2022/12/03

今年最後の西湘かな…♪

★今年最後の西湘かな…♪

晴れ♪

寒いけど、日差しが暖かい。



明日は3年ぶりに湘南国際マラソンが開催されるため、国道134号江の島入口交差点
~西湘バイパス・西湘二宮インターまで、”湘南”の全線がほぼ終日通行止めとなる。

なので、今日のうちに西湘へ。
西湘バイパスは順調。
早川合流部は1kmの渋滞だったが、まあまあスムーズ。


国道135号根府川交差点先から真鶴半島方面を。

Img_5451



国道135号沿いの「いしだ商店」北側付近の上り車線で軽トラが側溝に落ちていた。
パトカーやレッカー車が出動して上り線は詰まり気味…。

ウチはいつも通りに松本山の急勾配を駆け登った。
松本山の道祖神に今年最後のご挨拶を。

Img_5453_20221203170701



石名坂バス停。
箱根登山バスの折り返し場所でもあり、ここには松本農園の無人販売とバス停に面し
た農家の無人販売がある。
今日は農家のおじさんがいたので、そちらでミカンとキウイを買い求めた。

Img_5456



県道740号を北上。
ミカンと松本山と相模湾を。
懐かしい瀬戸内海にいる気分になる♪

Img_5459




Img_5461_20221203170701



青山園は久々にオープンしていた。
普通のミカンやレモンなどが店頭に並んでいた。


いつもの「れんが屋」へ。

Img_5467



地魚刺身丼にハマっている♪
エビ以外は真鶴漁港に水揚げされたもの。
美味しかった♪

Img_5464_20221203170801



ママはオミクロン対応のワクチンを注射して4日目。
僕はほとんど副反応がなかったのだが、ママはかなりきつかったらしく、昨日まで
臥せっていた。
朝食は超軽めだったが、ランチはカキフライなどの和定食を。

Img_5466


れんが屋(江之浦)

れんが屋(江之浦、根府川)/食べログ






麦踏へ。

Img_5482



パーキングには品川、世田谷、横浜などオーソドックスなナンバーが並んでいた。
やはり、遠くからも麦踏に来るというのは本当なのだ。
ま、ウチも1時間余かけていくのだが。


お~、なんだか、賑やかな雰囲気。
廊下の暖炉に火が入っていた。

Img_5468_20221203170801



大根などの野菜が。

Img_5472



まだたくさんストックがあった。

Img_5473_20221203170901



百年ちくわーる、カンパーニュ、あんぱん、バターロールなどいつものワンパターンを
予約してあった。

Img_5475_20221203170901



店内には「エリカフェ」がオープンしていた。
コーヒーや軽食がいただける。
麦踏のパンも持ち込みできるとか。

Img_5471_20221203170901





Img_5470



テラス席もある。

Img_5477

麦踏(江之浦)

麦踏(江之浦、根府川)/食べログ

エリカフェ(江之浦、根府川)/食べログ




柿。

Img_5485_20221203171001




定点観測。
根府川駅♪
江之浦測候所のシャトルバスに続々と乗り込む。

Img_5486



次は小田原ヒルトンのシャトルバスを待つ行列。

Img_5492_20221203171001

根府川駅 wikipedia

根府川駅♪





「海の近く」12+1月号♪

特集は「12月のフランス」。
ちょっとそそる店が並んでいる。


20221201


海の近く




今年も江之浦エリアに9回も来てしまった。
それ以外にも、小田原までとか、最乗寺や箱根とか来ているので、
西湘など神奈川県西部には十数回も来ている…。
次に来たときは湘南ゴールドがゲットできるかな。

帰路、国道135号、西湘バイパスなどはすいすい…。
雪をかぶった富士山がきれいに見えた。
それもそのはず、富士スバルラインは一合目下駐車場まで営業、積雪のため、その先
通行止めとの情報。

ところで。
今朝、茅ヶ崎や平塚あたりで見かけた、西を目指して歩くウォーキングらしき人たち。
帰路でも大磯プリンスホテルや大磯の西湘バイパス沿いの遊歩道をウォーキングしている姿。
どうやら、湘南国際ビーチサイドウォークだったようだ。
数年前には東京を目指して歩く東京エクストリームウォーク100の参加者を数百人、
いや、千人を超えるくらい目にした。
小田原城をスタートして東京・有明を目指して歩く、そんな気が遠くなるようなウォーキング。
ちょっと気になる…。




■関連記事

いつもの西湘へ♪ 2022.10.22

小田原へ♪ 2022.10.08

大磯へ♪ 2022.09.10

江之浦へ♪ 2022.08.27

いつもの江之浦へ♪ 2022.07.23

二宮おかず食堂へ♪ 2022.07.09

江之浦&真鶴へ♪ 2022.06.19

GWの江之浦・湯河原へ♪ 2022.04.30

根府川駅♪ 2022.04.29

江ノ浦・熱海へ♪ 2022.04.02

おかめ桜&湘南ゴールド、麦踏のパンを♪ 2022.03.12

湘南ゴールドと麦踏のパンを♪ 2022.02.05

今年最後の西湘かな…♪ 2021.12.04

江之浦へ♪ 2021.11.06

いつもの西湘…♪ 2021.09.20

麦踏のパンと山安の干物と湘南メンチ♪ 2021.08.28

平塚&大磯へ♪ 2021.07.23

石橋へ♪ 2021.07.19

一夜城&真鶴&江之浦♪ 2021.07.17

真鶴&江之浦♪ 2021.06.12

いつもの西湘へ♪ 2021.05.03

西湘へ♪ 2021.03.22

湘南ゴールド、麦踏のパン&山安の干物を♪ 2021.01.30

湘南ゴールド&麦踏のパンを…♪ 2021.01.09

西湘&湘南♪ 2020.11.21

小田原&根府川♪ 2020.08.29

真鶴・江之浦へ♪ 2020.07.11

江之浦・根府川へ♪ 2020.05.30 (早川駅)

江之浦に行きたい…♪ 2020.05.06

湘南ゴールド&麦踏のパンを買い出し♪ 2020.04.04

おかめ桜と湘南ゴールドと麦踏のパン♪ 2020.03.07

湘南ゴールドと麦踏のパン♪ 2020.02.15

真鶴&江之浦♪ 2020.01.25

西湘♪ 2019.11.02

江之浦&根府川へ♪ 2019.08.24

川音川&だるまの天丼♪ 2019.07.31

根府川駅♪ 2019.04.30

GWの西湘…♪ 2019.04.28

おかめ桜♪ 2019.03.09

湘南ゴールドを♪ 2019.01.26

湯河原へ…♪ 2018.11.09 

江之浦マップ♪ 2018.08.15

西湘&箱根♪ 2018.08.13

根府川おかめ桜♪ 2018.03.17

江之浦測候所へ♪ 2018.01.26

真鶴とか♪ 2017.11.03

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19

GWのお出かけ~♪ 2017.05.03

湘南ゴールドを♪ 2017.03.25

福浦漁港・みなと食堂♪ 2017.03.04

湘南ゴールドを♪ 2017.01.27

真鶴~熱海♪ 2016.11.26

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

熱海♪ 2016.03.12

湘南ゴールドを♪ 2016.02.06

鯵が食べたい♪ 2015.07.25

根府川へ…合流部、驚愕の新事実…♪ 2015.03.28

湘南ゴールドを♪ 2015.02.07

国道135号根府川合流部改良工事完成へ♪ 2015.01.15

真鶴♪ 2014.09.13
 
残念… 2014.04.20

お花見…根府川・江之浦へ♪ 2014.04.05

真鶴&湯河原♪ 2013.11.03 

湘南ゴールドを♪ 2013.04.27

桜を見ながら江之浦へ♪ 2013.03.23

江之浦~真鶴♪ 2012.05.04

江之浦~根府川のおかめ桜♪ 2012.04.01

江之浦へ♪-2 2012.03.03

江之浦へ♪-1 2012.03.03

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-2 2012.02.18

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-1 2012.02.18

大磯♪ 2011.04.30

豆相人車鉄道の旅…かな♪ 2011.03.05

大好きな大磯♪ - 2 2010.07.17

大好きな大磯♪ - 1 2010.07.17

真鶴♪ - 2 2010.05.03

真鶴♪ - 1 2010.05.03

東海道本線&絶景イタリアン♪ 2008.10.12

小田原漁港♪ 2008.07.06 (早川駅)

OISO・大磯♪ 2008.06.28

湘南ゴールド♪ 2009.03.02

湘南ゴールド♪ 2007.03.18

ハルメキ♪ 2011.03.26 

おかめ桜&ハルメキ~♪ 2012.03.23  

    



| | コメント (0)

2022/12/01

12月♪

★12月♪

どんより…。

寒い…。
昨日までの暖かさがウソのよう…。




12月♪

年賀状、大掃除、年末年始…。
気忙しい(きぜわしい)…。

クリスマス♪  




JR東海オリジナルカレンダー♪

御殿場線足柄~御殿場駅間をいく普通 国府津行き、313系。

202212313


JR東海オリジナルカレンダー/JR東海

御殿場線♪ 2016.12.17





ODAKYU VOICE12月号♪

特集。
『アツアツ! 別格の味 窯焼きピザ』
向ヶ丘遊園駅のクッチーナ イタリアーナ「サン ジョルジョ」、
町田駅のトラットリア&ピッツェリア「Dai」、小田原駅は「ラッコアメーノ」、
藤沢駅は「パラダイスピザ」などなど。

沿線まちあるき。
栢山駅。
かやまと読む。
二宮尊徳生誕の地として知られる栢山。
そんな尊徳記念館を筆頭に飲食店がたくさん紹介されている。

沿線おいしい贈りもの。
狛江駅。
パティスリーアノー狛江店のサバラン。

歳時。
湘南の宝石2022- 2023~江の島を彩る光と色の祭典~など。

ODAKYU VOICE/小田急


202212_ov







| | コメント (0)

2022/11/27

CAR and DRIVER1月号♪

★CAR and DRIVER1月号♪

晴れ♪

暖かい♪

この暖かさはあと2、3日らしい…。
その後は冬到来か…。



CAR and DRIVER1月号♪

特集。
2023年に注目したい「価値あるクルマ」。
トヨタ・プリアウス、トヨタ・クラウン・クロスオーバー、マツダCX-60、ホンダZR-V、
日産X-TRAIL、ホンダ・シビックType Rなどなど。

欧州メーカーが牽引するBEVブランド戦略の現状と今後。
VW・ID.4、BMW・i7、メルセデスEQ・EQSなど。

試乗記。
BYD・ATTO 3、ジープ・コマンダー、トヨタ・ヤリスクロス、ホンダ・フィット、
ダイハツ・タント。

復刻版カタログ。
1981年(昭和56年)、マツダ・ファミリア(E-BD1051/1031型)。
ファミリア5代目として1980年にデビューしたファミリア・ハッチバック。
デビュー当時は3ドアと5ドアのハッチバックのみであった。
4代目まではFRだったが、5代目からはFFになった。
滅茶苦茶売れたクルマ。
僕たち若者の誰もが望んでいたクルマそのものだった。
駐車場に入ったら、ファミリアだらけなんてこともしょっちゅう…。
1980年に始まった日本カー・オブ・ザ・イヤーの第1回受賞車でもある。

あまりにも多く目にするので、ファミリアは敬遠して1982年(昭和57年)にトヨタ・
カローラⅡの赤い5ドア・ハッチバックを買った。
僕にとって初のFFだった。

マツダ・ファミリア Wikipedia


Img_20221128_0001



CAR and DRIVER


202301cd

 

  


| | コメント (0)

2022/11/01

11月…♪

★11月…♪

どんより…。

ちょっと肌寒い…。




11月…♪

秋…。

2月と並んで目立たない月…。




JR東海オリジナルカレンダー11月♪

中央本線、贄川駅(にえかわ)~日出塩駅(ひでしお)間をいく383系。
どちらも長野県塩尻市、標高800m超え。
秋の木曽路。

202211383

 

JR東海オリジナルカレンダー/JR東海




■関連記事

6月…♪ 2018.06.01

11月… 2011.11.01






ODAKYU VOICE11月号♪

特集。
『感動の一瞬を残そう 江の島・鎌倉フォト』
江の島弁天橋、洲鼻通りにある江の島プリン、江の島シーキャンドル、魚見亭など。
鎌倉文学館、一条恵観山荘、極楽寺駅、ヨリドコロ、鎌倉海浜公園 稲村ケ崎など。

沿線まちあるき。
座間駅。
ホシノタニ団地にできた「喫茶ランドリー」、帽子専門店「TRINUS(トリナス)」、
駅前ロータリーに面したスイーツやパンの店、カフェなど。

沿線おいしい贈りもの。
多摩市唐木田、アングランメルシーの「栗のグラタン」
すごく甘くて美味しそう♪

歳時。
大山の紅葉ライトアップ、よみうりランドジュエルミネーションなど。


ODAKYU VOICE/小田急


202211_ov









| | コメント (0)

2022/10/26

CAR and DRIVER12月号♪

★CAR and DRIVER12月号♪

晴れ♪

寒い。


昨日は丹沢の一部が白くなった。
TVでは白い富士山を美しく映し出している。

富士山五合目(スバルライン)の情報を見たら、24日から降雪、積雪のため、
冨士スバルラインは通行止め。
昨日は積雪のため、1合目下駐車場までしか営業しておらず、その先は通行止め。
今日も同じ状態が続いているが、昼過ぎから四合目大沢駐車場まで営業していて、
その先は通行止め。




CAR and DRIVER12月号♪

全く新しい雑誌になった。
従来の中綴じから背のある無線綴じに変更。
ま、クルマ雑誌のよくあるパターン。
また、縦書きから横書きに変更され、それに伴い右開きから左開きに変更。

そして、そして。
特別定価で10月号は780円、11月号は880円にビックリしていたのに…。
通常定価710円から980円に大幅アップされる。
約40%アップ!!

なによりも、高級カー雑誌になったような印象。


特集。
「フラッグシップ」の新しいカタチ。
メルセデス・ベンツEQS、トヨタ・クラウン、レクサスLX、BMW・iX、
ランドローバー・レンジローバーなどなど。

試乗記。
ホンダ・シビック・タイプR、スバル・クロストレックなどなど。

名車復刻版カタログ。
1989年、トヨタ・セルシオ(UCF11型)


CAR and DRIVER



202212cd


CAR and DRIVER11月号♪ 2022.09.26





  

| | コメント (0)

2022/10/08

小田原へ♪

★小田原へ♪

くもり、時々、晴れ♪

冬から夏に戻ったとまでは言えないけど、21℃とちょっと蒸し暑かった。



3連休なのでどこかへ行きたいけど…。
あまり天気よくない…。

じゃ、麦踏のパンでも買いにいこうか。
ん、国道135号下り線は根府川、江之浦あたりで渋滞…。
あり得ない…。
そ、「まるひの貝汁ひろそう」先の屏風岩トンネル付近でクルマが横転する事故が
あり、片側交互通行だとか…。
長引きそう、渋滞がやばそう…。


246を。
最近、ラーメンの厚木家の行列が凄すぎる…。
店員さんが整理券のようなものを配っていたのか、そんな光景が。
数年前に何回か食べたけど、普通に食べたのに…。

西湘へ。
ん、なんか…。
西湘二宮付近で海が見えない…。
高波が押し寄せても大丈夫なくらい高い壁が…。

下り線、西湘PAのかさ上げ工事は年末までで、国府津インター手前から2kmの渋滞。
ノロノロと…。
小田原インターで降りた。

小田原城址公園で「小田原おでん祭り」開催とか。
報徳二宮神社のパーキングに。

報徳二宮神社。

Img_4865




Img_4766



左手には常盤木門が。

Img_4768



二の丸広場。
骨董市をやっていた。

Img_4769




Img_4773



小田原おでん祭り。

20221008





昨日までの雨でぬかるんでいる…。
「おでん」は凄い行列…。

Img_4771



諦めて、かまぼこ通りへ向かうことに。

Img_4779



国道1号沿いにある「グリル KONOMI」。
洋食もいいねと言いながら…。
いや、いや、おでん…。

Img_4781



かまぼこ通り。
小田原かまぼこ発祥の店「鱗吉(うろこき)」へ。
天明元年(1781年)創業。

Img_4787



足湯がある店内。
昨日だったら、足をつけただろうけど…。

Img_4786




Img_4788



小田原おでん、焼魚のランチを。
塩辛も梅干しも美味しかった♪

Img_4789

鱗吉(うろこき)

鱗吉(うろこき)(小田原)/食べログ

小田原&根府川♪ 2020.08.29





実は…。
今朝、夢でこの写真のまんまの写真を撮った夢をみた。
本来の意味でのデジャヴというには無理があるが、デジャヴと表現したほうが分かりやすいかも。

ういろう。

Img_4794_20221008165501


小田原城♪ 2016.10.15





国道1号、箱根口交差点から。

Img_4816



箱根口ガーデン 報徳広場。

Img_4796



2020年12月、64年ぶりに帰郷。
翌2021年3月、この地に保存・展示された。
「小田原市内線モハ202号」(長崎電気軌道151号)。

「祝 モハ202号生誕祭 97th」。

Img_4799



小田原市内電車来歴。
小田原電気鉄道(小田原市内電車)は明治33年(1900年)に開業した我が国で4番
目の電車で国府津~箱根湯本間12.9kmの軌道線。
大正9年(1920年)小田原駅が開業すると、熱海線国府津~小田原間が開通したこと
から、並行路線を避けるため補償を受けて軌道線は国府津駅前~小田原間を廃止し、
小田原駅前に乗り入れた。
昭和3年(1928年)、電力事業と鉄道事業を切り離して箱根登山鉄道として再出発。
昭和10年(1935年)、自社鉄道線の小田原~箱根湯本間開通により、並行する箱根
湯本~箱根板橋間を廃止したことにより、以降は規模を縮小して小田原~箱根板橋間
2.4kmの町内電車(後に小田原市内電車)としての運行となり、国道1号を走り
「チンチン電車」の愛称で親しまれた。

昭和30年(1955年)頃になると自動車の普及による交通の混乱を考え、昭和31年
(1956年)5月31日に廃止。
当時の車両のうち5両が長崎県の長崎電気軌道に譲渡され、昭和60年(1985年)頃
まで現役車両として活躍した。
151号は平成31年(2019年)3月にさよなら運行を行い、令和3年(2021年)2月
、当地に202号として設営された。

この202号は昭和10年(1935年)から小田原駅から箱根板橋までを走った車両の
ひとつである。


車歴。
大正14年(1925年)、王子電気軌道400形として製造。
昭和17年(1942年)、東京市電気局100形。
昭和27年(1952年)、小田原市内線モハ20形。
昭和32年(1957年)、長崎電気軌道150形。


小田原ゆかりの路面電車。64年ぶりの里帰りプロジェクト

箱根登山鉄道小田原市内線 wikipedia

おかえり「チンチン電車」/タウンニュース

西湘へ♪ 2021.03.22




きんじろうカフェ&グリル。

Img_4806



店内からモハ202号車が。

Img_4809



マロンタルト。

Img_4808

箱根口ガーデン 報徳広場




Img_4811_20221008165601



車内にも入れる。
当時の写真などが展示されていた。

Img_4812



国道1号を挟んで向かいには「柳屋ベーカリー」が。

Img_4803



柳屋ベーカリーへ。

Img_4819



売り切れのトレイが多い…。
予約していた客が多いようだった。
ウチも欲しいものは一通り買えた。

Img_4817

柳屋ベーカリー(小田原、箱根板橋)/食べログ





再び、小田原城へ。

Img_4827_20221008165701



住吉橋。

Img_4826



銅門(あかがねもん)。

Img_4830



鉄砲狭間、矢狭間が。

Img_4824



今日は特別公開ということで、銅門の中へ。

Img_4821_20221008165701




Img_4832



武将たち。

Img_4834



「石落とし」。

Img_4835



石落としで使われた石。

Img_4840_20221008165801



常盤木門へ。

Img_4844



常盤木門。

Img_4845_20221008165801



小田原提灯。
近隣の小学生たちの作品。

Img_4848



小田原城天守閣。

Img_4851



Img_4852




Img_4855_20221008165901



天守閣から一夜城、石橋方面を。

Img_4857



小田原駅方面を。

Img_4862





「海の近く」10月号をゲット♪

10月号は「ときめきのベーカリーカフェ」。

早川駅前にあった「Weizen SAE」、最近やってなさそう…。
もともと、木・金曜日しか営業していなかったのだが、135号からチラ見しても
店やってなさそう…。
そんなSAEさんが掲載されていた。
近くの「あさみどり養蜂」の一角に店をオープンさせたらしい。(月・火・水定休)

Weizen SAE(早川)/食べログ  早川駅前の店舗が掲載保留されていた



202210


海の近く





帰路は小田原インターから西湘へ。
西湘は順調ですいすい。

昨日までの「冬」から秋へ。
快適だった。
  



関連記事

大磯へ♪ 2022.09.10

江之浦へ♪ 2022.08.27

いつもの江之浦へ♪ 2022.07.23

二宮おかず食堂へ♪ 2022.07.09

江之浦&真鶴へ♪ 2022.06.19

GWの江之浦・湯河原へ♪ 2022.04.30

根府川駅♪ 2022.04.29

江ノ浦・熱海へ♪ 2022.04.02

おかめ桜&湘南ゴールド、麦踏のパンを♪ 2022.03.12

湘南ゴールドと麦踏のパンを♪ 2022.02.05

今年最後の西湘かな…♪ 2021.12.04

江之浦へ♪ 2021.11.06

いつもの西湘…♪ 2021.09.20

麦踏のパンと山安の干物と湘南メンチ♪ 2021.08.28

平塚&大磯へ♪ 2021.07.23

石橋へ♪ 2021.07.19

一夜城&真鶴&江之浦♪ 2021.07.17

真鶴&江之浦♪ 2021.06.12

いつもの西湘へ♪ 2021.05.03

西湘へ♪ 2021.03.22

湘南ゴールド、麦踏のパン&山安の干物を♪ 2021.01.30

湘南ゴールド&麦踏のパンを…♪ 2021.01.09

西湘&湘南♪ 2020.11.21

小田原&根府川♪ 2020.08.29

真鶴・江之浦へ♪ 2020.07.11

江之浦・根府川へ♪ 2020.05.30 (早川駅)

江之浦に行きたい…♪ 2020.05.06

湘南ゴールド&麦踏のパンを買い出し♪ 2020.04.04

おかめ桜と湘南ゴールドと麦踏のパン♪ 2020.03.07

湘南ゴールドと麦踏のパン♪ 2020.02.15

真鶴&江之浦♪ 2020.01.25

西湘♪ 2019.11.02

江之浦&根府川へ♪ 2019.08.24

川音川&だるまの天丼♪ 2019.07.31

根府川駅♪ 2019.04.30

GWの西湘…♪ 2019.04.28

おかめ桜♪ 2019.03.09

湘南ゴールドを♪ 2019.01.26

湯河原へ…♪ 2018.11.09 

江之浦マップ♪ 2018.08.15

西湘&箱根♪ 2018.08.13

根府川おかめ桜♪ 2018.03.17

江之浦測候所へ♪ 2018.01.26

真鶴とか♪ 2017.11.03

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19

GWのお出かけ~♪ 2017.05.03

湘南ゴールドを♪ 2017.03.25

福浦漁港・みなと食堂♪ 2017.03.04

湘南ゴールドを♪ 2017.01.27

真鶴~熱海♪ 2016.11.26

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

熱海♪ 2016.03.12

湘南ゴールドを♪ 2016.02.06

鯵が食べたい♪ 2015.07.25

根府川へ…合流部、驚愕の新事実…♪ 2015.03.28

湘南ゴールドを♪ 2015.02.07

国道135号根府川合流部改良工事完成へ♪ 2015.01.15

真鶴♪ 2014.09.13
 
残念… 2014.04.20

お花見…根府川・江之浦へ♪ 2014.04.05

真鶴&湯河原♪ 2013.11.03 

湘南ゴールドを♪ 2013.04.27

桜を見ながら江之浦へ♪ 2013.03.23

江之浦~真鶴♪ 2012.05.04

江之浦~根府川のおかめ桜♪ 2012.04.01

江之浦へ♪-2 2012.03.03

江之浦へ♪-1 2012.03.03

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-2 2012.02.18

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-1 2012.02.18

大磯♪ 2011.04.30

豆相人車鉄道の旅…かな♪ 2011.03.05

大好きな大磯♪ - 2 2010.07.17

大好きな大磯♪ - 1 2010.07.17

真鶴♪ - 2 2010.05.03

真鶴♪ - 1 2010.05.03

東海道本線&絶景イタリアン♪ 2008.10.12

小田原漁港♪ 2008.07.06 (早川駅)

OISO・大磯♪ 2008.06.28

湘南ゴールド♪ 2009.03.02

湘南ゴールド♪ 2007.03.18

ハルメキ♪ 2011.03.26 

おかめ桜&ハルメキ~♪ 2012.03.23  

    



| | コメント (0)

2022/10/01

10月…♪

★10月…♪

秋晴れ♪

ちょっと暑い。
神奈川県央で29.2℃。




10月…♪

秋…。




JR東海オリジナルカレンダー♪

飯田線をいく313系♪

202210313


JR東海オリジナルカレンダー/JR東海





ODAKYU VOICE10月号♪

特集。
『古きものを愛しむ 古民家カフェ』。
代々木上原、こんにゃく寿司とかき氷「KON」、鶴川駅はレストラン&カフェ「武相荘」、
小田原駅は「nico cafe」など。

沿線まちあるき。
黒川駅。
豊かな自然が残り昔ながらの里山風景と閑静な住宅街が共存する黒川。

沿線おいしい贈りもの。
千歳船橋駅。
ナチュラルベーカリTAMASのダイナースチェリーパイ。

歳時。
湘南キャンドル2022(江の島)、生田緑地ばら苑 秋の一般開放は10月中旬~11月上旬。

ODAKYU VOICE/小田急


202210_ov





小田急サイトでは「ロマンスカーNAVI」がデビュー。

単なる営業サイトだが、ま、ないよりマシ…。

ロマンスカー NAVI/小田急





| | コメント (0)

2022/09/26

CAR and DRIVER11月号♪

★CAR and DRIVER11月号♪

晴れ♪

ちょっと暑かった。




CAR And DRIVER11月号♪

創刊44周年♪
1978年(昭和53年)、社会人になったばかりの頃、プレ創刊号から購読している。
ほぼ全巻を買った。


I LOVE SUPER SPORTS
憧れのスーパースポーツたち。
ポルシェ、マクラーレン、フェラーリ、ランボルギーニなど…各ブランドの名車が。

実りの秋、注目の新車まとめ。
スバル・クロストレック、トヨタ・シエンタ、ホンダZR-Vなどなど。
来春のホンダZR-Vのデビューが待ち遠しい。

創刊44周年記念。
温故知新、日本のクルマ文化史1978-2022。
当時の誌面で構成され、懐かしい。

祝50周年! 歴代ホンダ・シビック一気乗り。
これは嬉しい企画。
初代シビックのデビューは大学生になったばかりの年。
オレンジ、赤、ダークブルー、イエローといったシビックを穴があくほど眺めまわした。
路駐しているシビックを舐めるように眺める姿は、ほとんど不審者…。


そして。
創刊44周年、次号から全面リニューアル。
従来の中綴じから背のある無線綴じに変更。
ま、クルマ雑誌のよくあるパターン。
また、縦書きから横書きに変更され、それに伴い右開きから左開きに変更。

そして、そして。
特別定価ということで、先月号は780円、今月号は880円にビックリしていたのに…。
通常定価710円から980円に大幅アップされる。
約40%アップ!!

それにしても。
1978年7月プレ創刊号は260円、1978年11月の創刊号は290円だった。
現在は710円と、当時の2.4倍。
それが、一気に4倍になってしまう…。

創刊当時は月刊誌だったが、1983年から10日と26日の月2回発行に。
これが26年間と長く続いたので、出費はそこそこ…。
毎回買っていたので、その数、800冊を超えた計算…。
転居の度に捨てさせられたので、今は半数を切った…。

CAR and DRIVER 創刊35周年♪  2013.08.26 

CAR and DRIVER♪ 2011.05.27


CAR and DRIVER


202211cd





■1978年11月号…創刊号♪

197811cd_2
 
 


■プレ創刊号…♪

1978pcd


 






| | コメント (0)

2022/09/11

海の近く9月号♪

★海の近く9月号♪

晴れ♪

ちょっと暑かった。




昨日、大磯でもらった「海の近く」9月号♪

特集は「VIVA TACOS」。

表紙をめくると。
あれ、三崎で見かけたあの絵…。
三崎マグロのタコスを食べさせる”Mezcal Love”(メスカル ラブ)の奇抜な壁画。

Img_20220911_0001



そう、三崎の新たなランドマーク…♪              2022年8月撮影

Img_4212




Umichika09


海の近く




| | コメント (0)

2022/09/01

9月…♪

★9月…♪


一昨日は肌寒くて長袖で出勤した。
秋かなと思ったのは錯覚…。
昨日は一転、夏…。

朝は小雨だったが、昼頃からは晴れ♪

暑い。




9月…。

まだまだ暑い…。
でも、9月というと、なんだか寂しい…。




JR東海オリジナルカレンダー♪

参宮線・池の浦シーサイド駅(臨時)~鳥羽駅間をいく鳥羽行き快速みえ、キハ75形。
2020年3月に池の浦シーサイド駅は廃止された。
夏休み期間中の海水浴客向けの臨時駅で90年代には年間乗車人員が600人を超え
たこともあったが、2000年以降は鉄道ファンが中心となり、20人以下となり、1桁の
年も目立つようになった。
尚、2020年4月以降の撮影であれば、松下駅~鳥羽駅間ということになる。

池の浦シーサイド駅 wikipedia

20220975



JR東海オリジナルカレンダー/JR東海




ODAKYU VOICE9月号♪

特集。
『スパイシーで奥深い インド料理を楽しもう』

新宿「Spice Bazaar Achakana」、同じく新宿ミロードの「Garam Garam」。
経堂は「ガラムマサラ」、なんと、座間駅前の「インド食堂マハトマ 座間店」。

インド料理というとカレーをイメージするが、ひと口にカレーといっても、
広大なインドでは地域や民族、宗教によって使う食材や調理方法も異なるので、
内容は多彩。
こってりとして濃厚な北インド、ココナッツミルクなどを使ってあっさりとした南インド、
魚やナッツを多用する西インド。
カレー以外にもタンドール料理やビリヤニ、アチャール、サモサ、ドーサなど、さまざまな
料理が存在する。

欧風カレー大好き派の僕としては…。
数年前、そんな僕が意を決してインドカレーだったか、南アジア系のカレー屋さんで
食べたら、速攻で襲ってきた腹痛と下痢。
あり得ないこと、しかし、最も恐れていたこと…。
カレーではあたらないと思っていたのだが、カレーといっても衛生状態、保存状態などに
よってはあたることがあるのだとか…。
そんな訳で、その後もインドカレーは口にしていない。


沿線まちあるき。
下北沢駅。
ほぼほぼ飲食店でページを埋め尽くしてしまい、雑貨屋が2軒紹介されている。

沿線おいしい贈りもの。
「K-pochi(ケーポッシュ)」南台店のプチタルト。
小田急相模原駅から徒歩2分。

歳時。
ポーラ美術館開館20周年記念展「ピカソ 青の時代を超えて」。
北海道フェアin代々木2022など。


ODAKYU VOICE/小田急


202209_ov






 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧