2021/01/09

湘南ゴールド&麦踏のパンを…♪

★湘南ゴールド&麦踏のパンを…♪

晴れ♪

放射冷却なのか冷え込みがきつくて、なんと1cmほどの分厚い氷が…。


昨日、1都3県に緊急事態宣言が再発令された…。
東京都は新規感染者が2,000人を超える日が続き、神奈川県は800人を超えた。


3連休初日…。
成人の日といっても、自治体によって中止、延期、開催とバラバラ…。
座間市は中止だとか…。

そんな新型コロナに振り回される毎日だが、「コロナ慣れ」も指摘されている……。



1月といえば、湘南ゴールド…♪
湘南ゴールドと麦踏のパンを求めて西湘へ。

3連休といっても、さすがにクルマは多くない…。
特に他府県ナンバーはほとんどいない…。


西湘バイパス。
富士山が見え隠れするが、なんと、雪のない富士山…。
多少の雪があるにはあるが、まだら模様できれいじゃない…。

Img_7090



国道135号、米神手前。
地元、湘南や相模、横浜ナンバーばかりですいすい…。

Img_7092 



まずは、真鶴駅…。
こちらの”NewDays”へ。
そ、ランチはテイクアウトの最たる駅弁を…。
ところが、がっくり…。
こんなご時世なので駅弁を置くのは一時休止しているとか…。
湯河原駅の店にはあるとの情報をいただいたので、湯河原に行かない手はない…。

Img_7093



真鶴駅構内。

Img_7095


上りの特急「踊り子」が通過…。
「踊り子」=E257系2000番台、そして、サフィールのカラーが板についてきた…。

Img_7096




早速、湯河原駅へ。

Img_7097


湯河原駅構内。

Img_7098



”NewDays”へ。
駅弁がたくさんあった♪

Img_7099


定番の「小鯵押寿司」や「鯛めし」などを買った。
それと、横浜で話題のガンダムのパッケージに入ったありあけのハーバーを。

Img_7151

  
明治21年創業 元祖東海道の駅弁・東華軒

駅弁/東華軒





すっかり馴染んできた駅前の大屋根。

Img_7100



湯河原駅前の新名所、”ゆがわらの手湯”。

Img_7101



県道740号を。
真鶴町と小田原市の境界付近から。
右上の建物は松本農園。
その手前には松本山の道祖神が座っている。

Img_7105


ズームイン…。
松本農園や松本山の道祖神の辺りがよく見える。

Img_7106r




北に目をやると。
大山や丹沢の山々、小田原市街を。
手前には”いしだ商店”や”籠清”が。

Img_7109



いつもの青山園。

Img_7114

青山園



湘南ゴールドと”はるか”を♪

Img_7113



そして。
天正庵跡バス停前の麦踏へ♪

Img_7131


店内の売り場には1組ずつ。

Img_7119



”たなかきょおこ”さんの絵が飾ってあった。

Img_7121



12時半頃、パンは残りわずか…。
今日も予約しておいたので欲しいものが買えた。
縁側でコーヒーとパンを。

Img_7125

麦踏

麦踏(根府川)/食べログ

江之浦に行きたい…♪ 2020.05.06





定点観測…。
東海道本線根府川駅。

Img_7135



跨線橋の向こうには真鶴半島。
大島もくっきりと見えた。

Img_7140



青い相模湾と下り普通列車。

Img_7143


アロエの花がちらりと見える。

Img_7145



駅舎にはこのような額縁がひっそりと。
詩人の茨木のり子さんの「根府川の海」。

赤いカンナの花が咲いている駅と…。

Img_7148

 
戦時中、昭和18年(1943年)愛知県西尾市から東京大森の帝国女子医学・薬学・理
学専門学校(現、東邦大学)薬学部に進学。

10代の茨木のり子さんは実家の西尾と東京を東海道本線で行き来した。
その当時の体験が「根府川の海」の原点だとか…。


茨木のり子「根府川の海」…戦争と青春の回想記/まほろばことば

茨木のり子「根府川の海」 文学周遊/日本経済新聞

茨木のり子 wikipedia




カンナ…♪
昭和40年代、僕が子供の頃はどこの家にもカンナが咲いていた。
毎年夏になると赤や黄色の花を咲かせてくれる。
いつの頃からかカンナがいなくなっていった…。
花にも流行り廃りがあるのか…。

カンナがあるということで”名所”になっているのは、江ノ電腰越駅から鎌倉高校前駅に
向かって海が見えるとこ、あそこしか思い出せない…。

江ノ電♪ 2020.08.01



10数年来…。
こちらに来る度に根府川駅に立ち寄るのだが、カンナの存在に気がつかなかった…。
ところが、近くの寺山神社付近で黄色いカンナを見て”郷愁”を感じた…。
そして、根府川駅の法面に赤いカンナが咲いていたことが思い出された…。
さらには駅舎に茨木のり子さんの詩がかかっているので、ここはカンナの駅だと…。




そんな赤いカンナが咲く根府川駅を。
近くの寺山神社付近には黄色いカンナが咲いていた。

夏の根府川駅には赤いカンナが今も咲いている。         2019年8月撮影

Img_1479


江之浦&根府川へ♪ 2019.08.24



湯河原駅で買った駅弁。
帰宅してから食べた。
小鯵押寿司、鯛めし、どちらも美味しかった♪

そして、そして。
湘南ゴールドが美味しかった♪
久々の麦踏のパンも美味しい♪
明日の朝食も麦踏のパンだ~♪



■関連記事

西湘&湘南♪ 2020.11.21

小田原&根府川♪ 2020.08.29

真鶴・江之浦へ♪ 2020.07.11

江之浦・根府川へ♪ 2020.05.30 (早川駅)

江之浦に行きたい…♪ 2020.05.06

湘南ゴールド&麦踏のパンを買い出し♪ 2020.04.04

おかめ桜と湘南ゴールドと麦踏のパン♪ 2020.03.07

湘南ゴールドと麦踏のパン♪ 2020.02.15

真鶴&江之浦♪ 2020.01.25

西湘♪ 2019.11.02

江之浦&根府川へ♪ 2019.08.24

川音川&だるまの天丼♪ 2019.07.31

根府川駅♪ 2019.04.30

GWの西湘…♪ 2019.04.28

おかめ桜♪ 2019.03.09

湘南ゴールドを♪ 2019.01.26

湯河原へ…♪ 2018.11.09 

江之浦マップ♪ 2018.08.15

西湘&箱根♪ 2018.08.13

根府川おかめ桜♪ 2018.03.17

江之浦測候所へ♪ 2018.01.26

真鶴とか♪ 2017.11.03

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19

GWのお出かけ~♪ 2017.05.03

湘南ゴールドを♪ 2017.03.25

福浦漁港・みなと食堂♪ 2017.03.04

湘南ゴールドを♪ 2017.01.27

真鶴~熱海♪ 2016.11.26

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

熱海♪ 2016.03.12

湘南ゴールドを♪ 2016.02.06

鯵が食べたい♪ 2015.07.25

根府川へ…合流部、驚愕の新事実…♪ 2015.03.28

湘南ゴールドを♪ 2015.02.07

国道135号根府川合流部改良工事完成へ♪ 2015.01.15

真鶴♪ 2014.09.13
 
お花見…根府川・江之浦へ♪ 2014.04.05

真鶴&湯河原♪ 2013.11.03 

湘南ゴールドを♪ 2013.04.27

桜を見ながら江之浦へ♪ 2013.03.23

江之浦~真鶴♪ 2012.05.04

江之浦~根府川のおかめ桜♪ 2012.04.01

江之浦へ♪-2 2012.03.03

江之浦へ♪-1 2012.03.03

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-2 2012.02.18

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-1 2012.02.18

大磯♪ 2011.04.30

豆相人車鉄道の旅…かな♪ 2011.03.05

大好きな大磯♪ - 2 2010.07.17

大好きな大磯♪ - 1 2010.07.17

真鶴♪ - 2 2010.05.03

真鶴♪ - 1 2010.05.03

東海道本線&絶景イタリアン♪ 2008.10.12

小田原漁港♪ 2008.07.06 (早川駅)

OISO・大磯♪ 2008.06.28

湘南ゴールド♪ 2009.03.02

湘南ゴールド♪ 2007.03.18

ハルメキ♪ 2011.03.26 

おかめ桜&ハルメキ~♪ 2012.03.23  

    

  

 





| | コメント (0)

2020/12/16

寒い…♪

★寒い…♪

晴れ♪

朝、冷え込んだ…。
今朝、クルマで出かけたら気温0℃の表示…。




相模大野…。

解体線は久々にすっきり…。
防音シート用のポールも撤去されたので、当分動きはなさそう…。

それにしても…。
残された車輪はかなりの数…。
一体、何両分あるんだろ…。




我が家のキッチン。

サンタやトナカイがブランコしてる♪

Img_69962





出勤前に近くの農家がやってる直売所へ。

座間市の栗原という地区へ。

ここんとこスーパーの野菜も価格が安定しているけど、この直売所もホントに安い。
冷え込みがきついというのに、早朝からかなりの客が来てる。

あれもこれもと買い込んだ…。

Img_20201216_103045




Img1608082333865

 



| | コメント (0)

2020/11/29

休日…♪

★休日…♪

どんより…。

肌寒い…。




昔、座間警察署の近くにあったラーメン屋さん「麺屋 万年青(おもと)」。
今は綾瀬市小園に移転して、寺尾台交差点から1つ海老名寄りの交差点にある。

店の前の駐車場が1台分あいていたのでラッキー。

Dsc_0039_20201129155401



店主は家系の「湘南家」出身らしい。
家系路線は踏襲せずに独自路線をいくとか。

とんこつ醤油らーめん。
といっても魚粉を使っているのか和風なラーメン。
あっさりして美味しかった。

Dsc_00382_20201129155601

 

麺屋 万年青(おもと)(かしわ台)/食べログ




ショッピングモール”オークシティ”へ。

ヨーカ堂とイオン両方を行ったり来たり。
ヨーカ堂は1Fのフードコートが場所を変えてリニューアル。
ずいぶん変貌した。

1FのABCマートやロフトは2Fに、3FのダイソーがABCマート跡に。
頭がこんがらがってしまう…。

ABCマートでは探していたアディダスのスニーカーが2種類ともあった♪
それも、ブラックフライデー価格でどちらにしようか迷ってしまった…。
そんな時は両方とも買ってしまうに限る…♪






| | コメント (0)

2020/11/15

熊澤酒造でお酒を♪

★熊澤酒造でお酒を♪

晴れ♪

昼間は暑いくらい…。


8月お盆前に熊澤酒造でランチした折にお酒を買ったのだが、結構気に入ってしまった。
で、今日はお酒を買うために出かけた。



相模線海老名駅で電車を待っていたら。
相鉄厚木線(相鉄貨物線)をいく相鉄20000系回送が通過していった。
この先、並木橋を渡る時、この相鉄厚木線の相模国分1号踏切を通るのだが、
僕はこの踏切を列車が通過するのを1度も見たことがない。
しかし、最近は厚木線をいく列車を目撃することが多くなったという話をよく聞く。
そんな話を裏付けるかのように20000系が通過していった。
厚木駅(厚木操車場)と相模国分信号所を結ぶ相鉄厚木線(相鉄貨物線)が存在感
を増してきた。

相鉄厚木線 wikipedia


相模線海老名駅にて。
相鉄厚木線(相鉄貨物線)をいく相鉄20000系回送を後追いで。

Img_6626



茅ヶ崎行きが来た。

Img_6628



ママは相模線に乗る機会がほとんどないので、キョロキョロ…。
相模線は半自動ドアなのだが、新型コロナ対策として開閉ボタンの使用を中止し自動で
ドア開閉をしていることにも驚き…。

香川駅で下車。
この駅は単式ホーム1面1線なのだが、自動改札機は3台もある。
だいたい自動改札機があること自体が驚きなのだが。
1日平均乗車人員は5,709人と相模線では比較的上位の駅。
2016年まではみどりの窓口もあったが、現在は業務委託駅である。

Img_6652


香川駅 wikipedia

 

香川駅。

Img_6649



2015年、駅の南側に西口駅前広場が整備された。
茅ヶ崎市のコミュニティバス「えぼし号」が運行されている。
神奈中バスのバス停は駅から500mほど西に「香川駅入口」バス停がある。

Img_6650



駅前には交番の代わりに一見交番のような「香川駅前防犯連絡所」がある。
そして、防犯通報システム「街角マモル君」も作動中。

Img_6651


駅前の通りに「香川駅前通り」のプレートが。

Img_6631



踏切を渡り熊澤酒造へ。
汗ばむほど。
14時30分を過ぎていたけど、レストランなどはまだ多くの客がいた。

Img_6633



今日はこちらのお酒を買いにきた。

Img_6635

 

小腹が空いたのでカフェでお茶を。

Img_6636


窓から見える光景は絵になる♪

Img_6637


僕はホットドッグ。

Img_6639


ママは「秋のグラスデザート」を。

Img_6641



湘南唯一の蔵元 熊澤酒造
00000000000000000000000000000000kumazawa



ベーカリーでパンをと思ったら完売だった…。
残念…。

秋の熊澤酒造、落ち着いた雰囲気がよかった。

Img_6644

 

香川駅近くの中通り第一踏切にて。

Img_6648


茅ヶ崎行き。

Img_6653


橋本行き。

Img_6660



厚木駅で小田急線に乗り換え。
小田急線厚木駅のホームは高架なので、風が冷たく感じる。
さらには特急ロマンスカーが2本、急行か快速急行が2本、回送が1本と上下合わせて
5本もの通過電車を見送った…。
各停の悲哀を感じた…。

夕暮れ時の小田急線厚木駅ホームから圏央道や相模川橋梁を。
日が陰ってきて肌寒い…。

Img_6663




■関連記事

熊澤酒造へ♪ 2020.08.08

相模線で南下♪ 2020.08.20





| | コメント (0)

2020/11/08

水上へ♪

★水上へ♪

晴れ♪

暖かい♪
いや暑いくらい…。



鉄ちゃんグループのバスツアーに参加させてもらった。

関越自動車道高坂SAで休憩。
最近、海老名や守谷、談合坂といった新しくリニューアルされたSAを利用しているから
か、高坂が古ぼけて見える。
昭和50年(1975年)開業からずっと変わっていない気がする…。

Img_6360

 

Img_6363


今朝はかなり早い時間に出発。
前回のツアーで電車の発車時刻に間に合わなかった事件があったらしく、電車の時刻
にナーバスになっている…。
紅葉シーズンの渋滞が予測されていたのだが、圏央道も関越自動車道もスムーズで
早過ぎる状態になったので上里SAに時間調整のため立ち寄ったほど。

 
群馬の山って、すごくゴツゴツした印象…。

Img_6370



高崎駅。

Img_6376


10数年前、高崎の取引先からの帰り、直帰ということで八高線で八王子まで出て自宅
に帰ったことがある。
キハ110系の気動車で感激したものだ。
同僚と2人で夕食代わりの駅弁を買って電車の中で食べていたら、続々と通勤客が
乗り込んできた。
あせって駅弁をかき込んだ思い出がある…。
それにしても、八高線で八王子まで2時間以上かかったのは想定外だった…。
自宅までは3時間…、地方に出張した気分だった。


そんな八高線は3番線なのだが、4番線の先、同じホームに3番線が居候している。
今日は2番線に。

Img_6378


そ、「SLぐんま みなかみ」に乗るのだ。
全国各地で鬼滅の刃とのコラボ列車が人気だが、こちらも「鬼滅の刃 × SLぐんま 
無限列車大作戦」とのこと。

Img_6384

  
Img_6423


「SLぐんま みなかみ」が入線。
C6120。

Img_6400


C6120。
戦後の旅客輸送増に応えるためD51形のボイラーに大型の動輪を組み合わせて誕生した。
こちらC6120は昭和24年(1949年)に三菱重工三原製作所にて製造され、
東北地方で初めての特急列車となった「はつかり」を牽引した東北地方にゆかりのある
蒸気機関車。
群馬県伊勢崎市の華蔵寺公園遊園地にて保存・展示されていたが、2011年に復活した。

Img_6414

  
Img_6415


「高崎 ー 水上」のサボ。

Img_6405



スハ43系客車、スハフ42 2234。
1950年代前半(昭和20年代後半)製造の客車。

Img_6417


オハ47 2266。
昭和27年(1952年)製造。
元々はスハ43系客車のスハ43形であったが、改造後オハ47に。

Img_6421


客室内は昭和レトロ。

Img_6431


つまみ。
この下にはセンヌキがついている。(センヌキを撮った写真はまっ黒に…。)

Img_6418



高崎駅を出発。
黒煙がすごいことに。

Img_6428


駅弁「上州D51」。

Img_6433


にくいね~。
空の容器と箸はみんな持ち帰った。

Img_6435


美味しかった♪

Img_6437


SLぐんま みなかみ/SLぐんま よこかわ/JR東日本

Fun! Fan! SL/JR東日本高崎支社

SLぐんま みなかみ Wikipedia




新前橋駅にさしかかると高崎車両センターが見えてくる。
485系のジョイフルトレイン「華」。

Img_6438 

華_(鉄道車両) Wikipedia



Img_6440



渋川駅。
こちらでは20分ほど停車。

Img_6474



Img_6457



Img_6460


Img_6470


荷物車、オハニ36。
元々は三等座席荷物合造車。

Img_6475



最後尾が懐かしい…。

Img_6477



特急草津。
特急草津といえば185系だったが。
2014年から651系1000番台に。

Img_6461



煙~♪

Img_6486



旅行代理店のスタッフが撮影してくださった写真。

1605401804751



紅葉の。
水上温泉はすぐそこ。

Img_6492


水上駅到着。
この階段はホントに狭い…。

Img_6495



Img_6496


久々の水上駅。

Img_6506


駅前の土産物屋さん。

Img_6508


GoToトラベル、地域共通クーポン。
本日中に使わないと…。
なんだか、いつもよりお土産を多く買ってしまった。

1604830733730



転車台広場へ。
D51。
準鉄道記念物D51745。
昭和18年(1943年)8月、日本車両株式会社で制作され宇都宮機関区配属。
東北、日光線で活躍し、昭和35年(1960年)に高崎第一機関区に移籍、八高、
信越本線にて活躍後、昭和45年(1970年)廃車。

Img_6518



SL用転車台。
先程、乗ってきたSLが転車台に。

Img_6521

  

Img_6527


Img_6530


Img_6532



Img_6541

  
Img_6545

  

Img_6548



帰宅してマスクをとったら、なんか黒く汚れている…。
そ、SLの煙が凄かったのでマスクが黒くなったのだろう…。
てことは、顔も黒くなっていたのか…。

Fun! Fan! SL!/JR東日本高崎支社

水上駅SL転車台広場

 



道の駅みなかみ水紀行館。
館内は人、人、人…。
お土産屋さん、飲食店、どこも賑わっていた。

Img_6557



利根川沿いのこの光景が好き。

Img_6559


帰りの高速は関越自動車道高坂SA付近でノロノロ…。
圏央道はすいすい。
早めの到着だった。
  



■関連記事

水上紀行−3♪ 2010.08.14  

水上紀行-2♪ 2010.08.13 

水上紀行−1♪ 2010.08.12 

 

  



| | コメント (0)

2020/10/31

あちこち♪

★あちこち♪

晴れ♪

快適~♪





行楽日和~♪

青いロマンスカーMSE・60000形「ふじさん号」で新宿へ。
多摩川を渡る時、雪化粧をはじめた富士山が見えた♪

Img_5957



ロマンスカー「ふじさん号」。
6両編成なので新宿方の先頭車はのっぺらぼう…。
罪なヤツ…。

Img_5961



表参道。

Img_5962


南青山5丁目交差点から骨董通りへ。

Img_5967


この通りには靴屋が多い。

Img_5968



お洒落な街に凛とした佇まい。
京都の臨済宗相国寺別院。

Img_5972

臨済宗相国寺




根津美術館の竹林。

Img_6020



根津美術館へ。
かれこれ14、5年前、近くを歩いていて入りたいと思ったのだが、改築工事中で
オープンは3年後とのことで断念…。
そんなリニューアルオープンから11年、ようやくやって来た。

Img_6021

根津美術館
Img_20201101_0001



3世紀クシャーン時代。
弥勒菩薩立像。

Img_5993



庭園の向こうに見えるのは六本木ヒルズ。

Img_5991



6世紀、中国・北斉時代。
如来立像など。

Img_5981



6世紀、中国・北斉時代。
如来三尊像。

Img_5985


庭園。

Img_5999



天神の飛梅祠。

Img_6003

 

Img_6009


道標。

Img_6014_20201101081901



この先は表参道交差点。

Img_6022


PRADA。

Img_6025

 

Img_6027



大松稲荷。

Img_6028


東京メトロ表参道駅。

Img_6030



新橋。

Img_6031


銀座7丁目。

Img_6048



1本路地を入るとシーンとしている。
「東京」は意外と「シーン」としている…。

お目当ては「銀座天國」。
13時近いのに行列が。

Img_6038



若かりし頃、先輩に連れてきてもらった本店。
いっぺんに”とりこ”になった。
以来、職場に近いサンシャインシティの中にあった天國で月1くらいでランチを食べた。
サラリーマンにとってはちょっと出費だったけど、あの美味しさに負けた。
そういえば、当時のサンシャインシティには伊豆栄や聘珍楼などの店があって、
天國と並んで美味しさの宝庫だった…。
サンシャインの近くには大勝軒もあって常連だった…。
常連といっても月1、2回だけど、行列が凄くて1時間のランチタイムではおさまらない
ので、ちょっと遠慮がちにいってた。

当時の本店から少しばかり移転したが、今も変わらぬ「銀座天國」。

Img_6041



江戸前の天丼が美味しい♪

Img_6046


さくっとした天丼もいいけど、この江戸前のしっとりとした天丼が好き。
これに近い天丼をあれこれ食べたけど、それらを食べると余計に天國の天丼が食べたくなる…。

銀座天國



行列はまだ続いていた。

Img_6043





新橋駅へ。

Img_6054



SL広場。

Img_6055


C11。
屋外なのに傷みが少ないのは、清掃や管理などが行き届いているからか。

Img_6056

 

Img_6057



路地裏へ一歩入ると。

Img_6063

 

Img_6060


学生時代、築地市場にある漬物の十一屋でアルバイトしていたのだが、本社がこの近く
にあった。
当時は何気なく歩いていた通り。

Img_6066


烏森神社。

Img_6067


お参りした。

Img_6071



こんな神社なんてと思ったら、ひっきりなしに人が訪れる。

Img_6072

 

Img_6077




新橋駅に戻ると。
毎週土曜日の午後に開催される新橋名物の大盤将棋大会。

Img_6081


老いも若きも熱戦を繰り広げていた。

Img_6079



毎度、ニュースでお馴染みの新橋駅。

Img_6082



7月にオープンしたばかりのトリュフベーカリーJR新橋駅銀座口店。
美味しいという噂、なんかたくさん買ってしまった。

Img_6085



昭和レトロな銀座線新橋駅。

Img_6086



虎ノ門駅で下車。
明るくてきれいな連絡通路で虎ノ門ヒルズ駅から地上へ。
虎ノ門ヒルズなどが目の前に、圧倒される。

Img_6092



高層ビルの谷間で日本基督教団芝教会が存在感を。

Img_6091

 

Img_6094

 

Img_6097


フォレストタワーが。

Img_6100


愛宕神社。

Img_6102


出世の石段。

Img_6106


ここを馬で駆け上ったって信じられない。

Img_6112


けっこう行列していた。

Img_6115


ネコ。

Img_6119


10分ほど散策して戻ってきても、このまんま…。
寝ているのか…。

Img_6122




=========================================

『鉄道唱歌』 <明治32年(1989年)>


一.汽笛一声新橋を
  早我汽車は離れたり
  愛宕の山に入りのこる
  月を旅路の友として


鉄道唱歌

鉄道唱歌 wikipedia

==========================================


鉄道唱歌でまっ先に登場するのが愛宕山。

愛宕山は全国に約130ヶ所も存在する…。
岩手県から鹿児島県まで各県に存在するが、神奈川県のように愛宕山が見当たらない
県もあるし、千葉県のように10の愛宕山がある県もある。
標高100mに満たない山もあり、おとなしい山が多いようだ。

東京都港区の愛宕山は標高26mで天然の山としては23区内最高峰だとか。

そんな23区内最高峰の愛宕山はNHK発祥の地。
大正14年(1925年)3月、芝浦にて日本初のラジオ放送(仮放送)開始。
同年7月、日本初のラジオ本放送は愛宕山の東京放送局(JOAK)から行われた。
今はNHK放送博物館としてその名を残している。


愛宕神社の向こうにはNHK放送博物館。
無料なので見学した。

Img_6127




息子たちが毎日楽しみにしていた。

Img_6129



愛宕トンネル。

Img_6135


虎ノ門ヒルズが。

Img_6136

 

Img_6132



トンネルを過ぎると。
不思議な空間、天徳寺。

Img_6141



虎ノ門ヒルズのすぐ近く。
蕎麦の砂場。

明治5年(1872年)創業の老舗蕎麦「虎ノ門 大阪屋 砂場」。
こちらの建物は大正12年築(1923年)で登録有形文化財に指定されている。
愛宕下通りの拡幅工事によりこのお店は数メートル後方に移動する。
曳家という工事で家ごと曳くのだとか。
現在はここから徒歩数分、西新橋の仮店舗で営業中。

Img_6147




銀座線で。
折角なので1月に開業したばかりの新しい銀座線渋谷駅まで乗車。

Img_6150


昭和の匂いぷんぷんのレトロ感漂っていたホームが一新。
近未来的なフォルム。

Img_6151


渋谷といえば、ハロウィン騒動が懸念される…。
でも、その気配なし…。
ほっとした…。


渋谷♪ 2019.11.09




新宿。
赤いロマンスカーGSE・70000形。

Img_6157

 

Img_6159



後展望席へ。

Img_6160


新宿駅出発。

Img_6162



南新宿駅通過。

Img_6165


ハロウィンの満月、ブルームーン♪

Img_6169



経堂駅通過。

Img_6171

 

 








| | コメント (0)

2020/09/05

台風10号余波…

★台風10号余波…

晴れ♪

かなり暑い…。

お隣の海老名市で34℃を超えた…。


台風10号…。
南大東島の南100km付近を北上中…。
中心気圧920hPa、最大風速50m/s、最大瞬間風速70m/s…。
今後、特別警報級の勢力を維持して九州に接近するようだ。
8号、9号に続き、またもや朝鮮半島を縦断するコース。

本州にはかすりもしないけど、警戒の声…。
昨年、一昨年と関東も台風の被害があったので、今年もかと思っていたのだが…。




座間警察署の近くにあるマック。
コロナ後、なにかと混んでいるのだが、今日はドライブスルーの行列が
県道にずらっと…。
結構、通行に支障が出るレベル…。

こちらでは台風の影響なんてほとんどないのだが、はるか南の海上を進む
台風10号余波かと…。

先日、このマックで食べたのだが、店内でオーダーするとドライブスルー
の客に何組も抜かれることが分かった…。
そ、ドライブスルー最優先…。



今日は長後の安田果樹園であれこれ果物を買った帰りに綾瀬のエイビイに。
こちらはカートが出払ってしまうほど…。
店内では野菜売り場も魚介類売り場も凄い人、人、人…。
恐らく、そこらのスーパーの数倍の人が入っている。
いや、優に10倍は超えている…。

綾瀬だからこの程度ですんでるが、中央林間は凄い混雑だろうな…。
中央林間店はコロナ禍で立証されたように、とんでもなく人気過熱…。

コロナ禍で品薄になっていたカップ麺、小麦粉などの粉ものはいつの間にか
普通の状態に。
猛暑で高くなっていた野菜はずいぶん安くなって、ほぼ以前の価格に戻ってきた。

で、牛乳が空…。
恐らく、牛乳の業者が台風余波で搬入できない事態かと…。

レジは恐れていた通り、1台のレジに15組ほどが大行列…。
14、5台のレジがフル稼働…。

コロナ後、エイビイは他店よりも更に集客が増えているけど、
今日は台風余波か…。


帰路、牛乳を買おうとドラッグに立ち寄った。
なんと、猛暑の影響で牛乳は欠品なんだとか…。




長後の安田果樹園へ。

長後あたりには果樹園がたくさんあるのだが、なぜか、こちらにお邪魔してしまう。
シャインマスカットが店頭に並びだしたということで…。

Img_5562



お目当てのシャインマスカットは完売…。
しかし、”藤みのり”は豊富にあったので、お買上げ…。
ママは”紅義”押しで、こちらは1房買った。

Img_5564



梨。
豊水と”あきづき”を。

Img_5563


安田果樹園(長後) 




■関連記事

熊澤酒造へ♪ 2020.08.08

江ノ電♪ 2020.08.01

お盆休み♪ 2019.08.10

つきみ野駅♪ 2018.08.27

果樹園へ♪ 2018.08.05

旧東海道・藤沢宿♪ 2017.09.03

長後のくだもの♪ 2017.08.14

まったり…♪ 2016.08.18



| | コメント (0)

2020/08/29

小田原&根府川♪

★小田原&根府川♪

晴れ♪

なぜか、サイコーに暑く感じる…。

東京は35.0℃の猛暑日…。
8月の猛暑日11日ということで、史上最多…。



すごくいいお天気♪
海を見たくなった。

西湘バイパス。

Img_5485




小田原インターで降りて。

だるま料理店へ。
国の有形登録文化財に指定されている。

Img_5492


明治26年(1893年)創業。
大正12年(1923年)の関東大震災により倒壊したが、二代目吉蔵がブリの大漁で
得た潤沢な資金をつぎ込んで大正15年(1926年)に再建。
当時、日本各地でブリの大漁が記録されていて、1回の定置網漁で28,000尾の大漁
とかが相次いでいたようで、現在では考えられないような状況だった…。
また、震源地が小田原市付近ということもあって、当地は関東大震災の記憶があちこちに残されている。

だるま料理店

だるま料理店(小田原)/食べログ




さすが、有形登録文化財…。
エアコンは縦型の後付けなので、僕たちのテーブルは暑かった…。
ていうか、エアコンのまわりの人達はみな扇子を取り出していた…。
僕も扇子を…。

エアコンから離れた奥のほうの人達は涼しげだった…。


天丼とさしみの定食。
ごま油であげた天ぷらが美味しかった。

Img_5493



ママは穴子の天丼。

Img_5495


川音川&だるまの天丼♪ 2019.07.31





御幸の浜。

大毘沙門天王のノボリに引き寄せられた。
大恩山妙泉寺。

Img_5499



市営御幸の浜プール。
コロナ禍により休業…。

Img_5519



西湘バイパス下のトンネルをくぐると…。

Img_5511




相模湾♪
大きな扉。
台風などが近づくとこの鉄の扉が閉じられ、町を守るのだとか。

Img_5512



夏~♪
暑い~♪

Img_5514



石橋、根府川方面を。

Img_5503



西湘バイパス。

Img_5506




暑い~♪

以前は美しい砂浜だったと…。
酒匂川の河口堰ができる前は川から大量の砂が運ばれて美しい砂浜だったとか。
現在は石や砂利ばかりの海岸になってしまったが、海の美しさは変わらない。
相模川や酒匂川の上流には多目的ダムや堰が次々と作られたため、海岸線が後退
したり砂が少なくなったり、それが2007年、2017年の大型台風により西湘バイパス
が崩落した原因ともいわれている。

Img_5505




海岸から離れ。
小田原かまぼこ通り。

Img_5530


鈴廣かまぼこ、丸う、籠清などは知られているが、こちらのかまぼこ通りには驚くほど
多くのかまぼこ屋が軒を連ねている。
かまぼこだけでなく、鰹節や干物なども。

小田原かまぼこ通り



鈴廣かまぼこ発祥の店。

Img_5520


鈴廣かまぼこ。
慶応元年(1865年)創業、網元魚商を営むかたわら副業として蒲鉾製造を始めた。
明治中期よりこの地に店を移し蒲鉾製造を本業として屋号を「鈴廣」と改めた。
昭和37年(1962年)に風祭に工場を建設し、現在に至る。

鈴廣かまぼこ


小田原は北条氏の隆盛により室町時代からの商家などが続いているケースが多い。
「ういろう」や破産してしまった美濃屋吉兵衛などが代表的。



市場横町は本町と宮前町と千度小路の境を抜けている横町。
海に臨んでいるので魚座(魚商人の同業者組合)の魚商が多く住み、その名の通り
魚市場が開かれていた所。

いちばよこちょう。

Img_5528



鈴廣かまぼこのはす向かいには小田原かまぼこの元祖「鱗吉(うろこき)」が。
天明元年(1781年)創業。

Img_5521


鱗吉(うろこき)



足湯ならぬ足水。

Img_5523



鱗吉(うろこき)のかまぼこ、買いたいと思っていたのだが、この暑さ…。
いくら保冷剤を使っても無理かと…、断念…。
涼しくなったら買いにきたい。

Img_5524


小田原かまぼこ通り



小田原北条氏時代、この町は漁村であったため、船方村と呼ばれた。
江戸時代においても城下の漁業、廻船業、漁商の拠点であった。
なお、明治以降 昭和43年までここに魚市場があった。

Img_5526

 

小田原北条氏時代には代官小路とよばれていた。
江戸時代、町内には魚座(魚商人の同業組合)商人が多く、魚座名主も住んでいた。

Img_5531



そういえば。
国道1号早川口交差点手前の歩道橋の近くにも「小田原駅跡」の碑がたっていた。
小田原駅といっても、豆相人車鉄道や軽便鉄道の小田原駅のこと。 
                                                                                          2017年5月撮影

Img_0431



■関連記事

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19

GWのお出かけ~♪ 2017.05.03

小田原♪ - 2 2012.06.22

小田原♪ - 1 2012.06.21




暑い…。
小田原は32.5℃…。

喫茶店「海岸通り」へ。

Img_5533



アイスコーヒーが美味しかった。
生き返った気分♪

Img_5536



昨年のGWに石橋合流部に至るまでに1時間半も余計にロスするほどの時間を要した。
GWにしては時間がかかり過ぎと怪訝に思っていたところ、石橋合流部の先で事故でも
起こしたのか事故処理車が見え、軽い接触事故レベルのクルマが脇にあった…。
あまりにも軽い事故で数千人が迷惑してたことに、むかっ腹が立った…。

この夏は米神・浜屋の前で死亡事故が発生して、日曜日の午後に上下線とも通行止め
となり大混乱を引き起こした…。
さらに、夏本番中に追突事故があった時もマヒしたとか。
そんな時、この国道135号はかなり悲惨としか言いようがない…。


国道1号に出て早川口交差点から135号へ。
石橋合流部。

Img_5537



江之浦。

Img_5540

 

Img_5544


天正庵跡。
いつもの麦踏へ。

Img_5545



今日も客が多い。
残りわずか…。

Img_5546


麦踏

麦踏(根府川)/食べログ





定点観測。

根府川駅。
夏休みの光景、ヒルトンホテルのシャトルバスとお客さん。

Img_5550


根府川駅♪ 2019.04.30




ターンパイクの出入口。
山安ターンパイク店へ。

Img_5554


リニュアールオープンしてから2回目。

Img_5556


干物などをあれこれ…。

Img_5559


山安

 




■関連記事

真鶴・江之浦へ♪ 2020.07.11

江之浦・根府川へ♪ 2020.05.30 (早川駅)

江之浦に行きたい…♪ 2020.05.06

湘南ゴールド&麦踏のパンを買い出し♪ 2020.04.04

おかめ桜と湘南ゴールドと麦踏のパン♪ 2020.03.07

湘南ゴールドと麦踏のパン♪ 2020.02.15

真鶴&江之浦♪ 2020.01.25

西湘♪ 2019.11.02

江之浦&根府川へ♪ 2019.08.24

川音川&だるまの天丼♪ 2019.07.31

根府川駅♪ 2019.04.30

GWの西湘…♪ 2019.04.28

おかめ桜♪ 2019.03.09

湘南ゴールドを♪ 2019.01.26

湯河原へ…♪ 2018.11.09 

江之浦マップ♪ 2018.08.15

西湘&箱根♪ 2018.08.13

根府川おかめ桜♪ 2018.03.17

江之浦測候所へ♪ 2018.01.26

真鶴とか♪ 2017.11.03

豆相人車鉄道を♪ 2017.05.19

GWのお出かけ~♪ 2017.05.03

湘南ゴールドを♪ 2017.03.25

福浦漁港・みなと食堂♪ 2017.03.04

湘南ゴールドを♪ 2017.01.27

真鶴~熱海♪ 2016.11.26

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

熱海♪ 2016.03.12

湘南ゴールドを♪ 2016.02.06

鯵が食べたい♪ 2015.07.25

根府川へ…合流部、驚愕の新事実…♪ 2015.03.28

湘南ゴールドを♪ 2015.02.07

国道135号根府川合流部改良工事完成へ♪ 2015.01.15

真鶴♪ 2014.09.13
 
お花見…根府川・江之浦へ♪ 2014.04.05

真鶴&湯河原♪ 2013.11.03 

湘南ゴールドを♪ 2013.04.27

桜を見ながら江之浦へ♪ 2013.03.23

小田原♪ - 2 2012.06.22

小田原♪ - 1 2012.06.21

江之浦~真鶴♪ 2012.05.04

江之浦~根府川のおかめ桜♪ 2012.04.01

江之浦へ♪-2 2012.03.03

江之浦へ♪-1 2012.03.03

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-2 2012.02.18

バラとケーキとレモンワイン/一夜城♪-1 2012.02.18

大磯♪ 2011.04.30

豆相人車鉄道の旅…かな♪ 2011.03.05

大好きな大磯♪ - 2 2010.07.17

大好きな大磯♪ - 1 2010.07.17

真鶴♪ - 2 2010.05.03

真鶴♪ - 1 2010.05.03

東海道本線&絶景イタリアン♪ 2008.10.12

小田原漁港♪ 2008.07.06 (早川駅)

OISO・大磯♪ 2008.06.28

湘南ゴールド♪ 2009.03.02

湘南ゴールド♪ 2007.03.18

ハルメキ♪ 2011.03.26 

おかめ桜&ハルメキ~♪ 2012.03.23  

    

  

 

| | コメント (0)

2020/08/22

道志みち…♪

★道志みち…♪

晴れ♪

今日も暑かった…。



8月もそろそろ終わり…。
道志へ。

そう、ただ道志へ行きたい…。
国道413号「道志みち」を走りたい。

2015年夏に通ったきり…。
そろそろ行きたいと思っているうちに…。
台風の被害が毎年のように…。



朝遅くに出たので圏央道を使い、相模原インターで降りた。
青山交差点から国道413号に。

”つねっさ”に立ち寄りたいと思ったのだが…。
「休業 再開は未定」の貼り紙…。

仕方ない…。
どこかで食べよう…。

Img_5458



道志村への入口、相模原市緑区青野原~青根地区は前代未聞の台風被害に遭った。

平成30年(2018年)10月の台風24号により平丸トンネルや横山トンネルの先の
斜面が大規模崩落、全面通行止めとなる。
この地区はたまたま県道や市道が迂回路として使えたため、長期間に渡り住民たちの
通勤・通学は市がタクシーを借り上げて対応したという。

翌平成31年(2019年)4月、被災箇所を迂回する仮橋を設置し暫定開通。
令和元年(2019年)10月、台風19号(令和元年東日本台風)により更なる複数の
斜面崩落、路面崩壊等が発生、青野原~青根間が全面通行止め。
同年年末には全面通行止めが解除された。
令和2年(2020年)1月中旬から3月下旬、青根の一部区間を再度通行止めにして
、斜面の集中工事を実施。
令和2年3月27日、全面復旧、通行止め区間の規制を解除。

2018年の台風24号、2019年の台風19号…。
関東で猛威を振るった台風として記憶に新しい…。
千葉県の大規模な被害、箱根や鎌倉の信じられないような被害…。
道志みち、元気になってほしい。


令和元年東日本台風に伴う、国道413号(道志みち)の災害復旧状況/相模原市

国道413号通行止め区間の解除の見通しについて・令和元年11月14日/相模原市

国道413号通行止め区間の解除について・令和元年12月24日/相模原市

国道413号横山トンネル、10月1日に供用開始・2019年9月26日号/タウンニュース



そんな状況…。
最近まで国道412号などを通行すると、電光掲示板には413号の通行止めの警告が表示されていた。
当分の間は通行できないと諦めた…。

そんな全面通行止めとなった区間は約6kmにもおよぶ。
3月27日全面復旧、規制解除。
走っていると至る所に爪痕を残していることが分かる…。
そして、きれいに舗装したばかりの路面や新しいトンネルに驚く。

2年半に及ぶ不便この上ない生活を強いられた住民への思い。
東京オリンピックの自転車ロードレース競技の走行ルートでもあり、是が非でも開通させ
たのだろう。

Img_5460



久々の道志みち♪
昔はしょっちゅう来ていた。
免許取りたての頃から…、狭くて未舗装が多くカーブのきつい箇所も多かった…。
凄く時間がかかったと思っていたのだが、道路が改良され新しいトンネルが増えるに
つれ時間短縮が顕著に感じられた。
Mt.FUJI ジャズフェスティバルが開催されていた頃は毎夏、この道志みちはクルマ
やバイクがひっきりなしに通過した…。

また、オートキャンプのメッカと思えるほど、次々にオートキャンプ場がオープンした。
あの頃、キャンプ場といえば、普通のキャンプ場ばかりで、オートキャンプ場が
珍しい時代…。

今回も馴染みのオートキャンプ場が次々…。
特に「谷相郷キャンプ場」の看板が懐かしかった。


そんな谷相郷キャンプ場での一コマ。
約30年前の長男。

19910801



それにしても。
クルマが多かった…。
GWよりも混雑した…。
やはり、コロナ現象なのか…。


道の駅どうし。
入場待ちのクルマが常時10台ほど…。

Img_5461

道の駅どうし



道の駅どうし。
道志みちも道の駅も混雑…。
やはり、東京のナンバーが目立つ…。
奥多摩と同じ現象なのかと…。

今日の新聞に”「GO TO」奥多摩”という見出し…。
都民は行き場がなく、こぞって奥多摩へ遊びに出かけるということらしい。
そんな奥多摩から道志にも押し寄せてきたのかと…。



道の駅に着いて、金がないことに気がついた。
ここには都留信用組合のATMがある。
信組のATMなんて使ったことがない…。
不安な気持ちで操作したら、ちゃんとお金が出てきた。

Img_5473


昔、昔、金沢支店に赴任していた頃、石川県や北陸の信組の理事長さんたちと懇意にさせていただいた。
石川県だけでも10前後の信組があった。(その後、破綻や統合などで2信組に)
そのほとんどは本店のみの零細な信組でCDもATMも導入していなかった。
そんな事を思い出していたら、都留信組は18本支店と19のATMコーナー(出張所)
があり、なかなか大きな信組。

大きな信組だからこそ起きてしまったのか、昨年、不祥事が次々と発覚した事件。
Wikipediaは不祥事に関する内容が9割…。
全然知らなかったが、山梨県内では大きなスキャンダルとして報じられたのだろうな。

都留信用組合 wikipedia




道の駅どうし。
お土産や野菜などはこちらで。

Img_5463


青空~♪

Img_5471



かっぱ橋。
この近くのオートキャンプ場「オートキャンプインむじな」や「花の森オートキャンピア」
にもよく来たので、この河原で息子たちは泳いだものだ。

現在はコロナ対策の一環として、道の駅利用者の河原利用を中止している。
なぜ…、駐車時間が長時間になり駐車場が密になり回転がわるくなるからだとか…。

Img_5468


ポークカレーを。
クレソン大好き。
そして、このコカコーラは本物のガラスのボトルだった。

Img_5464




帰路。
オギノパンに。

Img_5475



大盛況。

Img_5476

 



Img_5478



惣菜パンもあれこれ。

Img_5480



Img_5481


小田急の駅の売店でもお馴染みの「丹沢あんぱん」は外で販売。
何十個も買う人がいたのでびっくり。

そして、揚げパンの販売ブースには行列…。
揚げパンをパクリ♪

Img_5483

 

オギノパン




この後、半原あたりに差し掛かると中津川ではぎっしりBBQ。
キャンプする家族もいる様子。

神奈川県内には相模川水系の中津川と、酒匂川水系の中津川がある。
全国的には中津川は25もある…。
で、中津川って、どれも○○川水系とか○○川支流とか、中津川のまま海に
つながるケースは鹿児島県薩摩川内市の中津川くらいしか見当たらない…。
  


道志みち♪
若い頃から道志には魅了されていた。
子供たちができてからはオートキャンプが目的でしょっちゅう。
最近は山中湖や河口湖へのルートとしても使っている。

そんな道志みちが2年連続で台風被害に遭って、とんでもないことに…。
長期間不便を強いられてきただろう…。
でも、真新しい道路やトンネルを見て、嬉しく感じた。
道志みちが甦った。



■関連記事

道志みち~河口湖♪ 2015.07.11

道志へ♪ 2012.06.17

道志みち…かな…♪ 2011.05.14

道志みち♪ 2010.05.01

道志みちで帰りました♪ 2008.04.27

忍野♪ 2008.04.26

道志みち♪ 2007.05.04

大山~大山街道~246=道志みちも…♪

 

   

| | コメント (0)

2020/07/28

箱根へ -2♪

★箱根へ -2♪

7月27日(月)。

どんより…。

肌寒く感じたり、蒸し暑く感じたり…。




リ・カーヴ箱根の朝食。
もちろん、朝食も弁当形式。

Img_4573



朝の散歩。
仙石原のすすきヶ原。
「すすきヶ原」は僕が勝手にそう呼んでるだけなのだが…。

ちょっと調べたところ、「すすき原」、「すすき野原」、「すすき高原」、「すすき草原」などと
呼ばれている。
その中でも「すすき草原」が地元でも多く使われているようだ。

夏の「すすき草原」。

Img_4583


仙石原湿原。

Img_4589


雲が低く立ち込める…。

Img_4595





国道1号を箱根湯本、宮ノ下の方から南下してくると、小涌谷を過ぎて芦之湯の
何もない所に「国道1号最高地点 874m」の看板。
ちなみに、箱根峠は標高846m…。

まずは、芦之湯と元箱根の間に位置する元箱根石仏・石塔群。
こちらの精進池のほとりに「石仏群と歴史観」が建っている。

Img_4602

 

Img_4618

 

精進池を。

Img_4604

 

石仏などのレプリカ。

Img_4607

 

Img_4611


箱根の石仏群/箱根全山

芦之湯の顕彰




六道地蔵バス停。

Img_4615


国道1号。

Img_4616


国道1号の下には狭い歩道。

Img_4627


国道1号の下にはトンネルが。

Img_4628



トンネルを抜けると六道地蔵が建っている。

箱根の石仏群群は、今から約700年前の鎌倉時代後期に造られ、国の史跡と重要
文化財に指定されている。
鎌倉時代には京と鎌倉を結ぶ重要な交通路(鎌倉古道・現在の国道1号)であり、
当時、この地は火山活動の残る荒涼とした地形で「地獄道」と呼ばれ旅人に恐れられた。
そのため、石仏・石塔群を造り、旅人の安全を祈願したとの事。


ここ精進池畔沿いの道は鎌倉時代に箱根越えの道として開かれた。
現在、「湯坂道」と呼ばれるこの道は湯本から浅間山、鷹巣山などの尾根を経て、
ここ精進池畔を通り、箱根権現(現、箱根神社)へ下るルートで、元々は箱根権現
を信仰した源頼朝が伊豆の走湯山や三島大社と共に参詣する二所詣(あるいは
三所詣)を行う際に参詣道として利用したもの。
以後、二所詣は歴代将軍らに引き継がれ、この道も整備されていった。

これにより、人々の箱根越えの道は、それまでの箱根山の北側、足柄峠を越える
ルート・矢倉沢往還から次第にこの湯坂道が使われるようになった。
しかし、なんといっても険しい山道、しかも道中最も高地にあるこの精進池周辺は
時に霧が立ち込め、荒涼とした風景が広がっていた。

この頃、箱根を越えた都の歌人・飛鳥井雅有は紀行文「春の深山路」(弘安3年・
1280年)で、この付近のことを「此山には地獄とかやもありて、死人常に人に行あひ
て…」と記している。
旅人にとって、ここは「この世の果て」、地獄だったのだ。
この地に数多くの石仏や石塔が造られたのは、そんな思いが背景にあったと思われる。

矢倉沢往還 wikipedia


Photo_20200730091701
※wikipediaより




六道地蔵堂。
石仏・石塔群のシンボル的存在。
上二子山の麓に位置しており、鎌倉時代に彫られた巨大な磨崖仏が座っている。
平成になって発掘されたもので、覆屋は室町時代のものと想定されており、復元された。

Img_4620

 

Img_4624



六道地蔵。
地蔵菩薩坐像。

Img_4631


応長地蔵。
応長元年(1311年)と刻まれている。

Img_4634

 


多田満仲(源満仲)は平安時代中期の武将。
源氏の元祖で清和源氏発展の礎をつくったことで知られる武将。

日本人のほとんどの家系は清和源氏を祖先としているが、そのような立場の武将。
子孫の源頼朝は武門の棟梁として鎌倉幕府を開き、武家政権を実現した。

多田満仲の墓とされているが、永仁4年(1296年)建立であり、墓というよりは
供養塔かと思われる。
また、4年後、鎌倉極楽寺の開山・良観上人(忍性)が開眼供養の導師をつとめたとの
追刻があるとか。


それにしても。
このような国の重要文化財が無造作に置かれている。
そこを一般人が”鑑賞”する光景…。
700年前の空気を感じたい…。


宝篋印塔(ほうきょういんとう)。
「多田満仲の墓」と呼ばれている。

Img_4638



マップを見ると。
下二子山、上二子山の記載があり、六道地蔵は上二子山の麓に位置する。
これらの山は我が家のある座間市や湘南、西湘からもはっきり見える山で、身近に
感じる。







クルマは函嶺洞門付近のパーキングに。

国道1号を歩き、塔ノ沢駅へ。

Img_4647



Img_4649



駅に貼ってあったポスター。
9ヶ月ぶりの運転再開…。

Img_4652



塔ノ沢駅。
箱根湯本行き、3000形。

Img_4657



強羅行き、1000形「ベルニナ号」。

Img_4664



ここ2、3年、箱根登山電車に乗車することが多いのだが、いつもラッシュのような
込み具合だった…。
ところが、今日はガラガラ…。
ま、4連休も終わり、月曜日だということもあるのか…。

箱根という人気集中のエリア。
ところが、どこへ行っても適正な人数しかいない…。
どこへ行っても外国人観光客がほとんどいないというのも新鮮な驚き…。
いつもなら日本語なんか聞こえてこないのに、今日は小声の日本語だけが聞こえて
きて嬉しくなった。


車内。
1つのボックスに1人か2人座っていて、”密”はなかった…。

Img_4666



早川橋梁(出山鉄橋)から塔ノ澤橋を。

Img_4671



出山鉄橋。

Img_4672

 

Img_4814


出山信号所でスイッチバック。

Img_4678


さっき渡った出山鉄橋を。

Img_4676


箱根湯本行きと交換…。

Img_4683



大平台駅でもスイッチバック。

Img_4685



3回目のスイッチバック。
上大平台信号所。

Img_2180_20200802105401
 



仙人台信号所。
こちらは交換のためだけの信号所。

Img_4691

 

Img_4692


昨年の台風19号(令和元年東日本台風)の爪痕…。
宮ノ下~小涌谷駅間の蛇骨陸橋の土砂崩れ現場…。
まだまだ工事は続いている。

Img_4695

 

Img_4697


小涌谷駅にて。
箱根湯本行き、2000形。

Img_4703


交換。

Img_4705

 

Img_4709



函嶺白百合学園小学校の児童一同からのメッセージ。

Img_4710



箱根駅伝の名物「小涌谷踏切」。
昨年の台風19号の時、箱根からの中継でいちばん驚いたのは国道1号が濁流のよう
になって踏切を含めて流れていく様子だった…。

Img_4712

 

やはり、この区間やこの先の蛇骨陸橋の被害が甚大だったのだが…。
見事に工事完成。

Img_4716

 

箱根登山バス・小涌谷駅バス停はエヴァンゲリオンだった。

Img_4717


小涌谷駅にて強羅行き3000形と箱根湯本行き1000形の交換。
あれ、先程乗った1001F編成が強羅駅折り返して来た。

Img_4725


車窓のあじさい…♪

Img_4726



蛇骨陸橋の工事現場…。

Img_4730


宮ノ下駅で下車。

Img_4742


”NARAYA CAFE”を見下ろす。

Img_4739r

 

Img_4748


宮ノ下は歩くのがいい。

Img_4752



リニューアルオープンしたばかりの富士屋ホテルに。

Img_4759



Img_4755


富士屋ホテルのビーフカレーを♪

Img_4757



渡辺ベーカリーへ。
右の井戸らしきものは熱い温泉が出ている。

Img_4767


パンをあれこれ。

Img_4772


宮ノ下駅へ。

Img_4774


”NARAYA CAFE”の足湯カフェ。

Img_4783

 

Img_4784


足湯。

Img_4777

NARAYA CAFE

NARAYA CAFE(宮ノ下)/食べログ



ウチはテラス席へ。

Img_4778

 

宮ノ下駅。

Img_4785


箱根湯本行き、1000形。
ん、またもや、先程の1001F編成が箱根湯本駅折り返し、さらに、強羅駅折り返し
で3回も同じ車両になるとは…。

Img_4790r


強羅行き、2000形と交換。

Img_4794




次の大平台駅にて、強羅行き、モハ109号車+モハ108号車がやってきた。

1998年に箱根登山鉄道としての創立70周年を記念してモハ108号車とモハ109号
車は縁色1色に変更され、2~3年後に元に戻された。
2019年4月には、箱根登山鉄道の箱根湯本~強羅駅間開業100周年を記念し、
再びモハ109号車が緑色に変更された。
なお、モハ2形はこの2両のみとなった。

Img_4801




出山信号所。

Img_4811


 

あれっ。
パーキングに駐車した時に隣のクルマのご夫婦が同じ電車に。
そして、どんぴしゃ塔ノ沢駅で下車。
ここで下車する人はほとんどいない…。

ウチもいつもなら塔ノ沢駅で下車するのだが、今日は湯本まで行って、お土産などを
探しながらパーキングに戻ることに…。




で…。
失敗作も…。

塔ノ沢駅にて。
モハ1形最後の2両、モハ104号車+モハ106号車。
106号車は箱根湯本~強羅駅間開業100周年記念として昨年6月から青塗装で運行している。
尚、モハ1形の103号車+107号車は昨年7月にラストランを行い、107号車は鈴廣
かまぼこの「えれんなごっそ CAFE107」として活躍している。

Img_4815



箱根湯本駅到着。

Img_4821



階段もエヴァンゲリオン。

Img_4822


テレビでは閑散とした箱根湯本が映しだされていたが、今日はほとんど営業していて、
人出もそこそこだった。

Img_4823


大好きな湯もちの「ちもと」。

Img_4825


お土産は「菜の花」で。

Img_4827



しかし。
それにしても、梅雨を恨めしく思った…。
予想では、もう夏本番だろうと思いながら予約したのに…。

箱根は県民の独占状態になったのは凄いことだが、県を跨いで行き来ができるように
なったら、どんなことになるのだろう…。
それが恐い…。

また、”GO TO トラベル”が急遽始まったのだが、ウチの場合はホテル料金がバックされることに。
でも、まだ送付先住所は不確定らしく、8月14日以降に申請書を送付することになるのだとか。


GO TOトラベル…♪ 2020.12.28 ・・・4ヶ月後、12月28日に還付金が振り込まれた…。





関連記事

西湘♪ 2019.11.02

箱根♪ 2018.11.14

西湘&箱根♪ 2018.08.13

箱根のあじさい♪ 2018.06.26

秋の箱根♪ 2017.11.17  

箱根へ…♪ 2017.10.20

箱根宮城野の桜♪ 2017.04.14

箱根-2♪ 2016.08.16

箱根-1♪ 2016.08.15

西湘へドライブ…♪ 2016.07.02

箱根♪ 2015.08.10

箱根♪ 2015.05.23

箱根ポーラ美術館♪ 2013.09.14

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-2  2013.11.30

御殿場プレミアムアウトレット~伊豆高原♪-1  2013.11.29

秋の箱根へ♪ 2012.11.10

箱根宮ノ下~箱根湯本♪-2 2012.07.07

箱根仙石原♪-1 2012.07.07

いざ箱根3♪- 帰りに寄り道 2011.10.09

いざ箱根2♪-箱根仙石原 2011.10.09

いざ箱根1♪-足柄道アプローチ 2011.10.08 

箱根2-強羅~宮下♪ 2010.12.06

箱根-仙石原♪ 2010.12.05

Pc041881


箱根の紅葉-2♪ 2008.11.08

箱根の紅葉-1♪ 2008.11.08

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧