2020/11/21

西湘&湘南♪

★西湘&湘南♪

晴れ♪

暖かい♪



ウチはいつものパンを買い求めてお出かけ。
やはり3連休…、小田厚はかなりクルマが多い…。
”覆面”は出番がなくて手持ち無沙汰…。(これ、ホント。 2回も見てしまった。)
いつもすいすいのとこが渋滞、渋滞の情報が次々と…。
そして、箱根はかなりの渋滞らしい…。

いつものように二宮インターで降りて、国府津から西湘に。
早川合流部、小田厚はかなりの渋滞…、西湘からは1kmの渋滞…。


”ガマンの3連休”…。
いえいえ、品川、世田谷ナンバーに埼玉、千葉のナンバーもあふれてる。
”ガマン”なんて、そんな気配まるでなし…。
いや、もしかしたら外出を取りやめた人たちは多かったのかもしれない。
だから、これで済んだのかもしれない…。
さあ、どちらなのだろう…。

9月の4連休は相当に酷かった…。
コロナの緊張から解き放たれたかのように繰り出した…。
今回もそんな緊張から解き放たれようとしていたのに、いきなり第3波
が襲ってきて、右往左往しているようだ…。
それでも、横浜中華街、江の島、箱根と県内の観光地はどこも凄い人出だったとか…。

湘南へ… 2020.09.21



根府川交差点を過ぎたあたり。
サイコーの晴れ♪

Img_6747



いつもの”浜ゆう”へ。

Img_6750

  
  
Img_6748



こちらは料理も美味しいけど、景色も美味しい♪

Img_6751

 

まずは大根のサラダがでてくる。

Img_6756


地アジのフライと刺身の定食。
そして、イワシの焼き魚がついてくる。
イワシの焼き魚なかなか美味しくて、これがないと”浜ゆう”じゃないとさえ…。

Img_6758


ちょっと波高し…。

Img_6759


浜ゆう

浜ゆう(根府川)/食べログ



根府川の「初代惣右衛門」…。
あの店の前には”売物件”の看板があった…。


そして。
ワンパターンの松本山をのぼってきた。
この時期、松本農園のみかん狩りがピーク。
いつもは1台もクルマに出会わないのに、今日は3、4台と遭遇した。

石名坂バス停では松本農園のみかんが無人販売されていた。
美味しそうだったのでウチも買った。
 
Img_6760



そして、こちらも毎度お馴染みのパンの”麦踏”。

Img_6763


コロナ対策、店内には1組ずつ入る。
今日も予約しておいたので、欲しいパンが買えた。

Img_6767


こちらの縁側でコーヒーをした。

Img_6764

麦踏

麦踏(根府川)/食べログ



駐車場の上はみかん畑。
  
Img_6771



そして、そして、そして…。
いつもの根府川駅。

Img_6773



後ろには真鶴半島、大島もくっきり見えた。

Img_6778

 

Img_6779



E257系2000番台、特急”踊り子”が通過した。

Img_6780

踊り子 wikipedia



青い海が眩しい。

Img_6781


西湘、次に来るのは湘南ゴールドの頃かな…。
そんなことを思いながら西湘を後にした…。



ママのリクエストで”えのすい”へ。
西湘から湘南へ。
いや、西湘こそ湘南発祥の地♪

13時過ぎ。
石橋、早川合流部など下りはGWよりも酷くて、もの凄い渋滞…。
上りはすいすいで、根府川駅から”えのすい”まで45分と順調だった。


こちらのショップで買いたいものがあるのだとか。

Img_6783


こちらも3連休の人出でぎっしりだったのだとか…。
コロナ対策として検温するので、余計に時間がかかる。

Img_6796

 

クラゲをモチーフにしたイルミネーション。

Img_6784



富士山♪

Img_6791

 

Img_6793

 




■関連記事

小田原&根府川♪ 2020.08.29

真鶴・江之浦へ♪ 2019.07.11

江之浦・根府川へ♪ 2020.05.30 (早川駅)

江之浦に行きたい…♪ 2020.05.06

湘南ゴールド&麦踏のパンを買い出し♪ 2020.04.04

おかめ桜と湘南ゴールドと麦踏のパン♪ 2020.03.07

湘南ゴールドと麦踏のパン♪ 2020.02.15

真鶴&江之浦♪ 2020.01.25

西湘♪ 2019.11.02

江之浦&根府川へ♪ 2019.08.24

川音川&だるまの天丼♪ 2019.07.31

根府川駅♪ 2019.04.30

GWの西湘…♪ 2019.04.28

おかめ桜♪ 2019.03.09

湘南ゴールドを♪ 2019.01.26

湯河原へ…♪ 2018.11.09 

江之浦マップ♪ 2018.08.15

西湘&箱根♪ 2018.08.13

根府川おかめ桜♪ 2018.03.17

江之浦測候所へ♪ 2018.01.26

真鶴とか♪ 2017.11.03

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19

GWのお出かけ~♪ 2017.05.03

湘南ゴールドを♪ 2017.03.25

福浦漁港・みなと食堂♪ 2017.03.04

湘南ゴールドを♪ 2017.01.27

真鶴~熱海♪ 2016.11.26

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

熱海♪ 2016.03.12

湘南ゴールドを♪ 2016.02.06

鯵が食べたい♪ 2015.07.25

根府川へ…合流部、驚愕の新事実…♪ 2015.03.28

湘南ゴールドを♪ 2015.02.07

国道135号根府川合流部改良工事完成へ♪ 2015.01.15

真鶴♪ 2014.09.13
 
お花見…根府川・江之浦へ♪ 2014.04.05

真鶴&湯河原♪ 2013.11.03 

湘南ゴールドを♪ 2013.04.27

桜を見ながら江之浦へ♪ 2013.03.23

江之浦~真鶴♪ 2012.05.04

江之浦~根府川のおかめ桜♪ 2012.04.01

江之浦へ♪-2 2012.03.03

江之浦へ♪-1 2012.03.03

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-2 2012.02.18

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-1 2012.02.18

大磯♪ 2011.04.30

豆相人車鉄道の旅…かな♪ 2011.03.05

大好きな大磯♪ - 2 2010.07.17

大好きな大磯♪ - 1 2010.07.17

真鶴♪ - 2 2010.05.03

真鶴♪ - 1 2010.05.03

東海道本線&絶景イタリアン♪ 2008.10.12

小田原漁港♪ 2008.07.06 (早川駅)

OISO・大磯♪ 2008.06.28

湘南ゴールド♪ 2009.03.02

湘南ゴールド♪ 2007.03.18

ハルメキ♪ 2011.03.26 

おかめ桜&ハルメキ~♪ 2012.03.23  

    

  

 

| | コメント (0)

2020/11/18

矢部駅へ♪

★矢部駅へ♪

晴れ♪

汗ばむほど暑い…。


通勤経路なのだが、以前から興味津々のエリアへ。
ハマ線の淵野辺駅~矢部駅~相模原駅エリア。
通勤線とはいえ、今日はプチ旅行だ♪


まずは。
いつもの相模大野…。
解体線は昨日までは1000形車両が次々と姿を見せていたのだが、今日は片付いた雰囲気。
しかし、防音シートは撤去せずに畳んだだけ…。

Img_6744


ここ1、2年だったか歴代ロマンスカーに占拠されていたが、いずれもミュージアムに
搬入されて空っぽになった。
そして、昔のように通勤車両が入っていた…。

Img_6743



町田駅でハマ線に乗り換え。
淵野辺駅手前の青学相模原キャンパス。
箱根駅伝の練習用にアップダウンのあるコースが見える。

Img_6742


昔、昔、ウチが神奈川県央エリアに”移住”してきた頃。
小田急線本厚木駅からバスで山奥へ入っていった辺りに広大な「森の里」というエリア
がある。
ここには富士通、NTT、日産、青学、松蔭大学などで形成された学園研究都市があった。
いや、過去形じゃなくて現在も健在なのだが、残念ながら青学は撤退した…。
当時、本厚木駅前では青学の学生がバスをパスして数人でタクシーに転がり込むよう
に乗車する姿を目撃したものだ。
やはり、これらがきっかけとなり厚木を出て淵野辺に移転したのだ。
もちろん、バスに頼らず駅から徒歩圏内…。

すっかり淵野辺の顔として定着した感のある青学相模原キャンパス。
やはり、箱根駅伝の快挙が大きく貢献しているのかも。

Img_6741


Img_6740



淵野辺駅手前から見えてきた線路…。
かつては貨物扱いが行われており、北側の東神奈川方面に貨物扱い施設が、橋本方
面には米軍相模総合補給廠への専用線のための入換線があった。
このレールは貨物扱い施設の名残り…。

Img_6738


淵野辺駅 wikipedia



横浜線上り東神奈川方面行きの北側。
同じく淵野辺駅構内にもレールは残っている。

Img_6737


淵野辺駅を過ぎるとレールの上に建物が…。
こんな光景がずっと続く。
  
Img_6675


矢部駅。

Img_6677



北口。
バス、タクシーのりばなどロータリーになっている。

Img_6680


矢部駅 wikipedia


以前はここに踏切があったらしいが、現在は地下通路で南北をむすぶ。

Img_6696


淵野辺駅方面へ歩く。
横浜線の北側に廃線跡のレールがそのまま残っている。

Img_6690


一般の住宅が線路上にあるのだが、それらの住宅はこの商店街の店の建物だった。

Img_6694


懐かしい金物店。
昔、ホームセンターなんて無い頃、金物店で買い物していた。
同じようにオートバックスとかイエローハットのようなカー用品店なんか無い頃は
個人商店の部品屋さん、ディーラー、ガソリンスタンドで買い求めていた…。
 
Img_6692


高架の上から眺めると、横浜線の右側に薄っすらとレールが見える。

Img_6691


矢部駅北口ロータリー。
相模原市コミュニティバスがいた。

Img_6698



米陸軍相模総合補給廠。
もちろん、フェンスの向こうはアメリカ。

Img_6702


Img_6703


Img_6705


米陸軍相模総合補給廠専用線の踏切跡…。
ここから米軍基地内に入っていた。

Img_6712



Img_6707



Img_6708



矢部駅から。

Img_6715


矢部駅。

Img_6716


ホームの端からは米陸軍相模総合補給廠が目の前に。

Img_6717


土手で視界が遮断される。

Img_6720


土手がないとこはブロック塀。

Img_6722


 
松任谷由実の曲で”LAUNDRY-GATEの想い出”。
”ふた駅ゆられても まだ続いてる 錆びた金網 線路に沿って”という歌詞。
これは立川基地のランドリーゲートを歌った曲。
青梅線の立川駅から西立川駅、東中神駅へと続く立川基地。
確かに2駅をいくほど広大な基地をうまく表現している。

相模補給廠も矢部駅を出て相模原駅の少し先まで続いている大きな基地。

Img_6731


メインゲート(西門)。

Img_6723


相模原駅より北部を見る。
この辺りは一部返還されて道路ができ、このまま進むと町田街道に出られる。
小田急多摩線の延伸も期待されている。

Img_6728





横浜線・淵野辺駅~矢部駅間。

毎朝、ハマ線から見る車窓の風景。
淵野辺駅~矢部駅間には米軍相模総合補給厰への専用線が一部残っている。

専用線は全長6.1km。
淵野辺駅~矢部駅間は横浜線で最も短い800m。
てことは、6.1kmの内、ほとんど基地内の路線(?)距離…。

元々は旧陸軍の相模陸軍造兵廠(戦後米軍に接収され在日米軍相模総合補給廠)
に通勤する工員輸送のため、戦争末期の1944年(昭和19年)に淵野辺駅~
相模原駅間に相模仮乗降場として開業。

翌1945年(昭和20年)、敗戦により閉鎖。
そして、1950年(昭和25年)、在日米軍相模総合補給廠の人員輸送のため再開。

1957年(昭和32年)、駅に昇格、矢部駅として開業。
1908年(明治41年)開業の横浜線にとっては、後発の駅。

その後、相模総合補給廠専用線は鉄道貨物による軍需物質の輸送が行われて
いたが、1979年(昭和54年)に廃止された。


矢部駅近くになると…。
なんと、米軍専用線だった線路の上に民家が張り出している。
いかにも、増築したように見える。
数軒あるので、所々、線路が見え隠れする。

そんな不思議な線路は矢部駅北側の地下道出入口のとこで終わり。
それにしても、線路の上に民家というのは考えられない現象…。

ま、このエリアにはかなり多くの米軍関係専用線が現存してるし、あるいは、
廃止になったにもかかわらず、そのまま残っていたり…。
不思議な気分にさせられる。


在日米陸軍相模総合補給廠専用線/廃線探索

相模総合補給廠wikipedia

矢部駅wikipedia

横浜線wikipedia

 

  


| | コメント (0)

2020/11/12

東海道線に特急「湘南」♪

★東海道線に特急「湘南」♪

晴れ♪

肌寒かった…。




東海道線に特急「湘南」、国鉄185系の定期運行や「湘南ライナー」終了へ

JR東日本は東海道線でE257系電車を使った特急「湘南」を2021年春
から運行すると発表した。

首都圏と伊豆方面を結ぶ特急「踊り子」の車両はこれまでE257系や185系を
使用してきたが、E257系のリニューアル車に統一し、常磐線や中央線の特急など
に導入している着席サービスを東海道線の特急にも導入する。
2012年春以降、東海道線の特急列車は「サフィール踊り子」を除き全てE257系
での運用となる。
また、普通車の全席で事前の座席指定が可能となるほか、座席の指定を受けなくても
車内の空席を利用できる。

東京~伊豆急下田の特急料金は、現行(指定席・通常期)の2,410円が、改定後
(事前料金)は2,100円になる。
なお、グリーン車はこれまでどおり乗車前の座席指定が必要。
また、新幹線との乗継割引の適用は終了する。

東海道線では特急「踊り子」とともに、通勤客向けの列車として新たに特急「湘南」
が設定される。
運転区間は新宿・東京~小田原間。
「湘南」の運転開始に伴い「湘南ライナー」、「おはようライナー新宿」、「ホームライナー
小田原」は廃止。
この改正により国鉄時代からおよそ40年にわたり東海道線を走ってきた185系電車
の定期運用がなくなる。


E257系リニューアル車は137両に

特急「踊り子」、「湘南」のE257系は元々は中央線特急の「あずさ」、「かいじ」
などで使われていたE257系0番台車両。(今後、房総方面の特急「さざなみ」、
「わかしお」などで使っていたE257系500番台車両も投入)
東海道線での使用開始に際し、その内外装を改装している。

外観は伊豆の「空の色」と「海の色」をイメージした「ペニンシュラブルー」が基調
のデザインになったほか、車内では座席窓側にコンセント、先頭車に荷物置場を設置
し、普通席とグリーン席の合造だった車両をすべてグリーン席にするといったリニューア
ルが行われた。

JR東日本はこのE257系の0番台を改造した2000番台9両編成13本(117両)
と、500番台を改造した2500番台5両編成4本(20両)の計137両を「踊り子」、
「湘南」に投入し、従来車両の185系電車を置き換える。



185系は見れなくなるのか…。
定期運用はなくなるようだが、臨時はありなのか…。

000000000000000000000000000000000000000_



東海道線特急「湘南」「踊り子」のご案内/JR東日本

踊り子 Wikipedia






横須賀・総武快速線に新型車両E235系、12月21日デビュー

JR東日本は横須賀・総武快速線用の新型車両「E235系」の営業運転を12月21日
から開始すると発表した。

E235系は2015年に山手線で運転が開始された新型車両で、同路線以外で導入
されるのは横須賀・総武快速線が初めて。
ドア上のほか荷棚上部にもデジタルサイネージが設置され、各車両にフリースペース
が設けられるなど利便性や安全性が向上した車両。
外観は現行のE217系と同様、青色とクリーム色の通称「横須賀色」を踏襲したデザイ
ンとなっている。

横須賀・総武快速線には11両編成51本、4両編成46本の全745両を順次導入し、
E217系を置き換える。
今年度は11両編成8本、4両編成8本の120両を導入する計画。


E217系に置き換えられた時もショックだったけど、E235系の登場はさらにショッキン
グな出来事…。
今はE217系は嫌いじゃないけど、E235系1000番台は好きになりそうにない…。
横須賀線でE235系は見たくない…。


E235系電車 wikipedia


| | コメント (0)

2020/11/08

水上へ♪

★水上へ♪

晴れ♪

暖かい♪
いや暑いくらい…。



鉄ちゃんグループのバスツアーに参加させてもらった。

関越自動車道高坂SAで休憩。
最近、海老名や守谷、談合坂といった新しくリニューアルされたSAを利用しているから
か、高坂が古ぼけて見える。
昭和50年(1975年)開業からずっと変わっていない気がする…。

Img_6360

 

Img_6363


今朝はかなり早い時間に出発。
前回のツアーで電車の発車時刻に間に合わなかった事件があったらしく、電車の時刻
にナーバスになっている…。
紅葉シーズンの渋滞が予測されていたのだが、圏央道も関越自動車道もスムーズで
早過ぎる状態になったので上里SAに時間調整のため立ち寄ったほど。

 
群馬の山って、すごくゴツゴツした印象…。

Img_6370



高崎駅。

Img_6376


10数年前、高崎の取引先からの帰り、直帰ということで八高線で八王子まで出て自宅
に帰ったことがある。
キハ110系の気動車で感激したものだ。
同僚と2人で夕食代わりの駅弁を買って電車の中で食べていたら、続々と通勤客が
乗り込んできた。
あせって駅弁をかき込んだ思い出がある…。
それにしても、八高線で八王子まで2時間以上かかったのは想定外だった…。
自宅までは3時間…、地方に出張した気分だった。


そんな八高線は3番線なのだが、4番線の先、同じホームに3番線が居候している。
今日は2番線に。

Img_6378


そ、「SLぐんま みなかみ」に乗るのだ。
全国各地で鬼滅の刃とのコラボ列車が人気だが、こちらも「鬼滅の刃 × SLぐんま 
無限列車大作戦」とのこと。

Img_6384

  
Img_6423


「SLぐんま みなかみ」が入線。
C6120。

Img_6400


C6120。
戦後の旅客輸送増に応えるためD51形のボイラーに大型の動輪を組み合わせて誕生した。
こちらC6120は昭和24年(1949年)に三菱重工三原製作所にて製造され、
東北地方で初めての特急列車となった「はつかり」を牽引した東北地方にゆかりのある
蒸気機関車。
群馬県伊勢崎市の華蔵寺公園遊園地にて保存・展示されていたが、2011年に復活した。

Img_6414

  
Img_6415


「高崎 ー 水上」のサボ。

Img_6405



スハ43系客車、スハフ42 2234。
1950年代前半(昭和20年代後半)製造の客車。

Img_6417


オハ47 2266。
昭和27年(1952年)製造。
元々はスハ43系客車のスハ43形であったが、改造後オハ47に。

Img_6421


客室内は昭和レトロ。

Img_6431


つまみ。
この下にはセンヌキがついている。(センヌキを撮った写真はまっ黒に…。)

Img_6418



高崎駅を出発。
黒煙がすごいことに。

Img_6428


駅弁「上州D51」。

Img_6433


にくいね~。
空の容器と箸はみんな持ち帰った。

Img_6435


美味しかった♪

Img_6437


SLぐんま みなかみ/SLぐんま よこかわ/JR東日本

Fun! Fan! SL/JR東日本高崎支社

SLぐんま みなかみ Wikipedia




新前橋駅にさしかかると高崎車両センターが見えてくる。
485系のジョイフルトレイン「華」。

Img_6438 

華_(鉄道車両) Wikipedia



Img_6440



渋川駅。
こちらでは20分ほど停車。

Img_6474



Img_6457



Img_6460


Img_6470


荷物車、オハニ36。
元々は三等座席荷物合造車。

Img_6475



最後尾が懐かしい…。

Img_6477



特急草津。
特急草津といえば185系だったが。
2014年から651系1000番台に。

Img_6461



煙~♪

Img_6486



旅行代理店のスタッフが撮影してくださった写真。

1605401804751



紅葉の。
水上温泉はすぐそこ。

Img_6492


水上駅到着。
この階段はホントに狭い…。

Img_6495



Img_6496


久々の水上駅。

Img_6506


駅前の土産物屋さん。

Img_6508


GoToトラベル、地域共通クーポン。
本日中に使わないと…。
なんだか、いつもよりお土産を多く買ってしまった。

1604830733730



転車台広場へ。
D51。
準鉄道記念物D51745。
昭和18年(1943年)8月、日本車両株式会社で制作され宇都宮機関区配属。
東北、日光線で活躍し、昭和35年(1960年)に高崎第一機関区に移籍、八高、
信越本線にて活躍後、昭和45年(1970年)廃車。

Img_6518



SL用転車台。
先程、乗ってきたSLが転車台に。

Img_6521

  

Img_6527


Img_6530


Img_6532



Img_6541

  
Img_6545

  

Img_6548



帰宅してマスクをとったら、なんか黒く汚れている…。
そ、SLの煙が凄かったのでマスクが黒くなったのだろう…。
てことは、顔も黒くなっていたのか…。

Fun! Fan! SL!/JR東日本高崎支社

水上駅SL転車台広場

 



道の駅みなかみ水紀行館。
館内は人、人、人…。
お土産屋さん、飲食店、どこも賑わっていた。

Img_6557



利根川沿いのこの光景が好き。

Img_6559


帰りの高速は関越自動車道高坂SA付近でノロノロ…。
圏央道はすいすい。
早めの到着だった。
  



■関連記事

水上紀行−3♪ 2010.08.14  

水上紀行-2♪ 2010.08.13 

水上紀行−1♪ 2010.08.12 

 

  



| | コメント (0)

2020/11/05

『きょう、ロマンスカーで。』2020年冬♪

★『きょう、ロマンスカーで。』2020年冬♪

晴れ♪

今朝は冷え込んだけど、日中は20℃と暖かくて快適♪




『きょう、ロマンスカーで。』2020年冬♪

久々に「きょう、ロマンスカーで。」が更新された。
夏、秋をすっ飛ばして、冬…。


箱根湯本駅にさしかかるロマンスカーGSE・70000形。

2020_012


2020年冬、箱根。
「私は、温泉に、行くのだ。」

2020_022



2020_02




2020_01


TV-CMは相変わらず「私の箱根」篇のまま…。


きょう、ロマンスカーで。/小田急
0000000000000000000000000000odakyu2019wi

 


■関連記事

『きょう、ロマンスカーで。』2020年春♪ 2020.02.29 【2020春】

『きょう、ロマンスカーで。』2019年冬♪ 2019.11.29 【2019冬】

『きょう、ロマンスカーで。』2019年秋♪ 2019.08.30 【2019秋】

『きょう、ロマンスカーで。』2019年夏♪ 2019.05.31 【2019夏】

『きょう。ロマンスカーで。』2019年春♪ 2019.03.02 【2019春】

小田急ロマンスカー 2018秋 TV-CM♪  2018.09.02 【2018秋】

6月…♪ 2018.06.01  【2018夏】  
  
3月♪ 2018.03.01  【2018春

きょう、ロマンスカーで♪ 2017.09.06 【2017秋

夏の準備…♪ 2017.06.02 【2017夏】 

きょう、ロマンスカーで。♪ 2017.03.07 【2017春】

月曜日… 2016.12.07 【2017冬】

休日♪ 2016.09.04 【2016秋】 

週末♪ 2016.06.03 【2016夏】

きょう、ロマンスカーで♪ 2016.02.08 【2016春】

週末♪ 2015.09.04 【2015秋】

休日♪ 2015.05.24 【2014夏】

『きょう、ロマンスカーで』2014年冬♪ 2014.12.04 【2014冬】

『きょう、ロマンスカーで。』 2014年夏♪ 2014.06.11 【2014夏】

秋… 2008.10.03 【2008秋】 

 

 

 

| | コメント (0)

2020/11/04

大山へ♪

★大山へ♪

晴れ♪

快適♪
気温17,8℃。

東京では木枯らし1号。



久々の大山へ。
新東名が伊勢原大山インターまで開通。
圏央道には厚木PAスマートインターができた。
高速だけで大山に行けるってどんな感じなんだろ…。


圏央道厚木PAスマートインター入口。(内回り)

Img_6179


入口を入ると厚木PA(内回り)内に。
今日はPAに用はないのでスルー…、本線に。

乗ってすぐに渋滞…。
7km15分との情報…。
海老名JCTから東名に入るための渋滞は日常茶飯事…。

海老名南JCTから新東名に。
極端にクルマが少ない。

伊勢原JCT。

Img_6183

 

伊勢原JCTからは1車線になる。
この区間は3月に開通したばかりで2.4kmで終点の伊勢原大山インター。
あっと言う間に大山の麓に到着。

Img_6184


新東名伊勢原JCT~伊勢原大山IC開通♪ 2020.03.04



インターは産能大の近くに着地。
接続道路は新たに整備されたのだろうか、まだ工事は続いている。

点線はいつ実線になるのか…。




  
そして、以前のままの道路、県道611号大山板戸線にて急勾配を駆け上がる。

Img_6185



市営駐車場まで行ってみたが満車…。
仕方ないので少し下ってリパークに駐車。

バス停のデザインが一新されていた。
「良弁滝」バス停。

Img_6187


こま参道を。

Img_6189


秋明菊。

Img_6190

 

Img_6194

 

この参道沿いでいちばん雰囲気のある「旅館ねぎし」。

Img_6196


土産物屋が並ぶ。
平日なので活気はイマイチ。

Img_6197



大山ケーブル駅。

Img_6203


大山ケーブルカー



Img_6206



中間駅の大山寺駅が見えてきた。

Img_6211


大山寺駅で交換。

Img_6213

 

Img_6217



阿夫利神社駅で下車。
大島が大きく見える。

Img_6219



まだ紅葉には程遠い…。

Img_6222


疫病退散…。
みなさん、しっかりお参りしていた。

Img_6224

  

Img_6226



大山と江の島、切っても切れない関係。

Img_6229


青空♪

Img_6231

  

Img_6234



阿夫利神社下社は標高532m、見晴台は標高770m。
ここから見晴台までトレッキングを。

Img_6238


二重社。

Img_6241



ご神木。

Img_6246


海♪

Img_6253

 

Img_6254

 

Img_6255


40分ほどで見晴台到着。
汗びっしょり…。

Img_6259



昼過ぎ。
こちらでおにぎりを…。

大山を。

Img_6265


東京が一望できる。
標高770mの見晴台から高さ634mのスカイツリーを。
スカイツリーははっきり分かるのだが、東京タワーは高層ビルと紛れて分かりずらい。

Img_6277


筑波山かと思われる。

Img_6278

 

Img_6280



大山下社へ戻る。

Img_6282

 

Img_6284


二重社。

Img_6285

 

Img_6288


大山ケーブルカーで下りる。

Img_6293



大山寺駅で途中下車。
結構多くの客が下車して、多くの客が乗車する。

Img_6295


上りのケーブルカー。

Img_6301



かなり冷え込んできた…。

Img_6304

 

Img_6306



Img_6308



三十六童子。

Img_6310


大山寺本堂。

Img_6311


雨降山 大山寺




Img_6313



大山寺駅。

Img_6319

 

Img_6321

 

Img_6323



紅葉シーズンのライトアップの準備をしていた。

Img_6324



Img_6325



きゃらぶきの大津屋。

Img_6326


きゃらぶきの佃煮を買った。

Img_6328



西の茶屋でお茶を。

Img_6332



みそ田楽。

Img_6329


ママはあんみつ。

Img_6331


西の茶屋(大山)/食べログ

 

 

 

茶湯寺(ちゃとうてら)の道標。

Img_6192



いつも気になっていた「茶湯寺」へ…。
「百一日参り 茶湯寺」とある。

Img_6349

 

Img_6336

茶湯寺



石仏。

Img_6340


えっ…。

Img_6341



ホントに山寺といった風情…。

Img_6342



ところで。
「百一日参り 茶湯寺」…。
かつて近隣では葬儀百一日目に当寺で茶湯をいただく習慣があったことから大山の
茶湯寺と称されていたとか。
その日、故人にそっくりな人を見かけることがある、そんな話を聞いたものだから
ぞくっとした…。

この茶湯寺…、よく分からない…。
地図によっては茶湯寺(涅槃寺)と表記されていたりする。
どうやら、来迎院というらしい。

来迎院の釈迦堂がこちらにあって、伊勢原市指定重要文化財の木造釈迦涅槃像が
安置されている。

そして、来迎院は坂の下の方にある。
逆に坂のずっと上の方、大山寺の石段を降りたさらに下に来迎院本堂と龍神堂がある。
来迎院を調べると大山寺来迎院という立派なサイトが出てくる。

大山寺にお参りした時、大山寺には檀家がないので、みなさんのお賽銭が
収入源であるということが書かれていた。
大山寺は檀家がないけど、大山寺来迎院も檀家はないのか…。

大山寺も来迎院も茶湯寺も何らかのつながりがあるのだろう…。
僕の単純な頭では理解できない。


百一日参りの由来

来迎院/猫の足あと

大山寺 来迎院

雨降山 大山寺




観音像。

Img_6345



帰路。
下り坂を歩くと冷え込んできたのがよく分かる。
この辺り一帯は地形と方角の関係で既に日が陰っていて、秋や冬は早々に薄暗く
感じるのだが、下界を眺めると強烈に日が差してぴっかぴかの光景。
向こうは”暖かい”だろうなと思いを巡らす…。
あまりにはっきりしたコントラストに驚く。

そして、良弁の大山まんじゅうは…。
残念ながら水曜日は定休日なのだ…。


帰りは高速ではなく、いつものように246を。
下りは混んでいたけど上りはまあまあ…。





参道のお土産物屋で見つけた「新型カキノタネ」。
日産自動車監修とあって、柿の種は日産のクルマの形をしている。
普通の柿の種より美味しいのは、なぜ…。

Img_6356


厚木市にある日産テクニカルセンターと伊勢原市がコラボした「新型カキノタネ」。

日産、23種類の名車を味わう「新型カキノタネ」




大山の情報はこちら

大山ふたたび/小田急
201509oyama_banner_d2


 

■関連記事

大山の夏~♪ 2020.07.28

大山阿夫利神社に初詣♪ 2018.01.03

新緑の大山♪ 2016.05.14

大野山♪ 2015.10.24

三ノ塔♪ 2015.07.19

新緑の大山♪ 2015.05.30

大山♪ 2014.05.24

伊勢原&大山♪ 2013.05.05

お墓まいり&アクアライン~海ほたる♪ 2013.03.16

伊豆♪-1 2013.02.10

OUT RED SALE♪ 2013.01.26

まるで雪山…♪ 2013.01.20

大山♪ 2012.12.01

久々のグランベリーモール♪ 2012.11.03

秦野へ♪ 2012.10.06

相模線、夏~♪ 2012.08.05

アウトレッドセール&ひまわり♪ 2011.07.30

大山-2♪ 2010.01.23

大山-1♪ 2010.01.23

日向薬師♪ 2009.10.30

大山♪ 2007.11.23

大山街道・下鶴間宿♪ 2007.07.21

大山 2005.11.20

 
大山~大山街道~246    

 

  

 

| | コメント (0)

2020/11/02

11月…♪

★11月…♪

どんより…、時々晴れ♪
夕方から時々小雨…。

かなり暖かい…。




11月…♪

目立たないヤツ…。

カレンダーがあと2枚になった…。




JR東海オリジナルカレンダー♪

参宮線をいくキハ75形、快速みえ。

20201175



JR東海オリジナルカレンダー/JR東海





ODAKYU VOICE11月号♪

特集。
「ランチが楽しみになる 人気のパン屋さん」。
生田の「ラマンキパンス」、生田駅から津久井道(津久井街道)を渡るとすぐ。
東京都道・神奈川県道3号世田谷町田線というのだが、この辺りは津久井道
と呼ばれている。

他には向ヶ丘遊園の「セテュヌ ボンニデー」、百合ヶ丘の「Tate-tate Yoko-yoko」
(たてたて よこよこ)、町田の「ブーランジュリ チロ」、渋沢の「丹沢ベーカリー」など。


歳時。
箱根・岡田美術館「没後220年 画遊人・若冲」、新宿ビアマーケット by OKTBERFEST
など。
新宿ビアマーケットは新宿西口スバルビル跡地で開催だとか。
そういえば、スバル本社は恵比寿に移転し、スバルビルは小田急が買収した。


沿線まちあるき。
小田急多摩センター駅。
多摩丘陵のお洒落な街。

小田急トピックス。
紅葉と食欲の秋 大山。


ODAKYU VOICE/小田急

202011_ov







| | コメント (0)

2020/10/31

あちこち♪

★あちこち♪

晴れ♪

快適~♪





行楽日和~♪

青いロマンスカーMSE・60000形「ふじさん号」で新宿へ。
多摩川を渡る時、雪化粧をはじめた富士山が見えた♪

Img_5957



ロマンスカー「ふじさん号」。
6両編成なので新宿方の先頭車はのっぺらぼう…。
罪なヤツ…。

Img_5961



表参道。

Img_5962


南青山5丁目交差点から骨董通りへ。

Img_5967


この通りには靴屋が多い。

Img_5968



お洒落な街に凛とした佇まい。
京都の臨済宗相国寺別院。

Img_5972

臨済宗相国寺




根津美術館の竹林。

Img_6020



根津美術館へ。
かれこれ14、5年前、近くを歩いていて入りたいと思ったのだが、改築工事中で
オープンは3年後とのことで断念…。
そんなリニューアルオープンから11年、ようやくやって来た。

Img_6021

根津美術館
Img_20201101_0001



3世紀クシャーン時代。
弥勒菩薩立像。

Img_5993



庭園の向こうに見えるのは六本木ヒルズ。

Img_5991



6世紀、中国・北斉時代。
如来立像など。

Img_5981



6世紀、中国・北斉時代。
如来三尊像。

Img_5985


庭園。

Img_5999



天神の飛梅祠。

Img_6003

 

Img_6009


道標。

Img_6014_20201101081901



この先は表参道交差点。

Img_6022


PRADA。

Img_6025

 

Img_6027



大松稲荷。

Img_6028


東京メトロ表参道駅。

Img_6030



新橋。

Img_6031


銀座7丁目。

Img_6048



1本路地を入るとシーンとしている。
「東京」は意外と「シーン」としている…。

お目当ては「銀座天國」。
13時近いのに行列が。

Img_6038



若かりし頃、先輩に連れてきてもらった本店。
いっぺんに”とりこ”になった。
以来、職場に近いサンシャインシティの中にあった天國で月1くらいでランチを食べた。
サラリーマンにとってはちょっと出費だったけど、あの美味しさに負けた。
そういえば、当時のサンシャインシティには伊豆栄や聘珍楼などの店があって、
天國と並んで美味しさの宝庫だった…。
サンシャインの近くには大勝軒もあって常連だった…。
常連といっても月1、2回だけど、行列が凄くて1時間のランチタイムではおさまらない
ので、ちょっと遠慮がちにいってた。

当時の本店から少しばかり移転したが、今も変わらぬ「銀座天國」。

Img_6041



江戸前の天丼が美味しい♪

Img_6046


さくっとした天丼もいいけど、この江戸前のしっとりとした天丼が好き。
これに近い天丼をあれこれ食べたけど、それらを食べると余計に天國の天丼が食べたくなる…。

銀座天國



行列はまだ続いていた。

Img_6043





新橋駅へ。

Img_6054



SL広場。

Img_6055


C11。
屋外なのに傷みが少ないのは、清掃や管理などが行き届いているからか。

Img_6056

 

Img_6057



路地裏へ一歩入ると。

Img_6063

 

Img_6060


学生時代、築地市場にある漬物の十一屋でアルバイトしていたのだが、本社がこの近く
にあった。
当時は何気なく歩いていた通り。

Img_6066


烏森神社。

Img_6067


お参りした。

Img_6071



こんな神社なんてと思ったら、ひっきりなしに人が訪れる。

Img_6072

 

Img_6077




新橋駅に戻ると。
毎週土曜日の午後に開催される新橋名物の大盤将棋大会。

Img_6081


老いも若きも熱戦を繰り広げていた。

Img_6079



毎度、ニュースでお馴染みの新橋駅。

Img_6082



7月にオープンしたばかりのトリュフベーカリーJR新橋駅銀座口店。
美味しいという噂、なんかたくさん買ってしまった。

Img_6085



昭和レトロな銀座線新橋駅。

Img_6086



虎ノ門駅で下車。
明るくてきれいな連絡通路で虎ノ門ヒルズ駅から地上へ。
虎ノ門ヒルズなどが目の前に、圧倒される。

Img_6092



高層ビルの谷間で日本基督教団芝教会が存在感を。

Img_6091

 

Img_6094

 

Img_6097


フォレストタワーが。

Img_6100


愛宕神社。

Img_6102


出世の石段。

Img_6106


ここを馬で駆け上ったって信じられない。

Img_6112


けっこう行列していた。

Img_6115


ネコ。

Img_6119


10分ほど散策して戻ってきても、このまんま…。
寝ているのか…。

Img_6122




=========================================

『鉄道唱歌』 <明治32年(1989年)>


一.汽笛一声新橋を
  早我汽車は離れたり
  愛宕の山に入りのこる
  月を旅路の友として


鉄道唱歌

鉄道唱歌 wikipedia

==========================================


鉄道唱歌でまっ先に登場するのが愛宕山。

愛宕山は全国に約130ヶ所も存在する…。
岩手県から鹿児島県まで各県に存在するが、神奈川県のように愛宕山が見当たらない
県もあるし、千葉県のように10の愛宕山がある県もある。
標高100mに満たない山もあり、おとなしい山が多いようだ。

東京都港区の愛宕山は標高26mで天然の山としては23区内最高峰だとか。

そんな23区内最高峰の愛宕山はNHK発祥の地。
大正14年(1925年)3月、芝浦にて日本初のラジオ放送(仮放送)開始。
同年7月、日本初のラジオ本放送は愛宕山の東京放送局(JOAK)から行われた。
今はNHK放送博物館としてその名を残している。


愛宕神社の向こうにはNHK放送博物館。
無料なので見学した。

Img_6127




息子たちが毎日楽しみにしていた。

Img_6129



愛宕トンネル。

Img_6135


虎ノ門ヒルズが。

Img_6136

 

Img_6132



トンネルを過ぎると。
不思議な空間、天徳寺。

Img_6141



虎ノ門ヒルズのすぐ近く。
蕎麦の砂場。

明治5年(1872年)創業の老舗蕎麦「虎ノ門 大阪屋 砂場」。
愛宕下通りの拡幅工事によりこのお店は数メートル後方に移動する。
曳家という工事で家ごと曳くのだとか。
現在はここから徒歩数分、西新橋の仮店舗で営業中。

Img_6147



銀座線で。
折角なので1月に開業したばかりの新しい銀座線渋谷駅まで乗車。

Img_6150


昭和の匂いぷんぷんのレトロ感漂っていたホームが一新。
近未来的なフォルム。

Img_6151


渋谷といえば、ハロウィン騒動が懸念される…。
でも、その気配なし…。
ほっとした…。


渋谷♪ 2019.11.09




新宿。
赤いロマンスカーGSE・70000形。

Img_6157

 

Img_6159



後展望席へ。

Img_6160


新宿駅出発。

Img_6162



南新宿駅通過。

Img_6165


ハロウィンの満月、ブルームーン♪

Img_6169



経堂駅通過。

Img_6171

 

 








| | コメント (0)

2020/10/28

目久尻川の河童♪

★目久尻川の河童♪

どんより…。

快適♪




目久尻川の河童♪

目久尻川に架かる伊勢下村橋(通称、かっぱ橋)。

橋の両端に2人(?)の河童がいる。
後ろに見えるのは相鉄線。
かしわ台駅~海老名駅間に位置している。
最近は埼京線との相互直通運転を行っているため、E233系7000番台
を見かける機会が増えたけど、どうも新車感がなくて205系に見えてしまう
のは気のせいか…。  ま、新車でもないけど…。

この先にある”かしわ台1号踏切”を通ることがあるのだが、以前は電車の通過が
少なかったのに最近は頻度が高くなって埼京線の車両も目につくようになった。
ところで、海老名駅と至近距離なのに”かしわ台1号”とは不思議な感じ…。
相鉄本線かしわ台~海老名駅間にはこの”かしわ台1号踏切”しかないのだ。

尚、かしわ台1号踏切の先に相鉄本線ではなく相鉄厚木線(相鉄貨物線)の
相模国分1号踏切がある。
こちらに”移住”して30数年経つが1度も列車が通過するのを見たことないのだが、
最近はかなりの頻度で踏切を通過する列車があるらしい…。



伊勢下村橋の欄干。
河童たちは四季折々、服を着替える。

最近は冷え込んできたのでニットの服を着ている…。
もちろん、マスクもしている。

Img_5954


Img_5955

目久尻川の河童/まめこぞうの旅

目久尻川の河童伝説




■関連記事

週末…♪ 2020.06.05

目久尻川の河童♪ 2019.07.03
 
   


| | コメント (0)

2020/10/26

CAR and DRIVER12月号♪

★CAR and DRIVER12月号♪

晴れ♪

汗ばむほど…。




回送の小田急ロマンスカー撮影しようとホームなどに侵入、緊急停止相次ぐ

25日未明、人気の小田急ロマンスカーを撮影しようと、鉄道ファンが線路内に
侵入し、車両が緊急停止するトラブルが相次いだ。

防犯カメラに映る不審な足取りでホームを小走りする男たち。
列車を撮影しようとするが職員に見つかり一目散に逃げていく。

小田急線座間駅で鉄道ファン3人が、回送中のロマンスカーRSE・20000形
を撮影しようとホームに無断で侵入した。

この日は8年前に引退したロマンスカーRSE・20000形を来春開業する
ロマンスカーミュージアムに移送する計画で、座間駅のほかにも撮影目的の
鉄道ファンが踏切内に侵入し、車両が緊急停止するトラブルが3件発生した。
このうち、相武台前駅近くの踏切に侵入した1人は警察に引き渡された。


これらの鉄道ファン…、いや、鉄道ファンでもなんでもない…。
違法行為をしてまで電車を撮りたいというその神経が理解できない…。
もう二度と小田急線を撮るな…。
ロマンスカーミュージアムにも来るな…。
そう思わざるえない事件…。

ロマンスカーミュージアム♪





CAR and DRIVER12月号♪

2021年SUV最前線。
トヨタ・ヤリスクロス、日産キックス、三菱エクリプスクロス、トヨタRAV4、
マツダMX-30、トヨタ・ハリアー、ダイハツ・タフト、スズキ・ハスラー、
プジョーSUV2008、ボルボXC40など。
アウディe-tronスポーツバック、メルセデス・ベンツGLE400dなどは
クーペSUVというらしく、全然SUVに見えない…。

ジャパニーズ・スポーツレジェンド。
日産フェアレディZ、トヨタ・スープラ、日産GT-R、スバルWRXなど。


復刻版カタログ。
1997年日産フェアレディZ。
1971年スズキ・ジムニー。
初代ジムニーは今更ながらカッコイイ。


CAR and DRIVER


202012cd






| | コメント (0)

より以前の記事一覧