_2974



Img_2977



本堂(護国殿)。

Img_2981


ずいぶん立派な本堂内部。

Img_2984_20220503183201



金剛水堂。

Img_2992_20220503183601



多宝塔。

Img_2998



御供橋と結界門。

Img_2999



結界門。
「これより内は不浄の者入るべからず」、この門からは道了尊の浄域。
結界門は明治30年(1897年)に建立された向唐門。
金剛製の天狗像一対は、昭和11年(1936年)に東京五大講の寄進。

小天狗(烏天狗)と大天狗。

Img_3001



こちらは小天狗(烏天狗)。

Img_3005



三面大黒天のお堂前の狛犬。
「有難い狛犬」といわれている。
母犬に護られて、お乳を飲んでいる子犬がいる。
授乳中の狛犬は聞いたことがない。
また、こちらの狛犬は参拝者の悪魔を除いてくれるご利益があるとか。

Img_3009



御真殿(妙覚宝殿)。

Img_3014_20220503183701



Img_3016_20220503183701



Img_3019



高下駄。
和合下駄と。

Img_3023_20220503183701



Img_3026_20220503183701





Img_3036_20220503183801



本堂から藤棚を。

Img_3038



Img_3043



新緑が眩しい。

Img_3044



Img_3046_20220503183801


明神ヶ岳登山口と書かれた看板があった。
中学生らしき男の子たちが明神ヶ岳に向かうと言っていたので大丈夫なのかと…。
帰宅して地図を確認してみたら、明神ヶ岳山頂まで3kmほど。

Img_3047



クルマで来ると三門を見ずに駐車場に入ってしまうので、歩いてみた。

Img_3049_20220503183901

大雄山最乗寺(道了尊)



道了尊バス停のほうまで歩いたら開運橋に。
「丸う」かまぼこ店の表示が。

Img_3056



安気地蔵堂。

Img_3059



天狗せんべい村上の十八丁目売店。
十八丁目茶屋とか二十二丁目茶屋などがあったが、これは屋号なのだとか。
二十八宿石燈篭といって、南足柄神社の近くに「一丁目」があり、「二丁目」、
「三丁目」とつづき、道了尊本堂近くに「二十八丁目」が存在する。
十八丁目付近にあった茶屋や二十二丁目付近にあった茶屋が○丁目を屋号としたのだろうか。

Img_3061_20220503183901



向かいの売店で「天狗葉扇(はうちわ)煎餅」をお土産に。

Img_3064


三門。

Img_3067



駐車場から道路へ出るまで、ぎっしりとある駐車スペースを抜けてくる。
今日はガラガラ…。
秋の紅葉シーズンはこれが埋まるらしい。
てことは、帰りのクルマは駐車場から出るための大渋滞なのか…。

こちらは仁王門。
その手前には茶屋&和菓子屋さん。
そして、こちらで昼食をと思ったのだが、本日完売…。
店員さんが商品の「下駄饅頭」を2個くれた。
なんだか、嬉しくなった。

Img_3069

大雄山 茶屋 天んぐ



下駄饅頭の看板。

Img_3071


すぐ先に。
思案観音堂。
仁王門下の観音堂とよばれている。

Img_3072_20220503184001



観音堂の裏には石仏、石碑が。

Img_3074



Img_3076


仁王門下の観音堂




駅前のビルにある市営駐車場にクルマをとめた。
ランチもしていなかったので、ビル内のラーメン屋さんで味噌ラーメンを。
久々の味噌ラーメン、美味しかった♪

伊豆箱根鉄道大雄山線・大雄山駅。

Img_3080_20220503184101



大雄山駅。

Img_3083_20220503184101



足柄山の金太郎。

Img_3085_20220503184101



改札。
ホームは頭端式ホーム。

Img_3088_20220503184101



コデ165形。

Img_3089_20220503184201

伊豆箱根鉄道モハ151形電車 wikipedia





大雄山行き、伊豆箱根鉄道5000系。
折り返し小田原行きとなる。

Img_3091_20220503184201



Img_3093



Img_3096_20220503184201



車庫にいた5000系。

Img_3098_20220503184201



コデ165形。

Img_3104



Img_3106_20220503184301



駅長室。

Img_3109_20220503184301

大雄山駅 wikipedia

伊豆箱根鉄道5000系電車 wikipedia

伊豆箱根鉄道大雄山線 wikipedia





Img_3114_20220503184301



帰路。
「道の駅 足柄・金太郎のふるさと」の近く、スタバに寄った。

Img_3115_20220503184401



ホットのカフェラテ♪

Img_3117




帰路は。
246にしてみた。
上りは予想を裏切るように順調だった。
下りはかなり多い。

4月16日に開通した新東名の新秦野インターが新鮮だった。

伊勢原市の愛甲石田駅手前にある「道了尊」交差点。
帰路、246を走っていて再確認した。
でも、なぜ。
「道了尊」は大雄山最乗寺のことでは…。
そう、大雄山最乗寺を開いた了庵禅師は相模大住郡粕谷荘(現在の伊勢原市)
出身で最乗寺よりも先に伊勢原市の高森道了尊を開山している。
そんな訳でこちらも道了尊ということなのだ。

高森道了尊


結局、246は我が家まですいすい。
いつもの土日よりも順調でびっくり。
GWの渋滞、混雑、行列だけは勘弁してほしい。




関連記事

金時山へ♪ 2021.11.13

南箱道路で箱根へ♪ 2021.05.02

いざ、箱根1♪ - 足柄道アプローチ 2011.10.08

箱根の紅葉 - 1♪ 2008.11.08




 

| | コメント (0)

2022/05/02

童謡「みかんの花咲く丘」、JR国府津駅の発車メロディーに♪

★童謡「みかんの花咲く丘」、JR国府津駅の発車メロディーに♪

晴れ♪

ま、暖かい♪



童謡「みかんの花咲く丘」、JR国府津駅の発車メロディーに♪

JR国府津駅(神奈川県小田原市)で2日始発から採用される「みかんの花咲く丘」
の発車メロディーが、1日に開かれた記念式典で公開された。
この曲は国府津ゆかりの童謡。
3面5線のホームごとにメロディーを変えており、曲の前半と後半が使い分けられて
いる。

戦後間もない1946年(昭和21年)、少女歌手川田正子さんがNHKラジオで歌い
大ヒットした「みかんの花咲く丘」。

式典には、作曲した海沼實の孫で日本童謡学会理事長の海沼実さん(49)が出席。
「祖父は車窓から片側に海を、片側にみかん畑の見える風景を見て、鼻歌から前奏が
浮かんだ」と明かした。

また、発車メロディーは上りホームは明るく、下りは落ち着く感じで、御殿場線は
ウキウキというイメージなのだとか。



ところで。
戦後すぐ、作曲家の海沼實が伊東へ向かう車中で作曲。
車窓にみかん畑が現われる国府津あたりで前奏が浮かび、伊東線の宇佐美駅
あたりで完成したとか。
そんな縁で2015年から伊東駅と宇佐美駅で駅メロとして採用された。

国府津駅 wikipedia

みかんの花咲く丘 wikipedia









関連記事

水曜日…、いいえ、かながわ駅めぐり♪ 2011.12.07


伊東駅や宇佐美駅で駅メロとして使われている「みかんの花咲く丘」。
そんな童謡をモチーフにしたお菓子がある。
伊東市内に本店を構える美味しい和菓子屋「石舟庵」。
最近は洋菓子も多く、ニューサマーオレンジ「みかんの花咲く丘」は美味しい。

伊豆へ - 1♪ 2019.08.14



Kashi_mikan_image3_20220503184401
※石舟庵HPより






| | コメント (0)

2022/04/09

鎌倉朝夷奈切通しへ♪

★鎌倉朝夷奈切通しへ♪

晴れ♪

初夏のような暑さ。



鎌倉市内のハイキングコースをあちこち行きたいと思っていた頃、2019年(令和元年)
の台風15号と台風19号は鎌倉や三浦半島でも大きな爪痕を残していった。
後に、台風15号は「令和元年房総半島台風」、台風19号は「令和元年東日本台風」と
命名された。
台風の命名としては、1977年(昭和52年)の沖永良部台風以来42年ぶりの命名。
それくらい、あの2つの台風は凄かったということ…。

ウチは台風15号の3週間後に裏大仏ハイキングコースを歩こうと出かけたのだが。
スタート地点にした佐助稲荷に着いて愕然とした…。
参道は大木が何本も倒木…。
ハイキングコースは通行止めと知らされた。

その後、新型コロナ禍の影響もあってハイキングコースの再開が厳しくなった。
裏大仏ハイキングコースは翌2020年6月に通行止めが一部解除されたが、
佐助稲荷からのコースはしばらく通行止めが続いた。
忘れかけた頃、2021年12月には朝夷奈切通しの通行止めが解除された。
ちょっと嬉しかった。
そして、今年4月1日、天園ハイキングコースの内、通行止めが続いていた天園~瑞泉
寺間が2年半ぶりに解除された。
残念ながら、祇園山ハイキングコースは通行止めが続いている…。
2月に八雲神社に立ち寄ったら、通行止めの柵があった…。

そんな訳で、今日は朝夷奈切通しへ。


いつもの腰越漁港へ。
なんと、駐車場料金が500円から700円にアップしていた。
最近、有料道路の大幅値上げに遭遇したばかり、今度は駐車場よ、おまえもか…。
そ、微妙な値上げじゃなくて大幅アップが特徴。

最近、ここは満車になるほど人気の駐車場。
かなり遠い場所を指定されることが当たり前になっていた。
今日は入ってすぐ右手のスペースを指定されて、ラッキー♪

Img_2535_20220409233701



ここでも値上げ…。
江ノ電1日乗車券「のりおりくん」、なんと、800円になった。
ちょっと前に580円から650円になったと思ったら、4月1日から一気に800円。
有料道路、駐車場、電車賃…大幅アップ。
賃金も大幅アップしてくれたら…、あり得ないか…。

江ノ電腰越駅。
上り藤沢行き、1000形。

Img_2539



鎌倉行き、500形がやってきた。

Img_2543


鎌倉高校前駅手前。
海がキラキラ輝いていた♪

Img_2548



稲村ヶ崎駅で交換。

Img_2552



鎌倉駅で下車。
東口、ここからバスに。

Img_2556


4番のりば。
京急バスの金沢八景駅行き、鎌倉霊園正門前 太刀洗行きに。
太刀洗行きに乗った。

Img_2557



段葛の桜。
葉桜になってきたけど、まだまだ綺麗。
カトリック雪ノ下教会。

Img_2560



八幡宮のとこから金沢街道へ。
20分ほど、十二社バス停で下車。

Img_2566_20220409233801



時宗 光触寺(こうそくじ)。

Img_2568



山門。

Img_2570



時宗のお寺といえば。
一遍上人。
遊行寺や相模原市の無量光寺なども時宗なので一遍上人の像がある。
鎌倉時代後期の宗派で鎌倉仏教のひとつといわれている。
総本山は遊行寺。

Img_2571

時宗 wikipedia




本堂。

Img_2578



八重桜。

Img_2572



本堂の前には「塩嘗地蔵(しおなめじぞう)」。
六浦(現、横浜市金沢区)の塩売りが朝比奈峠を越えて鎌倉に来るたびにお地蔵様に
塩をお供えしたといい、いつも帰りにはなくなっていたことからその名の由来がある。
昔は金沢方面から塩が入ってきたことがうかがえる。

Img_2574



塩がお供えされていた。

Img_2575_20220409234501


時宗 岩蔵山 光触寺




金沢街道(県道204号金沢鎌倉線)を少し北上する。
鎌倉峰本朝比奈店へ。

Img_2584



12時40分。
とんでもないくらいの待ち行列…。
しばらく様子をみてパスした。

Img_2586

鎌倉峰本朝比奈店

峰本朝比奈店(鎌倉)/食べログ




お地蔵さま。
十二所神社バス停のすぐ先、峰本第2駐車場脇。
文政十二年と読める、1829年…。
西郷隆盛、大久保利通らが生れた頃…。
朝夷奈峠を越えてきた巡礼者が農家の馬に蹴られて死んでしまったとか。
不憫に思った村人が供養のために地蔵菩薩を祀ったと言われている。
お地蔵さまのお顔は磨耗して分からない。

Img_2587



少し先を右手に入り、住宅街へ。
朝夷奈切通しへ向かう。

Img_2589




「鎌倉七口」、「鎌倉七切通」のうち、昔の街道の面影が比較的よく残っているのが、
鎌倉大仏の裏手にある「大仏坂切通し」、三浦半島に通じる「名越(なごえ)切通し」、
朝比奈(朝夷奈)峠を越えて横浜の六浦(横浜市金沢区)の港に通じる「朝夷奈(朝比
奈)切通し」である。

そんな「朝夷奈切通し」を歩く。


鎌倉幕府は仁治元年(1240年)六浦港との重要交通路として定め、翌年から工事
を開始した。
執権北条泰時自ら監督したといわれている。

鎌倉は遠浅で港には適さないことから。
六浦(横浜市金沢区)は塩の産地であり、安房、上総、下総などの関東地方をはじめ、
海外(唐)からの物資集散の港であった。
舟で運ばれた各地の物資はこの切通しを超えて鎌倉に入り、六浦港の政治的、経済的
価値は倍増した。
また、鎌倉防衛上の防禦施設として、路の左右に平場や切岸の跡とみられるものが
残されている。



大刀洗川沿いに進む。

Img_2592



梶原太刀洗水。
頼朝への謀反を企てたとされた上総広常を暗殺した梶原景時が、その血塗られた
太刀を洗ったとされる伝説の水。
その後、広常の罪は濡れ衣だったことが分かるが後の祭り。
広常暗殺は鎌倉時代初期の後味の悪い事件のひとつ。
しかし、鎌倉幕府の権力構造が固まるまでの数十年間はそんな事件の連続であった。

NHK大河ドラマでは上総介広常演じる佐藤浩市、梶原景時演じる中村獅童、
源頼朝演じる大泉洋、北条義時演じる小栗旬などが入り混じる場面はそろそろか。
鎌倉幕府においては当面、陰謀、騙し討ち、裏切り、虚言、力ずくで権力闘争が繰り広げられる。


大刀洗水の看板。

Img_2594



朝夷奈切通し、十二所果樹園の分岐。

Img_2596



「三郎の滝」。
伝説では朝夷奈切通しは、鎌倉幕府の御家人・和田一族の朝比奈三郎義秀という
大変な力持ちの武士が、一夜にして切り開いたとされる。
朝比奈三郎にちなんで、「三郎の滝」と名付けられたとされる。

しかし、朝夷奈切通しの開削工事は当時の鎌倉幕府の執権・北条泰時が、自ら工事監
督をし、乗馬に土石をのせて運ばせたという記録が残っている。
それほど、鎌倉幕府にとって重要で大がかりな工事だったといわれている。


ところで。
この朝比奈三郎義秀とは、源義仲(木曽義仲)亡き後、義仲の妾巴御前と和田義盛の
子と言われている。
ちょうど、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では青木嵩高演じる木曽義仲、
秋元才加演じる巴御前、横田栄司演じる和田義盛などが好演しているので、分かり
やすい。

Img_2597



こちらでも石碑が。
大正時代から昭和初期に鎌倉町青年団、鎌倉市青年会により建立された鎌倉史跡碑
がこんな所にもあった。

Img_2598



沢伝いの道で水の中を歩かざるえない。

Img_2600



登りが続くので、滑らないように。

Img_2601



Img_2603



道祖神、いや、お地蔵様かな。
延宝三年と読める、1675年…。

Img_2606_20220409234801



この辺りが”頂上”。
人工的に削られた「切通し」であり、高さ18mの朝比奈峠の大切通し。
岩肌に彫られたレリーフのような仏像を「磨崖仏(まがいぶつ)」という。

Img_2610_20220410142901



「中世の雰囲気」を感じる朝夷奈切通しという表現が多く用いられているが、
中世というと、どうもヨーロッパなどを連想してしまう…。
「秘境」という表現も多く見受けられる…。
なんと表現したらいいものか…。

朝夷奈切通し最大の見せ場。

Img_2613




Img_2616_20220409234901


住所的には横浜市金沢区に入った。
熊野神社への分岐。

Img_2632_20220409234901


鎌倉幕府の鬼門に位置するこの場所に、頼朝が熊野三社明神を勧請したのだとか。

Img_2631_20220409234901


境内はきれいに掃除されていて、山奥の神社とは思えないほど。

Img_2627



Img_2633


突然、クルマの音が聞こえてきた。
横横道路が頭上を横切る。
横横・朝比奈インターの南側に位置する。
こんなとこを走っていたのか…。

Img_2635


ま、確かに…。
国史跡、朝夷奈切通しには手をつけずに高速道路を頭上に配した。
そんなとこか…。

Img_2637


この先はトンネル。
横横を南下して朝比奈インターを過ぎて最初のトンネル。
よく見たら、横浜第1トンネルと書かれていた。

Img_2639_20220409235001



庚申塔や道祖神がまつられていた。
延宝五年と読めるのだが…、1677年。

Img_2641_20220409235001



Img_2642

鎌倉らしい景観「切通し」を歩く、朝比奈ハイキングコース

秘境感がすごい朝夷奈切通しハイキングコース

朝夷奈切通し wikipedia



そして、普通の町に出た。
町工場らしき建物もあった。
さらに歩くと、横浜環状4号に出た。

Img_2650








京急バス・朝比奈バス停。
その向こうには神奈中バスの朝比奈バス停もあったが、神奈中バスは鎌倉には行か
ず、環状4号を走る大船駅行きである。

Img_2653



京急バス鎌倉行きに乗った。

Img_2656_20220409235101



横浜環状4号を500mほど北上し、朝比奈インター先の朝比奈交差点から金沢街道へ。
鎌倉霊園を横目に見ながら、お彼岸で大渋滞にはまった苦い思い出を。
この辺りは大きな霊園だらけで、隣の横浜霊園には叔母が眠っているので墓参りする
のだが、やはり、お彼岸の渋滞には閉口した…。

ところで、金沢街道(県道204号金沢鎌倉線)って。
この県道204号が朝比奈切通しに代わる幹線道路として開通したのは昭和31年(1956年)のこと。
それまでは朝比奈切通しが県道だったのだとか。
ちょっと信じられない”歴史”ではある。


そうそう、峰本・朝比奈店の駐車場には昼に入ってきたクルマがまだいた。
そして、ウチと同時に行列に加わった高齢のご夫婦がいたのだが、そのご夫婦は
十二所神社バス停から乗車してきた。
恐らく、食事を終えるまで2時間かかったのかと…。
バスから見た峰本はお昼頃よりもさらに待っている人が増えていた…。


金沢街道を走り、八幡宮前のバス停で下車。

Img_2658



段葛の桜を♪

Img_2660_20220409235201


そうそう、ランチはまだだった…。
目の前の「こ寿々」へ。

Img_2662


やはり、鎌倉で蕎麦といえば、ココでしょう。
といっても、こちらは二、三十年ぶりかも…。

Img_2680


先客が2組待っていたので、行列に加わった。
店から見えるこの光景がいい♪

Img_2664



Img_2669



店内。

Img_2672


こ寿々そば。
美味しかった。

Img_2674_20220409235301


わらび餅♪
蕎麦も美味しいけど、わらび餅も美味しいのだ。

Img_2677

こ寿々

段葛 こ寿々(鎌倉)/食べログ




豊島屋へ。

Img_2683


鳩サブレー、和菓子などを。

Img_2684_20220409235301



小町通りへ。
やはり、混んでいた。
「ちょっぺ~」が元気なのは嬉しいこと。

Img_2686



鎌倉駅構内で「江ノ電オルゴール」をみつけた。

Img_2689_20220409235301



第7弾。
今までと異なり、展望灯台ではなく、八幡宮がメイン。
大仏、江ノ電鎌倉駅が配されている。
曲は「鎌倉物語」♪

Img_2697

江ノ電グッズ/江ノ電
休み~♪ 2015.02.06




鎌倉駅を出発した藤沢行き、1000形。

Img_2690


5分遅れで…。
最近、江ノ電は腰越の道路状況の影響で遅延が目立つ。
不慣れなクルマが江ノ電の運行を妨げてしまうのだとか…。

今日は疲れたのか、ぐっすり寝てしまった…。
あっと言う間に腰越駅。

江ノ島1号踏切…。

Img_2692


腰越漁港の「朝どれフライ」。
カマスのフライを。

Img_2694



腰越漁港から江の島を。

Img_2696_20220409235401



いきなりの初夏~♪
嬉しい季節♪




■鎌倉切通し関連記事

名越切通しへ♪ 2021.05.29

裏大仏ハイキングコース♪ 2020.10.21

鎌倉…♪ 2019.09.28




関連記事

江の島へ♪ 2022.02.25
鎌倉へ♪ 2022.02.12
七里ヶ浜♪ 2021.11.20
鎌倉名越切通しへ♪ 2021.05.29
鎌倉長谷寺へ♪ 2021.05.23
久々の江の島♪ 2021.04.10
湘南の桜♪ 2021.03.27
湘南の梅♪ 2021.02.13
腰越~鎌倉♪ 2020.12.06
裏大仏ハイキングコース♪ 2020.10.21
七里ヶ浜&鎌倉山でランチ♪ 2020.08.14
江ノ電♪ 2020.08.01
江の島♪ 2020.06.20
片瀬&長谷寺♪ 2020.02.09
鎌倉♪ 2020.02.01
今年も江島神社に初詣♪ 2020.01.03
江ノ島小屋♪ 2019.10.19
鎌倉…♪ 2019.09.28
長谷♪ 2019.09.07
えのすい♪ 2019.06.29
鎌倉♪ 2019.03.30
タンコロまつり♪ 2018.12.01
北鎌倉♪ 2018.11.24
鎌倉高校前1号踏切♪ 2018.10.28
江の島♪ 2018.10.27
片瀬漁港からぶらり散歩♪ 2018.05.12
湘南♪ 2018.04.28
江の島へ♪ 2018.02.11
鎌倉の蝋梅(ロウバイ)♪ 2018.01.20
今年最後の湘南かな…♪ 2017.12.09
葉山♪ 2017.11.25
雨… 2017.10.15  昔の旧江の島展望灯台の写真
江の島♪ 2017.09.30
旧東海道・藤沢宿♪ 2017.09.03
珊瑚礁本店♪ 2017.08.13
江の島のあじさい♪ 2017.06.24
鎌倉山でランチ♪ 2017.06.09
鎌倉♪ 2017.03.18
江ノ電♪ 2017.02.11
秋の北鎌倉♪ 2016.11.03
江の島♪ 2016.09.03
鎌倉へ… 2016.06.11
腰越&江の島♪ 2016.04.23
北鎌倉♪ 2016.02.27
伊勢海老丼♪ 2015.11.22
江の島♪ 2015.10.10 
江の島散歩♪ 2015.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2015.06.19
休日♪ 【海街diary】 2015.06.13
桜&カレー♪ 2015.04.04
江の島♪ 2015.02.14
江の島♪ 2015.01.17
稲村ヶ崎♪ 2014.12.06
洲鼻通り~龍口寺♪ 2014.11.23
鎌倉♪ 2014.10.25
江の島♪ 2014.10.11
由比ヶ浜大通り♪ 2014.10.04
珊瑚礁本店…いやっ、お魚亭♪ 2014.05.06
鎌倉♪ 2014.04.12
お魚亭♪ 2014.02.22 
江ノ電とか♪ 2014.01.25
葉山~買い物ドライブ…♪ 2014.01.11
江島神社に初詣♪ 2014.01.03 
ソレイユの丘♪ 2013.10.12
鎌倉♪ 2013.09.28
Aloha Beach Cafe~アロハビーチカフェ~♪ 2013.04.20
生しらす♪ 2013.04.13
七里ヶ浜エリア♪ 2013.03.30
春の江の島♪ 2013.02.23

鎌倉♪-2 2013.01.11
鎌倉♪-1 2013.01.11
江島神社に初詣♪ 2013.01.03
江ノ電…♪ 2012.11.17
ジャスト1時間の海~♪ 2012.10.20
鎌倉明月院のあじさい♪ 2012.06.18
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2012.06.18
またまた江の島♪ 2012.04.30
生しらす♪ 2012.04.15
鎌倉長谷寺の梅♪ 2012.03.10
湘南でランチ&ウォーキング…♪ 2012.01.28
江島神社に初詣♪ 2012.01.03
えのすい&江の島シーキャンドル♪ 2011.12.10
久しぶりの湘南-2♪ 2011.10.29
久しぶりの湘南-1♪ 2011.10.29
鎌倉のあじさい2-御霊神社・成就院♪ 2011.06.11
鎌倉のあじさい1-長谷寺♪ 2011.06.11
湘南へ♪ 2011.05.05          〃
鎌倉長谷寺の梅-2♪ 2011.01.30
鎌倉長谷寺の梅-1♪ 2011.01.29
富士山&江ノ電♪ 2011.01.16
腰越しらすや&江ノ電鎌倉高校前駅イルミネーション♪ 2010.11.20
80系に会いました♪ 2010.11.19
リバイバルカラー江ノ電♪ 2010.11.06
久々の湘南♪ 2010.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪-2 2010.06.12
鎌倉長谷寺のあじさい♪-1 2010.06.12
鎌倉・海蔵寺♪-2 2010.03.13
鎌倉・海蔵寺♪-1 2010.03.13
鎌倉の大銀杏… 2010.03.10
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-2♪ 2010.02.06
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-1♪ 2010.02.06
秋の鎌倉♪ 2009.11.28
北鎌倉-2・葉祥明美術館・明月院♪ 2009.10.03
北鎌倉-1・浄智寺♪ 2009.10.03
江ノ電♪ 2009.09.05
鎌倉・長寿寺-2♪ 2009.06.27
鎌倉・長寿寺-1♪ 2009.06.27
デジタル一眼お断り… 2009.06.20
江ノ電車両ガイド♪ 2009.05.29
江の島-2♪ 2009.05.24
江の島-1♪ 2009.05.23
鎌倉文学館~長谷寺-2♪ 2009.05.17
鎌倉文学館~長谷寺-1♪ 2009.05.17
GWの鎌倉♪ 2009.04.03
鎌倉-2♪ 2009.02.13
鎌倉-1♪ 2009.02.13
世界一のブレックファースト♪ 2009.02.13
ランチ♪ 2008.09.27
えのべん♪ 2008.09.06
鎌倉のあじさい♪ 2008.06.07
葉山・花の木公園のつつじ♪ 2008.04.19
鎌倉めぐり・九品寺&葉山かじべ♪ 2008.01.23
鎌倉めぐり・杉本寺&瑞泉寺&鎌倉宮♪ 2008.01.22
鎌倉めぐり・浄妙寺&石窯ガーデンテラス♪ 2008.01.22
大失敗っ 2008.01.13
江島神社へ初詣♪ 2008.01.03
江の島のイルミネーション♪ 2007.12.23
一年ぶりの江の島♪ 2007.10.06
さよなら江ノ電303+353号車  2007.10.01
三崎のまぐろ♪ 2007.09.22  (湘南というには無理があるけど…)
鎌倉のあじさい♪ 2007.06.09
北鎌倉♪ 2007.05.12
葉山のつつじ♪ 2007.04.14
七里ガ浜Amalfi Della Sera♪ 2007.03.03
葉山♪ 2007.02.10
今年最後の湘南♪…多分 2006.12.03
江の島♪ 2006.09.09
あじさい♪ 2006.06.10     
梅はまだかな… 2006.02.17
今年初めての湘南 2006.01.15
鎌倉2 2005.11.06
江の島と江ノ島と江島 2005.10.29
鎌倉 2005.09.24

湘南の潮風~♪

 

 




| | コメント (0)

2022/02/27

休日♪

★休日♪

晴れ♪

暖かい♪
ちょっと汗ばむ…。

海老名をウォーキングしたのだが、18.1℃を記録した。
暑かった。



お気に入りのかしわ台の散歩コースを♪

青空で暖かい♪
暖かいを通り越して、汗ばむ陽気。
海老名市は18.1℃。

相鉄線かしわ台駅から下り坂を下り、目久尻川にかかる産川橋のたもとにある、
護王姫の碑。
座間市や海老名市で伝えられる義経の側室、牛王姫のこと。
平泉に逃げのびた義経の後を追い、この地で難産の末、亡くなった牛王姫の伝説。
安産の神様として今に伝わっている。

海老名郷土かるた「さ」

sns護王姫社

護王姫社



海老名郷土カルタの「さ」。
「産川の 地名残した 護王姫」。

Img_1813



そんな悲劇の姫、護王姫の碑。
碑の側面には高座郡今泉村とある。(現在は海老名市上今泉6丁目)

Img_1810


いつも花が絶えない。

Img_1812



道標には「左 綾瀬村寺尾ニ至」、「右 座間村入谷ニ至」と刻まれている。

Img_1811_20220227165501


目久尻川沿いに進む。
梅が咲いていた。

Img_1820



Img_1824



Img_1825



海老名市柏ヶ谷117付近。
子育地蔵の脇には道祖神と庚申塔が。
正徳三年(1713年)と刻まれていたので、300年以上も昔…。

この近くをクルマで通り過ぎることがあるが、いつも花が絶えないと感心していた。
数ヶ月前に訪れたとき、それらが造花だと分かった。
ちょっとがっくりだった…。
でも、今日は本物の草花がそなえられていた。

Img_1826_20220227165901



双体道祖神、文政二卯十二月吉日(1819年)とあるので江戸時代後期、203年前。
ところで、今まで左側は何もなかったのに、お顔がついていた。
修復する方がいらっしゃるのかな。

Img_1828_20220227170001


神奈川県の庚申塔

かしわ台を散歩…♪ 2021.09.12

かしわ台散歩…♪ 2021.01.10

庚申塔や道祖神、お地蔵さん♪ 2020.05.25 




またも、立派な梅。

Img_1829



相鉄線の高架。

Img_1830



横浜行き、10000系。

Img_1832_20220227170501



海老名行き、JR東日本E233系7000番台。

Img_1835_20220227171001



目久尻川、伊勢下村橋(通称、河童橋、かっぱ橋)の河童。

Img_1836



目久尻隧道の東側、かしわ台駅方面を。
海老名行き、8000系。

Img_1841



横浜行き。

Img_1850_20220227170601



相鉄線の目久尻隧道付近にある古い道祖神たち。
海老名市国分北3丁目。

Img_1844



左の石塔は三猿がくっきりと残っていて、元禄三午天(1690年)と刻まれている。
330年以上…。

真ん中の石塔は「山王大権現」と刻まれている。
左側面には「相州高座郡國分村」と刻まれている。

Img_1845


神奈川県の庚申塔





関連記事

かしわ台を散歩…♪ 2021.09.12

かしわ台散歩…♪ 2021.01.10

目久尻川の河童♪ 2021.01.02

目久尻川の河童♪ 2020.10.28

週末…♪ 2020.06.05

目久尻川の河童♪ 2019.07.03

休日あれこれ…♪ 2010.01.17

庚申塔や道祖神、お地蔵さん♪ 2020.05.25 




| | コメント (0)

2022/02/12

鎌倉へ♪

★鎌倉へ♪

晴れ♪

朝は冷え込んだけど、日中は強い日差しが暑いほど。



今年は「いざ鎌倉へ」。

3連休ということで、道路は渋滞…。
国道134を走り、由比ヶ浜の鎌倉海浜公園あたりで由比ヶ浜地下駐車場へ。

海が眩しい♪

Img_1485_20220214082501




由比ヶ浜の鎌倉海浜公園といえば、このタンコロ。
1980年(昭和55年)まで江ノ電を走っていた100形(106形)107号車、
通称タンコロ。
タンコロとは、1両単位(単行)で使用されたため、タンコロと呼ばれて親しまれた。
テレビなどで登場する108号車は極楽寺検車区構内で動態保存されていて、イベント
などで走行することもある。

Img_1489_20220212211701



Img_1491



潮風にさらされているせいか、傷みが進行している…。

Img_1492



Img_1494



Img_1495_20220212213101


久しぶりの湘南 - 2♪ 2011.10.29




和田塚へ向かって歩き、途中から若宮大路へ。
明るい雰囲気の若宮大路。

Img_1498



一の鳥居を。

Img_1503



畠山重保邸阯碑。

Img_1504_20220212213201


鎌倉幕府御家人、畠山六郎重保邸阯。
そういった石碑が市内各地に建立されていることに気がついた。

大正6年から昭和16年にかけて鎌倉町青年団、鎌倉市青年会により建立されたもの
で、80ヶ所弱あったのだとか。
その内、なくなってしまった石碑や個人宅や立入禁止となっているものもあるのだが、
現在は73ヶ所が確認されていて、3ヶ所は個人宅や立入禁止区域にあるため、実際に
見ることができるのは70ヶ所だとか。

鎌倉史跡碑、旧跡碑(鎌倉町青年団碑)/鎌倉PRESS



実はこちらにはすぐ横に「石造宝篋印塔」もあるのだ。
畠山六郎重保の墓塔と伝えられている。
明徳4年(1393年)造立ということなので、室町時代か。

実は一昨年、箱根でも同じような印塔をいくつか見ており、驚愕したものだが、
鎌倉時代後期のもので、極楽寺の開山・良観上人が開眼供養の導師を務めるなどの
つながりがあり、鎌倉の印塔と共通したものなのかと思われる。
箱根の石仏・石塔群が点在する山の中でおどろおどろしい雰囲気を感じた。
しかし、700年も昔の国宝級のものが街中にごろごろしている光景って…。

箱根へ - 2♪ 2020.07.28


畠山六郎重保の墓塔といわれている「石造宝篋印塔」。

Img_1505



すぐ先にはミニクーパーばかり扱っている店がある。
左のクルマ、”FOR SALE”とあったが、価格は書いてなかった。

Img_1510_20220212235301



キリスト教鎌倉教会。

Img_1511_20220212213201



下馬交差点を左に入り、由比ヶ浜大通りへ。
御成通りを横目に。

Img_1529



フレンチの”ブラッスリー・シェ・アキ”へ。
予約だけで満席…。 断念…。

Img_1527_20220212214101



お隣のビル、イタリアンの”piccolo bar 117”へ。
こちらは昨年6月にテレ朝「人生の楽園」で紹介されていたお店でいってみたいと…。

Img_1525


店内にはピアノが置かれ、カンツォーネなども聴けるかも…

Img_1515



炙りマグロとアボガドのサラダ。

Img_1516



たことオリーブのガーリックピッツァ。
たこが美味しい♪

Img_1519



牡蠣と春菊のペペロンチーノ。
取り分けてしまった…。

Img_1520_20220212214101


どれも美味しかった♪
満足♪

ウィークポイントはシェフが奥様お一人らしく、若干時間を要することかな…。
夜のお酒タイム(現在はアルコールの提供は休止中のよう。)ならスムーズに提供され
るのかなと…。

piccolo bar 117(和田塚)/食べログ

piccolo bar 117




下馬交差点を渡った。
またしても、石碑。
「下馬」の由来を…。

Img_1535



若宮大路を横切る滑川に架かる琵琶橋。
「日本の道百選」のひとつ「琵琶小路」(別称、若宮大路)とある。
若宮大路が別称とは…。
かつて擬宝珠のついた朱塗りの橋が架かっていたとかで、鎌倉十橋のひとつ。

Img_1536



若宮大路に面している鎌倉女学院中学校・高等学校。
逗子開成中学校・高等学校ともつながりがある。
また、東大など国立大学への進学も目立つなど、レベルは高い。

Img_1507


鎌倉女学院の脇を入り住宅街の中へ。
雰囲気のあるギャラリー・カフェ。

Img_1543


昨夜、フジ「爆買いスター恩返し」で堺正章は小学校時代の同級生、鎌倉ヒロ病院
の副院長さんと長谷の「鎌倉 衣ず美」で握り寿司を堪能した。
長谷を通ってきたので、「衣ず美」の前をクルマで通過したが、夜の営業のみなので
シャッターが閉まっていた。
そんな鎌倉ヒロ病院の前を歩いてすぐ。

「元鶴岡八幡宮」の道標。

Img_1544_20220212215101



鎌倉市材木座1丁目、住宅街の中にひっそり。
元鶴岡八幡宮。

Img_1545


由比若宮、元鶴岡八幡宮。

Img_1546


平安時代に河内源氏、源頼義が「前九年の役」で奥州の豪族、安倍氏を討伐した。
その帰途、この地に石清水八幡宮をお祀りした。

京都石清水八幡宮に戦勝祈願をしていた源頼義はそのお礼として1063年、石清水
八幡宮をこの地に移しお祀りした。
それが現在の元八幡、由比若宮。

当時、海岸線は現在の一の鳥居あたりだったとのことで、由比若宮は海岸に近い場所
だったと思われる。

創建から117年後の1180年、源頼朝は大軍を引き連れて鎌倉入りを果たした。
そして、元八幡(由比若宮)を訪れ、現在の地に鶴岡八幡宮を移した。
そのため、元八幡といわれている。


左手前には「後三年の役」で義家が旗を立てたといわれる「源義家公、旗立の松」。
いわれが書かれている立て札は文字が削り落とされていて読むことができない…。
なぜ…。

Img_1547


由比若宮、元八幡。

Img_1548_20220212215201



お参りをしていたら、本殿の後ろから電車のガタゴトという音が聞こえてきた。
早く見てみたい…。

Img_1549_20220212215201


すぐ近くには「岩清水の井」が残っている。
大正時代、この近くに作家の芥川龍之介が住んでいた。
横須賀の海軍学校で英語の教官をしていたため、ここから横須賀線で横須賀まで通勤していた。

住宅街の一角に「岩清水の井」がひっそりとある。

Img_1555

由比若宮、元八幡/鎌倉タイム

由比若宮、元八幡/鎌倉PRESS




先程、お参りしている時に電車の音が聞こえてきたが。
すぐ近くを横須賀線が通る。
横須賀線三浦道踏切を通過する下りE235系電車。

Img_1557_20220212235301



Img_1560_20220212235301


上りE231系も。

Img_1564_20220212235401




踏切を渡ると小さなお堂。
「辻の薬師」と呼ばれている辻薬師堂。

Img_1571_20220212215301




Img_1572_20220212215301



大町四ツ角交差点の南。
町屋阯」碑。

Img_1577_20220212215301



昨夜のフジ「爆買いスター恩返し」、堺正章が鎌倉で爆買いするシーン。
まずは、大町四ツ角交差点にある和菓子「大くに」で高橋克典と落ちあい、和菓子を
爆買い。
なんだか、堺正章が立ち寄った店をトレースするようなコースをアチコチ…。

Img_1614


ウチは豆大福を。
さくら餅、道明寺も。

Img_1583

お菓子司 大くに

大くに(鎌倉)/食べログ





同じく堺正章がバッグなどを爆買いした革工房TSUZUKU

Img_1617


お隣の北村牛肉店。
堺正章の中学・高校の先輩だという店主のおじいちゃんとの掛け合いが面白かった。

ウチもコロッケとか買いたいと思ったのだが、揚げ物は完売していた…。

Img_1616



折角、ここまで来たので。
本覚寺へ。
ここにも石碑が、「夷堂橋」碑。

Img_1596 



鎌倉といえば、臨済宗のお寺が多く親しまれている。
しかし、この辺りは日蓮宗のお寺が多い。

右上に見えるのは七福神のえびす様で有名な夷堂。
本覚寺山門(仁王門)。

Img_1585



仁王像が睨みをきかせる。

Img_1595


本堂。

Img_1587



梅がちらほら。

Img_1589



Img_1590



大町四ツ角交差点に戻る途中。
八雲神社へ。

Img_1604


八雲神社といえば、鎌倉の祇園山ハイキングコースの起点。
「登山道」の標識が虚しい…。

Img_1610


登山道の入口付近には「全面通行止め」の貼り紙…。
2019年の台風15号、19号の影響で今も通行止めがアチコチ。
いつになったら…。

Img_1608



Img_1611



下馬交差点方面へ向かう。
横須賀線大町踏切を。

Img_1618



江ノ電和田塚3号踏切をいく鎌倉行き、300形+1000形。

Img_1630



江ノ電和田塚1号踏切。
先程の電車が鎌倉駅で折り返して戻ってきた。

Img_1633_20220213000301



もちろん、300形も。

Img_1635_20220212235401


歩いていたら暑くなった…。

Img_1637_20220213000301



和田塚駅に停車中の300形。

Img_1639_20220212220801




Img_1641_20220212220801


駅からすぐ。
和田塚駅の駅名の由来でもある「和田塚」。

Img_1646


源頼朝亡き後、専制政治をめざす北条氏にとって最大のライバルであった三浦一族の
一門として力をもっていた和田一族は北条義時によって滅ぼされた。
そんな和田一族の終焉の地がここである。

Img_1644


和田一族を率いたのは和田義盛。
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では横田栄司演じる義盛がムードメーカーの役割をも
担っているようにみえる。

頼朝の死後、梶原景時の変での景時弾劾追放では中心的な役割を果たし、比企能員
の変や畠山重忠の乱などの御家人の乱では北条氏に与(くみ)した。
しかし、2代執権・北条義時の挑発を受けて挙兵に追い込まれ、幕府軍を相手に鎌倉で
戦うが敗死し、和田一族も滅亡した(和田合戦)。
館は若宮大路にあった。
「出る釘は打たれる」…、そんなところか…。

和田塚/鎌倉タイム

鎌倉殿の13人♪ 2022.02.07





由比ヶ浜♪

Img_1648_20220212220801



日差しのせいか、クルマの中も暑い…。
気温13℃の表示…。
暖房はしないで送風だけ、それでも暑くて窓を開けて走った。
昨日、雪が降ったことがウソみたい…。

今日は134が大渋滞…。
ま、東京のナンバーが多い…。

もう少し海を見ながら走りたかったのだが…。
ひどい渋滞に閉口…。
仕方ないので坂ノ下から長谷を経て、手広経由で帰った。




関連記事

七里ヶ浜♪ 2021.11.20
鎌倉名越切通しへ♪ 2021.05.29
鎌倉長谷寺へ♪ 2021.05.23
久々の江の島♪ 2021.04.10
湘南の桜♪ 2021.03.27
湘南の梅♪ 2021.02.13
腰越~鎌倉♪ 2020.12.06
裏大仏ハイキングコース♪ 2020.10.21
七里ヶ浜&鎌倉山でランチ♪ 2020.08.14
江ノ電♪ 2020.08.01
江の島♪ 2020.06.20
片瀬&長谷寺♪ 2020.02.09
鎌倉♪ 2020.02.01
今年も江島神社に初詣♪ 2020.01.03
江ノ島小屋♪ 2019.10.19
鎌倉…♪ 2019.09.28
長谷♪ 2019.09.07
えのすい♪ 2019.06.29
鎌倉♪ 2019.03.30
タンコロまつり♪ 2018.12.01
北鎌倉♪ 2018.11.24
鎌倉高校前1号踏切♪ 2018.10.28
江の島♪ 2018.10.27
片瀬漁港からぶらり散歩♪ 2018.05.12
湘南♪ 2018.04.28
江の島へ♪ 2018.02.11
鎌倉の蝋梅(ロウバイ)♪ 2018.01.20
今年最後の湘南かな…♪ 2017.12.09
葉山♪ 2017.11.25
雨… 2017.10.15  昔の旧江の島展望灯台の写真
江の島♪ 2017.09.30
旧東海道・藤沢宿♪ 2017.09.03
珊瑚礁本店♪ 2017.08.13
江の島のあじさい♪ 2017.06.24
鎌倉山でランチ♪ 2017.06.09
鎌倉♪ 2017.03.18
江ノ電♪ 2017.02.11
秋の北鎌倉♪ 2016.11.03
江の島♪ 2016.09.03
鎌倉へ… 2016.06.11
腰越&江の島♪ 2016.04.23
北鎌倉♪ 2016.02.27
伊勢海老丼♪ 2015.11.22
江の島♪ 2015.10.10 
江の島散歩♪ 2015.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2015.06.19
休日♪ 【海街diary】 2015.06.13
桜&カレー♪ 2015.04.04
江の島♪ 2015.02.14
江の島♪ 2015.01.17
稲村ヶ崎♪ 2014.12.06
洲鼻通り~龍口寺♪ 2014.11.23
鎌倉♪ 2014.10.25
江の島♪ 2014.10.11
由比ヶ浜大通り♪ 2014.10.04
珊瑚礁本店…いやっ、お魚亭♪ 2014.05.06
鎌倉♪ 2014.04.12
お魚亭♪ 2014.02.22 
江ノ電とか♪ 2014.01.25
葉山~買い物ドライブ…♪ 2014.01.11
江島神社に初詣♪ 2014.01.03 
ソレイユの丘♪ 2013.10.12
鎌倉♪ 2013.09.28
Aloha Beach Cafe~アロハビーチカフェ~♪ 2013.04.20
生しらす♪ 2013.04.13
七里ヶ浜エリア♪ 2013.03.30
春の江の島♪ 2013.02.23

鎌倉♪-2 2013.01.11
鎌倉♪-1 2013.01.11
江島神社に初詣♪ 2013.01.03
江ノ電…♪ 2012.11.17
ジャスト1時間の海~♪ 2012.10.20
鎌倉明月院のあじさい♪ 2012.06.18
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2012.06.18
またまた江の島♪ 2012.04.30
生しらす♪ 2012.04.15
鎌倉長谷寺の梅♪ 2012.03.10
湘南でランチ&ウォーキング…♪ 2012.01.28
江島神社に初詣♪ 2012.01.03
えのすい&江の島シーキャンドル♪ 2011.12.10
久しぶりの湘南-2♪ 2011.10.29
久しぶりの湘南-1♪ 2011.10.29
鎌倉のあじさい2-御霊神社・成就院♪ 2011.06.11
鎌倉のあじさい1-長谷寺♪ 2011.06.11
湘南へ♪ 2011.05.05          〃
鎌倉長谷寺の梅-2♪ 2011.01.30
鎌倉長谷寺の梅-1♪ 2011.01.29
富士山&江ノ電♪ 2011.01.16
腰越しらすや&江ノ電鎌倉高校前駅イルミネーション♪ 2010.11.20
80系に会いました♪ 2010.11.19
リバイバルカラー江ノ電♪ 2010.11.06
久々の湘南♪ 2010.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪-2 2010.06.12
鎌倉長谷寺のあじさい♪-1 2010.06.12
鎌倉・海蔵寺♪-2 2010.03.13
鎌倉・海蔵寺♪-1 2010.03.13
鎌倉の大銀杏… 2010.03.10
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-2♪ 2010.02.06
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-1♪ 2010.02.06
秋の鎌倉♪ 2009.11.28
北鎌倉-2・葉祥明美術館・明月院♪ 2009.10.03
北鎌倉-1・浄智寺♪ 2009.10.03
江ノ電♪ 2009.09.05
鎌倉・長寿寺-2♪ 2009.06.27
鎌倉・長寿寺-1♪ 2009.06.27
デジタル一眼お断り… 2009.06.20
江ノ電車両ガイド♪ 2009.05.29
江の島-2♪ 2009.05.24
江の島-1♪ 2009.05.23
鎌倉文学館~長谷寺-2♪ 2009.05.17
鎌倉文学館~長谷寺-1♪ 2009.05.17
GWの鎌倉♪ 2009.04.03
鎌倉-2♪ 2009.02.13
鎌倉-1♪ 2009.02.13
世界一のブレックファースト♪ 2009.02.13
ランチ♪ 2008.09.27
えのべん♪ 2008.09.06
鎌倉のあじさい♪ 2008.06.07
葉山・花の木公園のつつじ♪ 2008.04.19
鎌倉めぐり・九品寺&葉山かじべ♪ 2008.01.23
鎌倉めぐり・杉本寺&瑞泉寺&鎌倉宮♪ 2008.01.22
鎌倉めぐり・浄妙寺&石窯ガーデンテラス♪ 2008.01.22
大失敗っ 2008.01.13
江島神社へ初詣♪ 2008.01.03
江の島のイルミネーション♪ 2007.12.23
一年ぶりの江の島♪ 2007.10.06
さよなら江ノ電303+353号車  2007.10.01
三崎のまぐろ♪ 2007.09.22  (湘南というには無理があるけど…)
鎌倉のあじさい♪ 2007.06.09
北鎌倉♪ 2007.05.12
葉山のつつじ♪ 2007.04.14
七里ガ浜Amalfi Della Sera♪ 2007.03.03
葉山♪ 2007.02.10
今年最後の湘南♪…多分 2006.12.03
江の島♪ 2006.09.09
あじさい♪ 2006.06.10     
梅はまだかな… 2006.02.17
今年初めての湘南 2006.01.15
鎌倉2 2005.11.06
江の島と江ノ島と江島 2005.10.29
鎌倉 2005.09.24

湘南の潮風~♪

 

 

| | コメント (0)

2022/02/07

鎌倉殿の13人♪

★鎌倉殿の13人♪

晴れ♪

朝は冷え込んだ…。
いつもより分厚い氷が張った…。

日中の日差しは春のよう。



で。
スーパーのアサリ。
やはり、熊本県産が一掃されて、中国産に変わっていた。
パッケージは同じなのに、産地だけ変わっていた…。
誰も手を出さない…。




鎌倉殿の13人♪

三島、修善寺、伊東、熱海伊豆山、西湘の石橋や真鶴、そして、鎌倉は源頼朝や
北条一族を感じられるエリア。
いや、感じざるえないくらい、そこかしこに頼朝や政子らの足跡が。

昨夜のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。
石橋山の合戦で敗れ、「鵐の窟」(しとどのいわや)で身を寄せ合う場面…。
いよいよ真鶴から安房へ、そして、鎌倉へ…。


「石橋山の合戦」が繰り広げられた石橋山古戦場。
治承4年(1180年)、以仁王の命を受けて挙兵した源頼朝が平家方の大庭景親、
伊東祐親らと戦ったところ。
佐奈田霊社は頼朝方の先陣、佐奈田与一義忠の遺骸を葬ってある与一塚の傍らに
建っている。                       2021年7月撮影

Img_9450

石橋へ♪ 2021.07.19

鎌倉殿の13人/NHK

鎌倉殿×13人の重臣たち/鎌倉観光公式ガイド



■源頼朝、西湘関連記事♪

真鶴♪-2  2010.05.04 

真鶴♪-1 2010.05.03

豆相人車鉄道の旅…かな♪ 2011.03.05

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

石橋へ♪ 2021.07.19

麦踏のパンと山安の干物と湘南メンチを♪ 2021.08.28

濃霧… 2012.12.18

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19

伊豆♪ - 2 2013.02.10

三島♪ 2014.06.20

鎌倉♪ 2020.02.01

鎌倉♪ - 2 2013.01.11






| | コメント (0)

2022/02/03

節分♪

★節分♪

晴れ♪

朝は冷え込んだけど、日中は小春日和で暖かかった。




節分♪

豆まきをして、歳の数だけ食べた。
昔は近所のあちこちで豆まきの声が聞こえてきた。
翌朝、住宅街には豆が落ちていたりしたもの。
最近はほとんどない…。
ウチも小声で豆をまいてるし…。


Ilm02_dd19001s_20220202154201





熊本県産アサリの産地偽装問題…。

先々週の土曜日。
ウチでは全然見ないTBS…、テレ朝のつもりで見ていたら、とんでもないニュース。
TBS「報道特集」…、熊本県産アサリの産地偽装問題のことを初めて知った…。

翌日、近所のスーパーで見てみたら、どれもこれも熊本県産と…。
えっ、あのニュース、本当だったのだ…。
最近はどのテレビ局も争うように報道している…。

熊本県産と表示されているアサリの97%に外国産が混入されているとか。
混入という言い方だが、そんなレベルじゃないことは明らか…。
外国産とは中国や韓国らしいけど、ほとんどは中国産…。

熊本県は県産の天然活きアサリを2ヶ月ほど出荷停止にすると発表した。
当分、アサリを食べることはできなさそう…。

早速、業者の中には「中国産」として出荷する動きも…。
そんな業者は摘発したらいいのにと思ってしまう…。
中国産を買うかどうか…。
口に入れるものだからな…。
悩ましい…。


尚、食品表示法では、海外が原産地でも国内の海に運び入れて成育した期間(蓄養期
間)の方が長ければ、「○○県産」と表示する規定がある。
熊本県はこの規定も産地偽装の抜け道になっているとして、国に見直しを求めると表明した。


 

| | コメント (0)

2021/12/01

12月♪

★12月♪

昨夜遅くから早朝にかけて大雨…。
すごかった!!

目が覚めたら、晴れ♪

今日は朝から暖かい。




12月♪

師走…。
そろそろ気ぜわしくなる…。




JR東海オリジナルカレンダー12月♪

富士山をバックに東海道本線をいく313系。

202112


JR東海オリジナルカレンダー/JR東海




ODAKYU VOICE12月号♪

特集。
『体の芯からポカポカに 温活ランチ』。
町田の「中国酒家 十年」、南新宿の「ソムソム ダー」代々木店、
新百合ヶ丘「生姜料理 しょうが」、箱根湯本の「湯葉丼 直吉」など。

沿線まちあるき。
相武台前駅。
やはり、佐世保バーガーの「アンクルサム」、このエリアでイタリアンといえば、
「ラ・リチェッタ」、パンなら「パン香房つちや」。

歳時。
多摩センターイルミネーションなど。

ODAKYU VOICE/小田急

202112_ov





小田急線の駅に貼られたポスター。

日向薬師。
茅葺屋根の本堂が印象深い。

2021_20211208115101


日向山 宝城坊 日向薬師







| | コメント (0)

より以前の記事一覧