2020/11/21

西湘&湘南♪

★西湘&湘南♪

晴れ♪

暖かい♪



ウチはいつものパンを買い求めてお出かけ。
やはり3連休…、小田厚はかなりクルマが多い…。
”覆面”は出番がなくて手持ち無沙汰…。(これ、ホント。 2回も見てしまった。)
いつもすいすいのとこが渋滞、渋滞の情報が次々と…。
そして、箱根はかなりの渋滞らしい…。

いつものように二宮インターで降りて、国府津から西湘に。
早川合流部、小田厚はかなりの渋滞…、西湘からは1kmの渋滞…。


”ガマンの3連休”…。
いえいえ、品川、世田谷ナンバーに埼玉、千葉のナンバーもあふれてる。
”ガマン”なんて、そんな気配まるでなし…。
いや、もしかしたら外出を取りやめた人たちは多かったのかもしれない。
だから、これで済んだのかもしれない…。
さあ、どちらなのだろう…。

9月の4連休は相当に酷かった…。
コロナの緊張から解き放たれたかのように繰り出した…。
今回もそんな緊張から解き放たれようとしていたのに、いきなり第3波
が襲ってきて、右往左往しているようだ…。
それでも、横浜中華街、江の島、箱根と県内の観光地はどこも凄い人出だったとか…。

湘南へ… 2020.09.21



根府川交差点を過ぎたあたり。
サイコーの晴れ♪

Img_6747



いつもの”浜ゆう”へ。

Img_6750

  
  
Img_6748



こちらは料理も美味しいけど、景色も美味しい♪

Img_6751

 

まずは大根のサラダがでてくる。

Img_6756


地アジのフライと刺身の定食。
そして、イワシの焼き魚がついてくる。
イワシの焼き魚なかなか美味しくて、これがないと”浜ゆう”じゃないとさえ…。

Img_6758


ちょっと波高し…。

Img_6759


浜ゆう

浜ゆう(根府川)/食べログ



根府川の「初代惣右衛門」…。
あの店の前には”売物件”の看板があった…。


そして。
ワンパターンの松本山をのぼってきた。
この時期、松本農園のみかん狩りがピーク。
いつもは1台もクルマに出会わないのに、今日は3、4台と遭遇した。

石名坂バス停では松本農園のみかんが無人販売されていた。
美味しそうだったのでウチも買った。
 
Img_6760



そして、こちらも毎度お馴染みのパンの”麦踏”。

Img_6763


コロナ対策、店内には1組ずつ入る。
今日も予約しておいたので、欲しいパンが買えた。

Img_6767


こちらの縁側でコーヒーをした。

Img_6764

麦踏

麦踏(根府川)/食べログ



駐車場の上はみかん畑。
  
Img_6771



そして、そして、そして…。
いつもの根府川駅。

Img_6773



後ろには真鶴半島、大島もくっきり見えた。

Img_6778

 

Img_6779



E257系2000番台、特急”踊り子”が通過した。

Img_6780

踊り子 wikipedia



青い海が眩しい。

Img_6781


西湘、次に来るのは湘南ゴールドの頃かな…。
そんなことを思いながら西湘を後にした…。



ママのリクエストで”えのすい”へ。
西湘から湘南へ。
いや、西湘こそ湘南発祥の地♪

13時過ぎ。
石橋、早川合流部など下りはGWよりも酷くて、もの凄い渋滞…。
上りはすいすいで、根府川駅から”えのすい”まで45分と順調だった。


こちらのショップで買いたいものがあるのだとか。

Img_6783


こちらも3連休の人出でぎっしりだったのだとか…。
コロナ対策として検温するので、余計に時間がかかる。

Img_6796

 

クラゲをモチーフにしたイルミネーション。

Img_6784



富士山♪

Img_6791

 

Img_6793

 




■関連記事

小田原&根府川♪ 2020.08.29

真鶴・江之浦へ♪ 2019.07.11

江之浦・根府川へ♪ 2020.05.30 (早川駅)

江之浦に行きたい…♪ 2020.05.06

湘南ゴールド&麦踏のパンを買い出し♪ 2020.04.04

おかめ桜と湘南ゴールドと麦踏のパン♪ 2020.03.07

湘南ゴールドと麦踏のパン♪ 2020.02.15

真鶴&江之浦♪ 2020.01.25

西湘♪ 2019.11.02

江之浦&根府川へ♪ 2019.08.24

川音川&だるまの天丼♪ 2019.07.31

根府川駅♪ 2019.04.30

GWの西湘…♪ 2019.04.28

おかめ桜♪ 2019.03.09

湘南ゴールドを♪ 2019.01.26

湯河原へ…♪ 2018.11.09 

江之浦マップ♪ 2018.08.15

西湘&箱根♪ 2018.08.13

根府川おかめ桜♪ 2018.03.17

江之浦測候所へ♪ 2018.01.26

真鶴とか♪ 2017.11.03

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19

GWのお出かけ~♪ 2017.05.03

湘南ゴールドを♪ 2017.03.25

福浦漁港・みなと食堂♪ 2017.03.04

湘南ゴールドを♪ 2017.01.27

真鶴~熱海♪ 2016.11.26

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

熱海♪ 2016.03.12

湘南ゴールドを♪ 2016.02.06

鯵が食べたい♪ 2015.07.25

根府川へ…合流部、驚愕の新事実…♪ 2015.03.28

湘南ゴールドを♪ 2015.02.07

国道135号根府川合流部改良工事完成へ♪ 2015.01.15

真鶴♪ 2014.09.13
 
お花見…根府川・江之浦へ♪ 2014.04.05

真鶴&湯河原♪ 2013.11.03 

湘南ゴールドを♪ 2013.04.27

桜を見ながら江之浦へ♪ 2013.03.23

江之浦~真鶴♪ 2012.05.04

江之浦~根府川のおかめ桜♪ 2012.04.01

江之浦へ♪-2 2012.03.03

江之浦へ♪-1 2012.03.03

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-2 2012.02.18

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-1 2012.02.18

大磯♪ 2011.04.30

豆相人車鉄道の旅…かな♪ 2011.03.05

大好きな大磯♪ - 2 2010.07.17

大好きな大磯♪ - 1 2010.07.17

真鶴♪ - 2 2010.05.03

真鶴♪ - 1 2010.05.03

東海道本線&絶景イタリアン♪ 2008.10.12

小田原漁港♪ 2008.07.06 (早川駅)

OISO・大磯♪ 2008.06.28

湘南ゴールド♪ 2009.03.02

湘南ゴールド♪ 2007.03.18

ハルメキ♪ 2011.03.26 

おかめ桜&ハルメキ~♪ 2012.03.23  

    

  

 

| | コメント (0)

2020/11/14

河口湖へ…♪

★河口湖へ…♪

晴れ♪

暖かかった。



圏央道・厚木PAスマートインターから乗って、相模原インターまでちょい乗り。
相模原インターを降りる時、相模原市街地方面に出てしまい、津久井広域道路
をUターンした。
圏央道を降りた時の行先表示は相模原愛川インターでもとまどったけど、相模原インタ
ーでも一瞬迷ってしまった。
地元住民にはわかる地名表示なのだろうが、よそ者には分かりずらいのかも…。

津久井広域道路を西に行き狭い道路に入るのだが、そこでも勘違いしてしまい
かなり遠回りして箕輪交差点まで戻ってしまった…。
かなりのロス…。


国道412号青山交差点付近は珍しく渋滞…。
国道413号、道志みちもいつもよりクルマが多い。

Img_6561



道志村から富士山が見えた。

Img_6564



山中湖北岸のマリモ通りから富士山。
今日はダイヤモンド富士が見られるのか、どこもパーキングは満車…。
やたら人が多い…。

Img_6567



旧鎌倉往還(国道138号)。

Img_6569



忍野、富士吉田、河口湖へと酷い渋滞が続いた…。
こんな渋滞は初めて…。
”紅葉シーズン”渋滞か…。

そして、驚愕の光景…。
ほうとうが食べたいと思っていたのだが…。
「ほうとう不動」河口湖南店は駐車場は満車、店のまわりはとんでもない行列…。
河口湖北本店は国道からはずれているのでいけるかと思ったら、もっと酷い行列…。
隣の小さな”ほうとう”の店に入ったら、まわってない様子を悟ったのでそそくさと出た…。


河口湖美術館からもみじ回廊周辺の道路は最悪の状態…。
紅葉はサイコーだった。

Img_6571

 

Img_6572



大石公園のパーキングはクルマがあふれていた。
見頃を過ぎたコキアと富士山。

Img_6575

 

Img_6577

 

Img_6582

 

Img_6584




ここから戻るとあの大渋滞に巻き込まれる…。
仕方ないので湖北ビューラインを西へ。
途中、「甲州ほうとう小作」河口湖店が空いていたので駐車場に入ったのだが、
2時間待ちと案内されたので、即、出た…。
そして、国道319号へ。

それにしても、行列してる人たち”ほうとう”にありつくのは夕暮れ時だ…。



富士急ハイランドの先にある吉田うどん「あらきうどん」へ。
店から富士急ハイランドが一望。

Img_6602


「あらきうどん」。

Img_6591


14時45分。
店内はほぼ満席…。
注文はメモ用紙に書いて提出。

Img_6592


窓から富士山。

Img_6597



「あらきうどん」。
ちくわ天、さくら肉の甘辛煮、きんぴらなどがのっかていた。
吉田うどん、コシのあるうどん。
美味しかった♪

Img_6599


あらきうどん(富士吉田)/食べログ



国道139号、138号の上りは渋滞していたので、ここから山中湖インターまで
東富士五湖道路に乗った。
これで渋滞を回避できるなら安いもの…。

Img_6604


またもマリモ通りを。
まもなくダイヤモンド富士とあって、パーキングは満車、みなさんカメラを…。

Img_6608



平野交差点から道志みちへ。
グータンへ。

Img_6609


ヨーロッパの雰囲気。
店内も凝っている。

Img_6616



ケーキセットを。

Img_6615


山中湖グータン

ヨーロピアンカフェ グータン(山中湖)/食べログ



この先、山伏峠(標高1,100m)を下りはじめた辺り。
救急車が…。
よく見ると、自転車が2台倒れていて、人も2人倒れていた。
軽がとまっていたので、軽と自転車2台が事故ったのかと…。

そういえば、道志みちは行きも帰りも自転車が多かった…。
愛知県に住む長男は今日、明日で伊勢神宮まで自転車で行くと言っていたので、
ちょっと反応してしまった。

帰りの道志みち、いつもの道志みちとは思えないほどクルマが多かった…。
GWでも平穏な道志みちが今日は連なってしまった。
最後の青山交差点でも信号2、3回待ちはあり得ないことだったのに…。
そうそう、昔、マウントフジ・ジャズフェスティバルの期間は夜中でも行き来するクルマが
多くてびっくりしたものだが…。


それにしても…。
紅葉シーズン…。
ピンポイントで集中的に混むので好きじゃないのだが…。
痛い経験をしているのに行ってしまった…。
以前は、といっても20年以上前のことなのだが、紅葉シーズンでも河口湖方面
はたいしたことなかったのだ…。
そんな記憶が手伝って、つい行ってしまった…。

旧鎌倉往還があんなに渋滞するとは…。
ほうとうが食べられないほど混むなんて…。
そして、GWでも平穏な道志みちが混雑するとは…。

やはり、紅葉シーズンはやめよう…。



■関連記事

道志みち…♪ 2020.08.22

道志みち~河口湖♪ 2015.07.11

道志へ♪ 2012.06.17

道志みち…かな…♪ 2011.05.14

道志みち♪ 2010.05.01

道志みちで帰りました♪ 2008.04.27

忍野♪ 2008.04.26

道志みち♪ 2007.05.04

 

関連リンク

国道413号Wikipedia

道志村役場HP

道志村観光協会HP







| | コメント (0)

2020/11/08

水上へ♪

★水上へ♪

晴れ♪

暖かい♪
いや暑いくらい…。



鉄ちゃんグループのバスツアーに参加させてもらった。

関越自動車道高坂SAで休憩。
最近、海老名や守谷、談合坂といった新しくリニューアルされたSAを利用しているから
か、高坂が古ぼけて見える。
昭和50年(1975年)開業からずっと変わっていない気がする…。

Img_6360

 

Img_6363


今朝はかなり早い時間に出発。
前回のツアーで電車の発車時刻に間に合わなかった事件があったらしく、電車の時刻
にナーバスになっている…。
紅葉シーズンの渋滞が予測されていたのだが、圏央道も関越自動車道もスムーズで
早過ぎる状態になったので上里SAに時間調整のため立ち寄ったほど。

 
群馬の山って、すごくゴツゴツした印象…。

Img_6370



高崎駅。

Img_6376


10数年前、高崎の取引先からの帰り、直帰ということで八高線で八王子まで出て自宅
に帰ったことがある。
キハ110系の気動車で感激したものだ。
同僚と2人で夕食代わりの駅弁を買って電車の中で食べていたら、続々と通勤客が
乗り込んできた。
あせって駅弁をかき込んだ思い出がある…。
それにしても、八高線で八王子まで2時間以上かかったのは想定外だった…。
自宅までは3時間…、地方に出張した気分だった。


そんな八高線は3番線なのだが、4番線の先、同じホームに3番線が居候している。
今日は2番線に。

Img_6378


そ、「SLぐんま みなかみ」に乗るのだ。
全国各地で鬼滅の刃とのコラボ列車が人気だが、こちらも「鬼滅の刃 × SLぐんま 
無限列車大作戦」とのこと。

Img_6384

  
Img_6423


「SLぐんま みなかみ」が入線。
C6120。

Img_6400


C6120。
戦後の旅客輸送増に応えるためD51形のボイラーに大型の動輪を組み合わせて誕生した。
こちらC6120は昭和24年(1949年)に三菱重工三原製作所にて製造され、
東北地方で初めての特急列車となった「はつかり」を牽引した東北地方にゆかりのある
蒸気機関車。
群馬県伊勢崎市の華蔵寺公園遊園地にて保存・展示されていたが、2011年に復活した。

Img_6414

  
Img_6415


「高崎 ー 水上」のサボ。

Img_6405



スハ43系客車、スハフ42 2234。
1950年代前半(昭和20年代後半)製造の客車。

Img_6417


オハ47 2266。
昭和27年(1952年)製造。
元々はスハ43系客車のスハ43形であったが、改造後オハ47に。

Img_6421


客室内は昭和レトロ。

Img_6431


つまみ。
この下にはセンヌキがついている。(センヌキを撮った写真はまっ黒に…。)

Img_6418



高崎駅を出発。
黒煙がすごいことに。

Img_6428


駅弁「上州D51」。

Img_6433


にくいね~。
空の容器と箸はみんな持ち帰った。

Img_6435


美味しかった♪

Img_6437


SLぐんま みなかみ/SLぐんま よこかわ/JR東日本

Fun! Fan! SL/JR東日本高崎支社

SLぐんま みなかみ Wikipedia




新前橋駅にさしかかると高崎車両センターが見えてくる。
485系のジョイフルトレイン「華」。

Img_6438 

華_(鉄道車両) Wikipedia



Img_6440



渋川駅。
こちらでは20分ほど停車。

Img_6474



Img_6457



Img_6460


Img_6470


荷物車、オハニ36。
元々は三等座席荷物合造車。

Img_6475



最後尾が懐かしい…。

Img_6477



特急草津。
特急草津といえば185系だったが。
2014年から651系1000番台に。

Img_6461



煙~♪

Img_6486



旅行代理店のスタッフが撮影してくださった写真。

1605401804751



紅葉の。
水上温泉はすぐそこ。

Img_6492


水上駅到着。
この階段はホントに狭い…。

Img_6495



Img_6496


久々の水上駅。

Img_6506


駅前の土産物屋さん。

Img_6508


GoToトラベル、地域共通クーポン。
本日中に使わないと…。
なんだか、いつもよりお土産を多く買ってしまった。

1604830733730



転車台広場へ。
D51。
準鉄道記念物D51745。
昭和18年(1943年)8月、日本車両株式会社で制作され宇都宮機関区配属。
東北、日光線で活躍し、昭和35年(1960年)に高崎第一機関区に移籍、八高、
信越本線にて活躍後、昭和45年(1970年)廃車。

Img_6518



SL用転車台。
先程、乗ってきたSLが転車台に。

Img_6521

  

Img_6527


Img_6530


Img_6532



Img_6541

  
Img_6545

  

Img_6548



帰宅してマスクをとったら、なんか黒く汚れている…。
そ、SLの煙が凄かったのでマスクが黒くなったのだろう…。
てことは、顔も黒くなっていたのか…。

Fun! Fan! SL!/JR東日本高崎支社

水上駅SL転車台広場

 



道の駅みなかみ水紀行館。
館内は人、人、人…。
お土産屋さん、飲食店、どこも賑わっていた。

Img_6557



利根川沿いのこの光景が好き。

Img_6559


帰りの高速は関越自動車道高坂SA付近でノロノロ…。
圏央道はすいすい。
早めの到着だった。
  



■関連記事

水上紀行−3♪ 2010.08.14  

水上紀行-2♪ 2010.08.13 

水上紀行−1♪ 2010.08.12 

 

  



| | コメント (0)

2020/11/04

大山へ♪

★大山へ♪

晴れ♪

快適♪
気温17,8℃。

東京では木枯らし1号。



久々の大山へ。
新東名が伊勢原大山インターまで開通。
圏央道には厚木PAスマートインターができた。
高速だけで大山に行けるってどんな感じなんだろ…。


圏央道厚木PAスマートインター入口。(内回り)

Img_6179


入口を入ると厚木PA(内回り)内に。
今日はPAに用はないのでスルー…、本線に。

乗ってすぐに渋滞…。
7km15分との情報…。
海老名JCTから東名に入るための渋滞は日常茶飯事…。

海老名南JCTから新東名に。
極端にクルマが少ない。

伊勢原JCT。

Img_6183

 

伊勢原JCTからは1車線になる。
この区間は3月に開通したばかりで2.4kmで終点の伊勢原大山インター。
あっと言う間に大山の麓に到着。

Img_6184


新東名伊勢原JCT~伊勢原大山IC開通♪ 2020.03.04



インターは産能大の近くに着地。
接続道路は新たに整備されたのだろうか、まだ工事は続いている。

点線はいつ実線になるのか…。




  
そして、以前のままの道路、県道611号大山板戸線にて急勾配を駆け上がる。

Img_6185



市営駐車場まで行ってみたが満車…。
仕方ないので少し下ってリパークに駐車。

バス停のデザインが一新されていた。
「良弁滝」バス停。

Img_6187


こま参道を。

Img_6189


秋明菊。

Img_6190

 

Img_6194

 

この参道沿いでいちばん雰囲気のある「旅館ねぎし」。

Img_6196


土産物屋が並ぶ。
平日なので活気はイマイチ。

Img_6197



大山ケーブル駅。

Img_6203


大山ケーブルカー



Img_6206



中間駅の大山寺駅が見えてきた。

Img_6211


大山寺駅で交換。

Img_6213

 

Img_6217



阿夫利神社駅で下車。
大島が大きく見える。

Img_6219



まだ紅葉には程遠い…。

Img_6222


疫病退散…。
みなさん、しっかりお参りしていた。

Img_6224

  

Img_6226



大山と江の島、切っても切れない関係。

Img_6229


青空♪

Img_6231

  

Img_6234



阿夫利神社下社は標高532m、見晴台は標高770m。
ここから見晴台までトレッキングを。

Img_6238


二重社。

Img_6241



ご神木。

Img_6246


海♪

Img_6253

 

Img_6254

 

Img_6255


40分ほどで見晴台到着。
汗びっしょり…。

Img_6259



昼過ぎ。
こちらでおにぎりを…。

大山を。

Img_6265


東京が一望できる。
標高770mの見晴台から高さ634mのスカイツリーを。
スカイツリーははっきり分かるのだが、東京タワーは高層ビルと紛れて分かりずらい。

Img_6277


筑波山かと思われる。

Img_6278

 

Img_6280



大山下社へ戻る。

Img_6282

 

Img_6284


二重社。

Img_6285

 

Img_6288


大山ケーブルカーで下りる。

Img_6293



大山寺駅で途中下車。
結構多くの客が下車して、多くの客が乗車する。

Img_6295


上りのケーブルカー。

Img_6301



かなり冷え込んできた…。

Img_6304

 

Img_6306



Img_6308



三十六童子。

Img_6310


大山寺本堂。

Img_6311


雨降山 大山寺




Img_6313



大山寺駅。

Img_6319

 

Img_6321

 

Img_6323



紅葉シーズンのライトアップの準備をしていた。

Img_6324



Img_6325



きゃらぶきの大津屋。

Img_6326


きゃらぶきの佃煮を買った。

Img_6328



西の茶屋でお茶を。

Img_6332



みそ田楽。

Img_6329


ママはあんみつ。

Img_6331


西の茶屋(大山)/食べログ

 

 

 

茶湯寺(ちゃとうてら)の道標。

Img_6192



いつも気になっていた「茶湯寺」へ…。
「百一日参り 茶湯寺」とある。

Img_6349

 

Img_6336

茶湯寺



石仏。

Img_6340


えっ…。

Img_6341



ホントに山寺といった風情…。

Img_6342



ところで。
「百一日参り 茶湯寺」…。
かつて近隣では葬儀百一日目に当寺で茶湯をいただく習慣があったことから大山の
茶湯寺と称されていたとか。
その日、故人にそっくりな人を見かけることがある、そんな話を聞いたものだから
ぞくっとした…。

この茶湯寺…、よく分からない…。
地図によっては茶湯寺(涅槃寺)と表記されていたりする。
どうやら、来迎院というらしい。

来迎院の釈迦堂がこちらにあって、伊勢原市指定重要文化財の木造釈迦涅槃像が
安置されている。

そして、来迎院は坂の下の方にある。
逆に坂のずっと上の方、大山寺の石段を降りたさらに下に来迎院本堂と龍神堂がある。
来迎院を調べると大山寺来迎院という立派なサイトが出てくる。

大山寺にお参りした時、大山寺には檀家がないので、みなさんのお賽銭が
収入源であるということが書かれていた。
大山寺は檀家がないけど、大山寺来迎院も檀家はないのか…。

大山寺も来迎院も茶湯寺も何らかのつながりがあるのだろう…。
僕の単純な頭では理解できない。


百一日参りの由来

来迎院/猫の足あと

大山寺 来迎院

雨降山 大山寺




観音像。

Img_6345



帰路。
下り坂を歩くと冷え込んできたのがよく分かる。
この辺り一帯は地形と方角の関係で既に日が陰っていて、秋や冬は早々に薄暗く
感じるのだが、下界を眺めると強烈に日が差してぴっかぴかの光景。
向こうは”暖かい”だろうなと思いを巡らす…。
あまりにはっきりしたコントラストに驚く。

そして、良弁の大山まんじゅうは…。
残念ながら水曜日は定休日なのだ…。


帰りは高速ではなく、いつものように246を。
下りは混んでいたけど上りはまあまあ…。





参道のお土産物屋で見つけた「新型カキノタネ」。
日産自動車監修とあって、柿の種は日産のクルマの形をしている。
普通の柿の種より美味しいのは、なぜ…。

Img_6356


厚木市にある日産テクニカルセンターと伊勢原市がコラボした「新型カキノタネ」。

日産、23種類の名車を味わう「新型カキノタネ」




大山の情報はこちら

大山ふたたび/小田急
201509oyama_banner_d2


 

■関連記事

大山の夏~♪ 2020.07.28

大山阿夫利神社に初詣♪ 2018.01.03

新緑の大山♪ 2016.05.14

大野山♪ 2015.10.24

三ノ塔♪ 2015.07.19

新緑の大山♪ 2015.05.30

大山♪ 2014.05.24

伊勢原&大山♪ 2013.05.05

お墓まいり&アクアライン~海ほたる♪ 2013.03.16

伊豆♪-1 2013.02.10

OUT RED SALE♪ 2013.01.26

まるで雪山…♪ 2013.01.20

大山♪ 2012.12.01

久々のグランベリーモール♪ 2012.11.03

秦野へ♪ 2012.10.06

相模線、夏~♪ 2012.08.05

アウトレッドセール&ひまわり♪ 2011.07.30

大山-2♪ 2010.01.23

大山-1♪ 2010.01.23

日向薬師♪ 2009.10.30

大山♪ 2007.11.23

大山街道・下鶴間宿♪ 2007.07.21

大山 2005.11.20

 
大山~大山街道~246    

 

  

 

| | コメント (0)

2020/10/31

あちこち♪

★あちこち♪

晴れ♪

快適~♪





行楽日和~♪

青いロマンスカーMSE・60000形「ふじさん号」で新宿へ。
多摩川を渡る時、雪化粧をはじめた富士山が見えた♪

Img_5957



ロマンスカー「ふじさん号」。
6両編成なので新宿方の先頭車はのっぺらぼう…。
罪なヤツ…。

Img_5961



表参道。

Img_5962


南青山5丁目交差点から骨董通りへ。

Img_5967


この通りには靴屋が多い。

Img_5968



お洒落な街に凛とした佇まい。
京都の臨済宗相国寺別院。

Img_5972

臨済宗相国寺




根津美術館の竹林。

Img_6020



根津美術館へ。
かれこれ14、5年前、近くを歩いていて入りたいと思ったのだが、改築工事中で
オープンは3年後とのことで断念…。
そんなリニューアルオープンから11年、ようやくやって来た。

Img_6021

根津美術館
Img_20201101_0001



3世紀クシャーン時代。
弥勒菩薩立像。

Img_5993



庭園の向こうに見えるのは六本木ヒルズ。

Img_5991



6世紀、中国・北斉時代。
如来立像など。

Img_5981



6世紀、中国・北斉時代。
如来三尊像。

Img_5985


庭園。

Img_5999



天神の飛梅祠。

Img_6003

 

Img_6009


道標。

Img_6014_20201101081901



この先は表参道交差点。

Img_6022


PRADA。

Img_6025

 

Img_6027



大松稲荷。

Img_6028


東京メトロ表参道駅。

Img_6030



新橋。

Img_6031


銀座7丁目。

Img_6048



1本路地を入るとシーンとしている。
「東京」は意外と「シーン」としている…。

お目当ては「銀座天國」。
13時近いのに行列が。

Img_6038



若かりし頃、先輩に連れてきてもらった本店。
いっぺんに”とりこ”になった。
以来、職場に近いサンシャインシティの中にあった天國で月1くらいでランチを食べた。
サラリーマンにとってはちょっと出費だったけど、あの美味しさに負けた。
そういえば、当時のサンシャインシティには伊豆栄や聘珍楼などの店があって、
天國と並んで美味しさの宝庫だった…。
サンシャインの近くには大勝軒もあって常連だった…。
常連といっても月1、2回だけど、行列が凄くて1時間のランチタイムではおさまらない
ので、ちょっと遠慮がちにいってた。

当時の本店から少しばかり移転したが、今も変わらぬ「銀座天國」。

Img_6041



江戸前の天丼が美味しい♪

Img_6046


さくっとした天丼もいいけど、この江戸前のしっとりとした天丼が好き。
これに近い天丼をあれこれ食べたけど、それらを食べると余計に天國の天丼が食べたくなる…。

銀座天國



行列はまだ続いていた。

Img_6043





新橋駅へ。

Img_6054



SL広場。

Img_6055


C11。
屋外なのに傷みが少ないのは、清掃や管理などが行き届いているからか。

Img_6056

 

Img_6057



路地裏へ一歩入ると。

Img_6063

 

Img_6060


学生時代、築地市場にある漬物の十一屋でアルバイトしていたのだが、本社がこの近く
にあった。
当時は何気なく歩いていた通り。

Img_6066


烏森神社。

Img_6067


お参りした。

Img_6071



こんな神社なんてと思ったら、ひっきりなしに人が訪れる。

Img_6072

 

Img_6077




新橋駅に戻ると。
毎週土曜日の午後に開催される新橋名物の大盤将棋大会。

Img_6081


老いも若きも熱戦を繰り広げていた。

Img_6079



毎度、ニュースでお馴染みの新橋駅。

Img_6082



7月にオープンしたばかりのトリュフベーカリーJR新橋駅銀座口店。
美味しいという噂、なんかたくさん買ってしまった。

Img_6085



昭和レトロな銀座線新橋駅。

Img_6086



虎ノ門駅で下車。
明るくてきれいな連絡通路で虎ノ門ヒルズ駅から地上へ。
虎ノ門ヒルズなどが目の前に、圧倒される。

Img_6092



高層ビルの谷間で日本基督教団芝教会が存在感を。

Img_6091

 

Img_6094

 

Img_6097


フォレストタワーが。

Img_6100


愛宕神社。

Img_6102


出世の石段。

Img_6106


ここを馬で駆け上ったって信じられない。

Img_6112


けっこう行列していた。

Img_6115


ネコ。

Img_6119


10分ほど散策して戻ってきても、このまんま…。
寝ているのか…。

Img_6122




=========================================

『鉄道唱歌』 <明治32年(1989年)>


一.汽笛一声新橋を
  早我汽車は離れたり
  愛宕の山に入りのこる
  月を旅路の友として


鉄道唱歌

鉄道唱歌 wikipedia

==========================================


鉄道唱歌でまっ先に登場するのが愛宕山。

愛宕山は全国に約130ヶ所も存在する…。
岩手県から鹿児島県まで各県に存在するが、神奈川県のように愛宕山が見当たらない
県もあるし、千葉県のように10の愛宕山がある県もある。
標高100mに満たない山もあり、おとなしい山が多いようだ。

東京都港区の愛宕山は標高26mで天然の山としては23区内最高峰だとか。

そんな23区内最高峰の愛宕山はNHK発祥の地。
大正14年(1925年)3月、芝浦にて日本初のラジオ放送(仮放送)開始。
同年7月、日本初のラジオ本放送は愛宕山の東京放送局(JOAK)から行われた。
今はNHK放送博物館としてその名を残している。


愛宕神社の向こうにはNHK放送博物館。
無料なので見学した。

Img_6127




息子たちが毎日楽しみにしていた。

Img_6129



愛宕トンネル。

Img_6135


虎ノ門ヒルズが。

Img_6136

 

Img_6132



トンネルを過ぎると。
不思議な空間、天徳寺。

Img_6141



虎ノ門ヒルズのすぐ近く。
蕎麦の砂場。

明治5年(1872年)創業の老舗蕎麦「虎ノ門 大阪屋 砂場」。
こちらの建物は大正12年築(1923年)で登録有形文化財に指定されている。
愛宕下通りの拡幅工事によりこのお店は数メートル後方に移動する。
曳家という工事で家ごと曳くのだとか。
現在はここから徒歩数分、西新橋の仮店舗で営業中。

Img_6147




銀座線で。
折角なので1月に開業したばかりの新しい銀座線渋谷駅まで乗車。

Img_6150


昭和の匂いぷんぷんのレトロ感漂っていたホームが一新。
近未来的なフォルム。

Img_6151


渋谷といえば、ハロウィン騒動が懸念される…。
でも、その気配なし…。
ほっとした…。


渋谷♪ 2019.11.09




新宿。
赤いロマンスカーGSE・70000形。

Img_6157

 

Img_6159



後展望席へ。

Img_6160


新宿駅出発。

Img_6162



南新宿駅通過。

Img_6165


ハロウィンの満月、ブルームーン♪

Img_6169



経堂駅通過。

Img_6171

 

 








| | コメント (0)

2020/10/28

目久尻川の河童♪

★目久尻川の河童♪

どんより…。

快適♪




目久尻川の河童♪

目久尻川に架かる伊勢下村橋(通称、かっぱ橋)。

橋の両端に2人(?)の河童がいる。
後ろに見えるのは相鉄線。
かしわ台駅~海老名駅間に位置している。
最近は埼京線との相互直通運転を行っているため、E233系7000番台
を見かける機会が増えたけど、どうも新車感がなくて205系に見えてしまう
のは気のせいか…。  ま、新車でもないけど…。

この先にある”かしわ台1号踏切”を通ることがあるのだが、以前は電車の通過が
少なかったのに最近は頻度が高くなって埼京線の車両も目につくようになった。
ところで、海老名駅と至近距離なのに”かしわ台1号”とは不思議な感じ…。
相鉄本線かしわ台~海老名駅間にはこの”かしわ台1号踏切”しかないのだ。

尚、かしわ台1号踏切の先に相鉄本線ではなく相鉄厚木線(相鉄貨物線)の
相模国分1号踏切がある。
こちらに”移住”して30数年経つが1度も列車が通過するのを見たことないのだが、
最近はかなりの頻度で踏切を通過する列車があるらしい…。



伊勢下村橋の欄干。
河童たちは四季折々、服を着替える。

最近は冷え込んできたのでニットの服を着ている…。
もちろん、マスクもしている。

Img_5954


Img_5955

目久尻川の河童/まめこぞうの旅

目久尻川の河童伝説




■関連記事

週末…♪ 2020.06.05

目久尻川の河童♪ 2019.07.03
 
   


| | コメント (0)

2020/10/21

裏大仏ハイキングコース♪

★裏大仏ハイキングコース♪

晴れ♪

暖かい♪
横浜、湘南は20℃ちょっと。

今日も休み♪


昨年9月28日に鎌倉の裏大仏ハイキングコースに行ったら、台風15号による
倒木がひどく、通行止めになっていた…。
千葉県の被害が大きく取り上げられたが、神奈川県でも三浦半島や鎌倉では
大きな被害がでていた。
その2週間後、今度は台風19号によって東日本各地に爪痕を残した…。

鎌倉…♪ 2019.09.28



あれから1年…。
台風被害だけでなくコロナ禍の影響もあって6月に通行止めが一部解除された。
長梅雨、猛暑…。
ようやく絶好のハイキング日和。
裏大仏ハイキングコース、リベンジの再訪…。


江ノ電、龍口寺~腰越間の併用軌道もどき…。
鎌倉行きを後追い。

Img_5781


今年の夏は乗客の混雑で遅延することは少なくなったのだが、なんと、この通りを走る
クルマが多くなり、かつ、不慣れなために電車をとめてしまうケースが増えたらしい…。
そのため、電車が遅延…。
ここは全国でも唯一の特殊なエリア…、不慣れなクルマは入らないほうが賢明かも…。




いつもの腰越漁港にクルマをとめた。

Img_5784



腰越駅。
藤沢行き、1000形。

Img_5789



2000形を併結。
2000形30周年記念のヘッドマークが。

Img_5790



鎌倉行き、2000形。

Img_5794



後ろには10形を併結。
やはり、色の違いが空気感を変える。

Img_5798



腰越駅は4両編成の場合、鎌倉方1両はドアカットされるので車内を歩いて運転席の方へ移動した。
コロナ以前はひどく混んでいたので、車内を移動するなんて不可能あるいは、ヒンシュク
だったのだが最近は空いているので楽勝で移動できる。

ドアカットと言うより「ハミ電」のほうが分かりやすいかな…。
腰越駅ではハミ出した車両が腰越1号踏切を塞いで停車するので、これも見もの…。


鎌倉高校前駅手前の海~♪
おっ、幼い男の子がかぶりつき。

Img_5801


海~♪

Img_5802


極楽寺検車区。
300形がいた…。

Img_5804


毎年秋に開催される極楽寺検車区での「タンコロまつり」。
今年は中止だとか…。

タンコロまつり♪ 2018.12.01




鎌倉駅下車。
あの男の子もここで下車するまで飽きずに眺めていた。
将来が楽しみ…。

Img_5806



市役所通りを。
うっかり通り過ぎてスタバの前まで。
ガーデンハウス鎌倉へ。
店内もテラス席もほぼ満席…。
順番待ちは3組目…。

Img_5811



右下のデザート。
”いちじくのコンポート”って書いてあったのに、気がついたら”木イチゴのソース”
に書き換えられていた。

Img_5820



お天気がいいので、テラス席も快適そう。

Img_5813


ママはブッダボウル(2色のフムスとベジタブルのプレート)。
身体がすっきりする感じの美味しさ。

Img_5814



僕はピスタチオとゴルゴンゾーラのショートパスタ。
美味しかった♪

Img_5817



いちじくの筈が木イチゴに…。
美味しかった♪

Img_5819


ガーデンハウス鎌倉

ガーデンハウス鎌倉(鎌倉)/食べログ


行列は長く長くなっていた…。

Img_5822



佐助稲荷を目指して。
小学校の遠足かな。
今日は秋の遠足らしきグループをあちこちで見かけた。

Img_5829



佐助稲荷神社参道。

Img_5830

 

Img_5832



昨年、驚愕を覚えた参道脇の倒木はまだそのまま…。

Img_5835



昨年秋には神社の本殿は建て替えの最中にもかかわらず台風15号の災害復旧を
優先していた様子だったのだが、きれいに完成していた。
  
Img_5836

 

Img_5843



本殿左側の石段を登ると通り抜けできないようにロープが張ってあった…。
社務所で聞いてみたら、大仏ハイキングコースへは通行できないとのこと…。
銭洗弁財天の方からハイキングコースに入るよう案内された。

Img_5844



佐助稲荷から徒歩5、6分。
住宅街の細い道路沿いには新しいお洒落な雑貨屋さん、カフェなどが目を引いた。

銭洗弁財天。
今日はパス…。

Img_5850

 

源氏山公園。
小学生の遠足。

Img_5863



化粧坂(けわいざか)。
鎌倉の七切通しの一つであり、国の史跡でもある。
化粧坂は鎌倉の北西から武蔵方面に抜ける「鎌倉往還上ノ道」(武蔵路)の出入り口にあたる。
鎌倉の交通の要衝であったことから、元弘3年(1333年)の新田義貞の鎌倉攻めでも
戦場となった。
坂頂上部は葛原岡(くずはらがおか)とも呼ばれ、元弘2年(1332年)後醍醐天皇の
討幕計画に関わった日野俊基が斬首された刑場でもある。
北側には地蔵像や五輪塔などの浮彫りをもつ特徴的なやぐら群がある。
また、周辺の発掘調査では多数の火葬跡が発見されており、化粧坂が交通の要衝で
あると同時に都市鎌倉の境界に位置する葬送の地であったことが明らかになった。

化粧坂 wikipedia

源氏山公園/鎌倉市

七切通し(鎌倉七口)/鎌倉トリップ



化粧坂。
この切通しは初めて見たのだが、他の切通しと異なりあまりにも急峻で狭い…。
馬にまたがった武将がここを往来したのか…。
これが、あの有名な化粧坂かと…。

Img_5860



さて、いよいよ大仏ハイキングコースへ。
ここから大仏まで約2km、60分とある。

Img_5864



クルマが1台、やっと通れるほどの狭い道路。
ずんずん奥へ進むと左右には大きな邸宅が並んでいる。
中には空き家と思われるとこも…。
そして、眼下には材木座海岸と逗子マリーナなどが見える。
どちらの邸宅も2Fからの眺めは絶景だろう。

Img_5869



道路から登山道へ変わった。

Img_5871



尾根伝いを歩くので、標高差の克服はないため比較的歩きやすい。
とはいえ、今日は20℃超え…、汗びっしょり…。

随所にこの標識があり、分岐などでも分かりやすい。

Img_5873



佐助稲荷近く。
倒木がそのまま…。

Img_5874



佐助稲荷を過ぎ、眼下に市役所通りが見える。
向こうのトンネルは新佐助隧道、大仏ハイキングコースは長谷隧道の真上を通過する。

Img_5877



一昨日まで雨だったので足元は滑りやすく気をつけて進む。

Img_5875

 

住宅街の屋根が見え隠れする。

Img_5883


あとわずか…。

Img_5884



昨年は佐助稲荷神社まで行ったのだが、裏大仏ハイキングコースは通行止めで断念。
仕方ないので、長谷大谷戸交差点から長谷の住宅街を歩いて大仏さまの脇に出た。
そして、ここから大仏トンネルの上を横切って極楽寺駅まで歩いたのだ。

大仏坂へ。

Img_5891



大仏トンネル。
右側の石段を登ると大仏ハイキングコース。
またの名を裏大仏ハイキングコースと呼んでいる。

Img_5895



最近、しょっちゅう大仏を見ているので、今日はパス…。
鎌倉大仏のある高徳院の山門前。

Img_5899

 

平日ということでどの店も閑散としていた…。
大仏まんじゅう、みたらし団子を。

Img_5904



大仏まんじゅう、大判焼きの大仏バージョン…。
美味しかった♪

Img_5906



江ノ電長谷駅近くで。

Img_5912



長谷駅南側の臨時改札口は閉鎖されていた。
閉まっているのを見たのは初めて。
いつも、土日に来るから開いていたのかも。

Img_5913



今年4月に新駅舎竣工。

Img_5909



構内踏切。

Img_5914

 

江ノ電の運転士さんや駅員さんは女性が多い。
行きも帰りも女性の運転士さんだった。
藤沢行きが来た。

Img_5915



七里ヶ浜駅手前。
行合橋が見える。

Img_5926



車窓から海を♪

Img_5929

 

Img_5934

 

腰越漁港でクルマを。
金時山、矢倉岳を。
実は富士山も薄っすらと見える。

Img_5945



昨年の台風15号で通行止めとなった裏大仏ハイキングコースに台風直後に訪れて
がっくり…。
倒木などの障害を取り除いた後も新型コロナの影響でずるずる通行止めが続いた。
今年6月にようやく葛原岡・大仏ハイキングコースが通行止め解除になったので、
リベンジしてみた…。
但し、佐助稲荷神社からハイキングコースに入るとこは通行止めが続いていて、
銭洗弁天の方からアプローチした。

他のハイキングコースの状況としては倒木や地滑りなどにより祇園山ハイキングコース
は封鎖中、天園ハイキングコースも一部封鎖中となかなか復旧が進んでいない…。

ハイキングコース/鎌倉観光公式ガイド





江の島・鎌倉関連記事

七里ヶ浜&鎌倉山でランチ♪ 2020.08.14
江ノ電♪ 2020.08.01
江の島♪ 2020.06.20
片瀬&長谷寺♪ 2020.02.09
鎌倉♪ 2020.02.01
今年も江島神社に初詣♪ 2020.01.03
江ノ島小屋♪ 2019.10.19
鎌倉…♪ 2019.09.28
長谷♪ 2019.09.07
えのすい♪ 2019.06.29
鎌倉♪ 2019.03.30
タンコロまつり♪ 2018.12.01
北鎌倉♪ 2018.11.24
鎌倉高校前1号踏切♪ 2018.10.28
江の島♪ 2018.10.27
片瀬漁港からぶらり散歩♪ 2018.05.12
湘南♪ 2018.04.28
江の島へ♪ 2018.02.11
鎌倉の蝋梅(ロウバイ)♪ 2018.01.20
今年最後の湘南かな…♪ 2017.12.09
葉山♪ 2017.11.25
雨… 2017.10.15  昔の旧江の島展望灯台の写真
江の島♪ 2017.09.30
旧東海道・藤沢宿♪ 2017.09.03
珊瑚礁本店♪ 2017.08.13
江の島のあじさい♪ 2017.06.24
鎌倉山でランチ♪ 2017.06.09
鎌倉♪ 2017.03.18
江ノ電♪ 2017.02.11
秋の北鎌倉♪ 2016.11.03
江の島♪ 2016.09.03
鎌倉へ… 2016.06.11
腰越&江の島♪ 2016.04.23
北鎌倉♪ 2016.02.27
伊勢海老丼♪ 2015.11.22
江の島♪ 2015.10.10 
江の島散歩♪ 2015.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2015.06.19
休日♪ 【海街diary】 2015.06.13
桜&カレー♪ 2015.04.04
江の島♪ 2015.02.14
江の島♪ 2015.01.17
稲村ヶ崎♪ 2014.12.06
洲鼻通り~龍口寺♪ 2014.11.23
鎌倉♪ 2014.10.25
江の島♪ 2014.10.11
由比ヶ浜大通り♪ 2014.10.04
珊瑚礁本店…いやっ、お魚亭♪ 2014.05.06
鎌倉♪ 2014.04.12
お魚亭♪ 2014.02.22 
江ノ電とか♪ 2014.01.25
葉山~買い物ドライブ…♪ 2014.01.11
江島神社に初詣♪ 2014.01.03 
ソレイユの丘♪ 2013.10.12
鎌倉♪ 2013.09.28
Aloha Beach Cafe~アロハビーチカフェ~♪ 2013.04.20
生しらす♪ 2013.04.13
七里ヶ浜エリア♪ 2013.03.30
春の江の島♪ 2013.02.23

鎌倉♪-2 2013.01.11
鎌倉♪-1 2013.01.11
江島神社に初詣♪ 2013.01.03
江ノ電…♪ 2012.11.17
ジャスト1時間の海~♪ 2012.10.20
鎌倉明月院のあじさい♪ 2012.06.18
鎌倉長谷寺のあじさい♪ 2012.06.18
またまた江の島♪ 2012.04.30
生しらす♪ 2012.04.15
鎌倉長谷寺の梅♪ 2012.03.10
湘南でランチ&ウォーキング…♪ 2012.01.28
江島神社に初詣♪ 2012.01.03
えのすい&江の島シーキャンドル♪ 2011.12.10
久しぶりの湘南-2♪ 2011.10.29
久しぶりの湘南-1♪ 2011.10.29
鎌倉のあじさい2-御霊神社・成就院♪ 2011.06.11
鎌倉のあじさい1-長谷寺♪ 2011.06.11
湘南へ♪ 2011.05.05          〃
鎌倉長谷寺の梅-2♪ 2011.01.30
鎌倉長谷寺の梅-1♪ 2011.01.29
富士山&江ノ電♪ 2011.01.16
腰越しらすや&江ノ電鎌倉高校前駅イルミネーション♪ 2010.11.20
80系に会いました♪ 2010.11.19
リバイバルカラー江ノ電♪ 2010.11.06
久々の湘南♪ 2010.09.05
鎌倉長谷寺のあじさい♪-2 2010.06.12
鎌倉長谷寺のあじさい♪-1 2010.06.12
鎌倉・海蔵寺♪-2 2010.03.13
鎌倉・海蔵寺♪-1 2010.03.13
鎌倉の大銀杏… 2010.03.10
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-2♪ 2010.02.06
稲村ヶ崎・鎌倉長谷寺-1♪ 2010.02.06
秋の鎌倉♪ 2009.11.28
北鎌倉-2・葉祥明美術館・明月院♪ 2009.10.03
北鎌倉-1・浄智寺♪ 2009.10.03
江ノ電♪ 2009.09.05
鎌倉・長寿寺-2♪ 2009.06.27
鎌倉・長寿寺-1♪ 2009.06.27
デジタル一眼お断り… 2009.06.20
江ノ電車両ガイド♪ 2009.05.29
江の島-2♪ 2009.05.24
江の島-1♪ 2009.05.23
鎌倉文学館~長谷寺-2♪ 2009.05.17
鎌倉文学館~長谷寺-1♪ 2009.05.17
GWの鎌倉♪ 2009.04.03
鎌倉-2♪ 2009.02.13
鎌倉-1♪ 2009.02.13
世界一のブレックファースト♪ 2009.02.13
ランチ♪ 2008.09.27
えのべん♪ 2008.09.06
鎌倉のあじさい♪ 2008.06.07
葉山・花の木公園のつつじ♪ 2008.04.19
鎌倉めぐり・九品寺&葉山かじべ♪ 2008.01.23
鎌倉めぐり・杉本寺&瑞泉寺&鎌倉宮♪ 2008.01.22
鎌倉めぐり・浄妙寺&石窯ガーデンテラス♪ 2008.01.22
大失敗っ 2008.01.13
江島神社へ初詣♪ 2008.01.03
江の島のイルミネーション♪ 2007.12.23
一年ぶりの江の島♪ 2007.10.06
さよなら江ノ電303+353号車  2007.10.01
三崎のまぐろ♪ 2007.09.22  (湘南というには無理があるけど…)
鎌倉のあじさい♪ 2007.06.09
北鎌倉♪ 2007.05.12
葉山のつつじ♪ 2007.04.14
七里ガ浜Amalfi Della Sera♪ 2007.03.03
葉山♪ 2007.02.10
今年最後の湘南♪…多分 2006.12.03
江の島♪ 2006.09.09
あじさい♪ 2006.06.10     
梅はまだかな… 2006.02.17
今年初めての湘南 2006.01.15
鎌倉2 2005.11.06
江の島と江ノ島と江島 2005.10.29
鎌倉 2005.09.24

湘南の潮風~♪

 


| | コメント (0)

2020/10/03

久々の横浜へ♪

★久々の横浜へ♪

晴れ♪

ちょっと暑かった…。
一応、長袖をもっていったが、出番なし…。


横浜…。
ここ数年、いつも混雑する…。
特に中華街は近づきたくないほど混む…。
12月のみなとみらい、赤レンガ倉庫なども避けたい…。

ところが、コロナのせいでガラガラの様子が続いた…。
4連休、Go To!、ちょっと嫌な予感…。
人が増えてきた…。

でも、今のうちがベターかも…。
思い切って行ってみた…。


保土ヶ谷バイパスは順調…。
ところが、首都高狩場線に入った途端に渋滞…。
なんと、石川町まで工事による車線規制で大渋滞…。
なんで土曜日にやるんだよと不満たらたらしていたら、今後も土曜日狙い撃ち
で工事が行われる…。
当分は土曜日のドライブは要注意。



いつもの山下公園駐車場へ。

あれ、マリンタワーは改修工事中らしい…。
駐車場を出ると、目の前にはメルパルク。
かれこれ40年ほど前にできたのだが、数年後にウチもこちらで挙式をあげた。
やはり、山下公園の真ん前というロケーションがポイントだった。

Img_5613



まずは、中華街へ。

Img_5622



横濱媽祖廟へ。

Img_5623

 

Img_5625



中国の神様…。

Img_5627



ちゃんとお参りした。

Img_5630



カラフルで鮮やかな色彩が異国情緒を。

Img_5633



そろそろお昼。
徐々に人が増えてきた。
フカヒレ専門店「廣翔記」へ。

Img_5655

 

Img_5644



フカヒレ入りあんかけチャーハン。

Img_5648



フカヒレ入り海鮮そば。

Img_5650


満腹♪
美味しかった♪

Img_5654


廣翔記

廣翔記(横浜中華街)/食べログ





横浜大世界へ。

Img_5639



菅総理。
小此木彦三郎議員の秘書としてスタート。
昔、昔、越境入学した高校に通学する途中、京急・日ノ出町駅か黄金町駅だったか、
大岡川沿いの高架から見下ろす位置に「小此木彦三郎事務所」の大きな看板が嫌でも目に入った。
3年間も見ていたら、その名前は数十年経っても覚えている…。(よくよく数えてみたら半世紀…。)
ま、現在は息子の小此木八郎議員の代になって久しいが。

”祝 菅総理誕生”のありあけハーバー♪
地元横浜ではこういった商品があれこれ。

Img_5656



Img_5658


人が増えてきた。
行列も…。

Img_5659



北京ダック、美味しそう。

Img_5660

 

Img_5662



コロナ禍…、テレビで見ていたガランとした中華街とは大違い。
華やかで賑やかな中華街大通り。

Img_5667



善隣門。
「みんな ありがとう  #がんばれ中華街#」
  
Img_5677



善隣門の足元にある聘珍茶寮が好き。
そして、いつもの”The CAFE”へ。

Img_5678



アイスティー。

Img_5675



Img_5673



香港路にある海員閣は昔、先輩によく連れてきてもらった。

Img_5679



同発人気が凄い。
同発は本館、別館、新館とあるのだが、本館には長い行列…。

Img_5681



ローズホテルの方から中華街東門(朝陽門)へ。

Img_5686



山下公園、氷川丸を。

Img_5688



この噴水は僕が幼い頃からある。

Img_5691



氷川丸。

Img_5693

 

Img_5699

 

Img_5696



大桟橋を。
かなりたくさんの人々が見える…。

Img_5702



学生時代、大桟橋からソ連の客船ジェルジンスキー号でナホトカへ。

19740501

秋だな~♪ 2007.09.23

シベリア鉄道完成100周年…♪ 2016.10.09

懐かしいLONDON~♪ 2014.11.21






大桟橋周辺でいちばん好きな光景。
ブルーブルーヨコハマ。

Img_5708


お洒落なエリアに店舗を展開してる。
不思議な会社が経営しているのだが、業歴は長く、積極的で堅実そうな感じ。

株式会社聖林公司



店の裏も絵になる。

Img_5719



象の鼻防波堤へ。
慶応3年(1867年)、幕府により初めての防波堤が築造された。
像の鼻のように弓なりになった防波堤。
防波堤に囲まれた水域で行う荷役作業は一気に効率が上がった。

赤レンガ倉庫を。

Img_5712

 

ブルーブルーヨコハマの近く。
開港広場の向かい。
大桟橋からソ連船でシベリアに行く時、こちらでランチした。

Img_5720



日本大通り。
僕にとって、横浜=日本大通り。
手前の広場にははるか大昔からあった東西上屋倉庫が視界を遮っていた。
そんな東西上屋倉庫は2008年に取り壊され、象の鼻地区と併せて横浜開港150周
年に間に合うように整備された。

東西上屋倉庫株式会社


おかげで、象の鼻パークとして開放的な港を演出している。

Img_5724




赤レンガ倉庫手前の汽車道の延長にある鉄橋。

Img_5727



ワールドポーターズを過ぎ、その先には汽車道の港3号橋梁。
イギリス製のトラス橋。
左側の鉄塔らしきもの、これは来春開業予定のロープウェイの支柱。

Img_5735



来春、桜木町駅前からワールドポーターズを結ぶロープウェイが開業する。
運河にはロープウェイの支柱が何本か見える。

Img_5736


真ん中にあるのが、ワールドポーターズ側のロープウェイ駅。

Img_5737



港2号橋梁。
1909年(明治42年)、鉄道院により架設された。
アメリカのアメリカン・ブリッジ・カンパニー社製のトラス橋。

Img_5738



港1号橋梁。
港2号橋梁と同じく1909年(明治42年)に架設。
アメリカン・ブリッジ・カンパニー社製のトラス橋。

Img_5739



桜木町駅前に姿を見せつつあるロープウェイの駅舎。

Img_5742

 

桜木町駅。

Img_5763




桜木町駅のCIAL(シャル)の続きが関内駅寄りにできて平戸桜木町道路(県道218号
弥生台桜木町線)を渡るとCIAL桜木町ANNEXがある。
1Fにお目当ての「旧横ギャラリー」が。

鉄道記念物。
110形蒸気機関車。

Img_5747



1871年(明治4年)、英国のヨークシャー・エンジン社製造。
1872年(明治5年)の鉄道創業時に「10号機関車」として新橋~横浜間で使用され、
後に「3号機関車」と呼ばれた日本で最も古い機関車のひとつ。
1909年(明治42年)、「110号」に名を改められ、1918年(大正7年)まで各所で
活躍。
廃車後は大宮工場内の「鉄道参考品陳列所」にて技術者育成の教材として展示された。
1961年(昭和36年)に「鉄道記念物」に指定され、翌年から2019年(令和元年)
青梅鉄道公園で保存展示された。
2020年(令和2年)6月、旧横浜停車場であるこの地へ戻った。

後方の客車は当時の中等客車を再現したもの。

Img_5749

 

 

Img_5750

 


鉄道創業の地 記念碑。
日本で初の鉄道を作るため、1870年(明治3年)、鉄道資材を英国から輸入し、建設
された。
1872年(明治5年)5月7日、この地に初代横浜駅が建造され、横浜~新橋間に
最初の鉄道が開業した。

Img_5757



この裏側には当時の時刻表と運賃が記載されている。
上りは横浜発午前八字(時)、品川着午前八字三十三分、横浜発午後四字、品川着
午後四字三十五分。
下りは品川発午前九字、横浜着午前九字三十五分、品川発午後五字、横浜着午後五字三十三分。
1日わずか2往復だ…。

創業当時の横浜駅。

Img_5757r



桜木町駅前から「あかいくつ」に乗った。

Img_5722


「あかいくつ」、大人200円。
観光地を巡るので、バスの中から街を見るのも面白い。
今回、行くかどうか迷った新港埠頭にできた「新港ふ頭客船ターミナル」にも立ち寄っ
たので、興味津々で見てしまった。
横浜ハンマーヘッドといった方が分かりやすいかも。

東京でも客船ターミナルがオープンしたが、コロナ禍の世の中ではニーズはほとんどない…。
こちら、新港ふ頭客船ターミナルは大桟橋と共存していけるくらいに客船ニーズが復活してくれるとよいのだが。

新港ふ頭客船ターミナル



「あかいくつ」に乗ったのは、こちらの聘珍楼の肉まんを買って帰りたいから。
中華街で肉まんといえば、聘珍楼の肉まん♪

Img_5680



肉まん♪

Img_5764

 

 

久々に横浜に来た。
ママは最近、チャーミングセールに来たばかり。

今はちょうどよい人出…。
当分、こうであって欲しいのだが…。

コロナ禍での新生活様式なるものが永遠に続くのはどうにも納得できないでいる…。
元の生活様式に戻れる日が来ることを願うばかり。





■関連記事

全国都市緑化よこはまフェア♪ 2017.05.06

世界鉄道博2016♪ 2016.07.30

ズーラシア♪ 2014.04.19  (まっ、横浜…)

クリスマスイブの横浜みなとみらい♪ 2011.12.24

ポンペイ展・横浜♪-2 2010.03.20

ポンペイ展・横浜♪-1 2010.03.20

クイーンズスクエア♪ 2009.11.21

秋の横浜-2♪ 2009.10.11

秋の横浜-1♪ 2009.10.11

国道133号~古き良き横浜♪ 2008.05.10

GWの横浜♪ 2008.05.04

バラとケーキバイキング♪ 2007.05.26

またまたロイヤルウィング♪ 2007.03.24

ROYAL WING♪ 2006.10.28

横浜BAY QUARTER♪ 2006.08.26

春の横浜 2006.04.22

横浜・ヨコハマ・YOKOHAMA♪

 

 
■こちらは、横浜番外編ってことで…。

大倉山梅林♪ 2019.02.23

大綱小学校♪ 2018.09.23

梅雨の晴れ間に…新横浜♪ 2018.06.22

お墓まいり~海ほたる♪ 2013.09.21
 
お墓まいり&アクアライン~海ほたる♪ 2013.03.16

葉山ガーデン♪ 2013.04.07

IKEA港北♪ 2013.02.16

ハングリータイガー♪ 【ハングリータイガー若葉台店/すずかけ台】 2012.06.30

0系新幹線♪ 2008.10.16

横浜線開業100周年♪ 2008.09.17

懐かしい光景♪ 2008.07.20

トレッサ横浜♪ 2008.05.25

ステーキ&ハンバーグ♪ 2008.01.16

誕生日♪ 2007.11.04

きむかつ~♪ 2007.10.27

ららぽーと横浜♪ 2007.08.09

大倉山 2006.06.21

 







 





| | コメント (0)

2020/09/29

せとうちバス…♪

★せとうちバス…♪

晴れ♪

昼間は暑かった…。
でも、夜は涼しい。




せとうちバス…♪

ありがとう 「加茂線」バス、西条・30日の廃線前にお別れセレモニー

愛媛県西条市中心部と、山あいの国道194号沿いにある加茂地区を結ぶ瀬戸内運輸
(今治市)の路線バス「加茂線」が30日に廃線となるのを前に、沿線で26日、
記念シンポジウムとお別れセレモニーがあり、住民らがバスにまつわる思い出話に
花を咲かせた。

202009setouchibus2



202009setouchibus03





子供の頃に乗ったせとうちバスと変わらないデザイン。
昔、昔のボンネットバスも記憶にあるけど、デザインは同じだった…。

せとうちバス。                       2012年3月撮影

P3188881

 

せとうちバス/瀬戸内運輸株式会社





ネットニュースを見て、ひっくり返るほど驚いた…。
どんぴしゃ、おじいちゃんの家に行く時のバス。
せとうちバス、西条~中之池・川来須線が廃止される…。

昭和24年(1949年)、瀬戸内運輸西条営業所開設と前後して定期バスが加茂村役
場前(旧加茂公民館前)まで乗り入れ。
それまではおじいちゃん達は徒歩で街に行き来していたとか。
千町地区から伊予西条駅まで約10km、さらに奥地にも集落があるので、大変だったと
思われる。
この時の加茂地区人口は約2,500人。
尚、加茂地区の最盛期人口は大正時代の約3,400人。
昭和32年(1957年)、下津池まで定期バス乗り入れ。
人口は減少の一途をたどり昭和40年代半ばに1,000人を切り、現在は118人…。
そのほとんどは高齢者…。


そんな訳で…。
この路線沿線の住民は激減…。
高齢化なんてもんじゃない…。

75歳以上の高齢者は片道100円で利用できるのだとか。
バス路線の恩恵のない藤之石、千町、荒川地区の高齢者はデマンド型乗合タクシー
の利用で市街地まで行き来できる。

バス路線が廃止されて、今後はどうなるのだろう…。
乗合タクシーなのか、はたまた、コミュニティバスなのか…。
気になるところではある。


現在のバスの状況を確認してみた。
中之池行きが1日3往復、川来須(かわぐるす)行きが1日1往復…。
昔のように煩雑にあるわけではなかった。
運賃は千町まで480円、川来須までだと800円…。
75歳以上の高齢者は片道100円が適用される。


赤い丸の西条駅前からいちばん下の川来須までを結ぶ路線が廃止となる。
  
Rosen01




母の実家がある加茂地区。
伊予西条駅から加茂川沿いに国道194号で南下すると、クルマで15分か20分ほど
なのだが、かなり山奥の風情…。
終点の川来須までだと30分ほどかかる。

加茂川沿いに南下し、千町バス停がおじいちゃんの家(母の実家)の最寄りのバス停。
最寄りといってもかなり遠いし、最近は誰も使っていない。
あの急勾配の山道を歩けるような若い人はいないのだ…。
おじいちゃんの家の標高は250mほどなのだが、真夏でも夜は身体が冷えるほど
涼しい。
夜といえば、夜空の星は感嘆するほど美しい。
天の川もちゃんと見える。

昭和30年代、2歳から3歳までおじいちゃんの家で育てられた。
目蒲線(現、目黒線)武蔵小山駅か西小山駅から電車にゆられて24時間以上かけて
父に連れられ四国のおじいちゃんの家に。

その頃から「せとうちバス」にはお世話になった。
当時の道路は狭くてカーブのきつい道路、対向車がバスやトラックなどの大型車の
場合、お互いに譲りあうのだが、バックする時はかなりスリルがあった…。
もちろん、車掌さんが同乗していたが、いつの頃からかワンマンに…。

千町バス停で降りるとそこには商店があって、お菓子などを買ってもらうのが
楽しみだった。
また、バス停脇には湧水があって、コップがつけられていたのでよく飲んだものだ。
このバス停からおじいちゃんの家まではかなりの急坂を20分以上歩くのだが、
かなりキツイ…。

社会人1年生の時、長期出張ということで半年間ほど伊予三島(現、四国中央市)
に住んでいたことがある。
伊予西条から近いこともあって月に1、2回はおじいちゃんの家に遊びにいった。
その時は毎回、駅からバスを利用していたのだが、バス停からの急勾配の山道はこたえた。

人と動物しか通れないような登山道のような道。
段々畑やトウモロコシ畑を横目に行けども行けども…。
クルマが通れる道路はかなり迂回するルートが別途ある。

叔父がバイクを買い、そして、クルマを買いバスに乗らないことが当たり前になって
いった。
しかし、平日は叔父が勤務しているので、そういった時はバスを利用した。
そんな叔父も高齢となったが、”街に降りる”のを躊躇い(ためらい)85歳の今も千町で
元気に暮らしている。
恐らく、クルマの運転は継続しているはず。
マニュアル車一筋なので、高齢になってからATを勧めたそうだが、慣れたマニュアルの
方が安全だろうと…。
娘(僕からみると従妹)も同居していて、クルマは必需品として運転している。

おじいちゃんは山内家の末裔(といっても、分家だけど…)で親の代で土佐からこの地に
移り住んだのだとか。
この辺りの住民は土佐出身の人間が多い…。
おばあちゃんは下津池から嫁いできたのだとか…。
だからか、おばあちゃんは川来須とか中之池、下津池といった地名をよく口にしていた。
雲を見ながら、「川来須は雨かのう…。」などと言っていた。

山の地図を眺めていたら、それらの地名や千町は笹ヶ峰の麓に位置する事が分かった。
千町は下の方なので街からすぐに行ける距離だけど、ちゃんと山の雰囲気は味わえる所だ。

小学生から中学生にかけて、叔父が笹ヶ峰や瓶ヶ森の登山に連れていってくれた時は
せとうちバスで下津池バス停からアプローチした記憶がある。
川来須から先、国道194号を南下すると、寒風山トンネル(5,432m)がある。
トンネルを通るかどうか心の準備をしておかないといけない…。
心の準備が必要なほど長い長い一般道としてのトンネルを抜けると高知県いの町。
1999年に開通したのだが、もちろん無料。


そうそう、”千町”の話題。
最近は西条市千町の千枚田として知る人ぞ知るエリアに…。
昔は「千枚田」とは言わなかった、「棚田」はあったかもしれないけど、通常は「段々畑」
と言ってた。

「千町の棚田」/日本棚田巡り


昨年11月、国道194号は西条市~いの町間について「そらやま街道」という愛称
がつけられた。
国道194号沿いの加茂川は四万十川にも負けないような清流。
そんな清流を求めて街から人がやってくる。
関西方面からやって来るクルマも目にする。
川で泳いだり、BBQやキャンプ。
ウチの息子たちも加茂川で泳いだものだ。

母方、父方とも加茂川で鰻を獲って食べさせてくれた。
天然物の最たるものだった。
その上、西条の湧水「うちぬき」は全国的にも美味しいと評判の水。
そんな水に晒しておいた鰻は抜群の味。
ウチのママに言わせると、どんなに有名な店のものよりも加茂川の天然物が美味しかったと。


加茂に関する話題/西条市加茂地区の紹介

西条市加茂地区の紹介



国道194号から千町の千枚田方面を。          2013年8月撮影

P8116241

 

おじいちゃんの家の周辺。                  2013年8月撮影

P8116235



千町の段々畑。
といっても、ここは水田だけど。
おじいちゃんの家から見た風景。              1995年8月撮影
  
Scan10075_20200930134001
 




おじいちゃんの家から徒歩5、6分。
おじいちゃん、叔父が定年退職まで勤務していた加茂郵便局。
母も結婚するまでこちらで勤務していた。
叔父は週に1、2回の当直があったのだが、なんと、電電公社(現、NTT)の電話の
交換業務のための宿直だったのだ…。
ま、同じ郵政省管轄ということで、地方ではそんな実態もあったのだとか。

加茂郵便局は1901年(明治34年)にこちら千町地区に開局。
100周年の2001年(平成13年)8月に国道194号沿い荒川地区の
河ケ平(こがなる)上の加茂公民館近くに移転した。      1995年8月撮影

Scan10077








せとうちバス/瀬戸内運輸株式会社




関連記事

四国へ♪-2 2013.08.17

四国へ♪-1 2013.08.17

四国からトンボ帰り… 2012.03.19

月夜のバス♪ 2010.09.23

僕の夏休み♪

 

 

 

| | コメント (0)

2020/09/27

CAR and DRIVER11月号♪

★CAR and DRIVER11月号♪

朝はどんより…。
昼から晴れ♪

快適♪




CAR and DRIVER11月号♪

新型日産フェアレディZ。(7代目)
プロトタイプが公表された。
かなりカッコイイ♪


HOTハッチ頂上作戦。
トヨタGRヤリス、メルセデスAMG・A45S・4マチック+、
ルノー・メガーヌ、ホンダ・シビック・タイプR、スズキ・スイフトスポーツ、
アバルト595。

こだわりステーションワゴン。
スバル・レヴォーグ、マツダ6ワゴン、トヨタ・カローラ・ツーリング、
メルセデスベンツCLA、BMW320d xドライブ、ボルボV60。

インポートSUV。
アウディQ3、アウディQ3スポーツバック、ランドローバー・ディフェンダー、
VW・T-Roc、メルセデス・ベンツGLB、メルセデス・ベンツGLAなど。

シリーズ名作紀行。
太田道灌終焉の地を訪ねて、大山の麓・伊勢原。
新東名・伊勢原大山ICが開通して、東名との伊勢原JCTもできた交通の要所。


名車復刻版カタログ。
どちらも輸出仕様。
1982年ダットサン280-ZX。
1969年ホンダN360。


CAR and DRIVER



202011cd

  



| | コメント (0)

より以前の記事一覧